「はるか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はるかとは

2016-06-29

英語で発信するば世界が広がるんじゃなかったのか

英語必死に学んでいるので英語情報発信をしている。

いろんな英語啓蒙書をみると、発信型の英語重要らしい。

英語だと日本語で発信するよりはるかに多くの人に見てもらえて世界が広がって収入が増えるというじゃないか

なので1年間ぐらいがんばって、100kBぐらいの文章投稿してきた。

ブログだけだと認知されないかもなのでLang8とかの言語SNSにも投稿してきた。

日常的な話題とか疑問とかだ。日本独自情報ということで自分の好きなオタ系ネタとかも書いたりした。

だが結果は散々だ。

まずアクセスがない。レスもない。スパムは増える。いやむしろスパムでも反応があって嬉しいぐらいだ。

日本語でテキトーtwitter投稿するとRTスターがちょこちょこ貰えて、

まれにバズって数千スターを貰えたりするのとは大違いだ。

絵を書いてアップすればチヤホヤされるし、レスのやりとりで楽しい関係を作り出せたりもする。


なんだよー、何年もの英語の訓練、学習に掛けた費用意味ないじゃないかコスパ最低じゃないか

2016-06-28

私はミサンドリストだけど日本人男性名誉は全力で守りたい

私は男が嫌いだ

アホのくせに偉そうで、女性みたいにときめきを感じないからだ

しか日本人男性名誉は全力で守りたい

簡単性犯罪をしないからだ

もちろんセクハラ野郎色情魔もいるが、基本的性犯罪を実際にすることに否定的男性が多い

それゆえにポルノの質が良くも悪くも異常なものになるが、性犯罪簡単にするよりはるかにいい

 

ある増田日記を見てそう思った

2016-06-27

アスペADHDを併発してる夫に、カサンドラ症候群になって別居中の妻が最近言ったり送ったりしたことをまとめなおしてみた。




あなたはいつもデフォルトの「あなた」がしっかりとあって、基本的に寝て起きるといつも同じ「あなたからスタートする。

昨夜言い争った内容も、私の涙も、出ていない結論も、あなたに訪れた幸運さえも、きれいに「解決」「終わったこと」になっていて、

「えっ、なにそれ?」「ごめん、思い出せない」「いつの話だっけ?」と忘れ去り、毎日まっさら気持ち気持ちよくニコニコ笑っている。



私はこんなに悶々と悩みを抱えているのに。まだ、何も解決していないのに。

どうしてあなたはそんなに幸せそうな顔でいられるのだろうと、私は静かに憤りを感じる。

そのことに、あなたは気付かない。気付けない。

でも、私の雰囲気の変化を敏感に感じて、だけどそれが何かわからないので、

「どうしたのー?」とニコニコしながら頭を撫でてもらっても、今は私の気持ち逆撫でするだけだというのがわからない。

私が「今はやめて」と言ってしまうと、あなたはどうすればいいかからなくなって、泣きそうな顔でフリーズする。

そして明日になって、今日が昨日になってあなたリセットされるまで、身体的接触自体消極的になってしまう。

まり純粋すぎるあなたを前に、私はまた罪悪感から自己嫌悪に陥ってしまう。



あなたが「昨日」を引きずるのは、心身の調子がとても悪いときだけ。

から、見ているとすぐに調子が悪いのがわかる。

常に私が話すとその場その場では真剣に考えてくれているのはわかるのだけど、何かで気が散ったりしてその場で結論に至らなかった場合、話が翌日に引き継がれることはなかなかない。

引き継がれているとき=考えすぎて身体にも異常が出てしまっている(大体急に40度近い高熱を出す)ときなので、

あなたが苦手な分野の話をするのはとても億劫になるし、熱を出させてしまうと申し訳なくなる。



毎日リセットされるので、行動も思考ほとんど変化がなく他人に影響されない。

ブレない自分を持っているあなたは、その基準の中で厳格で明快な判断を下す反面、

まるで精密機械にように、同じ結果、同じ結論に達するために同じ経過を幾度も辿るので、何度も何度も同じやり取りをして、同じ失敗をする。

あなたは気付いていないかもしれないけれど、私からは、毎日同じ段差に躓き、毎日車輪を再発明してニコニコ喜んでいるような生活を送っているように見える。

から最初からできることは確実にできるけど、できないことはなかなか、時には年単位時間をかけてもできるようにならない。

実は前の失敗を踏まえてアプローチの仕方が変わっていたり、つまずくポイント微妙に違ったりして、あなたなりに変化が全くないわけじゃないのはなんとなくわかるんだけど、

一度失敗したら、気を付けていれば普通二度と失敗しないだろう。と思うようなことで何度も失敗しているのを見ていると、面倒くさくなって頼むのをやめたり、つい手を出してしまう。

私が手を出すと、あなたはペースが乱れて混乱し、蓄積されかけていた経験値はあっという間にゼロに戻る。

あなたの歩みを見守るには、私には忍耐強さが足りないのだと思う。



一つ新しいことを覚えるのに、時間をかけて体と脳に染み込ませる必要があるし、大抵のことはリセットされて翌朝には元に戻ってしまうので、

一緒に暮らしていて相手として、相手に影響を与えている感じがしない。まるでよくできたロボット暮らしているような気持ちになる。

カレーを焦がさず作る練習の為に毎日カレーを食べ続けるのはさすがに苦痛だし、仮に特訓の果てにカレーの玉ねぎは焦げなくなっても、野菜炒めはやっぱり焦がしてしまうのがあなた

特に苦手な、自他の心情や情動の絡むことになると、そもそも全く一般的でない、突拍子もない考え方でこれまで生きてきていたりして、

一般的感覚リアクションに至る理由が全く理解できなかったり、「その発想はなかった!」ということばかりのようで、教えようとすると大変労力がかかるし、それも徒労に終わることの方が多い。



すごく頼れてしっかり者で、同年代の人よりはるか精神的に大人な部分と、普通の人は当たり前にできることができない小学生並の部分が混在していて、そのギャップが激しすぎる。

から、「ただもう少し気を遣ってほしい」とか、「こういうことを察して行動して欲しい」というような小さな不満が、

元の不満が小さいからこそ、『なぜこんな簡単なことが何度言ってもできないのか、それは私が大切にされていないからではないか』とどんどん膨らんでいく。

診断がついて、頭ではあなた特性によるものだと理解しているつもりでも、あなたの優秀な側面も知っているからこそ、「そんな馬鹿な」「できるはずだ」「私でもできるのに」と、どうしても心が納得させられない。

あなたもっとポンコツで、スッパリ諦めがつけばいいのに、諦めきれない。

あなたが私を愛してくれていることは、あなたの態度や行動からとてもよくわかるのだけれど、

あなたの表明してくれる愛情と、そういった未発達な部分からくる対応齟齬で、私の心はひどく混乱し、罪悪感や自己嫌悪に蝕まれ疲弊する。



口に出して頼みさえすれば、なんでも喜んでやってくれるのはわかっているし、その都度私があなたに言うようにすれば家庭が円滑に回るのはわかっているけれど、

全部言葉にして言わなければ伝わらなかったり、項目や手順を紙に書いて掲示しなければいけなかったり、やってくれても思わぬところで失敗したりするのがしんどくて、つい、言うよりも自分でやってしまう。

伝える労力と我慢を天秤にかけて、我慢を選んでいるのは私自なのだけれど、それでも不満が蓄積されていく。

もっと早く診断がついていれば、言わなければわからないものなのだと知っていれば、まだ言っていく方向に頑張れたかもしれないけれど。

ずっと「普通は察して自発的に動けるハズで、それをしないのはやる気がないからだ」と思っていたし、

「なぜ私ばかりが言うという労力を払わなければならないのか(なぜ分からないのか)」

「なぜ書かないとわからないし、今から書く必要のある話をするということも察せないのか」

「なぜ記録を残さないと忘れるのか」

「なぜコミュニケーションをするために、準備に労力を払って、テンポの悪いやり取りをしなければならないのか」と、今もどうしても思ってしまう。

普通じゃないのがあなたの魅力でもあり、弱点でもあるのに、私はあなたに私の思う「普通であることを強く望んでしまう。



カウンセラーとのやり取りの中で、あなたあなた自身まり意識はしないままに、幼いころから自分はなんとなく社会の中で居場所を確保できなさそうだと気付いて、

時間をかけ、工夫を重ねて、人とは方法が違っても概ね同じ結果が得られるように様々なことを訓練してきたことを知った。

その結果、表面上「ちょっと変わった普通の人」風に振る舞えるように努力し続けて、今現在社会的に自立した生活を送れていて、

それが同じような特性による不自由さを持つ人たちの中では、カウンセラー医師が投薬を渋って今後に期待をかけたくなる程度には上々の成果とされることもわかっているつもりだし、

実際、なにが問題なのかさえ正しく認識できれば、大抵のことをゆっくり解決に向かわせられるだけの自己分析能力問題解決能力もあって、

生活改善する意識もかなり高い部類であることも、本などに出てくる様々なケースを読む中でわかってきた。

けれど、それでも、私が無意識に求めてしまう「普通」と、あなたの演じられる「普通」には大きな隔たりがあって、その溝はきっと今後も埋まらなくて、それがとてもつらいし、不安になる。

2016-06-23

道路族うるせーよ

ほんと、頭きた。

から住宅密集地できゃーきゃー、ぎゃーぎゃー子供の奇声、うるせーよ

こっちは窓も開けられないんだよ!朝、週末だからゆっくり寝ていることもできない

朝8時から、庭がない戸建て組は駐車スペースにでっかいビニールプール広げて

下は未就学時から上は高学年の子供たちで奇声あげながらはしゃぎまわる。

声は家々にこだましてるの、知らないの?

子供からしょうがないとか、敷地内だから何やってもいいだとか

勝手な行動はいいかげんにしろ!!

ストライダーキックボードサッカーに、バスケに、奇声をあげたおにごっこ。

ここは、公園か?

じじばばの井戸端会議のがはるかにまし

犬の鳴き声はうるさい、BBQ臭いからダメだとか勝手なことばかりいいやがって

こっちは朝から開けたくても開けられない窓を閉め切って、エアコンつけて

子供の声ちらとでも聞くと腹立たしいかテレビの音ぎりぎりまで大きくつけて

私、なにやってんだろ。ばかみたい

未来日本を背負った子供たちが元気がないと不安ない?

あなた子供のころうるさかったんでしょ?

こういう勝手なことばかりいう親、周りにいろんな人たちが住んていることも想像できない

残念な親。モラルマナーも教えられないようじゃ、それこそおしまいだね


外で子供たちを遊ばせてその傍らで一緒に立ってる親たち、

いかげんにしてよ

子供じゃなくて、あんたたち親が一番の元凶なんだよ

子供の奇声がするだけで動悸がして倒れそうだ

もう5年我慢している

もう限界

誰か助けて

2016-06-22

モチベーションパクる

思ったんだが、「意志の力で頑張る」というより、「尊敬する人のマネをする」とか、「信仰を持つ」みたいなことのほうが簡単じゃないか

たとえば、早起きするぞ!って思うのではなく。「尊敬する人が6時おきだった、真似しよう」とか、そういうふうなほうがはるかに強いのでは。

追記および村中璃子氏の連載記事に関して (後編)

「利用される日本科学報道(後篇)」について

子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚 ― 利用される日本科学報道(後篇)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

さて、後篇であるサブタイトルに「捏造行為が発覚」とはなんとも穏やかではない。

後篇の内容は、池田氏発言検証マウス実験に対する批判が主である

マウス実験についての指摘内容は、これまた私の指摘と同じなので割愛する。

またそれとは別に、発表資料内で示された図とグラフ(資料ページ59: 自己抗体の沈着の写真グラフ)はチャンピオンデータによるものではないか、との疑問も呈されている。

確かに、写真は1種類でグラフエラーバーが無い点からも、疑問を抱くのは妥当であろう。



そして村中氏がその詳細について調べるため、実験担当したA氏を探し出して取材したところ驚くべき証言が得られた、というところで記事は終わっている。

あとは月刊Wedge7月号を読んでくれという、「続きは映画館で!」的な終わり方であり、少々拍子抜けだ。



その過激サブタイトルにも関わらず、後篇の記事中では「捏造行為が発覚」していない。

せいぜいチャンピオンデータ使用示唆されたくらいだが、これも疑義まりで、とても「発覚」とは言えない。

そもそも、チャンピオンデータ使用は「捏造」と異なる形態研究不正である(不正と見なされない場合すらある)。

捏造」はデータのものでっちあげる行為であるため、「チャンピオンデータ」のような都合よく選別したデータを示す行為とは明確に区別されるのだ。



このような乏しい情報でもって「捏造が発覚」というような非常に強い表現をするのは、控えめに言ってもやりすぎであろう。

月刊Wedge7月号の村中氏の記事について

子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造

村中璃子, 月刊Wedge7月pp.40-44

Web記事だけでは片手落ちなので、Wedge本誌の記事についても解説していこう。ええそうです。買いました(\500)。

本文4ページ中、1.5ページは後篇の内容とほぼ同じであったが、Web版を読んでない人には序文として必要であろうから、とやかくは言うまい

この記事の目玉は、A氏への取材で得た実験内容の詳細および池田氏捏造行為についてである



A氏の証言をまとめると

(1) マウス実験はごく初期段階の試験的なもので、使ったマウスも3~5匹程度であった

(2) HPVワクチン以外の血清で緑色蛍光を呈した写真存在したが、発表資料には採用されなかった

(3) 資料中のグラフ写真は1匹のマウス(N=1)からチャンピオンデータであった

(4) 自己抗体が沈着した写真ワクチン接種個体の血清を正常マウスの脳切片に添加して蛍光染色し、撮影したものであった

(5) 自己抗体ワクチン接種個体の脳に沈着していた証拠はない

(6) 血清をとったマウスに接種したワクチンの量は50ul (濃度は不明だがヒト換算で通常接種の100倍以上らしい)



これらの証言を読んでわかるように、A氏の証言全面的に受け入れたとしても、研究不正に該当しそうな行為チャンピオンデータを用いた点だけであり、「捏造行為」の存在は見出せない。

村中氏は、証言(2)に対して「重大な捏造である」と断じていたが、チャンピオンデータのみを示す行為が「捏造」でないことは前述の通りである

また、証言(4)と(5)に対しては、ワクチン接種個体の脳に自己抗体が沈着していたかのようにミスリードしていたという点が批判されていたが、これもまた「捏造」ではない。

まりWeb版とWedge本誌の記事を通して、池田氏らが「捏造行為」をしたという根拠は一切示されていないことになる。



さらに、記事の最終ページでは池田氏学長選挙エピソードやその上昇志向といった人格面の描写が過半を占め、最後の結びは以下のような文章であった。

それぞれの立場動機から捏造に手を染める研究者たち――これが国費を投じた薬害研究班の実態だ。

子宮頸がん罹患リスクを負ったワクチン未接種の少女たちとワクチン人生を奪われたと苦しむ少女たちの未来は、こんな大人たちの手に委ねられている。

(月刊Wedge7月号 p.44)

これらの批判、ともすれば中傷は、池田氏らの名誉を著しく傷つけるものであり看過し難い。

捏造というのは、科学者に対する批判としては極めてインパクトの大きい言葉であり、軽々に投げかけて良いものではないのだ。



私は元増田池田氏らの発表および発言内容を「言い過ぎ」と評したが、村中氏の方が「言い過ぎ」度合いでははるかに上である

過激煽情的表現は、耳目を集める上では有利かもしれないが、それは科学的な議論批判をするうえではノイズしかならない。

村中氏の取材批判の内容そのものは概ね適切であり、あえて過激な言い方をせずとも十分に説得力訴求力があるはずだ。

是非、客観的で誠実な議論に戻っていただきたい。



A氏は実在するのか?

Wedge本誌の記事で中核となっているのは明らかにA氏であった。

彼(または彼女)の実在性についてここで論じてみたいと思う。



村中氏の記事によれば、A氏は以下のような来歴を持つ人物のようだ。

実際に手を動かしたのは、信州大学産科婦人科教室の誰なのか。

筆者は周辺取材を重ね、それがこの4月信州大の准教授から関東圏の新設大学教授職に転出したA氏であることを突き止めた。

であれば、信州大学産科婦人科教室メンバーからA氏の正体がわかるかもしれない。



以下は信州大学産科婦人科教室メンバーリストである

上は現在(2016年6月)公開されているリスト、下がInternet Archiveというサイト(WEB魚拓の凄い版と思ってくれれば良い)に保存されていた2015年10月メンバーリストである

信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2016年6月現在

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html



信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2015年10月現在

http://web.archive.org/web/20151209020718/http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html

これらをみると、2015年10月時点で産婦人科教室所属している准教授存在しない。

そのため、A氏が産婦人科教室に配属されたのは少なくとも2015年10月以降であると考えられる。

しかし、村中氏によるとA氏は2016年4月転出しているとのことだが、配属からわずか6カ月ほどで転出というのは少し速すぎるように思う。医学系ならそうでもないのだろうか?

さらに、2015年10月より後に教室に配属されたとして、そこから翌年3月の発表までにマウス実験を終わらせるのは少々厳しいのではなかろうか。



もちろん、取材源の秘匿等の理由記事中には偽の来歴を記していた可能性もあるし、村中氏がこんな嘘をつくメリットも思い浮かばない。

結局、A氏の実在性は不明瞭なまま残ってしまった。

個人的には実在しているように思うが、非実在でも驚かないといった程度に私は認識している。



村中氏の連載についての総評

氏の連載を通して読んでの批評を述べるとすれば、「客観的事実に基づく批判はまっとうであるが、それ以外の部分が煽情的に過ぎる。対立する話者の悪魔化をおこなうべきではない」といったところか。

HLA型にまつわる遺伝子頻度と保有率の取り違え、マウス実験がヒトには適用できない点、チャンピオンデータだけを提示する行為などに対する批判などは妥当ものであった。



しかし、池田氏らの行為について悪意的にとらえ過ぎているきらいがあり、人格面での批判も目につく。

また、池田氏らがマスコミを利用して何かを企んでいる、というような論調が全篇にわたって存在している(タイトルからして「利用される日本科学報道である)。



その帰結としてなのか、「捏造」という科学者にとって極めて強力な(したがって非常に強い証拠必要な)批判を無根拠に突きつけるといった行為にまで及んでいる。

(恐らくこれは村中氏が認識していた「捏造」の定義が間違っていたことに起因するが、それにしても杜撰である)



氏の精力的な取材情報発信は、HPVワクチンに関して薬害説に傾きがちなマスコミ報道において、貴重なカウンターパートとなっている。

なればこそ、冷静で客観的表現を心掛けることで、より良き論評ができるのではないだろうか。

願わくは、煽情的表現は避け、客観的かつ冷静な筆調でもって語っていただきたいところである



最後

なぜか池田氏らを擁護するような内容になってしまったが、私はそもそも彼らの見解について批判である

元増田もそういう意図で書いたし、HPVワクチン積極的な接種勧奨の再開を望んでいる。

しかしながら、元増田でも述べたとおり、評価すべきところはその立ち位置に関わらず評価すべきであるとも考えている。



村中璃子氏に対しては極めて批判的に論じてしまったが、総評でも書いたとおり、氏の活動は褒むべきものである

HPVワクチン問題について多くのマスコミセンセーショナル薬害説に傾いた立場を取ることが多く、そういった状況で村中氏のような立場から論じてくれるジャーナリスト存在重要だ。

村中氏については、その立場応援させていただくとともに、穏当な表現でもって議論してくださることを願ってやまない。



以上、もし間違いや事実誤認等の不備があれば指摘していただけるとありがたい。

2016-06-21

元増田

http://anond.hatelabo.jp/20160621163152

 

嫉妬ってのはこういうやつもあるよねー↑

惨めなもの読めると思ってたら、はるかにまともでなんも言えないていらっとしたみたいなのwww

で、有効攻撃方法だと信じているのが「今この世で罵倒していいと認められている存在だとカテゴライズする」ことなので、まあ、なんつーか生きるの大変そうだよね。

 

ぶっちゃけこう、全体的に落ち着いてて、まあ仕方ない感慨だなー、と思う

その女性幸福に育ってて羨ましいなぁ、とだけは言ったほうがいいんじゃないかな

当人に重荷になりそうなら勧めないけども、多分相手は「心開いてくれた(*´∀`*)」程度の微プラス体験だろうし

言ったら元増田は多分わりとすっきりする

別に迷惑でもおかしくもないでしょ、お家どうこうのは言わなくてもいいけど、それは告げておいたらどうかな

嫉妬がつらい

今まで50人規模の会社でずっと事務職1人体制で働いてきて死ぬかと思っていたが、4月から新卒若い女性が入ってきた。

いつもニコニコしていてしっかりしていて仕事も出来る。エクセルなんかは大学できっちり学んで来たらしく、俺よりもできてしまう。

ただし会計の知識とかは全然いからそのあたりは自分の方がはるかに上回っている。

でも、1年もすれば抜かされるんだろうなと思っている。

自分は社内では恐らく評判は良くない。

自分はもう30代後半で未婚。いまだに他者を信用できないし、誰にでも笑顔を向けるとか全く出来ない。他の社員にも愛想よく振る舞えないし、客に対しても同様。

でも彼女は逆で、人間基本的に信用できる人たちばかり、いい人ばかりだと思っている。恐らく、嫌な奴が出てきた時だけ「そういう人」というフォルダに入れているのだろう。

自分笑顔で接すれば相手笑顔を返してくれると信じていて、実際そうなっている。少し話を聞く限り、本当に愛情にあふれた家庭で生まれ育ったことを基盤にして、なおかつ仕事必要な様々なスキル大学時代に身につけてきたんだなとわかるし、自分が何をしたいのかを探る作業大学時代に十分行ってきたこともわかる。そして、自分はこれからも成長していけると信じている。

そして、俺自身彼女から本当にたくさんのものを受け取っている。自分は確かに膨大な知識を本当に丁寧に教えているし、周りの社員から見たら、入社当時は本当に「増田さんは愛情深かった」らしい。だけど、彼女はそれ以上に俺に対して配慮愛情アドバイスや思慮深さや落ち着きや、笑顔を与えてくれている。彼女の側に「与えている」という自覚はないかもしれないけど。自分毎日毎日家に帰っては感謝気持ちで泣いてばかりいるし、自分彼女に対して迷惑をかけた感じた時は、後悔の念が噴出してやっぱり泣いてばかりいる。

それぐらい自分にとって大切な人なのに、それにも関わらず、嫉妬気持ちが次から次へと湧いてきて本当に最近つらい。

俺はそもそも荒んだ家庭で育った。なおかつ、親を疑わなかった。自分は「かわいそうな」母親をみとってその後自殺するんだとぼんやりと思っていた。

大学の後半の頃、母親はかわいそうでも何でもなく自分のことしか考えられなかった人だとようやく気づいたが、かといって20代前半まで信じてきた信条は、前半生という「経験」に裏打ちされている以上、そう簡単には変わらなかった。

カウンセリングにも通ったし、自助グループにも通った。今は年収が400万を超えて500万も超えるかもしれないというぐらいにはなっている。

でも辛くて辛くてたまらない。DV加害者とかストーカーとかの気持ちの一部が最近わかるようになってきてしまってなおさら辛い。

「要は彼女のことが好きなんだろ?さっさと告白してさっさと振られろ」と自分に言い聞かせてみたりもする。でも自分はもはや結婚を前提にした付き合いしか今は考えていない。彼女自分にとって結婚相手候補でも何でもない。俺は俺で大事にしていることがたくさんあって、彼女には彼女の大切にしていることがある。それは相容れない。自分はこの人のことを好きだけど、でも利用したいだけだとわかった時、自分彼女告白らする必要がないとわかった。

この年になって初めて嫉妬という感情経験している。恵まれた家庭に生まれ育ちやがってという憤怒が抑えきれない。その基盤があるからこそ、いつもニコニコしてられるし、頑張れば報われると信じられるし、周りは助けてくれるし、で好循環になっているんだよ!ふざけろよ!と正直思う。こっちは、ニコニコすれば搾取される、頑張ったら搾取される、助けてくれるどころか、常に「助けてくれ」っていうメッセージばかり受け取ってたよ。


虐待する親って、子どもニコニコ笑っているのを見て「こっちはこんなに辛いのに誰のおかげでニコニコ笑ってられると思ってるんだ!」って虐待するらしいけど、今の自分精神状態は正にそれ。

もちろん彼女の側には何の非もない。だからこそこのドス黒い嫉妬をどうすればいいのかわからなすぎる。

あなたの原家庭やそこで植え付けられた信条はこんなにも非常識だったんだ」というメッセージを常に発信して来るので気が狂いそうになる。

本当に辛い。こんなに大切な人なのに。

まあでも頭のいい人だからそのうち距離を離していくのだろう。既にそうし始めている。「行かないで」って正直思うし、でも「さっさと離れてくれ」とも思う。

どちらにせよ、若いから自分よりも物事の吸収は早い。彼女事務の中心になった方が、正直会社はうまく回っていくだろう。自分別に会社仕事にそれほど情熱は持っていない。というよりも、ボランティアでやっていること、やりたいことがあり、自分はむしろそのために生きている。大学卒業以降の自分は、これを見つけるために生きてきたようなものだった。

彼女若い人でなおかつ女性から、これから人生が大変なのはわかってる。だからもっと色々あげられるだけの蓄積を自分は欲しかった。

彼女の方が生き残るのにふさわしい。自分はさっさと道を譲った方がいいと思ったりする。

実際人を容赦なく切る会社から、そのうち自分は、穏当で陰険なやり方で退職に追い込まれるのだろうとぼんやり思っている。

日々安心感がないか自分毎日眠れない。でも彼女は眠れているのだろうな。

2016-06-18

ブログ飯を始めて3日以内に誰がカモか分からなければ、お前がカモになるんだよ!」

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%88!:title]

「あびゃあああ、誰かだまして小金稼ぎたい。助けてイケハヤ!」「お前がカモになるんだよ!」

「おぎゃあああ、就職せずにブログだけで食っていきたい。助けてやぎろぐ!」「お前がカモになるんだよ!」

少し考えてみてほかの人が、誰からどうやってお金をもらっているのかがわからない場合お前がカモになるんだよ!

ミスターマーケット寓話」がありますこのミスターマーケット毎日市場に現れて値付けをします。あなたは彼の付けた価格で彼の株を買うか、自分の持ち株を売るか決めなければなりません。

しかし、ミスターマーケット感情的問題を抱えています。大した理由もないのに、やたら上機嫌になったり、反対に絶望的な気分になったりする人物です。株の値付けにもそれが反映され、気分によって非常に高い値段を付けたり、その逆もしてしまうのです。

「こうした状況では、彼が躁うつ病のような態度をみせればみせるほど、あなたにとっては好都合です。だが、もし彼の術中に落ちてしまえば、悲惨な目に遭うでしょう。ミスターマーケットよりはるか企業価値評価にたけているという自信があなたにないのなら、真の意味ゲームに参加しているとは言えないでしょう。『30分以上ゲームに参加して誰がカモか分からなければ、あなたがカモなのだポーカーで言うように」

2016-06-15

都知事辞職は当然だが・・・安倍自民党の甘利前大臣賄賂は?

小沢一郎事務所) ‏@ozawa_jimusho

都知事辞職は当然だが、あえて一言でいえば本当に馬鹿馬鹿しい。どれだけの公共電波と紙面が無駄に使われたか政治資金でいえば、甘利前大臣の方がはるかに深刻。最大の問題は、擁立した安倍政権自公が釈明しなかっただけでなく、事態を引き延ばしたこと。こうした政治姿勢参院選の争点になる。

http://anond.hatelabo.jp/20160615191836

「予想よりはるかに低レベルだった」ものに対して使ってる奴もいるよな…

2016-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20160613011241

TBSラジオ鉄板と思う

ハガキとかやりたいなら平日25時からJUNKって芸人ラジオやってるからそれ聞けばいい

あと俺がすきなのは

宇多丸のウイークエンドシャッフルTBSラジオ 土曜22:00~)

東京POD許可局(TBSラジオ 土曜27:00~)

どっちもラジオ好きからすればベタだろうしハガキ職人がどうこういう番組じゃないけどラジオは独特の文化があってテレビよりはるか面白い

平日毎日やってるセッション22もいい

声優とかなら文化放送とか他の局がいいかな?

2016-06-10

今更メタブして喜んでる連中ってクソしょうもない

クソブログが縦にすごい燃えてる。あんなにメタブしてどうするんだよ。

IDコール飛ばしあって侃々諤々議論してるわけでもなく、ただメタブしてキャッキャしてるだけ。お前らクソガキか。

高学歴はてなーならあんな中身のないクソ記事なんかスルーできるはずでしょ。下層民がなんか言っておるわと思うだけ。

あい発言東大生が言ってたら、この世間知らずのぼっちゃまボコっとくかと思わないでもないけど、クソ哀れなおじさんをいちいちボコボコにしなくていいと思うんだよな。そりゃ彼は人格的にあれかもしれないけど、彼を叩くことになんか意味あるのか。自分よりはるかに劣った相手発言を真に受けて腹を立てるってまったく理解できないことだ。

とにかくクソブログのクソブクマとクソメタブとクソメタメタブとクソメタメタメタブ等のせいではてなクソブックマークますますクソ化するんだから、「二階案件」とか言って嬉しそうに踊ってないで完全スルーしろよ。

学習してください。よろしくお願いします。

2016-06-09

BBC日本に対する難民関連ニュースは「韓国非難する産経新聞」ではないか

http://www.bbc.com/japanese/video-36476470


BBCが「なぜ日本では難民を受け入れないのか」というニュース報道していた。

この記事の提起する問題点自体個別に考えるべき部分はあると思う。

が、今回は別の話をする。


最近BBCCNNなどが徐々に日本に向けてニュース報道するようになった。

以前までは英語報道していた記事日本人向け日本語で発表するようになったというわけだ。

はてブでも上位に上がってくるようになったこともあり、はてな民の間でも話題に上がるようになってきた。


私も幾つかの記事コメントをしたり記事拝読させていただくようになったのだが、そういった欧米系の記事を見るようになって気づいたことがある。


どうも、異様に欧米から目線に偏っているのではないのかということだ。

なにを当たり前のことを・・・

と、思った人もいるかもしれない。

そもそも欧米メディアなんだから当たり前だろと思った人もいるだろう。


冒頭で挙げたBBC難民問題の話だが、非常に巧妙だと思うのはあくまで「難民」に関してスポットを当てているということだ。

中東難民」という意味ではない。

世界的な難民ということだ。

まりこれは日本難民制度に関する不備や人権意識に関しての指摘だといえる。

ところが、なぜ今このタイミングでこんな取り上げ方なのか?

という疑問が沸き上がる。


どうも、この記事報道の仕方そのもの欧米内の難民問題目線そらしなのではないのかという気がしている。

誤解を避けるためにもう少し厳密に書くが、「日本存在する難民に対する人権問題」と「欧州存在する中東難民問題から発生する中東難民への扱い」を意図的にごちゃ混ぜにしているのではないのかということである

確かに「日本難民に対する受け入れ姿勢問題存在しない」などということはないのだが誰が難民申請をしていてどうやって申請を受け入れているのか等の情報存在しておらず詳細に関する報道も正直かなり甘い。


中東移民問題に関して日本責任がないのかと問われればゼロではないと私も思うのだが、英語の反応を見ていると「日本は遠すぎるし、そもそも難民が向かっていない」とか「今回の難民問題に関しては日本責任より欧米の方がはるか責任が重い」といった発言結構多く見受けられるのだ。


であるにもかかわらずBBCが出した今回の記事だが「難民」に対する人権意識の欠如を指摘はしているものの「中東難民」に対しての発言が一切見受けられない。欧州で現状、難民問題がめちゃくちゃ取り上げられているにも関わらずだ。

これは、中東難民に対する責任欧州の我々の責任が重いので中東難民を受け入れろとは決していえない・・・

じゃあ、とりあえず難民で全て一緒くたにして日本批判すれば欧州責任から目を背けて現状のガス抜きになるんじゃね?

見たいな作り上げられたストーリーが見え隠れする。


ちなみにこれに対して日本から安易言及してしまうとまずいことになる。

難民全体に対する対応として問題を抱えているのは事実なので「このニュースなんか変じゃね?」という疑義を発すると容易にレイシストレッテルを貼れるような構造になっているのだ。


難民に対する対応問題はあるもの中東難民問題はまた別の事情も加わるという意識を全体で共有しなければおかしなことになる。

この辺のなにか巧妙に「日本」に対する世論誘導しようとする意識がいくつかの欧米メディアからは感じられる。

以前、部落差別言及したBBC記事からもこの辺の奇妙な感覚を感じた(今回は記述しないが・・・

西洋視点として参考にするべき部分は多々あるのだが、かなり注意しなければ問題解決する上でどうにも逆に不利益になるのでないかという部分がかなりある

今回の記事日本の知識をもった欧州人という目線で見るとなんとなくわかるが、ぶっちゃけ日本だと右派新聞が扱うようなネタである表題に書いたが日本のことを棚にあげて韓国非難する産経新聞みたいだ。

舛添要一人間としてはカスであるしかし、だからこそ彼を辞任させ

舛添要一人間としてはカスであるしかし、だからこそ彼を辞任させるべきではない。



ここ数週間ほど、舛添要一東京都知事政治資金不正流用問題メディア上で盛り上がっているようだ。さすがにこの手の話題にはうんざりで、まともに追いかける気にはならなかったので、ことの詳細は知らない。記者会見も見ていない。

しかし周囲からもれ伝わってくる情報によれば、いま舛添要一という人間形容する言葉は、おおよそ以下のようなものになるだろう。それは、いやしい、さもしい、セコい、ケチ、みみっちい、意地汚い、……つまり人間としての度量が狭いということである。器が小さいということである小人であるということである



しかし待ってほしい。舛添要一都知事選立候補したとき、われわれは舛添要一人間としての度量のデカさを期待しただろうか。舛添要一のあの顔立ちやこれまでのメディア上での振る舞いを見て、彼に大人であることを期待して投票した人間などひとりもいなかったはずである。いま舛添要一を口汚くdisっているひとびとは、いったい彼になにを期待していたのか。

それによく考えてみてほしい。そもそもなぜ舛添要一都知事選立候補したのか。猪瀬直樹政治資金問題によって都知事を辞任したかである。そもそもが、猪瀬直樹をクビにしたことによって、猪瀬直樹下位互換としてあの舛添要一が現れたのだ。もしここで舛添をクビにしてふたたび選挙をやったとしても、現れるのは良くてせいぜいが舛添要一下位互換みたいなやつだろう。悪い場合は、土建業界と癒着無駄箱物を建てまくる腐敗した政治家や、オリンピック返上を掲げる第二の青島幸男である。どのパターンであったとしても、舛添のほうがはるかにマシである

それに舛添をクビにしたところで、どうせ次に来る都知事汚職をするに決まっているのだ。石原もやった、猪瀬もやった、舛添もやった。それなのに次に来る政治家クリーンであってほしいと素朴に願っているのであれば、それは脳内お花畑だと言わざるを得ない。政治家絶対汚職する。そして残念ながらこの国にはそれを止める能力はない。

だいたい、この事件犯罪としては彼の人間性と同じくとても小さなもので、パナマ文書問題証拠が明るみに出ている甘利明賄賂受領のほうが事件として重要なのは言うまでもないことである。いまここで舛添を追い込もうとしているメディアの怠慢は明らかで、また一部の政治勢力が自らの権益確保のために舛添を追い込もうとしているのも明白である片山さつき人間としての下劣さは舛添要一のそれよりもはるかにひどく、目に余るものがある。



もう一度考えてみてほしい。舛添要一ケチであるプライドも高い。自分のことを棚上げにしてひとを批判するようなやつであるかもしれない。たしかにひとりの人間としてはどうかなと思う部分もある。というか単純に嫌な奴であるしかし、われわれがいま直面している東京オリンピック予算肥大化という超重要政治的課題に対して、これほどの適任者がいるだろうか。ある程度の教養を持ち、政治家としての経験を持ち、そして金にはうるさい。むしろこいつ以外の選択肢が思いつかない。

東京都民舛添要一を辞めさせるべきではない。むしろ積極的に彼を応援するべきである。彼の卑小で矮小、せせこましくみみっちい人間性こそわれわれがいまもっと都知事に求めている資質であり、このような貴重な人材ヤフオクだの湯河原だのといった卑小な問題のために手放してはならない。そういえば彼は数百億のカネを払うか払わないか森喜朗下村博文とひどく揉めていたではないか。結果としてはあの問題政治的決着を見たわけだが、しかあんな揉め方ができるのは、金に汚い舛添要一以外にはいない。



しかに、腐敗した政治家を辞任させず放置するのは、中長期的には政治的リスクを増大させることになるだろう。しかしわれわれにはもう次の弾がないのだ。もし万が一第二の青島幸男が次の都知事にでもなった日には、日本の政治は大混乱に陥ることになるだろう。それは絶対に避けなければならない。

もう一度言う。東京都民舛添要一を辞めさせるべきではない。彼こそがいま東京都必要人材である舛添要一こそが、オリンピックを間近に控える巨大都市首長として、もっともふさわしい人物であるということに、もはや疑う余地はないのである

http://anond.hatelabo.jp/20160608231641

行かない人の方がはるかに感じがいいから行かないままでいてほしいな…

2016-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20160608234314

>脳のスペックを換金した場合金額の高さで測ってモノ言う

国家予算を3割使う分野がどこにあるよ。それくらいかけられる位には人類医学に頼ってるよってこと。

あと、普通に金稼げるのは、普通にエライしか言いようが無いだろ今の社会なら。ソクラテス時代じゃあるまいし。

  

他人苦痛生命に関わりながら得たデータに対する責任

理想論乙としか言いようが無いわ。なんつーか、中二だよそりゃ。

そりゃ、医学として世の中に言い訳するためにそういう物言いするよ、医学は。

だけどそりゃーさー建前って奴よ。本音苦痛だの倫理どうこうじゃなく、人類の次のステージみたいとか、科学的な未知を解明したいとかの興奮のためだよ。

あるいは、臨床能力ってのが10年くらいで伸びが止まるから、それでも臨床に興味を持ち続けるために研究しますとかだな。

お前が言うような、理想論どうこうで努力するように人間の体はできてないの。

願えば夢ワかなう!みたいなアニメみたいなことないの。人間臭い自分諒承して自分生理を受け止めて人間としていきつつ研究者として生きるってのが大人なの。

  

つかさ、どんだけお前が建前を持って強弁してもさー。実際の医者やるかやらないかは決める権利あるんだから意味ないだろって思わないのか?

実際の医者選択にたいして追随して金をだしたりお願いするしかできねーんだよ国も国民も。だって医者のさじかげんで医学が決まっちゃうんだから

この力関係が読めないのはガキだわ。

実際、医者地方いかねーから医者が居れば普通に助かってる人間田舎で死にまくってる。これは医者がお前が言うところの『義務()』を放棄してるのかな?w医者がやることに金を出すしかできねーのに、その金にすら医者がなびかねー状態なのよ。国民だの倫理に力が無いことが丸分かりなわけ。

  

>ほんの数行でブーメラン

理想論努力」を馬鹿にしてるんだよ。「人間生理を受け止めての人間臭い努力」は馬鹿にしてない。

文脈読もうな。

  

  

お前の現場だの知らないが。この程度の現実派「当たり前ですね」ってくらいの知能あるのが医者デフォルトから

一般の人よりはるかに高度な知能と社会なんで。お前のクソ下らない社会での雛だのしらんわ。低脳って感じ。

結婚して幸せでしたハートっていう記事より

結婚してこんなに不幸なの、ちょっと聞いてよ、ね不幸でしょ?同情するでしょ?ああ私ってなんて不幸なの!っていう記事はるかに多くて

なんでおまえら結婚してんの?

2016-06-02

CERO Zという日本では異質なレーティング

ゲームレーティング機構としてCEROという団体存在する。

CEROは以下の年齢区分を設けていてパット見でだいたい何歳向けのゲームなのかわかりやすくなっている。


A 全年齢対象

B 12才以上対象

C 15才以上対象

D 17才以上対象

Z 18才以上のみ対象


ところが・・・だ。

日本ではここまで厳格にレーティングを定めているコンテンツがそもそも存在しない。

次点映画が該当するかもしれないがそれでもゲームほどは厳しくない。

そのため以下の様な困った自体が起きることになる


俺「今ゲームやってるんですよね」

相手「どんなゲーム?」

俺「アンティル・ドーン っていうホラーゲームです」

相手へぇ。うちの子供もゲーム好きだから一緒にやってみるよ」

俺「あ、CERO Z指定なんですけど大丈夫ですか?」

相手CERO Z?」

俺「18歳以下には販売していないんです」

相手「(え? エロゲ?)」

俺・相手・・・


日本のものレーティングという制度に慣れていないせいで大きな誤解を生んでしまうのです。

アンティル・ドーンは実際にはエロいシーンが問題なのではなく暴力シーンが原因でCERO Z指定になっています


ところが日本グロイのが苦手な割にはグロに対してレーティングするという考え方があまりありません。

なので漫画なんかだとわりとあったりする表現グローバルな基準意識しているゲームだとあっさり18禁なっちゃったりするんですよね。

また、18禁というだけであっさりボーダーラインを超えてしま世間話ですら容易にはできなくなってしまます

コレは非常に困った問題です。


それといい悪いを置いておくと一つものすごく奇妙に感じることがあります

実はこの国では最も権威あるコンテンツの一つがまったく制限を受けていません。

それは「小説」です。

官能小説はまったく公のレーティング制度存在しておらず、好き放題やり放題です。

実質的にはゲームなんかよりはるかエロイもの存在するのに制限を一切受けていないということです。

なんだか変ですよね。

2016-05-28

アイドルなんかいますぐ全員やめろ

ストーカーにめった刺しにされたり、握手では飽き足らず空気を売るという暴挙にうって出たアイドル市場に関して書いていく。

日曜日の朝10時からフジテレビ放送されているワイドナショーという番組

その番組古市憲寿さんが言っていたことにひどく共感したことを覚えている。

アイドル宛てに送られたプレゼントぬいぐるみの中に盗聴器が仕掛けられていたというニュースをうけてのコメント

アイドルファンよりアイドルが怖い。化け物に見える」と言っていた

僕も同じように思う。アイドルという生き物が怖いのだ。10代や20代前半で技能的に承認される術はないにも関わらずテレビの前に現れ私の存在承認してと、歌って踊る様は時に化け物のそれに見える。

今回、ついにシャレにならないニュースが飛び込んできた。アイドルがそのファンにめった刺しにされるという目を覆いたくなるほどの悲惨ニュースだ。


ニュース単体で見れば狂った犯罪者奇行だとしか言えないがアイドルという商売リスクが最も最悪の形で表れてしまった。

存在承認人材承認

アイドル存在承認であり人材承認ではない。社会には家族のように存在のものを求められる場合仕事などで要求されるようにその人の能力が求められる場合がある。

前者が存在承認後者人材承認だがアイドルのそれは存在承認にあたる。歌がうまくなくてもそれすらかわいい、トークができなくてもいい、社会人としての最低限の能力であるコミュニケーションスキルでさえ塩対応とかわいがられる。

何もできないと書くとたいへんな語弊があるがある程度、無条件に承認されるのがアイドルだ。そして本来家族しか持ちえない存在承認不特定多数から集めれば時にストーカーのような強固でゆがんだ愛情を持つ人間が現れるのも自然といえば自然だ。今回のニュースだけの話ではない。そういうふうに出てきたストーカーは悪であることは間違いないが赤の他人異常な愛情を持つという観点から言えば悪く言えば幼稚でありよく言えば純粋といえてしまう。犯罪行為文句なく悪である家族に接するように他人と接する人間のことを果たして悪と断じて良いのか僕にはわからない。むしろアイドルという商売が持つ構造的な問題のほうが大きいように見えてしまうからだ。


なぜCDを何百枚も買う人間がいるのか?

これも存在を認めてあげるという観点説明がつく。こちらはストーカーのような悪とは違いむしろポジティブ意味もあるが我が子に与える教育費を厭わないようにアイドルCDを何百枚も買う人間ストーカーと同じだ。どちらに振れるかだけの違いでしかない。CDを買う人間ポジティブストーカーになる人間ネガティブ意味を持つが問題はその感情を揺さぶアイドルという振り子のものなのではないかと思えてならないのだ。

今一度、こんな承認欲求が取りざたされる社会なのだから確認すべきことがある。「誰から承認される人間などいない」ということを。歴史を振り返ればキリスト仏陀ですら批判されかのソクラテスですら裁判にかけられて死んだ。アイドルは笑う。よく笑う。それはうしろめたさなどないような素敵で透明感のある顔で笑う。

しかしそれでもなおかわいくないと本気で思う人間がたしかにいる。けれどそれは無視すべき声ではないのだ。アイドルであっても関係ない。そういう人間を捨て置くのは得策ではない。承認においては絶望することが人間には必要なのだ。さればこそきちんと人と接することができるようになる。


無様なアイドル

有吉弘行テレビグラビアアイドルは実際に表にでてくるとがっかりするといっていた。彼は毒舌を売りにしているのでそれは差し引いて評価しなければいけないのだろうが上記のようにグラビアアイドル内面性のなさというものグラビアアイドルになるという精神性によるところが大きいとも言っていた。

この言動が芸なのか本音なのかわからないが女性アイドルSNSなどを見てみてもいわゆる人の含蓄がにじみ出ているようなブログついったーは見たことがない。自分を殺すような物語も聞いたことがない。彼女達は愛される能力は非常に高いのだろうが愛する能力に関しては幼いのだろう。

マネージャーがつき不特定多数から愛される様はまさにアイドルなのだろうが、彼女たちはその人間性においては何様でもない。ピュエリリズム体現している姿はむしろとても無様だ。

砂を噛め。愛されるのではなく愛するほうがはるかに尊い。アイドルなんかいますぐ全員やめろ。

の子時代はまだ詰め込み学習が幅を利かせていた時代で、全国展開している塾が満員御礼時代だった。

御多分にもれず教育ママだった母のもとに生まれた俺は、ある程度の金銭的余裕もあり、勉強以外にも多種多様習い事を受けた。

週二日の塾が2つ、毎日の家庭学習教材が一つ、習字そろばんスイミングスクール英会話野球

小学校までは季節毎に活動部活が変わるため(期間制だった)、サッカーバスケ水泳陸上と、受けられるだけの部活動を行い

中学からバスケ部所属し、上記習い事と家庭学習に加えて学校練習量の多い部活を両立した。

今、俺は学歴必要ない、上記の様々な分野とは全く関係ない生活を送っている。

基本的能力が平均的以下な俺は、これだけ勉強しても偏差値63が限界だった。県内一の進学校に落ち、滑り止めの私学に入った時には、

はいつの間にか侵されていた癌で入院していた。

間もなく母は死に、解放された私は全ての柵を捨て、勉学を一切放棄し、成績不振留年が決定したと同時に高校をやめた。

皮肉なことに、高校をやめてから進んだ道が今の職業に繋がっている。

中学卒業までの生活は、基本的苦痛だった。毎日毎日勉強ノルマがあり、母にチェックを得てから眠る日々だった。

習い事ノルマしかなかったので、いか効率的に終わらせるかという一点にしか興味がなかった。

(例外として、学友の多く所属していた野球をしている時、塾の休憩時間にお喋りをしている時は楽しかった。)

興味の無い習い事は、一定レベルまでしか身につかなかった。具体例を上げると、夏休み習字宿題評点で銀賞をたまに貰うくらい。水泳部マイナーな種目の三番手くらい。

時間を費やしても全く成長の意欲が無かったうえに、(あとから気づいた事だが)才能も劣っていたために、ただの器用貧乏が生まれた。

逆に、何もしなくてもいい点数がもらえるものが幾つかあった。教科で言えば国語現国は、何も勉強しなくても90点は取れた。漢字の書き取り以外は間違える気がしなかったし、実際ほぼそうだった。

音楽も同じ様に、リコーダー演奏も平均よりはるかにできたし、小学生時分のイベント特別楽器演奏できるとあらば名乗りを上げた。文化祭学芸会の劇ではサックスアコーディオンを誰に習わずとも独学で勉強し、演奏した。歌は基本的に手本となる生徒だった。

夏休み昆虫スケッチ習字よりも良い賞をもらえることが多かった。


今になって子供時代を振り返ると、なぜあの時に今の道に触れることができなかったのかと後悔する。なぜ専門家の道を最初考慮しなかったのか。

その道は、後になって発見しても遅いのだ。高校入学時に洞窟発見しても、辺りはもう夕暮れなのだ


母に対して思う事はそんなに無い。死んでから時間が経っているのもあるが、上記生活の辛さと、その他少しのいい思い出、それに同情と申し訳無さが合わさってある程度フラットになっている。

ただ、後悔だけが残ってしまった。

煙草お酒の害について

 もう何週目だ、というくらい定番話題だけれど、ブクマコメントなどを眺めていると、煙草に対してあれだけ厳しいはてな民の方たちが、お酒に関しては随分寛容なので不思議に思う。

 まず、本人の受ける健康被害ということは、自業自得というかそれこそ基本的には本人の問題なので一旦後回しにするとして、やはり煙草嫌いの人たちが一番に指摘するのは副流煙だろう。これは直接的に他人健康被害をもたらすので、問題にするのはよくわかる。

 一方、お酒には確かに副流煙的なものはない。しかし、煙草を吸って前後不覚になり暴れるとか、記憶が飛ぶとか、めちゃくちゃな運転をする、などいうことはない。酔っぱらいによって引き起こされた幾多の暴行暴言等を考えると、お酒他人の心身に与えている影響は煙草とくらべても決して少なくないはずだ。副流煙バンバン吸ってもガンになるには大分時間がかかるが、酔っぱらいに車で轢かれれば一発であの世行きだ。

 また、煙草臭いというのも不快ものだけど、お酒臭い、正確には酒そのものではなく酔っぱらい臭いというのも相当不快だ。深酒した翌日の人の口臭たるや、喫煙者のそれに勝るとも劣らない。そういう口で寄ってこられると、殺意すら覚えるほどだ。ただ、酒は社会通念上昼間から飲んでいたらそれ自体諌められるのに対し、煙草は年中無休という違いはある。飲酒状態他人に近寄らないというなら、煙草ほどの害は確かにない。

 最後に、本人への健康被害だが、アルコールも相当なハードドラッグであり、常習者の受けるダメージ煙草にも劣らない、というか、飲酒量によっては煙草よりはるか危険なのではないかと思う。ニコチン依存廃人になり一家離散、という話は聞いたことがないが、アルコールではしばしば発生する。もちろん、アルコールも常習しなければそこまでの事態にはそうそう陥らないし、対して煙草普通年中無休で毎日吸うものなので、この量・頻度の違いというのは確かにある。逆に言えば、煙草だって月にニ三箱つきあいで吸っている程度ならそこまでの健康被害はないだろう。

 別段全面的禁酒せよ、とまでは言わないけれど、他のドラッグ類に比べてアルコールはあまりにも甘く見られている。酔っぱらいに対する態度も、少なくとも欧米に比して日本はかなり甘い。せめて煙草に対するのと同じ程度の厳しい包囲網をしくべきだ。その上で一部の愛好家がマナーを守って楽しむのであれば、それはそれで良いと思う。煙草だってそうしてもらえれば特に文句はない。

 ちなみに、大麻や他のそれほどハードではないドラッグ類についても、同じ程度の扱いにゆるめて良いんじゃないかと思っている。

 アルコールは深く日本の文化と結びついており、また酒造産業保護ということも考えなければいけないけれど、伝統未来永劫のものではないし、古くから受け継がれているものがすべて正しい訳でもない。少しずつでも改めていくべきなのではないかと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160528115817

本当に二郎に行ってる奴なんてスタバに行ってる奴よりはるかに少ないか

2016-05-27

公務員がなぜあんなに一様にして俺の仕事は大変アピールするのか?|[なぜのか?][どうしてのか?]

公務員の忙しいだの大変だのは所詮ブラック企業で受ける苦労を100倍希釈した液体の臭い程度にしかすぎないからな。

大体公務員になったら生涯公務員で終わるケースが大半なのに

何とどう比べて公務員も忙しいわボケと自信満々におっしゃられているのか謎でしかない。

風で飛ぶくらいの厚みの無い経験値でよくもまあ、公務員は忙しいんじゃいって言えるよな。

 

楽したくて一生懸命クソみたいな勉強したけど実際働き出してから思ったより楽できないかコスパ悪くね?

って気づいた。

でも今さらプライドも糞みたいな勉強した過去も取り消せない。

おまけに公務員は楽をしていると思われる、許せない。

公務員だって(俺が想定していたよりもはるかに)忙しいんだぞ!

時給だって(俺が想定していたよりもはるかに)安いんだぞ!

そんな話。

 

消防士とか警官とか命貼ってるのは別として、予防線はっとく。

2016-05-26

はてなブログ書く系のジャニヲタ

中高のクラスで○○くんかっこいいとはしゃぎアイコンプリクラにしてるようなジャニヲタも受け付けないが

こちらの方が生理的に受け付けない


ミーハー女が支えるジャンルを好きになってしま

頭の悪いミーハー女と一緒にしないで欲しいというコンプレックスから

ジャニーズジャニヲタについて論文のように難しい言葉で語ったり統計を取った記事はてなブログにアップし

私は頭がいいんですよアピールする語り厨ジャニヲタ

ジャニーズあるあるに見せかけて画像の中に好きなコンビ画像を混ぜて推しているコンビステマ

このコンビが好き、尊いと言っておきながら裏でホモ妄想してる隠れ腐女子


ジャニヲタと言えば○○くんかっこいいとはしゃぐ系のイメージがあるから

論文調で語るタイプが珍しくてはてなブログで持ち上げられてるんだろうけど

コンプレックス腐女子的なのが透けて見える方がはるか気持ち悪い

もはやジャニヲタという名の人種は全員淘汰されて欲しい

舞台俳優男性声優男性アーティストスポーツ選手の方にも当てはまってくるんだろうが