「感性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感性とは

2017-04-23

肯定否定派のそれぞれの感性を一律の規則で縛ろうとしていることがそもそもの問題

非常に悪しき欧米的な手法だと感じる。ルールブック内に載せて一律に罰するという。

こういう事件に発展するからこそ法律問題ときだけ声を上げてゆくことになる。

すると非オタの界隈ではオタク運動せず急に声を挙げ始めた、と言っちゃったりして。

それ以外で声が上がるとこのように感性問題に踏み込んだややこしいことになる。

嗜好大麻の話

大麻記事を見て、過去日常的に大麻摂取していた人の話を思い出した。

海外に住んでた時の話。

合法ではないが罰則はなく、持ってるのを警察に注意されたら捨てさせられる程度。現地の人の感覚としては、大麻を吸うのは子供かだらしない大人、まともな人間ワインや葉巻を嗜む。大っぴらに大麻が好きだと言うと怪訝な顔をされる。といった感じ。特に女性は。

どっかから仕入れてきた乾燥大麻を、プッシャーと呼ばれる小売人が売る。プッシャーによって、その時によって、扱っている品種が違ったり値段に違いがあったり、デリバリーしてくれたり、一緒にマリカーやったりする。具体的な値段は、約7グラムで15ビッグマックくらい。ポットヘッドの彼は、2週間で約14グラムを吸っていた。大型の水ボング(友達が来たとき用)と、小型の水ボング、ジョイント(紙タバコみたいに巻く)で吸う。品種によって匂いが全く違う。ジョイント場合匂い付きの紙があったり(邪道)、吸い口にフィルターを挟む挟まないで派閥がある(現地人はフィルター入れるのを軟弱扱いするが葉っぱが口に入って嫌だ)。ボングの場合は水に匂いをつける液体があったりする(邪道)。ボングを洗う用にアルコールや綿棒、塩などを常備していた(女子力)。

LSDなんかもそうだけど、吸う時は安心できる環境(セッティング)が大切で、へこんでるとき不安が強いと、いわゆる「ばっとび」(badな飛び)になる。喋れなくなる、動けなくなる、目が回る(アルコール酔いに似てる)、過去の嫌な思い出などがフラッシュバックする(彼は性的虐待記憶が出たらしい)など。ばっとびして病院に行くと呆れた顔して帰らされたうえ、お前あの時病院に行ったよねプークスクスと何年もバカにされる。まじめな人や偏見がある人はばっとびしやすいだろう。

できる限りリラックスして、かっこつけず、悪ぶらず使用すれば、精神的な安定効果はとても高い。また、ヨガなどの運動瞑想と相性が良いと思う。睡眠野菜とも合うんじゃないかな?分からんけど。当時は戦国BASARAアニメやってて、大麻を吸ってバサラを見ると、アツいものさらにアツく感じ、臭い展開が臭く感じない。普段無意識のうちに感性ブレーキがかかっているのを外す感じ。よく言われてるのは、ご飯が美味しく感じる、色が鮮やかになる、など。

大麻がないからといって病むことはない。欲しいけど。シャワーみたいな感じ。毎日シャワー浴びたいし、浴びないと気持ち悪いけど、依存症かと言われると???ってなる。なくなったデメリットは、くだらないことを深刻に悩むこと。体調は変わらない。体重生理周期も変わらない。

車の運転は割と平気。むしろ集中力が高くなって上手くなったりする。目的地に行くのがどうでもよくなって、近くの川辺とかで一本つけて帰って来ちゃったりする。個人的には車の運転オススメしない。ここの規制をどうするかが合法化の鍵な気がする。

早く日本でも合法化しないかなー。

2017-04-18

イムリ

三宅乱丈しからぬ作風で、肩に力が入りすぎてて大河への憧れが先に出てしまっている。

奇抜なショートストーリー心理世界の得意な人が、いつかでかい話をやろうなんて考えてしまった感を覚える。

これは先日『精霊の守り人』を無理やり見たときの退屈感に似る。

内乱と彼らが虐げた先住民族的な人々、そして派閥の鍵を先住民族的人々が握っているという筋書き。

背後には民族紛争独立の動きや、主人公の出生にありがちな秘密自国のための大量虐殺

ここまで来るとほぼ松野泰己だ。客観的に見て三宅先生の持ち味ではないし、ベタ構成で古い。

設定多出で読者を置いてきぼりにし、徐々に謎が氷解する点も悪い意味で懐かしい。

からさまに萩尾望都佐藤史生に焦がれてる感、追い抜いてやる感丸出しな点もきつい。

浦沢直樹の漫勉で見た設定ノートの開示どおり、しつこく変質的な設定でそれ自体面白い

ただそれが全く話の面白さに直結せず、設定すればするほど話が固くなっている点が残念。

ペット』の尖った感性はどこにいったのか、大御所化するにつれて安定志向にはまりがちになるのか。

延々とトラバが続くのもあれなので、エアで。

「賑やかながらも少しさみしい感じ」が伝わってないならそれはもう個人感性じゃないかと。

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170416195907

見たけどゴミやな

お前の国語力の無さと同時に感性ゴミさも現れたとさ

2017-04-13

兄弟同士の共依存関係

共依存というのかどうかもわからないが、俺はとにかく弟と仲が良い。お互いいい大人である社会人である

休日ふたりテレビを見てゲラゲラしているし、平日はかえってからお互いに仕事愚痴を話している。

お互い、お互い以外の友達がひとりもいない。俺はそうだ。あっちもそうだと思う。

というのも、俺たち兄弟は非常に生きづらさを抱えていて(たぶんなんか発達障害持ってると思う、特に俺)、昔からずっと友達がいなかった。だから、お互いだけが唯一の友達になっている。

考えることも似ていて、好きなものも似ていて、一緒にいて楽しい。だけど、他に友達がいないか兄弟友達、だったはずなのに、兄弟友達から他の友達がいらない、となってしまっているような気がする。

感性の似かより方とか、なんだか、ほぼ「自分」みたいなものなので、自分自分が話しているようなもので、楽しいんだけど、なんの発展も成長もない関係だと思う。

このまま続けていても未来はないのだろうなと思う、本来ならばもっとずっと若い頃に断ち切るべきだった。もう手遅れだけど。

お互いに精神的に未熟だから、たぶん結婚とか、家族を持つとかできない。自分がいつ鬱になるか怯えながら、誰かを養うなんて無理だ。

将来的にはどっちかがどっちかを看取り、残る方はひとりでしぬのだろう。

果たしてお互いがいて幸福だったんだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20170413002300

これを面白いと思って書き込む感性の人とは知り合いになりたくない

2017-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20170412200048

同じキャラでずっとエロ描き続けてるなら相当好きなんだなと思うけど

1クールで乗り換える大多数の絵師()からは愛を感じないし、単なるヤリ捨て脳だわな

まっとうな感性だよ

あいつらは商売に生きてるだけだから、こっちも連中のキャラをヤリ捨てにして踏み台にしてやればいい

2017-04-11

http://anond.hatelabo.jp/20170411135049

ある意味

しろ、多くの人はそれこそ「ス○ンジボブ」とか見ても面白がれる位の感性なんだよ。でも玄人wが「ス○ンジボブは子供が見る低レベル作品」という評価をするから、つまらないと思い込もうとする

この枷が外れた結果が今回の流れであり、作品を見る目を狭めている自称批評家に対する逆襲の流れ

浅田真央が嫌いだ。

浅田真央引退するらしい。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010943961000.html



僕は以前から浅田真央が嫌いだったが、

こういう節目に際しての文章の中には思いがけない名文がしばしばあるし、浅田真央の事が観測範囲に入らなくなって暫く経つから

しかしたら、僕の知らないうちに彼女に何か変化があって、意外と名文に出会えるかもしれない、

そう思って、引退表明のブログ文を読んだ。



期待はずれだった。

そして予想どおりだった。



書かれていたのは空虚言葉だった。

書かなければいけないことを通りいっぺん書いただけ。



応援に対する感謝】【これまでの実績】【引退を考えるようになったきっかけ】【引退を決定づけた出来事】【これから展望



そこには「浅田真央でなければ書けないこと」が何もなかった。

定型文のようなどこかで聞いたような言葉ばかりである

誰かに何かを伝えたいという情熱がなかった。表現がなかった。




そして、それは彼女の"演技"に常に感じていたことだった。




彼女の演技を初めて見たのはいつだったか

彼女の最盛期がいつなのかは分からないが、世間の流れに疎い僕でも彼女存在認識した訳だから

多分、選手としてはかなり能力の充実していた良い時期だっただろう。




当時、テレビで見る度に、なにやらレポーター解説者達が興奮して誉めそやし、確かにいい得点を出していた。

しかし、すごいはずの彼女の演技を見ても自分の中にはなにか漠然とした印象しか残らなかった。




技術的にはすごいんだろう」

自分はそう思った。

「一方で、芸術点はあまり高くつかないはずだ」

そうも思った。




しかし、現実には芸術点でも高い得点を出していた。それも結構安定して。

(多分そうだったと思う)




正直、自分感性おかしいのかもしれないと思ったし、今でも少しそう思う。




しかし、自分にとっては、例えば村主章枝安藤美姫高橋大輔の演技のような迫力・表現したいという欲望を感じなかった。

かと言って、例えばプルシェンコのような優美さも見受けられなかった。

ただ無機質な身体の動きがあるだけだった。少なくとも"表現"と言うにはあまりにも味わいがなかった。




身体を使ってする表現とはなにか。

それは"言葉にならない言葉"を全身から振り絞ることでないのか。

形にしきれない情念を見るものに対し訴えかけることではないのか。

あるいは、興奮や緊張、その上にの存在する楽しさなど、自らの心向きを寡黙な雄弁さで伝えることではないのか。




僕の言っていることがピンとこないなら、例えばバレエを見てほしい。

若手の登竜門であるローザンヌコンクール、中でもコンテンポラリーおすすめである

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8C+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC




ともあれ、彼女は確かにアスリートなのかも知れないが、芸術家ではなかった。

表現したいものがなかった。

初めのころはお子様だから仕方がないと思っていたが、いつまで経ってもそうだった。

ただ技術を高めたいというスポーツマンとしては立派な動機があるばかりで、

表現をしない自分勝手さを本当に見苦しく感じたし、

僕はそんな浅田真央が嫌いだった。

2017-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20170410184909

元増田香ばしいのと、お前がまともな感性を持っていれば中高生で恥ずかしくてやめるような「俺分かってふざけてますアピール」をする人間であることとは関係がない。

あ、お前がリアル中学生ならぜんぜん更生の余地あるんで、そこまで悪くは言わんよ。

これが、キモい寒いことを教えてくれる友達がこれから出来るかもしれないからね。

http://anond.hatelabo.jp/20170407234442

■伸びるのは楽しく続けられる人

――なんだかんだいっても、ガビンさんは才能のある人を見いだす目利きだと思います。ガビンさんが才能のある若手を判断するさいの基準は何なんでしょう?

伊藤 マジメな話、ボク、全然人を見る目がないんですよね。大学面接官をやらされるんですけど「こいつスゲー面白そうだな、将来伸びるな!」って思って合格にするんだけど、だいたい伸びない(笑)。めちゃめちゃ外しますよ。だまされやすいのかなー。ぜんぜん人の才能を見抜く直感とかないです。

でも、大学だと、生徒と長い時間をいっしょに過ごすでしょう?

そうするとさすがに少しわかりますよね。この人が、伸びるかどうか。でも、それは「感性」みたいなものとは無関係なんですよね。才能ってほぼ「どれだけ作業し続けられるか」なんですよね。それも、作業するのを頑張るんじゃなくて「作業が止まらないタイプの人」。

――才能というのは関係ないと。

伊藤 たくさん作業できさえすれば、大丈夫中学高校とかでも、すごく運動神経がいいヤツがいても体育の授業でバスケットの授業になったらバスケ部のヤツには敵わないっていう単純な話に近い。1つのことを長い時間かけてやっている人のほうが作品的にもいいしでてくるものは美しい。それって結局バスケをやった時間が長い方がだいたい勝ち、みたいな話でしょう。それをデザインに置き換えれば、デザインずーっとやってられる人の作品面白いんですよ。それは確実にそうです。

http://tocana.jp/2014/10/post_4978_entry_2.html

2017-04-09

恋愛にも顧客視点とかマーケティングセンス必要だ。」について

https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=32171

こちらの記事についてです。

まあ気に入らないからといって口汚く罵倒するのは論外としても、ご本人も仰るように、男性賛同意見が多く、女性からは抗議がくる、というのには何かしら理由があるはずなのです。

かく言う私も、永江氏の文章には引っかかるものが少なからずあります

それはなぜなのか。私なりに考察してみました。



女性服装や化粧は誰のため?

まずひとつ、引っかかるのはここです。


現代社会においては、女性服装や化粧は、もはや異性を惹きつけるためのものではありません。

雑誌メディアでは「モテ服」「モテメイク」などと囃し立てるので勘違いされがちですが、私たち女性は、意識的にせよそうでないにせよ、もしその中から選んだとしても、一番自分感性に合った、自分に一番似合うと思う、もしくはなりたい自分に近いものを選んでいます

それはその本人のアイデンティティでもあります

永江氏の、というかこういう「ナチュラルなままが一番」という言説は男女問わずよく聞かれるものなのですが、現代人が工夫を凝らして身支度を整える時、それはすっかり身支度が整った姿こそが、私たちナチュラルな姿なのです。


「外面より内面を磨くべき」という言説もよく聞かれるものですが、これに反発を感じる女性は、知性があるからこそ、きちんとした身支度を整えることができるのだと信じています

派手であっても知性がなくてはできない、地味であっても知性のかけらもない、ということは多々あるので、派手、地味、ではなく「知性のある装い」と「知性のない装飾」というふうに区別していただきたい。

その意識の差というか、ナチュラルとは何であるのかという認識の差に、女性は反発を感じるのかもしれません。



男性が服など見ていない、中身を見ているのだという欺瞞

もし本当にそうであるなら、女性がどんな格好をしていようとも意に介さず、中身を見るはずなのです。

でもその直後に、マーケティングでは男性すっぴんに清楚な服装が好みなのだと続けておられる。

そこは格好をつけず潔く、男女問わず人というものは、初見では他人を見た目で大部分を判断しているのだと認めていただきたい。

永江氏の文章からは、男性は賢いので女性の中身しか見ないものだ、愚かな女性ばかりが見た目ばかりを繕うのであるというお考えが滲み出ており、ここもイライラさせられる点であります

(きっとそんなことは一言も書いていないと仰るかと思いますが、こういう話題を出してくること自体が、もしかして女性ほとんどはそれを知っている上でアイデンティティを守るためにあえてそうしないのかもしれないということは勘案せず、「女性は全員見た目ばかりと取り繕うことに夢中で、客観的ものを見ることができないのだ」と、ひとつ下に見ているのだということです。)



遺伝子的に優れているとは?

みくりは、就職活動に失敗したために、手っ取り早い就職口として津崎さんとの結婚を選んだわけです。

一度就職活動から逃げたので、逃げるは恥だが役に立った訳です。

それは、「男に寄生しようとか絶対に考えない」と言えるでしょうか?

給料が出る家政婦と、家事をノーギャラで賄う主婦とでは、どちらの方が遺伝子的に優れていますか?

働き者の専業主婦と、自立して稼ぐ叶姉妹遺伝子に、どんな違いがあるのでしょう?




そもそも恋愛マーケティングなど必要ありません。

以上のことを総括します。

まり恋愛マーケティングなどいらないのです、男性の大多数の好みがどうであれ、女性がそれに合わせることはありません。

最初の門戸の広さの話だと仰いましたが、そこは間口を広げる必要はありません。

本当の自分を取り繕ってモテたとして、何になりますか?

最初からスッピンなら「騙された感」が少なくて済むと仰るのであれば、本当の自分を偽って、マーケティング通りに振舞って手に入れたパートナーは、それが偽りであることを明かし本当の自分に戻れば、やはり騙された感があるのでは?

それとも一生、偽りの自分を演じて生きていきますか?

それは私たちの望む恋愛ではありません。


その男性版として、手当たり次第に女性モテたい結果として生まれたのが、恋愛工学だと思います

あれは、学生時代モテなかったルサンチマンと性欲をどう晴らすかが目的なので、相手は誰でもいい。

一夜を共にするのがゴールなので、自分をどれほど偽ろうと問題ありません。

そんなものを、一生を添い遂げる相手を探す恋愛手段として、オススメしないでいただきたく。


男性は、ありのままを受け入れて欲しいという女性要望に疲れていますか?

それは、女性本質を見ずに、見た目が清楚な地味な女性こそが好ましいと決めつけてきた男性のみが溜めてこられたツケです。そこはお納めくださいませ。


そこが一番の違和感といったところでしょうか。



追記

なぜ私がそこまでこの件にムキになるのか、そこも考えてみたのですが、私は、「マーケティングではそうである」という一見知的に見える論法が流布されることにより、まだアイデンティティ確立していない若い女性が、服装メイク男性の好みに合わせることこそが理知的な振る舞いであると啓蒙されてしまうことが一番怖いと感じているのかもしれません。

次々と消費されていく商売であれば、とにかく商品を買ってもらうことが利益につながるのですからマーケティングの結果に従うのはもっともなことです。

けれど、こと恋愛などのプライベート個人個人の付き合いでは、これは適応されるべきではありません。

人は、商品ではありません。

どれだけモテたくない人は好きにしたらいいとエクスキューズを入れたところで、モテたい真っ盛りの若い人間にそう啓蒙することは、害悪しかないのではないでしょうか。

モテたくても、相手の好みに流されてはいけません。自分をしっかりと持ってください。自分とは何なのか、何が似合うのか、何が好きなのか、しっかり考えてください。

何かを偽り、異性を手のひらで転がすといったような、相手に対して失礼なことをしてはいけません。

好意のある相手に対しては、尊敬を持って接するべきです。

女性に手のひらで転がされたいという甘えたようなことを言う男性につきあってはいけません。

お母さんの代わりを、永遠にさせられることになります


女性蔑視などということではなく、男女ともに、何に縛られることなく、自分の好きな服装メイクをして、また自分に似合うと思うものを探し、自分自身が満足する自分を探し求め、同時に、そういうしっかりとした自分自身を持つ相手を、自分の好みを押し付けずに尊重して受け入れる。

それこそが最高のパートナーであると、私は思っています

http://anond.hatelabo.jp/20170409111220

だいたいはてなでの伝統芸的な自分語りに絡めて語られる地方東京ってのは

地方まれで周囲にロクな文化もなく土人しかいなかったから才覚があって感性豊かな自分は辛い日々を過ごしていたけど

東京に出たら一転して多様な文化に触れられて超幸せ!だからお前らも頑張って東京に出ろよな!みたいな感じがテンプレになっているか

東京というのは東京都心のことでそれ以外は全て地方というのがはてなにおいては一つのステレオタイプとしてあると思う

http://anond.hatelabo.jp/20170409101442

世代とか階層によるのかもしれんが

割とベタ自分たち以外はアホだから自分らの感性理解できないっていう

厨二病とか中華思想的な考え方を持ってるやつも多いと思うよ

オタクはそのへん男女とも変わらないね

2017-04-06

なぜ親面をするのか

なぜ親面をするんだろう?

とても嫌、すごく嫌

私が人よりちょっと良くない境遇からって勝手に親面しないでほしい

いや、別に私に良くしてくれるのはありがたいし、そうやって色んな人に、助けられていることも感じている

だけど、あの人からは、良くしてやってる!とか自分自身が良いことしてるのを鼻にかけてる感じがする

恩着せがましい

お前なんかが親面しなくたって私はいま現状がんばれてるし、がんばってる

満足してる悲しくなんかない

そんなもの必要ない

なんだろう、すごくうざったい

まさしく余計なお世話

私の親はたった二人だけだし、

なぜあの人は親みたいなこと言うの?

気安く人の気持ちを推し量ってそうだと決めつけるな!人の話を聞け!

人なんて色々いるんだから貴方感性他人適応されると思うな!

いち他人として接してほしい

あなた他人以外の何者でもない

もし良いことをするんだったら

ただ受け入れてくれるだけでいい

ふーんそうなんだって他人でいてほしい

人の親に代わろうとするな!

以上バイト愚痴

http://anond.hatelabo.jp/20170406020246

圧倒的優位にたてるものに対してかわいい無意識に言い放ってしま人間感性ってほんとおそろしいと思う

http://anond.hatelabo.jp/20170405220122

はてなや一部のネットに関しては君の名を持ち上げることでの俺は若者感性理解しているんだアピール気持ち悪かったな

他は気にしすぎじゃねえの

一度失恋してから好きという感覚がわからなくなった

異性に感じるものが性欲だけ

笑顔に一目ぼれをする感性をもっていた自分はもういない

http://anond.hatelabo.jp/20170405113711

特定の欲しい品が分かっているなら別だけど、そうでもないなら化粧品なんて最もあり得ない案だろ。

増田感性は相当酷いから、今後も必ず誰かに相談しなさい。

2017-04-05

同人イベント自分のスペースに雑談をしにきて欲しくない

いつも私の作る作品を楽しみしてくれてるフォロワさんが即売会にも来るようになって、以来、スペース上での雑談も楽しみの一貫としてイベントによく来るようになった。

最初友達と一緒に来てたけど1人でも来るようになって、そういうときは本を買って1度スペースから離れた後も少ししたら戻ってきてまた何かと話しかけてきたり、他の人と話してるところに近寄ってきたり。

曰く他に回るところもそんなに無いからなあって。○○さん(私)と話すの楽しいからなあって。

何かと感性は近いから話すのは楽しい方で、イベントじゃないときでもたまに会って話したりとかもしてる程度にはどちらかというと親しい部類の人なんだけど。

仮にも本を頒布しにきている以上イベントで売り子でもない特定の人とずっと自スペースで会話をすることには抵抗があった。

それに、同人イベントでのお喋りって雑談をしようと思って生まれるわけじゃなくて作品を作っていく過程、読んでいく過程言及しておきたいことから起因して生じるものだと思ってるから雑談したい!って感覚は何か違うよなって思ってしまう。(気安い友達程そうでもないのかもしらんけどそれはそれ)

それまではそれとなく他のところ見て来たらって促してはいたんだけど、それでもあんまり頻回に立ち寄ってくるもんだから次第に煩わしくなってきてしまって。

先日のイベントでは居座られることを煩わしいと思うままに割と冷たい感じにあしらった。

そしたらめちゃくちゃ気にされてたっぽかったから、じゃあもう下手にもやもやさせるよりは理由説明しといた方がいいかなって思って煩わしいと思ってたって旨を伝えた。

イベント雑談する場所じゃなくて本を買う場所から本を買う為、ならともかく本を買ってサークルの人と話すことを楽しみにして来てるんだとしたらその意識は改めた方が良い気がする。みたいな感じのことも伝えた。



何かもっとうまいこと後腐れしない感じにやんわり示したかったしというかなんかもっと上手い事言えたんじゃないかなあとは思うんだけど自分なりに考えた言葉だとこうなった。

いかにもううちのスペースには喋りに来んなって聞こえるし(そうは言ってないんだけど)まあ今までと同じ感覚でその人とはもう気安い会話はできないだろうなあと思った。私ができそうにない。



というか自分作品を楽しみにスペースに来て喋りたがってる人に対する反応として、これって普通ことなのか心が狭い類になるのかどうなのか…ってのが気になったのが日記にしようと思った発端で。

海のように広い心こそないけど、そこまで我慢しない方なのも確かだけど、自分自身比較標準的ものの考え方を日頃はできてる方だと思ってはいからこそ当人自分の思ってることを伝えたわけなんだけど。

一般感覚的に極端に心の狭い畜生のすることなのかもしれないという可能性がふと拭いきれなくて。

ともすれば私は酷いことをしてしまったことになるなあと思って。

自己完結する前にそんな畜生だったかもしれない自分の行いを誰かが見咎めてくれたりしないかねみたいな気持ちでこんな記事なんて作ってみたわけだった。




(補足のような蛇足自分の中の感覚だと雑談しに来る人でも例えば「本当は他にも寄るとこあるのに(or自分のスペースがあるのに)ついつい楽しくてスペース居座っちゃったよ!」みたいな人は良いんだけど「他に用が無いからここに居座っちゃうよ!」は何で来るんだよ…ってなるなあ)

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170331120918

いや、そういう楽しみ方、最初はあったよ。1話ではむしろみんなそこに突っ込んでた。ぜんぜん少数派じゃないよ。みんなそうやって笑ってたよ。

ニコニココメントじゃ、動かないフレンズに「jpg」「不動明王」ってでっかい赤字つくのが定番化してたし。棒読みとか低クオリティつながりで淫夢と同じって言ってる人までいた。途中から、実は結構裏がある設定じゃね?って話題になってから空気が変わった感じだった。

変わったのは4話終わったくらいだったかな?クオリティ崩壊してるのなんて、1話からずーっとそうだからネタにするのも飽きるよ。で、普通だったら飽きられて終わるんだろうけど、考察とか語録とか、別の楽しみができた。もうみんな、低クオリティを前提として受け入れて、別の話題で盛り上がってる。そうなると、もう終わったネタなんてサムいだけだよね。

当初はネタにされてた低クオリティが、そのうちネタにされなくなったのは他にも理由がある。

けものフレンズを見始めて、後からメディアミックス作品だけど、先行したゲームは終了→アニメ敗戦処理新人声優育成担当」「低予算なので期間も人数もいません」みたいな情報が出てきた。いや知ってる人は知ってたんだろうけど、多くは後からネット記事で知っただろう。

それと同時に、「けものフレンズCG動物の動きに忠実」とか「間のとり方がすごく計算されてる」みたいな指摘をする人も出てきた。

そんな話を聞いて、ああ、低予算納期工数も足りなくて、だからこんな低クオリティなんだ。でも、キャラの動きとか、会話の間とか、ピンポイントでこだわってる部分はあるんだ。むしろ、全てを完璧に作り込むことはムリだって諦めて、それでもこだわりたい所は妥協しなかったんだね。って感じたのは俺だけじゃないと思う。

そうなると、もう、低クオリティなとこをネタにして笑うってできないよね。情が入ってしまうっていうか。制作側を応援する気持ちなっちゃうから

この変化を象徴してるのが8話「ぺぱぷらいぶ」だ。ニコニココメントだけど、前半で「ライブシーンないのかよ!」「予算がないですから」って笑って、後半のライブシーンでは意外にちゃんと動いてくれて。そのシーンにつくコメントが「動いたあああ」「予算が溶けるぅ」「CGスタッフの体力が削られていく・・・」とかね。予算がない中で、それでも必死で取り組んで作られたアニメーションが、総体クオリティは低いかもしれないけど、細かく見ていくと職人芸が光るアニメになってる。

アイドルライブシーンなんて、他の有名なアニメと比べるまでもないようなデキだけど、ここまできたら「うっわなんだよ今の動きwしょぼw」ってネタにして笑うなんて、もうできない。

増田の楽しみ方が特殊ってことは全然ないよ。むしろ誰もが最初はそう思ってた。否定されるべきでもないし、過ちでもない。増田感性がみんなとズレてるってことは全然ない。まったく平凡だよ。ただ、周りのみんなはもう別の話題に移ってるのに、一人だけ延々とおんなじネタを繰り返してたら、そりゃあお前サムいよって話だよ。

最終話も終わって、あのラストセルリアンもラスボスにしては笑っちゃうような絵だったけど、でももう誰も笑ってなかった。ブコメにもあったけど「惚れた弱み」ってとこだな。

2017-03-31

日本人四季に敏感だとか言うけど

たとえばスペインでは、冬と春の境目を「聖なる歌の時期」と呼ぶ。

寒い日と暖かい日が交互に訪れ、冬に春の鳥が鳴き、春に冬の風がうなりをあげるさまを、神様の歌う歌になぞらえたのである

四季を味わう感性が、決して日本人だけのものではないことがお分かりいただけるだろうか。

「聖なる歌」はスペイン語で「サン・カンシオン」。

まりこれが「三寒四温」の語源である

2017-03-29

悪趣味万歳

私は過去に負けたと思った女達の生活を覗き見るのが辞められない。

負けたというのは好きな男を手にいれた女だとか、奪おうとした好きな男を持ってた女だとか。

別に彼ら、その男達を、愛しているわけでも、現在手に入れたいわけでもない。

ただ、何故、私が選ばれなかったのか知りたいだけだ。

彼女等の日常を細かく監視して真似出来るところは真似したい。

私に無い感性が彼を虜にしたのでしょ?と思うので積極的コピーしていきたい

彼女達の事はわりかし尊敬しているのだ。

私に無い部分を持っている女。

それだけで存在が妬ましい。

妬んで妬んで仕方ないから真似してやる。

そして、彼女たちの素敵な部分のみを総合して、私になりたい。

彼女等が、不幸になればなるほど私は正直嬉しい。

幸せだとか、充実していると悔しい。

単純に粘着質で腹黒なこの精神をどうしたらいいのか。

彼女達が、感情日常を即座に垂れ流す白痴であることが唯一の嬉しいところだ。

どんどん垂れ流して私を成長させてくれ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん