「イジメ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イジメとは

2016-12-09

[]イジメてた

Masuda Advent calendar 2016の九日目の記事です。



キッカケは兄の部屋で見つけたエッチおもちゃだった。

男性器を型どったティルドや、鼻に引っ掛けて顔を歪ませるフックや、浣腸器や、布面積が少ない下着など、多種多様な性具が兄の部屋にはあった。

その当時、友人たちとの間でも、彼氏とやっただの、ネット掲示板大人と知り合っただのと、性に直結する話題が増えてきたこともあって、とても興味を惹かれた。

から、つい、それを試して見たくなってしまった。

その頃、四人組で行動している中の一人に、どちからというと駄々草で、どちらかというと鈍臭くて、どちらかというと勉強ができない、四人の中で一番冴えない、と私が思っていた子がいた。

今にして思うと、何かを比較すればそりゃあ上と下ができるけど、それが不快に感じたり、生活する上で不便になるほど、彼女ダメ人間ではなかった。

けれどその頃は、自分よりも劣っていることが、彼女に対して無茶をしても良い理由になると思ってしまった。

しろ、こうして弄ってあげることで、彼女楽しいんじゃないか? ぐらいの、傲慢さがあった。

ことの全容を書くと、ただのポルノ小説や、ネットによくある体験談ポルノになってしまうため書かないが、それはまあイジメた。

いや、イジメという言葉は緩すぎる、単純に暴行だった。

最初のうちは、性の知識豊富な私がちょっと特殊な遊びを披露する、という趣だったのだが、だんだんエスカレートしていった。

特にわかりやすく変わったのが、四人組の残りの二人が傍観者でなく参加し始めたときだ。

うその頃には、一目置かれる私、というポジショントークの趣は完全になくなり、彼女にをイジメるのが主になっていた。

当初の性というテーマすら失われ、どんどんと暴行じみた行為彼女に加えてしまった。



もう本当に洒落にならないイジメ学校にバレるとかじゃなく、警察が出てくるとか、彼女刃物か何かを持ち出して私たちが殺されるか。

もはや傍観者の私がそんな発想に至るまで、暴行エスカレートしていった。

辞めさせるのは、困難だった。

発端が私だけに、もう二人を納得させるのは難しく、何よりそれはもう、私を代わりにしてください、という宣告になると思った。

かと言って、イジメている本人と普通に対話をすることも、また難しかった。

散々手のひらを返し、散々彼女の体に危害を加え、散々弄んだのだから、ごめんなさいと言ってしまったら、状況が何もかも変わってしまう。

とどのつまり、もはや内の加害者側の私からは、手の出しようがなかった。

と、当時は思っていた。

今にして思えば、うだうだ言わずにさっさと二人を連れて警察にでも行けばよかったんだ。

にもかかわらず、自分の身可愛さに、くたくたと理屈をつけて、彼女を殴り、笑っていた。



結局、私が危惧していた、警察沙汰にはならず、高校卒業した。

四人とも別々の進路だった上、私はこのことの気まずさから同窓会にも参加していないため、今彼女たちがどうしているかは、何も知らない。

ただ、卒業してから、初めてのお盆休みに、彼女メールをした。

「盆休み、暇? 遊ばん?」と、送った。

この時、何を思ったのか、自分でも定かじゃない。

会って謝りたかったのか、彼女が今困っているかどうかが知りたかったのか、彼女が困っていたら助けたかったのか、

彼女にまた暴行をくわえたかったのか。

どんな気持ちで、このときの私がいたのか、未だに心の整理がついていない。

けれど、結局、会わなかった。

彼女の「はい、わかりました。買ってもらったオムツの残りはあと二枚です。新しいのを買って持って行った方が良いですか?」という言葉の重みに耐えられなかったからだ。

今も、私は何の責任も取らず、ただこうして彼女のことを思うだけで、彼女でも国家権力でもない何かに贖罪の責を果たしたかのような、傲慢な考えのままでいる。

2016-12-07

相棒後ピンの話から 教師とかの「先生」について考える。

最近教師とか医者とかの「先生」と呼ばれる人達が「人の心がわからないのか!」みたいなことをやらかして…ってのが続いてる…

でも…生徒の心とか子供の心とか…患者さんとか女性とか…相手の気持がわかるような人では「先生」なんて続けてはいられないんじゃないかと…最近 思えてしょうがない…

イジメられている子の心に寄り添って…でも有用解決策が見いだせなくて…と…それでは…先生の方が心が壊れる…ような気がする…

そんなことになってしまう方もいるだろうけど…たいがいは…「気にしない!強い心を持って!負けるな!そんなことはたいしたことじゃない!」とか加害側にではなく、被ってる側に我慢を強いて…やり過ごそうとする…それはわかろうとしないから言えることみたいな気がする…

そうでもしなければ 自分の心が壊れるから

「人の心がわかって 相手のことを第一に考えて」なんて…

後ピンみたいにはなかなか…

からないヤツだから…わかろうとしないヤツだから

先生なんて職業が続けられるんだ…とか 思えてしまって…

教師とか医者とか…代議士先生も…

ついでにw

経営者も、お客様第一とか言いながら 実はそんなに客のことを考えてないヤツの方が成功してる気がするw

2016-12-05

震災から5年も経ってるのに、情報を全くアップデートしないで不安不安だと喚く人は、流石にもう、どれだけ馬鹿にされても仕方がないんじゃないかなあ。

ttps://twitter.com/kakkokari_kyoto/status/805457344444305409

放射脳と呼ばれるのは精神的苦痛だ」
イジメだ」
うん、その一方で
フクシマと蔑まれ苦痛だ」
イジメだ」
って言ってる人もいるんだよね。
で、この両者のうち、少なくとも前者には、過失があるよね。科学妥当性の無い感情的判断に身を委ねている、って点で。

ttps://twitter.com/kakkokari_kyoto/status/805458803298746368

やっぱり過失があればイジメも許されるorイジメにならないと思ってんだなぁ、放射脳とか使っちゃう人は

2016-12-04

差別、大いに結構。真にその気があるなら、どんどんやりたまえ。

法や空気を作って抑制をしたところで、形を変えて差別をする奴は差別をする。

しない奴はどんなにアナーキー空気になったところで、自分の信念を貫き自分の正しさに生きる。

差別を受けたとして悲しむ奴は、差別を受けなくともどうせ他の事で悲しみを見つける。

イジメをする奴はイジメをするし、イジメをしない奴はイジメをしない。

環境が悪い中で犯罪に手を染める奴は手を染めて生き延びるし、染めない奴は染めないで死にゆく。

ただそれだけだ。

自分語りかいつまんだつもりですが長くなりました。ごめんなさい。

母親暮らしていた。水商売だったから夜は一人だった。いつも男を家に上げていた。子供が寝ている横でセックスをしていた。

休日になっても夜型の母親はいびきをかいて寝るだけだった。友達は貴重な休日家族で出かけて過ごしていたから、休日が辛かった。

一人で出かけて、時間を潰して帰るのがいつもだった。自分を害する気はなかったと思われるが、子供にとって放置が最も苦しかった。

およそ娯楽と呼べるものは家にはなく、しかブランド物のカバン複数あった。母親の男は決して長くはないスパンで入れ替わっていた。

父親に引き取られた。再婚していた。新しい母親には罵声を浴びせられた。出て行け、生きている価値がない、といったメッセージが多かった。

しょっちゅう折檻をされた。寝坊したときに15分以上の折檻を受けたこともある。今からだと余計遅刻するだろと思うがお構いなしだった。手足を縛られて押し入れに押し込められたこともあった。

父親罵声を浴びせてきた。酒を止めようとしても飲み続ける姿は嫌いだった。

高校生の時、アメリカに1週間ほど留学できるという主旨のプリント学校で配られた。

20万円ほどだったので安い方だと思うが、うちでは行けないと分かっていた。アルバイトをしても間に合わない。何とか策はないかとしばらくプリント放置していた。期限が過ぎてプリント処分した。

それから一ヶ月経って何かの拍子で父親と言い合いになった。プリントのことをなじられた。「あんプリントを置いて、行かせてくれるとでも思っていたのか。うちの経済事情を考えることも出来ない自分勝手なやつだ」もう捨てたんだし期限も切れたんだから放っておいてくれよと思った。

母親からはお前の教育費は高いと言われた。自分公立なので、私立の他の兄弟よりは圧倒的に安いのだが、高いと言われた。

流石に高校になると折檻はされなくなっていた。

小学校の時、○○病というのが流行った。女子集団にやられた。

友人だと思っていたグループで実は嫌われていて、自分一人でそのグループの数人をイジメていたということで排斥された。傘でぶん殴ろうと脅す卑劣なやつ、という事実とは違う形で親に伝わっていた。

教師にもよく殴られた。隣の教室先生同士の授業参観があって、自分クラス自習だった。みんな喋っていた。自分も喋っていた。先生が怒鳴って「騒いでいるのはどいつだ!」と言った。自分だけ手を上げた。自分だけ殴られた。おかしい。自分けが喋っていたわけじゃないのは分かっているはずなのに。

また別のイジメを行っていると言われた。半年に及ぶということで6回全身を殴られた。

高校では、女に嫌われまくった。何かと指を指して笑われた。

クラスの出し物で、ダンスをすることになった。全員で手をつなぐ場面があった。隣が女子で、そいつ自分のことを気持ち悪がっていた。通し練習で初めて手をつなぐ場面をすることになった。その女子友達女子と「地獄がやってくる」などと言っていた。友達の方も「聞こえるよ!」なんて言っていた。聞こえていたので用事を付けて練習から抜けた。もう参加しなかった。

兄が危険運転で死んだ。あいつは馬鹿だと今でも思う。

大学は途中から最低限しか行かなくなっていた。女に振られたからだ。その女はレイプされそうになったと周囲に言っていた。それまでの学校生活で女不信になっていたところに致命傷だったと言える。女を警戒して暮らすことになった。

家事ができなくなった。朝起きたらコンビニに飯を買いに行って昼になったら飯を買いに行って夜になったら飯を買いに行った。何もやる気が起きない自分は弱いと思って栄養ドリンクを飲みまくったが何もやる気にならなかった。留年ギリギリ回避して卒業した。

就職した。先輩は酒の席になると自分を罵ってくる。それも二次会上司がいないとき限定なので、飲み会は一次会で帰るようになった。

親が死んだ。その数カ月後にうっかり二次会まで行ったら事情をお構いなしで詰ってきた。そうやって暮らして6年たった。去年に先輩は異動して会わなくなった。

今日も気分は晴れない。

2016-12-02

自分が16の頃は教師と親のパワハラと生徒のイジメ統合失調症になって高校退学したのに

その後に出会った女はみな16の頃は貢いでもらう相手に困らず家出しても余裕で暮らせたし

学校に行かないでブラブラしてても先生単位をくれたなどと嘯くので

自分が住んでいるのは前世で悪行を犯した人間などが収容される闇日本

大多数の人はどこかゲートくぐった先の普通日本国に住んでいるのだと思っているが

ゲートが見つからない

これも統合失調症のせいなのだろうか

同じ国に住んでいないので結婚交際も一生無理なのだと思う

2016-12-01

ちきりんのあのツイートってなんであんなに叩かれてんの?

http://togetter.com/li/1054518


正直よく見かける意見だと思うけど。(正しいか正しくないかはおいといて)

腐るほどある意見だし、お前らああいうのを見るたびにいちいち噛み付いてんの?スルーしてるんじゃないの?

まあ、ちきりんからってのが一番大きいんだろうけど。今が叩き時って感じ?

で、比較的わかりやすく穴のある意見から叩きやすいので、ちきりんを知らない人も参加してるっぽい。

だってあの炎上って議論が別れるわけでもなく、発展性があるわけでもなく、正論ぶつけて盛り上がってるだけじゃん。

少し前まで「ちきりんはもうオワコン。誰も相手しなくなった」とかはてな民が言ってたけど、それだってただ単にコメント欄非表示にされて叩いて騒げなかっただけって今回の件でわかるし。

「まだちきりんで消耗してるの?」とか言いつつ叩いてるやつもいるし。

お前らほんとに叩けるやつを叩くの好きなんだな。

スルースキルゼロかよ。



あと気になったのは、登大遊免許センターでやったことをちきりんがやったら盛大に炎上してただろうってこと。

登大遊行為がなぜ賞賛されてたのか俺にはわからなかったが、今回の件に当てはめるとしっくりくる。

結局、ちきりんという個人がムカついてるからボロが出たらすかさずリンチして憂さ晴らししたい以上のことではないって言えるやついるの?



あと、「態度が悪いから」「高慢から叩かれる」って「イジメられる側も悪い」理論を振りかざすイジメっ子と同じ理屈ですよね。

2016-11-30

イジメ加害者に病名を付けるとしたら

加虐依存症あたりか

2016-11-29

http://anond.hatelabo.jp/20161129100905

http://anond.hatelabo.jp/20161129102009

http://anond.hatelabo.jp/20161129102353

http://anond.hatelabo.jp/20161129104729

http://anond.hatelabo.jp/20161129131508


無能どもが雁首揃えて吠えてるが、漫画表現デフォルメしてったら、そりゃそうなるだろ。

漫画】なんだよ。

アフタヌーンに載るようなヘタウマ絵で、シリアスイジメ話展開して、こんな受けるわけねぇだろ。

常識的に考えろよ。

http://anond.hatelabo.jp/20161129100905

受け取り手にとっては、作品で描かれた容姿がすべてだよ。

SF作品で「蜘蛛のような外見が最高に美しい女性(現地人の感想です)」が描かれたとして、

作中では最高の美人として扱われるが、見てるこちらはグロテスク蜘蛛人間しか見えない。


そして、『聲の形』は漫画アニメ両方を通して、もさい普通顔の女の子なんて描かれていない。

そこに描かれているのは、一級品の美少女だ。

なぜ、もさい女の子を描いて、イジメや障碍を克服しようとする話を描けなかったのか。


単純さ。

絵にならないか

2016-11-28

乙武さんは弱者なのか

乙武洋匡さん、離婚理由を語る

http://www.sankei.com/entertainments/news/161127/ent1611270010-n2.html

について。

実際見たのと記事では全然印象が違うのはいものこととして。

「これだけ身体的にハンディキャップあってバッシングされるのもすごいですね」というのはその通りで、このバッシングは、障害者という弱者に対するイジメ、というよりははるかに、強者に対するやっかみに近いと思います乙武さんがそこまでの存在になったことに関しては、本当にスゴイな、と思います

記事には出てきませんが番組では、乙武さんが実は話したかった話題、として相模原事件パラリンピックの他に、24時間テレビバリバラも挙げていました。かなり面白い話になったはずです。他にも今年は乙武さんに語ってもらうべき話題が多かったと思うので、非常に残念に思います

まあ、まだ怒っている方もおられると思うので申し訳ありませんが、個人的には人の家庭の不倫とかどうでも良いのですみません

あと、これは前から言いたかったことで、ついでに書いてしまますが、『五体不満足』は今、是非とも読むべき、読み直すべき本だと思います

というのも、私がこれを初めて読んだのは、Twitterで「手も足も出ない。あ、初めからなかった」みたいな障害自虐ネタを連発しているのを知った後で、その頃にはすでに乙武さんは成功者であり強者側でした。

そうなってから読んでみると、スゴイな、とか、面白いな、とは思いましたが、感動する、とかましてや、号泣する、というような感じはありませんでした。というか、どちらかと言えば、一言でいうとあの本は「自慢」ですよね。My Way的な。

もちろん、それだけではないのはわかりますし、あえてそのような面を強調している意図理解しているつもりです。それでもさすがに号泣はしない。

そう考えると、本が出始めの頃に感動して号泣していた人がいたとすれば、それはおそらく、障害者弱者としてみなして、いわば感動ポルノ自分勝手に作っていたのではないか。そんな疑念があるのです。

そういう観点で、『五体不満足』を今、もう一度読んでみて欲しいと思います。初めて読む人もそうですが、昔読んだ人には特に、以前との感想の違いを感じて欲しいと思います

それが結局「差別」ということではないか、と思うわけです。

2016-11-25

金曜日のマスダタウン~哲学×サイコパスの組み合わせ最強説~

いじめられっ子の素の状態

たとえば体臭とかデブとかがキモくても、

いじめっ子我慢して普通に付き合わなきゃいけないの?

フーコーニーチェ権力論をふまえれば、それっておかしくない?

まりさ、いじめっ子けが悪いとは一概には言えなくない?

いじめは悪いとは思ってるよ!というエクスキューズもセット

これで自分イジメ正当化できる


権威付けによって一理あるような雰囲気意見を述べるけど、

結局自分の心地よさのために他人操作する意図しかないサイコパス、最強やん?

反論あったら頼むわ。

火垂るの墓」って主人公反戦思想を語るシーンがあった?

この世界の片隅に』の感想を述べている人たちは、こぞって、「反戦思想押し出していないのがよい」という言い方をする。

そして「主人公反戦思想を語らないのがよい」と言っている人もいた。

  

それで気になったんだけど、『火垂るの墓』って主人公反戦思想を語るシーンがあった?

主人公男子はむしろ愛国少年だった。彼は政府軍部批判しなかったし、日本勝利を信じていたので、けっして反戦思想を語ったりしなかったと思う。

 

なので、あれが反戦映画とされるのは、「おいお前ら、この悲惨子供たちを見たら戦争のひどさが分かるだろ!?」という理由ではないのか。

ようは受け手解釈問題だ。

  

  

  

追記1

もちろん『火垂るの墓』の場合悲惨さを強調して伝える表現手法を取っているため、ろこつに反戦思想押し出しているとは言える。そこが製作者の意図したところではあるだろう。

しかし、それだったら『この世界の片隅に』も、戦時中生活リアル淡々と描くという手法反戦を訴えているとも言える。これはこれで押しつけがましいというか、すごく辛気臭い話だった。あきらかに「戦争ってイヤだな」という思想へと誘導していると思った。

  

追記2

漫画はだしのゲン』についても言っておきたい。主人公・中岡元が反戦思想を語るとき、それは自身経験に基づくことが多かったはずだ。

父親反戦思想を教えられたゲンがそれに感化されるのは当然のことなのだし、そもそもゲンはまさしく戦争被害者として辛酸を舐めてきた。中岡家は戦争に非協力的だと見なされたため、戦時中陰湿イジメを受けまくって、最後には原爆によって大切な家族を殺されてしまう。

このような体験をした主人公反戦を語るのだから、そこには圧倒的なリアリティがある。

 

(ところで、『はだしのゲン』もアニメ映画の方はそれほど反戦思想を語るシーンってないよね? ゲンは明るくて元気な子供だ。彼にはまだ難しい政治のことは分からない。原爆が落とされる前も、落とされた後も、そういう無垢子供としての日常生活が描かれていたと思う。

そこには苦しいことがたくさんあったが、楽しいことだってたくさんあって、ほほえましかった。その意味で、これは『この世界の片隅に』にけっこう近いと思う。)

2016-11-21

http://anond.hatelabo.jp/20161121161042

職場発達障害が入ってきたら関わらないようにイジメて追い出してる、ということだよ。

2016-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20161120184713

底辺にとっては投資パチンコもその違いがわからない

かつパチンコにはやたら詳しい

デザイナーブランドセカンドラインの違いは価格しか分からん

D&Gドルガバとして堂々と着る

車は中古ディーラーローンで買う

貧乏人はそういうもん

ま、あんイジメてやんな

2016-11-19

結婚式に呼ばれた事がない

27歳、理系院卒、ごく普通会社員

今まで生きてきて、1度も結婚式に呼ばれた事がない。ひとりっ子かつ親戚付き合いも殆どないので、身内の結婚式にも出たことがなく、本当に祝いの席に参加した経験は皆無である。流石にこの歳になると、結婚式に出た事がないとは恥ずかしくて誰にも言えない友達がいないと公言しているようなものだ。

友達がいなかった訳ではない、と思っている。いや、今となってはよく分からないが。

小学校イジメられっ子だったが、学区の違う中学高校では一緒に遊ぶグループもできた。しか卒業と同時に縁が切れ、今ではフェイスブックふわふわ繋がっているだけの関係。なまじ繋がっているから、彼等が素敵なパートナーと結ばれて華やかな式を挙げたことだけは知っている。早い人には子どもも出来た。大学生活はリア充とは程遠かったものの、サークル語学クラスバイト先、学生寮にそれぞれ親しい人達がいた。しかし、サークル活動ガチ過ぎてついて行けなくなって辞めてしまった。無理にでもついていくべきだったのだろう。語学クラスバイト先の仲間は、進学•就職を機に付き合いがなくなった。こちらも高校時代同様、フェイスブックだけで未だふわふわ繋がっていて、最初の数年は同窓会もやったりしたが、そのうち開催しなくなった。SNSでの私の見かけの友達数はやたら多い。学生寮人間とは、引越した後も比較的長く付き合っていたが、2-3年もすると徐々に疎遠になってしまった。学生寮同窓会ネットワークもないので、今後会うことはないような気がする。大学院研究室関係者とは、今も関わりがない訳ではないが、非常に表面的な付き合いである。

考えてみたら、友達だと思っていたのは私の一方通行勘違いで、どこにも友達は居なかったのかもしれない。だから、誰からも祝いの席に呼んでもらえないのだ。お前が積極的に繋がりを残そうとしなかったのが悪いんだろう、自己責任だ、と指摘されるかもしれない。確かに、私は同窓会幹事をやった事もないし、そんなネットワークも行動力も持っていなかった。でもその程度の受け身人間、いっぱい居るじゃないか。それに、親しい(と思っていた)数人に連絡して遊びや飲みに誘うくらいのことなら、自分でもやってきた。けれど、私がやると何故か上手くいかないんだ。誰も乗り気でないような、酷い場合には全員不参加で流れるような。

今の職場にも、プライベートで飲みに行ったりする仲間はいるが、彼等を友人と呼んで良いのか分からない。職場が変われば簡単に付き合いは無くなる気がする。ついでに言うと既婚者ばかりなので、仮に付き合いが続けられても結婚式経験なのは変わらなかったりする。

そういえば職場の後輩が、学生時代の友人の結婚式が今週末あると言っていた。新しい服やらご祝儀やら、出費がキツいと嘆いていた。「増田さんくらいの年齢だと結婚式多いですよね?どうやってやりくりしてるんですか?」と聞かれたけど、さすがに行った事がないとは言えず、金欠だよね等々言って適当に誤魔化しておいた。今頃披露宴なのだろうか。誰かの華やかな人生の門出に立ち会って祝福するというのは、どんな感じなのだろう。私には、誰かを祝福する資格は無いのかもしれない。

2016-11-17

自分子供だったとして放射能マンと仲良く出来た自信がない

流石に金寄越せとは言わんけど「一緒に遊ぼうぜ―」とはなれないな。

「菌」と口にだすことすらせずそっと避けて暮らすと思うし給食の時はそいつから距離離して座ると思う。

道徳の授業でエイズ持ちの子供ともお互いに血を出したり唾を飛ばし合わなければ安全に遊べるよピース!みたいな写真が載っていたのを見て「でもお互いに血を流してたら危ないんだろ…一生棒に振るかも知れないのに一緒に楽しく遊べとか無理だわ…」と考えた事を思い出す。その授業の感想文では適当ごまかして皆仲良しピース!と書いておいたけど本心エイズマンと一緒に遊べるかよばーかだった。

イジメが罰せられるべきなのは間違いなく。

暴力は悪だ。

恐喝は悪だ。

だけど放射能を垂れ流していると噂をされている子供とも仲良くしろ子供説明するのは簡単じゃない。よっぽど優秀な教師じゃないと出来ないと思うし、子供理解力がないと無理だろう。そもそもちゃんとした知識を持った大人が今どれだけいるのだろうか。

2016-11-16

2016年映画

1月 スターウォーズ新作の興奮冷めやらぬ中で『信長協奏曲』が公開されリア充にヒット。映画オタクは食いつかず。ああ、忘れてた。キンプリな。『KING OF PRISM by PrettyRhythm』。ロングランヒットで「応援上映」の定着にも一役買った。

2月 『オデッセイ』公開でSFクラスタが盛り上がる。

3月 『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開。ファンからは「今年は出来が良い」とボジョレーのような評価を受ける。月末に『バットマンvsスーパーマン』公開。総じて酷評されるがマニアからカルト的な支持を得る。

4月 『名探偵コナン 純黒の悪夢』により腐女子あいだでコナンがリバイバルブームディズニー新作『ズートピア』は大絶賛の嵐でSJWもこれにはニッコリ。比べて日本アニメを叩く人も多かったが、まさか下半期にこんなことになるとは…。『テラフォーマーズ』が大コケする中で『アイアムアヒーロー』が地味に好評で「これほどのスプラッタ映画を作れるなんて日本映画も捨てたもんじゃないな」との声。そして月末に『シビル・ウォー』公開でマーヴルDC仁義なきシビルウォー突入

5月 なんかあった? 『64』?

6月 『デッドプール』公開。決して評価が低いわけではないけど公開直前がいちばん盛り上がっていたよな。『貞子vs伽倻子』は期待通りの出来栄えで『コワすぎ!』ファンも大満足。

7月 洋画では『ファインディング・ドリー』邦画では『ONEPIECE FILM GOLD』の二大アニメ映画が公開…と思ったら『シン・ゴジラ』がすべてを持っていってしまった。同じ頃にひっそりと公開された『HiGH&LOW』がまさか公開終了間際にボンクラ映画オタクに飛び火して局地的ブームを巻き起こすとは誰も思わなかったであろう。

8月 引き続き『シン・ゴジラ』が猛威を振るいつつ、『ジャングルブック』『ペット』『ゴーストバスターズ』など洋画の佳作が目白押し映画熱が高まっていく中、彗星のごとく現れた『君の名は。』が歴史的な大ヒット。唖然とする映画オタクを尻目に、あっという間に『シン・ゴジラ』の興行収入を抜き去っていくのだった。

9月 『スーサイド・スクワッド』が期待ほどではなかったせいでDCオタクが煩悶する中、『君の名は。』に続く恋愛アニメ映画聲の形』が公開。イジメ障害者について何かと議論になる。

10月デスノート Light up the NEW world』が「馬鹿しか出てこない」など壮絶な酷評を受ける。

11月この世界の片隅に』公開。文句なしの大傑作と称賛されるも、主演声優問題マスコミが取り上げないだとか取り上げてるだとか面倒くさい議論も。

2016-11-15

キミもスルーしないか

・・・接客商売・・・小売屋?・・・まあ、そういう店員な者ですが。

数人で現場・・・というか店頭に居るんだけど、自分が客の相手しててとか、ほかの人が接客してるのを横とか離れた所で接客以外の作業しつつ気にしててとか、

そういうときにおもうのが、やっぱり客と店員でも、気が合う・合わないの組み合わせがあるんだな、という。

で、

ときどき注文する、でも初対面の瞬間から、そう店に入って来る直前のそれからオレん所に近づいてくるまでの様子やら風貌←これにはどういう表情でなんの物事対応してたか、の意味が含まれる、っていうかソレがほとんどなんだけど、

その段階で、あーなんかやーな○○だなー、とか、あーこれはヤヤコシイひとだろなー、とか直感して、元気のあるときなら「ウッシャア!」ダウナーな気分のときなら「やだな・・・。でも頑張って自分気持ちさなきゃです・・・」とか覚悟をキメてるんだけど、

ヤヤコシイひと、っていうのは、これ自分ちょっとそうだからたぶんそういう連鎖反応みたいになっちゃうんだろうなとはおもってはいるんだけどまだそれ以上には直せないからわかってもいまのところイミねー状態なんだけど、

こっちのできない事を要求してそれを通そうとしてヒステリックな響きが声色に出てくるとか、そういうかんじに態度が豹変するひと、っていうのか。でまた、こっち、オレもソレはできないのでなんとか宥めながらこっちの事情、ったってまあ客側にしてみればそんなのほんとカンケーないことなんだけど、まあそれを理解してもらって要求を引っ込めてもらおうとしてるうちに、こっちもヒステリックに拒絶を繰り返すだけの流れになっちゃって。

で、なんかヤな奴だなあ、ってのは、これはもうホント余計なお世話なハナシなんだけどもさ、んーと、ああそうあれ、こっちの、オレからすると”ぞんざい”な言い方とか物事のあつかい方とか、なーんかみててムカつくというか、そうそう”残念”なかんじな人。そんな表情でそれやんなくても・・・、みたいな、そんな言い方はねえだろ!って、アレです。

でね、くりかえし来ていただいてるそんな方々にね、やっぱりこっちもそのつど毎回何度もなぶられてるとね、身構えちゃって、そしてやっぱりいやこれはイカンことなんだけどね「なんだコイツ!」ってのをその奴にこっちも放散しちゃってるのだろうね、そんな方々も表情くもってたり強張ってたりしてんのよね。そこまでしていやされててなんでまた来る、いや来ていただけてるのかそれはそれでよくわからんのだけども、まあそれはまた別の考察、ってほどでもないか単にウチが最後の最果ての地なだけか、ってなにこれ烏滸がましいイヤすんげー失礼、ってまあそれは今回はさておいて。



・・・きのうね、年令がそうオレと同じくらいかいってて10才したくらいかって、これもまあね、もしこれ年上だと、ははっ御高説拝聴いたしますッって姿勢制御モード?でなんとか自分気持ちねじ曲げて納得させて抑えることができるけど、同い年とか変に近い若さ、ってなんだそりゃまあ同世代的な年恰好だと「オマエそんなオレとおんなじ年代でソレかよ・・・。ちゃんとしろよなさけねー、ってかオレもいっしょくたにみられて評判おとされてる気分だわーヤダヤダ!」って気持ちで考えちゃう、ま、まあそのくらいの世代だろう同性のが来てね、まあやっぱり何回か顔を合わせてる客なんだけど、注文後に訊いてきたのよちょっとかいとこの内容をいまから変更できるか?ってね、んでオレそれは通すとあとあと対処がキリないことになる内容だと判断したんで即座に端的に、それはできません、つったのよ、そしたらソイツは了承してくれて引っ込めてくれたんだけど、そんときオレの返事のあとにちっさい声で、

『ぁっメンドクサイですか』

っていったのよ!・・・おめーまえからも思ってたけど、ぜったいがっこーとかでいじめられてただろってかイジメられてるだろそんな言い方してるからじゃー!!・・・・・・ふう。



・・・で。そんなこともありつつ仕事あがって、最寄駅から帰宅しようとタクシー乗り場を通り過ぎてたら、なんか駐禁防止みたいなチェーン付きポールはさんでる二人組が立ってたのね、向かい合って。片方は大学生くらいな年恰好ケータイあてて喋ってて、反対側は青年から中年くらいの、スーツ着てて手ポケットに突っ込んでその学生だかを仏頂面でじっとみてる様子の。なんだろうこれ連れだってタク待ちしてるにしては立ち位置が変だし、っておもって注意がそっちにむいてその学生アンチャンの通話意識がいって内容聴いてしまったら、

どうもコイツ、つまりスーツのほうのひとね、が、そのアンチャンの目前で、喫い終わったブツ側溝だか排水溝だかにポイしよった、それを俺、つまり電話ガンガンどこやら、もしかしていやたぶんケーサツ?か?にしゃべりまくってるアンチャンね、が見咎めて注意したけど聞きよらへんのじゃあ、わあわあガアガア、みたいな・・・

あーあーあー。

これはそれは・・・。って気持ちで足取りもゆるめずそのまま通りを渡って自宅への路地に入っていくオレ、そしてその背にかぶさるようにヒートアップしたアンチャンの関西弁罵声が~。




いままでかいてたとこなくなってからひさしぶりににっきみたいなのかいたのでわけわからんくなったがかいてすっきりした

2016-11-12

の子供への対応に感服してしまった

私は理性的であろうと努める方で言い争いはあまり好まないのだが、妻は昔から感情的になる方で子供への接し方もそうだ。

とにかく、「死ね!」とは言わないまでも、それに近い言葉も飛び出すほどに子供に対しても感情的に怒る事は珍しくない。

大抵ほとんどの場合は、妻も子供も散々やりあって疲れ果ててその日は寝てしまう、って流れになるのだが、この前、珍しくそうじゃなかった。

というのは、うちの息子が学校いじめ毎日イジメに会っているって程酷くはないみたいだが)にあってて、その日学校に行かなかったことでまたそういう大喧嘩が始まったのだけど、二時間ほど大騒ぎしたあと、息子がそのいじめの細かい内容について自らの意志で話し始めたのである

息子は自分プライドもあるのか、いじめられていると言う事自体は多少話してくれたけども、内容を話すのは頑なに拒んできた。

私も何度も、説得的に話してくれるように息子に接してきたが、細かい話しになると口をつぐんで絶対に言わない。

それが、事細かに延々1時間に渡って話したのだ。

妻はそれまでの大喧嘩の時とは打って変わって「言いたいことは全部吐き出しなさい」と優しく諭しただけである

そして最後には、「頑張って話せたね、もう遅いからお風呂に入って寝なさい。明日はもう学校普通に行けるよね」って。

 

感情って大事ことなんだなと思った。

いっつもあまりにブチ切れて感情的に怒ってばっかりで、そういうのは良くないと思っていたけど、でもそうじゃないと気づかされた。

いい妻に巡り合ってたんだなと心底思う。

2016-11-09

http://anond.hatelabo.jp/20161109114533

キモくて学校イジメられていたので朝電車に乗ったまま学校に行かずに適当な駅でおり

映画館に入ったときにやっていたのがカウボーイビバップ劇場版天国の扉だった

客は自分のほかに学生カップルしかいなかったことで

この世に神はいないと悟った

その時から人類なんてさっさと滅びればいいと思っている

まさか登校拒否再び

以前こんな投稿した増田なのだが。

http://anond.hatelabo.jp/20160422112239

 

この文章の中でチラッとだけ書いた息子が今度は不登校になった。

しか理由が、長女と同じ「教師が原因」。

娘の時と同じ教師ではないが、二人とも不登校になって理由が同じだと、親に原因があるのでは?と思われるかもしれん。

それはあるかもしれない、娘の不登校ある意味積極的に認めたのを息子は知っていたわけだから

から息子はそういう逃げ道があることを学んだのである

 

息子は娘とは性格がかなり違う。

例えば娘はそんなに友達が多いわけでもなく、クラスで目立つような感じでもない、比較的おとなしい方なのだが、息子はどちらかといえばクラスの人気者。

とにかくする事なす事、何というかちょっと変わってるというか、周りを自分行為で笑わせてしまう、そんな奴である

幼稚園時代に撮ったビデオクラス園児たちが一人ずつ自分名前を順番に言っていくという映像があるのだが、息子の番になるまでみんなはただただ自分名前を言うだけなのに、我が息子は一人「増田太郎です!元気ぴょんぴょんです!」と言って周りを爆笑させた。そんなひょうきん者が息子である

 

ところが、今年、ちょうど娘が不登校になった同じ学年になって、本当にぴったり同じ時期の夏休み明けから登校拒否が始まった。

ただ娘と違うのは、息子は割と時々仮病を使ったりして学校サボることが以前からあったって言うのはある。娘の時を見ていて「学校には必ず行かないといけない、ってことでもない」と言うのを学習してしまたからだと思う。

でも、そう言うサボりを親が認めてたわけじゃなくて、息子が学校を休もうって感じの時は朝は戦争みたいに妻と大げんかになってた(夫である私は出勤が早すぎるので朝は関われないが、帰宅して息子を何度も説教している)し、半ば無理やり引きずってでも登校させたことも時々あった。

から夏休みが明けて「今日はなんかしんどい」とか言い出しても、「またサボるのか?」みたいに親は対応してた。

だがその時息子はそれまで聞いたことのない理由を口にした。

先生が怖すぎるから行きたくない!」

最初は、サボりたいあまりに考えついた嘘に違いないとばかり思ってたので、それまでとおんなじように引きずってでも連れて行こう(この時は妻じゃなくて私だった)としたのだが、暴れまわって泣きまくって言うことを聞かない。

出勤しなくてはいけないから、止むを得ず学校に連絡の上、休ませる他なかった。

最初は、娘の時のように全く不登校になると言うことはなくて、二日に一回とか三日に一回不登校になるだけだったのが、とうとう親も息子に根負けしたような感じで「行きたくないのなら行かなくていい!」みたいに突き放すことが多くなって、夏休みが明けて一ヶ月後には全く行かなくなってしまった。

 

当然、学校相談した。娘の時にお世話になった教頭先生相談すると、驚くべき事実が発覚した。

「また、ですか。・・・実はですね、非常に申し訳ないのですが・・・」と教頭がその担任について話した内容は以下の通りである

その担任は、息子の小学校に赴任して今年で3年目。その1年目に全く同じ理由不登校児が発生したのだと言う。

それで、その時に担任に何度も注意して、結果的担任も納得し反省した、筈だと思っていたと。

関西弁のきつい超ヤンキー先生

普段面白くて明るい先生なのだが、怒るとやたらと怖いと評判。なるほど息子の言う通りだった、だがしかし

その担任には悪い癖みたいなものなのか、目立つ人間がいると我慢ならないらしい。

で、赴任一年目にいた、息子みたいな感じのクラスの人気者をやたらに怒りまくって不登校にさせてしまったんだって

正直、姉弟二人とも不登校原因になるような教師にあたるだなんて、「今の小学校先生って一体どうなってるんだ?」と疑念を抱かざるを得ない。

 

今回は娘の時とは違い、担任を呼び出してもらって、妻が思いっきり言いたいことを言わせてもらったそうな。

あなた、前にもやってて自覚してる筈なのに、一体何を考えているのか?」

「しれっと、うちの息子の不登校にも対応してたわけだし」

「それってイジメでしょう?もしうちの息子がいじめを苦に自殺とかしたらあなたどうするの?」

みたいに、散々妻が言ってる間、そのヤンキー教師はじーっと立って俯いていたらしい。

結局、その場でもお詫びしてくれたが、後日改めて正式反省文を提出してもらうことになり、現在に至る。

 

実は、その担任、息子を集中的に叱る以外の面では、結構いい先生のようなのである

例えば、テスト用紙にも、単に○×だけじゃなくて指摘事項とか色々と絶対に何か文章が書いてあったりする。

生徒一人一人に対する面倒見も良くて、それは我が息子に対してもそうだった。

なのにどうして???ってのはあるけども、とにかく今後は絶対に息子を集中攻撃したりしないことは確約してもらいました。

それで一応息子を安心させて、今週月曜から普通に学校に行くようになったみたいです。

 

でも、最近小学校先生って、こんな人が多くなってるのかな? 稀な偶然?

 

2016-11-08

対象父親なだけでただのイジメ

http://anond.hatelabo.jp/20161107130534

感動秘話みたいに仕立ててるけど、身体的特徴でいわれもなく人を差別して、家にも居づらくするまで追い込んで不幸な事故を招いたという話。

自分はそういう身体的特徴による差別やらかしがちな人間だと自覚して、自らを律して生きて行った方がいい。

年代女子メディアの風潮に乗っかって、父親を蔑んでもいいんだ、自然ことなんだ、なんてちょっと考えれば明らかにおかしな決めつけをして、差別し易い人を差別したってこと。

父親気持ち悪いと思う人と思わない人がいる、って言ってるけど、そうじゃなく、身体的特徴で差別するかしないか差別的な言説に対して立ち止まって考える良識があるかどうかの差。

2016-11-05

コミュ二ケーション障害」「コミュ障」に対する勘違いを何とかしたい

まず書いた人の前提


  • 【失体感・失感情
    • これも勘違いされやすいので書いておきたかったんだけど、感情が"無い"んじゃなくて、自分がどういう感情を抱いているか分かりにくいので、ストレスに感じる作業を気にせず続けてしまったり、自分に敵意やよから感情を持っている人とも仲良くしてしまう。失体感はこれも"無い"んじゃなく、暑すぎる・寒すぎる・体の疲れなどを認識しにくいということ。ちなみに同じASDでも症状は様々なのでこの症状がある人もいれば無い人もいる。

ASDと診断された、と言ってもうつ病の薬をこれ以上飲まないために検査を受けただけで、世間一般に言うほどめちゃくちゃ人間関係に困ってる、ということはない。

感情が原因かもしれないが"生きづらさ"みたいなのはないし、子どもの頃から変な部分も「特性である」と理解してくれる友人に恵まれイジメとかも受けたことがない。

学生時代ステージでの活動時代錯誤校則を変える活動なんかをしていて、実際に校則を変えたし、部活動でも優勝経験がある。

今のところ人生順風満帆である

コミュ二ケーション障害とは

まず上の前提を読んで「IQ120とか自慢かよ」「結局自慢かよ」「ナルシストかよ」と思った人がいるかもしれない。

その気持ちは大切にしてほしい。それが「普通の人」の感覚

私は事実を脚色なく述べたまでであって「自慢をしよう」「他の人にマウントを取ってやろう」という気持ちで書いてるわけではない。

実際に指摘されたことがあるので、今は「ああ、これは自慢に見えるんだな」と思うことができる。

ASDや失体感・失感情イベント主催したりする上で障壁になるため、告白したところよく知らない人に「病気自慢かよ」と言われたこともある。

私も「コミュ二ケーション障害」と聞いて「普通に会話もできるし、一般的に"コミュ障"って言われてるようなことはないから、当てはまらないな」と思っていた。

でもそれだけじゃない。

こういう「これ書いたら自慢に見えるかな?」と思うことができない「他人から自分発言がどう見えるか?」が分からないこともまたコミュ二ケーション障害らしい。

対面での会話時は逆に表情やジェスチャーが加わるので、誤解されることが少ないと思う。こちらもまた誤解することも少ない。

先の「それ取って」(http://anond.hatelabo.jp/20161104204321)なんかは日常生活では問題なく分かるし会話にも困らないけれど、私にはコミュニケーション障害がある。

一般に言う「コミュ障」はただの口下手であることが多いと思う。実際にはそれよりも広い意味があると理解してほしい。

結局何が言いたいか

コミュ二ケーション障害」「コミュ障」は会話によるコミュ二ケーションが困難なこと、も含まれるがそれだけではないということ。

「私コミュ障でさー」とカジュアルに使われるほど一般的になっているけれど、そういう時に言う「コミュ障」と実際の「コミュ障」は別物であるということ。

先にも述べたようにだいたい「口下手」か「人見知り」に置き換えられると思う。それは「コミュニケーション障害」じゃない。

もし「いつも喋ってると言いたいことと違った風に解釈されて困る」っていうならコミュニケーション障害を疑ったほうがいい。

あとがき

私のように自閉症特性は強めだけど、何も困っていない(実際は眠る時間がまちまちだったり、偏食があったり、感覚過敏があったり、前述の失体感で慢性の肩こりがあって突然倒れたりもするけど、まあ困ってない)人もいるんだし、もうちょっとカムアウトしやすい風潮になるといいな、と思った。


いつか自分ブログに載せたいな、と思っていたけど「病気自慢かよ」がネックになってアップできないでいたので、便乗してここに書いておく。

そういう心配なく、自由に「自分はこう思ってたんだけど、世間一般的にはこれが正しいらしい!」とか驚きを感じたことが書きたいなあ、と常に思ってるんだけど、元々趣味方面で目立ってしまっているので、最近自粛してる。


これもひとつ特性らしいけど、みんな仲良くしたほうが誰に取っても得だと思うので、誰かの特性を指差して笑ったり、さげすんだりせずにいてほしいなと思う。

最近特に思うけど自分の気に入らないことを見つけて「なんだとー!」って怒るのは、怒ってる方も疲れるんじゃないかな。


最後に診断してくださった先生が言っていた言葉を書いておく



自閉症特性は治すものではないので困ってないなら病院に来なくてもいいですよ」



困ってる人は病院へ行こう。


追記諸々


※追記

これも勘違いがあるけど、一般的に「コミュニケーション問題がない」と言われているのは、自閉症スペクトラムの中でもアスペルガー症候群の人であるということ。当事者の人も勘違いしてることが多い。

なぜなら言語IQが高いのがアスペルガーの特徴で、動作IQが高いのが高機能自閉症の特徴だから

これも広く知ってほしい。よって口下手な人や人見知りの人に向かって「アスペかよ」というのもまた違う。

(もちろん症状は様々なので、コミュニケーション問題があるアスペルガーの人"も"いるとは思う)

個人的意見だけど、実際に会ったことのあるアスペルガーと診断されてる人は外国語ペラペラだったり弁がたつ人が多い気がする。

※追々記

困ってないカジュアルASDは黙ってろっていう風潮もよくないと思う。同じASDなら仲良くしよう。

困ってるか困ってないかの分かれ目は、自己肯定感の有無だって聞くよ。

ASDメンタル病気じゃないので、メンタルヘルスを病まないように心がけよう。

瞑想睡眠運動野菜350gだっけ?やってないけど。

ちなみに「対人関係で困らないように生活する努力」は子どもの頃からしてる。自分場合は反発も多いけど、親の躾が厳しかったのも功を奏してる気がする。(就活転職アルバイト面接でも落ちたことがない)

困ってないASDを見て「楽しやがって」って怒るのは違うと思う。それはうらやましいからだよ。

全然楽じゃないけど、何かを頑張って結果が出ると嬉しいから色々試行錯誤する。

うらやましいと思うなら頑張ろう。私は今困ってないのはその分頑張ったからだと思ってる。

「生きづらさ」がもし社会的チケットに起因するものなら、頑張って身につけるべき。

アンガコントロールだってできる。視覚過敏も聴覚過敏も対策できる。

それ以外は適当でも構わない。頑張りすぎるのが我々の特性でもあるんだから

11/06 11:23 追々々記

IQが高い=頭が良い」というのも勘違い。世の中の「これが解けたらIQ○○以上!」っていうのに毒されすぎだと思う。

IQっていうのは器用さみたいなもんで、普通の人が普通にするようなことができないから、それを補うために上がってるらしい。

から標準が最善と考える私にとってはIQが高いのは恥のような感覚がする。

学歴だけの話をすれば、数字が上手く記憶したりできないからめちゃくちゃ頭悪いよ。

普通に生活できるならそんなもの必要ないと思うし、何か恩恵を受けたこともない。

余談だけどIQを上げる塾、みたいなのも世の中にはあってIQだけ上げたいなら訓練すれば上がるらしい。同じようなテストを受けたことがあるかどうか聞かれるのはそのため。

あと全発達障害者や全ASD人間関係に困ってないといけない、みたいなのやめよう。

(これを自分の中で「かわいそうマウント」と呼ぶことにしてる。かわいそう、かわいそう、と言いながら相手が困窮してる状態を望んでいる様。)

繰り返しになるけど、困ってるのなら病院に行くこと。

「生きづらい」と思うことがまず普通状態でないということを知るべきだし、まずメンタルを治してから生活習慣を身につけたり何やりするべき。

家族が苦手なら一人暮らしを推奨するよ。

自分の居心地のいい環境を作ることは普通の人と違う異常なことじゃなく、ASDにとっては「普通」と思うことが大事

普通の人と同じことが出来なくても気にしない。

人に話しかけられたらニコッと挨拶するとか、行儀礼節をわきまえるとか最低限のマナーを守るぐらいでいい。

上に書いたみたいに、突然倒れたりすることがあるから特性を周りの人に知っておいてもらいたいのに、なまじ普通に見えるおかげか言ったところであまり正しく理解されない。

発達障害ASDに対するイメージが悪すぎると思う。

最近流行りのASD発達障害家族コンテンツにした当事者以外の人によるイメージ操作もある気がする。(特別視しすぎ・失敗をネタにしすぎ)

もうちょっと発達障害者ASDに優しい世の中になってもいいんじゃないだろうか。

シロクマ先生言葉を借りると

シロクマ先生言葉を借りれば「よく発達した発達障害の人」といえるのかもしれない。

「よく発達した発達障害」の話 - シロクマの屑籠

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20161018/1476751839

11/07 0:23 こっちも書いたので読んでほしい

http://anond.hatelabo.jp/20161106231140