「選考」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 選考とは

2016-05-25

株式会社タイトーさん、3回も地方から東京に呼んどいて交通費0っすか

増田

株式会社タイトー採用担当でございます

先ほどは、ご連絡をいただきまして、

ありがとうございました。

お問い合わせをいただきました交通費の件ですが、

弊社では、選考に関しての交通費は大変恐縮ながら統一支給をしておりません。

今回、遠方からご足労いただいたにもかかわらず、

誠に恐れ入りますが、ご理解、ご了承の程、

宜しくお願い申し上げます

増田様の今後のご活躍をお祈りしております

2016-05-12

とある就活生の長い1日

9:30-11:30 とある会社グループワーク選考 ねむい

個人的グループワークは事前知識無くても出来るのが多いのと卓ゲームっぽいので嫌いじゃない

移動 ご飯は大学おにぎり2個買って食べた 胃弱に塩むすびは癒し

13:15-14:45 ゼミ ねむい 四年生だけど大学制度ゼミは四年も取らないとなのだ 3年で取りきれる制度裏山

移動

16:40-17:10 会社面接 待合室で学生ちょっと話した。面接が1日に3つもあって卒論もあって講義もあって…という話を聞いた。皆過密スケジュールだな

移動 パスモの残高が死にかけてることに気づく

18:15-19:00テストセンター 前やったテストが酷かった気がするので受けなおした。テスト受ける時期遅くない?とか言われるかもしれないがなんか業界的にこうなった 正直使い回せばよかったと後悔している

20:00-20:30 家 母が夕飯作ってくれたのを食べる

21:00-22:00 風呂

22:30-23:30 仮眠 眠すぎて寝た。前日が3-4時間睡眠だった。なんでだっけ多分今日明日面接のこと考えてたのかな?

0:00-1:30 A会社ES作成(明日提出) てがきなうえに量があってつらい

1:30-2:30 B会社面接対策 軽く言うこと見直したりとか

2:30-今 A会社とB会社明日提出の履歴書×2 てがきつらい あともうちょい

寝るまで明日は来ない まだ今日

自分の容量の悪さと見通しの甘さを地味に呪っている

ES手書き履歴書手書きダブルコンボきらい

2016-05-11

恋愛オワタ 日本死ぬ

乙武氏の一件があった後

日本死ねというか、すでに俺らは半分死んでる。

活躍社会っていいながら、半分殺したままで

面倒なことはそれこそ黙殺しようとしているからだ。

前に都立特別支援学校での性教育

話が俎上に上がったものの、批判でなく

非難が表立ってしまったまま、その後の発展

について語られずにどこかに行ってしまったのを

思い出した。

発達の人の恋愛ガイドなんてのは英語圏では

出されていたり、邦訳もあった覚えがあるし、

それ以外の人たちの結果はあっても、「成功例」以上の

深イイ話は表ざたにはされてきている気配はない。

前述したようにそれは、パンドラの箱コントロールができないからと

都合のいいところだけをつまみ食いしようとするズルさが

際立っているように感じられてならないのだ。

そういや、この手の問題からこころ」がなくなると、

単に生きているもの以上の問題にはふたをしたままに

なってしまうのでは、という危惧が頭をもたげてきた。

日福の社会福祉学部の木全(きまた)先生過去性教育について

書かれたり、実践されていたことがあったのも資料などから

明らかではあるのだけど、こんなことを書けば2chあたりでは「~の分際で」などと

陰口をたたかれるのが関の山なんだろうけどな。

障がい者の「生」と「性」の問題にふたをしたままじゃ、未来はないよ。

いい子でいて常に迷惑をかけない存在って誰が決めたんだ。

自分成功ひけらかしてんじゃねえよ死ね

って心の底では思ってるのはどれだけいるか

何なんだよ日本

一億総活躍社会じゃねえのかよ。

見事に告白●連敗だわ。

どうすんだよ俺恋愛出来ねえじゃねえか。

そもそも既に×回セッティングしているのは何故?

責任がとれる大人になったら恋愛できるんじゃなかったのかよ。

ただでさえ、たった数か月で自分と一蓮托生になる人を選べなんて無理があるのに、情報解禁とほぼ同時に選考始められたらどうすりゃいいんだよ。デートの予定が被りまくって、相手とじっくり付き合う時間なんて全く無えわ。×人もお断りされるってことは、その人の傾向が自分に合ってないのかもしれないけど、今年の短期決戦だとやり直しも効かねえ。

モノににしているヤツらはルール守らねえし、ナンパで嘘つきまくり

恋愛=嘘つき合戦

こんなことやってる国が人口増加なんて無理でしょ。日本なんてさっさと沈め死ね

恋愛に関する不満を言うと、どこからともなくパーティの誘いや伝説ナンパ師が沸いてきて、「恋愛結婚以外にも生き方なんていくらでもある」みたいな有難い有難いご高説を唱え始めますよね。生き方いくらでもあることぐらい分かってるわ。他人と違う生き方をするのに必要な才能がないことを自覚してるからパートナーと言う名の奴隷を自ら志願してんじゃねえか。当事者アドバイスするフリして、自分成功ひけらかしてんじゃねえよ死ね

結婚できないのは努力が足りないから。自業自得。」みたいなことを言う奴もいますよね。言わせてもらうけど、人並み以上に努力してきたわ。お前らがいい子にしていれば人生上手くいくって言うから死ぬほど我慢していい子にしてきたよ。ところがいざ始めてみると、相手が欲しがるのは、勉強もだけど世渡りうまい遊び続けてきたリア充じゃねえか。今までの努力は何だったんだよ死ね。ついでにリア充死ね

とか…書いてしまって捨ててきたw

2016-05-09

いつか採用できなかったあなたへ

「LGBT」へ理解若者渋谷の街で呼びかけ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160508/k10010512881000.html

個人的には一定の理解はしているつもりなのだが、カイシャとして差別していないかと言われたら返す言葉もない。きちんとカムアウトした形で応募してくれたあなた勇気や、逡巡したであろうエントリーシート写真。この仕事に興味を持って来てくれたあなたのことは、今も忘れない。

採用側のキモチとしては、「特に配慮必要としない」方が優先されてしまう現状があり、零細中小としては、5名の採用枠に、20名も応募があったあの年、あなたも優秀だったけど、他にも優秀な方がいた。ただそれだけのこと。でも、「ワケあり」物件であったことが、採用しなかった理由に影響したのも事実。ワケの無い人なんて、世の中そんなにたくさんは居ないのも知ってるんだけど。

結局は特別配慮必要とする方に対してのインフラ理解ある職場環境が零細中小には用意できていなかった。面白い、この人採用したらどんなことが起きるかな、面白そうだなと言う好奇心先行のリクルーティングであった。しかし、合議制採用選考の中では、"ワケあり物件"に手を出すリスクに対する恐怖心の方が、好奇心より強く出て結局落選となった。あの時のお祈りメールは暗澹たる気持ち作成した。自分力不足を再認識させられた。何ができただろう、何をしておけば良かっただろう。今でも考えている。

先進的な地域での先進的な取り組みのひとつとして、あなた採用をしてみたかった。お堅い業界の中で異色のベンチャーみたいなウチのスタイルを気に入ってくれてたあなたのことを今も、多分ずっと忘れない。いつか一緒に仕事ができたら面白いだろうな、と今でも思う。志を失わず、同じ道のどこかでまた会えたら。

2016-05-03

池上彰氏の凄さ限界

池上氏関連のホッテントリがここ数日あがってたので、自分の思うところを書いてみる。



自分は一応、新卒池上氏と同じ業界就職(といっても、自分は紙媒体)し、記者という肩書をもらっていた経験がある。

7年ほど現場にいて、体壊して、ちょっと内勤の管理部門にいさせてもらったのだが、なんか、内側から会社を見ているうちに

もともと、あんまり向いていなかったかな?と思っていた業界さらに嫌になって転職して

10年ちょっとになる。



普通、あの業界では、最初の何年か地方修行して、いずれ東京大阪に戻ってくるパターンが多いが、

自分就職先は、いわゆる経済紙で(ってもう社名明かしたようなもんだが)地方支局が貧弱な会社だった故、

新卒地方支局に行くという制度がなく、入社から退社まで東京で過ごした。





池上氏の凄さは、なんといっても、情報を取捨選択してわかりやすく伝えるプレゼン能力と、守備範囲の広さだと思う。

で、あれだけのことを伝えられるには、背後に相当の知識があるのであろうと思われている。

その「相当」がどの程度なのか、というと、たぶん、世間一般の人が想像するよりは、かなり浅くて、

けっこうぎりぎりのラインでしゃべっているのではないか、という気がする。それでももちろん、かなりのレベルではあるだろうが。



いわゆる大手メディア企業記者にまず最初に求められるのは、

「昨日聞きかじったばかりのことを、あたかも以前から詳しく知っているかのようにしゃべったり書いたりする能力である

なにしろ、日々、いろんなことが起こるのだ。

なかなか深堀している暇などない。



そうこうして、キャリアを積んでいくうちに、それぞれの専門分野ができていくわけだが、

大半の人は、きちっと専門分野を確立する前に、デスク管理職になったりして、だんだん現場から離れていく。

記者職としてキャリアを全うする人(編集委員とか論説委員とか解説委員とか)は少数派だ。




池上氏の経歴を見ると、NHKで地方局通信部を回った後、東京社会部気象庁文部省宮内庁などを担当した、とある

まあ社会部記者として一般的コースという感じだ。

東京では、悪名高き日本の「記者クラブ」に所属し、最優遇される立場で、役人から懇切丁寧なレクを受けて、

それをニュース原稿に仕上げるのが、まず最初基本的仕事だったと推測する。

NHKの記者特に、「特ダネ」を取ってくることよりも、「報道されるべき情報を落とさない」ことをなにより求められるらしいので、

多分、想像以上に、定例記者会見に出席したり、資料をチェックしたり、他社の報道確認したり、

思いのほかルーティーンワークが多いのではないかと推測される。



(なお、NHKスペシャルなどのドキュメンタリー番組は、主にディレクター職の人が担当しているので、

つのテーマを深くじっくり追いかけるのは、あまり記者仕事ではないらしい。

実は自分もNスぺ作りたくてディレクターを第一志望にしてNHK受けたのだが、見事に落ちた)





で、そんなに知識が深くなくても記者が務まるのかといえば、そこそこ務まる。

自分は、そのさして長くない記者キャリアの大半を、メーカーを中心とした企業取材で過ごしたのだが、

正直、最初は、「貸方」「借方」もよくわかってなかった。(大学政治学選考だったし)




それでも、入門書片手に勉強しながら記事書いて何とかなっていたし、

そもそも「大手メディア記者」が企業広報部を訪ねると、結構いろいろ懇切丁寧に教えてくれるのである

そりゃ、変な記事書かれたくないからね。

多分、NHKの記者というのも、それなりの対応を受けるはずである

もちろん、伝えてほしいことは積極的かつ懇切丁寧に伝え、触れられたくないことは隠しながら、だが。



中には、「たいてい経験の浅い若手が担当する企業」というのがあって、そういう会社古参広報さんの中には

「今、編集委員の何々さんねえ、あの人が新人のころ、私がいろいろ教えてあげたものだよ、わっはっは」なんて言ってたりした。

もし、あなた会社広報部に、なんだか大学出たての記者ばっかりくるようだったら、

それは、メディアから軽んじられている証拠である




もちろん、教わってばっかりでは舐められるので、こっちも勉強していくわけだが、

しろこちらは早いと一年担当が変わってしまうが、

相手はその会社一筋なわけで、知識の深さでは、敵わないのが通常だ。

知識を深めるのは、そこそこにしておいて、知らなくてもはったりかませる胆力をつけたほうが役に立つ。



そうこうしているうちに、正面から取材を申し込んだり、正規記者会見に出席したり、

ニュースリリース原稿に仕立て上げているばっかりでは通り一遍記事しか書けず、

社内的にもマイナス点はつかないものの、プラス点がつけられることもないので、

独自夜討ち朝駆けアポなしで取材対象のところに押しかける)したり、独自ルート作ったりし始めるのである

そんなことをしているうちに、自分のような、結局途中で業界を去ってしまうような木っ端記者でも、

ごくごくたまには、取材担当企業株価ストップ安にしちゃうような記事を書くチャンスが巡ってくることもある。




まあでも、ぶっちゃけいえば、そこそこキャリアを積んでいる先輩の中でも

減価償却費資金繰りにどういう影響を与えるのかよくわかっていないまま、

それでも企業経営危機について記事を書いているような人はざらにいた。

(まあ、自分経験積みながらようやくわかるようになったクチで、

当初はなんのことやらわからなかったのだから、偉そうなことは言えないが)

それでも、首にはなりはしない。





そういえば、思い出したことがある。

今の若い人にほ想像もつかないだろうが、その昔、世界エレクトロニクス業界リードし、

今でいえばappleと同じくらいのブランド力で各種製品を生み出していたSONYという会社があった(今もある)。

当時はまだまだ、かつての威光が残っていた。



自分は、そこのメイン担当になるほどの能力キャリアもなかったが、

たまたまSONY会社が取り組んでいる内容が、自分取材テーマに関わっていたことがあって

取材を申し込んだことがある。

いわゆるストレートニュースではなくて、連載コラムのような記事を書くためである



で、SONYに行ってみて驚いた。

美人広報さんが、それまでの取材で見たことないような、

膨大でかつ、非常にわかりやすくまとまった資料をお持ち帰り用に用意していたのである

なんかもう、取材しなくても、この資料キトーにまとめたら記事書けちゃいそうな。

もちろん、そんな手抜き仕事をして相手の思うツボにはまってはいかんので、

きちんと担当者さんに話を聞いて、自分なりの記事を書いてみたのだが、

やっぱり資料に引きずられなかったかといえば、影響はあったわけで、

まあ、恐ろしい会社であった。



かつて「メイド・イン・ジャパン」の強さの象徴として流布されたSONY伝説は、

もちろん実力の部分もあったけれど、伝説伝説たらしめようという広報戦略によって

かさを増されていた側面も多かったというのは、そこそこ業界で有名な話である



なんだか、大分、話がそれた。





多分、池上氏は、NHKでそこそこの社会部記者だったのだろうと思われる。

そんな彼の経歴の中で異彩を放っているのは、そろそろ管理職か専門記者か、という分岐点にさしかかったあたりで

キャスターに転身し、その後10年以上にわたって「週刊こどもニュース」を担当していたことだろう。

(すごい優秀な記者と認められていたら、ここいらで、海外支局あたりで経験つんでいるはずである



そこそこの取材経験を積んだ後で、

衆議院参議院って、どう違うのですか?」とか「比例代表制ってなんですか?」とか、

「どうして輸出が中心の企業は、円高ドル安になると困るんですか?」とか

あらためて、そういうレベルからニュース解説する仕事を10年以上も続けたジャーナリストは、

少なくとも今の日本では皆無に等しいんではなかろうか?





普通、そこそこキャリアを積んだ記者は、あらためてそんな仕事をしたがらないし、

そもそも、そんなレベルことは、真っ当な社会人ならば学校で習っているはず、というのが日本社会の建前で、

読者や視聴者を、そんなこともわからないヤツらと想定して記事番組を作っていたら、

ある意味、「お客様をバカにしている」ことにもなりかねない(と、みんな考えていたのだろうと思う)。

まあ実際、そのレベル作ってみたら、予想以上に受けたわけだが。




「こども向け」の番組というフォーマットを得ることで、池上氏はそういう稀有仕事を追及していった。

その結果、得たのが、あのたぐいまれなるプレゼン能力だと思うのだ。

多分、池上氏程度の知識や取材能力をもった記者は、NHKや全国紙にはゴロゴロしていると思う。

自分のかつての勤め先でも、そこそこキャリアがあって、東京でそれなりに仕事している先輩は、皆さんそれなりに凄かった)

でも、その知識や取材結果を子供にわかレベルでよどみなくしゃべれる人は、そうはいない。




池上氏のニュース解説番組をたまに拝見すると、自然災害メカニズムから、最新の科学上の発見、日本選挙から世界経済まで

あらゆる森羅万象を斬っておられるようである

だが、自分が見る限り、その解説一般紙新書本で得られる知見を超えるものほとんど見ない。

「いや、それは、視聴者に分かりやすいレベルにしているからで、その背後には物凄い知識が・・・」という見方もあるが、

果たしてどうだろうか?

多分、毎日6紙読むという新聞ベースに、ひたすら横に広くいろいろな情報を取り入れておられるように見える。

海外取材などの映像を見ることもあるが、どうも、テレビ局とコーディネータによるセッティングが透けて見えてしょうがない。

多分、その経歴からいっても、海外取材独自ルートなどはそんなにお持ちではなさそうだ。



やはり、「あまり深くないレベルで次々とあらゆる分野に取り組んでいく」ことがこの人の真骨頂だと思う。

それが悪い、ということではなくて、それがこなせる凄さがある、ということである




著書を読んでも(といっても、ほんの数冊目を通しただけだが)、たとえば同じNHK出身の元ワシントン支局長の手島龍一氏とか、

あるいは日経の元スター記者週刊ニュース新書田勢康弘氏の著書のような、深い取材と鋭い洞察に支えられた

凄みのようなものは感じられない。

そのかわり、入門書としてのわかりやすさはピカイチだ。

やはり、この人の存在価値は「広く入門レベルの知識を提供する」以上でも以下でもないのだろうと思う。



(なお、今、軽く検索してみたらどうやらニュース英語の本まで出されているようだが、

膨大な著書のどこまでご自分で書かれているのだろうか?という疑問は置いておく。

出版業界では、驚くほど「著者が適当にしゃべったことを編集者ライターがまとめた本」というのが、世間で思われている以上に多い。

あと、池上氏が英語を話しているところって、あんまり見たことないような。

NHKの採用試験突破するくらいだから、読むことに関しては、そこそこのレベルと推察できるが)






さらに、分かりやすさの理由の一つとして、「子供のような素朴な疑問にも正面から取り組む」というのがあるように思う。

巷間よくいわれる、選挙特番の「池上無双」の象徴ともいわれる「創価学会話題」についても、

タブーへの果敢な挑戦というより、素朴な疑問を追求していった結果なのかもしれない。


「どうして自民党公明党と組んでいるんですか?」という質問は、大人あんまりしない。

それは何となくタブーであると感じているせいでもあるが、一方で「そりゃ、理由はみんな知っている」からである

ましてや、「政治記者歴何十年」を売りにするような政治ジャーナリスト諸氏は、

そんなことよりも、自分の掴んできた独自情報を話したくて仕方なかろう。




だが、池上氏はそういう疑問をスルーしたりしない。

「それは、公明党には創価学会という支持母体があって、固定票が見込めるからですよ」と優しく語りかけるのだ。

で、「では、公明党創価学会本部がある信濃町に行ってみましょう!」と、女子アナを連れてツアーを組んだりする。



実際、やってみれば、放送しちゃいけないタブーというほどのこともない。

そりゃそうだ。

ある程度、日本の政治に関心を持っている人ならば、普通に知っていることなのだから




公明党の側だって、連立与党として大臣まで出す立場になった以上、その程度の取材拒否するはずもなく、

ちゃんと「公式な答え」だって用意している。




から池上氏が

創価学会の人たちが、選挙は功徳だなんていう仏教用語を使っていたりしますが、政教分離観点からみて

問題があると思われませんか?」と質問しても、

創価学会は、大切な支持団体ではありますが、創価学会公明党は全く別個の組織です。

政教分離というのは、政府宗教活動を行ったり、宗教活動に介入したり、宗教団体政治に介入することを禁じております

宗教団体政党を支持することを禁じるものではなく、現在公明党創価学会関係問題と思っておりませんが云々」

といった、きちっと理論武装した答えしか返ってこない。




「そうはおっしゃいますけれども、ここに創価学会名誉会長が、公明党に指示した文書がありましてね・・・

などと、爆弾情報でもぶっこんで来たら、それは多少「タブーに斬り込んだ」ことになるだろうが、

そこまでのことはしない。

多分、そこまでの取材もしていないと思う。そもそもが、そういう役割の人ではなくて、そこは、

政治を専門する別のジャーナリスト役割だろう。

池上氏はただ、意味ありげに

はい、そうですか、よくわかりました」と視線を投げかけるという、

きわめてテレビキャスター的な技術を見せるのみだ。




で、こう考えてみると、やはり池上氏の凄さでは

子供にも分かるように語ること」「子供の持つような素朴な疑問をゆるがせにしないこと」

を常に追求し実践してきた所にあるように思われる。

これは、なかなかに難しい。

多分、そこには、「相手子供)が、何がわかって何がわからないのか」を推察する想像力共感力

「限られた言葉で複雑なことを説明する」ことを可能にする、優れた言語能力必要なのではないかと思っている。


ただし、限られた言葉で語りえることは、やはり、ある程度、限られているわけで、

その辺が、池上氏の限界ではないかと考えている。

anond:20160502111830

甘い。そして甘えてる。数々のコメントを読んで反省したみたいだが、言いたいことは言わせてもらう。

まず学歴ばかり追い求めたヤツが言いがちなのが、俺は努力してきた。それなのにリア充ときたら。あいつらは努力してないのになんで俺よりあいつらを採るんだ。採用担当が見る目がない。企業がクソだ。もうこんな雰囲気にした日本ダメだ。俺こそが評価されるべきなんだ。まぁここまで言ったら極論だと思うけど。でもこの考えは、面接が上手くいかなければ誰しもが一度はどれかのステップまで考えるだろう。他者責任を求めてしまう悪い癖だ。


この増田は本当に死ぬほどの思いして、勉強して偏差値高い大学に入って、とても努力してきたんだろう。

ただ、君にとっては残念だけど、実力がある人間けが社会値打ちがあるわけじゃない。いろんな人が書いていたけれどもコミュ力コミュニケーション力が必要になるんだ。中には学歴よりも学んだ内容、人柄などを重視するって企業もある。人柄ってのは勉強っていう目に見える努力ではなく、その人が育ってきた環境性格に反映されるものから


というか、疑問なんだけど、"学歴だけ"で選ぶ企業なんてあるのか?もちろん最初の一次選考書類選考学歴フィルターにかける企業もあれば、最終選考で枠が1人なのにどうしても2人残ってしまった場合最後学歴判断……って企業もあるだろう。あるいは学歴なんて気にしていない。何を学んできたのかだけわかればいい。という企業もあるだろう。


どちらにおいても、"会社に合う人を採用したい!" という基準で選んでいることに違いはないでしょ。だからそこに対して文句を言うのは筋違い企業は自社の企業理念に従って行動しているだけだから文句があるならそんな企業を受けなければいい。もっというなら起業すればいいとも言われてしまうよ。

こういうことを書くと「んなことわかってる」って言うんだ。わかってるなら行動しろよ。行動できないから口先だけのヤツになるんだよ。


あと、"就活=嘘つき合戦" とも書いていた。

確かにそうだ。就活ではできる限り自分を大きく見せる。嘘ばかりつく。でもそれは社会において必要スキルなんだ。取引先や上司の前でも気持ちを押し殺して嘘を言えなければ社会ではやっていけない。逆に言うと、この程度の嘘もつけない人は、ハッキリ言って"いらない"ってこと。


就活期間が短い、という点。

これには深く同意する。確かにこの短い期間で自分会社を選ぶなんて無茶苦茶な話だ。

でもその環境に対して文句を言ってどうなるというんだ。その中でももう既に内定を決めている人はいくらでもいる。君は10社落ちたかもしれないが、それよりも多く落ちている人だっているかもしれない。でも諦めずに何が悪い分析して次の試験に臨んでいくんだ。そうしていかなければいちいちこうして立ち止まることになる。期間が短いって言うのにわざわざ立ち止まって就活が嫌だ、理不尽だと嘆く。その文句を言っている間にも時間は過ぎていくんだ。

君は使う側じゃない。使われる側だということを認識しよう。自分を中心に就活を考えるな。企業を中心に考えろ。

社会とは理不尽ものだ。納得できないことなんていくらでも待っている。今回の結果はその第一歩だと考えるんだ。

いいか、十社落ちたって君は嘆いているが、企業なんてまだまだいくらでもある。経産省によるとこの日本には四百万の企業があるんだ。大企業でさえ一万二千もある。二ケタの企業に落ちてすごく落ち込んでしまったのはわかるし、感情的になってこのブログを書き上げたのも理解できる。でもね、まずは日本文句を言う前に、自分のどこが至らなかったのか、しっかり分析することから始めよう。意外と分からないもんだよ、自分のこと。

そして、君はここまでのコメントを読んで立ち直ってくれた。まだチャンスはある。今までの企業自分に合わなかっただけだ。死ぬなんて言うな。きっと君に合った企業出会えるから

http://anond.hatelabo.jp/20160502111830

2015卒です。私も就職活動に失敗したので共感します。

まずは、まだ5月ですので焦らないでください。私も5月上旬内定がなくて焦りましたが、最終的には内定が2つもらえました。

2015卒は12月エントリーが始まり4月から面接が解禁となりました。2016卒は4月エントリー8月面接が解禁でしたね。2017卒は3月エントリー6月面接解禁ですよね。過密スケジュールで心労はお察しします。しかし、まだまだ始まったばかり、それどころか本番は始まってすらいないじゃないですか。たぶん今の段階で内定がなくてもまだ問題ない段階だと思います

就活疲れた就活を休んでもいいんですよ。数多く選考を受けると1社1社に集中することができず、準備が不十分で落とされることも考えられます

2016-05-02

就活落ちた日本死ね

何なんだよ日本

一億総活躍社会じゃねえのかよ。

見事に面接10連敗だわ。

どうすんだよ俺活躍出来ねえじゃねえか。

そもそも既に10回も面接受けてるのは何故?

6月選考解禁じゃなかったのかよ。

ただでさえ、たった3ヶ月で自分の働く企業を選べなんて無理があるのに、情報解禁とほぼ同時に選考始められたらどうすりゃいいんだよ。説明会選考の日程が被りまくって、会社を見て回る時間なんて全く無えわ。10社も落ちるってことは、その業界自分に合ってないのかもしれないけど、今年の短期決戦だとやり直しも効かねえ。

企業ルール守らねえし、学生面接で嘘つきまくり

就活=嘘つき合戦

こんなことやってる国が経済発展なんて無理でしょ。日本なんてさっさと沈め死ね

就活に関する不満を言うと、どこからともなく起業家フリーライターが沸いてきて、「正社員以外にも生き方なんていくらでもある」みたいな有難い有難いご高説を唱え始めますよね。生き方いくらでもあることぐらい分かってるわ。他人と違う生き方をするのに必要な才能がないことを自覚してるから正社員と言う名の奴隷を自ら志願してんじゃねえか。就活生にアドバイスするフリして、自分成功ひけらかしてんじゃねえよ死ね

就職できないのは努力が足りないから自業自得。」みたいなことを言う奴もいますよね。言わせてもらうけど、人並み以上に努力してきたわ。お前らが良い大学に行けば人生上手くいくって言うから死ぬほど勉強して良い大学に入ったよ。ところがいざ就活始めてみると、企業が欲しがるのは、遊び続けてきたリア充じゃねえか。今までの努力は何だったんだよ死ね。ついでにリア充死ね

このゴミみたいな新卒一括採用かい制度、今すぐやめろ。一生働くことになるかもしれない企業を、たった数ヶ月で選ばせるなんて狂ってるだろ。新卒という一回きりのチャンスに失敗すれば、その後の人生完全にパーなるのもおかしいだろ。

まじいい加減にしろ日本

2016-04-27

http://anond.hatelabo.jp/20160426221654

きみはアホか。

論点ずらしが得意なのか、ただの文盲なのか分からんが、論理的思考に重大な欠陥がある社員職員採用に関わってるようでは求職者求人者も不幸だな。



次のaやbのような適性と能力関係がない事項を応募用紙等に記載させたり面接で尋ねて把握することや、cを実施することは、就職差別につながるおそれがあります

就職差別につながるおそれがあります」とだけ書かれてるだけで、不正の不の字もない。


あなたは、どんな本を愛読していますか。」は質問してはいけない例として出てきます

質問すると地雷になる可能性があるので、通常質問しません。

論点ずれてる。

質問してはいけない例」の話などしていない、不正採用選考かどうかの話だったはずだぞ。


質問するしないのは勝手だが、お前は

よって、趣味欄に「読書」と書いた人は無条件で落すべきです。

って書いてる。

こっちのほうがよっぼど差別であり、不正採用選考だ。

2016-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20160425091428

愛読書」等を確認する事は不正採用選考に当ります

どこにもそんなこと書いてない。

勝手拡大解釈するのは自由だが、論点をずらして人を騙そうとするクズは消えなさい。


(3)の「b」に以下のように書いてありますよね??

購読新聞雑誌愛読書などに関すること

例えば

http://roumu-jinji.co.jp/news/%E6%8E%A1%E7%94%A8%E9%9D%A2%E6%8E%A5%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E4%B8%8D%E9%81%A9%E5%88%87%E3%81%AA%E8%B3%AA%E5%95%8F.html

とかには

あなたは、どんな本を愛読していますか。」は質問してはいけない例として出てきます

以下には

http://mainichi.jp/articles/20150720/ddl/k13/100/002000c

こんな風に書いてあります

あなた愛読書は何ですか?」。日常の会話なら特段問題のない質問が、採用面接では不適切とされ、答える必要がないということを学生はあまり知らない。

愛読書」に関する質問は「回答拒否可能質問である事は常識だと思います

就職を案内する部署でもそのように指導するように通達されているはずです。

趣味読書とかかれても、質問すると地雷になる可能性があるので、通常質問しません。

負けた時の悔しさ

同じくらいのレベル相手選考の段階で負けてすっげえ悔しくてずっとモヤモヤしている。

結局のところそいつ有意な差をつけられなかった自分努力不足だったということや、選考していた人間の好みの問題もあるわけだけど、後者についての鬱憤をどう発散すればいいのかがわからない。

相手の勝利も努力あっての甲斐なわけだし、称えるべきなのはわかっているわけで、相手を責めるつもりはない。

自分能力の如何については自分が力をつけるしかないし、それはこれからやっていけばいいわけだけど、選考とかの場合だと能力以外で判断をするとなるとその人の好みで結果が変わるわけで、愛想がいいやつのほうが有利になるのも避けられない。

支離滅裂文章になってしまったわけだけど、なんかもう悔しいなーって感じ。同じチャンスは二度と訪れないわけだし、なんだかなー。

実録!2020年東京五輪エンブレム最終選考

都知事「安いエンブレムでは他国VIPから軽く見られるので、多額の予算をかけて選考を進めてきた最終候補4案です。皆さんのご意見をうかがいたい。」

識者「どれも素晴らしいが、僕が選ぶならB~D案よりA案。スカートをなびかせるような軽やかさがある。シンプルだが、エンブレムはいろいろ考えるより頭からっぽのほうがいい。」

識者「私もA案に一票を投じたい。大変素晴らしいデザインで、手も足も出ません(笑)パラリンピックエンブレム案もよくできている。」

芸術関係者歌舞伎伝統的な市松模様が使われている事を嬉しく思う。私個人は結婚したばかりだが、もし子供がいたら誇りたいと思う。」

スポーツ関係者A「実際に大会に出場する選手たちにとっても大切なエンブレムなので慎重に選んだ。我々としてはA案にベットしたい。」

スポーツ関係者B「我々もA案に賭けようと思う。シンプルだが筋の通った漢気を感じるデザインで、繰り返し見たくなるような中毒性がある。」

2016-04-25

公平な選考などない

「本当は最初からこれにしたいんだけど、一応複数提示しないといけないから一番これがよく見えるようにしとけ」というのはプレゼンあるあるである

今回の場合、明らかな本命ポジA案で、多分4案に絞られる過程A案ガッチリ対抗できるけど黙殺された作品が沢山あると思う。

ただ、そのクラス作品作る人はその辺の事情がわかってる人ばかりだろうから声は上げないだろう。

しろ当て馬にされなかったことにホッとしてると思う。

世の中そういう物だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160424024503

愛読書」等を確認する事は不正採用選考に当ります

どこにもそんなこと書いてない。

勝手拡大解釈するのは自由だが、論点をずらして人を騙そうとするクズは消えなさい。

2016-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20160423184004

愛読書」等を確認する事は不正採用選考に当ります

以下を参照ください。

http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm

最近読んだ本は?」等の質問にする人もいますが、その場合でも、思想に関連する書籍になってしま場合も多いので、その質問自体避けるのが普通です。

通常、常識のある面接官はこうした基準認識していますし、就職斡旋する側も認識していなければいけません。

まり趣味に「読書」と書くという事は、「質問するなや」と同意と受けとりますし、こうした基準を知らない人なのだという認識です。

趣味欄に「読書」と書く人間は、思想などの重みを理解していない人なので、セキュリティプライバシー等に配慮できない可能性が非常に高いです。

よって、趣味欄に「読書」と書いた人は無条件で落すべきです。

2016-04-18

女性の早期寿退社を阻止したいならブスを採用すればいいのでは?

入社して3年以内に辞める人が多い。

その内女性割合も多いとされ、その中でも早期寿退社が大半を占めると女性誌に書いてあったのを見た事がある。

なんで女性は直ぐに退職していくのだろうか。

これを考えるよりも企業意識改革の方が重要だと感じる。

まり採用選考の段階で受付嬢化粧品会社でもない限り美人を雇わない方が良いのではないか。

結局の所美人から早期に退職するのだろうと思う。

発想を変えブスなら早期退職する心配がないと考え、ブスを優先的に採用してみてはいかがだろうか?

結婚早期退職する女性の多くは平均以上の顔の女性だと思えばいい。

基準としては平均以下の顔の女性採用すると早期退職は著しく減少すると思われる。

結婚早期退職は顔の良い女性から順番にと考えれば自ずとこの発想に転換していくと思われるのに

何故美人採用するのだろう。

辞めて欲しくなければブスを採用すればいいのだが・・・

2016-04-14

http://www.j-sla.or.jp/material/contests/qa.html

小学校学習指導要領平成10年改定)は国語科の「第5学年及び第6学年」の教育内容として「書くこと」の能力を育てるため「事象感想意見などとを区別するとともに、目的意図に応じて簡単に書いたり詳しく書いたりすること」について指導することとし、また、「読むこと」の能力を育てるため「書かれている内容について事象感想意見関係を押さえ、自分の考えを明確にしながら読むこと」について指導することと定めている。読書感想文作成はこれらの指導の一環として行われる。ただし、学習指導要領における各規定は「事象」と「感想」「意見」の区別関係把握について指導することを主眼としているため、「感想文」の作成よりも「論文」の作成を想定しているとする意見もある

読書感想文作成指導においては単なる読後「感想」の記述にとどまら自己経験等を交え自分の「意見」を記述することが求められることも多い。そのため、客観的文章作成はあまり重視されず主観的文章作成奨励される。さらに、道徳的感想には高い評価が与えられやす

課題図書に選出されると全国の小学校児童の親が購入することになり、作者・出版社に莫大な利益をもたらすことが約束される。しかしこの指定課題図書への選出基準曖昧かつ不透明であり、作家出版社選考委員癒着による影響が懸念されてきた。



読書感想文(どくしょかんそうぶん)とは、就学児童らに活字に対するアレルギーをもよおさせ、大衆を愚かなままに留めるために学校教育に組み込まれている「報われない労働」の一種である



全国図書館協会公式見解

青少年読書感想文全国コンクール

Q:読書感想文は、何のために書くのですか。

書くことによって考えを深められるからです。読書感想文を書くことを通して思考世界へ導かれ、著者が言いたかったことに思いをめぐらせたり、わからなかったことを解決したりできるのです。ですから読書感想文は「考える読書」ともいわれます。また、どんなに強く心を動かされても、時がたてばその記憶は薄れてしまます読書感想文自分自身の記録です。読み返すことによって、いつでも「感動した自分」に出会うことができるのです。

Q:なぜ、本を読むことが大切なのですか。

 一冊の本が、人生を変えてしまうことがあります。本の中で旅をしたり恋をしたり、冒険をしたり……。人は本の中でいろいろなことを体験できます登場人物自分生き方や考え方を比べて、共感したり反発したりします。また、本を使って、疑問に思ったことを解決するために調べることもできます。本を読んで新しいことを知ると、びっくりしたりうれしくなったりします。本は、人の心を成長させてくれ、いろいろなことを教えてくれる友だちです。

Q:何をどう書けばいいかわかりません。どうすればいいですか。

 本を読んで自分がどこに感動したのか、なぜ感動したのかを考えましょう。そしてもう一度本を読んでみましょう。自分生き方経験と本の世界とを照らし合わせると、いろいろなことが見えてきます。感じたこと、思ったこと、連想したことなどを忘れないうちに全部メモしておきましょう。そうしたら、順番を入れ替えたり内容を補ったりして、どう書けば自分の心の動きにぴったりするか、それがうまく人に伝わるかを考えましょう。先生や家の人と相談してみるのもいいでしょう。そうするうちに何をどう書けばいいのか、自分が一番言いたいことは何なのかがはっきりしてきます。書き終わった時には、それまでとはどこか少し違った自分になっていることに気づくはずです。

2016-04-09

オリンピックロゴ

選考作品が決まったね。

結局公募にしても一般人から文句言われまくりっていうね。

センスがないだのどこかで見たことがあるだの文句つけられまくりで残った4作品の作者が気の毒。

結局どんなものを出してもいつまでも文句を言い続けるんだよね。

日本はなぜかデザインだけは誰がやっても一緒、素人にも出来る仕事にカネは払わないって世界だし、

どれだけコンセプトやらここはこういう理由があってこうしたっていうのを説明しても

ズブのトーシロが普通に上から目線で口出ししてくる。

医者の診断結果に「いやいやどうみても俺はかぜでしょwww」みたいに患者が言ってくるようなもん。

2016-04-08

anond:20160408230747

は?ピエールなんとかは未来商業イベント化したオリンピックに関して想定して、そういった発言をしたのかよ。勝手自分の都合のいい解釈するなよ。

だいたい、本文で私は公募がいけないなんて一言も言ってないだろうが、よく読め。

公募自体別にいいんだよ。審査員とかネット民適当判断エンブレムも選ぶ構造ダメだって言ってるんだよ。

公募したって本当にデザインとして素晴らしいものが残れば別に文句はないよ。私は。

建築だって一般公募だとしても、専門家審査員によってしっかりした設計案だけが最終選考まで残るじゃねーか。今のシステムじゃ本当にいいものがあったとしても選ばれないって言ってんだよ。

ちゃんと本文を読みとけよ。

エンブレム候補みた、みんなバーカ。

あらかじめ身分を明かしておくけど、私は東京美大デザイン学科、そこそこ有名)に通っている学生

去年の夏頃からモヤモヤした思いがあったけれど、今やっと自分の中で整理がついたので書きたい。

まず専門的な知識がある(又は勉強している)人間から見たら、あれら4つは全部ダメ

なぜならば、デザインとしての機能を満たしてないから

オリンピックにおけるデザイン機能っていうのは、一つは『情報をきちんと人に伝達すること』。

エンブレム候補、1cm四方印刷してみろ、ほとんどの線が細くて消えちゃうし、なにがなんだかわからなくなるだろうが。

オリンピックって巨大なイベントなんだよ。エンブレムがでっかい垂れ幕とか巨大なスクリーンだけに表示されるって保証はないわけ。

ちっちぇえチケットだの、スポンサーのチラシだのに印刷されたり、クソ解像度の低いスマホのディスプレーに表示されるかもしれないだろ。

その時にきちんと「東京オリンピックに関する情報だな」ってわからねーとエンブレム失格なんだよ。バーカ。なんだこの細い線だの、ちっさい要素は。


後もう一つの機能は、『大会全体の視覚的な表現を、一つに統一して世界観をつくること。』

これらのエンブレム候補がCMになったり、ポスターになったり、看板になったりしていく姿を想像できるか?せいぜいエンブレムをパーツに分解して模様にできるくらいだろうが。

それに、そういう展開に関することを、作った本人たちはほとんど考えてないだろうな。この感じだと。コンセプトも全部エンブレムしか当てはまらないことだし。

デザインコンセプトを必要としてるのはエンブレムだけじゃないんだよ。大会視覚情報全部なんだよ。全部。

大会全体のすべてのヴィジュアルな部分を(CMポスター、会場の看板チケットに至るまで全部)一つの世界観でまとめられて始めて、デザインとしての機能を満たしたっていうんだよ。

この2つめの機能がしっかりとしてないと、映像とかポスターとかを見て人が感動したり、グッズが売れたりしないし、観客とか選手精神的な高まりとかもなくなっちまうんだよ。バーカ。


だいたいエンブレムだけ公募で考えさせてどうすんだよ。オリンピックに施さなきゃいけないデザインってエンブレムだけじゃないだろうが。

グッズだって出すし、テレビCMだってポスターだって作るだろうが。Tシャツとかの端っこにちょこんってエンブレムがくっつくだけでグッズ展開完了ってか。ふざけんな。そんなの誰が欲しいんだよ。

大会全体のデザインコンセプトが、すべての視覚的な表出物に、適応するように、俯瞰して考えられてから始めて、デザイナーとして立派なんだよ。

なんだよあの候補は。エンブレムのことしか考えてねーじゃねーか。一個一個の意匠が小綺麗だったりするだけじゃ、だめなんだよ。もっとオリンピック全体で考えろよ。

チケットだって、会場の壁面にだってテレビCMだってポスターだってデザインを施さなきゃいけねえんだよ。こんなエンブレムだけにおさまっちゃってて、展開性のないもんが使えるか。バカ


あと何度も言うけど、デザインは“機能”なんだよ、“機能”。おまえらの考えるお絵描きとはわけが違うんだよ。

「私はこっちが好き〜」とか「俺はこっちが好きかな」とかどうでもいいんだよ。おまえら感想を聞きたいんじゃないんだよ。機能的なのか否かで判断しろや。バカ

からデザインっていうのは誰でもできる活動ではないんだよ。美大デザイン科では好き勝手に絵を描いてるわけじゃないんだよ。

デザインがどうすれば十全に機能するかを学んでるんだよ。それは経済学部経済学を学んでいたり、工学部工学を学んでるのと同じことなんだよ。おまえらの考えるアーティスト像と一緒にすんな。

からデザイン機能的かどうかっていうのはプロしかからねえんだよ。私はまだ半人前にもなれない身だから、そういう判断完璧にできるほどの能力はないけれど、そういった判断プロしかできないってことぐらいは確信持てるわ。

ネットの奴らもテレビの奴らも組織委員のやつらも、プロ仕事キャリアをなめすぎなんだよ。本当に。

今の状況って、歴史に残る大イベント設計仕事を、素人アマチュアに丸投げしてるってことなんだぞ。そのことわかってんのか。バカ

これって、セレブリティーのためにつくる重要料理メニューを、クックパッドで決めたり、ジャンボジェットの運転を、「フライトシュミレーター遊んだことあります〜」とか言うそこらへんの飛行機マニアに任せたりするようなもんだろ。

だいたい、なんでエンブレム審査委員長芸大の元学長なんだよ。あの人、金属工芸家だろうが。芸大トップだったからってデザインがわかると思うなよ。

それにスポーツ選手審査員の中にいるの本当目を疑ったわ。なんなのあれ。別に芸大の元学長工芸トップレベルの人物だし、スポーツ選手たちもトップレベルスター選手なんだけど、デザインのことは何がわかるんだよ。

「なんとなくこっちがいいかな〜」とかしか言えないだろうが。逆にスポーツ監督デザイナーがしてたり、工芸についてデザイナーが教えを垂れてたら、絶対怒りだすだろ。絶対


あと感情任せにいい加減なポストするネット民も本当なんなんだよ。お前の好き嫌いとか本当にどうでもいいんだよ。感情で話すなよ。論理で話せよ。論理で。バーカ。

前のエンブレムも、感情で言ったら私だって好きではなかったけれど、論理著作権法等の法的観点からいったら全然セーフだったじゃねーかよ。だからだってあのエンブレムのままでよかったと思うよ。

それに、一番やばいのは論理的観点を置き去りにして、感情的になった民意(笑)にまんまと動かされちゃった組織委員会の人たちだよ。そんな非論理的なことで、大イベントのこと決めていいのかよ。バーカ。

マスコミだって、なに「ネットで探しました〜☆」みたいな情報ばっか報道してんだよ。コメンテーターの「私は招致の時のエンブレムがいいと思います〜♡」とか聞いてねえんだよ。感想ばっか言ってんじゃねえよ。

事実論理的に伝えろよ。本当に。


なんかもうここまでくるとオリンピックなんかどうでもいい。やめちまえよ。

エンブレムも、ネット民も、マスコミも、バーカ。バーカ。

オリンピックも、選考委員も、組織委員もバーカ。バーカ。

感情的になって、こうやって書き留めるだけでそれをはらそうとしている、未熟な自分もバーカ。バーカ。

みんなバーカ。

バーカ。バーカ。バーカ。

2016-04-07

予言しま

明日はついにオリンピックエンブレムの候補作発表だけど、ここから起こることを予言しておきます

・「だせー」「糞だな」からの、招致ロゴ・扇ロゴが良かった連呼

ネットアンケートで一番しょうもない案が支持される

・似ているロゴがすぐに見つかる

・私が考えた案の方がいいとか言って三流デザイナーTwitter自作ロゴ発表

・結局ネット人気ランキング一位ではない案が採用され荒れる

採用案の更なるアラ探し

採用案のデザイナー過去作の洗い出しが始まりパクリ疑惑作品が見つかる

採用案のデザイナーへの人格攻撃朝鮮人認定

首相エンブレム選考再見直し発表・高校生から公募発表

・その結果の醜いロゴ採用

世界への恥さら

就活課金ガチャは似ている むしろ就活のが遥かに悪質だ

ガチャ課金したけど当たりが出ずにガチャに費やした金が無駄になるのと、説明会とかセミナー課金したのに面接で落とされてそれまでその会社に費やした時間と金無駄になるのは似ている。いや、むしろ金だけでなく時間無駄にするという点ではガチャより遥かに悪質かもしれない。

何故会社あんなにセミナーとやらをやるのか。会社就活生に理解してもらうため?その理由は分かる。

しかしある会社はこんなセミナーをやっていた。規模の大きな会社説明会で、色々な職種の話を聞くことが出来るというものだった。但し1コマつき30分で、もしその職種についてもっと知りたいのなら、違う日の個別セミナーに参加しろというものだ。なんだそれ。タチの悪い分割商法か。一回のセミナーでやりきってくれ。

しかもどうせそのセミナーに何回も言ったところで面接で必ず受かるというわけではないのだろう。もし落ちたらそれまでの交通費やら時間はなんの意味も成さない。盛大な時間と金の浪費だ。ただでさえ就活期間が短いのでバイトする時間もないのに。

というか選考も長い。GD一次面接二次面接三次面接会社からしたら厳選しなければいけないし仕方ないのかもしれないがもう少しなんとかならないのか。二次で落とされたら辛すぎる。

しか短期決戦という形式にされたせいで他社との説明会やら筆記試験やらが被りまくる。本命に近い会社説明会が被り、しか説明会をあまりやらない所だったりするともう悲惨である。業種は絞り過ぎると落ちてしまった時に困るなんて新聞記事にあったりするが、短期決戦のせいで幅広く見ている暇などない。兎に角予定がダブる

他者同士の面接が同じ日にぶつけられた時はなんのイジメかと思った。しかも筆者初めての面接である初心者に2連戦とか心折れるし準備し切れないからやめてくれ…。


最近ガチャは某ゲーム炎上したことで少しずつ改善されているように思う。一定金額を出せば確定でSRが貰えたり、SRが出なくてもプレイヤーに良いアイテムが貰えるなどだ。良い方に向かっているのかもしれない。しか課金ガチャってゲーム楽しいからやる所もあるし。

一方全く楽しくない就活は迷走している。経団連が期間をずらしたり減らしたり。それによって多くの就活生と企業が振り回される。就職試験面接やらESやらの形式もいい加減余計な手間が多過ぎる。もっと効率的にならないのか。履歴書ES両方提出させるな。

7人に1人が就活うつになるというニュースを見かけた。低くない確率で、社会に出る前にもう鬱病発症させてしまう人もいる。その人が社会にまともに出られるのは何年後だろうか…。他人事ではない。

社会人になれたとしても、入ってみたらブラック企業で鬱発症なんてものありそうだ。ルートが違うだけでエンディングが一緒だぞおかしいな!

まぁ入社ブラックが原因で3日でやめたらやめたで就活時間は本当に何だったんだと言いたくなる。勿論そっちのが働き続けるより有益選択肢ではあるが…。

きっとやりたいことが決まっていて、就職に強い学部で、コミュ力に自信ある学生はこんなこと思わないんだろう。

筆者が社会人になることへの恐怖心が強くて、文学部で、コミュ障から思うのだろう。


とりとめもなく就活への身勝手な不満を書いたが、要は就活にも10説明会行ったら確定でSSR内定ゲット!とかあればいいのにということが言いたかった。

2016-04-05

選考通過の場合「のみ」連絡しますって企業とか潰れちまえばいいのに

2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160404101417

レベルを下げるのは上層部プライドが許さない。

少数精鋭とすると物理的に手数・人員が足りなくなり日々の運営すらままならない。

最も合理的採用するには大手・人気企業選考にあぶれた二番煎じ・三番煎じを意図的に狙うこと。

しかしこれも上層部プライドが許さないんだな。

上層部現場との温度差がこれほどまでに激しいのも珍しいわ。

http://anond.hatelabo.jp/20160404065001

追加

http://b.hatena.ne.jp/entry/284075467/comment/kiringo 公立保育園の入所選考優先順位には年収も加味されてる。それくらいの想像もつかないほど頭に蛆沸いてんのか…