「物理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 物理とは

2016-09-30

http://www.asahi.com/articles/ASJ9R3H0MJ9RTPOB002.html

"辺野古基地移設って結論から言って、アレ良いの? たぶん、駄目だと思うけど、マジで邪魔なんだけど。いや、私はまだ見たことないし、そこ、全然通る道じゃないか関係ないんだけど、同じ沖縄県民としてはかなり憤慨してる。むしろ、あの人たちって、どこから来たの?地元民じゃないって報道を、ツイッターとかで見かけるんだけど。どっかの軍事国家から送られてるスパイって認識でいいの?とりあえず、地域住民には超迷惑!! 以下はSNSから拾った情報から信ぴょう性はちょい薄いけど、

> 私は地元に住んでいて、親戚が遊びに来たから周辺を車で案内していたら、いきなり民間人検問されて引き返せって言われた。民間人にそんな権限は全くないにも関わらず、しかも、車内にいる親戚を勝手カメラ撮影し始めるから、抵抗したら、傷害事件として扱われた。確かに掴みかかったこっちが悪かったが、そのニュース記事を読んだら、完全にこちらの過失100%の様に書かれていた。確かに悪いのはこちらだが、そもそも、こいつらの無許可検問や無断撮影は許されるの?

記憶を頼りに、今、↑コレを書いてるけど、本当に憤慨もの!!!

あと、相手が軍だからって、何しても良いと思ってるのホント許されない。道路に寝そべって、戦車が通る道を物理的に邪魔しているけど、組織の末端を困らせてどうすんの!!!! あの自衛隊の人たち、それで遅刻して罰則を受けたと思うけど、彼ら全然悪くないよ。例えるなら、アメリカが憎いから、適当アメリカ人を殴ってもOKとか、そんなレベルだよ。

正直、デモ方法とか、真面目に考えて欲しい。周りに迷惑を掛けるとどうなるか、この人たち、周囲がどんな反応を示すか理解できないのかな。別に私は、軍事必要な物だと思っているか最初から応援しているけど、こうした違法検問や悪質なデモが多くなったら、こいつらを嫌う人達は爆発的に増えるよ。敵の敵は味方って感じで、「アメリカ軍不要だ」って思ってた人たちが「アメリカ軍必要」だと心変わりするよ。まさか、それを狙っているという高度な情報戦じゃないよね・・・・・・


あんまり、と言うか、絶対にこの人たち、増えて欲しくない。完全に自分よがりな意見だけど、うちの方に来たら超困る。デモに対する「デモやらせないデモ」とか開きたくなる。那覇の道、封鎖されたらマジで国家レベルテロ扱いだよ。まぁ、普通に警察が動くと思うけど。辺野古には申し訳ないけど、田舎道の巡回はあまり行われないのが、日本の現状なので。むしろドライブレコーダーで記録した映像警察に届けた方がいいのかな。うちの車まだ搭載してないから、ちょっと検討してみる。

うちの付近、封鎖されたらかなり困るどころじゃないよ。サンエー那覇とかトイザらスベビーザらスとかエステ美容皮膚科)とか私の行きつけのお店に通えなくなったら、干からびる。ダイソーも良く行くけど、そこは行けなくても我慢できるかな靴下良く買ってるけど、最終手段通販かな。まさか、この封鎖チーム、通販トラックまで停めませんよね。正直本気で「デモをやめさせるためのデモ」を結成すべきかも。

こうゆうの、口コミで誰か意見してないのかな? 2chhttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/war/1326021815/)があるけど、なんか会話がカオス過ぎて、しかスレが多すぎて読みにくいし、かといって、こうゆうクリニック系の口コミサイトhttp://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/pref_47)で、「変な人たちが居て、行きつけのクリニックに行けなかったよ」という声が在る訳でもない。

駄目だ、お腹空いてきた。もっと色々と書き込みたいけど、お腹が空いたのでひとまずこの辺で筆を置く。辺野古基地問題に関わらず、こうした違法座り込みデモ活動は、自衛隊にもアメリカ軍にも周辺住民にもマジで迷惑以外の何物でもないので、これを読んで何かしら思うことがあれば、幸いです。"

2016-09-29

習慣は継続するんじゃなく何度も始めること

思うところを書いたんだけど、まとめる能力がないか

ちょっと誰か編集してくれない?

「習慣は「なぜ続かないんだろう」じゃなく「なぜ始められないんだろう」と問うところから

 

5年後に成し遂げたい目標を定めている。やり遂げるためにはコツコツと積み上げていく努力が欠かせない。成長を積み上げて成果を挙げ続けられるような自分になりたい、そういう理想がある。毎日自分を鍛え生産性を高めるために、身に付けるべき習慣がたくさんある。運動の習慣、学習の習慣。それぞれに充分な時間も確保したい。心を鎮める時間自分の成果を振り返る時間自分の将来を計画する時間、遊ぶ時間、働く時間学習時間寝る時間、食べる時間。でも現実は全く成長しない、理想とかけ離れた現状に気持ちだけ焦る。やりたいことがやれない悩み、焦りが消えない。そのくせ何の習慣も身についていない。振り返って「なぜ続かないんだろう」自分ダメなやつと落ち込む。忘れっぽくて、飽きっぽいから、やろうとしたことがすぐ尻すぼみで消えていく。根性なしで、メンタルも弱っちいから、ちょっとしたハプニングや予定変更で気持ち萎える。「やる気が足りなくて」「心が折れて」所詮自分はその程度で、面倒だから諦めてだらしないままギリギリ毎日ごまかして過ごしてる。

 

続けるにはどうしたらいいんだろうとずっと考えてた。そうしているうちにどうせ続かないから、まず始められない自分に気づいた。始まらなきゃ続くもなにもない。そもそも続くっていうのはどういう状況なのか見直した。作業にはまず始まりがあり終わりがある。継続は、まず始めること、終えること、そしてそれを繰り返すことで成り立つ。終わらせない、途絶えさせない、のではなくて、きっちりと区切りをつけて一旦終える。それをまた始める作業を繰り返せばいいのだ。続けなければと意識すると、間が空いた瞬間に途絶えたと感じてしまう。その意識勝手継続を終わらせてしまう。次が始まればそれは続いてる。作業は終えなければ仕上がらない。作業は一度ずつきちんと終える、が、その繰り返しは止まらない。継続するとはそういうこと。習慣を身につけること、何かを継続することを目指すなら、どれだけ早くまた次のサイクルを始められるかに心を砕くべきだ。

 

どうやったらすぐに始められるか。始めるためのハードルを下げればいい。始められない理由をなくす。どうして始められないのか。心理的問題は、面倒、不安、恐れ、忘れ、うまくいったことがない、成果が感じられない、成長が感じられない、途中でやめたくなる、つまり作業を終えられない不安とやる意義を見失うこと。物理的な障壁は、時間がない、場所が悪い、体が動かない、やり方がわからない、準備ができていない、つまり必要ものが足りない。どう解消するか。成果と成長を実感できる仕組み、必要な道具や時間や労力を最小限にする工夫があれば良い。究極的には手間も時間もかけずにいつでもどこでも自動的に始まってしまう仕組みになればいい。

 

そのためにやることはたった一つ。ひたすら「効果的な習慣を身につけられる能力」を追求すればいい。手間を減らす、時間を短縮する、成果が実感できるよう評価試験する、その三点にだけ絞って考え、答えを出す。そういう作業を繰り返しているのだと思えば良い。その作業のうちに、自分がやりたかったことが片っ端から試されて、意識せずとも勝手に習慣になっていくはず。

2016-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20160928151324

ユーザー目線からなんでも実現しましょうってわけにはいかない。

物理的に無理な場合学習or研究コストどれだけかけられるのかって判断と優先度ありきの話ですね。

はいえ、この態度でクライアントから話がくるのであれば、できると思う会社探して勝手ににやってください。となって以上でお断りで終了ですね。

腐女子のフリしてるゲイだよぉ( ・´ω`・ )

やっほー☆

Twitter腐女子フォロワーさんに「心のち○こ」って言ってるけど…実は「ちん○(物理)」なんだぁ…(・ε・;)

ごめんね!

(*бωб*)

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927145239

「殺しつくす」もレトリックなんて言い出したら、ネトウヨだって乱暴な表現ほとんどレトリックで実際、物理的に殺したヤツなんかほとんどいないだろう。いい加減、そういう擁護無駄だと理解して欲しい。

2016-09-25

かめはめ波実在する!念動波の発生、発光、爆発までのメカニズム

男子は一度は妄想する超パワーによる爆発。

これを空想から現実のものとするための理論体系の開発が急ピッチで進んでいる。

恐山イタコ連盟の所長の発表によると、

3年以内に太陽フレアの接近により大規模な電磁波が発生し、

地球上の物理法則一時的に変わるというものだ。

その影響により、血液中のヘモグロビンの移動が大気中に大きな電磁的影響を与え、

まるでビームを撃ったような現象を発生させる可能性があるとされている。

これはあらゆる動物適用されるため、○天堂と○イアンテック社は地球上の動物リアルポケモン化に警鐘を鳴らしている。

地球規模の混乱に対抗するため、各武道団体、霊能団体宗教団体会派による共同研究チームが発足し、

人間が自らの力でビームを発射してその身を守る理論体系の開発が本格化している。

ゆくゆくは幼稚園保育園カリキュラムに取り入れたい考えだと、研究者の一人は明かしてくれた。

http://anond.hatelabo.jp/20160924210424

まり被差別時の議論においてはしゃべっていいってことねOKOK

そこはいいよ。しゃべってもいい。他者の喋りを止めるような発言はするなとだけ言ってるだけだもん。

その代表格がトラバトップ議論停止語だ

被差別者を見て不快になるクズバカが黙れと言いたいがためにこじつけすぎ。

から黙れとは言ってない。喋っていいぞ。中身のあることをいっぱい喋れ

うんだからこういうこと言うバカって当事者意識もないくせに差別が悪いなんてみんなわかってるというエクスキューズさえすれば自分不快になる言い方をたしなめる権利がある~でも明日には忘れるけど~というだけのクズだと散々言ってきたけど一ミリも人の話を聞いていないわけだよね

不快になる言い方はすべての人がたしなめる権利があるだろ

お前も俺の発言の内容が不快からこうやって反論してるんだろ?

それに対して黙れなんて俺一言も言ってないじゃん。むしろ正面から相手してるだろ

うんだから百万回言ってるよね事実性がどうかという検討がやりたいなら一人でやってろよ

一人でやってろなんて話はこのツリー一言も言ってなかったろ。

こんな風に「勝手にやってろ、俺は関与しない」っていうスタンスなら俺は歓迎だよ

差別関係する話題で指摘やら検証が入って不快だと思った場合、やるべきことは議論停止語で話題を阻害するんじゃなくてその場から立ち去ることなんだ

Web上の話って物理的な場所がないんだからいくらでもクラスタ化できるだろ。それを利用すればいい

そりゃあそういう議論ではマジョリティ様が勝つよね、ネット上の議論でもだいたいが自分にとって心地良い意見が出た時点でそれを結論とするクズばかりなのだから

多分お前に問題あるとすると議論は何かの勝ち負けだと思ってる点だわ。「マジョリティ様が勝つよね」これ。

目的勝負じゃないんだよ。そこから何かの知見を得ることだ。

映画聲の形』は商業的なマイナス要素を極力排除して再構成することで売ることに逃げ切った作品

観終わった最初感想は、漫画聲の形』が映像化されないことを確信したショックだ。

 

まず先に断わっておくが私が言いたいことは原作を崇めて原作未読者や映画馬鹿にするといった内容ではない。

映画製作に携わる人間が『聲の形』をどういったつもりで再構成したのか、

またその再構成の結果として商業的な成功を収めたことや、

そのせいで映画聲の形』(以下、映画しか漫画聲の形』(以下、漫画)に触れていない多くの人に誤解させてしまったということ、

そしてこの世で漫画聲の形』が漫画聲の形』という作品しか伝えられなかった、他のラブストーリー青春物語ではできなかったこと…映画からは外されてしまったことについて触れる。

この日記を読んで少しでも漫画に興味を抱いたのなら、漫画にて『聲の形』というコンテンツを全て消化すべきであり、

本当の答えを噛みしめ、確認しなければ作品聲の形』には全く触れないで人生を終えるといっても過言ではないと言っておこう。

これはステマではない。

なお漫画ネタバレになりかねないよう、これから漫画を読む人間にとって害にならない程度に極力抑えるつもりだ。

これはステマではない(繰り返し)。

 

そしてあくまでも日記なので読みづらさや誤字脱字などは勘弁してもらいたい。

 

制作スタッフが行った再構成とは

単純に2時間半に収めるには物理的な無理があったため、大幅にカット再構成されている。

その点だけでも漫画映画は全くの別物と言っても差し支えない。

しかしこれは映画1本に収めるという制約上仕方のないことで、これに関しては特に言及するつもりはない。

要は、漫画が伝えたかった要素をコンパクトにして映画で伝えられたらいいだけだからだ。

まり、私が問題にしているということはその再構成漫画が伝えなければいけなかったことを大部分が外されているからだ。

 

制作スタッフ映画を見に来た観客にできるだけ「負の感情」を強く抱かせないように気を使って再構成している。

分かりやすく言うと「なんだよこのクソ鬱映画!!」みたいな感想にならないよう、できるだけイライラ不愉快になるような要素や、

生々しい要素をオミットしている…その商業的にも負になりかねない要素たちだけ、

この映画への梯子が外されて下に蹴落とされている…といったイメージだ。

漫画では読者の心をえぐってくるような要素が宝石箱のように詰め込まれている。

主人公石田にともすれば殺意を抱かせるだけの強いクズ描写がされており、

小学生時代石田を無条件に悪だと読者は強く確信でき、そこに同情の余地もなければクラス手のひら返しにも憤慨するだろう。

映画ではかなりあっさりと流されていて、このせいで不快な思いをだいぶ軽減されているが、

石田の「俺は清算して死ぬべきだ」という気持ち映画視聴者に軽く受け取られやすくなってしまった、薄っぺらく見られやすくなってしまっている。

漫画の特色として、読者の暗い感情をこういった不快いじめや生々しい描写で刺激しつつ、

当事者である石田がどうやってそれを乗り越え、まともに生きることはできない、けれど死ぬこともできなくなったところを出発点に歩き出した、

というのが最初石田西宮出会いで、だからこそいじめた本人である自分友達になろうとするという不条理を進まなければならなくなったという経緯がある。

まり最初の死への渇望とその道を閉ざされた石田心理描写を読者に刷り込ませるためには、

石田所業が到底擁護できないくらい行き過ぎた描写であることが『聲の形』という作品には不可欠なのだ

それを見た読者の底にドロドロと横たわりだした感情を燃料にして、出会いが種火となり燃えながら、時には火が消えかけながら、それでも何とか大きくなろうとする炎の様子が、本当の『聲の形』の姿だ。

作品として、「読者(視聴者)の負の感情」が必要なのだが、これは前述したとおり耐性のある人間を選んでしまうため商業的に足かせともなりかねない、

判断され軽減・外した、というのが制作スタッフ再構成で行ったことだ。

ピンと来ないなら激辛だと食べれないから中辛にした、ということだと思って欲しい。

そのおかげで結果として極力不快要素を外し京アニ作画力とキャラの可愛さで万人が食べれる作品へと変化し、

商業的に成功を収めることができ、映画映画として勝利した。

映画聲の形』は売れることに邪魔になる重りを捨て去り新品のランニングシューズを履いて走り抜けた。

でもそれは漫画が這いつくばってたどり着いたところとは違うゴールであり、

その漫画がたどったコースとゴールは今後二度と映像化され現実化されないということを確信し、制作の手腕の勝利も同時に確信し、私はショックを受けた。

 

映画だけを視聴して誤解してしまった人々

帰ってレビューに目を通すと、やはり石田心理描写が把握しきれていなかったり、

よく分からなかったという感想もちらほらと目立った。

障碍者としての西宮葛藤や苦悩もかなりあっさりされているので重いテーマだったという感想はありつつも、

そこから広がりを感じるような形としての感想が出てこず、実は何も考えさせられてないというのが観察できた。

西宮がなぜ笑い続けなければいけなかったのか、西宮がなぜ思い詰めてしまったのか、

石田も同様になぜ最初に思い詰めて、それでも西宮と違い諦めなかったのかということに説得感を出すためには、

やはり前述した「読者の中に生まれたドロドロとした暗いもの」を燃料にするための不快要素がオミットされたことが原因である

 

聾唖の人たちから意見も、この不快要素オミットのために発生した説明不足、その他ところどころに出てきてしまった脈絡のないように見える行動もこのオミット行為副作用となっている。

から必要なのだ

聲の形』という作品を完成させるためには必要な要素だった。

ただ、それは商業的な成功には必要なかったし、事実それで勝利を収めてしまった。

これは作品の特色であってもビジネス上で不利益とみなされたものは無かったことにしていいという資本主義思想に対する芸術創作の完全敗北と言い換えてもいい。

とにかく大多数に対して理解されやすければ、消化しやすコンテンツであるならばいくらでも特色を消してしまっていいという姿勢だ。

それに深く静かな絶望を覚えたのは、漫画既読組には少なからずいただろう。

家に帰ったあとそれは視聴した沢山の人のレビューを読んで感じているかもしれない、私みたいに。

一体、映画を見た人の何割が石田自分を重ねることができたのだろうか。

嫌な汗はかくことができただろうか。

 

漫画聲の形

漫画の『聲の形』は、一度死を望んだ石田自分が行ったことを思い知らされ、なおかつ死ぬという逃げ道すら断たれたことで、

前を向いて、半ば仕方なく、半ばやけくそで行動する・西宮友達になるというスタート物語が始まる。

石田のやったことがどれだけ許されないことなのか、また当時の登場人物たちが流され、無力で、愚かで、間違えてきたことが心をえぐられる程度に描かれている。

この最初の導入でしつこいまでに鬱要素をぶっこむことで読者は自分過去やってしまった罪の意識を思い出し、無意識石田に重ねる、石田は読者の暗い過去だ。

今風にいうと黒歴史人物化したキャラクターとしてこれで形作られる。

過去が黒ければ黒いと形をはっきりしてくるキャラクターだ、それは視聴者の闇の色と同じ色をしているからだ。

それをやらなかった映画石田に対する感情移入がバラバなのは、つまりは、その黒歴史へのアクセスが不十分になってしまたからだ。

普通、そこまで思い返すほどのトラウマ黒歴史を持つ人間は少ないので、

その場合石田に代行させて罪の意識を増幅させるためにも石田のやったことは大きく描写されていた方が感情移入のためのパイプを築ける。

 

そして、死ぬことを閉ざされた石田が、つまり黒歴史から目を背けずに、常に意識して生きなければいけなくなった「あなた」は、

どうやって生きていけばいいのか、どう周りと接していけばいいのか、取り返しがつかない過去石田あなたはどう向き合っていけばいいのか。

それが『聲の形』の作品としての本質だ。

決して障碍者と涙ホロホロ最後ハッピーなだけの作品ではない。

石田黒歴史を貼りつけながら歩き続けるプレイヤーとなり、読者は過去が脅かすことに石田と共にドキドキしながら、辛さを共有しながら、

最初不快感を感じていたはずの石田自分に、いつしか何とかしようと奔走する石田応援しだす。

過去は取り返しがつかないかもしれない、

けれどこれから西宮未来は泣かせないように行動することができる。

それを問いかけてくる作品なのだ

それが『聲の形なのだ

 

過去の追跡がどれだけ辛く暗いものなのかが、このテーマを重く受け止めるために必要な手順だ。

ところが、何度もいうがこれをオブラートに包むか削除してしまったため、このテーマが盛大にぼやけてしまった。

漫画では西宮の家庭環境小学校教師との再会や映画作り、いてもいなくても一緒だった真柴のちゃんとした存在意義など、

この暗さと前向きにもがく様を描くための要素が何度も繰り返されている。

その最後の結末が、読者のこれから背中を押す形で終わっている。

生き続ける石田現実に生きる私たちへの、エールへと繋げられている。

それが『聲の形なのだ

 

そしてそれが他のラブストーリーにできなかったことで、『聲の形』だけができたことだった。

他のラブストーリーに、何とかしようとして上手くいかずに古傷をえぐらせるような真似をして、

それでも読まざるを得ないという状況にもっていけるだけの能力がない。

「これはどうなってしまうのか?(他人事とは思えない感想)」と思わせるのがこの作品面白さでもある。

 

聲の形』にとって障碍者という要素はいじめの歴史を作るためのただの道具の1つに過ぎず、それが本質ではない。

本質は、変えられない過去と変えられる未来、そして過去を受け入れるというこの3つの要素だ。

消極的に変わらざるを得なかった石田が変えられない西宮を救い、

一緒に変わっていこう、と2人とも前向きになるという完全に内面の話なのだ

そして変わりたいけど変われなかったという気持ちの重さ、辛さ、ドロドロした暗い時間の積み重ねを描き切ったのが漫画だ。

読んでいる人間石田の状況に嫌な汗をかき、そして小さくホッとする作品なのだ

その作品映像化はできていない。

できていないのに、商業的に成功している。

 

変わることの重要性を訴えた作品が、

そのメッセージの大部分を消失しながら、

大ヒットをしている。

 

まず私はその現実に立ち向かわなければいけない。

そう、思った。

 

…私はこの映画を予約するのに3時間かかった。

ネット予約操作方法が分からないのではない。

映画館聲の形から心をえぐられることに2時間半耐えられるか悩んだからだった。

ところが実際は、別のことでえぐられるとはそのとき私は思いもしなかった…

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923155155

性格とか考え方ってホルモンの影響をものすごく受ける。

妊娠すると大量の女性ホルモンがでるので、一気に女になるしお母さんになる。

その変わりっぷりは本人も気づいてるし困惑しているものさ。

間違っても妊娠したら捨てられたみたいにならないようにな。

ラインじゃラチはあかないから、物理的な距離を縮めてから真面目に話しとき

長谷川某はイケハヤのように海外からもっとスマート炎上せよ

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48487334.html

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48497760.html

(閲覧注意)


ヨッピーだったら炎上しないのかなあと思いつつ、もしそうだとすればはてなーも堕ちたもんだけどさ。

まあ、ヨッピー他人を口汚く罵ることはなさそう。自分がいつその状態に落ちるかわからいから。「元アナウンサー」という肩書の有無でこうも評価が変わるとなると、やはり日本は先手必勝なのだなあと思うわけです。「とと姉ちゃん」でも「自己実現欲求のために働いているのに、貧乏だと後ろ指を指される」という一言があって、日本の「ちょっと人と違うことに嫉妬して叩く」というのも変わらないのだなあと。




そんな話がしたいのではなくて。

Weblogの方も一通り読んで、大体の主張理解。ただ、僕は長谷川某が耳を傾けるに値しないという先入観で読んでいるから、原則伝わらないと思うけど。



 某のスタンスとして『炎上ってとても素晴らしい。だって拡散できる。』というのがあるわけで、炎上はある種意図的にやったと解釈。だとすれば、一次炎上すれば、某は目的を達成したわけで、その後のTwitterブコメにムキになって反論することはないのだと思うのです。だって、『ピーチクパーチクとうるさい人』扱いだろ。つまり取るに足りない有象無象だと思っているのです。

 別に彼らを無視するのはかまわないし、無視すべきだと思う。ネトウヨがうざいように。でも、某はそれも執拗に叩くのです。『なんなら、私を応援する現場医師たち、15人くらい、呼んできてやろうか?参考になる話、たくさん聞けるぜ?』『ネットで私の悪口を書くしか能のないバカたち』などと。



 これは某が本当に『あなた方の現実はちゃんと分かっています。』と言いたいなら、彼らにムキになって相手にすることはないと思うのです。すればするほど、某も彼ら同様に「悪口を書くしか能のないバカ」扱いされてもしゃーないなと思うのです。かくいう私も度重なる某の煽りに対し、「長谷川某?あーまた人格破綻者がなんか言ってるわ」などと先入観で見てしまう。残念ながら、今回の一件も、たとえ某がどれだけ『ご自身に全く非もない中、腎臓を悪くされ、人工透析を行っている患者・またご家族の皆さん。』の苦しい思い、悲しい思いを取材していたとしても「人格破綻長谷川某がなんか言ってるわ」と私は思ったので、「ご家族の皆さん」の思いは1mmも伝わらんかったんですよね。

(つーか、ちゃんと取材しているならわざわざ『あなた方の現実はちゃんと分かっています。』って予防線張らなくてもよくね?だって長谷川さんは私たちのために、あの憎き不摂生透析患者を叩いてくれている。ネットはいくら叩かれようと、わかってるよ」と"あなた方"はわかっているのだから、それをわざわざアピールせんでも。)



 これはすごくもったいない。これこそ日本の損失。



 まず、仮にも記者自称するなら、伝えたいことが聞いてもらえない、伝わらないって致命的なことだと思うんですよね。存在価値の有無を問われるレベルで。






 ただ、某には感謝しているんですよ。だって、「日本若者たち生活が「崩壊している」から言っている」「私たちの子供が大人になった時、あまりにも絶望的な国・日本を引き継がなければいけなくなってくる」から吠えているそうなんですから。私も30歳なので世間的には十分若者、なので某は私の味方のはずなんです。全然味方感ないけど。



 いや、某が勝手日本正義感ぶってくれるのはありがたいんですよ。一銭の得にもならないのに、むしろバカどもからいわれのない謗りを受け続けても(いくら無視しても物理的な被害可能性とか、精神的な澱はやっぱり溜まってくると思います家族親族への謗りとかも)吠え続けているんですよ。でも、それだけエネルギー使うのもったいないと思うんですね。少なくとも家族はいい顔をしないでしょう。

 なので、某にはマジでシンガポール香港移住して、浮いた取材に係るエネルギーを私腹肥やすほうに使ったほうがいいと思うんですね。「まだ日本で消耗してるの?」などど言いながら。だって「こんなクズ保険年金システム国家」なのですから。少なくともあなた家族絶対winですし、あなたに多くのエネルギーを使って叩いている人々も別の活動能力注げるからwin。朝から次の朝まで延々と仕事してる厚労省職員精神的な苦痛を受けずに済むしwinなんですよ。



 おお!完璧だ。



 なので、某は心から海外移住おすすめしたい次第です。




追記。

なんか隊長っぽくなった。

自業自得かどうかの判断システム」はどうやってやるんだ?という叩きもあるけれど、これはある程度まではできるように思う。まず先天的糖尿病患者ex.1型)は排除それから遺伝子検査腎臓を患いやす遺伝子を持った人も排除できるだろう。(遺伝子検査の精度はさておき)また、生活習慣のチェックリストや、これまでの健康診断結果を基に評価するという方法もできそうだ。(個人情報保護法を乗り越えるのは少し大変だが。。。)これまでの診療歴を見てもいい。ストレスチェックよりかは遥かに評価簡単そうだし。

 とはいいつつも、

 1.評価基準ってあるのか?ないならエビデンスに基づいた基準を最低でも学会レベルで定めないと。

 2.システム構築に係る費用って、現状の透析システムを続けるのと比べてどれぐらいペイするの?

 主張するなら、せめてこれぐらいのデータはほしいよねえ。

http://anond.hatelabo.jp/20160922220856

言いたいことがまるで伝わってないぞ

そう応答するってことは

いつでもどこでも被差別者内面を出すな、TPOを考えろと言っているんだ

という言い逃れは間違いでしたこんな逃げをうったクソカスゴミムシのわたしを許して下さいってことねOKOK

被差別者内面」っていうのは「差別を受けたときにこのように心理的ダメージを受けましたなどという発言者の内的情報」って理解でいいか?以降、この理解で進む。

TPO上この情報必要なのは差別を受けてもダメージなんて受けないじゃん」という主張が本題の場合だ。

増田のように、「この場合差別に該当するのか」「この差別への対応には過剰すぎる対応ではないか」「もっといいやり方はないのか」などの主張が本題の場合

差別ダメージ」については議論に上っている全員が共有している情報なんだ。それはもういらない。

 

挙句の果てに「差別を受けた内的情報」を根拠に「もっといいやり方はないか」という意見を出すことすら封印するだろ

(直接的には、「もっと優しく言ってくれないと~~」のワードが一番顕著に使われる)

この状況を一番問題視しているんだ

そこで提供されるはずだった有益情報が全部途切れるだろ?

これって被差別者にオレサマのきんもちよくなるフレーズを浴びせかけたいという欲望にすぎないよね自称有益()

なぜそう思った?「有益情報」はインプットだけど「オレサマのきんもちよくなるフレーズを浴びせる」はアウトプットだ。

ここの基本的理解がまずおかしいので、後の話が全くつながらないのだ。

からこんなフレーズが出て来る

結局沈黙を強いろうとしてるだけじゃん

 

最初増田からず~~~~っと議論したい、止揚を求めたいと言ってるじゃん。沈黙したらそこで終わりなんだし俺の目的も果たせないの。

 

個人的に、インターネット物理的に本当に手斧や石が飛んで来ることがなく、

idも変えれば過去の人格も簡単に切り離せる、これはマジで知識を集約するのに適した場だと思う

せっかくのそういうアドバンテージをなし崩しにするような行為もったいないし、増田はてブロがそんな場所になるのは悲しい。

2016-09-22

4K画面が前提になったら、アイデア出しのときに付箋使うのから完全デジタルになるのか

発想方法とか、アイデア出しとか、そういうのを調べていると、付箋を使った方がいいというが目立つ。

物理空間の方が広く一覧性を確保できる、思いついたのを早くアウトプットできるとか、そういう話だと思うのだが、

デジタルで出来ないものかと思う。


iPhoneMacBook Airと同じ処理能力に近づいてきたぜ、ってことなんで消費するためのデバイスから生産的ななにか出来たりしないもんだろうか。

iPhone手書きしたのが4K画面に付箋として登録されるとか

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160921214349

小学校同級生と話したら

ああ

懐かしいつながってる感覚がしたね。


大人になって、そういう感覚ある人がたぶん伴侶になるんだろうと思うけど。

あとは、如水的にだろうと思うよ。

物理的余裕がない。

関係性も変わっていくし。

親との縁は切れてくし、

同窓もたまに会うのはいいけど

昔みたいな感覚はないだろうと思う。

遠くにありて思うもの


期待せず観察しよう。

2016-09-19

聲の形」の登場人物共感できない

聴覚障害のある女を物理的/精神イジメの標的にし、主犯格になる主人公

主人公に対し「お前の気持ちも分かる」「外れクジだ」などと言う本音と建前の使い分けもできない担任教師

・一転して主人公男がイジメの標的になった際に、ひっそりと庇い続けるヒロイン

ヒロイン妹が家出しても心配しない、ヒロインが居なくなると心配して探し回る、手話も覚えていないヒロイン

・酷いイジメをした主人公をすぐに許す、さらに好きになるヒロイン

主人公が好きだという理由人間関係を引っ掻き回して暴れまわる黒髪ロングの女



もうどいつもこいつも気に入らない。とにかく共感できない。感情移入できない。登場人物全員クズばっかじゃねえか。

唯一評価できる点は贖罪のため主人公手話を覚えたってところだが、それにしても性格変わりすぎだろう。小学校時代にあれだけド屑だったのに何で常識人風になってんだよ。

ついでに言えば京アニ作画も気に入らない。あそこが作るとけいおん!しか見えねえんだよ。

ほんと胸糞悪いわ。まあ評判もそこそこ悪いようなのでそこは安心したが。

2016-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20160916162210

「ありえない」というのは物理的にありえない、もしくは「ありえるから逆にありえない」という話であって

フィクション衣装にありえないという話では無いだろうし

特に日常系作品普通の服きて変な髪型で出てくるから

違和感倍増なんじゃないの

CCさくらも出てるし

http://anond.hatelabo.jp/20160915183402

結局女って母親といくつになっても物理的にべったりするし

そういう生き物なのかもね

2016-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20160915114248

増田リーグオブレジェンズというゲームを知らないのかな?


どうみても槍やナイフを投げているのに魔法ダメージだったり魔法的な何かを打ち出してるのに物理ダメージだったりするんだ

物理的な何かを飛ばしているように見えてもそれが本当に物理的な物とは限らないんだよ。ちゃんと考えられてる。角度とか

魔法防御力とは

多くのゲーム魔法防御力というステータスがある

大抵のゲームでは

物理攻撃には物理防御が有効

魔法攻撃には魔法防御が有効であり

いくら魔法防御を上げても物理攻撃には強くならない(逆も然り)

というステータスだけどおかしくね?


魔法攻撃というものがなんらかの不思議パワーで精神ダメージを与える攻撃ってならわかるけど

大抵の魔法攻撃って出力に筋力や道具を使わず魔力を使うだけで

結局最終的には物理攻撃だろ?

火薬の力で鉄の弾を飛ばすのは物理攻撃

魔法の力で石ころを飛ばすのは魔法攻撃って

おかしくね?


で、仮に魔法防御を魔法攻撃に対するバリアのようなパッシブな防御力ではなく

敵の魔法攻撃の出力に干渉(上記の例で言えば石を飛ばすための魔力を弱体化)するアクティブな防御力だとする

それなら魔法防御を上げても物理攻撃には強くならない説明はつく

しかし、この仮説では

魔法防御力が高いメンバーが一人でもいればパーティ全体が魔法攻撃を軽減できるようになるべきだし

何より「物理防御力を上げても魔法攻撃には強くならない」ということに説明がつかない


そう

魔法防御力がどのようなものだとしても「物理防御力では魔法攻撃を防げない」ということの説明がつかないのだ

いったい魔法防御力とはなんなのだ



増田のみんななら魔法防御力という謎のステータス説得力をつけてくれると信じている

2016-09-14

そういえばPCからない上司の人に論理削除と物理削除は違うから回収できるって誰かマジレスしてあげた?

2016-09-13

Re:水星さん家》2016-09-12 “『君の名は。』の腑に落ちなさについて”

君の名は。 の腑に落ちなさについて へのレスです。


http://mercury-c.hateblo.jp/entry/2016/09/12/224030


>三葉に比べて瀧側の物語はあまり希薄ではないだろうか。


そっちの方が、お客さん達が入り込み易いのでは?


>瀧が三葉を助ける話に変わってしまったように感じた。

>ここで、事件において瀧の側も何かしら影響を受け、

>それが将来に繋がっていくなどがあれば、まだ2人の対等関係が維持されたはずだが、

>そういったことを描くにもやはり瀧側の物語希薄であったように思う。


思春期少年にとっては、可愛い女の子と知り合えた時点で大事件ですよ。

ましてや、その子が死んじゃう(死んじゃっていた)んですよ?


あと、リストバンドにしていた組み紐が、伏線に成っているのですね。

瀧は、三葉と、実は中学生当時に出会っていた、と。


>三葉の環境に対する不満はどうなったのか。

>同じように三葉が抱えていた田舎への不満と東京への漠然とした憧れも、

大事件により有耶無耶に流されてしまう。


普通に、全部、物理的に吹っ飛びましたね。

故郷喪失してから、其処への想いを痛切に感じるとか、まあ、有ったでしょうけど、其処は観る側が想像すべきかと。


>三葉の家族問題果たして解決されたのか? 

>そこに三葉はどう影響したのか?

>それには入れ替わりの、また瀧の影響があったのか?


直談判の場面で、町長室にお祖母さんと四葉ちゃんが居ましたが、あれ、三葉の異変について話していた可能性が有る様です。

祖母さんが、自分二葉さんにも、その様な現象未来の誰かとの精神の入れ代わり)が有ったと、お父さんに証言していたかもしれません。

お父さんは、「妄言宮水血筋か」と言っていたので、お母さんから其の種の話を聞いていた可能性も有ります(或いは、この2人の間にも入れ替わりが?)。

で、この事象は、お父さんが神社を捨てる切欠となった、二葉さんの早世(病気に成っても、町から出ようとせず、治療の最善手を放棄していた由)の問題にも繋がる様です。

お母さんは、お父さんが妻の死を悲しみ神社を捨て、町長成る事、巡り巡った結果、大惨事から避難可能とした事など、先々の大筋を把握していた可能性が有ります


父親に直談判するシーンにその答えがあったはずだが


とりあえず、三葉父の家庭の事情個人的な心情は、加納新太さんによる小説君の名は。 Another Side:Earthbound』(角川スニーカー文庫)を読むとイイらしいです。


家族を飛び出し「姓」を捨てて「個人」として生きる、

>そういった選択があって名前だけを呼ぶならわかるが、

>そのへんが省略されて

>ただ互いに名前だけを呼ぶことに違和感があって、

>瀧が三葉が相手名前を呼ぶたびに、

>ぼくは腑に落ちないのだった。


瀧と三葉、両者の関係は、ダイレクトに、個人個人の結びつきです。

立花家と宮水家とかが前提に、入れ替わり現象が発生していた訳ではありません。


・追記

宮水家の血統に伝わる不思議とか、父親権力の要素で、三葉と其の環境を重視する(故に、“主人公2人の結び付きは個的なものではない”、由)意見が有りましたが。

環境が如何であれ、両者は、其々の自由意志で動いたのです。

宮水無関係な瀧は、瀧であればこそ、三葉だけではなく、縁もゆかりも無い人々をも救う為に動きました。

糸守と宮水家に生まれ育った三葉は、彼女自身であればこそ、同様に動きました。

自ら無為に見える死を選び、状況を導いた(と思われる)二葉さんについても同様。


(文責・ID:popoi)

2016-09-12

So-netに金を騙し取られた

以前4th MEDIAというネット経由の動画配信サービスに加入していた。

家族が「ヨシモトファンダンゴTV」というお笑い専門チャンネルを見るために。

わざわざ4th MEDIA専用チューナーの搭載されているテレビも買った。


ところが、間もなくして4th MEDIAが終了してしまう。

結局、半年も見ることが出来なかった。


それから数年後、私がネット料金等を支払うことになり名義変更を行ったところ

ひかりTV利用料」なる謎の料金を払い続けていた事が発覚。


家族の誰に聞いても契約した覚えがなかったためSo-netに聞いたところ

4th MEDIAをご利用だっため自動ひかりTVに移行しました」との事。

意味が分からない…


一度も見たことないし、そもそも4th MEDIA専用チューナーしか

持っていないので物理的に見る方法存在しない。


契約したつもりはない、と抗議したところ

So「メール継続するかどうか確認したはずですが?」

俺「チューナーいからそもそも見れないし。ほんとに継続したい、なんて答えた?」

So「お返事が頂けなかったので契約同意した、と判断しました」

俺「返事しないと契約なんて詐欺じゃん。チューナーないんですよ?見れないんですよ?」

So「契約同意して頂いたと、こちらは判断しています

という無茶苦茶理論を展開された。

メールを見た覚えもないのに、メールに返信しないと自動契約って…


さすがに納得できなかったのでさら文句を言うと上司が登場。

So「毎月ひかりTV会報誌を送ってるはずです。受け取っていただいた時点で契約が成立します」

反論された。


会報誌って何?そんなもの見たことない。

ネットで調べてみると確かに存在はするらしいのだが、やはり家には届いてない。

改めてSo-net質問すると、

So「ひかりTVに住所変更の連絡されていないようですが?」


ここで事態を把握。


4th MEDIAが終了したタイミングでちょうど我が家引っ越しをした。

もちろんSo-netに住所変更手続きは行っていたのだけれど、

ひかりTVにも直接住所変更をしないと会報は届けられない、との事。

契約したつもりのない会社に住所変更手続きって無理ゲーじゃん。


結局会報誌は引っ越し前の住所に送っていたらしく、宛先不明で送り返されていたそう。

そのタイミング電話一本でも連絡くれたらその時点で気がついて契約停止処理が出来たのに。

So「会報不要一方的判断し、郵送は停止していました」と非を認めた。


これである程度は返金してもらえそうと思っていたら、なぜかSo-net法務からいきなり書類が届いて

So「会報を送っていないのは認めるが、毎月の引き落としに疑問を持たず、

支払い続けていたあなた家族全面的に悪いのだから返金には応じない」

何か大きな力が動いたようで、話は決裂。返金には応じてもらえなかった。

残念。


So-net契約している方は、どうか今一度契約内容をご確認ください。


追記

コメントありがとう

消費生活センター相談はしてあります

相談員さん、専属弁護士さんとも話したのですが、センターとして返金交渉はしてみるけど法務部が出てきているから応じないだろう、という見解だそうです。

裁判沙汰にすれば、互いに過失があるので全額は難しいが一部返金の可能性はある。ただ仕事を休んでの出廷や、弁護士費用を考えると割には合わないよ、とのアドバイス

今のところ増田So-net批判して泣き寝入りくらいしか選択肢が無いです。

iPhoneもっと薄くもっとシンプルにしてく進化からしたらそのうち厚みがなくなって枠もなくなってやがてモニターもなくなって物理的な部品はなくなりそう

君の名は。」はしょーもないところが本当にひどい

とにかく絵面を優先させるためにありとあらゆる条理を無視していく。知識がある人間ほどツッコミがあたまをもたげて作品に没頭できない。

物理クラスタからニュース画面の彗星軌道について突っ込みが入っていたが、そもそも彗星の核が分裂して破片が地球に向かっているとき、それを地球から見たらどう見えるかについて根本的に勘違いをしている。

登山をしてる人間からも、あの山道を老人を負ぶって登ることの非現実性やらに苦言がでるだろう。迎えの打ち合わせもせず、弁当だけわたしトラックで人里はなれた山中に放り出すあの親父は主人公殺しにかかってるよね?とか、雨具持たずに山に入るなとか、雨に濡れて一晩山中で過ごして死なないのはおかしいとか。

だれでもわかるツッコミ点はこれ。

http://cinema.ne.jp/wp-content/uploads/2016/08/e40fe7b77c41e40c997c1f32246b4ab0-760x428.jpg

監督、一回でいいか自分の顔にマジック「バカ」かいて、それを鏡で見てごらん? あと主人公ヒロインも右利きだよ? あれじゃ自分ではなくて他人に書かれた「バカ」あほ」だよ?

それなのに、こんな穴だらけの素人臭い脚本でも、ラストでは圧倒的な絵と音楽モノローグで力業で泣かされる。なんか泣いた自分バカみたいじゃないかプライドずたずたですよ。

----

「だれでもわかる」が分からないというブコメが多いですが。利き手の側の頬にガムテープでもラップでも貼って(鏡を見ても見なくてもいいので)そこにマジックで「あほ」と書いてみて下さい。はがして文字を見たときに、それが鏡文字になっていなかったとしたら、あなた特殊な才能の持ち主です。

2016-09-11

http://anond.hatelabo.jp/20160910185500

ちょっと待て。

家族恋人から提供されるメシ」は、なんで残しちゃだめなんだ? お前の中で。

無償」というが、別な形で何らかの取引はそこにあるだろ? 物理精神的に。

その上で「どうぞ」と提供された時点でそのメシは「お前のもの」じゃないのか?

なんで残しちゃだめなんだ?




あと、お前はたとえば後輩にメシをおごって後輩がメシを残したら

別にオッケーよ」なのか、それとも「オレのおごったメシを残しやがって」ってなるのか?

どうもお前の感覚が良く分からないんで教えてほしいんだが。

パソコンの音量調節

PCYoutubeを聞いてると、Youtubeの音量、Windowsの音量、スピーカーの音量の三か所で音量調節ができるけど、どこで調節すればいいんだろう。

Youtube50%Windows50%スピーカー50%に音がでかすぎになる。

Youtube20%、Windows50%スピーカー50%くらいでちょうとよくなったけど、なんかバランスが悪い気がする。

スマホだと物理的な音量調節キーをいじるだけでいいのに。