「教師」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教師とは

2017-05-24

視線

エスカレーターで目の前のリーマンの綺麗な大臀筋、授業中美女イケメン教師身体電車で向かいに座るJKの脚、短パンの脚が綺麗なお姉さん、DKの腰、無意識に目で追ってしま

実質痴漢

綺麗な人を見るとまじまじとみてしま

ごめんなさい

2017-05-23

公務員減らせ給料減らせ

という中で行政サービス劣化するのは当然じゃないのか。

教師ブラックなのに保護者無限責任を求める中、なりたがる有能な人はもうほとんどいないだろうし、そりゃ体罰するとか無関心なものばかりになっても致し方ない。義務教育適当になれば生み出される子供も伸びないし、現在日本平均値が低いのもその辺がイカンのじゃないのかね。

ADHDなのかも

発達障害特集したNHKスペシャルを見た。

番組中、ADHDの子がなぜ授業に集中できないのか、その時、彼女は何を考えていたのかの解説をしていたのだが、小学生の頃の私を見ているような気分になり、ネット徘徊してADHD自己診断チェックや、その特徴を読み漁った。

・片付けが苦手

・物をすぐ無くす

・集中が持続せず人の話をあまり聞いていない

ケアレスミスが多い

・飽きっぽい

独り言が多い

・話が飛躍する

ダメ男と付き合いがち(それが自分には合っていたのだろう)

などなど、けっこう当てはまる。

時間が守れない、約束を破る、座っていると立ちたくなるなどは当てはまらないが。立ちたくはならないけど揺れがち)

ADHDっぽい傾向が顕著に出ていた小学生の頃、番組を見たことで思い返すとあれが本当に辛い時期だった。

すぐ気が散るので先生の話が聞けない→ゆえに宿題明日持っていくものなど聞いてない→当然、宿題はやってないし、忘れ物も山ほど→先生に怒られる→男子からバカにされる(女子は何故かかばってくれた)→すぐ泣く→余計にいじめられる

という毎日だった。

あの当時は本当に、人の話を聞くことも、勉強の仕方もどう行えばいいのかが全く分からなかった。

集中しなさいって言われても、集中の仕方なんて皆目分からないし、思考があちこちに行ってしまうことをコントロールすることもできないし、そしてそれを説明できないし。

ついでに、歯磨きをしなかったか虫歯だらけだし、お風呂も湯船に浸かるだけ。ランドセルや机からカピカピのパンが出てくる始末。

典型的な不潔でだらしない子どもだった。

ここまで書き出すと親が呼び出されてもおかしくない気がするが、おそらく先生は私に関心が無かったのだろう。

私が授業を妨害するわけでも、誰がに暴力をふるうわけでもないので、放置されたのではないかと推測する。

では、家で問題にならなかったのかと言うと、私の兄がアスペルガーでそれこそ学校問題を起こしまくっていたため、私の問題など取るに足らないものだったのだろう。

母はしょっちゅう学校から呼び出され、教師から「○○くんのために授業が進まない」などと言われていたそうだ。

当時は発達障害が今ほど問題になっておらず、母はノイローゼに、兄は引きこもりになった。

ちなみに父は外に女がいて家にほとんどいなかった。

そんな環境だったこともあり、本当に誰も私を見てくれていなかったって未だに思っている。

毎日先生に怒られ、男の子からいじめられるのは辛いし、本当は学校になんて行きたくなかった。

そこで思い切って母に「学校行きたくない」と訴えたところ、「あんたまでそういうこと言うの勘弁してよ」と言われて、それからひたすら我慢して登校した。

プリント教科書も入れっぱなしのランドセルはとても重く、虫歯は痛く、頭は臭かった。

結局私はADHDなのか、怪しいなー分からないな―。

先月派手に転倒して顔を縫ったあたり、ものすごくそそっかしいことに間違いはないんだな。

これまでだって知らなかったことだから別にからないままでいいんだけど、ただ、あの辛かったころの私に手を差しのべてあげたいな。

一緒にお風呂に入って髪を洗ってあげながら、学校で何があったのか聞いてあげたい。

今、そういう救いが必要な子に何か出来ることってないのかな。

集中力と根気が続く限りだけど、考えたいなあ。

本当に辛かったもん。

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522194926

変じゃないし、子供達の教育のために年に2・3回は飲みに行くのを諦めて、その金をくれと言われれば喜んでそうするわ

幼児教育するとか、中学高校教師の質を上げるとか、そういう、まともな事に使われる限りにおいては、だけどな

どうせ病気で、もう子供は産めねえしな

頭のいい人たち

って低能が思っているほど現状把握してないよ。

例えばいい学校入れなかったのは努力がたりないからとか平気で思ってる。

でも実際にはその親からして勉強なんてどうてもいいと思っているし、

そのせいで低めの高校に行くと、これまた勉強なんてどうでもいいと思ってい教師がわんさかいるんだわ。

頭のいい人たちって、そうなれたのは実は環境のおかげってのが大きいんだけど、多分そう思っていないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170522193139

http://anond.hatelabo.jp/20170522113948

やる気の問題にしたり意味のない懲罰を課したりするのはクソ教師ストレス解消以外になんか役に立つんですか?

教師を殺す部活動

教員の友人が壊された

地方都道府県庁から遠い)の学校に飛ばされた友人は、新しい学校若いというだけで春夏と注目されるような部活顧問にされた。

4月からは前任の教員が昨年から決めていた週末を練習試合で費やしていた。

日付けが変わるまで新しい環境でのカリキュラム指導方法検討しながら、始業前・放課後グランドに出て指導しながら自身練習をして、なんとかノックを打てるようになったと言っていた。

春の大会が一回戦で終わり、OB保護者との懇談会が設けられ、彼はここで自分では難しいから色々と協力をお願いしようかなと語っていた。

その後、彼から受けた内容は懇親会なんて建前で、糾弾の矢面に立たされ訳もわから精神的肉体的にドツかれるというものだった。

次の週末どころか秋までは予定が組まれていて、自宅には帰れずに金曜から月曜の朝までの遠征しなければならない。

授業準備や部活動雑務は彼のプライベート時間マイナスにし、彼は”急病”で教壇から離れることになった。

理科離れ」に対し科学技術の魅力を若い人に伝えたいと語り合った友人からの連絡に、お前の役目はそれじゃないだろう!って言っても彼からの「ダメだった・・・」。

幸いなことに私は希望通りの自分趣味に合った部活顧問にさせて貰った。

活動の一部で道具を運搬する必要があったかレンタカー学校活動費を使おうとしたら例年は顧問私費ってふざけんな。

土日の手当てどころか、金出すのかよ。

部活ってボランティアどころか、時間と金銭に余裕がある教員パトロンになるもんだったんだな

2017-05-21

大卒ってほんとに必要

現高3の者なんだけど、多分受験生になると思う。

今の偏差値だと私立のしょぼくれたFランとまでは行かないが...Cランぐらいの大学になると思う。そして理系ではなく文系である

そして勉強にも身が入らない。高卒でもいいんじゃないかって思えてきてるからだ。

将来の夢は無数にある。その中から選べと言われても現状無理だ。いやその大半が実現不可能なのかもしれないが、直視することを避けているだけかもしれないが。

家に金がないわけでもないし、親も行けるなら行けと言ってる。と思ったら次の日はそんな大学行く必要ないとか二転三転しまくってる。

教師はもちろん進学前提で話してくる。

今は最高に現実逃避中だ。今活躍してる社長とかのWikipediaみて大学調べて、「やっぱり東大か...」とか「あ、日本大学なんだ...」とか「XX(某宗教大学なのか...」とかね。

あーあ...。

よい親とよい教師に恵まれれば人生勝ったようなもの

よい親の元に生まれ、小中高の12年間よい教師に巡りあえれば、それだけで人生勝ったようなもの

0.1 * (0.1)^12 くらいの確率で勝てる。

2017-05-19

ルジャンドルフランスウラン(Oullins)に生まれランス大学およびパリ大学に学んだ[1]。父親のJean-François Legendre-Héralは人物像を得意とした古典主義彫刻家エコール・デ・ボザールの教師[2]。24歳のときニューヨークの著名な弁護士の娘であったクララヴィクトリア・ミュロックブリュッセル結婚した。結婚後すぐに米国移住し、帰化した。

南北戦争[編集]

1861年に南北戦争が勃発すると、ルジャンドルは第51ニューヨーク志願兵歩兵連隊兵士募集に協力し、1861年10月29日に同連隊少佐に任官した。その後ノースカロライナでの戦闘従事し、1862年のロアノーク島の戦いにも参加した。しかしながら、1862年3月14日、ニューバーンの戦いで重傷を負った。

負傷にもかかわらず、ルジャンドルは軍を離れず、同年9月20日には中佐に進級。1863年には第9軍に配属され、多くの戦闘に参加した。1863年3月14日には大佐に進級。ヴァージニア荒野の戦いではユリシーズ・グラント将軍の指揮下にあったが、その最中の1864年5月6日ルジャンドルは再び重症を負った。今回は顔面を撃たれ、左目と鼻を失った。アナポリス病院入院したが、その間にも南軍最後攻撃から街を防衛するための準備を手伝った。その後ニューヨーク移送され、そこで第9軍の兵士募集を手伝った。1864年10月4日名誉除隊したが、1865年3月13日には准将名誉進級した。

中国[編集]

1866年7月13日ルジャンドル厦門米国領事に任命された。7月ニューヨークリバプールに向けて出港し、その後ヨーロッパアジア大陸旅行12月厦門に到着した。領事として、ルジャンドルは5つの条約港、すなわち厦門基隆台北、淡水および高雄責任を持った。そこでは、年季奉公人の不正取引抑制に尽力した。

1867年3月12日米国ローバー号が台湾遭難し、その乗員が台湾原住民殺害されるローバー事件(en)が発生した。ルジャンドルは福州へ赴き、台湾中国側当局問題解決圧力をけるように、福建・浙江総督を説得した。福建総督は自ら行動は起こさなかったが、ルジャンドル台湾に行く許可を与え、台湾知事が協力するように紹介状を書いた。

ルジャンドルは、遭難現場訪問のために米国船アシュロット号を雇い、台湾当局に行動させようとした(これは失敗した)。その後アメリカ合衆国海軍ヘンリーベル少将懲罰作戦実施したが、これも失敗した。さら情報を集めるため、ルジャンドルは再び台湾に出向いた(このときは、紹介状は無しであった)。

中国へ戻ったルジャンドルは、南台湾に軍隊派遣するよう福州の総督を説得し、ようやくこれに成功した。ルジャンドルは400〜500人の規模を希望したが、これよりはかなり小さな遠征隊が、1867年7月25日台湾に送られた。ルジャンドル砲艦派遣ベル提督要請したが、これは拒否された。このため、武装商船ボランティア号が雇われた。ルジャンドル9月4日台湾上陸したが、上司に対しては全くの傍観者として行動したと報告している。

ルジャンドル直ちに本来任務を開始した。南台湾の険しい山岳地帯を通りぬけ、原住民酋長と難破した欧米の船員の安全保証するための条約協議した。

1871年9月6日琉球宮古島)の船が台湾沖で遭難したが、ローバー事件と同様に、多数の船員が殺害された(宮古島島民遭難事件)[3]。1872年2月29日ルジャンドルは先に結んだ条約日本人船員にも適用するよう拡大するため、台湾に出向いた。任務は不成功に終わり、またルジャンドル北京駐在米国公使フレデリックロウ(en)とも不仲になってしまった。

日本[編集]

1872年厦門から米国へ戻る途中、ルジャンドル日本に立ち寄り、明治政府台湾問題武力解決提唱した。これは副島種臣外務卿意見とも一致しており、ルジャンドル米国領事の職を辞し、1872年12月12日外交および軍事顧問として明治政府雇用された[1]。1873年2月、副島は2年前に台湾で起きた宮古島殺害事件の処理交渉特命全権公使外務大臣として北京派遣されたが、ルジャンドルもこれに参加した。この交渉部分的には成功であったが、引き続きルジャンドル1874年台湾出兵の準備を手伝った。台湾問題に関して、ルジャンドル駐日米国公使チャールズ・デロングの支援を受けており、また個人資格でこの遠征に参加するつもりであった[4][5]。加えて、2名のアメリカ軍人が雇用された。ところが、デロングの後任の米国公使ジョン・ビンガムは、ルジャンドルを支持せず、1874年4月19日台湾出兵は一旦延期とされた。ルジャンドルらは長崎で出征準備を整えていたため、大久保利通長崎に向かった。結局遠征部隊5月18日長崎を出港したが、ルジャンドル大久保と共に東京に戻った。その後、ルジャンドル交渉のため福州に派遣されることとなったが、アメリカ総領事職場放棄の罪に問われ、短期間ではあるが上海収監されてしまったため、遠征には参加できなかった。1875年には日本政府から勲二等旭日重光章を授与されたが、これは外国人としては最初のものであった[1]。その年の末には顧問を辞任した。

ルジャンドル1890年まで日本滞在し、大隈重信個人的顧問を務めた。

韓国[編集]

1890年3月ルジャンドル日本を離れ、朝鮮王高宗顧問となった。1899年9月1日漢城(現 ソウル)で卒中により死亡するまで、その職を務めていた[6]。

http://anond.hatelabo.jp/20170519115655

矛盾後ってなにかと思ったら、矛盾語ね^^;

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

”無を考えろ”

”今は昔”

マジで笑える”

”耳に痛い静けさ”

オリジナルコピー

”ない物を発見

学生教師

”液体ガス”

”明らかな混乱”

生ける屍

ほとんど正確”

”本物の偽造”

”偶然の故意

小さな巨人

起業したいから、サラリーマン続ける”

写真家になるために、お金を稼ぐ”

家族幸せにするために、遅くまで仕事をする”

2017-05-17

予習ってそんなに大事

それなりに充実した高校生活を送っていたつもりだったが、今でも納得いかないことがある。(今さら言っても仕方ないけど)

高校の授業の予習。

僕はどこまで勉強すれば「予習」と言えるのかが今でもよくわからない。

自分では「これから学習する内容で分からない箇所を明確にして授業で効率よく内容を理解する」ことだと思っている。

ところが当時の英語教師学習内容を生徒に質問し、答えさせることで授業としていた。生徒が質問に答えられなかったり、間違った解答をしたらその授業中はずっと起立。

当時の僕は「予習って完璧にしないといけないの?」と腑に落ちない疑問を抱きながらも、1人の生徒の意見なんか教師は耳も貸さない。理不尽高校3年間を過ごした。英語の授業は苦痛で、今でも英語は嫌いだ。

今、僕は大学生だが予習が課される講義では完璧理解できるまで予習するように心がけている。自分理不尽な扱いを受けるのが怖いからだ。

個人的には圧倒的に復習が大事だと思うんだけど…

今でも当時の英語教師は大嫌いだ。

2017-05-16

本人に特に責任があるわけでもないのに不必要早起き要求するとか

教師がやったら今日体罰になりそう()

てか会社によってはあんまり早く行くと空調費無駄遣いで怒られるんだよなあ。

2017-05-15

いからその恐怖と利益誘導をさっさと実施しろ

東大に入るにはオーナーによる厳しい審査があるが、はいれれば幸福約束

されているという方向で利益誘導、落ちれば一生地獄と言う恐怖を植え付ければ

生徒は自分からオーナー意向に合わせるように自己改革を起こし、

教師が頑張らなくても自分から勉強する。

いまそのシステムがねーから生徒が自分から変わっていかねえだろうが。

早くシステム固定しろカス

http://anond.hatelabo.jp/20170515072109

小さい頃からレゴが大得意でプログラミングもしている東大生です。

して欲しかったこと:

まとめると非合理への対処を教えてあげることと、友達作りの機会を増やしてあげること、ですかね。

[]ジョーカーゲームアニメ)1,2,5羽

1,2話はカチコチ(意味深)の陸軍軍人が、スパイ流儀になじむお話だった

1話ラストハラハラしたけど、2話で挽回たからほっとした

5羽は敵国でスパイとしてつかまってどうなるかはらはらしたけどうまいこと逃げてきれいオチもついた

へーそんなこともあるのか、と面白かった

1,2話程度でおさまるから気軽に見れて満足度高いな

これはリアルタイムで追えばよかったなあ・・・

でもなんつーか、こういう原作面白いことが保証されてるものアニメ化って、どう評価してよいものかすごく困るんだよね

アニメ面白いっつってもそりゃ原作面白いからそれを下手にいじらずにアニメ化したら面白くなるのは当然で

まあ原作に手を出さない人からしたらアニメ原作みたいな扱いだからアニメすげえで終わっててもいいんだろうけど

でも本来あるべきアニメへの評価としてはやっぱりオリジナルアニメへのそれとは別次元で考えるべきだよねとは思う

なんか5羽のスパイオカルト学院のあの主人公のさえない教師の男っぽかったな

http://anond.hatelabo.jp/20170515072657

正社員が年齢を経て生産性が低くなっても会社に残っていられるのは

たいていが昇進しているからもあると思う

女性ももうちょい昇進できるようになれば、定年まで正社員というケースが増えるのかも

女性キャリア出産子育てで分断されやす

昭和男性一家大黒柱から女性と比べて首を切りにくい

ってのもあるよな

女性正社員で定年迎えるケース、教師くらいしか思いつかないってのがもう

炎上してるバレー部練習動画を見て思い出したこと

俺は9年前くらいにバレーの副顧問ついてたときくそみてーな監督のもとでいやと言うほどこういう場面を見せつけられた

指輪外したらびんたの合図だから自分から顔を向けるようになるんだぜ?

あんなの調教とか洗脳のたぐいにしか見えなかったわ

国体強化選手のなれの果ての教員から自分で「俺は教師じゃねーもん笑 試験?そんなもんあるわけねーだろ」などとうそぶいては年下の教員いびってたクズだったし

もう地獄だったね

でもね、こういう環境が当たり前の世界では、選手ですらそれが正しいと思っている奴らだらけだよ

何かにつけて心配してしまう俺を疎ましく感じていたと思うよ。選手の方も。

遠征に連れて行かされたときなんかそれ以上にひどい高校ばかりで目が回ったよ…

当時の九州の○○○学園のバレー顧問なんてみるからチンピラ

マネージャーが「監督コーヒーです!!!タバコです!!!ライターです!!!」なんて必死こいて身の回りの世話をしてるの…

当然そのさなかで手もでる

極めつけ、スパイク練習している選手の足下にかごのボールぶちまけて、「お前なんて死ね!!」だとさ

しゃれになってなかったわ…

俺はちびガリの豆粒みたいな教員だったけどさ、190超えてた自分とこの顧問喧嘩ふっかけて殴られて、部顧問やめてしまったわ

今あの子どもたちはどんな風になってるんだろ

しっかり育っていて欲しいけど

>高校バレー顧問指導虐待?それとも普通指導https://togetter.com/li/1110362

https://twitter.com/kmp_5/status/863681933183664128

2017-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20170514180536

いや~でも実際教師はクソやったで

体育教師とかお前陰キャかよっていう陰湿陰険さやったしな

からモンスターペアレンツとか批判する気にならん

http://anond.hatelabo.jp/20170514180536

はい日教組先生とかまだ生き残ってるから、黙ってしまうのも時期尚早かと思う

日教組先生で怒りっぽい人とか、暴言吐く人とか、教師として褒めるところが一つもない

はてなーって学校先生を恨みすぎじゃね?

 

などなど。

お前らが思ってるほど教師人生を大きく左右されるわけではないから、安心しろ

 

教師に言われたぐらいでつぶれる個性は大した個性じゃないし、褒めて伸ばすタイプ担任に当たったぐらいでお前の隠れた才能とやらが開花することはなかっただろう。

教師(親もだが)の教える内容が多少間違っているのもよくあることで、お前らも色々間違ったことを吹き込まれてるのだが、その後自分知識修正して、そのまま忘れてしまっただけだ。

 

たいていの先生ふつうの人で、ふつう人間はそれなりの偏りを持っているし、それなりの頻度でミスをする。

お前らの会社だって、40人の部下が全く不満を抱かずに1年間ついてきてくれる神のような上司はめったにいないだろ。

ましてや学校先生管理職ではなく末端労働者で、大した給料も貰っていないんだから、多くを期待するほうがおかしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん