「人権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人権とは

2017-04-26

オタク叩きされてるのは大体オタクのせいだぞ

オタク叩きの所為で「オタク人権は無い…」「差別やめろ😩」とか言ってるオタク共冷えてるか〜?

俺が思うに7~8割の理由はお前らオタクのせいだぞ。


1.発言がたまに気持ち悪い

これが一番ひどい「〇〇は俺の嫁…w」とか、「〇〇RT行ったら神w」とか正直ネタでも気持ち悪いぞ。

オタクからしたら普通でも一般人から見たら精神異常者だぞ?

それと最初に書いた被害妄想文、お前ら人間なんだから人権あるに決まってるだろ?w

お前らはなんだ?悲劇主人公気取りか?痛いぞ

2.明らかに行きすぎた行動

前なんかツイッターで「けものフレンズ」のことディスった少年が家特定されてた。(また自演かもしれないけど)

あとコミケ帰りのオタク電車の中でエロ同人誌読んでたこととか一部常識がかけ離れてる。

3.アンチ過剰反応しすぎ

2にある特定もそう、それと勘違いしすぎ揚げ足取りすぎ、

例えば「アニメオタクキモい」の発言に対して「ディズニーアニメだろ?(早口)」

いやアンチの言いたいことはディズニーとかの話じゃなくて、萌えアニメとかそういう類のだろ?中学生かよ

これだから揚げ足たりたがり屋は。察せよ

それとニュース報道とかにも過剰反応しすぎ。

前のPTA会長が捕まったよね、それで犯人アニメが好きだったとか言ってたけど、

それに対して偏見とか言ってるのってどうなの?

ニュースは見たままを報道してるだけ、責めるなら犯人を責めろよ

なんでこれが分からいかなぁ…


アンチしてる人って大体そういう行動発言を見た一般人

決して一般人オタク差別なんてしてない、偏見を持っている人はいるかも知れないけど、

全部被害妄想からオタクたち。

取り敢えずオタクは行儀を良くしよう、そうすれば突っつかれないのにバカだよね。


そんな僕もデレマスの杏P

オタク表現規制

 オタク自由放任主義右翼親和性が高く、いろいろと口うるさい左翼とは親和性が悪い。

 左翼は、その攻撃性でオタクを敵に回した自らの愚かさを悔いるべきと言う言説を最近良く見かける。

 その言説について思うところを描いていく。



 左翼による攻撃があった事は事実である


 ヘイトスピーチ所謂言葉狩り」については、間違いなく左翼と呼ばれる人たちが中心になっている。これらについては、人権の基本である他人人権侵害しない」という原則問題でもあるが、チャタレイ裁判に関する憲法学界隈から反論(1)や、大日本帝国時代児童文学新聞規制言論統制のものに変化していった前例が示すように、原則否定するべき物ではない。

 また、宇宙の戦士に対して、ファシズム的と言う評価(2)や、さらば宇宙戦艦ヤマトラストシーンに対しては、それぞれ「軍国主義的」について言及があったことは確からしい(3)。

 漫画関係表現規制で真っ先にやり玉に挙げられる「悪書追放運動」では「軍国主義への回帰」と言う表現が使われてきた(4)。

 これらの理由からオタク左翼的言説を嫌うことには一定理由があることがわかる。


 その上で、右翼放任主義という主張は疑わしい。

 チャタレイ婦人事件からずっと、右翼はむしろ表現規制側に回っていた。猥褻物公序良俗使用した最高裁判決に対しては、保守派批判する側の法律学者の方からこそ強力な批判が行われていたことを思えば、左翼表現の自由不寛容と言うのは、この手の表現の自由に関連する議論の実状からかけ離れているように思える。

 悪書追放運動以来漫画規制では政府与党応援してきた。悪書追放運動主体の一つである主婦層の応援をしていたのは、逆コースまっさかりだった当時の政権与党である

 所謂「左」が表に出ていたのは事実だが、思いっきり「右」がそれに乗っかっていることもまた事実なのだ

 84年の衆議院予算委員会で、マンガ規制するための法律の導入を求めたのは自民党の政調副会長だった三塚博氏だし、中曽根総理もそれに大いに賛同していた。

 漫画関係でも、保守派麻生議員とかは、漫画規制積極的な人だし、東京都でのマンガ規制が著しく深刻化したのは石原慎太郎都知事だった期間だ(5)。

 漫画に対して公序良俗に関するとして出版禁止のための法整備を実際に行ったのは自民党だ(6)。

 つーか、なぜかよく言われる「左翼の側が、オタク趣味ポルノ呼ばわりして規制している」と言う言説とは裏腹に、実際にオタク趣味ポルノ扱いして規制しようとしているのは保守政権側のほうが明らかに多い。ってか、実際何度か規制に踏み切っている。

 ついでに、戦前でも児童文学表現に著しい規制が付けられていた。

 表現規制問題を見ていると右も左もオタクとは親和性が悪そう。

 それどころか、この10年の間は、マンガ表現規制保守の側から行われている。

 だと言うのに、どう言うわけか保守層放任主義と誤解している意見が不自然なほど目立つ。

 幾度か、マンガ規制法制化がされるときに反対に回ってきた共産党立場がない。いや、共産党もちょくちょくマンガ規制するよう求めてはいたか濡れ衣ではないのだが(7)、法制化を阻止するために動いた(8)という一点においては、力が及んでいたかはさておき、むしろ表現の自由については無理解というわけではない。

 にもかかわらず、左翼教条的で何でも規制する頭の固い連中で、保守派は様々な価値観を認めてくれる懐の深い存在という、表現規制法制化の歴史を紐解くと真逆しか思えない、訳の分からない言説が結構広まっている。

 ……本当に、どう言うことなの?

 理由を考えてみると、実際の活動兎に角左翼系の攻撃の方がオタクの方に印象に残りやすかったのが問題なのではないだろうか。悪書追放運動発言や、ウルトラセブン12話、ジャングル黒べぇの封印や、さらば宇宙戦艦ヤマト宇宙の戦士への批判小説批評批判自体はまっとうな活動なのだけど)等、人気作品への影響が大きいこと為、実際の活動量以上に目に付く機会が多かった。

 特にウルトラセブンの「第12話は欠番とする」と言う趣旨文言は、兎に角目立つ。簡単に閲覧可能な人気シリーズに、「抗議による封印」の痕跡がポツンと残されているのは、イヤでも目立つ。

 また、政府肝いり団体でも、悪書追放運動の折りは基本的に「左翼」に同調する言動をとっていた。

 恐らく、「左翼」の認識が悪くなったのは、ここら編が原因だろう。

 で、そこから反対の陣営自分たちに寛容と勘違いした。

 その上で、90年代後半から2000年代初頭の「サヨク人権を御旗に自由侵害しようとしている連中」とか言う、自由主義史観発のいい加減な認識が、雑な認識化学反応を起こして、いい加減な認識を加速させたと言うのが実状ではないだろうか。

 00年代前半から10年、警察保守政権の側からによる表現規制が著しく深刻化していた時期に、そちら側からの影響が殆ど省みられていない現状を鑑みるに、自由主義史観発と言うか、小林よしのり発の「人権を美旗に世界の均質を試みている」と言う趣旨認識の影響は少なくない気がする。

 余談だが、戦前表現規制に対する反省と言うことで使われた「言葉表現問題ではなく、実際に差別をなくすことこそが重要だ」と言う考えが、この保守派への契合に対する触媒になっている節があるのは中々興味深い。

 左翼表現規制……所謂言葉狩りにも一片の理がある。

 実質的に、差別助長していたり、差別に根ざしている表現を使い続けることによる、現状の肯定差別の強化自体問題にされてしかるべきだ。

 キチガイと言う言葉が使われなくなったために、統合失調症の人の気持ちが幾分か楽になったと言う証言もある。言葉を狩っただけで問題解決されるわけではないが、差別に使われるメインウェポンを使用禁止にすること事態を無価値と断定することも、非常に問題がある考えのように思える。

 一方で、一片の理が合っても問題があるのは事実。だからこそ、チャタレイ裁判以降、多くの憲法学者表現規制のもの問題にしてきたし、前例がある以上、この手の批判積極的に行われてよい。

 兎に角、「表現規制する要理も、現状の改善の方が重要」と言う言説が「表現問題ではないのだから、どんな差別的表現を使い続けたってかまわない」と言う理屈正当化に使われ、惹いては、差別語を平然と使い続ける側の心強い理論武装になってしまっているのではないか

 いい加減話を終わらせるために、まとめに入る。

 「どんな表現にも寛容な保守と、教条的表現規制を押し進めようとする左翼」と言う、表現規制歴史に多少なりとも興味が有れば噴飯もの理屈ネットの世まかり押し通ってしまうのは


60年代悪書追補運動の折りに、法制化を進める活動家よりも、直接行動を行う「左翼」側の活動の方が目立った

・「セブン12話」や「宇宙の戦士批判など、容易な「左翼の抗議による作品封印」の戦果に容易にアクセス可能

00年代前半、個人サイト全盛期に自由主義史観初の雑な政治認識流行した

・「表現だけではなく、現状を変える事こそ重要」と言う、それ自体はまっとうな言説の悪用

 と言った要素が、悪魔融合を果たした結果ではないだろうか。


(1)浦辺法穂「全訂 憲法学教室」161~163ページ、岡田信弘「憲法エチュード86~91ページ

(2)ロバート・A・ハインライン宇宙の戦士」483~484ページ

(3)牧村康正・山田哲久「「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展狂気」第4章栄光は我にあり、広がりゆく波紋、第10段落

(4)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」100~102ページ

(5)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」177~180、196ページ

(6)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」143~144ページ

(7)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」139ページ

(8)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」129~130、143~144ページ

2017-04-25

トランプとくたびれはてこが同じカテゴリってのは新鮮な解釈だな

http://anond.hatelabo.jp/20170425191908

なるほど、エンターテイメントなんだな。

社会正義を気取っているが、要はストレス解消と悪名含めて脚光を浴びるのが快楽だ、と。

から正義の厳密な定義などどうでもよく、むしろオレオレ定義でうっとりできる方がより気持ちよくなれるわけだ。

難しいこと考えずに快楽に浸れるからフォロワーワナビー結構な数集まると。

しかネトウヨ系だとストレス解消は出来てもバカにされてカッコ悪いが、

サヨク系だったら正義の味方を気取れるから、そっちの方がステータスも上になれてお得感高いな。

(もちろん中身はウヨクサヨクもドッチモドッチなんだが、

 差別主義者と人権主義者、どっちが響きが良いかと言われたら100人100人後者を取るだろうしな)



真面目に取り合うだけバカを見ると。

ストレス解消したい奴らのお祭りに過ぎないのか。

なるほどなー。

死者を差別するはてなー

老人の自殺なんて珍しくもないんだがな

しろ独身高齢男性自殺の方がよっぽど多い

だが高齢老婆、二人で手を繋いで、といったセンセーショナリズムが加わればあっという間に入れ食い

シリア難民問題も、子どもがたった1人死んだ写真見せただけで国際世論炎上した

貧困問題JKが訴えかければはてなーの心は鷲掴み

カワイソウ」をめいっぱい演出した死こそが人の心を動かす

腐りかけのゴミ男子1人死んだところで「誰も悲しまない」のだよ

この世には死にすら差別があるのだ

人権意識の高い連中にすら無視される差別がな

2017-04-24

政府が定めるセクハラ基準だと、矢吹健太朗女子トイレマークの件はアウト

https://shonenjumpplus.com/article/entry/heppoko_03

編集部には女性社員がいなくても、他の部署から女性社員が来ることはあるだろうし、契約している作家取引先など、社外の女性がやってくるということはあるはずだ。

女子トイレはそういう来客に備えて設置されている。

  

彼女たちは遊びで来ているわけではなく、仕事のためにその場所へ来ている。

政府ガイドラインに従えば、これは彼女たちにとって「職場」と言える。

男女雇用機会均等法および厚生労働省指針では、「職場とは社内だけではなく、業務遂行に際して必要取引先の事務所顧客の自宅、出張先、取材先、業務使用する車内なども該当する」とされています。つまり、「職場」といえどもその範囲は広いものとなっています

出典:法務省企業における人権研修シリーズ

http://www.moj.go.jp/jinkennet/asahikawa/sekuhara.pdf

  

そして、職場でのセクハラの事例としては、次のようなものがある。

性的言動の例

性的な内容の発言

性的事実関係を尋ねること、性的な内容の情報(噂)を流布すること、性的冗談からかい食事デートへの執拗な誘い、個人的性的体験談を話すこ

となど

出典:厚生労働省事業主の皆さん 職場セクシュアルハラスメント対策あなた義務です!!」

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/00.pdf

女性トイレパンツを脱ぐことがエロいと語ってみせ、明日以降この"職場"に来るであろう女性たちにそれを聞かせていることは、引用中にある「性的冗談からかい」に当たる。

今回公開された漫画はまさにそういう内容であるし、しかもその中で、「ジャンプ関係者女子の皆さん!編集部にお越しの際は是非女トイレにお立ち寄り下さい!」という呼びかけがある。これは実在する女性たちに向けられた言葉だ。

   

この呼びかけ行為を完全なフィクションだと見なせるだろうか? それはほとんど不可能だと思う。

この漫画では作者が自分たちキャラクターとして登場させ、実際のトイレ舞台にしてその写真を貼ったりしているし、ルポタージュ風に描いた漫画なのである。ゆえに、この作中で彼らがしゃべっているセリフは、彼らが現実世界に向けてしゃべったも同然だ。

例えば企業が自社をPRする漫画を作って、その中で商品誇大広告を発信、多くの顧客をだましてボロ儲けをしたとすれば、それはもはやフィクションではない。その企業現実誇大広告を発信したということになる。

漫画という表現手段は、文字映像とおなじく、作者の言葉を人々に伝えることができる道具なのである。その使い方次第では、作者が現実にその言葉をしゃべったのと同じ効果もつ。すなわち脅迫罪威力業務妨害名誉毀損などになるわけだし、当然ながらセクハラ行為になるケースだってある。

  

  

  

※1 あのデザインは、写真撮影ときにだけトイレに貼り付けただけで、その後はすぐ元の状態に戻したという。

もしそうだとすれば、漫画掲載時にそれを説明するべきだったろう。私もどうせすぐ剥がしたと思っていたが、その点は確証が持てなかったし、実際にこのトイレを来客の女性たちに使わせるつもりがあったかどうか不明であった。

本論で述べた"呼びかけ行為"も、フィクション領域を飛び出して現実世界干渉しているわけだし、とにかくこれは現実虚構区別がつけづらい作風だ。そこが最悪であった。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/23/news021.html

  

※2 そもそも『ToLOVEる』が裸や変態シチュばかりのエロ漫画であるから、それを女性に見せるのはセクハラではないのかという問題がある。

ただまあ、仕事でそういうエロ漫画を取り扱っている女性であっても、自分自身がその漫画ヒロインのごとく扱われたいわけではない。職務関係のないところで、むやみやたらに卑猥言葉をかけたりすると、当然セクハラとなる。

http://anond.hatelabo.jp/20170424153327

もともと大した賃金を払う価値がない単純労働に高い賃金を払わせようとするんだから大間違いなんだよ

単純労働賃金ではやっていけない、私はもっと有能なんだ、そういうならとっとと見切りつけて高度な労働をすれば良いだけのこと

人間市場価値なんてのは金額しか測れない。人権などというのは政府福祉でやってりゃいいだけのことであって

そもそも最低賃金なんてものが設定されてること自体おかしいんだよ

岡村俊一騒動から見える人力飛行機ソロモン

2.5次元演劇作品の出来に不満を持つファンが不満の声を上げているようだけど、構図としてはニチアサ特撮番組古参新規ファンとの間で起こっていた諍いと同じ構図に見える。


元々から作品を楽しんでいたファンからすれば不出来に感じたものでも、それを楽しんでいる層が一定数おり、製作サイドからすればそちらを優遇したい。

その判断製作側がしたのだから、仕方がないのだ――


自分観測する範囲だと、当時の新規ファンはそう主張していた。



渦中にいる演出家は、故つかこうへい系譜にある人なんだそうだ。

「元来役者なんて河原者」なんて言い回しを好んだのは唐十郎だったが、つかも同様だった。

お客が望むパフォーマンス第一で、役者人権なんて豚に食わせろ、という狂った部分が見えた。

そのために阿部寛は客席の男性(仕込み俳優)とキスさせられたし、女優は頭で大根をかち割った。

それに別の理屈をつける人もおろうが、自分は「客に受けるためなら何でもやる」だと解釈している。



その意味において、客が喜ばなかったのならば、素直に失敗を認めるべきだ。

演出家自分で言うように、俳優のことを第一に考えているのなら、彼がすべきことは俳優のためにおのれの失敗を認めて、土下座をすることだ。

客に文句を付けるなんてのは、スベった芸人言い訳と何も変わらない。



ただこのような場合、スベったかどうかを判断するのは、いつも製作サイドだ。

演出家は、不満を持っているファンたちが主張するように、問題のある人なのかもしれない。

でもそのうえで製作サイドは彼を必要としたのはなぜか。

それは既存ファンたちの支える力だけでは不足があったからでないのだろうか。

既存ファンを満足させていけば、このまま安泰だ」と製作サイドは思えなかったんだと考えられる。



その判断は間違っていないと、個人的には思う。

顧客を絞って先細りしていったコンテンツは、いちいち例に挙げる必要のないほどたくさんある。

から客層を広げる努力が行われ、そこに不満を持つ人が出てくるのも仕方のないことだと思う。



作品世界観を壊す改変が、失礼な行為だという主張もある。

ただその考え方は諸刃の剣だ。

原作至上主義の人たちからすれば、2.5次元舞台のもの世界観破壊にほかならない。

ドラマ映画化が手放しで喜ばれないのと同様に、メディアミックスは誰もが喜ぶ展開というわけではない。

それらはすべて「推しを人質に取られた」と感じるファンが出る危険性を持っている。



また演出家が「話題性のために世界観を壊してもいいと考えている」と信じるのなら、批判はいっそう注意が必要だと自分は思う。



なぜなら、TLで不満が飛び交っているこの現状が彼が望んだものだとしても不思議はないからだ。

現在言葉でいえば『炎上商法』と呼ぶこの状況だけれど、他の表現も出来る。

かつてそれは街頭劇と呼ばれていたが、それの変化系とも言い換えられそうだ。



つかこうへい以前だが、日本演劇界現実虚構のカベを取ってしまおうと考えた人たちがいた。

例えば街角喧嘩しているカップルがいれば、誰もがそれをちらりと見てしまう。

それを俳優が演じていれば、それは立派に演劇だと言えるんじゃないか、という具合だ。



そう考えた作家名前は、寺山修司という。

街中で堂々と行われたショウは喝采を集め、当時のメインストリームですらあった。

エントリにも入れた人力飛行機ソロモンというのは、彼の街頭演劇代表作の題名だ。



一般人生活狭間で上演された街頭演劇の周囲では、何も知らない一般客に迷惑がかかることもしばしばあった。

突然あらわれた奇天烈な隣人にギョッとさせられれば、それを不快に思うのは当然で、それが問題になるのも仕方のない話だ。

からその芝居をそのままの形で再演することは、どの演劇祭でも不可能になっている。(今では参加者が寺山のお面をかぶるまりになることが多い)

ただその混乱そのもの価値を見出すアングラ感、それに酔いしれる観客の気持ちもとてもよく分かる。




そして電脳世界において、今回の炎上パフォーマンスでない保証はない。

演出家自身が言うように「少人数で炎上が起こせる」のだすれば、騒動自演であると言い切ることも出来なくなる。

演出家はどのタイミングだって釣り宣言をして、「ショウアートでしたプギャー」というカードを切ることが出来る。



本来であれば最終的に客に受けなければ成立しない言い訳ではあるが、アンチがいう通りの身勝手演出家ならばそう主張したっておかしくないだろうし、また「そういう役を演じたんだ」と言うことだって出来る。



演劇的な逃げ道が残されている上に、騒動によって新たに興味を持つ人も出てくるかもしれない。



おそらくそこで入ってくる人は、古参の嫌う『マナーの悪いファン』なんじゃないか想像する。

そしてそういうご新規さんを排除しようとする既存ファンの有り様こそなんとかしたいと、製作側は願っている可能性もある。

もはや古参がどんなにお金を落としていようと、製作サイドからすると客としての旨味はないのかもしれない。製作が観客の新陳代謝を求めているんじゃないか

逆に「どんなことをしても集客に繋げる演出家」の価値が上がったとしても不思議はない。



そういった意味で、ファンとして批判するならもう少し慎重になった方が良いと思う。少なくとも目的地を見据えて行動すべきだ。




と書いておきつつも、自分ファンでないので自由に書かせてもらう。



まず演出家が客に文句を付けるなんてのは論外だと思う。

俳優のことを第一に考えているならなおのこと、客に責任をなすりつけるべきではない。

それは自分自尊心という殻を破れずに消えていった俳優をこれからも増やすことに繋がりかねない、危険思想だ。

つかの舞台自分面白いと思ったのは、いつだってその殻を破った俳優たちがいる作品だった。

逆に変に大物が出演してたりすると、弾けた感じにならず、面白い作品とは思えなかった。

つかこうへい自身演出を行わない「つか作品」が面白く感じられた試しもない。それはつかこうへい劇団においてすらそうだった。



円盤などでつかこうへい演出作品を鑑賞すれば分かるように、彼の作品俳優個性と密着している。そのため文字通り「その俳優しか演じられない役」なのだ

しかも苦労してせっかく作り上げたキャラクターは、演出家の思いつきで日々全く違う形になっていく。

たぶんこの過程俳優自尊心という殻も破られるんだろうと、自分勝手想像している。



だが2.5次元作品の役はそうではない。

元々のキャラクターに近づこうと真摯努力すればするほど、演じる自分自身と離れていく。

それを『かぶりもの』と表現するのは(ことば選びが適切かどうかはさておき)なるほどなぁと思う。

おそらくこの辺のバランスもっとも巧く取ってる演出家の一人が西田シャトナーだ。

つの舞台の中で俳優モブなど別の人格が与えられ、ある程度自由にそれを演じさせる。

演じたキャラ以外の部分も観客に見せられるため、俳優個性担保されて、俳優と観客にそれが共有される。

24時間ぶりっこし続けられる女子がいないように、俳優にも自由になる時間必要なのだ




さて話題がそれたが、本題に戻そう。

演出家がああも自信たっぷりに「自分役者たちの将来のことまで考えている」といっている以上、製作サイドも「観客はそうじゃないだろうな」と思っていると認識してもいいんじゃないかと思う。

自分制作者たちがどれほど努力しても興味を失えば去る観客はゲスだと思うし、でもそれで構わないんじゃないかと思う。

たとえそうじゃないとファンが主張しても、その声を真摯に受け止めてもらえる状況ではないだろう。



騒動がその状況をふまえた上で演出家自覚的燃え上がっている可能性は捨てられず、問題が大きくなればなるほど、彼の求心力は高くなる可能性もある。





じゃぁいったいどうすればいいのか?



それは一人一人が「製作者たちにとって『良いお客』ってどんなだろう?」と考えて、それに近づいていくよう努力する以外にないと思う。



本来であれば、製作者たちが客の望むもの提供するのが道理だ。

だけど真のファンであれば、その力関係あべこべになることに不思議がることもないだろう。



どうしても受け入れられないなら観に行かないという選択をすべきだし、それも出来ないのなら自分たち上演権を手に入れるほかない。

同人誌を描きはじめる動機の一つとして「自分の望むものを書いてくれる人が、誰もいなかったから」というのもある。

それもまた一つの『良いお客』の形だと思う。



それぞれのファンが持つ原作への愛情の深さを疑うつもりは全くない。そしてその愛情に応えて貰えなかった落胆の大きさも、想像するにあまりある。

しかしその不満を演出家炎上させるかたちで表すことが、真のファンがすべきことなのかどうか。そこについてはもう少し考える余地があると思う。











などつらつら書いてきたが、もちろんこの文章演出家本人によって書かれたものでないという保証もない。

炎上を含めた一連のやりとりの中で、プロレスが行われているだけと考える人もいるだろう。




隣にいる人はその役を演じている俳優に過ぎず、自分が生きている世界は誰かが用意した箱庭なのかもしれない。

そうした疑念の風を受けて、SNS飛行機ソロモンゆっくりと空に舞い上がっていく。

Twitterナオトインティライミいじり、ただのイジメじゃん

照英画像いじりが流行っているときも思っていたけれど

今回のブームさらに悪質だと思う。

ナオトインティライミ、めちゃくちゃ変人なのは知ってるよ

目が笑ってないように見える顔つきなのもわかる

だけど、たったそれだけの理由

サイコパス殺人鬼だ、って何万という集団キャラ付けしてコラージュを作るのってどうなの?

こいつの顔って殺人鬼みたいだよなーーー!って学生いじめっ子が言うような弄りを

大の大人が嬉々としてやっているのを見るとうんざりする。

照英クソコラへの対応を見ると、名誉毀損で訴えられるのはレアケースで

黙認か、過剰な弄りだけはやめてくださいってアナウンスするだけだろうね。

・こいつは変人から何言ってもいい

だってそういう顔してるし

・みんな楽しんでるし、面白がってもらえて宣伝にもなるし本人も許してくれる

ネタだろネタ

普段人権の話をしたり、倫理を語るような論客たち

著作権肖像権にうるさいオタク

そんな人たちでも上記みたいなことを言ってこの行為を「ただの遊びでしょ」と笑ってる。

学生のころのいじめっ子たちも、似たようなこといってたよ。

ナオトインティライミ弄りをみていたら

「こいつのファン見たことないんだけどwwwww」という人が複数いることに気がついた

「こいつのファンTwitter民とは層が違うだろwww」というのも

ようするにあれでしょ?

ナオトインティライミ、とそのファン親族を「自分とは同じ土俵にいない人間」だと思ってるんでしょ?

自分と違う層の人間からいくら傷つけてもなんとも思わないんでしょ?

リア充」が「陰キャラ」を虐めることはエンターテイメント

「陰キャラ」が「リア充」を虐めても同じことなんだね

そりゃーーーこの世からイジメなんてなくなるわけないですよねーーーー

みんなイジメ大好きじゃん!

もううんざりだ。

LGBTには人権があたえられるが、ロリコンには人権すらない

LGBT病気治療しようとかもなく、尊重される概念だが

ロリコン病気なので治療しようみたいな施策すらなく、ただ忌避される存在

 

世の中で法で禁じられた欲望が、衝動的に沸いてきて、

それを抑えたり、なだめたりしながら普通の人のふりをして生活してる。

 

ロリコンだとバレたら、

いくら衝動我慢して無害であろうとしても迫害されるから隠して生きるしかない。

ロリコンだってロリコンを治せるなら治したい。そう思う人だっているだろうに。

2017-04-23

相変わらず推定有罪人権否定し優しい顔をした日本会議はてな村民

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK4N4T86K4NUUPI00D.html

ブコメ欄みて愕然としたわ。はてなの皆さんは中世なみの倫理をお持ちなんだと関心するね。

例えばid:homararaコメント(こいつだけじゃなくて色星つけたid:amanoiwato id:erukiti、その他スターつけた奴らもちゃんと聞けよ)。"関わっていようといまいと、自殺者が出たクラスの生徒には内申書や履歴書に「同級生自殺」と記載する事を義務付けるべき。"

なんでこれがワッチョイされてんだ?普通におぞましすぎんだけど。罪人の子が罪人だった江戸時代か?ただでさえ息子の犯罪母親記者会見で涙してる世の中なのに今度はクラス隣組ごっこかよ。考えてもみーよ、お前らが面接する生徒なり就活生なりの履歴書に「同級生自殺」って書いてあるんだぜ?もう気持ち悪いったらありゃしないし(←自殺がではなく本人に関係ない情報が載ってることがね)絶対就職差別食らうだろ。麻原彰晃の娘が大学入学拒否された国なんだから容易に想像がつくよね。それこそ部落在日を笑えない状態になるでしょ。

なおかつ履歴書タトゥー掘らされた無辜クラスメイトだけじゃなく、いじめられてる張本人にも不利益なのは明白。なぜならばタトゥー彫られたくないクラスメイト一丸となって(ああ絆って美しい)いじめ隠蔽するだろうからだ。仮にいじめ被害者自殺したとしても内申書や履歴書に「同級生自殺」と記載されたくない点でクラスは一致団結してるのでウソをついてでも事故か何かを装うだろうよ。俺もそうするもん。

でもはてな村民犯人(と思われる人)を土に埋めてノコギリで引いてキャッキャウフフできればそれで満足なんだろうなー。

[重要]揚げ足とりが大好きなお前らのために言っとくけど「はてな村民」「はてなの皆さん」と主語がでかくてオマエモナーなのは承知してるし日本会議教義とかもよくわかんないし過激言葉遣い多めだけどただのレトリックネットスラングから突っ込まないように。あとidコールしてんのは晒したいわけじゃなくてマイオピニオンを届けたかっただけだよ。

[星をつけた皆様(書き込み時点)]id:retrokomachi id:yogurina id:toppogg id:Hige2323 id:tanaka6119 id:hatehate0920 id:porimern id:n_tomo id:peketamin id:repon id:atahara id:w400 id:test_neko_jp id:ineod id:yumenoa id:techboon id:uunfo id:LaNotte id:bbnaka314 id:rashtail28 id:uza_momo id:irukakorokoro id:respawn id:otoan52 id:black-tiser id:Aodrey id:indeee_333m id:Kassy8107 id:innoshimniac id:fu_kak id:flowerload id:kotobukitaisha id:tora2142kuma id:yukimurasama id:hopperjp id:vndn id:Ryotsubo id:hate1229 id:amikonds id:minoymmt id:Wanko id:greenbuddha138 id:takamurasachi id:ata00000 id:oobatomoyama id:six13 id:ririankou id:lli id:ZGOK id:omh41 id:natsukitchen id:HILOKI-T id:hirotanatumi id:bkios id:Shibe id:izum5 id:camellow id:kyo_ju id:i_ko10mi id:Nekomajin id:wumf0701 id:ryun_ryun id:Dai44 id:sigege id:accaman

日本中年の質の低下が顕著

酒鬼薔薇聖斗通り魔加藤障害者皆殺しの植松としい、35付近日本人の質が非常に悪い

あの世代は犯罪者殺人鬼しか居ないので、人権剥奪して奴隷階級とし、

監視の上で死ぬまで労働させる必要があるんじゃないのか

http://anond.hatelabo.jp/20170422222351

絵を見た瞬間寒気がした。

また日本の恥海外に輸出されてしまった。

人権意識の高い北欧では間違いなく日本女性蔑視萌え絵問題にされるし、日本イメージは大きく低下する。

萌え系は現実ネット共に一般の目には一切触れない所でやっててくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20170423072443

年収900万以下は受給するサービスが収める税金より多いのは常識だろ。

底辺が上を支えているんじゃなくて、上が底辺を支えているのが日本

こんなことは神ブロガーのやきっこ先生ちきりん先生メルマガ読んでれば常識

からそれ以下をすべて殺すか人権剥奪してあらゆる権利を失効させれば

日本は確実に良くなるじゃないか

何も間違ってない。

ラインははっきりしている

2017-04-21

エロマンガ先生クリエイターリファレンス

クリエイターはかくあるべし、キャリア形成はこうあるべし

を正しく描写した最初作品だと思う。

社会人になってからクリエイターもどきに変化したゴミとはレベルの違う

正しいクリエイターはどういうものかを正しく描いている

学校教科書に載せるべきだし、22歳超えてクリエイター目指そうとしているゴミ

法律人権を奪うべきでは

2017-04-20

貧困女子の不幸アピール

http://anond.hatelabo.jp/20170420151301

貧困女子(まあ男子でも同じなんだが)のこの種の貧困アピールの良くない点は、結局「それ以下の境遇の人」が挙手した時点で、外部からの状況改善援助が全部ストップしちゃうってことなんだよね。

理屈として「わたしにはXXX、XXX,XXXという不幸がありXXX,XXX,XXXという極めて不遇不幸な環境ですので、外部の人どうにかしてください」というものから、当然、よりさらに不幸不遇な対象があれば「そっちを先に助けるか」という話になってしまう。つまり、不幸な状況への愚痴としては機能してるのかもしれないけれど、援助要請としてはあまり有効ではないと思うんだよ。結果として「よりどちらが不効果の自慢をし合うマウンティング合戦」が始まり、見せられる側も「またか」と消耗し、「貧困層は放っておこう」となってしまう。

だいたいそもそも論として、日本でどんなに貧困不幸自慢をしたところで、ワールドワイドにはより凄まじい猛者がいるわけであって、善意やら人権をテコにして援助を望むなら、日本貧困層に勝ち目なんか最初から全然ないのだ。

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418184109

騒ぐ子供って言うとどうしてもADHDとか頭に浮かんじゃいますが(もちろんADHDだけではないだろうけれども、有病率的に考えて)。

障害者に関わる仕事をしている人や人権にうるさい人や当事者の方々は、“ あなた立場も分かります「けど」” と言いつつ、障害児にも権利ガー!人権ガー!インクルーシブ教育ガー!と叫ぶでしょう。

なぜなら、障害者に関わる仕事をしている人たちは障害者の味方だし、当事者ももちろん自分たちにとって有利になったほうが嬉しいし、人権にうるさい人たちもノーマライゼーション社会になったほうが嬉しいからです。

みんな基本的自分の都合しか考えてないんですよね。

今年PTA役員に当たってしまったので

効率的でお花など負担も重く参加者が少ない人権講習会など無くして行きたいと思ったが校長のツテで頼んでるから顔をつぶさないためにやめられないなどどれも事情があり変えるのは難しいもんやなぁと思った。

2017-04-17

喫煙者人権はないwww全面禁煙ザマァwww

とか言ってたのが飲酒制限おかしーつってて笑う

保護者には人権がない

入ると言った憶えもないのに、入会したことになっているPTA

一人一役を強要する会則

強制加入させられる子供会

保護者には人権がない

住みたいところに現実的には住めないなんて、そこまで騒ぐことなのだろうか。

もちろん横暴な政治家乱暴によって強制移住させられるとかなら騒ぐべきだが

自分努力不足で都落ちするとかは、同情はするし、なんとかできるならしてやりたいとは思うけど

救済されなければ基本的人権蹂躙とまで果たして言えるかは疑問だと思っている。

もちろん、極端に遠すぎるようなところに飛ばされるのなら仮に本人の責任であっても、たしか問題かもしれないが

例えばで東京を離れて千葉に行くことになったぐらいのこと、

人権を持ち出すほど大騒ぎされるべきことなのか。

ちょっと郊外に引っ越す羽目になったぐらいのことで過剰に騒ぐ人を見たからこう書いてみたが

やっぱり東京至上主義のはテナーからすれば、

どんな理由であろうと都内を離れることは許しがたい人権蹂躙なの?

基本的人権の尊重

大学人権論という授業があって、ハンセン病患者さんについて「感染力が低く殆ど感染する恐れはないのに不当に差別されてきた」と述べられていた。

ハンセン病現代では完治する病気感染力も非常に低いというのは事実であるからその人たちが未だに冷遇されているのであればひどい話だし是正されてほしいと思う。でも俺はその話を聞きながら「本当にうつる病気だったら差別されても仕方がないということだろうか」とも考えた。差別されることの不当さが「うつる病気ではないこと」に起因しているのなら、うつる病気を持っている人たちやあるいは持病が遺伝するとわかっている人たちは、差別されてしまったときどうやって戦うのだろう。

フィクションノンフィクションわず、何かの媒体障害もつ人が取り上げられるとき、それが「健常者(という言い方もあんまり正しくないとは思うんだけど、少なくとも障害のあるなしにボーダーがあるならそこに含まれない人たち)にない特別な才能」によって許される、みたいな演出になっていることがよくある。例えば障害もつ人々が描いた絵について、私たちにはない素晴らしい色彩感覚があると語るような。そういうのを聞くと、障害があることはマイナスで、そのマイナス音楽の才とか絵の才とかでプラマイゼロもしくはプラスになっている、という捉え方なんだなあと思う。

障害のある人がみんな健常者よりも秀でた才能があるとは限らない。そういうのがなくて、ただ「障害をもっている」だけの人は、どうするんだろうなと考える。どうするんだろうというか、そんな捉え方の中ではどう、見られるんだろう、というか。

いつもそんなことばかり考えている。大義名分が救ってくれない人たち、その辺のボーダーの少しだけ外側にいる人たちが一番しんどいんじゃないかと思う。自分自身が色々な理由カテゴリー狭間にいる人間なので、語られない人たちに感情移入してしまう。差別される不当さや幸せになる妥当性に理由をつけると、その理由に当てはまらない人々にとってはつらい。

今これを書いていて、俺みたいなボーダーちょっと外の人もボーダー内側の人もそれに関係ない人もみんなまるっと幸せになれるように、っていう考え方こそが「基本的人権の尊重」か、と気づいた。

なんにもなくても仮にマイナスでも生きることが許されていてほしい。でも気持ちとして「うつる病気なのに表に出てくるんじゃねえ」とか「作業効率の悪い人にいてもらうと困る(から一般業務じゃない別の分野でやってて)」とかも、わかるんだよなあ。どうしたらいいんだろう。なんにもない人なんていないっていうのも、本当かよ、って感じするし。

http://anond.hatelabo.jp/20170417095513

同感。

オタク倫理観ってやっぱりズレてる。

自分欲望のためなら人権を何とも思わない獣のような人達

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170416162654

常々オタク達の女性人権無視した表現物には辟易しているので

表現規制と書きましたがお気に触りましたか

ロリエロなどの反社会的表現規制は勿論、

日本漫画アニメ文化には18歳未満の未成年を描く事にもっと慎重になって欲しいものです。

二十一世紀の退化現象 経済暴力により貴族が復活 

法学者らは法曹暴力により消えてゆき 経済こそ社会であるといわれた

人権がお嫌いな貴族らはプロレタリアート集団自殺の惹起を企てる

汚金溜まりに住み着いた貴族には足を洗っていただきたく存じあげる

みなさん、こんにちは!ここに来ることができ、とてもうれしく思います。今回の日本訪問で、我々は、日米両国の素晴らしい同盟関係再確認しています。ですので、皆さんに感謝を伝えたく、ここに立ち寄りたいと思っていました。兵士の皆さん、家族の皆さん、ありがとうございます。皆さんは、日米同盟の中核を担っています感謝いたします。

ウォーターボーイ」ことブシェー大佐ガル最上級曹長ありがとうございます大勢の人たちがいますね。下士官上級下士官将校一般兵士国防省文民職員家族の皆さん、声を聞かせてください!

黄川田外務大臣政務官福田市長国会議員の方々、園田海将補自衛隊員の皆さん、この場にお越しいただいた日本の友人の方々に、感謝申し上げます。素晴らしい、岩国市民の方々にも、お礼申し上げます母国を遠く離れて使命を果たしている米国兵士への皆さんからの温かい歓迎は、わが国にとって、非常に大きな意味を持ちます。皆を代表してお礼を申し上げますありがとう

なるべく手短に話をしたいと思います。というのも、できる限り多くの皆さんと握手をしたいからです。先に注意しておきますが、自撮りはご遠慮ください。そうすると、一日中ここにいなければならなくなるからです。

しかし、まずなによりも、米国大統領として、米軍兵士の皆さんの最高司令官であることは、この上ない名誉であることを、申し上げたいと思います。皆さんは米国民を守り、世界中平和安全を促進しています。「戦没者追悼の日」の週末を皆さんと迎える機会をうれしく思います。なぜなら、この日は、危険犠牲が皆さんの仕事の一部であることを思い出させ、自由のために命を捧げた人々を決して忘れず、敬意を払わなければならないことを、再認識させてくれるからです。

大統領として私は、米国が再びアジア太平洋地域で主導的な役割を果たせるよう、取り組んできました。なぜなら、この地域は、我々が共有する安全保障繁栄にとって不可欠だからです。そのためには、安全保障での協力が必要です。貿易協定、人々の間で築かれる関係必要です。そして、優秀な、日本自衛隊員と協力して、米軍兵士域内実施する、誇りある奉仕活動必要となります

ご存知のように、今日の午後、私は広島を訪れます。これは、第二次世界大戦で命を落とした、全ての人々を追悼する機会であり、核兵器をもはや必要としない世界平和安全を求める決意を確認する機会でもあります広島訪問は、最も痛ましい亀裂でさえも埋め、かつて敵同士にあった日米がパートナーとなるだけでなく、最も緊密な友人となり、最も強固な同盟国となることが可能だということを示す証左となります

日米同盟の強さは、ここ岩国で端的に示されています岩国基地は、両国の信頼、協力および友好関係を示す好例です。米国海兵隊は、自衛隊と力を合わせ、平和を守り、域内パートナー連携し、人道支援および災害救援を行っています。皆さんは、フィリピンタイを襲った洪水バングラデシュに壊滅的な被害をもたらしたサイクロン対応にあたりました。2011年東日本大震災では、救助・救援活動で、極めて重要役割を果たしました。日米は共に、域内で、数え切れない数の人命を救ったのです。このことは、我々の大きな誇りです。

ここでの皆さんの奉仕は、自由民主主義人権法の支配といった、今日、日米両国が共有する価値観に根ざしています。その結果、日米同盟両国だけの安全保障にとって不可欠となっただけでなく、域内および世界において、欠くことのできない安定の源であり、繁栄の土台となっています。皆さんは、我々の生活の質を支える礎なのです。

最後に、日米同盟本質を如実に語る、素晴らしいエピソードひとつご紹介します。テッサスノー大尉はどこにいますか? この場にいるはずですが、、あっ! いましたね。スノー大尉は、オスプレイパイロットで、先月の熊本地震の際、自身の飛行隊を率い、被災者人道支援を行い、物資を届ける任務遂行しました。ある日本人一家は自宅の倒壊を恐れ、何日も屋外で過ごすことを余儀なくされました。皆さんの取り組みにより、その一家をはじめとする多くの被災者が、食料や水など必要物資を受け取ることができたのです。

さて、その一家ですが、6月女の子が生まれる予定です。テッサ任務のおかげで助かったことを知り、生まれてくる子どもに、テッサにちなんだ名前をつけると決めたそうです。家族は、誠実さ、勇気責任感、進んで他人を助けようとする気持ち、といったテッサと同じような素養を備えた大人に育ってほしいと願っているそうです。

これらは、海兵隊基本的価値観ではないでしょうか? 幾世代にもわたって、米軍兵士を特徴づけてきた素養であり、日米両国が持つ最も優れたもの象徴でもあります。皆さんの奉仕によって、人間尊厳自由に対する日米が共有する決意は、この地域および全世界で、存続していき、この地域繁栄していくでしょう。そして、我々はどこに行っても、希望を広め続けていくでしょう。私は皆さんを誇りに思います日本側に感謝いたします。米軍をこの上なく誇りに思います

皆さんと皆さんの家族に神のご加護がありますように。そして米国に神のご加護がありますように。皆さん、ありがとうございました。




海兵隊岩国航空基地

2016年5月27日

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん