「就活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 就活とは

2016-12-09

無能

15分のスライドを作ることになった。

2ヶ月ぐらい期限があった。

そして提出は今日だ。

どのくらい出来上がったかというと、4分喋れるかどうかぐらい。

後8時間11分の構成スライドを作らないといけない。

どうしてこうなった

・・・自分には重度の先延ばし癖がある。

以前にもプレゼン発表みたいなものがあったが、当日まで一切スライドを作らず、ストーリーも無く、30秒程適当に喋って場が凍ったことがある。その後激怒された。

就活11月に入ってからようやく履歴書を書き始めた。奇跡的に1社内定が貰えたが、入社したらどうなるんだろう・・・



そもそも切羽詰まっている状況ではてなダイアリー投稿している時点で無能だな・・・とは思う。

思ってはいるが、それまで。

思うだけで、動かない。

動いたとしても、すぐに諦める。

あと8時間

狂ってでもやってくれよ俺。

頼むよ。

・・・いやどうだろう。

2016-12-08

陰キャというクソしょうもない言葉日本の現状をよく表してるな

若者社会に食い込むためにやるしかない就活やらの茶番

開き直った順応者が振る舞いの正当化に使うクソみてぇな状況

サークルリーダーを主張する人間」に遭遇した。

就活めっちゃ使ったんやろうな「サークルリーダー

自信に満ち溢れていたなぁ。

2016-12-07

時間差で罪悪感に襲われてちょっと寝込んだ

何かと話題Welqと同じやり口で、芸能人をダシにしたゴシップキュレーションメディアの運営をやっている会社の社内ライターとしてバイトしてた。

私と同じような子が何十人も雇われていてその多くがまだあまり社会のことを知らないような学生で、中には就活中のインターン生もいた。

プロデューサーの人から指定されたキーワードを使って黙々と、片っ端から記事を作っていた。

参考になるようなサイトも教えられ、こんな文体言い回しを真似してねとか、画像検索して使ってねとか、盗用することをごく当たり前のように指示していた。

大量に生産された記事数に比例し、みるみるうちに訪問数も増えた。

そしてそのプロデューサーは社内で半期に一度行われる総会でMVPを獲った。

ところが昨日、サイトを停止した。

一瞬意味が分からなかったけど、社員の人たちが焦りまくってる様子からなんとなく察しがついた。

ふと我に返った時、犯罪紛いのことに加担してたのかな、とか、私もモラルが無いのかなとか、色々思い悩んでいたらだんだん気が滅入ってきた。

なんとかご飯は喉を通るようになったけど、もう六本木には行きたく無ないや。

でも就活ネタで便乗して日本死ねって書いてた子は拡散されたけどボロクソに叩かれてたよね

2016-12-06

SIer出版社は似ているか

エンジニアから見たSIerがクソな理由 - 負け犬プログラマーの歩み

↑の記事を読んでいて、SIerってそんなにヤバいのかなぁと思い、衝動的に書き連ねている。



旧帝の大学院を出て、出版社就職して1年半が過ぎた。

SIer出版社中心で就活していて、それぞれ1社ずつから内定をもらい、出版社のほうを選んだ。

SIerSE職で内定をもらっていて、出版社では入社以来編集者をしている。

SIerの方(仮にA社とする)は社員数4ケタの元請けSIerで、毎年新卒100人ほど入るらしい。

一方、弊社はA社の数十分の1の社員しかいない専門出版社で、新卒が入らない年すらある。

はてなにいるとSIerの話がよく出るので、就職した後もA社を気にかけることがあるのだが、果たして自分がA社に入っていたら、どんな人生が待っていただろうか。



給料

大手SIerの給与ランキング。平均年収は800万円前後か : IT速報

ここのランキングに載ってるのが正しければ、あまり変わらなさそう。

ちなみに出版社と言えば三大(小集講)の給料バカ高いことで有名だが、弊社含むそれ以外の中小出版社は大したことないことが多い。

(同規模の会社比較すれば高いのだろうけど)



労働時間休日

残業時間はA社のほうが弊社より若干多いだろうか。

出版社は、一般刊行周期が短いほど激務になる傾向がある。週刊誌編集部はそれこそ過労死レベルの激務と聞くが、弊社のような書籍メインのところはそこまででもない。

所定労働時間はA社は7時間半、弊社は7時間なので、時給換算だと弊社のが若干有利かもしれない(出版社は実働7時間のところが多い)。

あと、A社だと夏休み有休で取ることになってるらしいから、有休消化率は高くなったかも。

弊社は有休とは別に夏休み(=ひと夏で消える有休)があるので、本来有休までなかなか消化し切れない。



仕事内容

新人研修めいたものはA社でもあるはずだし、弊社でもあった。

期間はA社のほうが長そう。さすがに2年目の今頃には現場にいるだろうが。

A社だと多少コーディングに携わって、その後は進捗管理クライアント折衝が中心だろうか。

いきなりということは無いだろうが、やがて何十人以上のプロジェクト管理やることになりそう。多数の協力会社はてな用語では下請け)の人と共に……。

出版社現場に入って最初にやったのは、校正校閲(本の誤字脱字・内容チェック)。

そこから先輩の指導で本を1冊担当し、編集プロダクション編プロ)の人と共に本を完成させた。今は、何冊かを同時並行で制作しているところ。

編プロはうちの業界場合ライター編集者が集まった会社で、編プロに書いてもらった原稿自分出版社人間がチェックする。

まとめると、↓に書いてあるのと近いが、編プロが筆者を兼ねている場合がままある。

http://anond.hatelabo.jp/20150212124233

SIerと違うっぽいのは、SIer人月仕事を投げているのに対し、出版社は1ページいくら編プロ原稿料を払っていること。

なので、出版社編集者が、編プロから出てきた原稿に何度ボツを出しても、出版社が払う原稿料は変わらない。

優秀な編プロならボツも少なく、彼らにとっても割がいい仕事となる。

一方、そうでない編プロだと「今回のボツで、先方の時給が最賃以下になったな」と同情することもしばしば。

でもボツ原稿出版するわけにはいかないので、頑張ってもらうしかない。それを応援するのも仕事ひとつ

まりにひどい原稿が出てきて、かつ時間がない場合は、自分らで原稿に手を加えざるを得ない。たまに「自分赤ペン先生かな?」と思う時がある。

裏を返すと、技術力(文章力や専門知識など)は日常的に磨かれるので、フリーライター編集者として独立する元同業者は割と珍しくない。



やりがい

動くカネの量や成果物を使う人の多さは、A社のほうが大きいと思う。実際「大規模プロジェクトを動かすプロマネ志望!」と言いまくって内定をもらった。

自分プログラミング能力は皆無に等しいが、技術力を活かすより多くの人に影響を及ぼせる仕事がしたい気持ちの方が強かったので、A社でもそれなりに楽しめるのかもしれない。

弊社は専門出版社なので、想定読者数がそもそも少なく、動くカネも少ない。ただ、読者にとっては確実にニーズがあって、人様の役に立っているという実感は味わいやすい。

専門の人らのブログとかで、自分らが携わった本を褒めてくれていると素直に嬉しい。



会社の将来性

A社はじめSIerは受注産業なので、仕事していれば食いっぱぐれることはないが、逆に言うと仕事し続けないと儲けられない。

一方、弊社はじめ出版社メーカーの側面があり、成果物著作権は自社にあるので、当たれば労なく稼ぐことができる。

(逆に言うと、どんなに頑張って商品を作っても、売れなければ儲からないということだが)

それなりに続いている専門出版社場合、その道の人が必ず買ってくれる本というのがあって、そういうのが利益を下支えしている。



自分の将来性

A社のほうが業界的に転職が多そうだが、プログラミング能力がないまま転職できるのかという不安がありそう。

弊社はフリーになる道もあり得るが、原稿料商売では弊社にいるより稼げないのは目に見えている。

起業して編プロ社長になれば儲かるかもしれないが、社員をこき使うことによる良心の呵責で死にそう。

元請けSIer出版社プロマネがメインという点では共通しているし、磨けば他社でも通用する汎用的なスキルだと思うが……業界知識の壁があるか。



出版社に入って「自分らが権利を持ってるって強いなぁ」と実感しているので、将来独立するならば、自前のコンテンツでご飯が食べたいと思う次第。

野党の皆さんには、そう思いが国民にあるということを踏まえて原発反対を訴え続けて欲しいと思う。

原発事故を起こし、放射能拡散したら、経済ダメになる。生活のものが成り立たなくなる。そして命さえ危険さらされる。だからデモをしている。就活で行けないというのはよくわかる。就活で、受験で、その他の事情で行きたくても行けなかった人はたくさんいるだろう。ただ、その意味では、原発反対と叫んでるのは、直接声を上げている人だけでなく、多くの人が心の中で叫んでいるのだということを知るべきだし、野党の皆さんには、そう思いが国民にあるということを踏まえて原発反対を訴え続けて欲しいと思う。

女子校育ちのお嬢様の私がブラック企業入社した話

小さい時から勉強が出来て、運動もまずまず、それなりに容姿も良かった

私は自分には出来ないことはない、そう思っていた。

大学受験第一志望の有名大学に合格

「自慢のお嬢さんですね」

「優秀ですね」

そんな言葉を親戚からかけられる両親はすごく嬉しそうだ。

有名な国立大学に入って、大企業まったり働く、

なんなら一般職まったり働いて早く結婚してほしい。

誰もがそう思っただろう。

そんな私の運命が狂い始めたのは、就活の時だった。

正直語学も何もせず、飲んでばかりで大学生活はちゃらんぽらんだった。

結果、第一志望の某コンサル会社には落ち、残ったのはとある企業だった。

名の知れた企業だけど、ここっていわゆるブラック

8割がそう思う会社だった。

やけになった私は、とりあえず勢いで入社を決めた。

入社してからさらに大変だった。

メンタルが強いからかなぜか一番辛い部署に配属された。

ゴリゴリ新規開拓営業だった。

1日100件電話かけないと営業とは呼べない」

「飛び込みは週に100件」

なぜか22時からはじまる会議

ひたすら数字どうやって作るんだと詰められる日々。

とにかく毎朝会社に行くのがだるい

営業成績も伸びない。

まらない

はじめての挫折だった。

メンタルの強かった(はずの)私だが、1年目は泣きまくった。

たぶん1年で5回は泣いたな。

頭のおかしい客に電話で怒鳴られることもほぼ毎日

同期はメンタルやられてうつになってやめていった。

なんとか営業成績もあがってきて2年目になった。

やっぱり仕事つまんないな。そう思うことがさらに多くなった。

ついに辞めることを決意。

退職交渉に2ヶ月かかった。ブラックしかない…

上司に言われた衝撃の言葉

「辞めさせてあげるから有給14日間、捨てなさい」

だった。

労働基準法違反やろw

と思ったが辞めたかったので承諾した。


やっと辞められた。


それから転職し、今は楽しい毎日を過ごしている。

正直ブラック企業はつらいことばかりだったが、今思えば人間的に成長できた

気もする。

生モノメンタルの強さを手に入れた(どこで使うんだ)し、

何よりも人を見下さなくなった。

学歴だけで判断していたが、人に対して向き合えるようになった。

自分なんてまだまだだ。

自覚することができた。

ブラック企業経験することで、そのあとの苦行も余裕で

こなせるようになった。

(てかブラック企業の時以上につらいことは世の中にほぼないらしい)

今ではブラック企業感謝している。

私をまともに育ててくれてありがとう

2016-12-05

本当に自分技術が好きなのかわからなくなった

高校時代からプログラミングに興味を持ち、ショボいCGIなんかを書いていた。

んで、大学時代バイト学業に勤しんでいた(情報科には行かなかった)。

就活自己分析してやっぱり自分ITだね!とか思ってSIerになった。

あれから10年、何もしていなかった。

Ajax関数型言語クラウドモバイル統計機械学習色んなトレンドが来たが、自分で何かをやろうとしたことはほぼなかった。

やろうとしたが、マシンスペックがしょぼいと言って何もしなかったり、失敗したり、身につかなかった。

致命的だったのは何かを作ろうという意欲が自分には全くなかった。あんツールがあったら便利だなとか、こんなサービスがあったら楽しそうだとかという気持ちがまったくなかった。

人見知りの性格と、何も作れていない自分が惨めでSNSにも勉強会にも参加できなかった。

この10年、仕事でやっていたプログラミング技術は少しは向上したけど、ただそれだけだった。

プログラマ定年説まで半年向上心も枯れて、人見知りは治らないし、仕事はできない。おまけに鬱持ち。

QiitaGitHubには毎日のように大量のポストが送られる。自分もそのうちの一人になりたかったなぁ。

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161203120755

マジかー……

法律をきちんと守っている」レベル企業すらろくにない中、

新人スーパーマンばかりが求められる就活恋愛結婚に例えられるから

どんなレベルだよそら非婚化も進むわって思ってたんだけど

 

就活はまだ要求水準の非対称がマシな部類だったんだな……

本物の結婚の方がやべーわこれ

2016-12-02

イサン

就活してるんだけどさ、昨日の朝に机の上で履歴書書いてたのよ。

で書き終わるじゃん。とりあえずえっちしとこって思うじゃん。DLsiteから漫画開いていたすわけよ。

そしたら、あっイクイクってところで

母親トントン 布団ほしとこか~ (部屋の扉)開けるで~」

僕「あっ 待って(ウッ」

このわずか2秒でウサイン・ボルトなみの電撃でズボンをたくしあげ、そのまま全てを収納したんだね。

……この全ての収納ってのが曲者で、Ctrl+Dで全部無かったことにした余韻で、机の上にあった履歴書に手があたってさ。

そこからはもう流れるような滑りで履歴書パンツの中にスッ……っと入ったわけよ。




母親「あ、もう着替えてたんか」

僕「……今着替えてたとこ」


かくして履歴書自分Y染色体をぶちまけた就活生は、今日も元気に面接に向かうのであった。

おわり。

2016-12-01

一浪受験に失敗した人の末路は学歴ロンダだった

大学受験で以前こんな感じの記事を書いた。一応、その続きです。

一浪受験に失敗した人の末路は
http://anond.hatelabo.jp/20130311000638

結論から言うと来年から東大大学院に行くことになった。
表題結構煽ってる感じするけど、書きたいのは「学歴コンプは院ロンダで発散しよう!」みたいなやつじゃない。
まあそういうの書いた方が反響がありそうだが。


んで、じゃあここでなに書くつもりなんだよwって話だけど、院ロンダの話より前の記事の続きで、ただ切り替えが大事って話。

上の記事の後、失意のうちに大学に入ってずっと引きずって、仕方なく入ったサークルにも顔を出さず。無為に過ごしていた。
そうして一年終わる頃、友達に誘われてちょっと企業説明会に行った。そこで聞いた話は覚えていないが、様々な仕事はやけに面白そうに感じた。
そしてその時に「ああ、この先の人生って今よりずっと長くて、ずっとやっていかなくちゃいけないんだなあ。」と理解した。

サークルに出て部長をやったり、バイトを始めたり、気になったことを自分勉強したり、そこから大学生らしい大学生をし始めたと思う。
くだらないがやはりそこから様々な学びを得た、これは前を向いたからこそ得られたものだ。
理系にしては珍しく就活もし、より環境の良い外部の院を受けるというのも、この先自分がどうあるべきかを考え続ける積極的姿勢が作られたからだろう。
学歴コンプはそのうちに消えていた。奇しくも東大大学院入学することにはなったが。


失敗をしない人間など正規分布の2σより上の層みたいに思っておけば良い。
多くの人間は失敗する。
失敗したときに次に行動をできるか、失敗の中から成功を見出せるのか、これが僕が体験したこと。愚者経験に学ぶは正しい、こんなの早くに気づけばよかった。




P.S.
ロンダしたい人、まあ勉強頑張って下さい。僕は過去問3年分解いただけでそんなしてないです。
ロンダは認めねえ!って人、認めなくてもいいです。東大の良い研究環境を僕が寄生虫としてしゃぶりつくすだけなので。
仮面浪人二浪を考えている人、失敗したらしたですぐに次を考えるだけのことです。ひょっこり院で東大入れるかもしれません。
くだらない記事書きやがって!って人、僕もくだらないと思っています
ただ注意して欲しいのは失敗を肯定しているわけじゃない。京大は今でも入りたい。
ただ、失敗を引きずって無為に過ごしてはダメだった。再受験だろうがなんだろうが、次に目線を合わせなきゃいけない。時間は過ぎるのだから

2016-11-29

鉄腕DASHの合間に流れるCMってさ

就活生と思しき子がトイレで泣いたり

上司っぽい女が電話で怒鳴り散らしたり

何でこう社畜の心をざわつかせるラインナップなんだよぉ

ああ日曜の夜くらい仕事を忘れて過ごしてえなあ

http://anond.hatelabo.jp/20161129003638

なぜそんなに悪意を持たれるのかちょっとわかりかねます

さすがにどこかは言いませんが、数兆円の年商のある企業ではないことは確かです。



ただ私の言いたかったのは

新卒就活をそんなに疲弊しないで、精神病まないでも、いろんな人がいるよってことなので

日本社会トップを狙うような人には向かない助言ですね

http://anond.hatelabo.jp/20161129084840

>人の心が伝わるなんて気のせい

そうですよ。気のせいです。だからどうしても運要素もゼロになるわけではない。

様々な評価ポイントはあるものの、なかなか難しいものです。

それでも面接は、その人と一緒に働いていくんだ。という想いや期待を持って採用するのも事実

伝わらない、伝わるはずないって考え方は惜しいと思います


>たくさん受けるのは就活生の自衛

これは失礼しました。

まぁ本当に伝えたかったのは、精神すり減らすくらいなら、いろいろな道があるよっていう示唆ですので悪しからず。

http://anond.hatelabo.jp/20161129002600

ごめん、面接者の本音なんてわかりようがないし、そもそも人の心が伝わると思うのは自分の気のせい。それがわからないのに面接官をされてるのでしょうか。失礼ながら統合が失調してるのでは。あと、たくさん受けるのは就活生の自衛策であって、新卒採用をしている企業側のあなた様が説教する立場にはないのですよ。

バイト先のゲイがうざいのでやめようと思う

最初社員としてその人が入ってきた時は良い人だったのだが、ここ最近人が変わったようになった。

どう変わったのかというと、情緒不安定になり、機嫌が悪いと細かいことを注意するようになったのだ。

例えば、やれ靴が汚い買い換えなさい(もうすぐ辞める、もう何回もバイトに入らない人に対して)、やれ制服のまま店でご飯を食べるな(自分はその数分前に同じことをしている)やれ物を置く場所がほんの少し違うとか(仕事でクッソ忙しそうな人に、その忙しさに気付かずに言う)…自ら小姑チェックなんて称しているが、実際他人から見ても小姑のいやらしい注意に近い。ゲイだけど。


その癖機嫌がいいとゲイ特有ハイテンションで「〇〇お元気〜?」とか話しかけてくるのである。そしてその機嫌が良い時も、ふとしたきっかけですぐさま上記のような機嫌の悪い、小姑モードに入るのである。これを私だけにやられるのはいいんだが、他の大体のバイトさん、特に私含めた学生勢によくぶちかましてくるのである。余り主婦勢にはやらない。

最初私は嫌われたのかと思ったが、機嫌がいい時なんかは普通にあっちからしかけてきたりするし、シフトガンガン入ってと勧誘してくるので本当に虫の居所が悪いだけらしい。

実際彼の性格理由で辞めた人、辞めようとした人もいる。

因みにじゃあ本人のスペックが高いかと言うと、タイムカードの処理をミスってバイトに支払われた給料に間違いが生じたり(しかバイトの子が指摘したことで漸く発覚した)、バイトの子を違う系列店へヘルプへ送る時、その入り時間を3時間間違えて伝えたり割とどでかいミスが多い。

後細いのもあくま自分範囲なだけで、例えば他人が忙しそうにしてるのに、それに気づかず助けてくれなかったりする。



バイト先は人が足りてないし、就活が始まったらもっと減る…。学生バイトなんて特に他に星の数ほどバイトを選べる分辞めやすいのだから、彼にはほんと、機嫌が悪くなると当たりが強くなるのをなんとかしてほしい。まあ私も辞めるけど。

彼と一緒にいると気を遣わなければいけないのが本当に疲れるのである。向こうは気を遣ってはくれないのに…。情緒が安定していないのも逆に疲れる。まだずーっと偏屈だったらその分完全に嫌うことが出来るからなのだが…。半分いい人な分タチが悪い。


そして、全てのゲイをくくるのはもちろん間違っていることを承知で言う。それまでゲイに対して差別とかしてなかったし、何にも思ってなかったのだが、この人のせいでゲイイメージが下がった。

就職活動の考え方の一例

就活で苦しんでいる方々のエントリーが多いので、就活生の気持ちが軽くなればと思って書いてみる

ちょっとした上場企業事業部長ですが、個人的意見なので参考程度に。



運を抜きにすれば

一流大でも汎用性の高い文系学部とか出ると、面接が不得意なら一流企業就職とか難しい。

一流大でも電通とかの大手広告代理店とかテレビ局就職したくても、コネとかよっぽどの実績ないと無理。

そんなことは、そういうところ就職活動した人達はみんなわかってるのに、大学就活生は毎年毎年、同じ問題精神疲弊させている。

こんなにいい大学を出たのにとかい状態になる。

それでいて、プライドもあるし、友達とかがちょいちょい内定ちゃうから、また焦ってドツボ。

もう、そうなるなーって人は銀行とか、国家公務員とか最初から目指した方が良いと思います



はいえ、一流大の人のごろごろいるところにいると、やっぱり、なんだかんだ言って、相対的には一流大の人たちって優秀だと思いますが、もちろん専門卒でも、高卒でも立派な人はいます専門職にはなるかもしれませんが。



また、一般企業目指す人も、なんか頑張ってリクルートとかの出す本読んでそれっぽいこと言うトレーニングしてるんだろうけど

正直あまりそういうことをしない方が良いと思います。参考程度に読んでもマネしない方がよいと思います

本当に思ってないことって、伝わってしまうんですよ。面接って。みんな同じようなこと言うので。

もちろん内容が完全に同じわけではないのですが、思考がここで止まってるんだなってポイントがあります

自分面接に関わる前は、本当に思ってないことを面接しのぎでできる人の方が大多数だと思っていました。

それが全然しのげていない人が多いことに驚きました。

自分オリジナルだってどこかで勘違いちゃうんでしょうね。面接やればやるほどそれが見えてくるのです。

本心じゃなくても勘が鋭ければ乗り越える人もいます。でも、本心で語る方にはそのちょっと先の意識垣間見れることがあります

嘘でも深掘りされても対応できるならそれは実力なのかもしれませんが、結局、競争は続くわけで、就職後にギャップに苦しんでいく人が多いように感じます



そして、就活のやり方がわかってないし、やり方を知るための努力している就活生が少ないように感じます

全然社会のこと知らないのに、なぜ自分の力だけで就活しようとするのだろう?

知っていると思ってしま勘違いがあるような気がします。

就活っていろいろなところにポイントがあるのに、たくさん受ければなんとかなるって思ってる就活生はなんなんだろう。(いや、違ったらごめんだけど)

友達と話し合ってやり方さぐるとか、ちょっと無駄だと思う。(コミュニケーション無駄なわけではないが)

もし何かするなら、社会人スキルの高い人にいろいろ聞いてまわるべきだと思います

それぞれの業界にいろいろやり方はあるのだと思いますよ。



それが、二流大、三流大ならなおさら苦しむわけで、今回はそういう人に向けて書いてみようと思っています

かく言う私は三流大を卒業したうえに就職氷河期だったので、非常に苦しい就活を15年ほど前にやったわけです。

もちろん、私はその時はぱっぱらぱーで、何もわかっていない全然ダメ人間でした。



そこで作戦転換したわけですが、まずターゲット企業への転職のゴールの年齢を自分で決めて

自分のやりたい仕事をまず明確に定めてから動き始めるわけです。

その仕事必要だと思われる同じ業界仕事をいくつか経ます。それぞれの会社専門性を培います(同じ業界でも完全に同じ職種ではなく)。

この間は遊ばずに、何年か本当に死ぬ気で働きます

転職しながら、途中で軌道修正しながらステップアップして、業界知識自分しかできない能力、働くスタンス自体を身につけていきます



私はそれで30歳くらいで、上場企業就職できまして、そこではヒラからスタートでしたが、そこで今5年くらい年経て、課長部長、そして今は事業部長になりました。

(これは、プロパーでは学べない領域を、転職を通じて学べたことが評価されたように思います

ちゃんと業界経験積んで、少しづ企業ステップアップさせれば誰にでも可能だと思います

新卒就活の1回はちょっと特殊採用形態会社もあるので大事にした方がいいと思いますが、ダメならすぐに目標をそのままにやり方を変えれば良いと思います



というようなことで賛否両論あると思いますが、三流大出ても、苦しい新卒就活しなくても

今は昔よりよっぽど就職は開けていると思うので

就職活動精神やられちゃうようになる前に、こういう考え方もあるんだと思ってもらえたら幸いです。



~~以下追記

なんかおっさんの自慢話みたいなコメントがついていたので、若干傷ついてしまっております

多少は経験則に基づいているのだなと思って貰えればという部分の記載が鼻につく感じなのでしょうね。すみません

本心としては、新卒けがすべてではないんだというか、こんなやつでもなんとかなってるんだからまぁ大丈夫か。と思って頂ければと。



1つ気になったのは、気持ちなんて伝わらないってコメントについてです。

嘘でも乗り越えられたよみたいなのは社会人の勘があるってことだと思うので努力の賜かもしれませんが、入っても苦労してしまうし、辛くなりがちでそれこそ精神を病んでしまいかねない

逆にどうしても入りたいと夢見ていた会社があったのに、気持ちが伝わらなかった。ということも当然あると思います

もちろん気持ちですべて乗り越えられるわけでもなく、原因を気持ちだけに持っていくのは違うと思います



途中、死ぬ気で頑張れみたいなくだり

まぁこれは言い方ですけど、私の場合は人より才能がないものですから、少しでも状況をよくするにはそれしか手がなかったわけです。

同じことをやった方が良いとも思いませんが、できる人の努力より早いスピードで成長する方法は、私にはそれしかできなかったのです。

現在、それを現在強要もしていませんよ。

ただ、人にあった働き方があると思うので、精神が壊れるような働き方はしないで欲しいなと思うわけです。



また、こんなことを書いてます

仕事は増えるし、就職がすべての幸せ提供してくれるものでもありません。

あくまでも考え方の一例に留めて頂ければと思います

2016-11-26

面接恋人存在を聞く会社はどうなのか

就活面接彼氏いるか聞かれたことがあった

関係ある???

こういうのが世に出てから受けるセクハラなんじゃないかと思った

面接官もおっさんだったし。

数社受けてきてそんな企業初めてだったし、特に怪しそうな会社でもない。

ただ、面接彼氏存在を聞いて何のメリットがあるのか。

印象を見るためのコミュニケーションかもしれないけど、それなら他の話を振ってほしい。

あと、親の年齢と職業

プライバシーなことに踏み込みすぎて驚いた。

気分が悪い。

学生としての京都は最高だった

大学田舎から京都引っ越し京都最高だなって思ってた。街全体が学生街なので自分大学以外にも面白い世代人達にたくさん出会えた。サブカルな店もたくさんあって自然も豊か、細野晴臣を聴きながら散歩してるだけでも楽しい。その勢いのままに京都就活を済ませ就職したけどゴミすぎて笑える。回りの人間田舎にいた頃を彷彿させるようなマイルドヤンキーみたいなのばっかり。結局は大学とその周辺の世界が素晴らしかっただけでいざ大学を出ると京都はただの片田舎しかなかった。悲しいか来年から私は東京に行くことにするよ。東京就活して京都の想い出を美しいままにしておくべきだったかもしれない。

2016-11-25

痛みに弱い人

ちょっと前に流行ってたロウトみたいに受け口が広くてキャパティが少ないという絵の載った心が弱い人の話ではないけれど、俺はどうも痛みに弱い。

デコピンだのシッペだの肉つまみ攻撃だのをされると「痛っ」「ええっ、これで!?」といったやり取りをちょいちょいすることになる。

痛みや刺激を感じた時に、無視し続けたり耐え続けることができなくなるまでの閾値が人より低いらしい。

極端に筋肉がないわけでも太っててムチムチとかいうわけでもないけれど、

血圧を測られるだけでも圧迫される腕が痛くて眉間に思いきりしわを寄せて我慢している。あれを数分も続けられたら音を上げそう。

正直パワフルな人が相手だと握手ですらちょっと痛いことがある。

採血の痛みはその日ずっと痛いので腕に違和感が付き纏って筋肉が凝り固まるのか、そのうち腕を上げること自体しんどくなる。

単純に刺激に対して感覚過敏めいた傾向があるので、そういうのも影響しているのかもしれない。



その他のあるあるとしては

硬い机の上に肘や手首の骨のあたりをつけるとか、リストレストに手首を預けるだけでも痛くて落ち着かなかったりする。

服の袖の縫い目やボタンが他の物に触れて押し付けられて当たっている程度の事でも仕事差し支えレベルで痛み出す。

襟首の狭いシャツは首が苦しい→痛いとなってしまうので着られない。

ネクタイは相性が悪い、就活成人式卒業式とバアちゃんの葬式に参列したあとに毎回原因不明の熱を出して寝込んでたのは慣れないイベントの疲れだろうけれど、

Yシャツネクタイタイピン感触で過度に体が緊張状態になってたのも一因ではないかと思っている。就職先の選定基準私服勤務必須というのも面倒な体だ。

タンクトップやナップサックは肩に細い紐が食い込んで痛い。靴下ゴムが肉に食い込むのも痛い。

もちろん腕時計ダメ社員証を首から下げるのも重み(社員証何gだよ……)が掛かっている部分が我慢できないほど痛くなるので、胸ポケットに装着するか襟の裏を通して首に紐が当たらないように注意する。

メガネはいろんなタイプに何度挑戦しても耳が痛くて痛くて1日はつけていられなかった。

マスクも痛くなさそうなものを選んでも、やっぱり耳にかけると2時間ぐらいで痛み出すので、柔らかいゴム紐で首の後ろで結んでみたりするが、耳よりはもつけど結局首筋が痛くなったりする。

ダボついていないズボンポケットに替えのボタンが入ったままになっているとケツが痛む。

ダボついたズボンデカいケツポケット生地が座ったときにすこしヨレて圧力がかかるのもケツが痛い。

あとジーパンの前ポケットのあたりのなんか妙に入り組んでて分厚い部分とかもふとしたときに圧迫されると痛みやすい。

トランクスゴムジャストサイズだと腰が痛むから買ったらまず少し動けば勝手にずり落ちるぐらいまでゴムを伸ばしてから履く。

ニット帽をかぶってゴーグルをつけたら、耳と側頭部が圧迫されて違和感我慢してかぶっていたら痛みに変わって堪えられなくなってスキー教室リタイア

マフラーをゆるく巻いても重苦しく感じて、そのうち首とか肩とかがガチガチに凝って頭痛までくるから巻けない。

子供の頃だと、体育の赤白帽のゴムが触れるのが気になったのかすぐ嚙みちぎって親に怒られたり、水泳帽が苦痛だったり、ドッヂボールで痛くて転げまわったり。

爪もお湯でふやかしてからでないと切れなくて、中学で衛生検査に引っ掛かった時に無理にその場で切らされたが、

痛みで声を出さないように必死で堪えていたけれど片手終わるぐらいで涙が止まらなくなってしまってびっくりされた。



Tシャツの袖の長さの調節だけで少し我慢すれば過ごせる春から秋までは気楽なのだが、冬場になってくるとさすがにいろいろ着ないといけないか憂鬱だ。

なんだか感覚過敏の話と痛みに弱い話がごっちゃになってしまったが、なにあkと生き辛くて不便なのはもうこの際仕方ないとしても、

こんな感じなのを口で説明しても人にわかってもらうのがなかなか大変なので、なんか説明やす検査とかできればいいのになーと思う。

2016-11-24

食品業界を志望して就活してみて分かったこと

説明会でどの企業も言ってることが同じ。

お客様のことを第一に考えてます!」

「人々が健康で豊かな食生活を送れるように頑張ります!」

「これから積極的海外進出していきます!」

嘘じゃなく、マジで判を押したように一緒。

こっそり内容量減らして値段すえ置きとかやってるくせに、どの口でお客様第一とか言えるんだろう、バカじゃねえの?って思った。砂糖塩分・油だらけの体に悪い食品を売りまくってるくせに、よく「健康」なんて言えるよな。

結局、日本食品会社って、どこもそれなりに歴史があって余程のことがない限り倒産しないから、消費者のこと舐めてるんだろ。

海外進出も本気でやろうなんて思ってないだろうな。縮小していく日本市場の中で、消費者小売店を騙しながら、少ないパイを奪い合うような、みみっちい仕事しかしてないだろ。

こんなクソみたいな仕事ばっかしてるから、人にウソついても平然としていられるんだろうな。

2016-11-23

https://twitter.com/tm2501/status/801151388210212864

世に言うアスペルガーADHDなどの人の特徴を書いても共感できる人が意外に少ないどころか、一部の人にはわがまま呼ばわりしたり、重箱の隅をつつくコメントしかできない。はてなレベルも落ちましたね

就活の話とアスペルガーの話を結びつけるのが下手だったから下手って言われてるのに。そういうレベルの低い読者にしか読んでもらえないという時点で多少は、ね。

この人はもう精神の病で無職底辺人間からどんなアホなことを言っても許されるべきだが、健常者でこういうこと言ってるやつはただのヘタレからな。この人が言ってる格好悪い発言の数々を見て反省しろよ。

2016-11-21

http://anond.hatelabo.jp/20161121211854

一浪して第一志望の大学合格したけど卒業するのに6年かかり就活も失敗し、現在までどうにか正社員で働いているが同じく生きるのに疲れ、死ぬ勇気もない。

多分、俺はアスペルガー

この先もうまくやっていける自信はない。