「反省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 反省とは

2016-08-29

ゴルスタの件をサンリオSF文庫裏表紙みたいに書いてみる

ゴルスタ人」「反ゴルスタ人」という語句がなんとなくSFに出てきそうな感じだったので……

ヒートアップした〈巫女〉が叫ぶ――「反ゴルスタ人を探し出せ!」

2016年ネットに覆われた地球で奇妙な戦いがはじまった。ゴルスタ人はスプリックス統治する社会ネットワークサービスに安住し、〈巫女〉の言葉に従っていた。思想統制を拒んだ者たちは社会ネットワークサービスを追われ、中に戻るには反省文を提出しなくてはならない。その外側に反ゴルスタ人がいる。スプリックス思想統制に反対する者たち、腕だめしにゴルスタ人の社会に潜入を試みる者たち、あるいは単なる野次馬。彼ら反ゴルスタ人は戦意を持続できないのが弱点だ。ネットに火を放って栄養補給する〈プロブロガー〉の群体が盛んに活動し、〈ピーシーデポ〉が奇怪な契約で老人たちを束縛し、反ゴルスタ人たちの意識をそらしてしまう。反ゴルスタ人は戦いに集中できるのか? 思想を統制された若きゴルスタ人にはいかなる未来が訪れるのか? 鬼才が描く超監視社会悪夢

サンリオ裏表紙字数にあわせて約400字で。

2016-08-28

サービス管理人さんが返事をくれない

2年前、某Webサービスを退会しようとしたのだが、それがちゃんと出来ないまま今日に至っている。



退会前に使っていたメールアドレスパスワードの再発行ができてしまうのだ。

しかしそれを使ってログインは出来ない。

このサービスでは登録されてないメールアドレスで再発行を行おうとした場合エラーが出る実装なので、

再発行した旨と実際に再発行メールが届いてしま自分アカウントは、

明らかにサービスによってまだその情報が保持されている状態であることが分かる。



そのサービスでの自分プロフィールページ(誰でも見れる)もいまだに存在していてとても気持ちが悪い。

そこでこれはシステム問題なのかなと思い、管理人さんに問い合わせた。

しかしいまだに対応してもらえてないというのが現在の状況だ。



今までのやり取りはこんな感じだ。



〜〜〜2年前〜〜〜

僕「ログインできず困ってますユーザー名はDMでお伝えしたいのでフォローお願いします」Twitterで聞く

管理人さん、無言

〜〜〜2ヶ月後〜〜〜

僕「ログインできず困ってますユーザー名はDMでお伝えしたいのでフォローお願いします」Twitterで再度聞く

管理人さん、僕をフォローする

管「サポートアドレスあるのでそちらでお願いします」DMで返事

僕「あっすみません気が付きませんでした。そちらに送りますDM送る

僕「〜〜〜ということなので、対応お願いします。」サポートアドレスメール

管理人さん、無言

〜〜〜時は過ぎ今から1ヶ月前〜〜〜

僕「(あっそういえば前にそういうこと聞いてたな。忘れてた。でも返事ないしもう一回聞こう)」

僕「すみません、あれからどうなってますか?」管理人さんの個人アドレスメール

管理人さん、無言

〜〜〜さっき〜〜〜

僕「アカウント削除してくださいお願いします」管理人さんの個人アドレスサポートアドレスメール




まず、「DMしたいのでフォローお願いします」というのは良くなかったと思う。

ちゃんとサービス内を探してサポートアドレスを探すべきだった。

そのようなツイートを何度も送れば、第三者から見れば管理人さんが無視を決め込んでいるように見えてしまう。

言わば管理人さんの名誉を傷つける行為だった。

これは反省点だ。

そして、今思うと管理人さんの個人アドレスに送ったのも良くなかった。

教えられた経路を辿らなかったという点で怒らせてしまった可能性がある。

これも反省



一番避けたいのが、管理人さんを怒らせることだ。

個人運営されてるサービスなので、怒らせたが最後、完全に無視され永久自分個人情報が不必要さらけ出されてしまうからだ。

既に怒らせているのかもしれないが、今以上に怒らせるのは避けたい。

からこのチラシの裏愚痴ではサービス名は伏せている。



このサービスは簡易なSNSでもあるが、今見るとユーザーの中で管理人さん死亡説話題としてあった。

それが本当なら困ったなと思った。

また、調べると管理人さんは誰もが知ってるあの企業社員さんのようだった。

その会社Github組織アカウントを持っていて、管理人さんもそのアカウント所属していたので、

その組織アカウントに属する人全員に、

管理人さんは生きてますか?」

と聞いてみようかと思った。

でもそれは管理人さんに対する嫌がらせと捉えられかねないので思いとどまった。



なんとか管理人さんの名誉を傷つけたり怒りを煽らずに、対応だけしてもらう方法は無いだろうか。

というか本当に死んでたりしないだろうか。

生きてるにしても何かの病気だったり。

はぁ…。

2016-08-27

ポケゴ運営さんへ

この度は申し訳ありませんでした。

みこちゃんそして運営さんにご迷惑をお掛けしました。すいませんでした。

私は、ポケゴが大好きです。でも、違反行動をして本当に後悔しています

私は、ポケゴに戻りたいです。でも私には戻れる資格がないです。こんなに酷い事をしたのに戻れるわけないです。

運営さんは色々なイベントを開いてくれたり、色々な機能を付けてくれて、使いやすいし、楽しい

運営さんがいるから、ポケゴを楽しく出来ているのに、私は本当に酷い事をしました。

とても反省しています申し訳ございませんでした。

運営さんは私たちがポケゴを安全に出来るように見守ってくれているのに、私はAPI叩きを止められませんでした。

本当にすいません。

そんな私が言っても説得力いかも知れないけど、運営APIを叩く行為はみんなで止めよ?

私は今めっちゃ後悔してるから

ちゃんと利用規約に沿って使えば運営さんもバンしないから!

皆でちゃんとしよ?

@micooochan

自分は優しい人だ

って長らく思ってたけど、

それが最近になって勘違いだって気づいた。

友達から言われたとかじゃないけど、おおよそ合ってる。

優しい人は自分で優しい人だって自覚がないと思う。

今まで(多分)自己中心的だったと思うし、反省している。


他人を気遣えて、相手への思いやりを忘れずに、尊重できる、優しい人になりたい。

http://anond.hatelabo.jp/20160826094234

自分自身「強引に頼み込んで」と書いておいて、彼女自由意思だとか開き直るのは後から訴えられた押し売り言い訳みたいでみっともないですねえ。脅迫圧迫で不要ゴミ商品押し付けるのは市場原理じゃないのにね。




あと「彼女」とのことを「数回」とかカウントするのも不気味ですねえ。なんだよ「数回」って。使用回数か? そういう「自由恋愛」ならその手の店にお金払って「自由に」やるほうがいいんじゃないですかねえ。増田の好きな「真実の愛」とかそこで見つかるんじゃないですかねえ。




あん自分が逆のことされたらどうせ逆上して相手を殺しかねないような輩のくせに、それでよく自分のしたことを「仕方ない」とか思えるもんですねえ。「そんなことない、オレは正々堂々と向き合うよ」とかどうせ口では言うだろうけど全く信用できませんなあ。だって反省してないもの

やはり何かがまずかったようだ。おれのせいかもしれない。

だけど、しょうがないんだよ。

YA・HA・RI!wwwwwwwww お前のせいだよアホ100%。人の心をそんだけ踏みにじって「おれのせい『かも』」じゃねえよ。『何か』がまずい、って、一から十までまずいとこしかねえよ!

お前は一生同じこと繰り返して口先だけ反省いたこと言いながら「だけど、しょうがないんだよ男と女は~」とか古えの演歌みたいなこと言いながら、ボロでクソみたいな人生を這いずり回って生きてそのうち誰からも嫌われて見放されてやがて行き場なく糞尿垂れ流して見捨てられてどぶの中に突き落とされ汚水にまみれてウジに体を蝕まれながら「なんでなんで」「おれのせい?だけどしょうがないんだよ」と呟きながら神様を恨みながら死んでいくんだろうな。神様のせいにすんなよ100%明々白々にお前が悪いよ。

リフォームのリノコで安物買いの銭失いをした話とラクスルとの違い

安心リフォームのリノコ|工事費用は定額コミコミ価格というリフォームサービスを使って失敗した。


全国のリフォーム施工店の窓口になるということでラクスルのようなサービスかと思って使ったのが間違っていた。相見積もりを取ったら一番安かったというところにも惹かれた。

結論から言うと、ラクスルは全国の印刷会社の窓口になっており、受注から連絡、発送までを責任持ってやってくれるためこちらは印刷会社の質には気を使うことがなくなっている。私はそういうもの勝手に期待していたが、リノコは単に受注の窓口になっているだけでその後の連絡は施工店としなければならず結局サービス品質はリノコが勝手にしていた施工店の質に依存してしまうのだ。

極論を言うと**「営業力施工の実力がなく価格を下げないとやっていけない地元リフォーム会社を紹介して後は放置」**のサービスなのだ

個人としては安かろう悪かろうに当たっただけなので、返金しろなどとは思っておらずただただ反省している。


私が抱いている感想はだいたい「リノコでリフォームされた方どうでしたか?|マンション 口コミ掲示板・評判(レスNo.1-2000)」に書いてある。

HP機械見積もりもできておしゃれだが、この「バーチャル企業は「現場」と連動していない。

その通り。現場合意したことと、リノコ担当者合意したことで食い違うことが何度かあった。結果私の家の場合は依頼していない数万円のもの勝手処分された。かつその処分ミスがリノコ側には報告されていなかった。

1週間しても見積もりは来ず。断る。時間が失われた。

2週間連絡が途絶えることが3度あった。施工店の質が低いのはともかくリノコもきちんと管理できていない

そして当日。時間になっても現れず、こちらから連絡すると、行き違いがあったようで今日は行けないと。。別の日を案内されました。

施工店の質の話ですが、私の場合も数時間単位時間通りにこないため外出できないということが2度ありました。



リノコは目指すべきところとしては是非実現してほしいサービスだ。改善するには施工店に対しマニュアルを徹底してユーザー体験を均一化する。合意形成プロセスをリノコ、施工店、客で1箇所でできるようにする、(多分リノコは人が足りていないので)人を増やす。あたりを頑張って良いサービスになってほしい。

2016-08-26

物販の個人商店やってるんです。

ほとんどいいお客さまで感謝しきりなんですが、たまにちょっと寂しいなという方がいらっしゃいます


入店されて、無言でお店を見て回って、無言で出ていく。

別に何かのルール違反していないので、悪くはないんですが、なんか気持ちに引っかかるんですね。


コンビニスーパー商業施設テナントとかならなんとなく分かるんですが、

街中にあって扉を開けて入ってこられる、あまり大きくもない店内なので、

いらっしゃいませとか、迷ってるようなら、それに則した短いお声かけなどするわけですが、

まったく無言、無視で、顔をそらしている。


ゆっくり見たい人もいるのだし、自分洋服屋の積極接客辟易したことがあるので、

そういう方は放置接客がいいのだろうと思い、そうするわけですが、

何も買わず店を出るときに、ちらりと一瞥もなく、だいたい不機嫌そうな顔で無言で出ていかれる。

店への、そういう形でのダメ出しなのかもしれませんので、こちらも反省もしないといけないのですが。


そういう方が、後につながるかもしれないとも思うのだけど、覚えている限りで、その類の人がその後、来店されたことはない。

だいたい大人が多い。老人も子連れもいる。

若い人は意外と礼儀正しい。若いとこういう店に慣れてないだろうし、しょうがないな、という気もするので気にならない。

就職してもっと大人になったらまた来てね、という気持ちになります

外国人も大概礼儀正しい。出るとき目を見てニッコリしたりして。


これは別に悪いことじゃないのだけど、自分だったら「見るだけだけどいいですか」とか「お店見せてください」とか、

出るときには「どうも」や目礼くらいのコミュニケーションはとる。


実際そういうお客さまもいます。もうどんどん見てってくださいという気になるし、そう言う。

大人だなと思うし、買い物されなくても、良い人柄に触れたようでなんだかありがたい。

それが若い人だったりすると、別の感慨もあります

子連れの方がそういう方だと、お子さんに良い影響があるのではと思えます


ただなんとなく、ひと言、ひと素振りあるだけで、お互い円滑で気分がいい、と思うのです。

仏頂面で出ていくというのも心理的な防御作用のような気がしますが、お客様の方もそういう小さな緊張を感じる事もなく済みますし。

店側からお客様へ何か求めるというのは、批判も多いかもしれませんが、こういう考えは良くないでしょうか。



追記---------------------------------

・私は日本人です。書いてある通り、普通にコミュニケーションできるお客様の方が圧倒的に多いです。

ですから、筆者は日本の習慣を知らないようだから外国人だろう、日本にはこのような習慣がない、と言い切るのはやや飛躍と曲解かと思います

ちょっとしたコミュニケーションで互いが円滑なのはより良いですよね、という話です。

http://anond.hatelabo.jp/20160826142056

googleアカウントが停止されて大損したり色んな人いるけど。それだけの話だよ。そこには責任持てないと、あらかじめ断りがあればいい。

全てのユーザーの都合とか知らないし。敢えて嫌われる事をする必要は無いけど、面倒なユーザーに付き合う合理的理由が無い。

ミニティ統治手段として、反省文だの個人情報晒しだのを使った手法ダメ過ぎるし、繰り返しになるけど。アカウントの復活の為のユーザーへの苦行とか百害あって一利なし

http://anond.hatelabo.jp/20160826105421

寧ろBANしたままにしないだけ温情であるようにも見える。

そこは、学習塾運営している会社だけあって寧ろ「社会的に見て正しい」と信じて善意でそれやってるんじゃねえかな。

それがある程度衆目に触れる晒しとして機能してしまったことについては反省余地はあるが。

多分反省文書かせても公開する意図はないだろ。それだけはちょっとしでかしてしまった感はあるな。

2016-08-25

今日ナイス味噌漬けフェミ憎悪だよねぇ~

https://twitter.com/tm2501/status/768195874149105664

また勝部元気かよ…。 / 他2コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/news.livedoor.com/article/detail/11921378/#tw?u=TM2501 … “コラムニストの勝部元気氏が炎上 ブログ記事記述を削除



間違ったことを言ってる自覚のない勝部元気にしろ、(自分欠点があったことを著書で自分自身反省点として触れてるようなアレな言動をする)二村ヒトシしろ、彼らから学べることは「女の人のイエスマンっぽい立ち位置で喋ると、バカでも間違いに気づいてても市民権が得られる」という教訓


いや、男がフェミニストだと自らを宣言したり、そういったスタンスに寄せることって「男女同権にしたい」って意味じゃなくて、日本だと「女性イエスマンっぽい振る舞いをするチャラ男です」って宣言だと思ってる。

そう考えていくと、学術的なものはともかく、巷にあふれるフェミニスト的な人らっていい意味でも悪い意味でも「立ち位置」であって、「思想」ではないんだよね。だから、僕は苦手なんだけどさ

R-指定っぽく言えば、

「お前は犬?客に尻尾振ることしかできない」

みたいなスタンスを地で行ってるタイプの人が、ことライター業やったり、本出したりするのを見ると「あー編集者って糞だな」って気持ちしかならんし、それに気づいてから単著もないくせに」とか言われても悔しくなくなった

バカなこと書いてないで、さっさと「おすすめフリーゲーム」の記事だけ貼って、ゴミ出しやら部屋の掃除やらをしよう。愚痴りたくなるような人達、それを賞賛する駄サイクルには関わらないことが最もメンタル健康にするから

世の中には、気持ちよく反論をする、あるいはよどみなく自説を述べることで自分をより論理的(な風)に見せるという目的のために、批判対象議論勝手矮小化単純化する輩がいる。

冷房はつけっぱが良い」という話は、ただ「つけっぱの方が電気代が安くなった」という話だけでなく(諸条件によってはこれもありうるが)、「変に我慢して暑さが頂点に達するまで待っても、暑くなったところから一気に冷やすためには涼しい時間からゆるゆるとつけとくのと『同じくらい』電気を使う」(我慢するだけ損/不健康)とか「さらにその場合最高出力を全世帯で同時刻にかけることになり『ピーク電力』が上がる」とかのデメリットも勘案しての話であり、詳細は自分の状況に応じて考えようという程度の「提案である

しかるにこれら議論を全て捨象して単純に「エアコンつけっぱで電気代が安くなるわけないだろ」などと言い捨てて得意げな奴らが大量に発生した。

 

似たような事象は数年前「朝バナナダイエット」に注目が集まった時にも見られた。

これは本来カロリーコントロールをすべきだ/したい」という目的意識と意欲があるものの、「では具体的にどこから手を付けよう」というところがわからない、もしくはそこを研究している時間がないという「意識は高いが忙しい層」に向けて、朝食をバナナに置き換えると「総カロリー抑制」「朝食は抜かず、一日の活動に支障がない」さらに「食物繊維も取れてなお良し」ですよという考え方のヒントを与えたものに過ぎない。

バナナを食べれば食べるだけ痩せる」なんて話はどこの誰もしていないのに、勝手にそのようなものの様に決めつけて「反論」し、気持ちよくなっている猿が雨後の筍のように現れたものである

 

節電カロリーコントロールといった生活の知恵に限らず、大抵の知識テクニックとはこういうものである

絵描きに「どうすれば絵がうまくなりますか」と質問すると、「デッサンをすると良い」とか「模写をする方が早い」とかいろんな答が返って来る。

結局は人の数だけやり方はあるという事だが、一点だけ誰が何を挙げている場合にも共通する前提がある。「それら練習を通して、自分の絵を客観的反省し、描きたいものイメージを鮮明に思い浮かべられるようにしろ」ということである。それをいちいち言葉にしないのは、それこそが「絵を描く」ということに他ならないかである。「絵を描く」ことをしたいと望む人間が、その時点での自分技術問題点認識し「こういうところをもっとうまく描きたい」という問題意識を持って『いない』とか、「構想段階でもっと良いアイデアポンポン出て来ると良いのに」という野心を持って『いない』とかいう事は、そもそも想定する必要すら意識に上らないかである

にも拘らずこの場合もまた、現れるのである。その程度の常識的問題意識も持たず、「デッサンをやってもうまくなんてならないぞ!詐欺だ!」なんてことを言い出す連中が…

 

おおよそ全てのアドバイスティップスと呼ばれるものは、「問題意識」が相手にある事を前提に、その「問題意識」に取り組むとっかかりのヒントを与えるだけのものであって、問題意識の有無に係らず万人に適用可能な、ただああしろこうしろという指示のままにエスカレーターに乗っていれば勝手問題解決されていてくれるような、甘ったれにありがたい『完全な答』を教えてくれるような神様仏様はこの世に存在しないのである

しかるにその程度のことも、人生十数年か何十年か生きてるのか知らないが、理解できないくそったれの甘ったれが世には溢れている。

あまつさえ、そうやって自分問題意識がないだけのことを逆に笠に着て、問題意識のない自分にもすぐにご利益を与えてくれるドラえもんとはなれないアドバイザーをかように「論破」してみせたり無能呼ばわりしたりする。

自分では「頭の良い俺が不完全な証明喝破してやった」なんて悦に入っているが、何の事はないただ自分の中に問題意識が足りなかったために相手が役に立つ話をしているのが何も理解できなかっただけである

 

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ」とはよく言ったものだ。

実際は、動かないどころか、そんな自分正当化し、あまつさえ相手より有能な人間かなにかの様に錯覚し出す。そうして誰にも「論破」されない全能感を、何も『しない』ことで肥大化させ続けるというアクロバティックを通り越してもはや永久機関的ですらある自己完結に至るのが真に無能な輩の生態なのである

考える脳味噌のない連中ほど、自分の頭が良いものか何かのように思い込み、考える脳味噌がないゆえにその状態矛盾にも気づかずますます確信を深めていく。

自分から動き、問題意識を蓄え、種々の知識がその問題意識解決しうるものかという観点のみをもって議論評価する、ということが出来ないのはただの前提条件に達してすらいない無能中の無能なのである、ということを、この永久機関の中に引きこもった連中が理解する日は来るのだろうか。

無能である問題解決能力がない、ということの闇は、深い。

2016-08-24

いるならなんでそいつをゲットできなかったのかを考えろよ。

小学生でもポケモンゲットできなかったら反省するぞ。

「ようこのようは太陽のよう!」

路線バスの車内、その頃はやっていたフレーズオタク友達同級生と叫んでいた。

「ようこのようはヨーダのよう!」

「ようこのようはヨード卵光のよう!」

今になってみれば何が面白いのかわからないが、あの時特有の何かが僕らのテンションを高みへと連れ去ろうとしていた。

傍らでは、母親に連れられた5歳くらいの小さなむすめがそのやり取りを不思議そうな顔をしてみている。

お兄さんたちの面白さを見せてつけてやろう。

友人と言葉を交わしたわけではないが、お互いに何となくそう思ったのを感じ取ることができた我々は、表情や声色を変えながらさらにやりとりをエスカレートさせていった。

「ようこのようは父さん、、、妖気を感じます!のよう!」

「ようこのようは妖怪一反木綿のようばい!」

ちらちらと苛立つような視線を送り始める母親。次第にうつむいていくむすめ。

笑わせるまであと一息かとさらに力が入る我々。

「よぅこのよぅは妖術師ゲドゥのドゥ!」

「ムハハハハ!この世を破滅に導いてくれる!」

「そうはさせない!」

貴様きたろう!なにを小癪な!」

「くらえ!リモコン下駄!の、よう!」

「ようねーし!なんならドゥとかいっちゃったし!」

ここで停留所に到着。残念ながら親子はここで降りる様子。

とうとうむすめを笑わせることはできなかった。

すれ違いざま、むすめが母親に何かを聞いてることがわかった。

「ねぇ、妖術師ゲドゥってなに?」

その声色は明るくない。

「いいから早く行きなさい!」

小声ながらも叱りつけるような様子の母親

だって、ようこ聞いたことないんだもん!」

凍りつく車内。

太平洋より深く反省したひどく暑かった夏の日の思い出。

この場をお借りして、全世界のようこにお詫び申し上げたい。

2016-08-22

オタク弾圧する左派論理ネトウヨそっくり

シン・ゴジラ右派的に解釈できるような部分が存在するためにナショナリズムと結びつけて語る人達がいる。

そしてそれをシン・ゴジラオタク的な部分と結びつけて、オタクナショナリズムのような言説を語る。


以前から思っていたのだがこの手のオタクナショナリズム差別主義のような結び付け方は明らかに分が悪い。

どうも左派的な人の中にオタクネトウヨといった見方や○○最高!的な持ち上げ方にナショナリズム的なものを感じて批判する人がいる。

はっきり言わせて貰うと傍から見るとその手の言説は「在日韓国人差別するネトウヨ」のようだ。

左派達の中では、オタク生来まれ持った属性ではないとか色々理屈があるんだろう。

しかし、第三者的目線で見てると「オタクはもう差別されてないんだからもっと謙虚になるべき」とか「オタク調子に乗りすぎて気持ち悪いだの」言ってる事がほとんどネトウヨと同じである

差別階級に属する人達自分達が気に入らないからともっと謙虚になれと言ってたたき続けるさまはまさにネトウヨのようだ。

正直もっと言い方や理論を練って欲しい。

こんなやり方をしていても対立は深まるばかりである

反省して欲しい。

2016-08-21

貧困JKの件で怒り爆発しそう

アクセス数しか関心のないクソなまとめサイトに取り上げられ、片山さつき議員ツイートされ、住所特定から電凸する輩まで現れた。なんだこれ。自分JKだったら普通にメンタルやられますね。で、メンタルやられて自殺したとしても、再びクソまとめサイトに取り上げられるだけ。誰も反省しませんよ。なんなのこの無責任社会

今回の件で、貧困者はますます声をあげにくくなるよね。インターネッツには「貧困マイスター」がたくさんいて、そいつのみこころにちょっとでもかなわないと「これは貧困とは言えませんね。真の貧困というものを教えてあげますよ」とか言ってくるわけでしょ。怖すぎ。彼らには貧困という社会問題解決するつもりはない。

多くの人が指摘しているところだけど、ここでも繰り返そう。日本人はどういうわけか、貧困者は貧困者らしく、障害者障害者らしく、弱者弱者らしくしていなければならないという規範が強い。これが「正義」になっている。貧困者が高価な品物を持っていれば叩く、白い杖をついている人がちょっとでも見えていれば叩く、自動保護施設寿司の出前がくれば叩く(というツイートもあったね)。なぜそんなことが平然とできるのか。それを正義だと信じているからだろ。「叩く材料」とはつまり自分正義でいられる材料なんだよ。

でもな、そんなのは少しも正義じゃない。そんなの正義について少しでも考えたことあるならわかるだろ。貧困JKの住所特定することに正義があると本気で思うのかよ。もしかしたら貧困JK貧困じゃなかったのかもしれない。たとえそうだとしても住所特定おかしいだろ。どこに正義があるんだよ。

から良識あるブックマーカーさんたちにお願いします。もうこの件を扱うまとめサイトブクマするのはやめましょう。片山さつき議員奇行に異議を唱えましょう。貧困JKネタアフィリエイトネタにするブログ名前記憶しておきましょう。

これは呼びかけです。匿名しか書けない気の小さい増田より。

http://anond.hatelabo.jp/20160821110947

死んだら死んだで「NHKが悪い」と言い出すよたぶん。

その辺スマイリーキクチと同じ構図

逮捕しても訴えても反省しない

まさにバカは死ななきゃ治らない

貧困JK問題が僕に教えてくれた事

相対的貧困の方が深刻な問題(世に問うべき)」と書いた記憶がないんですが、上記文章のどの辺がそう読めたのか、後学の為に教えていただけないでしょうか。

ブコメにもあったけどこの煽り力は本当に素晴らしい。少し分けてほしい。

2016-08-19

バドミントン松友選手の平常心がすごい

バドミントン松友選手が、優勝直後のインタビューもびっくりするほど涼しい顔していてすごい。試合反省点を冷静に語っていた。先輩の高橋選手は涙ぐんでるのに。

試合中もポイントとっても落としても顔色ほとんど変えないし、あのメンタルは強力な武器なんだろうな。

勝利確定の瞬間はさすがにピョンピョン飛び跳ねていたから、正確に言えば、喜んだり落ち込んだりもするんだけど、すぐに元に戻っているということか。

ともあれ高・松ペア金メダルおめでとう!

2016-08-18

戦争体験ができないから贅沢言ってるなら戦争体験させたらいいじゃん!

ね?

戦争経験しなかったから贅沢言ってて嘆かわしいなら今すぐ戦争状態突入しようぜ?

だって戦争経験したほうが偉いんだろ?

あんたたちみたいに戦争経験して心が綺麗な人間で贅沢言わない人間が美しく尊いというなら

戦争肯定しているということだから、とりあえず戦争しよ?

経験してみないと分からない教の信者たちもそうだそうだ、戦争してみないと分からないぞ体験しろ!って言ってるよ?

そう!

負けをハッキリと体験しないと調子乗りモンキー日本人反省できない島国から

同じアジア人中国人に徹底的にボコってもらって焦土にしてもらい死体の焼ける臭いを肺にいっぱい吸い込んで堪能すれば

今のクソガキジャップどもも眼を覚まし震えながら負けを認めて努力し勤勉なモンキーに戻るだろう

そして再び経済大国へと舞い戻りアメリカうんこ咀嚼しながら贅沢を堪能する国へと戻ることができる!

ショック療法が必要なのだ

そうだろう?負けが必要なのだ

から戦争しようというのだ

何が悪い

他に方法があるのか?

ないだろう

なら戦争して負けましょうや

もういいじゃありませんか

この国はもう終わっとるんですわ

何もかも遅すぎた

戦争で綺麗にしましょうや

汚い花火で終わらせましょうや

わかったぞ!日本を良くするたった一つの冴えた方法が!!

戦争しよう!

 

第二次世界大戦大敗した日本政治経済国民を再建させた!

今の日本改革では変化できないくら政治・経済国民性が低下しきっている!

ともすればこのまま衰弱していくばかりの欠食児童だ!

そこでまだ余力のあるうちに戦争を起こそう!

戦争すれば国民の団結心は固まるだろう!

ナショナリズムは最高を記録する!

そして大敗

今まで信じていたもの物理的に精神的に破壊する!

そして何も無くなってしまったところから新たなものを作り上げる!

新政府・新国民・新経済新道徳・新宗教・新・新・新・新・新・・・・・・!!!!!!!!!!!!

既得権益に縛られない自由社会自由日本!新しい!日本人が作れるぞ!

戦争しよう!戦争万歳戦争万歳

また戦争悲惨だった、私たち過去反省しなければならない!という美しい敗残兵たちを作れるぞ!

今みたいにネットでグダまいてるニート老害どもをどんどん戦地にお・と・ど・け!して綺麗にしていこう!

負けて心も体制も綺麗になった日本を作るために戦争しよう!

兎に角ボロ敗けして腐った大企業役人どもが機能しなくなるところまで行こう!

真の実力者でなければ再建できない荒廃した世界にしよう!

日本戦争させるんだ!戦争しよう!

戦後需要最高!戦争最高!産めよ増やせよ最高!

そうすれば戦後日本は今よりもっと良い物に生まれ変わる!!

日本人は負けるたびに強くなる民族なのに、負けれなかったから国力が衰退してきたんだ!

冷水ぶっかけて体を鍛えるアレと一緒だよ!いっしょ!まずは死人を造らないと!

黒船に負けて強くなる!米に負けて強くなる!今度は中国あたりに負けて強くなろうよ!!

みんな!戦争しよう!!

就活留年したけど何も変わらなかった。

夢を目指して始めた就職活動

とは言っても呑気なもので、4月の半ばにスーツを買いに行ったら店員のお姉さんに笑われた。

「えっ、3月説明会とか行かなかったんですか?w」

好きな会社情報しか見ていなかったから、就活3月から始まることなんて知らなかった。

行きたい会社説明会は少し時期が遅かったので別によかった。

それから行きたい会社説明会を回ったりエントリーシートを書いて送ったりした。

結局受けた企業10社もなく、ある1つの会社を除いてエントリーシートは全て落ちた。

エントリーシートの書き方も知らず、バカ正直に自分の書きたいことばかり書いていた。

就職活動の場において「やる気と熱意」というのはあまりにも無力だった。

たった1つだけ最終面接に漕ぎ着けた会社があった。大本命だった。

グダグダ面接だった。

夜行バスの中で眠り興奮して眠れずにシュミレートした、たくさんの喋りたいこと。

何一つ喋ることはできなかった。

そもそも面接官が聞きたいことはそんなことではなかったのだろう。

まりにもトンチンカンなことばかり言うからきっと面接官も困っていたはずだ。

なにより、

通らないエントリーシート不安になり、

夜行バスでの東京往復と

他人より残りすぎた単位を集めるための講義

ゼミのための予習と

時々やってくる卒論演習での中間報告と

資金を稼ぐための土日のフルタイム夜勤バイト

消耗戦フルコースで疲れきった私には驚くほど覇気がなかった。

あれほど行きたかった会社の最終面接を目の前にして。

結果は言うまでもなく「お祈り」だった。

持ち駒がなくなったが、なんとか志望の業界に近い仕事を探しだし、

説明会エントリーシートを提出するためだけに再び東京へ向かった。

藁にもすがる思いだった。

やっぱり落ちた。

この辺りで心が折れた。

7月だった。

テストも近いというというのに身体は動かない。

クーラーもない蒸し暑い部屋で泣いていた。

自分にはやりたいことををやる資格がないことがとても悔しかった。

それでも頑張ってテストのために学校へ行き、

中身のないレポートを書いて、拾える単位だけ拾った。

そうして夏休みを迎えた。

就職活動卒論があるからと週1に減らしてもらったバイト身体を引きずる以外、

本当に一日中寝てすごした。夜は眠れず、不安に泣いた。

時々起きて求人サイトを見るが、やりたい仕事は見つからず、さらに泣いた。

手付かずの卒論に心は焦る。でも焦るだけで、なにもできなかった。

前期の授業料を払った口座の残高を見て肝が冷えた。

12万。これから半年間毎月奨学金が振り込まれるにしても、あまりに心もとない金額だった。

そうして本当に何もしないまま2ヶ月が経とうとしていた。

これからのことを考えなくてはいけない。

内定絶対に無理なことではないのだろう。秋をすぎて内定先を得た先輩たちをよく知っていた。

卒業もできないことはないだろう。うんこみたいな卒論を書くことになるが。

でも自分にはそれに立ち向かっていく勇気はなく、これ以上に心が潰れていくことが怖かった。

なによりも半端な気持ち就職が決まっていくのも、

せっかくやりたいと思うテーマを見つけた卒業論文をてきとうに済ませてしまうのも、

嫌だった。

親の前で泣き、先生の前で泣き、そして留年を決めた。

4年生の残りの半年は残った授業の単位を取ることに集中し、

あとは自分の心を立て直すこと、メンタルをしっかりとコントロールすることに費やした。

そう安心した矢先、家庭やバイト先、人間関係などプライベート面で信じられないほどのトラブルにも見まわれたが、

残った単位をしっかり取り、卒業論文も進め、心も立て直し、新たな気持ち3月を迎えることができた。

そうして、新たな気持ちで始めた就職活動はとても楽しかった。

就職活動の流れようなもの理解して、しっかりその波に乗っかることができた。

去年の反省から違った業界を覗くようにもなった。他にもやってみたい仕事を見つけることができた。

エントリーシート面接の乗り越え方もなんとなく理解し、選考を進んでいくことができた。

面接に落ちることはあっても割り切り上手にもなった。

なんども行き慣れた東京でも時間の使い方なんかも上手くなってきた。

それでもやはり就職活動の大変さに驚く。

完全に学校に縛られることはなくなったはずだが、暇ができたような感じは全くしない。

ピーク時には1ヶ月中半月ほども東京滞在していたし、

やっぱり工夫はしていてもお金はどんどん減っていく。

去年失敗したのはしょうがないことだなと思えた。

はいえなにより、また夢を目指せることが本当に嬉しかった。

やりたい仕事のために頑張れることは本当に嬉しかった。

ところがどっこい、6月の頭にまた持ち駒を失った。

面接ではどこでもそれなりにしゃべれていた。

落ちていくのは「合わないな」と思った会社だったので気にしなかった。

2つの会社でかなり良いところまで進んだが、

片方ではヘマをしていまった。片方はサラッと落ちた。

ヘマをしてしまったのは惜しいことをしたが、

受けていたところはどこも狭き門だったのでそれこそ「ご縁」がなかったのだろう。

持ち駒を失った時、自分が体力的に疲れ始めているのを感じたし、

資金の消耗も激しく、交通費などでクレジットカードの支払いがかさんでいた。

少し休んでまた始めればいいや、そう思って就職活動を2ヶ月ほど一度休むことにした。

そして2ヶ月経って就職活動を再開し、

少し興味のある会社に応募するものの、

説明会にいっても心は沸き立たず、

面接にいってもどこか身が入らない。

そのうちに求人を見ていても興味が湧かなくなった。

このままでは拉致があかないと思い、いわゆる求人紹介会社を利用してみる。

まり話も聞いてもらえないままにとにかくIT企業を紹介される。

正直なところそうとう気持ち萎え気味だったが、

いつまでも駄々コネてられない、何も見ずに判断するのも良くないだろう、

そう思ってとりあえず紹介された会社選考スケジュールを埋めてみる。

やはりちっとも興味を持てなかった。

イヤイヤ選考に足を運ぶ日々が続いた。

そしてある日、面接官の女の人に怒られた。若い人だった。

それは圧迫面接相手と試そうとするようなものではなく、

ただただ怒っていた。そして、至極もっともなアドバイスをくれた。

「しっかり目的意識をもって行動できるはずの人なのに、全然うちに入りたいという意識が感じられなかった。

 本当に入りたいの?違うんじゃない」

「本当はやりたいことがあります。」

「いやいや気持ちを取り繕ってもすぐやめちゃうよ」

「そう思います

 多分自分は取り繕いきれません。」

「ちゃんとやりたいと思える仕事探した方がいいよ」

はい……」

結局自分にとってはどれも紛い物でしかなかった。

この1年で何も成長しなかった。

この期に及んで自分のやりたいことしかやりたいと言えない、わがまま不器用クズだ。

どこかでちゃんと覚悟を決めなきゃと思いながら、ずっと心はイヤイヤ言っている。

社会人になるという覚悟が足りない。知っている。

でも、どうしても自分の心にふたをすることができないのだ。

時々取り繕う言葉に混ざる本心に涙が出る。

半端な気持ち面接に言っても「ははっ、やりたいっすね~w」みたいな舐めた態度に見える。

じゃあこんなクズは素直に卒業してアルバイトいからでも行きたい業界に潜り込むか。

でも、今から全てを投げ打ってでもそういう努力ができない自分は結局クズなんだよな。

時々ある行きたい業界二次募集や小さい零細会社求人に手を出す勇気がない。

つのまにか「やりたいです!」と言う気力さえ失ってしまった。

あれも嫌、これも嫌。

結局自分はなにをやりたいんだろう。

結局就活から逃げたいだけ。

ああ、そうなんだろうな。

おそらく面接官のお姉さんの言葉警鐘だったのだろう。

毎年多くの人が入社し、それと同じくらい多くの人たちが辞めていく、そんな会社だった。

そんな中で自分のような同期や後輩たちがくたびれて辞めていくのを目にしていたのだろう。

やりたいと思える仕事を見つけたい。

なるべくそ努力をしようと思う。

でも、少し疲れてすぎてしまったし、

なんだか見つけられる気がしないんだ。

2016-08-17

はてサおっさんSEALDs褒めてんの見ると絶望しかない

これが左派認識なら、近年の敗北の反省とそこからの成長はなく、

まだまだ選挙でうんちとうんこの2択を迫られるのかという点で。

頻繁に病欠する人

当日の朝に連絡してきて、会社病欠する人って決まったメンバーじゃない?

休まない人は休まないし、休む人は休むって感じ。

僕は計画的有給はとるけど当日連絡して病欠するようなことはしたことがないタイプ

起きたら体調悪い日もあるけど、

1.まぁ頑張れば行けるし、

2.当日連絡して休むとサボりって思われそうなのがイヤで、休まない。

二日酔いで朝から吐きまくりの時でも、熱が38度近くある時も、休まない。

(そんな日は正直行っても仕事になんないんだけど行くことが重要だと思ってるってのもある。)

質問したいことは

1.よく病欠する人への質問

一歩も歩けないような体調不良しょっちゅう起こるってこと?僕が健康から想像できないだけで、そういう体の弱い世界があるってことなのかな?

それとも僕の想像通り、ちょっと体調悪かったり、サボりたい時に休んでるの?

2.みんなへの質問

よく病欠する人に対してあぁ、体弱いんだろうなぁって思ってる?それとも僕みたいにうーんまぁサボりたいんだろうなぁって思ってる?

職場の人は割と「まぁ〇〇さんは体弱いからね」って同情的なコメントするんだけど、本心はどうなのかな。僕もそうですね、って表向きは同意するから、みんなの本心が知りたい!

追記

沢山のブコメトラバありがとうございます

うつる病気ならこないで欲しい」という意見が多く、その点反省しました。

また頻繁に休まなければ(日頃の行いが真面目なら)多くの人は当日連絡で休んでも何とも思わない事が改めてはっきりとわかったので、質問して良かったです!