「雇用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雇用とは

2016-05-20

三菱自動車の防いで一番に驚いたこ

公称値を鵜呑みにしている人間がこれほどまでに多いということ。

未だかつて公称値があたっていた試しなんてあったか

携帯電話の待ち受け時間パソコンの処理能力食品記載されているカロリー表示、アイドルスリーサイズ、車の燃費

あぁまたか程度に思ってたのにこの大騒ぎ。

日本民度の方が心配になるよ。

ただ心配なのは、そうしたカタログ全ての嘘がこれから暴かれていくってことだ。

震災二回食らった上に、ここで企業責任問題あげつらい始めたら日本経済は本当に終わる。

本当に本当に本当に終わる。

どれだけの雇用が止まってるかわかってるか?

いかちょっと冷静になろう。

一部の貧困から抜け出せないノイジーマイノリティによって、この国は今滅ぼされようとしている。

誰の責任かを追求してたって状況は何一つ改善しない。

必要なのは不正を正すために生産を止めることではなく、カタログをいちいち気にすることなく消費することだ。

2016-05-19

女性社会進出共働き』ってのが諸悪の根源だと思うわけ

しかたらみんな分かってることかもしれないけれど。

今の世の中って、専業主婦/夫を増やしたほうがいいんでないの。




今ってなんか大変じゃん。非正規低賃金仕事ないやつ。

あと女性社会進出共働き保育園不足。

ここらへんの最大の問題って、共働きだと思うのね。


そりゃぁ低賃金から共働きも仕方ないじゃん。

でもさ、ただでさえ仕事がない時代なのに、

なんでわざわざ男も女も全員仕事しようとすんのかね。

企業としてはいっぱい雇うためには低賃金に抑えるしかないじゃん。

ていうか逆じゃん。路頭に迷ってる奴がいっぱいいるから、

低賃金でも仕方なく働こうとするわけ。ブラック企業大躍進なわけよ。

で、単身男性も単身女性も金がないわけ。だから結婚もしないわけ。

結婚しても金ないし子ども作らないじゃん。少子化も進むわけ。未来真っ暗なんよ。




もうやめようや。女性社会進出の名の元に、社会みんなで首絞め合うの。

今の女子大生って、3割以上が専業主婦希望なんだって

男もさ、女性が稼ぐから専業主夫やってくれって言われたら、嬉しい男も実は結構いる時代だろ。

別に社会に出て自己実現!』とか言ってる人を止めたいわけじゃないよ。

そういう人はもうバリバリ働いて欲しい。後顧の憂いを専業主婦/夫が受け止めようや。

女性社会進出した分、男性社会から撤退するわけ。

っていうかそもそも主婦/夫が社会進出してないとは思わないけどさ。




国としては、今はこの話と全力で逆方向に進んでて、

女性社会進出支援だとか、子育て支援だとか、すげーお金使ってるじゃん。

それで税金足らなくて増税してんの。で、低賃金で働く若者から徴収するわけ。

若者搾取する上に少子化って。日本無理じゃんこんなの。ほんとに死ぬじゃん。

中世奴隷未来希望を持てないせいで子供を作らなかったって話を知ってるか。


これからはむしろ専業主婦/夫世帯支援して欲しい。

どんどん働く人数減らしてこ。そしてブラック企業は潰れろ。

企業減らして一人あたりの賃金上げたほうが絶対いいって。

非正規低賃金無職も減って、保育園もいらなくなるじゃん。

欲を言えば、今の共働き家庭の賃金が一人で稼げるくらいの賃金になってほしいね

まぁ無理なんだけど、だからその部分をしばらくは国がサポートすればいいと思うんです。




やっぱりまずは専業主婦/夫の価値を知らしめないといけないよな。

単に家事価値とかじゃなくて、専業主婦/夫こそが雇用を創出するんだ。

『俺が働かないことで、俺の代わりに誰か一人が職を持てる。

 俺はそういうことに幸せを感じるんだ。』

ってAA見たことあるだろ。今こそあいつの力が必要だ。

まずは専業主婦/夫がいかに素晴らしいか啓蒙してこ。

特に専業主夫。肩身が狭いとか、世間の目が気になるとか、今はそういう風潮なのも確かだ。

でもそれで日本破滅するのは困るだろ。本末転倒じゃん。

この辺りをぜひ、国を上げて意識改革して欲しい。

分かりやすいのはカネだよな。20代、30代で専業主婦/夫になったら給付金くれ。

特に専業主夫期間限定でいいからさ。トータルで得するなら増えるぞきっと。

今なんて家電は便利だしネットレシピ掃除ポイントなんて山程載ってる。

今こそ草食系男子が立ち上がる時かもしれんな。


将来、若い男も女も、稼ぎがあるけど家事できないやつと、

稼ぎはないけど家事できるやつが出てくる。マッチングやすいよな。

って言うか結婚メリットが出てくるわけ。

さらには結婚してどちらかが専業主婦/夫になれば、補助金ももらえる。

雇用は不足していないし、むしろ企業戦士向きの奴が増えて、賃金も増える。

収入が安定して子供検討できるようになる。

可能なら、子供が増えれば増えた分、補助金が出ればいいんだけどな。

専業だと仕事側が倒れるのがリスクから、万が一の病気には保険で備えてくれ。


年金問題とか後期高齢者医療問題とかあるのは分かってる。

でも、長い目で見た時の最大の解決策は少子化対策だと思ってる。

そのためにまずは若いやつに金を稼がせてやってくれ。お願いだ。




まぁ最大の問題はガソリーヌ山尾みたいな女性社会進出議員だけどな。

専業主婦/夫支援法案なんて出したら白目剥いてツバ撒き散らしながら

『ジョセイサベツ』『ダンソンジョヒ』しか喋らなくなるだろう。

うっせーな。専業主夫も増やせって言ってるだろ。


ガソリーヌはジョークにしても、まぁ厳しいよな。

現時点でこんな提言してくれる政治家はいないだろ。

から日本は終わる。今までのツギハギだらけの治世じゃもう限界だ。

誰か賢い政治家いるだろ。ちょっとでもいいから耳を傾けてくれ。頼むよ。

交通違反通報アプリ

今朝思いついた

スピード超過運転してる乗用車とかトラックとか。

交通違反しているトラックとか。

すぐに通報できるスマホアプリってあるといいね

交通違反罰金厳罰化増額して通報した人に

一部報奨金として還付すれば

暇な学生とかせっせと通報するのでは?

写真の露光時間などから速度は類推できるし、・・

そこは警察さんが適当有罪認定して

罰金取り上げればいいし、免停バンバン出して欲しい


これがもたらすメリット

☆暇な貧乏人の収入源になる。

交通事故が減る

交通量が減り渋滞緩和

トラック運転手などが休職になれば その分雇用が増える

安全社会

2016-05-18

公務員給料もっと少なくしてもいいと思う

公務員は他の職業より安定しているんだから、その分給料は少なくていいと思う。

給料を少なくした分、人数を増やして雇用対策したり、労働時間を減らしたりすればいいんじゃないか?

営業って嘘の塊だよね

客の懐具合を営業トークしながら探って行く

誠実そうな対応で、ニコニコしながら、時には神妙な顔をして心配したふりをする

そうして聴きだした年商年収、借入状況、雇用人数、得意先の件数等の情報を元に2~3プラン用意する

現実的じゃないが客の希望が全部詰まったプラン最初提示して、気持ちを高ぶらせる

少ししてから「でも社長、こんな高額だと買った後の返済キツイくないですか?」「現実的にはこちらでしょう」

とか言っちゃって、会社の儲けより、あなたの事が心配アピールすると同時に客のプライドを少し傷つける

そのプランは、実際にはそれでもまだ現実的じゃない、客の財力では一杯一杯の商品

それでも、以上のやり取りの後だと、「現実的にはコレかもね」などと言ってくる

その後は、今週中に契約頂ければ、~の仕入れが安くて済むので5%ほど値引きできますとか嘘ついて早期契約に持ち込む

5%の値引き分なんて最初から見込んである

2016-05-15

墓場勇者

勇者が増えてゆく棺桶を使ってタクティカル魔王居城を目指すアクションRPG

仲間の復活は不可能で、死んだものは基本棺桶利用。

但し敵は出現するので何人殺して何人生かすかを考えないと雇用する酒場との往復が増えてランクが落ちる。

棺桶は積み上げる、横並びにする、縦に立てる、トランプの城のように積み上げるなど多彩なパズルアクション可能

攻撃に使う場合押しつぶすこともできるが非効率なので基本的に死亡前の仲間を使うことになる。

仲間はセミオートで右レバー入力時だけ操作可能。LRでキャラ入れ替え。

仲間操作時には主人公が硬直するのでうまく動かさないと死んでしまう。



という妄想

2016-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20160512193707

リソースなんてのは日本消費税課税方式と同じで

高額所得者が受けたリソース恩恵の総量から

雇用仕事発注によって社会還元させたリソース差し引いた純量だけが

実質的高額所得者が被っている恩恵と言えるのであり

従って高額所得者納税額が安いかいかはその純量との比較検討すべきであるのであって

あんたの発言は人を意図的ミスリードする詭弁と言わざるをえない。

社員雇用する為に必要な経費

社会保険料福利厚生など正社員雇用する為に支払う必要のあるお金を「社員雇用する為に必要な経費」なんて言うけど、それって違和感がある。

それを会社が払ってるみたいな感覚があるみたいだけど、その金は社員が稼いできた金のはずなのに、会社が払ってると云うのはおかしいと思うんだよな。

会社が払ってるんじゃなくて、社員が稼いできた金を一回会社に納めて、それを会社が振り分けてるに過ぎないんじゃないですかね。

企業家さん達が自分の財布から払ってるみたいな物言いするのは会社に入ってきた金は自分の金みたいな感覚があるみたいだけど、それって会社の金を経営者の金だと勘違いしてるんじゃないかな。個人経営だとありがちだとは思うけど。資本以外の会社の金は社員が稼いできた金じゃん。会社が払ってるなんて感覚おかしいと思うんだよね。

2016-05-11

28独身貯金700万円。このまま現預金を増やし続けたとしても、加齢して雇用されるのが難しくなった頃に

ハイパーインフレ日本円価値暴落したら終わりだなと思っている。

金融商品投資しても元本割れリスクはあるし、投資世界では3桁万円など端金に過ぎず、特に金融リテラシーの低い層はカモ。

そして不動産人口減で勝ち負けがはっきりするだろう。勝てる不動産は私の資本力・信用力では手が届かないし、

買い手のつかない低付加価値不動産の所有者になってしまったら身動きがとれなくなる。

確実な投資対象としては心身の健康だろうが、とにかく金を積めばなんとかなるというものでもない。

どちらかというと「不健康要因を避ける」スタイルになってくる。

 

一昔前は、企業内に社会保障システムがあり、マネーリテラシーが低くても生きられる時代だったのだなと思う。

キャリアプラン会社が考えてくれて、会社費用研修をやって育ててくれる。

研修費用天引きされているようなものから手取り12万円とかになってしまうが、社宅もあるので現金がいらない。

現金を与えられても飲み代やゲーム風俗などで浪費するだけだから、老後のために会社管理した方が後々本人のためになる。

労働者結婚子育てをする年齢になると、本人の働きが良くても悪くても年功序列給料が上がる。

パフォーマンスの高い若い社員が「相応の給与」をもらえないかわりに、パフォーマンスの悪い低い社員の子供が泣かずに済む。

企業能力の不均衡を調整する役割を担っていたため、一億総中流が実現したのだと思う。

 

今後は、事務ルーチンなどの中途半端頭脳労働が失われ、肉体労働容姿感情労働・一流の頭脳労働が残るのではないか

肉体もダメ容姿ダメコミュニケーションダメ、という人たちはどこでも雇用されなくなる(一流の頭脳労働者は肉体もタフだ)。

パフォーマンスが低い人は、居るだけでコストが嵩む上にパフォーマンスの高い人の意欲を減退させるため、雇用されなくなる。

企業が、パフォーマンスの高い人が稼いだ金をパフォーマンスの低い人に分配して、

パフォーマンスの低い人にも子供を育てさせてあげる時代は、もう戻ってこないと思う。

企業は国のインフラを利用して商売をして儲けているわけだからタックスヘイブンに逃げてはいけない。

企業は、パフォーマンスの低い人を雇う社会的義務から逃れるかわりに、法人税をちゃんと払い、国が再分配役割を担うのが筋だと思う。

しかし「パフォーマンスの低い人同士の婚姻により誕生し、再分配制度に育てられた子供」が幸せなのかわからない。

弱者の傷の舐めあいで出来た人間より、パワーカップルの間に生まれ人間の方が、人生幸福度が高いのではないかと思う。

2016-05-10

正直今の日本殆ど雇用ミスマッチじゃないかと思う。

引きこもりPCスキルに秀でているのに肉体労働しか道がないし、元医者がまったくの異業種に面接に来ていて驚かれたこともあるとか。

現状成果がない人のスキルを明確に見ぬくダイアグラム的なものがあればいいのにね。

日雇い派遣会社から、引き抜きの事情聴取を受けた話

まずは状況説明

まず、結構話がおおごとになっているなというのが、メールを見たとき第一印象

  「会社間の基本契約にある人材の引き抜き禁止の項目に抵触する行為であり、事実確認を行っている」

  「先方様とは全国各拠点でお取引を頂戴している状況であり、万が一事実とすれば、全国的トラブル案件になる事案」

などと、仰々しい言葉メールには並んでいた。


しかし、X社の立場からすれば問題がある行為だというのは分からなくはない、分からなくはないのだが、何というか、そこまで堂々と言えることなのかなとも、正直思った。

上記のとおり日雇い派遣というのは現在法律上禁止されている(例外もあるが今回のケースは該当しないと思う)。それを当然理解していて、一日ごとに雇用契約を結ぶなどという姑息手段法律スルーして、実質的日雇い派遣継続しているX社は、後ろ暗い気持ちはないのかなと思う。まあこれは、派遣先のY社も同じ穴のムジナなのだが。

ああ、同じ穴のムジナだからこそ、仁義として大事商品、もとい労働力横取りするとはけしからんY社め、というそういう意図なのか、X社としては。メールによると会社間でそういう契約が結ばれていた(そこは別に自然ではない)ようだし。そのあたりの詳細は、スタッフにまでは知らされてなかったけど。


ちなみに、Y社の直接雇用就業条件は、雇用される側としてみれば、X社と大きく異なるわけではない。

X社の給与は時給1050円。Y社の給与は時給950円、ただし加えて交通費支給、各種保険あり、制服支給あり、条件により有給休暇等あり。要は、Y社にすると時給は下がるがその他の補助でトントン、あとアルバイトとは言え日雇いよりは安定してるよ、というあたりがメリットか。


Y社の「勧誘」というものがどういうものかというと、これもそこまで大げさな話ではない。「ここだけの話だけど」とベテランバイトさんに言われて、「よければ詳しい話を社員さんから」という感じで採用担当社員簡単に話を聞き、「もしその気があるなら改めて(通常のアルバイトと同じように)求人に応募してください」と言われたという程度。強制とか(勧誘を断ったことによる)嫌がらせとかはなかった。


気持ちとしては、たまに電話で話す程度のX社の社員よりも、同じ仕事を一緒にしているY社の社員さんやアルバイトさんのほうがよく話すし仲もいいし、もしもどちらかの味方につけと言われたら、自分はY社に味方する。今の自分立場はX社のスタッフの一員なのだから、その意味では筋が通らないのは承知の上だが。


それにしても、誰がX社に勧誘の話をチクったんだろう。そんなことをしても何の得にもならないと思うのだが。むしろ、これが元でX社とY社の関係が悪くなり仕事がなくなれば、困るのはスタッフのわれわれのほうなのだが。勧誘されたときも「ここだけの話」的な雰囲気はあったはずで、そこは空気読めよ、内々にしておけよ、と文句も言いたくなる。こんな状態では、たとえ今後Y社の仕事があっても、雰囲気を考えると行き辛い。

シンママ離婚原因74%がDV

ヤバ過ぎ。

住所移動すると追いかけられるせいで手当も使えず正社員雇用も出来ない世帯が全体の6割。

まりDVが原因で貧困に陥っている。

厚生労働省統計母子家庭養育費慰謝料に不払い家庭は70.3%。

家庭裁判をした場合強制執行により差し押さえられるがDV場合、ほぼ家庭裁判での離婚は無い。



これを見ると全ての数値がほぼ一致している。

まりDVにより離婚養育費慰謝料を貰えず隠れて生活しているために手当、正社員雇用不可能になっている。

ちなみに日本は家庭の問題に介入しない風習が強く、DVで有っても被害届受理しない傾向に有る。

また被害届を出す事によりDV悪化することを恐れ提出できない家庭も多い。

日本では事件が起きてからで無いと警察は動かないため、殺人に発展することもしばしば。



またこれらは日本儒教思想である女性蔑視からも来ていると予測される。

日本ではDVくらいで離婚した方が悪い、離婚した女は罰を受けるべきという意識が根強い。

パナマ文書騒動

読んだり見聞きしてると、なんかアレ、気持ち悪い。

奴隷の鎖自慢みたいな意見がすごく多いように感じる。

違法でもなく節税してるんだったらいいんじゃないのって思うのだけれど…

高い税金払ってもあちこちにばら撒かれたり、使われもしないナニカの費用

充てられたりするんじゃないのって思うし。


それなら節税して溜め込んだ分を、事業投資外国企業の買収とかでバンバン

使ってもらって、会社を拡大して雇用を生み出してもらったり、利益を追求して

今よりも高い賃金を払ってくれたりする方が結果的には税収も増えたりして

良いんじゃないの。


なんて思ったけど、実際どうなんだろ?

2016-05-09

中年男性パート存在しないのか調べてみた

少ないが実在するようだ

男性です。 31歳でスーパーパートタイマーをしています

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12110945367

 

 

ニートと言われて。

当方32歳独身男性パートタイムスーパーで働いています

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10134808315

 

 

そんなパートタイマーの中に、30代後半の独身男性がいます

50代主婦が中心のパートの中で何かと頼りにされています

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1104/273578.htm

 

 

パートに応募してくる中年男性は使えない?

 最も大きな理由が「中年男性パート希望者は使えない奴が多い」という企業の考えがある。40代50代の男性といえば、まさに働き盛りで、普通正規雇用家族を支える大黒柱となるのがスタンダードとなっている。しかし、そこから外れた男性は、例えばリストラをされたり、ずっと非正規雇用期限が切れてしまったり、専業主夫をやっている人や、そもそも正規雇用で1日8時間も働きたくない人など、一癖ある人材が多い。

 少し考えてみれば、このラインナップで実際に使える人材、使いやす人材はとても少ないということが分かる。そもそも男性プライドが高く、他者、すなわち正規雇用バリバリ働いている同年代男性自分を比べて卑屈になっていることが多い。中には「嫁が稼いで自分子育て」と割り切っている男性もいるが、どうしても女性パートに比べて扱いづらい。

http://www.hazimetetensyoku.com/entry/2014/12/24/172025

2016-05-07

知られてないのかな

業務改善すべき点を一定数以上挙げられる」という質問YESと答えた人は正規雇用よりも派遣雇用の方が明らかに多い

しかYESと答えた人で「その改善すべき点を一つでも提案したことはあるか」という質問では、派遣雇用YESと答えた人は極めて少ない

...という調査結果を提出したらクライアントから仰天されたんだけど、そんなに驚くようなことなのか

身の回り年収200万前後人間しかいない

それって特別なの? 身の回りの人が貧しい人ばかりで、

ニュースで景気がいいとか日本の平均年収300万とか別の世界の話に聞こえてしかたない。

 

就職氷河期新卒正規雇用の職を貰えず、非正規で食いつないでたらそのまま30代半ばとかアラフォーとかそういうヤツばっかり。

 

昔なら、そういうプー太郎家業を継ぐとかそういうゴールがあったけれど。地方産業が死んで地方仕事がないから

家業持ってる人もだいたい廃業してて、家業すら継げない。

 

ゴールデンウィーク10連休とかニュースでやってるけど、非正規雇用は不定休なことが多いから

そもそも土日祝日とは無縁で、連休なんかそうそう取れない。有給だって余るほどあるのに、会社規定で一ヶ月に二日とか

決まった数以上取得できないので、余った有給は使われず消えていく。

 

正規雇用だった知り合いも、親が介護必要になったせいで仕事を辞めて実家に戻って、親の少ない年金暮らしながら介護してた。

親が死んで復職しようにも、マトモな仕事がなくて非正規雇用の安い仕事でなんとか生きながらえている。

待遇のいい職業でも退職したら、元のレールに戻れない世界介護するひとや育児退職する人にはあまりにも厳しすぎる。

家庭の事情退職したら一億総活躍なんて夢のまた夢。

 

独身なら、趣味に金つぎ込めて貯金できる程度の年収のヤツもいるけど、そういうヤツは実家暮らしだし。

都会で家賃とか自己負担だと立地によっては年収200万だと辛い。

でも、学生時代から借りていた賃貸を引っ越すにも、親が年金生活保証人にならないので、連帯保証人が立てられず引越しすらままならない。

 

こういう人って世の中では少数派なのかな。

みんな正規雇用で30代なら年収300万なんて余裕で超えてて、子供作るには厳しいけど結婚できていて

そういう人間ばっかりなのだろうか。

 

俺と似たような生活してる友達が、体調を崩して生活保護貰ってなんとか食いつないでいる。

体壊したら、俺も似たような状態になるんだろう。

2016-05-04

就活落ちても日本は死にません。自分死ぬだけなのです

就活落ちた日本死ねというブログが注目を浴びましたね。

このブログを読んだ上でこれだけは言いたいと思って書きました。

どれだけ喚こうが、どれだけ叫ぼうが日本は死にません。自分死ぬだけなのだということです

 

筆者の意見には否定的な反応が多いようですが、私は同情を覚えずにはいられない。

何故なら、私も筆者と同じような心境に陥っているからです

 

 

私の状況をお話しますと、学生時代就活をしていましたが、内定を頂けず、現在既卒での就活を再開しています。私は10社ではなく20社ほどに絞って就活をし、筆記テストグループディスカッション、一次面接二次面接ときには三次面接とくぐり抜け、10社最終面接にたどり着きました。そして、全て最終面接でお祈りをされることになりました。最終面接10社辿り着けたということは、最低限の学力コミュニケーション能力理解力等は自分にはあるのでしょう。しかし何らかの理由で最終面接だけは通過できなかった。その理由は何なのか?フィードバックを頂いても、定まった答えは返って来ませんでした。自分の中でこれだ!と言った答えも見つからないままです

 

 

私が何を言いたいのか。

それはどれだけ勉強をしようが、コミュニケーション能力を磨こうが、インターン自己分析企業分析OB訪問等の就活の準備をどれだけしようが、どれだけ○○をしようが落ちるときは落ちるということです。なので、まだ10連続なら大丈夫。私のように落ち続けて既卒になった者もいます生存競争において淘汰されるべき者はあなたのずっと下に存在します。

 

そういった感情論とは別に、筆者は日本雇用問題に関して指摘をしている部分もあります日本においては人材ミスマッチ率が非常に高く、そして雇用満足度も低いという問題があります日本はここ20年、経済成長果たしておりません。諸外国と比べると、日本物価はどんどん安くなっています

日本GDPが成長していない理由。それは雇用だけの問題ではないでしょう。生産性の低さ、消費の停滞、労働者数の減少、終身雇用によるチャレンジのなさ、ただパイを奪い合うだけの長時間労働・・・様々な問題があります。そもそも、GDP指標にするということが古いのかもしれません。しかし、この企業学生による化かし合いの新卒一括採用雇用ミスマッチ引き起こし満足度を低くしているのは間違いないでしょう。何がしたいのかも、何が向いているのかも明確に定まっていないまま、就職した最初企業でうまくいく確率は低いとは思いませんか?

 

米国若者は18歳から28歳までに平均6.2回の転職を行っているそうです。もちろん、ここまでの転職回数を認めろと言っているのではありません。ただ、転職について、雇用主も雇用者ポジティブに考える事で良い結果をもたらすのではないかということです。何故なら、流動性の高さはマッチング率を高めるからです。新卒一括採用流動性の低さはミスマッチ度合いを高くします。恋人だって何人とも付き合って結婚相手を決めるのに、どうして雇用流動性が低くて満足できると思えるのでしょうか。

 

 

どんな社会構造においても勝つ人と、負ける人は存在します。

運が悪く負ける人になったのか、実力がなかったのか、それは分かりません。

ただ、そこにある事実面接に落ち続けた人ということであり、内定を貰えなかった人であり、それは必ず存在し得る人なのです。

そして、誰が助けてくれるわけでもありません

 

 

誰も助けてくれなくても、家族がいるじゃないか!という意見。ごもっともです。これまで様々な面で経済的援助、精神的な援助をしてくださった両親。非常に感謝しておりますしかし、こと両親の分からない範疇自分で決めたいと考える物事において、両親という存在が必ずしもセーフティネットになるとは限りません。何社受けたの?いつ決まるの?就活してるの?もっと○○したら?いい企業に入れないんじゃないの?など、自分は考えて行動をしていても、必ず親という存在プレッシャーをかけてくるのです。仮に僕が社会人の方々に聞いてきたことが正しいとしたら、中には全くアドバイスにならないようなアドバイスをしてくる場合もあります

 

 

就活人生で悩んでいる子供を抱えている親の方がご覧になっていたら、子供に声をかける前によく考えていただきたいです。あなた言葉プレッシャーになり、子供の心を壊してしまう可能性があることを十分に理解しておいたほうが良いと思います。私のような人間を生まなくてすむでしょう。

 

 

私は分からなくなるのです。自分がどう生きていけば良いのか。自分に何ができるのか。やりたかったことが出来ない人生

しかしたらそこでしか出来なかったであろうこと。先のみえない人生

それは筆者も同じでしょう。その中でもがいて生きていくのです。

日本は死にません。死ぬ必要もありません。自分に何らかの責任があり、自分が自らの失敗を背負うだけなのです。

踏ん張る。駄目なら色々な方法を試す。変化する。それでも駄目だ。

内定を貰うといった、多くの人が乗り越える壁を乗り越えられない私のような弱い人間生存競争において淘汰されるのみ。

私の心に対するプレッシャー閾値を超えたとき、ただ自分死ぬだけなのです

2016-05-03

初めて婚活に興味を持ったけど結婚する意味理解できない

どこのサイトから辿ったかからないが、婚活の注意点を纏めたエントリ(*)を見て、まーた恋愛至上主義者かよwと草生やしたのだけど、その婚活ブログを読んでいくと「特に好きでは無いが結婚した」という主旨で書かれているところに興味を持った(大なり小なり、好きだから結婚するものだと思ってた)。しかし、一通り読んでみても結婚する意味とそのメリット理解できなかった。

(*) http://b.hatena.ne.jp/entry/ameblo.jp/konkatsu-zidai/entry-10322380711.html

生きるため、ならばわからなくはない。一人で暮らしていける安定した収入雇用の確保がなされなければ、意に沿わない相手でも割り切るのも必要なんだと諦めも付く。

しかし(未来のことは分からないが)終身雇用庇護を受け続けられるなら、一人でも暮らしていけるなら一体結婚する意味とは何なんだ。件のブログでは(男性の)メリットについて、周囲が一人前と扱う、人間的に成長する、といった耳に聞こえの良い言葉を並べるが何れも精神的な充足であり、実利的には損をしているように見える。むしろ、親にうるさく言われ、特に好きでもない相手騙し討ち的に結婚することになった自分に対する言い訳めいてすらいる。

会社でも社会でも、結婚して一人前とする風潮・空気があること自体は認める。結婚しないんじゃない、できないんだということはよくわかっているが、いい年した大人なら結婚しておけという価値観は何故消えないんだろう。

どうせ人はいつか死ぬんだ。生きることよりも、いつか死ぬ日のことを思おう。

http://anond.hatelabo.jp/20160503021951

雇用に関しては東京のほうがマシだろ

ただ必要ないものも目に入るからそれらを我慢できないタイプだと生活費がきついかもな

2016-04-24

簡単に解雇出来る社会

雇用流動性比較的高い業界で働いている。

雇用流動性が高いと優秀な人が来ることもあれば、とんでもないペテンみたいな人が入ってくることもある。

んでペテンみたいな人は現場から総スカン食らうもなかなか解雇できないから限界までしがみついた結果、印象の良さと会話や嘘の上手さで転職していく。

で、こういう人って解雇を簡単にできるアメリカとかではどうやって生きているんだろう。

アメリカって前の職場に「彼どうでした?」とかヒアリングしたり、優秀な人には次の職場でも働けるように推薦状を書いたりするっていうじゃない。

ペテンみたいな人は前の職場に聞いても、次の職場で聞いてもやはり同じようにダメ人間だったりする。

男女雇用機会均等法

では、性別妊娠出産などを理由とする不利益な取扱いはダメ―って言ってるけど、

雇用側は、全部ひっくるめて、あなた個人の能力理由だと言い張るだけなので意味が無い。

入社数年経つと1年間使えなくなる社員

マンコが付いてる生き物は必ず結婚産休育休のリスクがある

当然給料雇用体系でチンコ差別して、リスクを減らす




効率で考えたら当たり前なのに、私も人間からどうしても納得できない

2016-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20160423234412

人事のコンサルなんで、うちの会社だけという話ではないし内定カット新卒雇用問題のそれとは別の次元の話をしてる気がするが、組合の兼ね合いだったり、大企業雇用慣行などとは違う部分も多いのも確かなので、まあね。

2016-04-21

仕事きまったー

市役所だー。

3月に試験があって、「次点なんで名簿登録ときますね」とか合否通知に書かれていたから諦めて、別の仕事探すか、とかもぞもぞしていたら、今日になって「辞退した人が出たので・・・来れます?」とか聞いてきたー。

即答で「行きます」って答えた。

嘱託なので給料は20万固定。雇用労災健康、厚生に入るから手取りもっと少ないけどな。1年更新仕事から更新してくれるのかという不安もあるけど、何より無職から転生できたのがありがたい。やったー。

あと、何げに年間休日数が149日とかなっててびびる。役所すげー。

色々資格持っててよかったー。

2016-04-17

新卒だけど2回休職して仕事辞めた

24歳、女。


新卒で入った会社を2回も休職して辞めた。

その事についての罪悪感だとか、自分の不甲斐なさだとか、そういったもの自分の中で折り合いがついていないのでここに書く。


一回目に入った会社は高級志向小売業

私はそこで販売職として入社大卒販売職か、と思われるかもしれないが、接客が好きだし、人事もとても感じが良く、良い企業に入れたと喜んでいた。

自分で言うのもなんだが、私は同期の中では学歴が高い方だし、研修中は積極的発言し、プレゼンもよく褒められていたし、私は人事から期待されてると思った。

事実、配属は会社花形ブランドの売上の多い店舗になった。


しかし、そこの店長ちょっとおかしかった。

50代男性。売れないと、あからさまに機嫌が悪い。他ブランドをけなしまくる。舌打ちをする。あとは特定されてしまうので詳しくは言えないが、あまりにも態度が悪すぎて、百貨店をクビになったこともあるらしい。色々問題はあるものの、大きな店の店長を任されていたのは、販売員としての実力があるからである。(いくら実力があるからはいえ、問題のある社員を大きい店の店長にしている自体会社おかしさに気づくべきだった)

先輩も、ちょっと変だった。

50代女性。何か話しかけると、常に返事は「は?」。

全然接客しないし、パートさんとおしゃべりばかりしていた。商品の知識は、聞いても大体分からない。

勤務中に、定時前なのに勝手に帰ったこともある。私の事を生意気生意気言い、話を大げさにして悪口を広める。


今思えば、他の先輩も非常識だったり失礼なヤツが多かったと思う。

しかし、悪いことばかりではなく、職場では私はすごく若かったから、みんなに可愛がられたし、楽しいこともたくさんあった。

その問題ある店長も、表では怖い顔しながら、裏では私のことをすごく褒めていたりしたらしい。

私は、売上も良かった。他の先輩が、本当によく頑張ってるよね、と声をかけてくれたこともある。


しかし、店長や先輩の当たりはやはりキツかった。

人事に相談して、上から店長に注意してもらったりした。

店長の態度は少し良くなったが、売れないと睨むなどの威圧的な態度は変わらなかった。

50代女性も相変わらず悪口を広めるし、何か聞いても「は?」だったが、もう諦めることにした。


あと一人、嫌な人がいた。

40代女性パート。表では、私の事を可愛い可愛いいうくせに、私がミスすると鬼の首をとったかのようにみんなにミスを広める。

特に、お局的パートにすぐに言いつける。肌荒れてたり、唇が乾いてたりすると、「うわー肌荒れてるねー!」とか、「唇ガサガサだね!」とか言ってくるのもすごく嫌だった。


でも、人事には今の状況は再三言ってるし、注意もしてくれていた。

自体は好きだし、仕事も慣れたところだし、異動する気はなかった。


上司が嫌だとか、職場に嫌なヤツがいるというのはよく聞く話だし、こんなものかと思っていた。

色々辛かったけど、「こんなもの」と思って受け入れることにした。


しかし、段々と、私はミスが多くなっていった。

そして仕事のやる気も下がっていき、ほぼスッピンに近い状態で出勤したこともあった。

あと、仕事で怒られて家で泣いたり、家族に当たったりすることも多くなった。

仕事に身が入らないからミスをし、それを怒られ、また仕事に身が入らなくなるという負のスパイラルであった。


そんなある日、私は職場にいけなくなってしまった。

職場に行こうとすると、涙が止まらなくなってしまう。

その日は体調が悪いと言って休み、次の日もいけず、これはヤバいと思い精神科に行ったら「休職しなさい」ということで、それ以来この店では働いていない。

人手不足の中、私が急にいなくなったことでどんなに迷惑しているだろうと思うと本当に死にたくなった。

2週間くらいは泣きすぎて記憶が無い。1ヶ月経って、精神科先生に働いてOKと言われたので、異動して働く事になった。

お世話になった店に、挨拶に行ったら、お局的パートに「あんたみたいなのは異動先でも生意気なこと言って殺されるわよ」と言われた。怖い。


次のお店は、人は本当に良い人だった。

生意気だなんて、一回も言われなかった。

しかし、私はうつになりかかってしまったのか、能力が驚く程落ちてしまった。

とにかく、忘れっぽくなってしまったのである。言われた指示を、最後まで聞いて、覚えて、実行するということがさっぱりできなくなってしまった。

今度の店長はすごく良い人だったが、さすがにイライラしていた。

また、通勤中や、お店に立っている時、動悸がした。

非常に疲れやすく、駅のホームでしゃがみこんでしまうこともあった。

家に居る時も、何にもないのに涙ぐんでしまう。


お客様笑顔を向ける、ということもすごくしんどくて、ついに感じが悪いというクレームも来てしまった。

本当に本当に、みんなに迷惑をかけてしまった。

まともに働けていないし、仕事を辞めたいと店長相談したところ、人手不足なので辞めてほしくない、退職はいつでもできるから、また休職してはどうかと言われた。

精神科先生とも相談し、ここで私は2回目の休職となる。


2回目の休職では、休みに入った途端、色々な抑うつ症状がいきなり治ってしまった。

今まで、期待に応えなければいけない、新卒で入った会社はなるべく辞めない方がいいという考えに縛られていたが、その限りではないのではないかと思った。

見たところ、店長は色々なことが求められるわりに見返り(給料)が少ない。

最初は、私もゆくゆくは店長となり、店を引っ張って行こうと考えていたが、これは、あまり良い道ではないかもしれない。

現に、前の店長も、今の店長も、辛そうだったではないか。

それに、第二新卒で辞めた人は何人かまわりにいるが、みんな普通に働いている。何とかなっている。


これは、この休職中に求職するのが得策ではないか?


そう思い、早速転職エージェント登録し、転職活動を始めた。

なかなか上手くいかなかったが、私はとある企業営業職に内定をもらい、そこに勤める事にした。

当然、今の企業退職することになる。


退職について話し合った人事は、私が就活ときからお世話になっていた方だった。

私が退職をしたいというと、やはり暗い顔をした。

しかし、私の意志が固いのをみると、「分かりました、また機会があれば一緒に働きましょう」といって退職を受け入れてくれた。


短い間だがお世話になった2回目のお店にも、退職になった旨をご挨拶に行った。

社員の中には、私が一人前になったら辞めようと思っていた人もいて、帰ってこなくて残念だと言っていた。


これも自分決断なのだが、やはり、今でもこのような退職をしてしまったことについて色々思う事がある。

2回目の休職の時、企業専門医と話をした。

規則正しい生活をしているか食事は3食しているか、先輩が私に意地悪だったのは、私にも原因があるのではないか。

日々の生活時間を書くように言われた紙を、さも規則正しく生活しているように、雑な字で出してしまった私。

日中やることがないのに、規則正しくなんて生活できるはずがなかった。休職中は、絶賛昼夜逆転中だった。

その紙を見た人事は、絶対、嘘を書いていると見抜いていたと思う。そういう顔をしてたから。


1回目の店では、ひどいことが色々あったけど、楽しいことも色々あって、意地悪な先輩も優しいところもあって、辞めたいとは思っていなかったこと。

その先輩達に、大きな迷惑をかけて辞めてしまったこと。

2回目の店では、今度こそ頑張ろうと思っていたこと。でも、ダメだったこと。

めちゃくちゃ覚えが悪かった事。そのせいで店長を顔が引きつるほどイライラさせてしまったこと。

人手不足の中、休職に入ってしまったこと。


会社の期待に沿えなかったこと。


なんでこうなっちゃったんだろうな、どうすれば良かったのかな、と、今でも思う。


しか皮肉な事に、あれだけ企業専門医に「規則正しい生活をしなさい」と言われていたのに、休職中はまったく規則正しい生活はできず、新しい会社に入った今、11時に寝て7時に起きる生活ができている。

そもそも、販売職は早番遅番の日があるし、規則正しい生活は難しいのではないか。

今は、なぜか実行能力も上がり、帰ったら資格勉強なんかしてしまっている。

資格を取ったり、上に行けば行く程見返りがドンと大きい仕事をしているかである


仕事なんて、してみないと分からないことだらけだ。

思えば、もっと雇用流動性が強くて、「新卒はすぐに辞めると良い目でみられない」などの偏見がなければもっと早く辞めたのにな、と思う。

少なくとも、いきなり会社にいけなくなったりすることはなかった。


今は体調良いし仕事もまあまあ上手くいってるから順調だけど、未だ前の会社のことは1日5回以上は考えてる。

その度にああでもないこうでもない思ってる。

未だにふっきれてない出来事から増田に書いてみた。