「雇用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雇用とは

2016-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20160928011108

震災なんて大した傷じゃない。日本人口が何人だと思ってるのか。

原発事故がなければ極端な話、雇用創出でトータルプラスすらありえた。

実際は「少子化」と「東京一極集中」が原因

子供が居ない社会未来はない→未来がないことがわかりきっているので誰も未来を見ない考えない→広義の投資が起きる機会が失われる→資本主義社会の前提が崩壊貧乏国家

子供東京に行くから未来がない→同上

これが全て。

2016-09-27

自分給料をもらっているほどの仕事をしていると思えなくて、苦しい。

自分より遥かに少ない給与をもらっている現地雇用スタッフの方がプロジェクトに貢献していること、

プロジェクトをまとめ上げる力のある同僚が、家庭の事情プロジェクトに入れず、

チームリーダーと揉めていたりするのに、

自分は彼らよりいい条件でプロジェクトに関わっているのに自分能力不足でアウトプットがなかなか出なくて苦しい。

何をしたらいいかが明確でないTORを与えられ、自分もそれに甘えて思いつくままに従事していた付けが来ている。

ワイ、某公的機関パート

はてなブックマーク - 【悲報】ワイの職場、25年務めたパートのおばさんが辞めそうで現場大パニック【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】

ちょっと前の記事だけど読んだ。ここのブコメで挙がってる疑問や意見勝手に答える。



このおばさんが正規雇用じゃないのなんで

ウチの職場と同じなら、たぶん正職員になるのに公務員試験と同等の筆記試験小論文面接必要

公的機関だと正職員はほぼ公務員みたいなもんだから…。

また、正職員になるとジョブローテーションの対象になる(後述)ので、必ずしも同じ仕事を続けられるとは限らないし、転勤もあるかもしれない。

もろもろのリスクを背負ってまで正職員になりたがるパートさんは少ない。上から打診はあったかもしれないけど。



その人がいないと回らない組織がクソ

まぁクソなのはその通りなんだけど、正職員ジョブローテーションのために、長くても2~3年で異動してしまうという事情がある。

あとは上部機関からの出向だったりで、とにかく一つの職場に居つかない。

そうすると10選手20選手パートさんの方がよほど業務に詳しく、正職員がお伺いを立てる状況が発生する。

しかゼネラリストを育てるためとは言え、短期間でじゃんじゃん異動させて意味があるのかね?

(補足すると、正職員さんたちは流石に優秀で、短期間で業務理解して破綻なく回しているのは本当にすごいと思う。

ただ一方で前例主義と言うか、過去案件を参照することがすごく多いので、そうすると必然的パートさんが頼られるわけです。)



この問題職場が変わればいいね

変われるよ、現に俺は変わった。主に法改正で。

ウチの職場ではすでに、無期雇用ではパート職員採用していない。最長5年。

さらに、平成30年3月はいわゆる「平成30年問題(※)」で大量の雇い止めが出る模様。

(※改正労働契約法(H25.4)で勤続5年以上の契約パートを無期雇用に転換するというルールになったものの、無期にしたくない雇用主が施行から4年11か月のH30.3に契約満了にするんじゃねえかという問題。詳しくはおググりください。)

まり

という人員構成になる見込みです。

ヤッタネ!!これで属人化から切り離された職場になれるね!!! 具体案?しらね

かつて無期雇用で雇われた、あるいは頑張って無期雇用を勝ち取るベテランパートさんも一部は残るだろうけど、全体数から見ればごくわずかだろうし、20選手なんかだと60歳定年が迫ってたりするんだなこれが。




ということでH30.4以降、さまざまな職場で「職場を回せるベテランパートさん」すらいなくなる事態が発生するかもしれません。

まぁワイもH30.3で契約満了なんで関係ないですけどねプー

2016-09-25

専業主婦年収換算すると○○万円」問題の最終解答

専業主婦家事場合によっては育児労働年収に換算した場合いくらになるか?

1000万円説や100万円説など様々な言説が流れている。

肌感として1000万円はありえないだろうというのは感じられるものの、では100万円ならどうか。低すぎるのでは?という気がしなくもない。



こういう場合は、適正な賃金決定のプロセスへと立ち返ってみよう。



賃金をもらって働くということは労使契約であり、即ち「○○してくれるなら、××円支払うよ」ということ。

物品や労働価値というのは売る側が勝手に決めることではなく、買い手がいて初めて決定されるのである

(値段をつけるのは自由だが、その値段が適正な価値でなければ決して売れないという意味だ、念のため。)



仮に私がその辺の石ころを拾って「これは100万円の価値がある!」と叫んでも100万円の価値など当然ないわけだが、それを見ていた頭のおかしな人が100万円を実際に支払ってくれれば価値があると言える。

まあ、実際にはそんなことは起こりえないので、当然石ころにその価値はないのだが。要するに、10円でも売れなければ10円未満の価値になるということである






さて、専業主婦労働を分解してみよう。





を、(一般人感覚で)完璧にこなすという仕事に置き換えてみる。ここには異論はないだろう。



労働力を売るときの基本戦略として、「その労働を最も求めている層」に売ることとしよう。

では現代日本においてこれらの労働を最も求めている層とは一体誰か?



そう、主婦たちである彼女達の行っている家事育児を代行することにより、彼女達の時間解放され外に働きに出ることができるのだ!

さて、彼女たちは家事育児代行に一体いくらまでなら払ってくれるだろうか。



彼女たちが「そんなに払うくらいなら自分でやるわ」と言われないギリギリラインを攻めることになるだろう。

子育てが忙しい、ボリュームゾーンとなりそうな2040代までの女性の平均年収を見てみよう。2014年データ確認すると

http://doda.jp/woman/guide/data/a008_3.html

20代の平均年収は322万円。30代の平均年収は385万円、40代の平均年収は438万円である




需要として多そうなのはやはり30代前半あたりであろうか。ということは360万円くらいがボリュームゾーンとなりそうだ。

さて、その手取り額を調べてみよう。

http://heikinnenshu.jp/tokushu/tedori.html

多少の誤差はありそうだが、280万円くらいだろうか。



さて、メインの雇用層になりそうな家事育児に追われる女性たちは、その労働から完全に解放されることで平均280万円ほどの所得を得られることがわかった。

彼女たちはそのうちどの程度までなら支払ってくれるであろうか。



よく言われる103万円の壁家事をこなしつつ兼業主婦としてパートタイム労働に勤しんだ場合、その非課税上限が103万円ということである

フルタイム労働賃金から差し引きしてこのあたりを超えてくるならば支払ってもらえるだろうか?



そうなると280万円 - 103万円で177万円ということになる。

せめて200万円は欲しいような気もするが、どうなのだろう。うーむ、ここはもう一声!とお願いして200万円支払って欲しいものだ。



結論

家事育児労働で得られる収入年収200万円。




いかがだっただろうか?

2016-09-24

お客様神様系の話を見ていると

じゃあもう早くそ自動化するかお客様に全て任せればいいんじゃね?と。

飲食店では無理だろうけど、コンビニとかセルフレジで行けるだろ。

もちろん店員仕事は減るけど0にはならないか雇用は減らないし。

2016-09-22

http://anond.hatelabo.jp/20160922153744

地方都市を少し見習うべきかもね。


県庁所在地あたりは失礼かなと思うときがあるが、

取引は常に対等の意識。へんな客はきていらないの感覚

もっと田舎にいくと店が少なく職人気質もあって

売る側が偉い感じである。ていうか皆知り合いの世界

まあ、適度に適切に自然に。

どちらに偏ってもまた大昔の「庄屋(居酒屋ではない)」みたいになるが。

今は雇用に関しても行き過ぎてるよね。確かに。

奴隷じゃなくて契約なんだから

でもそれは教育崩壊反動もあるかもしれないね

それもまたおかしいけれど。

「金を払う側は貰う側の人格まで踏みにじってもよい」という風潮

取引においても雇用関係においても金融においてもそうだが、なぜか日本では金を払う・貸す側が人格的に上みたいな風潮がある。

たちが悪いことに、公的給付においても給付の可否を判断する公務員が貰う人より人格的に優位に立ってしまう。

たった数百円の金で乗客は駅員を怒鳴りつけ、コンビニの客は店員土下座を強いる。

金を出す側と貰う側は(少なくとも人格的には)対等という建前が守られないのが問題なのではないか

なぜ取引の度に魂まで売り渡さなければならないのか。

本当にどうするのだろ

http://anond.hatelabo.jp/20160921144435


 建設業は未だに社会保険に加入してないのだ、という話。

 具体的に挙げると、職人1人当り仮に20,000円という金額だとする。これは元請(ゼネコン)と専門工事業者(一次下請)の契約単価。

 建設業というのはそもそも重層下請が多い。二次下請、三次下請、四次下請・・・というように多くの事業者がいる。何故ならば、

いわゆる「親方」というのは事業主である。その親方から独立して自分親方になるとその時点で「親方」の下にいる「親方2」となる。

この時点で

専門工事業者-親方-親方2

三次業者となる。もちろん例外もあるが、このような形態独立していく職種が非常に多い。

 これをお金の流れに変換すると

20,000円→18,000円→16,000円

という風に親方2の時点で1人16,000円まで下がってしまう。

 「ピンハネだ」「一次下請、二次下請が不当に搾取している」

 こういう意見もあるだろうが、下請各社が法人税を納め、会社経費を考えると当然の事である。1円も引かずに二次以降の下請に支払えば

一次業者崩壊する。

 では一次下請、二次下請を排除すれば良い、という意見も出るかと思うがこれは違う。

 仮に二次下請である親方2」が独立したばかりで職人は5人しかいない、とする。こうなると今話題豊洲新市場のように大きい現場を「親方2」

が元請から直接受注して施工する事はほぼできない。50人必要なのに5人しかいない。「親方2」が直接受注するには自社の社員をあと45人追加雇用する

か、応援と称して「親方2」の下請けとして複数業者契約しなければならない。

 45人の追加雇用しか派遣バイト禁止されている建設業としては全員正社員。2年程経って大規模工事現場が終わった時に45人分の雇用保証

してくれる現場があるかどうか。あれば良いがなければ全員解雇しなければならない。

 

 長くなったがこういう事情でそもそも重層下請けが多い。

 では16,000円もらえる「親方2」の年商について考えてみよう。

年商

16,000円×25日×5人=2,000,000円×12か月=24,000,000円

だ。社員に14,000円払えば3,000,000円残る。

 会社はこの3,000,000円から社会保険費を拠出し、社員

14,000円×25日=350,000円×4,2000,000円

から社会保険費用拠出する。

 つまり建設業給料社会保険費用を払わない金額の事をずっとずっと言ってきた。何が高年収なのか。「もらった金=手取り」だ。

 長年この状態でやってきた業種が社会保険費用を支払うとなれば、8時~17時の10時間拘束の割りには報酬が低い、という今までずっとそうだった事実

が露呈し、人はいなくなる。しか職人1人当りの単価というのはそもそも国土交通省が指針を出しているので「20,000円が30,000円になれば」というのは

考え辛いし、施主がほいほいと社会保険費用による工事代金の増額を認めるだろうか。八百屋が「大根100円だけど消費税社会保険費用があるから150円

と言って売るものを買う客はいるのだろうか。

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160921072201

もちろんできるよ。

法律上なんら問題ない。

就業規則で決まってる場合は、要相談

また雇用側は変更を依頼する権利がある。

https://roudou-pro.com/columns/46/

自分ことなんだからちゃんと勉強したほうがいいと思う。

ほんとに。

損するのは自分だし、傷つくのも自分

いやいや働いて心をすり減らして得るものはなに?

2016-09-20

http://b.hatena.ne.jp/entry/ameblo.jp/cc2-piroshi/entry-12201495124.html

コンパニオン程度の仕事でも「女を消費する」とかなんとか文句言われるんだから

賤業ってのはホントカワイソウだよな。

奪われた雇用が戻らないし生活保護になったら叩かれるぞ。

そうすると、今度は「叩く空気が悪い、社会が、国家が悪い」と言い出すんだよな。

他人自分らの思い通りに操縦できないと気がすまない連中。

早く死んで欲しい。

2016-09-18

起業して人を雇う立場になって思ったこと

やはり女子社員の方が使いづらいですよ。心も体も弱い子が多い。男性に比べて。元気なときはいいんだけど…

男性は鈍感で頑丈だ。苦しいときも安定して戦力になってくれる。

かと言って男ばっかりなのは嫌だし男女雇用機会均等にしたいのは山々だが、やはり同じようにはいかんね。難しい。

2016-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20160915091912

人間って同じようなことを考えるものなんだな。



俺は33から37歳までWebデザイナーコーダー仕事をしてて金を貯めるために期間工に移った。

半年契約で数カ所をまわって2年弱で300万貯めてから辞めた。

普段ジョギング筋トレをやってたから30代後半にしては体力があってきちんと休息を取れば

次の日に影響するようなこともなかったよ。休日Javaに注力した。



40歳という年齢ではWeb業界での雇用は難しいかポートレート用にAndroidアプリをいくつか作った。

それから3ヶ月くらいはコンビニバイトをしながらブログでの収入で食いつないでたなあ。

Java関連の仕事就職して2年くらいはJava一筋で勉強しまくった。

42歳で自己資本200万で起業してアプリ制作Web制作で今に至るってところ。



期間工でもバイトでもなんでもいいから頑張って現金は持っておいたほうがいい。

今は期間工ときより収入が多いけど何が起きるかわからいからね。

考える前に行動したほうがいいよ。だいたいのことはどうにかなる。

2016-09-12

http://anond.hatelabo.jp/20160910140131

これを書いた奴が気持ち悪いって話。

向かうべき都会位決めさせろよ、飛騨高山高校生の進学etcの先は地元に残る子、富山金沢に向かう子と、名古屋大阪東京に向かう子みんなバラバである

岐阜富山雇用が少ないかもとか岐阜が嫌いなのだろうか。少なくとも岐阜富山よりも私が住んでいる所の方が優れているという勝手優越感を感じる。

田舎者否定できないが、だからこそみんなで出る都会を決めるし(これは友達たらみんなで東京大学行こうねとかになるんじゃないのだろうか)

欠点はある」けど飛騨に残るとかどれだけ飛騨を扱下ろせば気が済むのか

「ど田舎(=飛騨)」とかイチイチ上から物言いしか出来ないのが酷い。貴殿東京以外に住むのならさぞかしど田舎にある欠点がまるで見当たらない素晴らしい所に住んでいらっしゃるのだろう。

田舎(=東京以外)」はくそったれであり、飛騨はそのくそったれの代表であり…と東京コンプレックスを拗らせた人物が下を見つけるために、地元というか自分を救う為、飛騨を見下しているように感じる。

2016-09-10

君の名は。」の東京至上主義死ぬ気持ち悪い(追記有)

君の名は。」を観た。映画としては面白かったが、監督東京至上主義的発想がにじみ出ていて気分の悪い作品だった。以下ネタバレこみでどこが気持ち悪かったか書く。




まず、三葉が飛騨に住んでいるのに東京の話ばかりするところが気持ち悪い。飛騨は一応岐阜の一部であり東海地方であるテレビ名古屋ニュースが入るはず。ならば、まず三葉が向かうべき都会は東京ではなく名古屋のはずである。もちろん、東京名古屋では都市の規模に明確な差があるけれど、「カッフェ」はたくさんあるし雇用も最低限はある。実家の様子を見に行くことを考えれば名古屋就職するという選択肢も考えられるはずで、そこがすっぽり抜け落ちているのが不思議だ。小説版では三葉が名古屋のことを「大きな田舎」と表現する場面があるらしいが、当たり前だが飛騨よりは名古屋のほうが何倍も都会だ。三葉たちが困っていたのは「カッフェ」がないこと、雇用がないこと、訳のわからない因習があることだ。それらから逃れるためだけならば東京ではなく、岐阜市なり名古屋市なり富山市なり近くの地方都市に引っ越せばいい話である。(岐阜富山雇用が少ないかもしれないけれど)三葉が「田舎」を脱出したいという気持ちはわかるが、その向かう先が「東京」である必然性は感じられなかった。

次に、三葉たち糸森村の若者たちが最終的に三人とも上京するというのが気持ち悪い。繰り返し書くが、三葉たちが「田舎から脱出するなら名古屋に引っ越すという手段もある。それなのに三人が三人とも東京に出てくるのはなぜなのか?また、百歩譲って名古屋飛騨と同じレベルの「大きな田舎」だとして、「田舎」に彼らが残らなかったのはなぜか?糸森が消滅したとして、その地元愛着があるなら欠点はあれど飛騨に残るという考え方も抱けたはずだ。特にテッシーは親父が土建屋でその跡を継ぐという選択肢も考えられたはずであり、岐阜就職することもできたはず。東京に行った三葉と地方に残ったテッシーという対比もできたのに三人とも上京してしまうというのが腑に落ちなかった。

そして、彗星が墜落したあとの三葉とテッシー夫婦以外の糸森町民の姿が描かれないのも気持ち悪い。町は半分くらい吹っ飛んだが避難完了したはずで、三葉の妹やおばあちゃん、親父さんは生き残ったはずである。それなのにせいぜい三葉の親父さんが週刊誌に載ったことがわかるくらいで妹やおばあちゃんの後日談はない。あたか彗星によって三葉たち以外の糸森町民は抹殺されてしまたかのようだった。また三葉たちは生き残ったが、糸森という文化彗星墜落によって消滅してしまった。これは瀧が過去を改変する前も後も実は変わっていないように思えた。田舎文化田舎に残った人たちを瀧は実は救えていないのではないか

(そもそもおばあちゃんや妹は生き残ったのかという疑問もある。ラスト付近で瀧が彗星被害について振り返ったとき、彼は「突然の避難訓練によって、奇跡的に『ほとんど』の町民が生き残った」といった。この言葉からわかるのはあの彗星墜落によって少なからず死者が出ていたということである。その死者の中にテッシーの親父や三葉パパや四葉が入っていた可能性も後日談が描かれなかったから十分ありうる。神社土建屋といった「田舎因習」の象徴である彼らを監督は観客にはわからない形で彗星で消し去ってしまっていたのかもしれない。)





自分意見を整理すると以下の二つ

①「君の名は。」の世界には「東京」と「ど田舎(=飛騨)」しか存在しないのが気持ち悪い。地方都市存在無視している。

若者たちは必ず「東京」へ行かなければならず、彼らが抜けだしてしまった「ど田舎」は描く必要がないという思想気持ち悪い。東京は必ずしも「地上の楽園」ではないし、若者たちが抜けだしても飛騨に残った人たちの生活は続いている。「田舎」は「東京」へ向かう若者たち踏み台ではない。

この二つは監督の「東京至上主義から出てきているのではないか東京以外に日本に都会はなく、あとは全て「田舎である。「都会(=東京)」は素晴らしく、「田舎(=東京以外)」はくそったれであり、若者は必ず上京しなければならない。自分は新海監督のファンではないので彼が今までどういう映画を撮ってきたかよくしらない。だけど、「君の名は。」を自分なりに解釈するとこういうメッセージがあるように思えて仕方ない。そしてこの発想は「東京以外」にすむ自分としては非常に気持ち悪い。セカイ系だなんたら言われてる人らしいがその手の批判もむべなるかな、と思ってしまうような映画だった。





・追記

一部ブコメに返信




「miruna 軽井沢田舎ボンボンにはTOKYOあんキラキラに見えるんだよきっと。ファーストフードの豊かさを無視してブルジョア高校生がクソ高いカフェお茶してトラットリアバイトするんだから。」

これは全くその通りだと思います自分がなんでこんな増田を書いたかというと恐らく新海監督は長野のご出身(それも関東圏にかなり近い)なので都会=東京なんですよ。彼の原体験にはど田舎長野)と都会(東京しかない。近くに札幌福岡名古屋のようなそこそこ都会な都市がない。だから地方都市をぶっ飛ばし若者がみな東京にすい寄せられていく話を書いたんだと思います。でもそれは福岡名古屋札幌のほうが東京より近いエリアでは微妙事情が違ってくるはずなんですよね。だから本当はご自身出身である長野東部舞台にされたほうがしっくりくると思います



「Phenomenon あんだけ飛騨を美しく描いてるのにその解釈②はないんじゃない」

この点については「星の降る夜に”『君の名は。』(ネタバレ) - 私設刑務所CHATEAU D'IF http://chateaudif.hatenadiary.com/entry/2016/09/09/232626」というエントリー自分以上にわかやす解説しています

新海誠本人の田舎への郷愁景色のみで、ヒロインの言う「都会に行きたい」、東京大好きが本音というところだろうか。彗星には世界が滅びる鬱映画メランコリア』的な破壊衝動も感じる。人が死ぬ必要さらさらないけれど、場としての田舎は滅び去れ! 災害描写3.11メタファーなのだが、滅びるのが予言通り、みたいな乱暴さもあり、ババアの教えや伝統芸能が、街が救われることプラス自分恋愛のために存在した、というのはすごいナルシシズムだ。 ”

ヒロインや友人ら主要登場人物はみんな東京へと去り、親以上の世代のその後は語られないあたり、まさに「親殺し」の物語であったとも言える。”

メランコリア」は未見なのでよくわかりませんが、自分は「君の名は。」を観て「アクシズが墜落してしまった逆襲のシャア」みたいな映画だなあ、と感じました。人は死ななかったわけですが、彗星の落下自体「奇跡」回避できなかったということは、実はかなり絶望的な映画なのではないか、と。彗星の落下は自然現象ですが、その落下を設定したのは監督自身です。彼には田舎人間若者以外)を全て抹殺したいという願望があったのでは?少なくとも私は田舎に対する愛着は感じられませんでしたね。



とにかく自分事実誤認四葉彗星の死者数)をたくさんしているということもわかったので、もう一度見返したいと思います。そしたらまた追記を書くかも

2016-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20160908174756

記事ちゃんと読んでる?

この人司書仕事はどうしてもやりたい仕事らしいし

通信制大学勉強したりしてちゃんと頑張ってるよ。

それにこれは個人問題だけじゃなく、図書館仕事が全体的に非正規不安定化し

社会文化インフラが整えられなくなっているという問題も提起している記事だ。

非正規不安定雇用の拡大は個人を叩いて済む問題じゃなく

日本社会全体の話なのになんでこう近視眼的なんだか

2016-09-07

東京ばっか来んな地方都市でいいだろ」って、具体的にどこなの?

タイトルのような言説がはてブでもたまに見られるが、正直言って現実的ではないと思う。

仮に実現したとしても、東京ではなく周辺の県の人口ばかり食ってしまうというのもあるが、

地方民として思うのは、「地方都市にはそんな多くの人口を都合よく受け入れる余地などない」ということだ。



土地がない

そもそも、東京に比べて圧倒的に土地が足りない。だから今の規模より大きくならず、

それ以上は郊外を開発してしのぐしかなかったのだ。

政令指定都市といっても、周辺の郊外合併して帳尻を合わせたケースが多いのはそういうことだ。

田舎なんだから土地ぐらい余ってるだろう、というのはあまり無責任物言いである

交通インフラがない

東京圏アドバンテージが何かというと、あの地獄のような混雑であっても、とりあえず電車が使えることだ。

これが地方だと、大半の郊外は車前提だし、ちょっと中心部から外れると電車が来るのが20分に一度だったり、

運賃がクソ高かったりする。バスは一山越えるだけで片道400円だの500円だのがザラだ。

結局、地方都市でまともな公共交通機関に頼れるのは、都市圏のごく一部でしかない。

雇用がない

以上の2点から東京に準じた生活を送れる場所は、地方都市の中でもごく一部に限られることがわかる。

そんなとこに住めるのは、医者公務員金融マスコミインフラメーカーなど、これまたごく一部の勝ち組だ。

そういうとこに入れるなら苦労はしないが、今更新参者に入れる余地などほとんどない。

夫婦共稼ぎ正規雇用に滑り込めればどうにかなるかもしれない。

ただ、子育てとの両立の難しさも東京と似たようなものである



結論

これらを踏まえた上で、あなたはどこの地方都市なら住んでやってもいいと思いますか?

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160905220913

知らねっての。2chの最悪板かよここ。

俺がはてな界隈嫌い(っつうか信用ならない)なのって、運営匿名で書いてそうだからなんだよ。

少なくともはてな側が何人かのブロガー登録者情報流したりはしてるよな。後はブクマランク操作? とか、プロはてなー雇用とかさw

読んでるとどう考えても不自然な客寄せっぽいのがいるんだよ。むしろそっちを教えてくれないか

 2chだってコテハン有名にしちまうと著作権が面倒だってので潰し入ったもんな。

レスする毎に金銭(損得)発生したらネットなんか成り立たねーし。従順なのだ運営に取り込むのが至上の策だろ? JK

2016-08-28

接客業椅子に座るのをデフォルトにすべき。そうすることで車椅子使用者などの雇用も進むし

2016-08-27

http://anond.hatelabo.jp/20160827153028

微微たる額だよ。

正社員雇うと100万円支給されたりするんだが、確か支給要件一年後とかだったと思う。

その間給料は出さなければアカンので、トータルではプラスにはならないね

正社員に支払う給与が年間300万円だとしたら、会社的には大体600万円位の売り上げが無いと赤字なんだけど、それの1/6を補填するに止まるわけだ。

逆に言うなら、「6回に一回雇用ミスしてもカバーしてくれる」程度の意味合いしか無い。

ケン企業雇用ミスり易いから確かにコレは助かるんだが、普通企業ではこれに頼った経営は行わない。

「100万円貰うために一年と300万円ロスする位なら、一ヶ月100万円のロスで済ませる」んだね。

からサクッと切られたわけ。

http://anond.hatelabo.jp/20160826202909

自分も今年の頭にいきなり解雇通知をうけたデザイナーだけど、

増田よりも遥かに年上なのに、すぐ次の就職先が見つかったからきっと増田もすぐにいい所が見つかると思います

自分場合は、社長の気分で解雇されたとしか思えないし、理由としてはかなり苦しい理由をつけてきた)

この業界にいて10年以上経つけど、本当にこの業界は人を雇用して経営しているって感覚のない人が多すぎ。

特に一見して華やかな案件をもっている少人数(〜15人くらい)のところは地雷率が高いと思っている。

まだ若いからこの経験をバネにして頑張って欲しいと自分は思います

男のデザイナーから気に入られなかった、とかはあんまり関係ないです。

どちらかというと今、男性の若手デザイナーが少ない・欲しいという会社も少なくはないので

気落ちしないでください。

老婆心ながら…この業界は本当に人を人とも思わないような事を平気でしてくる経営者や先輩が多いけど

年下だから&経験がないかetcで下がる必要は全く無いと思う。

しまたこのような目にあった時は、強気に出るくらいがちょうどいいと思って下さい。

陰ながら応援しています

http://anond.hatelabo.jp/20160826202909

まずはお疲れ様

煽りとかそういうんじゃなくて純粋に聞きたいんだけど、仮に雇用継続してたとして何ヶ月で自分単体で黒字に持っていけてたと思う?

給料(額面給料x 1.3。社会保険etcでそれくらいかかる印象) + 固定費(場所代, 事務代, 株主利益) > 売上(直接的な個人の成果 + アシスタントとしての仕事成果)

みたいな式で表すといいのかな。東京都最低賃金地価だと左項は、20x1.3+10 くらいが最低ラインかな

ネットとか読んでると「働き過ぎ」「ライフワークバランス」「ブラック企業ww」みたいな感じのことばをよく見かけるけど、実力無い人間が実力社会で戦うためにはめちゃ努力しなきゃいけない時期が20代にあると思うよ。365日x24時間仕事のコト考えてるみたいな。人間性を捨てずに働けるのは稼げるようになってからじゃないんだろうか。そういう世界だと思う。

雇われる側の立場からしてみると「雇用される側の権利がー」という感じなんだろうけど、雇う側の立場からしてみたら「こいつあと何ヶ月いても変わらないな」って感じに思われたんじゃないかな。

ホント元増田は大変だったと思うし同じように突然クビになった経験があるから辛さはわかるが、法的に守られるべきだとか考えずに前を向いてほしい。

デザイナーとしてデザイン事務所雇用された経験がある

これは事実なんだから自信を持ってほしい。夢も追わず石橋叩いてるだけの周囲の人たちに迷わされずに次の転職活動をすぐにはじめてほしい。


僕はクビになったあとなんとか転職をして30で独立した。独立して見えてきたことはたくさんある。

たとえば、上記の左項には「クビになったと労働基準監督署相談に言って会社残業代請求されるリスク」も入ってるのがよくわかる。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826211350

経験なのに本当に雇用してもらっても大丈夫か、と社長に念押ししたところ、大丈夫だと太鼓判を押された。

このことから増田としては、会社はこれから長い目で育成してくれるつもりなのだ、という信頼が生まれた。

だが実際には、経験者並みの即戦力が求められ、それが無いからといって即解雇された。その際、人格攻撃に近いことも言われている。

増田は信頼を裏切られ、傷ついている。

増田スキルに劣る点はもっともだが、会社にも落ち度がある。増田けが損をした今回の結末に問題はなかったのか?



ってのが論点でしょ。それに対する回答が



デザインへぼ

>いいものができるまでやり直すそぶりも見えない

>おそらくデザイン以外のところでも会社に貢献してないとあっちゃ

>まあ雇用継続は難しいよな・・・



って噛み合ってるんですか?って話。

http://anond.hatelabo.jp/20160826210730

雇った側がポートフォリオに騙されてぼんくら雇用しても

がまんして雇用し続けなければいけないっつーこと?

増田はどうすべきだったっていう話なわけ

http://anond.hatelabo.jp/20160826202909

最初の印象ではひどい話かと思ったが

「即日解雇」と本人言ってるもの

実際は1ヵ月働かずに給料くれる期間があるわけで

そこまでひどいとも言い切れん気もするわ

10人の事務所じゃ、1人全く使えない人がいて

自主的勉強してレベルアップしてく様子が見えないのでは

会社的にはきつかろう

雇った側の人選が悪かったのはあるが

デザインへぼ

いいものができるまでやり直すそぶりも見えない

おそらくデザイン以外のところでも会社に貢献してないとあっちゃ

まあ雇用継続は難しいよな・・・

特にデザインじゃ、入社からずっとデザインやってて

ある程度経験あるのが当たり前だしな

それだけセンスがないなら、デザインやめること考えたほうが自分のためかもしれない

2016-08-25

40代女性泣き寝入りが最適解


社会の富の最大化を考えるなら、40代女性泣き寝入りするのがベスト選択では無いでしょうか。

もしくは水面下での金銭要求




社会的ランキングで考えれば、安ホテルの当直をしなければならない40代女性のために数億円とも言われる富を損失するのはあまりに割に合わない。

5000万円くらいでも良いから水面下で賠償して口を噤んでもらうことが社会全体の富の総量を考えれば最適解だと言わざるを得ないのでは。




たとえばたかだか契約社員労災抵触するような被害にあっても菓子折ひとつで口を噤んでもらう。

こんなの当たり前にどこでも起きている。




ブラック企業しか働けないような人が雇われたブラック企業を訴えた結果、そのブラック企業倒産する。

そこで働いていた他のブラック企業しか働けない人たちは路頭に迷う。

これは誰を幸せにするのだろう。



社会的価値の低い人たちは理不尽な目にあっても公には口を閉じよう。


それが多くの雇用、多くの人の生活を壊さないための最適解。

水面下で金銭要求し公には泣き寝入り、が富の総量を増加させる。