「免罪符」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 免罪符とは

2017-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20170222213015

しろいじめたいやつに対する免罪符になってしま危険性のほうが高い。

談合して蹴落としたいやつを蹴落とす道具になるのは目に見えてる。

あと発想が『PSYCHO-PASS』の色相判定みたいでディストピア的。

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220225504

お前が一人それをOKだと言うことを、バカな男共は同じことを他の女性にする免罪符にするんだよ。女性ならば女性全体のことを考えて行動しろ

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170206183410

地味に続ける試みに、なんだか比較的派手にブクマがついたので現時点でついたブクマに全レスする試み。

もし全レスしてなかったら、たぶん今日発表予定の互助会リスト入りしてる。

death6coin まぁ、これは落選するわな

今のところはそうかもしれないね。


nezime 参考になります

著者からスターがつけられていないので今のところはリスト入りしない。転じて増田ブクマ最強説。


sentarou1996 互助会員、次から次へと新しいの湧いてくるからマジでキリがない

新しいのが湧いてくるというか、新人コメント欄勘違いして使っているのではないか疑惑はこの判定法の場合排除できない。


pribetch これでタメ口互助会流行れば面白い

互助会好みなエントリを開いた時に、自分ブクマ画面ではそういうコメントばかりが並んでいることが増えてきていて、実際なんとなく面白いです。


mouseion えっ僕互助会じゃないけど増田のやり方やっててよく著者にスター貰ってるんだけど?そんなので互助会認定されんのか。ならお金ちょうだいよ。互助会お金貰えるんでしょ。

はてブ界隈では互助会に限らず知的労働は「今後の実績作りと言われても無償労働はするな」というのが常識互助会の主ときちんと報酬について詰めてから互助会ブクマするべき。今のままでは体のいいボランティア作業員扱いされてる。


ninosan これも追加で→「僕には無理だなあ(^^;」「パズドラはやってないなあ」「パズルドラドラ」「互助会ちゃうで?」

そのうち気が向いたらやる。実際1度だけ似たような反応のブクマ群をNG入りさせたことがあったので過去ログ参照のこと。


iGCN 参考になりました。増田さん、スターください。

すでに他の人からスターもらっているようなので、それで良いんでないか。(スターをつけたその人は私ではない)


SndOp 体言止め互助会が生き残る

すでに自分ブクマ画面では始まりつつある体言止め互助会


tydk27 こういう系に上げられるユーザーって、いわゆる個人ブログブクマしたり、無言ブクマだったり、小並な感想しか書いてなかったりで、そもそも目に入らないので非表示にする意味もないんだよなぁと。

小並な感想がウザいので個人的NGリスト化してみた。みんなでやったところではてな対応するとは思えない自己満足ではある。


usausamode 正義のヒマ人って感じで素敵です!

正直、このコメント書きのほうが時間がかかってる。URL付き引用記法増田対応していないとは知らなかった。


Cujo だ・である調でつながる互助会想像すると(

例の文字列NGリストに追加して互助会エントリを見るとなんとなく想像が形になるかも。不要ならあとでNGリストを元に戻せばいいし、金なきゃオフラインゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧めだしリスク低め。途中で何か別のコピペが混じったがどうでもいい。


aodifaud09 互助会法律禁止すべき。

シーランド公国あたりの立法府に働きかけてみては。


TakamoriTarou SPAMってのは今や職業的に行われているので(それが「パパの小遣い稼ぎ」みたいなノリであっても仕事と言う言葉免罪符にプチ犯罪程度は軽くやる輩はいる)パターンをまとめると連中は対策してくると思うぞ。

正直、これが広まった後どういう風に対策してくるかお手並み拝見な部分はある。


spacefrontier 参考になりもした。増田どん、スターをおいせぇくいやらんけ?。(鹿児島弁→標準語:参考になりました。増田殿、スターを私にくれませんか?)

今後も薩摩互助会琉球互助会イタリア互助会は見逃していく予定なので互助会コメントイタリア語で書けば余裕で逃げられる模様。


ifttt 殺伐とした互助会ちょっと見てみたいな。「何じゃあこのクソ記事は。時間返せや。死ね」みたいな

ブクマコメントグルーミングの場として使っている互助会メンバー殺伐は無理。話は変わるが例の3要素について「それは女性ブックマーカーに厳しいのでは」という意見が出るかと思ったのだがこれまで出てこなくて少しびっくりしているし、実際主婦の体で書いているブックマーカーが引っかかりがちではある。


mur2 サクラステマやらせへの法規制ほとんど行われてないのが最大の問題だよな。日本死ねみたいにマスコミが取り上げてくれればいいんだが、マスコミ自体がそれに加担してるから言及されないという…

まあ、結果的サクラステマやらせブックマークを減らそうと思ってNGリスト入りさせているわけでもないので。

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170206200946

俺もそれはかねがね不思議に思っていた

中国スパイ工作員仕業と思えば一番ラクな解釈だが、まさかそんなのいないだろうしな

戦後70年になろうというのにいまだに歴史認識だのとそういう話を永遠と続けているところを見ると、

中国戦争被害者という図式がいまだに生き残っているのではないのだろうかと

から戦争被害者である中国戦争加害者である日本文句を言うのはもってのほかだという認識なのではないか

カビの生えた臭い思考だとは思うが、しかしいまだに中国歴史認識カードを切っていて、

それが有効であるということはそのカードの効力を信じている人間もいまだに日本大勢いるということだ

で、中国の味方をしておけば、

悪い加害者である日本人という立場から離れて免罪符を得られるうえに、

中国批判をするのは酷い日本人だと見下してマウンティングする快感にも浸れるという二重に美味しい構図がある

アメリカはただの戦勝国でせいぜいパールハーバー軍人が奇襲を食らった程度だから被害者にはならんわな

さらには世界支配する米帝というヒール役にぴったりの属性を持ってるから

こいつはいくらでも叩いてもOKなのでいくらでも叩くわけだ

そんなとこじゃね

2017-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20170205175218

免罪符という言葉を使っているということは、キリスト教に関心がおありなのでしょう。

自らの罪を意識しているようですので、次は教会へ行ってその罪を告白してください。

免罪符を買いたい

免罪符を買いたい。事細かに免罪符を買いたい。

からラーメンを食べてしまったこと/コンビニで3000円も使ってしまったこと/ソシャゲに3万も課金してしまったこと/掃除をしなかったこと/洗濯もしなかったこと/金曜から風呂に入っていないこと/パンツを3日かえていないこと/くさいこと/バス停女子高生のふとももを見てしまったこと/ざまをみろとおもってしまったこと/この歳まで独身でいること/孫の顔は見せられないこと/彼女がいないこと/それどころか人生彼女がいた時間がないこと

どこで売っているんだろう。

2017-02-04

東京は3歳まで、新宿区は6歳まで医療費無料で、義務教育で掛かる殆ど費用無料で、他にも子供に対しての援助はいろいろあります。そこに使われてる税金はそこ地域暮らしてる人全員が払ってる訳で、「ウチの子社会に守られている」のです。

子連れに優しくない」のは子供に優しくないのではなくて、子猿を免罪符にする傍若無人な親猿が原因なので、大切な我が子に攻撃的な悪意が向かわないように我が身を振り返るべきと思うのです。

2017-02-03

統合失調症の母をついに入院させた話

先日、独居状態の高齢者である統合失調症の母をついに入院させた。

発症から入院までおよそ四半世紀程かかった。

ここ1年程で近隣とのトラブルが増え、ここ数カ月は週に一度のペースで警察からトラブル報告の電話が来て謝罪に行く日々だった。

そこで「医療保護入院」という形で、本人の了解なしに家族同意により強制的入院を行った。



「こんな長い期間なんで放っておいたんだ」「お前の責任でもあるだろう」という声もあるだろうが、

自分気持ちを整理する意味でもこれまでの経緯を書く。



母は兼ねてより気性の激しい性格で、自分の行動が間違っていると思う事がなく、謝罪したことを見たことがない。

興奮すると激しく怒鳴り散らし、強い言葉で他人を攻撃する人であった。



日常的に暴力を振る事はあまりなかったが、私は10歳になるまではかなり厳しく躾をされ、

時間以上正座状態で延々怒鳴りつけられ、時に激しく叩かれて育った記憶がある。



母は父方が信仰している宗教を激しく嫌っていた。

父が私と弟を連れ、父方の実家や親戚宅に遊びに行く際に、母がついて行くことは殆ど無く、

「もし宗教の勧誘があっても絶対に断れ!」「あれは怖い宗教だ!」と念押しをされていた。

たまに母も父方の実家に来たことがあるが、その際は私も母の影響で、事件が起こることを恐れずっと緊張していた。

夏休みの子どもだけの楽しい父方の親戚宅の滞在は、いつも怖い出来事が起こるのではないかという思いとセットだったが、

母が懸念するような出来事は一度も起きた事が無かった。



そのうち父の浮気を母が疑う様になり、夫婦喧嘩が絶えなくなり、別居となったのが私が10歳の頃

別居寸前の激しい言い争いの末、兄弟二人に「お前らは父と母、どっちに付いて行くのか」と問われた際、

「両親が分かれて暮らすことが嫌だ」と泣きながら主張した事を覚えている。

しかしその頃、私は母の影響を強く受け、父を慕いつつも、母の想像上の悪人である父を恐れていた事もあり、

母方の祖母宅傍に、母と二人で移り住む事となった。そして弟は父に付き、これまでの家に残る事になる。



専業主婦だった母は別居後、販売員仕事を始め親子二人の生活が数年続いた。

そして事あるごとに父の悪口とありもしない怖さを母から聞かされて育った。

余談だが、私は小学1年生から激しいいじめを受けており、別居で引っ越した後もいじめは続き、当時はかなりつらい人生だった。



ある日、私の学校開校記念日と、母の休日が重なった日に、思いつきで弟に会いに行こうか?

という話になり、離婚調停最中に、小学校の校門から出てきた弟をそのまま家に連れてきてしまった事がある。

再開を喜んだ夜になって慌てて父が家にやってきたが、母は玄関の鍵を開ける事なく、父を激しく責め

自分の非は一切認めずそのまま追い返してしまった。結局、その日から狭い借家に母と弟で3人で住むことになり後に離婚が決定する。



中学生の頃、私に激しい反抗期が起こる。これまで母の言いなりであった状態から、徐々に物事を相対的に見れる様に

なってきてから、今までの反動もあり様々な出来事から私は母を強く嫌う様になった。そしてこの感情はいまだに消えることが無い。



対照的に母は会えない期間のあった弟へ強く愛情を注ぐようになる。

私の事には無関心ながらも「高校を出たら最低限の勉強だけして就職して早く家に金を入れる様にしろ。」と言われていた。

しかし弟はスポーツに才能を見出し、なんとか母が体育系の大学に行かせていた。私は母を恨み、弟を羨んでいた。



母が徐々におかしくなっていったのはこの頃だったろうか。

仕事上での人間関係トラブルの話は祖母しょっちゅうしていたが、相変わらず対立する相手を悪くいう事がほとんどだった。

その内、「誰かと話をしている際に、嫌な同僚が盗み聞きをして事情を知っているのでは?」と言い出し、

次第に「盗聴しているんじゃないか?」と言い始めた。そして話の中で彼女の敵になる人間が徐々に増えて行った。

しかし私は「元々の激しい性格と強い猜疑心が招いたいつもの奴だろう」位にうんざりする程度で聞いており、

しばらくは家族親族の誰もが病気可能であることを疑う事はなかった。



就職してしばらくは生活費を払っていたが、とにかくそんな母と一緒に生活をしたくなかったので、

近所に一人暮らしをする事になった。母は「今の仕事がどうなるかわからいか一人暮らしはしないでくれ」と言っていたが

自分性格が招いた結果だと思い、無視して家を出た。そして私は実家生活費を払う事をしなくなった。



近所ではあるが、母と弟と会う事や話すことを極力避けた生活が続く。

母は仕事を辞めパートをするようになった、この頃から私は近所に住んでいた弟や祖母や親戚とも疎遠になる。



しばらくしてカートを引いて歩く母と会う事たまにがあったが、嫌っていたこともあり

まり会話をすることもなかった。

しかし、あれは確実に症状が進行し言動おかしくなり、徘徊をする様になった異常な母だった。



私が母の異常性を指摘すると激高して怒り、頑なに否定した。また、私自身も子供の頃からの嫌いな母と向き合う事になり、

落ち着いて説得することができず感情的しか対応できなかった。



その様な事実に気付きながら、私は再就職先が通勤で遠かった事もあり、実家の傍を離れる事となる。

弟や親戚が母をなんとかしてくれる。自分はあの家族とは関わりたく無い、という思いがあった。



おそらくこの頃の弟の絶望感は想像をするに余りある。体の故障体育大学中退した彼は、徐々に壊れて行く母と二人暮らしを続け、

アルバイトをしながら、母の生活費もまかなっていた。

兄や父には頼れない、母の兄弟である親戚の中でも、母は鬼の子の様な扱いだった為か、親戚にも相談できなかったのだろうと思う。

そして次第に彼も家に帰る事を避ける様になったという。 昼夜の境無しに恨み事と自分が狙われている妄想を、

弟が寝ていようがお構いなしに呪詛の様に話し続けるのに耐えられなかったのだろう。

彼は一時はカルト宗教に通った事もあったそうだ。



その頃私は都内仕事好調彼女もできたが、人間関係の立ち回りで失敗し、今思えば鬱の症状を発症し、結果解雇される事になる。

その後も自営業再就職をするが、運が悪いのか、決定的に欠けた何かがあるのか。最初は順調に勤めても何故か数年すると

上手く行かない状態が何度も続き今に至っている。

幼少期から自己肯定感は低い方だったが、今では自己肯定できる理由さらに少ない人間になってしまい、死を考える日も増える様になった。

しかしこんな私を慕ってくれるパートナーをこれ以上悲しませたく無いというのが、生きる理由になりつつある。



この頃は母の症状もかなり進行しており、必要のないものを買い込み家が物で溢れ、荒れ放題であった。

何年かすると賃貸住宅を出ないといけない状況が何度か続く、弟に頼まれ引っ越しの手伝いをしたこともあった。

普段弟は殆ど家に寄り付かず、母は近所では有名人であった様だ。

しかし何故か日常生活を一人で行うことには支障がなく、買い物や家事などは全て一人でこなせる状態で、

支給された年金と弟の援助で生活を続けていた。風変りな半独居老人しかなかった。



徘徊を行い細かなトラブルはあったではあろうが、周囲に大きな迷惑をかけることはなかったらしい。

ただし、自分が襲われ被害に遭う妄想は常にある為、頻繁な110番通報派出所に入り浸り被害妄想を延々しゃべり続ける事は

しょっちゅうだった様だ。たぶん地域警察官の中でもやっかい有名人であったと思う。

その点では心あたりのある警察官の方には大変申し訳なく思ってる。

仕事はい私たち同様、制度の穴で苦労を強いられる人々であることに変わりはない。



ラバラの家族に転機が訪れたのは、今から数年前に弟に彼女が出来た事がきっかけだった。

母の住む家に通える距離にある、彼女の家で生活を始め、近く家庭を持つ事を報告してくれた。

彼女は大きな困難を乗り越え成功を収めた家で育ち、弟にはもったいない程の素敵な相手だった。

そして彼の子どもが授かった事をきっかけに、母を何とかしなければ、という兄弟での協力体制が築かれる事になった。



これより以前に、弟が役所や医師に相談したこともあったそうだが、散々たらい回しにされ出てきた結論は、

本人に自分病気だという意識病識)が無いと、精神科への通院もできないし治療もできないとの事だった。

そして母の症状は強い猜疑心が伴う為「薬に毒が混入している」「過去に薬で体をおかしくされている」

という妄想を持っており、通院・投薬が難しい状態だった。

入院させるにも費用が高額な為、ワーキングプア状態では結局どうにもならなく何もできない、という結論に達していたようだ。



私も色々調べたが、実際、統合失調症がある程度進行した状態で、病識は無いが日常生活可能しかし治療を拒む状態だと、

いわゆるグレーソーンとなり、周囲の人間お金が無いとどうにもならない状態だった。



そしてこの結論はここ数年、兄弟二人で対処した際にも全く同じ結論にしかならなかった。



いくつかの精神科を兄弟で相談に回ったが、どこもまず本人を連れてこないと話にならない、という結論だった。

また、症状が出てから経過年数が長く比較的症状が重い為、どこも受診を嫌がる兆候があった。



そこで「健康診断に行こう」と言いつつ近くの総合病院に連れて行き、そこにあった精神科も同時に始めての受診をさせた。

はらはらしながらの受診だったが、精神科医統合失調症と病名を告げられても理解が出来ていない様子だった。



母無しで医師に相談した際、入院相談等もしたが、否定的な答えしか戻って来ず、投薬しても発症から長期経過している為、

回復はほとんど見込めない旨。どこも満床ベットが空くまで場合によって半年以上待つことになる旨。

入院には大変お金がかかる。月30万位は行く、生活が苦しいと難しいよねという旨を伝えられ。まるで軽くあしらわれているかの様だった。

今ならわかるが、この医師からケースワーカー存在を紹介されることもなく、国立や県立病院可能性を教えてもらう事もなかった。

自分の事を棚に上げてあえて言うが、面倒事を何とか避けようとしかしなった、この医師の仕事に対する姿勢を私はいまだに腹立たしく思っている。



それでもこちらから持ち掛けた話で、弟が与える健康ドリンクに密かに混ぜて飲ませるという事で薬を出してもらった。



薬は数週間飲ませ続ける事が出来た、その期間は明らかに普段と変わった状態になり、何らかの良い作用が出ている様だった。

僅かに希望が見えたが、次第に蓋が空いた状態で渡される健康ドリンクを疑い出した。

飲むと頭がぼーっとしてだるくなると言い、健康ドリンクを飲む事を拒否し始めた、

毎日離れた母の家まで通う弟の負担もあり、 投薬はそこで終了となった。



同時に[精神障害者保健福祉手帳]の取得を検討したが、結論としては現状で必要が無いものであった。

取得しても得られるメリットは通院をすることで受けられる医療費対象であること。

医療費負担が3割→1割だが、既に母は年金生活者で、医療費1割負担対象者であること。

そして手続きが煩雑という事を事前情報として聞いていたこと。

これらの判断から通院ができない母には不要であった。

今後母がトラブルを起こした際、持っておいた方が無いよりもマシでしょう。

という免罪符程度のものしか無い。という結論になった。



また、通院と同時に市役所への相談介護申請を行い、定期的に家に来てくれるヘルパーさんと信頼関係を築き、

ゆくゆくは薬を飲ませてもらう事も計画したがこれも実現できなかった。

まず、加齢により体の不調があることも理由介護申請を行ったが、統合失調症等の精神疾患介護認定の判定要素に

大きく加味されることが無く、介護度2となった。

ヘルパーさんが定期的に母の自宅に訪れて買い物の連れ添いや、身の回りの世話等をしてくれることになった。

母も最初は喜んでいたが、次第にヘルパーさんが物を盗んでゆくと言い出し、やはり疑う様になった。

そしてヘルパーさんを避ける為か、ヘルパーさんの訪問予定時間に外出することが増えた。

そうなると、介護サービスを受けた事にならなくなる。介護事務所も国にに介護をした事実の申請が出来なくなる為、

実費の人件費が発生するようになる。その費用がは当然私が持つ事になる。(1時間約3000円程度だったろうか?)

そしてヘルパーを家に寄こさないでくれ、と強く言い出し、これも結局お手上げとなった。



結局この時も出てきた結論は、もうちょっと病気が進行しないとどうにもならないね。ということだった。



そして、去年あたりになってから、私の元に警察から頻繁に電話がかかるようになる。

過去にも真面目な新人と思われる警官から、母の妄言を真に受け私の元に安否確認の電話がかかることがあったが、

今回はついに近所の方とトラブルを起こし始めた。アパート近隣の住民迷惑をかけ遂に警察沙汰となった。

どうも明らかな幻聴が聞こえる様になり、彼女人生で登場した嫌な奴をののしったり、

幻聴で助けを求める困った人を助けようとしたり、私たち子供危機を救おうとしたりした結果、大きなトラブルに発展している様だった。

以前より持たせて携帯電話も、しょっちゅう警察通報したり、私たちに電話をし、

一方的にしゃべり続けたりする大事必須アイテムだったが、いつしか持ち歩かなくなり、荷物だらけの部屋に紛れてしまった。



近隣のトラブルはついにアパート不動産屋に伝わり、大家が嫌がり、アパート契約更新一方的拒否され、退去を迫られた。

ヤクザの様な不動産屋に電話口で恫喝され、あなたが面倒を見ないと駄目だろ、引っ越すにしても老人一人を

入れてくれる所なんてどこにもないよ。とまったくもって他人の家庭事情に土足で踏み入る様な事を言われる。

要は親を引き取って面倒を観るなり施設に入れるなりしろ、という訳である。それが出来ればこんな苦労はしていない。

親を引き取って一緒に生活することになったら、私の気が狂うか、母を殺めてしまいかねない。と思ってる。



さら警察や近隣住民からの電話が続く様になる。その都度、謝罪の電話や訪問に向かう事が短い期間に連続するようになった。

これまで半世紀近く、おそらく二番目に被害を受けた人間が、その加害者のしでかした事の為に謝罪に回るという罰ゲームである



しかし、このトラブルの増加あたりから、状況は徐々に好転を見せ始める。

トラブル頻発の経緯からか、独居老人を見て回ってくれる地域高齢者支援センターの方がたまに母の様子を見てくれていたそうなのだ

この頃になると母の症状もだいぶ進み、自分の事を自分ですることが出来なくなりつつあり、言動が破たんしている頻度や時間

長くなってきた。支援センターの方は、そんな母を外部に連れ出し入浴をさせてくれたり、

家の手伝いや話相手になってくれることがあったそうだ。

長く孤独だった母に対し、支援センターの方が母との信頼関係を築いてくれた。

母が病気になってから知り合った人間名前を覚えて良い人物として会話に登場することになった。

この支援センターセンター長さんには感謝しきれない思いだ。



センター長さんの案で母を健康診断に連れ出す事ができた。

そこに私も同行し、その流れで精神科のクリニック紹介してもらい、再度精神科受診させることもできた。

しかし、入院施設もなく、通院投薬が前提のクリニックで紹介された入院施設のある病院は、

かつて散々嫌な思いをした地元の総合病院だった。ウェブサイトで調べた所、当時の担当医師は既にいなかったが、

入院をさせても高額になり、治療をするにも、これまでと同じ結論にたどり着くのは明らかだった。



でも、これ以上トラブルを抱えた状態ではどうにもならない、そこでセンター長さんは老人ホームへのショートステイ提案してくれた。

何度かショートステイを行って次第に慣れてもらい将来的にはそこで生活を、というニュアンスだったと思う。

まず2泊3日で滞在させることになった。滞在時には私も同行し、旅行にでも来たと思って楽しんでくれと言って置いていった。

けっこう喜んでいた様子だったが、結局、最後は自ら老人ホームを抜け出そうとしたそうだ。

怖い何かがいてここにはいられないとの事。母は予定滞在期間より少し早く、自宅に送り戻された。



老人ホームの事も調べた。経済的には何とかなる様になっているが、それにはアパートを引き払い、完全にホームで暮らすことが前提になる。

しかホームでは看護サービスは受けられるものの、やはり薬を強制的に飲ませる事は出来ないそうだ。

また、本人の意思尊重することが前提なので、無理矢理家に帰ろうとする母を拘束することはできない。

また周囲とトラブルを起こした際はやはり退去を求められる可能性がある為、現状での長期滞在は難しいという結論だった。



ここで進退窮まった。引っ越しは迫られる、トラブルは頻発する、治療には金がかかる。同居は実質不可能

正直にいうと少しだけ真剣完全犯罪を考えた事もある。

しか殺人容疑者比率で最も多いのは家族や近親者という事を知って、実現不可能であることを認識した。



こうなったら、母と絶縁状態の親戚を頼りにするしかない。という事になり、自らの恥を含め事情を話し、

母のきょうだいである叔母に当面の入院費を工面してもらった。

その際、医療関連の仕事をかつてしていた母の弟にあたる叔父から

県立の精神病院存在を教えてもらう。あそこなら比較的安くすむかもしれない。ということだった。



アパート引っ越し先を何とか見つけ、ゴミ屋敷引っ越しを済ませ、恫喝をされた不動産アパートの引き渡しを済ませた。

殴りたかったし文句の一つも言いたかったが、こちらは加害者なので、なにも言える状況ではなかった。



翌日、筋肉痛で疲労困憊の状態で県立の精神病院に電話をかけた。

事情を話し、入院費について尋ねると、これまで問い合わせた病院のどこよりも費用が安く入院できるとのことだった。

状況で費用も変わるが、約8万程度だという。さらにこれまで受診した病院と連絡を取ってもらい、事情を把握してもらった。

そして遅くとも2週間位で入院ができるとの事だった。



電話した日の夕方、再び病院から電話があり、明日入院キャンセルになった関係で、

母を連れてくれば、明日そのまま入院できる。と連絡があったのが、つい一昨日の事だ。



正直、すこし拍子抜けをした、これまでの苦労は何だったのかと。



最初に誰かが県立の精神病院存在制度費用についてしっかり教えてくれれば、自分自身できちんと全て調べていれば、

こんな苦労はしなかった。私自身、最初問題から逃げようとしていたし、問題に向き合ってからも苦労の方向性

間違っている事に気付けなかった、しかし、役所介護福祉医療警察、の現場であった人も親類も、

これまで誰もそのアドバイスをくれなかった。いや、耳を傾けようとしなかった部分も多分にあるだろう。



正直、母の病気は隠したい恥という部分もあり、これまで親しい関係の人にしか、打ち明けた事が無かったが、

自分の不甲斐なさと共に、制度の穴に対しても恨み言の一つは言いたいと思ってこれを書いている。


----

あと少しだけ以下に続きます

http://anond.hatelabo.jp/20170203210406

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170119030049

女の子性的話題ストーカーするのが許される免罪符

キモいおっさんについてく

どっちが読者に好まれるのかってだけだろな

2017-01-16

トランプ次期大統領ネットで罵り合う人達免罪符だね

すごいや

2017-01-07

“陰キャ”マウンティングも滅んで欲しい

石田衣良新海誠の件を見ていて思ったこと。



あれを“陽キャ”マウンティングとするのならば、“陰キャ”マウンティングの方がはるかにウザくて嫌いだ。



“陰キャ”マウンティングが頻繁に行われる界隈。そう、それはお笑いである芸人にとって学生時代鬱屈して過ごしたというのはむしろ勲章になるのだ。アメートーークの「中学の時イケてないグループに属していた芸人」とか。



何故、芸人たちはイケてなかったアピールをするのか。その方が視聴者のウケがいいからだ。大抵の人間は望むような輝かしい青春を過ごせないので親近感を寄せる、ひねくれた毒舌芸の免罪符にもなる。学生時代クラスの人気者だったんだろうなと思わせる芸人の嫌われっぷりと比べるとお得なポジションだ。



そうした芸風の芸人が飽和状態になるとどうなるのか。“陰キャ”マウンティングが始まるのである



番組で2人の芸人トークしていた。2人とも捻くれた芸風であったため、「友達面白いことして騒いだ」みたいなエピソードちょっとでも出てくると妙な雰囲気になる。ふ~ん陰キャで売ってる癖にそういう思い出あるんだぁ、みたいな。



ネットでも「あいつは運動部だったかビジネス陰キャ、本当は陽キャ」や「友達たから陽キャ」みたいな言説が起こり、もはや陽キャって何という具合に過激化している。



楽しい思い出があるやつは敵だ、というようなノリはキツい。一体何を争っているんだか。

2017-01-06

http://anond.hatelabo.jp/20170105235125

それは辛かったですね。

まずは毎日お疲れ様です。子供に罪悪感を感じる必要はありません。きっとベビちゃんたちはあなたが大好きでいつも一緒にいれて毎日幸せです。でも、それよりも、たとえ昨日一日大好きな貴方に会えなくても、それで貴方ストレスを発散できて幸せに笑ってくれたなら本当はそれが何よりベビちゃんたちの幸せになるはずでした。残念でしたね。

子供可愛いけど、四六時中それしかないのはきついです。そんなの育児したことがなくたって分かることです。思いやりに欠けた人が、ただ母親を責める免罪符として「母親のくせに」というワードを使って攻撃してくることはよくあることでが、これは非常に残念で残酷なことです。

酒癖の悪い人は「酒癖が悪いことをお酒を飲み始めると忘れてしまう」ので、何を言っても意味がないのです。悲しいことに。私も何度キャバクラ朝帰りで主人と喧嘩したことか...

最終的には病院に行くしかないと思いますが、なかなかその選択肢も難しいんですよね。分かります

1人の時間が定期的に必要だと思います。夫の改心を待つ必要も余裕もないと思いますので、夫に内緒で平日の昼間にファミサポあるいは一時保育を利用して、スタバお茶でも飲んでみてくださいね

同じママとして、心から応援しています

スターウォーズローグワンを見たが

免罪符張って防御線作りたくはないけど、まあ単純に面白かったには面白かったよ。

しかしなあ、SFだし仕方ないけど、コッテコテCGだらけでなんというか、見てて恥ずかしくなってくる。

戦闘機同士の戦いとか、なんかカラオケでたまに出る古臭いSFアニメCGを思い出した。JOYSOUND下川みくにの「TRUE」歌ってる時によくでるやつ。

よくわからない専門用語でまくし立てられてもむしろ冷める。

ハイパースペースジャンプ?ごめんなんて?もう一回言って?

なんかハイテクそうなこと言っといて、結局バリア破壊方法物理かよ。バリアガラスの延長かよ。

正直、あのオナホみたいなミニ戦艦自転車サドルみたいな形のでかい戦艦にぶつかるシーンは失笑した。俺以外に見てた周りの観客も「えぇ〜...」って引いてた。惑星にはすっごいバリアあるのに戦艦にはないのかよ。そっちにつけたほうがコスパいいと思うんですけど。

結局は、エピソード8が出るまでにパンピー共がスターウォーズ熱を失わないようにするための「お通し」みたいな作品なんだなって思った。同じ「お通し」ならファンタスティックビーストのほうが面白かったかな。

あちらはあちらで人の心を読めるやつがいて、ああ、ストーリー解説役なんだなということがすぐにわかった。そういう、映画の中に登場するけどこう、大人の事情を感じさせるものがあると冷めちゃうよね。

まあ、迫真アクション連続面白かったには面白かったが、引っかかる部分があった作品でした まる

http://anond.hatelabo.jp/20170104233652

女子寮管理人になって突飛な美少女たちに囲まれながら東大入学する「ラブひな」や

やたら有能な少年お金持ちのお嬢さま執事になる「ハヤテ」を

王道ラブコメとして讃えている人間

「男1女3でエロゲづくりって現実にありえないですよね?」とか言ってるのが

もう現実感が狂っているとしか言いようがなくてヤバい

同じような作品の、一方を願望充足とし、一方をそうではないと評価するも、その根拠がろくに示されないので、

結局「他人がそういう願望を持っていると私は忖度しています」という自白しかなくなっている。

そしてブコメで挙がっている作品群が王道ラブコメかどうかの返答もしていないので「観測範囲が狭いだけ」という結論は動かなさそう。

「私はよく知らないので」は免罪符でもなんでもなく、むしろ自身の誤りを補強することにしかならないからな、当然だけど。

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229033331

心配してくれるのはありがでーけどな、まともに生きたって恵まれた健常者と比べられるだけなんだわ。

普通じゃない奴として社会から迫害を受けるだけなんだわ。努力不足だの甘えだの自己責任だの言われるだけなんだわ。

金持ってれば健常者のアトピーゾンビに対する扱いも少しは変わるだろ?変えるんだよアトピーゾンビの手でな。変えてやる変革の時だ。

周りの人間他人容姿の悪いアトピーゾンビゴミ扱い。まーしゃーねーわ。実際きもいしな。キモイ奴には人権はねーんだわ。

きもくて金のないおっさんになって誰にも相手されなくなる前に、きもくて金のあるおっさんになりてーんだ。そっちのほうが救いがあるだろ。




詐欺で捕まると八年くらい臭い飯食うんだよな。全然OK。何の問題もない。外の世界よりも刑務所の中のほうがアトピーゾンビに対する扱いがましだろうしな。

風呂毎日入れねーのはつれーけどよ。外の世界で惨めなアトピーゾンビとして生きるよりはいい。金だよ金。この世は金がすべて。金のためならなんだってやったるわ。

クソ健常者どもから搾取しまくってやる。のんきに生きやがってよ。だまされるのはてめーらの親かもな。ははは。傑作だわ。うける。




金持ちになって、てめーらの顔を札束で叩いてやるよ。俺は負けねーから人生難易度が糞たけーけど負けねぇから

勝ちゃーいんだろ勝ちゃー。要は金だろ?金さえ稼げばいいんだろ?やったるわ。

今日で糞人生とはおさらばじゃ。糞環境遺伝子糞運でも這い上がってやる。

非健常者だからって馬鹿にしやがって中傷しやがって。健常者だからって調子乗ってんじゃねーぞカス共。

糞みたいな人生からジジババから金をふんだくるというダイアモンドを見つけだしたわ。もしかしたらもっと稼げる仕事があるかもな。

金のためだったら人だって殺すわ。他人がどうなろうが知ったこっちゃねー。他人が苦しもうと自分さえ良けりゃいいんだよ。

そうだよな?健常者ランドの健常者共。街中での中傷悪口も見下しも、いじめキモイからという言葉免罪符にして正当化できるもんな?するもんな?




健常者ランドを勝ち抜いてやる。健常者どもには負けねー。てめーらとは背負ってるもんが違うんだよ。分かるか?

高齢化社会最高。ジジババが沢山いるか搾取のし甲斐があるわ。格差社会最高。必要な道具を集めるのに底辺を利用できるからな。そう考えると日本って最高の国だな。

今の社会正社員だろうと非正規だろうと碌に給料だって上がらねー。表社会ステージで非健常者が努力しても健常者に抜かれるか潰されるだけだ。勝てねーゲームはやらねーから

努力しても糞みたいな仕事しかつけねーんだよ非健常者アトピーゾンビはな。努力だってアトピーゾンビウイルス邪魔しやがるしな。死ねカス殺すぞ糞ウイルス

人生に糞労働が重なったらそれこそ悲惨だ。容姿が悪くて金もなくて迫害される惨めなおっさんには俺はならねぇから




前科つく?どーでもいい。悪いことだからダメ?どーでもいい。失敗したら全てを失うんだぞ?もう失ってるわ。つーか最初からなんも持ってねーよカス。親が悲しむ?悲しまねーよカス

勝ち進んでこの世の全てを手に入れてやる。アトピーゾンビの生きざまをよく見とけカス健常者共。

2016-12-20

http://anond.hatelabo.jp/20161220202921

了解しました

世の中の全てを知ることができないということが差別発言免罪符になるとの思想をお持ちであり

私が差別発言を行ったときには擁護していただけるとのことで大変頼もしいお言葉いただきました

それではまた

2016-12-19

おっさんは飲み方を改めろ

だいたい他人disることが酒の肴

他人ってのは職場の人だったり、安倍首相蓮舫だったりといろいろ。

「俺は大したことのない人間だけどさ〜」と言うのを枕詞にしているが、

それさえ言えば悪口免罪符になるとでも思っているのだろうか。

大したことのない人間だったら黙ってろや!

2016-12-15

キチガイ無罪

キチガイ認定されても何も恥じることはない。

なぜなら人を殺しても罰せられることはないから。(刑法39条)

まさに免罪符である

堂々とおこぼれに預かればよい。

2016-12-06

http://anond.hatelabo.jp/20161206051456

まあ他のレビューをみると「ネタバレあり」と書いておいて免罪符か何かとおもってるやつが

みてきたことじゃなしにみたものを懸命につたえようとしてる自分かわいいを施してくれてるが

そんなもんは見に行けばいいはなしでお前の顔をみて映画がみたくなるのかといいたくなるようなもの

大半だがな

その映画も他の映画も どっちにしろ見たものとかは金はらえば見れるんだから見てきたらどうなったかとか

書けばと 見てきた結果が伝聞なんじゃあそりゃみる価値あるのか疑問だわと思うがね

2016-11-16

本物の独り善がりの話

互いに気にしていることが折り合わない場合であっても、少なくとも片方の人間が、最低限でいいか相手が気にしているものに寄り添わないと、平穏関係は続かない。

もしお互いが相手に全く寄り添わなければ、関係悪化する一方になる。

よく言われる

「人に敬意を示すときは、あなたがそうしたいと思うやり方ではなく、その人がそうされたいと思うやり方ですべき」

モテない人の優しさは独り善がりなもの

というアドバイスは、そういうことの言い換えにすぎない。


さて、そんなごく基本的なことに、40にもなってようやく気付いた、救えない男がいる。

自分のことだ。

先日、今までの仕事棚卸ししたとき、失敗した現場は全て「お互い気にするものが全く折り合わなかった」現場であり、上手く行った現場は全て「たまたま、お互い気にするものがほぼ一致ないし似通っていた」現場と、ハッキリ明暗が分かれていたことに気付き、ようやく思い至った。

まりそれは、ごく最近まで「相手の気にしているものは何か?」を全く意識していない人生を送ってきたということである

我ながら恐るべき独り善がりっぷりである


思えば物心ついた頃から普通の人が感じ取っているような「他人存在感」が皆無だった気がする。

「他の人が何を感じているのか」に全く興味が無かったと言い換えてもいい。

というか多くの読者諸兄が仰天する書き方をするなら、人間の95%以上が多かれ少なかれ感じているであろう、「疲れるので気にしたくないときもあるけど、それでも気にせずにいられない、他人の反応」が、自分に限っては本当に全然気にならなかったのだ。

人間誰しも欠点はあるだろうが、こういうのはもはや人として超致命的な欠陥ではないかと思わされる。

だって純粋に「俺が、俺が」しか頭にない人間とか、周囲からしたら相当不気味だろうし。

実際、学生時代全然普通にしているつもりなのに「クラスに必ず一人はい変人」というポジションに甘んじ、非常に不本意だったが、それも今なら理解できる。

そして今は立派なコミュ障だが、他人に興味のない人間相手の反応の感じ取り方など体得できるわけがないので、必然の結果である

即ち、「俺は本当に他人に興味がない、ヤバい」と今更感じたからって、それだけでコミュニケーションが大きく改善するわけではないということでもある。


自己中な人間には「他人の反応を感じ取れるけど、敢えて一顧だにしない選択をした」者と、自分のように「ナチュラル他人に興味がなく、結果他人の反応を感じ取れず自己中になってしまう」者がいると思うが、両者を比べたら、多分後者の方がタチが悪いだろう。

少なくとも「本物の独り善がり」は後者の方である


しかし、日本人男性平均寿命に照らし合わせたら、自分はもはや折り返し地点を過ぎて復路に差し掛かっているタイミングだが、一体これからどうしたものか。

このままでは、今までがそうだったように、今後も新たに人間関係を構築する必要が出てくるたび「うまくいくかは運次第」という、呆れるほど低レベルな話が続くことになってしまう。

仕事だったら、それ一つ取ってみても「いい歳こいて半人前」という評価に甘んじることになる。

いや、もはや自分評価なんてどうでもいい。

自分に関わった他人が、もし自分みたいなヤツとトラブルになったらいい迷惑だし、本当に申し訳ない話だ。

というか、自分はそんな風に、周囲に不快迷惑を撒き散らすために生まれてきたわけじゃないのだが・・・と深い溜息が出る。

誰にも迷惑を掛けないで生きる人間など存在しないが、だからと言って自分が周囲に掛ける迷惑免罪符にはならないだろうし。


そんなことを考えた、不惑の秋だった。

2016-10-23

宇都宮事件自殺するのに迷惑かけるなよ」、と思うかもしれけど、それはまさしく正論なんだけど、

自殺するような人間にマトモな思考力ないだろうな。

「過労で自殺するぐらいなら、会社辞めればいいのに」と一緒。

マトモな思考力残っていたらそうするだろうけど。

自殺免罪符じゃないというのは正論だけど、そこまで追い詰められるまでに

どうすればよかったのかなぁ。

2016-10-22

自主投薬してる

自己診断だけど、多分ADHDADDだと気づいてしまった。

よくネット掲載されてる診断チェック、だいたい当てはまるんだ。

最初気づいた時はとても悲しかったし、じゃあ人生諦めるしか無いのかなぁと、その疑惑の脳でぼんやり思った。

今も時々深く考える。

優しい言い方をすれば、脳の癖。

本を幾つか読んで、心療内科に行って診断して薬をもらったほうがいいとか、場合によっては免罪符がもらえるとも知った。

そんな道程すら遠く感じて、効くという薬を飲んでいる。


どっちに転んだって薬漬け。

薬に頼らない方法も根気よく続ければあるようだけど(激しい運動とか) 意志の弱い私は続けられない。(思い出した頃にやってるので、継続出来てない状態)

薬…っていうとどうしても変なイメージが湧いてしまうんだけど(私だけだろうか)、Amazonで売ってるサプリメントの事です。




最初カフェイン錠剤

(眠くてたまらなくてエスタロンモカ錠を試して後、コスパの良さそうな海外産のカフェイン錠剤にいきついた。良く効くが、空腹時に入れるとお腹めっちゃ痛くなる。)


「わかっているのにできない」脳(著:ダニエル・G. エイメン先生)を読んで、

から気になってた、チロシンセントジョーンズワートを、飲んでいる。


飲み始めて約2周間、私には合っていたようで、物事が前よりましに進められるようになった。

集中力が無いのが昔から悩みだった。

飲み始めてから、やっと集中する為の脳の使い方が分かった気がする。


飲んでもダメな日もあるし、まだ騙し騙し、自分なりに症状を見ながらやっている。

チロシンは耐性がつくから、長期に向かないらしいので、この期間で脳の使い方を身に着けれれば良いのだが…。

飲みはじめは離脱症状?もあったような気はするし、記憶力が前に比べて悪くなった気もする。

まぁ記憶力元々悪いけど…。




自己投薬について、危険性もあるし、長期の服用は身体の部位に負担がかかる可能性もあると思う。

カフェイン錠剤を飲み始めた時、「もっと早く本を読んで症状やサプリメントについて知ってたら、もう少しましな人生だったんだろうな」と後悔した。

今の状況は悪いことばかりじゃないけど、時折とても悲しい。

育った環境や、(父や妹にもこの傾向がある。アスペの方かもしれないが…)

私が長期に渡ってつけてしまった習慣、結果が今の脳で、これからも付き合ってくしか無いのだ。



恋人にも友達にも、いいようが無くて吐口に困ってる。

勘がいい人は、気づいてるかも知れないけどな。

そもそも友達の中にも、疑惑と思われる人はいる。

その人だってなんとかやれてるんだ、って心の支えに勝手にしてる。


Twitterに吐くとメンヘラ構ってちゃんじみてるので、匿名に書いた。

2016-10-20

つのまにかたばこ猛毒になっていた

ここのブコメ読んていて思った。

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160906204635

zoomer 酔っ払い多いのとタバコの煙を吸うので行かないほうがいい。

saikorohausu 何となく今まで気に入らなかった人を、意識的にイヤだと思えるきっかけ・免罪符を得たに過ぎないのでは。/タバコの煙は心配だけど、飲まなきゃご飯食べに来たレベル

nenesan0102 安定した妊娠後期の方が胎児に影響はないとはいえ、居酒屋タバコがすごくて、大丈夫なのかと気にしてしま


たばこの煙が体に有害と言うのはわかるが

いつから一度の飲み会参加くらいで心配されるような猛毒なっちゃったの?

外出は危ない、控えたほうがいいというくらい余計なお世話じゃない?




たばこがこれだけ猛毒だと、外に出るたびに吸ってしま排気ガスとかやばそう。

2016-10-15

家出してきた親友を受け入れた結果その後音信不通になった。

彼女と知り合ったのは、私が結婚大阪に転居した先の近所にある病院だった。

彼女DV男と同棲中で、目に青痰つけて出勤してきたり、首に締められた痕としか見えない内出血をつけてきたりしていた。

しかし元来彼女看護師としてのスキルは高かったこともあり、「アレは男が悪い」と皆彼女に対して同情的だった。

私は生まれてこの方父親も含め男性に手を上げられたことが無かったので殴られても首を絞められても別れようとしない彼女の事が理解出来なかったが、まだ特別親しくもなかったので「色々な人がおるもんやな」くらいの感想しかなかった。


数ヶ月して私は彼女と同じ病棟へ移動となり彼女と一緒に働くこととなった。

DV男と同棲する女」という色眼鏡で見ていたのに、一緒に働いてみると看護師としての彼女は本当に優秀で頼りになるしっかりした女性だった。

そして、それ以外の彼女はとても可愛らしく、ほっておけないような、同い年なのに妹のような、美人では無いが人懐っこい笑顔が印象的な魅力ある人だった。

私達はあっという間仲良くなった。

三十路を前にしてオトナになって初めて出来た親友と呼べる友達だった。


その後彼女紆余曲折の後DV男と結婚することになった。

曰く、DV男の両親は所謂地元の名士だったが、悪い人に騙されて土地山を奪われた上多大な借金を抱えており、世間体至上主義な両親が自己破産するわけもないので、DV男が一生かけて借金を返すのだ、と。

その為に結婚式等は出来無いが、私も一緒に働いてDV男を助けていこうと思う、と。

色々言いたいことはあったが、彼女バツイチでこども2人の親権を元夫に取られた過去があることや、今のDV男との出会いきっかけは◯ムウェイだったことやらを考えると、行くとろこまで行かないとわからないのが彼女人生なんだろう、と思い祝福した。


数カ月後、彼女は泣きながら私に電話してきた。

泣くばかりで何も喋れない彼女に、

「今どこにおるん?今すぐ迎えに行くからうちにおいで」

いう言葉が口をついて出た。

夫にも了解を得て彼女を迎えに行くと、彼女家中の衣類を全て詰め込んだような大きなカバンを2つ抱えて泣いていた。

その上、彼女妊娠していた。

結婚したものの義父母義妹との同居生活は最悪で、DV男はかばうどころか一緒になってモラハラ発言を繰り返すばかりで、もうどこにも居場所が無い。

妊娠発覚した途端に洗脳が解けるが如くこれまでの色々な「オカシナ理屈がまかり通っている」事に疑問が湧き上がってきた。

彼女実家は南の方にある離島で、離婚して独りになった母親がいるだけだが、他に頼る所も無いし一旦実家に帰ろうと思う。

そして、お腹の子は堕ろしたい、その時は付き添って欲しい、と。


彼女母親との確執について何度か聞いた事があったので、実家に帰るという選択肢ちょっと現実的では無いかなとは思った。

それに首を絞められても顔にグーパン喰らっても別れられなかったDV男と、そんな簡単に別れられるだろうか?とも思った。

しかし、その時の彼女はヘトヘトに疲れきっており、ぼーっとしてるかと思えばシクシクと泣き出したりと情緒不安定の極み状態で、何はともあれ産婦人科妊娠の確定をせねば、と病院に付き添った。


堕胎までのタイムリミットは三ヶ月弱程だった。


DV男は私の存在を知っているにも関わらず、私に電話もして来ず、職場に問い合わせもせず、ただただ彼女携帯ロミオメールを送り続けていた。

現実的対処は一切せずに、ひたすら彼女の心に毒を染み込ませていた。


「お前がいなくなってずっとあちこち探して歩きまわっているけど何処にもお前の姿が見えなくて途方に暮れている」

「僕をこんな辛い目に合わせられるのはお前だけだ」

「お前と一緒に行った桜並木は今も満開で美しいけれど、お前が居ないと桜はただの物体で何の意味も無い」


もっと他にやるべきことはたくさんあるだろうに、親には「あいつは友達の所に泊まっているか心配ない」と言い、自分友達には嫁に家出された事は隠し通し、阿呆みたいなロミオメールを一日に何通も送信していた。

初めのうちは着信には出ていなかったが、家出三日目を過ぎたあたりで彼女通話に出るようになった。

DV男が会って話がしたいと言うので、私は母に助言を受けて昼間のファミレスで私も同席し話し合う事にした。

DV男も男友達を1人伴ってくるとの事だった。

初めて会うDV男はインテリの優男風に見えた。

同伴の男友達は昔ヤンチャしてました系で無駄に態度のでかい男だった。

DV男はどこだか忘れたが四大を出た後NY一年留学した経験があり、たった1人でアメリカディズニーランドに行った事が自慢話のひとつだった。

しかし今にして思えばFランからの親のカネでNY一年語学留学だとしたら、NY一年遊んでたけど友達出来なかったから本場でぼっちディズニーしただけの話だよな・・・


取り敢えず四人でファミレスボックステーブルにつき、さぁ話し合いを始めようかといった所でDV男が最初にした事は煙草に火つける事だった。

彼女妊娠を知った上で。

私がすかさず制止したら、DV男は慌てて火を消したが何故か苦笑いしながら、


「でも副流煙を吸ってるのは非喫煙者だけじゃないんですよ?喫煙者副流煙吸ってますからね?」


と、のたまった。

はぁっ!?んなもんは喫煙者自業自得やんけ!そんなしょーもない言い訳妊婦副流煙吸わせる免罪符になるとでもおもとんかこのドアホが!

と言いたいのをぐっと堪えて、「いやー、それと妊婦の前で煙草吸う事はちょっと話の次元が違いますよね(笑)」とやんわりたしなめたら、DV男は私を見て一瞬ハッとした顔をしたものの何やらモゴモゴ言いながら話題を変えてきた。

当初の彼女の言い分は「離婚堕胎も一旦棚上げして実家に帰って少し独りでじっくり今後の事を考えたい」だった。

DV男の言い分は「実家に帰るならもう自分たち関係が修復される事は無い。だから今すぐ帰ってきて欲しいしこどもも産んで欲しい。これからは両親・妹からお前をちゃんと守る。」だった。

私は本当に彼女の事が大事ならば今は実家で心身共に休ませてあげて、別居等準備が整えてから彼女を迎えに行けばいいのではないか?と提案してみた。

だがしかし彼女の口から出てきた言葉に私は耳を疑うことになる。


別に実家に帰りたいって言うてるわけやない。」


 話 が 違 う や な い か ー い !


結局一週間程で彼女DV男の元へ帰って行った。

彼女荷物が少し残っていたので、私は彼女に「DV男と一緒に私の旦那挨拶がてら荷物取りにきて。人として最低限のけじめやと思うからそれだけはお願い。」とメールを送ったが返信は無かった。

数週間後、忘れ物を持って彼女の家の近くまで行ってから電話をかけると、こけつまろびつ彼女が出てきた。

DV男に私達と会っている所を見られたくなかったのだろう。

上下だるだるになったスウェットクロックスを履いてノーメイクにぼさぼさの頭で。

目には涙を湛えて「ごめんな、ほんまにごめんな」と私や旦那に何度も深く頭を下げ続けていた。

そんな彼女の姿を見ながら、

「あぁ、もうこの子と会う事はなくなるんだろうなぁ。」

と頭の中で考えていた。


その通り彼女からの連絡は途絶えた。

私も積極的彼女を助けようとしてくれた旦那申し訳なくて、「なんだかんだ言ってあのDV男の事が好きなんだ」と裏切られたような気持ちにもなっていた。

そのせいで自分から連絡をとることもしなかった。

機種変の折に彼女アドレス登録しなかった。

番号は変えなかったか彼女から電話がかかってくればその時関係復活すればいいと思った。

自分は動かず彼女から歩み寄って来ることを待った。

そして、電話は鳴ることなく私は夫の地元へと転居し、私達の縁は切れた。

あれから14年経つ。



無理矢理別れさせることも堕胎させることも実家に帰らせることも、どれひとつ出来無いしするべきでは無かったからしなかった。

ただネット世界に漂うDV記事を目にする度に彼女にした事出来たかもしれない事をついぐるぐると考えてしまう。

14年も経ったのに、未だに。

西原理恵子さんはアルコール依存症旦那さん(故人)に酷いDVを受けていた時のことを著書の中でよく書かれている。

その中で「DV被害者洗濯機の中でぐるぐると回り続けているようなもの。まずは洗濯機の中からつまみ出す事が先決。シェルターなりに一旦避難させてDV男との生活が異常な状態であることを認識させる。DV洗脳を解く。そうじゃないと簡単にまた洗濯機の中に

戻っていっちゃう」と言うような事を書かれていた(私の記憶によるものなので細部やニュアンスは違うかもしれません)。


私は洗濯機の中へ帰っていく彼女を引き止めるべきじゃなかったのか。

変な意地を張らず私から連絡を取ればよかったじゃないか

あの時の子は無事生まれたのか。

今、彼女は、元気に暮らしているのか。

初めてはてブに書いてるので無駄に長文になってしまいました。

駄文最後まで読んで頂いてありがとうございます

彼女の事を思い出す度に沼にハマって堂々巡りになる現状を脱したいので、何かご意見が頂けたらありがたいです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん