「学習」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学習とは

2016-06-25

たまたまサーフィンしてた本の紹介ページで見つけたので引用。下に1〜4段階が示されているが、大抵の本は4番に終始している。コメントで「まぁモテ本に限らず、自己啓発本の多くが「俺論」だからねぇ。俺論が一番語りやすい分野は4番なんだろうね。」とあったけど、まさにそう。ちゃんと1〜3の基礎から実践出来る内容の本を買うべきだと思った。以下コピペ




モテる人間になるためのステップは4段階あると思う。

1.意志の力でどうにもならない無意識を変性し、努力で何でも達成出来る / 自己実現快感だと感じるようになるステップ

2.恋愛・魅力の基本的構造を学ぶステップ

3.それらの価値観を身体化するまで本を読み込む・慣れる・練習するステップ

4.いわゆるモテテクニックを身に付けるステップ




ところが巷に溢れる本は4番、モテテクニックを語り尽くしているだけだ。結局それだけ読んでなんとかしようとする男は、一個一個のテクニックを使ってもちぐはぐで違和感丸出しの痛々しいヤツになるだけである。俺たちは、根本から改善しなければいけない。努力しようと思ってもなぜか行動出来ないのなら、その行動出来ない動機となっている無意識を探し出して破壊する必要がある。モテテクニックが上手く作動しないなら、モテテクニックが成り立つ論理、すなわち恋愛という感情がどうして生まれるのかを知る必要がある。結局、基盤となる前段階のベースをしっかり作らなければ、魅力的で誘惑的な男にはなり得ないのだ。

読んで覚えられないところは何度でも音読し、行動すべきところは実践し、鏡に映して確認し、もしくは他人に見てもらってしっかり身に付けよう。出来るまで何度も繰り返すことも重要だ。継続は力なり。反復学習が長期記憶を生成し、次第に身体化されてくる。

(以下この本の内容だったから省略。この本、高すぎて手がでないけど、安ければ絶対買ってた。)

http://anond.hatelabo.jp/20160625154901

だーかーらー

全てのものを言い換えた時点でそれはナンセンス無意味なんだよ学習しろ馬鹿

善≠偽善であるからこそ二つの言葉を用いる意味あんだよ

善=偽善にしたらどっちの言葉を使ってもいいだろうが

2016-06-23

同僚でパートナーさんに厳しく威圧的男性がいる。

近くで聞いてると、特有言い回しをする。

「考える時間必要?その考える時間見積もれと言っています」。

無茶苦茶だ。

けど彼はこう言われ続けて、これが上の立場に立つ人間言葉だと学習してしまったんだろう。

愚かであるということは本当に救われない。

自分と年もそう大差ない彼は既に”嫌な上司”であり”嫌な客先マネージャーなのだ

2016-06-22

理由のない備忘録 2

自分が考えていたネタのどちらかをここに納めようと思ったが、そのうちの一つだけ愚痴らせてもらう。



まだ大学生という身分ではあるのだが、大学自体に行くことそのものを疑問に感じながらも結局のところ親が主導権を握っていることをいつも思ってる。

今日はそんなことを書き留めたい訳ではない。



自分20代であるものの、「いつまでも絶えない30~50代くらいが想像する若者レッテルは何故生まれしまうのか」を最近無駄に考えていた。

特に見ているとしたら大学内の学生になるだろう。

しかし、「若者」とはいってもどこぞの綺麗な表紙で飾られているような清楚な若者ばかりではないのだ。



喋りや風貌からして融通の利く有能そうな奴もいれば、明らかに口だけは達者で具体的な中身がボロカスみたいな奴だっている。

そこで自分が見ている部分では、性格が合わなさそうな相手だとしてもどのような意見を持っているのかを確認している。

今の就活状況は某アニメーション映像みたく、グループディスカッションを行いながら共同で作り上げることが多くなっているかもしれない。

自分も何回かやってみたが、正直言って他力本願他人に頼り、その内容をまるで自分がやったように自己満足している状況しかなかったように思える。



そういった経験から感じたのは、「若い人で限定した場合集団の中で使えそうな駒がいれば、そいつに全て人任せにして得た利益を同じく貰おうとしている」という考察に至った。

何故若い人がマスコミによってあたかも中身のない無能馬鹿みたいにされているのかがなんとなく理解してきたのだ。

若者馬鹿だと玩具にされる→あまり具体的なプロセスまで組み立てる思考を停止させている→そのことから現実問題に置き換えると、できそうな奴に全て用件を投げ捨てて楽をしている」ということであるのかもしれない。



これはあくま自分がそういった人物としか当たらなかった運の悪さなのかもしれない。

だが、もしこれが1つの講義として成り立つのであれば、日本教育先進国の中で遅れていると言われたらその意見同意するだろう。

大学自体がこういった双方で行う講義積極的に盛り込むのであれば、学生側がただの談笑するレベルで進むようなことは時間と金無駄だ。

前期でもグループワークの授業を取ることになったが、選考の仕方がコンピューターで分けただけという馬鹿馬鹿しい話だったし、志望動機は長々と打ち込めずたった1コースごとに3,4行程度だけというこの始末。

そう思うと教員はそこまで学生を見る暇もないし、説教反省させるような態度を取るようであれば、そのようなリスクを生まないよう選考することが一番の回避策だったはず。



こうなるとバブルの時に大学を作り過ぎてしまったツケがだんだん悪化しているのかもしれない。

学歴として早慶クラス学士博士を取得したとしても、Fランク大学教授としていること自体意味があるのか。

そもそも研究機関である大学なのに特に文系学部に関しては研究成果が公開されないのだろうか。

しかも、そういったことは学祭の時だけに公表しているという。


個人的意見としては、大学として本当に機能しているのは理系学部と十分な研究費用材料存在する上位の大学であると思う。

そして、一番の問題として進学することが当たり前の世の中で、何故小さなから勉強以外で自信の持てる個性を身につけさせないのかということである

日本同調集団社会であること自体変わらない。欧米欧州のような確立されたシステムの中で自らのキャリア構造若いうちから立てられるチャンスが存在する。



しかし、今の日本子供を産んだ時点からレースが始まっている。それは「受験である

小学校からまり幼稚園ではしつけや漢字を読ませるなどのことを徹底している。

このことから子供たちにとってはそれが当たり前の日常ではあるが、逆に親はどういったものを彼らに与え、何を見せているのだろうか。

最近朝のニュース番組を見ていたら、親がある日本古来の物語の一部分を子供に向かって言うと、残りの部分をスラスラと答えていた描写があった。

他にも子供偉人の本を読んで楽しいと感じていた。



日本では教育施設機関に行かせることが中学まで義務付けられている。

そして最終的な目標受験とされている世の中で、学校に対して縋っている、甘えているのかもしれない。

学校に行けばやりたいことが見つかるのであれば、子供がが成人になるまでに彼らのやりがいが感じられる選択肢を助言することも一つの教えではないのか。



神経質な感じではあるが、自分としては金と空気を読む力さえあれば生きていけるのならそうしたい。

ただ、創造性や発展させる力に関する教育学習が欠けていると思う。

学歴、経歴だけの外見だけではなく、その人間本質証明できる機会が増えればいいなと感じている。

2016-06-20

初心者プログラミング学習するのにおすすめ言語テーマ

初級(手続き型/構造プログラミングの基礎, データ構造, ファイル操作, イベントリブ方式GUI管理)

  • HSP で住所録を作る

中級(オブジェクト指向プログラミングの基礎, IDEの使い方, 名前空間, 疎結合, コンパイルしないと動かない)

  • C# で住所録を作る

上級(サーバ構築, DB設計, html/css, ネットワーク, 黒い画面, AWS, 日本語の壁, コンパイルしなくてもいいの!?)

2016-06-18

底辺大で質問する生徒としない生徒

底辺大でよく質問する生徒を観察していると、意欲や意識の高さゆえの質問ではなく、質問のていをなしてない内容であることが多い。

しか講義を中断させるレベル質問する。おそらく小中高時代は授業を中断させる問題児として扱われていたか、黙っていろと矯正されたり、放置されていたのだろう。

他の生徒は、そういう狂った生徒と一緒にされたくないと思ってしまい、さらに、そういう狂った生徒がいるような大学しか進学出来なかった自分を恥じる。

そしてスマホに逃避しつつ、自分の手が届く範囲しか生きていこうとしないのだ。

他人他人としてスルーしつつ学習していればよいのだが、そのようなことが出来る生徒はもっと上の大学に進学している。

https://twitter.com/irobutsu/status/743965844187680768

2016-06-17

復興道標・5年の歴史顧客減少、風評だけか 福島県外し「東北5県」

 「風評って一体何なのか。原発事故があったからこそ応援してくれる人がいて、大口取引につながった」

 東京電力福島第1原発から半径30キロ圏内広野町で、2012(平成24)年にコメの作付けを再開した新妻有機農園代表新妻良平(57)は語る。

 震災から収穫したコメ独自に獲得した顧客に直売してきた。原発事故顧客が減ったのは事実だが「米価の下落や後継者不足は原発事故から根底にあった問題だ」。そう割り切り、県内外のイベントへの出展顧客への丁寧な情報提供など、新たな販路開拓する活動に力を尽くしてきた。

 新妻応援する顧客は着実に増え、昨年の農業収入黒字に転換した。「やってみなければ分からない」。事故後5回目となる作付けにも自信を深める。

 一方、品質が安定し、値ごろ感のある県産米は業務用としては好評価を得ているが、原発事故による負のイメージは確かに残る。

 東京都大手流通業者担当者は「小売店には福島県産米を薦めているが、復興キャンペーンと銘打ったイベント以外は売れる保証がない。消費者放射線への理解は十分でなく、まだ福島県産米の取り扱いを控える小売店は多い」と明かす。

 復興応援をうたいながら、差別助長につながりかねない事態も起きている。福岡市本部を置く生活協同組合連合会グリーンコープ連合」が製作したカタログギフトで、東北6県のうち本県のみを除外し「東北5県」として紹介されていた問題が13日に発覚。同生協連は「福島県商品と出合う機会がなく、取り扱いが少なかったから」と釈明。今後は"東北6県"と明記し「福島商品カタログで案内していきたい」と話す。

 他方、一見風評が根強いとみられる教育旅行では、県外の学校は必ずしも原発への不安だけで本県を選択肢から外しているわけではない。

 「交通費が何とかなれば福島に戻すことも考えられるのだが...」。震災後、スキー学習旅行先を猪苗代町から長野県に変えた熊本県のある県立高校教頭は悩む。高速バスツアー事故を受けた運転手労働環境改善の一環で値上げされたバス代は予算を圧迫。別の高校では旅行日程を1日削減したほどだ。

 教育旅行の質も問われている。県内旅館ホテル関係者と全国で誘致活動を展開する県観光物産交流協会観光部長佐藤敬(49)は「福島教育現場ニーズに応えられているのか。他県に勝る素材がなければ選んでもらえない」と差別化模索する。(文中敬称略

2016-06-16

増田で草を連発すると悪目立ちするってところから学習した方がいいような

2016-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20160615210736

お前のざる理論学習しても何も出てこない。藁人形論法ではないという事実が浮かび上がるだけだ。

2016-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20160613092857

自宅で学習してるときからないところが出てきたら

「おかあさーーん」って家事中のお母さんを呼んで教えてもらう。

それが習慣になってると、先生教室内に居るけど自習なんてとき

からないところが出てくると、教えてもらおうと思ってつい

「おかあさーーん!」と叫んでしまう。




小4のとき実際やっていまだにからかわれる昭和生まれ昭和育ちのおっさんから証言でした。

2016-06-12

女王の周辺

いわゆる2ちゃんねるネタであり「あそこに書かれていることなんて気にしなくていいと思うぞ」で終わってしまう話を、あえて書いてみる。


就学前の幼少時から始められる楽器代表例は、なんといってもピアノヴァイオリンだろう。

大人になってから始める人がいるくらいには人気もある。

そんなだから、当然2ちゃんねるにもヴァイオリンスレはあるのだが、ピアノと違ってこのスレはほぼ十年来、ギスギスした空気現在に至っているのだ。

理由は、幼少時から始めた人=アーリー組と、高校大学社会人くらいから始めた人=レイト組の対立にある。

結果、本スレから分家した、レイト向けスレの1に貼られるテンプレからして、その上から目線ぶりが尋常ではない

以下の論争はすでに終結しています

1.プロ演奏者に関する鑑賞系の話題

 ●耳の腐ったレイトに良し悪しは解らんだろう。

2.音律ビブラートのしつこい論争

 ●ヴァイオリンピタゴラス音律で弾く。レイト基本的ヴィブラートを掛けてはならない。

3.スズキメソッドの是非のしつこい論争

 ●スズキであろうが、サンマであろが、使い方次第。

4.アーリーレイトのどちらが上達するかのしつこい論争

 ●幼少期から習っている人に大人から始めて追いつけるワケがない。言語と同じ。

5.チューナーの是非のしつこい論争

 ●チューナーは、調弦では仕方がない、運弓で使える、音階練習には使えない。

(中略)

★なぜ、アーリーは、いい加減に弾くレイトを忌み嫌うのか★

汚い音、狂った音程に対する嫌悪感が、上達のインセンティブで、

自分の汚い音を忌み嫌ったから、上手になったのが、上手いアーリーだ。

から、汚い音、狂った音程を何とも思わないレイトを忌み嫌ってしまう。

これはもう、明らかに「にわかを見下す熟練者」「アーリー自身が囚われている生存者バイアス」が合わさった結果であり、こういう対立がないピアノ組が正直羨ましい。

自分も一応はアーリー組の末席という立ち位置だが、どう見てもアーリー組のスタンス問題だと思うのだ。

以下、そんなアーリーの特徴を、ヴァイオリン特性も絡めて書いてみる。


主にピアノ比較したヴァイオリン特性シニカルに書くと、こんな感じである

ヴァイオリンをとても良く弾ける人間がひとたび音を出せば、それはもう堂々の主役として、当たり前のようにステージ支配する点において「楽器女王であることは間違いない。

しか楽器ポテンシャルや柔軟性から言えば、「楽器王様」はピアノだろう。


そんなヴァイオリンは、親の時間的金銭負担が大きい時点で幼少時から学習者がピアノほど多くないところに、演奏技法習得の難しさ(≒誰もが知っている名曲を弾けるまでに至るための要求水準の高さ)から、恐らく多くの脱落者を生んでいることが容易に想像できるシロモノである

それこそ面倒どころか、個人的には世界一難しい楽器としてギネス認定すべきだと思うくらいで、ヴァイオリン弾きの生存者バイアスが強いと思う理由である

例えば、モーツァルト協奏曲というのがある。

全5曲のうち、重要なのは3番以降の3曲で、これはプロオケ入団試験にも頻出する曲であり、つまりヴァイオリンクラシックをやるなら、3曲のうちのいずれかをプロアマわず習得していることが望ましい曲である

というかメンデルスゾーン協奏曲バッハシャコンヌチゴイネルワイゼンみたいな名曲を弾こうと思ったら、モーツァルトをまともに弾けるのは大前提だし。

そんなこともあり、実際プロ目指す人は小学生モーツァルトをやってしまう。

しかアマチュアになると、幼少時から習っていてもここまで来る人は1割程度だと言われている。

そして、そんなごく一部の人=アーリー組が、大人になってもヴァイオリンを続けていると、こういうわけだ。

しかし、アーリーにそんな自覚は多分ないはずで、それどころか超頑張って俺はここまで来た的な自負があり、これがレイトとの軋轢根本原因だろう。

まり、幼少時から始めた人が超上手くなって続けるか、そうならずにヴァイオリンを習っていたことそのものを無かったことにするかという両極端な事情をどうにかしないと、今後もこの憂慮すべき事態は続くと思われる。


ヴァイオリン、ちゃんと弾けたら本当に虜になる楽器なんだけど、色々大変なのが残念。

女王様は甘くないという感じである

http://anond.hatelabo.jp/20160612110517

ご飯くれない事を学習したんじゃないかな。

2016-06-10

今更メタブして喜んでる連中ってクソしょうもない

クソブログが縦にすごい燃えてる。あんなにメタブしてどうするんだよ。

IDコール飛ばしあって侃々諤々議論してるわけでもなく、ただメタブしてキャッキャしてるだけ。お前らクソガキか。

高学歴はてなーならあんな中身のないクソ記事なんかスルーできるはずでしょ。下層民がなんか言っておるわと思うだけ。

あい発言東大生が言ってたら、この世間知らずのぼっちゃまボコっとくかと思わないでもないけど、クソ哀れなおじさんをいちいちボコボコにしなくていいと思うんだよな。そりゃ彼は人格的にあれかもしれないけど、彼を叩くことになんか意味あるのか。自分よりはるかに劣った相手発言を真に受けて腹を立てるってまったく理解できないことだ。

とにかくクソブログのクソブクマとクソメタブとクソメタメタブとクソメタメタメタブ等のせいではてなクソブックマークますますクソ化するんだから、「二階案件」とか言って嬉しそうに踊ってないで完全スルーしろよ。

学習してください。よろしくお願いします。

2016-06-08

うちの嫁

うちの嫁は女絡みで何かにつけて疑ってくる。


さっきもたまたまネットで見つけた水族館のチラシ見せて「良さそうだね」と言ったら、

「誰と行ったの?あ、それ付き合ってる時にはもう出来たんだよ。誰と行ったの?」(実際はその頃はまだ出来てない)

みたいに言ってくる。


俺は普通に会話したいだけなのに、いちいちそういうこと言ってくるので毎回喧嘩になる。

そもそも、そういうの好きじゃないし、そういうので色々言ったりするのも時間無駄しか思えなくて「やめてくれ」って言ってるのに定期的にそういう風になる。


俺がオナニーするのさえ、「やめて欲しい」と言ってくるし、ティッシュ置きっぱなしにしたらもう大変。それだけで大ゲンカになる。

ゴミ箱に捨てても一つづつ拾いあげてティッシュ匂い嗅いで、鼻かんだテッシュか、抜いたテッシュか確認する。

それで大ゲンカになって「じゃどうすればいいんだよ」と言ったら「トイレに流すとかすればいい」とか言い出す。

しょうがないので今ではバレないようにそうしてる...)


俺がオナニーしようとするのを察知するのか、そういう時には近くで本読んだり、携帯をしだすので、俺がイライラし出してまた喧嘩になる。


タチが悪いのは学習してくれないことだ。

「そういうのは腹立つからやめてくれ」と言ってもなんども繰り返すし、自分が何で俺を怒らせているか分かってない。

「何で怒ってるの?」「何でそうやっていつも怒り出すの?」とか言い出すので、俺は「は?自分から始まって自分が怒らせてるの分からないの?」となってまた俺を怒らせる。


毎回定期的にこれの繰り返し。

いい加減時間無駄だし、学習してもらって、俺はもっと違うことに時間を使いたい。

2016-06-07

からすげー悩んでる、他人の心が読めたとしたら・・・

それは言語で聞こえるのか?

よくフィクションだと、他人思考言語を伴って伝わるけど、

自分自身ですら気持ちをそのまま言語翻訳することができないもどかしさを感じるんだから

他人思考言語でやってきたとしたら、その人の思考感情を正確に読めているとはいえないと思う。



たとえば、北島康介金メダルを獲って「何も言えねえ!」と名台詞を吐いたが、

その言葉が出る直前の脳内では様々な気持ちが去来して、混乱して、

それでも何かコメントしなきゃという義務から絞り出されたものが「何も言えねえ!」だったんだろうと思う。

このとき北島の心が読めたとするなら、俺たちは「何も言えねえ!」ではなく、

その言葉が放たれるまでの複雑な思考感情の渦を体感せざるを得ないのではないか



そして、そうした思考感情過去経験学習に強い影響を受けてるに違いないのだから

他人の心を読むことは、そうした人生の背景知識までをも含めた全情報を受け取ることではないのか。

そうなると、他者の心を読むことは、その瞬間に相手脳内電気情報がほぼ同一化することであり、

それは一個人の脳のキャパシティーを超え、瞬時に発狂に至ってしまうのではないか

そんな風に考え出すと、思わず大便時に肛門の手前で糞が詰まるんだ。



うーん、この答えをひねり出したい。

スポーツクラブ10周年イベント

10年続けてる人にだけ特別に、とのことでイベント案内が来た

普段はそういうイベント事には参加しないのだが、特別と言われると何か気になってしま

10年続けた趣味イベントという機会もない気がするので、良い機会と思って参加することにした

仕事が長引いて1時間遅れで会場に入る

入ってしばらくして、ああこういうもんなのかという学習と同時に

やめときゃよかったという苦々しい気持ちが沸き上がった

…鬱陶しい内輪向けの笑いと親しみに溢れかえっている

クラブインストラクターの個人ネタ満載のトーク、大げさに笑う中高年の女性グループ

レッスンはグループワークと称して隣の人と手を繋いで…

ああ、疲れる

イベントレッスンの終了後にパーティーと称してドリンク付きの歓談の場があったが、参加せず帰った

パーティイベントっていうのは、何でもこういうもんなんだな、つまり交流の場で

もう間違わない、今後は絶対参加しないわ

疲れた

2016-06-06

文学部存在意義ってあるの?

主に就職面において全く役に立たないという致命的弱点を持つ文学部。まだ英語文学とかは語学という点でビジネスに使えるけれど、日本文学やら日本史専攻やらは果たしてどう就職に役に立つのか。変体仮名が読めるスキルを主張するより、経済学部経済学を学んだスキルを主張した方がよく見られるだろう。

学習において学ぶ姿勢精神が身についたとは主張出来るが、それは他の文系学科だって同じことだ。他の学科はそれにプラスαして学んだことが実際就職において、面接官に会社で役に立つと思われ易い(実際役に立つかは置いといて)

文学部なのに何故この業界を選んだの?そっち行けば?」…面接官によく聞かれる言葉である。実際文学部が有利な就職口なんて本当に雀の涙なのだが…

そんな学部に行ったおまえの自己責任だ…なんて言葉は真っ当だが少々乱暴であるとも思う。それは薬物中毒者だけを責めるようなものだ。売人を責めていない。就職に役に立たない学部をなんの対策もせず放置してる大学側も幾ばくか問題あると思う。

正直文学部意味大学卒業したレッテルけが欲しい奴の居場所に成り下がっている気がする。元に理系の推薦落ちて仕方なく文系に来たという奴を何人か見たし。

文学部が有利な就職口なんて教師(少子化学校が少ない&ブラック)、出版社図書館司書学芸員(どれもエグすぎる倍率)ぐらいだろう。実際文学部出でも金融とか全然学部関係ない業界に行くことが多い。なら他学部の方が就職有利でいいじゃんって話になる。資格取るのだって例えば簿記とかは他学部の方が単位になるし。

就職の話しかしていないがその理由重要なことだからである。生きていくためには仕事をしないといけない。大学は、特に近年は学ぶ場というよりは就職やすくする為に行く場所という側面もあるだろう。4大卒だけ求人してる会社もある。その利点をぶち壊す文学部

からこれは本当に極論だが文学部なんて一部の実用的な学部以外なくしてしまっても良いのではないだろうか。そうすれば就職にまだ有利な文系学部に行くしかなくなる。ただでさえ就職戦争がどんどん厳しくなっている今、少しでも就職に有利な学部に入れた方がいい。学力不足で入れないにしても高卒仕事に就いた方がまだ時間と金節約になるだろう。大学学費も年々高くなって奨学金破産なんて言葉もあるし

文学を学べたこと自体は楽しかったし人生観も変わった有意義時間だったのだが、仕事に就けず、生きていけないとなると「じゃあもう学ばず趣味にしておいた方が良かったのでは?」と最近思ってしまうのである

まあ就職し易い世の中だったら別に存在意義を問うこともなかったのだろうけど。

何が人間らしさか~レベレーターネタバレ感想

※この投稿Guilty Gear Xrd Revelator のネタバレを含みます公式ネタバレ自粛のお願いが出てるので、匿名しか書けない。



何が人間らしさか。この問いはいつの時代も人々の胸に問われてきたものだと思う。この件について、興味深い話がある。かつて、人間らしさというのは理性であった。しかし今は、感情的であることが人間らしさだと思われている、という話だ。

かつて感情動物も持ち得るもので、人間特有のものではないということが広く認識されていた。それゆえ、人間固有の特徴として、理性が人間らしさだと思われていたのだ。けれども今、コンピュータが理性を代表するようになり、人間固有の特徴とは言えなくなってしまった。なので、感情的であることが人間固有の特徴だと認識されつつあるらしい。

ここで語ろうと思うゲーム Guilty Gear には、この何が人間らしさかという問いに面白い答えを出したキャラクターが登場するのだ。

作中で慈悲なき啓示と呼ばれるそのキャラクターは、正体は学習型のAIロボットである。このロボット人間守護者たれと命令されたとき、まず人間定義を見つけるところから始めるのだ。その結果このロボットは、人間は常に変動する情動を持たねばならないと定義する。そして今存在している人類は、この先の未来感情を失う存在であり人間足り得ない人形だと定義するのだ。

このロボットが、人間は将来感情を失うとみなしたところ、まずそこからして面白い人間大好物は「余地」であり、人間はその余地を食べつくししまう。そして人間が食べる余地がなくなった時、人間感情を失い、人形となってしまうというのだ。

からこのロボットは、自分定義する真の人間を作ろうとする。その真の人間は、たとえ余地がなくなった世界であろうとも常に変動する感情を持っている存在だというのだ。

ここからわかることは、この物語では人間らしさというのは「感情」にあるということを前提条件としているらしい、ということだ。前作 SIGN で描かれた感情を持たないとされている少女ラムレザルと感情豊かな少年シンの交流を描くシーンからもそのことがうかがえる。

そしてこのロボットは、真の人間を作るために現在人類、「人形」を絶滅させようとする。そのため、主人公たちに倒されることになるのだ。

しかし、感情こそが人間である定義したキャラクターを倒した、このことはこの物語にとって非常に大きな意味を持つ。なぜならば、主人公がそもそも「人間ではない」とされるキャラクターからだ。主人公は生体兵器の「ギア」という存在なのである。この物語は、人間だった主人公ギアに改造され人間ではなくなったところから始まる。そもそものまり人間とは何かを問う物語であったのだ。人間らしさが感情にあるとする、現代的な価値観を無批判に受け入れていれば、主人公が「ギア」になったところで彼には感情があるから人間である、と定義することができていた。けれども、感情こそが人間だと定義した慈悲なき啓示を倒してしまった今、何をもって主人公人間性を肯定するのか?

いや、正直このゲームシリーズストーリーを15年くらい追いかけてきて、この Revelator で慈悲なき啓示を倒してしまったのを見て、あれ、もう物語が終わってね?なんで To be continued とか言えんの?とか思ってしまったのだが、この物語の根幹が「人間とは何か」を問う物語だとしてみたときに、何も決着がついていないことに気が付いた。

この先何年かかるかわからないけれども、まだまだこの物語は追いかけ続ける価値があるように思える。

そして思うことは、主人公にも、そのほかのキャラクターにも、「人間」であってほしいということだ。もしかしたら、人間でありたい、そう思うことが人間定義なのかもしれない。

http://anond.hatelabo.jp/20160606120750

実はフレンドと3人で組んでた時は一度も負けなしだったんだよなあ

お互い何やってほしいのか分かるから迷いがないのに比べて

相手チームは何やってるのか意味不明な行動が多すぎて張り合い無いなと思ってたら

個人側に回ってきたら馬鹿と組まされるんだから意思疎通なんてできんわなーということを思い出した

そんで何でこいつらいつも負けてるのに編成見直し学習したり

自分に合ってない不得意なキャラ選ぶんだろうとか

味方の動きに合わせるそぶりが一切ないけど何考えてるんだろうと考えた結果

こいつらは馬鹿からできないんだという結論に達した

からコミュニティ能力ネトゲ最強のステータスになるんだよね

フレと組まないとやる気出ない以上、個人で参加できるから何?って感じだ

2016-06-05

小学校教師改善してほしいリスト

残業代がでない

・あまり意味のない書類作成の数々

・集金袋

クラス担任

運動会(大変な割に教育効果

・若手教員への体育関係業務押し付け

・というより体育関係全般(脳まで筋肉かよ

吹奏楽陸上水泳などの部活(外部でやれ

部活動への若手強制参加

・くさいトイレ

・形だけ頑張ってる風の特別支援教育(書類が増えるだけで効果

テプラ

総合的な学習時間(基本的蔑ろ

・成長の反映されない通知表

会議の持ち方

・定時で帰るとなんとなく評価が悪くなる風潮

・若手はベテランより早く来てお湯の準備しておく慣習

・なんとなく校務分掌が引き継がれることによる毎年の混乱

http://anond.hatelabo.jp/20160605143447

いやそりゃそうだろうけど

人間ガイジは犬猫より大きくて力強い」とかそんなんガイジと接したことない俺でもわかるやん




たくさんのガイジに接してつくづくと

しかしそれよりもキツいのは子供達の中身が人間では無いということ。

一般的人間に備わっているはずの理性、気遣い、知能、学習、心。

これらが存在しない。

人間では無いが、多少人間言葉を話せる怪物である

という感想を持った元増田から

ガイジたちの知性をより詳しく表現する言葉を聞きたくて質問振ってるわけよ




いつも思うんだけど

経験者・専門家しか答えられないことを質問してるのに

から俺でもわかるようなレベルの回答差し込んでくる奴って何なの

はっきり言って邪魔なんだよな

教育格差を無くすには

anond:20160605004638

教育無料にしても、格差はなくならない。経済格差によって、素材である児童生徒の基礎的能力学習能力、家庭環境に差がついているので、貧困層がいると学校での教育の質が落ちる。結果として富裕層は「馬鹿がいない教室」で質の高い教育を受けるのである格差を無くすには、富裕層から貧困層まで、ごちゃ混ぜにした教室で「みんなで馬鹿になろうよ」と、学力の高い層を引きずり下ろすしかないのである

格差教育無料でも広がる

金さえ有れば良い教育が受けられて、良い人生が過ごせると思っている皆さん、間違いです。



金持ちの子は良い教育を受けて、良い学校に入り、良い仕事につくというのは一面の事実では有る。

しかし、あくま金持ちの家に多い「傾向」でしかない。

本当の所は「まともな親は、比較金持ちに多い」のだ。まともな親に育てられるからまともに育つのであって、金持ちからまともに育つのでは無い。




貧乏人に多いクズ親の特徴はこんな感じだ。



子供が家に帰ると親が寝転がってポテチ食いながらワイドショーお笑い番組を見ている。

肥満あるいは栄養失調。三大栄養素食育など考えた事も無い。

家に有る本といえばマンガ芸能人名義のゴミ本。

掃除洗濯をまともにしない、当然片付けも教えない。

喫煙者、安酒飲み。

趣味パチンコorスマホゲーor改造車宝くじを常習的に購入。

仕事単純作業or非正規、数年かけてスキルキャリアを積む仕事についた事が無い。



例えば、上記のような暮らしをする人間に、いくら金をやってもまともな子供は育たない。

貧乏の子供は貧乏になる確率が高いのだが、それは最も長い時間を過ごす家庭がそのように運営されているからだ。




多くの金持ちの家庭はそうでは無い。



家に帰ると宿題を見てくれて、親は休日美術館に行ったり読書をしている。子供自然に学び、本を読み、豊かな文化的素養を養う。

整理整頓自分人生効率的に生きる手段である事を身をもって教えられる。

海外に友人が居る。子供の頃から多様な文化に触れ、その中でアイデンティティ確立する機会が有る。

積み重ねた努力で、ある程度の地位仕事についている人に囲まれ生活をしている。努力すれば、具体的にどうなれるかを日常的に見ている。

親共大学を出ている。子供の頃から大学に行くのが「当たり前」になっている。海外へのホームステイ留学視野に入り、経験者の話をいつでも聞ける。

高い能力を持つ人に囲まれ、日々の生活の様々な場面で礼儀を学び、見聞を広げられる。



このような日々の暮らしこそが「文化資本」なのである。カネを持っている事など、瑣末な事でしかないのだ。(もちろん文化資本の無い金持ちも居る)

例えば貧乏人にカネだけ与えても、こんな暮らしは出来ない。せいぜい半額惣菜外食になり、しまむらの服がブランド物に変わるくらいだ。(文化資本を持った貧乏人という存在は極めて少ない。)




東大に入る学生の親は約半分が年収1000万以上だと言う。日本年収比率から考えれば明らかに偏っている。

もちろん、小学校からSAPIXをはじめとする有名塾に通える環境一助にはなっている。まぁ塾代だけで、本気で通わせると小学1年から高校3年までで1000万以上かかるし。

しかし、家庭環境が壊れている子供SAPIXに通わせたとして、有名私立に入れるか?と言われれば無理なんだよね。最も重要な家庭での学習が出来ないから。



良い教育とは、まず最初に家庭で行われる。家庭で教育を受けられない子供は、最初から大きなビハインドを食らって社会に出る。そこにいくらカネをつぎ込んでも無駄

稀にトンビが鷹を産むが、そんな子供現在制度でも返済不要奨学金いくらでも有る。



格差とは経済力では無い。本当の格差とは、誰もが選べない幼少期の環境の事なのだ

その格差を国が是正する方法など無い。




教育に過剰な期待をしているブコメが多いけど、家庭でするべき教育学校が肩代わりしろと言っても無理ですよ。

何事も本人のやる気が無ければ始まらないのだが、その「やる気」をステロタイプ貧乏親は削りとる。

まともな親の子供は親&周囲のまともな大人からやる気をもらい続ける(ついでに良質な知識、コミュ力、広い見聞も)



要するに、日々の生活追い風になるか逆風になるかの差がデカイのだ。これに比べれば、スタートラインの差など無いに等しい。

教育費を無料にした所で、大学に遊びに行くバカと、目標持った優秀な学生に二分されるだけ。

優秀な学生は大体親が金持ちだし、そうでなければ奨学金を取れる。

教育無料なんて教育関係者ポジショントークしか無いよ。乗せられている貧困層は利用されているだけ。





解決策は無いのか?という話だが、これ以上のバカ底上げ無意味なのでしない方が良いという立場だ。

そもそも日本は、ホームレスですら字が読める国だから初等教育は行き渡っていると言って良い。

教育費でよく話に出てくるOECD各国だが、字を読めない人が普通に居る国だらけだからな。

日本識字率は99%以上だから初等教育バカ底上げ)に成功している国とも言えるのだ。



巷で叫ばれている大学無償化奨学金返済不要については、費用対効果が悪すぎるのでやめた方が良い。

20年ほどクズ親に育てられれ、何の文化資本も持っていないFラン大学生なぞ、支援しても無駄から

一定数、世間知に長けたワンチャンを掴める層は居るが、そいつらは放置してても勝手に伸びる。学校教育範疇ではないからな。



やるなら一定以上の偏差値を持つ世帯年収が低い家庭の小中高生に集中して支援するくらいか

または、いくつかブコメで出ていたが幼児教育シフトするか。

しかし、いずれの場合バカ感染を防ぐために寄宿舎で預かる必要が有るが、日本でやる事は不可能だろう。



日本国が行う学校教育幻想を持っている人が多すぎだが、そもそも東大すら世界的には有象無象の一大学しか無い訳で、本物のエリート欧米アジアエリート養成大学に行ってる。

世界的な流れはバカを救済するよりもエリートを伸ばす方向だ。

ただし、日本エリート養成をする事は無駄平等を重んじる文化から無理だろうなと思う。



みんな平等格差をなくそうという思想はご立派だけど、現実的に考えると家庭に介入出来ない限りは不可能だという事。

国(あるいは他人)に出来るのは自力一定ラインを超えてきた人を支援するくらいだ。

やる気のない(あるいはやる気を奪われた)人は、自助努力が出来ないので救いようがない。






共産党機関誌である前衛」を読んでいるコミュニストが、この記事ネタに書いているので見てみた。

格差教育無料でも広がる」のか - 紙屋研究所

http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20160605/1465138757




まぁ一言で言えば「そう出来たらいいですね、ところでどこから金が出てくるの?」である


 松本は、さらにそこから夫が主な稼ぎ手で、妻が専業もしくは補助的な労働でそれを支えて、子どもケア労働担当する「標準家族モデル」がいか危機トラブル脆弱かを述べる。

 そして、もし子どもに関わる費用をすべて社会負担するようになれば、親は自分の食い扶持さえ稼げばよくなり、シングルでもダブルでも不利や不公平は解消すると述べる。これこそが「強い家族なのだと。


さらにこう続ける。


もし小学校中学校のように、高校大学に誰でも行けることはおろか、医療住宅もそして食事文化に触れる機会も、子ども無料アクセスできるようになれば、その時初めて子ども貧困は親の責任から切り離される。そこまで社会を進めることの覚悟とセットでなければ、容易に元増田のような非難に遭遇するハメになる、と松本警鐘を鳴らしているのである


ユートピアを追求するコミュニストらしい意見だ。で、そんな国どこにあるの?日本人は1億人以上居るので、中東産油国でもこんな暮らし出来んぞ。

ちなみにその理想を実現しようとした国知ってる、ソ連かい強制収容所国家だ。

まぁ共産主義者に財源を追求しても仕方ない。彼らは責任をもって行動した事が無いのだから

仕方がないので、テキトーだが俺が考える。



日本の0~14歳までの年少人口は1613万人。彼らに衣食住+文化的生活学習無償化したとする。

かなり安めに見積もって1人1ヶ月10万円の経費がかかるとして、1年で120万×1613万=19兆3560億円

更に高校生大学生まで含めると900万人ほど増える、1人月10万で年間10兆円ほどかかる(年齢が高くなるほど消費が増えるが、面倒を見る職員の数は減らせるので同じ経費とする)

合計して約30兆円、数字を見ただけで非現実的だとわかるだろう。


まぁ所得税を3倍にすれば実現可能だ。もしかしたら、共産主義者として望む所なのかもしれない。



現在日本において、財源を示さずに甘い夢だけを語るのは誠実な態度だろうか?

耳障りの良い話、目の前の人を気分良く救える話は正しいのだろうか?



共産主義者家族解体を是とする。旧ソ連では集団主義教育が行われていた事は周知の通りだ。

全ての子供を「学習はおろか、医療住宅もそして食事文化に触れる機会も」親の責任から切り離す覚悟が問われるそうだ。

まさしくコミュニストに相応しい思想ですねとしか言いようが無い。




ちなみに私が提唱する解決策?はこんな感じ。ブコメにも有ったが、教育は数世代解決するしか無いので、まず1代目はお金を稼ごう。

1代だと所詮成金なのだけど、2代続けばその子供は教育が行き届くようになるだろう。


年収1000万になる方法

http://anond.hatelabo.jp/20160225194038


内容は一言に集約される(私の言葉じゃないけど)

人並み以上の努力をすれば年収1000万ってそれほどの高い障壁じゃないと思うんですよ。


とりあえず年収1000万くらいにはなって、経済活動に貢献してから社会保障を語ろう。

他人の財布で天下国家を語るその姿、ダサいですよ。

まぁ共産主義者が語る、財源の裏付けが全くない甘い夢を見たいならご自由に。夢の見過ぎで虫歯にならないようにね。

2016-06-04

http://anond.hatelabo.jp/20160604025324

理性、気遣い、知能、学習、心……そんなもん「一般的人間」にだって備わってない奴はいるし、なまじ知恵があるからおぞましい奴だっている

そんなに仕事が辛いなら自分心配だけしてろよ

社会心配なんてしなくていいか

子供障害者施設で働いて早3年、もう駄目だ

なんて言うか、頭に障害が有る人間人間では無い。

実物を見ていないので理解出来ないかも知れないが、言って聞くとか教育とかそういう話では無い。

給料は安いし、残業代は出ない、保護者キチガイ

しかしそれよりもキツいのは子供達の中身が人間では無いということ。



一般的人間に備わっているはずの理性、気遣い、知能、学習、心。

これらが存在しない。

人間では無いが、多少人間言葉を話せる怪物である

人間は理性が無ければここまで怪物なのだと思い知らされる毎日



こう言った人間が、大人になり社会に出ると思うと恐ろしい。