「技術」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 技術とは

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220084116

女は美醜で選ばれてる!ってフェミニストがよく騒いでるけど、昨今の化粧技術はすごいからそこまで大差ないよね。むしろそういう価値観を男は持っているに違いないと決めつけることで、美醜を改善しなければという圧力をかけるフェミニストって世の害だよなぁ。

Myはてなブックマークオブザイヤー2016発表!

こんにちは2016年Myはてなブックマークオブザイヤーが決まりましたので、その前の3年分と合わせて発表いたします。



2013年大賞

ネット依存について思うこと | blog.yuco.net

http://blog.yuco.net/2012/10/net-addiction/



ネットを全くやめてしまうわけにもいかず、さりとてやりすぎは避けたいというネットユーザーには馴染みのある悩み。

はてな界隈で見ていたyucoさんがネット利用を制限している様子が自省的に書かれており、何度も思い返すことになりました。

今改めて見るとサラッと出てくる「その代わりに本を読んでいる。」という一文も刺ささり、読書の愉しみについて前より意識的になりました。




2014年大賞 非公表(アグレッシブ表現を含むため)



2015年大賞

「いい歳して美人嫉妬する私」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第12

http://cocoloni.jp/culture/49213/

大人になる=処女喪失が怖い」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第13回

http://cocoloni.jp/culture/51530/



人の悩みにここまで寄り添えるものかと感嘆したのを憶えています

雨宮まみさんは昨年亡くなられました。書籍版を何度か読み返したらTwitter感想を伝えたいと思っていました。言葉を届ける機会はあまりにも突然失われてしまます




そして、2016年大賞!


ドコドコドコドコドコ ドン



グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137



Googleが、チームをエフェクティブにするものは何かを調べた結果、一番上に来るのが心理的安全性というものでした。心理的安全性が低い状態では、チームのメンバーは他のメンバーに責められたり低く評価されることを恐れてミスをしないよう常に気をつけており、他方、心理的安全性が高い状態では仕事用ではない本来自分を出すことが出来てリスクをとれるのだとか(詳しくは検索してみてください)。職場後者のように過ごせたら素敵ですね。心理的安全性、なんて良い響きでしょう。



上記記事は読むために会員登録要求されたことがあったので別の優れた記事も示しておきます

Google完璧なチーム

https://www.infoq.com/jp/news/2016/10/google-perfect-team



そして、心理的安全性といま流行りのけものフレンズを結びつけているのが次の記事です。職場にいるのがサーバルちゃんだったら、安心して自分を出すことができそうです。

技術フェローが「すごーい」「そうなんだー」「たのしーしか言わなくなった件 - Misoca開発ブログ

http://tech.misoca.jp/entry/2017/02/10/113003




2017年も良い記事出会ますように。

2017-02-19

肩書だけで生きているやつが多すぎる

3分でわかる山本一郎(やまもといちろう)氏の現在 (http://masterlow.net/?p=2939)

という記事が旬だったこともあり、いい機会なので

中身すっからかんなんだけど口先だけは回ってその結果、立派な肩書を手に入れ、のうのうと暮らしている人について書くことにする。



日本社会は、こういう人間で溢れている。



ぶっちゃけやまもといちろうについてはネット芸人なのでどうでもいい。



自分の周りにいた人について書くことにする。

まず上場企業役員や主要ポストに就く人間、この中に本当に実績があって、そのポジションを手に入れた人がどれだけいようか?

大企業から来ました、とか政治力だけでそのポジションを手に入れた人が圧倒的に多い。



そもそも日本人肩書が大好きだ。立派な肩書を持っている人間ほどFacebookなんかでわざわざその肩書まで記している。

そしてそういった自己顕示欲の高い人間ほど中身がなかったりする。



先日知っている人が転職して地方企業CTOになったそうだ。

そいつ技術力の無さをどう説明しようか、まず論理性に欠ける、悪手と言われる手法を平気で用いて何が間違っているのか理解できない。

まあ一言で言えば頭が悪いのだが、元々都内大企業ラッキーにも技術最高責任者的なポジションを手に入れていた。理由簡単、社内のエンジニア外注依存技術すっからかん社内SE集団からだ。

まあそんな口先人間採用している会社も同じようなレベル感で仕事をしているだろうし、そういった意味ではバランスがいいのかもしれない。



他にも、複数社の新規事業開発的なコンサルをやっている奴がいる。

彼は小さな会社をやっていて1年ほどで何の成果も挙げられずに倒産した。

その後、実績も経験能力も何もないのに、それなりに有名なIT企業の主要ポストを手に入れていた。どう吹聴したらそんなポジションがとれるんだ?

さらにその肩書を利用して、今では複数社の顧問をやっているとそれなりにまともなネットメディアで取り上げられていた。

元々ペテン師だと思っていたが、その力がより強くなっていた。。。



こういうやつが日本社会には多すぎる。

無益ヒエラルキーしかり、もう少し論理的社会になってほしいと切に願います


皆さんの周りにもいませんか?こういう肩書が服を着ているような人が。

自動運転法整備がなされないまま技術が促進している印象

法があっての技術なのか。技術革新に法が追いつくのか。

プログラマー英語学習

無職からサーバーサイドエンジニアとして就職して1年が経った。

業務ではPHPerとして着実に腕を磨き続けて、それなりになってきたと思う。

休みの日はnode.jsだったりGo言語だったり、業務で触れない技術を楽しんでる。


が、もう限界だ。



俺は英語がわからない。



PHPをやっているだけならよかった。

日本語情報いくらでもあったから。



それがどうだ。

非・超メジャー言語日本語情報、なさすぎる。

エラーメッセージググっても何も出ねえ。超不便。



ああっ! クソ!



低学歴ニートでも起死回生できた! ウェッブエンジニアサイコォ~~~~~~~~~~!!!!!


なんて思ってたら結局英語かよ!!! もう28歳だよ!!!!!!!!


明日から図書館女子高生の隣でDUOやるぞ・・・ 俺は負けない・・・

2017-02-18

会社に不平不満がある現状がかなり辛い

IT中小企業入社して3年。。。どうやら自分会社ブラックらしいということがわかってきた。

毎月の残業は60~150時間、隣の炎上プロジェクトに巻き込まれたやつらは200時間残業していた。

もちろんサービス残業

受託メインということもあるが、やってることはかなりレガシー

Git使えないエンジニア結構割合でいる。

から評価されるエンジニア要件定義/設計など顧客の前にでるエンジニア

技術の有無は関係ない(上が技術面では評価できないか

平均年齢も30代後半、役員は当たり前だけど50代。

臭いことばっかさせられるからスキルアップができない、周りのエンジニア別に新しい技術とかに興味ない

20時に帰る日が続くと「最近帰るの早いね」って言われる

こういう不平不満を愚痴ると『なら転職すればいい』って言われる。

でも田舎から転職先がない。

あったとしても転職先も同じくらいブラックなのが目に見えてる

『なら文句いう前に実力つけろ』って言われる。

その通りだと思う。

実力つけるために家帰ったあともプログラミングしようとするができない。正直やる気がでない。なにもしたくない。つらい。

気分転換アニメ見ようと思うが、『そんな暇あるなら実力アップのためにプログラミングしてろ』って言われる。つらい

嫌になって寝ようと思ってもねれない。つらい。

『何もできないのに文句ばっかり言うな』って言われる。つらい



『』は自分に言われてる。つらい。

生産性

もうこんだけ世の中が発展して新技術発明されたり仕事のやり方が研究されたりして広まってんのに

ジャップ労働時間は一向に短くならないし所得も上がらないよね

これはもうジャップが好き好んで奴隷やってるとしか思えない

なんか役立たずになってしまった

ドキュメント資料作成が得意というわけでもない

オフショアを取りまとめたり、メンバー進捗管理が得意なわけでもない

技術に詳しいわけでもない

なんかどうすればいいのかわらなくなった

2017-02-17

技術に詳しくないからよく知らないけど

例えばフェイスブックはてな技術的な差とかあるんだろうか?

ザッカーバーグ近藤淳也になぜ所得の差が生じるのか。

IT技術力がすべての世界と聞いた。

ITはよくわからない。

はてな匿名ダイアリーブログを書こうと思った理由

私は今まで数々の個人の人が書いてくれているブログに助けられて生きてきたと思っている。書いている本人は何のこともなく書いているかもしれないけれど、ふとアップしただけの写真かもしれないけれど、時空を超えてそれが必要とき検索結果で出てきてくれることで、いろいろなことを読み取れて大変助かったことが多かった。

なので、自分経験したことや考えていることも、人の目に触れる形でインターネット上に残したいと思った。であれば、自分ブログに書けばいいのだけれど、自分ブログを書くとなると、ある程度まとまって関連のあることを書かないととりとめがなくなってしまう。そういうことを気にしていると、書けないことはたくさんある。ではそういったことは気にせずに、日記のようにブログに書けばいいという話もあるけれど、であれば、本当に手元の日記に書けばいいのであって、そもそも自分以外に自分経験したこと、考えたことなどを事細かにすべて知りたい人など、どんなに私と仲の良い友人であったとしてもいない。私の知り合いでなかったとしても、とりとめもない情報を同じ人間が書いたからというだけの理由時系列で大量に同じ場所にあったところで役に立つ気がしない。やはりそういう雑多なものはどこかで誰かが必要だと思ったときに、検索結果として表示されてくれればいいわけであって、そのときにその記事文章自体重要なのであって、雑多になってしまったプログ全体を横断的にみてもらうことに自体価値を感じられない。

もちろん、複数記事に渡って同じトピックが書かれているから、ブログでまとまっているのはよいという話もある。では、はてな匿名ダイアリーでは関連のある記事がかけないのかといえば、そんなことはなく、複数の関連する記事を書きたいと思った場合は、相互リンクなりで関連するように書けばよい。ブログの中から関係するトピックだけを読むより、相互リンクされていた方が読みやすい。

世の中には色々なサービスがあるので、当然ここと似たようなサービスはたくさんあるのかと思ったけれど、私の調査力が足りないのかもしれないが、日本語でも英語でもそれらしいものを調べてみたけれど、意外とそんなにはなさそうだ。海外ではTelegramというメッセージアプリを出している会社が、 http://telegra.ph/ というサイトを作っていて、匿名ブログがかけるようだったが、ニュースになっていたのが2016年11月だったので、やはり新し目のよう。ハンドルネームだけで、本名を出さないでブログをやるという意味ではなくて、それぞれの記事に書いた人が誰なのかという情報が表向きには全くつかないという意味での、本当の意味での匿名ブログ、思ったよりなかなかない、面白いサービスだなと思う。

そもそも突き詰めて言えば、インターネットに完全な匿名性はないと思う。今時なんだかんだで、すごくがんばれば、システム的に考えて、いろいろな情報からつなげていけば、どこかしらで突き止められるはず。ただそれをするにはあちこちのデータを突き合わせる必要があって、それを各運営会社が誰にでもさせないから、普段はある程度は見えないようになっているだけで、本当の本当に匿名がよければ、それこそ、インターネットにもクラウドにもiphoneにもスマホにもGmailにも、全くかかわらない生活をするしかない。けれど、現代ではそれはかなりの少数派なのではないかと思う。相当徹底している人でないと、便利さと引き換えにプライバシー危険と思えなくもないなぁという状況に身を置いているのではないだろうか。

はてな匿名ダイアリーで言うと、やはりはてなID登録必要なので、背後の管理会社さんの方では、どのIDの人がどの記事を書いているのはまるわかりに違いない。

確かに”匿名”ということで誹謗中傷に使う人がいて、こういったサービスを良くないという人もいて、たしかに、それで被害にあっている人は本当にお気の毒だと思うけれど、サービス自体のコンセプトとしてはやっぱりあって欲しいものだと思う。

誹謗中傷投稿する人は背後で管理会社にわかったとしてもそれを問題としていないのか?それともわざわざ人の悪口を書くために新しくID登録をしているのか?私の技術では計り知り得ないが、被害にあっている方は大変苦労されていると思うので、もちろんそういったことがなくなる仕組みがあると良いと思う。)

ブログを書かない人でも、いや、そういう人こそためになるコンテンツを持っていると思う。特に世界に唯一無二な日本ローカルネタは、そういうことを知っている年齢が高くて、インターネットを怖がってブログをしなさそうな人ほど、たくさんご存知だと思う。管理会社にはわかるという意味では100%匿名性ではなくても、管理会社の人は無碍に公開したりしないから、そういう方こそ、この匿名ダイアリー記事を書くことをはじめてみると良いのではないかと思う。はてなIDメールアドレスがあれば作れ、そのはてなIDパスワードを使って、はてラボサイトの方からログインすればすぐにこのような記事簡単に書けます。誰かにメールを書く感覚で、もっと気軽に色々なことが書かれるようになればなるほど、情報検索できるようになるから社会貢献と思って、どうでしょうか?

と、なんだか勧誘のようになってしまったが、人を勧誘したいほどよいプラットフォームだと思っています、ということで。

はてラボさん、今後も期待しています

今、スタバでルネラジを聴きながらコレを書いてます

さっき、テックブログRSSと一緒にホットエントリRSSを外して、アプリを削除したよ。何年の付き合いだろう?サービス開始からから・・・悲しくなるから確認せずに行くよ。

最初ダイアリーに書いて、反応なんて全然なくて、広告コメントばかりだったな。いまでもはてなの知り合いはいないんじゃないかな。

ネットコミュ障なんだ。Twitterとか色々やってるけどやりとりする相手なんて誰もいないよ。

僕は君になにもできなかったね。本当に君の事が好きだったのかな?本当に村民になりたかったのかな?多分、違う。本当はブクマされて、スターつけられて、承認欲求を満たしたかったんだ。

意識高い系を笑えないよね。何年も異性にお金を注ぎ込む人を笑えないね。僕もずっとホットエントリを見て、色んなものを買ったりしたんだ。

====

どうしてこうなったか?聞きたくもないだろうけど、最後から言わせてくれよ。

初めて君を見たとき天国に見えたよ。最新の技術トレンドがここにあってさ。自分理想郷はここなんだって技術力をつけて、認められる人間になって、ここの住人になる事が幸せなんだって思ったんだ。

そうやってさ、次々流れてくるトレンドに耳だけが年増になっていって、それを知らない周りの人たちをバカにしてたな。

でもさ、肝心の技術力は全然つかなくてさ、大学生になれば、就職すれば、東京に出れば、新しいマシンがあれば、お金があれば、時間があれば、やる気があればって制約条件がなくなる度に新しい言い訳を考えてたな。

結局、生半可な知識じゃ参加できないってチンケなプライドのせいで勉強会に参加せず、ブログも書かず、なれたのは一番軽蔑するExcelとにらめっこしてるSIer。おいおい、Web系のベンチャーテックブログ書くんじゃなかったのかよ(笑)

耳年増で、周りをバカにしてたクセに仕事全然できない自分とのギャップ10年耐えてきたけど、年末休職したんだ。自律神経失調症

眠れるんだよ?ごはん食べられるんだよ?ただ、会社の人みんなが怖くなってさ、朝だるくってさ、すげー疲れてさ。苦しくて。仕方ないから受け入れて。っていうか、甘やかして。つまるところ、ズル休みなんだよ。

時間が出来たから、ずっと積ん読になってた技術に正面きって立ち向かってみたんだ。すぐ投げ出したね。理由は分からないけどただ苦痛だった。

作りたいものなんかなかったし。多分、技術を使いこなしてスゴいって言われたかったんだね。

部屋にはPerlRoRSQLitejQuerynode.jsAWSHaskellHadoopDockerRaspberry Pi、R、Reactのホコリを被った本がある。彼らはブックオフ行きかな。

最近時間はあるからさ、はてブばっかやってたんだ。見るのがホットエントリから新着エントリーになったな。いつもみたいに100文字制限ギリギリコメントだけじゃなくて、10文字くらいの一言コメントも書くようになったんだ。その10文字コメントのうちひとつ100スターくらいもらえてさ。

そのとき分かったんだ、これはずっと片思いなんだって。叶わない恋なんだって自分が住める世界じゃないんだっておかしいよね、小学校の頃のプロ野球選手の夢だって中学生の頃の小説家の夢だって高校の頃のパンクロックスターの夢だってすぐ諦められたのに、この夢は35歳の今だって諦めきれないんだ。

応用情報取った時も、ネスペ取ったときも、オラクルブロンズ取った時もLPIC 2取った時も全く達成感なかったよ。コレ取るのに何年かかってんだってさ。村民は1ヶ月あれば取れるぞ。同期のアイツだって3ヶ月で取ってるぞ。何が言えるんだってさ。

銃・病原菌・鉄読んだ時もそうだった。で、お前はそこから何かアウトプット出来るのか?ってさ。読むだけなら幼女でも出来るんですけどwって。

伝わる?伝わらないだろうな。みんな高IQですぐに色んな技術理解出来るじゃない?すごいよ。自分二浪駅弁大学しか行けないくらいのバカで、リアルでもネットでも知り合いを作れないコミュ障自己承認全然出来ないんだ。

ADHDって言葉を知った時、これだーって思ったけど違ったね。IT勉強してても過集中が全然ないんだ。

話が逸れたね。認知療法してて、気づいたんだよ。何をしてても自分を認められないんだよ。はてなに受け入れられる事を成し遂げられてないからね。

から自分を認めるために、君のことを自分から切り離さなきゃいけない。自分世界を作らないと。一方的なっちゃうけど、さようなら勝手だけど、今にも泣きそうだよ。

これからどうしようかな。匿名で好きな事書けるのはココだけなんだ。自信のない間違ってるかもしれない事を書いてもいいのはココだけなんだよね。ここなら見たくないコメントを見なくてすむんだ。

新聞も取ってないかチラシの裏にも書けないよ。

でも、前に進まなきゃ。夢の世界への憧れは終わりだ。目の前の現実世界適応しなきゃ。また逃げ戻ってくるかもしれないけど、いまはさようならしなきゃ。

最後に何か残せるとしたら・・・スタバハチミツ、あれ何に使うと思う?あれ、ワッフルを食べるときに使うんだよ。

・・・スベったね。

さようなら。このエントリも2時間すれば次のページ行きだ。そうすると、誰かの目にも触れなくなる。単なるはてな磁気データになる。

最後ブコメとかつくんじゃないかって浅はかな期待を持ちながらこの内容を登録するボタンを押します。じゃあね。

P.S. 認知療法について書いてくれたこの増田には本当に感謝しています。まだまだ自分について書く事が苦しいけど、正しい道を向いてると信じています

http://anond.hatelabo.jp/20150213215921

http://anond.hatelabo.jp/20170216232433

これ、常々思ってた。

この150年くらいで馬車は自動車に、パラパラ漫画テレビに、

眼鏡コンタクトに、電報インターネットになった。

なのに、雨具はずーっと、そのまんまなんだよな。

この調子だと気象人為的コントロールする技術の方が先に出てきそう。

2017-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20170216225102

金も技術も有るやつが無職自称して小金稼ぐのに半日費やしたからってグチグチグダグダうるせーんだよ。

死ねよ。

プロってなんだ

向き合う姿勢性格従順さ?運?タイミング技術?実力?さっぱりわからない、だってレベルクソ低い下手くそプロになってるし。合格基準明確にしてくれ

http://anond.hatelabo.jp/20170216200644

あれ、なんとなく性別選べるようになってると思ったんだけど今調べてみたら男性とは明言されてはいないけど性別が選べるとも書いてないな。

技術的にはそんなに難しくないしリソース的にもそんなにコストのかかる話ではないのでそれくらいやってると思ったんだが、やってないんだ。

リンクなら別に男女バージョン存在しても違和感ないと思うのにな。すまん、性別はえらべないかも。

http://anond.hatelabo.jp/20170216145224

お金余ってんなら買って損はないと思うよ。

Apple Pencilの技術はほんとすごい。他のスタイラスペンなんか比べ物にならないレベルですごい。

ただペンタブもろくすっぽ使わなかった人がApple Pencil買って絵を描くようになるかって言ったら描かないんじゃないかなぁとは思っちゃう

まぁiPad proはお絵かき専用機にするには勿体無いほどのスペック(と値段)だから

iPad proで絵を描く以外にやりたいことを2,3個は考えてから買ったほうが最終的には満足できそうな気はする。

東芝問題というよりも、アメリカ原発技術問題に興味がある

東芝問題WH問題というよりも、アメリカ原子力発電見積もりのいい加減さにあったわけだ

もちろん、そんな糞企業を買収した東芝問題もあるけど

見積もりがひどすぎて、精査したら7000億円の減損だということになったわけで

アメリカ技術伝承問題という側面でもとても興味深い話だなとおもうわけですよ

原発を30年作ってない国の技術がどうなるのかという話として



ソ連ロケット技術が今のロシアに引き継がれてない問題とか

JAXA新規ロケット設計してないから、一から設計した経験が若手にはない問題とか

そういった報道を見てると、技術伝承って問題だなっておもう



遷宮なんて文化技術伝承目的としているのだろうけど、うまいことやってるよなと思う

人生相談できる人がいない

今年で30になる。

いかけた夢に関する事で、すこし収入を得られるようになってきたが食べていけるほどでは全くない。

派遣社員として働き続けているが、なんの技術もないのでつぶしもきかない。

思いついてる選択肢は、

・食べていけるまでがんばる(派遣社員も辞める)

・今の仕事を辞めて一からはじめる(職業訓練に興味がある)

・もうすこし現状維持してみる

誰かに相談したいけれど、周りには同じように夢を追う人か派遣社員の人くらいしかいないので偏りがある。いつの間にか交友関係も限られていることに驚いている。

どうしたらいいかな……?

競技プログラミングに対して私が思うこと

競技プログラミングが役に立つとか、立たないだとか。何年ものTwitter やらで様々な立場の人が各々の意見を述べてきたが、今と昔ではかなり事情が違うかもしれない。下に述べるのは、最近私が思うこと。

私は元競技プログラマTopCoder によく参加していた頃は赤色だったこともある。始めたのはアルゴリズムの魅力に惹かれたのがきっかけ。継続して続けられたのはコンテストが楽しかたから。プログラミングコンテストが無ければ私はこの道に進んでいなかっただろうし、プログラミングコンテストで得た知恵や技術や友人は、今でもかけがえのない宝だ。私にとってはこれだけでも競技プログラミングは役に立つ理由として十分なのだが、一般論としてはどうなのだろうか。以下ではよく話題として取り上げられる (1) 競技プログラミングプログラマを成長させるのか (2) 競技プログラマ採用するのは企業にとってプラスかどうか (3) 就職活動に有利かどうか について私なりの意見を述べようと思う。

(1) まず、競技プログラマは成長させるのかどうか。それはその人次第だ。これを言っちゃお終いだろという意見もあるだろうが私はこれが真理だと思う。例えばコンテストで他の競技者と競うことが好きな人にとっては有効な学びのツールになるだろうが、そういうのが好きでもない限り向かないだろう。アルゴリズム勉強したいなら、わざわざコンテストが開催される日程に合わせてパソコンに向かって決まった時間だけパソコンとにらめっこしなくても、本を読んだりして勉強するほうがいい。競技プログラミングプログラミング学者にとっていい勉強ツールだという意見もよく聞くが、個人的にはどこか有名な大学プログラミング入門のレジュメ学生実験資料ネットから探して読んだり実装したりするほうがいいんじゃないかと思う。プログラミングコンテストには勉強ツールというよりはパズルゲーム感覚で取り組んだほうがよい。

(2) 次に、競技プログラマ採用企業にとってプラスかという話。個人的には、競技プログラマには一緒に仕事がしたくなる人が多いので、どんどん採用すべきだと思っている。ICPCに協賛したりコンテスト主催している企業もそのことは理解しているようで、アルゴリズムの造詣が深くて、良いテストも書ける人材を獲得するべく競技プログラマ積極的採用している。しかし、これは競技プログラミング一定以上の力量のある人の話。競技プログラミングを今までやってこなかった大学生でも、情報系の学部所属していれば AtCoder で水色や青くらいになるのはよくある話だ。しかし、それくらいのレーティング面接競技プログラマ自称する人は少なくない。プログラミングコンテストについてよく知らない企業がうっかりそういう学生採用してしまうと、競技プログラミングは役に立たないのではという意見が出てくるのも不思議ではないだろう。

(3) 最後に、就職活動で有利に働くか。ここ数年は有利に働いているようで、競技プログラマ積極的採用している企業も多いようだ。そしておそらく、今の学生競技プログラマに対する最初評価が決まるのだろう。今の新社会人や就活生次第で未来競技プログラマたちの存亡がかかっているのだろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170216034118

良し悪しと古さを比べるのはロジックとして破綻してないか

「家庭に良し悪しはない」かつ「宗教は家庭と同じくらい古い文化」⇒「宗教に良し悪しはない」???


その論法で言うなら

原爆衛星技術より前にできた」かつ「衛星技術は良いもの」⇒「原爆は良いもの

になるけれどOK?

つかUGCって環境技術がそろってないとそうそううけるものなんてできないし

なろうに限らず作者の年齢が高めなのはからだぞ

それを闇とか言われてもどんだけおっさんが嫌いなのっていう

男だがそんなの求めてない

http://anond.hatelabo.jp/20170215145435

女性の「セックスのうまさ」というのは、ハンドジョブマウスジョブなどの技術スペック(胸がでかいとかゆるくないとか体がやわらかいとか)のことを指している。

別にそんなの求めてないし。

もっと言えば、フェラが上手い女なんかほぼ皆無だよ。

「私はフェラが上手い」と思ってる女がいたら、勘違い

これまでの相手が気を使う男だったか、そういう表層的技術の優劣を余り気にしないでそれこそ雰囲気を重視する男だっただけ。

たとえばフェラの時チロチロ舌を動かしてたらもう勘違い女決定だから

俺はフェラに付いて深く考えたしチンコついてるのでたぶん殆どの女よりフェラが上手い。

ホモじゃないから試す機会ないのが残念だけど。

(こういう感覚はきっと女にも有るでしょ?  

 レズじゃないけど○○は絶対殆どの男より私の方が上手く出来るよなー、みたいなのは

 ある程度真面目にセックスについて考えてる女なら有るはずだ)




まり

そういう表層的なテクニック絶対ホモとかレズの方が上手いし、

異性の体触ってる時点でピンボケが基本なんだよ

から

女体は驚くほど「雰囲気」で構成されている。

ちょっと強引にいかれると興奮する」とか

ちょっと甘えられると興奮する」とか

「耳噛まれると興奮する」とか

「半分寝ながらするのが一番好き」とか

そういう「雰囲気」で興奮し、行為に対する満足度を上げている。

挿入後はもちろん重要だが、すべては挿入前に決まっていたりする。

相手が好む雰囲気を作り上げるのが男性の「セックスのうまさ」だと思うわけでした。

こんなん男でも女でもそうだっつーの

そういうのの大事さまでいたってない男もいずれそこに来る

男にはハンドテクフェラテク大事ー、とか思ってる女はアホの勘違いさん

ろくな相手セックスしてきてない証拠

2017-02-15

桶川ストーカー殺人事件」を100倍薄めたような出来事経験した

たまたま自宅近くの書店で手にした『桶川ストーカー殺人事件遺言ー』(清水潔著 新潮文庫)をパラパラ立ち読みしてて、こりゃ全部読まねばと思い購入。

あれからもうすぐ20年も経つのか、などと思いつつふと「そういや俺もその数年前に似たような出来事に巻き込まれたよなぁ・・・」と思い出した。

多分まだストーカーという用語自体があったかなかったか、そんな頃の話だ。

大阪府内のとある駅構内公衆電話で順番待ちしていた私は、その隣の公衆電話を使っていた女子大生風の女の子が、話の途中でカード切れになりそうになって財布を探り出したのが目に止まった。

ちょっと、ごめん、カードがなくなりそうなの、また後で・・・

たまたま私はその時3枚ほどテレフォンカードを手にしていて、全部貰い物だったので、ほんとに他意なくそのうち一枚を彼女差し出したのが出会ったきっかけだった。

普段ならそんなことする柄じゃない。たまたま彼女視線が私の手元にあったテレフォンカードにヒットした、それを私が見ていたというタイミングがそうさせたのだと思う。

 

彼女山口県出身で、大阪の確かどこかの外国語短期大学だったと記憶するが、女子寮に住んでいた。

身長150センチくらいで、ロングヘアーだったかな。ただ、ちょっと普通とは違うっていうか、今で言うメンヘルとまではいかないけどどこかしら精神的に不安定さを感じさせる部分があった。

とにかく毎日電話で私と話がしたいと言う。別に電話しなかったら怒ると言うほどではなかったのだけど、1日でも電話しない日があるとすぐ彼女は「他に彼女が出来たんじゃないの?」と冗談ぽく笑いながら言っていたのが忘れられない。

と言うのも、以前彼女と付き合っていた人に二股をかけられていて、それで男の人があまり信じられなくなったのだと言う。

実を言うと私は当時、二股どころか、他にも何人か彼女とまではいかないもののそれなりに親しい関係にあった女性がいた。そのことはもちろん彼女には内緒にしていたが、ひどい裏切りだったことは間違いない。けれど、自分自身にとっては後になってそのことが功を奏したと思う。もし彼女に一途だったりしたら私は殺されていたかもしれない。

 

で、とにかく毎日毎日彼女とは電話で話ししていたのだけど、二日ほど全く連絡が取れなくなったことがあった。多分付き合いだして一ヶ月くらい経った時のことだ。

正直、毎日電話で長話するのも疲れるので、彼女に対しては別に心配すると言うことはなかったのだが、実は彼女監禁されていたのだ、とんでもない男に。

その男精神カウンセラー職業としていたらしい。彼女二股失恋精神的にかなりダメージを受けたためその男カウンセリングを受けた。だがカウンセリングを続けるうちに彼女その男依存するようになってしまい、とうとう肉体関係にまで至ってしまった。ところが失恋ダメージから回復するにつれ、彼女の方はその男に対してどんどん冷めてしまい、関係を断とうとしたらしい。

それでその精神カウンセラーの男が未練たらしく・・・と言うだけなら良かったのだが、そいつがとんでもないストーカー気質の男だったから最悪なことになった。

 

関係を絶つなら、一千万円の慰謝料を払え

山口実家に行って関係責任をお前の親にとってもらう

大学卒業できなくしてやる&行けなくしてやる

・他の男と付き合うことは断じてさない。興信所使ってでも男性関係は必ず突き止める。そしてそいつを必ず殺す。

・どうしても別れるならお前を殺して俺も死ぬ

etc

などなど無茶苦茶なことを要求してきたのだとか。それを監禁明けの日に電話彼女から告白された。

監禁された理由は、他の男と付き合ってることを疑われたから。おいおい、それは俺だw←笑い事ではない。彼女は口を割らなかったそうだが。

だが、当時は桶川ストーカー殺人事件から数年前に遡る時代で、ストーカーみたいなのがそんなに恐ろしいとはまだ思われていなかった。

そりゃ多少はビビったけど、本気でそんなことする人間まさか近くにいるとは思えなかったし、だいいち私と彼女の接点はただ偶然駅で出会っただけの男女でしかなく、その上、関係は薄いながらも他にも好意を寄せていた女性がいたから、彼女電話番号以外は教えてなかったので自分危険が及ぶとも思えなかった。

でもその告白で恐ろしい監禁状態だったことを報告されてたのに、俺は内心「こいつどう言うつもりでそんな冗談言ってんだろ?」とか間に受けてなかったんだよね。

監禁中はずっと下着姿で椅子に縛り付けられて、軽い電気ショックを与え続けられていた、とか言うからさ。もちろんホントかどうかなんて分からないが、後で考えたら十二分すぎるほどあり得る話としか思えない。

 

その精神カウンセラー問題については何度も話し合ったが、桶川事件でもそうだったように、彼女も怖くて警察相談したのに全く取り合ってもらえなかった。ただ、桶川のように男に殺されるとまでは彼女は思わなかったので、取り敢えず誤魔化し続けていたらそのうち男の方も飽きるだろうと。結果的には監禁一年半くらい経ってから実際そうなった。

  

ともあれ、その告白後は多少なりとも慎重に彼女交際を続けることにした。例えば車でデートするならば尾行車を巻くように注意して運転するとか、同じ時間電話が話し中にならないように毎日異なる時間帯で電話するとか、彼女の寮には決して近寄らない、とか。

でも、何回かデートしてるうちに油断しちゃったんだな、お互い。そう、彼女を寮の近くまで送って行ってしまったんだ。奴はそこで前日からその朝まで張り込んでいたのだった。

彼女がその車が寮に横付けされているのを見つけて「逃げて!」と絶叫。バックしてスピンターン・・・だなんて華麗な運転技術もない私が何度も切り返してモタモタしてるうちに奴の車が近づいてあっという間に私の車の前に割り込まれてジ・エンド。

「おう!こら!にいちゃん!テメェとんでもないことやりやがったな!」とかなんとかその路上で延々私は奴に怒鳴りつけられた。

その後は、彼女の方から私に別れを言ってきて、ごめんなーとか謝りながらも私もあっさり身を引いた。とはいえ、無茶苦茶大好きと言うほどではなかったものの、それなりには彼女のことが好きだったからなんとかして付き合いを継続できないかとか思ったが、その男が私の住所も勤め先の会社も、実家ですらもすでに突き止めていたと言う話を彼女から聞いて本気で恐ろしくなってどうしようもなかった。

 

その後、彼女大学中退して、山口県に逃げるように帰ったもののすでに奴に実家は知られていて、彼女の親も巻き込まれて散々な目にあったらしいが、結果すでに述べたように、やつは彼女に飽きたのか、それとも別の女性に入れ込むようになったのか、ともかくもそれから三年くらい経って地元男性結婚し、平和に暮らせるようになったそうな。

彼女とは多分10年くらい前に電話で話したきりもう音信不通になってるけど、その時聞いた話は本当に今でもゾッとする。なんと、寮近くで奴と対決?したとき、奴は車に日本刀一本と出刃包丁を用意していた、とか。

 

さて、せっかく買った『桶川ストーカー殺人事件』、積ん読にならないよう最後まできちっと読むか。

http://anond.hatelabo.jp/20170215184628

そもそも警視庁プロVS素人新人女性記者って状況が野球で言う始球式みたいなもんって言われないと理解すらできない

素人目に見ると怪我させないで終わらせることもこの手のプロには必要じゃないかなぁとは思うが世の中(技術的にも精神的にも)出来ない人がいるのも事実

男女で「セックスのうまさ」の意味が違う

港区OLをやっているんだけど、最近常々「男女で『セックスのうまさ』の意味が違うな」と思っている。

女性の「セックスのうまさ」というのは、ハンドジョブマウスジョブなどの技術スペック(胸がでかいとかゆるくないとか体がやわらかいとか)のことを指している。

これは一度高めるとけっこうどの男性にも通用する。

もちろん例外はいるが、どんな男性も究極的には「刺激しておくべきポイント」と「女体に求めているもの」がほぼ同じだからだ。

その一方で、男性の「セックスのうまさ」というのはかなり難しくなる。

けっこう男性は「ディックが大きくて長持ちすればええんじゃろ?」と思いがちだが、もちろんそんなことはない。

たとえば彼女身長140センチ処女だったら「殺す気か」という展開になる。そういう場合はほどほどサイズでほどほど早漏もっとも重宝される。

男性セックスのうまさというのは、「相手に対して調整できるか?」ということだ。

複数人女性関係が持ったことがある増田のみなさまは、「前の彼女はこれをすごく喜んでいたのに、今の彼女はそうでもない」みたいな経験をしたことがないだろうか。

女体は驚くほど「雰囲気」で構成されている。

ちょっと強引にいかれると興奮する」とか

ちょっと甘えられると興奮する」とか

「耳噛まれると興奮する」とか

「半分寝ながらするのが一番好き」とか

そういう「雰囲気」で興奮し、行為に対する満足度を上げている。

挿入後はもちろん重要だが、すべては挿入前に決まっていたりする。

相手が好む雰囲気を作り上げるのが男性の「セックスのうまさ」だと思うわけでした。

ただしじゃあどうすればうまくなるんや?というのが難しくて

こればっかりは相手フィードバックからつかむしかないのだが

女性の多くはこの自分雰囲気感をおおっぴらにしたがらず、言語化もしてないことが多いので

男性エスパーになることを迫られるケースが多い。本当にかわいそうだと思う。がんばってほしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん