「伏線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 伏線とは

2017-03-25

けもフレが流行んなかったらボロクソに貶してんだろうなこいつら、という姿勢支持層にうっすら透けて見える。

伏線はりが上手い~とか取ってつけたような褒め言葉だし。

http://anond.hatelabo.jp/20170325020345

なんだその伏線回収!

一日放置するなよ!

http://anond.hatelabo.jp/20170325031855

伏線は全くなかったけどスペースダンディとか普通に面白かったと思うぞ。

正直オムニバス伏線の貼り方がすげえ、なんて思ったことはあんましないなあ。オムニバス嫌いだから仕方ないが。

まあよくも小さな変化と代わり映えのないいつものことであくびが出ないな、というのが大体のオムニバス

唯一オムニバスで退屈しなかったのがイヴの時間。嫌いなのであまり見たいとも思わず、母数が少ないかもしれんなあ。

しかけものフレンズはすげえな

1話から3話まではすごく好き

4話から8話までは普通

9話でちょっと面白くというか伏線の使い方の上手さに舌を巻かされ

11話で遂に圧倒的に面白い領域に達してしまった



勿論自分にとって重要なのは断然「好きかどうか」なわけだが

好きなものが圧倒的な面白さを兼ね備えてしまうともうそれは最強だよな

正直ここまで進化するとは思ってなかった

2017-03-22

身体の不調

仕事によるストレスピークに来てて

恐らくその影響だろうと思われる身体の不調を書いていく


言葉がうまく出てこない

からこんなに吃ってたっけってくらい、職場で話すとき言葉が出て来ない。

「すすすすみません、」みたいな

家族友達と話すときスムーズに話せてるとおもう


通勤時のバスの中で猛烈な腹痛と冷や汗がでる

腹痛はありがちだけど、冷や汗が出るなんて知らなかったよ。

耳鳴りめまいがするときもある。


微熱

平熱は36℃代なんだけど、37℃代からずっと引かない。数ヶ月単位微熱が続く。

おかげでずーーーっと風邪引いてるような感じでしんどい


●手がふるえる

最近気付いた。書類を持つ手がふるえてる。

上司からの圧がすごい日は人から指摘されてしまうほど震えてる。


●過眠・不眠

ずっと眠たくて、正直眠気で仕事が進まない。頭がぼーっとする。

やっとこさ帰っても、次の日が仕事ときはほんとうに寝付きが悪い。

1~2時間くらいで目が覚めてまた寝てを繰り返す。

元々朝は弱いタイプだったんだけど、目覚まし無しで起きれる。身体が起きる時間を覚えてる。

といって、次の日休みで寝ていいときも寝付きが悪くて布団の中で3~4時間ゴロゴロしてる

寝付いたとおもったら14時間以上とか普通にぶっ通しで寝てて、起きたら夕方。やっとこさ掴んだ休日を寝て潰してしまう。


●突然泣く

会社でみんな帰ったあと夜1人とか、

家で布団に入って眠気がくるのを待っている時とか、

物理的に1人になったときは必ずといっていいほど涙が出る。

あと通勤行き帰りのバスの中とか、夜道を歩いてる時とかの、なんていうか精神的に1人になったときも泣きそうになる。

外にいるときは人から見たら変人なのでなんとか我慢するけど。


趣味がいやになる

結構映画オタクで、今の仕事につく前は1年間に軽く100本以上は見てた。休日映画館に通い詰めてた。

今は、例えば伏線バリバリだったり、考えないといけなかったり、

大きな音がしたりとか、必死に何かを成し遂げようとする人が描かれてたりとか

とりあえず映画が全く見れなくなって。

映画館もしばらく行ってないなあ。

でも見たいって気持ちはあるからDVD買って積んでる。いつか見よう。

そのかわり、いままでほとんど見たこと無かったアニメを見てたりする。

あんまり考えなくていい、1話完結型の日常系

あと子ども向けアニメとか。

サーバルちゃんが記憶失うとか、自分が予見したとおりだった(増田にも冗談半分で書いてる)。

下の増田が言ってるけど、終盤いきなりシリアス化しなくても良いってのは同感。

12話あるのにもっと伏線を丁寧にまけなかったのかとかも感じる。

わざわざ拾いにゆかなきゃわかりにくい伏線かいまどき古い。

最終数話で慌てて回収とか2000年期のアニメ手法で悪い見本みたい。

2017-03-18

人気コメント一覧の『車掌正義 高校生=悪な』決めつけゴミカスっぷり。これがはてなだ!

http://anond.hatelabo.jp/20170317223826

はてなブックマーク - JR車掌言葉遣いに気を付けろ」 北陸線乗客の胸ぐらつかみ暴言福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010001-fukui-l18#

azumi_s 万引き犯が金払えばいいんだろって開き直ったので店員がブチ切れた…の構図でしょ、これ。 JR #|- ω - )…… 17 clicks

リンク2017/03/17 Add Stardarjeeling_2nd162akinojp

chopapapa

chopapapa 無賃乗車は「客」じゃねーよ。 0 clicks

リンク2017/03/17 Add Starsys-cys143kathew

Kakeru_Mizuki

Kakeru_Mizuki どうも学生無賃乗車したっぽいな。こういうのは粛々と対処しないと、今回みたいに本来犯罪者である方が被害者であるかのようになる。 モラルリテラシ Yahooニュース JR 鉄_鉄道 31 clicks

リンク2017/03/17 Add Stardarjeeling_2nd97kathew

Chaborin

Chaborin 車掌側の「戦略的立場上の負け」ってとこかな。無賃乗車常態化していたり、なめた態度を取っていた等、いろいろな背景事情が出てくるとすれば、学生側の「許せない」や「乗るのが怖い」こそが酷い言い草に変る。 48 clicks

リンク2017/03/17 Add Stardaigan95htsign

liveall

liveall たぶん、「突然のこと」ではないんだろう。きっと長い伏線があったと推測。と思うと、国中の車掌さんにエールをおくりたくなる。 JR 8 clicks

リンク2017/03/17 Add Startake-it66gomer-pyle

sys-cys

sys-cys 会社はすぐにひよっ軽率に謝らないでほしい。その積み重ねで鉄道員は軽く見られ、ルールを守らない奴らを助長する。

リンク2017/03/17 Add Starjunglejungle50htsign

magamin

magamin 高校生も厳重に注意しろよ、居眠りのフリで誤魔化して無賃乗車する積りだったろこれ 27 clicks

リンク2017/03/17 Add Stardarjeeling_2nd48htsign

NMST

NMST いや、金払わず乗ってるなら「泥棒」であって乗「客」ではないか無問題真実わからんが「いくらっすか?」と聞いているなら、この時点で金は払ってないだろ?

リンク2017/03/17 Add Starsys-cys32kathew

kukky

kukky JR西は本当に社員を守らないんだなあ案件 16 clicks

リンク2017/03/17 Add Starquality130kathew

acealpha

acealpha 無銭乗車の常習犯っぽいな 駅員側が客と上長からダブルバインドになってなかったか動機が気になる

リンク2017/03/17 Add Starmellowfellow29kathew

2017-03-16

キャラクター誕生日

重要な設定や伏線になってるなら分かるけど、ただの語呂合わせや何となくで決めた誕生日の設定って意味あるの?

けものフレンズって結局どんなアニメなの?

みる時間いから三行でまとめて

追記:なるほど

かばんちゃんの失われた記憶(過去)とセルリアンの存在とが何か関係ありそうだね

最大の伏線といえるし、どういう落ちになるのか楽しみだなあ

http://anond.hatelabo.jp/20170316120549

またまた後付けで俺俺用語かよ。

日本オタクアニメ最終話が重いと言ったが俺がオタクアニメ解釈するのは小難しい伏線を張り巡らせるタイプアニメだけだ」

そりゃ最終話付近伏線回収のためにシリアス化するわ。アホか。



徹頭徹尾路線を変えない

そんなコロコロ路線が変わってる例のほうが確実に少ないので頼むわめんどくせえ。

少なくとも前の記事でいくつか挙げたんで。

2クールアニメ10話が〜とか言ってる奴に「もっと例を挙げろ」とか言われたくねえわ。

http://anond.hatelabo.jp/20170316115722

最終的にバッドエンドなんてそれこそ一言も書いてないんだけどな。

ちなみに俺が「オタク的」と解するのはやたら小難しい用語が踊って、伏線が複雑で回収されるに至って深刻度が増してくるある種の流行路線のことを言ってるんだよ。

今はもしかしたら少なくなっているのかもしれないが、数年前のテロルですらその路線なのでまあ流行りっちゃ流行りだ。

しかすると元増田の捉え方とも違うかもしれないな。

そんなジャンルの中で伏線が撒かれ始めたら最後シリアスだな、位はみんな考えるタイプの話だ。

日本アニメが「殆ど最後まで徹頭徹尾路線を変えないという根拠を頼むわ。

ルパン三世第二期ですらとっつぁんがルパンを撃ち殺しかけてるしな(ちなみにこれはルパンらしくハッピーエンド)。

まあもっともこれは喜怒哀楽の激しいルパンシリーズを挙げるという暴挙かもしれんが。

http://anond.hatelabo.jp/20170316113300

まず俺が最初に反応したのは「最終話が重い」に対してであって、んなバッドエンドばっかりじゃねえだろというツッコミだった。

すると「最終話の数話」とかいう謎表現で、何故か中盤以降の展開の変化の話になってしまったので、その時点で議論としては成立してない。



その上で語ると、

コメディ最終話直前でシリアス展開を入れる」というのはしばしば使われる手法ではある。

らきすた最終話直前にはシリアス回があったな。

おそ松さんも元からブラックな話は多かったとはい最終話直前はラストにつながるシリアス展開だった。

けいおん最後の方で番外編としてちょっと雰囲気の違う話をやっていたっけ。

伏線回収でもなんでもないけどな。

しかし、もちろんのこと、それは大多数ではない。

日本アニメは「最初からシリアス」か「最後までコメディ」がほとんどだからだ。

その点だけでも「日本アニメは」と言ってしまうのは確実に主語がでかい

日本コメディアニメは」でもまだ大きいくらいだ。

いまやってる「このすば」なんかは徹頭徹尾コメディだな。

ラブライブは、無印の一期最終話手前でダウナー展開だったが、二期ではなかったし、サンシャインでもなかった。

けいおん以降の日常系アニメでも最終回シリアスになる作品はそうなかったはずだ。

中盤で喧嘩したりする展開は記憶にあるが。デレマスアニメもそれだったな。



とにかく、「日本コメディアニメでは最終話直前でシリアスになることがときどきある」くらいに留めておけば文句は言わんよ。

オタクがそれを好んで…いや脚本家が…あたりの雑語りはまたまた別の話だけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170316113722

2000年付近てのは正鵠を射ている。あの辺り影響を受けたアニメ意味不明伏線を多数ばらまいて、最終的にほとんど説明とも言える詰め込みで回収するって手法が多い。

漫画も含んでるがざっとこういう感じ

・メロウリンク(具体的には2000年以前)

まりんとメラン

ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル

惑星のさみだれ

クレイモア

ヘルシング

ひぐらしのなく頃に

後半から急にシリアスになるアニメって2000年台半ばあたりで粗製乱造されてた気がする(具体例なし)

舞姫が思い浮かぶけどあれは前半から伏線張りまくってたし

http://anond.hatelabo.jp/20170316105332

全n話構成アニメがあるとき

http://anond.hatelabo.jp/20170316102742

で、お前の中では「最終話」と「最終話手前の数話と最終話」、って厳密にやらなきゃいかんわけなの。めんどくさいね

あと2016年限定っていうお前の時期限定提案には乗れないな。乗る必要性がない。



例えば『キルラキル』だったらおバカ路線ではなく最終的には自分の肉親を倒すという深刻なものへと変化していった。

男組』のパロディだとしてもそこまでやんなくても成立はしただろう。まあただし『キルラキル』の場合急激にとはいえないか

FREEDOM』もそうだな。途中までロードムービー風だったのに急激に政府主人公みたいな展開へ向かっていった。

世界征服謀略のズヴィズダー~』では09話まで温泉回とかやってのんびりしている。

もちろん総理などの伏線は敷かれているが、作風のんびり展開はシリアス路線とは言い難い。

まりシリアスコメディバランスがやや悪い。

例えば有名なシュタゲなんて、伏線を敷きながら空気だけは全く日常的で10話まで動かなかった。

その後急展開を詰め込んで変わったがこれは例外的に良かったと思う。

あと初代トップ最初馬鹿展開そのものだったが、最終的に宇宙の存亡と地球の存亡を天秤にかける話に発展している。

多分共通しているのは空気継承するための幕展開が急転しすぎる、というところにあるんだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170316101947

最終話の数話」って日本語崩壊してるけど大丈夫

日本アニメ最終話が重くなる

これが元の発言だよね。

最終話の数話でいきなり伏線回収はじめちゃって、その回収の際の空気シリアス

ぜんぜん違うよね。

軌道修正してるのかな?

とりあえず2016年アニメの中で

https://akiba-souken.com/anime/autumn/

最終話がいきなり重くなったアニメが何割あるのか教えてもらっていいかな?

http://anond.hatelabo.jp/20170316101600

シリアスにせずに伏線を回収する、あるいは馬鹿馬鹿しいオチで笑わせてエンドでも「物語構造としては」ありなんだけど。

からいかな。ただ伏線だけを追ってる人には。

http://anond.hatelabo.jp/20170316100811

少なくとも記憶にあたらしいのはシュガー・ラッシュアナ雪。

アナ雪は元々姉のメンタルが深刻で佳境に入る祭に悲劇になっても違和感のない出来。

シュガー・ラッシュも途中で世界の存亡に関わる行動をラルフが起こしてしまっているので急にシリアスになるわけじゃないわな。

急にシリアスになるってのは基本的最終話の数話でいきなり伏線回収はじめちゃって、その回収の際の空気シリアスだということで。

他のツリーで言うところのハッピーエンドとも別に関係がある話ではないね

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314182312

エヴァ伏線投げっぱなしと言われて、割と中間が吹っ飛んでるからな。

あれ以降セカイ系解釈の幅が広まっちゃったのは確かだろう。

2017-03-10

南極チコチ大冒険ドラえもん)を見てきた。相当良かったという話

現在公開している大長編ドラえもん映画のび太の南極カチコチ大冒険」を見てきた。

ディザーポスター・チラシの感じからかなり期待感をそそられるものであり、南極という場所からH.Pラヴクラフト著の「狂気山脈にて」が想像させられた。

ここのところ年甲斐もなくクトゥルフ神話に興味を持っている自分は、この時点でかなり期待をしており、あまり見ることのなくなったドラえもん映画を久しぶりに劇場へ見に行った。

この映画は確かにクトゥルフ神話彷彿とさせた。クトゥルフっぽい敵、南極、捜索のシーン、旧支配者の存在まで出てくるし、ニャルラトホテプ解釈できるキャラクターも出てくる。

特に私が気になったのは、若干ネタバレになるが、ゲストキャラセリフである。この話、はのび太が「かき氷無限に食べたい」という無理難題をいうところから始まるのだが、今回のゲストキャラかき氷という文化がない世界の人であり、そもそも氷をメインで食べるということをしないため、かき氷の話を興味深く聞くのだが、それに対する反応として「あなた達なんでも食べるのね」という反応を返すシーンである

クトゥルフ神話日本であまり怖がらない(普及しなかった)説の一つとして、ラヴクラフト海産物が嫌いだったところから着想されたクトゥルフは、海・深海にいる生物得体の知れない怖いものであるという認識から来る恐ろしさも面をもっているとされており、日本は生で海産物を食べる習慣があるからというものがある。このセリフはこのメタファーなのではないかと考えられるのである

ただ今回のドラえもんクトゥルフ的な映画だったよ、だけではなくこの映画は、オリジナルドラえもん映画としてもかなり良かった。過去大長編オマージュをくどくないぐらいに入っているし、音楽もとても良いものであった。またメインの5人の誰かが喋るときに不自然に止まっているわけでない振る舞いや、特に最後のシーンの綺麗さは、自分好みであるという点で、とても良かった。アドベンチャーの部分はハラハラさせ、またわかりやす伏線を回収していく気持ちよさも良かった。

クトゥルフありきで見に行ったが、ドラえもんオリジナル大長編として名に恥じない名作だった。かなりおすすめなので、できたら映画館で無理ならレンタル特番でも見てほしい。

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308014909

「なぜいきなりそうなる?」という風に見ている側を置いてけぼりにするような行動をとったり感情を見せたりするものだと思うんだよなぁ。

心情を言語化できるレベルのわかりやすい行動を取るキャラしか許容できない、は正しいのかね。

心情の推測が容易な作品否定するわけではないけど、

「心情を言語不可能のわかりにくい人間」には興味を持たないのがあたりまえ、

まらない、見なくていい、存在しなくていい、という態度や、それを追認するのは悪でしょう。

説明不可能な行動を取りうるのが人間であり、そのような現実存在する、というスタンスは、純文学にはある。カフカとかもそうだね。

うまくキャラを作ったり伏線を入れて説得力があればOKだという思想も、

結局はご都合主義キャラバックグラウンドにまで拡張しただけにすぎないのでは、という批判もできるね。

話は逸れたけど、結局元増田の言う「感情移入できなかった」というのは、「キャラに魅力を感じられなかった」くらいの意味だろうと思うんだが、見ている側を引き込むようなキャラ作りや人物描写というのは、ブコメバカにされるほど陳腐ではないと思うんだよな。評価軸に持ってくるのはアレだけど。

キャラ作りや人物描写重要性を、評価軸のひとつとして使っていい場合もあるとは私は思うよ。

バカにされるほどではない。

ただ、それだけで作品として正しいか裁こうとするのは間違いだろう。

PV稼ぎライター、または大塚英志シナリオライティングを学んだ人が

○○をしてないからこの作品ダメ、と安易に決めるのをよく見る。

たとえば、「序盤でキャラの紹介が詳しくなされないと感情移入できない、だからダメ」とか。

一部の評価軸ですべてを決定づけるのがおかしい。

それからパプリカ原作を読んだことがあるんだけど、フロイト無意識が基盤の作品だ。

映画も、無意識カオス性や系譜であるシュールレアリスムのような表現が多いと予想している。

そういう作品に対して「感情移入できるキャラがいないからつまらない、だからダメ」とか言うと、

偏った知識価値観で楽しみ方を狭めてる、くっそつまらないヤツだとみなされるよ。と思う。

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170306164110

同意するわ。

けど、「君の名は」は初めて2回目見たいと思ったな。

1回目見たあとにネット伏線とか実はアレはこうだ、みたいなのを見て確認したくなった。

結局見てないけど。

金の無駄だろ。BD買うかレンタルするわ。

2017-03-06

アナ雪のフジEDはインサイドヘッド放送への伏線

見える…見えるぞ…!

同じように燃えても当時やったのと似たような事しただけだしバカジャネーノって話に落とし込む未来

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん