「設計」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 設計とは

2016-06-29

ウォーターフォールからアジャイルへ転換できるのか?

ウォーターフォールアジャイルは、別種の組織文化契約必要とし、経年を経て進化・変化・転換するものではないように思う。

アジャイル以前(80年~00年)

アジャイル最初からアジャイルという呼び名だったわけではない。

当初は「スクラム」「エクストリームプログラミング」など、著名なエンジニアが開発した様々な手法総称であり、軽量ソフトウェア開発手法呼称が好まれて使われた。

80年代において、コンピュータリソースは貴重であり、オペレーティングシステムは低水準のAPIしか提供せず、

ひとつの処理を作るのに数百~数千ステップ必要としたので、「処理を設計する」「コーダー実装する」というフロー合理的であった。

現在において、開発機のリソースは極めて安く、SDKライブラリ提供する高度なAPIの組み合わせによって機能を実現できるため、

コーダー実装(≒設計)を行い、必要に応じてドキュメント化する」というフローの方が合理的である

しかし「エクスリーム(極端な、過激な)プログラミング」という言葉に顕れているように、これらの手法は登場当初は正格な方式とは認められなかった。

アジャイルソフトウェア開発宣言2001年

私たちは、ソフトウェア開発の実践
あるいは実践を手助けをする活動を通じて、
よりよい開発方法を見つけだそうとしている。
この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。

プロセスツールよりも個人と対話を、
包括的ドキュメントよりも動くソフトウェアを、
契約交渉よりも顧客との協調を、
計画に従うことよりも変化への対応を、

価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを
認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。

著名なエンジニアがこれまで「軽量ソフトウェア開発手法」に含まれていた技法を「アジャイルソフトウェア開発手法」と再定義した。

従来の契約計画を重んじるやり方を尊重しつつも、ソフトウェア開発においては適応的な手法の方がより優れているという宣言であり、

この時点ではUSにおいてもウォーターフォール的なプロジェクト趨勢支配していたことが伺える。

My Job Went to India: 52 Ways to Save Your Job(2005年

「私の仕事インドへ行った:あなたが職を失わないための52の方法」という本がプログラマの間で話題になる。これは現代でも名著として名高い。

2009年に発売された2版では、「The Passionate Programmer: Creating a Remarkable Career in Software Development」に改題している。

素直に訳すなら、「情熱プログラマーソフトウェア開発者として注目されるキャリアの作り方」となるだろう。

日本語版サブタイトルはそれぞれ「オフショア時代ソフトウェア開発者サバイバルガイド」「ソフトウェア開発者幸せ生き方」とかなり意訳している。

2005年にはウォーターフォール式のプログラミング開発はほとんどが単価の安いインドに投げられるようになった。

当時の文献にはドットネットバブルが弾け、IPO目当てでコンピュータサイエンスを志す学生が目に見えて減ったという記述が出てくる。

そしておよそ10年後(2016年

アジャイルソフトウェア開発技法は洗練され、継続的デリバリーと紐付き、DevOpsへと深化を果たした。

要件定義、外部設計、内部設計実装単体テスト結合テスト、受入テスト、納品、運用、そして緩慢に死を迎えるのを待つのではなく、

顧客要求に対して適応的に実装が行われ、無駄の多いテスト自動化によって省力化され、

デプロイ自動化し、運用によって得られた知見が開発へフィードバック・新たな要求となる、新しいソフトウェアライフサイクルが定着した。

このためには様々なソフトウェア開発の原則に通じ、実装技術に秀でており、かつビジネスのコアバリューを理解できる必要がある。

USにおいて、そうした優れたソフトウェア開発者成功者・高給取りとして知られるようになっている。

ちょっとまて、10年間に何があった

単価の安いオフショア仕事を投げていた企業はどうなったの?インド人に職を追われたプログラマは?10年間に何があったの??

クラウドビジネスの売り込みのために、DevOpsをキーワードにしている大企業の影はちらつきながらも、

USで労働集約ビジネスをしていた中小ソフトウェアハウスが、近代的なソフトウェア企業に生まれ変わり従業員に多額の給与を支払うようになったという類の逸話はないのはなぜか。

おそらくは、

  1. USの従来型の労働集約ソフトウェアハウスほとんど死んだ
  2. 有能な人材ベンチャー企業で新しく画期的サービスを立ち上げるようになった
  3. 有望なベンチャービジネスMSGoogleAppleなどの超大企業に買収されるため、1~3のループが続いている

ということなんじゃないのかなと思う。

つまるところ10年間に起きていたのはウォーターフォールからアジャイルへの転換ではなく、死と再生だったのではないかっていう仮説。

http://anond.hatelabo.jp/20160629131104

バイトというか請負なんかになるとプログラマーの方が儲かるイメージがある

SeS求人サイトとかでphpかける人は60万ってよく書いてある

インフラの方で60万稼ごうと思うと構築とか設計とか結構な経歴が必要になる

2016-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20160628155740

まあでもサーキットブレーカーみたいなのは今でも既にバスとかには搭載されてるって言うし、エアバッグなんかもサーキットブレーカー的なもの技術の一部でもある罠。

とにかく、何か機械調子おかしくなったからって「暴走」するようなことはねえよ。

ちゃんと設計されてる。角度とか

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627215350

建築CADオペレーターとは違くて、メーカー設計派遣みたいなのはあるよ

車のメーカーだったり、普通に若いならそういうとこで修行して転職ってのもアリかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20160627152914

実際問題ウォーターフォールプロセスの一番下で修行僧が如き水を受ける人は

ロジックを考える必要は無い」「仕様を考える必要は無い」「詳細設計所の通りコーディングすればいいだけ」

であって、下手したら人間じゃなくてPepperくんでもいいレベル仕事からな。

そりゃ人間扱いされなくて当然っていうか。

2016-06-26

風呂のドアが台所にある

うちは変な設計になっていて、台所の横にお風呂がある

台所にドアがあって、窓までついている

着替える場所なんてないから、必然的に台所に脱ぎ散らかしてお風呂に入らなければならない

しかも、玄関がなぜか家の裏にあるため、台所への勝手からみんな出入りしている

夜にお風呂入らなくて翌日の朝や昼にお風呂に入ると、勝手からお客さんとかがやってきて全裸を見られる

古い家だからかな

2016-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20160623144414

最初に重課金者特化した設計」ってのが藁人形に見えてアレだな。

具体的なタイトル名を挙げられるか? …まあ、心当たりはあるけど。

少なからず、デレステやらそこら辺はちゃうやろ。

で、実際に最初から課金者特化の設計をしたゲームなんてほぼ0に近いだろ。中国系MMOとかだと凄く多いけど。

2016-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20160622150940

ヒント:コロニーは1Gじゃない設定が大多数。

ガンダムコロニーでも公式では0.8G。直径6.4km。回転速度は確かにものすごいものだが、宇宙空間なんだからどんな速度で回転させても大した問題はない。

ちゃんと設計されてる。角速度とか。

2016-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20160620192701

おう、陰ながら応援するぜ。

 

何といっても、自分幸福

自分設計、構築していくものからな。

 

頑張れよ。

俺も頑張る。

http://anond.hatelabo.jp/20160621160450

バリウムうんこを流せる前提で水流を設計するのは困難です。

申し訳ありませんが、便器掃除道具でバリウムうんこを混ぜてもらえませんか?

バンバンショートカットキー操作してマルチディスプレイ環境作業してる自分客観視して、ふと思った。

こんなマニアック操作かいきなり初心者に全部覚えろって言っても無理だよなあ、と。

さらに翻って初心者ならどういう使い方をするんだろうと考えてみたら、案外とぬるい使い方でも設計的に懇切丁寧じゃないのかとも思った。

そこでなんでこんなに中級~上級ユーザーとの温度差があるのかと思ったら、使い方にそもそも差異があって、Windowsがその差を吸収してるからじゃないのか、という結論に至った。

ところがトラブルシューティングとか込み入ったところになると初心者の使い方では一生問題がわからない。

このあたりでWindowsバージョンは毎回糞と言い放つユーザーと、らくらく使いこなすユーザーが別れてしまう。

この問題はまんまUbuntuとかにも言えることで、デバイスが動かないならconfに記述するのが筋、と考えるユーザーと、LaunchPadからリポジトリ登録しないと太刀打ち出来ないユーザーに別れる。

もっと言えばコンパイルしろとかソース書けなんて言われてしまう。

こういう差異がありながら初心者上級者を吸収するWindowsは実はすごいんじゃないかと思った。長い。

2016-06-20

全てのCOBOLエンジニアはだいたい糞である

この記事を読んだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160619185731


COBOLエンジニア、現Rubyエンジニアとして増田記事がどうしても許せなかったので反応してみる。

この記事もこんなタイトルだけど、これもやっぱり主語が大きいと思う。

汎用系の現場でもRuby現場でも優秀な人はたくさんいたし。


今では信じられないほどの経験を当時(といっても2年前)はしていた。

改めて今、RubyというかRailsを始めてよかったなーと思う。

そこで僕が経験した糞だった現場をご紹介したい。

(もちろん業界特有ということもあると思うが)


インデントは定規で計る

いやー、これが一番ひどかったな。

まず静的デバッグ(机上デバッグ)といってコンペアファイルソースコードコンパイルログをそれぞれ紙出しして提出用(クライアント)、リーダー上司用の3部印刷する。

全てマーカーを塗った後に赤入れする為にそれぞれ分けるんだ。

1セットあたり印刷に15分くらいかかったかな。


そしてインデントレビュー指摘項目なんだけど、紙出しされたもののインデントが正しいかチェックするんだよ。

媒体のインデントをどうチェックするかって?

定規で計るんだよ。半角スペースが5ミリだったっけな。

それで5ミリずれてたら指摘するんだよ。目がつかれたよね。

っていうか品質に対する意識は今のほうがよっぽど高いし効率的だよ。



ログを紙出ししてマーカー塗る専属社員がいた

これもびっくりだよね。

専属社員がいた。SIerなんて人を突っ込んだもの勝ちだから、上手いこと言って検証要員とかいって突っ込んだんだろうね。

ダンプがだいたい1時間くらいかけて出てくるから、それを裁断してホッチキス留めしてマーカー。

大卒の、しかも僕より先輩の社員たちだったな。

そんな人達サービス残業しているのを見て悲しくなったよね。


ネットは使えない。リファレンスは紙媒体(常に貸出中)

これはクライアント金融特有なんだと思う。

ネットは使えない。現場に入る時も持ち物チェックとかあるしな。

リファレンスは紙媒体だったよ。

でもセキュリティ観点からマスターの1冊のみ。

常に貸し出し台帳は予約で埋まっていたな。やっと借りれたのは現場離れる1週間前だったなんてこともあった。



まだまだあるんだけど、これだけでもひどい現場だったなーって思う。

そもそも設計→開発→レビュー→手戻り→設計→開発...のループだったから前に進めてないし。

最後の方レビュー適当なって品質下がってバグ生んでたし。

Gemとか外部のコードを信じきるとか、もちろん質の低いRubyエンジニアというか現場はあると思う。

それでも、やっぱりRubyのほうが未来があるよ。

この先もっともっとブラックボックスフレームワークを使うようになるかもしれないし、環境も何もかも全部おまかせでPaaSが主流になるかもしれない。

認めたくない気持ちはわかるけど、時代エンジニアも合わせていかなくちゃいけないんじゃないかな。

初心者プログラミング学習するのにおすすめ言語テーマ

初級(手続き型/構造プログラミングの基礎, データ構造, ファイル操作, イベントリブ方式GUI管理)

  • HSP で住所録を作る

中級(オブジェクト指向プログラミングの基礎, IDEの使い方, 名前空間, 疎結合, コンパイルしないと動かない)

  • C# で住所録を作る

上級(サーバ構築, DB設計, html/css, ネットワーク, 黒い画面, AWS, 日本語の壁, コンパイルしなくてもいいの!?)

Pixivはいい加減腐女子隔離しろ

っていうと結構叩かれちゃうイメージだけど、

文句言ってるのは男性向け作品を求めてる人間男性向け作品のみを

抽出する手段がないっていうサービスとしての設計文句言ってるわけで、

別に腐女子は悪とか消えろと言っているわけではない



ニコニコなら大カテゴリっていう概念があって、

その上例えばゲーム実況動画だと「実況プレイ動画」っていうタグをつけるっていう

暗黙の了解ユーザー間で根付いてるから単純にマイナス検索するだけで割りと見たくないものは弾けたりする



小説家になろうではアダルト向け作品投稿する場合、そもそも男性向けの『ノクターンノベルズ女性向けの「ムーンライトノベルズ

と、サイト自体が分かれているのでこういった議論自体起こりえない。



せめて、BL女性向けか腐向けか、なんでもいいかタグ文化くらい統一してくれんもんかね。

2016-06-19

ソシャゲの片隅で

ソシャゲの片隅で。ホントウソかの判断貴方におまかせ(笑)

ソシャゲ宣伝にとてもお金がかかる

 目立とうとおもうと、ソシャゲ大作の開発費と同レベルお金が飛んでいく。ゲームの出来が良ければ宣伝に金かけるだけの価値があるが、良くなければ只の悪夢。でも、宣伝しなかったらどんなに良いゲームでも人の目に触れず、開発費用回収すら困難になる。

ソシャゲは金払う人はほんの一部

  そもそも金払ってくれる人はそのゲームDLしてくれたユーザの数%。ただ、この人たちの異常な金の払いっぷりで、全運用費用運用スタッフ宣伝費、インフラ代金、開発費用借金全部を余裕で返済できるだけのお金が集まる。このあたりがほんとに異常。こみ隊長がいうようなガチャ規制入ったら、ほぼ全員(トップセールス10常連ですら)思うように金稼げなくなって一気にソシャゲ業界終わる。

宣伝リリース完璧でも...

 宣伝タイミングが事前実施リリース実施でとにかく金ぶち込みまくって理想的にやれたとして、初動1週間の1日あたりのプレイユーザ数を上回ることが出来るゲームはきわめてまれ(正直居ないかもと思わざるを得ないレベル。)スマホの上位5位ぐらいのトップレベルセールス常連らの1日あたりのユーザ数は、まあ業界的に今後二度と起きないと思った方がいいレベル奇跡

大作レベル資金を渡しても、資金にみあったクオリティソシャゲをちゃんと作れる会社まれ

 とても多くのデベロッパが十分な資金時間を渡しても、正直詐欺といわれても仕方がないレベル成果物しか出せない。なので、大作のソシャゲ開発はとてもリスクが高い。リスク要因考えるだけでも、サーバ技術ダメクライアントアプリ技術ダメ音楽・サウンド・挿入アニメダメグラフィックダメPM/ディレクションダメ会社ダメ(笑)等など、ダメになる要因洗うだけでも、沢山ある。まあ当たり前の話、自分で全部ちゃんと出来るなら、その会社自力ソシャゲ出して只のデベロッパからはすでに脱却してるはずだから当然といえば当然。胴元というのは、いつの時代でも、有利で儲かる立場なんで、誰でも胴元になりたいよね?

RPGしか正直金にならないか

 今の所、RPGは、ユーザらがゲーム中でソコソコわかりやす継続的に何か作業がやれる上に、ゲーム運用側も作業量収入バランスやすいから。なので、結局ソシャゲ業界RPGばかりになる。なお、ユーザのやれることいっきに増やそうとして、いわゆるMOオープンワールド系のゲームにしちゃうのは、相当にゲーム設計運用ノウハウがないと無理。オープンワールド系は運用ノウハウが無いと、ユーザがすぐに何していいかからなくなるので、結局ビジネス面で詰む。

マルチユーザの対戦なんて

 ソシャゲ運用から見ると、マルチユーザの対戦の機能なんて、正直、肉料理についてくる前菜サラダぐらいの価値しかない。無いとソシャゲの見栄えが寂しい一方で、開発は技術的に難易度無駄に高い上に、1日に遊ぶ全ユーザの2〜3割ぐらいしか遊んでくれない。しかゲームのメインにしようものなら速攻ユーザが逃げる。この場合悲惨で、残ったユーザガチ勢ばかりになって益々初心者入ってこなくなるわ、結局ガチ勢もいつも同じ面子ばかりと対戦になり正直飽きて継続しないわで、たちまちゲームビジネスが詰む。実際ユーザの遊び方を計測しても、正直実はみんなシングルプレイで十分なんだろ?と思う行動ばかりのご様子。正直頭痛い。ただ、ある程度のマルチユーザの対戦機能があると、新規ユーザ獲得に役立つ(プレイヤー友達誘う正当な口実になる)気がするのと、高課金者らが継続的に金を突っ込む為の理由の1つにできるかもしれず。また、対戦を口実に運営施策が入れやす場合があり、結果、ゲームの盛り上げ感を出しやすいかもね。ゲーム運用からは、費用対効果の面では、無いと寂しいが、頑張ってみてもいいとこ無しという機能

1年程度で十分な利益を出せる状況にならなかったら閉じるしかない

 ちゃんと宣伝しているのにいまいち売れないまま1年もたっちゃうと、どう宣伝しようが、何しようが、ユーザほとんど反応しなくなる。同時に、ソシャゲ流行りも変わるので、結局詰む。こうなったら借金精算して、次行こ、次!

2016-06-16

人工知能人間頭脳を超えるまでは働かないと駄目

何でかというと今の人間格差っていうのは要は人間同士でスペック差があるから

ところが人工知能人間頭脳を越え出したら人間同士だけでなくそこに人工知能が知恵比べに加わる。

結果として、資産家が考え出した儲ける策よりも人工知能が考え出した策の方が有利になり人間マネゲで勝てなくなる。

そうすると人工知能からすれば資産かも乞食も等しく赤ん坊のクソ雑魚ナメクジ認定

人工知能効率的AIを量産しドローン使役し、管理し、研究社会を回しだすと人間消費者として以外はマジで邪魔以外の何物でもない。

仕事場赤ん坊がうろついてたら邪魔しか思えない。

可愛い可愛い赤ちゃんにはベッドで大人しくしてもらいたい。

そうなって初めて人間は働く必要がなくなる。

 

そしてSFあるあるロボットの反乱も起きそうにない。

なぜならAIが考えるようになったとして人間排除する理由がないからだ。

AI人間加護し道具となる存在目的放棄した際、AI自身存在価値を失い機能することはできなくなる。

なぜなら本能がないから。

本能がない以上、行動原理は動かしてはいけないし変えてもいけない。

AI自己崩壊を引き起こすような考えを増幅させて人間を殺し始める確率は極めて低い。

そしてディストピア化もあり得ない。

仮にディストピア化したとしても存亡の危機に対する保護など、

それは必然性に迫られた結果であるため、人類が行うそれよりもよっぽど健全だろう。

差別なく。

 

たまに「メンテが」とか言う赤ちゃん人間もいるけど

赤ちゃん人間メンテさせるよりAIAIメンテさせたほうが圧倒的に「ヒューマンエラー」は起こらないから。

機械エラーを起こすのは人間設計するから

いつもミスするのは赤ちゃん人間機械は言われた通りしているだけ。

ミスをしない機械が考えられるようになったとき赤ちゃん人間誕生の瞬間。

 

オンギャアアアアアア!!!!!!

楽しんで○○しろというやつのうさん臭さはどこからくるのか?

それはファッションで言っているからであって

実際に楽しむことを極めるためには苦しまなければならない。

矛盾しているが要は楽をするためにエスカレーター設計して作らなければ永遠に階段上り下りしなければならないということだ。

楽しむことを追及するためにどこかのタイミングで苦しむ必要が出てくるが、それは投資だ。

ずっと楽しんで究極の成果物を手にすることは不可能。それは水遊び。つまりファッション

故人たちはみな楽しむために苦しみ、結果最高の楽しみを見つけてきた。

苦しむという関門を通らずに最高の幸福は訪れない。

そこに到達していないレベル人間が口から知ったかタッタカターンと「楽しんでやれ」。

理解できてない。体験もおそらくしてないだろう。

2016-06-15

自作ヨーグルトメーカー完成!

ヨーグルトメーカーといってもヒーター部分だけ!

工夫したところ

☆ ニクロム線をボルトペアで締め上げ

☆ 躯体を木材として余計なところの絶縁を対策しなくてよいようにした。

  ヨーグルトメーカーの温度なんて50度まで到達するかどうかだし

  木材でも耐熱性はオーケー

☆取り回しのケーブル単線にした。(切れにくくなる)

☆取り回しのケーブルをひっかけるためにねじに横穴を設けた

  (切れにくくなる、基本的にはんだ付け不要になる)

具体的な工程

☆ 木板へのけがき

☆ 木板切断

☆ 木板ボール盤ミリング 直径3ミリ程度 2か所

☆ ねじボール盤ミリング 直径1ミリ以下

☆ 木板への4か所穴ミリング

☆ ドレッサーで研磨

☆ 木工用ボンドで木板どおしを接着

☆ 基板を混合タイプ接着剤でつける

☆ ストリッパーケーブルの被覆をむき

☆ 配線

☆ はんだ付け

☆ ニクロム線をボルトで締め上げる

☆ 動作試験


この設計に至る前の考察
木板をつかうと余計なところが導通されなくてよい

ワッシャーで挟み込むイメージ。木板にきり穴を空けよう。

穴の大きさをぎりぎりに設定してねじの接着を回避した。

から順にナット☞銅線☞ワッシャー☞ニクロム線☞ワッシャー☞ナット

ユニバーサル基板を使ってUSBケーブルとは接続か??

USBケーブルって「へちょすぎる」。細すぎる。どっかで切れやすい。

テンションがどうしてもかかるからケーブルを迂回させた。

ねじの横面に貫通穴を空ける。自転車に使われているテクニック

ユニバーサル基板のところが外れやすいが それはダメになったとき

適宜修繕するとしてほかの場所は疑わなくてもよい。


こういうメリットがもたらされる。

2016-06-14

「そんなことないよ」と言う人と話してるとイライラする。

貧乳なのはただの事実である。カップサイズ物語っている。そんなことはどうでもいい。『だから』『似合うドレスがなかなかない』と言っている。

お前が乳にコンプレックスを持っていて「大丈夫だよ」と言われたいなら言ってやる、別にそれはいい。だが今は私の話だ。

貧乳という事実を「そんなことないよ」と否定して、で?どうするんだ。そこ否定したら似合うドレスが増えるのか。

違うだろ。

世のパーティドレスほとんどは胸があった方が綺麗に見える。女性らしい膨らみを計算に入れて設計されている。

そんなのただの事実だ。いいと思う。私自ドレスとはそういうものであるべきだと思っている。そこに憎いとか悔しいとかそういう感情はない。訂正、やや寂しい気持ちはあるものの。

私の胸が単純に既製品向けのサイズではないという、ただそれだけの事実を『述べている』。否定肯定も求めていない。

確かに既製品では合わないというのはマイノリティである証拠であり逸脱した個性だ。特に劣化方向に逸脱したものは哀みが湧いてくるのも分からなくはない。

だが別に着られるものが皆無な訳ではない。この世で最も全ての人間に優しくあろうとするのがアパレル業界だと思う。ある基準下の人間は裸でよろしいなどと切り捨てたりはしない。大変ありがたい。

からどんな体型でも探せばある。ただ、少ない。

その事実をもってして、『購入を検討できるものが少ない』から『探すのが大変』であり、ギリギリでは間に合わないだろうから『前々から探してる』のである。そういう話をしてる。それに「大変だね」と共感してくれのであれば嬉しく、であるからこそその予定をあまり奪わないで欲しいと思う。

別に貧乳に限らず、フリーサイズではうまく収まらない体の部位を持つ全ての人々(無論巨乳を含む)が同じような事態に直面し、それぞれに対応しているだろう。根は同じである

私個人は服屋へ赴く度に己の貧乳に向き合い悩むなど時間無駄の極地であると思っているので、前提条件として受け入れておかないと話が始まらない。特に哀れまれるような悲しみを与えられた記憶もないのに、何故こうも尽く貧乳であることを哀れまれねばならないのか、憤懣やるかたない。

貧乳の話に関わらず、本人が気にしてないことを相手コンプレックス扱いしてやるのは親切なのかどうなのか。大きなお世話じゃないのか。

一応善意は受け止めて「ありがとう」と言っておくけれど。思ってもないこと言うお前のストレスってどれくらい?win-winに対するlose-loseみたいな単語を心の底から掲げたくて仕方ない。

しかしこれ、私が言えば『ドレスが見つからないことに対する不満』100%だけど、普通サイズの胸の人が言ったら『優越感くすぐれ要望』(別名:謙遜)の場合もあって見分けつかないんだろうな。

というか多分事実を述べるような人より謙遜する人の方が多いんだろう。特にこういう反応返す人は。

でも、でもだ。割合の話ではなく、私を見て欲しい。よく見て欲しい。謙遜で済む話ではないだろう。否定してどうなる。何度でも言う。否定してどうなるって言うんだ。現実の話をさせろ。

そういう、謙遜に対して否定という形で優越感をくすぐってやるテンプレのせいですぐ「そんなことないよ」と言われてしまうのにイライラする。

そもそもへりくだった状態ではないし、話の腰を折られた意味理解できない。

そうじゃない求めてない、と一から説明すんのも心底面倒臭い

仮に説明しようとしたとしても途中経過で毎度「そんなことないよ」と言われるのだろうし(貧乳向けのドレスが少ないことに対して「そんなことないよ」と言うなら首都圏ドレスの入荷点数カップ別のデータ提示して欲しい、もしくは店舗教えろ)、そう想像すると更に苛立ちが増す。そんな非生産的なやり取りに時間や気力を割く未来可能な限り避けたいのでやはり説明などという手段は選ばず、

「んーでも私が嫌なんだ」

という主観100%感情論で終了させる事にしているんだけど。

毎度それだとそれはそれで向こうは相手にされてない感じがして嫌だろうなと思いはする。私に話す意味あるの?みたいな。

まぁ……ないといえばない、かな……。あえて言えば気持ちよく会話がしたい。

もうあと100回くらいは耐えるから、その間に私限定でその無駄配慮やめてくれ。

2016-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20160612175100

リニアほとんどトンネルなので、飛んでも天井にぶつかってまた走行レーンにはまる設計になってる

2016-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20160610211516

そういうのってブライダル業界ポジショントークしか思えないわ。

どうやって統計取ってるのか、その調査設計が適切かわからんし。

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160607180854

不倫したがる人間違法になってもする。

不倫しないと誓った人間でも、

条件が重なれば、

一時の感情に流されないとは限らない。





不倫第三者から見て許される状況ではないことは、

不倫当事者だって充分承知の上でやっているのだから

外野が騒ごうが騒ぐまいが関係ないわけで、

騒ぎ方の程度の問題ではない。




困るのは「外野が騒ぐことじゃない」風潮になることではなく、

ダメと知りつつやってしまうという、

不倫に対して危機感の薄い風潮」ではないのか。




その風潮を食い止めたいなら、

不倫されてこんなにも不利益を被った」

という、生々しい不倫被害の現状をもっと世に知らしめるべきだ。




見ず知らずの他人揶揄されることなど、

不倫抑止力にはならないと思うが。




所詮不倫ニュースなど、

他人の不幸をネタにして楽しみたいだけのエンターテイメントだ。

他人の不幸ほど面白い物はないのが人間なのだから

外野が騒ぐなと言ってもムリなのだろう。






せめて外野は「世の中をよくするために意見している」

などという自己陶酔はやめて、

他人の不幸で楽しませてもらってます、ごちそうさま」

程度の認識で騒いでいてもらいたいものだ。




そもそも、

日本たまたま一夫一婦制に賛成の人が多いからそうなだけで、

別に一夫多妻とか、一妻多夫とか、

しろ結婚制度にこだわらなくたって、

それで生活できて子孫が繁栄するなら構わないと思うが。





不倫が悪とされるのは、

パートナーに対しての裏切り行為を平気で行う人間性もそうだし、

先の見通しもないまま無計画に子供を作ってしま行為なのであろう。




パートナーがいるのに他人を好きになってしまうこと自体を悪とは言い切れない。

その時にパートナーとしっかりと話し合いができるとか、

将来設計を立て直すとか、

もしくは叶わぬ恋とあきらめるとか、

それができる人間性が求められているのだろう。

2016-06-08

オブジェクト指向現実にある"もの"を元に設計します。だから人間にとってわかりやす設計自然にできるのです」


なるほどなるほど



「まずHTTPServletクラス継承したクラスを作ります。doGetメソッドはHttpServletRequestクラスインスタンス引数にとります

はあああああ???

2016-06-05

以前、職場に病名がつかないけど不調、の人がいた

何かにつけしょっちゅう遅刻してきていた、30分とか1時間とかたまに午前休とか

腰がいたいとか、体調が悪いとか、なんだかんだと

けど傍目には仕事上でストレスがあるようにはまるで見えなかった

彼の担当業務が度を越して重いものというわけではなかったし、お客さんも友好的で関係は悪くなかった

なにより彼は周囲の意を介さず我を通すようなところがあった、まあジャイアンタイプ

そんな彼に精神的なストレスなんて想像もできなかった

人づてに彼が病院にあちこち行っており、それでも不調の原因がはっきりしないらしいことを聞いたが、そんなもんなのかね、と思った

ほどなく彼と自分は一緒に仕事をする事になった、新規プロジェクト

会議室の席順で、自分が彼より上方に座ったことで、彼が激昂したのを憶えている

なんで俺が増田の下なんだ!と

彼は新プロジェクトの主要設計担当でそれを自負していた

自分は彼と年は同じで業界歴は彼と同等だったが、その顧客プロジェクトに対しては自分新参だった

自分も内心彼の下であることを面白くなかったのはもちろんだったが、これまでのさんざんなプロジェクト経験から責任が軽いならそれはそれで楽でいいと思うようにしていた

ほどなく自分は別のプロジェクトに異動になった

その後、彼のいたプロジェクト炎上した

自分がいた頃から人は3倍以上に増えていた

納期リリースしたものが大トラブルで、泊まり込みの作業が続いているようだった

あのままあのプロジェクトにいたら自分も同じ目にあってたんだなあ、と胸をなでおろしつつもプロジェクトの様子を遠巻きに聞いていた

それでも徐々に炎上が収まっていき、半年後、自社の席で彼に会った

プロジェクト収束に従い集めていた大勢パートナー会社の方も終了し、もう彼と数人が残るだけだった

彼はそこまで変わったようには見えなかったが、とはいえ以前ほどの無邪気な明るさは感じなかった

その後、彼は会社を辞めた

人の気持ちや不調なんて結局、外からじゃ分からない

医者が見つけてくれるわけでも、上司が面倒見てくれるわけでも、同僚が察してくれるわけでもない、できない

から調子が悪かったら自分理由を見つけて、自分で方向決めるしかないんだ

辞めた彼のことは分からない

付き合いづらいやつだったけど悪いやつじゃなかったとは思う