「漢字」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 漢字とは

2016-09-29

最近気になる言葉

・まるっと

ブロガー文章から企業商品広告まで幅広く使われている。

これなんなの?まるごと?全部?って意味

ちょっとかわいい語感にしちゃってんの?かわいこぶりたいの?


示唆

普通の会話で「示唆する」とか使ったことないよ?

っていうかそれ本当に示唆してるの?深読みしてるだけ、

もしくは雰囲気で言ってない?

まあ低学歴から示唆」などという高等な単語意味を俺がわかってないだけなんだけどさ

誰か俺にもわかりやすく「示唆」の使いどころと意味を教えてくれよ


・「尤も」「貶す」など

まずお前ペンとってこれ漢字で書いてみろよ

キーボードで打ったら変換に「尤も」「貶す」って出てきたか

「あーこっちの方が知的でかっこいいな」みたいな感じで使ってんじゃねーよ

普通文章でこんな漢字使わねーから

しろ読みづらいのにわざわざ漢字使って、バカっぽく見えるよ?

続かない

2016-09-25

ポルノポルノうるせぇ。

新しい言葉意味を覚えて、自分は正しい言葉定義知っているんだぜアピールしたいんだろうけどさ。

良い加減に止めてくれよ。


それに反応して、ブクマしている奴も同様だ。

お前ら単にポルノと言いたいだけじゃん。

こういった表現に敏感な人間だ思っているんだろうけど、

ウンコとかチXコとか言って喜んでいる小学生と一緒じゃねぇか。

もっと自覚しろよ。


つか、カタカナじゃなく、漢字使えよ。漢字を。

そこんところ、世路四苦。

2016-09-24

ある程度打ったら勝手パソコンが変換候補出してくれるもんだから

キーボード入力すら最近はまごつくようになった。

漢字も以前なら変換候補からちゃんと選んでリターンしてたけど、もう変換候補が賢いか適当に確定してしまい、誤変換が目立つようになった。

これ以上パソコンが便利になると人類の知能が衰退してしまうと思う。

2016-09-23

友達貧困

僕の同級生シャツはいつも汚れていた。

彼と遊ぶ時は大体野原だった。

日が暮れるまで虫を追いかけてりなんとかごっこを繰り返した。

僕は虫取りが好きだったしヒーローごっこも大好きだったから彼とはとても気があった。



ある日無性に彼の家に遊びに行きたくなっててお願いしてみたことがある。

何だか嫌がっている様子だったけど、家は知っていたから無理矢理に押しかけてしまった。

外はまだ明るいのに、家に入ると暗い居間には父親があぐらをかいて座っていた。

その後ろには掛け軸があって、細長い半紙に四文字熟語が描かれていたけど僕には読めなかった。

お父さんは鋭い目つきの強面で、びしっと決まった角刈りが印象的だった。

邪魔しますと挨拶をしたけど、黙って頷くだけで何も言わずに一点を見つめていた。

お母さんがお水とお菓子を出してくれたけど、すぐにそそくさとどこかに隠れてしまった。

おもちゃなんて呼べるものはおいてないし、なんだか友達に話しかけても全然相手をしてくれないからその日はさっさと帰ることにした。



そいつはいつも五分刈りで、髪の毛が伸びたところを見たことがなかった。

学校帰りに駄菓子屋に誘っても、一度もついてきてくれたことはなかった。

彼は決まって、遠足や課外授業になると学校を休んだ。

ある日家まで学級通信を届けに行ったことがあった。

お母さんが出迎えてくれて、御見舞をしたいというと渋々迎え入れてくれた。

この日もお父さんは居間に座って一点を見つめていた。

それから友達を遊びに誘おうと家を訪れたことがあったけど、大声で友達を呼んでいるといない時は何度目かに決まってお父さんが出てきて一言「いないよ」と言っては奥に消えていった。

その時は怖いお父さんがいつも家にいるなんて友達は辛いなぁくらいにしか思わなかったが、あとになって仕事は何をしていたのかなんてことが気になった。



そのヒントは友達ヒーローごっこをしている間の会話にあった。

僕はテレビヒーローに扮するのだが、彼が返信するのはいつも軍人だった。

神風特攻隊!」「大日本帝国バンザイ!」それが彼のいつもの必殺技だ。

何だか漢字がいっぱい並んでかっこいいなくらいにしかその時は思っていなかったけど、今思うと何となく理解ができるような気がした。



掛け軸の前に日本刀は飾られていただろうか。

それはもう定かではないが、彼のお父さんは活動生業だったのだろう。

武士は食わねど高楊枝。

友達もそれが美学だと教わっていたに違いない。

それが自分にとってリアル貧困だ。

お金を稼いで浮かれた生活をするよりも、志のために清貧を選んだ家族の話だ。

今ではもう見ることのなくなったようなたった30年前の話である

2016-09-21

「蟹」最強説

聲の形→蟹の形

顰蹙→楚蟹(ズワイガニ

塹江(ほりえ)→蟹江



上下に分かれている画数の多い漢字はすべて蟹に見える説

「○の形」大喜利に味をしめた増田多すぎ

読めない漢字右クリックして読み仮名検索してるブックマーカー達の苦労も汲んでやれよ

[]聾

「『聾』は耳をもととし龍を音とす」(『大系漢字明解高田忠周述 昭和11年)。

朧という漢字は龍という動物関係がないが音(おん)を借りて「ロウ」と読み、おぼろ月やボンヤリした月夜の晩を表します。

これと同類で「聾」も、よく聞こえない聴覚の持ち主を指し、架空動物の「龍」と関係なく音だけ借りて「ロウ」と読んだ訳です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q114930006

聲ってなんだよ

難しい漢字だなあ

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160920173520

日本文化中国からの影響が大きいか

漢字中国から伝わったし

源氏物語みたいに漢詩引用した古典も多い

昔の公文書漢文で書かれてた

から国語を学ぶためには漢文知識理解必要

キラキラネームも少し悪くないと思った

先日久しぶりに姉の家を訪れたら、姪とその友達が数人遊びに来ていた。

小学生低学年の娘達がリビングで所狭しと遊んでいるわけだが、そのやり取りがなかなか面白かった。

アジア人丸出しな顔立ちの友人たちなのに、名前がみんな横文字なのだ

ところが姪だけは違う。

姉は何を思ったか米国人結婚したので、姪は明らかにアジア人とは異なる顔立ちをしているのだ。

それなのに友人たちと紛れて横文字名前で呼び合っている。

その姿が妙に可笑しく感じられてしまった。



姉にそのことを話すと、わたしもそう思っていたといわんばかりに前のめりになった。

もっとイジメとかを気にしていたらしいのだが、むしろ名前の響きが似ているとかで親近感を持って接してくれているらしいとのことだった。

そういう名前をつけるような母親からか柔軟性も高く、母親同士の付き合いも変に気を使うことがなくてとても楽なのだそうだ。



オリンピックメダルを獲得した選手たちを見ても名前カタカナを含む選手が少なくない。

そうした選手たちがメダルを取ったことを漢字だけの名前選手と同じく誇らしげに報道するキャスター達を見て、時代は変わったのだなぁとしみじみ感じていた。

口でいくら正しさを主張したところで人間の考えはそう簡単に変わるものではない。

世の中や自分の近い位置での環境が変わっていくことで、人は初めてどう生きればいいかを考えるようになるのだ。



まだ彼女たちは差別というものをそれほど意識しない年齢ということもあるのかもしれないが、とても仲良さそうに名前を呼び合う姿を見ていると何だか心があたたまるような気がした。

2016-09-19

美容院

「読めるのに書けない漢字ってありますよねー」

っていう話になって

「あー慶應とか読めるとか書けないよねー」

って返したら

「え?京王線ですか?それは書けますよw」

「ああ、違う違う。大学の方。早稲田とか慶應とかの慶應

って答えたら

「へ?大学?ボクもうわかんないっす」

ってなって話が終わった。

あの大学知名度ってそんなもんなのかね。

2016-09-18

大学中退して起業()予定の18歳が笑われてるけどさ

金曜日に、ホッテントリに↓の記事が上がってて、読んだ人は多いと思う。

 

4ヶ月で大学中退起業します。レールに沿ったつまらない人生はもう嫌だ。

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

 

んで、ブコメをみたら、嘲笑の嵐ですねww

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

 

40年前ならヒッピー、30年前なら新興宗教20年前ならマルチ商法10年前ならバックパッカーやってたような層が2016年にやるのがブログ起業なんだろな

おかしセミナーにハマった息子が起業するとか言って大学を辞めてしまいました」 そろそろ被害者の会が結成されそうな予感(ワクワク)

おいおい。楽な方に楽な方に流されてるだけじゃん。挑戦でも何でもない。ただの逃避だ。あと書いてる事が全てポエムしかない事に気付いてるんだろうか。

煽りブロガーにいいように洗脳されてるように見えて、個人的にはモヤモヤするなあ。皆似たようなこと言って同じようなことやってるから区別がつかない。

意識高い高いし過ぎて、胡散臭い人脈にハマってしまったようだな。なぜ起業中退がワンセットなのか、学生のまま起業すれば良いじゃ無いか・・・

 

 

まあ俺も、この人が成功しそうには思えないし、痛々しいなぁって思うよ。

レールに乗りたくないっていうけど、名前もきいたことない大学に入ってる時点でこいつはまずレールに乗れてないからな。

それに、「挫折体験かいうのが高校部活の話で萎えた。しかも何が挫折なのかよくわからんし。企業就職面接における自己PRで「サークル」の話をしても、じつは採用担当には全くウケないわけだけど(とはいサークルバイトぐらいしかネタがない学生が大半なんだけど)、多くの大学生世間を知らなくて、その話題社会人にとっていかにつまらんかを想像できてない。そこへきて高校部活かよ、と・・・

他にも言ってることがいちいち、凡庸のものなわけ。ブログカレッジ()界隈の定番クオリティって感じ。

それでブコメで叩かれるのはよくわかるんだ。

 

でもよく考えたら、俺だって18歳の頃は似たような感じで迷走してたわ。

 

高校はけっこう偏差値が高かったんだけど、大学いくのダルかったから、卒業後は微妙IT系専門学校にいって時間つぶしてた。

IT系っつっても、俺は起業とかはまったく目指してなくて(今みたいにWebサービスとかスマホゲームベンチャーみたいなわかりやすモデルもなかったし)、言うのも恥ずかしいんだけど、漠然ゲーム関係クリエイターのようなものか、つながりが変なんだけど作家みたいなものを目指してた。今は自分でもバカだなって思うし、むしろ意味分かんないぐらいなんだけど、とにかくそんな感じだった。

でも大した努力はしてなかったね。要は、面倒なことから逃げてただけ。そして努力から逃げるための言い訳として、「他のやつと同じように無難大学行って就職するなんてダサい」みたいな妙な美学自分なかにあったんだよね。

その時のマインドは、けっこう↑のやつと似てるかもww

まあ似てないかも知れないけど、安易に↑のやつをバカにできない程度には痛々しい若者だった。

 

違うところがあるとすれば、もともと勉強はできるほうだったことと、周囲に埋もれるタイプではなかったことかなぁ。

ただそれも俺の場合は悪い方に出てたね。タチが悪いと自分でも思うんだけど、それなりに偏差値の高い高校を出てるから、心のどこかで専門学校の周りのやつらを見下してるところがあった。地元専門学校だったから、俺の高校名を聞くとだいたいみんな知ってて、「えっ、その学校からなんでここに?」みたいなことを言われる状態しょうもないけど、ちょっと数学っぽい話になったときとか、難しい漢字が出てきたときとか、俺しか分かる奴がいないみたいな場面がたまにある感じ。

そうすると自分がなんとなく、選ばれた人間みたいな感覚を持ってしまうんだよね。しかも、もともと小さい頃からあいつは変わってる」みたいに言われることが多くて、要は個性的少年だったこともあり、「俺はとにかく、何かで成功するはず」みたいなイメージを持っていた。

高校同級生は、旧帝〜駅弁ぐらいまで幅はあったけど、まあふつう大学に行ってて、たまに集まると俺は何をしてるんだという話になるわけだけど、「変な道に進んでるけど、俺はこれでいいんだ」みたいなことを語ってた気がする。

 

しかしその学校に入ってしばらく経つと、自分には特に目立った才能がないことがだんだんわかってきたのと、「努力から逃げているだけ」ってことにも気付いてきて、焦りを感じ始めたな。あの頃は苦しかった。同じ学校の、バカにしてた同級生がなんかのコンテスト入賞したというのを知ったり、同じくバカにしてた先輩がけっこういい会社就職したと聞いたり。

 

それで俺の場合は、↑のブロガーのように起業とかをするのではなく、色々考えた結果、レールに乗り直す方向に行きました。

学校中退して、受験勉強して大学に行くことに。さすがに私学に行くのは親に悪いと思って、実家から通える国立に行ったんだけど、専門学校入学金とか授業料ってけっこう高かったから、親のスネはかなりかじった感がある。

 

んで大学に行ってみるとさ、これが思った以上に面白いわけ。

↑のブロガー大学がつまらんと言ってるけど、俺の想像ではそれは偏差値の低いところに楽して入ったからであって、ほんとは大学ってけっこう凄いところなんだよね。いろんな専門の人がいるし、教授の中にはその分野では世界的に有名な人とかもいるわけ。

それに勉強って、やり始める前はダルいんだけど、やってみるとどんどん視界が広がってきて、あれも知りたいこれも知りたいってなるんだよね。

「レールに乗る」とかいうけど、一回乗ったら終わりじゃなくて、案外「乗り換え」のタイミングが何度もあるんだよ。そして大学に入った後のレールって、1番線から3番線みたいな狭い範囲じゃなくって、100本、1000本って単位であるから、ほんと自由だし、自分自身の工夫や努力リスクテイクが試される世界だと思う。

さっき偏差値が低い大学バカにしたけど、偏差値が低いところでもある程度以上まじめにやれば、似たようなもんだと思うわ。

 

それで俺は結局、親のスネをさらにかじる方向、つまり大学院にも行くことにした。修士就職するかどうかは迷ったけど、結局博士課程まで出て、今はそこそこの大企業材料系の研究職についてます博士課程ぐらいまでいくと、レールに乗っても電車勝手に動いてはくれないというか、レールが途中で切れているような世界から、もはやレールに乗るとか乗らないとかい概念はどうでもよくなって、努力するしかない。

就職したときもさ、そりゃ起業する人に比べれば安全選択肢だったかもしれんけど、レールに乗ったまま楽に進んできたとか、レールに沿って決められた行き先に流されるように辿りついたという感覚はなかったなぁ。そして今も今後もけっこう競争があるから、気を緩められない。

 

振り返ると、高校卒業時に「レールに乗りたくない」と思って大学受験回避し、これはまずいと思って「レールに乗りなおそう」と大学に行き、行ってみたら「レールが多すぎてカオス」な状態経験し、しか自分で選んだレールを少し進んでみたら「レールに乗ってても電車が進まない」、そして「レールが途中で切れている」みたいな世界に至って、ぜんぜん安易ではないところに来てしまったわけです。

なんていうかさ、冒頭のブログ主がいうような「レールに沿ったつまらない人生」って、どこにあるんだよって感じがするわ。

 

 

冒頭のブログとそのブコメを読んで、俺がまずブログ主に言いたいと思ったのは、「レールに沿った人生」ってそんなわかりやすものはどこにもねーよってこと。

このブログ主は、大学に行って企業役所就職する人たちを「レールに沿ったつまらない人生」とか言ってバカにしてるかもしれんけど、それは視野が狭い。大学に行って就職するのって、そんな単純なものではなくて、いろいろな自由不安や試練があるものなんだよ。俺は研究職だけど、事務職でも営業職でも、付き合いのある範囲で聞いてると、同じように自由多様性があるように思える。

 

それでブコメの人たちに言いたいのは、「べつに18歳ぐらいなら血迷っててもいいでしょ」ってこと。俺は↑のブログ主が、起業成功するとは思えんよ。まぁよく知らない人だから、ひょっとしたら成功するかもしれんけど、直観的にいえばこいつはダメだろう。

だけどまだ18歳だぜ。このぐらいの年齢で多少血迷ったことを考えるのはむしろ健全なことだと思うし、俺みたいに後からレールに乗り直す道だってあるんだよ。社会人になってから大学大学院に行く人だってけっこういるでしょ。

ブログ主を叩いてる人たちだって、多かれ少なかれ若い頃に迷走してるんじゃないかと思うし、むしろ迷走した経験のないやつの人生なんて厚みが足りないとすら思うよ俺は(半分は自己正当化だけど)。

 

双方に言えるのは、キャリアって今の日本でもけっこう多様なんだということをあまり認識してないってことかな。それを認識してたら、こんなブログを書くことも、こんなブログ過剰反応することもないはずだ。

 

 

(追記)

あと↑のブログへのブコメを見てて気になったのは、「好きにすればいいけど、親に頼るなよ」とかいコメがチラホラあったことかな。

べつに、頼れるなら親に頼ったっていいでしょ。経済力があるなら。

それに、外野いくら「親に頼るな」「自己責任」なんて言ったって、親はなんだかんだで、子どもサポートは最大限したいと思うもんだと思うよ。

俺はまだ子どもが小さいけど、こいつが大きくなって血迷った選択肢に走ったら、「おいおい落ち着け」と一応は言うものの、心のどこかで、「俺の財布が尽きるまではセーフティネットになってやろう」って考えると思う。

俺は自分の親のスネをかじりまくっていて、けっこう負担をかけたと思うけど、どっちかというと親は息子の成長ぶりに満足げに見える。だから俺はその恩を、親に返すというよりは、むしろ自分の子ものわがままを聞いてやるという形で返していきたいと思う。

 

 

ホッテントリ入りしてたのでさらに追記》

気づいたら総合トップにいて、本エントリへもブクマがたくさんついていた。まとめると、

というのが主な反応。なるほど。

彼のブログの続きをみると、一応、Webサービスの開発に挑戦しているみたいなので、「起業」という名の「アフィブログと有料サロン」みたいなビジネスモデルに走らないことを祈る。

 

2016-09-17

ナコルルと宇梶静江って関係あるの?

ナコルル明和八年生まれ*2。一方、昭和八年といえばアイヌ解放運動家であり、著名なアイヌ文化継承である宇梶静江が生まれた年です。宇梶の詩作にはアイヌとしての誇りと、アイヌ差別による激しい迫害の痛みが色濃く滲んでいます

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2016/09/14/005509

くたびれはてこはナコルル誕生である"明和"を架空元号だと誤解していました。

どうやらそのせいで、「ナコルル明和8年生まれ?」→「昭和8年のことか?」→「宇梶静江が生まれた年だぞ!」という連想をしてしまったみたいです。

しかし、もし明和架空元号だったと仮定して、こういう連想ができる理由が分かりません。ナコルルと宇梶静江を結ぶものが何かあるのですか。私はサムライスピリッツに詳しくないから知っている人がいたら教えてください。


もしかして、本当にもしかしてですけど、「明和」と「昭和」は漢字の形が似ているというだけの理由でしょうか。そうだとすれば、これはまるで陰謀論者のたわごと統合失調症妄想と同じレベルです。こじつけには狂気じみたものを感じます

2016-09-15

ある日、所用で普段行かない土地に行き、たまたま目についたファミレスに立ち寄った

飯どきなこともあって店内は少し混んでおり、順番待ちの紙に名前を書く必要があった

俺の名字漢字文字の少し珍しいやつなので、他人と間違われることもなく俺は席に案内され、黙々とハンバーグステーキセットを食い始めた

しばらくすると、店の入り口で俺の名前がまた呼ばれた

いや、俺と同じ名字他人

いったいどんな人なんだろうと、思わず俺は入り口の方を振り向いた

高校時代同級生の女だった

とうぜんだが、そいつ名字は割りとありふれたものだった

偶然にも俺と同じ名字の男と結婚したのだろうか

振り向いたときそいつと目が合った

彼女驚愕とも恐怖ともとれない表情のまま体を硬直させた

世の中では相変わらず全然読めないキラキラネームが増殖し続けてるっぽい。

個人的には音や語感を重視して名前を付けたい気持ちはわからなくもないけど、あてる漢字自由すぎるのはちょっとやりすぎじゃね?って思う。

今後、自分も周りも名前キラキラしてる世代がどんどん大きくなると、慣れで大体のキラキラネームを読める能力が発達したりして、

そのうち「よくあるキラネも読めない子なしのオッサンはクソ雑魚ナメクジ」みたいな風潮が来るのかな。

2016-09-12

へんな夢をみた

せっかく早く寝たのに、へんな夢をみてびっくりして起きてしまった。

 

ところで「夢をみる」ってみんなどの字を使う? オーソドックスに「見る」? それとも「観る」? 私は「視る」っていう字を使います幻覚を「視る」。白昼夢を「視る」。透視の視の字ですね。現実世界とはちがう、脳が作り出したものとか、視覚とは別の感覚を使って「みる」ときは「見る」じゃなくて「視る」って感じがする。

 

漢字の使い分け方ってその人の人柄や性格が出てておもしろいよね。私の尊敬するライター男性は「聞く」と「聴く」の使い分けについて、「真剣に『きく』ときは『聴く』を使う」というふうに話していた。電話のあと「増田ちゃんの話を聴いて思ったことがある」って連絡をくれて、その「聴いて」っていう文字がやけに嬉しくて思わず画面に見入ってしまったこと覚えています

 

さっき視た夢はなにか漢字関係したもので、上述のライターさんにもかかわる内容だったと思うんだけど、ここまであれこれ書き並べているうちにすっかり頭から抜けてしまった。ところで「じょうじゅつ」ってすごく言いにくいね、どうしてもうまく言えずに「じょーじゅちゅ」ってなってしまう。若干滑舌が悪いのがコンプレックスで、まあ安倍総理よりは明晰に日本語を喋っているという自負はあるんだけど、あの、安倍総理ヤバいね。たぶん特定の子音について舌の動かし方が間違ってるだけだから毎日ちょっと練習すればもっときれいに喋れるだろうにと思う。もったいない安倍さんネクタイの色とか細かいところまで第一印象に気を遣ってるらしいけど、滑舌も案外大事ですよって教えてあげたい。とにかく電話聞き取りにくかったら困るので、もっとはきはき喋れるようになりたいです。私が視たへんな夢に興味を持ってここまで読んでくれた人は「夢の内容を忘れてしまった」という記述を見てさぞがっかりしたことでしょう。私がいちばんがっかりしているのであまり責めないでください。

 

さあ、週のはじまりです。こんな早朝から増田なんて眺めてる場合じゃないよ! もうすこし二度寝して体力をたくわえましょう。さっきの夢の続きが視られますように。みんなもいい夢を。おやすみなさい!

2016-09-11

焦るって汗るって感じだよね

台風一過台風一家って感じで、

生き急ぐは逝き急ぐって感じだ。



感じは漢字って感じ。

2016-09-10

熟語を作る問題

息子の宿題で「次の漢字を使った熟語を書きましょう」ってのがあるんだ。


例えば、問題が「朝」だったら、「朝日」「毎朝」「朝食」「一朝一夕」なんかを書けばいいの。



それでさ「米」に対して「米田」ってダメじゃね?あと「米国」も。

人名は(姓の成り立ちとかまで遡れば関係あるんだろうけど)コメっていう意味関係ないじゃない。熟語を挙げる勉強の解答としておかしいでしょ?

米国にいたっては、アメリカに音で無理やり当てはめた亜米利加の一部じゃん。




という話をしたら、家でも職場でも俺がこだわりすぎだって言われた。




その中の一つの意見で、

「越」に対して「呉越同舟」(国名)、「管」に対して「管鮑之交」(人名)はどうなのか?もう四字熟語として成立している。

ってのに納得しそうになっちゃったけど、今考えたら、やっぱダメだろ。

2016-09-09

「詰る(なじる)」っていう字が読めなくて、「キツル、キツル」っていってる失笑レベルの人も今まで数人見かけたことがあるが

それを「詰める(つめる)」に脳内変換しちゃって、全く何の疑問も持たずに使ってるのもちょっとどうか。

  

こうゆう同じ漢字で、読み方知らない単語意味を読み方知ってるほうの単語に移しかちゃうのって、ワープロ以降の現象だと思うけど、やっぱり基本的学力低そう。

言葉は生き物」っつーのもわかるけどさ。でも出発点が、漢字読めませんでした、っていうところがなぁ...

http://anond.hatelabo.jp/20160908103104

2016-09-08

頑張るは悪い言葉

まず漢字をみてほしい頑固頑迷の頑だ

がん〔グワン〕【頑】

[ト・タル][文][形動タリ]かたくなに人の言うことを受け入れないさま。多く「頑として」の形で用いられる。「忠告を頑として聞き入れない」「頑として節を枉(ま)げず、反骨を貫く」

こんなもんを張ってる人はやっかいなだけだ

次に語源こちらは諸説あり江戸時代から見られる言葉らしいが

眼張る(目をつける見張る)が転じたのが最も有力で

もう一つは我を張るが転じた説

どちらにしてもろくな意味ではない

次に頑張る英語でググってみると下のように出る

頑張るWork hard

頑張ってなら気楽に言えるがハードに働いては気楽に言えない重さがある

我々はこのろくでもない言葉を使うのをちょっと考え直した方がいいのではないか

2016-09-07

親が想像以上にアレだった

あんまりこういうこと書いちゃダメなんだろうけどさ.

でもさ.わりと誰でも読めそうな漢字の読み方を聞かれた時は本当に苦しくなった.

それもわからないのって.驚いちゃって.



機械に弱いとか,数学が弱いとか,そういうのはまだ分かる.

でも,本当に常識的知識を知らないって,さも当然のように言われたら,やっぱりショックだわ.

まだボケるには早過ぎるよ.ちょっと心配になっている.どうすればいいんだろう.

2016-09-06

マスダでボトルキープしたよ!飲め飲め!

漢字増田じゃなくて、カタカナで「マスダ」って書いたか

私は太っ腹だ、勝手に飲んでいいよ。飲み屋で「マスダのボトル出して」ってね

ちな芋焼酎赤兎馬な、所在関東

_

付記:チンコの上にデキ物ができた。性病とか全く持って無いのに。チンコ取れたらどうしよう。情報求む

2016-09-03

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「○○がダメとか、人生の半分損している」という文言がありますが、それを言う人は○○だけで人生の半分も占めているってことですよね。むしろ、その人の人生心配になってきませんか。

割合の話であって、必ずしも残り半分の人生が、その半分を占めている○○と同価値とは限らないぞ。

仮にそういう意味合いで使われていたとしても、それだけ人生を捧げているってことで、必ずしも悪いことではないしな。

それに細分化させているという説もある。

まり人生が、個人の中で「食生活」や「娯楽」などにカテゴライズされているという説だ。

例えば「ネギが嫌いなんて、人生の半分損している」というのを、あくま人生の中の「『食生活』の『嗜好』というカテゴリ内の話」だと考えればいい。

ということを踏まえて、なお私はあの言い回しが大仰だと思うが。

まあ、バファリンの「優しさ」みたいなものさ。



Q.「想像妊娠」があるなら、「創造妊娠」もありますか。

まあ、YESかな。



Q.ものを数えるとき漢字の「正」を使うのはなぜですか。

それが正しい数え方だからと考えられる。

ただ、人間の体に書く場合はその限りではない。



Q.中村恭平村中恭兵は同一人物ですか?

答えはNOだ。

だが、掛け算の順序程度の差異ではある。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826130739

やぶさか」は「吝か」と書くが、この「吝」は「吝嗇」の「吝」であり、

ケチなこと、物惜しみをすることを意味する。ちなみに「嗇」も同じ意味である



「別状」は「別条」とも書くが、「条」は「事柄」という意味なので、

「別条はない」は「特別に申すべき事柄はない」といった意味になる。

「別状」であれば「別の状態」「変わった状況」といった意味になるだろうか。



「満更」は当て字語源未詳。「まざまざ」「まっさら」「まさに」あたりの変化とされる。



「とんでもない」は「途でもない」と書く。「途」は「みち」であり「道理」の意味である

よって「道理に合わないほど酷い」といった意味になる。

http://gogen-allguide.com/to/tondemonai.html



「だらしない」は「しだらない」の変化。

「しだら」は「ふしだら」あるいは「自堕落」の変化と言われる。

http://gogen-allguide.com/ta/darashinai.html



「せわしない」は「忙しない」と書き、「せわしい(忙しい)」と「いそがしい(忙しい)」は同じ意味である

「いそがしい」の語源は「急がしい」であるが、「せわしい」と意味が一緒なので同じ字が当てられたと思われる。



「そぐわない」は漢字がなく語源も不詳。



もったいない」は「勿体ない」と書き、「勿体(物体)」は物の重要な部分を表す。

http://gogen-allguide.com/mo/mottainai.html



えげつない」は「いげちない」が転じたもので、「いげち」は「意気地」と書く。

http://www.weblio.jp/content/%E3%81%88%E3%81%92%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%84

色を表す漢字文字で、他の意味を持つもの

緑(植物)以外ある?

「窓の外はきれいな緑」といえばただ緑色だったということではなく、緑色木々や草が生えていたということが伝わる、ということ



赤(共産)はちょっとイメージが弱い気がするし、

橙(果物オレンジ)はそもそもそこから名前ついてるから違う