「運命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 運命とは

2016-07-25

ガラパゴス化

国民盲目の国があった。

そこに海外から目の見える人間がやってきて、目が見えるようにする手術があるんだと持ちかける。

彼がいか視覚が素晴らしいかを説いても、やはり体験しないと伝わらないもので、国民懐疑的だった。

そのうち国民の声は疑問から罵声に変わる。

手術は痛いのだろう?失敗したらどうすると?そんなもの不要だと!嫌なら出て行け!

好意外国人は、嫌になってその国から飛び出していった。

好奇心旺盛な何人かの国民は手術を受け視覚を手に入れ、それがもたらす素晴らしさに感動した。

が、彼らもまた外国人と同じ運命を辿った。

数年後、その国は外敵に襲われ滅びてしまった。

 

やらなくてもいいと思っている人間を説得するのは難しいのだ。

たとえ、それが致命的な結果をもたらそうとも。

2016-07-23

[]

結構、貯まってきたので見出しカテゴリ化した。割とライブ感強めで書いているで、これを後で見返すほどのことはないのだが、増田で他のものを書いて編集するとき探すの面倒だしね。

今回は裏サンデー

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 10

状態だけれども、リンク普通に喋れるのか。

或いはテレパシー的なものかもしれないが、ふきだしは普通だし、やっぱりそのまま会話しているのかね。

まあ、そこらへん細かく言い出したら、そもそもゲームでは狼状態とか関係なく基本的リンク喋らないから、どういうのが正解だとは言い切れないが。

さて、本編の内容だが、ミドナと協力するまでの掛け合いだけだから、話としてはそこまで進んでないね

ただ、ミドナの行動には、何かの大きい理由があるのだろうというのを匂わせる描写があったので、導入部分としては割と重要

wiiで出た当時に一回クリアしただけだから記憶曖昧だが、そこらへんはオリジナル描写かな。

ミドナって結構受け手がムっとするような言動をよくするので、それを緩和するためにここで先に描いておくのはアリだと思う。

あと、ミドナ小悪魔的な感じが出てて、よろしいかと。

「スワレ犬っコローーー!!」はちょっといいね



銀狼ブラッドボーン 32話

主人公吸血鬼と戦う力を得るためにどうしたかっていうのが簡単に語られて、中盤すぐに戻ってきてホッとした。

このタイミングで、過去話を長々とやられたらテンポよくないしね。

主人公人間規模で見た場合、明らかに異質な強さだったのだが、かなり過酷な背景だったようだな。

それ位しないと、単純なスペックで勝る吸血鬼とは戦えなかったと。

間接的に、吸血鬼の格を下げない描写にもなるから、こういう説得力補填大事だな。

かつての宿敵と並ぶ絵は、ベタだけれども、いいね

それにしても、美形のオネエキャラはもう完全にテンプレ化した気がするなあ。

出てこない方が珍しいレベル



ヘビのたまご 6話

奴隷制反対派の一人が登場。

反対派となったきっかけ、理由個人的なあたりが、かえってリアリティがあっていいね

同じ派閥であっても、そこに属する理由や個の価値観が同じとは限らないわけだから

中盤の、むまにの動力子供ならではの純粋さと短絡さが混在しててすごいな。

仮に国王を殺せたとしても、それで奴隷がなくなったり、問題解決するかっていうのは別の話なのに。

それにしても、むまにの勘と運がよすぎる上、途中で出会う人物との運命的な出会いご都合主義すぎるだろ(笑)

で、王子暗殺される、と。

このあたりの相関関係もう少しゴタゴタ描写するのかと思ってたのに、展開早いなあ。



桐生先生恋愛がわからない。 26話

いや、「ヤバイ、ヤられるー!」の例えは極端というか不適切だぞ、おい。

ただ、恋愛対象ではない、性的に興味のない相手から、突発的に直接的なアプローチをかけられたらヒくっていうのは分かる。

スーパー銭湯で、初対面にも関わらずやたらと下半身を触ってくる人に出くわしたことがある身としては理解できる。

そういう拒絶の心って、もう理屈の外を越えるんだよね。

後半の起こった事件は、まあそれぞれが何か不器用だなあ。

先生の割り切り方はアサシンには納得できないし、言い分も分からなくはない。

けれども、だからといって先生からすればアサシンに怒られる筋合いはないわけで。

さて、現状の関係結構メンドーなヒビが入ってしまった状態なわけだけれども、ここからどう修復するのやら。



ケンガンアシュラ 149話

サーパインが有利なのは、要は相手の火力不足ということか。

しか殺人術を、不殺精神で使っているから尚更。

そして、サーパイン自身も徐々に動きを見切りつつある。

ダメージの蓄積では勝っているけれども、サーパイン必殺の頭突きが一発でも入れば話は別。

このままでは不利と零も思ったのか、どうやら相手の命に関わるかもしれないレベルの技を使う模様。

手札的にまだまだ底が知れない感じで、サーパインが勝つのは厳しそうだが、この漫画主人公以外の試合マジで勝敗分からんからなあ。

俺は「政治的人間」なんだろう。

自分についての話。

俺がなんで安倍政権がとか、在特会がに怒りを日ごろ表しているんだろうとふと考える。

俺はさ、多分理不尽に強いモノが弱いモノを踏みにじる光景が嫌いなんだと思う。これも多分…なんだけど、その土地で生きている人が国家とかに凌辱され、住むとこを奪われたり、「朝鮮人である」というだけ、何の罪もない子どもが通う学校が訳のわからん日の丸おじさんに襲撃されるのが許せないんだと思う。

…思うってのはぶっちゃけそれだけじゃないってこと。

俺がさ、その手の長文を長く書くときを思い返すとさ、だいたい仕事に失敗したとか、私生活トラブルがあったとか…そういう日の夜なんだよね。

正直言えば、自分自分の怒りを自らに近い対象、直接の原因に向けるのがこわいんだ。

から、明確な「悪」自分とはちょっと遠い場所にいる「悪」に向けたいがために、政治に首突っ込んだり、変な文章を書いている側面はあるなと思う。

それが「人間らしい」のか、或いは「真剣にやっている人に失礼」

なのかみたいな問題には興味がない。興味がないってか、結局俺はそうならざる負えないからな。そういうことをしないと生きていけないんだ。

から、これからもそういうことをし続けるだろうよ。

だってそうだ。自分仕事についてはどうも「波」があるらしい。先月は割と好調で、新しい仕事を任されたんだけど、今月はぜっ不調で…。それで、だから今回も長文を書いているんだろう。

俺はさ、自分が正直、100%自分自身コントロールできてないと思う。

好調の時はこれでも目端が効くんだけど、不調の時は「目の前にあること」が一部分、真っ暗になると言うか、意識がそこに向かなくなるんだ。

普段は見えているけど、道端に落ちているゴミが見えているんだけど、認識できなくなる…そんな感覚。俺はわざとさぼっているわけでも、やる気がないわけでもない。ただ、認知機能みたいなのが低下するんだな。自分ギアコントロール出来ない。

俺は、他人にこう、自分意思を伝えるのも苦手だ。自分自分説明すらできない。

よくよく考えるとウチの父もそうだ。

あの人は人に怒れないんだな、怒るんじゃなくて、モノに当たったり、思いだして夜中に騒いだり、徘徊したり…みたいなそういうタイプなんだ。真正から誰かに向き合うのが苦手なんだろう。

俺もそういうとこがある。ほぼ毎日会う親にすらいまだに真剣に向かい合ったことがないし、向かい合い方もわからない。

不器用」なんていうと綺麗に聞こえるけど、逃げているのかもしれないな。或いは「逃げざる負えないのかも」

なんかな、そういう感じなんだ。

ただ敢えて言うけど、俺は「直接の悪」に向かえないおろか者だ。そして、自分に素直になれない、自分自分の心を本当のところ知らないダメ人間だ。

ただな、だからこそ俺の怒りも悲しみも俺のモノにしたいけどな。

なんかさ、怒りってのを誰かにコントロールされたくない。

世間の少なからずの人はどうも違うらしいじゃん。例えば「1984年」の憎悪週間…が近いのかな。

政治思想対象は勿論、時に国家民族対象になったり、まぁ…軽いあたりだとスポーツチームの勝ち負けもそうだ。

誰かと自らの感覚を共有して、「集まり」「皆」の「感情」に自分を合わせるのって本当に楽だし、楽しいし、安心するんだろうなって思う。それが怒りであっても、誇りで会ってもだ。

右はもちろん、左に対しても俺は思う。

人の大きな集まりは怖いよ。

みんなが「社会だ、国家だ」のために「怒ってる」。少なくとも現場じゃ「そういう設定」になっているわけだ。

それは凄くわかることであるんだけど、俺みたいなちょっと弱い人間がそういうことに関わっちいかんなと思う。

俺はそういうことはしない。しないってか出来ないんだな。

そもそも、俺みたいな人間がそういうことをしちゃあいけないんだ。

俺は「言いたいから言っている」のではなく「言わないと自分が壊れちまう」から政治とかなんかの怒りを表明しちまうんだ。

「皆」に一時は共鳴できても、こらえ性もなければ…なぜか…本当に人と合わせられないから、関わった「皆」と違う道にいつの間にか進んじまう。

そして余計にさみしい思いをする。

俺は、まぁなんつーか、そういう不適応人間だ。

ただ、それでも死にたいとか、楽になりたいとは思わない。

なんかさ、そういう自分がそういう自分であることを認めてそれでも生きていかなきゃならんと思う。俺には生き続けなきゃいけない天命があるはず。少しでも光のあたる方向に行きたい、自分毎日少しずつ明るい方向にはい出している…そうであると信じないととてもじゃねーけど…やっていけない。

生きている意味がなくなっちまう

カッコいい言い方をすれば寂しさを胸に抱いて、それを自任して、それでもなお生きていかなきゃいかんのだろう(笑)

から俺は、群れを外れたかわいそうな羊、自称個人主義者でアナキストの…でもどこかで大いなる共感を求める「右翼天皇主義者」なんだろうよ。矛盾している「かも」だがよ。

俺は自分ダメさ加減に「意味」を見出している。それはそれ自身が唯心的な行為なんだ。

唯心論だの運命だの天命だの持ち出して来て、自分不器用説明をしちまって、無理やり飲み込むからこそ「俺は右翼なのだと思う。

結局、俺は語彙が足りないから、また「政治」の話題を書いて、政治ワードをもって、自らを表現しちまった。

そういう意味じゃ、俺は「政治的人間」なんだろう。

毎回選挙に行く人や、デモ集会に毎度顔を出すような人よりも…よっぽどね。

2016-07-22

デスサイズ波動存在ワルキューレの導き 帝国一級市民層にある昔ながらの定食屋で食べる、いつもの味絡み合う運命擬似的に発生させた”抜け殻の器”

家庭的な女騎士種族の“本物”を経験したことのある俺 深淵に魅入られ

グラン貧民勝利を捨てて第二形態切れ 敢えて形容するならば、「それ」視て退屈凌ぎにはちょうどよいね馬鹿な……

女神の慈愛に満ちている煌めく一輪の希望に終わりなき人の世を象徴するかのように癒されて帝国式惚れ

http://anond.hatelabo.jp/20160722011510

大抵の言語バージョンアップとともに腐っていくし新しいプロダクトはよりプロダクトに合った言語を欲するしで言語は常に生まれ続ける運命

2016-07-20

アニメ違法動画の話だけど、エンドコンソールおよびネットインフラの強化など技術進化、加えて法律の変化によって形態が変わってきて、その結果として最終的には違法動画が終了するような気がする。



大昔はアニメエロ動画といえば、初期のWMVやMOV形式QuickTime、RealmediaとかMpeg1ファイルP2Pで個人でこそっとやり取りするものだった。

P2Pも一対不特定多数複数ではなく、ピュアに一対一でやってたと思う。

このころは見る機械PCで、ソフトWMPなどOSについてきた重たいプレイヤーソフト

これが第一世代ってところか。



二世代になると、Winnyshareみたいなものが開発されて、違法動画の本格的なばら撒きが始まる。

これらのソフトは以前と比較して大幅に自動化されているのに加え、以前の一対一(PvPっていったらわかりやすいか)用のP2Pソフトのように、いちいちファイル所有者にご機嫌を取らなくてもダウンロード可能になり、非コミュ自分で買ったお返し用メディア系蓄財の無い者にもファイルがいきわたるようになる。

日本以外の国では、逮捕される心配がまずないので暗号化すらしないtorrentが主流でもありました。

このころになると、コーデック進化し、DivXWMV進化型(WMV9だっけか?)が登場して画質が向上しファイルサイズも小さくなる。

プレイヤーの開発も複数行われ、MPCVLC他軽めのメディアプレイヤーが登場しOS搭載のものを喰っていく。



その次第三世代では、上記P2Pから入手したファイルを、業者がやってる大規模なファイルサーバ/オンラインストレージにいったん格納するようになり、ブラウザから分割などせずに直接httpダウンロード可能になった。

個人により人手で大量のばら撒きがなされていた部分が、大規模なシステムによるものに変わった。

この時期になると見る機械PCだけではなく、DVDプレイヤーから円盤機能外したメディアプレイヤーや、売れなかったことに業を煮やしてメディアプレイヤー機能をつい内包しちゃったPS3など、PC以外の機械再生できるようになり、またモニタテレビの大画面に変わった。



そして来ました第四世代

上記のオンラインストレージによる直接ダウンロード常識になったあとは、どこぞの頭がいい奴がアフィリエイトによる金銭収入をつけたビジネスモデルを作る。

ここにきて違法アップロードユーザにもまさか金銭収入可能になる。

よって中国ロシア東欧などの連中が違法動画配布サイトを作りまくり、それに呼応する形でオンラインストレージ業者も猛烈に増える。

日本人はこれやると、あっという間に京都府警に捕まりNHKさらされる現実がまっているので、日本はいまいち流行らなかった印象。

コーデックもより進化し、次世代デファクトタンダートと目されたh.264/MP4ファイルがメインになる。

テレビBDではMpeg2が依然居座って、結局お茶の間では負けたけど。



でもってyoutubeテレビCMに登場するようになった第5世代になると、超低ビットレートで高画質を実現する技術が開発され、h.264に加えてh.265なんかも登場してくる。

PCにはハードウェアによる動画再生機能が取り込まれデファクトタンダート技術になり、ブラウザには動画プレイヤー機能を実現するだけのカスタマイズ/プログラミング機能内包され、オンラインテレビと遜色がない動画が見られるようなる。

法律も変わり、直接的にファイルPCに保存しておくことが危険になった現状、見たいもの検索してブラウザからオンラインで見るというニコ動youtubeの形がベストになる。

本来広告アフィリエイトやってた連中は、ちょっとサイト手直しして動画のおいてあるアドレス記載するだけで、配布せずとも金銭収入があるノンリスキーなふざけた時代になる。



そして今現在第6世代では、第5世代の状況に業を煮やした正規コンテンツホルダーであるアニメ関係会社エロAV制作会社が、ありとあらゆる動画を一つの窓口から探して見られるようにサポートするべく、超大手ネットワーク業者であるドコモと組んで、月額いくら動画配信サービスを開始する。

プロ、それもそもそもインフラ整備している連中が提供するサービスなので回線品質もよく、配信される画質も少なくともDVDレベルかそれ以上と十分によく、初期のころは登録が遅かったコンテンツ放送直後もしくは同時に登録されるようになる。

ドコモ運営しているので、バンナム運営のあそこやSCE運営のあれみたいに、コンテンツがどこぞの販売会社のものだけ猛烈に偏ることもない。

加えて、違法配信サイトありがちな『古くなった動画検索したら404で見られない』という問題がまずない。これは正規業者による最大のメリットである

プレイヤー第5世代ではPCだけサービスでしたが、加えてスマホ携帯ゲーム機対応テレビBD/DVDレコーダ他のSTBでも見られるようになりました。

このあたりはさすがに技術者大量に確保して、メーカーにも働きかけができる、超巨大元国営企業ならではのスケールメリットが存分に発揮されています



そして次にくる第7世代では、おそらく低価格帯のラインを含めたすべてのテレビで、正規業者による動画配信サービス機能をフルサポートするに至り、テレビだけでネットから入手した動画が楽しめるようになる。



そんな感じで違法動画はおそらく下火になる....ってかなる運命じゃないとおかしいよね。

2016-07-18

本当にあった怖いブラック企業体験談

おはよう今日もずいぶん早いんだな。」

私は荷物の入っていない鞄を自席に置き、隣の席にいる同僚に声をかけた。まだ始業時間の二時間前だが、別に流行りの朝活をしているわけじゃない。

うちの会社では半年ほど前から経営からの指示により残業が厳しく制限されている。ただし業務は減らない、つまり自主的に早く来ざるを得ない。まあよくある話だろう。

「ああ、おはよう。ちょっと仕事が切羽詰まってるんだ。」

同僚の増田仮名)はディスプレイから目を離さずにそう答えた。一体何時から来ているのだろう。マグカップコーヒーは既に空になっている。

コーヒー、お前のもついでに淹れてこようか。」

「ああ、助かる。」

増田簡単にそう応えた。私はマグカップを取り上げ給湯所へ足を運んだ。

「やっぱり補充されてないか。」

マグカップを洗おうと思ったが、備品食器用洗剤はこの一週間ほど空のままだ。本来消耗品申請をしなければならない。

だが経費削減の一環でこうした申請も面倒になってしまった。誰かがやるだろうと皆が思い、そして誰もやらない。その結果がこの現状を生み出している。

私は空の容器を捨て、出社途中のコンビニで買った洗剤と取り換える。

マグカップを綺麗に洗い、インスタントコーヒーを淹れる。

コーヒー香りは目を覚ましてくれるわけでもなく、これから仕事なのだという鬱屈とした気分を思い起こさせるだけだった。

「ほい、コーヒー。」

「ああ、助かる。」

15分を要した私の労働結果に対して増田は先程と同じセリフで済ませ、やはりディスプレイを見つめたまま一心不乱にエクセル文章を打ち込んでいる。

増田テストケース作成か。だいぶ面倒そうだな。)

しかし私には私の仕事がある。午後のレビュー時刻までにコーディング完了させ、レビュー用の資料作成しなければならないのだ。

コーディングを終わらせようとすると、資料まで手が回らないかもな。)

以前に資料なしでレビューに臨み、散々な結果になった。仕事に対する姿勢がどうの認識がどうのと罵倒され、お前のやり方は信用できないと言われてしまった。

その時も時間が足りなかったせいなのだが、私の主張が受け入れられることはなかった。

そんなことを考えつつ、私は優先順位を決めて作業に取り掛かることにした。

そしてこの時の私はまだ、増田に降りかかる残酷運命について気付くことはできなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

及第点には届かないな。指摘したところは全部直しとけよ。」

全ての説明を終えた私に対し、上司はそう言ってレビューを締めくくった。

疲れた…。)

ため息をつくのを我慢しながら、既に使い果たした気力を振り絞って自席へと戻る。もうあの上司の顔は当分見たくない。

そういえば朝のコーヒー以降、ずっと増田と会話をしていない。

どうしているかと隣の席の様子をちらと伺うと、増田が目を強く閉じ、頭を抱えているのが見えた。

「おい、どうした、大丈夫か。」

明らかに体調が悪そうだ。私は思わず肩を叩き、声をかける。

「うう…頭が…痛い……」

「頭が…う…はははは……頭が…割れそうだ…!」

そう応えるのを聞いて、私は思わず鳥肌が立ってしまった。

増田が笑っている。頭が痛いと訴えながら笑っている。

あのいつも冷静な増田が。

もう限界だ。休ませてやらねばならない。

私は上司の元へと向かう。

当分見たくないと思った顔がそこにはあった。

すみません増田の体調が優れないようなので今日はもう帰らせたほうがいいのではないかと。」

「は?お前何言ってんの?」

まりにも雑な返答に苛立ちを覚えつつも、もう一度現状を訴える。

「いえ、ですから増田の具合が明らかに…」

「だからそれお前が判断する権限あんの?あいつの進捗をお前が管理してんの?」

「な…!」

唖然とする。一体なんなんだ。話が噛み合わない。

こいつは部下の体調が心配じゃないのか?進捗のことしか心配していないのか?

私は自分立場も忘れ、反論しようとした。その時だった。

「がぁ……頭……頭が……頭があああああああああああああああああああああ!!」

増田尋常ではない叫び声を上げる。私は思わず振り返り、増田の姿を確認する。

職場中の視線増田に集中する。

その瞬間、増田の頭が、割れた。

比喩ではなく、割れた。

飛び散る鮮血。血のシャワー。少し遅れて、悲鳴空間を埋め尽くす。

数秒前まで増田の頭部だったそれは、もはや原型をとどめてはいない。

上司は、呆然とそれを眺めている。

私も何が起こったのか理解できず、しばらくの間、呆然としてしまった。

救急車、呼ぶぞ。」

もはや無意味であることは明らかだが、上司はそう言った。誰も返事をするものは居なかった。

バタフライエフェクトみたいに何回も過去に遡ったのに運命を変えられないみたいな話好き

2016-07-14

ポケモンgoが騒がれてるけど

ちょうど岩田さんが亡くなったのが1年前の今だったんだね、運命じみてる。

2016-07-13

改変:性同一性障害ゲイ女装オカマ、おネェの違いを書こうと思

http://anond.hatelabo.jp/20160713084827

元増田は悪くはないんだけど、いろいろと指摘したくなるので、申し訳ないが書き直してみた。

前提知識

この知識を頭に入れてくれないと、誤解しやすい。

  1. 生物学上の性(とりあえず遺伝子がXXかXYか)
  2. 性自認自分男性と思うか女性と思うか)
  3. 指向(異性を好きか同性を好きか両方か、、、)
  4. 嗜好(趣味仕事でやっているのを含む)


この知識があると理解が進むのです。

おネェとオカマ

生物学上の性が男 and 女性的な格好・言葉かいをしている


この場合オカマやおネェという言葉が使われる。

オカマは上の意味に加えて侮辱するニュアンスも含まれる。

自分自虐的意味で使うのは良いが、他人にへ使うのは好ましくない。

(もちろん、仲間内冗談で使うことはあるが)

そのため、メディアで使われることへの反対の意見が強まった。

メディアオカマという言葉を控える代わりに別の呼び名を作った。

それがおネェである

ただし、これに侮辱ニュアンスを感じる人もいるため、今後オカマと同じ運命をたどるかもしれない。

また、おネェと自称する当事者はあまりおらず、メディア上の(特にバラエティ番組での)特殊言葉である


→「生物学的な性が男 and (女性的な格好をしている or 男性が好き)」のor抜いた

 他は文句ない。

 生物学上の性が男の人に主に用いられる言葉で、異性装(男なので女装)の嗜好がある、ということ。

 性自認や性指向は含まれません。

ゲイ

生物学上の性が男 and 男性のみが好き and 性同一性障害ではない

以前、ある増田が書いていた記事の傾向がよく当てはまる。

ttp://anond.hatelabo.jp/20160118180656


この時、ゲイという言葉を使う。(狭義のゲイ

女装の嗜好があるかは問わないし、自分観測してきた範囲だと、ゲイ女装して過ごしている人は少数派だ。


異性装とごっちゃになりそうなので補足文章を大きく削除

 狭義のゲイ性自認が男で、性指向が同性の人。

 生物学上の性は厳密には問わない。

 LGBTのG(狭義のゲイ

ホモ

ゲイ同義

ただし、侮辱するニュアンスが含まれるため、通常用いない。

レズビアン

狭義のゲイ性自認女性版。

レズと省略すると、侮辱するニュアンスが含まれるため、「ビアン」と省略するのが穏当。

LGBTのL。

性同一性障害

生物学上の性と性自認が異なる人


実は、格好や性対象関係なく、自身の性に対し違和感を抱いているかどうかで判断される。

女性から男性になる、男性から女性になる人は、トランスジェンダーと呼ばれる。


ここでは男性性同一性障害について書く。

指向は、自分女性だと思っているので、男性になる傾向がありそう。

自身女性らしくすることを強く望み、普段から女性の格好をしようとする、またはできるようにする。

女性ホルモンを使うことで見た目を女性的に近づけることができるが、1年以上かかり、成果もばらつきがある。


嫌悪感から違和感しました。

 性同一性障害でも、性転換しない人もいます

 性転換している人がトランスジェンダーLGBTのTですね。

 生物学上の性と性自認問題なので、性指向等は関係ありません。

女装

生物学上の性が男 and 女性的な格好をしている


条件が非常に単純なため、他の属性と被りやすい。

性同一性障害ともオカマともおネェともかぶる可能性がある。

ただし、性同一性障害の人にとってこれは侮辱言葉なので使うことは禁忌だ。

上記の属性以外にも、少数だが、ナルシズムやマゾヒズム破滅願望などの性癖を満足する手段として女装をする人がいる。

また、厨二病の延長で、何もない自分に何らかの特殊性を獲得するために女装する人もいる。

それらがいきすぎて女性ホルモンを使ったり性転換までしてしまう人も見られる。

しかし、彼らは社会的承認を得るために性同一性障害と主張するので、結果的性同一性障害の人と見分けがつきにくくなる。

その動機故に、性対象女性、または両性である割合が高い傾向がある。

特殊であることが彼らをかりたてているので、承認欲求を満たすべくSNSをやっている人が多い。

逆に、性同一性障害の人は自身過去を隠し、元男性であることを明かしたくないのでSNSでそれを主張する人は少数派である

(ちなみにこれらは女性から男性に変わるタイプにも見られる)


→条件が単純、というか、ただの嗜好。ま、分析は好きにして。

で、なんて呼べばいいんだろう

個人によって何がOKで何がNGかはバラバラなので、当たり障りのない呼び方をするのが良いと思う。

最大公約数的な対応を考えるなら、オカマやおネェ、女装という言葉は使わず女性と言えば丸く収まる。

もし、厳密に男性として扱わなくてはいけない場合は、「生物学的に」男性一言つけることでだいぶ印象が変わる。


→無理っす。「女性」も無理があります

 性自認や性指向なんて、外野が口をはさむ話ではありません。

以下、もう一段解詳しく

基本的にこの手の話は、プライベート情報なので、親しくなってから聞くものです。

外野が軽々しく触れてはいけません。

また、自分がどうなのか考えるのも良いかと思います


生物学上の性

遺伝子がXXかXYか、で良いと思うんだけど、、、XXXとか例外がいるんですよね。

男性器がある、女性器がある、でも、両性具有とかありますし。

例外の人には申し訳ないけど、男性女性・その他、の三分類が適当かな。


基本的コミュニケーションにおいて、生物学上の性が重要になることはあまりないと思います

強いて言うなら、トイレ更衣室を用意しないといけない立場になった場合に、

その他がいるかどうかが重要かと思います


性自認

自分性別が何と思っているか、ということ。

客観的な判定方法はなく主観のみです。

また、生物学上の性により思い込んでいるケースもまま見られます

これも第三の性を提起する人がいるので、男性女性・その他、の三つ。


相手アイデンティティーなので、基本的コミュニケーションでも留意する必要があります

性同一性障害トランスジェンダー関係する言葉です。


指向

どういう人を性的対象とするか、の主観

私の理解している範囲では、異性愛同性愛両性愛・無性愛

他にもいろいろあるらしいですが、その他、として5分類とします。


同性愛ゲイレズビアン)、異性愛ヘテロ)、両性愛バイセクシャル)、無性愛アセクシャル)が関係する言葉です。


ややこしいのは、「同性・異性」の判定は、性自認によります

生物学上の性ではありません。

性同一性障害でなければ、ややこしくはありませんが、性同一性障害場合

以下の組み合わせが発生します。(単純な組み合わせのみ)

生物学上の性 性自認 指向 はため 実際
異性(男が好き) 同性愛ゲイ 異性愛
同性(女が好き) 異性愛 同性愛ビアン
異性(女が好き) 同性愛ビアン 異性愛
同性(男が好き) 異性愛 同性愛ゲイ


嗜好

外見に顕著に表れるのは、異性装か否か、ですね。二分類。


男装女装異性装クロスドレッサードラァグトランスヴェスタイト)が関係する言葉です。

性自認・性指向とは関係ありません。

現在の性に対して、異性装か否か、となっています

元増田でも触れられているように、生物学上の性が男・性自認が女の人に「女装」というのは危険でしょう。

現在の性という書き方をしたのは、性転換をしていた場合生物学上の性から変わっているからです。


性同一性障害ゲイ女装オカマ、おネェの違い

ここまでで、性同一性障害ゲイ女装までは、分類できました。

最後オカマ、おネェ」ですが、、、用語定義が明確ではないのが実態です。

テレビで見られる範囲は「女装」が多いように思います

ホモフォビアとして「オカマ」という単語が発せられる場合、「ゲイ」に対してが多そうです。


ちなみに、はるな愛さんは、、、性同一性障害異性愛者で異性装ではないといえるでしょう。

なんか政治がらみで発狂してるのがいるけどそれでも俺は風俗へ行く

残念ながら仕事でだ。

風俗店で受付をしていると色んなヤツがくる。

からさまな童貞や遊び慣れている風を精一杯だそうとしている童貞普通童貞などだ。

童貞はいいぞ。

同性愛的なアレではなく、童貞風俗に大して真剣だ。

ギラギラ欲望燃える瞳と股間を見てはこいつにだけはいい嬢をあててやりたいと思う。

初体験キラキラしたものであるべきだと自分風俗童貞卒業した人間のひとりとして一心に思っている。

態度の悪い客にはどうでも良い嬢で良いかと思ってしまう。

たか風俗店員とき」と見下す気持ちもまあ、わからないでもない。

しかしお前たちの運命は俺が握っている、それをゆめゆめ忘れてはならない。

へりくだれと言ってるんじゃなくて、普通の態度で普通に接してくれればそれでいいのだ。

最近心が摩耗してきた店員愚痴でした。


あと、店員の態度が悪い風俗は大体あまりよろしくないのでイラっとしたらそこで

「もういいわ別の店いくから

というワードは是非使うべきだと思う

別に金を払うまえならいくらだって断っていいんだから

「無理に勧められてしょうが無く入ったら地雷が来た」

みたいなのをたまに見かけるがそれに関しては客が悪いと言いたい部分がある

嫌なら断っていいんだ

良い風俗店とは、1つ目はお客様の信頼を受けること。

まりお客様が「安心して遊べるお店」。

http://kasegi-tai.blog.jp/archives/7615589.html

信用が成り立たなければその風俗を利用するべきじゃあない


それはそうとあの発狂してるのに増田という名称は使いたくなかったのでそのへんでお客様扱い的なアレをアレしないでくれると助かる。

性同一性障害ゲイ女装オカマ、おネェの違いを書こうと思う

タイトル属性の違いは一般の人にとってすごくわかりにくいと思う。

自分ではそのつもりはなくても、その言葉を使うことで「傷ついた」という人も出てきて、煩わしく感じている人もいるかもしれない。

自身は知見があるので、それらの言葉の違いと、どうすればよいか簡単に記していきたい。

おネェとオカマ

生物学的な性が男 and (女性的な格好をしている or 男性が好き)

 

この場合オカマやおネェという言葉が使われる。

オカマは上の意味に加えて侮辱するニュアンスも含まれる。

自分自虐的意味で使うのは良いが、他人にへ使うのは好ましくない。

(もちろん、仲間内冗談で使うことはあるが)

そのため、メディアで使われることへの反対の意見が強まった。

メディアオカマという言葉を控える代わりに別の呼び名を作った。

それがおネェである

ただし、これに侮辱ニュアンスを感じる人もいるため、今後オカマと同じ運命をたどるかもしれない。

また、おネェと自称する当事者はあまりおらず、メディア上の(特にバラエティ番組での)特殊言葉である

ゲイ

生物学的な性が男 and 男性のみが好き and 性同一性障害ではない

 

この時、ゲイという言葉を使う。

自分観測してきた範囲だと、ゲイ女装して過ごしている人は少数派だ。

もちろん、男性に好かれるために女性になろうとする人もいるが。

以前、ある増田が書いていた記事の傾向がよく当てはまる。

http://anond.hatelabo.jp/20160118180656

テレビのようなステレオタイプゲイはお店に行けば会うことができるが、普段からあのノリの人は少数派だ。

マサイ族が普段都会暮らしで、客が来たら民族衣装を着て狩りをするのに似てる。

性同一性障害

自身の生まれ持った性に嫌悪感を感じ、反対の性になることを望む人

 

実は、格好や性対象はあまり関係なく、自身の性に対し強烈な嫌悪感を抱いているかどうかで判断される。

女性から男性になる、男性から女性になる人の両方を指す。

ここではタイトル趣旨から男性から女性になる人について書く。

 

対象は、自分女性だと思っているので、男性になる傾向がある。

自身女性らしくすることを強く望み、普段から女性の格好をしようとする、またはできるようにする。

女性ホルモンを使うことで見た目を女性的に近づけることができるが、1年以上かかり、

その期間中は男としても女としても違和感のある存在になりがち。

自己実現できていない人や性別移行中の人は、男性であることが受け入れられない自己否定と周囲から視線偏見によって病んでいる人が多い。

素材や性別移行開始年齢によって見た目に大きく差が出る。

それらに恵まれなければ、女装した男にしか見えない容姿になってしまう。

社会生活でそれが不利に働くことを認識している人の中には、敢えて男性の姿で生活している人もいる。

女装

生物学的な性が男 and 女性的な格好をしている

 

条件が非常に単純なため、他の属性と被りやすい。

性同一性障害ともオカマともおネェともかぶる可能性がある。

ただし、性同一性障害の人にとってこれは侮辱言葉なので使うことは禁忌だ。

上記の属性以外にも、少数だが、ナルシズムやマゾヒズム破滅願望などの性癖を満足する手段として女装をする人がいる。

また、厨二病の延長で、何もない自分に何らかの特殊性を獲得するために女装する人もいる。

それらがいきすぎて女性ホルモンを使ったり性転換までしてしまう人も見られる。

しかし、彼らは社会的承認を得るために性同一性障害と主張するので、結果的性同一性障害の人と見分けがつきにくくなる。

その動機故に、性対象女性、または両性である割合が高い傾向がある。

特殊であることが彼らをかりたてているので、承認欲求を満たすべくSNSをやっている人が多い。

逆に、性同一性障害の人は自身過去を隠し、元男性であることを明かしたくないのでSNSでそれを主張する人は少数派である

(ちなみにこれらは女性から男性に変わるタイプにも見られる)

で、なんて呼べばいいんだろう

個人によって何がOKで何がNGかはバラバラなので、悪気なく上記の言葉を使っても当人を傷つけてしまうことがある。

それが面倒くさく感じてしまうと思うが、対応策としては当たり障りのない呼び方をするのが最も簡単であろう。

当事者を呼ぶ場合最大公約数的な対応を考えるなら、オカマやおネェ、女装という言葉は使わず女性と言えば丸く収まる。

もし、厳密に男性として扱わなくてはいけない場合は、「生物学的に」男性一言つけることでだいぶ印象が変わる。

あの人は生物学的に男性から。のような呼び方をすれば、当人を傷つけるケースは減るだろう。


追記:

http://anond.hatelabo.jp/20160713184113

の人が、本記事に対して不完全性を補完しようとしてくれた。

大変ありがたいのだが、本記事趣旨を明確にしていなかった私のミスだ。

興味のない人にとって新しい概念理解するのはすごく重労働だ。場合によっては知らない言葉が出てきた瞬間聞くのをやめる人までいる。

簡単概念であっても「性思考」、「性自認」と言った言葉普通の人には馴染みがないし、なんとなくつかんでも実感がわかない。

windowsユーザーに「ターミナルvimというものがあってだね」と言おうものなら、その時点で情報シャットアウトしてしまう人は多いのと同じだ。

そこで、今回はそれぞれ言葉としてはそこそこ有名だけど、どう違うの?という人に向けて書いたのだ。

(故に網羅的ではなく、トランスヴェスタイトなり、FTMなり、そこまで知名度の無い言葉類似性が乏しいものについては書いていない)

当事者にとっては性思考性自認思考区別は明確だが、知らない人にとってはごっちゃになっている。

また、当事者意図せず傷ついてしまい、それ故に当事者と関わるのが面倒くさいという人もいる。

ここではなるべく新しい概念を持ち出さずに、既に知られているがややこしい言葉の違いを一般的言葉で違いを伝え、当事者を傷つけないようにするための簡単手段を記した。

ということを文頭に書くべきだったが、あまり簡素に書きすぎてしまった。

申し訳ない。

2016-07-12

風俗に行った幸せ増田たち

承認欲求は十分に満たせたのかな?

童貞コンプレックスは克服できたのかな?

コミュ症は改善できたのかな?

それとも、増田イケメンだったから、嬢とハートが通じ合って、過剰サービスを受けることができたのかな?

Dキスはしたのかな?

フェラしてもらったのかな?

クンニしたのかな?

本番までできちゃった、って?

おめでとう。

風俗で心を癒すことができた、すべての増田におめでとう。

これから増田たちが向き合わざるを得ない、運命について語るよ。

クラミジア

弱い菌のため、ほぼ性行為によってのみ感染するため、言い逃れはほぼ不可能

無自覚、無症状のため保菌状態でも気づくことはできない。

無症状なので風俗嬢経由でクラミジアを食らっても、とうぶん気づくことはできず、本妻に移しただいぶあとに気づくこと多し。

抗生物質で治るが、本妻にもすでに移しているので、どちらかが治ったところですぐに再感染してしまい、持ち込んだら最後、一緒に病院に行かなければほぼ治らない。

不妊を引き起こす。

淋病

Dキスすれば喉、フェラで陰部に食らう。性行為以外で移ることはない。

こちらも無自覚、無症状のため、気づいたときには本妻感染済み。

蔓延しており、抗生物質への適用が早いため、普通に抗生物質飲んでも治らないことが多くとても引きずる。

尿路感染すると死ぬほど痛いし細菌検査でバレるから修羅場移行性も高い。

梅毒

いちど食らうと、健康診断でずっと陽性になる。陰性になることは一生ない。

御愁傷様。

HIV

なったらQoLが大幅に下がるしどうしようもない。

正直、おまえの人生がどんなに派手にぶっ壊れようと知らないが、風俗いったら3ヶ月後に必ず検査しろ蔓延させるな。

2016-07-09

単一争点だけを見て支持政党を決めることの危うさ

私が何を言ったところで選挙大勢に影響を与えることは無いのだけれど、どういう結果になっても後悔しないように今思っていることくらいは書いておこうと思う。

 

ここ数日あるいは数週間、ネットで飛び交っている選挙絡みの書き込みを見ていて、もちろんそのすべてに目を通した訳ではないけれど、大体どれも「これこれこういう理由でこの政党を支持する」とか「これこれこういう理由でこの政党は支持しない」という内容のものが多いように思う。

 あとは「投票先はどこでもいいから、とにかく選挙に行こう」系の書き込みね。逆張りで「曖昧な考えで投票に行くな」って意見とか、行くにしても「白票はアリかナシか」みたいな議論もあったけど、とにかくこの辺はまとめて、選挙に関心がない層に関するメッセージってことで一括りにさせてもらう。

 

要するに、どこに投票するか決めてる人がみんなに向けてその理由説明している(賛同者を募っている)パターンと、選挙に行く行かないについてあれこれ言ってるパターンの2つ以外には、ほとんど選挙に関する書き込みはなかったように思える。

 

で、私が選挙直前のこの時期にあえて語りたいことは何かというと、実は上記2パターンのどちらでもない。

私は「すでにどこに投票するかを決めている人」に対して、ちょっとしたメッセージを送りたいと思っているのだけれど、その内容は特定政党の支持を促すものではない。

 

私が送りたいメッセージ、それは「あなた投票しようと思っている政党候補者)、本当にそこに投票しても後悔しないか、もう一度よく考えてみたら?」という単純な内容だ。

 

なぜ私が今さらこんなことを書いているのかというと、どうも人間というのは大事選択をするときに、ついつい都合のいいように要点(争点)を絞って、全体像を見ずに決定を下してしまうことがあるように感じたからだ。

 

まり当たり前のことをくどくどと書きたくはないけれど、大事なことだから確認のためにあえて触れておく。

今回の選挙は、国政選挙だ。

この選挙で勝った政党は、与党となって国政のすべてを左右する権限を手にする可能性がある。

もちろん日本二院制で、しか参議院は半数改選だから、現与党が勝たない限り、すぐさまその政党政権を担う訳ではない。

けれど今回当選した議員は次の衆議院選挙参議院選挙を終えたあとも現職のままだから、今回の選挙当選した議員は皆、政権党の一員になる可能性があるといううことだ。

日本は間接民主主義採用していて、しか議院内閣制から政権党権力議席数次第では非常に強いものになる。

もちろん憲法というリミッターが決定的な独裁を喰い止める歯止めになってくれることを期待したいところだけれど、その憲法だって時の政権によって解釈が変わってしま不安定ものだということはすでに皆が目撃している。

 

勘違いして欲しくないのは、私は別に与党である自民党だけに独裁政治危険があると言っている訳ではないということだ。

今回と次回の参院選挙、そして次の衆院選挙に大勝した政党は、いずれもこの国の行く末を一方的に左右できる圧倒的な強権を手にすることができることを、ぜひ改めて考えて欲しい。

 

そして、その上で私が皆さんに訴えたいこと、それが「あなた投票しようと思っている政党候補者)、本当にそこに投票しても後悔しないか、もう一度よく考えてみたら?」という問いだ。

 

冒頭でも述べたように、私もこの数週間のうちに随分多くの選挙関連の記事等を読んできた。

右掛かった人の右掛かった主張や、左掛かった人の左掛かった主張など、色々な意見が飛び交っている。

しかし、それらの記事の多くが、ある政党を支持する理由に「経済対策」を挙げ、またある政党を支持しない理由に「安全保障」を挙げ……と、単一争点を以って支持すべき政党を見定めようとする傾向にあるようだった。

いや実際には、記事の筆者たちはもちろん、本来争点にすべき事柄が、決して彼らが強調している政策だけに留まらないことな承知だろう。

しかし、言及する争点の数が増えれば増えるほど記事の内容は冗長で分かりづらくなるし、説得力も低下してしまう。

何より、記事を書いている本人自身が、その記事で取り上げている分野こそ、今回の選挙における最大の争点だと信じているのだから、その部分をこそ強調して伝えたいと思う気持ちがあるのは当然のことだろう。

 

けれど私は、有権者たちが特定政党候補)の支持者によって強調された単一の争点だけを判断基準に今回の選挙に臨むことに、大きな危惧を覚える。

 

繰り返しになるが、国政選挙の結果はとても重い。

あなた投票した政党がいざ大勝利を収めたとき、彼らはあなたが最も大切だと考えていた争点については事前の思惑通りに期待する政策実施してくれるかも知れないが、それ以外のすべての政策についても有無をいわさず実行する権限を手にしている。

もしも、あなたが見落としていた政策の中に、本来あなたが決して看過できない致命的な思想の食い違いが隠されていた場合、彼らはあなた意思真逆方針を打ち出す可能性があるが、それでもあなたは後悔しないと断言できるだろうか。

あなたが今回の選挙投票しようと考えている政党は、あなたが決して譲れないと考えている事柄について、あなたと同じ立場でいるだろうか。

 

……このように書くと「すべての政策を、マニフェストを精読することなどできない」と返される方もいるだろう。

確かにその通りである

すべての政策を精査した上で投票先を決めるというのは、あくまでも理想に過ぎない。

大体において、自分運命白紙委任できるような赤の他人が、世の中にそうそ存在するわけはない。

パラパラマニフェストを流し読みしただけでも、100%信頼できる政党など存在しないということがすぐに分かるはずだ。

 

から、私はむしろ逆を勧める。

あなたが決して譲れないことは何なのか。それを徹底的に自問するのだ。ただし、ひとつに絞ろうとしてはいけない。大抵の人間は決して譲れないことをいくつも持っているはずだ。

すでに投票先を決めている人は、当然、自分が最も譲れないことが何であるか、それを自分理解していることだろう。

けれど、どうか改めて、他にも譲れないことが無いかどうか、自らに問うてみて欲しい。

きっと、第2第3の「最優先事項」が見つかるはずだ。

 

そして、その上でもう一度、自分の中で「妥協」する。

最も譲れないもの同士を比較して、その中でどれが妥協可能かを考える。

場合によっては100:0ではなく、80:80などという妥協の仕方もあるかもしれない。

 

とにかくよく考えて欲しい。

どこに、誰に投票すれば、自分絶対に譲りたくないものを、極力譲らずに済むのかを。

 

単一の争点だけにこだわって、サックリと投票先を決めてしまうのはそれほど難しいことではない。

けれど、あなたの大切なモノを少しでも多く守るために、あと一日だけ考えることを放棄しないで欲しい。

 

あなたが誰に投票たかに関わらず、得票数の多かった者の意見に従うのが民主主義ルールである

自分に嫌なことを命令できる力を誰に与えるのか。

選挙は極めてネガティブ選択であり、妥協産物である。そのことを噛み締めながら、残された貴重な時間を思慮に費やして貰いたいと願っている。

2016-07-07

誰ともセックスできなくて泣いた

http://anond.hatelabo.jp/20160707093536

 

まれからずっとだから、かれこれもう30余年していない。

何度も告白したりアプローチしたりはしたけれどごめんなさいの一言でいつも振られてしまう。

からといって風俗に行きたいだなんて思わない。僕は好きな人と愛あるセックスがしたいんだし、金で虚しい関係を築くのも嫌だ。

しかしたら告白の前にムードをつくってくれということなのだろうか。

確かに生まれからというもの女性デートらしいデートもしたことがないし、告白に適したムードにはなっていなかったかもしれない。

そう思って、少ない給料を頑張って溜めたお金で、思い切って職場片思い女性ディズニーに誘うことにした。

もちろん他の同僚も一緒だが、裏工作で途中から二人きりになれるように仕向けた。

計画通り同僚の夫婦フェードアウトして、そこから大人の語り合いだ。

奮発した園内レストランで改めて仕切りなおし、窓から見えるイルミネーションの灯るディズニーを前に、お互いの若い頃の話や趣味の話とかで盛り上がろうとした。

確かにそんなに気の利いたことは言えなかったかもしれないが、自分彼女に対してどれだけ真剣か、どれだけ魅力的に思っているか一生懸命に伝えたつもりだ。

さぁ。それでいざレストランを出てやや人気の少ない場所へと移り、照れを必死ごまかしながら彼女告白する。

酔い加減も周囲の雰囲気も条件も全て揃っているはずだ。

しかし、彼女から告げられたのは冷酷な「NO」だった。

彼女曰く、同僚として大事な人だけど端からそういう目では見れないということらしい。

ショックすぎて、半笑いになりながら「あぁそうかあ」とだけ言うのが精一杯だった。

さとられないように背中を向けたけど、目からは堪えきれず涙が落ちてしまった。

 

かいことを言うと、既婚者はもっと独身童貞の蓄積し続ける性欲に理解を示して欲しいと思うし、そちらばかりが上から目線で「妻が冷たい自慢」をし続けるのはフェアではないと思う。

アプローチの仕方が間違っていたかもしれないけど、自分の中ではこの上ないほどに精一杯頑張ったつもりだ。

それがダメだというなら、もう僕はどうやっても既婚者と同じステージに上ることはできないじゃないか

 

そんなことよりも何よりも、人類の中で僕の遺伝子抹殺されてしまたかのようでとにかく悲しかった。

当然立派な社会人になる努力もしているし振舞っているつもりだ。

でも、そんな「遺伝子の運び手」の部分も含めて僕なのだから、そこだけから都合よく目を背けないで欲しい。

なんだか、利己遺伝子によって自分以外の個体繁殖のために自らは性交を行わずに死んでいく働きアリの気持ちが少しだけ分かったような気がした。

人類が真っ当に繁栄できるように、僕の遺伝子は生まれた時点ですでに途絶えることが運命づけられていたのだから

 

なにより、生涯一度も女性を抱くことがないのかと思うとそれがすごく悲しい。

人間社会の中にいながらに一生童貞生活が続くのだ。

 

追記

ディズニーのくだりはフィクションだけど、あとは真実だし本心だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160707113306

思うにバッドエンド好きって嗜虐心がある鬼か

自分がこれだけ酷い目にあってるんだからお前らも同じ目に合えってタイプ

 

俺は自分が辛い目にあっても凍える吹雪の中にいても

心のどこかに暖かいエピソードがあればそれを糧にして耐えしのげる。

「俺は幸せになれなかったかもしれない、でも俺のような目に合うやつは俺だけでいい…」みたいな感覚アギトは俺だけでいいみたいな感覚

運命人間が負けるという構図が大嫌い。

人間選択コケにするような話が大嫌い。

選択の末に不幸になった自分がいるならどこかの世界幸福になってる自分も当然いるわけだから

今の自分は不幸な選択をしてきた形、自分意志自分だけの選択で積み重ねた完成が今の自分

それを受け入れるためにもifのハッピーエンド存在する、存在するべきなんだ。

から俺は幸せ自分を、幸せな家庭で暖炉暖かいスープ家族と共に食べる俺を、

吹雪の中で息も絶え絶えで死にかけている俺はその目でのぞき込むことで俺は俺の選択をしてここにいるんだと、

俺は自分意志でここまで歩いてきたんだと安心することができる。

自分で歩いてきた道に、例え不幸であっても勇気をもってここまで来たんだと。

今の自分を不幸な自分さえも肯定してくれる、それがハッピーエンドの真のいいところなんだ。

 

俺はハッピーエンドが、大好きなんだ。

ハッピーエンドが大好きなんだけど

なんで最近漫画って何でもかんでも悲劇にしようとしたがるの?

普通に主人公が頑張って運命を変えてハッピーエンドしました、

主人公素晴らしい、仲間って素晴らしい、人間って素晴らしい

これでいいじゃん?

キャラを殺さないと読者が感動しないとでも思ってんの?

救済も別離と同じように感動する要素のひとつなんだよ

 

頼むからもっとハッピーエンド重要性に世の作家、作者は気づいてくれ

2016-07-04

性的魅力があるうちにたくさんSEXをしなかった後悔

今年で32になる。

運動とおしゃれが趣味なので、同年代に比べたらわりかしマトモな見た目をしている。正直言って、モテる

前の彼女と別れて今の彼女出会うまでの25〜26歳までの1年間、仲良くなった女性ほぼ全員とSEXしていた。サシ飲みのあとに家に誘って、断られたことがなかった。ちょうど転職する時期で、「最後に1回飲みましょうよ」と言って、何人も抱いた。

そんな生活をしていたが、今の彼女出会って運命的なものを感じ、すぐに同棲を始めた。

付き合い始めたあと、彼女以外の女性を抱きたいと感じることがあったが、それができるのは年1、2回ほどだった。バレるのが怖いし、一人暮らしじゃないと密室に二人きりになる状況が作りにくい。彼女もいて一人暮らしじゃないとなると、相手の家に行くことも、ラブホに連れていくことも難易度が高く、上手くいかなかった。

食事をした女性と何もしないで分かれて、電車に乗りながら「一人暮らしだったら、今ごろSEXしているのになぁ〜」と何度も思った。

そうして、上手くいかないうちに、彼女が今年で35になり、いい加減結婚したいと言い出した。断る理由がないので、「結婚する」と言った。

離婚経験者のたいへんそうな話を何人も聞いているので、離婚はしたくない。だから浮気はしないと決めた。

だけど、今でも思うことがある。あのとき彼女との同棲を始めなかったら、もっといろんな女性SEXが楽しめたのになぁ、と。30まではそういう生活をしてもよかったんじゃないか?って。

最後ちょっとだけ楽しもう、とスマホマッチングアプリを使ってみた。1週間で3人ぐらいとやり取りができ、うち1人と会うことになった。年齢は36歳。仕事帰りに、彼女の家の最寄り駅で飲むことになり、終電がなくなるまでファミレスワインを2人でがぶ飲みしていた。彼女は既婚者で、家には夫がいるから入れられない、と言われ、2人でネットカフェに入った。ドアに窓がついていて、電気も消せない状況にもかかわらず、キスをしたら彼女は拒まず、服に手をかけたらすぐに全裸になった。でも、飲んでいたので上手く勃起できず、彼女に口でしてもらった。そうして、彼女の口の中に出した。2回。「このまま出していい?」と聞いたとき彼女が咥えながら親指を立てたのが印象的だった。

満足して寝転がっていると、彼女は「明日、5時起きだから」と先にネットカフェを出て行った。僕はそのまま寝て、ネットカフェから直接会社に行った。シャワーを浴びていないので、わかる人には匂いでわかったかもしれない。

それが先週の出来事彼女以外に女性とする、最後かもしれない。

2016-07-01

モバマスの現状が嫌い(手直し)

http://anond.hatelabo.jp/20160701172732

読みにくかったか勝手に整形させてもらったよ。



アニメが終了して半年以上になり、モバマス自分にとってとてもくだらないコンテンツに成り下がった。

なので個人的に嫌いな部分をあげたいと思う。

意識の高いプロデューサーの方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも想像してくれればよろしいかと。



アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも言える声優が当てられているアイドルが半分にも満たないのである

さらに言えばその声付き全員がそれらに恵まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体でありその中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界



ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として正しいあり方なのだから

アイドル声優を付けたり、出てくるカードが全アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむをえない欠陥といってもいいだろう。



運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツであるが人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである



本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NGメンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・そして城ヶ崎美嘉だった。

NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である



NG総踏みでの月末ガチャ

20位~30位、少なくとも50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。

圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ  第1回圏外  →  第2回37位
フレデリカ  第1、2回圏外  →  第3回40位
及川雫    第2回圏外(中間49位)  →  第3回19位(第1回23位)
島村卯月   第1、2回29位  →  第3回4位
本田未央   第1、2回圏外  →  第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが伸び幅があまりにも桁外れ。

NG揃っての月末だから未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である



なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者になるようになり、アニメや外部展開によって本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは理解に苦しむところである

しかも声付けただけでその他展開がない&遅いでは声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャという運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。



アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題物語として十分考えられる、内面を描いたストリーの起伏として楽しめていた。



ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの崩壊

さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが敵にしか見えないという状態に。

ポエム合戦とも言われる掛け合いもあり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われるありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいくのには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く続く。

暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれはアイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせいなのだからアイドルアニメ物語として入り込む事ができないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・



武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優という話題性マッチしてでた人気だったと思う。結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては下記項目と合わせて執筆したい。



百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも言えるだろう。

その他にも出たカップリングTwitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素がプロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。

このような積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」コンテンツになろうとしているのである

それはもうプロデューサーではなく百合豚のためのものである



さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」というプロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。

彼らが守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざるをえない・・・

それが大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。



最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄になっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー」ではなくなるのだから

モバマスの現状が嫌い

アニメが終了して半年以上になり、モバマス

自分にとってとてもくだらないコンテンツ

成り下がった。なので個人的に嫌いな部分を

あげたいと思う。意識の高いプロデューサー

方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも

想像してくれればよろしいかと。

アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に

関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも

言える声優が当てられているアイドルが半分にも

満たないのであるさらに言えばその声付き全員がそれらに

まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体であり

その中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて

強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界

ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として

正しいあり方なのだから。全アイドル声優を付けたり、出てくるカード

アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか

返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむおえない

欠陥といってもいいだろう。

運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツである

人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである

本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NG

メンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の

人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・

そして城ヶ崎美嘉だった。NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である

NG総踏みでの月末ガチャ20位~30位、少なくとも

50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ 第1回圏外 → 第2回37位

フレデリカ 第1、2回圏外 → 第3回40位

及川雫   第2回圏外(中間49位) → 第3回19位(第1回23位)

島村卯月  第1、2回29位 → 第3回4位

本田未央  第1、2回圏外 → 第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが

伸び幅があまりにも桁外れ。NG揃っての月末

から未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に

多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である

なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者

になるようになり、アニメや外部展開によって

本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも

関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは

理解に苦しむところであるしかも声付けただけでその他展開がない&遅い

では声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャ

という運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。

アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が

増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題

物語として十分考えられる、内面を描いたストリー

起伏として楽しめていた。

ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの

崩壊さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが

敵にしか見えないという状態に。ポエム合戦とも言われる掛け合いも

あり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われる

ありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいく

のには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く

続く。暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれは

アイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせい

なのだからアイドルアニメ物語として入り込む事が

できないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・

武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい

不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優

という話題性マッチしてでた人気だったと思う。

結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の

百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては

下記項目と合わせて執筆したい。

百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士

の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも

言えるだろう。その他にも出たカップリング

Twitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに

蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素が

プロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。このような

積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」

コンテンツになろうとしているのである。それはもうプロデューサーではなく

百合豚のためのものである

さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」という

プロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。彼らが

守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には

「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント

美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざる終えない・・・それが

大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。

最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄に

なっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている

「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー

ではなくなるのだから

2016-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20160630091003

遺伝子の乗り物としての役目も果たせないゴミ文字通りゴミだと思ってる俺としては、別に地獄でも何でもないけどな。

多様性多様性とうるさいが、時代の波に乗った結果が人工的に淘汰される運命じゃな。

子を成して育てるという人間どころか動物どころか生命体として至極当たり前のことを拒絶して何になるか。

しろ子供を作らないという選択」なんて言ってるバカこそ、何かの思惑にうまくノセられてるような気もするが。

2016-06-25

満員電車にて

JR大阪駅地方都市行き。荷馬車に揺られてゴトゴト帰路へ着く中、不可抗力で見えた隣のおっちゃんのスマホはてなブックマーク。これは運命

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624011738

植物なら枯れ葉は間引くが、人間界ではできないわけでして。根っこから枯れる運命

2016-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20160621175426

ポイ捨てするのは想像力がないからだ、と中2くらいのときに思った

 

子供の頃は俺もゴミを見えない隙間に落として知らんぷりしていたが

その後そのゴミがどういう運命を辿るのかずっと考えたら捨てられなくなった

どこかの道を汚し、やがて誰かが片付けるのか、川の底に溜まり汚すのか

 

想像が及ばない範囲については未だにズボラ適当

2016-06-19

あなたのことを運命的に思ったのは、ダメな部分が自分そして自分父親に似ていたから。

あなたの行くところならどこにでも行けると思ったし、一緒にいれたら一生寂しくないと思った。そう思ったはじめての人だった。

けどあなたからは返事がなく、今の私には一緒にいてくれそうな人ができつつある。

運命なんて感じてもそんなもんなんだよね、きっと。