「失望」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失望とは

2016-12-07

勝手に期待して勝手失望」っておかしくね?

そもそも期待って勝手にするもんだろ。

2016-11-28

生きる上で必要欲求すらあってはならないと扱われる社会

あいつは真面目だから睡眠時間削って必死で働いてると思ってたのに、普通に時間も寝てやがって失望した」

みたいなことをガチで言ってる人がいる社会、ほんと終わってるなと思った。



そいつ理想睡眠時間が何時間なのか知らんが、平均的に必要とされる睡眠時間を確保したいて欲求すら、

持ってはいけない、まじめな人なら持たないはずだって扱われるとか異常としか言いようがない。

2016-11-19

ジョジョ4部に失望した

絶賛アニメ放映中のジョジョ4部なんだけど

4部で一番素晴らしいと言えるシーンが台無しだった

美那子彼氏が爆破されるシーンはもっとスタイリッシュなんだよ

胸に手をあててすれ違いながら爆破して

その後にさりげなくネクタイを直す動作がないとダメなんだよ

あのシーンで吉良に惚れた人間がかなりいる(俺調べ)のに

ネクタイ直ししないとかどうなってんだよ

失望したわ 来週も見るけど

2016-11-14

高卒就職したことについて

私は高卒就職した

とても後悔している

大学に行かなかったのは頭が悪かったわけでもお金がなかったわけでもない。ただ、勉強をするのが嫌だったからだ。目の前の受験から逃げたかった。

今の職場では給料はそこらの大卒初任給ほど貰っているし、休みボーナスもちゃんとある福利厚生も充実しているし文句を言ったらバチが当たりそうである

しかし、周りの同期の大卒と同じ仕事をしているのに給料大卒のほうが4万程高いのが嫌だ。同期で大学に行ったヤツらが楽しそうに遊んでいるのが嫌だ。上司にほんと使えないと怒られるのが嫌だ。ミスをして失望されるのが嫌だ。

私は社会人になるということを甘く考えすぎていた。もし過去に戻れるなら過去自分に言いたい。目の前のことから逃げているだけではダメだと。

今もこの現実から逃げたい。

単なる、ネット上の喧嘩です

 はてなの、スターブロガー様に絡まれ!!!

 ま、特に面白い話ではないのですけど。


 はてなブログ複数展開していらっしゃる、人気アフィリエイトブロガー様に、

 何と不肖私、取り上げていただきました! 

 どうもありがとうございます


 件のブログ記事は、こちらになります

 「嫌いなブログなのに読まずにはいられない理由」 - マリア様はお見通し

http://cantfoolme.hatenablog.com/entry/hater

 もう、これほどのスターブロガー様に取り上げて頂いて、本当に光栄です!

 

 

 きっかけは、私が某掲示板に書き込んだこちらの文章です♪

  http://girlschannel.net/comment/942100/192/


 スターブロガー様の、とてつもない人気に嫉妬して、つい書き込んじゃいました、すみません


 けれども、私を取り上げて頂いたこちらの記事について、何分自分にまつわるものなので、二三

 説明させていただきたいことがございます


 まず、一つは、スター様、ご自分のことを書かれた内容について反駁するおつもりならば、

 私が書き込んだ内容の全文が他の方にも伝わるよう、ズバッとリンクを貼るなりされればよかったでしょうに。


 なぜ、ほぼ枕詞しかないような取るに足らない一言にそこまでの反応を示されるのか甚だ疑問を抱かずにはいられません。

 スター様がご指摘の通り、私は、あなたについて"前々から知ってる”とは書きましたが”(あなたについて)全てを知っている”とは

 一言も書いてません。

 過剰に反応しすぎだし、論点がずれています。何か、大人気(おとなげ)ないです。

 思っていたイメージとはまるで違っていました。失望しました。残念です。

 スター様の私に関する記事は、ひたすら「自分の書く文章が嫌いであるならば、読まなければ良いのに」という論理のみを中心に

 展開されておりますが。

 ご自分の書かれた記事に対して、ほんの通りすがり程度の批判しかない文章にあれだけお怒りになるのならば、

 

      「ご自分が思った通りに反応する方々相手しか公開しなければ良い」

 との論理も充分成り立つように思います

 何であれ、あなたアフィリエイトで稼いでるなら尚更、「自分文章ケチつけんな」みたいなこと言えた立場じゃないでしょ!?

 

 しかも。

 スター様の今回の記事、私に対して相当お怒りなのは分かるのだけども。

 そこはかとなく、

    

   「私について、こんな書き込みをするだなんて、あなた本当は私に対して憧れの感情

     強すぎて、やっかんで書いたんでしょ!?

 みたいな。

 ”ホントは私のこと好きなんでしょー?もー、こじらせちゃって!”みたいな。

 何かトンデモない前提が横たわってる気がすんですけど・・・

 自分のことを叩くのは、自分自身に興味があるから、と思い込むのは・・・・・


   _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_

   >真性ジブスキーかまってちゃんから

    ̄YYYYYYYYYYYYYYYYYYY ̄

 

 でしょ!?自分自身が。

 あ、"真性ジブスキー”っていうのは、こちらのスター様ご自身による造語です。

 お時間あったら参照してみてください。


 私もね、今回スター様のブログ読み直して知った言葉なのですけど、自分で使ってみて寒気がしちゃったお!

 とにかくね、この人、センスがないのです。センスがない、っつのはさ、要は客観性がまるでないからですよね。

 この方のことを、”前々から知ってる”と書きはしましたが、それは他の方のブログリンクやらコメント欄を辿って

 訪れたことがあって、という程度の意味合いです。私にとっては。

 まぁ、”知っている人”という書き方をしてしまいましたが。

 これまでに、何度か「あれ、この文章の感じ、前に読んだことある・・・かな?」という経験をした、というぐらいの感覚で書いたことです。

 いわば推量ですよね。

 なぜ、偶々訪れたブログをこの人のもの、と思ったか、と言えば、ただただ文章と内容の稚拙さが故、というところです。

 ご自分のことをとかく尊大に書き表している割には、どうでもいいようなつまらないことでいちいち他人を叩いてばっかの人がいるなぁ、と。

 記事の数が多い割には、内容が似たり寄ったりだし。掲示板に書いた通り、他人を叩くにしても、文章から受ける彼女への印象とそう変わらないような

 事柄について、何度も何度も同じようなことを同じように書いていて。同族嫌悪でしょ、ただの。

 やっぱり、よっぽど自分のこと好きなんだよこの人。

 大した論拠を挙げられるわけでもなく上から目線だし。すぐ他人を見下して。

 他人のことばっかネタにするのも、実際には"自分がなくて空っぽ”だから

 

 コメント欄にもなぜかこの人に「禿同!」みたいな意見ばっかなの。寒気がした。

 まぁ、ここまで自分自分を知らずにいる人に、真実はなかなか伝えられないもんよね。

 私が友達でも、「あなた才能もセンスもないよ」とは言えないなぁ。てか、言わずに、ドンドン目立つところに出させておいて、後になって堕ちていくのを楽しんで見守る、かな。

http://anond.hatelabo.jp/20161114084248

電車通学する学生立場で考えると、駅前に家があって、学校駅前にあるパターンなんて少ないから、

必ず

電車+徒歩 、電車+駅までバス+徒歩、電車+駅まで自転車+徒歩 の組合せになると思うよ。

そして、学校帰りには大きな店のある街まで寄り道することだって少なくないから、

ほとんどの通学手段を使うことになる。





のんのんびより みたいなど田舎電車通学シーンがでたら失望しても良いけど、

普通アニメドラマで都会が舞台になってるなら気にするな。

通勤(学)方法が定まっていないアニメドラマ

アニメドラママンガなどで、通勤や通学の方法が回によって違うのが気になって仕方がない。


場面によって、電車に乗っていたり、バスに乗っていたり、自転車こいでいたり、歩いていたり。

グループが帰り道で別れるときの組み合わせが、回によって違っていたり。




普段自転車だけど、雨だからバス普段バスだけど、運動不足解消のために歩く。

こういったストーリーならば気にならないんだが、何の説明もなく、バスの中の話が必要からとか、誰かと誰かの会話シーンが必要からとか、そんな意図が見えると失望してしまう。



なお、『サザエさん』には元々それほど整合性を期待していない。

2016-11-13

昨日の摂取カロリー

午前

ビスケット1箱 630kcal

午後3時頃

もやしベーコンレンチン 200kcal

午後7時頃

はなまるうどん かけ小(273)+ゲソ天(204)、イカ天(122) 600kcal

日本酒 200ml 200kcal

1600kcal前後

まあ許容範囲とする。

外出中でお腹が減り、何を食べようか悩み抜いた末にいつものはなまるうどんに。

カロリー心配ではあったが、しばらく行ってなかったのと、生姜たっぷりでゲソうどんを食べたいという欲求をとった。

1食600kcalなので1食のカロリーとしてはまあ普通か。

晩酌目当てにカロリー制限するつもりだったけど、うどん食べちゃったしどうだろう、とか思いつつ飲む。

休日なのでそこそこ飲んでもいい・飲みたい欲求を優先、というつもりでいたのだが、あまり飲まずに眠くなってしまった。

カロリー的には好都合だった。

某所で体重測定。前回同じ場所ではかった記録と同じ。その後別の場所ではかってぬか喜びだったと思った記憶

若干の失望

少し痩せた感覚はあるのだが、数字には出ないものなのか、痩せたと感じるのも贔屓目なのか

それともこの辺は痩せにくいゾーンなのか、とあれこれ考えつつも

とりあえず、今まで通りがんばってみようと思う。

2016-11-12

http://anond.hatelabo.jp/20161112120043

うーん、しかしそれは、毎日事故か何かで死んでいればいいのに」とか「別れたい」と思いながら実行できない自分に対する失望に起因しているんじゃないかという気も。

自分が覚えている限り、他人に勝とうと思って行動した記憶がないので、敗北の感情についての心当たりがない。

大学を辞めた。死ねない呪いと向き合う毎日

(アルコールの入った頭で書く適当文章だということをご承知ください。でも僕の現実しか書いてないです。)

僕は都内の某私立大学(偏差値.bizだと偏差値は65らしい)を中退せざるを得なくなった。

留年、休学を含めて4年間は在籍してた。

理由は2つ

やりたいことがなかった。

人間関係が下手くそ過ぎて耐えられなかった。主な理由はこっち。

勉強は嫌いではない。今でも数学なんかの教科書を解いたりするけど、わからないものがわかるようになるのは楽しいと思う。

なのに中退するはめになったのは正直つらいと思うところもある。

自分としては本命の国公立ではなかった。本命東工大数学1問分で落ちた。

でも周りの人間は滑り止めの私大でも受かったのは立派なんだから進学しろと勧めてきた。本当はここで断るべきだったのだ。

結局実家田舎の裕福ではない家庭なので、奨学金を借りて進学することになった。

まぁ普通に卒業できるし就職もできるだろうし奨学金を借りてもいいだろう。そんな見込みは4年間でぶち壊されてしまったのだが。

僕の4年間は自身への失望、と社会不適合っぷりに直面するばかりだった。

人間関係が壊滅的に下手くそだった。高校までは偶然仲良くなれた、しかも向こうから興味を持ってきてくれた、そんな友人のおかげで、苦労なく過ごせていたということをここで初めて自覚する。

自己コントロールが下手くそなので能力的に達成できるレポートも貯めこんでできなくなることもあった。

人間関係ほとんどないので助けを頼ることもできなかった。他人を頼るのは恥ずかしいと感じる部分も大きい。

バイトもした。ここでも自己コントロール問題で、当日欠勤をしたりして長続きしなかった。中途半端に根が真面目なせいで、関係を持った人を傷つけたことに関しても申し訳なくなった。

東京での家賃が払えなくなる、親切な知人に借金をするはめになった。この時にはすでに下で述べる過程を経て働く気力はすでに失せてしまっていた。

いろんな欠点自覚する。当然直そうと努力はした。でも直せなかった。普通の人にはなんてことないかもしれないのだが僕には大きな壁だった。

こういうところは少しADHDの気があるのかと思い受信したのだが、若干そういう傾向はあるものの診断は出ないという中途半端な奴だった。

[言語IQ動作IQの差が大きい(WAISの群指数では処理速度のみが100近辺で他は130近辺)ので意識に対してなかなか体がついてこないとかそういう話をされた。社会人になって仕事がうまく行かなくてメンタルを受信する人には結構こういう傾向があると医師から聞いた。]

この結果僕がどうなったかというと、仕事をしても他者迷惑をかける、それに僕は耐えられないしそんな思いをしてまで働きたくない、働かざるもの食うべからずというのなら、いっそ殺してくれ、そう思うようになるのは論理的に当然ではないだろうか。

他者迷惑をかけないための努力がずっと失敗に終わり続けた。そんな中で努力をする気力すらもなくなった。怠惰だと言われればそれまでかもしれない。頑張ったんだから評価してくれというのも甘えだろう。

それでも死ねない、それは親が死ぬなというからだ。「お前がそうなってしまったのは悲しいけれど、死なれるのはもっと悲しい」と言われたら僕の性格死ねないのである

ある意味呪いのようなその言葉死ねない呪いをかけられた僕は現在いわゆる引きこもりニートである

メンタル医師毎日少しでも外出できると良いって言われたけれどそれすらもできないこともある。自分に負けて自分を責める、それを理解していてもなお動けない。なぜなのだろう、どうしてこうなってしまったのだろう。

そんなことを日々考えながら生活している。考え過ぎだよ、と言われることもあるくらいだ。知っているが、それでも考えてしまうのだからたちが悪い。

いろんなことを考えていると世の中への恨み、憎しみのようなものも募っていくことがある。

大学時代、ろくに勉強もしてないけど推薦で入ってきたような奴がレポートテストコピーを手に入れて効率よく、卑怯にやり過ごしていった、そんな人間今立派に就職していたり、

弟が明らかにブラック企業就職され、すり減っている様子に何もできなかったり、

僕の進学を勧めておきながら、僕がこんな状態なのに気にする素振りも見せない親類だったり。

最近だったら電通ニュースなんかでもめっちゃ心痛めました。(結構共感性は高い方だと思いますアニメとかでも主人公が恥をかくシーンめっちゃきついし)

幸せになれると社会に思い込まされて、奨学金借りて進学したのに社会不適合者の自分はやっていけなくなって辞めるはめになって、返せる気のしない奨学金けが残った、社会に騙されたこの怒りは、一体どこへぶつければよいのだろうか。

どうして僕がこんな思いをしなきゃいけないんだ。ふざけるんじゃねえ。こんな世の中は狂ってる。なんて、ちょっと踏み誤れば反社会的集団に入ってしまいそうなくらいにメンタルボコボコにされてます

確かに僕にも悪いところはあるんだけど、僕だけが悪いのかな、なんて感じちゃうんですよね。

助けてくれなんて言いません、自分客観視して助ける価値のある人間だとも思いませんし。でも、世の中にはこういう人間結構いるんだぞってことを、知ってもらえれば嬉しいですかね。

それでいてこういう人間でも救ってやりたいと思ってくれる大富豪がいたら最高ですかね。笑

引きこもりニートだって辛いんです。でも僕らにとっては普通の人のように生きるのもめちゃくちゃ辛いことなんですよ。

あーあ、天災事故でサクっと死なせてくれないかなぁ。

脈絡のない適当文章なっちゃった感じがしますけど、まぁ吐き出したい思いはだいぶ吐き出せたかな。

このあたりで筆を置きたいと思います。(PCでの文章で筆を置くって少しシュールですね)

こんな適当文章最後まで読んでくれた方に感謝を。そして、あなたが少しでも幸せであることをお祈りいたします。

以上。

2016-11-11

http://anond.hatelabo.jp/20161111194624

何が言いたいのか全く分からんが、かろうじて分かるのは誤訳しても多めに見ろってこと?

突っ込みが入ってるのは訳の精度よりもそれを受け手側が感じる印象に余計なもの作為的ものが含まれいるか問題視されてるんだろ

日本人同士の日本語でも言い方ひとつ変えたら意味が変わってくるなんて日常茶飯事だろ

意訳することに常に危険性を伴うのは直訳した場合よりもニュアンスの変化が意訳側の手によって発生しやすいからだ

ナントカ言うよく叩かれてる翻訳者も意訳に自分感性をまぜすぎたり手抜きと思われかねないような訳し方をしてるから批判対象になってるわけで

訳すことの精度以前の問題

「奴の口に靴を突っ込んでケツにビール瓶をぶちこんでやれ!」→意訳:やってやれ! とかされたら普通にキレるだろ

「やってやれ!」は言いたいこととしては一致してるかもしれんが、センスニュアンスも大幅に変更されてるだろ

そんなの同じ作品を見てると言えるのか?アイヘイチュー!

単語意味を間違えているとかそういう意味で叩かれるのはむしろ殆どない

大体、納期に間に合わすために自分都合の意訳して、そのユニークユーモアの無さに失望されているだけ

まだ直訳のほうが感慨深かったのにっていうのは意訳のせいで物語への没入感じが損なわれてしまたか

それなら日本語的におかしくても直訳することで想像させた方がまだ作品への貢献度は高い

思いつかなかったから直訳しましたっていうのは一件翻訳者の敗北にも取れるが、

実際置き換える言葉がなければこの選択肢は限りなく正解

直訳は文化的背景さえ理解していれば受け手側は正確に消化できるが、

意訳ではちゃんとヒアリングで全部単語を拾い切れてないとその差異に気付く間もなく次のシーンへ移ってしまいある所で整合性が付かなくなったり伏線を回収しそこねたりする

それを選択できないのは単に個人的都合の保身に走ってプライドを守りたいがため

そんなもん視聴者からしたら知ったこっちゃない

から叩かれる

 

海外の本のタイトルもびっくりするくらい原題雰囲気を損ねるクソ以下のセンスに直されるのもある意味共通してる問題

2016-11-10

トランプって絶対、すげえ頭いいよね?

頭いいというか、勘がいいというか。



だいたい、アメリカ大統領選なんて、投票率6割切ってて、しかも接戦になるし例の「選挙人総取り」の仕組みがあるから

うまいこと大票田の州をねらいつつ、ざっと、全有権者の3割弱くらいを熱狂させれば大統領になれちゃうでしょ?

ましてや、今回の敵は嫌われものでおなじみの、あの人だったし。



日本だって無作為10人あつめれば、2~3人くらいは、「在日うぜえ」とか

最近、街に中国人ふえてんの、ほんと邪魔」とか

沖縄基地出てけって叫んでんの、どうせパヨクプロ市民だろ? 沖縄地主基地地代でけっこうな金もらってんだろ?」とか

ユニクロとかが安い中国製品売りまくるから日本不景気なんだよ、ふざけんな」とか

内心で思っている人はいるでしょ?

まあ、真っ当社会人としては、あまり口にだしていえることじゃないけれど。

あと、大企業マスコミ電通公務員けがおいしい思いをしている(アメリカでいえばヒラリー象徴されるような層がそんな風に見られているんだろう)

と思っている人も合わせれば、3割は余裕で超えそう。

トランプ支持って、アメリカでいうところの、そういう感じの人たちをうまいこと結集したんだろうと思う。





たとえば、トランプが「日本アメリカ牛肉に30%超える関税をかけてる。日本車にも同じくらい関税かけてやれ」とかいうと、

したり顔のコメンテーターが「今は日本車の大半はアメリカ現地法人生産しているから、そんなことをしても意味ないし、

しろ日本車が売れなくなるとアメリカ雇用を奪う。トランプはそんなこともわからないのか?」みたいなことを言うんだけど、

本当にわかってないのかな?

トランプ自身はわかっているけど、そういうことをいうと支持が集まるからいってるだけじゃないか?という気がするんだけど。




目的はとにかく国民の3割を結集して自分投票させ、大統領になることなんだから、「それが真実かどうか」なんて関係ないんだろう。

熱狂を生み出せれば、マーケティングとしては大成功

目体が明確にあって、それに向けて行動して、結果が出てるんだからビジネスマンとしちゃあ超優秀だ。

で、大統領ってのは、当選してしまえば、まあ4年間は身分保証されるわけだし、

これから段々、現実的な方向に軌道修正するんだろう。



で、メディアや他の国々は「なってみたら、事前の不安ほどひどいことにならなかったこと」に安心し、

投票した人は「結局、偉大なアメリカを取り戻せなかったし、メキシコとの間に壁もできなかったこと」に失望するのかもしれないが、

まあ、4年たって「元大統領」の肩書きさえ手に入れられれば、トランプ的には大成功なんじゃないだろうか?

よくわからないが、アメリカでこれほど強い肩書きは、そうはないんだと思う。

ビジネス(とくに不動産業みたいなの)には存分に生かせそうだ。



いや、本当に頭がいい。さすが大富豪になるだけはある。

2016-11-09

2026年から手紙

この10年間、世界は大きく動いた。




発端はイギリスEU離脱だった。世界経済は混乱し恐慌がきた。失業者が増え人々は不安になった。




次にアメリカトランプ大統領になった。これで世界中保守主義国内優先孤立主義に走った。

特に新興国トランプを真似したかのような過激保守主義的な指導者が増えた。




次にドイツおかしくなった。ネオナチが羊を被ったような党が躍進してきた。民族主義が堂々と声をあげるようになった。その影響でフランスドイツ距離を置くようになった。


フランスドイツ関係が悪くなるにつれ、EUは徐々に解体していった。一時的と言われた人の移動制限は、恒久的なものになった。ドイツ勝手関税を取り始め他の国もそれを真似た。

今でも一応EUはあるが飾りみたいなものだ。




アジアでは中国国境絡みのニュースが増えた。

一応国連が介入したが、国連中国寄りな態度しか示さず、関係国は失望している。何度か火種があったが大きな紛争にはならなかった。


日本高齢化が進み経済が縮小した。一時期格差の拡大が騒がれたが最近は落ち着いている。

移民を一切受け入れない姿勢が各国なら批判され国際政治での発言力も弱くなった。

大きな混乱なく緩やかに経済を縮小させていく日本手法を「日本モデル」と呼ぶ人もいるが、単なる自画自賛だと思う。国際社会日本を老いたかつての大国とみなしている。




アフリカでは、中国が一部の地域に多額の投資と引き換えに内政干渉を繰り返した。中国人が大量に移住しているらしい。遂には治安維持名目で軍を駐留させた。さすがに諸国が反発したが実行力のある対策は打てなかった。近い将来、住民投票中国に編入させるんじゃないかという噂だ。現地では民族運動が盛んになって治安悪化しているらしいが、なにせ情報が出てこない。アメリカが介入をちらつかせているが中国は引く気はないらしい。キナ臭い雰囲気がここ数年続いている。




東京オリンピック?あったよ。面白かったさ。でも中国宣伝みたいだった。あんなに金をかけなくても良かっただろう。




とにかく、2026年の今現在日本平和だ。 世界でも大きな戦争は起きていない。でも、この後の10年間はそうはいかないだろうと、みんなが言っている。どうか日本だけでも平和であればと願っている。

id:bottomzlife には心底失望した。

増田勘違いな暴れ方をして罵倒して逃亡した挙句自分増田エントリブコメブコメで噛みついている。

id:bottomzlife には失望した。

もう少し頭が良い、いや、頭が悪かったとしても礼節ぐらいは弁えている奴だと思ったのに。

あなたを忘れるために必要だったたった3つのこと(改定

失望out

自信in

時間、自信、新しい恋。

2016-11-06

あなたを忘れるために必要だったたった3つのこと

時間失望、新しい恋。

[] #5「魔法少女になりたかった人」(エピローグ)

間違いなくあの日出来事が決定的だったのは分かるが、何があいつにとって不満だったのか、俺には不可解だった。

同級生タイナイにそのことを話すと、やはり冗談半分にしか聞いていなかった。

「じゃあ、あくま仮定の話として、カジマが魔法少女になることを拒否した理由を考えてみてくれないか

タイナイは十数秒ほど唸ると、おもむろに口を開いた。

「マスダの弟は、カジマは魔法少女になりたいわけではないといったんだよな」

「ああ」

「恐らく、正解だと思う」

「はあ!?




「人が心から何かになりたいとき、『なって何をしたいか』とかも考えるんだよ。なったら終わり、ではないんだから。それに『ならなければ出来ないこと』じゃないといけない。ならなくても出来ることなら、今の状態でもやろうと思えば出来ることなわけで」

確かにあいつは『魔法少女になりたい』とは言っても、『何をしたいか』は観念的なことばかりで不明瞭だった。

「あと、『なるためには何をすればいいか』ってことも考えるんだよ」

「それは……『なるためには何をすればいいか』が、そもそも分からなかったからだろう?」

「僕もそう思っていたけどさ。マスダがわざわざ方法を見つけ、お膳立てまでしてくれたのに、それを反故にしたのは妙だ。なる気がないと考えたほうが自然だ」

俺も薄々気づいていたのかもしれない。

それでも、その答えを先送りしたかったのは納得したくなかったというのもあるし、もう一つ分からないことがあったからだ。

「そうだとして、なぜあいつはそんなことを吹聴していた?」

そう、あれほどまでカジマが「魔法少女になりたい」と周りに言っていた、その理由が分からないのだ。

「僕たちも『有名人になりたい』だとか、『大金持ちになりたい』だとかを妄想したことはあるだろう?」

「まあな。この年齢にもなると、言葉にするのすら憚られるが……」

やっと気づいた。

それはあまりにもシンプルかつナンセンスな回答。

「それでもカジマは言葉にしたかった?」




カジマは『自分は、今の自分ではない何者かになりたい』と言いたかった。

俺たちが考えているよりも、もっと気軽に、まるで呟くように発露したかった。

まり、カジマにとって『魔法少女になること』は本来目的ではない。

魔法少女になりたいと言う』ことが本来目的だったのだ。

「そう。だからそれに伴った行動もしない、するつもりもない。なったところで、これといってやりたいこともない。というより本当になってしまったら『魔法少女になりたい』と言えなくなるから、むしろ困るんだよ」

あいつの魔法少女になりたい』も、本質的にはそれと同じだと? だが、なぜ数多ある中から魔法少女なんだよ」

「やるべきことが分かっている以上は行動に移さなければいけないからさ。周りにそれを期待される。その期待に応えられないと、失望される」

「周りにそう思われてまで語れるほど、あいつはバカになれなかった?」

「そう、つまりカジマは夢を語る人間だと周りに思って欲しかったが、不必要な期待も失望もされたくなかった。だから、なれる方法すら不明だった『魔法少女』を選んだってことなんだと思う」

「虚言癖ってやつだったのか、それも打算的な」

「マスダ、端的な結論本質から遠のくぜ。虚言とはちょっと違う。多少はなりたいと思っていただろうさ。でも、必然的に伴うリスクを負ってでもなりたい程ではなかった。もしかしたら、そういう事態になるまでカジマも自覚がなかったのかもしれない」




タイナイの考察がどこまで当たっているかは分からない。

だが、あいつがあの日以来『魔法少女になりたい』と言わなくなったというのは事実で、俺のやったことは余計なことだったという確信はあった。

徒労感、失望感といったものはなかったが、ただただ俺は脱力した。

カジマが『魔法少女になりたい』と吹聴しなくなって、周りはやっとそれが不可能な夢だと気づいたなんて思っているが実は違う。

カジマは「魔法少女になりたかった」というより、「魔法少女になりたいと言いたかった」のだ。

俺はそれを暴くという、野暮なことをしてしまった。

これでは魔法少女の正体を暴いた弟たちを諌める立場がないな。

今はただ、カジマが新たな“なりたい”を見つけることを願うばかりだ。

2016-11-04

希望の火

色んなことに失望し、心の底から人生絶望して、もはや何の望みも抱けないと思っていた。

自分はすべての希望を失って、人生のすべてを諦めるしかないと思っていた。



そんな生活の中にも、不思議もので、ふと何かの弾みで希望のような感覚が蘇る瞬間がある。

もっとも、それもすぐに勘違いや糠喜び、甘い見通しに過ぎないと気付いてしまい、自分の愚かさに気分が悪くなる。

それにも関わらず、再び絶望の中に小さな希望見出ししまうのだ。



こうした一連の出来事を、自分精神の未熟さの顕れだと思い込んでいた。

明らかに他人より劣った人間世界の敗者に過ぎない自分希望を抱くのは、

それがどんなに小さいものであれ、愚かな現実逃避に過ぎないのでは、と考えていたからだ。



だが、もしかするとそうではないのかもしれない。

どんな困難な状況にも希望見出ししまうのは、人間生存本能の働きなのかもしれない。

それが現実逃避幻想と言われれば、確かにその通りだ。

しかし、そうした温かな感覚を胸に抱かずして、どうして人は人生を生きていけるのだろうか。



人が希望を見出すとき、それは往々にして他者には欺瞞的に感じられるだろう。だが、だからこそ、それは重要なのだ

この本質的予測不能で理不尽まりない現実世界を生き抜くためには、そうした理不尽から自己を守る欺瞞ベールが不可欠。

それは精神の未熟さというより、むしろ精神に備わった安全装置のようなものなのだと考えるべきなのだ



消えかえる灯を見て、人は暗闇を恐れ、あるいは暗闇を受け入れようと覚悟する。

しかし、暗闇の中では身動きが取れず、気づけばまた光を欲し、そしてそれは必ず与えられる。驚くべきことだ。

その光は決して現実ありのままに映し出さず、むしろ嘘と偽りに満ちた姿を見せるが、心細くとも人は希望の火に頼らざるを得ない。

火は消そうとしても消そうとしても、必ず再び灯りだす。なぜなら、それこそが命の輝きだからだ。

父親のことをキモいと思ったことない家の父親ってどんなですか?

少なくとも、風呂あがりにママ(妻)にパンツ履かせてもらうまで何時間でも裸でごねていたり、

いい年した娘に抱きついてキスを浴びせたり(死ね

「お前の足はいつも冷たいからお父さんが温めてやるなー」と靴下を脱がせて足の指をしゃぶったり(死ね死ね!!!!!)

頭をガンガン蹴られながら「増ちゃんがおこった!お~こった!!」とはしゃいだり(取り急ぎ死んでほしい)

そんなことはしないんだろうな。

創作だと思われても別にいいけど、そう思った人たちにはキモいおっさん靴下を脱がされて足の指をしゃぶられる呪いをかけたいのもまた本音

ま、話を盛っていると思う方が普通か。

友達に話しても「お父さんは増田のことが可愛くて仕方ないんだね!」「赤ちゃんみたいに思ってるんだね!」

「ちょ、蹴るってひどいw」みたいな反応しかなかったし。(絶望しかないよ)

蹴るのは、父とのスキンシップを喜んでいると誤解されてはたまらないので抗議のためです。ぜんぜん通じないけど。

この他にもキモエピソード枚挙に暇がないのだが

なんか脂汗でてきたのでこの話はここまでにしておく。



話を変えまして、多少救いなのは父を反面教師とした弟がイケメンに育ったことだ。

弟は賢く、学習能力が高い。彼という存在のために私は全男性失望することがなかった。

私が父に絡まれていると、元ネタがあるのかは知らないが

おっさんおっさん(弟は父のことをこう呼んでいた)はい、それセークーハーラー」とバッテンを出して

角の立たないようにふざけた調子で間に入ってくれるのだ。

とてもいい奴だ。



このように、失敗データを活かすことによってイケメンが生み出される可能性を鑑みれば

キモっさんにもイケメン製造機という存在意義があるのではないだろうか?

2016-11-03

指向後天的に変わることってありうる?

このところ自分セクシャリティについてすこし悩んでいる。精神疾患ならカウンセリング専門医相談するのが一番なんだろうけど、この手の悩みはどこに相談すればいいのかわからないので、とりあえず増田にぶちまけてみることにした。

私は25歳男、サラリーマン2年目。生まれてこの方ずっとヘテロセクシャルのはずだった。

初めて恋愛をしたのは小学校5年生の時で、相手は同じクラス女子小学生だったか恋愛と言っても手をつないでキスした程度だけど。中学から男子校中高一貫校に入って日常的に女子と接することはなくなったけど、だからといってゲイに豹変したわけじゃなくて、初めてのオナニー夏川純だった。高校に上がってすぐ友達の紹介で彼女ができて、セックスして、半年くらいで別れた。そのあともう一人付き合って割とすぐフラれた。…だから、少なくとも思春期までの十何年間かは間違いなく私は異性愛者だったのだ。

潮目が変わったのは上京して大学に入ってから女子気持ち多めの学部女子結構多めのサークル女子ばっかりアルバイトに入った童顔で背の低い私は、女子から可愛がられ、いじられ、いつのまにか「よい相談相手」という、女子精神的肉便器になってしまっていた。彼氏愚痴友達悪口浮気相談露骨キープ狙いの誘い…。男子出身免疫力ミニマムな私は、女子コミュニティの「毒」にやられてしまった。大学2年生の秋に自分の知らない三角関係に巻き込まれて軽いいじめにあったことがとどめとなり、私は鬱病発症し休学する羽目になった。この一年半の経験を通して、私の女に対する認識はがらりと変わった。どれだけ着飾ったところで、あんものは肉とクソが詰まった革袋でしかない、と。私は女に勝手失望して、勝手に見切りをつけた。それ以来、夏川純だろうが、蒼井そらだろうが、さとう遥希だろうが、女で欲情することがなくなってしまった。鬱病のせいで性的不能になってしまった…とこの時は思っていた。

友達家族の助けを借りてなんとか5年かけて大学卒業した私は、適当会社渡りをつけて今日まで働いているのだが、この前ちょっとした事件が起こった。

射精したのである。5年ぶりに。男をオカズに。ある男性俳優が出ているドラマで、彼の寝顔で勃起したのだ。「自分は男の無防備な姿を見て欲情している」。さすがに動揺したが、せっかくだったのでその俳優のいい感じの濡れ場のあるDVDを借りて見たところ、無事に興奮し、無事に射精してしまった。それが1週間前のこと。そのあと夏川純的、蒼井そら的なものを試してみたけれど、こちらはダメだった。ゲイビデオはまあまあ成功した。ただ、よくわからないのだが職場男性欲情するとか、そういうのはない。

いま私が悩んでいるのは次の2つ。

1つは、自分ゲイになったのか、ということ。先述の通り、今の私は男でしか欲情できない(とはいサンプルが少なかったのでまだよくわからない。星野源の色香が半端ないだけかもしれない)。しかしその一方で、リアルで接する男性に劣情を抱いたり、心ときめくことはないのだ。別に自分ゲイでもいいのだが、あまりの変化に困惑している。というか、ゲイとして生身の男性相手恋愛できるのかわからない。やってみて、実は違うとなったらなんか怖い。誰かにゲイ or not の判定をしてもらいたいのが正直なところ。

もう1つは、これは「病状」なのか、ということ。もちろん、「同性愛病気だ」というホモフォビアからそう言うわけじゃなくて、私の病歴に明らかに女性不信から来た精神疾患があること。自己防衛として女を嫌いになり、男を好きになる方向に針が振れたのではないか、という懸念だ。もしこの現象トラウマによる一時的もので、それが払しょくされると同時に性指向が元に戻るとしたら、うかつに男性恋愛できない。

そんな感じです。これを増田に書く意味果たしてあるのか?と自分自身感じているけれど、じゃあどこに相談すればええんや…と茫漠とした気持ちになっている。自分のことがよくわからないってすごい怖いんです。いい感じの知見があれば教えてもらえないだろうか。

2016-11-02

あなたを好きでいるのをやめる

さあ私を失望させるがいい

いつものように

この世界の片隅に興行収入

一応言っとくけど、この世界の片隅には「93」館で公開される。


これは君の名はの300館より遥かに少ないし、聲の形の120~130よりもさらに少ない。

ワンピースなんかは桁違いで743館(50億突破してる)だったりするけど。

どちらにせよあまり期待しないでおくこと。


常識的な話で言えばHITしても数億円の規模である

10億行けば万々歳だろう。


ちなみにプリキュアはだいたい200scrくらいで公開されて、毎回10億弱くらいである。

君の名はとか聲の形に比べればアベレージが低いようにも思えるが毎回公開されていることを考えるとコレくらいでも儲けが出る可能性はあるので失望しないこと。