「役割」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 役割とは

2016-09-28

越谷

毎日環七を走っている。

俺はナンバープレート地名を見るのがわりと好きでよく見ているのだが、

最近、同じ車ではない、越谷ナンバーを付けた車をちょくちょく見かけるようになった。

それを見る度になんとおぞましいことかと思わずはいられない。

数多くできたご当地ナンバーの中で、

越谷春日井(桃鉄地図を見るのも好きなのに知らなかった)は、

その文字を見て思い浮かぶものが少ない地名2トップなのではないだろうか。



俺は春日部ナンバー地域に住んでいる。

越谷市も含め、埼玉東部地区はみな春日部ナンバーを引っ提げ、

麦わら帽子と畑やせんべい香りを乗せた車が日光街道を南下する。

それが正しい姿だった。

確かに田舎臭く、23区を走ろうものなら後ろ指さされて笑われかねないが、

クレヨンしんちゃん知名度もあり、また、3文字ナンバーというのもあり、

俺は結構気に入っている。

それなのに、越谷市は何が不満なのか、

あるいは、自分たち春日部などという田舎者ではないとでも言いたいのか、

厚かましくも独自ナンバーを作ってしまった。



同じタイミング埼玉県には川口ナンバー誕生した。

浦和大宮とはゆかりのない俺でも、浦和ナンバーを先に作った方が良かったんじゃね?とは思うものの、

埼玉県における川口市役割や規模、全国的知名度(少なくとも越谷春日井よりはあるはず)からして、

川口ナンバーに対しての文句はない。

しかし、越谷市レイクタウンという関東代表するショッピングモール、それしかない。

いや、埼玉東部地区で一番の大都市といえば春日部市ではなく越谷市だ。それは認める。

春日部ナンバーも俺がガキの頃に新しくできたナンバーだったと記憶しているから、

もし、埼玉東部地区ナンバーがなかったとして新しく作るなら?と聞かれたら、それは越谷で良い。



しかし、埼玉東部地区にはすでに春日部ナンバーがあるのだ。

出来立ての頃は全国的無名だったのかもしれないが、今では馬鹿にされるぐらいには知られているはずだ。

越谷市民も、そんなちょっとしたダサさが可愛らしい、春日部ナンバーを誇りにしていると思っていたのにそうではなかった。

同じ埼玉東部地区に住む者として、そのことが悲しい。

理想上司ゴミクズ以下な件

・気軽に話しかけて気遣ってくれる

自由仕事を任せてもらえて信頼してくれている

・叱る時は厳しく叱り褒める時は喜んで褒める

リーダーシップがある

最後にはきっちり責任を取って部下を守ってくれる

しくじり先生見てたらこんなテロップが出てきた。

何だこりゃ。こんな人材ゴミクズすぎる。

こんなことをやり始めるのは、自分の成長が止まった人間だ。

自分ではもう結果を残せなくなった人間自分立場を守るために、人望という盾を作ろうとするとこうなるのだ。

それにまんまと騙されて甘い環境でグズグズ育った人間に有能な人間がいた例しがない。

出来上がるのは従順面白みのない、それでいて少しでも環境が悪くなれば文句ばかりいうクソ社畜だ。

有能な人間とはどのような環境下でも自らの役割見出し活躍する人間のことだ。

どんなに人間性が破綻していたとしても、金を稼げる人間がそこにいるならば、そんなことは期待せず黙って働き金を稼げば良い。

自分無能を棚に上げてこんな理想ばかり人に押し付けからいつまでたっても無能なのだ

日本未来を嘆く前に自分のゆるい人生を嘆きなさい。

綺麗事ではなく生存とは戦争のものだ。

その時代にあった戦い方を身に着けずして生き残ることは不可能だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160928093753

その不均衡を解決するのは、女向けAVメーカー役割でしょ?

なんで男向けのメーカーにその役割のすべてを背負わせようとするの?

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927114850

イギリス支配から脱した時期のアメリカは、民主主義の先達であるギリシャローマを目指し、そうした古典様式建築流行した。

フェデラルホールはそのうちの一つで、確かにパルテノン神殿モチーフとしているが、

神殿国庫役割果たしていたことを設計時に承知していたかは定かではない、という感じか。

こんなのは失恋のうちにも入らないね

職場好きな人がいた。

1ヶ月くらいの期間限定他所から応援に来てくれていた人だった。

シフトの都合毎日顔をあわせるわけでもないし、役割分担なども違ったので接触時間はそれほど多くなかったけどストライクゾーンど真ん中の人で本当に何年かぶりに人を好きになった。

勤務中の接触時間が少ない分、機会があれば積極的に話しかけた。

その中で彼女日常など話してくれて、短いながらも幸せ時間だった。

ただ、彼女からこちらには何も聞いてくれず、ああ脈なんてまったくなさそうだな、ってわかってはいたんだけど。

先日彼女仕事に来る最後の日、もう今後会うことはないなと直感し、思い切って食事に誘ってみた。

普段時間の中でアプローチしづらいなら、大胆な行動をもって現状を変えるしかないと思ったから。

OKはもらえなかった。

当然といえば当然、見ず知らずの人ではないにせよ唐突すぎる。

こちらが勝手に熱を上げていただけで、彼女は何にも思っていなかったのだから

自分自身も愚かなもので、食事に誘うのではなくたとえば連絡先を交換するだけならもっとハードルが低かったかもしれない。

当時、短時間に色々な思いが頭の中を駆け巡った。

仮に連絡先交換できていたとしてもそれだけで関係を深めるのは難しいな、と直感的に判断した。

から誘いを断られたらそれですべて終わりにしようと決めた。

連絡先だけ知って中途半端なつながりがあると淡い期待を抱いてしまいかえって辛いから。

たから見ればこんなばかげていることでも、自分にとってはとても意義のあることだった。

これから秋本番。

そろそろ恋したいな。

2016-09-24

今でもあの区分があるのかどうか知らないけど、中学理科の第二分野、

その中に出てくる「維管束」の問題がなぜかぼくは苦手だった。



何度覚えたつもりになっても、いざ試験本番で、道管と師管の配置がごっちゃになってしまうのだ。



中を水が通っているのが道管で、栄養分が通るのは師管、という役割自体はちゃんと覚えていた。

それなのに、茎を水平に輪切りにしたとき、内側にあるのがどっちだったか100%間違えた。

基本的には成績がよく、主要5教科500点満点で450はまず切らない生徒だったぼくにとって

これは本当に由々しき事態で、何度も何度も繰り返し覚えこんだ。そしてそのたびに間違った。



あるとき友達とその話になって、本当にあれがどうしても覚えられないんだ、と愚痴をこぼした。

彼は笑ってこう言った。



簡単だよ。植物にとっていちばん大事もの、って言ったら水だろ?

 栄養分も大事だけど、花を育てる時にはまず水をやるじゃないか

 大事ものは中にしっかりしまいこむんだ。植物も人といっしょだよ」



から道管が内側なんだよ、という彼の声を、今でも思い出せる気がする。

それまで必死言葉でだけ覚えようとしていたぼくの頭に、

彼の説明はそれこそ荒れ地に撒いた水みたいにすぅっと染み込んでいった。



その次の期末考査、ぼくは胸を張って解答用紙に名前を書き込んだ。

から教わった知識はちゃんとぼくの血肉になった。

道管が内側、師管が外側。もう絶対に間違わない。

問題用紙が全員に行き渡り先生が開始の合図をする。

ぼくは勇んで解答用紙の端っこをつまみ、今までの雪辱を果たすつもりで一気にひっくり返した。



もちろんそこには維管束の問題があって、いつもどおりに図がついている。

問題文にはこうあった。




「図1は、植物の葉脈を垂直方向に輪切りにしたものである。AとBが示す管の名前をそれぞれ書け」




ぼくは満点を取り損ねた。

2016-09-23

金が大量にあったらアンケートやりたい

世間に溢れてるダメダメ調査あるじゃん

何だその設問?結論有りきかよ、みたいな

アレではてブとかが明後日の方向に盛り上がってるのが苛つくから

きちんとした調査とかやりたい

世論調査とかも、もっとかい粒度でやりたい

 

こういうので一番の大手ってマクロミルかな?

電話調査はしてないようだけど、今時電話調査?って気もするし

世論調査みたいなシビアなアンケじゃなければ属性きちんと取ればそれなりの精度出るよな?

http://www.macromill.com/service/price/price.html

 

サンプル数100とかだとネット自称情強に叩かれるから

最低でも500はほしい

設問数20問とかだと36万円

スクリーニングとか色々やっても50〜100万くらい金ドブできればいける

意外と安い

意外と安いが、いざやるとなると躊躇うくらいの額

 

貯金が1000万いったらやってみたい

あ、あとアフィブログ作って、収入を全部アンケに回す宣言してみたい

さすがに「お前らも金だせ」とか言って出してくれるやつなんて居ないだろうしな

 

 

やってみたいアンケ

・超細かい世論調査と、人の属性比較

アニメBDって結局誰がどういうアレで買ってんだよ

ステマで騒がれてる◯◯みた? おもしろかった?

はてなって知ってる?

・性関連の真相解明

年収に関しての詳しい統計 (←こういうのはバイアス強くて難しそう)

 

もっと色々あったけど大抵すぐ忘れる

 

__

追記

 

少し考えてること

役割分担ってもっとされてもいいと思う

金出す人、設問設定する人、生データを読む人、生データから事実予測抽出する人、事実から考えを発展させる人、炎上させる人

特に生データを出さずに結論を述べる記事が多すぎていか

OSSみたいな感じが理想なんだろうと思う

それは質問か?

質問のつもりなら教えてやる。

気持ちよくなるフィクション気持ちよくなる「ための」フィクションは全く異なるものだよ。フィクションにはフィクション文法があるが、後者場合は「気持ちよくなる」という目的に反するもの可能な限り排除され「気持ちよくなる」という目的に沿うならどんなご都合主義原則許容される。体力の限界とか性欲の限界とか。あるいは「そもそも呼吸できんのか?」からまらない異世界召還ものラノベとかな。そういうことをなおざりにせずきちんと積み上げて創作する界隈から、そういう面倒を全部すっ飛ばし快楽に「のみ」奉仕するフィクションポルノと見下げて言うんだよ。読んでて苦しくなるようなフィクション、はっと胸をつかれるような台詞、綿密な考証と舞台設定や周到に練り上げられた伏線…それらも、結末のカタルシスに至るための手段として機能しているのではないかという意味でなら、もちろんその通りだ。あらゆるフィクションは、たとえば孤島で3日間生き延びる上で絶対必要不可欠な何かかと言われればそうではないだろうし、その意味所詮娯楽のようなものだと言われればそれはもちろんそうだ。だが、孤島で、ジャングル10年生き延びていくときには、カレンダーというフィクション、主人と従僕というフィクション、あるいは「日本は負けてない」といったフィクション必要なのであり、フィクションが我々の精神人間的な生活に対して果たす役割、その必要性は、物質的な何かに比べて劣るというものではない。だからフィクション=娯楽=ポルノ、という短絡は、やはり少し違う。フィクションの果たす役割はもう少し大きくて広いものであるし、その点から考えれば、いくつかのフィクションにおいては、娯楽性やカタルシスの方がむしろ手段だとさえ言える。

従って「そういう(結果的にはカタルシスにつながる)目的のためであっても原則として快楽を味わう上での面倒はすべて避ける」という文法作法に基づいて作られるポルノは、フィクションの一ジャンルではあっても、その総体イコールであるとは言えない。ポルノと非ポルノの分類は、決して不可能ではないんだよ。



なお、ツッコミのつもりで書いたとしたら、それはお前が普段消費しているフィクションが大体全部ポルノだという告白に過ぎないので、自爆乙としか言いようがない。

http://anond.hatelabo.jp/20160922224123

2016-09-22

民営化していいとこ、しちゃいけないとこ

公務員という仕事基本的に「なくちゃいけないけど、利益が出ないか民間企業がやりたがらないもの」が基本。

ぶっちゃけ、この基本的な部分以外は民営化してもいいんじゃないかと思う。

スポーツ振興や文化振興中小企業振興や経済活動は実際民間がやるべきものだし、公務員がやるよりもはるかにうまくいくよね。

実際、行政主体文化スポーツ振興なんて成果を全く出していないし、地域経済振興に至っては「グルメ」だの「アニメ」だの的外れなことばっかりやっていて、根本的な市場開拓や働く場所・条件の改善なんかは全くできていない。

そう考えると、行政役割は今後最小限度におさえたうえで、必要人員まで削減、もしくは民営化していくのが今後のためになるんじゃないだろうか。

まぁこれやられると真っ先に僕のいる職場消滅するんだけどね・・・

何の役に立っているかからないことをやるよりは、はるかにましな生き方が出来るような気がする。

女性社会進出なんかしなくてよい

女性は無理に社会進出しなくてよい。

増田君すごーい☆」とおだてておけば何でも言うことを聞いてくれる馬鹿な男を一人捕まえなさい。

馬鹿男性自尊心を満たすべく、女性は持ち前の上共感力で「増田君すごーい☆」と言いなさい。

それに呼応するように、馬鹿男性田畑を耕し、ビルを建て、政治を動かす。

男性自尊心が疲れているとき女性は持ち前の共感力で「増田君がんばれ☆」と言いなさい。

馬鹿男性はすぐに立ち直り、また田畑を耕しにゆくのだから

馬鹿男性自尊心と、女性共感力は、それゆえに前線と銃後にお互いの役割を定めた。

社会を作り、子を育んできた。

だって前線なんざ行きたくない。家でPS4をしていたい。

酒飲んで、オナニーして、ひねもすのたりのたりとしていたい。

でも、それだと馬鹿男性自尊心は満たされないのだ。

自尊心をなくした男性悲惨だ。

だって愛するあいつのためにでっかいビルを建ててやりたいのだ。

からお願いです。

誰か僕を「増田君すごーい☆」とか「増田君がんばれ☆」とかおだててください。

そしたらもっと頑張りますから

少年ジャンプ漫画には本当に不幸な主人公を描いてほしい


ジャンプ漫画には才能や環境や友人や親や運に恵まれ主人公ばかりが出てくる。

何を読んでも、あー結局才能かって感じになるから全く共感できない。

今のジャンプ漫画主人公キラキラしすぎてる。リアリティがない。



救いや希望が皆無な主人公底辺でのたうちまわって最後には自殺するような作品が読みたい。

努力友情勝利とは無縁の主人公が生きることに苦しむ漫画が読みたい。

平凡な能力を持っていて環境が劣悪で運にも見放されたような主人公が死に物狂いで行動してなんとか食い扶持を確保してエンドっていう漫画が読みたい。

そして、本当に子供に読ませるべきなのはそういう作品だ。



この漫画主人公底辺で頑張ってるんだからスクールカースト底辺の僕もがんばろ!と思えるかもしれんし、「主人公とそっくりだ…自分も将来こうなるのか…そうなる前に死のう」と人生損切り(自殺)という正しい選択を早いうちから行えるかもしれん。

少年漫画役割子供人生を教えたり夢や希望を与えることだ。今のジャンプ漫画はそれがない。むしろ人生ハードモード少年の夢や希望を奪い、人生認識を歪ませる作品ばかりだ。



今後、少年ジャンプ編集者はよく考えて作品を選んでほしい。

親がまともでよかった

親父の年収が1000万を越えたらしいが、

私は遺産放棄する代わりに子供役割放棄することになりました!

脱!介護

2016-09-21

あいつがダメから、俺もダメでいい、ということ。

今年度、我が家地域の組長になっていて、地域と言ってもマンションの全戸の

回覧板とりまとめをする程度の役割ですが。


たまにポストに届けられる回覧板の内容物を回覧板用のバインダーに挟んで、

301号室に届けると105号室まで回って戻ってくる、それを繰り返すだけのことです。


私も夫もフルタイムで働いていますが、どうしても私に家事負担が偏りがちで、

この回覧板を回すのは、夫にやってもらうことにしています


さて、回した回覧板がすぐに戻ってくるかというと、やはりどこかの部屋で止まってしまって

戻ってこないということが、まま起こるのです。


そうして今、もともと3冊あったバインダー最後の1個になってしまい、

次に回覧する印刷物が届いてから2週間が経とうというのに、夫が一向に回覧板を届けに行かないのです。


やらないなら、私がやるよ、と言うと、『止めてる方は戻してほしい』と

メモをつけてから届けに行くからダメだ、というのです。


何度、私がやるよ、メモもつけるよ、と言ってもやったらダメだ言うし、自分では全くやろうとしないのです。


ついには、どうせ回したって、戻さないやつがいるんだから

どうせ誰も見てないんだから、やらなくたっていいんだ、と言う。


私には、この言い分がまったくわからない。

まり、『あいつがダメなんだから、俺だってダメな振る舞いをしていいんだ』という感覚が。


あいつがダメから/悪いから、俺もダメなことをしていい/悪いことをしていい、

そんなこと言ってたら、自分自身がどんどんダメな方へ向かって行ってまうのではないですか?


どう考えても、どうしても私にはわからない。

2016-09-20

モバマスあんスタへ移行した感想備忘録

増田キノ子P。女性。総額7桁いかいくらいの微課金勢。アニメシンデレラガールズはとても良い出来だと思っているが、声優さんキャラクターに扮してライブイベントを行う風潮が好きでないので、毒茸伝説を生で聞いたことはない。

スクフェスを頑張っていた時期にデレステリリースがあり、操作感の違う音ゲーやりこみきれずにデレステにしっかり移行できなかった。(μ's解散につきスクフェス引退したので、Android版の操作感が向上していればデレステ再開してもいいかな…と思っている)

昨今あまりないポチポチするだけのゲーム

モバマスの良いところは何も考えずに時間つぶしのようにポチポチするだけでなんとかなったところだった。

一曲集中して叩かなければならないリズムゲームや、戦略性のあるゲームは頭を使わなくてはいけないが

仕事の合間にぼーっとしながらこなせるものの方が嬉しい。

モバマスが完全に「デレステのしいよ、やろうよ」と押しに押しまくってくるプレッシャーから逃れるためにあんスタをはじめたのが3ケ月前。

解像度の高い初期モバマスという感じ。最近デレマスというんだっけ?


イベント

なんとマラソンイベント一種しかない。簡単

スタミナ等の回復アイテムに時限がついていて、プレゼントボックスで受け取れる期間および受け取ってから使用できる期限が

かなり短く定められている。これによって貯蓄をぶっ放してイベント上位に食い込むことが難しく、都度都度の微課金有効に働く仕組みをとっている。

また、同システムのお陰で後発ユーザが損をしづらい、いつでも入って来やす構造になっている。

課金でもガチャアイテムがかなり貰えるため微課金、無課金であれば一年続けている人も先週はじめた人も同じくらいの強さ。

また、ユーザ同士での直接対決イベントプロダクションマッチフェスのような)ものがなく、ランキング報酬と完走報酬にあまり差がないため、色々とストレスフリー


復刻イベントシステム

イベント期間外のアイドルタイムを使い過去開催の任意イベントに参加出来るシステム

但し前述の回復アイテム賞味期限制により、かなりはしりづらい。

復刻イベント自体最近実装されたものらしく、回復アイテム賞味期限制との相性を良く考慮されないままだと思われる。

過去イベントストーリー、スチル等の回収が可能なので全体的にはとても親切。


キャラクター

アイドル」と「高校生」という2つで縛ってしまっているためバリエーションが少ない。

女性向けなので関係性が重視されているが、「幼馴染」や「過去友人であったが現在確執がある」等の(おそらく人気なのであろう)設定がある組み合わせが重複してしまっている。


ストーリー

メインのライターさんが二人いるらしく、キャラクターの口調がぶれる

また、アイマスシリーズにおけるPのように、主人公がどのような仕事をする役割なのかはっきりしていない。

乙女ゲー要素+アイドル関連だと良くある事態だが作中の設定を信じれば主人公のやっていることは

10ユニット分の仕事を取ってくる、仕事現場に同行する、その合間に全員分の衣装を縫う、更にその合間に差し入れ食事を作る等高校生とは思えないハードワーカーだ。全く感情移入出来ない。

ちょっとしかやったことないけど、うたプリに触れたとき主人公ちゃんはつんくさん並に曲を書くスーパー作曲家という印象が強い)

シリーズ作品との連携

作中キャラクターの妹が出て来るあんさんぶるガールズ!!リリース予定とのこと。

正直期待している。

総評

目新しさは全くないが電車ポチポチしたりするにはすごく丁度いい。

改善して欲しい点はストーリーもっと緻密に作ってもらわないと(これはシナリオライターさんの問題と思われるが)

数人のキャラクターヘイトが溜まりやすい。

女性アイドルもののようなみんなで頑張ろう系でなく、同じ学園内での足の引っ張り合い劇場なので、本気で推すキャラが出てしまったら精神的に辛いだろうなと思う。


またなんか面白そうなポチポチゲーがあれば手を出していこう。モバマスはもう色々複雑化しすぎて今更走るのは無理。

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160918125757

人生の目的と言えるかわからないですが、役割はとりあえず、80年程度の活動だと思います

熱量を80年消費するよう規定されたDNAを持ったお肉のかたまりが、子孫を残す活動等をして期限が来たら活動を停止する。その一連のアクション人生人間は60億ほどいるので60億の一つとして活動することが役割であり、目的に近いのでは、と思います

冒頭のとりあえず、の意図ですが、DNAの中に、種の滅亡という命令もあるかもしれない、と考えたためです。増えすぎて地球宇宙邪魔になったときに発動するもの。それまでは現在は種の存続、程度が目的ではないでしょうか。

人間には個別で異なる感情らしきものがあるので、楽しく生きると選択すればそのようにすればいいし、死にたければ死ねばいいと思います個人の生きるか死ぬかの悩みは、60億の大勢にはほとんど影響しないためです。気楽に好きなことしたらいいのではないでしょうか。

ただし、感情があるため、死んで悲しいと嘆いたり、連鎖的に底に落ちてしま血縁・友人などがあるかもしれません。その様な人達が大切、という感情もあるでしょうから自分のことに加えて、周りの人生を含めて、どうするか選択したら、役割は果たせると思います

2016-09-18

日常のふとした良心交流

見知らぬ者同士の親切のやり取りが好きだ。

例えば、電車の中で席を譲るとか。すれ違った瞬間落としたものを声をかけて渡すとか。道を聞かれて教えるとか。

その関係、お互いに面識はない。その分、そこで行われる親切はシンプル良心からまれ純粋な優しさが詰まっている。ように思う。

そのようなやり取りをする人を見るのもいい。自分がどちらかの役割をするのもいい。

それらは刹那的なやり取りで、お互いに分かれた瞬間には忘れて、自分がかかわる世界意識が戻っていく。

泡のように消える日常の1ページにすぎずとも、そこで優しさに触れて一瞬でも心洗われることで、

その日がとても満たされたように感じられる。

映画聲の形」"私(達)の時代の話をしているんだ"

2016年9月17日今日公開の映画聲の形」を観てきた。

写実的実存感に溢れる流麗な映像と共にかかるThe WHOのMy Generationに、山田尚子監督京都アニメーションの円熟と"私(達)の時代の話をしているんだ"という監督の高らかな宣言を感じた。

単行本7巻分の原作を2時間シェイプアップされた映像は、大胆な再構成説明要素の排除で進行される。

この映画は将也の物語だ。

原作で描かれた硝子の主観ほぼほぼ排除されている。硝子は聴覚障害があり、手話不明瞭な言葉しかコミュニケーションを取ることが出来ない。

それは劇中でもありのまま描かれ、我々健聴者は彼女が何を言っているのか正確に理解できない。

将也や、その他の登場人物の反応で保管できる部分はあるが、原作のように硝子の視点も用意されておらず、想像範疇を出ない。(なんとモノローグすらない)

まり観客は彼女同化することを構造上許されていないのだ。(これは字幕上映を観ることで考えが変わるかもしれない)

物言えぬ硝子を介して、将也はコミュニケーションを、人の間で生きていくことを学ぶ。

しか原作で大きく扱われていた周辺登場人物との関係欺瞞に満ちた映画作り〜かつて失くしたコミュニケーションの復活・その崩壊・硝子による再構築)も排除されている。

将也の成長物語のみに徹底的にフォーカスした結果、将也の成長を促す硝子を含むすべての周辺登場人物へのフォーカスを切り捨てたのだ。

それでは山田尚子監督及び京都アニメーションスタッフ陣はどのような物語演出方法を取ったのか?

それは徹底的なリアリズムと情感を託された映像密度と、そこにあるもの以外語らない、という選択だったのだと思う。

ノイジーでインダストリアル劇伴と静かに喋る将也と物言えぬ硝子。大きなカタルシスを用意するでもなく(物語上には存在するが、ここで挙げるのは演出上のカタルシス)、ただただ丁寧に心の機微は描く。

その役割言語化されたコミュニケーション大前提劇映画では異常なほど、人物(言語)ではなく映像に委ねられている。

象徴的に繰り返し映し出される様々な花のモチーフにも、それぞれ意味があり、雄弁に語る。しかしそこに言語はない。

とても静かな映画だった。

それは聴覚障害コミュニケーション少年の成長、という大きな主題映像化する上でベター選択だったし、原作モノを再解釈して色を付ける、しかあくま原作範疇から出ることはせず、映像化にあたっての最良の選択だった。

けいおん!」で見せた山田尚子監督バケモノ級の構成力がいままさに円熟しているのを感じずには居られなかった。

もちろんその演出選択できる体力としての京都アニメーションスタッフ技量があってのこの映画だったと思う。

響け!ユーフォニアム」で到達点を見せたと思われた、写実的被写体キャメラ存在を追求した京都アニメーションレイアウト撮影までの画作りの更なる進化があってこそ、将也の心情に寄り添った雄弁な映像は生まれたのだ。

先週観た「君の名は。」で新海誠が描いていた、印象だけで構成された陳腐空虚しかないセンスの欠片もない映像と退屈で死にそうなほど単純なボーイミーツガールポストエヴァ世代の終わりなき呪縛を今作は問題外と言わんばかりに完璧凌駕していた。比較対象雑魚すぎるきらいもあるが、あらゆる意味次元が違った。

新海誠代表されるセカイ系次世代として2000年代後半に登場した、近景に特化した所謂空気系旗手として君臨した「けいおん!」は物語歴史の中でノスタルジックかつアブストラクトエポック作品だったが、その監督である山田尚子京都アニメーションさらなる次世代を紡ぐ、体制側・システムとしての完成をみたのが今作だったと思う。

オルタナティブとしての物語自分ストーリーとして受け取る現世代のための物語装置を創りだすシステムとしての京都アニメーション

圧倒的なクオリティと確実なチョイスで、先陣を切りそれを体現していく山田尚子恐ろしいことに今回は萌え武器にもしていないのだ。

派手な爆発も、世界を救う大いなる力も、悩める個人と直結したセカイも、今作の持つ超弩級の冷静さの前では旧態依然とした使い古されたアイデアしか無かった。

それでも丁寧に丁寧に人の手で作られたアニメーションは、絵が動き、実写以上の実存感を持って我々の心に寄り添い訴えてくる。

時代に生きられることに感謝し、最大級の賛美を持って新時代の幕開けを向かい入れたいと思った。

必見。

2016-09-12

地方住み十代女子と「君の名は。

これ何で十代女子に受けるかっていうと、運命出会い純愛悲恋、まあそういうのは大前提としても、女の子特に地方住み)においてもかなり都合の良い夢だからって点もあるんだろうなあと。

何かっていうと、ずばり三葉のいう「来世は東京イケメン男子にしてくださーい」、まさにこれ。女子の夢。

なんで「美少女」じゃないかっていうと、ぶっちゃけ十代女子って行動がかなり規制されまくられるからね。(そんでもって三葉みたく「女の役割」にうんざりしてたり、いまいち女性性を受け入れられていないケースも多かったり)自由に動き回れるのはやっぱり男子

はいえ、もちろん女子的な楽しみは堪能したいだろうけど、高校生なんてばんばん服とかアクセとか買えるもんじゃなし、ウィンドウショッピングでも結構十分だったりする。

そういう意味で、三葉が東京で親密になるのが奥寺先輩っていうのが無茶苦茶合理的な配役だなーと思って見てた。理想はそりゃ同い年の女子グループだろうけど、そうしちゃう純愛の部分が微妙に怪しくなってくるからね。安全牌としての大人の先輩で女子成分補給

あと変に同い年の友人作ると、何となく故郷の友人への裏切りっぽいって点もあるかな

まあとにかく起きたらキラキラ新海背景の東京で、カフェにいって、おしゃれなイタリアンバイトして、しかも身の危険はなくて、親とかに口うるさく言われないなんて最高でしょう。乙女理想だよ。


と、ほんの少しだけ私の中に残っていた十代女子成分が言っていました。

http://anond.hatelabo.jp/20160912084440

元増田です。

君の名は。」の脚本には、根本的な欠陥としょーもない欠陥が多数あります

前者の代表は、多くの人が指摘しているように部屋のカレンダースマホ日記アプリもあるのに時間のずれに気がつかないとか、ばあちゃんと先輩が物語上果たすべき役割を果たさないので空気になってるとか、二人の関係迷惑パートナーから恋心に変わるエピソードが全く存在していないとかです。

それはいいんです。あとで小説でもコミカライズもつかって補完すれば。

問題は絵面を優先させるために条理をねじ曲げたため(あるいは何も考えてないため)に発生した後者のしょーもない欠陥の数々です。

まりは「たそがれ時」のシーンのバックを雲海にしたいという理由だけで神域の外輪山を本格登山必要レベル高山にしてしまったり、ポスターデザインのために交差しないはずの彗星と破片の尾を交差させてしまったり、画面をシンメトリーにしたいがために右利きの人間に左頬に落書きをさせてしまったりしたことです。

これはどうにもフォローのしようがない。しかもどれも簡単に取り除けるものばかりです。たとえば最後の点は、主人公左利きにするだけでいい。

これには大きな利点もあります物語構造上、ばあちゃんが入れ替わりに気がついたように東京の側にも入れ替わりに気がついた人間必要です。その役割を担うのは先輩以外にはあり得ません。先輩が気がつくきっかけとして、左利き主人公が入れ替わってるときだけ右手をつかうなんてのはうってつけのエピソードです。先輩は入れ替わりに気がついた状態で「協力者」として高山に同行するべきです。

そんなかんじで、簡単に解消できたり解消すると物語が深くなるものばかりなので「本当にひどい」と。

2016-09-11

[]

今回は少年ジャンプ+

ファイアパンチ 19話

今話とか読んでいると、やっぱり物語を動かすべきはアグニだと思った。

トガタはトリックスターとしての役割果たしているといえるんだけれども、些かでしゃばり過ぎる。

あと、言動のアクの強さが私には悪い意味作用しているから、正直あんまり好きなキャラじゃないんだよねえ。

物語に絡むのはともかく、引っ張っていかれるのはツライ。

それにしても、最後なんだか回想に入りそうなのが不穏。

仮にやるにしてもページはあまり割かないで欲しいところだ。



寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 3話

主人公の「傷ついたり失望したりする自由」というのは、まあ大した理屈ではあるんだけれども、後半のあの行動の間抜けさにやる前から気づかないあたり、詭弁というか無頓着なだけだったか

最後らへんの買い物のくだりとか、まさに主人公感性バカさが伺えて、これを意図的にやっているんだとしたらすごいけれども。

まあ、たらればの話なんてしたところで仕方ないのは分かっていても、いざその失った可能性を提示されると堪えられないことは理解できるが。

ミヤギのなんともいえない表情は、そういう他人の失った可能性を知ってしまたからっていう部分なんだろうかね(まあ、他にもっとありそうだが)。

しかし、ミヤギの存在ってメタ的にみればその意味理解できるんだけれども、その世界にいる人間としてみた場合、すごく舞台装置的だよね。

主人公が語ることができない部分を読者に説明する役割というか、今回の主人公に投げかける言葉といい、やや前のめりすぎる。

メタ的には理解できても、物語構成的には不自然な印象だが、今後ちゃんとした理由が明かされたりするのだろうか。



誰が賢者を殺したか? 第7話

おや、死んだの?

メタ的に評価するなら、「殺しちゃったの?」って感じだが。

ここで物語から退場するのは微妙からあんまりノれないというか未だ「本当に?」っていう感覚

唐突すぎて、メタ的にみてもここで退場させるのは微妙だと思っているので、実は死んでないんじゃないか邪推したくなる。


マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 41話

女性キャラクターたち全員の服が破けているシーンが圧巻だね。

もう、エロいとかそんなのじゃなくて、ただただバカっぽい、開き直った絵面が笑えてくる。

「思えば全裸ばっかりで辛い日々だったなあ」とか、その通りではあるし、作品方向性的には間違っていないんだけれども、野暮を承知でアホな文だなあといいたくなる(笑)



デッド・オア・アニメーション 26話

まあ、色々と丁寧に描写たかったであろう部分や、登場人物の掘り下げやエピソードをすっ飛ばしつつ、とりあえずエンディグを提示できたんじゃないかな。

総括としては、細かいとこ書き出せば結構あるけれども、実のところ私はそこまで毛嫌いしてはいないんだよね。

ただ、バランスいまいちではあったかな。

作中で提示される理屈物語、展開、リアリティキャラ人格漫画的な過剰な演出とかのハッタリとか、テーマなど。

それら要素を一つ一つ抜き出して語る分には割と評価できる、或いはそこまで評価を下げるものではないんだけれども、これらを総合してみると噛み合っているとはお世辞にもいえなかった。

2016-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20160910140131

飛騨地方北部に住んでる人が東京へ出る場合名古屋を通る必要がない(高速バス安房峠新幹線富山)ので名古屋意識されない。

一方、飛騨地方南部美濃地方に住んでる人は名古屋を通る必要があり、人口流出をせき止めるダム役割果たして東京至上主義でもない説。

http://anond.hatelabo.jp/20160910112855

横だが、子育て子供は3人よりも、2人の時点のほうが一般的には大変だぞ。

3人いるころには一番上の子赤ん坊の見張りくらいの役割はこなせるので、実はそこそこに戦力になる。

2016-09-09

なよなよしている男が多いと言うが

まったくその通りだと思う。

というのもこの前の話、

今年入ってきた若いのが取引先でやらかしたというので、喝をいれたんだけども

ずっとおどおどして、男らしくない態度だったか

そいつに言い分なんか無いだろうと分かっていながら

「なよなよしやがって、言いたい事はハッキリ言え」と

はっ倒してしまった。

理不尽なことをしてしまったとは思っている。


しかし、そんなことをしたのも、あいつが男らしくできなかったからだ、

先月は料理がどうのと振る舞って、今もなよなよとしているのだから我慢できなかった。気持ち悪い。

から、実のところ暴力という手段を選んだのはまずかったが、

男というのは何たるかと教えてやったのだから感謝して欲しいとも思っている。

本来、男というのは、女子供を守る役割なのだ

決して女の様に弱い生き物ではあってはならない。

それだと誰が女を守るのか?考えれば簡単なことだ。


この話をすると、私を差別主義者だという若い人もいるが、それは違う。勿論、差別はいけない。

ただ、やはり男と女というのは役割が完全に違うのだから、それに従うのは当たり前だと思う。それだけだ。

実際、黙ってはいるが、みんなそう思っている。周りを見てみればわかる。

なよなよした男は女に認められないし、わがままな女も男に嫌われる。

それに対して、私には伴侶がいる。匿名から言えることだが、別の若いのとも遊んでいる。

それこそ、なよなよしたあいつと同じくらいの歳の子と、だ。

まり現実として、私の言い分の方が正しいのだ。理屈をこねてばかりの阿呆とは違う。

役割理解し、社会システムに順応する。それが大事なのだ

女の月なら、なんら問題ないが、男の月でもなよなよしているあいつは本当に何なのだろうか。

男として、あいつはどう見られているのだろうか。

確かにあいつは私のに比べて女性的特徴がはっきりしているものの、

それが言い訳になるわけがないのだ。、

あいつの態度は、月別男女交換法に違反しているのではないだろうか。

していないのなら、されるべきだ。明文化しなければならない、役割を全うせねば、と。


もちろん、男の月に男らしい私は、女の月には女らしくする。

夫の三歩後ろを歩き

「おい」と言われれば茶を汲み

「えへん」と言われれば新聞を渡し、

「おほん」と言われれば風呂を沸かす。

ふしだらな女に見えないよう慎ましくするが、夫が求めるならば受け入れる。

家事放棄することなく全うし、子育ても全力を尽くす。

当然、料理にも力を入れている。

最近、女らしいと評判がよかったのは、生姜焼きだった。

もちろん塩と砂糖を間違えたものである

http://anond.hatelabo.jp/20160909093618

記事の真偽はともかくとして

本来報道役割はお前のような「俺の周りにはそんなのいないから世の中にもいない」とかいう狭い了見で活きてる連中に

それ以外の世界があることを知らせるためのものなんだがな

2016-09-07

頭がおかしくなりそうです。

こんにちは、初めてこのサイトを利用します、

ここに書きこんだのが自分だとバレてしまうのが想像しただけで手が震えるくらい怖いのですが、このまま一人で考えていてもまた繰り返すのではないかと思い書きこみました。

当方20代半ばで、地方の単科医学部に通っています。一応現役で受かったのですが、今まで数回留年しています

両親は病院経営をしていて、自分しか身内では後を継げる可能性のある人はいません。

この度卒業試験にてまた留年を決めてしまいました。

国試勉強自分にはこれしかないのだと言い聞かせ、なんとかやれていたのですが、

地元医学部マッチングを提出し、面接を受けに実家に帰る前後で、余計なことを考えてしま勉強が立ち行かなくなりました。

落ちるだろうな、とは2カ月ほど前から感じていたのですが、いざ起こってみると手が震えます試験までの日程も毎日確認し、カウントダウンしながらやることは一切ありませんでした。


こういうことは始めてではなく、過去留年した際も同様にほぼ試験白紙提出して起こしています

問題を見れば正直答えは分からなくとも、自分能力的にできないと思ったことは一度もありません。

何故かやりたくないのです。

親はかなり過干渉気味で、自活して離れたところで暮らしたい気持ち現在強いです。

親族まで出てきて進路決められた時と、交友関係まで家宅捜索入って干渉されたとき個人的結構ショックでした。

マッチング地元大学病院指定したのが今回の留年の原因ではないかと推察しています


何か一つくらい、自分の力で成し遂げたいと思っているのですが、

求める前に大抵のモノは与えられて、親の好きなタイミングで取り上げられてしまうのに辟易しています

30歳までに目途が立たなければ、何もやる気がなくなる前に死んでしまいたいです。

得意なことは多くなく、医者になるしか金になることはできないと分かっています

趣味は多いですが、続けていてもそれだけ専門にやっている人には叶わない、一人では限界があると常々感じます

自分自分であることは、今までの人生をかけて、ゆっくりと削ぎ落とされていって、今は僕の予想通りの役割をこなすためのモノしかもう

僕の手の中には残っていないのかもしれません。

どうしようもなく涙があふれてきたりして、泣いた後はスッキリするのですが、なんで泣いたのか分かりません。

自分の中に他の誰かがいるみたいで凄く気持ち悪いです。

健康でどこも悪くない筈なのに、自分のことになると頭の中がぐちゃぐちゃで整理が付きません。

悔しいですが、自分が他の人よりどうしようもなく劣っていると感じます

支離滅裂文章ですが、気持ちを上手く言い表すことができません。

贅沢な悩みだとは分かっています。ただやりたいことをやって人が悲しむのは辛いのです。

時間をこれ以上無駄にしないですが、根本的なところが解決できてないように思います。どうすればいいでしょうか。