「数学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 数学とは

2017-03-23

恋をした話

ものすごい恋をした。

ものすごい、恋をした。

 

最初に会った時、飛行機が着陸して、機内モードを解除すると、数秒後にツンツンツンと急激に電波を拾っていくような、あんな感じがあった。

初めてあったのに穏やかで居心地が良かった。お互い何を考えているか分かっちゃう

まさかそんなエスパーみたいなことは当然ないけれど、別に相手が何を考えていようがそんなこと取るに足らぬことだと、

ただ二人一緒にここにいることそれだけで何事にも足るのだと、そんな感じがした。

彼が選ぶものはなぜか私が好きなもので、私が選ぶのはなぜか彼が好きなもので、

だけど「ああ趣味が一緒だね」などとそんな俗物的な会話をするでもなく、まるで何年も一緒にいたかのように、

お互いの好みがかぶるのは当たり前だという前提で全ての選択をしていた。

食べ物も、飲み物も、買うものも、私は私で彼は彼だったけれど、だけど私と彼は大部分が一緒だった。

ああ、昔数学でやったな。いくつもの円の共通範囲を拾っていくやつ。それでいえば私と彼の円は、大きく重なっていた。

 

これは恋だと思う。

相手を思うと笑みがこぼれ、会話を思い出してはニヤニヤし、LINEを読み返しては眠りにつく。

恥ずかしいことを思い出しては頬を染めて地団駄し、そして、叶わない明日を描いては苦しくなる。

もう少し、早く出会っていたら。

あと少し、私と彼が子どもだったら。

それかあと少し、私と彼が大人だったら。

 

私たちは二人とも、今の自分環境を壊すつもりはない。

まれ生活と恵まれた交友関係と、ドラマチックではないけれど日々満ち足りた幸せを感じられるこの日々が愛おしい。

仕事も友人も恋人も、どれが欠けてもこの幸せは続かない。いわば小さな幸せが積み重なってできた幸せの日々を送っていた。

彼に出会ったのはそんな時だった。

彼は、彼という1つの要素だけで、他を圧倒するくらい多大な幸せを与えてくれるものだ。

一緒にいられれば、それだけで幸せだと、そんな甘ったるい映画のようなセリフを私に吐かせそうになる人だ。

好きだ、好きだ、とても好きだ。

だけど私は選ばない。そして彼も選ばない。

凄まじい影響力をもった単体の幸せよりも、

さな幸せが複雑怪奇に絡み合って生み出してくれた今を、私も彼も生きて行く。

から言わない、彼も決して言わない。

恋をしたなど、断じて言わない。

2017-03-22

プロブロガーに産まれたことを呪う

大学には現役で入ったが、第一志望の大学ではなかった。

これがよくなかった。



もともとは地頭だけは良いほうで勉強しなくても大学はいれるものだと思いこんでいた。

気がついたら、どこも入れる大学が無いことに気が付き、高3の夏から勉強をして地方では

そこそこ有名な大学へ入った。

(とはい地元国立の滑り止めだ。数学はやらなかったので、国立はあきらめた)



勉強したくもない経済学を学びに4年間も大学へ行った。

彼女は欲しかったが、持てなかった。これも生まれつき容姿が悪いせいだ。



そのことで自分に自信がもてず、就職活動は40社ほど全滅だった。

残された道はプロブロガーしかなかった。



そこで有名ブロガーサロンへ入ってみた。

プロブロガーになるには、顔出しすることがポイントらしい。

キモメンの顔をさらしても仕方がないと思ったが、

さらさないと生きていけないと言われたので、顔も実名も出した。

プロブロガー誕生である



しかし、これが失敗だった。

中途半端大学就職もろくにできないキモメンわたしですよ!

誰がこんな化物のブログを読みたいだろうか。



みなさんはリアルに後ろ指をさされた経験はお有りだろうか。

わたしは、どこにいっても、あいつがプロブロガーだよ。あははは。と笑われている。

こないだは、小学生散歩していた犬にまで笑われた。



こういうことを書くと大脳が壊れた哀れな末路とかすぐに言う愚かな人がここには入るが、

リアルに笑われた経験が無いからそう思い込むのだろう、ある意味幸せ人生だと思う。



とにもかくにもこうしてプロブロガー誕生した。

次のプロットサロンを開設することらしい。

から笑われつコツみたいものなら共有できるかもしれないと、犬の飼い主が言っていた。

2017-03-20

http://b.hatena.ne.jp/entry/maname.hatenablog.com/entry/2017/03/19/035451

いい記事なのにブコメ欄の互助会くささに笑った/互助会に目をつけられた者の末路は悲惨だ恐ろ(略)

初期の毒にも薬にもならないブコメ欄(「~ですねー!」「~みたいなー。」)がくさいとのこと。



最初の読み違いによる反応

まなめはうすを互助会扱いするブコメとかそれにスターが集まってるとか、日本インターネッツ歴史をなんだと思ってるんや、、、

記事自体をくさいと読み違え、日本インターネッツ歴史まで話を広げている。



その反応

いや、互助会でないのは知ってるけど互助会ぽく見えるってはなしでは? 互助会批判されてる人たちだって、僕たちのズッ友との関係を知らんのかって思ってるはずよ。 そんな話より数学の話しよ。

違くないか互助会は~~…それはまあいい、とにかく数学の話がしたい、とのこと。



それ以後の読み違いによる反応

互助会扱いしているのは、この程度の記事なら他にもいっぱいあるのに、なんでこんなにブクマが付いているのか理由が分からなんだろう。まなめはうすを知らない新規の人が増えているんだなぁと時代の流れを感じる

時代の流れを感じている。




対象不明確、読み違えているか判別がつかない。

互助会扱いされててワロタ

モヒカン手斧を持った村人の互助会と聞いて。

これらのユーザーがどのコメントはてなスターを付けたかをたどればヒントになるかもしれない。



反応の援用

まなめはうすを互助会扱いとか!みたいなことをいってる人がいるけど、互助会というのは幻想で、実態としては昔からある単なるファン同士の交流だということの、一つの証明

これは互助会でこれは互助会ではないの線引の都合の良さを見た気がした

数学はいい、とにかく互助会問題の話がしたいとのこと。

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170319211850

大丈夫

プログラム数学必要になるのはAI作るとかコンパイラ作るとかのトップレベル人達だけ

現場はほぼ文系しかいないよ

それと無目的プログラム書こうとしたって何もできないのは当たり前だろ

仕事でこれ覚えなきゃ」って状況になって初めて脳のスイッチが入るもんだよ

実家暮らし24歳の一人っ子だが遠い夢棄てきれずに故郷を棄てたい

今年25歳になる女で、地方暮らし高卒

資格運転免許ITパスポート(笑)

彼氏いない歴=年齢の人間のクズ

父は数年前に亡くなって、母のことは嫌いなんだけど高齢だし、ほっとくのもどうかと思ってる。

今の仕事刺身の上にタンポポを載せるような仕事で、クソみたいな給料でこき使われてんだけど、人間関係には困ってなかったからやめるやめる詐欺でずっと働いてきた。それが最近ハロワで変な噂(だいたいあってる)が流れてて、そのせいで日本人が入ってこなくなって、ろくに日本語もできないような外人さんを、面接(笑)採用して、わずかに入ってくる日本人も、なんかこの人ほかに行くと来ないんだろうなぁって池沼しかいないしで、クソみたいな中国人犬猿の仲になったりで、やめたい。新卒も二人とも屑だったしさ。さっさと辞めればいいのに。

からさっさと辞めたいんだけど、年金暮らしの母を扶養に入れてるから、なかなか一歩を踏み出せないでいる。

任意継続を選べば、2年間は母の保険証は手に入るけど…

から親に稟議を出すのが苦手で、あれがしたいとかこれがしたいとか、自分意見さらけ出すのが苦手で、遠い夢捨てきれずに故郷を棄てたいんだって言えれば楽なんだけど、MPが足りない。

昔夢見ていた職業があって、それをずっと忘れてたっていうか、言い出すのが恥ずかしかったっていうか、ってんで、今は刺身の上にタンポポを載せる仕事に甘んじてるんだけど、それももう6年目…

学生の時はパソコンの大先生(笑)で、趣味プログラミングちょっとできたから、お前はそっちに進めとか周りに言われてて、でも数学がてんで駄目だったからやめたんだけど、今ちょっと触ってみようと思っても、全然筆が進まない。エディタ開いて、やっぱいいやって。能無しみたいにホッテントリニコレポとtwitterFB巡回して、転職先でも探せばいいのに、ばかじゃないの。

こんなんだから上京したって無駄貯金食いつぶしながら故郷にも帰れず、クソみたいな30歳になるんじゃないかって、かといってこのままだらだらと今の生活を続けていても、クソみたいな30歳になることは明白だし。仮面夫婦な親を見て育ったので、結婚なんてできるわけないし。

もう少し強くならなけりゃ時の流れに負けてしまいそうだっていう焦燥感が常に襲ってきてて辛い。

私みたいなのが友達もいない東京にふらっと出てきて、生きていけるのか、だれか教えてほしい。

このままじゃ嫌なんだ。

追記

遠い夢はIT関係じゃないんだ…

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318042353

記号教えてもらったから、増田のいう数学原理論はだいたいわかった

医学系のやつな

言語理論

質問があれば答える。

俺が伝えれるのは言語理論数学原理論と文字列が伝わってない可能性だけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170318030136

「良い言語理論」とか「英語説明する理論」と言われても

そもそもの目的意識がはっきりしないから伝わらない。



英語説明するって何?英語参考書を作りたいってこと?

英語において解明されていない謎があってそれを解明したいの?だとしたら英語の謎って何


あと数学原理だとか音との関係とか言ってるのは、説明したいこととどういう関係があるの?

http://anond.hatelabo.jp/20170318031603

数学原理論や日本語理論は伝わらないのが信じられないほどに簡単に書かれている。

http://anond.hatelabo.jp/20170318020958

ニューエイジ世界観はあり得ると思うが、人間の脳では理解できないので証明できないと思う

あと数学人間勝手に作ったものだと思ってるので、証明できたとしても勝手理解してるだけ

傲慢おっさんが、「お前の言うことはなんでも分かるぞ」って言って何も分かってないのと同じ状態だと思う

http://anond.hatelabo.jp/20170318021451

数学原理論は理系の目にはどう映るんだろうか。

あれは算数オリンピック問題集問題をもう出てこなくなるまで分類して○と→で基礎づけたものだ。

追記:これが数学原理論だ。

http://anond.hatelabo.jp/20170316120702

科学的っていうのが物理的って事なら、物理学を成立させるためには数学必要になる。

数学が成立するには「違うものを同じと見なしたり、同じものをバラバラと見なしたりする働き」が必要になる。

二次元三次元と見たり、三次元をバラバラの二次元と見たりする働きがなければ物理学は成立しない。

これはライプニッツが言っていた予定調和必要だって事だ。


問題予定調和の中にある物理法則に完全にロックがかかってるか、それとも少しは自由があるのか。

完全にロックがかかってると確信する事はできない。分からないが答えで、だから俺はニューエイジ世界観はあり得ると思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20170318011454

ネガティブな奴への説得みたいになって悪いが、しかし無理ではなかろうか。

数学の基礎論と日本語の基礎論はこれで完成形。ベーシックイングリッシュはそれより難しい。

http://2016-4-14.blogspot.jp/2016/06/language-theory-through-basic-english.html

書き直して再投稿は難しいかもしれん。解説はどれも返答だしな。

今までのリンクを張ったらそれだけでまた膨大になってしまうだろうし。仕様理解してないけど多分、そうだよな。

結構良い理論日本にとっては言語理論世界にとっては数学理論重要なんだろうけど、何だかこのまま埋もれていく気がしている。

あの増田数学論理学における集合論音韻に用いた、とでも最初表記すべきだったが、

彼(じゃないかもしれんが)が愚痴をこぼしていた、「高度な知識を発表しても誰も解釈しないし、ネットにはそんな場所がない」

という叫び理解できる。自分のできないことやわからないことはひとまずおちょくっとけ、

という不まじめなブクマは勝てる分野になると堂々とマウントを掛けてくる。

勝てないと負け惜しみ台詞をこぼしたり、おちょくりモードピエロに仕立て上げる程度だ。

凄いものではなくすごそうなもの安易に褒めそやすし、プロを見抜けないでスルーする

シェアしようとか、注意する際に言葉に気をつけようなんて発想はない。

名声には乗っかるが権威否定しているポーズをとるし、都合の良い権威は認めて都合の悪い権威は認めない。

イケハヤを嫌いながら増田の凄そうなハッタリをブクマするのだからどうにもならない。

動物園の猿のようだ。あの人達自分いか気持ちよくなれるかしか頭にない。

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170317202149

1番目の質問への応答のなかの「概念適合の解釈には恣意性があるが概念自体恣意性は無い」について。

(1a) 俺の主張は、「概念恣意性があるからだめ」ではなく、「概念をどう解釈するかに恣意性があると意味論として完結できなくて困りそう」であって、べつに「概念がまずいのでは」とは言っていない。なので、増田の応答がどう質問への答えになっているのかがよくわからない。

(1a') ところでこれは本題ではないのだけど、「概念恣意性がある」という状況が理解できない。恣意性ってふつうヒトの行為に対してあたえられる評価軸だと思う(まあ本題ではないので適宜スルーしてほしい)。

1番目の質問への応答のなかの「概念定義づけについては集合の内側外側辺、また内側外側辺における動きという風に説明されている」について。

(1b) 「集合の内側外側辺、また内側外側辺における動き」という増田言語意味論を与える行為と、いわゆる日本語意味論を与える行為、どっちのほうが簡単かっていうと、少なくとも俺は増田じゃないからどっちも同じくらい難しいように見える(他方でここが鮮やかに説明できるとかっこいいことは間違いないけども)。俺にとってはこの説明は(少なくとも現状では)自然言語と同じくらい謎めいている。

2番目の質問への応答について。

(2) まず、増田がもしかしたら俺が言ってることを誤解してるかも、と思ったので(そう思った理由は(2')に書く)「桃」と「も」の例をもうちょっと具体的に書いてみる。日本語の音に概念を割り当てる関数をSと書くことにする。まず、言語としての「桃」および「も」がある。これらを母音と子音に分解することで、「m o m o」と「m o」を得る。これらの音に概念を割り振ることで、「S(m) S(o) S(m) S(o)」と「S(m) S(o)」を得る。両者は(数学的な意味で)集合としては一致している:{S(m), S(o), S(m), S(o)} = {S(m), S(o)}。集合として一致しているから、S(m)とS(o)がどのような概念であろうと、またこの集合に対してどのような解釈を行おうと、{S(m), S(o), S(m), S(o)}と{S(m), S(o)}を区別することはできない;どっちも{S(m), S(o)}だから。だから言語としての「桃」と「も」の意味の違いは増田意味論においては潰れるのでは、と思ったってことね。まあ、順番の情報を保てばいいのでは、という話ではある。つまり集合ではなくsequenceとして(S(m), S(o), S(m), S(o))を考えれば少なくとも「桃」と「も」の区別は保てる。けどまあこの場合でも同音異義語問題は苦しいんじゃないかな、と思ったという話でした。

(2') (2)に対して「んなことわかった上でリンク貼ってんだよ、ちゃんと読め」と思ったらごめん。でもリンク先は概念側、つまり関数Sの「行き先」側の説明であるように読めて、他方で俺の質問はSの行き先がどのようなものであろうと特に変わらなくて、ってことは俺の質問がきちんと伝わってなかったのかな、と思ったので。どっか俺が誤解してたら教えてほしい。

(2'') (2)を読んでもらえればわかる通り、俺は「(概念としての)桃は言語から生成される」という仮定を取っていない。そうではなくて、自然言語として使われている、「桃」という言葉をとってきただけのこと(こっちも本題ではないけど一応…)。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん