「映画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 映画とは

2017-03-29

美女と野獣世界興行収入7億ドルを超え累計10ドルの気配を見せ始めた

日本では来月公開だが恐らく興行収入100億円は超える見通しだ

安易リメイクが金になる時代なのだ

映画関係者危惧するべきはこういうところだよ

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.就職のために資格をたくさんとったのですが、芳しくありません。なぜでしょうか。

いわゆる“資格バカ問題だな。

もし君が採用する側だとして、履歴書にズラーッと資格が列挙されていたらどう思う?

「頑張っているなあ」と思うと同時に、「努力方向音痴」、「バカみたい」だと思うだろう?

実のところ資格ってのは就職をそこまで有利にできる代物ではない。

資格説明について、そのあたりを念押ししているものは多い。

月並みアドバイスだが、大事なのは本質」だよ。

いくら資格を取ったところで、そこが拙ければ意味がない。

ラ・ラ・ランドだって、やたらめったら色んな賞をとっていてバカみたいだが、だからといって面白い映画であることは揺るがないだろう?

……でも主題歌賞はシング・ストリートとかに取って欲しかったなあ。



Q.とある事故が起きた時に、友達が「運が悪かった」と言っていたのですが、運は責任を取れますか。

答えはNOだ。

運は責任を取れない。

まり、この社会は“運が悪いこと前提”で生きていかないといけないわけだ。

責任も運以外の誰かがとらないといけない。

から、その可能性を減らす努力はすべきってのが社会の大意になるわけだな。

ああ、だからといって「エロい格好をしたからお前はレイプされた。だからお前が悪い」とか言うのはやめておきたまえ。

要因だとか責任は必ずしも比例しないし、イコールとも限らない。

エロい格好をしても、しなくても、レイプはされるかもしれない。

そして、いずれにしろ悪いのはレイプをした側だ。

まあ、それはそれとして可能性を減らす努力を、あくまで側面的に語ることは無駄ではないと思うがな。

おっと、「可能性を減らす努力」なんてもの裁量がどの程度かなんて、そんなこと私は知らんよ。

から「運が悪い」と表現するんだろう。

2017-03-28

ひるね姫まらなすぎ

ひるね姫見た。なんだこの糞映画

まらなかった理由を挙げていく。

# 登場人物が糞

## 会社の今の状況がわかっていなくて、ただ自動運転オリンピックで実行させようとする会長

## 自動運転を成し遂げようとする目的は正しいが、手段を選ばず、自動運転プログラムを入手しようとする悪役

## 会長、悪役の意志無視し、裏切って桃太郎コンタクトを取るゴミ社員

## 妻の成果を一人独占し、自己満足をするために利用する桃太郎 (コミュ障)

## とりあえず岡山桃太郎という設定に載せられるキジサル存在感ない脇役共

## ことを面倒にする、泥棒ナルコレプシーキチガイ主人公

# 都合の良い夢設定

メインのストーリーだけでは盛り上がらないと判断して、夢と現実を交互に入り乱せる設定に

したのかもしれないが、夢の世界になると、「あー夢ね」という感じで急に冷めてしまう。

夢の世界ならなんとでもなるし、ストーリー全然ハラハラしない。

現実世界でも他人の夢の話って大抵退屈だろう。その永遠退屈な夢話を見せられたような気がした。

ここさけ とかはファンタジー要素一瞬入れたけど、それ以外は割り切っていてストーリーに入りやすかった。

# 冗長説明

いや、もうそ映像だけでわかるから! みたいな説明が多い。

対象年齢を広くするためにこういうことしているのかもしれないが、ただ不快しかない。

バケモノの子 でも同じことを感じた


# アニメーションが糞

取ってつけたようなロボットアニメーション作るな。

ラストコウモリが出てきたくらいからはまともになったけど、それ以外は本当に糞。

# 脚本が糞

悪役「すいません、オリンピック自動運転のために奥さんが作られたプログラム頂けませんか?」

桃太郎了解です。githubオープンソースで公開しておきますね。」

これで終わる話

# 女子高生使っておいてパンチラがない

あんなにスカートヒラヒラさせておいてパンチラないとか馬鹿なの?


# その他

自動運転から急にAI目覚めたりとか、あんなに説明過多なのに悪役の動機とか、警察への逮捕理由が不足していたりとか、

世界ごまかされて、盛り上がる現実世界部分見られなかったりとか

もう本当にゴミクズ映画でした。

結婚願望について

もう4年くらい前になる。

人生ではじめて付き合った女性と別れた時、言われた言葉がこれだった。

あなたみたいな子供が産まれたら、ぜんぜん可愛く思えないわ!愛せない!あなたみたいな性格だったら悪夢!一匹だってこんな辛いのに、こんなのが二匹も!」

なにも反論できなくて、反論すべきかもわからなくて、とにかく落ち着けと言っても聞いてくれず、もう寝ると言って布団をかぶった。

勝手に寝れば?私も勝手に続けるから!」

とその後ずっと罵倒言葉は続いた。

彼女は俺のことを好きではなかった。

思い返せば、自分彼女を好きではなかった気がする。

昔、一度告白して断られた女が、高齢無職になってすり寄ってきて、押し切られて同棲

自分のほうにも、ババアをもらってやってるみたいなおごりが確かにあった。

あれから、いくつかの変化があった。

まず、実家とは疎遠になった。

それと、他人に嫌われることが平気になった。

好かれたり嫌われたりは、人間価値とは無関係と思うようになったからだ。

ピーマンが嫌いと叫んでも、ピーマンピーマンしかない。

世の中には嫌いな人もいるだろう、そのくらいに思えるようになった。

それに加えて、他人感情シンクロすることがなくなった。

凄惨事件にも悲しくなることがなくなり、葬儀送別会映画でも悲しくなることはなくなった。

タイタニックの船が縦に沈んで、人がバラバラ落ちる描写や、鼻水を凍らせながら愛を語るシーンで笑えるようになった。

これらの変化は、あの夜以降、一つの気づきがあったためだ。

人は、(相手の心は)(現象は)こうあるべきなのにそうではない、ということで怒ったり悲しんだりする。

褒められるはずなのに褒められない、愛されるはずなのに愛されない、ずっと一緒に居たいのに、別れないといけない、などなど。

自分勝手に前提条件をつけて、自分が苦しむ。

他人他人で、他人気持ち絶対からない。

自分気持ち相手には決してわからない。

自分の願望と、目の前の事実関係ない。

そういうことに気付いたのだと思う。

ただ事実だけをみつめて、結果だけを受け止めれば、なにを言われても平気に、誰と離れ離れになっても、誰が死んでも、わりと苦しくない。

感情がなくなったわけではない。

絵や、舞踏みたいな、非言語芸術を楽しめるようになった。

場の空気前後文脈や、他人感情干渉されずに、思うままに、感じるままに、生きられるようになった。

好きな服を着て好きなものを食べ、好きなことをする。

幸せと呼ばずしてなんだろうか。

長い前置きだったが、本題に入る。

恋人が出来た。

また、相手もいい歳だし、結婚も考えてるのだと思う。

しかし、自分結婚には向いていない。

恋愛をしたいと思って付き合ったけれど、自分にとっての恋愛は、夏の虫取りくらいの重みしかなく、セックススポーツで、結婚なんて微塵も考えられない。

このことを伝えるべきだろうか?

追記

人の感情に流されなくなってから投資で失敗することがなくなった。

例えば、今年はトランプ大統領誕生しようと、イギリスEUから抜けようと、パニック相場が動いてるのを冷静に見て取れて、大きく利益がでた。

http://anond.hatelabo.jp/20170328171509

あいうのは、意識的に変なポスターキャッチコピー作ってる面もあるだろうが、

毎回アートディレクターデザイナーが被るせいもあると思う

業界内で一旦売れっ子になってしまえば3、40年は業界に居座るだろうし

日本で公開される外国映画なんて、年数百本なわけで、常に最前線仕事してる人なんて数十人とかだろう


邦画で多いけど

出演者を切り抜いたコラージュどんぶり飯みたいな山作るやつとか

高校生男子女子が二人並んで真正面向いてる恋愛映画ポスターとか

同じマンネリデザイナーが関わってたり弟子筋だったりするのではないか

洋画ポスターがダサくてもいいという考えには賛成できない

本職のデザイナーさんたちが日本映画ポスターダサいのはしょうがないじゃん

みたいなことを言っているようですが

「多くの人に見てもらおうと思ったらそうなっちゃうんだよ~」というのには全然賛成できません

あのね、ララランドはいいと思うんですよ ああいうのは多くの人に見てもらいたいって映画でしょ

JK狙いの青春邦画ポスターもいいよ 家族で行くキッズアニメ映画ポスターもいいよ

そういう、普段映画半年に一回観に行くか行かないかみたいな

人たちも狙ってる映画ならそりゃそうするしかないですって思うんですよ

でも、これ一体誰がわざわざ映画館まで観に行ってんのかなみたいな映画あんじゃないですか

それレンタルに出るの待てばいいじゃん100円だよみたいなの

そういう映画ポスターはダサくちゃダメ

要するに、映画好きな人たちだけをターゲットにした方がいい映画ってのもあると思うんです

って言うと映画好きはポスターがダサかろうがダサくなかろうが

観に行くから関係ないとか言っちゃうんでしょ知ってます

さすがにねぇ映画好きったって個人の好みあるからジャンルによってはスルーしたり

これ地雷っぽいかレンタル待とうとかあります

そういう人たちによしスクリーンで見ておこうって気にさせるのに

ちゃごちゃした文字入れはいらない だってそういう人たちは気になったら調べるし

映画についての情報自然と入ってくるようなアンテナも持ってるんだから

あと、ダサいポスターだとすごいつまんなそうに見える

映画の内容とポスターのダサさは関係ないって分かっていてもやっぱりダサいポスターだと映画本編もつまんないし

部屋に飾っておきたくなるようなポスターなら映画面白いだろうなって、そういうのありませんかね

逆にさ、映画好きしか観に行かないだろーなみたいな映画説明文だらけのポスターにしたことで、

本当にみんな観に来てんですか?

そもそも大ヒット作を観に来る人たちは周りもみんな観てる(=だから面白い)とか

CGアクションが凄い(=動いてるところを観た)とかそういう理由で来てるんだろうし

アニメ映画ならテレビ放送ときバンバンCMやってるはずだし

JK向け映画も、映画のものより友達とか彼氏と「一緒に時間を過ごす」ことを目的に観に行くんじゃないかと思うんですよ

そういう人たちに、説明文で「へー面白そうだね」って思わせても「レンタル屋に並んだら観よう」って思うんじゃないですか?

http://anond.hatelabo.jp/20170328131330

でも「巨神兵東京にあらわる」は、意図的メイキングが本編な作りだったよね

今見るとシンゴジに向けた肩慣らしだったとしか思えないんだけど、

あの時点ではまだ声掛かってなかったんだっけ?



それにしてもアニマトロニクスミニチュアで撮らなくてホント良かったね

危うく特オタしか見に行かない映画になってしまうとこだった

シンゴジラメイキングすげー!こっちが本編だったか!」

いや、本編は映画の方だろ。

こういう「○○が本番だった」「○○が本編だったのか!」みたいな言い回し煽り文句?をネットでよく見るけど、すごく嫌い。

馬鹿が一人で盛り上がって大ぼら吹いてる感がある。

映画館CM

映画館CM長いよ。予告編別にいいけどさ。

没入感を求めて映画館に来ているのに、コンビニとか日用品CMを見ると興ざめする。



ノーモア映画泥棒』ってまだ必要

産業を守るために必要だってのは解るけど、今も必要なのか?

いまどき映画館撮影した映画を喜んでみる人は滅多にいないと思うんだけど。



入場時間から上映時間までCMを流して、上映時間から予告編を流すのもどうなのか。

入場時間から上映時間までCMと予告、上映時間から本編になってほしいよ。



上映時間が長いとトイレが気になってビールを飲みにくい。

ビールを買うときはなるべく上映時間ギリギリに座るようにしているんだけど

予告が長いと若干不安になるのだ。

2017-03-27

ディズニーで育てられて

気づいたときからディズニーで育てられて、はじめて観た映画白雪姫自分ディズニーで育てられて、悪いことがあると思う。ディズニーにおける友達っていうのは、現実世界では親友レベルだと思うんだよね。これを中1のときまで気づかなくて、友達要求するものレベルが高過ぎて、友達が出来ないんだっていうのを思った。単に自分コミュ障なだけっていうのもあるかもしれないけど。あと、話しがほかの人と合う話題ほとんど無い。聴く曲もディズニー、見る映画ディズニー、見るアニメディズニーほとんどで小さい頃からそうなってて、学校同級生ジャニーズとかその他諸々の話題で盛り上がってるときに1人でぽつんとしてるっていうね!ディズニーって色々なジャンルがあるから新学期自己紹介ディズニー好きです!っていう人がいても話しが合わない。例えば、パークが好きでも、キャラ、ショーパレ、アトラクでも違うし、たとえショーパレ好きでも、ダンサーとか曲とか演者とか色々な分岐があるしね...。話しが合わないから話す人いなくて陰キャラになる。なにこれ。もっとディズニー好きな人増えてよ…

ディズニー好きで良かったことも結構あるんだけど、ディズニーだけで育てられると結構生きづらい。

最近17時台に退社してる

タイトル通り、このところ17時台には退社してる。

気付いたメリットを挙げていく。



一日の自由時間がとにかく長い。

当たり前なんだけどこれに尽きる。というかこれだけしか利点ない。オンリーワン

早寝早起きを合わせると、更に自由時間は伸びる。誇張抜きで1.5倍くらい。



最近の平日はこんな感じだ。

まず17時台のうちにスーパー直行、意外と主婦っぽい人は少なめ。

20代後半〜30代前半くらいの綺麗なOLさんが多く、目の保養になる。あいつら帰るの早いな。

食材を買って帰宅で18時台前半、晩飯を食い終わってもやっとこさ19時前後である

そっからこころゆくまでyoutube音楽聞いたり、趣味楽器いじっても、せいぜい20時台後半。

そんなこんなで21時半には眠くなってくる。で、22時過ぎにはソファー寝落ち

5時には目覚め。ゴミ出しやら洗い物やらは体力のみなぎるこの時間帯で済ます

6時台にはゆっくり入浴。「夜入らねえのかよ、汚いな」うるせえよ、こちとら朝風呂派だ。

風呂から出たらしっかりとベッドで二度寝。30分から1時間寝て出社。今日も一日頑張るぞ。



家で映画鑑賞するときは、ストレート帰宅。パパッと飯を適当に済ます

あー映画しかった。時計に目をやる。まだ20時台だ。もう一本見ようかな。

ジムに行く日もある。18時前後ジムガラガラ。有酸素筋トレ、みっちりやっても20時過ぎには終了。

何をやっても時間がひたすら余る。時間買取サービスでもあれば毎日3時間分くらい売り飛ばしたいよ。



俺は独身非モテからこうやって無為に過ごしてるけれど、

彼女持ちならディナーとか一緒に行けるな。映画見たりするのも一興だ。

子持ちなら幼稚園やらのお迎えついでに子供と遊んであげられるだろうね。

春・夏とかなら全然明るいし、帰りがてら公園とかで遊んであげる事も可能かもな。

スーパー寄って帰宅後に夕食、風呂に入れてあげても20時台じゃないかな。

子供が大きくなったら親父が塾や習い事の送り迎えしてやる、なんてのも粋じゃないの。



相変わらず薄給事実は変わらないんだけど、とにかくQOL向上してる感が半端じゃない。

小学生の時の「今日帰ったら何しようかな♪」ってワクワク感が蘇ってきた。

「世の中、金だ」と言うだろう?絶対に違うね、世の中時間だよ、時間。時は金なり、ビバ定時退社。



結論:みんな早く帰ろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170327070448

町山智浩が「この映画世界の縮図を描いてるんですよ」みたいな事言い出した時と同じ。

それ、なんにだって当てはめようとすれば当てはまるやんバカ。みたいな

大相撲における「殺せ」コールの解禁について

大陸出身品格に欠ける外国人力士日本出身正統派横綱が倒すという戦後力道山のごとき構図が、それ自体品格的にどうなのかという疑問が呈されつつも喝采を集めているのは否定し難い事実だ。

ここに一層相撲人気を盛り上げるスパイスとして、「幽☆遊☆白書」の暗黒武術会編で観客がやっていた「殺せ」コールを導入するのはどうだろうか。対手を屠り神へ奉納することを象徴した言葉だ。語呂が良くてコールやすく、一体感を醸成し、気分を昂揚させる効果は間違いない。

古代ローマにおける大相撲に相当するコロッセオでの剣闘を描いた映画グラディエーター」でも観客が「Kill! Kill! Kill!」とコールしていたので、歴史的正統性問題ないだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170327152625

それを指摘すると最近だと「日本スゲーかよ。キモ」と言われそう。最近日本ダセーが受けてるし、映画ポスター問題が盛り上がってるのもその一環だろ。

ちなみに俺は日本スゲーはキモイと思うし、映画ポスタープロモーションへの影響は微々たるものだろうから好きにすればいいと思っている。

アメリカって映画ポスターシンプルで洗練されてるけど食べ物は割りとぐっちゃぐちゃで酷いよね。

日本映画ポスターは割りとぐっちゃぐちゃでダサいけど、和食は彩りとか盛り付け綺麗だよね。

落ちは無い。

文字説明せずに絵で描写しろ」って

漫画にかぎらず、映画説明台詞はやめろ!)や小説登場人物の心情を説明するな!)、ときにはTVバラエティ番組テロップを出すな!)でも幅を利かせてるけど、実際のところ特に根拠はないよね。

http://anond.hatelabo.jp/20170325194531

どこに価値見出しいるかの違いで貧乏関係いね

映画遊園地に行くようなアクティティ感覚で行くならスタバ(500円)は安い

コーヒーを飲むために行くスタバ(500円)は高い

増田は前者

友人は後者

金銭感覚だけで言えば友人の方が賢そうではある

一蘭みたいな映画館

一蘭よりもっと個室に近づけて、本格的に酒やラーメンカレーなどを飲み食いしたりしながらヘッドホンをつけて最新映画が見られる。そんな映画館

スクリーンの大きさや音響という要素を捨てて、一人でリラックスして見たい人向け。椅子かもめちゃくちゃリクライニングできる上質な椅子

というか個室ビデオ屋に近いが、そこはもっと高級感があればいいというか、映画館としての質を保ってほしい。

問題映画の録音・撮影をどう防ぐか。

ノーモア映画泥棒

会社をサボったときに気をつけるべき6ヶのこと

妻に黙って会社サボって上野に行った。会社には体調不良だと言って。

美術館博物館をぶらぶらし、見たかった映画を見て、仕事した体で家に帰った。

そんなハッピーサボタージュライフにおいて気をつけたポイントについてメモしておきたい。

1. レシートは捨てる

購入場所、日時が明記されるレシートを持ってるとサボった事実がバレる。

レシートは受け取らないか速攻で捨てること。

2. 現金を使う

家族会社と共有してるカード、決済口座を共有してる電子マネーを使うとバレる可能性がある。

現ナマ最強。足跡が残らない。

3. ツイートしない

いつもの調子ツイッターしない。凝ったアリバイ工作するのでなければネットへの書き込みをやめるべき。

4. 電話に出ない

通話時の背景音響でいつもと違うことがバレる。

かといって電源切ると不自然なので、電話は音なし・バイブなしにして放置する。

5. トラブルに巻き込まれない

確率は低いが、DQNからまれたり事故にあったりして警察沙汰になると誤魔化すのが困難になる。

無用トラブルを避けるよう慎重な行動を期す。

TVカメラは背景に写り込んでしま危険があるので避ける。

6. 孤独を噛みしめる

家族にも会社にも言わない、ネットもしないだと自分ぼっちになるが、その孤独を噛み締める。

誰かに言いたくなったらおしまい

-----

全体的に、自分が潜伏中の犯罪者になった気分で行動する。

本来Suicaスマホ携帯を持つこと自体避けるべきなんだが、現代日本におけるプライバシー

さすがにそこまでひどくない、と信じたい。

いつものアカウントダイアリーに書けないので(妻がアカウント知ってるので)増田に書いた。

明日ハッピーサボタージュライフを!

http://anond.hatelabo.jp/20170326234855

それ、映画で言えば「安心して見たいかラストはどの映画も同じような展開にしてくれ」って言ってるのと同じだぞ?

2017-03-25

貧乏な友人ともう一緒に遊べない

大学時代の友人に会った。

大学時代はお互い貧乏で、たまり場と言えばドリンクバー付きのファミレスか、学内食堂だった。

お金がないお金がないと言いながら、ノートを広げてテスト勉強しているのが常だった。

卒業から5年たった。

私は正社員彼女派遣社員

給与はおよそ2倍差があった。ボーナスもなく、残業代生活費を稼ぐわけにもいかないらしい。

それはそれで彼女は満足そうに暮らしていたから、私は特に何も思っていなかった。

ただ、この前一緒に遊んで、思った。

もう彼女と昔と同じ感覚で遊ぶことはできない。

金銭感覚が違いすぎる。

彼女ランチドリンクをつけるかつけないかで5分以上悩み結局ドリンクをつけないし、歩き疲れているのにカフェの値段に文句を言う。

都内カフェなら安いお店の方が少ないというのに、ひたすらにドトール推しをする。

ドトールが悪いと言っているわけではない。ただ、ドトールは日ごろから行けるものだ。

1年ぶりに会う友人と談笑するために行くお店にしては、非日常感がないし、たばこのにおいは感じるし、いささか心がときめく場所ではない。

少し値段の張ったカフェを紹介すると露骨に嫌な顔をされた。

彼女都内に出てくるまでの交通費時間も惜しむのだ。コーヒー一杯、10単位でも、妥協したくないのだ。

それが1年ぶりに会う友人との時間であったとしても。

ファッションビルで少し値段の張った服を見たいと思った。でも言えなかった。

結局ユニクロに行った。

ユニクロが悪いわけじゃない。私もユニクロを着る。

ただ「ユニクロしか選択肢がない」遊びのなさに、私は失望した。

たまの休み、非日常的な空間でおいしいものを食べて、心がときめくような服や雑貨を見ることはそんなに悪いことだろうか。

そんなに贅沢なのだろうか。

「高くてコンビニなんて絶対行けない」と言い張り、たまの友達との時間ですら、「お金がないお金がない」と言い続けている。

この人とはもう「遊ぶ」ことはできないな、と思った。

住む世界が変わったのだ。

生活に遊びがないと生きていけない、キリギリスのような私と、貧しさを受け入れて地道に生きているアリのような彼女

この二人で価値観をすり合わせて「遊ぶ」ことは、学生時代はともかく、今ではもうできないのだ。

「また遊ぼう」というLINEに「遊ぼう」と返信して、「じゃあ何で遊ぶの?」と疑問がこみ上げた。

私がカフェ提案しても、ショッピング提案しても、カラオケ映画ディズニー提案しても「お金がない」で終わる。

もう一緒に遊ぶことはないだろうと思った。

実写邦画漫画原作映画か賞狙いのゲスばっかでつらい

あいつらなんなの。

人気漫画リスペクトもなくタダ乗りする人達

日本を腐して海外で賞を狙うだけで全然観客の方みてない糞監督しかいないんだけど。

特に賞狙いの人たちはなんかテストで100点取れれば他はどうでもいい中学生みたいで辛い。

賞取れればいいやって感じでぜんぜん他国興行するつもりないみたいだし。

なんか審査員に受ければいいやみたいな。

山田孝之映画はそれを茶化してるわけですね。


日本の観客に真摯に向き合ってる人たちが極わずしかいねぇのがつらい。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.たまに「人と関わりたくない」と言いながら、そのことをネットで発露する人間はどういうつもりなのでしょうか。

ほら、映画とかであるだろ?

自分の顔を紙幣に」みたいなことを言う奴。

一見すると遠慮しているように見えるけど、その実は主張が激しいという決まり文句

それみたいなもんだ。



Q.ヌーヴェル・ヴァーグってハンバーグの種類ですか?

ああ、そうだ。

ジャンプカットされたバンズや、ボイスオーバーのパティがふんだんに使われていて、それが当時は画期的だったらしい。

潮流は私が生まれるよりもずっと前になくなっていたようだが、今でも調理法現代に残っていて、実写映画だけでなくアニメなどでも使われている。

特にシャフト」というスタジオは“アニメ界のヌーヴェル・ヴァーグ”と呼ばれているらしい。

……おい、はてなキーワードヌーヴェル・ヴァーグあるじゃないか

私を弄んだな、この野郎女郎

畜生が、分かっていればこんな質問に乗っからなくて済んだのに……。



Q.この世で最もナンセンスなことは何ですか。

シャマラン映画で何が最も好きで、何が最も嫌いかを語り合うことだ。

サッカーでたまに見る無茶苦茶危険なプレーについて

サッカーを見ていると顔面に蹴りが入ったり、思いっきり膝を相手にぶつけたり、スパイクの裏面で相手を蹴ってしまった光景をたまに見る。



このような光景を見て観客やサッカーファンとかは恐いなぁとは思わないのだろうか?正直、自分メチャクチャ恐い。



怪我して痛いって怖さももちろんあるが、たった1回の怪我が理由でもし誰かのサッカー人生が終わってしまったら…なんて思うと猛烈なサッカーファンのように素直に興奮して応援できなくなってしまった。というのも、サッカー試合でたまに見る危険なプレーはものすごく痛々しく、顔の近くにスパイクが当たりそうな光景を見ると「大丈夫なのかコレ!?」と心配する気持ちが勝ってしまう。



ボールに喰らいつくようなプレー」や「体を張ったプレー」とか、そのような頑張りをとにかく推奨する雰囲気サッカーにはあると思う。良く言えば一生懸命ってことなのだが、せめて大怪我させるような危険なプレーだけは止めるようにルール整備をして欲しいし、サッカーを教える側もそこまでして勝ちたいという気持ちはすごく分かるが、顔に当たりそうだったら足を上げない・相手に思いっきりぶつかるようなプレーをしない、とか危険なプレーを起こさないように子供のうちから教えるべきだと思う。



特にサッカーというスポーツは例えばボクシングとかラグビーとかと違って、殴られる・激しくぶつかり合うというイメージがそこまで結びついていないように思える。そのためか見ている側がたまに見る危険なプレーに対してあまり覚悟がない分、1度気にしてしまうととても恐ろしく感じてしまう。

たくさんの人たちに愛されているスポーツだし、学校でも体育の時間などでおそらく誰もが経験するほど身近で、一番認知度が高いスポーツだと思うが、だからこそなんでこんなに危険なプレーが結構当たり前にまかり通っているのか不思議でならない。



危険なプレーに繋がるかもしれない、ボールに喰らいつく・ボールに飛び込む・無理やり足でボールを取ろうとする、などのようなプレーを他の人がどんな風に思っているのかがものすごく知りたい。



自分けが怪我するならまだしも、相手に大怪我をさせるかもしれないプレーをものすごく一生懸命頑張っているという言葉で片付けていいものかと、映画「コンカッション」を見た後に、W杯アジア最終予選日本UAE戦を観戦しててなんとなく思ってしまった。

2017-03-24

日本ITベンチャーオフィス

https://www.houdoukyoku.jp/posts/9201

↑かっこいい写真掲載されてるけど

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/296/296531/150123aszka004_cs1e1_800x.jpg

↑実際は小さい机をならべてパーテーションもない、普通労働環境なんだよな。

海外IT企業オフィス写真とか映画しかしらんけど、たぶんたこ部屋ではないと思うわ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん