「中退」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中退とは

2016-09-25

Fラン大学中退ブログ企業家青二才が絡んでいってなくて寂しい

http://www.ishidanohanashi.com/

あいうのが炎上してる時に

叩き勢の中に「結果を出してる先輩」風の顔で混じってダメ出し指導を書き込んでる青二才見るのが大好きだったんですが居ない…。

体調でも悪いのかしら。

心配わ!

2016-09-24

双極性障害二型だった。

現在24歳。短大中退してずっとフリーターで今半年無職やってる。




精神科に通いはじめたのは20歳

治療に本腰入れはじめたのは1年半前。

主な症状は不眠、気分の波、自傷、拒食などなど。

私の意思先生には「病名があったとしても私には伏せて治療を進めてください」と言ってやってきた。

やっぱり病名ついたら甘えちゃうんじゃないかみたいなのあったし。




今はデイケアに通いながら社会復帰めざしてるし、大好きなかれぴっぴと夢の同棲生活なんかしたり

それなりに幸せな日々で、就活とか視野に入れて生きてて「やっと人間らしく生きれるかな〜」

なんてぼんやり思ったりしてましたよ!




でもなんか最近おかしくてな〜、毎日泣いちゃうとおもったらケラケラわらったり。

すごい楽しくなって毎晩外食したり、ちょっとお高い服買ったり。

全然どうでもいい冗談で泣いたり、ピアスたくさんあけちゃったり

夜中にハイテンションになったりでな〜。




今までもそういうことあったけどさ、独りだったか別に良かったの。

でも今は付き合ってる人がいてしか同棲中って。

同棲中のかれぴっぴ可哀想だし自分でもわけわからいか

前述した先生との約束を破棄して聞いてみたら、タイトルってワケ。




短大心理学専攻してたんだよ私は。要するに躁鬱ってことでしょ?

って調べたら「一生付き合っていくしかない」とか「自殺率が高い」とか。


短大心理学なんてたかがしれてるな〜なんて思いながら

今までも自分の中にあったんだけど「私は人間じゃない」っていう感覚がどんどん膨れ上がってくんだよな。

みんな私と同じ構造をしているのに、みんなができることが私にはできない。なんでだろう、なんでだろう。

やっと生きてて良かったってこれから頑張ろうって思えるようになってきたのに。


毎日毎日毎日毎日薬飲んで眠って、呼んでもないのに毎日が来るし。

それでも寝てご飯食べてれば良くなるって信じてたのに。あほらし。


なんでみんな生きるために眠るのに、私はそれができなくて薬飲んでまでして生きてんだろ。

あほくさ、あほくさ、あほくさ。そこまでして生きる価値もなんもないんだけどさ、それでも生きる価値を探して惨めだねえって自分ねぎらってるの。


27クラブの仲間入りまであと3年だから頑張っちゃう???

なんてなー!!!!!




今日眠剤つまみにして晩酌だよ!おやすみ

2016-09-23

大学中退起業話題の彼は、批判している人よりは成功する確率が高い

はてブのつきまくった大学中退してブログ起業する彼のだが、

ここまで注目を集める事が出来た時点で起業家としてはかなり良いスタートを切る事ができている。

はてブSEO効果でブロ自体検索上位表示されやすくなるだろう。

けんすうさんもnoteにて

https://note.mu/kensuu/n/n6512b0359186

「僕は、全然しらない他人起業しようと大学にいこうと、あまり熱くなれなくてですね、多くの人がアドバイスしたりやめたほうがいい!といったり、やったほうがいい!といったりしているまでの熱量はなかったわけです。」

と書いているが、自分と全く関係ない若者の挑戦にケチをつける大人は見ていて残念だなーという感じ。

老害を叩く記事もたまにホットエントリ入りしているが、はてブユーザー自体も年齢層が上がっているので老害が増えているのかもしれない。

根本的な話をすれば、ビジネスなんて運要素がかなり強いのでやってみなければわからないし、

挑戦する回数が多いほど成功する可能性も上がるのでブコメで吠えている人よりは挑戦している彼の方が成功する可能性が高いと言うことになる。

2016-09-22

レールに乗った高校教諭言葉が忘れられない

学生起業はやめろと言っていた高校時代の恩師の言葉が忘れられない。

能力がないくせに、偉そうにふんぞり返っている年寄りが世の中にはたくさんいる。だから優秀な学生の中には、新卒採用大企業に入ることをバカバカしく思うやつがいるんだ。英語も出来る、プログラミングも出来る、国際政治も分かる、ビジネスの""知識""もある、周囲の人間を巻き込む力もある。でも、何のキャリアもない人間社会成功するのは至難で、ほとんどの学生起業は失敗している」

こう言われた当時、まだ私は高校生だったのでイマイチ意味が分からなかった。

でも、アラサーになった今ならよく分かる。

実績がなきゃ、誰も信用してくれない。

当たり前のことなのだけど、たぶん若い人には理解できないのだろう。高校時代の私みたいに。

から大学中退なんかするな。

学歴もある種のキャリアなんだよ。信用を構成する一部なの。オッサンになったら分かるZE☆

大学中退して起業する記事に便乗しない起業家予備群って何してるんだ

いしだくんという人のバズってる記事、続報もこれだけバズってるのに便乗する人いないのかな。

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/21/193000



この記事読んで僕も起業決意しました!って記事あるのかな。「影響出てきたぞ…」みたいな感じで何もないところからやるより話題性はありそうなのに。


もし注目されたら「こんなこと考えてるんですー」って記事出して。批判も多いだろうけどネガティヴな部分って自分じゃ考えたくないし、人に言ってもらって、論破してやるー!くらいで打開策考えるとかわりと有益なような。自分で思いつかないこと沢山書かれるだろうし。

誰かが「おもしろそう」って協力してくれる可能性は上がると思うんだ。

ついでに壁Aにぶち当たって、自分なりにBって答えを考えたら、「壁Aにぶち当たったー!」って記事書いて、自分同様Bの意見が出るか、斜め上のCとかDとかの導入みたいの出たら儲けもんだし。うまく使うとかなりいいのでは、と思うのです。

誰かやらないの?あ、やってるけどバズってないのかな。

2016-09-19

どこの誰かも知らん人の人生に口を出すなよ

大学中退しようが結婚しなかろうが好きにさせろよ

http://anond.hatelabo.jp/20160919211725

大学中退して小説家になる、声優になる、だったらブクマつきそうだけど、

石田クンまでは盛り上がらないだろうなあ。

そう考えると、今回の盛り上がりはブログカレッジ存在が大きい。

大学中退して死んだ爺ちゃんの料理屋継ぎますかいう女がいたらネット民にフルボコッにされるん?

例の大学中退して起業する人が成功しないたった一つの理由

Blogタイトルが「現役大学生ブログ」のまま

プロフィールが「学生ブロガー」のまま

正式に退学した2016年9月15日に変えなきゃだめなんじゃないの?

まだ学生気分が抜けてない。


追記

※だらしがない

気持ちの切り替えができてない

ただの何やってもだめな人じゃん

タイトル変えるから成功するんじゃない

そこにすら気づけないか成功しない。

まー、こんなんで日本からジョブスが生まれるわけないよね

4ヶ月で大学中退起業するって宣言した若者話題になってるけどさ。

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000


ちょっと起業宣言しただけで、よってたかっておっさんどもが叩いてる。


やれ見通しが甘いとか、影響されてるだけとか必死にあらをさがしてさ、それにはあきたらず自分の苦労体験成功体験まで語りだす始末。

見通しや甘い起業宣言をしただけで、集団リンチされる日本

ちょっとひくくらい異常さを感じたね。

その意見は正しいし、この若者成功する確率はとても低いかもしれない。

でも、ほっとけばいいじゃん。まだ知識経験もたりない若者が無茶してるなーくらいのはなし。

ほっとけばいいはなしなのに、鬼の首でもとったかのようにうれしそうに批判合戦

アメリカなんてもっとくだらない理由事業内容で起業してる人いっぱいるけど、誰も批判しないよ。

量のなかからしか、質はうまれないんだよ。


よくなぜ日本ではジョブズが生まれないのかっていわれるけど、これが答えだよ。

人のあらを探したり、足をひっぱるのが大好きで、挑戦するものバカにする国民性

ファックだね。

他に大学中退するヤツいないの?

大学中退して起業するヤツのエントリブクマ1,000以上だっけ?

それに関連したエントリも全部足せば2〜3,000行くんじゃね?

すごい盛り上がりだよな。

でもさ、大学中退するヤツは年間何万人もいるんだろ?

そいつらもエントリ書けばいいのに。

はてなブログはいないのかな。

大学中退せず不本意なレールに従った結果

手に職を得て、自分の働く環境や働き方をある程度選べるようにはなった

とりあえず生きていける分+貯金月にいくらか分だけ働いて、あとは時間趣味読書なので割と金がかからない)に使って、それなりに幸せである

 

良かったことはそのくらいだな

大学で学んだことはもちろん仕事に役立っているが、仕事のものが好きじゃないので嬉しくはない

向上心がないのでもっと仕事活躍したいとかも思わないし(だって活躍するって忙しくなることだろ?)

進路で迷ったことが何度かあるが、そのたびに親に「一番良い」レールを指示されて、乏しい経験の中から考えてひねり出した俺の意見は一笑に付された

ミュージシャンブロガーアニメーターになりたいと主張したわけじゃない

国家資格が取れる道で自分がやりたいと思えそうなもの提案したけど、それが親の考えではやや「劣る」道だったか相手にされなかったんだ

 

親に反抗できなかったのは自分根性なしのせいなので、それはそれで仕方がないと思うが、そこで折れたときに色々とバッドステータスを受けてしまった

「俺は世の中の事なんか何も分からないバカ」「物事の決定に自分好き嫌いなど考慮してはいけない」「周囲に迷惑をかける可能性がある選択はしてはいけない」

親が直接こういうことを言ったわけではないが、自分を納得させるためにこんな感じの考えに心を支配されてしまった

 

このバッドステータスは俺の人生を大きく損なったと今でも思う

それでも少しずつ解除はしていって、以前よりもだいぶ楽になったし、そうなるとレールに従って得た職や技術がそれなりに便利な道具になる

しかしここまでにもう20年ほどかかってしまったし、まだ完全に解除は出来ていないし、死ぬまでにそれが可能かもわからない

 

レールを外れたらそれはそれで別のバッドステータスが待っていたかもしれない

でも今受けているバッドステータスの少なくとも一部は受けずに済んだかもしれない

全ては「かもしれない」だけで確かめようもない

まあ少なくとも、レール通りだからって楽で退屈で変化がないなんてことはないよ

あらゆる道にはその道なりの苦楽があるし、道の先がどう曲がるか、坂があるか、あるいは急に途切れているのかなんて、誰にも分からない

一本のレールしか歩んでないから知らないけど、たぶんそうだと思わないと、俺のバッドステータス解除が進まないのだ

若者よ、偉そうに説教しててもアラフォーだってこの程度だぜ

プロブロガーを目指した彼が中退したのが東京大学だったら

何か違う話になってたのかな・・・

学生起業中退をして28歳になった私が教える「学生起業家現在」と「本当の成功率

http://officelife.tokyo/A/management-support/co-founder/566

学生起業家数十名の現在(20代後半の状況)は、

ほとんどの人が何らかの形で平均以上の経済力を得ています



学生起業が上手くいく理由1. 資金調達やす

学生起業が上手くいきやす理由2. 起業家が少なすぎる

学生起業が上手くいきやす理由3. 経済的な焦りが無い

あの中退企業家成功するかもしれんね

18歳中退ブロガーについてみんなが勘違いしてること

「レール」とか言ってるからいい大学行ってたと思うだろ?

関外関内みたいに慶応とか辞めちゃってるんだと思うだろ?

実際には名古屋学芸大学かい偏差値40台の

まりどんな馬鹿でも入れるF欄だよ

なんならまた簡単に入れる

http://anond.hatelabo.jp/20160918170303

高校中退して起業しようと思うんだ



学校いてもスクールカースト底辺だし、友達恋人もいないし、このまま普通のレールに乗っても恵まれた健常者には勝てないし、生まれてきた瞬間に健常者というレールから外れてし、ずっと負け続ける人生ゲームをやらされるだけだし、受験アトピーゾンビウイルスでうまくいかないだろうし、サラリーマンにはなりたくないし、さっさと高校中退して人生一発逆転にかけてみたい。人生中退するまえに。





起業すれば不細工アトピーゾンビでも社長になれるのだ。

グレーなことを沢山して会社を成長させて、上場して適当にホラ吹いて株価釣り上げて株価暴落する前に売り逃げる。完璧だ。

そして、億万長者として、人間幸福を目いっぱい味わう。

金があれば女もついてくるだろう。いい女抱いて、うまい飯一杯食って、いい家住んで、いい車買って、いい服買って、いい腕時計つけて、貧乏人の健常者をあざ笑って馬鹿にして見下して優越感にひたりたって幸せを感じたい。




成功者として億万長者になれば、今までの嫌なことも這い上がりエピソードとして使える。

アトピーゾンビでずっと不幸だったことも成功スパイスになる。

成功したら自伝を出そう。不幸エピソードを書きまくって、そこから這い上がりましたっていうストーリーにしよう。

そうすれば大衆から称賛を得ることができて承認欲求をみたせる。

インスタグラム人生を楽しんでいる写真を沢山上げよう。

いい女に囲まれてたり、クルーザーに乗ってたり、上流階級パーティを楽しんでいる写真をあげよう。




ここまで書いて、何にも起業アイデアがないことに気付いた。そして、なんのスキルも持ってないことに気付いた。

コミュ障容姿きもいから営業の才能が皆無だということが想像でわかる。

アトピーゾンビ普通のレールに乗ってても健常者に負けるだけなのに他の人生のレールがない。

なにか特別特殊な才能が有ればそっちのレールに行くんだけど。

アトピーゾンビウイルスの痒みや痛みや肌の汚さによる他人から侮蔑的反応に耐える才能ならある。あと、精神崩壊せずに虐待や虐めに十数年耐える才能もある。

でもそんな才能は社会じゃ何の役に立たないし評価されることもない無駄な才能だ。




誰もが目を見張る特別な才能がほしかっただけの人生だった。

2016-09-18

大学中退に関する記事流行ってるけど

大学除籍した人のその後に関する情報が不足してるので一言言っとく。

学費納付状況は親の言葉を信頼せず都度学生課に確認しといたほうがいい。

テスト全部受けて単位発表前に学生課に呼び出されて学費未納なので除籍ね^^って言われてからでは遅い。

準備0で就活しなきゃいけないのと除籍では履歴書中退とすら本来書けない(書いてもバレることはまずないだろうけど)ので

ホント仕事ハロワ経由しか選択肢なくて苦しむ。

そうはいうけど中退18歳のブログは読めば読むほどきつい…

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/04/01/020344

このプロフィールとかなんなんだ

ページ丸ごと粉みかんみがしゅごい

人生挫折を味わった高校生

高校では吹奏楽部に入部。

部活に入るかは自由だったので、帰宅部にしようと思っていたけれど、何となく吹奏楽部に入ってしまった。

そしたら、なかなか大変な部活で夏の大会は全国目指してずっと練習状態

中学から楽器を吹いてる子もいるなかで高校から始めたぼくは全くついていけず怒られる毎日に。

そこで自分が甘やかされて育てられてきたことを心底実感しました。

起きたことも感想も文のまとめかたも中学生夏休み日記

マジで全部こんな感じで読むのが辛い

ブロガーって文章を操るんだろうにこの中学生日記でどこへ討って出るつもりなんだ




これははっきり言うべきだと思う

このブロガーからは「18歳なんてみんな馬鹿」という優しい一般論とは別の馬鹿さを感じる

「18歳なんてみんな馬鹿」という時の「馬鹿」は若者経験の乏しさから来る判断の突飛さを指すのだと思うが

からはそういうのとは違うもっと端的な、はっきり言うと低学力・低知能的な匂いが漂ってくる

プロフィールページに目を通しただけでも俺の言ってることわかるはずだ




勢いつきすぎた青春ほとしりとか言うより

微妙に足りない人が悪い奴に騙されてる」っていう典型的詐欺現場に見える

青春映画と言うよりヤミ金ウシジマくんだ




こんな子を「プロブロガー自己実現しようよ!」とか誘って大学辞めさして

ここから更にセミナーに通わせたりつかいっぱにしたりしてしゃぶろうという奴等はほとんど犯罪者じゃないのか?

我々が見てるのは犯罪現場じゃないのか?




「18歳なんてみんな馬鹿」というこの場に相応しくない一般論を当てはめてこのような悪事スルーしていいんだろうか…

大学中退企業絡みでホッテントリに湧いてくるあの自分語り何?

成功者ならともかく有象無造かつ無能の身の上話とか誰が得するんだよ

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160918170303

退学ブロガーの一日

大学中退した起業家生活大公開

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/17/193000

7月には退学届けをだして、この2ヵ月もう起業家としての道を歩き出したんだね。

彼は偉いよ。偉い。

先日のブコメ批判している人は、この2ヵ月の彼の活動を知らない気がする。

大学中退して起業()予定の18歳が笑われてるけどさ

金曜日に、ホッテントリに↓の記事が上がってて、読んだ人は多いと思う。

 

4ヶ月で大学中退起業します。レールに沿ったつまらない人生はもう嫌だ。

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

 

んで、ブコメをみたら、嘲笑の嵐ですねww

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

 

40年前ならヒッピー、30年前なら新興宗教20年前ならマルチ商法10年前ならバックパッカーやってたような層が2016年にやるのがブログ起業なんだろな

おかしセミナーにハマった息子が起業するとか言って大学を辞めてしまいました」 そろそろ被害者の会が結成されそうな予感(ワクワク)

おいおい。楽な方に楽な方に流されてるだけじゃん。挑戦でも何でもない。ただの逃避だ。あと書いてる事が全てポエムしかない事に気付いてるんだろうか。

煽りブロガーにいいように洗脳されてるように見えて、個人的にはモヤモヤするなあ。皆似たようなこと言って同じようなことやってるから区別がつかない。

意識高い高いし過ぎて、胡散臭い人脈にハマってしまったようだな。なぜ起業中退がワンセットなのか、学生のまま起業すれば良いじゃ無いか・・・

 

 

まあ俺も、この人が成功しそうには思えないし、痛々しいなぁって思うよ。

レールに乗りたくないっていうけど、名前もきいたことない大学に入ってる時点でこいつはまずレールに乗れてないからな。

それに、「挫折体験かいうのが高校部活の話で萎えた。しかも何が挫折なのかよくわからんし。企業就職面接における自己PRで「サークル」の話をしても、じつは採用担当には全くウケないわけだけど(とはいサークルバイトぐらいしかネタがない学生が大半なんだけど)、多くの大学生世間を知らなくて、その話題社会人にとっていかにつまらんかを想像できてない。そこへきて高校部活かよ、と・・・

他にも言ってることがいちいち、凡庸のものなわけ。ブログカレッジ()界隈の定番クオリティって感じ。

それでブコメで叩かれるのはよくわかるんだ。

 

でもよく考えたら、俺だって18歳の頃は似たような感じで迷走してたわ。

 

高校はけっこう偏差値が高かったんだけど、大学いくのダルかったから、卒業後は微妙IT系専門学校にいって時間つぶしてた。

IT系っつっても、俺は起業とかはまったく目指してなくて(今みたいにWebサービスとかスマホゲームベンチャーみたいなわかりやすモデルもなかったし)、言うのも恥ずかしいんだけど、漠然ゲーム関係クリエイターのようなものか、つながりが変なんだけど作家みたいなものを目指してた。今は自分でもバカだなって思うし、むしろ意味分かんないぐらいなんだけど、とにかくそんな感じだった。

でも大した努力はしてなかったね。要は、面倒なことから逃げてただけ。そして努力から逃げるための言い訳として、「他のやつと同じように無難大学行って就職するなんてダサい」みたいな妙な美学自分なかにあったんだよね。

その時のマインドは、けっこう↑のやつと似てるかもww

まあ似てないかも知れないけど、安易に↑のやつをバカにできない程度には痛々しい若者だった。

 

違うところがあるとすれば、もともと勉強はできるほうだったことと、周囲に埋もれるタイプではなかったことかなぁ。

ただそれも俺の場合は悪い方に出てたね。タチが悪いと自分でも思うんだけど、それなりに偏差値の高い高校を出てるから、心のどこかで専門学校の周りのやつらを見下してるところがあった。地元専門学校だったから、俺の高校名を聞くとだいたいみんな知ってて、「えっ、その学校からなんでここに?」みたいなことを言われる状態しょうもないけど、ちょっと数学っぽい話になったときとか、難しい漢字が出てきたときとか、俺しか分かる奴がいないみたいな場面がたまにある感じ。

そうすると自分がなんとなく、選ばれた人間みたいな感覚を持ってしまうんだよね。しかも、もともと小さい頃からあいつは変わってる」みたいに言われることが多くて、要は個性的少年だったこともあり、「俺はとにかく、何かで成功するはず」みたいなイメージを持っていた。

高校同級生は、旧帝〜駅弁ぐらいまで幅はあったけど、まあふつう大学に行ってて、たまに集まると俺は何をしてるんだという話になるわけだけど、「変な道に進んでるけど、俺はこれでいいんだ」みたいなことを語ってた気がする。

 

しかしその学校に入ってしばらく経つと、自分には特に目立った才能がないことがだんだんわかってきたのと、「努力から逃げているだけ」ってことにも気付いてきて、焦りを感じ始めたな。あの頃は苦しかった。同じ学校の、バカにしてた同級生がなんかのコンテスト入賞したというのを知ったり、同じくバカにしてた先輩がけっこういい会社就職したと聞いたり。

 

それで俺の場合は、↑のブロガーのように起業とかをするのではなく、色々考えた結果、レールに乗り直す方向に行きました。

学校中退して、受験勉強して大学に行くことに。さすがに私学に行くのは親に悪いと思って、実家から通える国立に行ったんだけど、専門学校入学金とか授業料ってけっこう高かったから、親のスネはかなりかじった感がある。

 

んで大学に行ってみるとさ、これが思った以上に面白いわけ。

↑のブロガー大学がつまらんと言ってるけど、俺の想像ではそれは偏差値の低いところに楽して入ったからであって、ほんとは大学ってけっこう凄いところなんだよね。いろんな専門の人がいるし、教授の中にはその分野では世界的に有名な人とかもいるわけ。

それに勉強って、やり始める前はダルいんだけど、やってみるとどんどん視界が広がってきて、あれも知りたいこれも知りたいってなるんだよね。

「レールに乗る」とかいうけど、一回乗ったら終わりじゃなくて、案外「乗り換え」のタイミングが何度もあるんだよ。そして大学に入った後のレールって、1番線から3番線みたいな狭い範囲じゃなくって、100本、1000本って単位であるから、ほんと自由だし、自分自身の工夫や努力リスクテイクが試される世界だと思う。

さっき偏差値が低い大学バカにしたけど、偏差値が低いところでもある程度以上まじめにやれば、似たようなもんだと思うわ。

 

それで俺は結局、親のスネをさらにかじる方向、つまり大学院にも行くことにした。修士就職するかどうかは迷ったけど、結局博士課程まで出て、今はそこそこの大企業材料系の研究職についてます博士課程ぐらいまでいくと、レールに乗っても電車勝手に動いてはくれないというか、レールが途中で切れているような世界から、もはやレールに乗るとか乗らないとかい概念はどうでもよくなって、努力するしかない。

就職したときもさ、そりゃ起業する人に比べれば安全選択肢だったかもしれんけど、レールに乗ったまま楽に進んできたとか、レールに沿って決められた行き先に流されるように辿りついたという感覚はなかったなぁ。そして今も今後もけっこう競争があるから、気を緩められない。

 

振り返ると、高校卒業時に「レールに乗りたくない」と思って大学受験回避し、これはまずいと思って「レールに乗りなおそう」と大学に行き、行ってみたら「レールが多すぎてカオス」な状態経験し、しか自分で選んだレールを少し進んでみたら「レールに乗ってても電車が進まない」、そして「レールが途中で切れている」みたいな世界に至って、ぜんぜん安易ではないところに来てしまったわけです。

なんていうかさ、冒頭のブログ主がいうような「レールに沿ったつまらない人生」って、どこにあるんだよって感じがするわ。

 

 

冒頭のブログとそのブコメを読んで、俺がまずブログ主に言いたいと思ったのは、「レールに沿った人生」ってそんなわかりやすものはどこにもねーよってこと。

このブログ主は、大学に行って企業役所就職する人たちを「レールに沿ったつまらない人生」とか言ってバカにしてるかもしれんけど、それは視野が狭い。大学に行って就職するのって、そんな単純なものではなくて、いろいろな自由不安や試練があるものなんだよ。俺は研究職だけど、事務職でも営業職でも、付き合いのある範囲で聞いてると、同じように自由多様性があるように思える。

 

それでブコメの人たちに言いたいのは、「べつに18歳ぐらいなら血迷っててもいいでしょ」ってこと。俺は↑のブログ主が、起業成功するとは思えんよ。まぁよく知らない人だから、ひょっとしたら成功するかもしれんけど、直観的にいえばこいつはダメだろう。

だけどまだ18歳だぜ。このぐらいの年齢で多少血迷ったことを考えるのはむしろ健全なことだと思うし、俺みたいに後からレールに乗り直す道だってあるんだよ。社会人になってから大学大学院に行く人だってけっこういるでしょ。

ブログ主を叩いてる人たちだって、多かれ少なかれ若い頃に迷走してるんじゃないかと思うし、むしろ迷走した経験のないやつの人生なんて厚みが足りないとすら思うよ俺は(半分は自己正当化だけど)。

 

双方に言えるのは、キャリアって今の日本でもけっこう多様なんだということをあまり認識してないってことかな。それを認識してたら、こんなブログを書くことも、こんなブログ過剰反応することもないはずだ。

 

 

(追記)

あと↑のブログへのブコメを見てて気になったのは、「好きにすればいいけど、親に頼るなよ」とかいコメがチラホラあったことかな。

べつに、頼れるなら親に頼ったっていいでしょ。経済力があるなら。

それに、外野いくら「親に頼るな」「自己責任」なんて言ったって、親はなんだかんだで、子どもサポートは最大限したいと思うもんだと思うよ。

俺はまだ子どもが小さいけど、こいつが大きくなって血迷った選択肢に走ったら、「おいおい落ち着け」と一応は言うものの、心のどこかで、「俺の財布が尽きるまではセーフティネットになってやろう」って考えると思う。

俺は自分の親のスネをかじりまくっていて、けっこう負担をかけたと思うけど、どっちかというと親は息子の成長ぶりに満足げに見える。だから俺はその恩を、親に返すというよりは、むしろ自分の子ものわがままを聞いてやるという形で返していきたいと思う。

 

 

ホッテントリ入りしてたのでさらに追記》

気づいたら総合トップにいて、本エントリへもブクマがたくさんついていた。まとめると、

というのが主な反応。なるほど。

彼のブログの続きをみると、一応、Webサービスの開発に挑戦しているみたいなので、「起業」という名の「アフィブログと有料サロン」みたいなビジネスモデルに走らないことを祈る。

 

2016-09-17

はてなーゲーム中毒である

大学中退した人の、悲惨人生の話。(慶大文の中退で、文才がある人)

  http://goldhead.hatenablog.com/entry/2016/09/16/202811

 

これがブコメですごく共感を呼んでいる。

  http://b.hatena.ne.jp/entry/goldhead.hatenablog.com/entry/2016/09/16/202811

 

一方、次の疑問が生じている。

oppai3636 何故ここまで共感を集めているのか理解に苦しむ

 

これには、次のブコメが参考になる。

blueboy こうなった原因は、本人が書いているとおりで、ファミスタダビスタだよ。例の中退者もそうだろうけど、原因は常にゲームだ。サイバーメガネもそうだよ。ゲーム麻薬よりも怖いと知れ。頭のいい人も破壊される。

 

以上のことから三段論法で、結論できる。

はてなーゲーム中毒である。だからゲーム中毒で身をもちくずした大学中退者に、すごく共感できる。ひょっとしたら自分もこうなっていたかもしれないな……と思いながら」

  

哀れな人々。

 

高卒・中卒<大学中退だと思うんだけども。

中退で月収13万の女性記事とか、なんで高卒自分より収入低いんだよ。

とか、中退で夢も希望もない人生送ってるとか、俺よりマシなレールに乗ってるくせにイラっとくるな。

経済的理由で行きたい高校も諦めたのに。

レールなんか敷いてももらえなかったし、自分で敷くことすら出来なかったのに!