「バージョン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バージョンとは

2016-07-29

限定ガチャ」の邪悪

最初は「期間限定です」と、暗に「今しか手に入らない(=再登場は多分しない)」と匂わせてガチャに入れて煽る。

ほとぼりが冷めて、再登場を望むユーザーが増えた頃合いに「限定だったのを再登場させます」ってやり口。

過去に煽られて入手した人は既得権益者みたいなメンタルになるから不満をもつけど、

それを上回る需要があるから一種正義みたいになってしまう。

そういう売り方を何度もしてると、さすがに不健全馬鹿にしているってソシャゲユーザーでも思うから

「じゃあ今後はそういう売り方は控えます」ってなる。それがグラブル。

(とはいサマーバージョンみたいな時節もの限定商法でも納得されやすいから、

そういう時には全力で来るけども。)

でも、そうなった後にも、同じ会社系列デレステでは限定ガチャを散発的にやっていて、

そして性懲りもなく、先般、再登場を宣言した。

デレステグラブルも、ゲーム自体は非常に良いものだし製作者の愛を随所に感じるから

お布施のしがいはまあ有ると言えなくもないのだけれど、

そういう愛ある作品と、邪悪な売り方が共存しているっていう所に

なんとも言えない気持ち悪さを感じるよね。

こういうのって、アレと同じなのか。

アイドルビジネスや、宗教ビジネスと一緒で、

「騙す側と騙されたい側による高度なごっこ遊び」なんだろうか?

冷静な外部者がみて「いやそりゃねーわ」ってレベルのやり口でも、

淘汰や自浄作用が働きにくい魔境みたいな感じがあるよね。

ファンが愛ゆえにクレイジーな消費をする、っていうのは一概に悪いとは思わないけど

もうちょっと品よくならないもんかなぁと思う。

そのへんでポケモンGOとかどうなんだろうと未プレイ者なりに気になっていたんだけど

shi3z氏の日記読んだら結構そのへんも絶賛されていたよね。

やっぱり日本外圧矯正してもらうしかないのか。

2016-07-28

ソース見れば回避策はわかるかもしれないけど、正しい方法がわかるとは限らない。

間違った方法回避してしまうと、バージョン変わるたびにソース読んで新たに回避策入れるはめになる。

http://anond.hatelabo.jp/20160728160728

バージョンごとに端からいちいち読んでるの?それともおかし挙動見つけてから読むのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160728154540

上のほうで書いた「バージョンちょっとずれる」はマイナーバージョンのことね

Railsでいうと4.2.xのx

http://anond.hatelabo.jp/20160728134202

メジャーバージョンぐらいは確認するでしょ?

マイナーバージョンは俺もあんま気にしないけど"どの程度違ってても動くのかなんてわからいから"一致させるわけで、

それでも動かないならバージョン違いによる原因ではないというのがわかるから有用でしょ。

てか公式読むの億劫なようだけど、そんなに読むの時間かかるか?

公式にもサンプルコードとか用意されてる奴多いしそれ見ながらやったほうが速くね?

http://anond.hatelabo.jp/20160728113532

バージョン確認は当たり前と言うけど、逆にマイナーバージョンまで一致してることなんてほぼないわけじゃん。どの程度違ってても動くのかなんてわからいから、確認した所であまり意味はない。

またライブラリよりも依存する環境の設定(バージョンではなく)で動かないケースが経験上多いからそこまでは記事から確認できなくてお手上げなんだよな。

解決策としては公式を読み込むしか結局ないんだけど野良エンジニアブログが役に立ってた時代より開発に時間がかかるようになったのは確か。

http://anond.hatelabo.jp/20160727175406

ライブラリバージョンが一致しているかどうか確認するのは当たり前のことだよ。

つーかNodeでもライブラリドキュメント読めば互換性があるかどうかはきちんと書いてある。

Javaは安定してるっていうけど、この前Android開発でJDKバージョンアップした時にjarsignerのデフォルト引数が変わっていてひどい目にあったかJavaでも同じ。

Y社のサポートが酷すぎて笑ってしまレベルだった。

Y社のサポートが酷すぎて笑ってしまレベルだった。

当方情報システム部に属しており、社内のインフラサポートをしている。


無線LANアクセスポイントは、同一フロアで全部で4台あり、全て固定チャンネル設定をして運用している。

4台のウチの2台ー3台が、この様なログを履いてチャンネルが変わってしま現象に襲われている。


2016/07/22 16:15:13: [802.11] Radar found on channel 64

2016/07/22 16:15:13: [802.11] Changing to channel 40

2016/07/22 16:15:13: [802.11] Changing to channel 40 (5200 MHz) chanStart 64

Channel 40 に切り替わる設定はどこにも記述ないので、どこから出てきた?と。

もちろんスケジュール設定にも、そういった記述はなし。

自動チャンネルが変わる記述は無いと思っているのだが、皆目検討つかない。

(他のAPは、意図通り動いているしね。。)

Configurationの読み込み直しのためにRestartも何回もした。

Firamwareは、バージョンRev.12.00.16  最新ではないが、最新までのRelease notesはチェック済みで該当してそうなものはなし。



困り果てて、バグかと思いY社サポートに問合せを入れるも1週間連絡がない。

しびれを切らして、電話を入れたら以下の様な対応である

1)受付番号を聞かれ、返答すると、そのような問合せは無いと当初言われる。

  →これサポートで問合せ受領して、勝手にCloseしてんじゃねーかな。

2)問合せ順から順次対応しているとのこと。

  先日は1両日には返答頂いておりましたが、最近は問合せが立て込んでいる。という事でしょうか?と質問するも

  →「そんな事は無いが、返答できない。」との事。

  何件中、何件目のキューになっているのか?と質問するも

  →「返答できない。」との事。

  こんな感じなので、解決時期の見込みもたてられない。

3)とても困っているので対応の優先度を上げてもらえないか?とお願いするも断られる。

まぁ、こちらとしてもY社の機器を購入すると付随する保守サービスに加入しているだけで、Additionalで費用負担しているワケでもない。

また、Y社のサポートセンターSLA定義されていないので、こちらとしては明確に期限を要求できるワケでもない。

ぶっちゃけ彼らが返答に誠意を見せない。と、言われてしまっては、結局何やっても無駄なんだよね。

サポートの出来によって、その製品を使い続けるかどうかの判断になるのにね。

世の中的には、チャットサポートデファクトになりつつあり、そのアジティに比べると旧態依然した大企業サポートだな。と思ったわけで

全てを悟った私はおとなしく他社製品リプレースすることを決めた。

#もし、原因のヒントがあれば教えて頂ければ幸いですw

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727202658

FFバージョンいくつだったかライト層がどっと参入したやつあったけど

あれと似たような感じか

http://anond.hatelabo.jp/20160727175016

どうせRailsとかNodeとかだろ

バージョンちょっとずれると動かなくなるやつ

「新しい方がいいだろ」つって最新入れると絶対上手くいかないやつ

Javaは安定してていいよ

今でもはてなーの総意としてはIEバージョンとかすら問わずバカにしてればOK、あんなの使うのは情弱ってスタンスなのか

2016-07-26

相模原で15人殺した奴のツイッター

前に淡路殺人事件起こした基地外ツイッターに通じるところがあって怖い

あいつのキャラバージョンって感じで、陰謀論にハマるから脳が壊れるのか、脳が壊れるから陰謀論にハマるのか

恐ろしい恐ろしい

2016-07-25

ポケモンgoロケット団が来てほしい

ポケモンgoで遊んでいる。

とても楽しんでいるけれど、もやもやすることも、なくはない。

今日学校の近くのジムがめずらしく黄色になっていた。

てっぺんをみると、強さのポイントが1500もあるシャワーズが、頼もしくしっぽをゆらゆらさせていた。

サブにはサンダースもいたので、ここぞとばかり、私のナンバー2のヨーゼフちゃん(ガーディ仮名)を鎮座させた。

サブ二匹の強さのポイントはおおよそ800ほど、タイプもバラバラで、これで暫くは弱小黄色の休憩所が確保できるか、と考えていた。

正直、ヨーゼフちゃんを置いてあちこち回るのは気がひけたが、黄色の端くれとして、奉仕のつもりで協力した。

その4時間後、ヨーゼフちゃんが無惨にもボロボロになって、私のところに帰ってきた。

現状、このゲームシステムについては2点、もやもやする部分がある。

ひとつは上記の通り、「ジム」と銘打ちながら、その実陣取り合戦拠点に駒を置いて押さえておくシステム

旅先で出会った友としてのポケモンを置き去りにして、見知らぬ誰かにタコ殴りにされて帰ってくるのは、本来ポケモンジムとは趣旨も印象もかけ離れている。私の知っているポケモンジムは、ポケモン自身の鍛錬のために、パーティを組んで挑む所のはずなのだが、このゲームでは強くなりもしなければ、パーティも組めない。

もう1つは「色分け」システム

これはハードの時のバージョン戦争にも通ずるところがあるのだろうが、「色が違う=敵」の構図をより強くしてしまっている。

事実、色の違う人々とは何1つ協力しあえないのだ。協力できるシステムが無いから、その余地がない。色の違う人達は、自分ポケモンを傷つけるだけの敵なのだ。今のところ。同じポケモンをしている人たちなのに。

あのジムは今、青色のものになって、てっぺんではプテラひらひらしている。

もしあのジム仮想敵、例えばロケット団が来て、あのプテラを捕まえてしまったら、私はチームなんて関係なしに他の人たちと乗り込みに行って、3色入り乱れて共同戦線がはれるのに。

その方がなんだか、らしくていい、ような気がする。

gitにおけるコミットログ/メッセージ例文集100

私はコミットログの書き方に悩む英語の苦手な人間である。実際、似たような人は世の中に結構いるようで、頻出単語を集計したりまとめたものは既にあって役に立つのだけれど、これらはあくま単語の話であり、具体的な文を構成する過程でやっぱり困る部分がかなりあった。

要するに、どういう時にどういう文が使われているのか、ということを示した例文集が欲しいのであるググると他にも「例文集があればいいのに」みたいな声はあるくせして、しかし誰も作ろうとしない。何なんだお前ら。それじゃ私が楽できないじゃないか

仕方なく自分でまとめたので、増田に垂れ流しておく。

はじめに

ここで挙げているコミットログは全て実際のコミットログから転載である。当然ながら各コミットログ著作権はそれぞれの書き手にある。いずれも各英文でググれば出てくるし、フェアユース範囲なら許してくれるだろうと考え名前プロジェクト名は割愛したが、ここにお詫びと感謝を述べておきたい。

抽出条件だが、参考にできそうなコミットログを多く含んでいそうなリポジトリGitHubSTARの多い方からざっと目で見て適当に選び、それぞれ最新コミットから5000件抽出した(あわせて前処理として、コミットログ冒頭のタグ情報は消去した)。

結果として対象としたリポジトリは以下の通り。

atomのみ5400件抽出していたため、計25400件のコミットログベースである。このうち、以下の条件に合致するものは参考例にすべきでないとして一律排除した。

こうして残った8540件を眺めながら、適当に切り出したのがこの用例集である個人的に「うーんこの」と思った表現も、散見される場合は載せた。

ということで、以下用例を羅列していく。

用例集

オプションフラグメニューを追加した
ファイルを追加した
メソッド機能を追加した
実装を別のものへ切り替えた
  • Use args.resourcePath instead of args.devResourcePath
  • Use arrays instead of while loops
  • Use auto instead of repeating explicit class names
  • Use weak pointer instead of manual bookkeeping
  • Change all uses of 'CInt' to 'Int32' in the SDK overlay
  • Change Integer#year to return a Fixnum instead of a Float to improve consistency
新しく何かに対応した/機能上の制約を取り払った
何かを使うようにした
より好ましい実装に改良した
何かを出来ない/しないようにした
  • Don't bail reading a metadata instance if swift_isaMask isn't available
  • Don't exit until the parent asks for an instance
  • Don't include Parent pointer in Nominal/BoundGeneric TypeRef uniquing
  • Don't use MatchesExtension for matching filters
  • Don't use ES6 class for AutoUpdater windows class
  • Don't use MatchesExtension for matching filters
  • Avoid `distinct` if a subquery has already materialized
  • Avoid infinite recursion when bad values are passed to tz aware fields
オブジェクトの内容や挙動確認やすくした
Assertを追加した
不要コードを除去した
コードを移動した
名前修正した
さなバグタイポ修正した, 警告を潰した
バグや好ましくない挙動修正した
テストコメントドキュメントを追加した
テストを削除した
テストコメント修正した
ドキュメント修正した

表現傾向とまとめ

以上の用例をふまえ、今回の参考ログ8540件から先頭の単語を出現回数で並べると次のようになった。

Add 1149
Fix 1014
Update 584
Remove 566
Use 382
Don't 260
Make 228
Move 178
Change 103
Rename 85
Improve 76
Avoid 68
Allow 65
Implement 60
Handle 58

コミットログの基本形はもちろん動詞 + 名詞である名詞固有名詞複数形、不可算名詞が多いが、単数形場合冠詞は a が使われるか、あるいは省略される。the はまず使われない。

何かを追加した、という表現では非常に広く Add が使われる。メソッドからテストドキュメントに至るまで大概これでまかなえる。

一方、何かを修正した、という表現では広く Fix が使われる。「何か」は typocrash といった単語からメソッド名まで幅広い名詞を取るが、動名詞はあまり取らないのと、that節は取らないのでその点は注意が必要である

Fix は「何かが正しく動くようにした」ことを示し、正しい動作内容が何かを説明しない。そこで正しい動作内容に言及したい場合Make sure が使われる(こちらはthat節が取れる)。ただし Fix よりもニュアンス的に重い表現と思われ、Fix を使わず Make sure ばかり使うのはちょっとキモいのではないかと思う(Ensure はさらに重い表現っぽい)。

また、Fixtypo 以外でのドキュメント修正に対して使われることは稀である。対して Update はドキュメントコメントテストに使われ、本体コード修正に対しては使われない。本体コード修正にあわせてテスト更新したなら Update が使われる。ただ、テスト機構それ自体バグ修正したなら Fix である

無駄な何かを単純に除去したなら Remove を使う。これまでのもの(A)からのもの(B)に切り替えたのであれば Use B instead of A か Change A to B が使われる。新たに何かを利用するようにしたのであれば Use を、利用を取りやめた場合Don't use を使うことが多い。

何かをしないようにしたなら Don't を、内部実装効率化なら Make A + 比較級/形容詞Improve が使われる。

中身の変更を伴わない単なる名前の変更なら Rename A to B、コード機能論理上の場所を移動させたなら Move A to B である

この辺はリファクタリングと呼ばれる行為と思うが、Refactor というぼんやりした動詞はあまり使われず、このように変更内容の種類に応じて動詞が使い分けられている。

余談

コミットログにはWhyを書くべきだ、というのを何かで見かけたので because とか since を使ったログがどの程度あるかを調べたが、8540件のうち22件だった。基本的に短く、シンプルに、一目で意味が取れるログが好まれる傾向がある。例えば get rid of とか2件しか使われておらず、圧倒的に remove である

一方で、シンプル単語だけど開始単語としては使われないものもある。例えば次のような単語である。Expand(9)、Extend(8)、Print(5)、Optimize(5)、Publish(4)、Append(4)、Modify(3)、Manage(2)、Revise(2)、Dump(2)、Insert(2)、Migrate(2)、Enhance(1)、Edit(1) 。いずれもカッコ内は8540件に対する冒頭での登場回数である。結局、より一般的平易な単語で表せたり、Refactor同様に抽象度が高すぎると使われないのだろう。

おわりに

8000件もログを見たおかげで、迷いなくコミットメッセージが思いつくようになったのが個人的には今回書いてて最大の収穫だった。たぶんカンニングペーパーを作る行為それ自体効率のいい学習になるという話と同じだと思う。

このまとめも100以上用例を転載してあるので、それを読むだけでも多少は効果があるんじゃないかと思う。同じようにコミットログ書きたくねぇなぁ英語わっかんねぇなぁと思っている人にとって、何か役に立つところがあれば幸いである。

2016-07-24

増田哲学 Ver 0.0.1-2

このバージョンは、その後のブックマークに入れられたコメントなども一部内包する形で Ver.0.0.1-3へと更新された


http://anond.hatelabo.jp/20160729071714

増田哲学 Ver 0.0.1

このバージョンは、その後のブックマークに入れられたコメントなども一部内包する形で Ver.0.0.1-2へと更新された

http://anond.hatelabo.jp/20160724220258

2016-07-22

Google Chromeが今バージョンからBackspaceでページを戻すのショートカットキーが使えなくなったが、癖で戻そうとしてBackspace押しても何も起こらない上にドヤ顔で「Alt+←」と表示するのが地味にムカつく。

2016-07-19

キンドル

Amazon製の電子書籍端末であるキンドル、便利である

一度一番最初バージョンを買ったことがあるが,そのころはまだ画面にタッチできずUI微妙だったのでいつのまにか使わなくなった

1年前にふと思い立ってPaperwhiteを買ってみた

これが良かった

普段からそこそこ本を読む方で、月に5冊程度は買っていた(ほとんど文庫本

なので本が増える一方で定期的に捨てたりしてたのだけど、キンドルを買ってから場所を取らないので大変よろしい

あと洋書(といっても英語の本)を読むときにとても便利

からない単語があればそこをタッチすれば辞書が開いてすぐに意味を調べられる

ときどき使えないこともある(~ing意味を知りたいのに~ingの原型が表示されるだけでそこからその単語の項目に飛べない)が大体はこれでOKだ

あとほしくなった本が一瞬で手に入る快感

これはすごい

革命

難をひとついうと意外と早く電池がなくなることかな、でもこれは充電すればいいだけなので無問題



電子書籍流行らない理由としてリアルに本を読んでる姿を自慢できないから、みたいな記事を見かけたが、自分はそんなことは気にしないので本スペースを無にできるキンドルは超便利である

Amazonの回し者ではありません

2016-07-15

Androidメンテナンス問題

AndroidSIMフリータブレットを買おうかと思って量販店に行ったんですよ。

そこそこ大きい店だったんでAndroidSIMフリータブレットが4つだか5つだか店頭にあったんですよ。

でも、なんか微妙バージョンが古いの。Android4.4って、2つ前のバージョンじゃん。

Android6.0は出たばかりだし、そこは求められないとしても、Android5にはならないのかな?って疑問に思って、近寄ってきた店員

「この中でAndroid5にバージョンアップできる商品はありますか?」って聞いたら

Android製品一般的バージョンアップされません」って答えが返ってきて……。

キャリア版のスマホがなんかカスタマイズしまくっててバージョンアップしづらいはなしは前から聞いていたけど、SIMフリータブレットでもそういうもんなの?

2016-07-14

なんで舛添降ろして鳥越なの?

傲慢さ・馬鹿さで言ったら舛添と鳥越って完全に同レベルというか同種の人間だよ。

そして都運営能力で言ったらもちろん舛添のほうが鳥越よりはずっと上。




舛添降ろして小池   ←わかる

舛添降ろして宇都宮  ←わかる

舛添降ろして増田   ←わかる

舛添降ろしてマック  ←わかる

舛添降ろして鳥越   ←わからない




純粋に型落ちバージョンだよ

思ったほど鳥越のことわかってない人が多いのかな




憲法改正阻止?それは都知事選で争うことじゃないし、都知事じゃどうにもならないし、

その方向性なら宇都宮でよかったじゃん…

2016-07-11

ポカリスエットCM男子高校生バージョンになってるのやめてほしい。

女子高生バージョンに戻してほしい。

なにが悲しくて男子高校生の太ももやら水に滴った姿やら見なきゃならんのじゃ

2016-07-09

結婚生活はすばらしい - それを知らせたい

自分結婚して子供が二人いる。

夫婦のそれぞれの問題でとても大変なこともあるが、それらを乗り越え幸せ結婚生活を送っている。



■■結婚についての教育

そもそも現代日本社会において、小・中・高・大と結婚について詳細な教育を受けることがない。

下手すると親から結婚とはなにかと教わることがないかもしれない。

漠然と、結婚はよいものだ。だからおつきあいしてラブラブだったら結婚しようという社会的な風潮だ。

結婚に至るモデルというのは、安いドラマとかにでてくる情緒的なカップルモデルとする場合も多いだろう。

結婚について教育を受けてこなかった私たちは、なにをモデルにすればよいのか。

結婚してどのようなことが大変で、逆にどのようにしてより幸せになれるのだろうか。





■■夫婦互いが当事者になる

夫婦間で課題が生じ、それについて解決しようとするとき

口論ディスカッションするとき、互いが当事者になる。

問題の渦中にいる当事者パラダイムは、感情的主観的だ。

なかなか客観的にはなりにくい。


自分欠点を強く指摘される、逆に相手の弱さについてストレート言及する。

そのような中において、互いが主観的になる。



これが会社ビジネス上の課題だったらどうか?

ビジネス上の課題がある、この解決すべき課題については客観的に見つめることができる。

冷静に多角的に把握して分析ができるのだ。対象自己の外に向いているからだ。

逆に、夫婦問題場合、己の中にある問題、そして相手の心の奥にある問題に向き合わなくてはならない。

そして、これらに互いが触れる時、主観的になる。

主観的なので視野は狭まり自分相手が持っているそれぞれのバイアスが強く働く。






■■まずロジャースになれ

伴侶が愚痴や不平を言ったときは、まずロジャースになれ。

来談者中心療法を確立した臨床心理大家カールロジャーズだ。


「無条件の肯定的関心」「共感理解」「自己一致」を基軸にしたカウンセリング法だ。



自分が夜家に疲れて帰宅したら、リビングに既に仕事を終えて帰ってきた仏頂面の伴侶がいたとする。

そして、相手会社愚痴・不平不満をいったとする。自分会社ストレスを抱えていてとても疲れていてそんな話し聞きたくない。

それでも、「無条件の肯定的関心」「共感理解」でまず話を聴いて相手理解しようとすることだ。



相手の抱える問題を強く解決しようとしなくていい。

私をはじめ男性はつい、解決案提案しようとやっきになってしまう。ビジネスだったらそれでもいい。

でも、相手感情理解して欲しいのだ。そしてその感情言語化したいのだ。

感情言語化する過程において相手自身課題に気づくのだ。

解決する力はその伴侶のうちにあるのだ。



しかし、自分肯定的に伴侶の話を聴いていて、相手が一線を越えた場合どうするのか?

自分罵倒してきた、言葉による暴力をしてきた、さら言語道断であるが、

暴力を振るってきた場合倫理に逸脱した行為をしてきた場合、どうするのか?






■■正の強化

相手が一線を越えてきた場合、黙っていてはいけない。

応用行動分析学的に、黙っていると言うことは、黙認していること、

その行為を認めていることだ。

相手が行動を起こす→黙認する(認める)→その行動が学習され強化される

といことになる。


自分の考え・感情をきちんと相手に伝えることがとても大切になる。







■■ミッションステートメント

ではどうすればいいのか?

相手の話を聴き、自分の考えを相手に分かるように伝える。

互いが感情的主観的パラダイムにおいて、

結婚当初の愛を深めていくにはどうすればいいのか。



夫婦合意のもと、二人でミッションステートメントを書くのだ。

ミッションステートメントの詳細については検索するとか『七つの習慣』を読むとかで調べて欲しい。



複数価値観のバラバラな人間が集まる会社ですら、ミッションステートメントを書いている。


価値観・生まれ環境が異なる夫婦という共同体においても、

ミッションステートメントはとても重要だ。




まず、それぞれ己のミッションステートメントを1週間ほど書けて紙に書いてみよう。

次に、出来た物を夫婦で見せ合って、語り合おう。それぞれ人生において

なにを目的にしているのか、何を価値観としているのか、いろいろ気づきと共有するところがでてくるだろう。




互いに尊敬し合い、語り合いながら、それぞれのステートメントをまとめて、

つの夫婦家族)のミッションステートメントを書き上げてみるのだ。



なにか夫婦問題が生じても、まずミッションステートメントを取り出してきて、

これを中心に問題について語り合うのだ。


ミッションステートメントなしで話し合うと、「いった」「いわない」の互いに非常に主観的パラダイムになるが、

紙に書かれているミッションステートメントを見ながら語り合うとより客観的問題について語り合うことができる。



まり夫婦それぞれが中心ではなく、その上の原則ミッションステートメント)に従って行動していくということだ。

これが非常に大切なのだ


ミッションステートメントは定期的に語り合いながら見直して、夫婦の節目においてバージョンを上げていくことも重要だ。



■■最後

夫婦互いが主観的パラダイムになりやすいが、もう一つ重要なことがある。

第3者を見つけておくことだ。第3者というのは、夫婦の状況を客観的に見て、

鏡のようにフィードバックしてくれる人だ。

結婚カウンセラーなどがそうかもしれない



だが、カウンセラーでもよいが、

お金をかけずに近所のおばちゃん、親戚のおじさん、学生時代学校先生神父さん誰でもよい。

夫婦お互いが尊敬出来る人、人格が優れている人がいいだろう。



日頃からそのような人と良好な関係を作っておき、相談できる環境を整えておくことは非常に重要だ。

夫婦2人ではなく3人で語り会いフィードバックをもらえば、

夫婦バイアスによって気づかなかった新しい認識を得ることができる。

これはホント大切だ。





最後に、結婚生活ケンカも沢山して、とても大変なことも多いが、

己の欠点相手欠点を見つめ、それらを互いに乗り越え、

己の人格がより向上していく場であると私は認識している。

結婚して本当に良かった。幸せだ。




妻への深い愛と感謝のうちに

2016-07-08

引用スターって五十音あったら好きな文章作れるの?

いつか試すためにメモ書きしておく

追記

minamikawa1981 確かスターをつけた順には表示されずに、本文での表示順になるんじゃなかったか

sds-page 順番は入れ替えられないしこれだと同じ文字を二回使えない

なるほど。ご指摘ありがとうございます。出来るだけ自由度が高くなるように改良しました。これで40文字くらい自由引用できるはず。トラックバックも開けば文字数増加も可能かも。

バージョンhttp://archive.is/Pssx9

追記2

最終結果:PCスマホ用のページに切り替えれば全文かつaddスターボタンが表示されるのでどこからでも引用可能。ただし面倒くさい。あとスマホ表示だとトラバは開けないのでトラバでの文字追加はできない。結局ブログでやるのが楽っぽい。お付き合いありがとうございました。



あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*



  
  

2016-07-06

コンピュータ言語言語ごとの特徴を俺が教えてやる(異論は認める

コンピュータ言語って世の中に山ほどあるけれど、それぞれの言語ごとに特徴がある(特徴のない言語は廃れていく)。

まり言語に詳しくない人相手に、俺の考えるそれぞれの言語の特徴を書いてみようと思う。

なお、取り上げるのはある程度広く使われている言語に限りたいと思う。

TL;DR

言語 概要
C言語 高速動作するバイナリ生成を目的としたコンパイル言語。だいたいどんな環境でも使えるがバグやす
C++ マニアック言語、高速、習得大変
Java サーバで高速かつ安定に動作するコンパイル言語、大規模でよく使われる
C# 主にWindowsクライアント用のバイナリ生成に使われるコンパイル言語
Perl 広く使われていたが今は若干時代遅れのスプリクト言語。汚い
Python Perlにかわって主流になりつつあるスクリプト言語。綺麗
PHP Web開発にフォーカスされたスクリプト言語一世を風靡した。
Ruby とても綺麗なスクリプト言語
JavaScript ブラウザで実行出来る唯一の言語言語自体はいまいちだが、ブラウザ事情需要あり
Go サーバサイドで安全かつ高速動作するバイナリ生成を目的としたコンパイル言語

詳細

C言語

メモリに直接アクセスして書き換えるといったコンピュータ機械語に近い言語構文を持つため、高速な処理が可能言語

コンパイラ歴史も古く環境も整っており、組み込み系などを含むほぼ全ての環境で利用可能な万能言語

一方で、メモリの確保や解放といった基本的なことも自前で処理する必要があるため、コーディング効率が良くなく、多種多様バグを生みやすい側面も持つ。

ある程度以上のエンジニアであれば常識として知っておきたい言語だが、初めて覚える言語としてはあまり適当ではない。

C++

C言語オブジェクト指向を導入した言語C++言語とはあまり呼ばれず、しーぷらすぷらす、もしくは略してしーぷらぷら、しーたすたす、などと呼ばれる。

C言語の速度を維持したままオブジェクト指向テンプレートなどの効率的記述可能にしようとした意気は真っ当だったのだが、

当時最先端だった色々な技術思想を叩き込んだおかげで、あり得ないほど複雑化した言語としても有名。

C++理解しています」という人はほぼ初級者で、本当に理解していくほど「C++には自信がありません」となっていく。

速度を追求する分野では良く使われている。完全に理解するのは難しいとしても、テンプレートくらいまでは理解しておくと仕事上なんとかなる…かもしれない。

Java

サーバサイドで安全コードを実行する目的でよく使われる言語。長い歴史を持っており、比較的高速に動作する。

当時は画期的だった「バーチャルマシン」や「ガベージコレクション」という機構を備え、CやC++でよく問題になるメモリ解放忘れというバグを生まず、

サーバサイドなどで何千時間動作するソフトウェアに適した言語として受け入れられた。

必然的エンタープライズ用途で利用されることが多く、各種ツールなども豊富人海戦術がしやす言語という側面も出てきた。

一方でブラウザHello Worldを出すだけでも大変な労力を必要とするので、スタートアップなどではあまり使われない。

ガラケーアプリや(ちょっと違うが)Androidなど、クライアントサイドでも使われることがある。

プログラミング言語最初Javaを覚えるという人は結構多いが、仕事としてJavaを使うのは大抵SI系の業務になり、なかなか辛い労働を強いられる可能性が高い。

C#

クライアントサイドで安全コードを実行する目的でよく使われる言語。こちらも比較的高速に動作する。

元々はWindowsクライアント用の言語であり、Javaとは違ってクライアント向きのAPIが多数ある。

マイクロソフトが開発した言語ということもあり、マイクロソフトの優れた開発環境が利用出来るので開発効率は非常に高い。

Unityなどでも利用可能であるが、基本的にはクライアントの実行形式ファイルを生成する目的が大きく、サーバサイドではあまり使われない。

自作ゲーム開発をしたいのであればうってつけの言語。初めて覚える言語としても十分に良いだろうが、C#を使う仕事は近年無くなりつつある。

Perl

ほぼ全てのLinuxディストリビューションに含まれており、ツールや様々な用途で使われていた。

上に紹介したC、C++JavaC#のようなコンパイル言語とは違い、(少し語弊はあるが)1行ずつ実行してエラーがあれば止まるスクリプト言語である

ちょっと開発してすぐに実行ということが出来るのと、コマンドラインでワンラインコードを読み込ませてちょっとした処理が出来るなど応用範囲の広い言語である

20年近く前にWebCGIが普及した時には、ほぼどのようなサーバ環境でも実行可能だったこともあり、Perlを使うことが極めて多かった。

しかし、主に読みづらい言語仕様のせいで、近年新規ではほとんど使われなくなった。既存コードもどんどん別の言語に置き換えられていることが多い。

日本大手Web企業の一部が使っているので、そこに就職するために覚えるのもアリっちゃアリだけど、今からPerlをわざわざ覚えるのは強くオススメしない。

Python

後発のスプリクト言語。こちらもほぼ全てのLinuxディストリビューションに含まれており、それゆえに広く使われている。

インデントまで言語仕様規定することで、誰が書いても読みやすコードになるように考えられている言語である

Perlの代わりに使われることが増えていて、周辺ツールなども充実しており、小規模から大規模までカバーする勢いがある。

ただ、Python2とPython3のバージョン間での非互換性があまり綺麗に設計されていなかったため、そこで混乱を招いていたこともあった。

最近だとマシンラーニング系のライブラリPythonが使われていたり、海外ではPerlに代わる言語として受け入れられつつある。

最初に覚える言語としては良い選択肢だろう。

PHP

Web開発に特化したスクリプト言語CGIの代わりに使われ始め、一世を風靡した。

以前CGIWebに何かを表示するには比較的大変な労力を割かなければいけなかったのが、PHPを使うと誰でも即座にWeb開発が出来たので爆発的に普及した。

またphp.net豊富ドキュメントスニペットのおかげもあり、開発初期の効率が大変に良い言語である

残念なことに、言語API設計がいけていない点が多く、一部の人から蛇蝎の如く嫌われている。

今でも根強い人気があり、海外でも小規模プロジェクト最初の開発にPHPを選ぶのは比較的よくある選択肢であるようだ。

Webアプリを開発をしたいという明確な目的を持つ人が、最初に学ぶ言語としてPHPを選ぶのは理にかなっていると思う。

なおこの言語を本気でディスってる人は大体視野の狭いエンジニアであることが多いので、地雷エンジニアを見分けるのにも役立つ。

Ruby

綺麗なスクリプト言語日本発で世界的に普及している数少ないIT技術の一つ。

言語仕様が美しく、それゆえにファンが多い。Ruby on RailsというWebフレームワークの登場で、Webアプリでの採用例も一気に増えている。

基本的には他のスクリプト言語と同じくサーバサイドでのプログラミングに用いられることがほとんどである

スクリプト言語で何かを作成するのであれば、Rubyを選んでおけばそう失敗することはない万能言語

サーバサイドで何かすることに興味を持っているならば、最初に覚える言語としてはとてもオススメ出来る。

一方で、なぜかRuby採用するWeb側のフレームワーク(具体的にはprototype.jsCoffeeScriptはいつもクソなので、そちらは深入りしないのが吉。

JavaScript

ブラウザで動くスプリクト言語ブラウザ戦争が勃発していた18年前、奇跡のようなめぐり合わせでベンダー間の合意が取れ実装された言語

言語としてはプロトタイプベースオブジェクト指向という少しめずらしい形式を取っているが、実際にはあまりその特徴は利用されていない。

言語仕様イマイチで、大変バグを生みやす言語であり、また関数スタックが深くなる特性もあり、あまり積極的に使うべき言語ではないが

ブラウザで動く言語現在これしかないので、大きなシェアを持っている。

一部の物好きがサーバサイドでこの言語を使おうと(主にnode.jsで)四苦八苦している(とはいえ、1つの言語Webサーバが完結するのは大きなメリットだ)。

ブラウザで動く唯一の言語のくせにとにかく書くのが面倒ということもあり、多数のAltJSと呼ばれるJavaScriptに変換される別言語を生み出されている。

まあJavaScript本体人が手で書く言語ではない…というのがECMAScript5までの印象だったが、新しい規格が順次導入されており、今後に期待。

Web業界で生きていくならば、好むと好まざるとにかかわらず覚えなければいけない言語である

最初に覚える言語としては、ブラウザ上でゲームなども作れるし、node.jsサーバサイドもできるしで、意外とオススメだったりする。

GO

C、C++Javaと同じでコンパイル言語サーバサイドで高速かつ安定なバイナリを出力することを目的とされ設計されたGoogle発の言語

その目的においてはかなり高性能を誇るので、特に速度を要求されるサーバサイドでのプロジェクトでは導入が進んでいる。

それ以外の目的ではあまりこの言語採用するメリットはないが、ニッチ用途ピンポイントで抑えており、これから広く利用されることも期待される。

コミュニティも活発であり、初めて言語を覚える人が参入すれば喜ばれるだろう。言語としても美しい言語なので、サーバ系のプログラムに興味があればオススメである

まとめ

繰り返しだけれど、それぞれの言語ごとに特徴があり、特徴のない言語は廃れていく。

ここに挙げた言語は何らかの特徴があり、何らかの用途必要なので生き残っている。

その背景を知った上で、ここにある言語は全部ある程度読み書きが出来るようになると素晴らしいと思う。