「ほろ酔い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ほろ酔いとは

2017-04-14

スーパーマーケットに行くのが楽しいおじさん

僕は終業、帰宅時間が遅いのでスーパーマーケットに行くことは稀なんだ。

ふだんの料理は妻が作ってくれるし、おじさんが作る時も冷蔵庫の中の食材から適当

考えて作ったりする。

でだよ、たまの休みなんかに妻についてスーパーマーケットに行くと

もう気持ちが高ぶっちゃうの、おじさんは。滅多に行けないから。

店内にパン屋さん!塩パンおいしそう!

苺がたくさん売ってる!買いたいけど妻と子は好きじゃないか我慢だ!

惣菜!すげえ種類だ。たまんねえ!全部買って帰りたい!

お肉!対面販売指定グラム買える!すき焼き用の肉が一枚一枚ビニールに包まれてる!

お魚!みかんブリって何これすごい!のどぐろ干物、値段高い!

ねえ何かドレッシングで見たことの無いのがあるよ!コブサラダドレッシングって何!?

といった感じで、色々なコーナーに行っては心の中でだけキャッキャしてるのね。

でも、実際の買い物の内容はストック用の野菜・肉、コーヒーといった日常的な消耗品

補充するかのように買い物をするだけだから、おじさんが気になったものは買わないよね。

これから料理をするというのに、お惣菜を欲しいと言われると、もし自分料理する

立場だったら悲しいから。

しかしね、食い合せのバランス健康も全部目をつむって、好き放題に買って食べてみたいという

ささやかな願望はあるのね。だからやってやったよ。

平日に有給を使って家に独り。仕事に出かける妻に、今日はこうこうこうだから、晩ごはん辞退しますと

宣言したうえで午前中にスーパーマーケットに行って、ゆっくりと店内を舐め回すように

見て回ってお惣菜、お刺身、お肉、色々なもの吟味したよ。

ビールも買っちゃったりして、よーしこれから駄目おじさんになるぜぇ〜って。

でね、帰って買ったきたものテーブルに並べてみると、バランスが滅茶苦茶なの。

孤独のグルメゴローちゃんコンビニ大人買いみたいなシーンがあったよね。あんな感じの。

もうこれが楽しい。はしゃぎすぎだろ〜とか独り言をしたりして。

惣菜の揚げ物とポテトサラダ。刺し身、パン屋さんで買ってきたガーリックフランス

1枚1枚ビニールに包まれているちょっとお高いお肉でミニすき焼き

これらをつまみビールを喉に流しこめば、背徳感も相まってもう幸せ絶頂だったよ。

ほろ酔いになって、Amazonシンゴジラレンタルして見て、妻が帰ってきた頃には

おやすみ〜って寝たよ。ほろ酔いから布団に入れば即就寝。


次の朝起きたら、胃痛と胸焼けが酷くて死ぬかと思った

普段のキチンとした料理を作ってくれる妻に、より一層感謝気持ちを持てたよ。

2017-04-01

メンヘラ拗らせたけどしんどい

ただただしんどいしんどいから耐えられなくなる前に頭の整理をするために書く。全部。


留学先で会った10以上も歳上の外国人男性と付き合い始めた。しかもめちゃくちゃ特殊仕事の。

初日の授業で少なからずビクついていた私に、隣の席に座っていた彼がピカソみたいな似顔絵を描いて見せてきたのが最初だった。キャラものノートなんか使っていて、オッサンのくせに可愛いなと思った。(実際年齢詐称を疑うレベルには幼い顔立ちな気がする) たぶん子供っぽいちょっかい垣間見える愁いに似た表情にも惹かれていたのかも知れなかった。帰国直前に誘われて、ローカルビアガーデンに2人で飲みに行った。ラムボトルを空けながら下らない話をして、それからねだられるままに頰にキスをした。飲み会嫌いの引きこもりだったからきっとこういうのは酒の席の冗談なんだと思った。割に早い帰寮時間は守る手合いだった。寮までの帰り道、ほろ酔いの私の手を引いて下手くそ日本語で付き合ってくれと繰り返すものから、いよいよ訳が分からなくなって、思うように扱えない英語肯定の返事をしてしまっていた。

南国の夜は暑くて彼も私も少しばかり汗をかいていて、だからシャワーを浴びたら僕の部屋においでと言われた。今度は英語で。それまでもたまに遊びに行ってはいたけれど果物を剥いたりスナックをつまんだり、そんなたわいのない楽しみを共有していただけだったから、また酔い醒ましに美味しいものでも食べさせてくれるんだろうと思った。頭が空っぽすぎた。結局ルームメイト占領していてシャワールームは使えなかった。

そうして本当に果物を食べてジュースを飲んで、そのままセックスした。生で。さらに言うならば私はモロに生理最中だった。ねえ待って、さすがに汚いからやめよう。上手く言葉が出てこなかった。大丈夫気にしない、たぶん彼はそう言った。そういう問題じゃねえ。でももう何もかもどうでもよかった。あ、そうかそういうことだったのか、処女でもなければカマトトぶってるわけでもないのに、どうしてもそこまで思いつかなかったのが不思議だった。さすがに手慣れてるのが妙に悔しかったけど、それでも案外余裕が無さそうなのが可愛いなとぼんやり思った。

拙い言葉だったけど伝わっていたと思う。でも、中には出さないでね、と英語では何と言えばよかったんだろうか。


翌日は卒業式だった。毎週の式の後には皆で飲みに行くのが恒例だったが、式のあまり冗長さに完全に気力を奪われていたから、シャワーだけ浴びて頭痛と荷造りを理由に(荷造りの方は嘘ではなかった)部屋で寝そべっていた。多分そのまま意識飛ばしていて、次に目を覚ました時には12時を回っていた。ナイトクラブに行くのかと思っていたルームメイトが意外にも早く戻ってきて、風邪をひくからと起こしてくれたようだった。

パーティーには来ないの、と彼からメッセージが来ていた。ごめんね少し疲れていたの、でも休んだからもう大丈夫。それなら僕のルームメイトは朝まで帰って来ないから良ければおいで、明日には帰っちゃうんだろ。でも門限直後だから、今警備員フロア巡回してるんじゃない。

そんなやり取りをもちろん英語でしていたら、突然日本語テキストが送られてくる。大丈夫から、すごく時間が惜しい。どうやって入力したんだろうか(冷静に考えたらグーグル翻訳コピーに決まっている)、昨日の今日馬鹿だと自分でも思う、またしてもその可能性は頭から抜け落ちていた。だって今日こそ彼は私のソレを知っているのだから。とにかく会いたいな、とただそれだけを思った。

実際警備員はいたから無理なものは無理で(もちろん男女で寮のフロアは分かれているし立入禁止だった。後から知ったことだが案外皆平気で立ち入って自国の友人と小さなホームパーティをしているらしかった)、しばらくエレベータホールで偶然会った別の友人と話し込んでしまった。結局抜け出せたのは1時を過ぎた頃で、小さくノックをして部屋に入ると彼自身やや驚いたようだった。

いつものように甘い果物を食す(私が講師に貰ってお裾分けしたのを切り分けてくれていた、ナイフを持ち合わせていなかったので有り難かった)、あまりにいつも通りの子供っぽい様子に少し安心した。彼も大勢での飲みはそう得意ではないらしく疲れているように見えた。金曜日、多くの学生は出払っていた。静かな夜だった。ルームメイト見送りのため、未明には戻らないといけなかった。

ベッドに横になって、しばらくただ寄り添ってどうでもいい話をぼんやりとしていた。職業柄よく鍛えられた身体が温かかった。手を伸ばして頭を撫でると、アジア人らしい硬質の、まだパーマの少し残った髪の手触りがやたらと心地良かった。いつの間にか彼は身体を起こしていて、私は彼の腕の中にいて、どちらからともなくキスを重ねた。そのまま首筋まで降りてくる、指が背中に回るのが感じられた。分かってる、分かってるんだ、でも明日にはもう会えないから、お願いだ、そう耳元で繰り返す声は絞り出すように震えていて、この人も臆病なんだろうかと思った。それもそうかも知れなかった。あちらからしてみれば相手10も下の日本大学生なのだから。ただ、そんなことはどうでもよかった。it doesn't matterってやつだ。どう考えても問題ありすぎるくらいだけど、とにかく全てが関係のないことだった。

幸運にも私の日本へ帰るフライトは午後発だった。ルームメイト未明に引き払った後、すっかり生活感のなくなった部屋で私は1人荷物の最終確認をした。スーパーあの日飲んだラムを買った(シンプルに美味しかたから飲んだ瞬間に購入を決意していただけの話だ)、3本買ったら、300円にも満たなかった。物価おかしい、その100円のボトルで私はおかしくなってしまった。

から友人と出かけるらしい彼がフラリと部屋に来た。スーツケースが膨らみすぎてベルトを締めるのに苦戦していた所だったが、それをあっさり片手で締めてくれた(不覚にもそんなことでささやかときめきを覚えてしまった)。無性にしかった。私は12時に同じ便の友人と待ち合わせをしていた、彼の方は11時だ。彼が出かけたらそれで終わりなんだろうと思った。セフレでもいいと思っていた昨日の私は完全に居なくなって、一回りも歳下のこどもを愛して欲しい心持ちになってしまっていた。一度だけキスをした。気をつけて、良いフライトを。最後はそんな言葉だったように思う。彼が帰った後のドアを眺めていたら一瞬目元が滲んで、よれたアイラインを引き直すのにスーツケースを再び開ける羽目になった。ベルトは私1人ではうまく締められなかった。


どうせ帰国後は連絡が途絶えるありがちな展開だと思っていたらそうでもなかった。

時差はそれほどないとはいえ、毎日夜更けに電話が来る。インフラが貧弱すぎてまともな電波もないのに時折ビデオ通話を掛けてくることもある。そして画面越しにキス要求してくる。いい加減にしろ。一体何歳だお前は(ここまで言って私も頭を抱える)。日に日に訳の分からない日本語ばかり覚えてきて、母語でないということの恐ろしさを感じる。なるほど確かに相当上がり症の私も英語から言えるような台詞を散々吐いている。

最近は開き直って、こちらもグーグルに教えてもらった彼の国の言葉を少しずつ混ぜてみるようになった。合わせて3ヶ国語。メインは英語から、正直なところ意思疎通はそれほどスムーズではない。平易な言い回しを探したり、喉に引っかかった単語を拾い上げたり、案外楽しいじゃん、と思う。難しいことは言えないのだろう、小学生レベルフレーズで伝えてくる言葉が、もどかしい発音日本語が、一つ一つ愛おしいと思う。

ただ気づいてしまった。会えない。こんな当たり前のことが異常なほどしんどい。忙しいから会えないとかではない、物理的な無理がありすぎた。GWは混みすぎて間に合わない、夏休みっていつだ。彼氏旅行に行っている親友が恨めしくてならない。セックスの何がそんなに楽しいんだと言い張るタイプの嫌な女だったけど今なら少し分かるような気もする。男の言う気持ち良さはまだ分からない、下手というつもりは決してないが(それほどの経験も無い)むしろ辛さや羞恥のほうが勝る。それでもそこに確かに存在していることを肌で感じたいと今は思う。無論セックスでなくてもいい、やけに手入れされた綺麗な頰に触れたいとか、無骨だけど温かい手で撫でられたいとか、ただそれだけの事だ。自分がこんなにもどかしい気持ちになるなんて思っていなかった。もっとサバサバ(笑)系だと思い込んでいた。


こうなるに至るまでの経緯を仔細つらつらと書いた。なんたるメンヘラだろうか。めちゃくちゃ搔い摘んだらセックスして情が移っただけの話になってしまった(情ではないと自分では思っているけれど件の親友にはとんでもない目で見られた)。親には言えない。最近結婚圧力が重たいのに言えるはずがない。もちろん友人にも全ては話せない。彼女らは私のことを少々潔癖すぎるくらいに思っている(はず)だから、とてもこんな汚い私は見せられない。

もも限界だった。お子様な私のキャパティ決壊しそうだった。から書いた。


神様お願いです、航空券時間を私にください。今はそれだけです。

2017-03-29

終電を逃して飲むことに苦痛しか感じない

早く寝たいんだ。

遅くても1時には布団に入りたいし、お風呂やらお茶入れて一息やらの時間も削りたくないので、23時半には家に着きたい。



遅くまで飲んでいいことなんて1つもない。

終電は混むし、終電を逃せばタクシー代は高い。

睡眠時間を削れば翌朝の体調はよくないし、二度寝休日を潰そうものなら生活リズムが乱れて翌々日まで響いたりする。

肌荒れなんかは1週間ぐらい引きずったりする。



飲むのは好きだ。弱いけど。

昼の12時ぐらいから、日向ぼっこしながらサングリアを飲んでほろ酔い、とか。

早めの17から寿司日本酒、とか。

二次会三次会と目についたお店で美味しいものつまみながら飲み歩いて、22時頃に爽やかに解散

「え〜もう帰っちゃうの〜?」みたいなめんどくさい発言は0。そんなのが最高だと思う。



でもなんか、友人にはそうじゃないタイプが多い。

22時ぐらいに抜けようものなら、「なんで?体調でも悪いの?」だの「まだいようよ〜」だの、なんというか本気で、「なんでこの時間に帰る必要があるのか本気で理解できていない」感がある。

友人のことは好きなので、完全なる好意で「まだいてよ」と言われるのを断るたびに嫌な気持ちになる。

最近はもう、22時ぐらいに帰るねと言い出すのが億劫飲み会行きたくないぐらい。



友人を変えるべきなのだろうか。

私のような発想の人は果たして存在するのだろうか。




追記

ありがとう勇気が出ました。

友人なので、これまでも「今日は早く帰るね」とか、「終電には乗りたいなあ〜」ぐらいは言って抜けたりしてました。

ただ本当は、たまに早く帰りたいのではなくていつも早く帰りたいし、終電で帰りたいんじゃなくて終電より2時間前には抜けたい。

そこまでが言えなくてもやもやしてた。

別にいいよね。

早く帰る人キャラを浸透させていこうと思う!

だって早く帰りたいもの!!

2017-03-24

レグテクトジェネリック 飲酒状況

昨日はレグテクトを4粒も服用した。昼間と夕方

夜に飲み会があったから。

飲酒状況↓

ビール 1グラスのみ

ハイボールCanを1本

ほろ酔い気分っていうCanを1本

焼酎ウーロン茶で割ったものを1グラス

だいぶ堪え難きを耐え忍んだんじゃない?

あとはノンアルコールウーロン茶チビチビ

2時間Duration→長すぎ!だらだらしてんじゃねえよ!

2017-03-05

地下鉄に乗って

土曜、地下鉄の車内、ワンカップ酒を飲んでいた。ほろ酔い気分になったのでカバンの中からピーッナツを取り出しほおばる。やがて天六駅に停まると見覚えのある女性が入ってきた。小さい子供を連れていた。20年前に付き合っていた女性だ。

むこうもこちらに気づいて笑顔会釈してくれた。地下鉄は隣駅の中崎町につき俺はそこで降りた。なので会話は交わしてない。ほんとうにむなしくなった。ピーッナツッを道に捨てた。ワンカップ酒を叩きつけその破片が顔にあたり思わずあうっと情け無い声を出してしまい寺笑いした。ほんとうにむなしい週末だった。

2017-02-25

不倫妻のプレミアムじゃないフライデー

金曜夕方の17時。弊社にプレミアムフライデーは残念ながら存在しないが、今日は定時ちょうど、18時には帰れそう。

残業せずに帰れそうなめどが立ったところで、LINEで彼に連絡を入れる。


今日は18時過ぎには会社を出れると思うので、いっしょに夕飯でもいかがでしょう」


まりから予定を決めていても忙しい彼には負担になるので、誘うのはいつも前日か当日くらいだ。


「ぼくもそんなに遅くならずに出られそうです。何を食べたい気分ですか?」


良かった。前回会えたのは2週間前くらい。

相手仕事ピークや、私は私でこまごまとした用事が入っていて、なかなかちょうどいいタイミングがなかった。


「前回は中華だったので、イタリアンどうでしょう? 渋谷に気になってるピッツェリアがあります


と返信をし、店を決めながら残りの仕事を片付けつつ、今度は夫にLINEを送る。


「ごめん! 今週終わらせるタスク全然終わってなくて、かなり遅くなりそう。ギリギリに言うので申し訳ないけど、外で食べてきてくれない?」


結婚してから共働き体制を続けて3年が経つ。家事は分担しているものの、夕飯の担当は一応自分になっている。

彼のほうが残業することが多いのと、私のほうが一人暮らし経験があって料理スキルもあるので、とくに不満はない。

それに、なんだかんだ、あっちもあっちで仕事の付き合いが多い職業なので、二人でいっしょに夕飯を食べるのは1週間のうち2〜3回だ。

私が友達と飲みに行くというときも、彼はこころよくOKしてくれる。今日問題なく、「わかった、おつかれ」とスヌーピーのスタンプとともに返信がきた。


そうこうしているうちに残りタスクは終わり、定時とともに私はタイムカードを切る。

急ぎ足で駅に向かいながらLINE確認すると「ピザ、たまにはいいですね。では後ほど」と返信が来ていた。

こういう関係になって1年は経つけれど、彼のLINEでの丁寧語はまったく崩れない。スタンプも送ってない。

すでに5年の付き合いになるという彼女相手にもそうなのかは、知らない。たぶん違うでしょう。

まあ、どっちでもいいんだけれど。私も夫とやりとりするためのスヌーピーしか持っていない。


目当てにしていたピッツェリアは、プレミアムフライデー効果もあってか満席

念のため会社を出た時点で電話をしておけばよかったけれど、し忘れたものは仕方がない。

隣にあった小汚い中国粥の店に飛び込む。またも中華になってしまったのが痛手だが、普通に美味しい。

彼も気に入っていた。ここ、夫も気に入るんじゃないかな。店名をメモっておく。


青島ビール1本と紹興酒をグラスで飲んで、ほろ酔いになったところで、駒沢大学にある彼の家へ。

彼女地方出張中で急に来る心配もないということなので、泊まってもいいかな……と期待したけれど、

今日は夫に「仕事が終わらなくて」と言ったので、さすがにオール微妙だろう。

最初から失恋したばかりの友人を慰める飲み会から、かなり遅くなるかも」くらい言っておけばよかった。


Netflixで「英国王のスピーチ」を流しながら、なんとなくくっついたりキスしたりいちゃいちゃして、映画が終わるあたりで今日は終了。

彼に見送られ、夫に「終電では帰れそう」と伝えて、家を出る。次に会う約束はしない。だって別に付き合ってないから。


から「ごめん、俺のほうが遅いわ。朝帰りになるかも」と返信。

なんだ、だったらやっぱり泊まればよかった。でも今から引き返すのはウザいよね、と思い、しかたなく電車に乗る。


夫も本当は、誰かとどこかのホテルにでもいるのかもしれない。

そっちのほうが「良かった良かった、お互いセックス外注しようね」とあらためて確認しあえるかもしれないし、

そうなったらなったで、ムカつくのかもしれない。もしかしたら逆に燃え上がってセックスレスの解消になるだろうか?

うーん、今日考えるのはやめよう。


不倫をしているからって、もちろん毎日は劇的にはならない。

毎日電車で隣り合わせた適当な男とヤるとか、風俗でこっそりバイトするとかのほうが、本当に刺激を求めるならよほどお手軽だ。

でも、性欲とコミュニケーション欲がほどよくまぎれたことで、私の心は適度に凪いでいる。

万が一、彼がLINEで愛の言葉でもささやいてきたら、プッシュ通知を見た時点で即ブロックするつもりだ。

そういう覚悟のない人たちが、「ゲス不倫」と騒がれているのだ。

そうだ。帰ったら、まだ見れてない「カルテット」の録画を消化しよう。一人きりで。

2016-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20161224184014

仕方がないのでしばらく時間を置いて再訪したのだが、

やはりまだ混んでやがる。

作り置きのケースをチェックすると、既にツイスターが置いてある。

ツイスターは、クリスピーチキンカットしてそれをくるくる巻にして提供されるからこそ、

サクサク感とマヨのしっとり感を合わせて堪能できる神アイテムなのであって、

作り置きはモッサモサの悲しい思いしかせず侘びしい独身気分に拍車がかかるだけなのでこれは避けた

そこで代替案としてチキンカツバーガーを注文

そしてクリスピーチキンを2ピース頼み、

コールスローも合わせて注文


近所のスーパーで買ってきたビールを開栓、一人乾杯の後クリスピー、カツサンドクリスピーのローテーションでコールスローを合間に喫食

んまい

実にんまい



冷凍食品古奈屋カレーうどんでいいか妥協しかかったが、

意を決してケンタに再訪してよかった

ほろ酔い気分で増田が堪能できる

今宵は佳き日じゃ

2016-12-04

気が付けば、なんとなく人恋しい夜に連絡できる知人がいなくなっていた

普段一人では、ほとんどお酒は飲まないんだけど、今日はなんとなく思いたって、スーパー発泡酒を買って帰った。

飲み会ではそれなりに飲んだりするけど、一人暮らしのこの部屋で誰も相手無くお酒を飲むのは、一年ぶり位だと思う。

350mlを2本開けてほろ酔い気分になった今、ちょっと人恋しくなったりして、誰かと話したいなという気持ちになっている。

それで、こういうときになんとなく誰かに連絡をしてみようかなと思ったのだけど、そういう相手に思いを巡らしてみた結果、

誰一人として連絡する相手が思いつかなかった。


アドレス帳を一通り見ながら、「一人で飲んでたら人恋してく連絡してみたよー」って、気兼ねなく言える人が一人もいなかった。


そういう事実に気付いてすぐ、ああ、これはやばいなと思った。そういう相手がいないこと自体やばいし、それに気づいていない

自分人生の進捗状況とそれに対する意識も相当やばい

これ、いつからだろうと思って、記憶をたどったら、たぶん5年前くらいからだなと思い当たった。

それは単純に年齢的な事情で、それまでそういう時に連絡していた知人は今ではもうみんな結婚していたのだ。

同性でも異性でも、既婚者が、日曜日の夜11時に、独身酔っ払い話に好意的に付き合うことはないだろう。

その昔、みんながみんな独身だったころは、日曜の夜だって、誰かしらは暇だったし、何なら向こうから連絡があったりもしたよなと思った。

今、私のもとに誰からそうした連絡がくるだろう。飲み会の誘いはある。食事の誘いもある。仕事私生活のあれやこれやについて、相談を受けることも時にはある。

だけど、一人で過ごす夜に、ただなんとなく人恋しいなと思った誰かから連絡が来ることは、今はもうなくなった。


私だけが、その場所にいる。今でも。


そういう事実に気付いて、唖然とした。

そんな日曜日の夜です。

2016-10-10

http://anond.hatelabo.jp/20161007225023

コメントトラックバックありがとう。おかげで何とか過ごせた。

ワイン飲みながら生しらす丼食べて

鳩サブレー買った後、ほろ酔いでふらふらしながら、銭洗弁財天まで行って

参拝客の行列萎えて、結局参拝しないでバスまで帰って、

江の島水族館の変なイルカショーみてきた。

あと武器子ども土産中華街調達した。

でも人が多すぎて休日に行くとこじゃないな。

2016-08-24

道ならぬ恋(笑)におちた女の独り言

道ならぬ恋、というヤツに今現在の私は身を置いている様だ。

様だ、等と断定を避けたのは私自身この状況に大いに迷っている有様で、認めたくもあり、しかし認めたくもないという思いの間で立ち尽くしているからに他ならない。

頭を整理するためにも、と言うことでこんなふうに書き出し始めた。

そんなもんチラシの裏にでも書くか穴でも掘ってその中に喋らんかい、と思われるかもしれないが、恋愛ごとに悩みを募らせる女性のご多分に漏れず、私にもどうしても誰かに話を聞いて欲しいという構ってちゃん根性がある。

故にこの場を選ばせて頂いた。

前置きが長くなったがこれより先は一人の女が悲劇(笑)に身をやつした己に酔いしれているだけの何の面白みも無い独白だ。

読むも読まないも、自由にして頂きたい。





さて、非常にありきたりな話ではあるが、私が私のこの恋を道ならぬ恋と呼ぶ理由は恋の相手が既婚者で子供いるからだ。

幸いにも、相手が私に対して恋愛感情を抱いていない事と、私にも理性とそれを上回る恐怖心があるお陰で明確に道を踏み外している訳では無い。

ならば別に良いではないか、と思われる方もいらっしゃることだろう。

問題が無ければ、誰が誰を好きになるのも自由だと。

私もそう思っていた。

恥ずかしながら、私は過去に幾度かの恋の中で既に恋人がいる人を好きになった事もあり、その理論で武装して開き直った事もあった。

しかしその言葉を発している時の自分は、大体が「苦しい恋」に酔いしれていた。

悲劇のヒロインであるかのような、大層な自惚れだった。その人が好きだったのではない。私は苦しむ私が好きだった。



だが、苦しみというものは、外的要因だけからなるものでは決してない。

その外的要因を受け、それらが内的要因へとシフトして初めて本当の苦しみに転化する。

私にはそれがわからなかった。



私が恋心を抱いている人は、私より二回りも上の他部署上司だ。名を仮にAさんとしよう。

部署とは言っても、私の属する部署とはかなり密に連携を取るので、Aさんとはほぼ毎日顔を合わせる。

私が去年新入社員として今の会社入社してから、何かと絡んできてくれた人だった。

最初は何の想いも無かった。互いにからかいあってふざけるだけの他愛も無い関係だと信じてやまなかった。

どちらかと言うと、兄を慕うような、いや、年的にいえばむしろ父親を慕うような感覚に近かっただろう。

ただ、私は年上の(失礼を承知で言うと)いわゆるおじさん世代と昔からウマが合いやすかった。

なのでAさん以外にも、そういう風にからかいあう男性上司は何人かいた。なので別段その気持ちに不信も抱かなかったし、周囲からも「おじさん達と仲良しな子」程度にしか認識されていなかった。

何よりもAさんには妻子があるのを私は知っていて、からかいあってはいても大きく踏み込むような事はしなかった。



だがある時、それは起こった。

年末部署混合の飲み会が行われた。

何度か部署混合の飲み会は行われていたのだが、Aさんが参加するのは初めてだった。

初めて同じ席で飲めるという事で、私はガラにもなくはしゃいでいた。

この頃には既に周囲からも「Aさんと仲良くコントやってる賑やかし要員」という感じに扱われていたので、私もその役を演じようとしていた節がある。

少し遅れてAさんが参戦する頃には、私もほろ酔いで上機嫌この上なかった。

わざわざ席替えをして、Aさんの隣に腰を落ち着けていつもの様にからかいあった。

だがこの時はほろ酔いで羽目が外れていた分、私の方がAさんをからかっていた。

恋人にするならAさんが良い、等と間抜けなことを口走った記憶もある。

しかしその後、再び席替えをして私は別の先輩の隣の席へと移動した。

もうこの時には完全に出来上がっていて、記憶も正直曖昧だ。

ただ、何席か離れたところにAさんがいるのをちらりと見たのだけは覚えている。

私の記憶は一度そこで途切れた。



気付いたら私は吐いていた。

正確に言えば吐きそうになっていた。

だが寸でのところでAさんがおしぼりで私の口元を抑えてくれていた。

私が吐きそうになっていたのを誰よりも早く気付いたAさんが、慌てて私の所へ駆け寄ってきて口元を抑えくれたのだ。

しかも一度はおしぼりでなく、そのまま素手を差し出していた。

彼は私が堪えられずに吐いた時には、それをそのまま素手で受けるつもりだったのだ。

吐き気朦朧としながら、私は近くにあるAさんの体温を感じて、ただただ混乱した。



この人は何故気付いたのか。

何故駆けつけてくれたのか。

何故躊躇わなかったのか。



その後は女子の先輩にトイレで介抱して貰いしこたま吐いて、そのまま帰宅の途に就いた。

翌日は当然二日酔い。起き上がれもせず、辛うじて這うようにトイレまで行きそこで一日を過ごした。

しかしそんな中でもAさんのあの体温がまだ近くにあるような気がした。

心臓がざわついた。



大きな温かい手のひら、耳元で何度もかけられた身を案じてくれる言葉、今までに無い程近い体温、洗剤の匂いに微かに混ざった煙草香り



しまった。

好きになってしまった。



瞬間そう悟った私は、吐きながら涙も鼻水もボロボロ便器に零して泣いた。

嘘だ。

それが私が一番に考えたことだ。

目の前が真っ暗になった。

初めて感じた絶望だった。

始まった瞬間に終わる、しかし長く続く恋が始まったのを感じたせいで、だ。



苦しみは外的要因だけからなるものでは無い、と私は前述した。

外的要因と内的要因の二つが揃った時、初めて苦しみは始まる。

叶わぬ恋をしたから苦しいのではない。叶わぬ恋が叶っても叶わなくても、どこにも幸福が無いことに気付いて苦しくなるのだ。

叶わぬ恋であり続ける事が相手幸せであることに気付き、既に蓋もできない程に大きくなっていた自分の心を持て余し続ける。

まるで真綿で首を締められているような、そんなある種心地良さを纏った不快感が心に根を張る。

根は奥深くまで伸びて、やがてどうしても取り除けなくなる。

そうしたら最後

何度芽を摘み取っても、根から再び新しい芽が生えてくる。

繰り返す。



不倫を望んでいる訳では無い。

離婚して欲しい訳でも無い。

それなのに、心のどこかで叫ぶ声が聞こえるのだ。

「愛して欲しい、私を選んで欲しい」と。

その度に根は深くなる。



幸せになって欲しい。

でもあの人の幸せを願う度、心がジクジク痛んでいる。

私の隣で幸せになってもらいたくて、けれど私の隣ではあの人は幸せになれない。

矛盾した感情思考

私は怖い。

この感情のままにあの人を傷つけてしまうのが、不幸にしてしまうのが怖い。

どうか私がこのまま臆病者であることを願う。

あの人の何をも壊してしまわないよう、優しいあの人を傷つけてしまわぬよう、ただ恐れ、縮こまって生きてゆくことを願う。




こんなくだらない文を読んでくださった方、本当にありがう。

我が身可愛さの胸糞悪い文章で、大変申し訳ない。

ここにこうして公開した事で、心が幾らか軽くなった。

頭の整理もついたし、今後も周囲及びAさん本人にもこの感情がバレないよう上手くやっていける自信もついたところで、この文章の締めとしたい。

2016-08-21

結婚したいとか言ってるやつ、どれだけ本気?

独身のみんなに聞きたいけど、明日死ぬとして、結婚などしたいですかね?

俺はたぶん、死ぬ前にしておきたいリストのなかで結婚は下だと思う。

旅行とか、すっげー美味いものとか、そういうのが優先。

でもたぶん、最後の1日なら、普段通りの生活がしたい。

好きなもの食べて、趣味に精をだし、疲れたらベッドに寝転んでポケモン(GOではなく、アルファサファイア)をする。

ピザ取って、ほろ酔い気分で、タイムリミットが迫ると死にたくないと騒ぎ立て、そして死ぬ

みんな、本当に結婚したい?

結婚したいって言いながら、他にしたいこといろいろあるんでしょ?

ちびまる子ちゃんお姉ちゃん

ノストラダムス予言が当たらなかったら、タダの馬鹿

論法で、保険のために結婚したいと思ってるだけでなく?

あれ、お姉ちゃんが間違ってるよ。

ノストラダムス予言が当たろうが当たらまいが、人間はいつか死ぬ

死ぬ前にしたいことを、優先順位をつけてやっていく。

それが最良の人生に決まってるじゃんか。

35歳独身一人暮らし

これから筋トレしに出かけて、スーパー銭湯の広い風呂に入って、帰ってビール

プライムビデオみて、寝る前に少しだけポケモンやって、明日仕事

人生って楽しい

2016-07-27

酒で心地よく酔いたい

送別会忘年会歓迎会…色んな飲み会に参加するにつれ思うようになったことがある。それは酒は良くも悪くも人の距離を縮めるということだ。人はある程度酔うと気分が良くなって、普段より心の壁を少し取り除いて話せるようになる、そして飲み会では楽しそうに普段は話せないような深い話が各テーブルごとに繰り広げられているのだ。

そして自分はそんな光景素面傍観している立場なのだ。輪と同じテンションで溶け込めない。何故ならほぼ酒が飲めないからだ。

高校パッチテストで腕が真っ赤になったのを皮切りに、ほろ酔いが飲み干せない、飲み会では一杯が限界、飲んでも動悸、皮膚が赤くなる、なんか眠くなる、といった症状が出るくらいなど「心地良い酔い」とは無縁の人生を送ってきた。まぁそんな生きてないが。

無理に飲んだら酔えるか?とも思ったが弱い酒2杯で気持ち悪くなって吐いた経験を思うと、命の危険とか人に迷惑をかける未来を感じてやる気にならない。

から飲み会で周囲と話していても、時間が経ち皆が酔ってくるにつれテンションの差を感じてしまうのだ。元々文章から分かるだろうが明るい性格でないのも拍車をかける。頑張って周囲と同じくらいのテンションになろうと努力するが「1人だけ演技してる後ろ暗さ」をなんとなく感じてしまう。

幸い、今まで酒を無理強いする人達出会わなかったので嫌な思いをしたことはない。が不幸なことに自分並みに飲めない人に出会ったこともない。そのため飲み会のたびに酩酊してる人の輪の中で、1人素面なことにかすかに孤独を感じる。

記憶を無くしてみたい…とは全く思わないが、恥ずかしい話をさらっと話せるような気分になるくらいには酔ってみたい、そしてあの何もかもどろどろになった輪の中に溶け込んでみたいとたまに思う。

2016-06-11

違法行為 映画時をかける少女の無断上映

http://anond.hatelabo.jp/20160519

こちらの問題のある古着系列高円寺のバーが違法行為を行います


(非営利・入場無料・無報酬以外の上映会は違法です。)

http://www.jimca.co.jp/compliance/






2016年6月11日(土) 20:00

どなたでも初参加歓迎飲み会途中参加OK時をかける少女サマーウォーズ夏先取り皆で映画鑑賞キャンドルナイト

6/11(土)pm8〜candle theater01 〜夏カウントダウン〜@THUNDER高円寺時をかける少女サマーウォーズ」鑑賞会

http://twipla.jp/events/205293

「DJbarTHUNDER」にて真っ暗の中キャンドルの灯る映画鑑賞会を開催します。

照明は真っ暗、いい音、巨大スクリーンプロジェクターで映し出される映画を、

ほろ酔い気分で鑑賞して夏を先取りしましょう⭐️

夏、インストールをTHUNDERでしませんか?

⭐️キャンドルシアターとは?⭐️

THUNDER でロマンチックな事やりたくない?というロマンチック一言から始まった映画鑑賞企画!!

どうせやるならロマンチックにをコンセプトにキャンドルに囲まれスクリーン映画観よう!

という夢を叶えます

今回の映画鑑賞会の司会を務めるのはTHUNDER名物バーテンダーのサウス光太郎

ナビゲーターガール担当してくれるのは、超カワイイいにゃちゃんとちせちゃん❤️

そして初めて時かけを鑑賞するちいぺこちゃんと言霊社長映画レビューをしてくれます⭐️

第一部

時をかける少女

スムーズに行けば第二部

サマーウォーズ

ナビゲーター:いにゃ&ちせ

司会:さうす光太郎&ノリとも

映画初見:ちいぺこ

日時:6/11(土)20:00 OPEN

20:30上映開始

入館料:1,500円(2ドリンク+フード付き)

ナチョスアイスクリームポップコーン

2015-12-10

増田はもう疲れた

増田はもう疲れた毎日毎日釣り記事を書いて、ブコメを貰うことを唯一の生き甲斐としていた。けれど、ホッテントリ入りしても、はてなブックマークトップ画面を飾っても、私の承認欲求が完全に満たされることはなかった。だから増田をやめることができない。

1ブクマつくと、脳の奥底に電流が走り、コーヒーを3杯飲んだあとのような恍惚感がほんのりと浮かび上がる。2ブクマつくとほろ酔い状態となり、心地良い酩酊感に包まれる。3ブクマつくと身体が火照ってきて、もう理性で感覚を抑え付けられない。10ブクマを超えたあたりでエクスタシーに到達する。麻薬と同じようなもので、増田がやめられない。

私は大学生の頃、就職活動にことごとく失敗した。内定が得られないままに卒業した、社会負け組だった。そんなとき、ふと増田に足を運んだ。愚痴を書き込むと、ブックマーカーと呼ばれる人たちが私の側にやってきて「良い文章だ」と褒めてくれた。砂漠に一滴の水が零れ落ちるように、私の心は初めて承認されることの悦びを知った。

もっともっとだ。ブックマーカーの人たちに褒めてもらいたい。無職の私は、就職活動もそっちのけで増田投稿に熱中した。渾身の力を入れて書いた記事は、そのときは目に触れなくても、後から必ず増田ウォッチャーの人たちが拾ってくれ、人気記事に入ることができた。

私は今までにエントリーシート履歴書を何枚も何枚も何百枚も書いた。100社以上にエントリーしたが、誰も私に目を向けてはくれなかった。けれど、増田は違う。増田に書いた文字は、みんなが見てくれている。増田こそが私の生きる道なのだ。悟ったんだ。私は清々しい開放感に包まれて、世界自分のすべてが受け入れられたかのような気持ちになった。

「お母さん、僕は増田プロになるよ」

そう宣言した日。

母は眉間に刻まれ悲壮なシワを両手で隠して、さめざめと泣いた。隣で聞いていた父は腕組みをしながら「そうか、それがお前の決めた道なら、俺は止めない。だが絶対に諦めるなよ。お前が増田プロになる日までは、うちの敷居を跨がせない」と厳かに言った。

私は家を追い出され、野に放たれた。はじめは何もかもが自由で、新鮮だった。私は誰にも縛られず、何を書いても許された。私は毎日毎日増田を書き続け、ブクマを積み上げていった。

それから1年が経った。なんだ、この虚しい気持ちは。自分が今まで努力してきた日々が、何もかも無意味に感じられた。見下していたはてなブロガーの人はAdSenseで月10万円を稼ぎ、すっかりプロブロガーとして独立している。対して私は1円足りとも稼げていない。結局のところ、私はなんのキャリアビジョンもなく「プロ増田」という甘い妄想キラキラとした夢、幻想承認欲求に衝き動かされて、3歳児が野原を駆けまわるようにふらふらと遊んでいただけなのだ

Twiterのプロフ欄には「フリーランス」と声高々に書いていたし、増田プロとしてのポートフォリオサイトも構築した。Facebookに「俺は増田プロになったんだぜ」と書き込むと、イイネがたくさんついた。今までまったく友好のなかったフレンドから増田さんはすごいですね! 会社の枠組みに収まらない人だとは思ってましたが、まさか増田プロになるとは! 今度一緒に飲みましょう」と、下心満載のメッセージが届いた。

高校では一言も口を聞いてくれなかった同級生から次々とフレンド申請が送られてくる。承認待ちリストには、かつて私が片思いした女性も含まれていた。違うのだ、私はいま「増田プロ」の虚しさに打ち震えているのだ。私が欲しているのは、ブクマでもはてなスターでもない。

ありのまま自分を認めてくれる、たった一言愛情に飢えていたのだった。私はもう増田プロを騙るのをやめる。騙って語って偏っていくのをオシマイにする。惜しまずにお仕舞いとしてお終いの姉妹丼にするのだ。

私は自分のほんとうの気持ちに気がついた。私が今まで増田をやっていたのは、愛して愛されたかたから。だからもっと私を愛して、私だけを見て、私だけを褒めて、私だけにブクマをつけて、私だけにスターをつけて、私だけを承認して、私だけに顔を見せて、私だけに声を聴かせて、私だけに寄り添って、私だけに命を捧げて、私だけの愛を受け止めて、私だけの言葉を聴いて、私だけに抱かれて、私だけに快楽を頂戴、私だけの愛人になって、私だけの恋人になって、私だけの私だけに私だけ私に私私私私私、愛して。

あゝ、愛しの増田ブックマーカー様……

2015-10-22

ハンカチ落とし

時間は大体20時くらい。

まずは駅から住宅街に向かう、スーツ姿のどちらかというと真面目そうな男性を探す。

この時間ならほろ酔いか、もしくは仕事につかれていて判断力が落ちている場合が多いからね。

音の立つヒールでわざと少し急ぎ足で男性を追い越して、曲がり角にあるマンションの前でかばんの中を探るふりをする。

そこでハンカチを落とし、自分は曲がり角に消える。

そうして玄関前で扉を開けるふりをしながら待っていれば、大抵の場合男性ハンカチを拾って届けてくれるわ。

あとはそれを満面の笑顔とハキハキとしたお礼で受け取り、男性が曲がり角から消えていくのを見送るだけ。

ここはできるだけ明るく、真面目そうに印象づけるのがポイントね。

その後は何事もなかったかのようにその場を去り、次のターゲットを探す。

拾ってくれた男性バッタリであってしまっても、買い物を忘れていたとかいくらでも言い訳はあるし、だからそういう余計なことを聞いてこないような真面目そうな男性を選ぶもポイント

ここまでくれば、その男性は間違いなく悶々としてるはずよ。

誠実そうにハンカチを手渡しながら頭のなかではこんな真面目そうなコとSEXできたらなぁって思ってるわけ。

私に見えないことをいいことに、中には拾ったと同時にハンカチ匂いも嗅いだりしてる人もいるんじゃないかな。

そんな悶々とした男性が家に帰って何をするかなんて言うまでもないことね。

ちなみに今日の私の格好は水色のブラウスに黒のタイトスカート。いわゆるOLスタイル仕事で疲れて少しでも早く家に帰りたい女子って感じでしょ?

何でこの服装かっていうと、配信サイトの新作コーナーに並ぶわたしのAVと同じ服装だから

人の顔って1度見たくらいだとすぐに忘れてしまうけど、服装とか髪型スタイルっていうのは覚えてるものでしょ?

新作コーナーにわたしの作品を見つけたら、それがわたしかどうかなんて関係なくてもその男性は間違いなく買うわ。

生々しい体験は何よりもセールス効果が高いはずだもの

それに、ここまでくれば何よりわたしみたいな真面目そうなコがどんなSEXをするかという興味で頭がいっぱいになっているはずよ。

からなにも過激な内容に走らなくても、本当に普通のSEXを撮っているだけでいいの。

アイドルに劣らないほどのかわいい女優さんがこれでもかとあふれる中で、さら規制の中でできる限りの過激なプレイさえ出尽くしてしまった今、わたしが見つけた緩やかながら確実にファンを獲得するための手段なの。

から、わたしが落としたハンカチを拾ってね。

2015-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20151018141202

私は酒好きで、酒の味が大好きな人間だが、

大して酒が好きでもない人間がウーロンハイとか梅サワーとか飲んでるの見ると、

お前らジュースや茶で割るくらいなら飲むなって思うな。

酒飲まなくていいんじゃん。

ほろ酔いのいい感じを味わうためでなく、酔っ払ってはっちゃけるためだけに酒を飲むのは個人的には軽蔑しているな。

ストレスを酒で紛らわす系?

2015-07-14

酒に強くなりたい

ワインボトル一本空けたら、ほろ酔い、ってくらいだったら人生もっとしかたかも、って思う。

これで酒が嫌いなら良かったんだけど、味自体は好きなんだよね。

大体、フレンチとか行くとグラス2-3杯くらいは飲むのが普通だと思うんだけど、この程度飲むだけで結構赤くなってしまう。。

2015-06-18

チキン

数年前の夜。

信号待ちをしていた僕と、別方向に行く信号待ちをしていたおじさん以外に周囲に人影はいない交差点

「トサ」という音がした気がして振り向いたら、おじさんの少し後ろに財布らしき四角いものが落ちていた。

状況的にはもう99%このおじさんの財布なんだろうなー、と思いつつ、

それでも、落ちた瞬間を見たわけじゃないので、実は全然知らない財布なのに、

「落としませんでしたか?」と聞いたときに「おや、ありがとう」とおじさんがウソをついて、

財布を持って行ってしまう可能性を考えてしまって、どうしてもその場から動けなかった。



この場で声をかけて、「念のため」と言って内容物や名前なんかを質問してから返すのが一番スマートかな?とも一瞬思ったけれど、

ほろ酔いのようにも見えるおじさんが、もし無礼な態度の若者に激高して、突き飛ばされた僕が通りかかった車に轢かれて死んでしまったりしたら……。

僕は死にたくないし、不幸なドライバー交通刑務所行きになってしまうのも嫌だ。

おじさんにだってできれば殺人者にはなって欲しくない。そう思うと、やはり動けなかった。




僕は信号が変わって、おじさんがその場を立ち去るのを待ってから、財布らしきものに接近した。やっぱり財布だ。

口金やボタンでとめない長財布だったので、拾うときにチラッと中身が見えた。

一瞬見えた内容物は、免許証クレジットカード、少なくない量の紙幣

これだけあれば確実に持ち主のところへ戻るだろうから安心だな、と思いながら、僕は財布の端をつまんで近くの交番へ向かった。

拾得物として届けて、どこで拾ったかなどを警察に伝える。

途中、内容物を警官が机に広げていくが、明らかに失くしたら物凄く困るタイプの財布の中身だった。

多分、持ち主はあのおじさんなのだろう。

机の上に並べられた免許証写真の風貌はさっきのおじさんと同一人物のようにも見えた。

警官が「おそらく持ち主のところにちゃんと戻りますが、現金だけで7万円以上入っているし、お礼をしたいと言われると思うけど、連絡先を教えてもいいですか?」と聞いてきたので、

「いえ、お礼とかは結構です。」と言って書類権利放棄のところにサインし、僕は交番を後にした。

おじさんを信用できず、頭の中では「衝動的に殺人を犯す人間かも」とまで想定した自分が、何も知らないおじさんから感謝言葉をもらうような資格はないのだ。

僕はおそらく、やや病的なレベルネガティブな臆病者だが、せめて臆病者なりの誠実さを胸に抱いて生きていきたいと思う。

2015-04-03

察せ

ほろ酔いで帰ってきて数時間経った。

そんなに飲んでないこともあって、そろそろ大丈夫だろうということで風呂に入ったんだ。

 

風呂で腸内が温まったこともあって、程なく屁を大量放出

そして、大量に浮き上がってくる、粘度が低めの……

 

今、涙目掃除が終わった所だ。死にたい……

2014-12-15

大吟醸オ○ニーの続き

http://anond.hatelabo.jp/20141214202726

昨日酔いながら書いた日記ブクマされて驚いた

諸兄らは何故読んだのか…意味がわからないよ

大吟醸ぶっかけ教授を突っ込んだだけでそんなに狂気じみたことしてないよ

勉強になることを何ひとつ語ってねえよ!

こんなオ○ニーを語る処女がいたら嫌だからオッサンでオネガイシャッス

女がオ○ニーを語ったらドン引きされるし仲間内でも痛い子扱いだから

おっさん乙はある意味正しい 

処女は清純 処女はオ○ニーしない 処女ビッチは許されない

ゆえに榛名ビッチ扱いは許さな

榛名はわいの嫁なんや~~!!

こんな風に書いておけばおっさん創作乙扱いされる

榛名好きに女性提督はいない説が流布されてるから大丈夫であろう


さて本題に入ろうか

大吟醸オ○ニーではフラグのように

ワカメ酒やクリガーゼもしてみたかったけど

て書いた

書いたからにはフラグを回収しなければなるまい

ただワカメ酒は実践すると掃除が大変なので乳○ガーゼとクリガーゼに絞った

以下記録である


■乳○ガーゼ

大吟醸を漬けたガーゼを乳○に貼る

肌に付着したアルコールが気化してつめたく感じるが、経過とともにガーゼが乾いてしま

突起物を摘もうとしてもテープのせいで摘みにくい

摘みにくいせいで乳○への刺激が散漫になって感じにくい

ベストなのは大吟醸を口に含んだままちゅぱちゅぱ吸われることかな

吸ってくれる相手がいねえよ…チッ 攻めに吸わせるか

アルコールに弱いので肌がまけてしまうに思われたが、それよりも貼りつけたテープにまけた

かゆい


■クリガーゼ

これも大吟醸を漬けたガーゼを貼ってテープで固定するというもの

最初は痛気持ちいいだったが乾いてしまったのでぶっかけすぎた

いっってぇぇぇぇぇぇえええ!!(悶える

1分くらい反応できなくなる

敏感なのでちょっと漬しては触るに留めたい

これ…カリカリ尿道だったら痛いだろうな…ドМ向け


ぶっかけ教授

前回よりもぶっかけ度合を増やし、滴る程度でin

いったあああああ!!!……………ああ……あああ……うん、熱くなってきた

肉がアルコールを吸収するまで時間差が現れる模様

体調によるのか濡れ濡れなのはいいが、濡れすぎて教授が外れやすくなる

汁をふいて大吟醸inのあとズッコンバッコン♂

やっぱりいってえええええええええ!!!

くぅ……………………癖になりそう

ドМでよかったと思われる

大吟醸ゼラチンで固めてローション替わりにすることも考えたが

それはBLで描くべきであるので割愛する


■総括

酒に弱い奴が無理して飲むと二日酔いになって地獄をみるのが世の理

しかし今回大吟醸は100mlも使用していないので経済的にもフィジカル面でもきもちよくなった

なにより便秘に効いてよかった

ほろ酔いまじりに押し倒されて、乳○をちゅぱちゅぱされながら、熱く熟れた肉襞を掻き回される気持ちがわかってよかった


……

……

……


そう

おっさんから!!わいおっぱいついてない!

これは創作ぅ!!まぎれもない創作ぅ!!

いいか探すなよ!?

BL大吟醸シチュがあったとしても別人である可能性を忘れるなよ!?

マジ聞きしたらただの変態認定されるから!?フリじゃないからな!


以上



おっぱい

2014-08-23

女って嘘がつくのが下手糞な生き物

同棲している彼女が「今晩姉と飲みに行く」と言って出かけていった。だいたい3時間くらいしたら帰ってきた。

ほろ酔いでもなくて、お腹いっぱいでもないようだった。

リビングで話をしていると、彼女が集合時間に間に合わなかったよと言った。じゃあ「遅れる」と送ったメールを見せてくれと俺は言った。

そしたら「他のメールを見られたくないから見せたくない。」「疑われると気分が悪い。」と言い放ってそそくさと自室に戻っていった。

嘘ついていることが自明な上に理由が最高に稚拙。(証拠提示しろという要求にお前の感情なんてどうでもいいんだよ。)これ以上詰めたところで話が進まないと思ったのでとりあえず放置した。

からしたら「1人で外出したんだから証拠付きで何をしたのか説明する必要がある。」と思っている。できないならやましいことがある、という結論になってしかたない。

この後は、奴のSuicaから姉と会う予定の場所への移動履歴が残っているのか調べるところ。

お互い隠し事はしないようにしようよ。ほんとそれだけ。

2014-08-18

コンサータ飲んだほうがいいかの(のか)?

タブを常に40個以上開いている。モニターは二つある。全然集中力がない。部屋が汚い。

公共料金はいつも止まる直前まで支払えない。そもそも払い込み用紙をなくす。

大学は休学中(休学申請も期限最終日にようやく出来た)。

漫画と本が3000冊以上ある(衝動的に大量に買うので屑本ばかり。糞書物をどれだけ読んでも、何の教養も身につかん)。

もちろんほとんど斜め読み(本当に必要な本は100冊もないだろう)。

パニック障害は克服したが(入った当初は大学行くまでの路線で、各駅下車してゲロってた)、あがり症故、常にプレゼンほろ酔い以上で臨んでいた。

バイト死体みたいな表情で単純作業が楽(とはい人生において何も積み上がらないイライラで、家に帰って食器にあたって破片を片付けるのが空しい)。

依存傾向の心性がこれらの糞ぶりを覆って見えにくくするのか、対人関係に全く問題はない。

朴念仁というか人畜無害でむしろ好かれることが多いが、内的には攻撃性が強く、そのギャップ精神が疲労する。

朝九時からバイトなのに、朝五時までネットながら見映画漫画

頭痛のおかげで一応起きられる。

我ながらゴミすぎるが、これは自力改善できる状態なんだろうか?

2014-08-17

http://anond.hatelabo.jp/20140817160541

ほろ酔いから返信するけど、無精子が「圧倒的有利」とか、空想に使えるって、全然意味がわからない。

兄弟は多産なんで、俺は遺伝でなくて、熱か何かでやられたらしい。

そんなの空想するメリット、あるかねえ?

誰にも言えない状況を吐き出したかっただけだよ。

2014-07-17

不倫して良かった。

※これは頭のネジがゆるいビッチのたわ言です。世の大多数の女性もっと真面目に誠実に生きていると思います

無駄に長文で、読んだら胸糞悪くなると思います



2014/07/18 お礼を書きました。http://anond.hatelabo.jp/20140718205540



【結論】

不倫して良かったわー!おかげで旦那ラブラブだわー!



【経緯】

結婚する前、旦那浮気をしたことがある。

その時は半年くらいの反省期間をあけて復縁した。

彼は謝罪し、ちゃんと時間をかけて誠意を見せてくれた。人間だれしも過ちを犯す。一夜の火遊びぐらい寛大な心で許してやろうとその時の私は思ったのだ。

数年後、その彼と結婚した。

結婚するとき、少しだけ浮気の件を思い出し、本当にこれでいいのか?と迷った。

浮気は繰り返すと聞く。彼はもう浮気をせず、私だけを大事にしてくれるのだろうか?と。

悶々と悩んでいたが、客観的に見ると高学歴大企業に勤め、身長も高く思いやりのある優しいイケメンが、薹の立った顔面偏差値20を切るほどの私を嫁にしてくれると言っているのだ。

こんな美味しい話が、今後の人生において降ってくることがあるだろうか。いやない。絶対ない。そう考えたら答えは簡単だった。



結婚後、3年間は何事もなく過ぎた。

子供は出来なかったけど、旦那は変わらず優しいままだったし、いまだに私のことを「世界で一番可愛い。愛してる」と言って憚らない。

こんなブスを相手に何を言ってるんだ。頭おかしいんじゃないか、と思わなくもないがブタもおだてりゃ木に登る。多少身なりに気を使うようになったことで容姿に対する劣等感は昔よりほんの少しだけ薄れたような気がした。

それでもふとした時、例えば旦那の帰りが遅い日とかは、やっぱり浮気の件を思い出しては一人でハラハラすることが度々あった。

そういう杞憂は地味にしんどかった。



大学生男の子が私の職場アルバイトとして来たのはそんな時期だった。

私の職場学生バイトがそこそこいるところで、私はそこで一応管理職をやっている人間だ。

女子大生ばかりの中で久しぶりに入ってきた男の子に、周囲は浮き足立っていたが私は特に気にも留めず普通に仕事をしていた。

私は既婚者だし、年下は好みじゃなかったのでスルーしていたのだ。

ここまで読んでいる人ならもうお分かりだろう。何故かその男大学生は私に懸想してしまったのだ。

今時の草食系っぽい外見でありながら意外にもガンガン押してくる子だった。

最初アタック職場飲み会。私の隣にちゃっかり座り、帰り道は「途中まで送ります」とか言って気付いたときには二人っきりだった。

増田さん、結婚してるんですよね?」

「うん」

旦那さん、どんな人ですか?」

「すっごく優しい人」

「今でも好きですか?」

「うん、好きだよ。良い旦那様だと思う」

嘘は言っていない。だが、見栄を張っていたと思う。”私は幸せなんだ”と自分に言い聞かせていたと思う。

その返事で彼が何を思ったのかは知らない。だけどその次に私をしっかり見据えてこう言ったのだ。

「俺、増田さんのことが好きなんです」と。

ほろ酔い気分も一瞬でさめた。はぁ?というのが正直な感想だった。

「えっと、私既婚です」

「知ってます

「なので無理」

「どうしてですか?俺のこと嫌いですか?」

「いやいや、そういう問題じゃないでしょう」

「じゃあ嫌いではないんですね?」

そういうことじゃないだろう!と思いつつその後も進展のない話しを少しして、結局「私、不倫するつもりないから」とバッサリ切り捨てた。

10歳近く離れていたし、若さゆえの気の迷いだろうと結論付けてその後は努めてビジネスライクに振舞うようにした。

しかし、彼は諦めなかった。若さゆえの行動力というか、なんとかタイミングを見つけては二人きりになり「増田さん、好きです」と繰り返した。

職場にそういうことを持ち込むな!と叱ったこともあった。メールアドレス電話番号も絶対に教えなかった。

そんなまま2年が過ぎた。2年もそんなことを繰り返すと誰しも情が湧くのではなかろうか。自分のことを好きだと言ってくれる人を嫌いになるのは難しい。(ストーカーは除く)

なのでその頃には個人的な付き合いは全くなかったが「増田さん、好きです!」「はいはい、ありがとねー。気持ちだけ受け取るー」と返すぐらいの関係にはなっていた。

自分を好きだと言ってくれる人がいる、という状況を楽しんでいたのだ。



状況が変わったのはその年の冬だった。

ちょっと残業が続き、職場で久しぶりに二人きりになった。

増田さん…俺、本当に増田さんのことが好きなんです」

「うん、知ってる」

「今年で大学卒業なんです」

「うん、そうだね」

就職したら東京行くんです」

「へー、そうなんだ」

「寂しくなりますか?」

「そうだね、みんな寂しがると思うよ」

こちらがあえて曖昧な返事をしたことに気付いたのか彼は悲しさと諦めが混ざったような薄い笑みを浮かべて、すぐに真面目な顔になった。

一生のお願いです!最後の思い出に一度だけ増田さんを抱かせてください!」

そう言ってすごい勢いで90度に頭を下げた。

一瞬、何を言われたのか意味が分からなかった。

意味理解した瞬間、それ女子台詞じゃない?と思った。「最後の思い出に抱いてください」とか、三文小説とかにありそうだなって。

でも目の前の男の子は、一生懸命ものすごく緊張しているように見えて。ああ、マジでそう思ってんだろうなぁと思った。

これがもし演技でも、だまされてやっていいかなって思った。それ以上に、これは旦那への素敵な復讐になるってどこかで冷静に計算していた。

私は自分で思っているよりもずっとエグい人間だったみたいだ。

「いいよ。最初最後からね」って言って驚いている彼の手を引いてホテルに行った。

正直、セックスは気持ちよくなかった。下手だし、勢いばっかりで。でも若さゆえのがっつき方がある意味しかった。

家に帰ったら旦那様はもう寝ていた。その寝顔を見ても自分でも驚くぐらい罪悪感は感じなかった。自分旦那より最低の人間に落ちたんだと思って面白かった。

次の日が土曜だったので、寝ている旦那の布団にもぐりこんでセックスをせがんだ。旦那は喜んで優しく私を抱いてくれた。最高に感じた。今までで一番気持ちよかった。



あっという間に春が来て大学生の彼はバイトを辞めていった。約束どおり彼はあの夜以来、私にちょっかいをかけなくなった。

最後送別会の日、彼は「増田さんを好きになってよかったです」と言ってくれた。なんだか気恥ずかしくて「そっか」とだけ答えた。

夫婦仲は更に良好になったと思う。彼が不倫をしてるんじゃないかって心配を全くしなくなった。したいならすればいい。私にばれないようにやる分には全く問題ない、とまで思うようになった。

もし、大学生の彼が将来、旦那にばらしたらどうしよう、ということも考えたことがあったが、その時は大人しく旦那慰謝料を払って離婚しようと思った。

子供はいないし、仕事はある。捨てられても別にいいや、と今でも思っている。

あの後、わずかに芽生えた罪悪感から私は今、旦那にとても優しくなれる。大抵のことは笑って許せるようになった。

旦那は今でも相変わらず私を「可愛い」、「愛している」と言ってくれるし、お願いはだいたい聞いてもらえる。

私も毎日旦那に「愛している」と言うし、彼の望みなら何でも叶えてあげたいと本気で思っている。

周囲には「増田さんちはいつまでたっても新婚さんみたいでうらやましい」と言われる。

子供がいないのがちょっと残念だけど、まぁ、できなかったものは仕方ない。



先日、数年ぶりに職場大学生の彼が遊びにきた。話を聞くと結婚するので彼女を親に紹介するため地元に帰ってきたらしい。

職場の皆と「立派になったね」、「男前になったね」と彼の成長を喜んだ。

彼女はどんな子かと誰かが尋ねると恥ずかしそうに皆に写真を見せてくれた。

つやつやとしたロングの髪が綺麗で上品そうな女の子が写っていた。青いワンピースがよく似合っている。

それを見てほっとした。私とは正反対タイプだ。

後になって、安心したことに笑いがこみ上げた。私は何を心配していたんだろう。自意識過剰だ、ばーか

少しだけ職場の人たちと挨拶をして、彼はすぐに帰っていった。

幸せになれよー、と心の中だけでエールを送っておいた。

2014-06-24

酒で潰してせっくすってできるもんなの?

酒飲んだことを口実に、ほろ酔い程度の女性がOK出しやすくなるって理屈はわかる。

でも潰れるレベルになるとムリゲーだろ。

いくら体の小さい女性といっても体重は40~50kgもある。数十分も背負って運ぶのかなりキツイ

そんな状況でラブホ入れるのか?受付でNGくらいそうだが。

自宅に連れ帰ったとしても、吐き戻されたらたまったもんじゃない。

意識の無い相手を強引に脱がせてヤルとしても、反応のない肉の塊。

キャッキャウフフ的な楽しさ何もないだろうし

相手の意識が戻ってからも、ずっと気まずい関係が続くと思うのだが。

そもそも記憶なくすほど飲んだ次の日の朝なんて気分最悪ですよ。

もっと楽しいせっくすをしろよ!



色々妄想すると童貞なりに心が痛むわけです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん