「音楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 音楽とは

2016-12-04

みんな言ってないだけで違法コンテンツ見てるでしょ?

流石にTwitterに書くと燃えちゃうけど、

みんな違法コンテンツ見てるでしょ?Youtube音楽を聞いたりドラマを見たり、

違法ダウンロードサイトからまんが落としてるんでしょ?



「そういうのはよくない」と思っていたオレだけど、

「え?なんで見ないの?Youtubeで見れるじゃん?」って言われた時に唖然としてしまった。


本音と建前の文化ってホント最悪だ。

SMAPに関するたたき合い

12月になった。

SMAP年末を持って解散するという。

SMAPのことを語ることは、すでにちょっとしたタブーとなりつつある。

事情も知らない部外者がなんか言ってるんじゃない」という批判を受けるからだ。

この初めて使う匿名ダイアリーも同じように怒られてしまうかもしれない。

  

署名運動が盛んになったり、新聞掲載都電ばんえい競馬TV局へのメッセージなどいろいろなところで何とか解散しないようにと活動するファンがいる。

彼女たちの活動に関して批判するわけではない。

自分の好きなアーティスト活動もっと見たいという署名

彼らが出演するメディアへのメッセ―ジ。窓口が設けられている以上悪くはないと思う。

ただ、「彼らが解散したくないといっている」「事務所解散させられる」「これはパワハラなんです」

こうなるとちょっとどうだろう?申し訳ないが気持ち悪さを感じてしまう。

それは事実かもしれないし、事実ではないかもしれない。それを憶測だけで書くのはどうなのか。ここは間違っていると思う。

「彼らの発言をみればそんなことを考える人ではないことがちゃんとわかる」

人の気持ちは変わるし、気持ちだけではどうにもならないこともある。そして、他人気持ちは変えられない。

彼らがもし、「解散したいか解散します」と発言したならば納得する人も多いかもしれない。

それがはっきりと示されていないことで混乱を招いたのはよくわかる。私の好きなもの活動が終わるとして、こんな終わり方で納得できないのもわかる。

もし彼らが本当に「解散したいんだ」と思っていたとしたら、存続を願うことは酷ではないだろうか。

でも「彼らが本当に解散したい可能性」を取っ払って考えたら、暴走ちゃうよなぁ、と思う。

  

一方でこうしたファンツイッターで裏アカウントだの愚痴アカウントだのを作ってたたいている人。

こちらも気持ち悪さを感じる。

グループファンを名乗りながらそのような発言をすることでファン自体、またタレントマイナスイメージが付くことがわからないのだろうか?

(こうしてここで匿名で書く私も同じかもしれないが、何をどこで書いてもたたかれるので。

私はSMAPファンでも、そのとあるほかのジャニファンでもないが、インターネット上でたたき合いをするいい大人たちのよくわからない争いは、もう見るに堪えない。)

何をしても事務所のせい、何をしてもI氏のせい。どちらもしていることはおなじではないか

もちろん良識あるファン存在することも知っているが、タグをつけてつぶやいたり、

プロフィール応援する人の名前を書いているということがどういうことなのか今一度考えてほしい。そういう人の発言が、一番目に留まりやすいのだから

  

私はとあるグループファンだった。

事情は違えど、彼らは唐突事実上解散した。解散というのは、メンバーが全員揃っていないこといいたい。

数名はグループ名を変えて活動した。国内国外いろんなところで。

残りの数名はグループ残留するかたちをとり、以前と同じグループ名で活動した。

ただ純粋に彼らの音楽を、彼らを応援していた人たちは突然スタンスの違いで攻撃あい、二度と分かり合えないような状態になった。

どちらも応援する人。

どちらかだけを応援するひと。

どちらかだけを応援して、もう一つのグループのことはファンタレントも徹底的に批判する人。

過去の姿が好きだっただけで、今はもう応援していない人。

そして、元のメンバーでの活動を望む人。

望まない人。

過去楽曲について、過去グループについて語ることはできなくなった。

当時の曲をいいよねといえば、「いまだに全員での活動を望んでいるお花畑一生懸命活動している彼らに失礼だ」と攻撃を受ける。

皆ただの一ファン芸能人にとってのなんでもない。過去楽曲を聴こうと、彼らの作りだしたコンテンツひとつにすぎないのだからいちファン糾弾されるのもおかしい。

事実上まだ作品流通しているのだからいいじゃないか

スタンスの違いなのか、いったいなんなのか。

私は心底疲れてしまい、彼らのことは全く応援しなくなった。たまに過去楽曲聴くが、名曲ぞろいだったなと思う。

  

話がそれたがSMAPファンも今こうなりつつあるのではなかろうか。

年末までの活動と割り切って応援する人。

そもそも一人のメンバーしかきじゃなかったという人。

5人でのグループ存続を信じて活動する人。

活動する人を否定する人。

25年も活動してきて、名曲もたくさんある。

当時の楽曲について話せなくなるのはおかしいし、5人または6人の話をする人は皆復活を望むお花畑だとたたかれないでほしい。

曲に罪はないし、過去に罪もないのだから

存続を願って活動する人。

それを批判する人。

どちらも今一度冷静になってほしい。

メディアに踊らされているのにメディアに頼る矛盾に気付いてほしい。

何の生産性もないたたき合いに何の意味もないことに気付いてほしい。

単なる一般人の私だが、SMAP報道が出た夜中にはびっくりしてしばらく眠れなかった。

当たり前にテレビに出ていた人にも当たり前はないのだと。

  

泣いても笑っても、おそらく今月末までというのは変わらないのだろう。

この残された一か月ですべきことはたたき合いだろうか?それとも根拠のない陰謀論を流すこと?同じCDを買いあさること?

本当に彼らのために何かをしたいと思うのならば、すべきことは何だろう?

2016-12-03

松本人志のドキュメンタル観たけど

そんなに面白いか?

 

俺ならトイレに一番近い席でアイマスクイヤホン音楽聞きながら6時間過ごして優勝狙うわ。

それが一番ガチなんじゃないの?

そうしないのを見る限り、本気度が感じられない。

今日19:30~BSNHKで「映像の世紀プレミアム 第三集」放送ですよ

映像の世紀プレミアム 12月3日(土)午後7時30分

http://www4.nhk.or.jp/P4235/

第3集「世界を変えた女たち」 

20世紀女性たちは自由を求め、愛を貫き、誇りをかけて戦った。

世界大戦中のパリで斬新なファッションによって女性たちをコルセットから解放したココ・シャネル

女性参政権運動などで活躍してFBI監視されたヘレン・ケラー

米軍の指令を帯びて日本新婚旅行に訪れたマリリン・モンロー

夫の血が染まったスーツで次期大統領の宣誓に立ち会ったジャクリーンケネディ

激動の時代を生きた女性たちの知られざる物語である

 

 

 

こっちも↓

BSNHK 12月4日(日)午後1時~

映像の世紀コンサート

映像の世紀」のテーマ音楽パリは燃えているか”の作曲家加古隆オーケストラがおくる迫力のコンサート

2016-12-02

私の性格と人付き合い

・相性の良い人とだけ付き合う

・それ以外の人や、不当な批判をしてくる人とは、「空間距離置き」と「ヘッドホン遮断」で交流を断つ

・相性のいい人は、mbtiでいうintp,istp,infp,isfp,isfj,esfpあたりの人。分かりやすく言えば、私と似たようなタイプの人か、猫っぽい人、無邪気な馬鹿、お母さんタイプの人、悟り系など。

・熱血系、バリバリ体育会系ザイル系、教育ママ教師っぽい人、正義感の強すぎる人、現実的猛禽類っぽい人は無理 近寄らないに限る

・お互いにマシンガントーク議論っぽく会話するか、相手が私のマシンガントークを冷めた目で受けとめる会話かその逆

空想癖とマシンガントークの人は基本的に好き。

音楽製作とか小説とかを媒介にしてコミュニケーションが取りたい

・正直、人付き合いは諦めているので、来るものを拒まず大切にすることも必要かなと最近思う

http://anond.hatelabo.jp/20161129135612

こないだ体調不良ってことで音楽イベント急遽欠席ってなったことに対してネットではみくにゃんのイベント今日からからだなとか揶揄されてたけど、あまりにも失礼というか不謹慎ものだったんだな

http://b.hatena.ne.jp/entry/shiba710.hateblo.jp/entry/2016/12/01/144225

んー

まあ感想文としては上出来なんじゃないだろうか

客観性の強い分析と比べて、こういう「あるレンズ(この場合右手主人公説)を使ってこういう風に見立ててみました」という趣向はどうしてもこじつけ感を感じるのであまり評価をする気になれないんだが



今年は『君の名は。』を筆頭に、映画音楽の新しい関係を感じさせる良作が相次いだ一年だった。従来の主題歌タイアップよりも深く踏み込み監督アーティストががっつりとタッグを組んで制作した作品が結果を残している。

新しい関係と言われても正直ありふれた普通の、いやむしろ当たり前と言ってもいい製作法としか思えないが、もしかすると映画では本当に珍しいんだろうか

それはお気の毒に




コトリンゴ:「主題歌」という役割分担が難しくて。“悲しくてやりきれない”もあるし、どちらを主題歌にするのか最近まで決まらなかったんですけど、結局映画用に新しく録り直した“悲しくてやりきれない”はオープニングテーマで、主題歌は“みぎてのうた”ということで落ち着きました。

へーーー

主題歌」と「オープニングテーマ」って、違うんだー

挿入歌」と「オープニング・エンディングテーマ」の違いならわかるけどー

あるいは「主題歌」が文字通り作品の内容を反映させているというのならわかるけど、その場合、別の曲と役割分担で悩むということ自体おかしいですよねー

主題を反映させている時点で主題歌なんだから

違いをちゃんと説明できるんですかねー?

なんとなくのフィーリングですかー?

悪い意味で、文系

中身の伴わないレッテルに振り回されるなんてはっきり言って馬鹿だとしか思えないけど、そんなので騙される連中も一定数いるだろうから全くの無意味ではないんだろうねー



意味の無いレッテルというのは「主人公」にも同じことが言える

作中で明言されていない役割なんてどうでもいいわ



そうやって読み取るのが、作品の正しい受け取り方だと思う。

くだらない

誰の言葉かは忘れたが「作品解釈に明らかな誤読はあっても正解は無い」

正しい受け取り方が存在するというのがどうしようもない勘違い

そんな勘違いをしているか

だけど、主人公を「右手」と捉えると、その印象が逆転する。

別に逆転していないもの勝手に逆転したかのような錯覚を覚えることになる

自分は予断をもって作品を鑑賞していましたアピールしかなってないんだよ



全体的にはまあ良いとしても以上の点は気になった

http://anond.hatelabo.jp/20161201115617

菊池某の批評は、自称音楽家代表”が、狭い了見で「音楽」を定義して、それを元に叩いただけのゴミだよ。

永遠に字義通りの「音楽」やってろバーカって感じだった。

2016-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20161201131333

いや、本人はすごいと思っているけど、本職のジャズの人が糞だというのならば、さすがにそれを否定はできないって感じ。

ただ、その糞であるという理由技術の巧拙ではなく、音楽に対する愛がないという点にあるということが分かって、それでそこは合意できた、って感じ。

http://anond.hatelabo.jp/20161201115503

T塚ヨットなんちゃらやW民が

如何様にして若者洗脳しているかがわかる映画だろ

あれは戦いじゃないよ

戦いだとしたらマイルテラー演じる主人公惨敗

最後あいつと目を合わせて笑いあうのは

和解でもなんでもなく

結局教師への依存から脱却できなかったというだけにしか見えなかった

菊池音楽を見せる映画じゃないというのも的を射た指摘で

主人公は終始内向きな思考

彼には自分演奏が周囲から見てどう聞こえるかという客観的視点がない

自分天才であることを証明してそんじょそこらエリートなんか蹴散らしてやるぜ」

という動機だけでずっと行動している

から女にも振られるし親父にも素直に応援してもらえない

あいつのドラムフレッチャーに聞かせるためだけに演奏されているわけで

観客を感動させないよう意図されているはずなんだ

から菊池の言い分にも一理あるし

あの演奏を見て手放しで凄い凄いと言うのは少し見当違いじゃないか僕は思う

ただ全力投球でありながら独りよがり演奏をあえて演出することは

相当に難しいわけで音楽を扱った映画としてはかなり良くできている

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161130235418

いいけど、水木サンの話しろ。な。せめて音楽の話じゃなく漫画の話しろ。いいんだけど。

ジャニーズバンドを見れない

いや、TOKIO兄さんは全然見れるんですけどね?w


エイトバンドゴリゴリ推してきてからだんだん冷めていったヲタ…って全然居なくないすか?

わたしはどんどん冷めてってしまってエイト降りちゃったよ。ジュクボあたりも全然沸けなくてだな…

いやこんなこと思ってるあたりがやっぱりもうヲタ卒すべきだなって自分でも思ったことが「にぎやかスタイルのいつもの自分たちとは違うでしょ?楽器できるんだよ、音楽音楽音楽」みたいな感じがなーーー 大袈裟感も感じてなーーー、っていう。

踊り苦手だから!とか言いつつアイドルアイドルして踊ってるのが好きだったんだよーーー

っていうのはただ単にわたしが根っからの「アイドル好き」だからバンドスタイルを受け入れられなかっただけなんだろうけどーー



からもうバンドアイドルを見るのがしんどいっすわーー!!トラウマになる!!

ギャップで推しているのだろうけど!

かららぶとぅーんもしんどいんだよなーー!!

らぶにキスマイイズムを感じるから勢いがあるエネルギーもある個性派ゴリゴリギラギラグループ、とかで推せばいいのに、何で楽器プラスした??ヒロム爺やはそんなコンセプトのアイドルはもう売れないとか考えてたのかな…

ダンス間奏で出てくるドラムセットベースギターキーボードしんどいわー!

らぶとぅーんしんどい理由は、前に生放送ギター真田さんが不在の時に代役であらん君がギター持たせられてたのを見て、本当に、当て振りさせるくらいならやめろよと…こういうのがあるからジャニーズは「○○の真似ごと」とか云々かんぬん言われるのでは…

ほんとにしんどいわー!!

http://anond.hatelabo.jp/20161130191827

そういえば2000年代に入ってから音楽で、「一発屋」みたいなミュージシャンて全く見なくなったな。

一曲だけバカみたいに売れてそのあと全く名前も聞かなくなったような人たち。

80~90年代には年に2~3人いたような気がするけど。

http://anond.hatelabo.jp/20161130191827

違う違う

年齢層関係なく、ライブフェスは人気がある

今は音楽関係の人はみんな、ライブフェスで食ってるの

音楽配信CDでも結局売れてなくて

ライブイベント収益で食ってる

http://anond.hatelabo.jp/20161130180629

Mステの話してるなら、ただの一企画に何を深刻な気持ち分析してんのって感じなんだが。

単純に若い世代にとっては80年代90年代話題が新鮮で、懐古層にも届く企画ってだけだろ。

家庭で話題にしやすいようなファミリー向けの番組ってだけ。

音楽だけじゃなくて、昔の話題を今あらためて取り扱うってのは増えてるでしょ、どこでも。

あと、「懐かしい曲流しとけば30代40代が食いついて購入する」って、そんな単純なわけないじゃん。

レコチョクとかのCMしまくってんだから、今さらレコード会社CDという媒体にこだわってるわけでもないし。

あと、30代40代支出が多いのは、単純に所得的に見ても若年層より多くて当然だよね。

Twitterトレンドになるのだって、出演してる人たちの固定ファンが多いからであって、ここに若年層も多い。

なんかこの増田の言ってることはヤフー知恵袋結論あり気に質問してるやつと同じに見えるな。

http://anond.hatelabo.jp/20161130185957

Mステジャニーズ番組ってことか。おまけで音楽番組、的な。まぁ確かに。

ライブとかフェスも30代40代の方が多いのかな。音楽支出する層が多いってことは。

http://anond.hatelabo.jp/20161130185757

Mステが見られてるのは音楽目当てじゃなくてジャニーズとかが出てるからじゃないの

http://anond.hatelabo.jp/20161130182407

今の音楽は金にならないし、流行らなくて社会的影響力もないってことか。

相当好きじゃないとやってらんないね

映像つけてもそれだとね。

Mステ放送中いつもツイッタートレンド入ってるけど、

やっぱり音楽って局所的な話題なのかね。

音楽聞く人減ってるというのにトレンド入りするのはいつも疑問。

それとも、金にならないと流行ってると見なされないだけなんだろか。

いやでも局所的……。

テレビ局ボランティアじゃないしね。でも音楽番組ってボランティアだと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20161130180629

30-40代向けの音楽を多く流すのは

1)番組の決定権を持つプロデューサーがその世代 自分が分かる企画を通し勝ち

2)「CDを買う」文化根付いているのがその世代 なつかしさによる購入を狙えるため、レコード会社に喜ばれる

3)新規収録をする制作費がないので、過去映像を流せば0円←これが主原因

音楽番組で80〜90年代音楽を流すのは

音楽番組で昔の音楽を流すのは、

音楽支出してくれる人が、80〜90年代音楽を聞いていた人たちだからなのかな。

広告効果っての?数字が取れる的な。

若い人の方が音楽聞いてる人の率は多いらしいけど(全年代減ってるけど)、

実数は30代40代の方が多いのかな。

若い人の方が音楽聞いてる人多いらしいけど、

売上に繋がる支出は30代40代の方が多いのかな。

 


今更ながら、流行りと売上の乖離を感じる。

数字が取れる=売上

流行り≠売上

数字が取れる=流行り」はわからない。

流行るという概念すらよくわからなくなってきた。

ネット流行り、テレビ流行り、売上。

若い人の流行り、年寄り流行り、親子の流行り、売上。

そして、数字が取れる、流行る、売上がある、は良い作品か。




ミュージシャンクリエイターは何を目指して作るのだろうか。

流行り(社会的影響?)、売上、数字、良い作品の全部だろうけど。




そもそも音楽全体が流行らないので、やっぱり斜陽感あるわ。

ちなみに柴さん(だっけ?)のヒットについての本は読んでない。

2016-11-29

厚切りジェイソンデマ流したやつ

人間こうはなりたくないものである

http://hissi.org/read.php/livejupiter/20161129/c0pOWlhQejYw.html

(朝5時からラブライバー煽りヌーハラ関連ソース無しスレ立て学歴煽り



ちなみにこんな狂人ソースしまとめを読んで「厚切りジェイソン無駄」「芸人貴様無駄」と厚切りジェイソンに対して罵倒を投げかけるはてな民もチラホラ。

ソースないんですけど?実際に発言してる可能性が限りなく低いんですけど?胸糞わりいな。

こんなクソ記事見て真面目に教育について語りだしてる奴らも大勢いてバカだと思った。

はてなブックマーク - 厚切りジェイソン「日本は無駄な科目多すぎ。国語、日本史、家庭科、技術、美術、音楽、体育いらない」



お前らさあ…恥ずかしくないの?




ちなみにこのまとめサイトは明らかなブクマスパムサイトで何重にもゴミ案件

http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http%3A%2F%2Fgeinou1.net%2F

気持ちにヒットする音楽プログラム

とか言うスマホ広告邪魔で仕方ないのだが、こいつにイラっとしてるの私だけ?

広告通り私のイライラポイントにヒットしまくりなのだけど。

この広告って広告制御プログラム対処出来るのかな?