「番組」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 番組とは

2016-07-01

謝ったら負けにさせる空気

NHK日曜討論」で共産党藤野議員の「防衛費は人を殺すための予算」というのが問題になった。結果、藤野議員は党の役職を辞任。この発言には問題があると思う。けど、この番組視聴者としては、少し気の毒にも思ってしまう。この番組を視聴したことがある人ならなんとなくわかると思うけれど、謝ったら負けという空気蔓延しているんだよな…。

エゴ芸人テレビで喋ってるけど

村本きめぇ

自分の出演番組見ながらリアルタイムエゴサしてるそうで

増田で一番こじらせてるブクマ乞食ってこんな風なんだろうな

というか増田似合いすぎなので芸人やってなかったら増田にいるだろうと思える

ちなみにTwitterしかエゴサしてないようなのでこの増田が目に触れることはあるまいてw

2016-06-30

歌うま芸能人決定戦みたいな番組を嫌いになった理由

芸能人の中で歌の上手い人は誰だ!とか、一番足の速い芸人は?とかたまにやっている。

ちょっと前だと筋肉番付芸能人の体力自慢が集まるなどなど。

まぁ芸能人が、本職以外のところでの意外な特技を発揮するような番組

昔はそういう番組好きだった。

「えっ、この人普段あんな感じだけど筋肉すごい!」とか「この芸人なんでもできそうなのに歌下手だな」とか。



でも最近楽しめなくなった。なぜなら知らない人ばかりが出ているから。

本来は「テレビ活躍しているあの芸能人の意外な一面」が見られて面白いはずなのに、

いたこともない売れてもいない芸能人がただ足が速いのを見る番組になってきている。

それだったら普通に陸上見るわ。

タカアンドトシタカ粉雪を聴いた時は感動したけど、おねだり豊の足が速くたって何も面白くない。

誰だよおねだり豊

http://anond.hatelabo.jp/20160630112346

カッペはすぐこうやって被害者みたいなツラをするけど

から言われてるけど、例えばテレビでの情報発信番組は夜の時間帯になると大半は東京中心情報であり、それ以外の地域には何の役にも立たない。

人口の面から致し方ない部分であり、情報検索する側が自分地域にあった情報を見つければそれで済む話なのではあるが、単純に今の時代でも東京中心主義は一向に変わらないのだなーと思う。

こんなん「一番製作予算多い地域番組を他の地域が安く買って流用してる」から起きてる状況であって

ネットのある時代に本気で役立つ自分地域の細やかな情報欲してるなら口開けてテレビなんか見てんじゃねえよって話でしかない




ていうか、東京とそれ以外の地域って色々結構違わないのかな?なのに東京中心主義のままでいいのかなー?と思ったり。

漠然とだけどね。

どうしろと?

「なら東京で作られたコンテンツを雑に流用消費せずに自分らでコンテンツ作れよ」って話でしかないこんなもん

少なくともそれは従来のままのテレビというメディアでは実現しないだろうけどね

お前は自分地域でそういうコンテンツメディアを作る気は無いの?




無いんだろうな

東京中心主義」とかいって被害者気分とうっすら陰謀論に身を浸して何もしないのは楽でいいもん

自分地域大事にする気はなく東京のことばっか気にしながら東京にも移住もせずなんか自分の部屋にこもって不平ためてゴニョゴニョ言ってる

お前みたいのをカッペっていうんだよ

東京中心主義みたいなもの

から言われてるけど、例えばテレビでの情報発信番組は夜の時間帯になると大半は東京中心情報であり、それ以外の地域には何の役にも立たない。

これは現在ネットでもそうで例えば「こんな美味しい店見つけましたー」なども、はてなホッテントリーなどの人気Webサイト紹介メニューなどではテレビほど酷くはないもののある程度はやはり東京中心になる。

人口の面から致し方ない部分であり、情報検索する側が自分地域にあった情報を見つければそれで済む話なのではあるが、単純に今の時代でも東京中心主義は一向に変わらないのだなーと思う。

何故こんな事がいまさら気になったかというと、英国EU離脱問題だ。

あれで示された離脱残留地域分布ロンドン残留なのにその周辺から外は概ね離脱派になっているという地図を見て、もしかして日本が例えばアメリカとの安保協定について条約破棄継続国民投票やったら東京とそれ以外で全然違う事になったりするのかなー?とかぼんやり思ったからだ。ならないと思うけど、例えばの例として。

ていうか、東京とそれ以外の地域って色々結構違わないのかな?なのに東京中心主義のままでいいのかなー?と思ったり。

漠然とだけどね。

ねこ

確かにまとめブログでの取り上げられ方は半端ない

最近じゃホリプロに入ってカレンダーも出したみたいだけれど

ちょっと評価されすぎじゃねって思う


というのは少し語弊があって、

興味持たれなさすぎじゃねって思う


わたしねこむさんに興味を持って

たまたま見つけたネット番組動画をみたのだけれども、

彼女はとてもじゃないけどテレビに出ていい人ではなかった


興味をもって強いモチベーションで調べると逆にひいてしま

それが彼女だったのだ

lgbtの「見せ方」について思ったこと。

なんとなく放送大学を見てたらlgbtのなんたらいう番組をやってた。男から女になった人と女から男になった人と司会の人で、まぁ内容としてはゴリゴリ勉強するというよりも鼎談みたいな感じのことをしてて。そこらへんはよかったんですけど。

出演者女性(元男性)が、派手な和装クラブママみたいな感じの人で新宿2丁目で働いてるらしいんですけど、番組最後歌謡曲を歌いだしたんですよ。いきなり。なんか「その演出いる?」と思って。なんか、いる? それいる? ってなって。

番組目的はよく知らないんだけども、「男らしさ」とか「女らしさ」とかい固定観念lgbtの人たちの足を引っ張る枷になってる部分もあると思うんですけど、「ゲイっぽさ」みたいのも固定観念じゃん。なんでそこをわざわざ強調する(ように見えることをする)のかなと思って。

死ぬほど当たり前のことを書くけど「男」の中にも色々いるわけじゃん。男がみんな車とロボットスポーツが好きな訳じゃないじゃん。ゲイの人にも色々いるわけじゃん。mtfの人も「派手な衣装メイク盛り盛りで人前で唄ったりするのが好きな人」ばっかじゃないじゃん。絶対に。

少数派、性的マイノリティのそういう生き方ex.新宿2丁目ゲイバーで働くmtf)があると知らしめる。それがひいては偏見をなくす道である。わかる。わかるが「マイノリティの中のマイノリティ」の生き方ばかりが取りざたされて、やたら目立ってしまうのは、「マイノリティの中のマジョリティ」にとって不本意なことではなかろうか。

直近の例では、とある裁判官の人が半裸の写真ネットに云々ていう、それは全然よくて。ああこの人はそういう人なのねって感じなんですけど。なんかそれをまた別の検事だかの人が支援かいってパンイチの写真アップとかしてて。それは余計じゃねぇの。普通に支援」を表明するだけじゃダメだったのって。

そういうの見てると「ゲイのおじさんて脱ぎたがりなの?」みたいなイメージなっちゃうような気がして。マイノリティの中のサイレントマジョリティではないが、ゲイのおじさんでも「自分の裸をネットにあげたくない人」の方が多いと思うんだけど(裏は取ってない)、そういう人の声ってわざわざ出てこないじゃん。ネットで裸を見せたがる人もいれば「好きな人の前じゃないと脱げない」ていう人も恐らくいるわけじゃん。

でも脱ぎたがりな人たちのそういうのばっかが見えてくる感じだと、ふっつーの、なんかもう着飾って人前で唄ったり、裸の写真をアップしたりしない、もう極めてありふれたふっつーの暮らしがしたいと思ってる人たちからすれば「自分は違うんだけど」みたいな、どうにもモヤモヤするというか、釈然としない気持ちになってんじゃないのかな、と思ったり。

果たしてゲイらしさ(とはなんだ、という話もあるが)をあえて強調することは、当人たちにとってなんか意味のあることなんだろうか。単にアイデンティティの発露(そういうクイアな部分が当人たちの精神的支柱になっているからもはや否定できないとか)なのかもしれないが。ゲイパレード映像に出てくるドラァグの人たちとかを見るたびになんとなく思う。あるいはそういう「おもしろいところ」から大衆に受け入れてもらおうという気持ちなのかもしれないが。それは諸刃の剣であるよな、という気もして。

念のため書いておくけどドラァグとか裸体をアップする人とかに「そういうのやめろ」と言いたいのではない。あの人たちは、それぞれそういう人ってだけのことであって好きにやったらよいと思うし。気になるのはそれを個人の特性と捉えず「mtfは全部ああいう感じの人なんだー」みたく十把一絡げに考えてしまう人が多いのではないかさらにそういった「らしい」部分を無意識に強調してしまうことが当事者の中でも少なくないのではないか? という点。

「そういう人もいるけど、そうでない人もたくさんいる」ていう意識一般的である状態に持っていかないといけないのでは? それにはふっつーの暮らしをしてるlgbtの人たちがたくさんいるってことをちゃんと伝えるべきなのでは、と思う。ところで放送大学番組に出ていたftmの人は、そこらへんにいそうな感じ(失礼)の兄ちゃんだった。「男から女になる」ことの難しさも一つの要因なんだろうな。

余談ではあるが以前からlgbtに対する風当たりの強さを理不尽に感じることが多くて、放送大学のやつがきっかけでなんとなく書いてみたんだけど、しかしこのエントリもまた自分自身の「差別意識」を赤裸々にするんだろうな。それを指摘されたい、という気持ちもまたあるので、ぜひ気付かせてほしい。

アイドル全般きじゃない

アイドル」といわれるものが好きではない。

他称による賞賛としての「アイドル」ではなく、職業としての「アイドル」だ。

はいっても、冷静に曲を聴くと「わりとちゃんといい曲だなあ」と思ったりする。

基本的に派手なショー的なものは好きなので、ライブも行ったら面白いのかもしれないと思う。

でも、好きじゃない。



何がこんなに嫌なんだろうなと思うんだが、

なんというか、思い出すのは、その昔バラエティでやってた「ポケビ」と「ブラビである

バラエティ番組の中で、彼らはときライバルとして競わされ、とき意味の分からない像を手売りさせられ、

「これに負けたら解散」「これができなきゃCD出させない」と散々に追い詰められていた。

当時子どもだった私は追い詰められる千秋ビビアンを心から気の毒に思っていたし、番組のゆくえにハラハラした。

そういう幾重の困難を乗り越えて出された曲も覚えて何度も口ずさんだ。

けど、不意に気がついた。

こんなの全部うそっぱちだな、と。

くだらない試合だの課題だの、それができなければこの世の終わりみたいに演出されてるけど、

そんなの全部番組のさじ加減一つだ。



彼ら彼女らはすごく一生懸命がんばっている(ように描かれている)けど、

そのがんばりは、言ってみれば、誰かがつくった回し車を一生懸命回しているだけだ。

あれだけボロボロになって涙を流してがんばってるのに、その努力の方向は「私たちはこんなにたくさん回し車を回せました!」なのだ

そんなの見ていられない、と思った。

歌いたいなら歌えばいいのに、なんでそれじゃだめなのだ

ASAYANが同じことをしてモー娘を売り出していたが、それは見てなかったのでよく知らない)



今となってはあそこまで露骨リアリティショーめいた見せ方をするアイドルも少ないだろうが、

結局、今もアイドルというものの売り方はそう変わっていないんじゃないか、と思う。

AKBにはAKBの中のルール規範があり、

ジャニーズにはジャニーズルール規範がある。

彼らは、基本的に、その狭い枠のルールの中で競い、勝ち取り、メディア露出する。

そしてファンたちもまた、そのルール規範を共有し、事情通がそれを解説したりする。

彼らがいま売り出されてるのはこうこうこういう理由なんだよ。



なんだか、スポーツを見せられてるような気分になってしまう。

どっかの眼鏡のふとったおっさんや、

90歳の少年趣味のおじいさんとその一族や、

そういう誰かがつくった、狭い世界の中の狭いルールで競うスポーツである

あそこで華やかにライトを浴びているのは、その、せっまい世界スポーツの勝者というだけだ。



彼らは歌唱力ダンスなど、本来の売り物については、非・アイドルに比べ多くを求められない。

というか、グループ内での優劣は苛烈なまでに強調されグロテスクなまでに書きたてられるのに、

グループの外の人間とは、比較されることもないし同じだけの技量を求められることもない。

あたりまえだ。彼らのスポーツグループ内でしかルールを共有されていない。

仮におなじ「アイドル」と呼ばれていたって、他のグループならば違うスポーツをしているのだ。



どこかのドラマに出たって、舞台に出たって、彼らは過剰な期待はされない。

外の人間も、「アイドル」という枠組み以上の技能がないことはある程度当然として受け止めるからだ。

けれどもなんだか釈然としない。

彼らが「アイドル」というマイナースポーツに興じているのは勝手だし、その勝者としてたたえられるのも勝手だが、

マイナースポーツの一流選手からといって、他のジャンルでまで彼らを尊重する理由があるだろうか。



ポケビブラビの対決に一喜一憂していたころ、私は「ウリナリ」というマイナースポーツルールを把握して、その枠組みの中にいた。

けれど、今のアイドルたちのルールにははまれない。なんだかばかばかしいからだ。

音楽ダンスバラエティドラマも好きだけど、そのどの分野もきちんと優劣を競い優れた結果を残してる人たちがいる。

内輪のマイナースポーツいちばんになることに全力を注いできた人たちに、特別用はないのである



かんけいないけど「タイミング」は未だにいい曲だな…と思うし

奥田民生カバーとか聞くと涙出てくる。



----------------------

トラバブコメに回答。



スポーツも嫌いなのか

正直あまり興味がないので詳しく知らない。

が、別に嫌いでもない。

スポーツは各種競技ルール制定に関して公正であろうとしてる(と、信じてる)し、

スポーツルール別に選手たちを遮二無二「努力」させて、その過程見世物にしようと言う意図で作られてないからだ。

サッカールールに準じて得点を得ようとする行為はべつに嫌いじゃないけど、

どこかの草サッカーが、試合の感動を高める目的

「これから試合まで、いちばん練習時間が長かったチームに、3点を追加する」みたいなハウスルールを作ったりしたら嫌いだと思う。



アニメアイドルは?

現実アイドルの有様を踏まえたうえで成り立ってるエンタメだと理解してる。

なので好きではない。

てか、このエントリを書こうと思った動機は、知人に某アイドルソシャゲを猛プッシュされ

「嫌だ、どうしても嫌だ、アイドルってだけで正直やる気なくす。でもなんでこんなに嫌なんだ」

と自問自答した結果を文章にしとこうと思ったからだ。



舞台ミュージカルで評判いい人だっている

知っている。それにもいくつか段階があって、

アイドル枠で客寄せに出てるだけかと思ったら意外と善戦してた」

アイドルファン向けの舞台だけど、作品として作り込まれてた」

アイドルかどうかにかかわらず役者として素晴らしかった」

などあって、一、二段階目はやはり「過剰な期待はされていない」し「アイドルという枠を出た実力は求められていなかった」結果だと思ってる。

三段階目にあたる人が全くいないとは言わないけど、全体としては少数、例外だと思う。

あとベテランレベルアイドルだったこと自体忘れ去られてる人か。

ただ、そもそも私は、活躍するアイドル出身の個人を否定する気はない。

だれか個人が嫌いなわけじゃなく、現代アイドルというシステムが好きになれないのだ。

(余談だが、蜷川氏なんてのはまさに商業理由からアイドル起用してた人なので、反論として出されるのに疑問がある。

 起用理由に関してであって、舞台上での個人の努力を疑うものではないけれど)



>曲は残る

そう思う。あと10年して、アイドルのありようとかがどうでもよくなったら、

その時はじめて、曲としてフラットに聞けるんじゃないかと思う。

アイドル以外にも聞く曲はたくさんあるので、

今あえて、製造過程に疑問の残るものを聞こうと思わないだけで。

2016-06-29

today

今日の良かったこと

テレビ録画番組USBハードディスクに溜まっているのだが

これをディスクコピーする方法について勉強

理解できた。

二日酔いだったけどなんとかなってきた。VCを1時間おきに1粒ずつ

服用した。

雨がやんできた。自転車に乗れそうだ。よかった。

適当チャンネル回してたらめちゃイケをやってみたので何となく見てた。



…この番組の「レギュラー」ってなんなんだろうかって思った。

最早ナイナイさえ出てればそれでいいやみたいになってる感じがする。

http://anond.hatelabo.jp/20160629071720

http://michsuzuki.hatenablog.com/entry/2016/06/28/075904

株主総会で「他分野が好調」「広告収入は良い」とはっきり言っているか面白い番組を求めるのはもう無理かもね

放送免許で守られながらテレビ以外で稼ぐ会社になってしまった

2016-06-28

ピントが合ってない!

最近テレビの画質が良くなってきたので、

ピントの甘さがどうしても気になる。

対談番組で2人並んで対談してるとき

カメラのピントが中抜けしるし

若干カメラに近すぎて、出演者にピンとが合ってなくて

背景にピントあってるとか。

ロケ番組に多い気がする。

テレビの画質が良くなった分、

それが顕著にわかるのが辛い。

あと、女優さんがコンタクトしてるかどうかも結構見える。

しくじり先生MAXが、仲間内陰湿いじめしてたって叩かれてたけど

しくじり先生」みてたら、90年代アイドルグループMAXが出てたんだけどさ、そんで過去メンバーが不仲になったってのやってたの。

そんでメンバーの不仲の原因てのが、「お付き合いとか、結婚とかの話はメンバー間みんなオープンにしようね」と言ってたのに、

メンバーの一人Minaってのが妊娠したことをメンバーに言わないで、事務所通してその話をメンバーが知ったことが発端なんだって

メンバー3人は「友情より仕事より自分1人の幸せを優先した」、「親友だと思っていたのに最初に言ってくれなかった」ってんで、そのミナってのをハブにし出したらしい。

案の定ツイッタじゃ「MAXがやってんの女友達内の陰湿いじめじゃん」みたく叩かれてて

http://matome.naver.jp/odai/2146703085172287801

で、これみててなんか既視感あるなーと思ったら、昨日みた増田

今日腐女子の友人たちに結婚することを伝えたら http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160626224953

(元記事きえてる)と同じじゃん、と思った。

先がけて勝手結婚妊娠すると、仲間グループからまれるっての。

番組で「アラサー未婚女性が知り合いの結婚を「おめでとう」と祝福できない割合は 65%」らしいけど、

https://twitter.com/yt_0601/status/747396330297843713

この陰湿いじめ関係が生まれるのは、女コミュニティ宿命なのかね?

コミュニティではそういうのって起こりにくいのかな? 

まあだから、ここから導きだされる答えは「女同士って怖いわー」という結論でいいのか、と思って書いた。

「女コミュニティ陰湿さ」ってこんなにも普遍的なのかどうか、あとこれについて思うこと教えてくりさい

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627033838

公共規制反対派の態度に失望って、あれなかったら確実にさっさと早い段階からこういうゲームアニメへの規制要求エスカレートしてただけだったと思うけど

現にこうやって既にゾーニングしてるはずのものまでドンドン要求エスカレートしてる

昼や夕方番組からはとっくに性表現なんて消えたのにね

そもそも「規制反対派の態度に失望」って、じゃあこういうどんどんエスカレートしてく規制派の態度には何も失望しないわけ?

規制反対派がどんな些細な事でもゾーニングしない」っていう態度に対して失望して「いっそ全て規制されろ」ってなるなら、規制派がどんなにゾーニングしてもこうして規制しようとしてくる態度に絶望して「ゾーニングなんて一切するか!」とも同じようになるはずなんだけど

現に俺はある程度は話し合いしようと思ってた時期もあったけど、こいつら規制反対派の増長っぷりに絶望して、「これはちょっとでも譲歩したら全て持ってかれるな」って気付いたよ

2016-06-26

まさかNHKあいまいみーとは

天津向うぜえと思ってたけど、まさかこうやって芸人つながりでNHKアニソン番組に出てあいまいみー動画流して歌もバナナマンに歌わせるとかすげーわ

っつーかあいまいみーらきすたアニソン標準として話すなや勘違いキモいオタク

結局さぁ…

昼の番組パンチラなんてしたら

「昼の番組けしからん! ゾーニングだー」

とか言って

から深夜番組パンチラしたら

深夜アニメパンチラがああぁぁー! ゾーニングだー」

挙句の果てに購入者しか見れないはずのゲームでまで

「こんなエロは耐えられない! ゾーニングだー」

って完全にエロ描写をこの世から駆逐したいだけじゃねーか

何がゾーニングだよ

こいつらに一度でも譲歩したら最後、どこまでも防衛線が後退して最後はこの世から消え去るまで「自主規制」させようとするだけじゃん

http://anond.hatelabo.jp/20160625202139

少年”向けとゾーニングされたもの少年が喜ぶ性表現するのも、”深夜”という時間帯にゾーニングされた番組ででパンチラするのも完全にちゃんとゾーニングされてんじゃねーか

何言ってんだこのカス

こういう奴に限って「少年向けなのに腐女子に媚びるな!」とか言われたらキレだすんだよな

マジ死ね

2016-06-25

xevra氏もいいけど,NHKキラーストレスを見ておこう

正直第2回目しか見なかったけど,

  • あの人がよく言う「大脳が壊れる」が

ストレスを感じると.「扁桃体(へんとうたい)」からストレスホルモンであるコルチゾール」が海馬を壊すであることがわかった.

  • あの人の言う「運動」は,番組内で出てきた**コーピング**の1つだと思われる.

宇宙飛行士ストレス対策でやっていて,番組内だと運動というより,自分プラスに感じる行為でいいみたい.

これは,宗教性排除した瞑想らしい.

スタンフォード大の研究結果だと

マインドフルネスにより,減少した海馬の一部が回復したらしい.

論文はこれっぽい.

Mindfulness practice leads to increases in regional brain gray matter density

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3004979/

丁度Fig1がマインドフルネスグループとcontrolグループ(よくわからない)を比較したら,マインドフルネスグループのほうが左の海馬が増加したというグラフっぽい.



参考:

  • 第1回

あなたを蝕(むしば)むストレスの正体

~こうして命を守れ~

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160618

  • 第2回

ストレスから脳を守れ

~最新科学で迫る対処法~

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160619

オンデマンド

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2016069380SC000/?spg=P200800015600000

内容をまとめてくれてる方のブログ

http://hatetak-date.hatenablog.com/entry/2016/06/21/013610

2016-06-24

ジャニーズじゃない。

中居SMAP……っていうかジャニーズに居る資格無いと思う。どんだけ演技力があったとしても、人の嬉し泣きを見て「ウザい」とか最低かと。

私はNEWSファンだけど、中居のせいで「ジャニーズって何しても許されるんだ」とか思われたくない。

それを見て、笑う観客も最低。

V系ファン(通称:バンギャ)も最近マナーの悪い人が多いって言われてるけど、SMAP以外のジャニヲタさんもみんな「マナー悪い」ってカテゴライズされる可能性も無きにしもあらずなんだよ?

自分がやられたんじゃなくても「ウザい」とか言われたら、普通だって印象悪く感じるはず。

バンギャジャニヲタも“好き”だからどんだけチケが高かろうが、会場が遠かろうが観る価値があるからライヴとか行くワケでしょ?

それをたった1人の心無い一言で、周りから「あー、このアーティストファンバカなんだ」って思われたくないでしょ?私だったら嫌。

中居ジャニーズからとかじゃなくて、まず人の気持ちを考えるべきだと思う。

私は当分SMAPの出てる番組は観たくない。っていうか観ない。

ファンではないけど、菊地亜美ちゃんが可哀想。失礼にも程がある。

自分の言った一言で傷付いたかもしれないんだよ?中居亜美ちゃんに謝るべきかと。あと、そういう心無い言動をした中居を野放しにしたジャニーズ事務所テレビ局も謝るべきだよ。

2016-06-23

イジメ撲滅!的なテレビ番組

イジメ撲滅!とかをテーマにしてる番組あるじゃん

あれってなんでいじめられっ子ばっかり集めて傷舐めあってんの?

ほんとに撲滅したいんだったらいじめっ子も呼ばないと意味なくね?

http://anond.hatelabo.jp/20160622195838

それで声オタやったことあるの?

声オタが声優に惹かれる理由は大雑把にいうと「親しみやすさ」で

それを構成する一番大きな要素は「トーク力(アドリブ力)」ないし「芸人力」

ラジオニコ生番組が声オタの基本だからそうなるわけよ

人気のアイドル声優はみんな強烈なキャラを持っていて、ウケてるのよ

若くてカワイイ顔の声優もどんどん増えてるけど、

そういう熟練したキャラ立ち一朝一夕に築けない

からカワイイ若手がまだ登ってきてないだけで、

アニメオタクがちょいブサを積極的に好んでる訳ではない

容姿がどうの、男がどうのと言って、三次アイドルみたいに

擬似恋愛して声優性的消費する人ももちろんいるけど

そういう人こそ少数派になっていくと思うね

そういう幼稚な精神性の人ほどストーカーとか問題行動起こすから

デジタルネイティブ世代が増えてくるほど叩かれて肩身が狭くなる

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.ライトノベルは、なぜああい文体が多いのでしょうか。

その界隈で精通している人たちですら、ライトノベル定義にブレがあるしね。

そんな状態のものに、私がとやかく言えることはないぞ。

ただ、それでも言えることがあるならば、表面的な表現手法について批判することに意味はないということくらいだ。

極端だけど、短歌に対して「短い」なんて普通は言わないだろ?

版型が変わればデザインだって変わる、ということだ。

フォントなり行間なり、紙媒体がどうかでも違ってくるだろう。

昔の長編小説をそのままの文章構成で、スマホ(フォ)のような別の媒体で読むとしたら、内容の良さに関わらず大分きついだろう。

から、「小説」と「ライトノベル」は同じ読み物だけれども、厳密には違うのさ。

焼きそばカップ焼きそば関係といえばいいのかな。

ライトノベルの「ライト」が何を指しているかにもよるが、売り手が狙っている主な層は、様々な文学に慣れ親しんだ層ではないのだろう。

であるなら、そこで紡がれるのは活字への抵抗感を考慮した「ライト」なものになるのは自然の流れではないだろうか。

表現手法最適化とは、媒体マーケティングによっても変わる。

もちろん例外はあるのだろうけれど、イレギュラー反論材料としては弱いしな。

読者層が様々なのは分かるが、子供向け番組を観る「大きなお友達」みたいなもので。

彼らがウケることをやることもある、けれどそれは副次的ものであって、メインターゲットは別なわけだな。

賞をとったものの中にはきつい出来のものが多々あり、理解に苦しんだ時期もあったが今はそう思い込むことにしている。

媒体考慮した表面的な手法文体などはそもそも評価対象ではないので、批判対象にならないというのが私の答えだ。

まあ、賞賛対象にもならないということでもあるが。

だが、そんな君にオススメしたい作品がある。

私が書いた、「死んだ日本で生きる私」だ。

ゾンビ蔓延って社会が全く機能しなくなった日本一人暮らしをしている青年が、毎日をよりよく生きようとする日常モノとなっている。

似ている設定で「地球最後の男」があるが、あちらと比較してブラックコメディ寄りな作風と、ブログみたいなノリで書かれる主人公の心情と独白がウリだ。

ライトノベルでありながら、“昔の文学を読んでいるような”気分に浸れること請け合いだぞ。

2016-06-22

「命の大切さを教えてもらった」ってちがくない?

ペット番組で、ペットの死に直面した飼い主の映像を流したまとめとして、「命の大切さを教えてもらった」って言うシーンが良く流れるのを観るんだけど、ちがくない?

命の大切さみたいなものは死に直面して気が付くことで、別に動物屠殺動画観ててもこの一端は感じることができる(より想像力を働かせられるなら、日々の食卓を眺めていてもこれは学べる)。

長年連れ添ったペットから学べることは、「命の大切さ」以上に、「愛の大切さ」だろ。

2016-06-21

大宅壮一文庫TV版がほしいのに誰も作らない(作れない)クソ社会

大宅壮一文庫」が存続の危機に|NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0621.html

戦後雑誌を網羅している私設の専門図書館大宅壮一文庫

文化風俗流行・世相を知る上で雑誌はかかせない。

しかし少なくとも80年代後半から日本では、雑誌新聞以上に世相を知るのにかかせないのがテレビだってことには誰も異論は挟まない。

その時から日本ワイドショー情報番組支配された。

80年代まれの者はテレビ洗脳された。

過去文化の広まりを知る上でテレビは欠かせない。

しか過去放送内容を研究者自由に手に入れることはできない。

大昔のフィルムは残ってなくとも、80年代以降の放送内容くらいはテレビ局に残してあるだろうに。

テレビ反省しないのは、放映しっぱなしでアーカイブを残さないからだ。(新聞社でも縮刷版残さないとこあるけど)

放送された全てのテレビ番組が録画され、そこに行けば誰でも自由に視聴し、参照することができる、テレビ大宅壮一文庫のような場所を作るべきだ。

例えば、10年前に「福島瑞穂朝まで生テレビでこんな酷いことを言った」というデマコピペ流行り、検証するのに非常に面倒くさい方法が取られたが(2chの実況ログから検証された)、テレビ文庫があればそこへ行って過去朝生をチェックするだけで、デマだと簡単証明することができた。

例えば、舛添の政治資金問題に多大な放送時間を割いているワイドショーに疑問を抱けば、過去政治家政治資金問題放送時間と比べて、その異常性を調べることができる。

今、非合法的にだいたい全ての番組が一旦はアップロードされるようになっている。しかし、権利者に即座に消され、アーカイブとして残ることはない。

よくネットでは、「○○の言葉はどんなふうに広まった?」みたいな記事が人気になり、新聞雑誌を中心に調査されているが、テレビを調べなくてどうするんだっていつも思ってた。

何かテレビ無視されている。調べられないのは分かるけど、それならそうと言及すべきだろうと。それもこれも、テレビが全くアーカイブを残さない、公開しないからだ。

別にネット自由にさせろというわけじゃない。しかるべき場所しかるべき人がしかるべき手続きを取れば、誰でも視聴し研究できるように保管されてればいいだけなのだ

しかしそういう文化的行為に全く無頓着民放テレビ局広告代理店はほんとクソ