「孤独」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 孤独とは

2016-06-23

承認欲求っていうのかな

でもそれが自分の思う認識承認と違ったら意味ないじゃんかと思うんだけども

お金や体やらスペックやら外見で受け入れられてもあなた永遠に孤独だし永遠に誰とも会話できてるって事にならないよとか思うんだけども

からも使われないし誰も使わないけど受け入れられるし受け入れることもできるなんて存在難易度が高すぎるのかもしれない

もう1:30か、日に日に起きるのが億劫になっていってるな

とんでもなく孤独

だけど表面付き合いをしたところで結局のところ孤独だし、むしろ自分から孤独を選んでしま

おそらく受け入れられるし受け入れてくれる人がほしい

人をとんでもなく受け入れられない

受け入れられないし理解できないのでノレンをシャドーボクシングしてしまうんだと思う

永遠に交わらないんだよ心が

2016-06-22

日本共産党 あさか由香第一声での訴え】

【あさか由香第一声での訴え】

みなさん、こんにちは参議院選挙立候補しました、日本共産党のあさか由香です。

全国に32ある一人区の全てで、市民野党統一候補が実現しました。今回の選挙は、政治を変えるチャンスです。この神奈川選挙区は4つの議席を争う複数選挙区です。みなさんのお力で、ぜひ私あさか由香を押し上げていただき、この神奈川でも自民党公明党を必ず少数派に追い込みましょう。

私は国会議員になってやりたいこと、たくさんあります。そのうちの一つが、ブラック企業を必ずなくしたいと思っています

私は大学卒業後、システムエンジニアとして働きました。夜9時に帰ると「早いね」と言われ、土日出勤が当たり前の中で、身体を壊す同僚や上司を見てきました。今、1歳と4歳の子どもがいますが、孤独子育てをしているママたちにたくさん出会います

長時間労働で心や身体を壊す、平日、パパが育児に関われないのは働く人のせいでしょうか。

非正規労働者給料正社員の5割台。「明日から来なくていい」の一言でクビになるのは非正規で働く人のせいでしょうか?今問われるべきは自己責任ではなく政治の責任です。

サービス残業倍返しに、長時間労働の上限、同一労働同一賃金原則をしっかりと法律に書き込むことは、政治しかできません。だからこそ私は、政治を変えたいと思いました。私、あさか由香、ブラック企業をなくし、8時間働けば誰もが普通に暮らせる社会をつくるために全力を尽くします。

今、0歳から高齢者まで、多くの人が苦しんでいますもっと1人1人が大切にされる社会は必ずつくれます

私も子ども保育園に入れず苦労しましたが、詰め込みではなく、どの子の発達も保障する安心安全な認可保育園3,000カ所、30万人分を作ります危険軍用機オスプレイ1機の購入費で80か所以上の保育園をつくることができます。私、あさか由香はオスプレイよりも、保育園を優先させます

私も4つのバイトをかけ持ちして奨学金も借りながら大学に通いました。海外留学をして驚きました。フランス学費は3万円、世界では返す必要のない奨学金が当たり前です。学費の値下げ、給付奨学金をつくるのに必要予算は3,600億円程度ですが、大企業減税4兆円の10分の1の予算で実現が可能です。

お金がないわけではありません。お金の使い方、税金の使い方を変える必要があります。そして税金の集め方も変える必要があると思います

所得1億円を超える方の税の負担率が、下がっています。この富裕層の方への優遇をやめれば3兆円の税収を確保することができます。今、様々な優遇のために中小企業よりも大企業の実際の税負担率が下がっている、この大企業への優遇をやめれば、6兆円の税収を確保することができます消費税増税は延期ではなくキッパリと断念する。消費税増税しなくても将来不安なく暮らせる年金制度を作るなど、社会保障を拡充することは可能です。みなさん、この道をぜひあさか由香に切り開かせてください。

経済も大きな争点の一つです。アベノミクスで、確かに大企業過去最高の利益を上げていますが、働く人の実質賃金は5年連続個人消費は2年連続マイナスと、今、不況が広がっています。私あさか由香、企業の9割、雇用の7割を支える中小企業業者への低すぎる予算アメリカフランス並みの1兆円規模に引き上げ、地域経済技術応援します。最低賃金を時給1,500円に引き上げ、日本経済の6割を占める家計をあたため、経済成長をつくります

みなさん。今回の参議院選挙、最大の争点は、安倍政権暴走を許して良いのか、安倍政権憲法まで変えられて良いのかどうかです。原発も、TPPも、沖縄の新基地建設も、すべて国民多数の声を無視して強行する、こんな政治は、もう終わりにしましょう。

私、あさか由香、原発ゼロに、再生可能エネルギー先進国を目指します。TPPではなく、食料主権経済主権尊重されるルールを広げていきます。二度と米軍犯罪が起こらないように沖縄連帯して、この基地神奈川でも、米軍基地撤去すること、原子力空母の母港化撤回を求めていきます

国民の8割が納得していない安保法が強行され、戦後一人も殺さず殺されなかった自衛隊員海外で殺されるかもしれない。銃を向ける相手アフリカの10代の少年兵かもしれません。私は、安保法は絶対に許せません。だからこそ立候補を決意しました。

憲法9条を守れの声は国民の、そして若者の願いです。ASEANでは年1000回にわたる会合を開き、紛争絶対戦争にしない仕組みを作っています日本平和を守るのに必要なのは安保法で軍拡競争することではなく、憲法9条いかした平和外交戦略です。

安保法を廃止し、戦争しない日本子ども達に渡しましょう。

政治はみなさんの一票で必ず変えられます。この政治を変えましょう。

日本共産党市民野党の共同をさらに広げるために全力を尽くします。私、あさか由香、個人の尊厳が何よりも大切にされる社会を作ることを、みなさんにお約束します。比例は日本共産党へ。神奈川選挙区は、私あさか由香を国会へ押し上げてください。全力でたたかます。みなさん一緒にたたかってください。よろしくお願いします。

試しに遺書を書いてみるとして

前提として、全くこれっぽっちも死ぬ気はないです。

ただ躁鬱で何をやらかすかわからないのと(人様に迷惑はかけないようにとは心がけている)、遺書という形に今も気持ちアウトプットすれば見えてくるものがあるのではないかと思って、このように考えたわけですよ。

さて、私が遺書に残したいことはなんだろう。

捨て台詞のようなものなら、少しくらい泣き言を言おうか。

真っ先に出てこなかったのが情けないが、感謝言葉必要だろう。

死ぬ理由は訴えたら楽になるのだろうか。それを死ぬ前に言おうと言う気にはならないだろうか。


私が泣き言を言うなら、やはり理解して欲しかったという言葉が出てくる。

もう少し遡るなら、過去への恨み言になる。

私が躁鬱を発症した時、親はそれを認めてくれなかった。

からしたらそれは優しさ…親なりの励ましだったのかもしれないが、私にはだいぶ堪えた。

「そんな子を産んだ覚えはない」という言葉は、「だから(私の子なのだから)躁鬱なんかではない」という意味合いだったと後から言い訳がましく言われたが(言い方に棘があるのを見て分かる通り、私はこのセリフをずっと根に持っている)その言葉に私は見捨てられたかのような絶望を覚えたものだ。

薬を飲んでいれば叱られ、取り上げられ、仕事を休めば「俺は仕事を休んだことなんてない」という励ましにもならないオヤジの自慢話だけを永遠と聞かされた。

私はカウンセラー相談して家を出た。

その選択は間違っていなかったと信じたいが、やはり一人きりでの闘病生活は苦しい。

正直言えば助けて欲しい。

食事もままならない時は食事を作って三食差し出してほしい。

朝は起こしてほしいし風呂には入れて欲しい。

なんだ、介護か。私は介護してくれる人間がほしいだけか?

理解して欲しかったとはなんだろう。

理解してもらえたら私の心は安らいでいたのだろうか。

からないなーーー。

真っ先に出てくるあたり、根に持ちすぎていて笑える。

死を選ぶいうことは現状への不満があるはずだ。

現状の不満はなんだろう。

現状

・働いているがクビになりそう(出社率が悪すぎる)

・金がない

食事は1日1~2食

風呂は2日か3日に1度

・部屋はもう半年以上掃除していない

・独り身

精神障害手帳2級

こんな感じかな。宝くじ当たったら死ぬ必要なさそうだね。

そもそもクビになっても生活保護とかまだ生きていく道はありそうだけど、そっちはどうなんだろう。メンタル的に耐えられるのかな。何か、道行く人全員に萎縮しそうだ。

再就職はどうだろう。難しいかな。

多分、未知が怖いんだ。

脱線した。遺書だよ遺書

死にたい理由はなんだろう。

状態

よく幻聴がする…いや、独り身だから、実際に鳴ってるのか幻聴なのかわからないけど。

ずーっと電話ベルの音。悪口。お母さんの声。虫の羽音。

匂いもたまにおかしい。ものが腐った匂い(部屋が汚いから?)りんご匂い

見えるもの。視界の橋に虫。

感覚はどうだろう。虫が腕を這う感覚

夢見も悪い。家族の夢を見る。

改めて、これはわりかししんどい。死を選ぶ理由になりえる気がしてきた。

大きいのはなんだろう。周囲とのギャップかもしれない。

私が良かれと思ってやったものを怒られる。

周りの気づかい理解できない。孤独を感じる。

考え方が違いすぎてしんどい

異星に迷い込んだ気分。

何か中二病みたいなこと言ってるけど、本当に周りと別の生き物のような気がしてつらい。

うまく言葉にできないということは、私がまだこの問題を捉えきれていないのだろうか。


一旦、ここまでにします。

書いてみただけだから死なないでちゃんと生きていきます

まりお叱りの言葉は聞きたくないからご容赦くださいね

同人活動結婚(既婚者から意見)

齢30、腐女子として生きてきての年数が年齢の半分に到達した私です。

腐女子といえど、様々な形態があると思う。読み専でもpixiv等の無料漫画で満足できる人、スマホ本屋さん、アニメイト通販で本を買う人、買い漁る人。それだけじゃ満足できずコミケイベントに参加して、自分の足で同人誌新刊を買い集める人。創作が好きで、年に何回かサークル活動をする人、オンリーイベント中心に年に何回も新刊を出す人。活動の功を奏して商業デビューを果たすもの二次創作が好きで漫画を書く合間に漫画を描くような生活をしてる人。もちろん今はコスプレ文化ゲームも個人で作ることが可能になってきたので、その世界の中で、ディープであれライトであれ、様々な「オタク」がそれぞれの形態活動しているわけだ。

もちろん、ディープになればなるほど 知人もディープオタクが大半を占めてくる。Twitterリツイートで見たツイートだけど、周りがディープになっていくにつれ、世界オタクに溢れてるような感覚になり、同人誌まで描いているようなディープオタクは案外少ないという事実がかき消されてしまう。感覚麻痺するのである

私もかつて、いや、今もディープオタクである結婚前は年に10冊のペースで新刊を量産し、毎週末のように大阪東京に遠征に行き、仕事から帰れば朝まで原稿を書き、Twitterに入り浸り、そこでも1日100ツイートは好きなキャラ萌え語りに明け暮れていた。それでも語り足りなくて、活動ジャンル専用のブログを作り平均5000文字程度の萌え語りやキャラ考察ジャンル考察を繰り広げていた。それができる位の好きなキャラがいたのも大きいけれど、活動人生の支えであり、毎日沢山の方から反応やいいねを頂き、それによって承認欲求を満たしていたのは事実だ。オフ会と称してよく近隣のオタ友と飲みにいったりもしたが、リアルでの友達ゼロ。というか原稿する時間を捻出したいがあまりに短時間高収入お仕事(という文章で察してほしい)をしていたため、同僚といってもお互いに関わり合うこともなく、個室待機さえ選べば空き時間ネームだってできた。集団待機でも特にしかけなければ話しかけられることも少なかったのでTwitterpixivを眺めることができ、妄想だってし放題だった。まともな社会人生活放棄し、学生からストレートにその道に入り8年。私はいからか、本名で呼ばれる機会は病院の待合室のみという悲しい状態に陥っていた。それでも、好きなキャラのことを考えている日々は幸せだったし、好きなだけ原稿ができ、締め切りがやばそうなら入れてた仕事電話一本で休める環境に満足していた。私は結婚は一生しない。一生この生活をしていくのだと本気で考えていた。

でも、何事も転機が訪れる。まず普通に活動ジャンルが衰退してきた。同人誌の売り上げがなくても活動できるくらい本業で稼いではいたけど、年齢を重ねるにつれそれも厳しくなってきた。齢27、とうに旬は過ぎ、体力も落ち、体型も自分しか気付かない範囲であれ崩れてきた。顔も急に変わるわけではないけれども徐々に衰えを感じてきて、焦り始めた。

それ以上に焦っていたのは、ここまでの活動をしてきたにも関わらず、私の同人者としての知名度はほとんどなく、若くて上手な人には絶対に敵わないという事実だった。自分の絵柄はどんどん古くなり、特にデッサンが整っているわけでもないからそれで注目をされることはまずない。その分考察を深め、原作尊重した上で自分の最大限を込めたストーリー作りに力を入れていたのだが、これは本当にやったことのある人にしかからないと思うけど、とても疲れる。原作が鬱傾向の話だったりすると自分気持ちまで引きずられて、脱稿後3日くらいは死んだような気分になるし、常にストーリー妄想を繰り広げるのは容易でない。そこまでやっても、ディープファンがついてくれど大手作家エロ本には勝てない。積んで積んで積み重ねても、私がそれをやめたら一瞬にして崩れ落ちるということに、疲れを感じていた。

長く同人をやっていると、諍いや嫉妬に巻き込まれることもあった。そういう人間関係にも嫌気が差していた。オタクって、言っちゃ悪いし私も人のことを言えた口ではないけど、評価の仕方が極端だし、性格に難ありの人間が多いのは確かだと思う。好きな作家が高尚様で嫌われないようなツイートをするのも必死ジャンル派閥問題であっちからもこっちから悪口を聞き、そのどっちにも良い顔をしているうちに、何やってるんだろうな自分と思うことも多かった。自由萌え語りの場はいしか、パワーゲームの場になりつつあって、それでも自分自分と曲がらずに立っていたかったけどそこまで精神的にも強くなくて、一時期は完全に病んでしまっていた。それでも本は作っていたのだから、今の自分からしてみればすごいなとは思うけど(笑)

そんな時、ひょんなきっかけで彼氏が出来た。私の仕事のお客さんだ。見た目が好きな声優に似ていて元々好感を持っていたのだけど、相手も気に入ってくれたこともあり、驚くほどあっさりと交際スタートした。

彼は隠し事はしないで欲しいというので、私はバカ正直に自分の描いた同人誌(R18)を持って行った。彼は多分その段階で私にベタ惚れだったのもあると思うけど、私の描いたものを誉めてくれた。その段階で思った。「この人と結婚しよう」と。

私がやったことはまず、Twitterアカウントの消去、そしてイベントでの引退宣言だった。もう二度とこの地は踏まないつもりで参加した最後イベントは、とても楽しかった。沢山の差し入れを貰い、沢山の感謝言葉を頂き、大型のオフ会まで参加させて頂き、朝まで遊び呆けた。連絡先を交換している同人の知人には結婚するので辞めるが、オタクをやめるわけではないからどうかこれからも仲良くしてほしいと告げ、長年続けてきた商売も辞め、真っ当な昼の仕事に付いた。彼とも一緒に暮らしはじめ、アニメを一緒に見るようになった。そして半年後くらいにプロポーズ結婚と相成った。その時は、もうこれ以上の幸せはないと本気で思っていたし、この人と普通に子供をつくり、将来は庭付き一戸建てに住み(これはもう既に叶ってはいるが……)幸せな家庭を作るものだと、本気で思っていた。

ここまでなら、へーよかったね、同人若き日の思い出だし、旦那にも理解してもらえて、20代結婚できて幸せだね、今はさぞかし平穏な日々を送ってるんじゃないの?と思う人もいると思う。私もまさかそうじゃなくなるなんて思いもしなかったし。確かに、旦那に絵を描く趣味を隠してないことはプラスに働いていて、今でもイラストを描いたりエロマンガを描いていても咎められたりはしない。それならよかったじゃん?って思う人もいるかと思うけど、違うのである

自分は、自分が思う以上に「真性(演技性)同人者」だったのである

から貼るURLは、同人者と結婚についての考察を記したものなのだが、1996年に書かれたものだということにビックリした。同人文化

オープンになり、多少世間目的ものはこの時点よりは向上したとはいえ、まんまこの通りで笑ってしまった。

http://www.asahi-net.or.jp/~hn7y-mur/yellav/link4.htm

(敢えてこのページのみを貼るけれど、時間がある方は他のページも読んでほしい。色々と興味深い研究結果が纏められてます)

結論からいうと、同人をやめたはずの私は、また同人を始めているし、同人誌を作っている。旦那にはそれを煙たがられているし、私自身も今の活動では満足できていない。

どうしてこうなったかというと原因は2つある。まずは、同人関係の交友関係を断ち切れてなかったことだ。

最初に、ディープ活動をすればするほどディープな友人が集まると書いたが、その中の一人が、今沼ってるジャンルこれだからやろう?とゲームを薦めてきた。そのゲームは基本プレイ無料のもので、スマホさえあればできるものだったので、暇つぶし程度ならいいかと始めたら、存外ハマってしまったのだ。友人は、私に○●(ゲーム内のキャラクターカップリング)を描いてほしいとお願いしてくれ、私も描くだけならいいかと1年以上封印していたペンタブレットで絵を描いて、名前を変えればバレないだろうとTwitterアカウントを別名で取り直し、そのイラストTwitter経由で友人に送った。これが過ちその2である

ここで私は久しぶりに経験してしまったのだ、「いいね」をもらえる快感を。自分二次創作が沢山の人に読まれる楽しみを。

これまでだって、確かに旦那や周りの人間いいね!と言ってくれたことは多々あれど、生命活動維持のための食事を誉められても、生命活動維持のための金の確保のための仕事内容を誉められても、嬉しくはあれ脳汁が溢れ出すような快感はなかった。でも、描いた絵を載せること、萌え語りや話を載せて得られるのは、顔も身なりも知らない人たちから賞賛、なんの役にも立たないはずのものが誉められる快感に私はまたのめり込み、活動再開から半年足らずで地元イベントに顔を出し、本を頒布し、Twitterでの知人とオフ会を開いた。正直、結婚後には味わえなかった最高の幸せであった。私自身は、やはりこの世界が一番楽しく、充実した自分でいられると思った。

ただ、もちろん弊害は多々ある。同人活動をやめていたころ楽しかった職場の同僚とのおしゃべりは雑音になり、邪魔になり、飲み会苦痛になった。旦那との会話や家事もそうだ。こんなに頑張っても一人にしか認めてもらえない家事夫婦生活をする位なら、一枚でも多く絵を描きたい、友達との萌え語りに没頭したいという思いが募り、夫婦間の会話は減り、喧嘩が増えるようになった。仕事休みがちになり、職場での評価もぐっと下がった。それでも週末のイベントがあるから楽しみで、生きるのは苦痛でなかった。

だがとうとう旦那の堪忍袋の緒が切れたようで、まず私の働いた給料は全額私が使うことが出来なくなり、何に使ったのかを逐一報告しなければいけなくなった。同人関係の出費があると、こんな無駄なことに金を使って、との小言つき。そしてとうとう月一万の小遣い制→給料の3%の小遣い制になり、通帳やカード差し押さえられ、前のような同人誌の発行ペースは不可能になった。こうなると私は働くことに意味を感じられなくなり、今は仕事を辞めてパートのみで生活している。月1000円のお小遣いではゲーム課金すらできず、私は毎日家で荒れ狂っているが、それを旦那幸せだという。きちんと貯金が出来、私の昼夜逆転や突然の欠勤もなくなり、ゲームに月数万も課金することがなくなり、家事毎日してくれる。これで精神が安定してくれたらいつでも子作りができるのになぁと言う。私はとても幸せだと思えず、生活のために仕方なくやっているパートに疲れ、ゲームログインボーナスを受け取るだけ、あんなに楽しかった絵ですらもう3ヵ月も描いていない。そもそも、また絵柄が古いことや流行りの絵でないことで劣等感を感じているし、イベントに行けないことで前みたいに作家さんと交流することもできないので仲良くもなれない。せいぜいSkype手紙のやりとりくらいだ。ストレスがピークに達し、毎晩自殺するか離婚するか考えているが、積んだキャリアなど何もなく、もう体型は崩れ、前のように時間自由が利いて高収入仕事に就くのは絶対にできない。今は奴隷のような生活を死んだ目で続けるしか、私の生命活動維持方法はないのだ。

私はクズだと叩かれてもいいので、この文章を書いた理由を話させて頂きたい。とんだ長い前置きですみません。ここからが本題です。

ここまでクズの極みの考え、人生腐女子はそうそういないと信じたいのだけど、部分的には共感してくれた人もいると信じたい。その中で、結婚を考えていたり、今後の人生漠然とした不安を抱えて生きている腐女子もいると思う。基本的腐女子ディープになればなるほど孤独な生き物だと思う。生計にできるレベルまでくればちやほやされるし好きなことで飯喰ってけるわけですが、そんな腐女子は多分一握り。殆どの人が、人より中途半端に絵は描けるけどプロになるほどではなく、それなのにいっぱしのプロのつもりで漫画家ごっこ、本屋さんごっこを続けてきた方だと思う。ジャンルの話や萌え語りはできても、日常の話となると境遇が違いすぎて相談する相手共感してくれる相手もいない人が大半で、適齢期でもあれば家族にまだ結婚しないの?なんて聞かれて蹴飛ばしてやりたくなると思う。

そんな人にただ一つ言える真実は、結婚して今の活動レベルを維持できると思うな。という事です。特に同人活動依存している傾向のある人ほど、よく考えてほしい。

維持したかったら、世帯収入が潤沢にあり、家政婦を雇うレベルでなおかつ妻の趣味に口を出さない人と結婚すること。子供は望んではだめです。お母さんが子供より大切なものがあるなんて、いくら自分勝手な私でもダメなのはわかります

そして、そんな自分ダメだなんて思わないで下さい。人生一回きり、楽しむも悲しむも自分選択次第です。同人活動以外に喜びを感じられないのだったら、後先考えず突っ込むのもまた人生です。その代わり女としての人生は失います。私はどちらも手に入れようとして、どちらもダメになりました。もはや私は旦那の思う幸せを叶える道具に過ぎません。二兎を追うものは一兎も得ないどころか、すべて奪われるのです。(まぁ、それは私のやり方やのめり込み方に問題があったからなので、旦那の言うとおり自業自得なのですが…)

まずは自己分析から始めて下さい。

そして、途中で貼ったURLを隅々まで読んで下さい。

沢山の人から評価で生かされてきた人ほど、それを失う結婚生活に耐えられるのか、よく考えて下さい。また、続ける気なら、それができるのか、不測の事態にも耐えられるのか、精査して下さい。

誰も声を挙げないし、まだ若い人の文化から明るみに出ていないけれど、評価への依存アルコールタバコ匹敵するものだと思います。断ち切るには、勇気と強い意志必要です。

最後になりますが、私がそれでも離婚しない理由はただひとつです。

だって、彼は私のことを、名前で呼んでくれるから

愛と趣味共存を、私はまだまだ貪欲に探そうと思います。罪滅ぼしに。また、ちゃんとした人間になるために。自分人生の半分を無駄にしないために。

答えが見つかるころには、もっとまともなアドバイス記事が書けるようになるといいなと思ってます

2016-06-21

友達よりも結婚相手を探すべき

増田で「友達が欲しい」と書きなぐったのを読みました。

確かに友は良い。でも、今からならば結婚相手を探すことをお勧めしたい。

友は増田が思ってるほど、永くは君の側にいない。

ハードルが上がる? 友達を作るのだって大変なんだから、50歩100歩。

英会話教室に行くより、婚活パーティ等に参加する方をお勧めしたい。

40歳を超えた僕には、ありがたいことに友達はいる。

が、数は激減してしまった。お互い無用な気使いの仲を、自然と解消したのでしょう。

今は気を許せる友が何人か。それも、同じ地域に暮らす人だけになりました。

彼女と呼べる人も何人かいましたが、今はなく。

行為だけの人もいました。今週末もそんなデートになるんでしょう、残念なことに。

今になって、僕は結婚相手を探しています

結婚相手が、愛が永遠だなんて夢は見ていません。

知り合って、彼女になって、夫婦になって、親になって、爺婆になって。

決して容易ではないハードルを二人でクリア関係を再構築できれば、あるいは永遠の夢を見れるのではと思っているのです。

更に夢を見る。

そんな家族を築くことができれば、友との関係家族ぐるみとして再構築し、自然消滅せず少しは永らえたのではないか、とも。

独りでいるのが怖いなら、友より先に結婚相手を探すべきです。

本音を言えば、孤独なんて解消されることはないのでしょう。諦めて、慣れて、誤魔化すだけ。

ただ、そんな言葉遊びにも飽きました。誰かといるとラク、それならそれでいいのかなと。

来月に起業します。

自由になった時間の中でバタバタと、でも笑顔起業準備をしている自分が嬉しい。

自由になった時間からこそ、増田の「友達が欲しい」も読むことができました。

そして、自分が寂しがってることにも気付いたのです。

僕も結婚相手を探せるよう、少なくなった友に相談してみようと思います

人生という暇つぶしの中で、増田も多く笑えますように。

イラスト仕事の告知をする気がなくなった

私はフリーイラストレーターです。

と言っても、有名なイラストレーターではなく、細々絵を描いて、だいたい月30万くらいの収入のある、

超絶技巧を持っているわけではないが下手ではない、媒体使用される分には見栄えが良いので仕事継続してある、

どこにでもいる目立たないイラストレーターです。

Twitterをやっていると、ものすごくRT数の多いイラストや、恐ろしくフォロワーの多いユーザーの絵がたくさん流れて来ます

自分フォロワー数はあまり多くなくて、1000人未満です。

いつもすごく頑張って描いていますし、きちんとした納品クオリティの絵をアップしていたと思います

でも、RTもあまりされませんし、私自身が話しかけにくい雰囲気もあるため、絵のコメントは滅多に貰えません。

から好きでした!とか、楽しみにしています!と言ってくれる人も時々いるけれども、

SNSを眺めていると、別に自分なんかはネット仕事の絵なんて上げなくていいのでは、と孤独感や劣等感ばかりがつのるので、

だんだん仕事の告知をしなくなってしまいました。

時々、誰かの反応を期待して描いたわけではない趣味の絵だけを載せています

肩書きイラストレーターだけど、フォロワーから見れば趣味お絵描きマンしか見えないと思います

イラストに反応がないと、絵描きは描いた絵を人に見せる気がなくなります

Twitterなどで新しい絵が見たいと期待していても、直接言葉や反応がなければ、このSNSにいる人たちは興味がないんだな、じゃあ上げなくて良いよね、となります

掲載媒体仕事の絵を見て、気に入ってくれた人がファンアートを描いてくれたり、好きだと言ってくれるのはとても嬉しいです。

でもネットで告知するのは気が滅入るので、もういらないかな、と思います

2016-06-19

自分お客様だと思ってる人見知り

人見知りはサービス精神が無さすぎ。自然と会話が盛り上がるような流れ、空気話題ができるのをひたすら待ってる。なんで待ってんの。お前が盛り上げろよ。なんか気まずいなーじゃないんだよ。お前が話題を振れよ。重い人見知りの奴と話してると、なんで自分接待してやんなきゃいけないんだって気持ちになる。質問してもひとこと答えておわり。なんのエピソードトークも無いし「あなたはどうですか?」も無い。英語の授業で「and you?」を習わなかったのか?

お互い時間お金を使ってるんだから少しでも楽しい方がいいじゃん。なんで協力できないの?どうしても話したくなくて、ひとりで飲みたい奴はそれでいい。でも後で「誰とも話せなくて寂しかった」とか「サークルで飲むと孤独を感じる」とか言う奴はなんなの?じゃあ話せるように頑張れよ。

そう言う奴に限って考えなしで来てる。話題を用意してくればいいじゃん。服屋じゃないんだから待ってても誰も話しかけてくれないし、何も教えてくれないし、質問もしてくれないし、親身になって一緒に考えることもない。飲みの席なんだからなに飲んでるの?とか、それ好きなの?とかでいいんだよ。ほどよいところで自分意見も言っておけ。もし上手くいかなくても、みんな酔ってるんだからいいんだよ。それだけのこともしないで「寂しい」とかうるせー。お前が寂しいのはお前のせいだよ。

それともあれなの?孤独趣味なの?一生やってろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160619141952

本音を知ってほしい時もあるだろう。

仮面をつけていないと匿名ですら恥ずかしいの?

孤独なやつだな。

2016-06-17

ブクマカマン

ブクマカマン』は、20017年(平戌92年)11月9日から13月27日にかけて月曜日19:00-19:30に全12話が放送された、株式会社はとなが企画制作した特撮ヒーロー番組題名。およびその番組に登場するヒーロー名称

番組開始当初の題名は悪役を冠にした『ネット猿人増田』であったが、その後『ネット猿人増田ブクマカマン』を経て、最終的に『ブクマカマン』へと改題された。第二次日本死ねブーム(または「反日ブーム」)の先駆けでもある。

概要

ネット猿人増田(第1 - 4話)

 前番組匿名痰壺2ちゃん』の打ち切りによる突然の製作決定(20017年10月8日から放送開始までわずかな期間しかなく、スタッフが一晩で第1話・2話のシナリオ執筆

 一部にパイロットフィルムを流用した映像があるなど、急ピッチ撮影を行う異例な状況でタートした。放送当時社会問題となっていた保育園公害ストーリーに盛り込まれ怪奇SM色の強いハードな展開がなされた。

 毎回の増田にもネットの書きこみが盛り込まれ増田の書きこみを元に生み出され、人間アナルだけにしてしま猛毒を撒き散らすアノニ増田アナルガー(第1話に登場)を皮切りに、以下のようなに魑魅魍魎(ちみもうりょう)そのもの怪奇性を強調した増田が登場した。

 また、ブクマカマンに変身する主人公所属する組織は、匿名書きこみの取り締まり仕事自宅警備員である人間側に増田退治専門の組織はない。低予算ながらも、それを逆手に取った作劇や特撮の工夫もなされていた。

 しかし、匿名ブログ批判的に扱うことが2ちゃんねるとの掛け持ちちゃんの反感を買い、悪役である増田をメインタイトルにした『ネット猿人増田』という番組名も問題視され、番組名の変更と内容の変化を余儀なくされた。

ネット猿人増田ブクマカマン(第5 - 8話)

 匿名書きこみ問題を題材にすることを視聴者クレームで断念したスタッフは、番組名の変更とともに匿名という題材から離れた電波重視の純粋増田を登場させ、正統派増田バトル路線を目指していくこととなる。

 2匹の増田が出てきてエアリプ対決をしたり、2匹の増田がタッグを組んでブクマカピンチに追い込んだりという展開が幾度となくなされ、ネットGメンが第5話から増田Gメンとなり本格的な防衛組織へと発展したりと、主役側も大きく変化した。

ブクマカマン(第9 - 12話)

 増田と戦う正義ヒーローブクマカマンの名をメインタイトルに据え、さらに内容が変化した。

 増田よりも増田によって地球に呼び寄せられた埼玉のおっさんとの戦いがメインとなり、等身大での戦闘シーンも増えたが、本来の悪役である増田存在感が薄くなった。

 ブクマカマン孤独な戦いを軸に重厚ストーリーが展開され、増田の悪質なネット炎上作戦増田と手を組んだ悪の政治家陰謀に巻き込まれた罪なき人々が犠牲になる過酷ドラマが続出した。

 また第10話においては、増田と手を組んだ悪の異星人の企てで、死体凶悪ラノベ読者として蘇生させて操る薬品によって生み出されたはまち信者が街中でワタモテ信者を惨殺していくなど、ショッキングな展開も相次いだ。

 それが、増田が腹心をブクマカマンに倒されて絶望し、ブクマカマンの説得も聞き入れず自ら命を絶つという最終回にて結実することとなる。

http://anond.hatelabo.jp/20160617151654

素子少佐増田に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ口を噤んで孤独に暮らせ。それも嫌なら…」

2016-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20160616131552

面白かったけどリーディングシュタイナーをもってない他の人間

世界線を移動する前の記憶をおぼろげながら持ってるっていう部分が温いと思ったな

他の人も覚えてるなら別に孤独じゃないじゃんっていう

2016-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20160612003403

これを読んで思ったのだが、オタク系の趣味は意外と一人だと面白くないってこと。

感想とかを共有できる友達がいるとコンテンツが何倍にも楽しくなる。

自分がまさにそうだった。

ずっと一人でアニメを観て、ゲームをやって、グッズを集めていた。

それはそれでその時は良かったが、ある時友達が出来て、昨日やってたアニメ感想を話したり出来るようになると、その作品がとても面白く感じた。

そして同時にそれまで孤独オタクをやってたのがえらくつまらなく感じた。

2ちゃんの実況に張り付いて感想を書いたりするのとはまた違う。リアルの知り合いと語ることこそが良かった。

2016-06-13

何も分からん

自分というものが分からなくなった。

今まで、自分の性根は真にクズであり、どうせ叶いはしないのだろうが、1つの理想として他人寄生して生きていきたいのだと考えていた。

しかし、最近ほとんどの人間にとってめったに経験しないであろう出来事によってそれは否定された。

おそらくは、自分完璧にはクズでないということが分かったというのは、喜ぶべきことであるように思うのだが、実際に起こってみると、そうではなかった。

なんだか自分アイデンティティ否定されたような、夢が打ち砕かれたような気がした。

それだけではない、あの申し出を喜べなかったということだけが今までの自分否定しているのではない。

あの申し出を事実上断ったということは、自分で、自分認識している性愛対象すら否定したということではないのか。

自分同性愛なのだろうか無性愛なのだろうかと思案してみたが、少なくとも性欲があることは確かであって、本当に、何が起こったのか何をしたのか自分の行動が何を意味しているのかが理解できなかった。

そもそも自分はなぜ拒否したのだろうか。

いつも理性的に、少なくとも後付けであっても行動の理由を探すようにしているのであるが、今回に限っては、自分にも、"なんとなく帰り道を変えて散歩してみる"のと同じような、その程度の行動にしか見えなかった。

しかしおそらく帰り道を変えて散歩してみたくなるのにも、何かその日の日中にあった出来事によって気持ち自分でも気づかない程度の微小な変化が起きているとか、あるいはテレビ散歩健康に良いというのを見て決して影響されやすいわけではないがたまにはいいかと思ったとか、そういう何かしらの背景があるのであって、もっと言えば、あの申し出は別に10秒以内にハンドルを切るか決断しなければ1人か5人が死んでしまう、といった合理的選択不可能になるような要因はなかったと思うのだ。

から自分がなんとなく嫌な気持ちになっていると感じたというだけで突発的に拒絶してしまったことは、自分というモノを自分からいきなり、完全に、遠ざけた。

あれ以来、本当に調子も、胸くそも、ひどく悪い。

何をしても楽しくないという気持ちが以前よりも高まったし、生きている価値はあるのかという所にまで至っている。

持論としてそのような思案には何の意味もなくて愚かだと今でも思っているのに、愚かであることをやめられない。

自分は、今までずっと、社会貢献人類利益のためになどという大きな大義のようなものによって生かされていると感じたことはないし、それは面接で答えるべき暗記単語であって、実際には、周りの人間への愛情のために生きていて、孤独であれば死んでもよいと考えていた。

しかし、それも間違っているというか、まあこのような信条に間違いもクソもないと思うのだが、もはや、それを信条として生きていけなくなった。

自分から愛情すら分からなくなってしまったのに、自分への愛情など推し量られるものではないし、自分から自分への愛情など尚更である

死ぬことへの不安と生きることへの不安釣り合っているように感じる。

時が解決してくれ、天秤が、左へ傾くことを祈る。

2016-06-11

b:id:警察です

b:id:IkaMaru はてサの中では比較的若そう、38くらい? 普通の人というイメージしかないので特に印象の良し悪しはないか
b:id:scopedog ブログがメインの人なのでツイッターに流れて行った方々と比べてお年を召していそう、46歳
b:id:Apeman 同上、53歳
b:id:taka18782 勉強会とかでよく挙手して発言してそうだけどオーガナイザーやったりするタイプにはまったく見えない、40歳
b:id:ksaitou たまに愛国先生臭するけどはてサに入れちゃっていいのよね? 36歳
b:id:Agathon なぜか分からないけどこの中で一番いい筋肉してそうなお方、きっとidコール癖が体育教師を想起させるから? 42歳
b:id:Fondriest イタリアの服は着そうにない、あと前戯無駄に長そう、48歳
b:id:haruhiwai 18いちいちしつこくすべってるネタセルフツッコミ入れるのは孤独ゆえなのだろうけど抱かれたくないはてサナンバーワン、52歳
b:id:Arturo_Ui 47歳、逆に寝たことあるかもという気がするけどたぶん人違い
b:id:GI17 28歳にも58歳にも見える、でも28なわけがない
b:id:hatehenseifu はてサというよりはてサワナビーかも、ゆえに若い、35歳
b:id:blueboy はてサでいいのか一番自信ない、なんかリアル名ぽいのでブログやってるそうだけどペンネーム的なやつ? 43歳
b:id:kyo_ju アイコン可愛いけど娘さんが観てるアニメとかではなさそう、44歳
b:id:yunisho はてサよりSEALDsがお似合い、32歳


http://anond.hatelabo.jp/20160611172430

もしかしてはてサっておっさんが多いのでは

SEALDs若者扱いしてた辺りで薄々感じてはいたけど、30後半から50台がコア層なんじゃないかという気がしてきたので印象だけで年齢あてをやってみる(敬称略・順不同)



id:IkaMaru

はてサの中では比較的若そう、38くらい? 普通の人というイメージしかないので特に印象の良し悪しはないか

id:scopedog

ブログがメインの人なのでツイッターに流れて行った方々と比べてお年を召していそう、46歳

id:Apeman

同上、53歳

id:taka18782

勉強会とかでよく挙手して発言してそうだけどオーガナイザーやったりするタイプにはまったく見えない、40歳

id:ksaitou

たまに愛国先生臭するけどはてサに入れちゃっていいのよね? 36歳

id:Agathon

なぜか分からないけどこの中で一番いい筋肉してそうなお方、きっとidコール癖が体育教師を想起させるから? 42歳

id:Fondriest

イタリアの服は着そうにない、あと前戯無駄に長そう、48歳

id:haruhiwai18

いちいちしつこくすべってるネタセルフツッコミ入れるのは孤独ゆえなのだろうけど抱かれたくないはてサナンバーワン、52歳

id:Arturo_Ui

47歳、逆に寝たことあるかもという気がするけどたぶん人違い

id:GI17

28歳にも58歳にも見える、でも28なわけがない

id:hatehenseifu

はてサというよりはてサワナビーかも、ゆえに若い、35歳

id:blueboy

はてサでいいのか一番自信ない、なんかリアル名ぽいのでブログやってるそうだけどペンネーム的なやつ? 43歳

id:kyo_ju

アイコン可愛いけど娘さんが観てるアニメとかではなさそう、44歳

id:yunishio

はてサよりSEALDsがお似合い、32歳

不登校自殺も出来ない病んでる人の話

はあ。念願のこれ。この匿名ダイアリーが書きたくてはてなIDをつくった。(ガチ)

最近なんだかいろいろつらいというか精神おかしくなってきていて、安定するには文章書けばいいんじゃないかという結論に至りこれを書いている。なんで文章精神安定だよって読んでいる人には何が何だかからないと思うし、もしかすると読んでる人もいないかもしれないけれど、まあ暇すぎて暇すぎてという人の暇つぶしくらいにはなると思うので、よかったら読んでほしい。

いまわたしは花のJKである。真っ盛りである。でもまったく花なんかじゃなくどちらかというとスクールカースト上位の花達のなかにクラス編成のために人数合わせで入れられた泥水のような毎日を過ごしている。自分で書いといてあれだけど、結構おもしろくない?あ、おもしろくない?ていうかスマホからだと絶妙に打ちにくいな……まあ書くけど。

友だち……はいないわけではない。お昼にぼっちになることもない。移動がひとりということもあんまりない。端的に言うといじめられてません。だけど、ぜんぜんたのしくない。カースト上位の子がたのしそうにしているのを見ると、腹が立つというか、腹が立つのもお門違い。だってあっち、悪くないし。腹が立っているのは自分に対して。花のJKわたしいちばんつらいと思う行事ってなーんだ。文化祭だよ。準備に出たけど話せる子は部活やら実行委員やらでまったくいなくって、出来上がってるカースト上位のグループわたし教室に入ってもちらりと見るだけで、まあわたしが見えてないらしい。知ってたけど。わたしもまったくはなせない。そういう系、わかるひとにはわかる、そういう系の人と話すのは、苦手だ。でも出ないと何か言われるし、なんだかもういろいろ嫌だった。必死に出たけど、話す人もいないし、離れたとこでひとりでもくもくと作業して、帰りのラッシュがおこる前にそっと帰ってた。話せない自分にも腹が立つ。羨ましいんだな。そうやって、キラキラしてて、いかにもJKですって感じの、男子と話せてて、クラス発言権持ってて、なんか、どこでその子たちと違う道に来ちゃったのかわかんないけど、あたしもそういう日々を、そういうJKに、なりたかった。なんでなれないんだろう。何が違うのかな。あたしだってみんなでわいわい文化祭準備して、たくさん写真とって、そうやってやりたかった。みんな、あたしと話してくれる子も、それぞれいちばん仲いい子っていうのはいて、でもあたしにはいなくて、そういう子と過ごせたら、なんか違ったのか、とか、なんとか、打ち上げしよー!って一部でクラスLINEで騒いでるの見て、Twitterで〇組最高〜!文化祭しかった〜!って、これでもかってくらいコラージュされて加工された写真つけたツイートみて、心が冷えた。どうしたものか。あたしがやりたかったことをみんなはやっている。なんであたしにはできないんだろうか。中学ではけっこういろんな子と話せてて、面白いねって言われてて、あたしのポジションクラスにあった。いまは、ないけど。なんだかもうどうしていいかからないし、さいきん学校気持ち悪くなること多数で、病院つれてかれそうです。ハートクリニック(笑)

いじめられてない。自傷する勇気?ない。 爪でやってるけど、カッター怖くて使えないの。ビビリかよ……友だちいる。でもなんかいつも孤独で、なんでこうかわかんないよ。家族とはトラブルとかないよ。あたしのメンタルが弱すぎるのか。さいきんは自分ダメすぎて、こんなのにお金を払って育ててる親、かわいそうだなっておもう。勉強運動できないし。しにたいとかじゃなくてやりなおしたいっていうかきえたいっていうか、わかるかな、そんな感じで、月曜を思ってため息はきながらこれ書いてる。

読んでくれてありがとうおやすみなさい。

ジジの声が聞こえない問題

http://anond.hatelabo.jp/20160606221810

魔女の宅急便で - はてな匿名ダイアリー



増田エントリーだけど、すごくわかる

というのも、当時の僕はあの瞬間にジジは自我を失ったのだと思ったからだ



キキは言う「どうしよう。私ジジの声が聞こえなくなっちゃった

だが果たしてそれだけなのだろうか?

キキはジジに話しかける。だがジジはキキを無視して雌猫の所へ行ってしま

何故だろう?キキが困っているのは明らかなのに

あんなに仲が良かったジジとキキなのに



僕はここで恐ろしい結論に至る。つまりジジは理性を失って猫畜生に成り下がったのだと

これは恐ろしい事態だ。相棒の頭がパーになっているのだ

なのにキキは能天気にこういう「彼女のことしか考えてないのね」



ここにきて僕は最悪の事態想像する。つまりこの後キキがこの事実に気付く事だ

魔法が使えなくなって孤独を感じているキキが、相棒人格自我消滅しているという現実を突き付けられる時が来るという事だ



少なくとも映画ではこの後の事は特に描かれなかった、と思う

キキに付いているあの猫はジジなのだろうか?それともジジという名前の猫なのだろうか?

2016-06-09

小学校の登校班で班長やってるとき入学してきた1年生が

「オイコラクソババアァァァァ!」

「ウルセーハナセババアァァァ!」

シネクソジジイィィィィィィ!」

ぐらいしか言葉を発さないびっくりモンキーだった

親共働きで祖父母が面倒見てるとは聞いてたけど、どんな家庭状況なのだろうと心配になるレベル

しかパンチとか飛び蹴りとかひっかき攻撃かもめっちゃしてくるし、モノ持ってたらそれで殴りかかってくる

性別区別もついてないのか、言い慣れてるのがババアなのか、

俺に対してもババアアアア!って叫びながら飛びかかってくることが多かった

当時、中学生ゴリラ数匹に目をつけられていて、よく下校時に木の棒で襲い掛かられたりしていた影響で、

誘導用の交通旗の芯を鉄パイプ換装していたので、「誰がババアよ!お爺様とお呼び!」とか言いながら毎日防御してた



サルは結局1年間ずっと「クソババアアァァァ!!」って感じだったけど、

それでも俺が一番サルに言うことを聞かせられる人間だったらしくて、

何回かサル同級生が泣きながら6年生の教室まで呼びにきて、1年の教室で興奮して暴れるサルを鎮静化させに行ったりもした

一度だけ担任先生現場にいたけど、若い女の先生は教壇でへたり込んで泣いてた



椅子とか筆箱とか持って泣きながらブギャアアアビギャアアシネババアアアアって叫んでるサルの部屋に入ると、

こっちを見つけたサルピタっと動きを止めて硬直するので、無言で目を見開いて見つめたまま素早く距離を詰めて、可能なら武器を奪ってから捕獲する

捕獲前に正気に戻って暴れ始めたときカバディを唱えながら距離を詰めるとよい

捕まえると最初かなりわめいて暴れるけど「ははは、何言ってるか全然わかんないわよォwww」とか言いながら受け流してたら、

所詮小1なのでしばらくすれば疲れておとなしくなってくる

弱ってきたところで両手をつないだまま「どッおーして あッなーたは あばーれたのォー?」とブレネリ交じりにスキップでぐるぐる回って目を回させて無力化すると、

大体虚ろな目になってぐったりしてるので、あとは別の子が呼びに行ってたであろう先生に引き渡してた



別に普段同級生意思疎通ができないわけではなかったみたいなので、そのまま普通学級で進級していったようだけど

友達に嫌われる理由がわからないけどなぜか一人、みたいな孤独キャラになって、

クラスではずっと腫れもの扱いされて馴染めなかったという噂を数年後に聞いた気がする

そんな彼も、もうそろそろ大学卒業するか社会人になるかぐら

どうしてんのかなー、俺のこと覚えてんのかなー?とふと思ったわけだけど

実際思い出してみると、ヤベぇ奴にもっとヤベぇ奴あてがって無力化する方法を1年の時点で思いついたやり手の同級生が誰だったのかが一番気になる

青二才深夜のポエムはぜひシリーズ化してほしい

ちびまるこちゃんに出てくるともぞう心の俳句みたいで良さがある。


続いた躁状態にようやく終わりが見えてきた。やっと人並みにつかれたというか、ちゃんと体内時計が働いて眠いというか…。

体内時計おかしいと、ほんと良くない。人間が壊れる



メルマガ向けに今日書く記事マジですごいよ!自信あるわ



かなり気合いを入れて書いたネット未来の話 / “これから起こる『ライター業の衰退』と『ブロガーの台頭』について|三沢文也


http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/tm2501/n/ncbe3f050708b



話が分かる人にだけに読んでもらいたいかブログではなく、有料限定にしたのに、はてブ重箱の隅をつつくようなことで盛り上がっていて「そんなんだからはてな村腐海に沈んだんでしょ」と言いたくなってる


ある人が「はてな村日本的組織の、はてな日本的競争の縮図でしょ?」みたいに言ってたけど、つくづくそう思う。

ちょい悪オヤジにはなりたくないけど、それと同じぐらいには頭ごなしに若者バカにするkanoseのような老害にもなりたくない僕は本当に「あーあ」って感じな気持ち


僕がしんどいのって、08〜12年に罪山罰太郎ハックルデマこい・青二才以外の人を台頭させないようにへし折ってきたはてな村文化が招いた後継者不足のせいであって…彼らで潰した数年を取り戻して追い越さないといかからしんどいわけさ



いや、オレが1年半もネット罵倒され続けてもブログを続けられるほどのキチガイじゃなかったら、はてな村はとっくに血が息絶えてますよ。

はてな村どころか、けいろーくんもしっきーくんもヒトデ祭りも出てなかったと思うよ?あいつらじゃ、1年半罵倒され続けたら折れるし。


偶像から十字架にかけられてもなお、生きている必要があったのです。

ひどい話です



今思えば、野蛮な時代ですよ。

インターネットで生きていくのに、耐久力が求められた時代が昔はあって、それをオレが1年半…はてな運営側が「これはやり過ぎだから、介入しよう」と思うところまで踏ん張らなかったら、Togetterとか2ちゃん同類であり続けたわけですよ…いや本当に

頭のいい人、技術のある人、貴重な体験をしている人などは入ってきましたよ。でも、そういう人が安心して書ける環境に僕は大なり小なり貢献しているわけですよ…。

ビックマウスな言い分だと言われそうだけど、そこは割と自信がある。



青二才数字で追い越されようが、もっと賢いやつが出ようがなお「大物」だと言われ続けるのは、常にルールに介入し続けるからだ。

ルールが変わるまで徹底的にやる。不利に変えられたら変えられたでそれを文章力とか、非モテなりのやり方で食いついて新しいスタイルで介入する。オレ以外にできるか?




野蛮な時代を生き残ったどっかが狂ってるんですよ。

今の若い子にはきっとできなかったであろうことだけど、僕はそれがない代わりに知性とか友達とか学歴とか、僕には足りなかったものをちゃんと手に入れてからネットに来た若者の方が羨ましいわけですよ。

負ける気はしないけど、幸せそうだもん





よく、日本には坂本龍馬スティーブ・ジョブスが足りないと言う人がいるけど、ああいう動乱の時代の人は、大なり大なり狂ってる。

狂ってる人が平時に同じように活躍できるかといえば、ムリ!

それとも狂った人に自分が合わせられるとでも?




狂人は居場所は見つけられても、仲間とパートナーは見つけられないし、誰かと調和したら多分自分が壊れるか、無邪気に握りつぶす。力があるうちに狂ってることを正当化デキるだけの「暴力」をしなきゃ、生きていくこともできない。孤独でも地位があれば生きていける。地位のない孤独はただ消えるから






頭に血が上って、病んだポエムを書いた。

忘れてともわかって欲しいとも言わないけど、…わかったふりはされたくないので、わかんないなら素直に「こいつわけわかんねー」と言ってくれたほうがまだいいです。

僕はキレると、断片的なメタファーか、自分の目に見えたことでしか言葉を紡がないので



あー今日が3ヶ月に1回ぐらいあるかないかの「ブログ書くのが嫌で嫌で仕方ない」日だ…。書く内容がわかってるのに筆が進まない。

仕事楽しい

仕事楽しくてヤバイ全然プライベートコスト払ってないから、仕事以外の人脈がどんどん消えていく。

仕事面白いルールを完全把握したゲームみたいに、やればやるほど結果が出るし、新しいアイデアもどんどん湧いてくる。

このまま仕事中毒化すると、引退する頃にはプライベートでは孤独してそう。

うーん・・・孤独死か。でも、この楽しさは何事にも変えられないな。

なんでだろう

子供が欲しいと思った事がない

いた方がいいのかな、と思った事もある

でも将来年金代わりとして養ってもらいたいし孤独癒してくれそう、みたいな完璧奴隷前提の自己中な考えとして

[欲しくはないけどいた方が得なのかな]みたいな保険の加入に迷うみたいな感情

異常なのかな

どうやったら心から本能から子供が欲しいと思えるんだろう

2016-06-08

誰も成し遂げていないことをするのは、地味で孤独ものだけど、それでもやりたいと思った自分を信じたい。

そう思って大学院に進んだけど、理想自分には近づいているのだろうか…。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.FAQ以外で、他にもここで書いたことはありますか。

このスタイルでやるとさすがにクドいし読み手に優しくないので、文体だとかの全体的な構成は変えているがね。

架空トンデモ物理講座や、簡単な足し算をテーマ他人物事を正しく伝えることの難しさを描いた物語とか、割と手間のかかったものもある。

モンティ・パイソン木こりの歌や、「MUSIC VIDEO」を匿名ダイアリー風に改変した我ながら低俗だと思うものとか、月並み記事だとショートアニメ感想まとめとかも書いたなあ。

まあ、FAQ以外のものは注目エントリぐらいなら大抵いくけれど、ホッテントリレベルになってくると数える程度だ。

書いてて面白くなかったけれど、試しにセンセーショナルなモノを雑に書いて投稿してみたこともある。

英語の話や、ラーメンの話はここでも言及しているけれど、試しにここから離れて書いたこともあったなあ。

ミスリードをしたり、それっぽい体験談を作ったり、強めの口調で書いてみたら、失望に限りなく近い形で予想が当たったね。

「ああ、やっぱりこういうのが好きなんだね」と思ったよ。

まあ、このFAQが書いてて最も居心地がいいと確信できたのはよかったけれど。

文章商売しているわけでもないのに読み手意識しすぎて書くと、肝心の書き手にとって「書くこと」がつまらなくなる。

まあ不特定多数の読者がいる場所で、理想読み手を想定して書くことの是非については過去にも回答したが。

しろデタラメであったほうがいいだなんて考えているのだろう。

日記を書く行為、そしてその内容含めて本来孤独作業なのだから、君も自分本位に書くことだよ。

いずれにしろ本質的には同じなのだから

はいえ、カレーテーマにしたショートコント自己ベストなのは、何とかしたいものだな。

2016-06-07

オレ知ってるぞ、田野○大和

失った命を救われる代わりに、宇宙人と入れ替わってしまったんだよね。

これから彼は定期的に訪れる巨大宇宙怪獣撃退するため、毎回180秒間の孤独な闘いを迫られる。