「リスク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リスクとは

2016-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20160525202301

たとえばですよ、「美人プロブロガー」がいたとします。

自分アイドル的な写真ブログにに上げて、それに吸い寄せられてきたひとと親密なやり取りをする、



ありえないですよね。もし、そんな人がいたら、みんな「危ないからやめとけ」って言うんじゃないですかね。

被害者の人がやってたのはそういうことなんですよ。

それに対して「アイドルじゃなくてシンガーソングライター」みたいなこと言って、それになんか意味があるんですか。



もっと言えば、「アイドル的な写真ネットに多数アップしてファンと親密なやり取りをする」というのは、二十歳の女の子が何のサポートもなく一人でできることではない。

普通の人はそんなことできないんですよ。どう考えても、彼女サポートしている大人がいたはずなんです。その大人たちのリスク認識が甘かった。

それが今回の事件本質です。

いわゆる「Youtuber」や、ニコ生に腐るほどいる「生主」は「アイドル」と見なしていいんだろうか。

動画ネットに上げて親密なやりとりをしてる人が現に存在してて、それを「危ないからやめとけ」と言うどころか、

世界大企業であるGoogleや、カドカワかい東証一部上場積極的に推奨している現状で、「リスク認識が甘かった」と言うのは結果論しかないのではないか

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525214538

学生シンガー学内人間関係生活ベースです。

そのためライブハウスに慣れていません。

弾き語りバンド活動は非日常だと思っている子が多く、

出演者ライブハウス常連同士の横のつながりに属していません。

間違っても地元事務所スタッフが付いてることもありません。

その曖昧立ち位置承認欲求の源泉となり、学生は歌を歌っているのです。



もちろん駆け出しでスキだらけのワナビー対象にしても良いですが、

その場合バンドマン同士の横のつながりに一層注意を払わねばなりません。

リスクが高く、メリットが少ないですね。

http://anond.hatelabo.jp/20160525163709

保険屋は軌道に乗せるまでのリスクがあるよね。商品が売れれば儲かるとわかっていても、売れなきゃ持ち出しだし。

てか、万人向けのアドバイスとして保険屋ってのもどうなのかと。

http://anond.hatelabo.jp/20160525163416

リスクが怖いなら保険屋やれば? 保険屋は数学統計支配されてる商売から、「絶対に儲かる」ことが確約されてるよ? なんで増田保険屋をやらないんだい?

http://anond.hatelabo.jp/20160525162908

はぁ。金貸しのコストリスクもないものとして考えられるほど小さいもんか?

金貸しそのもの有効手段ひとつだとは思うけど、万人向けとはいかんわな。

http://anond.hatelabo.jp/20160525155549

それでも、不特定多数の者にアドバイスをするとしたら「金を使うな」以外にはないよ。

絶対に損をしない唯一の方法は「使わない」なんだから

個々の情報処理能力環境や嗜好によって、おすすめする投資方法はより細分化されるんだろうけど、万人向けの方法であるならば、自分使用している通貨ストックする、というのがおそらくベストだろう。





実際、君が思っているよりもカネを貯めることは、王道投資スタイルなのよ。

現金貯めといて、キャッシュショートした事業者から資産を安く買い叩く、という手法現代でもそこここで行われていて、細かい利率計算をする投資なんかよりは、はるかに大きいリターンが得られるケースあんから

逆に言えば、自分キャッシュショートしたら、つけこまれ自分資産を安く買い叩かれるリスクがある。

そういう保険意味も込めて、現金大事にしておいたほうがいいという、ね。

http://anond.hatelabo.jp/20160525154332

お前人の話まるで聞かないタイプだろ。

最強論争ってなにいってんの。

自分で「最強だと思わない」って言ってるのは何なの。

そこに疑問を感じてるから

節約一辺倒をやめて投資を始める場合勉強がとっかかりとしてコスパいか勉強はじめるべき」

という論にかみついてきたわけでしょ?

わざわざビジネス書投資リスク代表を持ち出して来て反論したんでしょ?

それで反論になってないこと、

投資が抱えるリスクとしては最小のものだということ、

勉強が最小リスクでないなら他の最小リスク例を挙げて欲しい事、

これを言ったら今度は「論争とかする気が無いし」?

 

自己同一性障害か。

もう増田に書き込む前に病院いけよ。

それがお前にとっての最大の投資になるから

最強論争したくないお前はこれにかみつかずに大人しく医者の前に行け。

http://anond.hatelabo.jp/20160525152104

とっかかりとして投資のこと全然意識してなかった人間にとっては一番リスクが少ないしコスパいいという話をしてるんだけど

勉強が最強だと思わないと意見するなら勉強以上にコスパのいい投資先を挙げてからにしてくれよ。

ビジネス書を何冊も読むのは投資から切り離せない投資先の失敗=リスクでしょ。

そのリスクは株で失敗するより大きいのか?

君本当に勉強してるのか?

もし君が適当なことを言ってるとしたら返しに

投資先のコスパのいい悪いなんて人それぞれだから」と言い出すだろうけど

最初からして不特定多数に向けての節約=賢いの疑問をテーマにしているからいきなり個人という超ミクロに突っ込むのは無しな。

 

ビジネス書を読みまくって満足してるやつは最初から勉強して自分投資してる気はないよ。

俺最強系のライトノベル読んで満足してるのと何も変わらないか投資の失敗例として挙げるのも間違ってる。

彼ら自己啓発系おじさんは強くなった気になりたいだけであり、勉強を積み重ねるつもりは無い。

http://anond.hatelabo.jp/20160525144203

そんな文字数使わなくても

節約するのはいいけど月1万円程度は仕事に使える本や勉強会に使えよ」

この一言で済む話じゃない?

あともう一言いうとしたら

節約貯金はノーリスクではないことはちゃんと自覚してるの?」

くらいか

http://anond.hatelabo.jp/20160525055449

セックスすらしてない関係相手恋人だと思い込んでいる時点で痛すぎる。

結婚したいと言って欲しくて別れを切り出す?そういう大事な場面で腹割って話せないなら、増田普段も腹割って話せない人間なんだろう。

本音で話せないやつを信頼なんてできないでしょ。自分が取るべきリスクを避けて相手押し付けているようにも思えるし、相手に嫌な思いをさせてもなお相手自分を愛してくれるか?と、相手愛情を試すような構ってちゃん的行動にも解釈できる。そんなやつと付き合ってくれた元カノさんは、ドライどころかむしろ情が深い可能性も。

もったいないというより

京大をでてすぐ専業主婦のひと、

夫の人の愛を失った時とか夫の人が働けない状況になったとき

自分収入がある、というか稼ぐ手段があったほうがいいとは思うけれどそれも余計なお世話というかそういうリスクも考えているよね。

しまずに死ね方法が知りたいです

ODでどんな薬で眠るように死ね方法が知りたいです。

一次の気の迷いではありません、死ねることが幸せなのです。

助けて欲しいという気持ちも、もうありません。

眠るように安らぎをお求めています

個々の底から死ぬことが幸せだと考えています

わたし幸せのためにどうかアドバイスしていただけないでしょう?

アドバイスしてくださった方には、

わたし幸せ理解してくれた恩人だと、死後も永遠に感謝し続けます

首吊りは、何度も失敗しました。

マンション屋上から飛び降りましたが、失敗し大手術しました。

社会的には成功している方だと思います、けれどわたし子供のころからこの世界絶望しています

もう、楽しかったり苦しかったりするのに疲れました。

死ねなかったり、後遺症が残るリスクのあるものは極力さけたいです。

死ぬのがいけないというステレオタイプの人には聞いていません。

死ぬことも、ひとつ幸福選択だと理解している人からアドバイスが聞きたいです。

死ぬことさえ許されない、この社会から助けてください。

具体的に苦しまずに死ね方法を伝授してくださる方、わたしあなたのこと悪人とは思いません。

それもひとつ幸せの形と理解してくださっている方と思います

2016-05-24

奨学金借金借金を返せない奴はクズ!みたいな論調をよく見るけど

いやまあ正しいけどそうじゃないでしょ、と思う。

ミクロで見れば安易に借りて返せないって人がゴロゴロいてそこを個人攻撃したくなるのもわかるけどさ、

貸付金が回収できないのは全体として見れば基本的に貸した側が悪いんだよ。単純に与信管理と貸倒リスク評価ミス

普通金融機関だとそこが厳しいし収益もあげなきゃいけないから貸し出せないところを、

JASSO税金使って収益求めないから低利率かつリスクを取って貸し出せていて、一定の貸倒は想定内だけど、想定以上に貸倒れているってのが現状でしょ。

自分で頑張って返した人は文句言いたくなるかもしれんけど、マクロでみればそれって単なる確率問題から。個人に文句言ったって仕方ないよ。

で、そっから先の議論若者の低収入化とか、就職予備校的な大学存在意義とか、高卒大卒の生涯収入の差とか、将来の奨学金の条件が厳しくなるとどうだとか、

そういう議論をしないといけないわけで、借金は返しましょうって叫んだって一片も解決しないことだらけだよね。

奨学金を借りてきちんと返せているのは能力に恵まれ環境に恵まれた、今の日本では比較幸運なことだってのを忘れちゃいけないと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

正直、専業主婦ってライフスタイル自体リスクしかないと思うんだよな。まあ、おうちが裕福なら大丈夫なのかもしれないけど。

2016-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20160523201828

安楽死施設行政が準備してくれたらすぐにでも活用したいんだけどね

現代社会ではまだ自殺リスク(大怪我して生き残るリスク)が大きすぎる

子作りは動物としての本能がーと叫ぶはて民へ

しか人間動物としての自然寿命40歳くらいらしいので、アラフォーになったら芯でください。



出産で35歳過ぎたあたりから障害児を産むリスク高まるのも、人間自然寿命40歳くらいだからです。

男性に強烈な加齢臭がし始めるのがアラフォーなのも、自然に備わった抗酸化機能がほぼ失われるからです。

女性は強力な抗酸化物質であるエストロゲンの影響で閉経までは加齢臭がしない)



ついでに、原始時代なら障害児を産んだらその場で埋めればいいだけだったからなのか、

女性は死期が近づく30代から男性ホルモンが優位になることから)どんどん子作りする意欲が湧くそうですね。

これも自然の掟に従えば、むしろ30代からばんばん子ども産んで、ガイジ産んだらその場で埋めろというわけですね。

http://anond.hatelabo.jp/20160523150508

擬似恋愛である以上、普通恋愛関係と同じような(あるいは不特定多数出会うからそれ以上)のリスクはあるだろ、ってだけの話。

色恋沙汰の果ての刃傷沙汰なんて江戸時代からありふれてるし、今ほどファンとの接触が少なかった昭和アイドル時代ですら、全くなかったわけじゃない。

米国研究によるとコミュ障遺伝子有意に減ってきているらしい

現代心理学で最も信頼性が高いとされている性格分析に「ビッグファイブ理論」というものあって、

人間性格を「神経症的傾向」「外向性」「経験への開放性」「協調性」「誠実性」の5つの因子で分析する。



この理論でここ20年(あれ、10年だったか?)で生まれてくる子ども達の特性分析したところ、

年々「神経症的傾向」を持つ子ども達が明らかに減ってきているらしい。



神経症的傾向っていうのは、情緒不安定性とも言い換えられて、外界からの刺激への反応のしやすさの度合いのことだ。

これは不安や鬱のなりやすさとも関係しているし、「恥ずかしがり度」とも解釈できるし、

当然ながら人間関係コミュニケーション問題を生じやすいため、「コミュ障の度合い」とも捉えていいだろう。



現代社会人間関係が過剰なほど流動化し、経済構造の変化からリスクを取らなければサバイバルしにくい世の中になっている。

そのせいかリスクを取ることを過剰に恐れたり、小さな失敗で大きく傷つくような性格の人々には生きにくい。

そもそも、現代自由恋愛の世の中では、積極的リスクを取り、悪く言えば「恥知らず」にならなければ、

結婚出産以前にカップリングすら成立できなくなってしまった。



そうなると、必然的に「神経症的傾向」を持つ人々は、恋愛結婚、その先にある子育ての機会に恵まれなくなっていく。

そうした傾向が続いていった結果として、米国調査では年々「神経症的傾向」を持つ子ども割合が減ってきているようだ。



日本はいまだ「空気を読む」文化があり、ある意味で「恥知らず」が不利益を被ることも多いため、

米国のように鮮やかに「神経症的傾向」の子どもが減るという傾向が生じているのかどうかは不明だが、

昨今の「キス動画」のブームや、若い女性が性に対して主体的にふるまう現象をかんがみると、

日本でも「神経症的傾向」を持つ子どもたちの割合が減少傾向にあるのかもしれない。



これは古典的生物学で言うところの「性淘汰」の典型例であり、

この傾向が続いていけば、30年後には元AV女優総理大臣になる美しい国日本になっているかもしれない。

http://anond.hatelabo.jp/20160522235906

元増田だけど、これ自分に言ってるのかな?

「厄介なファンがいるのも確か」「プライベートなんで」「ご心労お察し申し上げます」と書いてある通り、

自分情報系かどうか訊くことと性別を訊くことがイコールだなんてもちろん思っていないよ。と一応言っておく。

プライベート」という表現にそのあたりのリスクの話も込めたつもりだったんだけど曖昧だったかな。あ、自分宛じゃなかったらごめんなさい。



逆に自分が知って欲しかったのは、性別を訊いてくる、あるいは気になってしま人間全部が下心のあるストーカーじゃあないんだよというところね。そこは理解してもらえているようで嬉しい。

2016-05-22

anond:20160522235122

インターネットでは女という性別だけでストーカーしてくる異常性欲人間がわんさかい

聞いてくる人間に下心なくとも変質者がどこから情報をだどってくるか分からない

女ですと発言するのは情報系ですと言うことよりずっとリスクがあるということを知ってほしい

友達の言うように、風俗行った彼氏とは別れればよい。

そして次は風俗に行かない男と付き合う。

付き合う前に「元カレ風俗行ったから別れた、あなたは行かないよね?」と聞く。

「もちろんオレは行かないよ」と言うだろう。

もちろんその真偽は定かで無い。

・そもそも男が風俗行くかどうかの真偽は定かで無い

・定かで無いのは嫌だから彼氏ナシを通す

どちらも嫌だ。

定かになる方法を知って、彼氏を作りたい。

それはリスクのないギャンブルのようなものだ。

大丈夫リスク無しで年率10%の投資があります!」

カモられる。

普通預金面白みのない人生を送るか、リスク承知勝負するか。

エリートにも一軍とそれ以外がいるという話

ダメアルゴリズムで書かれたコードは、いくらでも捨てて書き直せる。しかデータ構造問題があった場合プログラム全体の書き直しに発展してしまう」

これは開発経験者なら誰でも知っている話である

この話と微妙カブるようでカブっていないが、言い方だけ真似たものとして

「クソな下請けはいくらでも代わりを探せる。しか元請けの回し方がダメだったら全員でデスマ確定」

という話もある。これまた開発経験者ならよくご存知だろう。

すなわち、最低でも年収500以上は確実に貰っているであろう、エリート様揃いのITゼネコンの中にも、一握りの、まさに一軍というべきデキる人達と、そうじゃない人達がいると。

そして一軍と二軍以下では、マネージメントにおいて天国と地獄くらいの差が出るのだから恐ろしい。

というかなんでそれだけの年収に見合う学歴がある人達なのに、デキる人が一軍扱いされるほど少数なんだよ、意味わかんねえ。

学歴というのは、努力の仕方、効率の見極め方についての上手い下手の最も分かりやすい数値だと個人的には思っている。

そうなれば当然高学歴は、システム開発という極めつけの頭脳労働で、そのパフォーマンス遺憾なく発揮し、協力会社含めて皆をハッピーにするのだろう…そう、一軍ならね。って、全員じゃねーのかよ!


具体的にはこうだ。

良い方から説明すると、一軍のマネージメント要件定義から寸分の隙もない。

顧客経営戦略に基づいた要望を良く理解し、仕様に取り込んでいることは勿論、システム通信のような、後でとんでもない話が発覚して色々揉めそうな部分も、既にこの段階において顧客の協力を取り付け、キッチリまとめていたりする。

とにかく裏で細かく調査していたことが見て取れて、仕事したんだね~という感じである

それから設計に取り掛かるのだが、やはり要件定義の段階で「どうしても見えない部分」はあって、下請け以下が作業過程で洗い出した結果、それが時にはリスケを招く事故になることがある。

しかし一軍の人らは、本来最後の手段であるリスケにも比較的前向きで、それについての顧客説明もしっかりしているのだろう、大して揉めること無く妥当な落とし所にたどり着くのだ。

また、下請けグループ(≒サブシステム単位)に必ず1人以上プロパーを配置し、現場感の吸い上げと「同じ釜の飯を食ってる」感の醸成にも抜かりない。

それもあって、現場でよくありがちな「あの人ら(元請け)何も分かってない」という陰口は最小限になる。

強引にまとめるなら、リスクが常に頭にあって、かつその取り方について常に考えを巡らしている。「かもしれない」運転をしつつ、逃げ腰にならない姿勢は見事である


そして、二軍以下は上述の一軍の振る舞いが全くできない。本当に全部できていないのだ。

要件定義は客の要望を汲み取る所から既に漏れ漏れ、当然後ろの工程で揉めそうな部分は一切見ていない。

設計大元、ひいてはシステム大元になる部分がこれだけ不完全だと、その時点でデスマ化・炎上約束されたようなものである

その後に起こる事態は、もはやここに詳しく書くまでもない。

穴だらけの要件定義を、場当たり的に客に相談しながら埋めていく作業設計お仕事になり、それが相次ぐ仕様変更を呼ぶ。

結果どこまでExcelソースコードをいじっても作業量が減らない、いやむしろ増える。しか成果物が増えてくる各フェーズの終わりが近づくほど、「横展開」という名目作業量が爆発的に増大するのだから始末が悪い。

成果物を直しきれず「修正漏れ」という事故を仕込むことも頻発し、それに伴い品質も凄まじい勢いで低下する。

それでもケツは絶対に動かない。それどころか人員の追加すら出来ない元請けもいる。お前ら見積もりドンブリ過ぎだろ。

現場では脱落者が日常的に出る。でも下請けチームにプロパーが1人もおらず、そうした危機的な現場感が上に届かない。それも合わさって「あの人ら何も分かってない」という愚痴漏れ聞こえるようになるのだ。

こんな体たらくじゃテストに漕ぎ着けるなんて夢のまた夢だし、仮にどうにか辿り着いても、何がどう動けばいいの?ってレベルグダグダだったり。

いやもう、マジで元請けの人らは何やってんの?という感じ。優秀な人が何十人もいるのに機能していないとか、なんでそんなことになるんだか。


こうした現実を見るにつけ、もしかして日本人仕事の仕方と、コンピュータのものが相性悪いのかなーと感じてしまう。

無料エロ動画の質が落ちてきた

今年に入ってからかな?

全体的に再生時間が短いし、リンク切れ、画質も悪い。

規制が厳しくなったきたのか、リスクの割に儲からなくなったのかもね

2016-05-21

React.js界隈の人に聞きたい

**誰かみんなの主張のまとめを作ってくれないですか?** (まあそれこそお前がやれよって話かもしれないので、誰もやってくれなかったら私がしますが。。)

最近JQueryはもはや不要でReactさえあればOK,みたいな記事をよく見ますね。

論旨としては、どうせトランスパイラ使ってるんだからもっと便利な書き方しようぜ!ってことなんだと思います。(virtual DOMがメインだ!という話もあったけど、じゃあ何でReactなの?というのは聞きたいかな。メジャーから?)

ただちょっと個人的違和感が拭えないので聞きたいです。

ちなみに私は昔coffeeとbackbone.jsか何かで業務用のページ(SPAではなかったような気がする)を作るお仕事をしたことがありますが、フロントエンドエンジニアというわけではないです。どちらかというとサーバー管理とかのほうがよく知っていると思いますが、Javascriptもそれなりには書くくらいの感じの人です。Reactは不幸にして一度も触ったことがないので、以下の文章はすべてコードサンプルをみたうえでの感想です。

そもそも世の中にそんなにSPAがあるのか

まずこれ。正直そんなにたくさん動的にがりがり書き換えているページをあんまり見ない気がするんですよね。その上正直そういうウェブページ、あったとしても大体使いづらいです。

世の中のページが全部FBならいいのかもしれませんが、具体的にはどんなところで使ってるんでしょう。業務ページとかですか?あと、なぜSPAにしなければいけないのかもよくわからないです。画面遷移するのだめなの?という感じで。

JSXを使うことに抵抗ないんですか?

トランスコンパイラを使うのって、結局「将来的には全部ES6になるのだから、今のうちからES6で書いておけば将来のメンテナンスコストとかも減ってうれしいよね!」っていうことなんだと思います

こういう例、JS以外にもいろいろあって、例えばboostAndroidのsupport library, Pythonのfrom __future__ importなどなどあると思うんですが、どれもやっぱり将来的なコストを見据えて、非標準のライブラリ記法を使いましょう、ってことですよね。

でもJSXってそういうのじゃないじゃないですか。いわばsupport libraryを使うのとmonoで全部書くのと、位の違いがあるように見えます(そこまでは違わないかw)。そういう考察を一切入れずに、「どうせトランスパイラ使ってるんだから拡張記法使っちゃおうぜ!!」っていうのはかなり危ういように見えます

そもそも、JSって結構独特な言語ですよね。もちろん今はnode.jsとかあるわけですけど、まあやっぱりスクリプト言語の標準の座ってPythonRubyですよ。世の大多数の人はそっちのが使いやすいとおもってるんでしょう。ということでそもそもトランスパイラ通すんだったらもっと普通言語から変えるようなソフトウェア流行ってもいいんじゃないかなあとか思いますけど、そういうのがないのも謎です。dartとかどうなってるんですかね。(まtypescriptとか一種それだという話もあるか)

五年後のビジョンがありますか?

五年、十年あとにReact.jsって流行ってるんでしょうか。例えば五年前はcoffee script結構流行ってましたけど、たしかもうサポート打ち切りとかになっちゃったんですよね。もちろん営利企業がバックなので、そこまで急になくなるかはわからないですけど、五年したらみんなまた別のライブラリがすごい!!みたいに言ってるんじゃないでしょうか。

まあだからこれはフロントエンドエンジニア業界全体の問題なのかもしれませんが、そういう将来的な保守コストをどう考えているのかが気になります特にもし業務ページであるなら、せいぜいがなるべく枯れたライブラリ(≒JQuery)と、テンプレートエンジンあるいはフォーマットストリングでも使ってpure ES6で書いたほうがいいんじゃないでしょうか。そうすると結局SPAにはしないですよね。

まあこれを突き詰めるとじゃあetaxもactivexで、銀行システムcobolで、マシンはpc98で、、、とかなっちゃうかもしれないんで、難しいところではあるとは思いますが、、、



とりあえずこんなところで、有識者の皆さんよろしくお願いします。



追記

React.jsでした。angularと混ざりました。。あと特に喧嘩売ってるつもりとかは全くないですがそう見えたらごめんね。

id:murishinai 主張は単純で、せいぜいES6+トランスコンパイラ(+JQuery)とかでいいんじゃね、遷移はサーバー側でやったほうが楽じゃない?という感じです。

id:wordi virtual domが最大のメリット、ってのはよく見る意見ですね。例えば実際どんな場面で(どのくらいの規模のプログラムで)domの改変コストが効いてくるのか、みたいな実例を教えてくださると助かります。(もちろんFBとかはそうでしょうけど、もっとなんだろう、身近な例でお願いしたいです。)なんかReactががりがり(かつユーザー目線から見て有効的に)使われている例がイメージ出来ないのが問題な気がしてきました。

id:logic ええっと、それはそうなんですけど、なんだろう。標準のもので、少なくとも今後10年はあるだろうと言うもの(たとえばES6+フォーマットストリング)があるのにも関わらず、今後5年持つかもわからないライブラリを全面に押し出すの、ちょっと怖く見えるなあという気持ちです。

id:erukiti 具体的に頭の悪い点をご教授くださるとたいへんありがたいです。小規模だとそもそもvirtual domメリットもなさそうですし、ES6標準でええんちゃうのんという気がしてならないのですが。

id:manaten もちろんFBGMailJQueryだけで作るのは不可能だと思います。だからFBはReactを、GはAngularを作ったのでしょうが、逆にそんなに気軽に使うようなものにも思えないのですよね。それこそ何百ブクマも付くのやべえなあ、と。(ところで私にはReactよりAngularJSのほうがずっと気持ちよく見えます

トランスパイラですねごめんなさいw

SPAが使いづらいってのは言いすぎかな。正確には、「ページ遷移型のUIに比べて、SPAであることのメリットが明らかに生きているページって少なくないですか?」ということです。もちろんFBとかGとかtwとかは例外だと思いますけど、DOM1000個とか10000個とかいじくり回しているページばっかあるようには思えない。もちろんどーーしてもSPAじゃなきゃダメなんだっていうならこの手のライブラリを使うといいとは思うんですが、どっちかというとニッチ需要じゃないでしょうか。

あとなんか保守点検に関する意識ちょっと違うのかなっていうコメント散見されたんですけど、うーん、一発書いて書きっぱなしっていう案件そんなにあるんですかね?ちょっとそこがよくわかんないです。一度書いてもやっぱりn年先、さらもっと言えば自分がその職場からいなくなった後のことまで考えてプログラム書くべきだと思うんです。そうすると、例えば数年後のプログラマにとってのReactは今のprototype.jsになってるかもしれない。そういうリスクが怖いです。勉強すればいいじゃんっていう意見もそうなんですが、なんでしょう、どちらかと言うと保守を気にしているので、そっちじゃないです。まあ幸いにして私は人の書いたJSをいじくり回した経験はないので、ただの推測なんですが。

それともしかしたら「枯れた技術」あるは「標準化」という意識あんまりないのかなとも思いました。まあ確かに「Web世界日進月歩!」ってことなのかもしれないんですが…。別のページのブコメとか見ても、「枯れた技術を使う」=「不勉強」みたいなのがあって、不思議です。。

あとcoffeeのころ、っていうコメントありましたが、あの頃はみんな夢がありましたよね。AltJS世界を救う!みたいな。翻って今はどうか。それを思うと、やっぱり何でもかんでもReactじゃ、という意見には違和感を感じるんですよ。

増田に書いたのは単にみんなが見てくれるというだけの理由です。そもそも今諸般の事情お仕事としてのエンジニアはしていないですし。ほんとに純粋質問だと思ってもらえればうれしいです。

まあ長くなってきたので私のブログにまとめ直してもいいのですけど。

そういえばモバイルという話も出ていましたが、先日のandroid instant appsって、アレ「HTMLモバイル向けに軽快なリッチUI作るの無理だからやめような」ってことかと思ったんですが、どうでしょうか。もちろん今現在必要ですけど~。

ライトオタクが楽しんでいない理由

01.ライトオタクオタク

大抵の人は読みに行くのではなく読ませてくれるものを求めている。

オタクという人種は広義に捉えて読みに行く人種なので外装が小難しくても勝手に追求して読みに行ってしまう。

そこに深い知恵や知識、面白みが存在している可能性についての成功体験があるから

もともと求めない人たちはその成功体験に対して感動を覚えないか、覚えても素通りしてしまう。

あるいは深い部分に至る前に全部消費物として投げ出してしまうのかもしれない。



02.能動受動

いずれにせよライトオタク気質の特徴は受け身であり、お客様気分が大勢を占めるため楽しみの苦労や苦痛というテーマ理解しない。

しろそんなことを言えばなぜ楽しみに苦しみが必要なのかと怪訝な顔をされてしまう。本当に楽しいものの背後には面倒があることを知らない。

楽しみの背後の苦しみはコンテンツ理解に対する挑戦だったり、自らその世界に飛び込んで発信者になったりすることで発生する。

SNS時代に入ったこともあって、ここにはたくさんのリスクがあるし、その一方で宝くじのような面白みにも出会える。

ただ享受する側としても深く受け止めようとすると大小プレッシャーが掛かる。

場合よっては表にまとめたり文章を書き起こしたりするオタクも現れる。



03.想像と非想像

このようにオタクライトオタクの相違は、そこに受け手としての想像力があるかどうかにかかっている気がする。

しませてくれという態度は人生を摩耗する態度ではないのか。

ちなみに釣り気味のタイトルに対してライトなりに楽しみ方はあるという反論可能性として出てくるとは思う。

但しそれは潤いとしてのつまみ食いであって楽しみ方の本流ではないと個人的には考える。



04.ハイエナサバンナ

こうした観点からオタクというもの再確認すると、バイラルメディアに流れるオタクの諸相はほとんどが消費傾向にあり、ライトオタク層が大半を超えるという結論にならざるをえない。

このためにバイラルメディア創作を潰すばかりか、創作からまれる広義の二次副産物を維持する力をも失わせるのである

想像のないものは摩耗し一時的生産物は消費されて潰えてゆく。バイラル本質ハイエナ的であり一帯は生肉を植える焼畑農業に近い。