「出会い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出会いとは

2016-07-23

[]

結構、貯まってきたので見出しカテゴリ化した。割とライブ感強めで書いているで、これを後で見返すほどのことはないのだが、増田で他のものを書いて編集するとき探すの面倒だしね。

今回は裏サンデー

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 10

状態だけれども、リンク普通に喋れるのか。

或いはテレパシー的なものかもしれないが、ふきだしは普通だし、やっぱりそのまま会話しているのかね。

まあ、そこらへん細かく言い出したら、そもそもゲームでは狼状態とか関係なく基本的リンク喋らないから、どういうのが正解だとは言い切れないが。

さて、本編の内容だが、ミドナと協力するまでの掛け合いだけだから、話としてはそこまで進んでないね

ただ、ミドナの行動には、何かの大きい理由があるのだろうというのを匂わせる描写があったので、導入部分としては割と重要

wiiで出た当時に一回クリアしただけだから記憶曖昧だが、そこらへんはオリジナル描写かな。

ミドナって結構受け手がムっとするような言動をよくするので、それを緩和するためにここで先に描いておくのはアリだと思う。

あと、ミドナ小悪魔的な感じが出てて、よろしいかと。

「スワレ犬っコローーー!!」はちょっといいね



銀狼ブラッドボーン 32話

主人公吸血鬼と戦う力を得るためにどうしたかっていうのが簡単に語られて、中盤すぐに戻ってきてホッとした。

このタイミングで、過去話を長々とやられたらテンポよくないしね。

主人公人間規模で見た場合、明らかに異質な強さだったのだが、かなり過酷な背景だったようだな。

それ位しないと、単純なスペックで勝る吸血鬼とは戦えなかったと。

間接的に、吸血鬼の格を下げない描写にもなるから、こういう説得力補填大事だな。

かつての宿敵と並ぶ絵は、ベタだけれども、いいね

それにしても、美形のオネエキャラはもう完全にテンプレ化した気がするなあ。

出てこない方が珍しいレベル



ヘビのたまご 6話

奴隷制反対派の一人が登場。

反対派となったきっかけ、理由個人的なあたりが、かえってリアリティがあっていいね

同じ派閥であっても、そこに属する理由や個の価値観が同じとは限らないわけだから

中盤の、むまにの動力子供ならではの純粋さと短絡さが混在しててすごいな。

仮に国王を殺せたとしても、それで奴隷がなくなったり、問題解決するかっていうのは別の話なのに。

それにしても、むまにの勘と運がよすぎる上、途中で出会う人物との運命的な出会いご都合主義すぎるだろ(笑)

で、王子暗殺される、と。

このあたりの相関関係もう少しゴタゴタ描写するのかと思ってたのに、展開早いなあ。



桐生先生恋愛がわからない。 26話

いや、「ヤバイ、ヤられるー!」の例えは極端というか不適切だぞ、おい。

ただ、恋愛対象ではない、性的に興味のない相手から、突発的に直接的なアプローチをかけられたらヒくっていうのは分かる。

スーパー銭湯で、初対面にも関わらずやたらと下半身を触ってくる人に出くわしたことがある身としては理解できる。

そういう拒絶の心って、もう理屈の外を越えるんだよね。

後半の起こった事件は、まあそれぞれが何か不器用だなあ。

先生の割り切り方はアサシンには納得できないし、言い分も分からなくはない。

けれども、だからといって先生からすればアサシンに怒られる筋合いはないわけで。

さて、現状の関係結構メンドーなヒビが入ってしまった状態なわけだけれども、ここからどう修復するのやら。



ケンガンアシュラ 149話

サーパインが有利なのは、要は相手の火力不足ということか。

しか殺人術を、不殺精神で使っているから尚更。

そして、サーパイン自身も徐々に動きを見切りつつある。

ダメージの蓄積では勝っているけれども、サーパイン必殺の頭突きが一発でも入れば話は別。

このままでは不利と零も思ったのか、どうやら相手の命に関わるかもしれないレベルの技を使う模様。

手札的にまだまだ底が知れない感じで、サーパインが勝つのは厳しそうだが、この漫画主人公以外の試合マジで勝敗分からんからなあ。

我が自炊生活の準備と実践

遍歴と傾向

ルーツ実家に置いてあった小林カツ代レシピ本。彼女考案のドライカレーソウルフードである

高校入学と同時に近所のラーメン屋で、その後いくつかの調理バイトで基礎を学ぶ。

20歳頃に檀一雄「檀流クッキング」に出会い感銘を受ける。近年「ぷちぐる」というサイトで完全再現されていることを知る。

平民金子氏の「豆腐ぶっかけ丼がおいしすぎる」の比類なき完成度に敗北感を覚える。いつか超えたい男である



現在会社員単身暮らし自炊頻度は週4日程度。朝食はグラノーラバナナヨーグルト、前日の残り物など。準備含め20分ほどで済ませる。

昼食はおにぎり2個(豆入り玄米+梅干し)を定型化するのが理想であるが、実際には弁当を買ったり外で食べることが多い。単身者の昼食については別の機会に。

夕食は用事がないかぎり自炊。ちなみにスーパー惣菜吉牛もよく使う、酒も飲む。

重要なのは自炊によって食生活アウトラインを明確にすること。健康管理が容易なうえ財布にも優しい。デメリットは何一つない。

一人の食事栄養補給、面倒なもの外食、もてなし料理は手間暇惜しまずが信条である

前提

必須調味料(塩、砂糖胡椒醤油、酒、酢、味噌、オイル)

 とりあえずこの辺があればどうにかなる。オイルはサラダ油ごま油オリーブオイルの三種があるとよい。

 みりんを省くと和食派に叱られそうだが次点とする。和食においては出汁寄与する要素の方が重要である

次点調味料マヨネーズ、タレ系、ハーブスパイス出汁系)

 マヨネーズや一味等はもれなく常備していると思うが、その他は料理をやるとそのうち揃う

 オムライスを作るならケチャップペペロンチーノならトウガラシなど。必要に応じて買い揃えればよい。

★★★(常備しておきたい食材

鶏むね肉

 ひたひたの水に入れて火にかける。沸騰したら火を止めて蓋をし、触れる温度になるまで放置。引き上げ、好みのサイズに割いて冷凍

 野菜と一緒に炒める、カレーに入れる、キュウリの千切りやモヤシに乗せて棒棒鶏風。寝る前に使う分を冷蔵庫解凍すれば朝のサラダに。低価格脂肪タンパクの超優良食材

 茹で汁は塩胡椒で味を整えてスープに。茹でる際に生姜や青ネギを入れるとよい。アクを取り、ざるで漉してやると仕上がりが良くなる。かき玉、トマトわかめ、なんでも合う。

玉子

 一度に4~6個ほど茹でて冷蔵冷蔵庫で3〜4日は持つ。自分はだいたい8分茹で。玉子用穴あけ器を買うと幸せになれる。

 冷蔵庫前で立ったままマヨネーズをかけて食すのが正義だが、固めに茹でたものをほぐしてサラダに。早めに茹で上げてポン酢に漬けると「味玉」。このときキッチンペーパーで包むと均等に漬かる。

 またフライパンを使った玉子の調理には料理の基本が詰まっているので、積極的に焼くとよい。

油揚げ

 縦横好みの幅に刻んで冷凍

 味噌汁乾麺煮物などに。天かすは要らない。入れるだけで旨味5割増しのチート食材袋を開いて納豆を詰め「揚げ納豆」にしてもよい。

 そのままグリルで焼いたもの大根おろしと薬味を乗せてポン酢をかけるだけで主菜にもなる。刻んで焼いたものをクルトンに見立てサラダに。

ツナ缶

 摂取カロリーの点で水煮缶推奨。油気が欲しければ油を混ぜれば良いだけである

 サラダパスタ、炒め物に。海藻生野菜との相性は抜群。ツナ缶が棚にあればどうにかなる。

 本当に面倒な時はマヨわさび醤油と和えてツナマヨ丼。配合はお好みで。このとき味噌を箸でひとつまみ分混ぜると尚よい。

トマト

 ホールカットどちらでも。ホールを煮込みに使う際は握り潰せばよい。

 余り物(キャベツサラダの残り、肉、何でもよい)をざく切りにし、鍋に空けたトマト缶と同量の水で煮込めばミネストローネである。朝夕2日は保つ。

 カットトマトをざるで水切りし、固形重量の1~2%の塩を加えれば万能ソースに。オリーブオイルハーブを加えてもよい。肉、魚料理ピッツァ具材にも。

キャベツ

 コスパ野菜代表

 ざくざくと刻み、好みの食材ドレッシングと和えてサラダに。刻んだものラップをかけて電子レンジで1~2分ほど加熱し温野菜でも。

 キャベツの重量1%の塩で揉み、しんなりしたら絞って浅漬け。細かく刻んでスープに。合わせる食材を選ばないうえ、冷蔵庫で2〜3週間は持つ。

ブロッコリー

 栄養面、手軽さ、また通年手に入りやすい点で選出。栄養バランスが気になる人は積極的に取り入れるべし。

 小房に切り分けて流水でよく洗い、塩分1%のお湯(1Lに対し塩10g)で1分半〜2分茹で。茎は皮を厚めに剥くと美味しく食べられる。電子レンジを使ってもよいが、塩茹での方が味が良い。

 このときキッチンペーパーでしっかりと水分を切れば、冷凍後に取り出しやすい。そのまま、マヨネーズをかけて、スープに入れて。


★★(あれば助かる食材

もやし

 圧倒的コスパもやし一袋に対しコップ1杯分の水から茹でると歯応えが損なわれない。このとき蓋をすること。和え物肉料理の付け合わせなど。

 日持ちしないので、液体化したら躊躇せず捨てるべし。

アボカド

 切るだけで一品のありがたい食材。ちなみに果物に属する。ヘタがしっかりと付いたものを選ぶこと。刺身サラダ、つぶしてソースに。

 ハズレを引いた際の喪失感は500円に相当すると思われるので複数買い推奨。

豚しゃぶしゃぶ用薄切り肉

 バラ、ロース、お好みで。しゃぶしゃぶ用の薄切り肉は解凍が容易、かつ包丁不要で手早く調理できる点で優位。

 茹でる際に箸で広げてやるのがポイント

豚バラブロック

 塩豚にする。塩漬けは奥が深いので研究してみて。

 そのまま焼いて、ベーコンの代わりに、煮込み料理に。塩豚を旨味調味料と考えると汎用性はバツグン。使い切れない場合は燻してベーコンに。

ヨーグルト

 習慣化するなら自作推奨。ヨーグルティアは低温調理も出来るのでオススメ

 そのまま食べる、牛乳と半々でシェイクすれば飲むヨーグルトに。このときジャムやきなこを入れても美味しい。

 また塩胡椒、酢、オイルを混ぜてドレッシングに。マヨネーズマスタード、アンチョビペーストを入れてもよい。ドレッシングは冷やして粘度を高めると食材によく絡む。

冷凍魚介類

 ムキエビやイカ、塩サバなんかを冷凍しておくとよい。もちろん鮭や鱈、切り身であればなんでもよい。

 重要なのはすぐに使えるなんらかの食材冷凍庫に入れておくこと。肉は要らんなあ、て時に重宝する。

 

★(その他の食材Tips

にんじんじゃがいも、玉ねぎなど常用系

 基本的に常備しているしよく使うが、調理時間短縮を考えて次点とする。

 いずれも日持ちするのであったほうがよい。この人参サラダなんかは絶品。

汁物

 汁物が並ぶだけでぐっと食事らしくなる。特に料理初心者は試してみて。

 即席味噌汁油揚げを入れるだけでもいい。鰹節とろろ昆布にお湯を注いで醤油を垂らせば即席お吸い物。このとき千切り梅を入れるとなおよい。

下ごしらえ&保存→展開

 すぐに調理可能環境を構築すべし。

 米を炊いて小分け冷凍ポピュラーだが、その心構えを推し進めることが大事

 冷蔵庫火薬庫自炊の半分は準備にある。

■翌日の食事を考える

 寝る前に解凍一手先を考えるだけで精神負担は半減する。

 ・明日の朝は鶏肉サラダを食べようかな→鶏とブロッコリー冷蔵庫へ。翌朝、もやしを茹でて添え、ドレッシングをかける。

 ・もやしが余ったな→晩、そうめん豚しゃぶ肉を茹で、ミョウガを刻んでめんつゆ

 ・ミョウガが余ったな→晩、味噌汁にin。帰りに買ってきた刺身に乗せて。

 このような使い回しの心構えが循環を生む。



ここに挙げた例が自炊生活一助となれば幸いである。


追記

たくさんのブコメ楽しく読みました。ありがとうございます

料理初心者は一気に全てやろうとせず、出来そうな所から取り入れてみるのがいい

これはすごく大切で、最初は鶏ムネ肉を茹でて市販ごまドレやポン酢をかけるだけでいいんです。

次はシャキシャキ感が欲しくなるかもしれない、そのうちにアボカドと一緒にパンに挟んでみようと考えるかも。

味の素必要

必須調味料にだしの素を追加で

旨味調味料は「その味が好きかどうか」に尽きる気がします。僕はたまに使います

極端な例えですが、肉じゃがを塩で作ると醤油独特のコクが玉ねぎと絡んだあのまったりとした甘みが恋しくなりませんか?塩肉じゃが、それはそれで美味しいけど。

醤油ナンプラー代用品にならないように旨味調味料が得意とする味付けがあるし、万能な調味料というわけではないかと。僕は味覇風味の炒飯好きですよ。

2016-07-22

出会い系は悪という風潮

これだけ晩婚化、少子化が叫ばれる、出会いのない社会で、しか出会い系サイト出会い系アプリはいつまでも悪いもののように扱われる。

ポケモンGOなんかも、同じ趣味の人と知り合うチャンスだと思うのに、「知らない人からの接触に気を付けて」みたいな流れになっている。

2016-07-21

関東の男は格下の女としか結婚できない

単純に男女比の問題で。



自分西日本出身なんだけど、就職東京に来て、

ブスで性格の悪い女でも、男選びで調子に乗っているのか不思議だったが、

東日本男余りということを最近知って、これが第一要因と思った。

あとはハイスぺ男が多いから、女の目が肥えすぎな気がする。



婚活やっても銭ゲバ多いし、結婚自体は余裕でできるって確信はしたけど

どうもこれって女と巡り合えず、中止した。

出会い目的で始めたし、まあいいかと思って。




東京出身中高一貫男子校理系大とかだったら、一生女っ気ないやつもいそう。




結婚願望強い男は

東京行きは拒否したほうが、家庭は持てるかもしれんな。

2016-07-20

甘々と稲妻はだめだった

放送前の予告が流れてたとき面白そうかもと期待してたが、第一話を見て切った。まあ、無料配信してるとこないからもともと見ないんだけど…

何がダメだったかっていうと、ヒロインとの出会いが不自然すぎてだめだったなあ。

あの状況で見ず知らずの他人にいきなりあんな会話するか?土鍋でご飯炊くとこもそう。

女の行動が変すぎるんだよな。

2016-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20140827011506

約2年前に書いたフラグを回収するけど、婚約して再来月には普通に籍を入れることになった。

人生からないもので、ひょんな流れで付き合うことになり、トントンと事は進み婚約まできたのだ。

正直パズルピースってかんじじゃないんだけどピッタリとハマった感じっていうのはある。

こういうことは本当にあるので、今は辛くても未来を信じて毎日みんな頑張って欲しい。

ただひとつ言えるのは、待っていても出会いはないってことだ。お忘れなきよう。

援交未遂補導した女子高生の言ったセリフにショックを受けた

自分立場は隠して書きますが、先日援助交際(の未遂)で補導した女子高生と会話する機会がありました。

その少女に言われた一言があまりにショックで、未だにモヤモヤとした気分を引きずっています



その一言とは、「個人でやるウリ(売春)って犯罪じゃないんでしょ? わたし何で捕まったの?」

私は何も言えなくなりました。そうなんです。日本刑法上、個人売春は(広義には)犯罪ではありません。

少女犯罪者として補導されたのではなく、建前上は「保護」されたのです。

私は立場上、少女援助交際、すなわち事実上売春をしようとしたことを注意しようとしましたが、

倫理的に咎めることはできても、法的な論拠をもってやめさせることはできなかったのです。

少女の家庭に多少の事情があることは察せられましたが、それとこれとは全く別の問題です。

そもそも、どんな事情があれ、教育を受けている未成年売春に関わることが正しいことだとは思えません。



この少女買春しようとした男性は、教育に携わる人物でした。他県で少女と同じくらいの歳の生徒を指導しています

未成年相手方にした以上は犯罪者であることに疑問の余地はありませんが、男性もまた似たようなことを語っていたようです。

しかしたら少女は、この男性に個人売春違法でないことを教わったのかもしれません。

もっとも、男性少女以外にも複数の(主に成人)女性を対して買春行為を繰り返していたようで、

行為の際には未成年であることを承知していたものの、少女出会ったことは偶然であったと主張していました。

(近年の援助交際では典型的なケースですが、出会い系アプリ使用しての出会いだったようです)



世界的に見れば、先進国の多くでも売春合法化される流れがあります未成年売春ですら合法化されています

しかし、これは日本で言うところの管理(ないし許可制売春であって、個人売春ではありませんし、

管理売春合法であっても(無許可の)個人売春については非合法の国も少なくないようです。

先ほど述べた少女発言にもあるように、日本蔓延する個人売春のもの違法化しない限り、

未成年でありながら自らの意思売春する少女たちの背徳的・反社会的行為を防ぐことはできないと思います

少なくとも、未成年は「保護」された制限行為能力者である以上、自らの意思であっても

売春従事することは許されるべきではないと考えます。皆さんはどう思われますでしょうか?

2016-07-18

オフパコ嫉妬死ね

オフパコしてない奴って何のためにSNSやってんのかわかんない。

mixiモバゲーGREETwitterあたり全部通算で20人以上とパコってる。

よっぽどのブスだったらパコらずにリリースしたこともあるから

本当にヤリ目だったらもっと人数いけただろうけど、個人的には百人斬りとか全然興味ないんで、こんなもんでいいかなと。



パコらない奴、もしくはパコれない奴がたまにネットでの出会い否定してくるのがすげームカつく。

結局は嫉妬だろ?

こっちは合意の上でお互いヤッてるんだからさ、何も問題はないわけ。

ゼロよりこのすばや紐神様のほうが好きなのは

主人公の考え方が一見、前向きに見えて実は後ろ向きだからだと思うんだ

このすばやダンジョン出会い主人公たちはダメなところがあるけど、基本的はいつも前を見て明るい未来を予感させる言動を取る

ゼロ主人公は明るい未来どころか暗い未来しかないんじゃないのかと、絶望しかないんじゃないかと思わせる言動を取る

その差が作品への好感度につながっているんじゃないか

2016-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20160717202004

2次会の参加って希望者だけじゃん?

披露宴とか式に行けなかった人の

あと未婚の友達のための出会い提供

http://anond.hatelabo.jp/20160717021643

増田でやり取りをしても、ただひたすら一人の人と話し続けているだけなのかもしれない(出会いは一回しか経験できないコミュニティである可能性)し、その人はFacebookの古い知り合いかも知れない

君は「新しい人との出会い」と言ったがそれを果たすのには不向きな場所さここは

メアドの一つも晒さないで出会いたいとな

http://anond.hatelabo.jp/20160717021415

出会っちゃいけないんですか? そんなルール、誰が決めたんですか?

こうやって、文字コミュニケーションを取るのも、出会いではないですか?

誰かがオフ会やって、リアルで顔を合わせたっていいと思いませんか。

チャットボットスパムや、人の行動を頭から否定する書き込みが嫌いだった

http://anond.hatelabo.jp/20160717020543

確かに増田自治厨多いですね。

マナー悪い人多くて、使いづらかった。

他人を信用しすぎちゃいけないというのはその通りなんですけど、

そうすると新しい人との出会いもなくなってしまうし……。

2016-07-15

婚活年収400万がボーダーってどこの人の話なの

年収400万がボーダーという婚活記事をよくよむけど、普通に大学出て会社入って30くらいで600万に乗らないなんて

人種が周りにいないかぶっちゃけよくわからない。

というか、それが普通じゃない環境にいるんだったら、他人にそんなボーダーを求めるのはお門違いだろと思う。


そのレンジに乗らない程度なら、大学を出てまでのキャリアとしては疑問しかない。

就職の時に業界の平均年収なり分布なんてちょっと調べたらわかるわけで、突然の業績不振やらなんやらで路頭に迷う

とか、病気だとか不可避な理由以外での低所得については、なんで考えなかったのかなーっていう感想しかない。



それは奨学金での貧困話題も一緒。不幸だし、社会制度として考える必要はるとはいえ、

どれだけ借りてて利子どんだけでってのはわかってるんだから、死に物狂いでペイする業種選ばないで返せない

っていうのは違うだろ、と感じてしまう。



自身は700~900レンジをうろうろしているくらいで高収入とは言い難いんだけど、初任給で400万なんて超えてるし

いまいちピンとこない。統計的に30代での%とかでてるけど、同じような人間分布生活してるから、相対化なんて

意味ないと思ってる。口には出せないが、性格悪かろうがなんだろうが、心の中では上記みたいなことをぼんやり思ってるわけ。



自分の周囲の普通が「年収400万以上」じゃないのに、それを求める人間もどうかと思ってるけど、

周りの同僚や同期などの高学歴的な女子結婚できないって騒いでる女は、周りに同程度の人間しかいないのに、

なんで出会いがないとか、結婚できないとか言ってるんだろうって疑問。見た目とかときめき問題なわけ?



周りの人間に選ばれないくせになんで偉そうなんだ?とか、きめかないとか言う前にとりあえずプロポーズされてみろよと

思う。偉そうに「出会いがない」「自分より下はありえない」みたいなこと言われると「そうだよね」っていいながら

クソだなって思う。

2016-07-14

彼女人格が一つじゃなかった件

 多重人格というのがある。この呼び方俗称で、本来の病名は解離性同一性障害という。まさか自分が実際に目にすることになるとは思わなかった。解離の症状も人それぞれ異なるので、私が書いたことが多重人格の全てではないし、他の解離の人はまた違う症状が出ることも踏まえて読んで欲しい。それからリアルバレを恐れて名前は全部変えるしところどころフェイクも入れとくのでご承知おきを。

 彼女との出会いネットだった。これまでにもウルティマオンラインというMMORPG人生の一部を無駄に消費した事はあったが、その時のギルドメンバーに誘われて始めたFPSも完全にはまってしまって、上手くもないのに毎晩午前2時3時までにゲームをしてたことがあった。一度は抜け出せたものの、仕事が一区切りついた時に始めたFPSで誘われるままクランに入ってしまい、数千時間をこのゲームに費やすことになった。彼女はそのクランの主力メンバーの妹だった。

 彼女名前はチカという。もちろんゲームの中ではハンドルネームを名乗っていた。クランではSkypeやmumbleで連絡を取り合っていたが、たまにおふざけでstickam配信をすることがあった。stickamっていうのはツイキャスニコ生みたいなもので、カメラを使って生配信ができる。当時ネットラジオをやったり某サイトstickam配信してた俺は、バンダナサングラスで顔出し配信してた。クランには酔っ払って顔出し配信するちょっと頭が残念な超イケメンがいて、俺と彼はstickamでもよく絡んでた。他のクランメンバーに顔出し要求したり、本名雑談トークしたり、FPS以外でも仲良く遊んでいた。チカはその中の紅一点だった。

 出会った時は大学一年生だった。その時の俺の年齢は内緒である。チカはとても恥ずかしがり屋で、顔出しを嫌がる姿がそれはもう可愛くて可愛くて、どんどんイジってるうちに完全に好きになってしまった。チカの方はというとstickamでの配信で俺のことを好きになっていてくれていたらしくて、その内二人きりでskypeすることが多くなり、惚れたのはれたの言うような話も出るようになり、リアルで会う前にskypeエッチするような関係になる。どうでもいいことだが、のイケメンくん、頭が残念じゃなかったら絶対に俺が惚れられることはなかったと思う、というくらい格好よかった。

 なかなかリアルで会えなかったのは遠距離だったからだ。俺は東京彼女大阪、行こうと思えばすぐ行ける距離だけど、大阪まで行って日帰りももったい無いので泊まり旅行日程を組むことになる。出会えない系サイト障害があれば24hいつでもケータイ電話かかってきて障害対応しないといけない俺には色々と準備が必要だった。ノートPC買って環境作ったりとか。まあそんなことは読者の誰も興味ないと思うので置いといて、リアル大阪まで会いに行ってちゃんと付き合おうということになった。この時は何も変わったことはなかった(変わったプレイはしたけど)。

 今度は彼女東京に来てくれることになった。池袋にある喫茶店で話をしていた時、彼女携帯がなった。彼女は一瞬青ざめた顔をしてトイレに行った。しばらくして帰ってきたけど、なんか彼女挙動が怪しい。とても挙動不審な感じだ。聞けば電話してきたのは元彼だという。色々聞いてもよく覚えてないというしとてつもなく怪しい。skypeしてる時に話は聞いていたのだが、元彼はよりを戻そうとよく電話をかけてくるらしい。それどころか、家に押しかけてきて窓をノックすることもあるようだし、場合によっては部屋に上げているようだ。なんだそりゃ?

 元彼から電話がかかってくると逃げるようにトイレに行って、戻ってきたら挙動不審って明らかに怪しいし、元彼とまだそういう関係なんじゃないかと俺が疑うのも至極当然だと思う。これは気分が悪いことだとはっきり伝えると、彼女はこういった。

「今度ちゃんと説明するから。前に言った心の病気とかに関係することだから。」

まあ説明するというの事で一旦引き下がった。東京滞在は一泊だったのでその日の夜はエッチなことをするだけで聞くタイミングがなかった。後日Skypeで聞いてみた。

「元彼から電話かかってきたときのこと、こないだ説明するって言ってたけど説明してもらっていいかな」

ここで予期しない返答が返ってきた。

「言いにくいんだけど、実は私の中に別の人格がいて、元彼への返事はその子がしてるからよく知らない」

返事を要約するとこんな感じだった。彼女解離性同一性障害という病気で、俺が普段話しているチカとは別にミユキという人格がいる。元彼にチカが対応すると寄りを戻そうだの何だのとしつこい話の繰り返しになるので、ミユキが代わりに対応して元彼を諭しているというだ。いやいやいやいや、そんなこと言われてもいきなり全部は信じられないし、実はそのミユキが元彼といちゃいちゃしてるんじゃないのとか、全部作り話で元彼とまだ続いてるんじゃないかとか、そんな事を考えたりした。結果から言うとそんなことは全然なく、彼女はまったく嘘をついていなかった。ただ秘密にしていただけだ。ミユキの他にもまだ人格がいるということを。



まとめ用

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881140549

非モテの男友達彼氏にした友人の話

中学時代くらいから知ってる非モテ(ごめん中傷意図はないけど)の男友達と友人が交際した。

二人が知りあったきっかけは私だから、その友人はみんなには内緒だけど自分だけには打ち明けてくれた。

今のところ順調みたいで、若干バカップルっぽい雰囲気もあって、

この友人(結構真面目さん)もこういう一面があるんだなーって微笑ましかった。



けど、もっと意外だったのは、その非モテの男友達

外見の好みは個人差があるからどうでもいいけど、モテないってことはそれなりに性格に難ありなのかな、と思い込んでいた。

私は昔からの知り合いだから別にその男友達ダメな人だとは思っていなかったけど、ちょっと頼りないなと思うことはあった。

ところが、友人の話を聞く限りでは、ちょっとした「理想の彼氏」って感じだった。

具体的にどうってわけじゃないけど、「ああ、世の中にそんな(見せかけじゃない)優しい人もいるんだな」って感じ。

正直なところ、その友人の話を聞いて、すごく羨ましかったというのが本音



何が言いたかたかというと、非モテの人たち(たぶん男女ともに)って別にネットで叩かれているほど悪い人たちじゃなくて

たんに恋愛きっかけがないだけなんだと思う。

いい出会いがあれば、本人たちは(モテ経験がないから?)目の前の恋人に対して一生懸命になってくれるし、

多少不器用なところがあったとしても気持ちが伝わるから嫌な感じもしない(らしい)し、

恋愛に慣れていないという自覚があるぶん、相手の言うことも柔軟に聞いてくれるみたい。



すべての非モテさん達がそうだとはさすがに思わないけど、

恋愛に縁がない人の中にも埋もれた原石が少なくないんじゃないかな、と思うようになった。

自分ももう少し心の守備範囲?を広げて、あんまり女性慣れしていないタイプの人とも付き合ってみようかな。。。

(その以前に恋愛に受け身すぎるのどうにかしろって話だけど 笑)

2016-07-13

ゲイの実情」とは何なのか、「ゲイ差別されてもしょうがない」のか。

http://anond.hatelabo.jp/20160119175701

http://anond.hatelabo.jp/20160118074337



ゲイ増田の一連のエントリを読んだけど、増田出会ってる人がみんな悪すぎる。

で、なぜ出会ってる人がみんな悪いのかと言うと、どこもきっかけが出会い系アプリで会ってるからなんだよね。



もともとバーだったりクラブだったり友達の友達とかで知り合いが増えるパターンだと、周囲に人間関係があるから相手に対してそんなに失礼な態度は取れない。

そういう時にひどいことをしてると、周囲の友達の信頼を失い、友達は離れていく。



それと違ってアプリ出会いって、二人だけで連絡取りあうでしょ。

アプリで会う二人は、つながっている人間関係がないから、気に入らないことがあればすぐに切ったり、ひどいことが言えたりする。

自分がそんなひどいことしても、友達連中にバレないもんね。



のんけもゲイも、アプリ出会いは割りきり&自己中心的になりがち。

ということで、増田が感じているゲイへの違和感は、「ゲイから」というものではなくて「アプリから特有ものであるということをわかってほしい。



以上、毎週二丁目に行ったりゲイ友達連中と家飲み旅行に行ったり楽しくしてるおじさん増田から感想でした。

2016-07-11

振られつつある

おおよそそれまでの人生で、自分彼女ができるなんて夢ほどにも思わず暮らしてきた。

恋愛に興味が無いというわけではない。

ただ異性との接点が無く、かといって積極的に動くことができるほどの自信や行動力を持ち合わせているというわけでもない。

彼女は欲しいけれど自分から何かをするわけではないという、昨今ありがちな草食男子というやつだった。



ただ、このまま諦めるには惜しいと思えるような出会いが一度だけ存在した。

このまま疎遠になるのならばいっそと思い、勇気を出して相手を何度かデートに誘って、最終的に交際関係まで持ち込むことに成功した。



彼女自己主張の薄い子で、自分から何かを提案したりすることは滅多に無かった。

これは別に自分けが見ている彼女像というわけではなく、共通の友人の間でも同じ認識だった。

から彼女からアプローチが無いことに対して特に不満はなく、かと言って振り回すことのないように自制心を適度に働かせながら関係を保ってきたつもりだった。

返信が遅いこともわかっていたし、傍から見れば冷めているような関係が心地いいと感じていて、彼女もそう思っていると信じていた。



しかしいつからか、その振る舞いは疑念に変わる。

アプローチが無いのも返信が遅いのも、ただ無関心なだけなのではないか

本当は気づいていた。

彼女の中に自分存在していないことに。

それでも、もしかしたらと思い続けてきたが、どうやらもう駄目みたいだ。



彼女から明示的に振ってくることはないだろう。

かと言って、彼女のことを未だに諦めきれない自分に振ることなんてできない。

自分は一体、いつまで盲目を装い続けるのだろうか。

2016-07-10

彼女がほしい

大型イベントの後は楽しさと共に寂しさと疲れが出る

イベント中に一緒に盛り上がっているカップルを見ると羨ましくてしょうがない

からか、余計に彼女が欲しいと感じる

誰でもいいわけではないが、少なくとも趣味は共有したい

でもオタク趣味だと出会いの場がほとんどなく、声をかけようものなら出会い厨として認定され

の子たちにすら警戒される恐れが高い

特に恋愛経験がほぼ皆無で処女童貞が多いと思われるオタク界隈では尚更その傾向が高いのも痛い

ちなみに少しだけ自分語りをさせてもらう

自分過去に数名と付き合った経験はあるが本当に偶然の産物の付き合いで

何かを目的とした出会いからではないためどうしたらいいのかわからない

いっそ、付き合うという経験をしなければよかったのではないかとすら考えることもしばしばある

高級料理の味を知らなければ一生そのまま生きていくことも可能

しかし、一度でも人との繋がりぬくもりを知ってしまった為にこんな苦しみを味わなければならないことがしんどい

社会人サークルなど体験入部?してみたり、共通趣味オフ会などをmixi(笑)バカにしていたSNSですら活用し行ってみたが

その場では仲良くなれるが後日に繋がらない

どちらかというとガッツキが足りなすぎる気もしている

決して草食系ではないと思うのだけど、きっと恋愛や人との触れ合いに対して臆病になっているのかもしれない

要は自分が傷つきたくないとか、自分可愛さというやつだと思う

情けないやつだ

このまま三十路も半ばを超え、唯一あった結婚話も相手浮気から流れてしま

それ以来、会社人間とも友人ともネットですら誰かと繋がることが怖くて早2年も経ってしまった

仕事はしているが、もはやそれ以外でどうこう出来る気力もないし頑張れそうにない…

俺は結婚したい

出来れば好きな子を見つけて恋愛して結婚したい

どうすればいいんだろう、八方塞がりすぎて辛い

逃した魚の大きさを思う

手に入らなかったものばかりに思いを馳せてしまうのは、もうどうしようもない人間の性なのかもしれない。

学生時代、私に好意を寄せてくれていた人がいた。

気が合うというか、物事に対する考え方はもちろん、趣味ファッションセンスまでもが似ていたし、自分の持つ雰囲気と彼の持つそれとはとてもよく似ていたと思う。

けれどそれではもの足りなかった。

私は自分と似ている人ではなく、自分とは違うものを持っている人が好きだった。

彼といる時間は、穏やかで、心地よいものだったけれど、一瞬が輝くような、このまま時が止まればいいと思うような、そんな楽しさはなかった。

好きな人と話すときは、その人のことが愛おしくて、自然と顔がほころんでしまう。

彼に対してはそれがなかった。

もちろん笑いはするけれど、それは彼に対する愛おしさからくるものではなかった。

その頃私が周囲によく漏らしていたのが、「彼は結婚するにはとても良い相手だと思うけど、恋愛対象としてはもの足りない」という旨のことだった。

今思えば何だこのスーパー上から目線物言いは。

浅はかな恋愛経験でよくそんなことが言えたものだと当時の自分をぶん殴りたくなるけれど、その頃はまだ20歳そこそこで、根拠のない自信に満ち溢れていたから、全く救いようがない。

アラサーと呼ばれるようになった今の私からすると結婚に適している、そんな相手は喉から手が出るほど欲しいというのに。

出会いのが20歳の頃でなく20代後半となった今だったら、きっと結果は違っていただろう。

いや、もしこのタイミング出会ったとしても、彼は私のことを好きにはならないかもしれない。


何回もデートをしたけれど、結局、彼は何も言ってこなかった。

私も私で彼に全く好意サインを示さなかったし、なんとなくで付き合ってだめにして結果的に彼の時間を奪うようなことはしたくなかったので、牽制もたくさんした。

それでもなお、と言ってくれなければ付き合う気もなかった。


彼とはもう長い間連絡はとっていないが、立派な会社に勤めて、傍目から順風満帆でいるらしい。

逃した魚は大きかったかもしれない。

2016-07-09

ワイ、お医者さん、風俗嬢に怒鳴られてマジで生きる気力を無くす

風俗に入った。

アラサーというか、今年30歳のストライクバッターアウトな風俗嬢にあたった。

俺はアラサーで同年代

  

俺 「君カワウィーネー!周りに君くらいの子いないYO!」

嬢 「え~?そうなのー?ふーん。」(特段気分乗ってない風

俺 「全然かわいい娘いないんだよねー職場とかも。やっぱプロって違うよねー腰もめっちゃ細いよねー」

嬢 「筋トレしてるからね!」

~~~~~~プレイ後~~~~~~~

俺 「そういえば君、職場丸井さん(仮名)に似てるわ、丸井さんだと思ってセックスすりゃーよかった」

嬢 「はぁ?さっき、職場にはブスばっかっていってたよね。かわいいかいったり、くっそイライラするわ」

俺 「え?そういう意味では、、、(似てるからってかわいいかわいくないと関係ないよな?)」

嬢 「いや言ったでしょさっき。はあ、ムカつく」

俺 (はあ?論理的に考えられない池沼かー?)

  

プレイ後に、気まずい時間。ここで俺、ブチ切れる。

  

俺 「あ~あ~。普段他人と付き合いできなくてキツイから風俗には夢見に来てるのに、お前もそういう態度かよ、媚びろよ」

嬢 「あんた、ちょいちょいイライラしてたんだよねえ。どーもさあ。なんなの?なんかチョイチョイおかしいよ」

俺 「クラスに一人くらいいたんじゃねーのー?二人組作ってで絶対作れないやつとか、ずーっと一人で寝たふりしてるやつとか。俺それだから他人と人付き合いできないから来てるんだよ風俗に。夢見せろよ。友達営業してんじゃねーよ」

嬢 「いや別に普通に会話できるのに、ちょいちょい変だから、なんでだろうとは思ってただけだけど?」

俺 「は~やる気うせた。だから人付き合い嫌いなんだよ、引きこもって一日10時間ネットゲームだけしてたいわ。なんでお前らみたいなコミュ力充なんかに合わせないといけないのか。俺無理だわ」

嬢 「まぁ、勝手にすればいいんじゃないの。でも、人付き合いの経験足りないだけじゃないの?」

俺 「あっそ。そうやって女に気を使える男を持ち上げるんだよなあ。そういう時代からなあ。俺の時代仕事できりゃーよかったのにさあ。時代は変わったよなあ」

  

その後、嬢に多少の慰めなど入れられる。

曰く、嬢も昔は我が強い性格だったが付き合う中で人付き合いを学んだうんぬん。

でも、そもそも俺みたいな発達障害が出るようなやつと付き合う女がそもそもいなかった。ってことは経験を積むステップすら無理なわけじゃん。ここ数年で10人は告白したし、ナンパもしたし、出会い求めて習い事クラブやと行ったが、無理だった。

  

普段仕事では、仕事用の人格でちゃんとしてるが、素の俺はそこらのニートやらと変わらない。人生にやる気なんてない。家族いるから、死んだら悲しむだろうと死んでないだけで、しがらみなかったらその日に自殺できる自信ある。社会にも自分にもすでに全く興味ない。精神病でもなんでもなく、たか自分一人の命とか宇宙から見たらごみだしどうでもいい。

どうでもいいから、ゲームだと思って利益率高そうな生き方してるだけであって。仕事にも人生にも志もくそもない。

明らかに見た目キモメンチビの低スぺで生まれて、発達丸出しを隠すように人格作り上げて、色盲同然に他人感情なんてまったく知覚すらできないけど国語問題を解くかのように推察して人付き合いしている。

そういう人間から風俗で夢を見に来ている。自分のくっそみじめな見た目や会話できないのを棚に置いて人付き合いできるのは風俗しかないじゃん。あるいは二次元ゲーム

それなのに、普通に人間的な付き合いやられたら、そらやる気うせるやろ。

できないキャラに当たり前にできるようにしてんじゃねーよ。プロだろプロキモイおっさんに対して媚び売るのが仕事だろ。

普段どんだけ働いてると思ってるんだよ。なーにが海外旅行日焼けしたーだよ。命削って働いてるんだよ。

  

なんていうかな。

承認欲求なら、ツイッター

普段気持ち暴露なら、ブログ

他人罵詈雑言はきたいなら、ニコ生

友達と遊びたいならニコニコ動画の実況プレイ

旅したいなら廃墟探索DVD

リア充ノリを楽しみたいならユーチューバー

遊びたいならネトゲ

世界を変えたいならウィキペディア

そういう風にネットを使って人間的な部分を処理しすぎてて。

風俗ですら、人間否定されるとナイーブに傷ついてしまう。頭では単に損しただけだとわかるが、一応心はあるからそういう感じ方はする。感情に引きずられない程度には理性的からから変わるわけではないが、ストレスに感じていやだ。

見下した言い方になるが、俺だって風俗嬢と話ししてて、頭の悪さをアリアリと感じていやになるけど。

こういう女に金払ってでしか相手されないんだからしょうがないと我慢して風俗に行ってるんだよ。

それなのに、この仕打ち

君とセックスした1時間で俺は何人人を救えるんだよ、金もらえるんだよって思った。

むなしいっていうか。なんていうか。

エロゲーもいいんだけど、エロゲーをやる時間も体力もなくて、エロゲーの実況動画ばかり見てるんだけど。

VRの格安キャバクラとかできねーのかなあ。

  

もう本当にいろいろむなしかった。

  

もう一度書こう。

人付き合いとかいらないから、夢を見せてほしかった。

二宮くんの一件について、ジャニヲタはなぜ33歳の男の恋愛を叩くのか

二宮和也くんが熱愛報道されて混乱が起きていますね。彼女ブログが掘り返されて烈火のごとく叩かれています

たから見たらもういい歳なんだから許してやれよ、ジャニヲタキモい、としか思われませんね。



これについてはオタクというのは総じてキモイものですからあんまり反論しないほうがいいと思います

でも、ジャニヲタは本当にただ33歳の男の恋愛が許せなくて叩いているのでしょうか?

そんな訳ないんですよ。ジャニヲタだってそこはわかってるよ。

じゃあなんで怒ってるの?ただの嫉妬?ブスなジャニヲタざまあwと言われたら、

まあそれもあるけど、それだけじゃないよ。と答えます

これはジャニヲタというか男性アイドルファンしかからない感情だと思います

 

今回私も、ものすごく憤っています

アイドルが熱愛をスクープされるというのがどういう事か、世間はともかく本人たちも全く分かっていないのでしょうか。

 

私は、アイドルというのは多かれ少なかれ基本的に性を売りにしている仕事だと思っています

歌番組コンサートでウインクをカッコよく決めて、幸せにしてあげる、好きだよ、と愛の言葉をささやくアイドルと、

それにキャーキャー言うファン

これは一種の疑似恋愛であり、この瞬間に喜びを見出しお金を出しているファンは少なくありません。

言ってしまえばファンときめき恋愛感情を利用してお金搾取するのがアイドルという仕事です。

 

これが俳優アーティストなら話は別なんです。売っているのは演技や歌であり、恋愛自由

好きなように振る舞う本人をひたすら見守るのがファンですから熱愛報道に傷ついてもファンをやめてもお互いの自己責任しかなりません。

ファンを離さないためのイメージ作りやキャラ作りは多少あるでしょうが、そこから逸れた行動をしてしまっても仕方ないと思います

ファンによる「今までつぎ込んだ金を返せ!」なんて言葉は一笑に付されることでしょう。

 

しかし、ファンとの疑似恋愛お金を稼いでいる以上、プライベートでの恋愛を隠し通すのって当たり前なのではないでしょうか?

恋愛感情ほど人を突き動かすものってなかなか無いです。そりゃお金だって湯水のごとくつぎ込んじゃいます。こんなものビジネスに利用するなんてアイドルってのは本当にヤクザですよね。

別に本気愛(死語かもしれない)とかじゃないよ、って人も、キラキラしたアイドルに対してかっこいい♡って感情はありますよね?それは立派な疑似恋愛だと思います

もちろんこんな事があっても尚、どんな二宮くんでも好き!ずっとついていくよ♡なんて言ってくれるファンもたくさんいます

斜に構えて、別に好きにすればいいよとエターナルなことを言うファンもいるでしょう。

だけどその子達も内心傷ついて心はズタボロかもしれません。当たり前ですよね。出会いがない、今はそういうのいいや〜なんてラジオでほざいてたんですから

君のことが大好きなファンはそれを疑うなんてことしませんよ。

 

言ってしまえばアイドルって良いイメージで塗り固めた歌って踊って演技して疑似恋愛までさせてくれる、パッケージングされた一つの商品なんです。

いろいろギッチギチに制限されてマネジメントされて、こんな非人間的なものになりきれって本当に鬼畜だと思います。でもそれだけの価値がある職業です。

これを演じることで何億も稼いでプライベートではなんでも買えて良い家に住めていい女を捕まえられるわけですから

本当に大変なお仕事ですけど頑張れますよね。ファンの与り知らぬところでは頑張って稼いだお金で好き放題やればいいと思います犯罪不倫以外は。

 

そう、プライベートいくら恋愛しようと自由なんです。そこは女性アイドルと少し違うかもしれませんね。

女性アイドル若いうちは恋愛せずにストイックに頑張って、引退してから幸せ結婚をするのが基本的に正しい姿かと思います

なぜなら疑似恋愛に加えて”処女性”を売りにしているから。

可愛い女の子たちが純潔を守ったまま真摯仕事に打ち込み、自分笑顔を振りまいてくれる姿は応援しがいがあるし、お金を出す価値があるんですよね。

から多少ルックスハテナな子でも健気に頑張っていると何百万も使いたくなっちゃうんです。

それを裏切るような行為をしてしまえば丸坊主になるようなリスクも背負います

 

話が逸れましたが、男性アイドルファンはそこまでのことを求めません。女性アイドルと違って賞味期限というものがないので、結婚してもアイドル活動を続けたりしています

そもそもファンがいい歳した男に童貞性(?)を求めるわけないですよね。

ファンアイドルに実は家で待ってる可愛い彼女がいて、近い将来結婚するということも分かっているんです。

それでもそんな素振りは全く見せずに、僕はみんなのものだよって顔をしてテレビの中でニコニコ笑うアイドルの姿が死ぬほど尊いのです。

それがどれだけ大変なことか、ちゃんとファンはわかっています。そのストイックさもアイドルの魅力の一つなんです。

からこそ、たくさんお金をつぎ込んで、全国各地に駆けつけて、出演しているテレビは全て録画して、徹夜して作った手作りうちわを振って応援しているんです。

 

から、お願いだから恋愛を隠してください。それができない、もういい歳なんだから好きにさせろというのなら、

アイドルと名乗るのをやめてください。

アイドルですと自己紹介しているうちは、何歳になろうとあなたと疑似恋愛するバカな夢を見ているファンがつくんです。

気持ち悪いですか?ウザいですか?でもお金は落とします。あなたはそのバカファンお金彼女に高価なプレゼントが買えるんです。

アイドル活動彼女存在をチラつかせている人とファンの間に疑似恋愛が成立するとは思えません。

 

そんなファンだって、先輩方のように恋愛を隠し通したのちに頃合いを見て円満結婚をしてくれるのであれば、大半は祝福します。そして結婚した後も応援し続けます

今まで隠し通してくれて夢を見させてくれてありがとう幸せになってね、これから応援するよ、と笑顔で言うことができるなんて、お互いこんなに幸せなことはないと思います

多分松本くんと櫻井くんはこのまま行けば幸せ結婚ができます

ファンの人たちもなんとなく、長いこと付き合っている素敵な女性結婚するんだろうな、幸せになってくれればいいな、と思っている気がします。

時間をかけて蓄積された信頼によって多くのファン覚悟もある程度決まっているのではないでしょうか。もちろん例外もありますが。

なぜなら、ずっと隠し通してくれているから。週刊誌に2ショット掲載されていないから。嘘をつかないから。彼女SNSブログで浮かれポンチなクソアピールをしないから。

 

隠すのと嘘をつくのは違います

二宮くんは取材ラジオで嘘をつきすぎているんです。

櫻井くんや相葉くんのように秘密です、と言ったり上手にはぐらかせば彼女のことも傷つけないしファンだってしますし、

多少傷つくことはあれど、気持ちの整理もつます

でも、アイドルファンに向けて発信するコンテンツで吐いた嘘がばれたときファンは「裏切られた」と感じます

しかもそれが彼女SNSブログからだなんて、こんな仕打ちがあるでしょうか。

 

ファンにとって大好きなアイドル裏切られる事ほど悲しいことはありません。

もともとホラ吹きキャラ二宮くんですが、ここまでくるともうほとんどの言葉を信用できなくなってしまます

あなた真剣に語った嵐への想いの信憑性も薄れてしまます

大野くんのようにわかってくれる人だけでいいと思っているのかもしれませんが、その考えってあまりにも都合が良すぎるような気がします。

 

そして、あまりにも詰めが甘すぎる。去年の大野くんの熱愛報道で何か少しでも自分のことについて考えたりしなかったのでしょうか?

彼があんなに辛そうにファン謝罪言葉を述べていた時、彼女を連れてきていたあなたは何を思ってあのMCを聞いていたのですか?

大野くんの一件は彼女SNSから流出あんなにも事を大きくして、個展のグッズ販売にまで影響を及ぼしたというのに、

なぜ自分彼女にひとこと気をつけろと言うことが、ブログ確認することができなかったのでしょうか?

2年も一緒にいて知らなかったなんて言い訳通用しないと思います

 

花なんて一輪も貰えない、一個人の存在すら認識してもらえないまま、たくさんのお金を使って二宮くんを応援してきたファンがあまりにも可哀想です。

彼女たちがあのブログ花束を見てどんな気持ちになるか少しでもいいから考えてほしい。

 

例のごとく、ファンはどんどん大切な大切なあなた彼女をとんでもない悪女に仕立て上げていますあなたのことが大好きだから

二宮くんは悪くない、あの女に騙されている、ただの熱狂的なストーカーじゃないかなんて言われています。今後の彼女仕事には間違いなく影響を及ぼすでしょう。

男性ファンは本人を叩き、女性ファン相手を叩くというのは本当です。

だけど、これがアイドルファンというものです。ファンをこんなふうにしたのはあなた事務所メディアです。

これが煩わしいと思うならばとっととアイドルを辞めて普通タレントとして活動したほうがいいと思います

2016-07-06

宇宙人

出会いたい。出会ったら冥王星あたりへ連れて行ってほしい。冥王星では基地を作って宇宙征服拠点にしたい。宇宙征服を達成したあかつきには地球へ帰り各国から朝貢を受けて静かに暮らしたい。

2016-07-05

同人のしいです

少し前からオタクアカウントのほうに、同人やめました系の記事がいくつかRTされてくる。

当方オタク歴はそれなりに長く、どちらかといえば一人で考察妄想を繰り返しのめり込む内向き型。キャラに対してキャーキャー言ったり、流行ネットスラングを羅列するような交流は苦手なので、RTされてきた記事を読んで、うんうんそこは昔のほうがよかったよね、と思うこともある。

しか記事を書かれた方々との状況はまったく逆だ。

近頃はまったジャンルにて、私はようやく同人活動イベント醍醐味みたいなものが分かってきて、今とても楽しい

過去色々なジャンルにはまったものの、今まではネット上で見たり書いたり、昔からオタク友達に話を聞いてもらうくらいで満足していた。

twitter交流しよう、オンリーに行ってみよう、自分でも本作ってみようか、というところまで手を出すほどになった作品はこれが初めてだ。

なんでなのか?ちょっと振り返り5点。


1.時間に余裕のある生活

ハマるのと同時期くらいに生活環境が変わり、時間に余裕ができた。これが一番大きいかも。元々面倒くさがりなので、寸暇を惜しんでまではきっとここまでやってない。忙殺されて余暇ほとんどなかった時期にハマっていた別ジャンルは、それはそれで生きる支えになったものだが、交流創作にかけられる時間は少なく、落書きで欲求を消化するのみだった。

学生時代サイトにこもってたので、オフ活動もっと早く興味持ってたら違ってたかも。


2.ジャンルの懐の広さ

ハマったのは息が長くファンの多い作品で、ファンの年齢も傾向も幅広い。キャラ萌えしてる人からひたすら原作考察する人まで色々。流行のピークは過ぎて久しく、今や大手さんの解釈公式扱いされているような風潮は薄いし、個々の解釈否定されにくい気がする。が、これは体感なので単に私が鈍感なだけかも。

もちろん作品自体の素晴らしさが第一にある。それに加えてこの界隈の自由雰囲気がいいなと思う。


3.厳選した交流がうまくいってる

そういう雰囲気に浸かってると、同士さんたちの詳しい活動や語りを追いたいという欲求がわいてくる。

そこで主にtwitterを利用するわけだけど、様々なファンがいるのと自身が万人ウケするタイプではないので、交流する際には特別注意をはらう。元々アカウントを取ったのは同士さんアカの鑑賞兼独り言用だぞ、それが第一だぞと常に言い聞かせる。それを曲げて交流しまくれば承認欲求が加速して本来やりたい創作考察ができなくなる。だからいくらいいねRTがほしいと思っても決めた期間以外鍵は開けないし、フォローフォロワー関係には気持ち悪いぐらい用心する。最近のやめました系記事にもSNS疲れがよく言及されてるし、対人関係が原因で作品を好きでいられなくなるみたいな本末転倒事態絶対に避けたいので、慎重すぎるくらい慎重に。

結構経ったがまだそれなりに守れている…と思うし、この前提があるからこそ色々割り切ることができているんだと思う。

具体的な自分ルールもまとめてたんだけど、すごい長くなってしまったのでカット

で、いろんな自分ルールを遵守しつつ厳選したTLは、自分と波長の合う人たちと情報アカ程度で構成され、とても穏やか。交流相手を絞ることで私のような面倒くさがりでも続けることができ、時々リプをし合ったり、タグ系の遊びを一緒にやったりしてくれる存在ができた。そしてその信頼できる方々のご好意により、イベントオフ会に足を運ぶきっかけをいただいた。


4.即売会初心者の私でも行ける落ち着いた雰囲気イベント

年齢層が幅広いためか、息が長いからか、他と比べ空気がゆったりしているように感じた。(といってもこれまで全ジャンル合わせて片手で数えるほどしか参加したことがないんだけど)

一番安心したのが、エロの公開度が低いこと。前にハマっていたジャンルもそれなりの規模・年数で、以前オールジャンルの際にそのエリアに立ち寄ってみたのだが、カッコイ男性キャラがたいへん色っぽい感じになってる大きいポスターがたくさん並んでいていたたまれず、なんかもう本を買うどころではなかった。エロは全く、BLほとんど嗜まない者なので、あの空間は耐えられなかった…

今回もそんなだったらどうしよう、とドキドキしながら参加してみたところ、主流はBLR指定ものも多数あるが、過激な掲示はさほど目に付かなかったので安心した。男女CPコメディ傾向の作品もそれなりにあり、買い物も楽しめた。サークルの皆さんは、うろうろと挙動不審な私にもよかったら見ていってください、とやさしく声をかけてくれた。またネットで見知っていた方や、既刊を拝読させていただいた方に感想を伝えたり、少しお話をしたりもできた。作家さんとのお話ってこんな普通にできるんだ、これが話に聞くイベント醍醐味か…!!と感動してしまった。(今まで買い物の会話以外交わしたことがなかった)見れば他にも立ち話をしている人たちは結構いる。このジャンルはいわゆる古き良き(?)即売会の姿が面影を残しているのかもしれない。いやしらんけど。

そしてイベントでこんなに居心地がよかったのは初めてで自分でも驚いている。今まで一般だと落ち着け場所がなくて何となく居づらかったのだが、今回はそういうこともなく。また行きたいと思った。


5.創作意欲を支えてくれる人々の存在

自身二次創作は、基本的自己満足だ。いいねブクマなどはもちろんうれしいが、それを得るためだけの創作はしないのだと心に決めている。なので本をつくりたい!となったのも最初は「皆さんの本素敵だな。私もここまでのめり込んだ作品は初めてだから、記念に自分なりの解釈をこういう形にしてみたいな」というのがきっかけだった。

どこへ出す予定もなく書き始めたのだが、少しその話をした際に思いがけず、ほしい、見てみたいというお声をいただいた。

ものすごいエネルギーを与えられた気分だった。この自己満足の塊を、まさか楽しみにしてくれている人がいるなんて!

さらに、4のイベントお話させていただいた方にも「本は出されないんですか」とお言葉をいただいた。嬉しすぎた。本を作るというのは大変な作業で、もし本当に一人きりで進めていたら、延び延びになって結局頓挫、みたいなことになりかねないなと思った。ここまでに散々他人主体をおかない的なことを書いておきながらなんだけど、それでもやっぱり、こういう身に余る挑戦をするときには、3で得た信じられる人の言葉の力を少しお借りしてもいいかな、と思った。


以上が、今私が同人活動のしい!となっている要因と考える。

自己分析のつもりが途中から感想文みたいになってしまった。分けて書こうかとも思ったけど、その良い思い出とかもひっくるめて要因だし、まあいいや。

今のジャンルじゃなくても、これまでもこういう体験ができる機会はあったのかもしれない。

でもこの引きこもりで、心配性で、人見知りな私をここまで連れ出してくれたのは、いろんなタイミングの重なり、そして魅力的な作品と素敵なファンの皆様だろうと思う。

この出会い感謝したい。そして原稿がんばります