「政治不信」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治不信とは

2024-07-18

anond:20240717220201

アメリカ人も全員がバカというわけではないので、

そもそもトランプバイデン選択させられている事がおかしい、

と思っている人がたくさんいる

日本と同じく政治不信がすごい

2024-07-11

anond:20240711165631

自分馬鹿ですって自己紹介するの楽しい

政治家違法行為の関連性:説明責任重要

違法行為は、行為者が誰であるかに関わらず問われるべきものです。

しかし、政治家など公的人物が関わった場合、その影響力はより大きく、国民疑念不安も大きくなります

このような場合政治家には以下のような説明責任が求められます

* 自身立場活動と、違法行為との関係性について明確にする。

* 疑惑に対する真摯説明を行う。

* 必要に応じて、捜査に協力する。

* 再発防止策を講じる。

これらの説明責任を果たすことは、国民の信頼を得て、民主主義健全運営するために不可欠です。

政治家は、自身言動だけでなく、関係する人物組織の行動にも責任を持つ必要があります

説明責任を怠り、疑惑をそらすような態度をとることは、更なる国民の不信を招き、政治不信助長することになります

政治家は、常に高い倫理観を持ち、説明責任を果たすことで、国民の信頼に応えることが求められます。」

2024-07-08

日本政治不信って言うけど逆じゃない?

誰がやっても変わらない、政治不信だって言うけど誰がやっても変わらないって目茶苦茶政治を信頼してるように感じる

2024-06-29

anond:20240629093115

政治的言論において、政敵悪魔化することは、以下のような理由から望ましくないと考えられます

1. 健全議論の妨げとなる

互いを敵対視し、人格攻撃に終始するような議論では、建設的な意見交換妥協点の模索が難しくなります。異なる意見を持つ者同士が互いを尊重し、真摯議論を行う土壌を醸成することが重要です。

2. 社会の分断を招く

政敵悪魔化することで、支持者同士の対立が深まり社会全体の分断を招きかねません。異なる意見を持つ人々が共存できる寛容な社会の実現に向けて努力する必要があります

3. 暴力の温床となる

極端な敵対意識は、暴力へと繋がる可能性があります言葉による攻撃は、物理的な暴力へとエスカレートする危険性を孕んでいます

4. 政治不信助長する

政治家が互いを攻撃し合う姿を見ることで、国民政治への不信感を抱きやすくなります政治家には、国民の模範となるような品位ある言論が求められます

5. 政策論争すり替え

相手資質人格攻撃することで、政策論争本質から目を逸らすことができます真摯政策議論を行うためには、個人攻撃ではなく、政策内容を論点とする必要があります

以上のような理由から政治的言論においては、政敵悪魔化することは避けるべきです。 むしろ、互いを尊重し、建設的な議論を行うことで、より良い社会を作っていくことが重要です。

2024-06-04

光の戦士を笑えるか

ワクチン集会話題になってるけど、笑える話でもない気がする。

彼らが信じるか信じないかの話は、ただの政治思想陰謀論と切り捨てることができない。反ワクチン的な発想は、左から右まで、リベラルから保守まで、どこにでも見られるから。それって、結局のところ、薄らとした政治不信社会不信がベースになってるんじゃないか

情報が十分に公開されない、もしくは理解できる形で公開されないってのが問題なのかもしれない。肝心なことは隠される。それが不信を招く。政府メディアが何を言っても、「また何か隠してるんじゃないか」って疑心暗鬼になるのは当然だ。結局、誰が何を言っても信じられなくなる。

ワクチン派の人々も、根本的には情報の透明性を求めているんじゃないか。もちろん、その結果として生じるデマや誤解は害悪だけど。信頼を取り戻すには、政府専門家情報をしっかり公開し、説明を尽くすことが不可欠だと思うよ。でも、現実にはそれが果たされてないから、こういう騒ぎも残っていく。

説明が十分に果たされているか」ってのは、本当に大事ポイントだよ。それを怠ると、ただの不信感がどんどん膨らんで、社会全体が揺らぐ。もう少し透明性を持って対応しないと、この手の問題はどんどん増えるかもしれない。

2024-05-01

anond:20240501111051

勝利のための戦いは「正しいかどうか」を問題にしない

政治でそれをやると「国益」「社会改善」すら犠牲になる

それを良しとしてきたか汚職が噴出し、政治不信は続く

まったく愚かだ

2024-04-30

つばさの党が選挙妨害をするほど、泡沫政党寄りの立候補者ダメージをくらうと思う

ただでさえ政治不信空気感の中、差別ハラスメント問題行動リスクのある人間を選んではいけないという心理的プレッシャーがかかっている

妨害者はもちろんのこと、「泡沫寄りの候補なんてこのクオリティだよな…」という心理を強化して、支持率1%未満くらいの政党自動投票候補から外れるだろう

2024-04-23

政権交代どうやったらできる?何が起こる?

政権交代がどうやったらできる?  制度的な話

衆議院過半数をとると政権交代ができる。これは一つの単独では無くても、いくつかの党が協力することでも可能

参議院過半数をとっても衆議院過半数を取らなければ政権交代にはならない。これは衆議院優越性が憲法保障されていて、衆参両院対立した場合衆議院の決定が優越する。

日本場合議院内閣制なので、議員を選び、その議員総理大臣を選ぶ。

政権交代がどうやったらできる? 制度じゃ無くて、政治的政権交代する条件は?

そのままズバリ示すことはできないが、日本の歴史的に見て、戦後政権交代が行われたのは2回あるので、それぞれ見ておこう。

いずれも「経済の失速と何らかの象徴的な事件」によって発生している。

1回目 1993年 55年体制終結

簡単に言うと、自民党中道保守層自民党離れを起こし新党ができて、それが旧来の野党合併して政権交代した。

後は興味がある人だけ読んでくれ。


自由貿易協定ウルグアイランドリクルート事件佐川急便事件、そしてプラザ合意バブル崩壊などにより、政治不信となり自由民主党大敗自民党と当時野党第一党だった日本社会党が同時に凋落

それを受けて、政治改革が叫ばれる。主に小選挙区制への移行、政治資金規正などを含む政治改革法案が出るものの、宮沢喜一内閣で廃案。廃案に反発した自民党議員造反して、新党がいくつもできる。

この時点で自民党過半数を失っており、不信任可決→解散に追い込まれ選挙

その結果、野党が結束して政権交代が行われ、細川内閣ができた。

なお、細川内閣政治資金疑惑で失脚。その果てに日本社会党政権与党から離脱。その後羽田孜予算管理内閣で急場を凌いだ後、総辞職

その後村山富市首相とする自由民主党日本社会党新党さきがけの自社さ政権が発足し、自民党与党に復帰している。復帰時点では日本社会党委員長である村山首相だったが、その後の選挙日本社会党勢力を落とす。そして社会民主党改名などをきっかけに社会党が変節したとして分裂(分裂した先が現在民主党である)。結果、その次の橋本龍太郎内閣自民党党首総理大臣に復帰、さらに次の小渕恵三内閣では自民党単独与党政権になっている。

2回目 2009年 リーマンショック後の民主党大勝

簡単に言うと、小泉純一郎の人気を背景に強引に新自由主義政策を強めたため各所に反発が燻る中景気が上向かず。ITバブル崩壊するなどの経済情勢が見通せない中で軽度な政治的不祥事が続発。さらリーマンショックによる急激な景気の冷え込みがトドメになって、選挙民主党が大勝。それによって政権交代した。

後は興味がある人だけ読んでくれ。


元々、森喜朗政権では当時最悪の支持率を記録するなど、旧来の自民党政治への不信感があった。

そこで劇場型政治と言われた小泉政権ができてなんとか自民党を立て直したものの、小泉政権は敵も多く作る状態。一部の右派政治家が離反するなど、自民党政治基盤が揺らいでいた。その中で支持率が高い首相であった小泉純一郎政権から降りた。それを引き継ぐ形で当時若手のホープと見做されていた若き官房長官安倍晋三へと政権を交代したが、ちょうど安倍政権の後の菅政権のように噴出する問題の後始末に追われて失脚、さら劇場型政治をやり替えされるような形で様々な問題政争祭り上げられ、支持率が低迷。福田麻生政権交代が繰り返される。

さらに、この間、衆議院解散するタイミングを逸していた。タイムリミットが近付く中、リーマンショック後の不人気麻生政権という、本来ならば解散権があるはずの自民党にとっては痛恨のタイミング解散選挙となった。

自民党が100議席以上失い、民主党が大勝するという結果となった。

その後、リーマンショック比較的上手く処理できた日本だったが、2011年東日本大震災が発生し、超円高による国内製造業の失速などから野党政権も維持できず、鳩山→菅→野田と続いた民主党政権崩壊。再び安倍晋三首相登板することになる。

政権交代で何が起こる?

簡単に言うと革命期にあたるため、いろんなことがダイナミックに動きやすくなる。

そのほかにも、外交政策特に政権交代に影響を受けやすいと言われる。日本鳩山由紀夫による普天間基地移設合意撤回を求める事件は、その一つだ。

外国の例では、トランプ大統領によるMAGA政策により世界の警察から降りて諸外国軍事負担を求めると言ったものは分かりやすいし、韓国政権交代の度に日本への政策リセットしてきたことも分かりやすい。

また、教育政策政権交代で変わりやす政策の一つであると言われる。1回目の政権交代では狭義の「ゆとり教育」が導入され、2回目の政権交代ではそれが廃止されている。

また、政治の表に立つ人たちの顔ぶれも大きく変わるため、政治家にとってはまさにチャンスであると言える。

地方首長選では常に政権交代しているようなもの。あからさまに変わるので、選挙には行こう

日本場合国会議院内閣制議員を選んで首相を選ぶが、地方首長市長特別区区長など)を直接選ぶと言う方式になっている。

そのため、実は政権交代みたいなどんでん返しが常に起きている場所でもあり、自分たち暮らしに直結する。

例えば学校が統廃合されたり、水道料金が乱高下したり、若い人が出て行ってしまうようなクソ政策が繰り広げられたりする確率地方の方が多い。

国会の方はほっといても、地方議会と基礎自治体首長選には関心を持った方がいい。

2024-04-21

自民党じゃダメだと思われてないよな?w

政党支持率見てみたんだけどさ

自民党政党支持率ってだいたい30%~40で推移してんのよ

グラフ見ても分かるように、国民自民党に不信任を突きつけてるような数字じゃないよんだね

しろ不信任を突き付けられてるのは、自民党以外の地を張ったグラフ野党の側ってことになってる

これは私見なんだけど、汚職裏金国民にとっては政治家問題として捉えられてて、政治不信は起きても特定政党不信にはあまり繋がらないんだと思う

もし、現状を切り崩すなら、無党派層を含めたマスに向けた意識を変える言論論理必要になってくると思うんだけど、はてな民にとってそれってなんなの?

煽りか抜き純粋に何かあるのか気になる

政党支持率

https://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/#:~:text=%E5%90%84%E5%85%9A%E3%81%AE%E6%94%AF%E6%8C%81%E7%8E%87%E3%81%AF,%E3%80%8D%E3%81%8C41.3%25%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

2024-04-16

anond:20240416143815

1. 買収の可能性について

投票先に関わらず報酬がある場合でも、金銭インセンティブ設計によっては、特定候補者政党への投票誘導する可能性は依然として存在します。例えば、高額な報酬を設定することで、富裕層特定利益団体に有利に働く可能性があります

報酬制度設計には、公平性と透明性を確保することが重要です。また、報酬額が投票行動に与える影響について、十分な調査検討を行う必要があります

2. 財政負担について

かに、国が通貨発行権を持っているため、財源そのもの原理的に問題になることはないと言えますしかし、**通貨発行量を増加させることは、インフレリスクを伴います。**特に国内産業脆弱供給能力が不足している状況下では、インフレ懸念はより高くなります

また、金銭配布による財政負担は、将来世代にまで影響を与える可能性があります。長期的な視点に立った財政規律を維持するためには、金銭配布以外の投票率向上策も検討する必要があります

3. 倫理的問題について

投票は、市民としての義務であり、権利です。金銭投票誘導することは、市民自主性と責任感を損なう可能性があります

投票率向上は重要課題ですが、**倫理的観点からも慎重に検討する必要があります。**投票の意義や重要性について、国民全体の意識を高めることが、より根本的な解決策につながると考えられます

4. 循環論法について

政治不信政治参加への無関心は、投票率低下の原因の一つです。これらの問題解決することで、投票率向上につながると考えられます

提案されている金銭配布は、一時的効果しか期待できない可能性があります。なぜなら、金銭インセンティブだけでは、政治への関心や理解を高めることはできないからです。

5. 反論の生成について

ご指摘の通り、**AIを用いて反論を生成することは可能です。**しかし、今回提示した反論は、AIによる自動生成ではなく、人間専門家による分析に基づいています

anond:20240416142257

まず投票先に関わらず投票自体報酬がある場合の話をしているので2の買収の話は関係ない。

3,5に関しては国が通貨発行して負担すればいいだけ。自国通貨を発行可能な国で財源そのもの問題になることは原理的にありえない。国内産業がろくになくて供給不足で高インフレになってるとしてもそれは供給能力の不足が問題なのであって財源は関係がない。

4はそもそもその投票義務が果たされないからそれを解決するための解決策として提示してるのだから倫理的問題を言うのであれば倫理的解決策を述べるべき。そもそも投票権を売買してるわけではないのだから商品化しているという表現は奇妙である

1だが政治不信問題根本的に解決されるわけがないし、政治不信投票率を上げる提案にはそもそも関係がない。政治参加への無関心を解決するための提案なので循環論法になっている。投票に関する情報不足広報問題であってこの解決策の反論にならない。一時的しか効果がないというが根拠がない。

ていうか1~5の反論AIで生成してるだろ。

政権交代の原因ってもしかして経済的不満でしかない?

岸田内閣支持率が低下しているが原因がよくわかっていない。個人的には前任者の菅総理やその前の安倍総理よりもはるかにまともだと思ってる。権威主義的でないし、不祥事隠蔽しないし、外交上手い(広島サミットや今回の訪米)

一体誰が不支持に回ってるんだろうと思って、ふと思いついたのが経済的苦境による不支持率の増加だ。歴史的円安インフレ実質賃金の目減りが続いている。自分は、円安は前任者たちが進めていたアベノミクス副作用で岸田総理は尻拭いしてるだけだと思ってるのだが、世間的には岸田総理の失政扱いされてるんだろうなと思った。

さて、ここから本題。55年体制成立後の日本政権交代は2回起きたわけだけど、そういや2回ともその前の不況が絡んでいるなと気が付いた。

1993年政権交代バブル崩壊

2009年政権交代リーマンショック

そんなわけで、政治不信っていうのは政策の良し悪しや不祥事なんかよりも景気の良し悪しで判断される要素が大きいんじゃなかろかと思った次第である。みなさんはどうお考えだろうか?

2024-03-15

anond:20240315162957

まともな倫理観理解できるのはまともな倫理観を持ってる人だけなんだよ

・間違っていたことは謝罪する

カルト協調しない

まともな知能がある人達はこういうことができる人を評価する

なぜなら些細なことが累積して汚職政治不信に繋がり悪い国になってしまうから

でも物事ヒーローモノで例えるアホは

・間違っていた事を認めて謝罪→謝るなんて強くなさそう!頼りない、間違ってても良いじゃん!

カルト協調しない→なんで?効率が悪いじゃん!

と捉えるんだよ

恐ろしいよな頭が悪い連中って

2024-02-12

自民党裏金リストまとめても意味ないよ

残念ながらね

お前らみたいなアンチ自民党の納得感や満足感を満たすことは出来るだろうけど、それ以上でも以下でもない

何でかってことははっきりしてて

自民党政治と金問題なんて今に始まったことじゃないんよ

毎回、お前らのコミュニティ内で盛り上がるだけで、無党派層投票行ってない連中からすると、自民党問題ではなくてまた“政治家”が悪さしてるのかって認識しかならない

から現状の政治不信であり投票率なんよ

10%以下の村社会で内向きに盛り上がるってのも全然変わってない

何度も何度も同じくこと繰り返してるけど、時間立つと同じようなことで過去に盛り上がってたことなんて忘れちゃうから

指摘してあげないとかわいそう

おじいちゃん朝ご飯はさっき食べたでしょと

お前らもぶっちゃけ何も変わらないの分かってるでしょ?

2024-01-30

自民党裏金問題」は早く解決させないとまずい

与党である自民党が、金に汚い、というイメージ国民に持たれている状況はとてもまずい

最低でも、疑われた人間は(たとえ無実だったとしても)全員離党、できれば議員辞職するくらいのことをして

清浄化をアピールする必要があるだろう

30年近く前に、不良債権問題に絡んで金融機関への公的資金注入の話があったが、

あれが国民から猛反発されたのは、その前の度重なる汚職事件の印象が強く残っていたためだ

政治不信は、平時ならまだしも、いざという時に国を滅びしかねない

2024-01-26

anond:20240126110854

野党がそれぞれ不信がられてるときに、自民党に不信が広がったら、それはもう政治不信

最近自民党報道見ていて思うこと

政治不信じゃなく自民党不信ですよね

主語を広げないでください

2024-01-23

政治不信いくら極まっても今のまとまれない野党政権取れるわけない

からもうこの際文春が政党にでもなったらいいと思うよ

2024-01-22

政治不信過去最高レベルに達しているのではないか

自民党裏金問題によって、遂に自民党政党支持率が14%台になったと言うニュースがあった。

今まで1980年代リクルート事件や90年代官僚汚職事件によって「政治不信」が叫ばれることはあったが、今回は今までと状況が違っていると思う。

まず自民党問題が起こると、野党支持率が上がるものであるが、今回はそれすらないのだ。

はてな界隈でも「政権交代を起こそう!」という声が全く上がっていないではないか

2010年代日本の政治は「自民一強」「安倍一強」と言われて、野党が支持を増やせないだらしない状況がずっと続いていた。

裏を返すと、自民党さえしっかりしていれば、日本の政治大丈夫なのだという安心感があったのも事実

その自民党ヤバい状況になり、その代わりになるはずの野党もいない。

立件民主ダメ国民民主も頼りにならない、維新は成長ののびしろ限界に達している、共産党は論外。

民主主義が機能不全に陥っていく過程リアルタイムで見ている。

政治不信が低投票率に繋がってるとしたらそれは与党ではなく野党に対する不信だよなぁ

政治は変えたいけどおまえらには変えてほしくない」ということだから

直視しようぜ現実

2024-01-04

被災地支援を叩く人たち

災害共産党がここぞとばかりに何かしようとすると、ここぞとばかりに叩いてくる人たちがXで沸いているのを見ているとなんだかなぁという気持ちに。

募金の不備は確かにあったけど、被災地に駆けつけて今何が必要なのかを聞き取り、それに応じた支援をしようとしている。

また、支援に助けられた人がいるのも確か。

私のところには共産党は助けてくれなかった、という人もいるでしょうけど、助けてくれた、と感じている人がいることが大事なのではないでしょうか。

それらの支援を何もするなとスマホポチポチして安全なところから批判だけするXの投稿を見ていると、君たちが大好きな日本人善意を引きずり下ろす民族だったのって思ってしまう。

自衛隊に任せろ、赤十字に任せろ、俺たちはXで共産党を叩き続ける。それが被災地のためなんだ、とそういうことなのかなと。


匿名でXを使っている人以外にも、共産党を敵視する公明党維新の会も同じ。

助けようと動いている人たちをここぞとばかり叩くのが政治家仕事なんですかね。手を取り合って支援しようと思えないのでしょうか。

政治不信になるのもわかるし、気に入らない野党政治家は叩いていい、といういじめ思考になっているXの投稿を見ると悲しくなります

投稿しているのは日本人じゃないのかもしれませんが。

2023-12-30

未来から見た今の日本はどういう時期なんだろう。

経済力の縮小に伴い、一般市民生活は徐々に慎ましくなり、政治不信から総理大臣暗殺が起こった」みたいな感じなのか。

技術進歩による生活の変化は納まり社会経済の膠着状態が続いた」なのか。

AI技術による社会経済の変化が起こる直前、消費社会は頂点に達し、社会問題が噴出した」だったり。

2023-12-12

次の衆院選投票率ってあがるかな?

早ければ来年、遅くとも2025年には次の衆院選がある

2021年衆院選コロナという未曾有の危機になってから初めての衆院選だったか

もっと高い投票率になるのでは と思ってたのに全然そうじゃなくて個人的がっかりした

下記は総務省が公開している、過去衆院選年代投票率

https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

20代投票率は本当に低いことがわかる。10代よりも低い。

政治勉強してみるとニュースで言ってることの意味がわかったりして意外と面白いよ。>20代の人

なんとなくイメージでは投票率ってのは過去からずっと下がっている一方なのだろう と思っていたが

政権交代が起きた2009年(H21)は高い投票率だったことがグラフだとよくわかる

俺は当時未成年だったからこの時の温度感はあまり知らないが自民党への政治不信が高まって皆投票に行ったんだろう

そういう意味で言うと今の岸田内閣支持率はめちゃ低だし、次の衆院選投票率はそこそこ上がるかも??と思ってるけどどうだろう

政権交代はさすがに起きないだろうけど。

自公過半数割れが起きたら結構日本も変わるんじゃないか と思うけどそれもあまり見込めないか

2023-12-10

anond:20231209195525

てゆーかむしろ左派トランスアライも多いターフに極右統一教会とかレッテル貼りまくってるのは、トランス界隈の方々では。

極右レッテル反論LGBT推進の稲田朋美竹中平蔵日本財団がよく上げられてるからそれ見て勘違いしたんじゃない。

共産党には失望したとかよく見るし、末端で女にリンチしまくってるのは左派から左派ってのはよくわかってると思うよ。

でも中心で推進している稲田朋美バリバリ保守国民生活大事なんて政治はですね私は間違ってると思います』『政治不信は国民モラル低下のせい』『私こそ保守だ!』等々見ても思想左派ではないし。

2023-12-02

仕事柄、たまに議員パーティーに行くが

https://news.yahoo.co.jp/articles/b80335db1947d9a4a78c591af2d9730abcee8723?page=2

佐藤ゆかり衆議院議員 「パーティーばっかり…本末転倒自民派閥パーティー収入報告書記載漏れ”を斬る」

2万円で「コーヒー1杯・名産品・本」ということも

取材した自民党の中堅議員個人パーティーの内容で、コロナ禍ではあったが、最も価格と中身に乖離があると記者が感じたケースを紹介する。参加費2万円のパーティーで出されたのは、コーヒー1杯、選挙区名産品、議員執筆した本だった。これで2万円だったら、利益率がとても高いとはいえ、結局個人献金ではないかと思われかねないのではないのでは。禁止されている政治家個人への献金のようにみられ、政治不信につながるのではないかと気になった。

佐藤ゆかりさん:

そうですね。個人献金は、政治家個人献金をしてはいけないと禁止されていますパーティー収入が入る先は、個人ではなくて政党支部に入ります議員代表を務めている支部に入るので、違法行為ではありません。ただしこれだけの資金がないと政治活動が回っていかないという、日本民主主義の仕組みそのもの限界に来ているのではないかなと、やはり私は思います

****

この記事を読んで、思い出したこと

だいたい朝昼時は弁当が出で、夜の場合コロナ禍明けなので立食だ。

ただ、コーヒー一杯だけという議員記事の通り、中にはいる。

行った中でコーヒー一杯だけだったのは、K議員、I議員もう落選したがN議員とか思いつく。

ケチくさいんだなって思ったよ。

あと、清和政策研究会パーティも行ったことがあるが、たしかに別の宴会場でリモート接続だったww

紙袋ポンジュースと缶の緑茶?が入っていて、みんなでリモート乾杯した。空気ヒエヒエよ。

そういえば帰りにQUOカード2,000円分のはいったお土産も渡されたなぁ、それはいいんだろうか。ギリセーフか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん