「まんぷく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: まんぷくとは

2019-04-11

そろそろ『まんぷく』は駄作だったと言っておきたい

一言で言えばまさにインスタントラーメンのような作品だった。

気軽に食べられるいつもの味。決してまずいわけではないが飽きるのも早い。そう言えば化調の臭さも鼻につく。そんな朝ドラだった。

薄っぺら男性キャラ描写

今回に始まったことではないのだが、朝ドラにおける男性キャラというのは、だいたい描写薄っぺらである

話の都合上、女性主人公活躍させないといけないので、どこかに明らかな欠点を作らないといけないのはわかるが、それにしても今回の立花萬平はどうなんだというレベルでひどかった。

自分の興味の向くことにはとことんのめり込み実際に優秀だが、その代わり世渡りがヘタクソで融通も利かない」という、まことカビの生えたようなキャラクター類型に貶められてしまっている。

どっかのラノベの爆裂魔法使いじゃねーんだぞ。

無駄に出しゃばる主人公

これもまた今回に限ったことではないのだが、やはりさらに加速している。

トラブルが発生したり、何かに行き詰まったりすると、決まって主人公が出しゃばってきては無双し、問題解決するというのが毎度のパターンと化してしまった感がある。

繰り返すが、過去作品でも同じような状況は少なくない。なぜか現代感覚と並外れた先見の明を持った女性主人公作品世界でやたら持ち上げられるというのは、朝ドラにおける一種お約束である。まずそれを許容しないと始まらない。

しかし、いくらなんでも限度と言うものがある。『まんぷく』ではほぼ全ての場面で、だいたいこの展開に終始するのだ。ここまで来るともはや安易すぎて、異世界転生を笑えないレベルである

結論

と、ここまで腐してみたが、「いや朝ドラって元からそういうものでしょ?」と言われてしまえば、正直返す言葉がない。

主要な視聴者である主婦層は、時報代わりに気楽に観られて、ほどよく感情移入できてほどよくスカッとする、そういうものを求めているのだから、いちいち突っ込みを入れる方が野暮と言えば野暮である

実際、『まんぷく』は朝ドラ文法からすれば、極めて無難であり保守的であり手堅い。どっかのアレみたいに、尖ったものを狙いに行って大ハズレするよりはずいぶんマシだ。

だが、そうであるが故に、常に過去作の影がちらつき、新鮮な要素がまるで見られなかったのも確かである

これなら別の誰かにこのテンプレを当てはめればそのまま別の朝ドラ大河でもよさそう)ができるし、チキンラーメン物語である必然性も全くない。

そういうわけで、個人的には退屈な作品だった。異論は認める

2019-04-01

北海道十勝に寄せる増田寿丸施与に地下等度イカっほ(回文

広瀬すずちゃん朝ドラの牛のポスターがもう十勝アルプスの少女ハイジ彷彿させる、

逆に言えばアルプスの少女ハイジ十勝編2019春と言っても過言ではない、

まさに十勝つくして!と一大観光産業になること間違いないしね!

それに、

むかーしの朝ドラおしんおしん役の人もおしん役で出るって言うから

現代十勝おしんかも知れないことは否定しないわ。

そうなると、

十勝ツアー十勝スライスチーズ十勝切れてるカマンベールチーズなど

もう十勝づくしな

平成最後十勝って感じよ!

最後暖炉か何かの薪が燃えてる炎にかけられて鍋のチーズをぐるぐるかき混ぜるシーンは

これぞチーズフォンデュの始まり十勝からだった!って言う、

ボーイズビーアンビシャスでお馴染みの

クラーク先生ビックリするぐらい美味しいチーズフォンデュを作る、

札幌までチーズフォンデュ差し入れに行って良かったね!って言う

日本チーズフォンデュ初めて物語ってオチなんじゃないかな?と私は踏んでるんだけど。

きっと物語としては

立派なチーズフォンデュのお店を日本十勝オープンして、

それが調子良くなって東京進出したけど、

味は美味しのだけれど経営は美味く行かなくて、

そこで朝ドラにありきな挫折よね!

そしてどこかで恋に落ちてみたいな。

で、また踏ん張って地元に戻って、原点からやりなおそうってことで一からチーズ作りに励んで、

それが大当たりでってそれって前回のラーメン物語まんぷくラーメンじゃない!って。

でも話の本筋としては、

チーズうめー!って話で落ち着くんだと思うわ。

そんでもって広瀬すずちゃんが牛を呼ぶときは、

るーるるるるる、って言うの。

私の十勝ってイメージは結局チーズだけしかないのかよ!ってなるけど、

広大な十勝カマンベールの切れてるタイプさらお酒おつまみになるブラックペッパーが挟み込んである

あれは美味しくて憎いわよね!

ほんと美味しいのよ!おつまみとしてもいいし、

だってカマンベールチーズって飲む美容液ともいうじゃない!

から一石256鳥みたいな感じで、

朝ドラも飛ぶ鳥を落とす勢いで頑張って欲しいわ!

まだ観てないんだけど。

でも帰ったら早速録画したのを観るわ。

あんまり十勝情報を予習しすぎるとドラマ本編が面白くなくなっちゃうから

登場人物が誰とか、

そういう相関関係図とかもあえて見たくないのよね。

ドラマ見ていく中で

それは自分の中で構築すればいいの!

それが朝ドラのいいところじゃない!

でもさ、

カマンベールチーズの切れてるタイプのやつで

切ったのをまた包装するのって大変な仕事よねーって。

職人技だわ!

あ!もしかして切れてるチーズを綺麗に包む機械誕生物語かも知れないわ!

そうよきっとそう!

オープニングは広大な十勝をバックに、

どんな高さから吊してんだよ!って思うぐらい、

スケールのスゴいブランコに乗ってる広瀬すずちゃん

クララが立ったコールしながらな

オープニングに間違いないわね。

うふふ。


今日朝ご飯

昨日結構食べ込んじゃったので、

帳尻合わせになしよ。

しばらくは質素に生きたいわね。

行きつけのカレー屋さんやっぱりシェフが変わったから味が変わったと思うわ。

なんかちょっと残念ね。

デトックスウォーター

イチゴスライスキュウリとあと残ってたモモ缶のも桃投入よ。

苺と桃が効いてるわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-03-22

新しい朝ドラ増田まるマジは堕す間螺ドサ愛氏ら他亜(回文

おはようございます

若者携帯の利用のアンケートをしたってニュースを見たのね。

そしたら主な用途動画ゲームって

結局テレビ離れとか言いながら

動画は見たいんじゃない。

テレビ離れと言うより

テレビで観なくても良くなったって言う方が正しいのかもね。

私も見逃したものネットであればみたいなと思うし、

料理チャンネルは大好きよ。

そうしてる間にまた朝ドラ新しいのが始まるしね!

前作、前々作は欠かさず観てたんだけど、

さすがに毎日というあの物量で攻めてくるドラマは観るのが大変苦行になってきたので、

1回おやすみしたわ。

あのラーメンお話は観てないけど、

関西に行くとなんかマイカップヌードルが作れるところがあるから

その自分で作った自信作をエア的な風船みたいなのに入れて首から吊り下げてるツーリストを見かけると

マイカップヌードルファクトリー言ってきたのバレバレで、

私なら謎肉と謎海老と謎玉子でみっちみちに詰めて作るわ。

ここは逆にチキンラーメンファクトリーに言ってこそのヌードルよね!って思うけど

新聞とかの一面見出しまんぷくヌードって折ってるのを広げてみてみたら

まんぷくヌードルって騙されたわ。

はちきれんばかりのを期待したのに、

ドラマ内でのまんぷくヌードル完成!って訳だったのね。

そんなわけで、

見逃さないようにまた苦行だと分かってていて朝ドラに挑むわ。

レコーダーの録画容量との戦いよね。

いい加減新しいレコーダーに買い替えたいんだけど、

新しいものに替えちゃったら古いの見れなくなっちゃうのよね?

それはともかく三番組同時録画とか

もうどうなってるのよ!って感じで

録りたい放題なのね!

10年一昔って言うけど、

今度買うなら外出先でも見れるレコーダーもあるんでしょ?

私それがいいわ!

結局は携帯動画ちゃうのよね。

やっぱりみんなそういうのが好きなのよ。

そう言うことかーって妙に納得したわ。

うふふ。


今日朝ご飯

ワカメおにぎり明太おにぎりよ。

オリジン弁当おにぎりは大きいわ2つはさすがに食べ過ぎちゃうところがあるけど、

あのおにぎりにぐるぐるにまかれたラップを解くのがまたおにぎり食べたい欲をかき立てるわ。

デトックスウォーター

グレープフルーツネーブルをいつもより多目、

オレンジ搾って濃いめのを炭酸で割って飲んで

なんか凄くのどが渇いてたのかしら

のどがごきゅごきゅって言っちゃうぐらいよ。

水分を欲してたのね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-03-19

まんぷくに出てきた名木さんの彼女元カノそっくり

お付き合いしていたのは20年もまえだが

顔も髪型雰囲気あんな感じ

2019-03-18

ウンチ

今朝の「まんぷく」で、

主人公ミンチを買ってきたんだ」…と、竹皮に包まれミンチ肉を見せる。

というシーン。

これを一瞬「ウンチを買ってきたんだ」に聞き違えた。

竹皮に包まれウンチを買って来た訳だ。

2019-03-15

まんぷくってぶっちゃけなろう系じゃない?

困ったら福子がなんか思いつくか行動して、それが常にうまく行くって、なんかもう男にとってのラノベみたいなノリじゃん

2019-03-06

まんぷく」おまえもか! 白髪ちょい足しして、年とったことにするなよ

なんで、ハゲや薄毛にしないのか?

マンペイは博士なんだから、こめかみの毛をモジャモジャにして

ツルッパゲにして、お茶の水博士みたいにしろ

2019-03-05

加齢の表現白髪ばかり。薄毛とハゲはいないのか!

今日NHK朝ドラまんぷく』みてイラときた。

しろハゲ差別じゃだろ!

あんなに高齢なのにフサフサっておかしいやろ!

このハゲが!

2019-02-20

DREAMS COME TRUE/ あなたとトゥラッタッタ♪ まんぷく

これ、まんぷく主題歌なんだけど、歌詞みないと何歌ってるかわからないとこ多いけど、いいのか?

2019-02-14

モデルが百福なんだから男の名前が「福○」で女が「満○」

二人合わせて「まんぷくラーメン」の方が良かったんじゃない?

2019-01-25

まんぷくいじめ描写

胸糞。

あさイチ朝ドラ受けのコメントも最悪。一件落着?母は最強?クソが!

いじめられた子供がやっとそれを親に言えたのに、何も助けてもらえない。

恥ずかしくない?気にするな?

それができたらいじめにあってない。

子供にとっては家庭と学校が全て。自活する術はない。

大人会社で何かあれば辞めりゃいい。でも、子供学校での困りごとを親に伝えて、そこでこんな対応されたら絶望しかない。

いじめの辛さ、悲しさ、苦しさはあんなことでは絶対解決しない。自分の気の持ちようで解決できるような状態ならそもそもいじめになんてあわない。

あの対応でいいんだと思う親が1人でも出たら、その子供の人生を狂わせる可能だってあるのに…

軽々しくいじめを扱わないでほしい。

2018-12-24

朝ドラまんぷく見てんだけど、これ、主人公を女にする必要あったん?

朝ドラ主人公は女だからってんなら、朝ドラにする必要あったん?

普通に、偉大な発明家の一代記っていうストーリーでよかったんじゃないの?

2018-11-19

まんぷく」の鈴が大嫌い

見なければいいだろって話なんだけど、放送する時間になると必ず家族無意味テレビをつけてBGM代わりにしているし、私はキッチン用事をしなければならないので逃げられない

ともかく無理。

なんで無理って、言動自分母親そっくりから理解できない事には屁理屈で難癖、意味不明プライド自分本位な発言、娘の夫が自分の思い通りにならないと娘に文句を言うところまでそっくり

「親を蔑ろにしています」って言うシーンがあったけどゾッとした。うちの母親自分の思い通りにならない時、全く同じことを言ってた。脚本書いた人、うちの家の中をのぞいてるの?ホントに鈴の台詞がどれもこれもしんどい

2018-11-11

最近朝ドラをみて思うこと

『半分、青い』も『まんぷく』も、サラッとモノづくりに成功してて、すごく違和感

『半分、青い』のほうは脚本家恋愛至上主義者だからしょうがないと思って諦めてたけど、『まんぷく』もひどいなと思ってる。

思いついたら次の日にサラッと判子屋になってるけど、芋判じゃないんだからそんな素人がツゲ材を彫れたら、職人いらんわ。

今度は一回見学に行っただけで製塩をマスター

なんだろこの違和感

今までの安藤百福像って、小さな小屋毎日毎日試行錯誤ってイメージだったんだけど、なんだろこの違和感

上級国民にとってモノづくりなんてのは、企画書を書いて下請けに出せばささっと作ってくれるものからこんななのだろうか。

まんぷく

「この旦那、嫁に苦労かけるばかりなのにその自覚すら薄いクズだよ」

といってとても不評

2018-11-06

地方活性化するアイデア浮かんだ

朝ドラまんぷくを見ていて思いついた。

多少の犠牲は仕方なかろう。

戦争する→地方疎開が起こる→都会の文化知識地方に分け与えられる→戦争が終わる→ここも住めば都だな、はっはっはー。

めでたしめでたし

2018-10-23

もし日本戦争に勝っていたら

朝ドラに出てくる悪者反戦活動者の方になっていたんだろうな。

と『まんぷく』を見ながら思った。

2018-10-18

朝ドラの「まんぷく」の主人公夫役日本出身になってんの?

インスタントラーメン開発した安藤百福って台湾出身の人だよね?

途中で日本国籍取得したか日本人だけど。


Twitter検索したらなんかドラマ中で一切台湾人であることに触れてないように見えるけどこれどうなってんの?

あとで「実は彼は台湾人であった」とかで結婚のあたりでドラマチックに展開するとかいうならまぁわからんでもないが。

タイトル修正した。

2018-10-15

2018年秋の連ドラの第1話をいろいろ見ていく

まだ未消化のや未放送のが多いがひとまず。

あくま1話感想なんで、2話以降どうなってるかは関係なし。

特に気に入ったのは◎、まあまあ気に入ったのは○。

 

まんぷく

<あらすじ>

インスタントラーメン発明するらしい。

感想

15分では特に良いとも悪いとも。

アラサー安藤サクラは役柄の18歳に見えるとまでは言わないにせよ年齢不詳な感じに頑張っているが、姉のアラフォー内田有紀は素で下手すると安藤サクラより年下に見えるくらい年齢不詳なので、なんだか不思議な感じになっている。

 

警視庁捜査資料管理室(仮)』

<あらすじ>

捜査資料データ化する男が安楽椅子探偵……ごっこ?

感想

一人芝居の分量が多い分、説明ナレーションを多用したり、主人公推理の酷さを本編内でツッコまず予告でメタ的にツッコんだり、かと言って一人芝居を貫くわけでもなく……ならずっと二人芝居にした方が無理がなかったんじゃ。

 

PRINCE OF LEGEND』○

<あらすじ>

王子キャラの男達が伝説王子の座を競う現代逆ハーレムものってことでいいのか?

感想

逆ハーレムに興味なくても楽しめる程度にきちんと馬鹿馬鹿しい。

1話のメインの王子の、死んだ母親から酷い夫の代わりに理想王子として育てられたという設定はグロテスク呪いに思えたが、作り手は自覚的っぽく、ヒロインについて心酔する母の生まれ変わりかもなどと多くの女性が引くであろう台詞まで彼に言わせてるあたり興味深い。

14人の王子ドミノ倒しみたいな壁ドンアイキャッチは絵的には面白いが、王子の、延いては女性の好みの多様性否定に思える。

 

『天 天和通りの快男児

<あらすじ>

ざわざわ賭け麻雀

感想

麻雀がわからないとやっぱりもどかしさがあるのと、人生を賭けたドキドキとかべつに味わいたくないなぁというのと。古川雄輝の役も、思い上がった若者鼻っ柱を折られてスッキリという役割なのだろうがあまり酷い目にあってほしくない。おかやまはじめの追い詰められた小市民役はハマっていたが。

 

ブラックスキャンダル

<あらすじ>

木村多江の次は山口紗弥加復讐するよ。

感想

下世話な面白さは『ブラックリベンジ』同様。夏恋(字面込みで憶えやすい役名だ)って女優スキャンダルの餌食にならなかったのは都合が良すぎだが。整形前のヒロイン松本まりかの熱演もいいが、悪役平岩紙の「しろなんて言ってないよぉ」「夏恋、頑張って」の言い方がツボ。

 

このマンガがすごい!

<あらすじ>

このマンガキャラを演じたい!

感想

出来あがった実写作品(とあれで言えるかはわからないが)よりも制作過程のアレコレがメインで、テレ東一連の人気役者を使ったドキュメンタリードラマっぽいな。……このシリーズ、わざとらしくて苦手。

ガラスの仮面』でキャストにド素人集めて上手くいく話があったけど、やっぱり素人素人だと思った。

 

結婚相手抽選で』

<あらすじ>

オトナ高校』や『恋と嘘』のシリアス版。

感想

主題歌が『オトナ高校』と同じ高橋優っていいのだろうか。こちらの暗さの方が彼に合っているかもしれんが。

シリアスな分、非現実的な設定が飲み込みづらい。いや、現実にあの法案が通ることはなくても、本音では肯定ちゃうような政治家結構いそうではあるが。

主人公に真面目に申し上げておくと、恋愛できなくても欠陥品ではないし、合コンの女は酷いが、劣等感を埋める為に結婚を強いられる社会を望むのは相手のことを考えてなくてアウト。

 

深夜のダメ恋図鑑

<あらすじ>

だめんずぶったぎってすっきり。

感想

うーむ、原作から大きな改変はないけど、原作面白さが再現されてるかは微妙な感じがする。「もうちょっと聞いて貰えます?」って、ほんと、何故もうちょっと聞かずに話の流れを止めたのだろう。あと現実感がないとすっきり感も薄れるという点で、コメディ的な誇張も注意が必要だと思った。

 

『SUITS/スーツ

<あらすじ>

弁護士織田裕二が、ちょっと悪どいけど勝つ。

感想

原作海外ドラマは知らない。織田裕二が少々ダーティなのだが、準主役的な子分中島裕翔もぶっとんだ設定かつ強かさも気の毒さも欠いた微妙問題児で、感情移入のやり場に困った。

 

『過ちスクランブル

<あらすじ>

社員社長と客の三角関係

感想

仕事能力が低いからといって恋を成熟させる資格がないわけではないが、しかヒロイン応援したくなる要素が恋敵が悪女であることくらいしかないのはつらい。

 

『僕らは奇跡でできている』○

<あらすじ>

一風変わった動物行動学の先生

感想

やたら地味な企画だが、『ざんねんないきもの事典』のヒットあたりから企画だろうか。まったりと楽しくはある。あの宿題は調べるなと言われてもみんなネットで調べちゃうだろうと思ったが。あと動物行動学+人間ドラマって自然主義誤謬っぽくなりそうと思っていたが、1話童話うさぎと亀って動物行動学と関係なかった。

 

中学聖日記

<あらすじ>

高校じゃなく中学教師と生徒と恋愛もの……って今までにあったっけ?

感想

センセーショナルに思われそうな題材だが、パスワードが盗まれたりとかボヤ騒ぎが起きたりとか、高尚ぶらず普通にセンセーショナルな作りであった。

夏川結衣池谷のぶえと紛らわしい感じになっているのは役作りだろうか(年相応なだけではあるが)。

 

『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』

<あらすじ>

演劇開演前のドタバタ

感想

会話劇としてクスリとくるところはあったもの脚本の妙を感じるまでには至らず。男二人の髪型被りに意味はなかったんだな。

 

『獣になれない私たち』◎

<あらすじ>

恋人社長も同僚も営業先も両親もみんないっぺん母ちゃんの腹の中からやり直してきな!!とぶち切れられない理性の人。

感想

いや父親は死んでるし母親は縁切ってるし会社最後に少し救いが見えたが、それにしてもヒロイン境遇のしんどさに震える。救いが見えたと言ってもタイトルからしてどこまでヒロインが戦えるかわからんし。ぐいぐい引き込まれたのはさすがの野木脚本で、今クール本命だろうという予想はクオリティ的には全く裏切られてないけど、次回以降の視聴率大丈夫か。いやここで脱落する方が後味悪いからみんな見続けようぜ。

 

リーガルV ~元弁護士小鳥翔子~』

<あらすじ>

鉄オタの元弁護士弱者を救って金儲け。

感想

主人公珍名を付けようと思いながら小鳥遊というド定番を選ぶ思考回路の謎。

初回の題材が痴漢冤罪なのはいいとしても、自称被害者は真面目な女子大生「と見せかけて実は」ホステスで金目当ての狂言でしたって世間バイアスに全乗っかりだな。次回予告でもハニートラップなんて文字が踊ってたのはまあ、次回を見てからコメントすべきかもしれないが。

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』

<あらすじ>

Pure Soul』とその韓国リメイクの『私の頭の中の消しゴム』は憶えてるがその日本リメイクの『私の頭の中の消しゴム』というのが思い出せないが本作はべつにリメイクじゃない。

感想

合理主義的な松岡昌宏婚約する戸田恵梨香合理主義っぽいが、癒し系ムロツヨシにほだされていくのかな……と思いきやムロツヨシは捻くれてて、なのによくわからんけど戸田恵梨香が菊地・獣・凛子もびっくりの理性のなさでムロツヨシに突っ走ってて理解不能だったのだが、あれはひょっとしてアルツハイマーの症状として理解不能な感じなの? それとも単に大石脚本ヒロインから理解不能なの?(『コントレール』の肉食系で済ませられないヒロインを思い出した)

 

忘却のサチコ

<あらすじ>

大変旨~私は忘れる君を。

感想

婚約破棄、小説家長谷川朝晴、そして忘却……って紛らわしいけどアルツハイマーものではなく、グルメものというあまり興味のないジャンルだが、たしかに美味しそうだし、グルメ以外のパートコミカル演出も効いている。

2018-07-09

まんぷく農家メシ、

先週のやつ、

農閑期に豪遊しつつ、

外国人実習生をこき使う農家が見え隠れしてました。

表向きはいい人に見えるというのがポイントですね。

https://anond.hatelabo.jp/20180709203912

2018-04-24

家族に乾杯」や「まんぷく農家メシ」に登場しない人

あの番組おかしい。

人的関係資本が高い人、実家が太い人、クラスコミュ力が高かった人しか登場しない。

まんぷく農家メシなんて就農して年収200万以下の人が出ないのはおかしすぎる。

都会から就農して低年収に落ちぶれた人の末路はごろごろあるはずなのに、出演は農地を所有している代々の農家とその家族ばかりである

田舎には、木造公共住宅に住む独居老人、90歳と60歳フリーターの親子、ヘルパーが来る以外は外出もままならない老人が少ない数でいるはずだ。

NHKは明るい田舎けが田舎だと言いたいのだろうか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん