「匿名化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 匿名化とは

2019-11-11

 岡本さんはネット上で「Hagexハゲックス)」というハンドルネームを名乗る人気ブロガーで、

ネット炎上発言などを監視する「ネットウオッチャー」としても知られた存在だった。

東京都内サイバーセキュリティコンサルタント会社に勤務し、

匿名化ソフトを使ってアクセスする「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪にも精通していた。

最新のサイバー犯罪にも精通していた。

最新のサイバー犯罪にも精通していた。

最新のサイバー犯罪にも精通していた。

2019-11-07

anond:20191107212939

徹底して匿名化したらどうなんだろう。

最近は送金手段まで仮想通貨匿名性が確保出来るから、大規模な事件起こすハッカーあんまりまらなくなってない?

2019-09-21

東京人口が多いネットでさえ、SNSではムラ化したと思う

街に出ると匿名化できることと、ネット上でも匿名化できることが都心部の魅力だったように思う。

ハンドルネームと顔出しによって、誰かが特定できるようになったことと、顔によって一般の人が芸能人のように扱われることがムラ化の要因ではないかという仮説はどうだろう。


顔がわからないようなアカウント執拗攻撃していくアカウントというのは少数派だ。

「顔がわかる=村の住人」といったことではないだろうか。

2019-09-14

寄付隠蔽みんなで騙せば怖くない MITと他もいくつか

伊藤穣一 MITメディアラボ前所長

ニコラス・ネグロポンテ (Nicholas Negroponte) MITメディアラボ創設者名誉教授

ローレンス・レッシグ (Lawrence Lessig) ハーバード大学法学部教授

ピーター・コーヘン (Peter Cohen) MITメディアラボ前開発部長

ラファエルライフ(Rafael Reif)MIT理事長

セスロイド(Seth Lloyd) MIT機械工学教授

リチャード・ストールマン (Richard Stallman) MITコンピュータ科学人工知能研究所 (CSAIL) 客員研究員GNUプロジェクト創始者フリーソフトウェア財団 (FSF) 代表

伊藤穣一

Reid Hoffman apologizes for role in Epstein-linked donations to MIT

リードホフマンLinkedIn創業者)の謝罪

My few interactions with Jeffrey Epstein came at the request of Joi Ito, for the purposes of fundraising for the MIT Media Lab. Prior to these interactions, I was told by Joi that Epstein had cleared the MIT vetting process, which was the basis for my participation. My last interaction with Epstein was in 2015. Still, by agreeing to participate in any fundraising activity where Epstein was present, I helped to repair his reputation and perpetuate injustice. For this, I am deeply regretful.

私の数少ないジェフリー・エプスタインとの関わりは、伊藤穣一の求めによるもので、MITメディアラボ資金集めのためのものです。会う前に、私は伊藤穣一からエプスタインMIT審査手続きクリアしたと聞きました。それがエプスタインに会った理由です。エプスタイン最後に会ったのは2015年でした。エプスタインが出席した資金集め活動に何であれ参加することに同意したことで、エプスタイン名誉回復し、不正を長続きさせることを手助けしました。これについて、私は深く後悔しています

ニコラス・ネグロポンテ

MIT Media Lab founder defends embattled director's decision to accept money from Jeffrey Epstein (The Boston Globe)

In an e-mail to the Globe sent after the meeting, Negroponte said he told Ito that “he should” take Epstein’s contribution, and “I would say that again based on what we knew at the time. . . . “Epstein is an extreme case. But then do you take Koch money? Do you take Huawei money? And on and on?” Negroponte said.

MITメディアラボ総会で、「ジェフリー・エプスタインから資金を今でも受け取れと所長に言う」との発言を)総会の後に届いたメールでは、「所長は受け取る「べき」だ」、「あのときわかっていたことを基にすれば、同じことをいう」という意味だと説明した。(略)「エプスタインは極端な例だ。しかコーク・インダストリーズアメリカ保守勢力コーク家同族企業)の金なら受け取るのか?ファーウェイの金は?じゃあ他はどうなる?」とネグロポンテは言った。

ローレンス・レッシグ

On Joi and MIT

I had known of Joi’s contact with Epstein since about the beginning. He had reached out to me to discuss it. We are friends (Joi and I), and he knew I would be upset by his working with a pedophile.

Joi伊藤穣一)がエプスタインと連絡を取っていたのは、最初から知っていた。彼はそのことを私に相談していた。彼と私は友人で、自分小児性愛者と仕事をしていることで、私が動揺することを、彼は知っていた。

Joi believed that he did not. He believed Epstein was terrified after the prosecution in 2011. He believed he had come to recognize that he would lose everything. He believed that whatever else he was, he was brilliant enough to understand the devastation to him of losing everything. He believed that he was a criminal who had stopped his crime. And nothing in his experience with Epstein contradicted this belief.

エプスタインはもう虐待者ではないと Joi は信じていた。エプスタイン2011年起訴された後、恐怖に襲われている、と伊藤穣一は信じていた。エプスタインはすべてを失うことになるのを認識するに至ったと伊藤穣一は信じていた。いずれにせよ、エプスタインはすべてを失うという絶望理解する十分な知性があると、伊藤穣一は信じていた。エプスタインはもう犯罪を犯さな犯罪者だと、伊藤穣一は信じていた。伊藤穣一はエプスタインに会って、その信念に矛盾することを何も感じなかった。

IF you are going to take type 3 money, then you should only take it anonymously. . . . Good for them, for here, too, transparency would be evil.

タイプ3の資金犯罪者から犯罪でない方法で得た資金)を受け取るなら、匿名でのみ受け取るべきだ。(略)(学生学歴秘密にするように、資金を受け取る場合も)透明性は悪になる。

Sure, it wasn’t blood money, and sure, because anonymous, the gift wasn’t used to burnish Epstein’s reputation.

かにエプスタイン資金犯罪で得られたものではなく、確かに匿名で受け取ったので、その資金提供はエプスタインの名声を高めるために使われていない。

I know that Farrow’s article is crafted to draw the following sentence into doubt: Everything Joi did in accepting Epstein’s money he did with MIT’s approval. I trust the MIT review will confirm it (yes, I remain exactly that naive). So why is he resigning, rather than others in the administration?

ファローによるニューヨーカー記事は「JoiMIT承認の下、エプスタイン資金を受け取った」ことが疑わしくなるように整形されている。MIT調査はそれを承認したと、(ええ、馬鹿正直だと思うが)私は信じている。そうなら、MIT経営陣ではなく、なぜ彼が辞職するのか?

And if Ito must go because Epstein’s wealth was accepted anonymously, who else should go because of blood money accepted openly? Will the planet have an equal advocate who demands justice for the Koch money? Or the victims of opioid abuse for the Sackler money?

もし、エプスタイン資金匿名で受け取ったことで、伊藤が辞職しなければいけないなら、顕名犯罪により得た資金を受け取った人は辞職すべきだろうか?保守勢力コークインダスリー資金に対して、正義を求める平等主義弁護士はこの地球にいるのだろうか?サックラー家の資金に対してオピオイド被害者は?

So put the parts together: The MediaLab accepted an anonymous contribution from Epstein through the help and direction of Joi. The Lab did not (as “Professor Anonymous” wrote to me, his outrage apparently blinding him to irony) “help reputation-launder a convicted sex offender.” It would have, had it not be anonymous; but that’s the point about it being anonymous.

要点をまとめると、メディアラボJoi の補助と指示によりエプスタインから匿名寄付を受け取った。メディアラボ有罪性犯罪者汚名を雪ぐことは何もしていない。匿名でなければ、汚名を雪ぐことがあったかもしれないが。それが匿名であることのポイントである

ピーター・コーヘン

Peter Cohen, a former director of development and strategy, said in a statement that when he joined the Media Lab in 2014, it already had established procedures for handling Epstein’s contributions. Cohen said he understood that those policies were “authorized by and implemented with the full knowledge of MIT central administration.”

MITメディアラボ前開発部長ピーター・コーヘンは声明で、2014年メディアラボ仕事を始めたとき、エプスタイン資金提供を扱う手順(匿名化、少額分割)はすでに出来上がっていた。これらの方針は、MIT経営陣の中心が十分理解したうえで承認され、実行されていた、と彼は理解した。

ラファエルライフセスロイド

少女虐待容疑の米富豪のMIT寄付、理事長が容認 大学ぐるみで匿名化 (AFPBB)

MITセスロイド(Seth Lloyd)教授がエプスタイン被告から寄付を受けたことに対する感謝状に、ライフ氏の署名があることを、同大とエプスタイン被告との関係調査している法律事務所から知らされたという。

Letter regarding preliminary fact-finding about MIT and Jeffrey Epstein不正資金に対する調査途中経過報告)

Second, it is now clear that senior members of the administration were aware of gifts the Media Lab received between 2013 and 2017 from Jeffrey Epstein’s foundations. Goodwin Procter has found that in 2013, when members of my senior team learned that the Media Lab had received the first of the Epstein gifts, they reached out to speak with Joi Ito. He asked for permission to retain this initial gift, and members of my senior team allowed it. They knew in general terms about Epstein’s history – that he had been convicted and had served a sentence and that Joi believed that he had stopped his criminal behavior. They accepted Joi’s assessment of the situation. Of course they did not know what we all know about Epstein now.

メディアラボ2013年から2017年の間にジェフリーエプスタイン基金から資金提供を受けたことを、MIT経営陣の上層部が知っていたことが明らかになった。メディアラボがエプスタイン資金を初めて受け取ったことを2013年上層部が知ったとき伊藤穣一に連絡を取ったことがわかった。伊藤穣一はその資金を返却しない許可を求め、上層部許可した。伊藤穣一上層部はエプスタインの経歴について、有罪になって刑に服したという一般的事柄を知っていた。伊藤穣一はエプスタイン犯罪行為を止めたと信じていた。上層部伊藤穣一による評価を受け入れた。エプスタインについて今わかっていることを、当時彼らは知らなかった。

Joi sought the gifts for general research purposes, such as supporting lab scientists and buying equipment. Because the members of my team involved believed it was important that Epstein not use gifts to MIT for publicity or to enhance his own reputation, they asked Joi to agree to make clear to Epstein that he could not put his name on them publicly. These guidelines were provided to and apparently followed by the Media Lab.

伊藤穣一は、ラボ研究者支援設備購入などの一般的研究目的資金を求めた。かかわった経営陣のメンバーは、伊藤穣一にエプスタインから次の事項に対する了承を得るよう求めた。MITへの資金提供を公にしたり、エプスタインの評判を良くしないように、資金提供名前公表しないこと。これらのガイドラインメディアラボ提供され、メディアラボガイドラインに従った。

Information shared with us last night also indicates that Epstein gifts were discussed at at least one of MIT’s regular senior team meetings, and I was present.

エプスタイン資金提供について、少なくとも1度は上層部定例会議で議論された。理事長である私も出席していた。

I am aware that we could and should have asked more questions about Jeffrey Epstein and about his interactions with Joi. We did not see through the limited facts we had, and we did not take time to understand the gravity of Epstein’s offenses or the harm to his young victims. I take responsibility for those errors.

ジェフリーエプスタイン自身と、彼と伊藤穣一とのやりとりについてもっと質問できたし、すべきだった。知りえた少ない事実を精査しなかった。エプスタインによる加害行為の重大さや若い被害者への危害理解する時間を取らなかった。これらの過ちの責任理事長である私にある。

リチャード・ストールマン

Famed Computer Scientist Richard Stallman Described Epstein Victims As 'Entirely Willing' (The Vice)

Early in the thread, Stallman insists that the “most plausible scenario” is that Epstein’s underage victims were “entirely willing” while being trafficked.

メーリングリストスレッドの初期に、「最も可能性のあるシナリオは、エプスタインにより被害を受けた未成年者は、売春強要されている間、完全に自ら望んでその状況にあったとすることだ」とストールマンは主張した。

メーリングリスト投稿されたストールマンメールを含む一連のスレッドは、記事最後PDF ファイルで閲覧できる。

制限文字数を超えたため、続きは寄付隠蔽みんなで騙せば怖くない MITと他もいくつか 続きに書きました。

2019-09-10

インターネットでより確実に、安全告発をする方法

ある企業告発したはてな匿名ダイアリー記事が消されたらしい。

https://anond.hatelabo.jp/20190909141313

https://anond.hatelabo.jp/20190909200427

はてな匿名ダイアリー匿名かつバズりやすいので告発によく使われる。

しかし、バズった告発記事の多くは消される。

はてな匿名ダイアリーでは、記事内で言及された人物企業から削除依頼があれば投稿が削除される。

以下は私の告発記事が削除された際に届いたメールである

"""

こちらははてなサポート窓口です。

はてな匿名ダイアリー投稿された下記の記事につきましては、

記事にて言及されている○○の代理人弁護士より削除の申立がございましたので、

削除を行いました。

はてな匿名ダイアリーでは、言及された当事者より削除の申立があった場合

原則として発信者への意見照会を経ずに削除を行う方針としています

方針は、はてな提供するサービスを利用しての批判的論評や公益を有する

告発全般を禁じるものではなく、第三者に対する言及にあたり文責の所在

明確にするためのルールとなります

公益目的第三者に対する言及をされる場合はてなログなど

投稿者のアカウント特定できるサービスをご利用ください。

なお、今後も匿名ダイアリーを利用して同様の言及を続けられた場合

はてラボおよびはてな全体のサービス利用停止措置などの対象とし、

別のアカウントを取得しての再利用お断りしますので、ご注意ください。

詳しくは、下記のヘルプや告知をご参照下さい。

http://anond.hatelabo.jp/help

http://labo.hatenastaff.com/entry/2014/09/04/182358

"""

さて、はてな匿名ダイアリーでバズったとしても、せいぜい数日で記事は消され、検索エンジンからも消えた告発の記録はネットの彼方に消え去ってしまう。

なるべく多くの人に告発を伝えるには、はてな匿名ダイアリーだけでは不十分である

削除に強いネット告発方法について以下に述べる。

まずはバックアップから

自分で書いた記事ローカルに保存しておくのは当然必要

投稿画面のスクショを取ると投稿者だと分かるのでなお良い。

ただし、名誉毀損などで訴えられた場合証拠にもなりうるので取扱いに注意。

ネット上にもバックアップを取っておこう。

魚拓が有名だが、魚拓日本サービスであり、削除されやすい。

基本的日本サービスは消されるという前提で使おう。

海外ウェブアーカイブ複数使うと安全である

そのうえで、幾つかの画像アップローダーにスクショを上げておくといい。

ここがこの記事キモな訳だが、文章として残す場合最強なのは5ちゃんねるだ。

5ちゃんねるは現在アメリカ会社法人運営しており、削除されにくい。

レスに書いておくのは勿論のこと、スレッドを立てられるとなお良い。

スレッドタイトルはてな匿名などの記事タイトルとは変えておこう。SEOに効く。

なぜ5ちゃんねるが最強かというと、日本語で運営されている海外テキストサービスで最大であり、SEOに強い。

それだけではなく、5ちゃんねるそのものが強い上に、ログ保管サービス複数あり、さらまとめサイトまで存在する。

これによって、一つの投稿複数運営元にバックアップさせて検索に載せられる。

あとはTwitterピンタレストなども良い。

この辺りはリアル情報と結びついているため、記事内容に言及するのは避け、タイトル引用するだけで共有しておくのがいい。

下手に突っ込むと開示をかけられたり、スラップ訴訟を起こされる心配がある。

次に告発者の身元を守るために。

個人情報はなるべく隠すようにしよう。

個人特定されると、名誉毀損機密情報保持契約違反などで訴えられる可能性があるし、現職なら退職に追い込まれるかもしれない。

訴訟のものはあまり企業にとって大切ではないが、告発者に圧力をかけるうえで訴訟をチラつかせるのは武器になる。

個人情報マスクするために、情報匿名化のアレコレをやっておこう。

国内プロバイダを使っていると身元がバレる。

はてな匿名ダイアリー匿名ではない。

ここまで、基礎的な部分を書いてきたわけだが、他にも知恵がある人はぜひ教えてほしい。

なお、この記事を私が消すことはないので、この記事が消えている場合は誰かに消されたと思ってほしい。

2019-09-08

伊藤穣一氏がMITメディアラボ所長を辞職したのは嘘がばれたか

2014年9月 大学が不適格とした犯罪者から資金を得るための偽装工作匿名化

2019年8月 少女虐待の罪を犯した犯罪者だとは知らなかったと嘘の釈明

2019年9月4日 公民権運動指導者などに相談した結果、メディアラボの再建を支援するために所長継続を明言

2019年9月6日 元職員偽装工作告発メールのやりとりが記事掲載される

2019年9月7日 数週間の熟慮の末、メディアラボ所長やMIT教授職を即刻辞めることが最善だと判断メディア取材はすべて答えなかった)

MIT伊藤教授、辞任へ 少女虐待の米富豪から資金

今回の辞任劇は米誌ニューヨーカー電子版)による6日の報道きっかけだった。伊藤氏とメディアラボの同僚が、エプスタイン氏を寄付提供者として不適格な人物認識し、記録上は匿名とするなど、交友関係意図的に隠す行為をしていたと報じた。MIT側は米誌の報道を受けて調査を始めている。

How an Elite University Research Center Concealed Its Relationship with Jeffrey Epstein (The New Yorker)

Dozens of pages of e-mails and other documents obtained by The New Yorker reveal that, although Epstein was listed as “disqualified” in M.I.T.’s official donor database, the Media Lab continued to accept gifts from him, consulted him about the use of the funds, and, by marking his contributions as anonymous, avoided disclosing their full extent, both publicly and within the university.

9月4日(水)のラボ総会では、辞職を考えている様子はなく、償いの説明台無しにされたネグロポンテ教授メディアラボ創設者)に抗議している。

Director of M.I.T.’s Media Lab Resigns After Taking Money From Jeffrey Epstein (The New York Times)

But near the end, one of Mr. Ito’s staunchest supporters, Nicholas Negroponte, a founder of the media lab, said he had told Mr. Ito to take the money and would do it again. That prompted Mr. Ito to send an email to Mr. Negroponte in the middle of the night, complaining that he was undercutting his ability to make amends.

ネグロポンテ教授いわく、「俺が伊藤(所長)に(エプスタインからの金を受け取れっていったんだよ。同じことがあれば、またそうする(所長に金を受け取れっていう)よ。」

この発言の詳しい経緯は、エプスタイン資金問題を受け、メディアラボの総会で話されたことにある。

Director of M.I.T.’s Media Lab Resigns After Taking Money From Jeffrey Epstein (The New York Times)

At a meeting on Wednesday night with media lab personnel, Mr. Ito said he had “screwed up” by accepting the money, but that he had done so after a review by the university and consultation with his advisers.

水曜日ラボ総会で、伊藤氏は「(エプスタインから)金を受け取ったときはどうかしていた。しかし、大学確認してもらって、アドバイザ確認してもらってから、金を受け取った」と説明していた。実際は、The New Yorkers の記事によれば、匿名化して資金を受け取った。記事が出る直前まで、資金大学確認してもらったと同僚にすら嘘をついて、所長の座に留まろうとした。

この伊藤氏を、MIT 関係者を多く含む233名が、保身のための嘘の謝罪を出した勇気と受け取った資金の返却の約束をとても尊敬しており、彼は、思慮深く、謙虚で、道徳観念がしっかりしていて、寛大である、と署名して認めている。支持者は、彼の嘘がばれたあと、この署名ページを削除している。

We greatly admire the courage behind Joi’s public apology for his connections to Epstein, and his commitment to financial restitution. ... to his character: thoughtful, humble, principled, and generous.

署名者の数名は エプスタイン事件が飛び火した伊藤穣一MITメディアラボ所長の支援サイト立ち上がる に紹介されている。この署名では自分たちを次のように評価している。

At MIT, we pride ourselves on our ability to rise above complex challenges and, with openness and rationality, improve ourselves and the world around us.

MIT 関係者だけでなく、取締役を務めていた財団ニューヨークタイムズも嘘がばれる前、伊藤穣一氏を次のように評価し、擁護していた。

Jeffrey Epstein’s Donations Create a Schism at M.I.T.’s Revered Media Lab

Other organizations have also stood behind Mr. Ito. The John S. and James L. Knight Foundation, where he has been on the board since 2011, said in a statement that it believed his apology “is sincere.” The MacArthur Foundation said Mr. Ito “has addressed his associations in a manner that warrants no action by the foundation at this time.” The New York Times Company, where Mr. Ito has been a board member since 2012, declined to comment for this article.

John S. and James L. Knight 財団 彼は誠実

MacArthur 財団 彼とエプスタイン関係で当財団対処することが何もないと彼は説明してくれた

ニューヨークタイムズ コメント拒否(この記事ニューヨークタイムズ掲載されている)

2019-09-06

京アニに関するネット意見は誤っているが、おろかな日本人認識できない

http://samepa.hatenablog.com/entry/2019/09/06/013138

ひどい記事だ。

わだかまり本質京アニ犠牲者名前を出して儲けようとしている売名行為だといいたいからだ。

なんら怒りに正当性がない。

>> 久々に同書を一部読み返し、やはり京アニの件でも被害に遭った一人ひとりの作品への貢献や、人生があったことは忘れてしまいたくないとあらためて感じた。とはいえ今回難しいのは、京アニ側が主体的被害者の一律匿名化を求めている点だ。 <<

 ここでなぜ執拗京アニが一律匿名化を求めながら名前は出すのか。この矛盾点をきちんと考えていない。非常に愚かで知性がない。にも拘わらず自分が正しいと思い込んでいる。このブログある意味日本ネット民支離滅裂さをある程度網羅したという点で価値があり、ネットには価値がないということを語っているという点で価値がある。読み返すべきは報道の流れであって村上ではない。このため事実に即して語っていない。これもダメな点。自分に都合がいい解釈だけやるならだれもでウソが言える。こういうフェイクニュースのやり方が蔓延しており、ネットは救いがたい低劣さを呈している。

 結局は、メディア報道が気に入らないという以上の正当性が全くない。感情報道価値を決めているため言いがかりしかなっていない。最後挨拶を述べるのも自分犠牲者を利用して自分意見正当化しているという自覚が全く欠落している。

 本質的な問題点マスコミには全くない。問題点はこのようなブログ記事正当性があると思うネット民にある。京アニのような企業には何の責任もないという思い込みがある。警察対応にも疑問を抱かないのも視点の欠落がある。なので報道に対する意見として無意味だ。被害者に寄り添う報道などは意味がない。なにをもって寄り添うのか定義がない。

 権力に対して中立であること、客観的かつ正確に報道すること、それ以外に価値はない。それを求めたらネット民意見と完全にバッティングしてもそれが中立報道だということになる。マスコミあなたの注文にこたえるレストランではない。

 犠牲者に名を借りた匿名IDに阿った報道をしなければならないのか、それで何を隠蔽しているのか。(今回もネット民は明らかに隠蔽に加担している)なぜそれに共感するのか、なぜそのような共感が正しいのか、なんら根拠がない。

 それでネット全体としては報道が役に立たないとか報道しない自由とか別のところで言うのだから全体としては矛盾している。また匿名だとウソ名前を流したり、事実ではないことを流通させたりしているではないかイエロージャーナリズムと同じだ。

 もし自分犠牲者なら何が問題なのか報道してほしい。この記事も書いた人間もそうだろう。でも匿名化に縛られる。だが遺族は犠牲者本人ではない。でもそういう自分が利用ができない犠牲者の声は無視したり攻撃したりする。そういうネット本質はもう嫌というほど見てきてネットには価値がないとしか言いようがない。むしろ客観的に見てネット意見社会問題本質から目をそらすようになってきており、非常に有害になってきている。

 少しは自分はーではなく、ネット全体で何をやっているのか考えた方がいい。日本人のネット民に怒る権利はない。マスコミを責める正当性もない。だがそんなことすら考えもせず役に立たない反応しかできない。文章を読んでいない。なので自分たちの誤りを認識できない。それが今の日本ネット民問題だ。お前らはきれいじゃない。理性的でも道徳的でもない。非常に失礼で幼稚で無責任だ。

2019-08-30

ひょえー

amazonほしいもリストツイッタープロフにはってたけど匿名化してなかったー

まあこれまで送られてきたこと無いし多分誰もみてないからいいんだけどね

2019-08-29

京アニでなくても被害者実名報道した方が良いと思う

賛否分かれる話だと思うのでタイトルで気分が悪くなったら先を読まないほうがいいかも。頭悪いなりに自分の考えを書く。

異なる意見感情があることは認める。ただ、議論するつもりはない。

匿名報道にしたどころでメディアスクラムは無くならないのでは?

今回の問題懸念されてるマスコミによる過剰なメディアスクラムは、そもそも実名報道の是非とは別軸で語るべきだと思う。

仮に大多数のメディア匿名報道したとしても、独自ルートで遺族に押しかけるメディアは出てくるだろう。

実名報道をなくしたからといって解決するのかというと疑問。

匿名報道にした方が過剰な取材価値が高まってしまうのでは?

これは上と関連してるかも。

匿名報道奨励されると、むしろ実名報道することに価値がついてしまうのでは?仮に禁止されたとしても、同様だと考える。

胡散臭い週刊誌記事や無数にあるネタ記事掲示板書き込み全てを制御するのは無理だろう。デマ流れるだろう。

それなら、あてのない情報実名に過度に価値を与えず、むしろどこかのメディア実名報道してくれる方が混乱を生まないと思う。

京アニから民意ルールが変わるのは危険

今まで実名報道の是非がこんなに大きく問題になったっけ?記憶にない。あるのかな。

遺族がかわいそう って意見ものすごくわかるのだが、これまでの殺人事件でも同様の揉め事はあっただろう。

それをみんなの感心がある京アニからと、諸々の問題点や合理的な点を無視して慣習を簡単になくすのは、ものの決め方として横暴だと思う。

民意から正しいってこともないだろう。これまでに実名報道が行われてきた理由メリットデメリットなどを充分に把握してから検討すべきである

匿名報道を信じられるの?

「身元の特定できている男女3名が亡くなりました。故に犯人の罪は○○です」のようや曖昧ニュース流れることになることへの懸念

被害者匿名にするのが今よりライトに行われるのであれば、いくらでも改ざんができてしまうのでは?

そんなニュース信じられる?

容疑者人権が守られなくなるのはマズイ

事件加害者容疑者名前こそ出せ、という意見があった。

事件直後だと「おそらく犯人だけど、正確に犯人かどうかはこれからわかる」って状態もあるだろう。そこらへんに少しでも曖昧な点がある状態実名報道をする方が危険である

これに対して殺人事件被害者は、DNAなどで身元がはっきり特定できる場合が多い。被害者の方が事件容疑者と比べて人間違いも少ないのではないだろうか。

生きている容疑者からこそ慎重に扱った方が良いと思う。

---

以上、長々とすみません。気を悪くした方がいたら申し訳ないです。むやみに匿名化を認めると、それはそれで問題が起きるのではないか と思うのです。

最後まで読んでくれた方はありがとうございます

2019-08-21

anond:20190821073350

オレはオタクから怒っている人の気持ちも解りつつ、匿名デフォルトになると、他の事件でも同じ適用になるから報道側がここは譲りたくないというのも解るんだけどね。

最近wikipedia過去の重大事件での記述でも匿名化がされていたりして、誰が誰の事やら判りにくくなっているし。

一方では容疑者匿名報道への不満みたいのもあるし、そんなに人権を全て守りたいみたいな意図じゃないしね。

2019-08-19

増田の完全匿名化方法

知らないやつは居ないと思うけど一応書いておく。

タイトルの後ろに[id:(ここに自分はてなID):anonymous=on]って付けるだけ。

例えばこの投稿ならタイトル

増田の完全匿名化方法id:hogehoge:anoymous=on]

となっている。

実際にソースみても完全匿名化されているでしょ?

2019-08-05

警察「確かにFAX匿名化されてました。しか匿名化されていたとは発表してませんがどうして知っていたのですか?」

みたいなベタな展開ないか

日本警察匿名化したFAX発信元を辿れないことが判明

オリンピック無理だろこんなの。

つーかあらゆるイベントFAX一発で潰せるな。

あいちのやつ、FAX匿名化で総ツッコミされてるけど、そんなんしたら警察が動かなあかんようになるやんか

面倒だからやめたれよ

2019-03-26

anond:20190326111401

それは男への擬態でなく匿名化です

男も含めてコテハン化を避けていた

2019-03-02

ネット言論劇場化するか

https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/121900702/?P=4

 ネット上の言論は、しばしば極端で根拠を欠いたものに流れがちだと言われる。その要因は複合的だが、「劇場化」「匿名化」「断片化」「無料化」などが挙げられる。

 まず挙げられる代表的な原因は「劇場化」だ。現代社会は、誰もが気の利いたことを言えば、瞬時に数十万人に情報を届けることができる社会だ。過激面白い発言は多くリツイートなどされ、発言者は目立ち、逆に地道で理解に少し時間のかかる発言敬遠される。

 誰も反応しない発言存在しないのと一緒だし、誰でも他人には認められたい。自然劇場化し、発言過激に流れやすくなる。それ自体はどんな社会にも存在した現象ではあるが、それが劇場化と相まって過剰になっているのだろう。

2019-02-26

anond:20190226105707

それ匿名化っていうか?

単なる名詞化だろ。

「私のお気に入りが」とか言うのと変わらん。

anond:20190226105238

変な形で匿名化してるのが気持ち悪いんじゃないの。

AKBのXX推しです」とか言うのは別に変とは思わないけど「私の推しが」って言われると「誰だよ!」ってなる。

その文脈匿名化するのって、その裏に「変なオタクファンが多くてしょっちゅう腐女子学級会が開かれてるって世間にバレるとイメージダウンになるから」って心理があるわけで、だから推し」って匿名化された時点で、めんどくさい揉め事が発生してることが暗黙のうちにわかるし、結局、2.5次元舞台界隈全体に対して最悪のイメージしかない。

2018-11-07

[]2018新語・流行語大賞ノミネート解説

あおり運転前方を走行する車に対して威嚇・嫌がらせをする行為のこと。2017年あおり運転を原因とする死亡事故が起きたことなどで社会問題に。
悪質タックル日本大学アメフト選手が悪質なタックルを繰り出して相手選手を負傷退場に追い込んだ事件監督の指示があったことやパワハラ的な上下関係問題となった。
eスポーツコンピューターゲームマインドスポーツと捉えた場合呼称。今年は日本eスポーツ連合JeSU)が発足するなどした。
(大迫)半端ないって2008年全国高校サッカー選手権大会活躍した大迫勇也相手チームの選手が讃えたとき言葉ロシアW杯で大迫選手活躍したことで再び脚光を浴びた。
おっさんずラブテレビ朝日系の深夜ドラマ。年配の男性同性愛を描いて話題となった。
GAFAGoogleAppleFacebookAmazonというIT系大企業頭文字を取った略称
仮想通貨/ダークウェブ日本では実質的ビットコインのような「暗号通貨」が仮想通貨イコールとなっている。ダークウェブ は、Torなどの匿名化技術を用いないとアクセスできないウェブサイト群のこと。今年、大々的な仮想通貨盗難が相次ぎ、ダークウェブで換金されたことなどが話題になった。
金足農旋風金足農」は「秋田県立金足農業高等学校」の略称。その野球部エース吉田輝星を中心に夏の甲子園で決勝まで勝ち上がり「旋風」を巻き起こした。
カメ止め映画カメラを止めるな!」の略称。低予算映画ながら口コミで広まり大ヒットを記録した。盗作騒動なども話題に。
君たちはどう生きるか1937年に発行された吉野源三郎小説2017年漫画版発売をきっかけにベストセラーとなった。宮崎駿次回作タイトル引用したこと話題に。
筋肉は裏切らない俳優武田真治庭師村雨辰剛、弁護士小林航太が出演するNHKの5分番組みんなで筋肉体操」の決め台詞
グレイヘア白髪染めをしない髪を肯定的に捉えた呼称2016年出版された主婦の友社パリマダム グレイヘア スタイルから広まった。
計画運休災害に備えて計画的に電車運休を決めること。今年9月台風24号接近時に首都圏全域の計画運休が初めて実施された。
高プロ高度プロフェッショナル制度労働基準法改正に伴い、一部の高収入専門職労働時間規制から外すというもの
ご飯論法質問に答えない安倍総理の答弁手法への批判。「朝ごはんは食べましたか?」「ご飯は食べていません」「何も食べなかった?」「一般論では食べたほうがいい」…といったもの
災害級の暑さ今夏の記録的な猛暑について、気象庁の会見から広まった表現
時短ハラスメントジタハラ働き方改革に際して、企業が「時短」を謳うだけで長時間労働をなくす工夫をするわけでもなく、それでいて従来と同じ成果を求めることを指す。
首相案件加計学園にまつわる疑惑について、当時の首相秘書官愛媛県職員と面会した際に「首相案件」と発言した旨のメモがみつかって問題となった。
タイムMLBに渡った野球選手大谷翔平活躍時に、現地メディアがしばしば「翔」と「Show」をかけて「SHO TIME」と表現したもの和訳
スーパーボランティアボランティア活動家の尾畠春夫氏のこと。今年8月行方不明になっていた男児の捜索にボランティアとして参加し、たちまち救出してみせたことが話題となった。
そだねー平昌冬季五輪活躍したカーリング女子日本代表が試合中に使っていた掛け声。
ダサかっこいい・U.S.A.「U.S.A.」は男性グループDA PUMPが3年半ぶりに発売したシングル曲で、1992年に発売されたジョー・イエロー楽曲カバーPVが「ダサかっこいい」と話題になった。
TikTokショートムービーを共有する中国発のスマホアプリで、日本若者にも大流行している。テンポのいい音楽と合わせたり、特殊効果簡単につけたりできることが特徴。
なおみ節テニス選手大坂なおみの独特な語録を指す言葉大坂なおみは今年、全米オープン女子シングルスで優勝して話題となった。
奈良判定日本ボクシング連盟の山根明(元)会長が、奈良地盤を持っていることからアマチュアボクシング試合奈良県出身の選手が判定で優遇されているのではないか、との疑惑が持たれた。
ひょっこりはんお笑い芸人音楽リズムに合わせて「ひょっこり」と顔を出す、というコントブレイクした。
ブラックアウト停電のこと。今年9月北海道で起きた震度7地震によって北海道全域で停電が起きたことを説明する際に、「ブラックアウト」という語がよく使われた。
ボーッと生きてんじゃねーよ!NHKクイズ番組チコちゃんに叱られる!」にて、チコちゃんが出すクイズ出演者が答えられないと発せられる決め台詞
#MeToo暴力体験談告白する際に使用される「私も」という意味ハッシュタグ映画プロデューサーハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ告発されたことをきっかけに広まった。
もぐもぐタイムカーリングハーフタイム食事をとることの通称平昌冬季五輪活躍したカーリング女子日本代表の食事姿が話題となった。

2018-09-29

anond:20180929162409

有病率が低い稀少疾患において患者情報匿名化できるのかって話

条件が違うのに画像削って文言削ってだけで対応できると思ってるのがアレだなーと

2018-06-29

最近金融庁日本消費者邪魔しかしてこない

FXでは更なるレバレッジ規制(25倍→10倍)を行おうとする(なんとか回避できたようだが)。

FX知識のある連中なら皆知っての通り、本当に消費者保護がしたいのなら、さっさと追証ゼロカットの導入を必須しろと言いたい。

追証ゼロカットFX強制ロスカットが間に合わず、口座がマイナスになったときの損失が0になる。海外業者の基本装備。

結局FX業者保護なんだろ。

ソーシャルレンディングでは「融資先は匿名化しろ」という謎の方針を出し、

悪徳業者がそれを利用して融資金を自分の懐に入れる、分散してるふりしてグループ会社融資集中などひどい有様。

みんなのクレジットなんて行政処分しておきながら、ノーフォロー投資家資産がほぼ全損

あんまり話題になってないが、完全に詐欺案件、なんで許されてるか意味不明

今更、匿名化規制を取っ払っても後の祭り

仮想通貨規制をしっかりやる方針のようだが、規制が厳しすぎて海外業者ライセンス取るのが実質不可能

有力な海外取引所が「日本人使用禁止」と、どんどん表明している有様。

LINE仮想通貨取引所日本人使用不可とかアホかな?

日本人海外取引所使ってんのは、日本取引所がどこもかしこもクソゴミで、

海外取引所が圧倒的に優れてるからなんだから邪魔しないでくれる?

昨今の動きで仮想通貨界隈で日本リーダーシップ取れる展開は絶望だな。

ホント余計なことすんのやめてくれ

2018-06-25

地震が起きて、サッカー話題

四国学校法人の話。。どうなっていくのだろうか。

ますます匿名化するか。

有益情報有料化して、隔離される方向へと進むのか。

もしくは、価値のない情報広告にまみれて、有益情報は埋もれるのか。

誰かまとめているよね。。。

  

人間知的生命体で言葉を操るが、一方で感情を持った動物からな。

 ◇サイバー犯罪調査手がける

 勤務先のホームページによると、岡本さんはインターネットセキュリティー専門のメディア編集長で、匿名化ソフトを使わないとアクセスできない「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪調査を手がけているという。




からあれほど、ダークウェブには手を出すなと・・・言ったのに・・・

2018-06-20

anond:20180620131001

プライバシーの話を突き詰めちゃうと「報道する必要があるの?」まで行っちゃうので、報道側は決して「いらない」とは言わないよね。

その場所写真っているか?って、自分も思うが。

地方紙地方局報道で、容疑者住まい市区町村名まで報道されるし。そういう事が出来なくなるのは、報道側だけでなく、報道を見る側にとってもメリットデメリットあるよね。たとえば報道が間違っている場合とか抗議しようとしても、ニュースがどんどん匿名化あいまい化されていくと、反論しようにも「その件ではありません」ってとぼけられちゃうかも知れないしね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん