「彼女いるの?」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 彼女いるの?とは

2020-06-05

ウブだったからそうなったん

大学生とき合コンで僕は端っこに座って会話に入れてなかった。そこは(今もあるのかな?)3,000円で2時間飲み放題カラオケ歌い放題みたいな暗くて騒がしいお店で、僕は会話を聞きながらも持て余していて、周りのお客を見てた。


僕の向かいの席は3人組の女性で、1人がテーブルからはみ出して立て膝をしてたから、パンツが見えるかどうか、ちらちら見てた。でも誰かが歌ってるときは照明が消える。歌が終わって、次の歌が始まるまで、明るくなる。


(この曲が終わったら)と決めて、明るくなったときにじっと見たら、股を手で隠された。咄嗟女性の顔見たら、こっちを見て(見てたでしょ)みたいな笑い顔してて、バレて気まずい。


視線を横にずらすと、視界の端で(おいでおいで)されてるようで、またその女性の顔を見ると、口が(見て見て)と動いてるようで、下を見るとパンツを横にずらして丸見えだった、が暗いしもじゃもじゃだし丸見えではないけど。


どうしていいかからいから、漫画みたいに下を向いて困った風にした。本当は困ってもないし、もっとよく見たい。また振りで、恐る恐る顔を上げると、女性は小さい素振りで(こっちこっち)と僕を手招いてた。店は暗いしうるさいし「ちょっとトイレ」と言って、その女性の席に行った。「座って座って」と女性の間に座らされた。


片側が女性は僕を「誰?誰?」と聞くと、大学生?何年生?19歳?今日合コン可愛い子いた?ごめんねー私変態で。彼女いるの?いたら合コンしないか。飲んで飲んで。ぶっちゃけせっくすしたことある?まじでー、童貞?貴重じゃん。筆下ろしてあげようか?この中だったら誰が良い?初めては彼女とが良いよねー。男はそんなことないよねー。私はおちんちん占いできるから、脱いで脱いで。えっ?。大丈夫大丈夫、見えない見えない。


と、ジーンズボタンを外されチャックを下ろされて、その時は僕もお尻を浮かせて、膝までトランクも一緒に下げられた。けど、僕のちんこは大きくなってない。「小さくてかわいいですねー。でも大きくないと占えません」。フェラしてあげたら。いやいや、私が触らずに大きくさせましょう。と、僕の耳もとで「みんなが居るお店で、おちんちん出されて恥ずかしい?私の`おまんこ`も見られちゃった。大きく硬くなっちゃう?女の子が見てるのにぐんぐん大きくなって、、」と言いながら僕の手を自分の股に持っていって、それから僕の手をショーツの中に入れた。陰毛がさわさわして、指先が女性まんこに触れてると思うと、それで一気に勃起した。


「未使用のおちんちん」「可愛いー」「元気元気」「ひくひくしてる」。指で下に押されて、指を話すとびーんと元に戻る。「どうしたい?どうされたい?どうされると思う?」。童貞のくせに「フェラして」とか「握って」とか「やりたい」なんて言うのは図々しい。うーんと返答に困ってる振りして、女性のあそこで指を動かした。「気持ち良い。上手じゃん。どうやって勉強したの?」。わからんよ。それより僕はちんこに触って欲しかった。


思い切って女性に振り向いて、顔をじっと見る。女性の目はうるうるしてるような、余裕なような、「お姉さんと良いことしよっか?」の質問に「はい」と答えた。「こんなんで良いの?良いことってせっくすだよ?」。横の女性が「調教されるw」「あっちの合コン女の子普通のせっくす。じゃあ行こっか。B子さんたちも来る?」「どうしよっかなー」「こんなイベントあんまり無いよ?」「取り敢えず最初行った、途中で抜けても」と、「さ、ズボン履いて。あっちに言わなくていいの?いっか」と4人で外に出て、タクシー乗って、ワンメーターのホテル街。


部屋に入ると2人はベッドに倒れ込んだり、テレビ付けたり。担当女性が「緊張しなくていいのよ」と「まず服脱ごっか」で脱がされる。「シャワーして身体洗おうね」。担当ワンピースを上に脱いで、ブラを外してパンツも脱いだ。鏡を見ながら髪をゴムで縛った。


風呂では石鹸で僕の身体を洗ってくれた。そのとき身体を密着してきて、すべすべだった。風俗で働いてるのかなと思ったけど、絶対聞かないなことにした。洗い終わって、タオルで拭いてもらって、担当が先にベッドに上がり、来て来てと呼ぶ。股を大きく開いて「舐めて、好きなように」という。女性C「バター犬w」「ぜんぎして、まずは女の子気持ちよくさせないとダメなんだよ。そしたら、後でいいことしてあげるから」。僕は舐めたかたから、舐めた。全体的に舐めてると「くりとりすを舐めて」とか指示された。「気持ち良いよ。上手だねー」。女性Bが「Aちゃんアナルが好きだからアナルを舐めてあげて」「特に好きではないです」。僕は舐めた。生まれて初めて女性肛門を下で舐めた。「私のアナル舐めてる。おいしい?」「下の先を尖らせて、奥に突っ込んであげて」「そんなことしなくていいよ」。僕は下を突っ込んだ。下の先が少し酸っぱい味がした。「なんでもするの?」「みんなしてることだからね」


僕はちんこが後ろから握られた。それから僕の肛門をも舐められた。「童貞を開発ですか?w」「交代交代」と女性Bはふを脱いで下着だけになった。ブラを外してるとき胸を見てると、「触って」と言うので生まれて初めて女性おっぱいを触った。揉んでみた。「初めておっぱい触ります」と言うと「可愛い」とキスされた。キスはされるがままだった。「キスとかお預けだったのに」。「もう挿れたいよねー。私がもらっていい?」「それは彼が決めたら」「誰でもいいよねー。私とする?」。担当の顔を立てなきゃと思ったので、「担当さんがいい。ような」と言うと、担当は「私ねえ」と満更でなく、Bは「じゃあいじめちゃおうかな」と押し倒した僕の顔に跨った。「シャワーしてない」と言われ「汚くはないし」。少し石鹸匂い舐めると塩っぱい。


一生懸命舐めてくれてる」。C「ちんこびんびんじゃん。興奮してMなのかな。涙流してる。跨っちゃえば?」担当騎乗位で童貞喪失」「かつ顔面クンニ3P」「入って4Pにしてあげたら?」「どこに入るん?w」「私、欲しくなっちゃった」「ダメですダメです、私とよねー」「早くして、その後」「童貞が回されてるw」「私も男に回されたことあるの。終わった次で、口にちんこ突っ込まれて、胸揉まれて、もう何も考えないようにしただけ。最初に顔に出されたから、キスはしなくてよかったのが、マシ。でもそのこと考えてオナニーもした」「変態ですな」。Bはどいて、僕に思いっきキスをした。「君も今日のことずっと覚えててね。他の女としたらダメからね」「それは無理w」


「どいてどいて」と担当がBさんをどかし、「ではでは。せーふせっくす」と僕は生まれて初めて女性コンドームくるくるつけられて、「私も普通に濡れちゃってる」と僕に跨り、指でちんこを挟んで位置を定めて、「挿れちゃうよー」とゆっくり腰を下ろしたから、ちんこまんこに入った。「本番行為禁止ですよw」「禁止なんだって。止める?」と腰をゆっくり動かしてる。「じゃあ、自分で考えて、私を気持ち良くさせて。私を好きにしていいよ」と言う。「可愛い」と言っておっぱいをそっと揉んだ。「ありがと」。乳首を摘んだ。キスしたいなとしようとすると、担当もそれに合わせてくれた。前歯が当たる。担当が僕をじっと見て「私と付き合う?」と言った。もちろん返事は「はい」だったが、C「不幸しか見えない」。「ビデオでさあ、高校生くらいの女の子が男にやられてて、「中で出すからの子供を産んでね」って言われて「はい」とか言わされてんの。その後後ろから別の男がアナルにいれてん」「芝居でしょ」


担当は対面座位で腰を振って僕の首に腕を回して「私が初めてだから浮気なんかしないよね?」と上目遣いで見てきた。「約束してくれたら、生で中で出していいよ」と言った。そのときもうイキそうだった。「イキそう。。」「出ちゃうの?白いのいっぱい出ちゃうの?私の中にだよ」と動きが速くなった。「こうして悪い女にひっかかるんだねー」。僕はもう「担当さん好き」と言って抱きしめて「でもいいですか?」と聞くと「いいよ。いっぱい出してね。とキスをされたまま、びくんびくんびくんびくんびくんびくんびくんびくんと女性の中に射精した(ゴムあり)。一息ついたとき、僕は汗をかいてて、担当は「やっぱり歳下童貞可愛いなあ」と頭を撫ぜてた。「私の名前AAからね。僕君は私以外の女とはしちゃだめだからね」。思わず頷いてしまったけど、Bが「明日からね」と担当をどいてどいて。コンドームに白い精液が溜まっていて、「いっぱいでたねー。おなにーしないの?」「します」「特別にお掃除してあげる」Bはちんこを舐めた。敏感過ぎる。「もう復活してる。若さよねー」。Cはコンドームの中身を手に出してた。それを口に入れた後、僕にキスをして中身を口移しした。飲み込めないけど、C「自分のせーしの味は?」とまたキスをして。舌で僕の口の中を掻き回した。担当「私の彼氏が酷いことされてる」。B「私、ピル飲んでるから生で、中で出していいよ」と、同じように跨って入った。「生は気持ちがいいよねー」「避妊してるの嘘で、赤ちゃんできたら責任とらなきゃね」「私はできてもいいよ。さっきはゴムな中だったけど、今度は私のなかで、精子受精ちゃう。孕まされちゃう」。担当「後で私としてお口直しするからね。」とキス。「せーしの味がする」。


B「後ろからして」と四つん這い。生まれて初めてのパック。C「雌豚に罰を与える気持ちでやると良いよ」B「豚じゃないよね。C「お尻叩いて」。ぺちっ。C「こう」。パシーン。B「なんであなたが叩いてるのw」。C「私に続けて言って。私も歳下の彼氏欲しい。何でも言うこと聞いて、絶対裏切らないで。でも私は色んなカッコいい男にやられたい。勝手に中で出されて、後から優しくされたい。みんなに見られながら、逆ナンした男に後ろから突かれてる」。僕は胸を揉みたくて、Bの上体を起こして、両手で両方のおっぱいを揉んだ。「上級テクニック!」。Bは顔を後ろに向いてキスをせがんだ。「私、他人の本気のせっくすを生で見るの初めてだわ。Bちゃん自分でくり触ってんじゃんw」B「すごい。イキそう」と言ったあと、少し静かになって「イッちゃう」と言って、身体が震えて、前屈みになって、ぐったりした。C「イカせるなんて、ひゅーひゅー」。


僕はどうしていいかからなくて、Cが「私もいいかな」と言うからはい」「じゃあいちどシャワーして。おちんちん抜いて」ずるり「あっ」。C「私もしたくなっちゃった」。担当さんはソファーに座って、寝てるよだった。

2020-05-22

先輩が異動させられるかと思ったけど多分コロナのどさくさで無かったことになった

配属される

年の近い3人の先輩から彼女いるの?」系の質問されて、童貞探りに移行。以後、女性社員オーディエンスにした、雑談の体を守ったニヤニヤ中傷が連日続く

取得必須とされている資格試験があるんだけど、その参考書が実務でも役に立つ内容だったので仕事中はデスクのすぐ手伸ばせるところに置いていた。

すると3人のうち2人がやってきて、参考書ペラペラめくりながら

「すごいじゃ~ん!!!!wwwめっちゃ勉強してるじゃん!!!wwwいやあこれはもう落ちないね!!!www100%受かるね!!!俺たち無勉で受かったんだから、こんだけ勉強してる君なら全国トップ合格できるんではないっすか!?www結果、期待してるよ!!!www」と爆笑しながらプレッシャーをかけられる

それが合否発表までほぼ毎日続く

無事に受かる

十数人参加してる飲みの席で合格を「あん簡単試験猛勉強した変な奴w俺こいつが怖いw」的にいじり倒される。

そこから「さて!!wwwではあっちのお勉強のほうはどうなんでしょうか〇〇君!!www」という合図で完膚なきまでの童貞いじりに突入

オナニーは1時間何回してるんですか!?w」

「おい、お前それ訊くなら1日何回だろwwwなんだ”1時間”って!!……やっぱり〇〇大先生会社でも女の人見て興奮してるんですか?」

「wwwwwwwwwwwwwww」

息ぴったりのコンビネーションで相当エグいことをひたすらみんなの前で言われ続ける。

めちゃくちゃ体調悪くなって吐きそうになった。

「こいつにオカズにされてたらどうする?w」と訊かれた若手の女性先輩が眉間にしわを寄せながら自分の両腕をさすりまくってたのが一番きつかった

その日以降、自宅や職場便所ゲロ吐いたり、夜睡眠中に頭のなかで飛び起きるレベルの爆発音が鳴るようになる

そこから3ヶ月粘って働き続けたけど(その間も先輩方のイジリは平常運転)、ついに限界がきてメンタルクリニック

医師に今までの経緯を全部説明して「今まで通り出社するのが困難」と伝えたら、適応障害診断書が出る。

医師がマジ切れしながら「異常な職場上司でも人事でも信頼できる先輩でもいいから、このことを訴えなさい」とアドバイスされたところで耐えきれずに号泣

上司退職したい旨伝えたところ飛び上がるほどビックリされる。自分のほうも「(あん地獄のような毎日送ってたのに無風状態だと思われてたの!?)」と内心で飛び上がるほどビックリする

診断書とともに今までの経緯を全部説明したところ、人事を交えた面談に発展

ひとまず、休職ということで決まる。「元気になって戻ってきたとき安心して働けるようにする」と人事に言われる。

これを「先輩たちを異動させる」という意味に捉えて職場復帰に多少前向きな気持ちになった

週1回上司電話で体調を報告しながら、通院する日々に

つい先日、上司から電話で「3人に猛省させた。二度と同じことは起こらない。テレワークが終わったタイミングで復帰しないか?」と言われる

絶望




フェイク皆無で書いてる。

職場の人が見たら100%バレるだろう。もう復帰する気はない。

これだけ無茶苦茶な目に遭わされたのにこっちが潔く辞めるとかごめんだから、出るとこ出ようと思ってる。

社名晒したらこっちも火の粉を被るんだろうか。

相手にも同じぐらいのダメージを与えて今までのことを清算したい。

2020-04-22

LGBTへの配慮がない世界に住みたい

ちょっと追加で金出してさ

なんかもう性別言及するたびに配慮する生活疲れた

まれた時から性別は男女の2つだけじゃない」って教育受けてるなら全然いいんだろうけど、何十年も染み込まされた価値観を今更変えろって言われても困る

いや、実際価値観は変わったよ

「異性にモテる」とか「男らしい決断」みたいな細かい表現を見るたびいちいち「あっ古いジェンダー観だぞ!」と思うようになった で、それが引っかかっていろんなものが楽しめなくなる

もういいよ ストレート異性愛しかいない街を作ってそこに住むことはできないのか?

べつにLGBTの人を傷つけたい訳じゃない、むしろ傷つけたくないからこそ一緒にいたくないんだよな

ゲイとかアセクシャルの人にうっかり「彼女いるの?」とか言っただけで若干地雷踏んだ感じになるわけじゃん 俺は男は基本女と付き合うものって世界で生きてきた(つうか実際9割はそうなわけだし)から咄嗟にそういうこと言っちゃうわけですよ そういうところをいちいち直さないといけないのはマジで面倒

金なら出すから関わり合いになりたくないというのが正直なところ

LGBTは俺の街から出て行け!とは言わない むしろ俺が出ていくからお互い別の世界観で生きようぜ という気持ちがある

まあでも皆さん俺より進歩的で寛容で柔軟で素晴らしい人間から、俺がそんなこと言って街を出たところで誰も仲間はおらず山の中で暮らすことになるんだろうな

ハア……

2020-01-16

"彼女"の定義

彼女いるの?」ってみんな聞くけど、彼女定義ってなんなの?

マスト

女性

・男女の関係がある

金銭の授受無しで会える

告白してOKをもらう

●この条件が入るとセフレ

告白してない

●この条件が入ると不倫

・既婚

これであってる?

2020-01-07

セクハラの仕返し

効果的で二度セクハラしないようにしようと思うようなの何かないかな?

セクハラって言っても、はぐらかしてるのにしつこく性的な話を振ってくるとか無視して帰ろうとしたら「家に泊まっていかない?」とか聞かれたくらいで身体被害はないけど

15も年上のオッサンにされてむかつく。オッサンって鏡とか見ないのかな?

私みたいな地味女だけじゃなくて美人な子にも同じことやってたらしいし。こういうのって男性から見たら理解できるものなの?

私は40歳女性が25歳の男性に「彼女いるの?同定なの?初体験はいつ?性欲ないの?」とか根掘り葉掘り聞いてたら普通に気持ち悪いと思ってドン引きするし、自分10以上年下の子にそんなこと言ってる状況が全く想像できない(編集普通に下ネタ興味ないか10以上年下の子でなくてもそんな個人的なこと聞かないけど、、)

2019-08-02

anond:20190802113649

友達は、恋人候補なの?

だったらそんな駆け引きせずに、「誘ってほしいな!一緒に行きたいな!」「一緒に出掛けたっていうのは隠すタイプなの?彼女いるの?

最初ちゃんと訊いたらどうかな。

世の中にはとんでもないプレイボーイも二枚舌もいるようだよ。

表向きは優しくて彼女だと思ってたら他にも交際してる人が居たとかって話、人生の先輩や友達にいろいろきいてしまい、

すっかり恋愛に憶病になったよ。怖いよ。

「この人は本気の人としか出かけないんだね」って判ってもらえないといけない気がする。

遊びたいだけなら、気が向いたときに誘ってみんなで盛り上がって爽やかに友達するといいんじゃない

どういうのが「友達」か知らないけど、私の中では「友達」は深い交際なんかはしない人の事だよ。

2019-07-24

あほな女とずるい男の一晩の出来事主観

掲題通り。ざっくり言うと、彼女がいることを告げずに、部屋に知人女性を招いた男性と薄々感づきながらも誘いに乗った女性の話。それだけです。

ノンフィクションのような顔をしたこ文章は、この後に及んで恥を捨てきれないわたし編集が入ったフィクションである。ありふれた出来事である。それでも当事者になった今、心の整理がつかずどこかに吐きだしたいと思ってしまった。

今月初め旧知の男性と久しぶりに連絡を取った。互いの家に行き来しながらも色っぽい雰囲気にはならない。当時はそういう間柄だった。

互いの仕事の話をし、たまに食事をする日が続いた。食事代は彼持ちだった。食事の後は決まって夜の路地裏を散策した。帰りは彼の家から逆方向にもなろうとも必ずわたしの家のそばまで送ってくれた。指一本わたしに触れることはなかった。以前会っていた頃は当たり前のように割り勘だった彼が、いつのまにか身につけたスマートな身のこなしの居心地の良さに身を委ねていた。そういえばちょっと好きだったことを思い出した。ちょろい女ですね。

今月半ば彼の家を訪問した。間取り不思議だというのでどうしても見に行きかった。私たち共通点好奇心が旺盛なところで、それは昔もこの先も変わらない。彼は好奇心武器にして世界を広げ、私は好奇心に身を滅ぼされる日々である

男の一人暮らし「っぽい」部屋の中で、スマホ動画を見た。テレビのない部屋だったから。明かりはすぐに消された。街灯が室内を十分に照らしたので、部屋の暗さは気にならなかった。動画謝罪会見だった。大人の男が信頼を寄せていた組織に裏切られて涙を流す様は悲壮感に溢れ、とんでもない光景目撃者になったと感じた。動画を見終わり彼はわたしに寝台の上に来るように誘った。わたしは数回それを渋り彼はたいそう残念がった。その姿はとても可愛かった。

互いの全ての衣服が寝台の脇に積み重なった後、彼はわたしに「彼女がいたらどうする?」と聞いてきた。え!彼女がいるのに、どう見ても面倒な女に手を出さないでください!「やばいタイプを見抜く。適切な距離感を保つ。」あなたのそういう危機管理能力の高さをわたし尊敬していた。

登っていると思っていた大人階段は、大人ロッククライミングから大人フリーフォールだった。「どうする?」じゃない。知っていたら今あなたの部屋ですっぱだかになってない。「彼女いないの?」と聞かなかったのは、好きになってしまったわたしの落ち度だ。

虚無感を覚えたわたしは寝台を降りて服を身につけ、彼の頭を撫で「あなた眠るまでここで見守ってあげる。」というあほ提案をした。彼が睡眠を求めている訳ではないことは当然知っていた。アラサーにもなって何をしているんだろうと思った。脳内鬼束ちひろが鳴り止まない。こんなもののために生まれたんじゃない。わたし神の子やぞ。どういう歌詞だ。好きだ。彼の部屋にあったお酒は美味しすぎた。彼はわたしの好きなものをよく知っている。そんな彼のおかげでわたしは「愛憎入り交じる。」という気持ちを知ることができた。

仕事相談も報告も彼女にすればいい。旅先の奇天烈お土産だって彼女にあげればいい。わたしがあげたものをいまだに喜んで使ってくれなくてもいい。永遠に続くとりとめもないLINEだって彼女が喜んで相手になってくれたと思う。というか同時に相手してるんだろう。

しばらく彼の頭を撫で続けていると「お願いだから帰ってください。」と彼は泣きそうな顔で言い出した。「嫌です。あなた眠るまでここにいます。」と言い張る性格の悪い女を彼は抱えるように自宅の外に連れ出し、いつも通り家のそばまで送ってくれた。

お互いの中で、あのエンタメ界に激震が走った夜はなかったことになっている。彼は今もLINEわたしの好きそうな話題を振ってくれる。わたし好意を知りつつ、彼女と別れることは絶対にない。

JITTERIN'JINNのプレゼントに出てくるあの子超かっこいい。あんな風に爽やかにさようならプレゼントしたい。

わたしはどうしようもなく愚かだし自分に酔っている。彼にこの文章を見つけてもらって嫌われたいと願っている。ほんとうに厄介でたちが悪い。あ、このありあまる謎のエネルギー転職エネルギーにでも転化しよう。昇華させようそうしよう。って自分に言い聞かせよう。彼女いるの?っていう確認は早めにしよう。

2019-01-09

従姉のAさん

私には2歳上のAさんという従姉がいる。私とAさんの血縁関係は少し特殊

Aさんの母親は私の父親の妹(=私の実の叔母)でAさんの父親は私の母親の兄(=私の実の叔父である

即ち、Aさんと私は母方と父方の祖父母が同一なのである

母が父と結婚後に叔母に叔父を紹介したらしい。(自分で書いててややこしいな・・・

母の実家と父の実家電車で40分程度で行き来できたので私の家族とAさんの家族正月帰省した時は

まず母の実家に泊まりに行きその後父の実家に泊まりに行くのが定番であった。

幼い頃は私にとってAさんは「仲のいい親戚のお姉ちゃん」であったが思春期になる頃には「一人の異性」として意識していた。

しかしながらAさんを異性として意識すると同時にある種の後ろめたさというか背徳感というか何とも言えないものを感じていたのも事実である

血縁の濃さを無意識のうちに考えてしまっていたからなのかもしれない。

あれは私が大学一年生の時の正月であった。例年通り母の実家に泊まった後父の実家に泊まったのだが

そこで麻雀に興じていた親戚達からコンビニに行って酒とつまみを買ってくるよう頼まれたのである

寒い夜に外に出たくない私が頼みを引き受けるのを渋っているとAさんが「増田君一人で行くのが嫌なら私も一緒に行くよ」と言い

二人でコンビニに行くことになったのであった。

道すがら私はAさんを意識していること悟られないよう注意しながら他愛ない話をしていたのだが

ふとAさんが冗談で「彼女いるの?いないなら私が立候補ちゃおっかな~」と言った。

私は内心ものすごく慌てながら「冗談はやめてよ~セクハラだよぅ」とわけのわからないことを言いながら自分の動揺がAさんにバレない様願っていた。

結局その後私とAさんは特に何も無く今に至るのだが、あの時もし「わたしは一向にかまわんッッ」と言っていたら(Aさんはバキシリーズが好き)

何かが変わって今頃「血の濃い従姉と一線越えかけた話」を増田投稿していたかもしれない。

そして「一線も何も従姉は結婚できるのだが」とブコメでツッコまれていたかもしれない。

2018-05-23

anond:20180523175657

恋人が欲しいなら自分から動けとは言われるしわかってはいるけれども、自分が好きかどうか定かでもない相手アタックできるか?

自分がアリかどうかを相手確認する作業がサシの食事誘ったり、「彼氏/彼女いるの?」って質問

相手にやんわり断る手段をこっちから与えといて、それを行使しなかったんだからまあ多分いけるだろう状態にしてから好意を開示する

たまにこの前段階の確認作業を「アタック」だと勘違いしている人がいるがそれは全然違う

2018-05-02

anond:20180427145238

家族主義じゃないけど多数派一般論を前提に会話振るのは問題ないだろ

実家暮らしいいねごはん出てくるんじゃないの」

一人暮らし?お母さん淋しがってるんじゃないの」

結婚は?彼女いるの?

ってのは会話のきっかけとして相手は当たり障りないつもりの自分の投げやすい球を投げてるだけだから嫌ならお前が返しやすい球に誘導しろ

それは話しかける要素が他になくて職場おっさんおばさんに気遣わせてんだよ

2017-12-24

俺「彼女いるの?

俺「クリスマスイブひとりで増田とか寂しくない?」

俺「俺が良いなら良いんだけどさあ…」

俺「俺仏教徒だもんな。葬式仏教だけど。だったら良いか。」

俺「イブの昼間からオナニーして昼寝とかある意味贅沢だしな。」

2017-11-25

憧れの人に勝手に幻滅させられた話

1年前、大学の先輩で憧れの人がいた。

哲学を専攻していてジョンレノンみたいな丸メガネでとても身長が高く、いつも1人でいる人だった。隣のゼミの先輩で、もうすぐ卒業してしまう。不思議雰囲気で浮いているのだけど、課題に熱心に取り組む姿や頭がキレるところを尊敬していた。建設的で人の悪口を言わないところも好きだった。

たまに、ゼミ生どうしの発表会にフラッとあらわれて、意見をくれる。「あなたの発表が1番良かったと僕は思うよ」その一言を聞けるのが嬉しくて、課題に熱心に取り組むことができた。適当大学生だった自分モチベーションを与えてくれた恩人のような人でもあった。

先輩に対して片思いというよりは憧れの気持ちが強かった。先輩の信者に近かったのかもしれない。先輩のゼミでのかっこいい姿を見れたら満足で、友達が少ないところも好きだった。たまに、図書館で偶然会ってほんの少しお話しするだけで、その日1日天にも昇る心地で、御機嫌に過ごせた。

彼女になりたいなんておこがましい。かまってもらえるだけで嬉しい。それで、良かった。

そして、先輩が卒業してしま最後ゼミの日。ゼミどうしで送別会が開かれた。普段は顔を出さない先輩もこの日は最後からと出席してくれた。

すると、自分ゼミ女性の先輩たちが、憧れの先輩をいじりたおす。「普段ミステリアスだよね」からまり、「彼女いるの?」「趣味は?」「進路は?」などなど。先輩は真摯に答えるんだけど、回答するたびに女性の先輩たちがケラケラ笑う。

先輩が、飲み会のノリで彼女写真を見せるように要求されてる……。

なんだか、急に具合が悪くなった。先輩に彼女がいるのは薄々わかってたし、そこじゃない。低俗飲み会のノリで先輩の正体が露出されていくのが耐えられなかった。急に涙が溢れそうになって、黙って下を向いてるしかなかった。

勝手に強い憧れを抱いていて膨らみすぎていたのはわかってる。バカ自分が悪いのだけど、憧れてる人の素性が大学生飲み会のノリでみんなにオープンに共有されていくのがなんだかとてもとても悲しかった。独占欲ではなくて、空気感が下衆に感じられて、悲しかった。

自己中心的なのはわかってるのだけど、憧れが膨らみすぎたんだと思う。1年前の話で、いまは、別の好きな人をちゃんと見つけられてるけど、いい思い出に昇華できるようにしたい。

2017-03-02

彼女とのセックスが辛い

当方28歳、4年前から付き合ってる彼女とのセックスが辛い。

彼女との出会いきっかけは自分家庭教師として彼女に教え始めたのが始まり彼女に会うまでは素人童貞生活費を切り詰め月2回風俗がよいをしていて彼女が初彼女だ。

付き合うきっかけは彼女からの誘惑で、ある時家にいくと

彼女先生彼女いるの?

「いないよ。」

彼女「えー、じゃあ24になるのにセックスしたことないの?」

「そうだね。」(風俗経験は隠した)

彼女「じゃあ私と付き合う?」

みたいな流れで付き合うことになった。付き合ってから気づいたんだけど彼女はかなりのわがままさらに少し腐女子はいっている。つまりホモっぽい漫画を良く読んでいる。

いつもは通常のセックスをするんだけど、彼女の気分次第で彼女が攻めになる。これがとんでもなく苦痛。まずフェラがとてつもなく下手くそで痛い。しか自分では上手いと思っているから痛いことを指摘すると不機嫌になってさらに激しくフェラをするから怖くて指摘できない。

腐女子だけあってお尻の穴にも興味があるらしく指を入れてくる。風俗でそう言うプレイをやったこともあるので嫌ではないのだけど彼女ガンガン指を動かすので痛くて仕方ない。これも指摘するとさらに指を激しく動かされるから怖くて言えない。

何度かもっとやさしくするようにお願いしてみたんだけど、全く聞いてもらえない、厄災が過ぎるのを待つしかない。多分変な同人誌を読んで強くするのがいいって思い込んでるんだと思う。

かといって自分がされるときは優しくされるのが好きでちょっとでも痛いと乳首を思いっきり噛まれる。若いだけあって性欲も旺盛で何回も求められるのであそこと腰が痛くなることもある。

しかに若くてみずみずしい体は20代風俗嬢とは全然ちがうのだけど、こんなにわがまま彼女とはこれからやっていく自信がないしセックス苦痛過ぎる。

別れ話を切り出すと「警察にいく?」とかいって脅される。

今日セックスをしたんだけど彼女が攻めに回ってめちゃくちゃ痛かった。もう、早く別れたい。セックスが辛い。

2016-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20160402212007

なんで、募集中ですって言わないんだよ。

彼女いるの?

「要りません」

と言われたら、話が続かないだろ。。

彼女いるの?」って聞かれたから、

「いませんよ」って答えたら、「あっ、ごめんなさい…」って気まずい雰囲気になることが3人連続であった

意味分からん。気まずくなるなら最初から聞かないもんじゃないの?

2015-06-12

女の子気持ちが知りたいよう

女の子気持ちが知りたいよう

友達女の子と、

休日から映画観に行って買い物して、

失礼が無いように夜そこそこおしゃれなレストランで食事したとき

俺「こないだ彼女がさ~」

って言ったら、

女の子「え、彼女いるの?

って言われて、

俺「えーいるよ、言ってなかったっけ?」

って返したら、

そこから帰りのタクシーまでずっと不機嫌だったんだけど、

これって脈あったの?

それとも

「え、今わたしもしかして、脈あったって思われてる?」

って考えて不機嫌になってるの?

どっち?

俺、基本的非モテから判断つかん。

ちなみに女の子彼氏はいません。

2015-06-02

モテなかったブサイク二股をかけだしてわかった事

どこにも書けないのでここに吐き出す

ただの自分語りで内容はフィクション、読んだら不快になるであろうと思われる事を先に言っておく。

モテない。

俺はモテなかった。

小さい頃から見た目もブサイクでぶくぶくと太っていて、顔立ちの綺麗な親にも「ブサイクだね笑」だなんて笑われながら育った。

幸いにも見た目が理由いじめられたり、というような事はなかったが明るいブサイクという感じで俺は女性と縁が無いまま横幅を含めてすくすくと育った。

TVやネットで見るような恋愛煽りを、自分には関係無い、と思いながら

ネット呪詛を吐き出し、アニメーションかわいい少女達へと精液を消費するいわゆる典型的ブサイクキモオタク だった。

モテない事はコンプレックスだった。

兄貴は俺と対照的に女をとっかえひっかえしており、俺のコンプレックスは加速していった。

することが無かったので、見た目に恵まれなかったので、加速したコンプレックス努力した。

楽しそうに振舞う恋愛強者を尻目に、勉強し、本を読み、ネットに浸った。

おかげで周囲の環境家系に対してはそこそこの学業成績を出せるようになり、年齢に似合わないコンプレックスによって醸造された屈折した視点と切り口を得ることが出来た。

気づくと16歳になった。

ネットに入り浸ることで4つ年上の女性ネット出会い恋愛感情が芽生えた。

しかし、自分には恋愛をする資格が無いと信じていた。

会えば嫌われる。なので、またコンプレックスを加速させることにした。

見た目に対して努力しだした。ぶくぶくと太っていた体重を20kg近く削り、見た目に気を使って最高の状態でその人に会えるようにした。

そうして、俺は彼女と初めて会った。

期待していた見た目とは違い、まぁブサイク女性だった。

といっても、別に見た目を重視していたわけではないのでどうでも良かったのだが。

年上でありながらも俺より子供のようないわゆるメンヘラに近かった。

依存体質で日常の小さな幸せに満足する、優しい女性だった。

そうして初めて彼女ができた。が、出会い方や彼女の見た目もあり恥ずかしくて友達や親には黙ったままそのままダラダラと5年間付き合った。

これを逃せば俺にチャンスは無い。そんなことを信じながらだらだらとゆるい幸せに浸かり続けた。

最初は好きだった気がするが、今思えばもう半年もすれば感情は無かったのではないかと感じるようになった。

何度も別れ話を切り出され、そのたびに口上手く丸め込みだらだらと付き合っていた。

もう興味は無かったが彼女がいない自分が怖くて、まともに対応しないままライン電話も取り合っていなかった。

5年がたち、俺は大学生になり彼女は26になった。相手はもう結婚を考える年齢だ。

このまま流されて結婚してしまうのだろうか、とかそんなことを思いながら限界を迎え、ついに別れた。

初めての失恋にはショックだった。月日は長かったらしい。

つい最近まで手紙や渡されたもの処分できないままでいた。

別れてからの数ヶ月で今までに無い勢いで成長した。

勉強に向き合った。女がいない自分価値が無い気がして怖かった。

から嫌だった。初対面の人間に「彼女いるの?」と聞かれるのが。なんでそんなプライベートなことを大して仲良くもないお前にこぼさなきゃならないんだと思いながら

「いないよ」と嘘を吐いた。思えばあの時からもう片鱗はみえていた。

から心理学の本を読むのが好きだった。人が見える自分は素晴らしく、理解できる自分価値がある気がした。

モテる心理学ブラック心理学!なんても俗なものから専門書まで暇なときにちょくちょく読んでいた。

意味不明視点と考え方から根拠はないが人よりも人の気持ちに昔から敏感だったように思う。

言葉の節々や小さな仕草から相手が何を考えているのかわかるような気がした。

同時に、恋愛脳内物質機械仕掛けに過ぎない気がしていた。抱擁で分泌されるホルモンオーガズムで分泌されるホルモン

機械仕掛けに脳は刷り込まれていく。愛の正体はホルモン。だから、相手の脳内にそれをたくさん分泌させてやれば相手に自分を刷り込ませられる。

別れて3ヶ月。新しく一つ年上の彼女が出来た。

モテ無いと感じていたが、18くらいから見た目に大きな変化が現れていた。

顔立ちは濃くはっきりとしていて、振る舞い方も随分と覚えた。昔より会う人間モテそうといわれる事が多かった。

あ、俺ブサイクじゃなかったんだ。うすうす気づいていた。

そうか、はっきりと女を望んでいなかっただけで実は思ったより自分に魅力はあったらしい。

そっか俺実はモテるんだなって気づいた。けど、男は見た目の問題ではない。

モテるという言葉は嘘である。どれだけ見た目に優れていようとも男は見た目ではない。女に向かっていかなかれば意味はない。

新しく出来た彼女はかわいかった。相変わらずメンヘラ気質だったが、人前で手をつなぐことも友達に紹介することも恥ずかしくなかった。

見た目は大きな要素ではないと思っていたが、単に俺のプライドが高かっただけらしい。

村上龍エッセイでこんなような事を言っていた。「美しい女が自分の前で裸になり、好きにしていいと言われる事、それこそ男としての承認だ」と。

今ならわかる、そのとおりだ。俺は美しい女に愛される自分を通して自分価値を見ていた。

自分なしでは生きていけない相手が、必要とされる俺が好きだったのだ。

そうして付き合って一ヶ月。

普段は目立たなかった俺だが、あるきっかけで広く人目につく機会を得た。

端的に言えば、出会いが増えた。

人目に晒されることで周囲に女性が増えた。

気づけば、一人の俺より若いから熱烈なアプローチを受ける事になった。

まんざらでもなかった。こんな俺でも必要とされている。

気づいた時には付き合い、隣で女は寝ていた。

兄貴の血は争えないな、と皮肉に思った。

いつもそうなのだが、行為の後腕枕をする自分に笑ってしまう。

「こんなしょうもない人間の癖になに腕枕なんてしちゃってんだよ」って、ツッコミを入れながら

悪友の影響で好きでもなく辞められない煙草を吹かして独りで笑っていた。

ラブホテルの照明が、小学生の時の図工の時間に書いた目玉にとてもよく似ていた。

俺の中では、本当につい最近まで小学生だったのに、何かっこつけて腕枕なんかしちゃって、煙草なんてゴミみたいな物に日常を煙に巻いてんだ、と思った。

気づけば、ドンドン駄目になっていっている自分がいた。

女がいなかった数ヶ月は本当に成長できた。今まで不可能だと思ってたことに挑戦し、努力し、成し遂げられた。

まれたからには仕方なく生きる、俺の全盛期はいつだった。そんな事を口にするのは俺は昔から絶対に嫌だった。

昨日より成長してなければ意味が無い。そんな事を思っていて、常に不安だった

不安からこそ成長できたように思う。常に不安で仕方なく、それを誤魔化すために努力した。

しかし、女が出来てからは違う。生きているだけに無条件に承認されたしまう。

生きていること自体肯定されてしまうのだ。

違う、と思った。

生きている事は価値かもしれないが、俺は嫌だったそんな事は。

ふと昔見た映画を思い出した。主人公が夢の為に付き合っていた女を振るのだ。

確かにそうだ、本当に成し遂げたいことがあれば女は枷になることが多い。

二股をかけてみて、何も楽しくは無かった。

二人から求められている事は、不安を取り去り、罪悪感を生み、俺の成長を止めた。

後ろめたく、首筋をつめたい手に掴まれている感覚が抜けなかった。

どちらかを選ぶのはムリだ。だって、多分。二人とも好きじゃない。

初めて付き合ってた彼女が付き合う前に年上の30台の男との事をよく語っていた。

俺はそれがたまらなく嫌で、高校生の俺がそいつに勝つには圧倒的に時間も何もかもが足りてなかった。

生きていれば経験値は溜まる。男は年を経る事に確かに価値が増すように感じる。

から若い女が年上の男に夢をみるのはムリも無い。彼らは安定している。

しかし、そんな事で成長できるとは思えない。年上の人生レベルの高い人間といれば、楽々人生は進むだろう。

高い戦闘力で色んなことを蹴散らしてくれる。しかし、気づけば残るのは若さしか価値の無い女だ。

それならまだいいが、数年もすれば年老いたただの人間になる。そうすれば、何も出来ない人間になってしまう。

男が「何も知らない女」に夢を見るのと対象的に、

女は「何でも知ってる男」に夢を見るのかもしれない。

でも行き着くところは同じ。

男は「何も知らない女は寛容で、何でも知ってる女は狭量だ」と思ってる。

女は逆で、「何でも知ってる男は寛容で、何も知らない男は狭量だ」と思ってる。

成し遂げたい事は何かを考えた。

そう思ったとき、双方が枷だった。二人から貰ったペアリングが、手錠であり、足枷であるように感じた。

もう嫌だった。自分価値を無条件に認められることが、しょうもない人間なのに生きているだけで肯定されるなんて意味不明だ。

このままゆるい幸せがだらだらと続いたところで、どこかできっと悪い種が目を出してもう色んなことがおしまいになる。

そう思った深夜2時。川を渡す橋の手すりに立った。

自分演出することを俺はよくする。

演じる事でそれがいつかホンモノになると信じているからだ。

俺は、俺の人生の主役は当たり前に俺自身だ。

ポケットに入った携帯。両手につけたペアリング

しょうもない。こんな物に囚われている。もう嫌だ。自分の事は自分で決める。

そう信じて、ドラマ主人公のように指輪を投げ捨ててそのまま飛び降りて川に身を投げた。

携帯は壊した。写真は消えた。

枷は取れた。壊した。

そのまま、二人を捨てた。

もういいやと思った。

経験人数やセックスそれ自体意味は無い。

世の中にはそんなことよりも楽しいことが死ぬほど転がっている。

その枷に囚われてそれを拾えない事のほうがよほど不幸だと俺は思った。

自分価値自分で決める。

他人から生きているだけで肯定されていいわけがない。

俺は、こうして今もモテないままでいる。

そうして心もブサイクなままだ。

不安で醜くコンプレックスしか頑張れない汚い人間だ。

でも、それでいい。

だらだらと無条件に愛されるくらいなら、モテないブサイクでいるほうが余程幸福だ。

今、俺を縛るものは何もない。

ただ、時折感じるやるせなさについては、飲み込むまでまだまだ時間がかかりそうだ。

2014-09-13

ギークな人は彼女いるの? 結婚してるの?

俺は現在40歳

プログラミングが楽しくて仕方ない。

仕事プログラミング趣味プログラミング

妻と子供がいる。セクースも好きだし、子供可愛いと思う。

でも、週末だって勉強したり、自分プロジェクトのためにプログラミングしたりしたい。

から週末の家族サービスやら、たまの家族旅行だのが辛くてたまらない。ストレス以外の何物でもない。

つねに新しい技術を入手して情報を発信したり、イカしたプロジェクトGitHubに公開しているようなギークな人たちはいったいどんな生活してるの?

結婚してるの?彼女いるの?それともプログラミングのために他のものはすべて捨ててるの?

2014-07-11

上京してきた後輩に東京洗礼

4月上京してきた後輩のアパートを訪ねた。意外と良い部屋で防音もわるくない様子だった。

その時、オレはセフレを帯同していた。後輩に都会の女を味わわせてやるためだ。

最初は、「あ、オレの彼女。」とか言って紹介したんだけど、コートの下は下着しかつけてない露出狂モード

しばらく談笑してたんだけど、「なあ、おまえ彼女いるの?

「いや、いないっすよ。」

「じゃあ、こいつ喰ってみる?」と、コートをめくって下着姿を見せてやった。

「先輩の彼女じゃないんすか?」

「なんだよ、喰いたくねえの?」

「いや、喰いたいっす。」

「よし、じゃあ条件がある。オレのまえで喰え。」

「えっ?無理っすよ。」

「じゃあ連れて帰るぞ?」

しばし悩んだ様子だったが、「わかりました。」と性欲が勝ったようだった。


「じゃあ、とりあえず下脱げよ。」

勃起したちんぽが出てきた。

「おい、フェラしてやれよ。」

コートをはぎ、下着姿のまま後輩のちんぽを舐めるセフレをみていたら、ちょー興奮してきた。

エロいわー。おまえちょーエロいわー。雌豚やんかー。」と罵声を浴びせていたら、なんかセフレが興奮してきちゃって、自分の指でおまんまんいじりはじめちゃった。

「おい、後輩、おまえも舐めてやれよ。」

目の前で繰り広げられるシックスナイン。なんかおかしくておもわずわらってしまった。

「もういんじゃね?いれたら?」

なぜか他人セックスを仕切るおれ。

「そういやお前、キスしてねえだろ?ちゃんとキスしてやれよ。」と指導すると、後輩君は律儀にセフレキスしていました。

後輩にセックスを恵む、のが一つ目の目的

二つ目が、3Pでした。これはセフレ希望。男二人に攻められたい、というので後輩に白羽の矢が立ったのです。

ちょっと、バックで入れてやって。」まだセックスの主導権はオレ。

後輩はぎこちないようすでなんとかバックではめ込み、腰を振り出したので、いよいよオレの出番、とセフレの前に経って、勃起したちんぽを咥えさせました。

イラマチオ。口マンコとして、激しく出し入れしてやり、そのまま発射しちゃいました。

後輩もいつのまにかイってしまったようでした。「速いよっ!」と後輩に言い、「もう一回できるだろ?布団ちゃんとしいてやろうぜ。」と二回戦の準備を始めました。

あした、はてブオフ会に参加したら、女子男子1の3Pを許可してくれる人に出会えるかな?出会えたらいいな。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん