「雑穀」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雑穀とは

2020-07-11

無機ヒ素スルーママリノール酸に恐怖している

めっちゃ発がん性高いんだけど何故か世の中に知られていない物質に「無機ヒ素」ってのがあるんですけど、これは米やひじきに含まれているんだけど、まぁ全然騒がれない。

それに引き換えリノール酸の騒がれ方と言ったら、常軌を逸しています

そしてタイトルから察しは付いてると思いますが、リノール酸に毒性はありません。普通栄養ですし。炎症抑制効果とかあるっぽいので積極的摂取してもいいんじゃないかなって思います

しいて言えばオメガ6系の脂肪なのでとりすぎは注意ですけど。いまさら油のとりすぎが悪いって情報要ります

なので前提としてリノール酸普通摂取するぶんには問題ないという事実があります

じゃあなぜママ達がリノール酸を恐れているのかというと、リノール酸を加熱すると発生するヒドロキノネナールって物質がかなりの毒性あるんですよね。

加熱すると毒性物質になるわけです。

そこでオリーブオイル信仰が出てきますオリーブオイル比較リノール酸含有量少ないので、炒めものに使いやすいっちゃあ使いやすいけどそもそも炒めもの自体をやめるほうが先だろうが、っていう彼女たちとっては受け入れがたい現実があります

ゼロ思考でもわかるように加熱したらどんな油も酸化して体に悪いです。いくらオリーブオイルが体に良くても炒め物に使ったらあんまり意味ないし、リノール酸少ないとはいえ結局ヒドロキノネナール発生するし、それ知ってるのならオリーブオイル使って安心!みたいな結論になるのおかしいんですけど、彼女たち気がついているのでしょうか…とほほ。

ようは炒めもの自体をやめれば、オリーブオイルだろうがそこらへんの格安植物油だろうが、それほどリスクは無いわけです。

この辺りママたちは異常に植物油を恐れすぎてるし、オリーブオイル信仰しすぎてるんですよね。

もちろんオリーブオイル健康に良いのでおすすめですけど、その背景とか知らないとジャージャー炒め物に使ってしまい、期待した健康促進効果でない、みたいなことになるのではないでしょうか。実際そうなってる人多そう。

あとめっちゃ発がん性あることでおなじみの無機ヒ素のことスルーしてるのも気に入らないですね。こういうちぐはぐな行動してるところとか、健康のこと気を使ってる風を装っているけど私からみる限りファッション雰囲気でやってるようにしか見えません。

オリーブオイルで炒めものしながら、無機ヒ素たっぷり玄米とか食ってるママとか最高にアホの極みです。

要は知ってることだけを騒いでるんですよ。気持ちはわかるけど、あまりにも知識が浅すぎる。もっと視野を広げて健康情報収集してくれよ

米とか雑穀安全かい固定観念に縛られないで

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

2020-04-20

三温糖以外の砂糖危険である

上白糖は白いから塩と間違えるリスクがある。三温糖茶色いから塩と間違えないか安全

味?三温糖と上白糖に味の差なんかないよ。

ミネラル?そんなもの肉や雑穀雑草を食えば補えるだろ。三温糖からとるとか意味いから。

茶色い上白糖があればそっち買うんだけどな。

2020-03-16

ファミマスープ類の嵩増しに雑穀を入れるのやめろ

不味い、食いづらい

2020-02-21

anond:20200221203913

玄米雑穀入りの飯で

多少消化不良の粒感残ってるくらいが

一番ケツメドの通りがいい気がする

2020-02-17

anond:20200217172441

すでにブコメ言及で書いてあるけど、人に貸す場合を想定している。

で、次第にリビング電話の居場所が移っていくわけだが、法律の制定や条約の締結とかと違って、各家庭の事情が絡んで「いつ」は言いにくい。

ただ言えることは各家庭に電話が普及するのと表裏一体の動きだということだ。

ところが、電話の普及ってのも技術革新と絡んで複雑な経過をたどる。

都市部の「即時化」

電話の普及は、ただ電話線が家に引かれることを想定するだけではダメという話。

「交換士あり」から「即時電話」(これには二つの意味合いがあって複雑なんだが)への変化を見なくてはならない。

私は北海道の事例しか調べたことがないのでそれを例にすると、市街地では昭和20年代後半から30年代丸々をかけて、まず「市内即時化」がなされていく。

これはある一定範囲の市内通話だったら交換士なしで自動で繋がるシステム。それまではトトロみたいに電話をつなぐ中の人がいた。

これを「即時化」とか「自動化」という。「即時化」「自動化」は地域ごとにボトムアップで進んでいく。中央から一気に御達しが出て一斉スタートになるわけではない。

その際に電話番語が改まる。それまでは電話の開通順で「1番」とか「8番」とか「53番」とか「104番」とか番号が割り振られていたが「即時化」で全ての番号が再編成され、私の調査値だと4XXXみたいな4桁の番号が新たに割り振られる。詳しくは忘れたけど、官公庁公共施設はは2XXX、病院は3XXX、みたいにある程度分野ごとに割り振りがあったと記憶している。

今でも市内だったら全部の電話番号押さなくても下何桁かで連絡できるでしょう。それはこの時期に出来上がった技術

今まで手動でしなければならなかったところが自動化されたことで、通信線が強化されつつ、電話が急速に都市に普及していく。

市外局番

市内での即時化が完了したが、都市ごとの連絡には未だ交換士に繋いでもらうことが多かった。

これも次第に、時に市内自動化と並行して解消されていく。

例えば北海道なら札幌を起点に、札幌函館札幌釧路札幌東京札幌大阪函館釧路釧路小樽……みたいに自動化がなされていく。なおこの順番は適当だぞ(道内では多分誰も順番調べた人いないんじゃないだろうか)。ともあれ網の目状に進んでいったという点に留意されたい。

都市間の自動化は、都市に固有の番号を割り振りそれを頭につけることで実行される。

市外局番」の誕生である

農村事情

主題とは遊離するけれども北海道農村部の事情を見ていこう。

戦後農村部ではラジオの普及と電気電話の開通が急務だった。

これは天気や雑穀価格変動の最新情報をつかむためだ。

また北海道では、NHK地理的にも経済事情的にも農業勉強がかなわなかった農家に対して、朝早く(野良に出る前に)「ラジオ農学校」を開設しており、地域ごとに識者を読んで種まきや農作物維持管理啓蒙に努めた。不作や冷害の場合への対策も、時にラジオを通じて伝えられた。

農業の成果に直に関わるため、各地域農家リーダー役の人々は、請願運動をし、時に自分たち出資して電気ラジオ電話を普及させていった。

農協からキロも線を引っ張って、自分たち電信柱を立てて、地元情報をもたらそうとした。

こうした事情もあり、農村地域電話は限られ都市自動化が進む時期においても電話を借りる、というシチュエーションは多く残されていた。

ラジオ電気に遅れるも、おおよそ昭和40年代丸々をかけて、農村部でも電話は普及していく。

私が見たことのある昭和37年北海道の事例だと、小学校の連絡先にその児童の隣のうちの名前電話番号が書いてあったり、農協事務所の番号が書いてあったり、電話ないけど学校からいから直接連絡伝えてください、と書かれているものがある。

おまけ もう一つの「即時化」

交換士なしでの電話を「即時化」というと説明した。

とってもわかりにくいんだけど、「即時化」と呼ばれる現象はもう一つある。

交換士が特に都市間の電話をつなぐ時、回線が限られており、相手先に繋がるまで相当待たされた。これを「待時」という。

場合によっては数時間かかる。いったん電話を切って、交換士さんから電話を待つ。

時間後、交換士さんから電話がかかってきて「〇〇さんとつながりました」と言われる。

それでようやく遠方の人と会話ができる。この現象がよく起こった時期は調べたことがない。

この問題回線を増強することで解決していく。

それで、この「待時」の解消も、時に「即時化」と呼ばれる。

この辺りの事情連続テレビ小説なつぞら」の考察をした人が最近詳しく書いている。

https://www.excite.co.jp/news/article/E1562427232846/

電話進化はめちゃ早

今生きる私たちも、ガラケーからスマホへの劇的変化の時代を生きている。

契約方法もどんどん変わる。誰もそれを詳しく記録していないし、きっと、全部は記録しきれないだろう。

個人的には、カメラ付き携帯がではじめた頃の数秒に一度しか画面が更新されないカメラから現在自撮り時代に至るまで、たったの十数年なのに隔世の感がある。

身近で微妙な変化も今のうちにちょっと記録しておくと、50年後くらいに楽しく老人会が開けるかもしれない。

2020-02-07

コザクラインコ、飼い主にそこそこ懐く

コザクラインコ、雛から育てて2歳半になった。飼い始めた頃は性別不明だったが、今は発情行動から女の子判断している。ただし産卵したことがないので確定ではない。

よくご世間では「コザクラインコ愛情が深く、パートナーと決めた相手一人にしか懐かない」とかいわれたりする。この子にとって飼い主増田の妻がつがい相手だ。鈴入りボールを投げ合ったり、もやしチャンバラごっこしたりと楽しそうだ。季節の変わり目には「さあ私の背中に乗って賑やかな家庭を築くのです」とばかりに両翼を広げてしりを高く上げている。

でも増田妻に懐いてしまたから飼い主増田蚊帳の外になったかといえば、そうでもない。どうやら飼い主増田インコにとって父親的な存在認識されているようだ。

今でもインコ晩ご飯を食べさせるのが増田毎晩の日課となっている。といっても挿し餌して食べさせるわけではなく、餌箱を手に持ちインコが食べる姿をひたすらじっとり見つめるだけである。見つめられながら食べる皮つき雑穀は大変美味であるらしい。

また水浴び後に頭を撫でたり痒いところを掻いて差し上げるのも飼い主増田役割になっている。

インコにとって、つがい相手に頼みづらい用件を増田に振っているのだろうと思う。

2019-12-16

anond:20191216082011

とくにほしくもないが、はらがへってどうしようもないか

ときれのぱんをぬすんだやつは?

ほしいかときかれればふっかふっかの菓子パンがいいが

なにをぬすむかときかれたら

腹持ちがよさそうな雑穀にしたというのは盗賊か?

2019-07-10

痴漢されたことない。見たこともない。リアル被害を聞いたのは2回ぐらい。

から痴漢されたことあるー!って会話を周りがしだすと死ねゴミどもって思う。

フェミさん痴漢毎日戦っておつかれ〜死ね。みたいな感情

貴族の娘が恋人と別れさせられ金持ちジジイに嫁がされるのを嘆いてるのを聞きながら、百姓仕事して少ない雑穀をかっこんで年貢に苦しんでるような気持ち。毎朝痴漢されるとか、住む世界違うわ。都会のまんさん流石っす。

多分KKOと同じ気持ちなんだろう。車通勤すればいいのに、とか田舎に越せよ、とか始発に乗れよ、とか思うもん。そりゃ直接は言わないけど思うもん。だって毎朝痴漢とか信じられねえわ。

こういうこと書いたら、こないだ増田フルボッコにされた。痴漢被害の恐ろしさを認めなきゃ思考犯罪扱いやん。痴漢より叩かれるやん。フェミ怖いわ。

2019-04-11

雑穀野菜がメインの健康的な食生活を心がけ、好きだった酒もやめ、毎日少し運動をして、週に2回はジムに通い、健康に生きようとしてるくせに。ほとんど常に死にたい‬。

2019-03-02

世界では和食が人気。一方で日本では・・・

日本食世界を席巻 訪日客増加が後押し

https://mainichi.jp/articles/20180103/k00/00e/040/129000c

世界では日本食が人気なのは誇らしい事だ。

その日本食を生み出した日本で起きている事。

「高級食パンブームが全国に! きっかけは“4ヶ月で1500万個”も売れたコンビニ商品だった

https://news.goo.ne.jp/article/jwave/trend/jwave-167158.html

なぜ食べない!コメの消費が減り続ける真因

https://toyokeizai.net/articles/-/218173

海外では日本食が人気で、日本ではパンが人気になっているとは。

昔の庶民宜しく雑穀とか食べるならともかく、パンものなあ。

2019-01-21

NHKラジオで慶安のお触れ書きについて解説してるんだけど

聞いてて段々腹が立ってきた。

農民雑穀を食べ、米を食いつぶすなとか

朝早く起きて草を刈れとか

なんか今の政権に言われてるみたいで、、

俺たちはお前らのために生きてるわけじゃねえ!

ふざけるな!

って言いたい。

ていうか、二十一世紀にもなって国民それぞれの生き方が、時の権力にいちいち規定されなければならないのか???

2019-01-08

anond:20190107220231

どこから説明していいかわからんがとりあえずスーパー青菜一年中買える状況ならそっちでええんや

 

・ナナクサのクサは今で言う「種」だ。七種類の具が入っていればよい。(地方によって七種がゆと表記雑穀を用いる場合もある)

縁起が良いのは「君がため春の野にいでて若菜摘む」っつって皇太子も大昔からデートネタにつかってたからであってその意味では現代でいえば軽井沢テニスでもクリスマスでもいい

冬至から立て続けに青菜が食えない食生活指定されてることにまず疑問を抱こう。

12/23 冬至南瓜、ゆず、うのつくもの

12/24 チキンケーキ

大掃除  コンビニメシ、おにぎりなどつまみやす

12/31 年越しそば

1/1~ 雑煮おせち

1/5 どんどやきおしるこ

1/7 ようやく七草粥

 

そりゃ胃腸やすめんといかんけどまず市場も財布も休ませたれ・・

特殊食品を遠くまで運ぶので疲弊するくらいならいつもどおりのキャベツを100円で売ってくれ

2018-11-08

健康診断メタボを指摘されて以降食事制限を受けている。

現代飽食と言われているのに俺が食えるのは雑穀野菜、魚、卵1個に鶏肉だけだ。

何が経済発展だあ

2018-06-29

ファミマの梅と蒸し鶏和風雑穀スープが売ってない

4軒回ってたけど売ってない。食べたい。

https://anond.hatelabo.jp/20180628235319

自分観測範囲では 雑穀野菜中心の生活をすることによって 体の機能が高まり 妊娠もしやすくなるらしい。

つぶつぶという名前でやってるヴィーガンの方たちは40代結構産んでいます自分もそのつぶつぶの料理のおかげか性機能回復してきました。

ご参考まで。

2018-02-20

anond:20180220015905

雑穀がいい。雑穀には味覚を改善させ、肝機能を良くし身体を調整してくれる力がある。

2018-01-22

[]1月21日

○朝食:ご飯、卵、納豆ふりかけ

○昼食:出前一丁佐世保バーガー

○夕食:赤魚西京焼きと十種の雑穀飯御前(スーパー弁当です、御前て)、大根サラダ

○間食:クッキーサプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

天気が良かったので、少し遠出して普段と違うスーパーに行ったりしてた。

税抜き表示の値段をみて一瞬「おお安い!」とか思ったりしてました。

それから掃除を軽く済ませて、りゅうおうのおしごとというラノベを読みました。

次の○で感想

りゅうおうのおしごと

将棋が題材のラノベ

アニメ1話面白かったので、原作を買ってみたんだけど、それはもうとてつもなく面白かった。

今日は4巻の途中まで読んだのだけど、すごくすごく面白くて、朝まで読みふけってしまいそうだ。

「負けの美学」って言っちゃう陳腐な感じがするんだけど、とにかく負けへのグツグツした感情がとてつもないお話だった。

巻を重ねるごとに群集劇的な面白さが出てきて、読めば読むほど面白くなっていく。

中でも僕が気に入っていて、この人の視点話になると緊張するのが「清滝桂香」さんのエピソード

1巻から登場しているキャラで、3巻ではかなり後半は目立って主役みたいな扱いだったのだけど、4巻でも出番が多めなので手に汗握って読み進めている。

既刊分は全部買ってあるので、全部読んだらしっかり感想を書きたい。

3DS

ポケとる

ドクケイルメブキジカ秋を捕獲

つかまえていないは32匹。

メインステージで未捕獲なのは15匹。

iPhone

コマスター

トレボを二回開ける程度にはプレイ

いやあ、ダブチャンラティアス特攻しかけるだけの運ゲー楽しいですね。

もう相手お金かけてるの見え見えの超強いコマだったりすると脳汁がドバドバ出る。

ゲーム家計簿

ポケモン(530/5000 繰越0)

MS系(0/5000 繰越0)

・@(560/5000 繰越0、ゲーム貯金21014、チケット8枚(実質250かける8))

・その他(4872/10000 繰越0)

りゅうおうのおしごとをまとめ買い。

2017-10-29

anond:20171029192505

そうなのか。数年前まで大戸屋使うこと多かったけど雑穀チョイスしたことなかったかも。

ただ、けっこう雑穀って種類たくさんあるじゃん。今俺が食ってる奴は、小学校の頃のやつと味が違うんだよね。

いずれにしろ雑穀は旨い。こんな美味しいものを(お金節約する以外の理由で)食べないのは損

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん