「春の祭典」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 春の祭典とは

2019-05-02

うどんハシゴの麺の長さ増田酢魔佐賀なノン目の越しはノン道(回文

中央道八王子方面に向かい走っていて頭をよぎったのは

この歌だった!

ユーミン中央フリーウェー!

って思ったらラジオから掛かってきてビックリよ!

おはようございます

ゴールデンウィークもしかして車の中で退屈してない?

そういう時は

イタリアのずっこけ写真って検索して画像見るか、

静岡塩漬けゲーム面白いわよ!

あのさ、

いよいよ私の近くのお蕎麦屋さんがざるそばやざるうどん始めたので

早速食べてきたわ。

でも今日最近凝ってる製麺機で作ってるうどん麺、

お店のものと食べ比べてみようと思って、

いつもならだいたいお蕎麦にするんだけど

今日は思いきってざるうどんにしてみたのね。

これは関東では少ないからざるうどんとなるとこちらの方が分があるかも知れないわ。

そんでね、

駅近にもう一見それはうどん屋さんには見えないような感じのするうどん屋さんが一軒あるのね。

私は最近そのお店が出来たこと知ってたけど、

蕎麦党だったかアウトオブ眼中を決め込んで行ったことがなかったのね。

でも行かなかったことに後悔!

今回のうどんのことがあったからもう今朝朝からうどん屋さんハシゴよ。

うどん屋さんがハシゴできる信じられる喜びだわ。

へーなるほどねってウドンワールド春の祭典とを感じつつ食べたそのうどんはなかなか美味しかったわよ。

うどんだし結構リーズナボーだしね。

であとで寄ったお店は、

な、なんと夜の23時まで開いてるって言うからてやんでーばーやろーちくしょーめって言いそうなぐらい

夜にでも寄れちゃうじゃない!

お店ごとのうどんの麺の個性があってまた面白かったわ!

コシに関しては家で作った製麺機での方が好きかな。

あと最初作ってみて自分で分かんなかったのが、

麺の長さ!

長いほど値打ちがあるって私も思っていた時代があった四時台なんだけど、

それは間違いね

だって長すぎると流石に食べにくいわよ!

ほどよく箸で持ち上げて良い具合の長さが良いのねって。

まり長すぎるのも何だわ。

意外とうどん麺が重いのよね。

持ち上がらなくなっちゃう。

で、その2軒目によったおうどん屋さんも長めの麺で、

そりゃおつゆのお猪口に入れるのが大変よ!

ああ、これか長けりゃいいってもんじゃないってことは。

実定的にそういうもの!って思ったわ。

なんでもほどほどなのね!

それはさておき、

ゴールデンウィーク中って意外と人少なくない?

ふなばしアンゼルセン公園は案外穴場よ!

うふふ。


今日朝ご飯

うどん屋さんのハシゴでまあ美味しく頂いたわ。

ちょっとハマりそうね。

意外とマルカ製麺行ったことがないんだけど、

ちょっと行ってみたいような気がしたわ!

今度混んでなかったら行ってみたいわね。

デトックスウォーター

麦茶ウォーラーよ。

もう冷やしても良いぐらいなんだけど、

さすがにまだそれを一気にはと思うので、

夜煮出して置いてそのまま放置しておけば朝になれば飲み頃の温度になるから

そうやって作ってるわ。

麦茶ウォーラー開幕よ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-06-25

anond:20180625154706

無音のオケ映像の冒頭から曲名を当てるかー

特徴的なのはベートーヴェン運命指揮者の手振りで簡単)、ストラヴィンスキー春の祭典(冒頭のファゴットソロでわかる)、リヒャルト・シュトラウスツァラトゥストラはかく語りき(ラッパが映って、全体にカメラが回ってティンパニカメラが変わって奏者が長く同じ音を叩き続ける・・・まででわかるかな)、あとは冒頭から出せるのって結構むずいか

特徴的なところだけ抜き出すならチャイコフスキーの1812年とかベートーヴェンの第九なんかもありかな

グスタフ・クリムトクイズ番組出るなら知ってて当然問題だと思う。

2011-01-14

酔っぱらいながらぶちまける

近親調以外の転調を遠隔調への転調と定義することで、調性圏内の和声は飽和した。広い意味での調性、あるいは無調、またそのようなものの連結は、厳密には定義されず、慣習として認知されるにはま歴史の積み重ねが足りない。

もともと、教会旋法があり、そこからの選別を経た結果として残ったIonian、Aeolianが一時は主導権を握り、和声的連結ももっぱらこの二つを考えたものだ。

ところが19世紀、ドビュッシー教会旋法を再評価する。(厳密にはドビュッシーに限らず、かのリストや数々の音楽家から群発的様相をもって現れてきたものだが、代表はドビュッシーである、ということは異論はないはずだ。)そのドビュッシーの「帆」は、全体にわたってMTL1、すなわち全音音階が散りばめられ、幻想的な雰囲気を醸すことに成功している。後にも先にも全音音階が効果的に使われたのはこの曲のみといっても過言ではない。

この時期は、既存和声の崩壊が随所に現れる。トリスタン和音、神秘和音といった概念はこれまでの和声に衝撃を与えた。型破りな進行と、限定的、効果的なものが共存したそれは矛盾をはらむことなく組み込まれていくこととなる(もちろん、穏健的な層からの反発はあった。今でこそ評価の高いドビュッシーの作品すら「誤用」と声を挙げるものもいたのだ。)

SomethingNewを求めた先に、過去歴史の再評価があったとはなんとも興味の惹くところだが、この時代の印象主義に限らず、あらゆる作曲家は新たな音楽観の萌芽を享受し、育んでいったのだ。

また、クラシック音楽界隈以外にもJAZZ誕生など、別方面からムーブメントが起こったのは見逃せない。巨大な市場が成立すれば、作曲家も無視するわけにはいかなかったのだ。JAZZ史を俯瞰するだけで何十万字という文章が書けるが、今回は省略しよう。とにかく、新たなアプローチが産声をあげ、互いに影響されたのだ。

そのなか、新規性が斬新さを持ち過ぎて受け入れがたい空気が醸成されたのもまたひとつ事実であるストラヴィンスキーの「春の祭典」は、初演当時そうそうたる作曲家――ドビュッシーサン=サーンスなど――が席を同じくしただが、その結果は賛否両論がふさわしく、それ以前「ペトルーシュカ」まで彼を評価していたドビュッシーすら、この演奏以降をもってアンチポジションを取るようになるほどのものだったのだ(もっとも、ニジンスキーのあの振り付けを初めて見て冷静に評価しろというのもなかなか難しい注文だと思うが)

これを期にして、というわけではないが、今後の音楽シーンは「クラシックな」ところから乖離していく動きが目立つようになる。シェーンベルクがドデカフォニーを確立し、システム的な面が強調されるようになる。後のセリー技法に直結するこの動きは、今日穏健派から黒歴史認定されている。

時系列的に和声の展開を捉えれば、それは不協和音程の和声的獲得である現在パワーコードやモーダルクラスターなど、ごくごく当たり前に用いられるのも、こうしたプロセスを経たものである

では、この先どうなるのだろか。

すでに一部急進派は、微分音を積極的に導入し、1オクターブを何十分割にもしてきた。穏健派も遅れながら、限定的な用法で微分音を導入しつつある。十二音を崩壊させてどこへ行こうというのだろう。

和音連結が微分音を獲得するときはくるのだろうか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん