「論理回路」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論理回路とは

2019-02-18

anond:20180928211649

トランジスタ大学で習ったわ

全加算器作ったわ


って、オイオイ、それはトランジスタを習ったと言うよりは、デジタル論理回路を習ったということだろ。

トランジスタ自体基本的にはアナログ素子だし、量子力学的な世界だしさ。

2018-12-11

実力底辺エンジニア目線から

NTT研究所退職エントリを皮切りに、いろんな転職体験投稿されるようになってきた。ちょっと前にも退職エントリ流行った時があったと思ったけど、思い出すのが面倒だからまあググってみてよ。

あい退職エントリ、そして転職成功談を見るとああ眩しいなぁ、すごいなぁ、羨ましいなぁとなーんにもできない自分がすごく情けなく思えてくる。

製造業システム部門みたいなところで働いてるんだけど、いま26歳。大学は三流私立理系情報工学を出た。いちおう卒論も書いてるよ。まあ学部卒だから、先輩たちがずっと引き継いできたプログラムちょっとだけ弄っただけ。教授卒業させてもらったようなもんなんだけどさ。

そんなんだから情報工学の基礎もあるようなないようなもんなわけよ。CとJavaちょっとかじって、ちょっとしたプロジェクト課題みたいなのをやって、グラフ理論とか、教養科目だけど線形代数やって、画像処理とか、論理回路とか通信の基礎とか学んだら実習したりまあそんなもん。

そんなこんなで卒業して、研究室の先輩が就職してたからって理由で受けた企業内定もらえたか就職して、集合研修受けて配属されてはや数年ってそんな感じ。

自社開発の製品ちょっとだけカスタマイズして納品とか、時々問い合わせ来ると対応したりするそんな感じの部署。だいたいC#Javaの組み合わせで、ときどきJavascriptをちょっとだけ書いたりする。でもだいたいはexcelとかWord資料作って、バッチちょっと書くとかそんな感じ。

モダン言語っていうの?RubyとかPythonなんか業務で触ったことがない。

バリバリプログラムを書いて製品作ってサービス提供するとか、工学的な視点から研究するでもなく、先人が作り上げてくれたなんとなくの仕組みをなんとなくなぞるような仕事をしている現状。それでもそこそこお給料はもらえるから生活するのに困るとか、めちゃくちゃ残業が多いわけでもない、けど、微妙に、ぬるい。

話が逸れまくったけど、結局、自分にはできないんだろうなって、転職とか退職エントリを見るたびに感じる。ソフトウェア開発する実力がない、底辺エンジニア目線から

2018-05-16

anond:20180516134736

論理回路知ってるくらいじゃどうにもならないけど?

本当にわかってて言ってんの?

2017-07-01

https://anond.hatelabo.jp/20170701191603

学校の授業でやったけど...

もちろん、マイクロチップじゃなくて

論理回路ICクロック回路ぐらいで。

から数千人以上はいると思うぞ。

2015-08-14

http://anond.hatelabo.jp/20150813032839

現代コンピュータ電気信号で動いているけど、電気信号であることが本質ではないよね。化学機構だろうが機械機構だろうが、状態の表現と基本演算さえできれば、そこから論理回路が作れてその上にプログラムを走らせることができる(物理的な大きさや速度は全然変わってくるだろうけど)。プログラムやそれが実現するアルゴリズムを「単なる電気信号」というのは異なる層をごっちゃにしている。

この世に起きる全てはある意味物理世界演算回路として並列計算をやっているとみなせるけれど、だからといって全ては単なる素粒子相互作用だと言ってみたところで、そりゃ間違ってないけどその言明だけから何か意味のある結論が導けるわけじゃない。

意識実装レベルでは脳内電気信号時間的パターンかもしれないが、高次の役割は「単なる電気信号」だけを見ててもわからんよ。CPUOSアプリケーションの知識が無い状態でバスに流れる信号を見たって何もわからないのと同じにね。

2014-03-01

非同期の方が使える

http://anond.hatelabo.jp/20140301065407

同期なんて遅くなるだけだよ、これからは非同期並列。ただし、論理回路は同期してくれ。

2012-05-16

説得力のない人の3つの特徴

http://anond.hatelabo.jp/20120515220559

この記事は全く説得力がない。以下に理由を記述する。



まず事実を正しく理解してないし、理解しようという姿勢も見られない

嘘が見抜けなかったからといって

笑ってすませばいいような(大きな実害が認められないような)人達がこぞってクレームに押しかけたのである

冒頭からこれか。 事実認定を誤る、というか事実を正しく理解しようという姿勢が見られないと説得力が激減する

要するに、何が問題なのか全然わかってないということだからだ。

子供の訴えに対して親の慰めやら説教が全く無意味ものになりがちなのもこのあたりが問題だと思う。

起こった事象しか物事を判断できない=想像力の欠如

特別過激な話でもないのに割と大きく炎上した。これが例えば天皇批判とか軍国化、太平洋戦争とか非常にセンシティブな話題に触れていたりするのならまだ話はわかるが、たかだかTwitterがどうこうみたいな話である。そしてそれが仮に本当だったところでお前らがどうするというのだという話である

セキュリティの発想って理解できない人にはとことん理解できないのだなぁ。

社内のメール持ちだしが発覚して、たまたまそれが社外秘じゃなく個人の飲み会予定だったら問題ないというのだろうか。

この理屈だと、セクハラなどの案件でも軽微なものは笑って許すべきだという話になる。

行為の「性質」が問題なのであって「程度」の問題ではないのだ。 いやわかっててボケてるんだと思いたいけど。


メタ認知能力が欠如している 

私には「すごく小さいジョークで滅茶苦茶過剰に怒られている図」に見えるのである

これは縦=時系列メタ認知の欠如。(本論では横=自分以外の人間視点メタ認知が欠如している箇所もある)

今回のたった一つの記事が問題になっているのだと思ったら大間違いなのだが、

冒頭の事実認定が間違っているから、想像することもできないのだろう。

虚構新聞の事をしってたらダマされないはずだ」という先入観が思考を愚鈍ものにしている。

今回の記事はあくまで「きっかけ」である。火種は前からあったのだ。

今回の記事に騙されたという人の数は知らないが、

虚構新聞について批判の声を上げている人のナかでは騙されている人はむしろ少数派ではないだろうか。

私は怒ってる人たちは前々から虚構新聞のことはよく知っている人が多いように思われる。

「前からずっと苦々しく思っていた」のだ。これは今までの蓄積なのである

今回の件だけで怒ってるわけでもなければ、今回の件が重大だったからそんなに怒っているわけじゃないのだ。

むしろ、問題が小さかったからこそ、純粋セキュリティの問題として論じられると思ってるかもしれない。

ちなみに「今回だけの件でそんなに怒らなくてもいいのに」

「そんなに怒ることじゃない、小さな事だろう」というのは小学生低学年などによくありがちな態度だ。

メタ認知が全くできていないといってもよい。

「わかったつもり」によるとこうした能力が育つのは平均して小学校4年あたりかららしい。

この文章を書いた人が小学生4年より上なのであれば、少し考えが足りないといわれても仕方ない。

そういや、都条例規制についてもなんか似たような反論してるコいたなぁ。

「このマンガ規制にするのはおかしい。これだから副知事はバカだ」みたいな理屈ね。

視野が狭すぎるというかとりあえず相手の落ち度を見つけて殴りたいだけの無責任な輩。

私も規制には反対とはいえ、ああいう間抜けな活動をされると味方に後ろから弾撃たれるみたいで迷惑です。




以下は本論についての感想特に読まなくてもいいです)

ここまでの時点で、上記記事、というか上記記事を書いた人の説得力殆ど無いわけで

批判する意図がなければこの時点でブラウザをそっと閉じるわけだが、一応続きも読んでみよう。

読んでみたがなんというか文体といい、幅広く問題をとりあげていることといい、

彼自身が自分の事をそれなりに賢い人間で、かつ知識もある人間だと思いたがっていることは推測できる。

多分この文章もノリノリで書いたのだと思うのだが、

残念なことに、上記で指摘した問題が、本論においても多数散見され、文章として非常に苦しい。


最近Twitterを始めとする、IDを紐付けたソーシャルメディアの普及によって、投稿されたコメントが基本的にはほぼ全て、記録を伴って総覧することができるようになった現状がある

・なぜか無駄に住所や写真などのアイデンティティを晒されたり過剰な制裁を伴う形でほとんどネットリンチ的なことが行われることが多くなった

事実誤認。説明は省くが、因果関係が逆。

これは日本だけの話で、諸外国においてはより酷くは、ジョークの発言で入国を拒否されたり、イスラム国家宗教的問題のある発電をして死刑が宣告されている現状をご存知だろうか?死刑などが話がどれほど信憑性、実効性があるかは知る限りでないが、とにかくそういった話が随所で出てきている

文法がおかしい。前の文章から続いて「これは日本だけの話」だというなら、

他の国ではネットリンチは行われていないと続かなけければおかしい。

また、諸外国事情だが、これについてはソースを提示しなければデマに騙されている可能性がある。

「とにかくそういった話が随所で出てきている」ではダメなのだ

そして今回虚構新聞が叩かれているのもそういうところなのだが、やはりメンタリティが似ているとわからないのだろうか。

軽いジョークのつもりでも真に受けられて、ひどく恐ろしい制裁を食らうのだ。このような社会で誰がギャグなんて飛ばすつもりになれるだろう。つまりは世の中からテキストベースでの(記録できる)公開された、ジョークが量的にも、質的にも劣化・減少を始める恐れがあるのである。(現にTwitterなどでは鍵付きのアカウントが増えているではないか

これも事実誤認とまでは言わないが、ちゃんと確認したのだろうか。

また、虚構新聞に関しては、むしろ今回の批判は質の向上を求めるものであり、

ジョークを真に受けたから制裁をしているわけではない。 

本当に自分論理検証できない人だなと思う。


もっと恐ろしいのは冤罪的なものである。上の外国の入国拒否の例などはまさにそれで、「ホワイトハウス爆発させるうぃる(笑)」みたいな発言をしたヨーロッパかどこかの旅行者がアメリカ入国の際にそれが通知されていたらしく、入国を拒否されたという話である。もちろん額面的にはこいつらばーか(笑)で済む話ではあるのだが、これ、文脈を辿っても明らかにジョークだとわかるのに、入国拒否されたのだ。形式的には冤罪の形となんら変わらない。疑わしきに留まればば罰されないはずが、疑わしきが罰されてしまっているのだ。(勿論テロの恐れなどの事情があるのはわかるが)

ホワイトハウス爆発させるうぃる(笑)」みたいな発言をするのはバカじゃないんですか?

ただまあここは文章としての瑕疵は少ないので次へ行く。


死刑論議の際に必ず、死刑を廃止すべき論陣の最たる動機として上がるものの一つがこの冤罪の恐れなのである。もちろんそこまで大袈裟ものでなくても、ふと小さなジョークを言っただけで自分の思わない形で制裁を受けるような社会が到来しようとしている。

論外。ここは説明しなくても気づいて欲しいので自分で考えて下さい。


いわゆるレイトマジョリティ的な人達がこれらのネット世界にやってくるのはこれからだ。そうなればもっと誤解や齟齬など、問題の起こる機会は増えるだろう。そういった中でどういった明文化した、暗黙でのルール合意を形成するのが和気藹々としたネット風景を実現できるのだろうかと思う

これについては同意です。

上の電波的な文脈ではなく、この部分から出発してもう一度思考を初めからやり直すことをおすすめします。


最近2ちゃんねる規制など、ネットに対してルール作りが急ピッチで進み始めるのがこれからなのだと思っています自分ができることはあくまで問題提起に留まりますが、ネットに通じ、またこれからの良きネット世界をつくるみなさんと考えていきたい問題だと思っています

どうも、ルール規制=自由が損なわれるという、中学生なみの論理回路をお持ちのようですが、

自由というものについて、もう少しちゃんと勉強したほうが良いと思います


どうでもいいですが、あなた今回の虚構新聞の記事をちゃんと読みましたか

というか虚構新聞自体読んでますか? 全く記事の内容についての言及がなくて、

「ぼくのかんがえたさいこうのねっと」について妄想を垂れ流しているだけのような気がしますが気のせいですか?



えーとはてブコメントについても突っ込みたい人が多数いらっしゃるのですが、

どうも、本当に思考が短絡的すぎる上に、いろんな問題をその大小の区別なく取り込んで混同してしまってるのは

要するに、自分の中に明確な基準が無いからでしょう。

自分意見がまず最初にあって、それについてとりあえず関連ありそうな話題を集めてきて

整理せずに喋るからこういう頓珍漢な文章になる。

ジョークの自由とかを主張する前に、まず文章の書き方、あるいはちゃんとした文章を読む訓練をしたほうが良いと思います

2011-02-01

生物学科でピペド一直線の俺が情報工学に専攻ロンダした経験を書く

現在、某国立大修士課程の2年生でFPGA研究をやってます

就職は、東証一部のB to Bの産業計測機器メーカーに決まりました

こんな私ですが、2年前までは理学部生物学科でピペット片手に植物を育てていました

私が専攻ロンダをして就職した経験を書きたいと思う。

はじめは、学部3年の時、多くの生物学科の学生たちと同じように、生物学科で勉強をし怠惰大学生活を送っていました

生物系の就職がヤバイと気付いたのは、3年生の夏の合同説明会の時。

合同説明会で各企業のブースを回るのだが

生物系は採用実績はないねぇ。事務系で応募になるね。」

「去年には一人いた。化学の人に混じってとても優秀だったよ。」

生物系は。。。。」

どうも回答が煮え切らない。

電機メーカーでは、あまり良い答えが聞けないし食品メーカーでは「採用は毎年あるよ。」と言ってくれるのだが

倍率が高いことは話に聞いて良く知っていた。

そもそも、理系向け合同説明会となっていても、

実質企業が欲しがっているのか機械系や電気系で

少し広げて情報系と化学系ということが何度も説明会に行くうちに透けて見えてきていた。

文系就職という手もあったのだが、やはり技術職で仕事に就きたかったこともあり

ちょうど、2ちゃんで専攻ロンダ関連のスレッドが出てきていたこともあり、専攻ロンダという方法を知り

専攻ロンダに切り替えることにした

もちろん、まったく違う専攻に切り替えるということに対して不安は大きかったが

思い切ってみることにした

3年の秋から専攻ロンダ比較的、入試科目が少ない独立研究科大学院を中心に回った。

研究室ホームページからメールを送り、教授アポを取り見学させてもらう。

JAISTNAISTは他大生向けへの講義があり、専攻ロンダにやさしいしい

他にも、旧帝大独立研究科も回った。

基本的にはどこの大学先生も歓迎ムードだった。

院試の問題は大学の購買でしか買うことができない場合が多く、自分の受けた大学もそうであった。

研究室はあらかじめ、入学前に指定しておくのが普通です

院試勉強は3年の2月から始めて、6月受験までに間に合わせた。

その結果、NAIST落ち、JAIST合格旧帝大独立研究科(情報系)合格という結果だった。

最終的に旧帝大独立研究科(情報系)に決めた。

自分の入る大学院は、数学英語と専門科目2科目という形で

数学線形代数微分積分を選択。

専門科目は、離散数学デジタル回路を選択。

勉強に使用した本は

キャンパスゼミで基礎をおさらいしマグロウヒル大学演習で応用問題を詰める。

マグロウヒル大学演習シリーズは良書で、勉強したことが無い科目でも読めばわかるようになっている。

専門科目についてであるが、離散数学マグロウヒル大学演習で勉強する。

あともう一つの専門科目であるが、電気回路電子回路等価回路など一人では理解できない点が多く、パス

ロジックで考えられ、わかりやすい論理回路を選択した

こちらもマグロウヒル大学演習を使用。

そして、合格発表に番号を見つけた。

入学後は、FPGA研究室に入り、朝から晩までコードと「VHDLによるハードウェア設計入門」の本に

向き合いコードを書く日々が続く。

最初は、学部生よりもプログラミングが分からず苦労するが3か月も必死になるうちに書けるようになってくる。

就職活動では、ハードウェア記述言語やっているというと、バイオの時とは反応が違う。

もちろん、面接では「どうして専門を変えたのか」

と聞かれるのだが、「生物について知るうちにそれを工学的に応用することに興味をもった」

で乗り切る。

不況であったが、エントリーシート20枚、面接7社ほどで内定が出た。

専攻ロンダした感想としては必死になればなんとかなるもんよ。

NAISTとか、JAISTとか、九工大生命工学とか、専門を最初から教えるシステムがあるらしい

俺よりも苦労しなくて済むと思う。

結果としては専攻ロンダはそこそこお勧め

もちろん、苦労はするのだが苦労が報われないピペドよりもぜんぜんマシ。

生物系の奴に限らず、数学科とか理論物理やってるやつとか数学センスはすぐれてるだろうし特にお勧めしておく。

もちろん、文系就職という手段もありと思う。

不況なんだし、生き残りのために多くの手段を考え

チャンスを逃さないでしい

2010-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20100923145638

電話コンピューターも、安定した電源と銅線さえあれば作れる。

とりあえず、電信システムさえ構築してしまえば、それで資金を集め、コンピューターの完成まで一気にいけると思うが。

追記:厳密には鉄片がいるか。論理回路を磁力スイッチで作れんといかんし。

http://www.amazon.co.jp/dp/4839909865

2009-09-17

ランド研究所古典公開

ランド研究所というのはアメリカ空軍が設立したシンクタンクで、色々面白い研究をしている。

ゲーム理論とか線形計画法動的計画法帰納推論に正規表現論理回路の縮約法、パケット交換ネットワーク

RAND のレポートが先で、学術論文は後、そんな 1950 年代はアメリカ冷戦パラノイアいっぱい夢いっぱいの時代だった。

彼らがどうも昔のレポートを気まぐれに無料公開しているっぽい。2005年から毎年その数は増えている。半導体スイッチング速度が10ギガの壁にぶちあたり絶賛停滞中のわれらが人類文明だけど、近過去に目を転じると、けっこーすげーじゃん、って気分になれるかもしれない。

試しに

site:www.rand.org/pubs/papers/2008/

とか

site:www.rand.org/pubs/papers/2005/

とか、年号を変えてぐぐってみよう!

追記:

site:www.rand.org/pubs/research_memoranda/2005/

とかもためしてみてね。ペーパーとメモの違いは正直よくわかりません

2009-01-29

http://anond.hatelabo.jp/20090125194008

IT業界に未経験で中途入社して1年弱の人間ですが、ネットワークデータベースはサッパわかってません。

コンピュータの基本的なところ(論理回路から始まって云々カンヌン)やハードウェア周りもほぼわかってません。

普段の仕事は主にソフトウェアを作ることで、ネットワークorデータベース関連のソフトには手をつけてません。

そうは言っても知らないとヤバいなーとは思っていたので

http://www.amazon.co.jp/dp/4764902842/

http://www.amazon.co.jp/dp/4891003383/

これらをとりあえずポチりました。あと「ネットワークはなぜつながるのか」も持っていたはずなので読もうと思います。

情報理論では

http://www.amazon.co.jp/dp/0471241954/

がいいらしいんですが、高くて躊躇してます。

全てをカッチリやろうとすると時間がかかりすぎます。

どのように勉強していったらいいでしょうか。

言語は主にC++(最初オブジェクト指向のオもわかってなかったので苦労しました)です。

CはC++に入る前にK&Rとオーム社上下巻の本を読んで一通り勉強しましたが、今ではオブジェクト指向じゃないとまともなコード書く自信ありません。

LINUXは使えますが、emacsキーバインドは全然使いこなせないです。viとか使えないです。つまりその程度です。

二分探索とかキューとかスタックとかバイナリツリーとかリストとかソートの基本的なデータ構造アルゴリズムは一応勉強しました。全て実装したことがあるわけではありませんが。

数学はできます。グラフ理論(離散数学)は入社するまで全く未知でしたが。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん