「政治目的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治目的とは

2019-10-29

anond:20191029132327

警察官ですらないからこの記事自体普通の穴埋めの記事じゃなくて最初から政治目的お金を出して書いてる可能だってあるのにね

探偵だったら誰でも名乗れる

2019-07-19

テロ政治目的云々言うやつは、内ゲバにも「それは左翼の内部抗争のこと」とか突っ込むだろうか

2019-05-29

日本人何でも「テロ」言い過ぎ問題

通り魔テロ、食い物の画像SNS投稿するのもテロテロって政治目的を達成する手段ちゃうの。

2019-01-23

anond:20190123104920

12人が起訴された裁判では破壊活動防止法違反政治目的殺人陰謀罪)が初めて適用され[6]、8人に有罪判決が下された[6]。検察は予備罪も成立すると主張したが、二審は「実行行為着手前の行為が予備罪として処罰されるためには、当該基本的構成要件に属する犯罪類型の種類、規模等に照らし、当該構成要件実現(実行の着手もふくめて)のための客観的危険性という観点からみて、実質的重要な意義を持ち、客観的に相当の危険性の認められる程度の準備が整えられた場合たることを要する」と判示し、これを退けた[8]。二審有罪上告中に川南が死亡して公訴棄却となったほかは、上告棄却により7人の有罪が確定した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%84%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2017-08-25

高須さんを応援してる人達(主にネトウヨ)って頭が悪すぎる

マジキチというか今時の小学生程度以下の知能と倫理観しか思えん。

https://samurai20.jp/2017/08/arita-14/

小坪しんや(市議会議員)

高須院長が、提訴に踏み切る。ならば、「政治家としての支援」の中身が何かなんて、おわかり頂けると思うのですがねぇ。有田氏が、政治家であるならば、です。

2017-07-26

高須氏の訴訟について

などと高須氏が一昨日の第1回期日について吹き上がっておられます。本案の問題は後述するとして,このようなことをおっしゃるのは,弁護士説明不足なのでは?と思ってしまうわけなので,同業者として考察したく存じます

ちなみに結論としては,訴える相手が間違っているのが訴えの却下になります(なのにそのことを説明してないだろうことが問題。)。

所々で既に指摘があるとおり,民事訴訟の第1回というのは訴状陳述,答弁書擬制陳述,被告から予め出された日程に沿って第2回の期日を決定,それで終わるケースがほとんどです。場合によっては第2回の期日も期日前で書記官が調整していることも有ります。それくらいセレモニー性の高いものとご理解ください。なお,第1回に被告側の出頭が不要根拠

訴状等の陳述の擬制

第百五十八条  原告又は被告最初にすべき口頭弁論の期日に出頭せず,又は出頭したが本案の弁論をしないときは,裁判所は,その者が提出した訴状又は答弁書その他の準備書面に記載した事項を陳述したものとみなし,出頭した相手方に弁論をさせることができる。

この規定になります。第1回なので「最初にすべき口頭弁論の期日」となり,「答弁書~を陳述したものとみな」すことができるわけです。もうこれは慣例ですので,裁判所も第1回の期日を決める時に被告側の都合を聞きません。ところで私わからないんですが,今回被告らの代理人は出頭したのでしょうか。重要裁判だったり,前後裁判所用事があれば第1回でも出廷したりしますが,今回はどうだったんでしょう。高須氏の口ぶりからすれば出廷していたようですが。

僕の意見陳述の後,次回の公判期日が決められただけです。
僕の意見陳述だけで初戦は終了しています
詳細な反論どころか被告人弁護士の主張はなんにも聞いていません。
民進党コメントなるものは誰が出したものですか?
これ嘘ですよ

民進党ステートメントを見る限り,三行半答弁書請求棄却訴訟費用負担原告,との判決を求めるとだけ記載してある答弁書普通これを出します。)ではなかったようですが,高須氏の口ぶりだと次回の裁判までに用意するように指示されていた,ということなので三行半でだしたのでしょうか。よくわかりません。

僕は丁寧な意見陳述をいたしました。あなた様方は何の反論もしていないのに,あたかも丁寧な反証をして勝利確信しているがごときコメントをしています
民進党代表してコメントした方は僕の冒頭意見陳述を確認していないことは明らかです。あらかじめ用意してあったコメントですか?不誠実です。

高須氏の発言内容を伝え聞く限り,刑事裁判じゃあるまいし訴状に書くか証人尋問でやれよ,と言った類のものなので,これからも一昨日述べたことについて触れられる機会はないのではないでしょうか。

被告側は答弁陳述していません。次回の裁判までに用意するよう裁判官に指示されていました。

とのことですので,やはり実質的内容はなかったか,あるいはあったけども不足があったのでもう少し詳しく反論してほしい,ということだったのでしょうか。とも思いましたが,後述の検討からすれば,明らかに訴える相手を間違えているので却下してほしい,ということを答弁書に書いたんでしょうね。それは必勝ですわ。

被告がでて来ないならもう裁判には行きません。弁護士同士の代理戦争になります
僕は当事者大西健介健介議員蓮舫代表と論戦したいのです。対決したら一瞬で勝つ自信があります正義は僕の方にあります最後勝利は常に正義の側です。

このあたりも本来であれば弁護士から説明があるところですが,民事訴訟当事者間が意見を戦わせることはないと言っていいです。まあ対質という手続もあるにはありますけども,とらないのではないでしょうか。特に蓮舫については今回なぜ訴えられたかもわからない有様で,尋問にも呼ばれない(おそらく尋問までやることになったとしても被告申請しないでしょう。原告から申請しても却下になるのでは?)と考えられます。で,他の期日はおそらく被告ら本人は出頭しないでしょうから,論戦の機会はないといえます。ちなみに他人尋問中に発言した場合最悪退廷です。ということは普通説明がありますがどうなんでしょう。

僕がどんなに不快な思いをしたか法廷で丁寧に陳述しました。その後の展開では,謝罪はなく,大西健介議員蓮舫代表が開き直ったように見えます。嘘のコメント民進党名で出してますね(怒)
開戦しました。全力で戦います
正々堂々としてくださるよう望みます

嘘かどうかは分かりませんが,上記の推測が当たっているのであれば,最低限の反論はしたのではないでしょうか。ただ,発言から2ヶ月強しかたっておらず,そこまで準備できているとは思えない(被告代理人に時間がなさすぎて死ぬ)ところではあります


さてさて,本案の内容ですが,憲法51条の免責特権棄却になるものと考えます。みな国会議事録くらい確認してから論じてほしいものですが,おそらく問題発言がこれ(おそらく,というのは訴状を見てないから)。5月17日衆院厚生労働委員会,91番以下の発言です。

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=62856&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=10&DOC_ID=9536&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=64961

さて,広告の話にちょっと入っていきたいと思うんです。

 今回の医療法では,医療に関する広告規制見直しが含まれているわけですが,そもそも医療分野は人の生命身体にかかわるものであり,また専門性が高いということで,広告原則禁止のような非常に強い規制がかかっているということであります

 ただし,美容医療というのは,今,医政局長の答弁の中にも少しありましたけれども,普通医療とはちょっと違う。つまり,何かすぐ治さないといけない病気があるわけじゃなくて,客観的医療必要性ではなくて,患者主観的意向に沿って施術が行われる,また,結果についても,きれいになったかどうかは患者主観で決まる,また,美容医療を受けたことがある人は普通他人には余り自分から言いませんから,私,美容医療を受けたのよというのは,ですから口コミというのが余り機能しない,それから自由診療であるので非常に金額が高くなる,こういういろいろな特徴が医療の中でも少し違うんだろうなと。だから,派手な広告であったり,強引な勧誘による集客行為が行われやすい傾向があるのではないかというふうに思います

 一方で,医療分野においては,先ほど言ったように,原則広告禁止になっていて,非常に限定的な事項しか広告することが認められていない,医療機関名であったり,連絡先であったりということでありますので。だから,非常にCM陳腐ものが多いんですね。

 皆さんよく御存じのように,例えば,イエス○○とクリニック名を連呼するだけのCMとか,若い女性が,〇一二〇で始まる電話番号とクリニックの名前を言いながらごろごろごろごろ転がっているCMというのを皆さん見たことがあるというふうに思います。あるいは,テレビでおなじみのニューハーフタレント音楽に合わせて踊りながら○○美容外科というのをずっと言い続ける,こういうCMがよく見られるんですね。

 選挙でも,我々,名前連呼というのをやります名前連呼というのを。確かに,知らない人の名前は書けませんから名前連呼するわけですけれども,ただ,名前連呼だけだったら,その候補者が何を考えているのかもわからない,誰に投票していいのかわからないということがあります

 そういう意味では,こうしたクリニックの名前とか電話番号だけを連呼するこういう広告というのは,患者医療機関治療方法選択する上では私は有用ものではないというふうに思うんですけれども,こういう広告というのは非常に陳腐だと思いますけれども,大臣はどのように思われますでしょうか。

日本語を解すれば容易に理解できる明快なロジックですが,大西議員ロジック

医療広告には厳しい規制がある→イエス○○クリニックなどという陳腐CMが多い→医療機関選択にとって有用ものではないと思うが,大臣はどう思うか?

というものです。その後の発言を追うと,

ですから,さっき言ったように,本来は,患者さんが治療方法とかクリニックを選択する上で有用情報であれば私は別にテレビCMでも流してもいい。ただ,先ほど来言っているような,間違った誘引をするようなとか虚偽のとか,そういう内容についてはしっかりチェックをかけていかなきゃいけないけれども,今言ったように,ある部分ではすごく厳しくしているからクリニック名だけ言っているんですけれども,ある部分ではめちゃくちゃやっているわけですよ。このアンバランスというのを,大臣,どのように思われますか。

ということですから(93番参照),大西議員の論旨としては,広告規制が厳しすぎ,必要情報が流せていないのではないか,ということにあることは明らかです。

このような前提のもとに,まず免責特権無視して名誉毀損が成立するか検討します。問題となっているのが「イエス○○~が陳腐」との部分でしょうから,その中でも「陳腐」という部分が問題なのでしょうから,その部分を考えます。「陳腐」とは事実ではなく評価ですから,論評に当たりますので,以下引用する最高裁判例との関係問題になります。年月日等引用するのが面倒なので調べてください。

ある事実を基礎としてなされた意見ないし論評の表明による名誉毀損にあっては,①その行為公共の利害に関わる事実に係わり,かつ,②その目的が専ら公益を図ることにあった場合に,③意見ないし論評の前提としている事実重要な部分について真実であることの証明があったときには,人身攻撃に及ぶなど意見ないい論評としての域を逸脱したものでない限り,違法性を欠く。

今回,医療広告広告規制という問題に際してなされたものなので,公共性公益性は明らかに存在するでしょう。そして,前提となる事実イエス○○クリニック」なるCM存在真実であることは争いなく明らかでしょうから問題は「論評としての域を逸脱」しないか問題となります。この部分が一つの争点でしょうが,例示としてあげられている人身攻撃には当たらないことは明らかですし,名前連呼するだけの広告陳腐であることに皆さん異論はないと思いますので,域を逸脱,とまでは言えないのではないかと思います。そうすると,名誉毀損自体が成立しないわけです。


仮にここの微妙なところで原告が上手くやったとして,名誉毀損だということになると免責特権の話になります(おそらく裁判所の主張整理としては,まず免責特権に当たるかどうかを先に検討すると思いますが,わかりやすくするために順序を逆にしました)。

以上によれば,国会議員国会で行った質疑等において,個別国民名誉や信用を低下させる発言があったとしても,これによって当然に国家賠償法1条1項の規定にいう違法行為があったものとして国の損害賠償責任が生ずるものではなく,右責任肯定されるためには,当該国会議員が,その職務とはかかわりなく違法又は不当な目的をもって事実摘示し,あるいは,虚偽であることを知りながらあえてその事実摘示するなど,国会議員がその付与された権限趣旨に明らかに背いてこれを行使したものと認め得るような特別事情があることを必要とすると解するのが相当である

問題となる判旨はここ。この判旨の「国家賠償法1条1項」ということからわかるように,実は国会議員公務員ですので,その発言公権力行使であるかぎり,直接賠償請求することはできないのです。びっくりですね。そうすると,今回の請求が立つため(というよりも本案の問題になるため)には,公権力行使ではないとの主張を成立させないといけないわけですが,上の判決ではそこはあっさり否定されておりますので,例外が入り込む余地はないのではないでしょうか。ということで,国を被告としていないこの裁判はここで終了でございます。ここまで検討して私も考えが固まりましたが,という簡単なことを述べればいいので,民進党も自信満々に「勝ったな」というコメントを出したのでしょう。ただそれでは原告の気が済まない(=控訴されて裁判官の成績が下る)と考えたので,とりあえず本案についても反論してください,というのが今回の裁判の経緯であると推測できますね。ちなみに上記の判旨は国に対する請求が立つかどうかの問題ですので,今回は検討しません。


ということを,提訴にあたって弁護士としては説明しなければならないのですが,ご理解なさっておられないご様子。説明しなかったんだろうなあ,と思います

最後に,ネトウヨさんサイドは今回の件で蓮舫議員戸籍謄本を取得してやる!などと息巻いていたようだが,これは完全なおバカそもそも個人を訴えるとき戸籍謄本必要ございません。住所の特定とかそういう意味弁護士資格で取得請求ができるだろうけども,蓮舫議員場合民進党本部訴状を送りつければ足りると考えられる(就業場所送達なんだろうか?)からそもそも必要ないでしょう。仮に取得できたとしても,記述のとおり訴状送達のために取得しているものなので,ソレを公開,いわんや政治目的が絡むとなると,それを顧客である高須氏に渡した弁護士は間違いなく懲戒請求コースでしょうね。伊藤弁護士というらしいですが,さすがにそういうことはしないと同業者の後輩として信じております。と思ってウィキ見たら似たようなことやって懲戒4月くらってた。ワロス

2016-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20151226123126

ナショナリズムが盛んな19世紀後半から20世紀前半は明確な政治目的国名つけてたんだけど、最近はつけなくなったんだよなあ

2015-09-18

Give Peace a Chance について追記

すでに亡くなった人を政治目的とかね

本当に疲れるよ

お前ら追試!!

(全部手書きな!!

2015-09-01

なにをしたいのか全く分からない人

どこかで見た光景だ。

現在維新分裂、いや橋下氏の行動のことだ。

政治理念先行とばかりに、高い政治目標を掲げ、その熱狂一定集団をまとめあげる。

しか逆境になればいとも簡単にその結束は崩れ、本人は純化路線の掛け声とともに党を割る。

そう、小沢一郎氏のたどった道そのものである

いや、小沢氏を三段階ほどスケールダウンした姿そのものである

最も共通するのは、両氏ともに、結局何がしたいのかよく分からないことだ。

大阪都構想を旗幟に、石原太郎氏と国政政党を創り上げ、それを割ってまでくっついた江田氏の結の党と、わずか1年で袂を分かつ

本人にすれば色々小理屈はあるのだろうが、国民からすれば極めて分かりにくい。

自民党を割り、新進党を割り、自由党を割り、民主党を割ってきた小沢氏もまた、その都度錦を変えながら純化路線を走ってきた人である

しか小沢氏の方は、まだ分かりやすかった。彼の場合政権交代のもの目的であり、そのために政治改革を成した。念願の政権交代も成した。そして消費税増税に反して民主党を割った。

なにをしたいのか分かりづらいが、政権交代という「政治手段」を「政治目的」に動いてきたのだと思えばまだ理解できる。

ひきかえ、橋本氏は一体何がしたいのか?

もう一度都構想を再デザインしたいと言う。

しかし、都構想は今年6月住民投票で否決された話ではないか。本人も都構想はきっちりとあきらめると言っていたではないか。

否決された錦を旗に、純化路線名目に、わずか1年で党を割る。

それも政党助成金を目当てに年内に分党だとのたまう。

正直に言えば、私は橋本氏を支持してきた人間だ。

彼の言うふわっとした民意に属する人間だ。

そんな私でも、この1週間の彼の行動は呆れかえった。

自分は頭は悪くない、ちゃんと考えていると述べる。

わざわざ自分でそう述べなくてはならないほど、彼の一連の言動は支離滅裂だ。

本当に政治家を辞めるつもりなら、晩節を汚さないでもらいたい。

もう一度政治家として再起を期すおつもりなら、直近の言動を冷静に見つめなおしてもらいたい。

そして将来、大臣を志すおつもりなら、せめて一政党を率いることができる程度の度量を身につけてもらいたい。

才余りありて識足らず。

しかも、現在の彼の才は小才であり、小賢しいだけだ。

から、悲しい。

2015-01-28

http://anond.hatelabo.jp/20150127092115

 ヨコだけど、先生が教えてあげるね。

 池内恵「「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ」http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

を見てみよう。

 まず、彼は今回の「イスラム国」の殺害予告の原因を分析しているにも関わらず、犯人であるイスラム国」の殺害予告声明及び、そこで触れられている安倍首相中東歴訪の発言に全く触れずスルーしている。犯人声明なんだから原因を分析するなら普通触れるでしょ。

 彼の視点では「犯人声明真意じゃない!」のかもしれないが、それにしたって、普通犯人声明なんだから、まず触れてから「いや、実は彼らの真意は・・・」とか書くよね。この時点で「なんかこの文章おかしい・・・」と思わないといけない。

 結局、池内氏が「イスラム国」の殺害予告声明及び、そこで触れられている安倍首相中東歴訪の発言に触れないのは、彼の望む結論と「イスラム国」の声明及び安倍首相発言が合わず、都合が悪いからだ。

 では実際に、池内氏が今回の原因をどのように分析しているか見てみよう。

 池内氏は、犯人の「2億ドル」の身代金という要求について、「日本中東諸国経済支援した額をもって象徴的に掲げているだけだろう。」と言っているけど、これはおかしい。なぜなら、日本政府中東全体に非軍事の分野で、25億ドル相当の支援を表明しているからだ。この数字は「2億ドル」とは合わない。安倍首相は内訳もいろいろ言っているけど、「経済支援した額をもって象徴的に」なら他の数字でもいいわけだ。

 つまり「2億ドル」というのは、「イスラム国」の声明のとおり、安倍首相が「ISILイスラム国)と闘う周辺各国に」支援するといった「2億ドル程度」の支援を指しているのは明らかだろう。

 また、池内氏は、「イスラム国」が身代金要求する理由を「アラブ諸国では日本は『金だけ』と見られており、法外な額を身代金として突きつけるのは、『日本から取れるものなど金以外にない』という侮りの感情を表している。」と言っているけど、「彼(池内氏)自身がそう思っている」以外にその根拠はない。

 そして、問題なのは上記の彼の記述は、「イスラム国」だけではなく、さりげなくアラブ諸国」すべてをディスっているのだ。彼の専門の研究対象であるアラブ諸国」について、彼がどのような偏見を持っているのかが分かる非常に興味深い記述だ。

 ということで、池内恵氏という人間は、「イスラム国」の「殺害予告」の原因を分析するために、基本的重要なはずの犯人の「犯行声明」を無視して、自分自身根拠のない偏見に満ちた(しかも「アラブ諸国」全体に対する負の偏見に満ちた)想像を書くような人間だということがわかる。この時点で大きな疑問符のつく人間であることは分かるだろう。

 他にも、彼の根拠のない偏見にみちた記述は続く。

  第一に「*「集団的自衛権」とは無関係である。そもそも集団的自衛権個別的自衛権区別議論されるのは日本だけである。」と書いてあるが、集団自衛権集団的防衛)と個別自衛権個別的防衛)の区別議論した国は他にもある。彼の意見おかしい。

 詳しくは以下の記事参照してほしい。

 http://anmintei.blog.fc2.com/

 第二に「安倍首相中東歴訪をして政策変更をしたかテロが行われたのではなく、単に首相訪問して注目を集めたタイミングを狙って、従来から拘束されていた人質殺害が予告されたという事実関係を、疎かにして議論してはならない。」

 と書いているけど、「中東歴訪をして政策変更をしたから」「テロが行われた」と言っている論者がいるのだろうか?いるなら、具体的に「○○氏の○○の論考に反論する」と書くべきだろう。こうした架空の反対者を設定して反論するのを「藁人形論法」という。

 だいたい、安倍政権の今回の人質対応批判しているのは、「政策変更」したからではなくて、「数か月前から日本人人質が『イスラム国』に拘束されていることを知っていたにも関わらず、何の手も打た(て)ず、そのような状態を放置したまま中東を歴訪して、実際には「人道的・非軍事的支援」でもあるにも関わらず、わざわざ「ISIL対策としての支援」等と余計な「イスラム国」を刺激するようなPRをして2億ドル出すと表明し、「イスラム国」を無意味挑発したこと(しか安倍氏スピーチ英語訳は「軍事支援」と誤解されても仕方ないような更に攻撃的なものだったこと)、そして挑発された「イスラム国」がどのように行動するか、全然予想もせず「殺害予告」で慌てふためくという無策をさらしたことを指している。池内氏は勝手批判の前提を変えている。

 また、上記を見ても「イスラム国」が「単に首相訪問して注目を集めたタイミングを狙っ」た訳ではないことは明らかだろう。

 第三に池内氏は、こうした失策おかし安倍政権批判することを「結果的テロ正当化する議論」「それがテロ暴力政治目的に利用した議論」と決めつけ、批判恫喝して封じようとしている。失策おかし政権批判できず、言論封殺されるような国家では(池内氏の言葉を借りるなら)民主政治主権国家も成り立たないだろう。

 第四に「*「イスラエルに行ったかテロ対象になった」といった、日本社会無自覚存在する「村八分」の感覚とないまぜになった反ユダヤ主義発言が、もし国際的に伝われば、先進国の一員としての日本地位が疑われるとともに、揺さぶりに負けて原則を曲げる、先進国の中の最も脆弱な鎖と認識され、度重なるテロとその脅迫に怯えることになるだろう。」

と書いているけど、「イスラエルに行ったかテロ対象になった」というのは誰が言っているのだろう?これも具体的に「○○氏の○○の論考に反論する」と書くべきだろう。

 実際には「仮に安倍首相が、日本アラブ諸国連携して、アラブ諸国の『イスラム国』との対決を支援するつもりなら、なおさらアラブ諸国から敵視されているイスラエル訪問するというのは、自ら連携にヒビを入れる愚策しか言いようがない」という批判なのだが。

 イスラエルは、EU経済制裁を強めるなど現在世界的に孤立している。これは、イスラエルガザ空爆入植政策批判されているからで「反ユダヤ主義」によるものではない。世界中イスラエル非難しているこの時期に、安倍首相経済協力のためにイスラエル訪問するのは、それだけでイスラエル政策批判のための経済制裁策を、日本が骨抜きにしようとしていることであり、アラブ諸国EUから日本イスラエル政策を支持した、と見られても仕方ない。

 このため、安倍首相イスラエル入植政策批判し、パレスチナとの和解を呼びかけ、その後パレスチナ訪問するなど、なんとか親イスラエルイメージ中和しようとてしているが、口で批判などなんとでも言えることで、国家批判するなら具体的な行動(経済制裁等)が伴わないと誰も本気だとは思わない。

 本当に日本イスラエル政策批判するならば、この時期に日本首相イスラエル訪問して経済協力を呼びかけるなどとんでもないことで、首相訪問などしないのは当然、本来経済制裁をつきつける場面なのである。こうした欺瞞的な日本政府の態度は、アラブ諸国の目にはしっかり焼きついただろう。

 つまり、「イスラエル政策」が世界中から批判されているのであって、この時に、首相イスラエル訪問して経済協力するのはイスラエル政策支持と思われ、アラブ諸国だけでなくEU日本に対する印象を悪化させても仕方ない。また、(安倍首相が強化しようと思っているはずの)対「イスラム国」における日本アラブ諸国との連携にもヒビをいれかねない行為だ。このような安倍政権愚策に対する批判を「反ユダヤ主義であると決めつけている時点で、この池内氏はアホとしか言いようがない。

 まだまだおかしいところはあるが、これ以上は面倒くさいので書かない。しかし、まさに「息を吐くように」詭弁池内氏は吐いている。池内氏が偏っていることが問題なのではない。そんなことを言ったら、我々は皆偏っている。しかし、自分が「偏っている」ことを「詭弁」でごまかして、まるで「自分客観的ですよ、冷静に分析していますよ」という振りをして自分の偏った立場隠蔽し、しか自分意見に反する者を「テロに味方している」とレッテル張りするような論者は、要注意である

 このような詭弁論者は決して信頼してはいけない。これ、先生の教えね。(先生といっても、別に私は教師とか教授とかではなく、市井一般人だけど。しかし、東京大学准教授様がこんなレベルだとは暗澹たる気がするよ。)

2014-05-04

俺の非表示ID機能の使い方

1. ダジャレクラスタ非表示

真っ先に行う。何の役にも立たず、見ていて不快

しか全然うまくないっていう。括弧つけないとダジャレにならないのは、正直苦しいだろ。

無言のほうが数百倍まともである

 

2. 左右両極端なID非表示

チョン死ねとか言ってるヘイト丸出しのID非表示

一方で、いまごろ戦争責任謝罪賠償…と延々言ってるのも除外。

 

とにかくはてブ特定政治目的しか使用しておらず、生活感のない不気味なIDを消す。

多少左や右寄りでも、PCスポーツ読書など趣味ブクマが多めのIDは残す。

 

以上を行うと、広くバランスのよい意見ブコメで読める。

自分の知らない分野でも、誰かが気の利いたコメントを残してくれて、

そこからリンクを辿るなりググるなりして知識が増えていくのが楽しみ。

扇情的になりがちなネットニュース界でも、冷静な視点、多視点提供してくれるのがはてブの強み。

それをスポイルしているIDは除外するのみよ。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140503095216

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん