「資本主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 資本主義とは

2016-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20161208121132

資本主義進む⇒格差拡大労働者窮乏化する⇒子供が持てなくなる⇒少子化、っていうルート

戦後焼け野原格差が小さくなったことと子供の数が増えたのは無関係ではない。

アメリカなんかだと資本主義へのカウンターとしてキリスト教が広まっていて、熱心な信徒の多い地域だと子供は増えている。こういう人は貧乏が不幸と考えないから。

日本でこういうカウンターはないのでやっぱり冒頭のルートからは逃れられない。

女性性の代償

恵比寿マスカッツ仮面女子ユーチューブ動画を見ていて、思った。

女性代用なんだなって。

ラブドールとかに近い。

  

近年、なぜAKBアイドルがこんなにもてはやされるのか理解できなかったんだよ。そもそも。

風俗行けよって思ってた。

しかし、実際に彼女たちの映像見てて思ったのは、「こんなに楽しそうで不快感の無い女性は作らないとできない」ってこと。

テレビだの、アイドルグループだのっていう枠がないと無い。

まるで剥製とか、昆虫採取のピン止めされたやつみたいな。自然状態女性はナカナカその美しさを理解できないけど、剥製にした熊や、ピン止めされた昆虫は美しいみたいな。

  

まりアイドルとかって、女性的なものを、切り取ってるんだなって。

  

もっと前の日に、箱入り娘とかい地下アイドルライブを見に行った。

わずか3000円である中学高校の、クラスで一番かわいいくらいの娘が、禿げたデブおっさんの観客に媚びを売りまくっている。

甘酸っぱい恋愛の曲を歌いながら、途中のトークで、「〇〇ちゃん押しの人は、〇〇ちゃんにそういう気持ち持ってるかもねー」→「テレテレ」みたいな。

いやいや、俺もだけどさ、オッサンたちしかいないのよ、観客席。

それに対して、クラスで一番かわいいレベルJC,JKかいう間違えたら犯罪クラスじゃないですか。

もう、見ていられなくていたたまれなくて、1時間も立たずに会場を逃げ出したんだけどさ。

なんか、犯罪みたいで怖かったんだよね。

  

でもあれでしょ、AKBですら、会いに行けるんでしょ。この子たちも、多分チェキとかでおっさんに抱き着いて写真撮るんでしょ?

いやいや。青春時代に、クラスで一番の美少女ツーショットなんてとれたやつ、どれだけいるんだよ。しかも、向こうが全力で媚びて笑顔でしょ?

こんなの、無いよ現実なら。

  

アイドルや、地下アイドルがすごいのはわかった。

しかし、もっといろいろある。AV二次元はどうだ。

二次元ばっかりやり玉に挙げられるけど、AVアイドルも似たようなもんだろ。

女性女性性を切り出して、展覧会してるわけだ。

それが、ここ数年、いや10年くらいか?一気に加速してるように思う。

サクッと生活になじんじゃってるんだよ。

俺、将棋番組日曜日に見てるんだけど、そこに、伊藤かりんっていう乃木坂46のアイドルが出てくるの、毎週。

顔だけで言えば、伊藤かりん別にきじゃなかったのに、「将棋やってる」という要素で、どんどん好きになった。

これヤバいね。コレで通るんだから、どっからでもファンが出るわ。

恐ろしいよ。「将棋やってるかわいい娘」なんて、想像産物しかなかったのが、ナチュラルに実現されるわけだから

この商法やばいよ。

  

なにを目指しているんだ?

そこに需要があるらしいことはわかるが。

じゃあそれでリアル女性をあきらめられるってことなのか?

それにしちゃー欲求がどんどん加速しているように見える。

ニンジンを鼻頭にぶら下げられて走る馬なんだろうか?

  

なんだか、恐ろしくなる。

どういう需要があるのか、この先に何があるのかが見えてこない怖さがある。

  

衝撃的だったんだよね。恵比寿マスカッツがクッソ面白いから

AV女優なんて、メンヘラ社会の隅っこでやくざと同じジメジメした世界と思ったら、イキイキと女の子女の子してる。

そういうのってマジで衝撃。

AV女優人間として見ていなかったからだろうね。

マジで人間なんじゃんってのを見て、恐ろしくなった。

  

からない。

女性性を要素要素で細かく提出してきている資本主義社会

イッタイ、この先どうなってしまうんだ。

2016-12-06

【ふざけすぎ】私鉄公共資産どころかだれかの玩具になっている

●日々、社会の何処かでガキ野郎が生まれ問題行為が繰り広げられている。

確かに、迷惑をこうむる側にも否があり、迷惑を掛ける側にも理がある場合が少なくない。しかし、問題行為が開始され、その流れが定まってしまうと、にわか大勢が参加し、 過激さが加速度的に増していくさまは、脅威を感じるときすらある。

●今で言う鉄道リア充や重度な鉄道オタクは、昔で言う暴走族のようにこういった人たちの多くは一見「物好き」を装っているが、本音は物を徹底的に糾弾し、傷つけ、ひねりつぶすことにあるという。そうだとすると、なぜ、「DQNすること自体自己目的化したDQN」が横行しているのだろうか。その理由は「娯楽文化スケールが極端に大きくなっていること」と「資本主義新自由主義の発展」、「世界肥大化」、そして「日本人が元来持つ特性」が関係しているという。

◯「オウム真理教」では疑心暗鬼かられた人間が、ついには隣人まで信用できなくなり、仲間同士が殺し合い、そして「一般人」も敵として攻撃される。そしてついには組織崩壊を招いた。今の鉄道消費空間はこれと似た状況になりつつある。20世紀カルト化の恐ろしさを教えた「オウム真理教」はある意味歴史から消してはいけない存在である

人間電波系として生まれるのではない。どこかで偏見憎悪を抱いた時、電波系になるのだ。何かを殺して気勢を上げれば、その囲いは狂気から心を濁らせていく。この連鎖はおそらくとどまることを知らないだろう。

集団ストーカー論者、1980~2000年代前半の青少年の行いがゆとり世代刹那主義世代理由なき犯罪者のような疑心暗鬼を生んだように、カルト化の横行はさらなる過激思想を生むと思われる。

ひょっとしたら電波系実在していて、この動きをほくそ笑んでいるのかも知れない。

では本題。私鉄オタクとその囲いの凄惨なやり口とは…

こいつらは自分切符などを買いあさり故意集団でその沿線で移り住み

現代でも私鉄社会は元気」という印象操作

をしやがった!実際は組織的に行っただけなのに!これは都会の人間としては絶対にみっともないことだ!

カルトとキ○○○を合わせ持つ最低最悪の行為だ!左翼活動家集団移住よりもよっぽどふざけてる

こんなことが許されて良いはずがない!いいや左翼以上に外道な行いかも。


最近やたら安い駐車場駐輪場や車やバイクが多いのもそれが理由じゃねーの?

最近公共交通利用促進ポスター都市部から消えているが、これで、公共交通利用促進の元に鉄道バスなどの公共インフラならず者のように我が物顔で好き放題弄んでいた私鉄オタクたちを委縮させ、需要が過剰に増えた鉄道バス需要適正化させる有効効果にもなると思われる。

一般市民などが私鉄の大盤振る舞いをやめさせて公共交通としての運営に専念させることが出来れば、鉄道で「遊ぶことが」できなくなり、鉄道の抱える問題のいくつかが減り、公共交通再生される。

鉄道利用者から消費者が減っていけば、よほどわずかな「露悪趣味を愛してやまない」卑劣人間けがふるいにかけられることになり、彼らのような異端存在は、「世論良心」によって糾弾を受けることになる。

大体この取り組みは嘗ての韓国で行われていたものだが、日本では、今こそ全国の自治体単位で当たり前のように広めるべきだし、もっといえば富裕層に対する公共交通の利用の制限マイカー利用の努力義務をすべきだ。国土が狭くて人口の多い韓国台湾でもできるのだから日本でもやらないとダメである

「これは民営だ!公営ではない!」みたいなうちはうちよそはよその発想ではだめだ。そうやって大都市から、過剰な需要を消し去る作業をするとともに、むしろ富裕層の健常者を対象にして公共交通目的外利用に対して何らかの社会的ペナルティ実施するべきだ。←ほんとこれ

一部のブルジョワ鉄道オタクや不良分子

自分達の歪んだ行いを「昔から伝統だ」とか「都会人の文化馬鹿にするな」などと妄言を吐くが、公共交通の利用は無限に認められるべきものではない。

少なくとも何らかの制限は行わなければならない。

ましてや公共交通のあり方に対する私鉄への批判を「不当だ」と言って何の疑問も感じないらしいネット原住民のような子供のような存在いつまでものさばらせておいてはいけない。

私自身、高校時代鉄道を娯楽目的に利用して教諭に嫌われたことがある。当時既にこういった連中を嫌う大衆意見が既に存在するからだ。

昔の私といい、私鉄オタクといい、公共に対する軽視が大手を振って罷り通っているこの社会の異常さを痛感する。彼らの不良ぶりがはっきりわかるんだね。

2016-12-04

消費者がいない時代なのだから起業なんて成功しなさそう

消費者がいない時代に、起業など成功するのだろうかといつも感じてしまう。

自分が通う頭の悪い大学では、公務員志望の人間がうじゃうじゃいる。

化粧やパッドで胸をかさ増ししたりと、セックスアピール一生懸命な頭が空っぽそうな女も公務員になりたがる。

それは一般企業が様々な面で厳しそうに見えるということがあるのだろう。

その一方で自分の周りには起業したいとかい人間MacBookを弄りながら「意識高い」ことを言っている。

「次はVRが流行る」と胡散臭さが満開なメディアアート界隈の人間言葉引用しながら語っている。

正直、自分はどこまでもVRには懐疑的でVRでカネを稼ぎたい人間が騒いでいるだけな状況に見える。

彼らも、その周りの奴らもVRがやりたいのではなくてVRで金がほしいという絶望的な状況だと思っている。

大した技術革新ではないものから人々は金儲けの期待しか寄せない。

資本主義なんて言うのは限界に来ているという言説を好んで自分は読む。

最近好きな言説は、成長なんか既に限界に達しているというものだ。

女性とか国外という安価労働力をぶち込んだり、国債をすったり、減税したり、金融で稼いだり、ITによる効率化などというもので何とか凌いでいるだけではないかというものだ。

これは自分も心底納得している。

大企業すら税金やらをアテにしている。

ITベンチャーは如何に少ない人数で既存パイを奪って、後に値上げするかしか考えていない。

他にも、最近のハヤリだと滅茶苦茶なゴミ広告費を無理して稼ごうとしていたりだ。

技術革新がなく、市場は飽和状態であり、起業なんかしても成功なんか出来ないのが自分見立てだ。

こんな資本というものへの閉塞感で、最も承認を得られるものというのはステータスセックスなのだろう。

見てくれの良い女のタイツに包まれた足を見て醜い容姿自分は激しく苛立つ。

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161202172148

人間として」素晴らしい文章だと思う。

何一つとして間違っていない。

君の文章は「男」と「女」を全て置換しても文章破綻しない。

これは資本主義社会幸せ人生を終える為に「人間として」必要な要素を説いている、至極真っ当な内容だと思う。

2016-11-27

[]

くだらない思い付き(いつも)。



京都大学民法教授で、最高裁判事も務められた奥田昌道先生が、自身キリスト教信仰民法研究との関係を語った講演があって、その書き起こしを読んだ。

結構いろいろしゃべっていたのだけど、結論は結局以下の言葉に尽きる。

「〔私にとってキリスト教信仰民法研究とは〕全く関係ありません。キリスト教は私の人間としての生き方の指針。民法学は私が民法研究者として、民法上の諸問題を一解釈学者として精一杯明らかにしようと務めているだけのことです。両者はその存在次元を異にしていますから、直接関わることはありません。」



で、これは結構納得の行く話で、聖書は人を訴えることにも、人を裁くことにも好意的でない。

「そもそも、あなたがたの間に裁判ざたがあること自体、既にあなたがたの負けです。なぜ、むしろ不義を甘んじて受けないのです。なぜ、むしろ奪われるままでいないのです」(コリント前書6-7)

「人を裁くな」(ルカ伝6-37)

※ただし、両規定法律関係を巡る訴訟にまで妥当するのかには議論がある。



この規定根底には、①憎い敵でも赦すことが愛の精神に適う、②不完全な人に人を裁くことはできない、という考えがある(と思う)。



他方、法律の方も、こと財産法に関しては(つまり家族法などはいったん措くと)、キリスト教精神ほとんど見られない。

どちらかと言えば資本主義の影響で説明が付きそうな規定解釈解決の方が多い。



そんなわけで、やはり両者は無関係であるとの冒頭の言葉には頷かされる。



から何なんだってことを書こうとしたらまとまらなくなってしまった。以上。

憲法家族公共がうたわれるのは当然では?

根本的な問題はこの国が危機的な少子高齢化にあるということで。

老人と現役世代の比は2015年で2.3、2060年には1.3になるんですよ。

ってことはあれですよ、この国はすでに福祉崩壊してるし更に悪化するって事ですよ。

だって福祉を実現するためには多数の強者と少数の弱者という構造必要ですから

強者に影響のない範囲リソース弱者に分配するから福祉福祉たりえるんですよ。

現役世代2人で老人1人を支えなさいって今の現状は福祉でもなんでもないですよ。

ただの重い負担。そしてそれは福祉理想とは裏腹にむしろ社会の持続的な成長を

阻害し、社会不安定化させますよ。

で、これが2060年には1.3になる。現役世代1人で老人1人を支える社会になるんですよ。

各々が1人ずつ老人を抱える社会になる。どうするんですか?そこで憲法ですよ。

老人を見捨てるにせよ、若者を見捨てるにせよ、大きな物語必要で、それが憲法ですよ。

お国のために死んでもらう人たちが今後多数出てくるのは確実なわけで、それを見越して

憲法改正しそれを擁護する理屈を入れ込む必要があるんですよ。

家族に養ってもらえない老人は死んでください」と言わざるを得ない日がくるんですよ。

自民党が悪いんですか?違うでしょ。全ての日本人自由に生きた結果がこれですよ。

独身貴族楽しい!とか、産まない自由がある!とかいってきたツケですよ。

資本主義に制約が必要なように、市民生き方にも制約が必要だったんですよ。

これから日本は大変なことになりますよ。一人WWIIIですよ。悲惨な戦中や戦後を迎えますよ。

全てお前らのせいですよ。反省しろっ!

理想を追い求めて崩壊するんだよな

かつてのソ連なんかがそう。社会主義への理想があって、それに合わない存在や仕組みが原因で疲弊していく。取り繕い始めて、隠蔽が始まり、腐敗につながる

そこへいくとアメリカというか資本主義人間欲望を隠さず肯定合理的に動かしていったと思う

ただその後のアメリカヨーロッパは、ソ連のよう理想型になってしまったように思う

いやソ連ほどの理想ではないけどさ、それについていけない人が捨てられて行った

社会主義ダメだったとかそういう話じゃないんだろうな

いかいかの違いでしかない気がしてきた

2016-11-24

http://anond.hatelabo.jp/20161124102033

メディアが騒ぐのは反資本主義的な決定・決断

これはメディア反共から、とかじゃなくて、内側の人間の頭に、資本主義価値観自由競争自己責任、親グローバリズム)がしみ込んでいるから。

ブレグジットトランプ騒動はこういうことを自覚させるいい機会だった。

2016-11-22

http://anond.hatelabo.jp/20161121213711

悪いがディズニーランド/シーは全部不気味。

笑顔がすごいキャストも含めて、資本主義教の洗脳装置しか見えない。

シンデレラ城は資本主義城さ。

ハハッ

2016-11-21

能力主義というものが正しいとは思えない

今日資本主義社会限界に達していて、一部の人間が潤うだけだと言われている。

そんな現状を肯定し、促進しているのが能力主義というものだろう。

能力」というものがあるから格差というもの容認されると人々は信じる。

そして、「能力」というものの差がつくのを恐れて持てる者は人々に分け与えることをしないのだ。

自分は「能力」というものにトコトン恵まれていない。

容姿が醜くて、持病もあり、頭が悪い

能力主義」というもので、自分底辺に置かれる。

闘争しなければいけない。

酷いニキビ跡がべったりとついた皮膚やらの醜い容姿で、抑圧されて生きるのは御免だ。

2016-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20161120174250

国境を越えて人権民主主義を発信する⇒資本主義が発展する⇒貿易で儲かる。



みたいなイメージだったけど、これやめると実際どうなんのかな。人権民主主義が後退すんのかな

2016-11-17

「菌」扱い某記事に対する私感

非常に読みにくく、推敲されていない文章でございます



事故により避難しなければならなかった男子生徒がいるらしい。

「菌」扱い、カツアゲまがいの恐喝を行いが行われたそうだ。

しかしこのニュースを知った私には、少しだけ羨ましいと思えたのだ。


というのも、その少年には「某災害の某事故があったからこそいじめられた、加害者非人道的であり犯罪行為を起こした」のだという原因と加害者の非をメディア世間が認めているかである

いじめの原因が社会的に認められることは、被害者にとって大変な救いなのではないかと通過者は思う。

もちろんメディア弁護士がどんな信念や建前を掲げていたとしても彼らも資本主義社会に生きる人間の一人なのだ

利益お金のにおいがしない社会の下層やしこりなど取り上げている余裕なんてない。


この一連の某事件告発に関して憤りを感じているらしい人権活動家自己承認欲求おばけは淘汰されて欲しいと感じるし、反吐が出る。頼むから私の関係のないところで生を全うしてくれ。

いじめ虐待差別ほとんどは普通人間が気を留めることもなく空気のように社会蔓延しているのではないのだろうか。

2016-11-16

資本主義批判をするなら他要素の格差も取り上げるべき

結構前に、楽園追放かいBlu-rayを売った気がする。

内容を思いだしてみたら、資本主義批判っぽいモノがあった気がしなくない。

胸尻腿が良いヒロイン宇宙内のコンピュータ内の資本主義の極みみたいな世界から、荒れ果てた地球に降り立って最後無茶苦茶セックスしそうな雰囲気を匂わせていた。

スッキリした作品で良かった。

最近自分現代資本主義が厳しい感じになっていたと、頭が悪いなりに思い始めている。

技術革新をアテにした経済成長が無理になってきているのではないかと思ってしまう。

頭打ちというのだろうか。

技術革新限界が来ている。

そしてただ、既存のモノを人手なしで出来るようにするという効率化だけになってきている気がしなくない。

しかし、効率化だけでは無理になってきたきた。

格差が広がる。

消費というものをする人間が育たなくなり、モノだけを皆で競って作るという人にも環境にも良くない感じになる。

生産効率化が行き過ぎると人間がいない世界ゴミを作り続けている機械だけの世界になりそうだ。

まぁ、現代資本主義が悪いというのは当たり前である

ただ、格差が広がる酷い資本主義批判だけでは宜しゅうない。

楽園追放資本主義の極みみたいなものを描いていた。

しかし、楽園追放ヒロインアンジェラみたいに尻やら太ももに恵まれ人間だけではないのだ。

ジェンダーやら見てくれやらと言った承認というのだろうか、そういったものも描かないとやはり資本主義批判は上手くいかないと思っている。

まぁ、セルルック表現ベンチマーク作品から内容は添え物なのかもしれない。

ただ、資本主義つらいと感じ始めてきたので何となく思い出した。

2016-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20161114184055

はあ?

ではこれは決着で。

せやね。このまま続けるには「別のエントリー」で言い合った方が面白そうだし。

無能か有能かはこれで決着って話で、あんたは「アレ」とか煽りながら続けてるじゃん。

それともう一個のURL

あなたが有能かどうかには興味はある

ってなかば促してるでしょ。まあ言い訳としてそんなの質問でも何でもないって言い方できるけど、

あいう問いかけされて答えてる俺のほうが誠実じゃないですかね。何言ってんだこいつ感満載なんだけど。


それはあなた勘違いなので、お引き取り願いたい

とか言っちゃってるけど、

まあ俺は資本主義者であり自由主義者であり社会主義者であり共産主義者であり無政府主義者なので、あまり関心はない。

なんて発言してる。

はあ? って感じ。

お前立派な主義者だよ。中庸ってんならその主義者だっての。

流石に阿呆かと思うねえ。

http://anond.hatelabo.jp/20161114165601

http://anond.hatelabo.jp/20161114165601

まあ俺は資本主義者であり自由主義者であり社会主義者であり共産主義者であり無政府主義者なので、あまり関心はない。

この考え方が思想アナキズム(何者の拘束も受けない)じゃないのかと。

それとある一定方向の真実への肉薄は必ず偏りを産むけれども、それ自体は指針となって人を支えるものではないのかな。

一方でネット上で言われるウヨ・サヨってのは、きっちり分けようとするラベリングしかないのでこちらにしたって抵抗がある。

更に逆なんだけどね、すべての取捨選択を残すことが我が指針だとか述べる人が某所に居て、どうも選択しないことを追求続けることが自分選択だとかのたまってた。

じゃあなたはなんなの、と思ったりはする。

ある程度の方向性は出ちゃうもんだし、それはあなただって一緒でしょ。

極端な話肉体という指針がなくて意識は存続できますか。

それ自体動物としての人間の、「思」が固定された限界点では。

そしてそれを許容してるから今の世の中があるのでは。

http://anond.hatelabo.jp/20161114161255

人生の目的資本主義社会ルールに沿わせたら、人生のほうの辻褄が合わなくなるだろ。

上司を作る方法を教えてほしい

僕は上司になって(部下ができて)4年ほど経過する

部下も増えて20名ほどになった。



一般社員は(自分も含めて)給料を上げたいという思いが根底にあると勝手に思っているのだが

部下には一定の年給があがることだけ(現状維持)に期待をしているのだけに見える人が多い

一気に年収をあげたいという人はいないのだろうか?

転職の際にやろうと思っているのだろうか?

僕の今いる会社は、比較的開かれていて話もしやすく、ぐっと給料があがる可能性も社員提供されていると思う。

しかけにくいみたいなこともない。

けれども、そのための努力をしている人が少ない。



一気に上がるには、まず最初は、リーダーまたはマネージャーとしての資質があると判断できた時

それなりのポジションを与えて給料を上げることになる。

仕事は増えるかもしれないが、裁量も増える。

資質があると判断されるのは、目標設定と、自信、成果、コミュニケーションなどが主たる要因だと思うが

それらを下支えするのは、野心なのだと思う。野心があるから、上記要素が高まる

まりは、リーダーになりたい、上に上がりたい、という野心がないのが課題だと思う。



僕も20代のころ、人が喜んでもらえる仕事ができればそれでいい

と思っている時もあった。

しかしある人に昇給目的にしないと成長しないと言われてそれからいろいろ考え

資本主義社会において、目的お金を稼ぐところに置かないと辻褄が合わなくなると思うようになった。

それから、なぜか実際に給料はあがっていったし、そのうえで、人に喜んでもらう仕事にもなった。



昇給目標だと比較シンプルに考えやす

野心>目標設定・コミュニケーション努力>成果>権限付与昇給

という感じだ



しかしながら多分現状で僕の部下から感じる心の声はこうだ

「頑張ってれば誰かが見てくれて評価してくれて、わかってくれないのは上司無能から

リーダーみたいなめんどくさいポジションじゃなくてもいいや」

組織の変革なんて、社長責任だろ?」

ということだ

昔のように、XX歳までにXXX万稼ぎたいみたいな目標を聞かなくなった。



業務を教えるだけでは、業務は上手になっても、上司になる人は誕生していかない。

どうすればいいのだろうか?と悩む。

どのように皆の会社は進めているのか教えてほしい。

2016-11-12

知人の話


こないだ知人と電話しててモヤモヤしたけど、本人に言って指摘してやる程優しくないので書捨て。

金持ちな親と貧乏な親の下に生まれ子供達はスタートラインからして違う」「資本主義が悪い」

「このままだと貴族平民の様な身分制度が出来上がってしまうので、その前に是正すべき」

というのが彼の主張な訳だけど、要はこれ自分の現状に対する言い訳なんだよね。

そいつスペックは中卒で10年以上引きこもった経験もあるプロニート。一時期仕事頑張ってた時期もあったが、

結局辞めて、それから再びニート満喫中。年齢は30代前半。

ご立派な言葉並べてるけど、結局自分金持ちの親のところに生まれたらこんな風にはなってなかったって言いたいんだろ?

これ言ってるのが中高生ならまだしも、三十路超えたおっさんが言ってるんだから手に負えない。

お前の努力不足を他の事に責任転嫁してんじゃねえよヴォケ。延々と言い訳みたいに聞かされてイラッとしたわ。

[] ※ブコメ返信

今回は思いつきばっか書くので、あんまり本気にしないでください。



1. 「信」について

日本語の「信じる」「信仰する」という言葉は重いと思っている。



自分の神に対するスタンスは、(本当はいるかどうか良く分からないが)①いてくれたら良いな、②いる方に賭ける、③いてくれなければ困る、という幅で気持ちが揺れ動いている状態だ(その理由は以前書いた)。



こうした気持ちを表すのに「信」という言葉は重い。



「信」という漢字は「人」+「辛」+「口」の組み合わせから成るという説があるらしい。

ここで、「辛」は入れ墨に用いる針の象形で、入れ墨による刑罰を示す。「口」は誓いの文書を表す。

この説によれば、「信」という言葉「その発言に嘘があれば、受刑することを前提に誓う様」意味するとのこと。



自分はこの意味では神を信じることはできない。



他方、英語の"believe"は、allow(受け入れる)を意味する"be"と、to hold dear(愛しく思う)を意味する"li"から成るとのこと。

この説によれば、"believe"の意味対象を受け入れて愛しく思う」というところか。



これらの説が本当なのか文献を当たってないので分からないが、もし本当ならば英語の方がしっくりくる。



聖書解釈について

聖書文言というのは非常に抽象的で、中には矛盾するように読める個所もある。

そのため、人生で直面する問題に対して聖書規定適用しようとする際、人によって全く違う結論が導き出されることがある。



このことが顕著に顕れるのが同性愛問題で、①同性愛全面的に罪だよ説、②欲求を持つのはOKだけど行為に及ぶのは罪だよ説、③ノンケの人が男色に走るのが罪なだけで生まれながらの同性愛者は罪ではないよ説、等々、バリエーション豊かな議論が展開されている。



(ちなみに自分は、どの説に立つにせよ、自説をもって他人同性愛者〕を裁くことは「人を裁くな」〔ルカ伝6-37〕に抵触するのでイカンと思っています



上記の説は解釈としてはいずれも成り立つ。

また実際にも、(a)同性愛を罪と考えて信仰に励む同性愛者、(b)同性愛を罪と考えず積極的差別偏見と闘う同性愛者、のどちらも間違いとは言えないだろう。



そうなると聖書解釈というのは単なる主観の表明じゃないのか、客観的に正しい解釈というのはないのか、という疑問が湧いてくる。



この問題を考える際に参考になる議論として、法律学で似たような議論がある。

議論状況は泥沼に陥っている上に難解なのでとても要約なんてできないのだが、論者で議論が一致している点として「裁判官法律家としての直感結論を決めており、法解釈はそれを検証正当化するために用いられる」ということが挙げられる。

自分も2名の裁判官から同様のことを聞いたことがある)

このことから法律家はこの法律家としての直感を育てることが肝要であるとよく言われる。



これって聖書解釈にも当てはまるんじゃないか

大事なのはキリスト者としての直感を、信仰聖書研究を通じて育てることであり、聖書解釈はその直感検証正当化するために用いるものなのではないか



上述した同性愛問題でいえば、①同性愛者が直面する問題点、苦悩などをよく勉強したうえで、②キリスト教的な価値観に照らして直感結論を出し、③それを聖書規定に照らして検証正当化する、というプロセスになる。このプロセスを経た結論は、いずれの立場にせよ、聖書的と言える(と勝手に思っている)。



なお、「法律家としての直感」の土台には、無神論と(マルクス主義的な理解における)資本主義がある。

キリスト者としての直感」の土台には、キリスト教的な価値観人間堕落しているという人間観、成功より正義を重んじる姿勢、死後の世界肯定、愛)がある。



3. 関係規定

勉強しないと聖書は正しく読めないよ>

「〔パウロ〕の手紙には難しく理解しにくい個所があって、無学な人や心の定まらない人は、それを聖書のほかの部分と同様に曲解し、自分の滅びを招いています」(ペテロ後書3-16)

あなたは、適格者と認められて神の前に立つ者、恥じるところのない働き手、真理の言葉を正しく伝える者となるように努めなさい」(テモテ後書2-15)

信仰してないと聖書は正しく読めないよ>

自然の人は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊によって初めて判断できるからです」(コリント前書2-14)

恣意的解釈は許されないよ>

「何よりもまず心得てほしいのは、聖書の預言は何一つ、自分勝手解釈すべきではないということです」(ペテロ後書1-20



ブコメ返信

・いつもありがとうございます教理問答買って読んでみます。今は詩篇を読んでいるのですが、終わったらコリント前書も読もうと思います

2016-11-10

http://anond.hatelabo.jp/20161110165946

何で過去形になるのか、そっちの方が疑問。

男女平等は、労働者供給を増やすという意味で、短期的に資本主義的に都合は良かったけど、おそらく出生率を下げてもいるので、長期的にみて共同体の維持には不利でしょ。

2016-11-08

からも娘からも邪険にされる父親像を一般化させたのは一体誰?

からも娘からも邪険にされる父親像を一般化させたのは一体誰なんだろう

というコメントがあったので


フェミ団体でしょう

そして、そのフェミ権力を与えたのは戦勝国アメリカでしょう

日本弱体化政策」の一環


占領せず洗脳で弱体化を図る!GHQが行った『日本弱体化政策』とは

http://matome.naver.jp/odai/2142192163190654201

日本が再び米国の脅威とならないことを確実にする」

家族の結びつきは重要です

少子化シングルマザーが増えているのはGHQの狙い通り





あるユダヤ人懺悔日本人に謝りたい

http://d.hatena.ne.jp/sifue/20061208/1165688702


日本国憲法(というかユダヤドイツ人を骨抜きにするために作ったワイマール憲法の丸写し内容)で、何がしたかたかというと

人間獣化計画

目的は以下のとおり

愛国心消滅

悪平等主義

拝金主義

自由の過度の追求

道徳軽視

3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen)

無気力・無信念

義理人情抹殺

俗吏属僚横行

否定消極主義

自然主義

刹那主義

突端主義

国粋否定

享楽主義

恋愛至上主義

家族制破壊

民族的歴史観否定


間違いなく、日本物質的豊かさの反面で大流行している精神的退廃じゃないですか

(苦笑。本当にユダヤ人法律家ってすごい賢いなって思いました。

最終的にたどり着くところは、家族制度の完全崩壊と金、金、金の欲と利害関係にまみれた個人主義的なエコノミックアニマルばかりの国家

というか国家として機能しない社会を作るのが目的なんだそうです。

いわゆる精神崩壊国家崩壊目的とした憲法ですね。



そもそもこの日本国憲法の元となったワイマール憲法は、

ユダヤ人迫害されてきたヨーロッパユダヤ人政府ワイマール共和国ができたときに、

大多数のドイツ人の中に生きるユダヤ人が復権するために作った人民飼い殺し用の憲法らしく、

どうせなので日本でもその写しを戦後日本でも使ってやれ、と適用されたそうです。

(ちなみにドイツではその危機ドイツ人が感づき、反発でナチズムが横行してユダヤ人迫害された)



で結果、日本では物質的豊かさと反比例して、日本人精神家族国家をここまでぐちゃぐちゃにしてしまった。

で、このユダヤ人の老人モルデカイ・モーセさんは日本人はいろいろよくしてもらったのに申し訳ない…最後に謝りたい、とこの告白をしたのがこの本というわけです。

憲法の内容とその効果資本主義共産主義をの両方を道具として生き残るための使ってきたユダヤ歴史などを詳しく紹介してくれています

特に憲法の中で「自由」と「平等」という相反する概念の組み合わせがどれだけ人をダメにするか、「義理人情」の方がどれだけ崇高な概念かとかいている所は、かなりぐっときます民主主義がどれだけ虚妄か本当に勉強になりました。

まあこんな気持ちユダヤ人の方がいたということで、ぜひ、一度読むことをオススメしたい本です。内容的には、最近流行っている「国家の品格」とかに近い本ですね。




男女平等は完全な家族制度の崩壊福祉費用の増大による国家疲弊を狙ったものだったんですね。


しかしたら、婦人国有なんていう制度が導入されていた日本の事を考えると寒気がします。

ももしかしたらほぼ、この婦人国有政策実施されているのと同じような世の中なのかもしれませんが、

こんな政策実施されていたら、女性ただイケメンに抱かれるために努力し、

はいい女を奪い合う、まさに恋愛至上主義道徳軽視の快楽主義自然主義が更に蔓延した社会(非モテ非コミュさらにつらい社会)になっていたんでしょうね。

そう考えると、日本に古来からあったお見合い制度や信頼ある人同士が結婚相手を紹介し合う制度は非常に道徳的にも精神的にも高度な文化なのかもしれません。








http://anond.hatelabo.jp/20161107131126