「架空」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 架空とは

2017-04-28

生粋いじめられっこグループを作ってみてはどうだろう?

いじめはなくならない。

なんでかは知らない。

学校でもいじめ会社でもいじめ。家庭でもいじめ

いじめダメぜったいと叫んだところでなくならない。

ならば発想を転換する。

いじめられても傷つかないキャラを作ってしまえばよいのだ。

多種多様いじめられっこが多種多様いじめを受けるアニメコンテンツ

いじめ助長になってしまうかもしれないという危惧はある。

が、いじめの矛先がそちらに向くかもしれない。

学校で生身の同級生に対して吐かれる暴言が、そちらに幾分シフトするかもしれない。

絵の描ける人は、それらのキャラいじめる絵を描いて発散すればよい。

文章の書ける人は、それらのキャラをひどいめに合わせる物語を紡げばよい。

どちらもできない人達架空チャットルームでも設けて叩ききればよい。

公式からは数々のいじめをうけて咽び泣くキャラたちのコンテンツ動画イラスト)が提供される。

リアルな反応が無いと面白くないと飽きてしま生粋いじめっ子もいるだろうけれど、

いぢめる対象がいなくなって2ちゃんなんかで様々なことを叩いている奴らにはウケルかもしれない。

一度そういうブームを起こして、人間の汚さを振りまいてみれば

ひとのふりみてわがふりなおせ

意外と、いじめはみっともないと気付くこともあるかもしれない。

AI搭載型のののしられっこちゃん。

微妙イケメンっちゃいけめんだけどキザでいけすかない奴。

ブラック企業社長っぽい精神論でなんでも乗り切れると考えている馬鹿上司

いろんな嫌われもの電脳力で具現化するのだ。

AI的なもの人権が認められるまでは誰も傷つかない。

要は喧嘩戦争できないかそっち系ゲームでウサを晴らしているのと一緒だ。

いじめゲームにしてしまえばよい。

ただ、この偏屈な世の中ではそれは受け入れられないだろうな。

※このアイデアナオトインティミライティインフィニティ? 良く知らない)さんの一連のクソコラ騒動を見ていて思いつきました。

最近フェミ架空外国人シリーズ少なくない?

ちょっと前まで日本の後進性を罵るアメリカ人上司やら

日本人男性セクハラ馬鹿にするフランス人女性同僚やら国際色豊かな人間関係だった気がするんだが

2017-04-26

会社命令違法行為をさせられる場合ってどうしたらいいの?

具体的には架空請求なんだけど。

やってもいない内容の請求を立てる仕事が3年くらい続いてる。

取引先を騙してるのではなくて、むしろ向こうから「金を払いたいが名目上まずいので、やったことにして請求してくれ」って言われてる。そんな要求を受けて、あの手この手書類捏造する仕事

架空請求内容に対してきちんと入金があってしまうから問題になってないけど、これって少なくとも適法じゃないですよね?

てか監査入って嘘ついてる時点でもうダメじゃね。

粉飾とか言えるほど大規模じゃないけど、つもりに積もって1,000万くらいの利益を不当に得ているように見える。

2017-04-23

ドッペルゲンガーを生み出してしまった

某SNSで、身バレ予防のためにちょくちょく架空個人情報を織り混ぜている

たとえば、行ったこともない場所ニュース引用しながら「もう何年も帰ってないなあ」とコメントしてみたり、俺が生まれるよりも前の出来事を懐かしんでみせたり、持ってないものを壊れてしまったと言ってみたり、大して興味のないアイドルグループファン自称してみたり、といった具合

最近些末なことでネットである人と口論になったのだが、相手がいきなり「お前、○○だろ?」と言い出してぽかんとしてしまった

もちろん○○は俺の本名とは全く違うし、相手が続けて指摘した職業家族構成も全く違うものだった

しかし妙に具体的なので気になって調べてみたら、今まで俺がでっち上げ個人情報に偶然にもピタリ合致する人物実在していることが判明した

エキサイトした相手は「お前の家が××付近なのは知ってるんだぞ。そのうち直接出向いて、付近の家の表札をしらみつぶしに調べあげてやる」などと言い出してきた

なんということだ、俺は意図せずして○○氏のドッペルゲンガーを生み出してしまっていたのだ

2017-04-20

黒人差別幼女レイプ

ちょっとした思考実験に付き合ってほしい。

ここに、2つのフィクション作品があるとする。

A: 白人黒人奴隷鞭打ち、様々な虐待を加えるシーンを克明に描いたサド作品

B: 大人幼女を犯し、様々な性的虐待を加えるシーンを克明に描いたエロ作品

Aのような作品出版されたら、おそらく世間から非難の声が浴びせられるだろう。私が出版社立場にあれば、出版許可しないのではないかと思う。

ところで、私はロリコンだ。Bのような漫画は実際にたくさん目にしてきた。犯されているのは実在幼女ではない。表現の自由だ。そういう主張を聞いたことがあるし、私自身もそう主張したことがある。

この二作品本質的な違いは何だろう。どちらの作品も、登場人物架空のものだ。Aには人種差別の要素があってBにはないかもしれないが、Bには性差別の要素があるだろう。

依然として私の感覚では、Aは出版するべきではなくBは出版されても良いとなっている。その感覚の大部分は、私がBのような作品を好んでいるからだとは思う。

しかし、本当にそれだけなのだろうか。

私がもしロリコンでなかったら、Bのような作品出版されるべきではないと判断するのだろうか。

もちろん、世間にはBのような作品規制するべきだと思っている人がいることは知っている。

私はそれに対しては異を唱えてきたし、おそらくこれからもそうするだろう。

しかし、そうするとAのような作品はどう捉えるべきだろうか。同じように、表現の自由の名のもと、規制されるべきでないとするのが正しいのだろうか。

そういう方針もなくはないと思う。しかし、それは黒人が長い年月で勝ち取ってきた差別されない権利を踏みにじっているようにも見えるのだ。

Aの作品から人種差別要素を取り除いたらどうなるだろうか?

それなら良い、と感覚では思う。ということは、人種差別要素がいけないのだろうか? 性差別要素は構わないのか? 虐待要素は?

世間の反感の大きさを予想しているのかもしれない。人種差別要素がある方がより反感は大きい気がする。

しかし、その反感の大きさを、私は想像見積もっているだけだ。「反感の大きさがこれくらいだから駄目」と示しているのではなく、「駄目だから反感の大きさはこれくらい」とバイアスをかけた想像をしている気がする。

やはり単なる好悪の問題で、私は嫌いなもの規制されても良いと思おうとしているのだろうか。

ならば、Aのような作品もBのような作品もなんら規制されることなく発表できる世の中が良いのだろうか。

残念ながら私は結論を出すことが出来なかった。

みんなどうやって線引きをしているんだ?

2017-04-15

神武天皇は水増しされた日本書紀の中の架空人物だと言えば分かるかな

2017-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20170414100041

タイムスリップもの

世界冒険譚も

現実魔界天界存在するとかも

架空設定・架空世界での物語を紡ぐっていう意味では

さしたる差異もない気がする

強いていえば

転生ものにつきまとうテーマとして

現実世界ではクソみたいな主人公だけど

世界ならやり直せるぞとかめちゃ強いっていう色彩が強いのかな

全ての転生ものにあてはまるわけじゃないだろうけど

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「隣の女子高生たちが言ってた」みたいなのって何ですか?

何かのテーマについて、対話形式で語らせるやり方だね。

舞台チェーン店公共の場所。

登場人物たちは架空存在であることが多い。

まりあくまで筆者個人の語りを代弁させているというわけだな。

基本的に、読者もそれを織り込み済みであること前提らしい。

なので会話の内容は覚え書きが不可能なほど、不自然に長いことがほとんどだ。

まあ、本当にやっているとしたら録音でもしないとダメだろうな。

内容なども加味して、パブリック場所でそれらの会話を他人が聞き取れて、なおかつ記憶できるというのは考えにくいため、まあ十中八九架空だ。

その会話の内容の導入部分や、場面が不自然なことがウケて、この方式をとる人が多いというわけだな。

このあたりは媒体によって様々で、動画だと「総統閣下シリーズ」とか、「ゆっくり解説」など語り手に加えて仮想聞き手も同時に配置することがあるな。

歴史を辿れば、別の人物複数設けて作り手の主張を代弁させるというやり方は、ずっと前から普及している。

創作物語も広義的にはそうだしな。

なぜ個人で語ればいいことを、わざわざそのような形式でやるかは諸説ある。

聞き手話し手を配置することによって、話の構造理解やすくするため、だとか。

自分」という存在を、その話から排除しつつ語りたいから、とか。

自分以外の誰でもいいから、そういった代弁者を求めているのかもしれない。

自己主張と、自分という個のギャップに苦しんだ結果かもしれないな。

まあ対談形式であろうが、なかろうが、本質的には同じなのだが。

おっと、念のためにいっておくが、「同じ」というのは私はもちろん君も含まれているぞ。

2017-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20170408134812

よくわかる。

私の場合は、架空契約社員を作ってそこに発注した。

それだったら何でもできるし、副業にもなる。

2017-04-07

雑魚記者の会見を見て、青山を思い出した

・口だけの雑魚

・年齢偽装

愛人囲い

架空発注領収書偽装

PC窃盗

ゆとり新人斡旋

 

やりたくない現場の打ち合わせで、

相手方担当者をわざと激怒させて

出入り禁止をくらうw

わざとww

あえてねwww

逃げるのは得意wwww

2017-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20170404042559

まあ最初から進撃についてはさほど擁護派じゃないけど、

設定の面白さ、構造面白さだけで勝負してるものもあるから俺はそうとは思えない。

架空設定のファンタジーのみならずデスゲームでも設定よりルールありきなので。

設定のリアリティは設定の一要素にすぎない、という意見

進撃に関して言えば、社会設定やらで興ざめする人は見ないほうが健やかに生活できるかもな。

設定で縛りすぎるとアイディア死ぬこともあるし。

細かく言えば立体起動装置も飛べない代物だとかさ。

2017-03-28

美少女なのに処女というキャラが許せなかった

アイドルアニメキャラ性格良すぎる

(http://anond.hatelabo.jp/20170324153831)

という増田を見て

あーなんかわかるなーと思ってしまった

美少女動物園的なアニメには

美少女なのに処女」というキャラがたくさんいる

明確に処女という描写はなくとも

「男慣れしていない」ような描写

「今まで異性との肉体関係は愚か交際経験すらない」という絶世の美少女がたくさんいる

俺はそんなキャラにどうしても納得できなかった

世の中の男どもは皆ヤることばかり考えてるし

女どもはいかにチヤホヤされるかばかりを考えている

そんな中いい年した絶世の美少女処女(男慣れしていない)なんてことがあるだろうか

多少の性格問題なんてたいていの男からすれば「やってから考える」程度の問題しかない

こんな美少女男性経験がないなんて

常に「私はエイズです」と看板持ち歩いてるレベルじゃないとありえない(それでも美少女ならセックス相手には困らないかもしれない)

例えば戦場20年生まれ育ったにも関わらず人を殺したとも殺されかけたこともなければ

怪我ひとつしたことなく、死体も見たことがない

というキャラがいたら

「いやいや、んな都合のいいことあるわけねーだろ」

と思うかと思う

そんな感じだ

俺は美少女アニメを愛好するキモオタでありながら

美少女たちが処女という現実味のなさからくる不気味さに耐えれないという矛盾を抱えていた

これはおそらく俺の美少女に対する想いが強すぎたせいだろう

美少女への想いの強さの余り

架空美少女に「現実味」や「人間味」を求めてしまったのだ

逆にオタクとして第一線を退き

アニメ美少女たちを「工業製品」的な目で見れるようになった今では

こんな葛藤は感じなくなった(まったくゼロになったわけじゃないが)

アイドルアニメ美少女性格に対する違和感

美少女に対する思い入れが強すぎて生じたものじゃないのだろうかと思う


余談だが

そんな当時の俺が好きだったキャラ

「そのキャラの可愛さが容姿に依らないキャラクター」だ

このキャラクターがすげえブスでも変わらず可愛く思えるだろうなあというキャラを好んだ

ジャンルとしては「百合」が大好きだった

それも美少女同士がキャッキャするより

同性愛者ならではのドロドロした部分が見えるもの特に好んだ

俺にとって「百合」というジャンル

美少女なのに処女」という矛盾に対する

同性愛者だから」という極めてシンプルかつ納得の行くアンサーだったのだ

2017-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20170321214825

24歳の彼女が、最後は30過ぎにになっている、って時点で

「この彼女現実には存在しない」と言う暗喩だよね、これ

コスプレ界の実情について暴露たかったけどそれだけじゃスルーされるから架空彼女を作った、

んで最後ネタ師が最後に「釣りでした」ってやるのと同じ事か

2017-03-20

6時から美容院連休に何してたか確実に聞かれるわけだが何もせずアニメ見てただけなので答えづらいんだけどなんか架空体験でっちあげたい

2017-03-17

これ、元ネタ作品がどっちも実在しないとしたら

ちょっと嫌らしくない?つまり

そして「XはAのパクリだ」と糾弾すれば、Xのあらゆる要素がAの丸パクリであるように見えてしまう。因果が逆で、本当はXからAが作り出されたのにね。

でもこれだけだとさすがに嘘臭い。だいいちそんなに似てる作品があったら、既にパクリ騒ぎが起きてなきゃおかしいくらいじゃん?

からAとは別の作品Bもでっち上げて、二つの作品から設定をパクった事にしてしまう。類似度が分散されて多少は自然になる。「Xのこの要素はAからパクった」って記述を「Bからパクった」に置き換えるだけだから、お手軽。

さらにA/B両方から持ってきた要素をつぎはぎに合体させたりもしている、ということにすればより悪質な印象も与えられる。

AとBの作品名を出さない(出せない)のは当然として、Xの名前も隠しているのがミソだよね。

「○○という作品パクリです。ただし元ネタ名前は出せません」じゃあまりにもマヌケすぎる。これだけ作品の要素を並べているんだから、Xの読者が読めばすぐにそれと分かるようになっているんだろうな。

まぁ、記事

"この文章を読んだあなた元ネタAとBを探そうとしても、それはきっと徒労に終わるだろう"

とか

"わたしは嘘つきだし、なんなら幻聴とかも聞く。"

なんて言いわけじみた文章があちこち散りばめられている時点で、事実なのかどうかなんて考えるまでもないんだけどさ。

http://anond.hatelabo.jp/20170316233648

2017-03-15

だんだん増田ブクマされる記事がわかってきた

リアリティのある話

→ウケない

リアリティのない話

→ウケない

リアリティのなさそうである

→ややウケ

リアリティのありそうでない話

バカウケ

 

結局ドラマ好きってこったね、増田さんも。

現実になってるすっぱい葡萄よりも

架空の絶品甘~い葡萄の話のほうが聞きたいんだね。

現実惨めでかわいそう。

電車男とか、だいすきだったんだね?

2017-03-14

架空新聞記事が出てくる小説が好き

例えが古いが桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』とか、宮部みゆきの『魔術はささやく』みたいなの

作中で起こった事件事故にかんする記事引用しているというていで、地の文から変わって報道文体になるのがゾクッとする

フィクション現実が割り込んでくる感じというか

(現実新聞記事はそこまで細かく報じねーよってこともあるけど、まぁそれはご愛嬌ということで)

最近作家さんをあまり知らないので、そういう作品があったら教えてくれさい

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170307100635

しれっと架空用事でっちあげて

人に言えないようなことやってるやつもいるんだし

ただのコミュ障差別だろそれ

2017-03-06

日本メジャーどころでもっと子供搾取してるのはチャイドル産業なのに

毎回架空二次元少女やら制服着て若作りした20代児童ポルノとか言ってこれを毎回無視するのおかしくね?

2017-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20170303213849

ギリ子の辿っている道が、

自分実体験を被害者視点で赤裸々に描くことで共感を得る

  ↓

過去過去まで掘り起こして文句言う先を探してネタにする

  ↓

ネタ切れになり時事ネタを貪って文句言う先を探す

  ↓

社会問題への意識高い系を装った自己承認欲求モンスター誕生イマココ

  ↓

架空の知り合いや上司などを作り出して被害者目線を忘れない創作を続ける←未来予想図

なので典型的な失敗した迷惑フェミニストとして成長してってかなり痛々しいわ。

正直こういうのが同じ道を辿るからそいつらが大嫌いなミソジニストが同時並行的に量産されていくという悪循環が見えないのだろうかね。

2017-03-02

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

嘘で固めた~ナイフ切り付け~

Q.架空カードで儲かるなら、ゲームなんて作る気は起きませんか。

私はNOだと主張しているが、残念なことにそれを体現している企業があるから分が悪い。

Q.ターン制のRPGは誰がやっていますか。

日本人だ。

ああ、もちろん外国人もやっているぞ。

老人だけだが。

ポケモン最後希望だな。

Q.リスクヘッジを怠った人間は罪に問われますか。

いい質問だ。

答えとしてはYESでもあり、NOでもある。

トラブルに遭わないよう気をつける」という話と、「トラブルに遭った人間の是非」という話は、関係性こそあるものの別々に分けて語ったほうがいいこともあるからだ。

なぜなら、これら二つは絶対的な相関ではないかである

考えてもみたまえ、人的トラブルってのは被害者側が悪かろうが悪くなかろうが起こりえるものだ。

仮にこの世が加害者側が100%悪いという考えが絶対的世界だったとしても、人的トラブルに遭う可能性はなくならないわけだな。

被害者が悪くても悪くなくてもリスク存在するならば、その軽減について考えることは無視できない点だ。

これを踏まえると、「リスクヘッジの話」と「被害者側が悪いかどうかについての話」を、一緒くたにして語ると筋悪になるのは当然の話ではあるな。

私はゴリラみたいな女に犯されたことがあるが、あのゴリラが間違いなく悪いことは揺らがない自明の理であるとしつつも、猟銃を常に持ち歩くべきだったという後悔は今なお燻っているよ。

モーゼスの言うことはやはり正しかったのだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん