「内面」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内面とは

2016-08-28

人はどうして人を好きになるのだろう

外見?

内面

ステータス

それほど長い付き合いがあるわけでもないのに、なぜかいつもその人のことを考えている。

その人のことを考えるだけでドキドキする。

どうして、こんなにもその人に惹かれるのだろう。

どうして、人は人を好きになるのだろう。

もしかして、そんな自分に酔っているだけなのでは…。

でかさと硬さ

ナニの大きさとかどうでもいいと思ってた。

けれど実際にほぼ同じ時期にナニの違いを実感する機会があって、そうじゃないと気づいた。



一人はいい体していてムキムキマン。すごく好み。でもナニはすごくいまいち

もうひとりはぽちゃっとしてるけど、硬くていいものをもってる。



内面的なジャッジはほぼ同じだけど、思い出すのは常に後者

関係を続けたいと思うのも後者



男が女の胸の大きさや尻の大きさでジャッジする理由が初めてわかったきがする。

彼氏が私よりナイスバディな女に惹かれてしまうのは、それはもうどうしようもないことなんだろうなと。



視界がちょっとだけクリアになった気がする。

いいもの持ってる人は、親から受け継いだ「それ」、大事にしなよ〜〜

http://anond.hatelabo.jp/20160827133226

私は被災者でも関東住民でもないからこの増田と同じようには感じられないが、あの熱線シーンは本当にすごかった。

観客を映像と音で黙らせる、あれこそまさに映画の力だと思った。

官邸内の政治家官僚リアルだなんだと言われているが、そんなもの枝葉末節であり私は楽しめなかった。

制作に際して行われる取材の当然の結果が映像になったに過ぎないのではないか

覚醒する政治家役人」みたいな言い方があるが、どこで覚醒していた?と聞きたくなる。

矢口スタッフ内面は満足に描かれず、主要キャストストーリーに都合よく有能なだけという印象だった。

「みんな泊まり込んでよくやっている」みたいなセリフ安易に言わせてしまうところにもがっかりした。

映画ならば別の表現の仕方があるはずだ。

ちなみに石原さとみ問題外だが、きれいだからいいんじゃないですかねくらいの感想だった。

しかしながら会議室描写必要であり、それはいいんだ。でも描き方が幼稚だと感じた。

あの一連の人間パートもっとよくできていれば、私はこの映画を手放しに賞賛する。

何が言いたいかと言うと、人間が出てくるシーンがダメ。少なくとも私は不満足だった。

増田が書いていた被災した少女笑顔も、全体の流れの中では洗練されたものではないと感じる。

なければならないシーンではないからだ。

ただ、増田の背景を考えるとあそこで感情を刺激されることはよく理解できる。

増田と同じ立場に立てば私も同じように感じるかもしれない。

何が言いたいかと言うと、『シン・ゴジラ』は人間が出てくるシーンはダメダメ

それ以外は素晴らしい。

不気味に光る背びれにゾッとする瞬間、光線があたりを支配するときカタルシスはなかなかのものだ。

ゴジラ戦車軍用機電車掛け値なく素晴らしい。

2016-08-27

東日本大震災で少し被災した特撮ファンシン・ゴジラ絶頂した話

 8月2日にTOHOのレイトシン・ゴジラを観て発狂しそうになった。凄すぎて。そこからもう寝ても覚めてもゴジラのことしか考えられなくなり、気づいたらもうすぐリピートの回数が2ケタになろうとしている。もともと特撮映画大好き人間だったけど、それにしたってこの映画は別格だ。こんなに映画熱狂することは、向こう十年はないと思う。


 とにかく全編渡って大傑作だったんだけど、特に中盤の、夜の東京ゴジラが熱戦を吐き全てを破壊するシーンでは本当に気が狂うかと思った。自分でも理解できない膨大な感情の波が押し寄せてきて内面をひたすら揉みくちゃにした挙句、最終的に途方もない歓喜けが残った。もう完全に中毒になってしまって、ちょっとでも間が空けばシンゴジの熱戦が見たくなって、気づけば劇場に向かってしまう。なんでこんなにこのシーンに惹かれるのか何度も観て何度も考えて、やっぱり自分震災体験が影響しているんだと思った。それに気づいてから、熱線のシーンを見た俺の感情の詳細が大分分かるようになってきた。


 ここでちょっと自分語りをさせてもらいたい。俺は宮城実家東日本大震災経験した。津波での被害は一切なかったが、それでも色々と滅茶苦茶になり、10日くらい避難所生活を余儀なくされた。当日だか翌日の夜に河北新報号外福島のことを知ったときは本当に世界の終わりだと思ったし、いつまで経ってもインフラが復旧しないので、二度と元の生活には戻れないかと思った。震災の日から夜が本当に暗くなった。町に一切電気が灯らなくなることが、これほど恐ろしく、心細いとは思わなかった。だから、しばらくして、ようやく電気が戻って、夜の街に明かりがついたとき、本当に泣きそうになった。元の生活に戻れると実感して、堪らなく嬉しかった。あの夜の光は、俺にとってまさしく希望だったのだ。


 だが、シン・ゴジラはやってくれた。夜の街を照らす光を、絶望象徴へと塗り替えたのだ。


 タバ作戦を踏みつぶしたゴジラ東京侵入する。夜になる。ゴジラ蹂躙される東京は、当然ながら停電する。暗闇に包まれる中、ゴジラ身体の赤い光だけが街に映える(何と美しい画面!)。日本ではもう為すすべがない。アメリカが出てくる。B-2がどえらい爆弾ゴジラを傷つける。そしてゴジラは光り出す。


 東京火の海とし、数え切れぬ人間虐殺したあの光は、何よりもまず俺にとって冒涜だった。311の際に俺が経験した、夜の光に対する感動と希望を、完全に死と破壊で塗り替えたのだ。被災した夜の街に光が戻っている。なのに、その光は日常の復帰ではなく、二度と日常が戻らないことを告げている。俺があの日感じた希望を、ゴジラは完全に踏みつぶしたのだ。そして次に出てきた感情が畏怖だ。俺の中にある希望記憶すらも完全に蹂躙する圧倒的な厄災。本当に恐ろしく、絶対に敵わない、どうしようもない、まさに神の如き存在だと思った。今までもゴジラはさんざん破壊神だと言われてきたけれど、本当に神様だと思えたのは初代ゴジラ以来だった。そして、そこで全ての感情が一転、途方もない歓喜に変わる。そう、今自分が観ているのはゴジラなのだ。VSシリーズ以降衰退の一途を続け、FWという怪作(駄作ではないけど、最終作には相応しくない)を最後に息絶えたはずのゴジラが、こうして、紛うことなき神として復活し、震災実体験で得た感情すらも蹂躙し、塗り替えてくれている。そう、今自分が観ているものあくまゴジラ虚構であり、こんな圧倒的な光景すらも、自分は娯楽として享受することを許されている。何という特権!! 観客という立場にいることが、こんなにも幸福であると、今の今まで知らなかった。


 その後のヤシオリ作戦ももちろん良かった。震災時に揺れや津波蹂躙されてばかりの建物電車が、震災象徴たるゴジラに一矢報いるのは痛快だった。そして、ゴジラ災害が終息した後の、避難所女の子が笑うシーン。泣けて仕方無かった。


 でも、やっぱり、あの熱戦のシーンは別格だった。あれは本当に事件だった。とてつもなかった。っていうか、これだけ言を尽くしても、あの凄まじさを一ミリ表現で来てないと思う。書いててまた観たくなってきた。また行く。何度でも行く。この映画何度でも観たいし、それ以上に、こんな映画をこれからもたくさん観たい。こんな映画を毎年観れるなら、生きるってことがずっと楽しくなる。そういうレベル映画だ、シン・ゴジラは。


 最後に。以上はあくまで俺個人観想だ。間違っても被災者の総意でないことは言うまでもない。結構リアルあの日を抉ってくるので、きつい人もいると思う。

2016-08-25

僕は面食い

好きなタイプはと聞かれたら答える内容はあるのだけれども、前提として顔がタイプでないと好きになれない。

たぶん、内面が最高に自分マッチしていても、まず顔が好きになれなければ恋愛関係になるためのスイッチが入らない。

それは意図的ものではなく、どうしても入らないのだ。

特定の好みの顔があるというわけではなく、レベルがある程度いっていればかわいい系でもきれい系でもどちらでもいい。

今までお付き合いしてきた女性性格タイプもバラバラだし、身長も145〜170センチまで広く分布している。

ただ、自分がその人の顔を気に入ることができなければ好きになれない。


さらに面倒なことに顔が良ければ全て良し、というわけでもない。

どれだけ見た目が好みであろうが中身が空っぽであれば興味すら沸かない。


ちなみに好きな女性の部位はおっぱいなのだけれども、ルックスものすごく良ければ小さくても構わない。(でも正直Bは欲しい)

からフェチかと問われれば、顔フェチと答えるべきなんだろう。


とりとめのない文章だが、外見も中身もとても大事

この歳になって周りを見てみると内面は外見にやはり現れるので、外見を重視することはわりと良い選別方法なのだろう。

可愛い子と付き合うと、喧嘩してても「かわいいなー」という思考に頭が支配されてなんとなく許せちゃうからまじおすすめ

2016-08-17

同じような性的志向です

私は悩んだことはありませんが。




さな差異を言えば私はあんまり痛みや苦しみには興味ないです。実際の事件よりイラスト小説のような創作の方が詳細な妄想を反映するので好みです。




例えば性的に誇張された体型の魅力的な女性が体のラインがわかる服や下着や全裸淡々絞首刑にされていくイラストとかで自慰をするのが好みです。痛みや苦しみより、女性人格も命も含めて物のように扱かったり辱めたりするのが自分性的に興奮するポイントなのだと思います




私があなたと違いこのことについて悩まないのは、変態指向の根源や責任自分と言う一個の人格に帰するつもりが全然なく、動物機能の一つとして説明されるべきに違いないと確信しているからです。

なので私は悩むかわりに、これがなんなのかは考えます




私は普通女性写真(死んでたり吊られてたり苦しんでたりしない)のポルノ自慰をすることも有ります

けれども前述のような、人格無視されモノのように扱われる女性身体や死が描かれたポルノでする時のほうがずっと強い快感があります

出すものもより腰の深いところから出てくる感じがして、液の質の違いがわかるほどべったりと粘度の濃いものが出ます。色も濃く真っ白になります




私はあなたと同じで良心他者への共感能力がありますし、犯罪殺人もただただ恐ろしいとしか感じませんし、リスクを冒すほどこの欲望に執着は無いですが、もし法も善悪も神もなんにもない荒れ果てた中世みたいな現実に放り込まれて「欲望を実現してみろ」と言われたら、なんかの理由処刑された直後の女性死体を盗んできて性交するキモい村人になると思います。それが現実理想折衷イメージです(全く現実離れしてますが)。




それでいつものべったりとした精液を女性死体の中に注ぐと思うのですが、そのべったりして真っ白な、含有生殖細胞の多い液体は何の為に出てくるのでしょうか。生殖可能ゼロ活動の時だけ出る生殖能力がすごく高くなっていそうな体液。全然悩んでないですが究明はしたいと思っています




ところでネット見た印象ですが、我々のような趣味白人に多いです。

絞首刑イラスト白人が、決して上手くない画力パッションはじけさせながら大量に描いてアップしていました。(そんなサイトプロフィール顔写真載せる感覚はさっぱり分かりませんが。)

この趣味連続殺人破滅にいたるのも犯罪記録嬢は圧倒的に白人が多いですね。

人種がそうなのか、社会宗教プレッシャーなのか、そこもわかりません。




追記

他人蹂躙したい欲望

ほら、こんな風に書かれるとなんか人格問題みたいじゃないですか。

私オレTUEEEEE創作とか嫌いですよ。幼稚だし、やられる側が気の毒になるし。




私はそういうなんか人間関係内面に不満や葛藤を抱えてる人ではなく、

単に女性がモノ扱いされて死んだりしてるイラスト自慰をすると濃い精液が出るだけの者です。

http://anond.hatelabo.jp/20160815204349

2016-08-15

私の異常な性的嗜好

私は29歳の男性自分の性欲を極めて異常で汚らわしいと感じている。私は自分ほど価値のない人間はこの世に存在しないと思い、早く殺されるべきだとも思う。

中学の時、アンデルセン自伝を読んで、親を殺した17歳の少女恋人共に斬首される描写があり、非常に興奮した覚えがある。

それ以来、若い女性子供が、(性的暴行を受けて)殺されることを見聞きしただけで、勃起射精する。よくAVにあるような拷問には全く興味がない。私が興奮するのは、以下のような素材である

古代ローマキリスト教信者女性が、輪姦され乳房を抉られて殺された話。

・同じく古代ローマで、宰相セイヤヌス10歳の娘が、「処女処刑できない」という理由で、強姦されてから死刑に処された話。

・近現代イランでも、若い女性処刑される前に強姦されることはあるという(サトラピの漫画でも言及されていた)。

戦国時代に、親に連座した子供などが、串刺しや牛裂き、釜茹などの、苦痛の多い残虐な方法処刑された話。

清朝で、反乱を起こした20歳女性が、囚人たちに輪姦された後、凌遅刑公衆の前で裸にし、乳房をはじめ体中の肉を時間をかけて削ぎ落す刑)で処刑された話。

19世紀英国で7~10歳の男の子が、窃盗放火などの罪で、公衆の前で絞首刑となった話。しかもその絞首刑はロングドロップ発明される以前なので、窒息により十数分苦しむ方法体重の軽い子供が、中々死ねずに悶え苦しむ様を、皆が楽しく見物していたということ。

現代イランで、若い女性クレーンで絞首されて、なかなか死なずに足をバタバタさせて悶え苦しむ映像がある。

・18~19世紀西欧日本で、刑死者が本人の意志に関わりなく強制的献体され、特に女性男性医師興味本位性器子宮などを解剖された話。あるいは少年が皮を剥がれて本の装丁にされ、骨は標本として最近まで展示されていた話。

性的ポーズを取らされている「人体の不思議展」が、実は死刑囚の体を同意なしに加工しているという噂。

20世紀アメリカで、14歳黒人少年や16歳の黒人少女電気椅子処刑され、少女強制的献体させられた話。

アメリカ猟奇殺人犯A・フィッシュが、誘拐した少年を、棒で全身を殴って痛めつけて肉を柔らかくしてから、殺して食べた話。その他様々な、子供対象とした残虐な殺人事件

コンクリート詰め殺人事件台湾の白燕燕ちゃん事件ルーマニア女子大生暴行殺人事件などの詳細(被害女性いかに酷い性的虐待の末、命を奪われたか)。

現代における女性死刑囚と、その死刑執行ニュース最近では江藤幸子さんや吉田純子さんといった女性が、絞首された後、遺体全裸にされて、漏らした大小便を拭かれたのだろうと想像すること。

中国若い女性死刑執行前に見せる無念そうな顔と、その女性が頭を打ち抜かれて、物言わぬ肉塊となっている写真1990年代00年代自分と同じ空気を吸っていた若い女性が、今は腐って土となっていると思うこと。

こういった話や映像を見聞きするたびに、何度でも勃起射精する。おそらく、一人の人格女性子供)が、地獄のような苦痛と辱めを感じながら、短い人生の長い最期の時を過ごしたという事実に、強烈な万能感のようなものを感じるのだと思う。

宗教を信じていれば、苦痛の中で死んだ人も、来世で報われると信じることができるだろう。しかし、私は信仰が無いので、短い人生最期の瞬間をこのように悲惨な形で終えた人は、それでお終いなのだと思うしかない。この人たちの人生は、犯され辱められ、いたぶられて殺され、墓にも入れてもらえない、そんな目に遭うためのものだったのだと思うことが、快楽なのだ

死刑が好きなのも、おそらく死刑囚の死は社会が望む死で、殺人被害者と違って悼まれることがないからだろう。あるいは自分死刑執行する権力の側に置くことで、いい気になっているのだ。

家族や友人・知人には無論、一切秘密である

精神科医簡単に話したことがあるが、「性癖治療必要はない」と言われた。確かに私は、痴漢暴行動物虐待などの犯罪はしようと思ったこともなく、表面的には紳士的な人物として通っている。

しかし、私の内面はこのように鬼畜にも劣る人格の持ち主だ。本当に死刑に相当するとさえ思う。しかし、今のところ自殺はする気にならないし、遺書に何て書いてよいのかもわからない。

誰かが私を誘拐し、「因果応報だ」と言いながら、私が自慰ネタにしていた方法で私を拷問し、処刑することがまっとうな気がする。

スーパー精肉コーナーに行くと、ここが私の居るべき場所のように思う。屠畜される牛や豚が羨ましい。私は「死にたくない!」と泣き叫びながらも屠殺場に引きずられ、そこで全裸にされて、股間から鋸で切断され、内臓を取り出され、枝肉にされたい。そして全国の大人子供に食べられたい。食べられて消化され、大小便となって排泄されたい。あるいは、家畜の糞尿と混ぜてミミズの餌とし肥料にして畑にまき、あるいは肉骨粉となって家畜飼料となって、牛糞や豚の糞となるのもよいだろう。あるいは猟奇殺人犯に捕まって、嬲り殺された後、トイレ殺人犯の糞尿と一緒に流されるのもよい。とにかく、私が死ぬことで誰も悲しむ者がいなく、逆に喜ぶ人がいるような、そんな死に方をしたい。墓や葬儀は嫌だ。生ゴミとして処理されたい。世界中から永遠に忘れられたい。

私は死にたいのではない。でも生きていても空虚しかない。自分を殺したい。命乞いする自分無慈悲に殺したい。なんのために生まれてきたのだろう?


追記)タイトルの誤字を「志向」→「嗜好」に訂正しました。(2016/08/18)

中性的でありたい彼氏男性ホルモン

私の彼氏可愛い。具体的には顔と仕草可愛い

顔は、神木くん伊野尾くんを足して2で割って鼻を低くした感じ。

本人もそれを自覚していて、可愛くあろうと努力している。

でも彼は、男性ホルモンが強い。

まず、髭が濃い。朝はファンデーションで隠れているが、夕方になると隠しきれない髭が見えてくる。

身体もとにかく毛深い。腕毛、すね毛のみならず、胸毛や背中毛、尻毛もたくさん生えている。

彼は職場ではVネックTシャツを着ているので、胸毛と肘下の毛は処理してある。

しかいくら処理をしても1本1本が太いため、毛の断面の黒い点々までは隠しきれない。

外面ばかり中性的であろうとしても、内面からにじみ出る男性ホルモンは隠せない。

アンバランス気持ち悪いのだ。

家では普通の男なのに外では中性であろうとする彼に、伝えてあげたい。

みんな分かっているよと。

2016-08-13

ずらしずら

ラブライブ本質的子ども向けアニメだという解釈をしているので、一部の人間が絶賛するようなエロゲーとかラノベみたく内面を深く掘り下げたアニメがみたかったとかのたまう人々はカテゴリーミステイクを犯しているようにしかみえない。

アニメラブライブ!本質的子供向けアニメだとしても、『ラブライブ!』という企画のもの本来PV付きシングル雑誌連載をメイン媒体とするメディアミックス作品として続いてきていた。

そのため、「内面を深く掘り下げたアニメをみたかったとのたまう人々」がいてもなんら不思議ではない。むしろその作品をただアニメとして捉えてしまうことこそがカテゴリー認識を見誤っている表れである

言い換えれば、「批判してる奴は見方が間違っているんだ」と言いたいだけだろうが、本来そういう見方で見る作品ではなかった経緯を無視した言い方なために、ただの独善的論点ずらしとなっている。

論点を切り替える際にはその論点の転換理由説得力をもたせる必要があるが、それが全くない。

現実から逃避するためにブログ使ってる若者っていつになったらブログ卒業すんの?

思考停止して重箱の隅をつつくな」って書いてるブログ読んだけど幼いまま停止してるのはあなただわな。


この幼児に限らず、しょうもないことで揚げ足取ってどや顔する+独自ポジションアピールしようとするブログ増えたよね。

しかし、なんつーか、若者に限らずだけど最近はこんな感じで個性を求められすぎるせいかこういうお手軽なブランディングしたがる人多いね

でもどいつもこいつもほんま中身空っぽやなぁ。 

頭の足りない子は一生懸命オピニオン述べるより、ほんの一冊でも読んで勉強したほうがいいんちゃうかな。






社会で接する大人あんたの友達でも家族でもないよガキ。

前言撤回じゃなくて、考え方が発展したんです。」と主張してるけどね。

うん、そう思ってるのあなただけだわ。

向こうからはそう思われてなくて、相手から見たらつながりが感じられなかったり、むしろ退化してるって思われてるよ。

そもそもあなた勘違いしてるのは、他人自分と同じ関心をもって自分を見てくれてる、自分と同じ情報をもって自分理解しようとしてくれると期待してること。

んなわけないじゃん。ガキか。

そりゃ自分にとっちゃ自分はいろいろ経緯があって体験があって変わるんでしょうけどさ。

他の人は重要役職もついてない若い子のことを見たりしないよ。世話がかりの人が多少丁寧に見てくれるくらい。

なのに、この人、そういう変化とか、細かい内面をを相手が察してくれないことを不満だと感じちゃってるの。

親しい友達しか付き合わないまま社会に出たからこういう思考になるのかね。

ナイーブすぎるわ。





まず自分相手が満足のいくだけのアウトプットができてないって言われることに気づこうなマヌケ

あのさ。

一貫性がない」って言われないようにするためには、自分が変化してるんですーとかそういう話じゃなくて、この人がどれだけ普段周りの人に自分を伝えられてるかが大事なんだよね。

相手からしたら、自分相手に伝えた情報からイメージ作ってるわけね。それ以外情報ないじゃん。

なに、それとも相手から踏み込んで興味持って察しろと? 自分の子供ですらなかなかないのに、たかが部下相手にそんなことするわけないじゃん。

安定したイメージを持ってほしいならちゃんとコミュニケーション取らなきゃだめでしょと。

といっても、仕事に関する話以外は求められてないよ。仕事の報告や相談ポイントでどういう態度を取ってるかが大事って話ね。

そういうところの積み重ねがなかったら、対応ちょっと変わっただけでもそりゃ「いつもと違う」って思うよ。

それだけ両者の間に信頼の幹がちゃんとできてないってことだよ。だから相手不安になって「どうしたの?大丈夫?」って確認してるの。

わかる?

インターネットなんて仕事以上に相手事情斟酌してくれないんだから、ちゃんとアウトプットできてなきゃそりゃいろいろ突っ込まれるよ。

その時に逆切れするのって無能すぎるよね。





ドイツ自慢の前に日本語勉強もうちょっと頑張ろうな。

で、その時の対応がこの記事なんだとしたら、ちょっとアスペっぽいよね。

自分のことは一生懸命書いてるけど、そういうとき相手が何を考えてるかは文字通りにしか受け取らない。人じゃなくて言葉に対してかみついてる。

そんで「変化するのは当たり前でしょー」なんて中学二年生が思いつくような陳腐理屈を持ち出して勝ち誇ってる。

言っちゃなんだけど、あなた学生の時国語ができない人だったでしょ。

国語ってさ、こういう時に自分感情抑えて、自分以外の人間感情を読み取る訓練をやってるんだよね。

単に言葉意味を考えるんじゃなくて、その言葉がどういう文脈で発されているかをつかんで、そこから発言意図想像する。

そういう思考が全く感じられないよね。

あなたにとって問題なのは日本文化じゃなくて、あなた想像力の低さ。

いやまぁ、なんでも率直に言葉にしてくれるローコンテキスト文化なら何とかなるっていうなら、そりゃあんたにはそっちが向いてるんだから日本向いてない、でもいいのかね。

だったらさ、なんで向いてない日本に執着してんの?

日本でのコミュニケーションから落第してんだからドイツにいたほうが幸せなんじゃね? 






だいいちさー。

変化するにしても「つながり」はあるはずなんだよね。当たり前でしょ、それまで生きてきたんだから。いきなりUFOに改造されたんじゃなければいきなり大きく変わらないよね。

「こういう変化を経ました」って説明できたり感じさせられるなら、突っ込まれることもそうそうないし、突っ込まれたらその場で説明するよね。

わざわざこういう抽象的な理屈必要ないはずなんだよね。

にもかかわらず、こういうふんわりした反論しかできないってことは、その場では何にも言えなくて、ネット弁慶しかできないってことだ。

変化のつながりが見えないとか、合理的じゃないとか、端的に言って「お前の考え方はおかしい」っていわれてるの。まずそれに気づかないのが頭の回転が鈍い。

そのことでイライラしてるんだったら、やっぱり今までのつながりがちゃんと説明できないんだと思うよ。

そのことについて「思考停止してます」って逆切れってのがまた幼いよね。







などなどさ君ってツッコミどころが腐るほどあるわけよ。 隙だらけだし頭悪そうだし。お説教したいおっさんからしたら絶好の餌なわけね。

でもさ。君がバカにしてる大人はいちいち反論してこないよね。 こういうことを言ってこないよね。 

なんでかって?君が相手にする価値もないただのガキだからだよ。だからまともに相手にしてもらえないってだけ。

から笑顔で見下されながら、好き勝手吠えてても見逃してくれるのね。

一方さ、君の周りの君と同レベル人間は君のことに同意してくれるよね。

その結果、なんとなく君は自分が言ってること正しいと思うようになっちゃってないかい?

そうやってネットでは自尊心満たされるかもしれないけどさ、その正しいはずの自分って現実では無力だろ?

ネットでたくさん屁理屈言って、その理屈が褒められても、現実では目の前のおっさん一人に勝てないだろ?違う?

それってあんたが現実から逃げるためにネットブログ書いてて、現実と立ち向かわないからだよ。

ま、今はネットだけでも食っていけるらしいから、ずっと引きこもりたいならネットオナニー的なことを書いて仲間でペッティングしあって完結してればいいんじゃない

でも、現実にそれが通用するって勘違いだけはすんなよな、と。

どうせネットでもそこそこの注目集めてそこから世界は広がらんだろうけれど、現実から目をそらして自分はそこそこ認められてるなんて勘違いしても、現実ではお前の価値は一つも変わらないからな。

2016-08-08

某は肥大化した自己他人から批評への恐怖とで眠れぬ夜から逃げる

二十代は後半にさしかかったが未だに職なし

大学は去年中退受験勉強と在学期間の約十年、大きな無駄を貪った

学歴なし職歴なし資格なしスキルなし

さて、こんな人間が生きていていいのか

頭脳明晰かつ行動力に溢れる読者諸君ならこんな事例に対して、いや四の五の言わずに働けよ、という声が聞こえてきそうだ

まだ若いんだから、どうにでもなるから、なんて肯定的ものはまだいいが

根が腐っている御仁はさっさと死になされと勧めてくるかもしれぬやも

脇道に逸れてしまった

さて、某の問題点は何もしたくないという気持ちが強すぎるのである

無気力、無関心、無責任を貫く面の皮の厚い自己中心的人生を貫いてきた

両親、兄弟、友人とお世話になった人は数知れず、しかしその恩に報いる気持ちがけだし浮かび浮かばぬような中途半端状態である

そこには幾つかの理由があるのではと自分なりの自分への推論をしてみようではないか

第一に親の影響がある

第一項目から自ではなく他へ理由を求めている点がいかにも自分勝手ではあるが、好き勝手やらせてほしい

我が親は、特に父親は何に対しても自分意見を言ってくる御仁であった

それ自体は悪いことではない、字面だけ見れば、だ

子供の時分から何か言おうが何をしようが安全性リスクマネジメントについて、またその意見の正確性についてこんこんと言われることが多かった

これ自体は何度も言うように悪いことではない

子供正論を振りかざして何が悪い

全ては親が子を思う気持ちから

それは理解できる、今なら

だが、いちいち語気を強め、語尾を強い調子でまるで激昂したように言いくるめてくるのはやめてもらいたかった

何を言っても、何をやってもそうやって言われるのだ

毎度毎度その言動の良し悪しに関わらずただ怒られてるようにしか思えなかったのだ

意識はなかったが抑圧された子供時代を送ったのかもしれない

何をしようと最終的に嫌な気分にさせられるならはじめから何もしなければいいのだ

そうやって育ってきた

以上が第一である

第二項も似たようなものかもしれない

某は完璧主義である

だが負けず嫌いではない

自分想像する状態にならなければ、やった意味はないと考える癖があるのだ

百でなければならぬ、九十九では零に等しいのだ

結果、何もしなくなった

のものなんて存在しないかである

世の中七十で及第点であったり、場合によっては三十でもよかったと言える場合がある

それには迎合できない

第三項は聡明な読者ならもうわかるかもしれない

この文体、語り口調からにじみ出る、無類のプライドの高さだ

プライドはある程度あったほうがいい

だがプライド邪魔しかならない時もある

傲慢という言葉がしっくりくる人間である

頭を下げられなかったがために教えを請うことも適切な謝罪をすることもなかった

多くの人間関係を失った

そしてここまで読み進めた忍耐深い読者諸君はきっとこう思っていることだろう、面倒くさくてこんなやつと友達になんてなれない、と

その通りだ、自分でも自分友達になどなりたくない

第四項だ

それは恥ずかしがり屋であり目立ちたがり屋なところである

某は無駄に目立とうとしてきた、そしてすべからく羞恥の念に苛まれてきた

これは性癖ではない

羞恥心は一ミリ気持ちよさを運んでこない

ステージに立つことや日常ちょっとした動作から人に見られてること、人の顔色を常に伺ってきた

その結果毎晩風呂場で湯船に浸かりながらなぜあのようなことをしたのかと猛省の日々が続いた

古くは小学校入学からになるのだ

もう二十年はそんなことをしている

まあ最近人間関係が無くなったためにそういう思いに駆られることは少ないが

ともかく、目立ちたいのだ、だが恥ずかしいのだ

家庭環境事情から自分の内側をさらけ出すことにとんでもなく恐怖を覚えるのだ

だがヒーローになりたかったのだ

しかしその割に自分内面を出さないのだ

他人の顔色しか見えなかった

その人が何を考え何を思ったのか、面の皮のその内側までを考えることができない浅い思慮しかきぬのだ

第五項は孤独

これが最後

我が家とある宗教団体所属している

某は所謂三世というやつだ

祖父母、従兄弟等が特に真剣にそういう活動をしそういう信条に従って生きている

我が両親はさほどそういった活動に手は出さなかった

某もそういう教育ほとんど受けていない

から所謂経典のようなもの意味もその団体歴史特に知らない

わかりやすい例を挙げると死生観というもの理解できない

団体のもの簡単に言えば輪廻天性のようなもの信条としているが

某は死ねばそれで終わりだと思っている

少なくとも死ねば某は某でなくなるのだ

生前どんな活動をしようがいくら金を稼ごうが死のその瞬間にその全ては無駄になる、と思っている

くだらぬ例が長引いたが何が言いたいかというと

自分の家がとある宗教団体所属していることは他の家とは違うことであり、普通ではない、ということにとんでもなくコンプレックスを抱いているのだ

からこれまでにこの話を誰かにしたことはない

いくら仲良くなろうと自分の家がそういうところに所属していると知られては、友情にヒビが入ると思っているからだ

それに小学校の二年生の時から自分結婚ができない人間だと理解している

いくら相手との相性が良くても、理解のある相手であっても、相手家族から猛反対されるに決まっているからだ

某は相手に無理強いしないつもりではある

だが普通ではない人間にだれが自らの子供を預けようと思うか?普通ではない家族と深い関わりを持とうと思うのか?

そう考えれば考えるほど、自己意識の中でだけではあるが、異性との距離は遠くなっていった

今はもう無限遠方と言っても良いだろう

性交だって経験がない

自分自身の血がコンプレックスである

結果孤独である

外部の人間関係から孤独であり

真面目にその宗教をするつもりがないのだから家族人間関係から精神的には孤独である

これから先も深い人間関係など築けないと覚悟している

まあそういう世の中になってきてはいるようだが

だが後ろ指は刺されたくない

自分普通でないことから他人に悪い先入観を持たれたくない

結局結論も何もない推論になってしまったが

これこそがまさに自らを表している

終わり良ければすべて良し、とよく言われるが某の人生の中では終わりが良かったことがほとんどないのだ

途中までは良くても最後有耶無耶に逃げ出す

まさにこの纏まりのない推論自体が某自身物語っている

きっと人生の終わりも自ら逃げ出すように迎えるのだろう

なぜこのような駄文を残したのか

インターネットという黒い大河の一滴にでもなれば悪くない

恥ずかしがり屋がテキトウに目立とうとして失敗した事例として残ればそれでいいのだ

2016-08-07

http://anond.hatelabo.jp/20160807055216

まあここは増田からねえ。人前で明言できないことだってここには書くよ。



ていうか自分元々は件の事件自殺してしまった学生擁護派だったんだけど、

ここで自分の考えを文章化してみたら、びっくりするほどLINEでバラした学生擁護の考えになっちゃってるな。

はいえ決して勝手にバラしてもいけないと思うし、それを客観的に茶化して楽しんでた周囲の人間も最悪だとは思うんだけどね。

考えれば考えるほどどっちも悪手だったとしか思えなくなる。



それにしても、自分無意識のうちに死んだほうがいいレベル差別主義者になっていたとは知らなかった。

自分でも気付かない自分内面を見つけさせてくれるんだから、たまには増田も役に立つな。

2016-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20160804171358

シン・ゴジラレビュー肯定派も否定派もたくさん見てきたけど、レビューって本当に自分内面の表出だなって思うわ。



この人は自分の中の自分にとってこれはこうあるべしという物しか認められず、難癖をつける為だけにここまでの情熱を燃やして作品を鑑賞し長々とテキストにおこしたんだなって感じた。



普段から何にでも斜に構えて難癖をつけて否定して狭い価値観自分のいいと思ったものしか認めない人なのかな。



これは個人的意見だが、

作品表現って、鑑賞者の予想を飛び越えた展開や表現が出てくるから面白いし、制作者にとっても自分意図しなかった作品の見え方や捉え方をしてくる鑑賞者が出てくるから面白いんじゃないか



鑑賞した作品が、自分にとって予想外で思ったような展開・結末にならなかったとしても、

それが作者や製作陣出した一つの回答なんだなって認めることも大事だ。

(さらに言えば、作者が何故そういう展開・結末を選ぶに至ったか、作者の過去バックボーンを調べるとまた発見があって面白い。)



それを分かれとは言わない。お前が他者肯定的意見を認めようが認めまいがそういう意見もあるってだけのこと。



あと気になったのが、せっかく一生懸命結構な分量のテキストをあげたのは読み応えはあったけど、はっきり言って長すぎて読みにくい。

最初結論を書いてそこから理由を並べるとか、テーマごとに見出しをつけて段落ごとに分けるとかしないとあんまり読んでもらえないと思う。



人に読んでもらいたくて書いたかどうかは知らんけど、ダラダラ書き殴っただけじゃ便所の落書き扱いされても文句は言えんぞ。



気が向いたら、ブラッシュアップしてもう一度まとめてみてほしい。もっといい文章になる気がする。

ストレッチ」全話公開してるな

やわらかスピリッツ - ストレッチ

読み返して思ったのは

サバサバしてるように見えて実は内面ドロドロ、意外と乙女なとこもある慧子パイセンかわいいにゃあ

ということですね

あざとすぎるキャラクター造形の蘭より断然慧子パイセン!!!

2016-08-03

映画スーサイド・スクワッド』についての批評家コメント抜粋

肯定

「『スーサイド・スクワッドは雑だがまあ一応愉しませてはくれる。ウィル・スミスマーゴット・ロビーをはじめとした役者陣は良い演技を見せている」――アラン・サーニー(ComingSoon.net

「期待通りもの約束通り作ってくれた。『ボーンシリーズの最新作とこれの二つは押さえとけ」――ヴィクトリアアレキサンダー(FilmsInReview.com)

「無理に偉大になろうとしていない良い映画だ」――レイ・パーチュ(Herald Sun

 「手堅い出来で愉しませてくれる。DC映画でもマーベル面白さに近づけることを証明した。あくまで、「近づいた」だけではあるが」――ウェンレイ・マ(News.com.au

 「「入門編」としてはおそらくベストなのではないか。順調にいけば、DCユニバースはより稼げるようになるだろう」――ビル・グッディクーンツ(Arizona Republic)

 「キャラは最高に良い。だが、ストーリーは良さからは程遠い」――ケイティー・ウォルシュ(Tribune News Servie)

 「こういうたぐいの映画としては、『スーサイド・スクワッド』は良い意味で変わっている。正統派ヒーロー映画に対して誇らしく中指をつき立てるのだ」――ブライアン・トルイ(USA Today

 「キャラクター内面自分自身を見出すことのできる稀有ヒーロー映画」――ビルゲ・エビリ(Village Voice

 「DCにとっては、BvSの失敗から立ち直るささやかな一歩となるだろう。ただ、もっと凄い傑作を作れたはず」――クリス・ナシャワティ(Entertainment Weekly)

 「こざかしいアメコミ映画ツイストのきいたB面だ」――デイヴ・カルホーン(Time Out


否定

 「もし、あなたに忌み嫌っている人物(単に嫌いな人間でも、イラつかせる人間でもなく、本当に心底嫌悪憎悪している人間)がいるなら、そいつに『スーサイド・スクワッド』のチケットを送るべきだ。」――ミック・ラサールSan Francisco Chronicle)

 「盛り上げるに欠ける悪い意味でフツーのヒーロー映画。『デッドプール』のニヒルな小粋さと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアナーキーな奇抜さを後追いしようとしているものの、どうもスベっている。」――A・O・スコット(New York Times

 「今年で一番ストーリーテリングがこんがらがってる作品」――デイヴィッド・エデルスタインNew York Magazine

 「デヴィッド・エアー監督のスピーディな演出スタイルのせいで、ストーリーについていくのが難しい。」――マーラ・ルインスタイン(US Week)

 「このところのコミック原作映画が過剰供給されている感があるが、『スーサイド・スクワッド』はそれらと比べてなんの個性もない」――ソレン・アンダーソン(Seattle Times)

 「誰が『スーサイド・スクワッドから魂を抜き取ったんだ? デヴィッド・エアーPG-13大衆受けする作品にするために妥協して、彼の持ち味であるハードコアアクションを骨抜きにしてしまった」――ピータートラヴァース(Rolling Stone)

 「本作の脚色過程で実に多くのことが起こったけれども、最終的に出来上がったのは虚無だった」――ステファニー・ザチャレックTIME Magazine

スカッとするシチュエーション

読者のヘイトを集めるために設定されたような内面が醜悪なサブキャラクターヒロインに横恋慕し、いくつかの出来事を経て彼女自分の事が好きに違いないと核心(勘違い)するんだけれども、結局最後ヒロインは一途で真面目で不器用主人公相思相愛の仲になり、それを見せつけられて地獄のどん底に突き落とされる…という流れがもの凄く好きだ

主人公ヒロインへのおめでという感情と、サブキャラクターへのざまあみろという感情の相乗効果というべきか

2016-07-30

http://anond.hatelabo.jp/20160729212345

世の中には2種類の物事があって、それは

「思っているだけで実現できること」と

「具体的に行動しないと実現できないこと」に大別される。

世の中の多くの物事後者に分類されていて、

たとえば「サッカーが上手くなりたいなあ」と思っていても

そう思っているだけで上手くなれるわけはなく、

具体的に何かに取り組まなくては決して上達しない。



しかし前者に属する物事も少ながらず存在していて、

人格を変えたい」なんてのはまさにそっちだと思う。

なぜ思うだけで実現するかというと、それを意識して生活していれば、

外界からの様々なインプットが今までとは違って見えるからだ。

「こうありたい」と思いながら毎日を過ごしていれば、

少しずつ内面は変化していく。

もちろん今までの習慣を無理に続ける必要はなく、

関連する本を読み漁りたいと思ったら読めばいいし、

何か新しいことを始めたいと思ったら始めればいい。

それも内面の変化。



ただしどう変化したかはよくわからないので、

それは実際のアウトプットテストしてみるしかない。

良くなっているなら現在方針を続ければよいし、

変わっていない/悪くなっているなら

方針や考え方を再考する必要があるかもしれない。

そうして理想の水準に近づいたなら

探求をやめればよい(なかなかそうはならないのだが)。

2016-07-27

聴いてもらいたいのが誰でもいいなら、ブログでも何でもしますが、

聴いてもらえるなら誰でもいいわけではないのです。

うっかり内面吐露してしまって、曲解されたり噂をされたりしたらたいへん困る。

そんなことになるなら、公開は自分のみで十分。

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160724235331

頭の悪そうなファショオタってキモオタみたいなもんだけどな

あんたにとってみてもMarch通ってるキモオタよりファションに拘りある東大医学部のほうが魅力的なんじゃないの

あんまし表面的なとこでの見てくれの話は関係ないんじゃない

単刀直入には説明できないレベルでの不快感みたいなもの内面から外側へ醸し出されてるっていうのはあってもさ



それからさ、

コミュ力とかファションとか

人の能力絶対的な物として画一化された競争みたいに捉えるあんたのその癖、すごく変だよ

2016-07-21

もう女子が何をしても怒りも驚きもしなくなった

童貞こじらせてミソジニー煮込みうどんになっていた頃は、女子たちの自分勝手(のように見えるよう)な言動にいちいち驚き、怒っていたのだが

さすがに脳みそ機能不全し始めるアラサーになった頃から、どうでも良くなってきた。



女子小学生ですらスマホエロサイトみて早速オナニーを覚え、中学生彼氏とのキス動画を公開し、

高校生にもなれば出会い系アプリを使ってホ別苺で援交し、女子大生は清楚でもセフレ複数いて変態プレイも抵抗ない。

新人OLは既婚者の上司不倫し、そんな楽しげな経歴を隠してそこそこの男と結婚したら、今度はSNSを使って不倫を楽しむ。

男に厳しく女には甘いダブルスタンダードを恥ずかしげもなく主張して、子どもを産めば狂ったように子育て愚痴で盛り上がる。

公共放送契約アナ愛人クラブ登録し、別のアナ正規男性アナと週3で不倫のカーセックスに興じる。



ああ、それが女子ってもんだよ。もう別に怒りも驚きもしない。

援交JK日本無形文化遺産みたいなもんだし、セフレ持ちの女子大生女子力高い。

清純派タレントゲス不倫してようが、そんなの日本の隠れた日常風景だし、

学生性風俗で働いているなら「お、真面目にがんばってるな!」と応援すらしたくなる。

自分を変えたいならAV出演も一つの道だよね。上司不倫する女子キラキラしてるね。退屈な家庭生活旦那以外の刺激も必要だよね。

もう何とでも言える。今なら全肯定できる。どんな生き方をしたって、どんな人物だって女性価値は微塵も傷つかないよ。



所詮女子も男と同じ人間で、欲にまみれた存在。ほんと考えてみれば当たり前だけど、性欲もあるし間違いも犯す。

それなのに勝手女子理想押し付けて、その理想が踏みにじられる度に怒りを覚えてミソジニーに走る。

ああ、バカだったなあ。どうして男と同じ人間だという当然の事実に気づかなかったのか。

自分をふくめ、大半の男が内実ひどいバカクズゲス連中ばっかであるように、大半の女子も同じくらいしょうもない

みんなが何をしても気にする必要なんてないし、実際もう何も気にする気も起きない。心から失望したらかえって余裕がでてきた。



そしてミソジニーが消えたら、女子に何の幻想も抱けなくなった。そこに残ったのは女子に対する無関心だった。

ひとりの人間として親しく接することはできる。普通に仲良くすることはできる。ちょうど同性に対するように、何の下心もなく。



でも、もう女子に恋することはないだろう。異性愛者の男が同性に恋することがないように。

どんなにキレイ事を言っても、恋愛なんて相手理想押し付けること。「この人だけは特別」と思い込みたい精神病だ。

女子に対して怒りも驚きもしなくなった今や、女子特別扱いしたり、特別な仲になりたいという気も起きなくなった。

みんな自由人生を謳歌すればいい。もう女子幻想押し付け生き方はやめて、そういう幻想距離を置くことにした。

女が男と同じだったら、もう特別に関心を持つ理由はないんだよ。同じなら、もうすべてわかっているんだから


<追伸>

いま読み直して気づいたが、確かにこれじゃ今も童貞みたいな書きぶりだな。

けど、そうじゃなくて童貞なんてとっくに卒業してるよ。社会人になってからからだいぶ遅いけどね。

アラサー三十路過ぎ)になってふと自分人生を振り返って、ろくな女と出会っていないなんて思っていたけど

思い返せば女そのものが男と同じくらいろくなもんじゃないって思ったから書きなぐった。

(むしろ女に「自分を救済してくれる特別な何か」を期待していることこそがミソジニーだと気づいたわけだが)

推敲もせずに投稿たから数時間経ってから読み直すと自分で書いたくせに気持ち悪いと思ったけど

まあ、人間内面フィルターかけずに書いたらこんなもんだろうね。



あと、コメント批判は全部ありがたく読ませてもらったよ。面白いのは「姉がいれば」のヤツかな。

自分には妹がいて、しっかりとした価値観にもとづいて仕事キャリア形成しつつ、

高校の頃から異常にモテいたこともあり、自分より先に(しかハイスペ男性と)結婚もしている。ちょっとした完璧人間だな。

から一般女性理解するのにあまり参考になるとは思っていない。

しろ、出来過ぎの妹が普通だと思っていたことが、童貞時代にこじれた原因の一つですらあると思う(笑)

何はともあれ、自分意見を素直に表面して色々と評価されるのは面白いもんだな。ブコメの皆さん、ありがとうございました。

2016-07-17

これ以上の自分の不幸を認めたくない。

感情感情表現とが、結びついてない。

どうしたら良いのか。

  

中学の時にも言われたな。

不器用だと、絵画でも見ると良いとか。

ピカソの絵(キュビブズム)は美術時間に、一つの絵の中に様々な見方を入れているということは、習った。

  

表現不器用だ。

言葉しろ、表情にしろ

  

内面にあるものが、大きすぎて整理が出来ない感覚だ。

俯瞰して眺めると言うことが、難しく、自分の考えや感じかたでありながら、

常に「抜け落ちがあるのではないか」と、感じる。

なんで、こんな風に生まれたのか。

困った。

2016-07-14

シコれるエロゲの超個人的共通点

エロゲと銘打ってるがエロゲに限らずエロコンテンツ全般でヨロシコ

 

1.隠語だけじゃなく状況説明が上手い

何がどう感じているのか言葉説明口調にならない範囲言葉だけでも想像できそうなのが良い。

ひたすら喘ぎ声だけを出しているテキストクリックする時間無駄

文章(言葉)にもエロスを感じたいのにひたすら「あん…!」とか「いい…!」とか読まされても脳が疲れるし息子も冷める。

レイプされてたとしても何がどう苦しいのかをしゃべらせたり、

凌辱されてどう辛いのかをしゃべらせたりするべき。

何のために馬の交尾でなく人の交尾を見ているのかをもっと製作者は理解してほしい。

ろれつが回らない崩し言葉も度が過ぎると手抜きに見えるし何言ってるのか分からいから程々にするべき。

 

2.巨乳

完全に好みだが、ある時を境にして巨乳派になってから巨乳じゃないと物足りない。

とにかく肉感がいい。

女性特有の柔らかさを胸だけで表現できる。

年齢が高めでも低めでも味方してくれるパーツ。

素直にエロさを表現できる。

巨乳要素は甘く見てはいけない。

清純が巨乳でもビッチ巨乳でもどちらでも笑顔になれる。

巨乳は俺を救う。

 

3.フェラシーンはちゃんと抜くまで

よく途中でフェラを中断させて挿入に移行するものがあるがNG

フェラはちゃんと最後まで抜いてほしい。

なんならお掃除フェラで2連発してもいい。

フェラ愛情表現の1つ。

身も心も繋がっていることを実感させてほしい。

いれるためだけのフェラなんて風俗と同じ。

 

4.男が力で抑え込むシーン(和姦・レイプともに)

和姦・レイプわず、男が腕力で女体を抑え込む表現があると最高。

男側の野獣性が出て犯してる感じが出て興奮するのと、

女側はなすすべもなく体勢を受け入れざるを得ないのに興奮、W興奮する。

和姦の方がいいのは激しくされてるのに心から受け入れているのに興奮する。

立って対面で壁に押し付けてたり、両手首を男が掴んでピストンとか最高に興奮。

もちろん男女逆でも興奮する。

から快感攻撃される女という構図がとてもいい。

 

5.心から愛し合ってる

レイプ物でも最終的にラブラブになればOK。

お互い心から愛し合っていて心理的ストレスフリー状態快楽をむさぼりあう。

とても最高。

おねショタが好きなのも大体相思相愛から

調教系も最終的にはラブラブになると心の底からポカポカと暖かくなる。

悲劇的な終わり方されても真顔になるだけ。

NTRは、寝取った男と女ラブラブならOK。

激しいエロの後はイチャイチャラブラブタイム筋肉と心を落ち着かせる。

 

6.性欲が強い

お互い性欲が強い。

性欲が強い同士なので歯止めが効かないセックスしまくる。

汗だくになってひたすらしたり、馬鹿になるまで連続ふぁっくする。

興奮する。ベッドでなく布団ならもっと興奮する。

プレイを色々考えたりして相手が喜ぶのを考え合ったりしたらなおいい。

大人しい子が性欲強いとかいベタベタも汗でベタベタになって布団の中で格闘するのも愛せる。

 

7.隠れてエッチ

身内が周りにいたり、外に出て人目を盗んでの隠れエッチスリル感があっていい。

何がいいかというと日常(非エロ)と非日常(エロ)がリアルタイム交錯するのがよりエロを際立てていい。

恋人関係からこそあり得る非日常とのクロス、これがエロを強烈に彩る。

時間停止モノとか透明人間系もこの手のエロスだと思う。

テーブルの下でフェラとか、現実だと有り得ないんだけどこれがとてもいい。

 

8.無知系無邪気系もエロい

体に反比例して内面が幼かったらとてもいい。天使だ。

胸が大きいのに無邪気にはしゃいで胸を押し付けてくるとか最高だ。最高しか言えない。

そして好意を表すところだけ恥じらいがあると拳を握りしめるくらい好きだ。

しか母性もあると満足というほかない。

ララァは私の母になる女性だったのかもしれないのだぞ。

 

9.手マン

手で感じさせてるというのが既にいやらしい。

チンコと違い萎えることはない手でひたすら感じさせる。

激しくも優しくも自由自在

グチョグチョという水音をわざと響かせるようにいじるのも良し、

鬼のように感じさせて潮を吹かせるも良し。

マンしてる間の女性の股間は卑猥ゾーンと化す。

マン中はまさにエロ湿地帯だ。

 

10.顔が涎と涙と鼻水と汗でぐちゃぐちゃ

激しく襲い掛かる快感に涎や涙でグッチョリし始める顔でシコれる。

やはりエロは液体。

好きな人セックスをしているのに涙も涎も流さないなんて嘘よ!

他人には見せられないアクメ顔を恋人に魅せているのが最高よ!

好きな人を泣かせているという背徳感と犯す喜びと喘ぎ声でパーフェクトハーモニー

エロシンフォニー夜明けまで続く。

 

11.髪が長め

ロングヘア―といかなくとも括れるくらいに長いと嬉しい。

短めも嫌いではないが、やはり長い髪というのは女性ならではの特権だと思う。

長い髪には神秘性とか包み込むようなやさしさとかそういうのを感じてしまう。

マリアをふぁっくしてると思うとエロさがアップしないだろうか?いやする。

髪が長いと色んな髪型に変えることができて色んな表情の変化を楽しむことができる。

ポニーテールツインテールで妻の別の顔をみちゃった…ドキリンコ☆彡

みたいなストーリー展開もできる。

アクセントエロには必要なんだ。

 

まとめ

巨乳巨女で頭がちょっと幼いけれど母性があって甘えさせてくれて、

小麦肌で初エッチの後は外でも家でも積極的に襲ってくるようになって、

エロ本のせいで隠語バリバリ学習していって色んなエッチなおねだりを要求してくるようになって、

それを楽しみに家に帰るような生活がしたかったです。

この人生では無理なのでエロゲで欲求を満たそうと思います

 

おわり

http://anond.hatelabo.jp/20160714074723

>人と違うことをしている自分に酔ってるタイプ

>ああいうのは自分ランク上の人間だと思い周りを見下している

それって思いこみでレッテル貼りじゃないかな。

あなたのいう『一つの物事に対して複眼的に考える』ができてないんじゃないはどうしたの?

思いこみで作り上げた像を憎むって現実的じゃないと思うんだけど。

学生しか低学歴

それは学歴差別じゃないの。差別主義者だと公言するわけ?

学生を憎んでるの?なぜ?あなた学生だったことあるでしょう?

頭が悪い

稚拙な主張は稚拙だと批判すればいいと思うよ。そういう面はあったと思う。

でも頭が悪いと言ってしまうのはどうかな。

>そんな意思決定を頭の悪い連中に任せておけない

彼らは政治的意見を主張しているだけで為政者ではないよね?

政治のかじ取りを彼等がしていると思ってるの?過大評価じゃないだろうか。

嫌いだという主張は分かるけど、思いこみや決めつけで彼等の姿を作り上げてその像を嫌ってるんじゃないでしょうか。

それは嫌いだから嫌な部分を見つけて増幅する作業だと思うよ。なぜ嫌いになったのかその根源を、自分内面を見つめてみて教えて欲しいな。

http://anond.hatelabo.jp/20160714031423

大学名前でそんなに憎む理由は何なんだろう。嫌な目に会ったとか?

権威側じゃないから』と『奴らは権威に媚びてれば自分の身は守られて』は矛盾してると思うんだけどあんたの中では矛盾してないの?

全体的に理屈が分からないんだよな。やっぱり感情なのか?なぜ浮いてるものが嫌いなのか、なぜ自分普通だと思えて奴らはそうじゃないと思えるのか、その感情がどこからくるのか、自分内面をみつめてみて下さい。その感情の根源が何なのかを説明できる?

2016-07-13

Twitterとかで、ファンならーとか言ってる人多くて草

そういう事言ってる人のが実は内面必死なんだよなぁ

怒ってない幸せ祝える自分アピしなきゃ!綺麗な自分見せなきゃ!感が凄くて見てて痛々しい

神谷に当たると、周りから白い目で見られるから叩いてる奴に八つ当たりしてるようにしか見えんw

気にしてないよ祝福できる自分アピもやり過ぎると、逆効果だわな