「イギリス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イギリスとは

2016-06-29

生活保護否定しないが、日本生活保護は手厚すぎる

生活保護必要性とかそういう理念的な話はもうどうでもいい。そこは否定しない。でも問題そこじゃねえよ。

受給者の方だけじゃなくて、ケースワーカー取材しろ鈴木大介





http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/


先進国では、最低賃金年金生活保護となっているのに、日本では、生活保護最低賃金年金となっている。

常に問題視されるのは、最低賃金で働いている若者より受給者の額のほうが多い場合があるということだ。

こんな国は先進国の中では日本だけである

これずっと言われてるのに最低賃金を上げようともしないし生活保護も下げようとしない。

最低賃金で働いていて、ずるいと思わないやつがいると思うか?

生活保護必要性の話なんかしてねえんだよ。 それすらも理解できないやつは何言っても無駄だ。

それより、鈴木大介生活保護最低賃金年金についてこそ答えるべきだろ。





国際比較においては、日本生活扶助の額は、極めて多い。

所得保障水準(出典:平成2410月財務省主計局

フランス  39,207円    保護率 5.7%

ドイツ   34,398円    保護率 9.7%

スウェーデン   44,160円    保護率 4.5%

イギリス  30,008円    保護率 9.27%

アメリカ  15,800円    保護率 13.05%

日本    64,870円~83,700円 保護率 1.6%

以上のように、日本生活扶助ヨーロッパ諸国の2倍、

アメリカの4倍~5倍にもなる。

受給者は、生活保護費が少ないと文句を言うが、実際のところ「健康文化的必要最低限の生活」を送るためにこれだけ必要だと本当に言えるだろうか?

日本福祉はなんとなくほかの国より低いと思い込んでる人がいるようだが数字としては一番高い。

もちろん物価問題はあるが、それでもほかの国と比べて足りないとは言えないだろう。




欧米ではボランティア活動への参加が必要で、生保は有期限なのにたいし、日本ではなんちゃって就職活動していれば高額の生活扶助を受け取り、しか医療費も税や年金も全て無料で無期限期限もない。

基準が甘すぎる。

生活保護法は、「最低限度の生活保障」と「自立助長」の2つを目的に掲げている。ところが、生保優遇により「自立助長」を妨げているといえる。

コンビニバイトは、月に8万円程度しかもらっていない。生保優遇から、滞留がほとんどとなり、自立率2%となっている。


仮に、生活扶助欧米並みの水準に下げ、ボランティア活動への参加を義務化(但し寝たきりの人は除く)すれば、現在保護されていない人を救う財源が生まれ、働きたくない怠け者が出て行くので、漏給濫給が大幅に減る。




生保世帯の子供の半分は後に再び生保になる

全体の平均が1.6%だから、格段に高い率で生保となっている事がわかる。

2世生保どころか3世生保まで出てきているのだ。





こんな感じでさ。生保についてだが、鈴木大介的な草の根視点否定しないが、それとは別に、鳥の目、つまりデータで語ることも必要だろう。




あとこっからは俺の愚痴な。


生活保護運営がクソすぎる。働いてる職員レベルがだめすぎてまともな運営ができてない

はてなブックマークコメントを見ていると、そもそも生保の仕組みを理解してないで適当なことを言ってる奴ばかりだ。

生保は一度資格を得たら金渡して終わりだと思ってる? 違うよ。

私は一度仕事をやめて、ハローワーク失業給付もらうことになって初めて気づいたが、

機械的対応しかしない職員上から目線説教されるというきわめて屈辱的でしかも役に立たない茶番を経なければ支給されない。

多分職員の中にはいい人もたくさんいるんだろうが、この国のセーフティネットの仕組みは、形だけしっかりしてるが中身がボロボロだ。



生活保護についても調べたが、やはりケースワーカーがついて指導する仕組みになっている。

だが、このケースワーカー専門家ほとんどいない。とにかく忙しいだけでスキルがない新人仕事押し付けるような形になっている。

そして、受給者プライドをズタボロにするような対応だし、自立をむしろ妨げるような給付の仕組みになっている。

http://seihokanzen.xyz/2015/10/12/caseworker/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13105104658

年収額は自治体によって異なります

東京都23区の場合、平均年収は700万~800万円の間です。

全国の自治体平均ですと、約670万円前後であるそうです。

労働時間については、8:30~17:15までです。

多くのケースワーカーに聞く限りでは、

時間内に仕事が終わることはほとんどないので、多くの方が残業をしているようです。

また、仕事中はあまりの忙しさで常にバタバタしており、一息つく暇もないとのことです。

こいつら年収高すぎだろ。 

これは単なるひがみだが、明らかに仕事できない感じの人間が、こんだけ給料もらえるの世の中間違ってるよ。





https://note.mu/sbsnbun/m/m4bd73cf83898

http://sbshinbun.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

月に一度、生存確認をしに訪ねてくるだけだった。私は早く働きたいと思っていたのだが、何も言ってくれなかった。ワーカーが「この人は働けない」と勝手判断したのかもしれない。

さらに私は働き始めてからきちんと書類を書いて提出していたのだが、担当のワーカーは勝手書類を作って提出していたことが発覚した。担当のワーカーは私に何度も「君は精神精神障害者)だから働けない」と言ってきた。


「ワーカーの仕事は稼働年齢にある人を働けるように指導するのが仕事なのに、仕事をしない」のだ。




生活保護悪用している人間もやはり少なくない。体感としてはかなり多いという人もいる

実際に自分は、就労支援施設生活保護を貰いながら5年以上居続けている人間を何人も見てきました

補助があるから仕事雑談しながら適当にやったり自分意見が合わないと自分の仲間を読んできて声を荒げたり、こちらの発言に対して一切耳を貸さな人間も見てきましたし、自分の思い通りに行かなかったからと言って自助会の代表者に延々と電話嫌がらせを行い疲弊させ

終には休会させたりした人も居ました

生活保護を貰う事に慣れてしまった人間描写も欲しかったです

EU離脱騒動ドイツを始めEU側に引いてる

イギリスEU離脱騒動について、最初離脱に入れた人達バカだという気持ちが強かったが

今はどちらかというとドイツをはじめとしたEU側のイギリスいじめとでもいうべき態度に引いている。

すぐ出て行け、一切の交渉を許さないという強硬姿勢に驚いた。

EUを抜けてもイギリスヨーロッパの一国なのは変わらないし、これからも付き合っていくことには変わりないんだから

離脱派が勝ったとは言え差は割と僅差でしかも若年層の方が残留派が多いと言う結果、

それならば「今は別れるけれど隣人として仲良くしようね、気が変わったら戻ってきてね」というのが大人の態度なんじゃないの?

速やかに離脱しろ、戻ってくるのも許さんって

しかEU大統領」の態度が拗ねてる子供並に酷い。

今のEU側はどうも、手段目的化しているように思えてならない。

イギリス貿易相手としても大きいし、ドイツフランスに住んでいるイギリス人やその逆もいる以上

関税バカみたいに上げたりして嫌がらせをしたら自国国民企業だって不利益を受けると思うんだが。

EU本来平和の達成のために作られた訳で、EUの存続自体目的化するのは本末転倒だと思うんですけど?

EUはただの装置でしょ?抜けたら嫌がらせしてやるなんて姿勢で維持してどうするの?

このままイギリスを締め付け、今後離脱するかもしれない国を脅し…って、そんなやり方では新たな紛争を呼ぶとしか思えない。

特にメルケル。あまりに近視眼的で高圧的。

第一次世界大戦後にドイツに法外な賠償金要求した事がナチスの台頭の一因となったという話は常識だと思うんだが

ドイツ人なのになんでそれを考えないんだ?もしかして理系から歴史勉強もしていないの?

どうも世の中、理系なら論理的偏見の無い判断をしてくれるという理系信仰が強いけれど、実際のところ理系でも十分に感情的だったり偏見まみれだったりする人は多いよねと思う。

しか公用語から英語を外してフランス語ドイツ語中心にするって…おいおい。

なんといっても英語世界共通語であり、

異なる母語人間同士の意思疎通には英語は役立っている。

EUの国同士の意思疎通も困難になる上、EU外への情報発信の精度も低下する。デメリットしかないと思うんだが。

ヨーロッパという狭い世界に閉じ籠ってその中だけでやり取りするつもり?

バトラー

バトラーとは、平たく言えば召使い イギリス貴族に仕える執事(Butler)のように、あらゆる用件をきいてくれるお客様専属の客室係、それがバトラーです。 その役割は平たく言えば召使いです。

お、面白ぇじゃん

http://anond.hatelabo.jp/20160628214339

日本イギリスって立ち位置歴史が似てるよね。元増田に補足しよう

アイルランド北海道

あってる。もっというと北アイルランド渡島半島、それ以外が北海道本島かな。

渡島半島14世紀辺りには和人勢力圏だったんだけどその他はアイヌ土地だった。

シャクシャインもっと強かったら北海道もも今のアイルランドのように分離されていただろう

スコットランド東北地方

古代弥生人制圧されなかったifを生きている東北地方って感じかな

縄文人ケルト人も扱いが似てるよね。

両方とも日本(あるいは欧州全域)にまんべんなく広がっていたと認識されていて

エコロジーとかヒーリングとかスピリチュアル方面の人たちに人気。

でも実際は均一な縄文人あるいはケルト人などいなく、地域ごとにバラバラな民族が住んでいた。

フランス中国

これはどっちかっつーとローマ中国イメージ特に古代

中世になるとイギリスってフランスよりむしろバイキングいじめられてたイメージ強いんだけど

これに相当するのは日本はいないなあ。モンゴル襲来とか?

http://anond.hatelabo.jp/20160629064245

イギリス国内雰囲気わからんけど

日本だったら事前にかなり巧妙に世論誘導はされるんだろうなあとは思う

2016-06-28

日本的にいうとスコットランド北海道、じゃない。

イギリスEU離脱問題で、Twitterとかで「スコットランド日本でいえば北海道みたいなものからー」という人が意外に多くてびっくり。

スコットランド北海道地理的環境は似ているけど、歴史的に言えば全然違うよ。

強いていえば、東北地方だよ。特にアイヌ文化がそこそこ残っている東北北部

まあ、北海道こそアイヌ文化の本場だけどさ、スコットランド的な意味では歴史性が全然違うんだよ。

現代では東北会津地方以外は「維新史観」に洗脳されて、他の地方との歴史連続性を当然視する向きがあるけどね。



そんなわけで、イギリスの各行政区分「国(country)」を日本にあてはめると、



イングランド

東北を除く本州の大部分。ロンドン東京遷都されずに京都がそのまま首都になった感じ。

あと、カンタベリー大聖堂のあるイングランド南東部は、お遍路とか宗教的聖地という意味四国に近いかな。

でも、実はイングランド王室って、発祥フランスだったりするので、日本に無理やりあてはめると

中国大陸発祥一族日本征服したことになってしまうので、まるで騎馬民族征服王朝説ですね(笑)

ちなみに、イギリスフランス文化的関係は、日本中国関係結構似てます



ウェールズ

九州に近い。王太子が「ウェールズ公Prince of Wales)」と呼ばれるように、他の地域に比べてイングランドとの一体性が強い。

九州宮崎県)が皇室ルーツであるように、かの有名な「アーサー王伝説」もウェールズに縁が深い。

ウェールズ人は怒りっぽいというステロタイプがあるけど、熊本人が怒りっぽい(肥後もっこす)というのとちょっと似てる。



スコットランド

上で述べたように、東北地方に近い。中央政府イングランド)にずっと対抗してきた歴史があり、文化や(遺伝子レベルで見た)人種結構違う。

東北地方地名にはアイヌ語に由来するものが多い(気仙沼の「ヌマ」とか)けど、スコットランド独自の語彙が少なくない(ゲール語)。

じゃあ、同じケルト文化圏コーンウェールとかどうなんだと突っ込まれそうだけど、強いていえば北陸東北日本海側あたりですかね?



北アイルランド

この地域こそ北海道に近い。でも、本当は朝鮮併合後日本から独立しなかった朝鮮半島、というイメージが最も似ている。

カトリックを中心とした民族運動についていけなかったプロテスタント系の住民が多く、アイルランド共和国から分離したので、

無理やりイメージすれば、今の北朝鮮にあたる地域平壌新義州あたり)だけが日本から独立しなかったという感じ。

ほら、こう書くだけでどうしてテロを伴う激しい独立運動が起きたか簡単理解できるでしょう? 最近はまったく平和ですが。



ついでに言うと、マン島とか王室保護領は、独自文化圏という意味沖縄および八重山諸島っぽい感じですかね。




<追記>

この前バラエティ番組で "United Kingdom" を「連合国」って訳したフリップを使っていたけど、

United Kingdom は「国連United Nations)」とは違って、United が形容している名詞単数形から

「(複数の)王国群の連合」ではなくて、「(複数王国が)統合された単一王国」が正しいのね。



実は「連合王国」という公式訳はちょっと誤訳気味だというのは業界(何の業界だw)では有名な話。

イギリスイングランド王室が各王国王位兼業することで、形式的に各王国の形を残しながらも

事実上統一国家になった王国なんですね。

から複数王国連合ではなくて、複数王国統合された単一王国理解するべきなんです。

離脱によるイギリスの混乱がEUの結束を強固にする

イギリスEU離脱の決定はまさに英断だった。



英だけに。




(何書こうとしてたか忘れた)

若者投票率が低いのは世界共通

今回のイギリス投票では高齢層ほど離脱に票を投じ、その結果離脱が過半数を超えた。

今回の投票では、年齢が高くなるにつれて離脱支持が多数を占めたことが明らかになっている。英BBC(電子版)によると、最も若い18~24歳では27%にすぎない離脱派は、65歳以上では60%に上った。

http://news.livedoor.com/article/detail/11690100/

しか若者投票率は低かったらしい。

有権者登録締め切り前の6月初めの時点で、18歳から24歳の層の30%が有権者登録していないことが明らかになっていたが、65歳以上で登録していないのはわずか5%だった。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/eu-28.php

年齢が高いほど、投票する傾向も高いのは確かに事実だ。2015年総選挙では65歳以上の投票率が78%だったのに対して、18~24歳は43%、25~34歳は54%だった。

今回の有権者登録5月15日の締め切りが6月9日まで延長され、締め切り間際に260万人が滑り込んだ。多くは若者だった。それでも、年齢別の投票率は今回もそうは変わらないかもしれない。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-36628343

有権者登録という制度が謎なんだけど、そもそもこれに登録してない人は投票率の分母としてカウントされないのだろうか。

それはともかく投票率が低いのは日本に限ったことじゃないんだなあと今回初めて知った。

まり若者は忙しいとか政治に興味がないってのは世界共通なわけで、そもそもこれは制度としての欠陥があるんじゃなかろうか。

若者選挙に行かない!けしからん!という個々人の責に起因するかのような精神論で片づけるのではなく、もっと深く掘り下げてほしいところだ。

A future Labour government will ensure 16 and 17-year-olds are able to vote in elections across the UK from May 2016, Ed Miliband has said.

http://www.bbc.com/news/uk-politics-30384644

あと2016年5月には選挙権年齢が16歳に引き下げられるとかいう話もあったようだけどこれはまだ実現していないのだろうか。

なんか、日本だと老害老害連呼して年寄りの為に金を使うなと言っている人ほど、まさに老年層の勝利と言えるイギリス選挙結果を歓迎しているように見えるんですが。

http://anond.hatelabo.jp/20160628004424

う~、面白くない

イギリス選挙以降、ポンドで5万くらいふっとばしてしまったんだ

ちなみに、今もふっとばすために頑張ってる

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160624225513

イギリスて呼んでるのは日本だけだぞ

そんなんじゃ世界じゃ通用しない

実はイギリス国民投票、法的な拘束力はない。

例えば日本場合憲法改正場合国民投票必要なことになっているが、それ以外の場面では法的な拘束力はない。

イギリスに至っては、なにもない。

揉めたら国民投票で決めるっていうのなら、議会なんかいらんだろって話だ。

何事も、基本は下院で決める。

もちろん、法的拘束力はなくても、無視はできない。

EU脱退は議会でも承認されるだろう。

しかし、ハードランディングにはならないと思う。

脱退するにしても、EU貿易協定は結ぶわけで。

EUイギリスの力関係にもよるだろうが、間違いなく移民を受け入れも、関税撤廃も、相当なレベルで盛り込まれるだろうし。

例えるならTPPに入るか、個別FTAを結ぶか、そのくらいの違いだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20160624225513

テレビでもイギリス専門家とか名乗る奴が

スコットランド独立したらグレートじゃないですー」とかアホみたいなこと言ってたけど、

グレートブリテンの「グレート」は、フランスブルターニュを「小さいブリタニア」とした上での、

「大きい(グレート)ブリタニア」という意味から

ブルターニュ半島で、昔は島だとみなされていた頃の名残。

ブックメーカーという単語を覚えられない

あのイギリスの賭けやってたアレなんだっけ?ブックマーク?じゃなくてほらあのアレだよ

って自分で完全にオッサン化を感じる

41歳無職、今年の紅白を見ることができるか

大学卒業後、就職氷河期の影響もあり非正規で働く。

ほどなくして正社員になるものの、リーマンショック会社倒産して非正規に戻る。

派遣で数年ほど働いていたが、昨年9月派遣先から切られる。

切られた理由改正派遣法で派遣の受け入れが3年縛りになったため、

社内の規定が変更になったからというもの

(直接雇用に切り替えたようだが、私には声がかからなかった)

その後、就職活動をしているが正社員はもちろん派遣でも働き先が決まらない。

イギリスEU離脱で景気が不安定になり、ますます働き先が決まらないのではないかという不安ばかり募る。

最近ではお祈りメールが、レクイエムに見えるようになり

この状態をつくたのは自己責任なので、自分の生を自分で終わらせても自己責任でいいのではと思うようになった。

年末紅白を見ることができるのか、今の時点では自分でもわからない。

ブクマカ馬鹿の集まりだと確信

ホッテントリしてるはてブ見てみろ

共産党自衛隊本質的人殺しである例えは完全な間違いである一方、イギリスEU離脱した理由が一瞬でわかる画像で例えられてるのは一理あることになるらしい。

本当にブクマカ馬鹿しかいないんだな。

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1887046.html

b:id:blueboy はリトマス紙とか言ってるけど

しろエリートぶって、自論に賛成しない人間

反知性だとか言って見下すアホをあぶり出すリトマス紙として機能しちゃってるよね


もしもイギリス残留派もこんなスタンスだったら

何回投票やっても同じようなことになるんだろうね

日本で似たような投票とか選挙があったら、この手の人たちはむしろ

足を引っ張って敗因にすらなるだろう


相手馬鹿だって言うなら、その馬鹿を説得したり、

知性()を得られるよう教育しなかったり

より上手い詭弁で騙せない方もたいがい馬鹿ってことだろ

それともこんな時だけ馬鹿馬鹿であることを自己責任にするのかな?


それでも離脱派バカなことをしたのだ。というのは正しいけど

正しいことがわからないバカがいるということを計算に入れない時点でそんな正しさに価値はない

ツイッター見るのが辛い

趣味つながりの人しかフォローしていなくて

今まで政治関連の話題を目にすることはなかったのに

今年に入ってからやたら目につくようになってしんどい

特に米国トランプ支持者やイギリスEU離脱支持者を

気が狂った知的障害者みたいな扱いをするツイートが多くされるようになっていて見るのが辛い

確かに彼らの選択は間違っているのかもしれないが

単に頭のおかし人達よばわりするのは違和感があるし

具体的にどこがどう間違っているかダメなのかなどを本人なりに論じてくれればまだ耐えられると思うのだけど

そういったツイートがされることもなくただただ断絶だけが進行して既成事実となってしまたかのようだ

自分大事にしていた聖域が壊れていってるようで涙が出る

そろそろ誰かイギリスに言ってやるべきなんじゃね?

どうしてこんな事に…と頭を抱えてる、特に残留派イギリス人達に「いやあんたらこぶっちゃけ因果応報からね?ここ100年くらいの悪行のしっぺ返し食らってるだけだからね?自国歴史の負の面もきちんと学ばにゃいかんよ?」とそろそろ誰かがはっきり言ってやるべきじゃね?

でないとあいつら(イギリスだけじゃなくEU主要国も含めて)、多分また同じような事繰り返すと思うよ?

世界日本に近づいている?

貿易関連の仕事をしている。

英語中国語もでき、客先もそれらの国なので常にそういった国の

価値観に接し続けて、日本グローバル化を望み続けていた。


でも、最近考えを改め始めている。


もちろんトランプ旋風とイギリス選挙きっかけだ。

グローバル化する事で出てきた多くの問題を、理想カバーし続けるも

もはや流入する移民対応しきれなくなっている国が増えている。

香港シンガポールなどの国も同じ傾向が続くとしたら、どこで

均衡するかを政府は決定できるのだろうか。


ある程度の保護を伴う社会民主主義的な政策が、中国を含めてもほぼ世界的に

デフォルトになりつつある現状、経済動向に依る人口比の急激な変動は

政策にも大きく影響を及ぼす。

そのリスクを考えるなら、今の日本のように移民外国企業の流入障壁

維持する方がむしろ長期的な成長政策も維持しやすい。そもそも貧困層であれ、

富裕層であれ移民メリットによって移動するリスクを取れる人々だ。

イギリストルコ化したら、誰がイギリスに魅力を感じるのだろう。


参入障壁は国=そのエリア個性も維持し、観光産業地政学的なメリット

維持しやすくなる。魅力をいつまでも保ち続けやすくなるのだ。

アイデア世界を移動するが、土地の魅力はそこに居続ける。そうなる方が

グローバルという言葉の魅力はむしろより強まるのではないか


まり世界はより現在日本のようになっていく。


こんな風に今日ふと思ったんだが、どうだろう。

2016-06-26

[] ジョン欠地王

イギリスイングランド)の王朝プランタジネット朝王族にして第三代国王

1167年12月24日プランタジネット王朝の初代王・ヘンリー2世の末子として生を受けるも、彼には土地を与えることができなかった

ため、父王からJohn the Lackland(土地の無いジョン)とあだ名をつけられた。

母君のアリエノールから愛情を受けられなかった事をヘンリー2世は憐れんだとも言われているが、父王が彼に土地を与えようと

したら兄達が反発したり、せっかく賜ったアイルランド卿の位も名目上でしかなかったなど不遇が続いた。

1216年10月18日赤痢悪化によって崩御した。享年48歳。

http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%AC%A0%E5%9C%B0%E7%8E%8B

イギリスっておちんちんみたいな形してるわ

ヘイジョージ!平常時でそれとはやるもんだな