「哲学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 哲学とは

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523105545

もちろん自分でもそう思う。だから滅多なことではチンピラじみた言動はしないけど、コンビニ店員もDQNからね。

落ち着き払って「その態度はなんですか?」なんてやってたらニヤニヤ笑って「はあ、すいません(なにこのひとw)」ってなるだけ。

相手との共通言語コミュニケーションしないと届くものも届かない、というのが自分哲学なので……。

2017-05-19

枝吉神陽

枝吉 神陽(えだよし しんよう、文政5年5月24日(1822年7月12日) - 文久2年8月14日(1862年9月8日))は、江戸時代後期の幕末活躍した佐賀藩思想家教育者国学者藩校弘道館教諭外務卿内務大臣を務めた副島種臣実弟本名は経種。贈従四位佐賀の尊皇派の中心的存在

目次 [非表示]

1 経歴

2 影響

3 同時代評価

4 関連項目

5 参考資料

経歴[編集]

佐賀藩藩校弘道館教授であった枝吉南濠種彰の長男として生まれる。幼児期より神童と賞され、20歳の時には江戸の昌平黌に学んでいるが、ほどなく舎長に推されている。また、漢学に偏重した内容に異議を唱え、国学を学ぶことを認めさせた。

早くから儒教朱子学の教えに疑問を抱いており、佐賀藩哲学である葉隠』をも否定したといわれる。

26歳で帰郷してから弘道館教諭や什物方などを務める傍ら、父南濠の唱えた「日本一君論」を受け継ぎ勤王運動を行った。1850年には「義祭同盟」を結成。天皇を中心とした政治体制である律令制などの知識を伝授するなど、藩論を尊王倒幕に向かわせようとしたが藩主鍋島直正を動かすことは出来ず失敗している。なお、この義祭同盟から実弟副島種臣のほか、大隈重信江藤新平大木喬任島義勇明治維新に大きな影響を与えた人材を多数輩出しており、「佐賀吉田松陰」とも言える人物である。また、水戸藤田東湖と「東西の二傑」と並び称された。

1863年、コレラに罹った妻を看病するうち自身罹患し、死去。享年41。墓所佐賀市本庄町の高伝寺。

影響[編集]

神陽は律令制を学ぶことを奨励したが、彼の教えを受けた江藤新平(初代司法卿)や大木喬任(2代司法卿)は法整備活躍した。また、明治政府が当初導入した太政官制副島種臣が起草したものであるが、ここにも神陽の影響がみられている。

残業が出来ない世界への絶望

部長から

「コンペのデザインをしてほしい」

と言われた。

これは3年目の私にはチャンスだ。

チャンス到来だ。

コンペが急に降って湧いたので、

通常の業務を行いつつ、

コンペのデザインを行わなければ成らない。

弊社は基本、残業をしない企業だ。

だって残業はしたくない。

でも今回ばかりは、時間外労働を辞さな覚悟だ。

3年目のチャンスだからだ!

しか課長から

「無理はするな、時間外労働してまで仕事することは無い」

と諭され、コンペのデザイン外注に渡すことになった。

別に弊社は残業代の出ないブラックではない。

残業代が出る=残業をしてはいけない」

こんな哲学が社内には蔓延している。

何かおかしくないか

必要残業も有るはずだ。

こんな考えの私が居るからブラック企業は無くならないのか?

こんな考えの私が居るから日本生産性は上がらないのか?

本当に生産性の高い諸外国残業していないのか?

解らない。

解らないけど、解ること。

悔しいです。

  / ̄ ̄ ̄ ̄\

  /ィ^^^^^^^^^ヽヘ

 ||⌒\ /⌒||

 (V ヽ  ノ V)

  ヒ   ||   ソ

  |ノ_V_ヽ|

  |((ノ⌒ヽ))|

  >――――<

  / ヽ__ノ ヽ

増田哲学 Ver 0.1.2

この世(宇宙)の始まりは知性とともにあった。即ち「光あれ」(※1)の言の波とともにこの世が生まれとあるように、「光とこの世」の前に存在したのが知性なのだ。この状態混沌というわけではない。知性とは「Cogito ergo sum」※2 が個に生じた状態であり、その思念こそが創造の源となる。

自己を知覚した存在「光」を欲すれば、「光」生まれる。そして「光」の前に存在した「言」(※3)こそが、知性が行動を起こしたときに生まれる「想い」、即ち「思念なのだ。知性の存続は時空間という概念を超えたところにある。つまり「Cogito ergo sum」という瞬間がいずれかの時空間軸で萌芽した時点でそれは「有る」。またそこに「有り続ける」。結果として、知性の存在は「場所物質的なものに一切依存する必要のない」(※4)、言い換えれば、知性は時空間という概念から独立して存在しうる。つまり、これは世に出現するあらゆる現象(色)は本質ではなく(故に「空」であり)、世におけるあらゆる現象から独立して存在する知性(故に「空」)こそが本質(故に「色」)であること--「色即是空空即是色」(※5)を意味する。

知性の繁栄とは、複数の知性が如何に結びつくかを示し、そこには2つの類型しかない。一つは、相互依存による共存共栄による知の拡大である。もう一方は、一個性による他、そして多の支配による侵略の拡大である。一方は永遠なる存続と相互補完により実現する存在であり、他方は、一個性支配下により存続が左右される。

※1 旧約聖書 創世記1:3

※2 デカルト 『方法序説』第4章

Cogito ergo sumは一般的に「我思う故に我あり」と訳されるが英語などでは、「I think Therefore Iam」、直訳すると「I think Therefore Am」となるためより「I」存在のものを強調した表現となっている。

※3 新約聖書 ヨハネによる福音書1:1

※4 デカルト 『方法序説』第4章

※5 般若心経

2017-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20170517152356

世の始まりは知性からである。即ち「我、光あれ」の言葉とともにこの世が生まれとあるように、

「光と世界」の前に存在したのが知性なのだ

この定義付けから詳しく説明を。人間的知性でないことは明白だが、

純粋なる知性が人間の枠外(カント風に言えばア・プリオリな枠組み)を超えて存在しうると論ずる根拠不明

ブクマでは違う作者じゃないかと言われているけど、このあたりを見る限り同一ではないかと思っている。

もし人よりも高等な存在がいて、それが時間とかを超えた文明をつくっているのなら、結局、この世界に介入するだろうね。

「ねーよ」

という感情論はともかく、根拠不明定義を元に記述しても無意味じゃないですかね。

なんかこう抹香臭いというか、キリスト教哲学臭いがプンプンする。

これは言い換えれば神を一神教世界観で再定義した「教義」にしか見えない。

知性の存続は時間という概念を超えたところにある。つまり「我、ここに有り」という瞬間がいずれかの

空間軸で萌芽した時点でそれは「有る」。またそこに「有り続ける」。結果として、知性は時空間という

概念の上位構想として存在しうる。

「ねーよ」

……おっとまた口をついて出てしまった。

デカルトの述べる「我あり」とかちょっと帰結早すぎねえ?

つってハイデガーさんからクレームついてたはずですけどね。

イデア論人格神を付け加えましたって感じ。

形而下においても知と知が自然発生的に生まれ相互作用する、

という作用を述べたいだけなのは分かるけど、根幹がいい加減にしか見えないので鼻白んでしまう。

あと、我あると思った瞬間に形而上にもそれは「ある」として存在する前提とかオカルトかよ、と思うし。

前提の一神教世界観が、そもそも人間限定知性を産んだのものが全智である

という思い込みによってなされてるから臭みが強い。

俺なんかでもアホらしいと感じてしまうので、もっと勉強した人から失笑モンじゃないでしょうか。

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516175813

自分神様になったのかもしれないね

求める存在から、与える存在に変わったとか

哲学くさくてゴメン

2017-05-15

本屋以外に置いたら売れそうな漫画って知らない?

三年前の話なんだけど「コンプレックス・エイジ」っていう読み切り漫画話題になったの覚えてる人いる?あの読み切りなんとなく好きで定期的に読み返すんだけど、あれがきっかけでモアイっていう漫画サイトちばてつや賞のことを知ったのね。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.moae.jp/comic/complexage/0/1

その流れで賞の特集ページを読んだんだけど、ちばてつや漫画選考にかける情熱とか哲学を知って、なんかイメージと違う人だなと思った。父親の持ってたのたり松太郎ぐらいしか読んだことなくて人となりは全然知らなかったから、正直もっと大御所ぶった人かと思ってたけど、わりと普通のおじいちゃんだった。賞の選考をするときは、応募者の良いところをなんとかして見い出してあげたいという姿勢が好印象だった。

そういう事もあってモアイっていうサイト自体にもなんとなく好感をもった。モアイには他にも、雑誌で連載されてる作品を試し読みできるページが用意されていて、本当に多種多様作品がアップされていた。シンプルで読みやすい作りのサイトだったこともあって、そのまま一週間かけて全作品試し読みした。

のりりんなにかもちがってますか山賊ダイアリー軍鶏神様が嘘をつく。、決してマネしないでください。、ハトのおよめさんなりひらばし電器商店ハルロック、おねいも、蜜の島、星のポン子と豆腐れい子、ちょいとみやげを、きのう何食べた?彼女カメラ彼女の季節、ミリオンジョー、しばたベーカリー、ひらけ駒!、つるつるとザラザラの間、ビブリア古書堂の事件手帖オールラウンダー廻鉄風、ブレット・ザ・ウィザードBUTTER!!!、天の血脈フラジャイルなどなど、試し読みをきっかけにして漫画を購入したりレンタルする頻度がすごく増えた。基本的に身内の持っていた本を読んできただけの漫画音痴自分にとっては、世界の幅が広がったようで楽しかった。

花屋漫画を置くという選択肢

ここからが本題なんだけど、その試し読み作品の中に「ハナハダハナヤ」っていう作品があるのね。

http://www.moae.jp/comic/hanahadahanaya

花屋舞台にした日常系作品なんだけど、内容が面白いだけじゃなくて実生活でもかなり役に立った。作者(https://twitter.com/wakanatwi)が現役の花屋さんっていうだけあって、ガチ植物知識物語に(自然に)盛り込まれていて、例えば花屋に置いてある花はどれが定番でどれが季節限定ものなのか、どういう風に取り扱えば良いのか、それぞれどういった由来や特徴があって和名はなんなのか、定番花束の作り方とは、みたいな事がちゃんと説明されてるのね。花屋あんまり行ったことなくて知識とか全然なかった人間からすると、なるほどわかりやすいなーって感じで花を知る取っ掛かりになったし、お祝い事なんかで知人や友人に花を贈る時の役に立ったし、仕事のお客さんからも褒められて嬉しかった。

でもこの作品、二巻で終わってしまってすごく残念だった。たしかあんまり目立つような作品ではないけど、だからこそもったいないというか、そもそもこういう本は本屋の棚よりも花屋レジ横に置いたほうが良いと思ったのね。花屋に来る人はだいたい花が好きなわけで、漫画コマ(と店員さんの推薦文)を載せたポップと一緒にレジ横に置いといた方が、手に取って貰える機会は圧倒的に本屋より増えるって!スーパーレジ横にガムとかおすすめ品を置いとくのと同じだって!同じか?どっちかというと本屋レジ横に置いてある一番くじのが近いのか?とにかく、本屋の棚やAmazonの海に埋もれさせとくには惜しい作品なので、ピンとき花屋さんはよろしくお願いします。

自分は本の販売に携わったことのない素人から本屋以外で漫画を売ることの大変さとかわかんないけど、本屋以外に置いても良さそうな本ってやっぱりまだまだあるんだと思う。人気作品でも似たようなことは考える。例えばヴィンランド・サガ少年院とか刑務所に置いといたら再犯率すごい下がりそうって思う。刑務所内には「オレ、ヘイワノクニ、ツクル」って宣言する巻までしか置かずに「続きが読みたきゃ娑婆に出ろ」って言えば効果は二倍二倍だと思う。

2017-05-07

しかにね哲学とかそれを敷衍して法とか政治とか作ったのは文系仕事だし

学問重要性はわかるけど

いまのカルスタポリコレ左翼巣窟みたいな日本文系大学重要かといと

???って感じになる

http://anond.hatelabo.jp/20170507085431

一応、理論上的なことを考えるのが哲学でそれを実証してくのが科学、という考え方がある

2017-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20170502130927

アルバイトするべきだな。お前みたいなヤツは会社員にはそういないが、アルバイトにはごまんといる。

アルバイト先で経験をつけて、正社員を目指すのはどう?

俺はFラン大卒学部哲学科みたいな就活に不利すぎる学部資格運転免許ぐらいしかなく、新卒採用全落ちして1年ニートしてた。

その1年の間にIT企業テスターアルバイトをして、現場雰囲気を掴んで今は別の会社正社員としてプログラマーしてる。

年齢によるところが非常に大きいとは思うが、行きたい業界を見据えてその業界アルバイトをしたほうが、就職をゴールとするなら大学受験勉強をするより現実的だと思う。

2017-04-29

この人は天才なんだなって人を観察している

遠目でだ。直接会っても無い。有名な人なので、それなりのソースを辿って観察している。

その人の発言や行動を見ていくと、やはり常人を逸している。

それなりの地位を気付いたが俗世から自分を切り離すように地位を捨て、新たな道を見つけて今は有言実行人生を送っている。

その人の哲学は人のためでは全く無くて、自分はどうありたいかを追い求めるような哲学で動いている。

切り取るところを間違えばあまりにも冷たくて、しかサイコパスとは違ってとても優しく人道的だ。

多分知能指数が高い分、「人道的」の部分も考察意識して感情コントロールしているのだが、やはり色々な話を聞いて考えてもサイコパスでは無い。

こういう人を世間がほっとくのか、と当初は思っていたのだがやはりそうではないらしい。

テレビ出演などは全て断っているが(いつかどこかの局が口説き落としてほしい)、様々な分野の著名な友人がその人に会いに行っている様子で、日本大企業はその人にアドバイスを求めているらしくそ業界未来展望について語っているそうだ。ただし無茶を言うのでなかなか反映されないらしいが、そのうちそれが常識になるという上で動いている企業もあるらしい。

本人がそう語るだけならともかく、その人とかかわった周りも「普通では無い」と口をそろえて言う。

それは「変人」とかではなく、その人が為した結果だったり、会話においてやはり凡人のようなことは言わないらしい。

聞けば聞くほど、この人は天才だと感じる。

しかし本人は天才では無いと言う。

そして天才は名も知れず表に出てこない人のほうが多いと言う。

この言葉は謙遜なのか、それとも本当なのか。

はたして真の天才とは何を考えどんな生き方をしているのか?

こういう人を見てると、つくづく自分は凡人だと確認できるので調子に乗りがちな人は本物の天才を見ることを薦めます

2017-04-28

宇宙の終わりについて

東洋哲学概念における宇宙の開闢が「阿」によって行われることは特に述べる必要性はない。

同じように同概念が「吽」によって締められることも言を持たないだろう。いわゆる阿吽である

だが実際のところ宇宙の終わりは阿吽ではない。「そんじゃーねである

ありとあらゆる風呂敷=膨張宇宙論拡張しておきながら、その緩みきった肛門を無理やり締めてしまえる神の言葉

それこそがまさしく文字通りのマジックワードそんじゃーね」なのである

そんじゃーね」によって膨張しきった肛門宇宙ブラックホール大に収縮し、巨大な質量を伴って次の脱糞に備えるのである

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170426011205

 面白い(というと私も不謹慎扱いされるのだろうが)。

 いや、よく欧米哲学倫理学問題で、「100人の命を犠牲にして200人の命を救うか、否か?」みたいな命題がよく出たりすんだが、日本人の回答って、いや「どっちが多く助かるかじゃなくて、どっちが犠牲になるのが理不尽かって話だろ」という回答が多いんだよな。欧米人テキストを見る限り、「多くの人数を救えるほうが、(それが少数者にとって理不尽でも)正解」みたいな前提を持っている人が多いような感触を受ける。

 なので、他の国の人はともかく、日本人にとっては、あなたの言っていることは当然の前提ではない。

2017-04-24

孕むためだけに生まれてきたって言葉がすごい哲学的

巨乳美少女セックス中に中出しでもするとして、

その時にこの台詞を吐いたら皆凄い嫌そうな顔をする。

当たり前だよな

孕むためだけの人生ってそれ人生観否定されたも同じだもの

そして選りによってそんな事を言う奴のガキを孕まされなければならないなんて嫌だろ。

この言葉を吐く時、なんだろう。物凄い達成感と充実感、支配欲や征服欲が一気に高まって来る不思議

これを哲学と呼ばずして何と呼ぶ。


アニメの話です。

2017-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20170422041407

哲学専攻ならわりと辿り着く考え方だと思う。

自分自覚的科学教の信者なんだが(だから科学教などと言ってるわけだが)

個人的には他宗教との併存を是としていて(自分非科学的なフィクションも大好きだ)

無自覚信仰者が改宗を迫ることをよく思っていない。

水素水EM菌?本人が気に入ってんだからほっとけや。

ただし、当事者が困っている場合においては科学知識を以て手助けすべきである

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170417005128

基本的哲学は未知の出来事科学思考に基づいて思惟し、結論する分野で、

科学現象に現れた再現性ある事物を集めて結晶化させる分野だと思っている。

数学との親和性が高いのは論理自体を突き詰める意味では似た性質があるから

知能を上げる方法

わたしの知っている知能の高い人たち(wais-iiiでIQ140~くらい出す人たち)はみんな興味のないことが全然できない。

好きなことばっかりやってて、どうでもいいことに対してはすごく冷淡。

でこれまでわたしは彼らのそういう性質は知能の代償なのかなって思ってたんだけど、実は因果の向きが逆で、好きなことしかできないから彼らは知能が高いんじゃないかって思うようになった。

そう考える理由ちょっと説明してみたい。

まず人類学問の体系は、だいたいどんな分野であれ似たような方法論に依っている。

物理学でも文化人類学でも計算機科学でもやっていることはだいたい同じだ。

で、知能というのはそこで共通する一般的思考の枠組み、もの見方だと思われる。

少なくとも知能検査で測られる知能っていうのは、そういう性質抽象して測るために作られているはずだ。

そしてこの方法論を学ぶには、浅く広く物事を知るよりも、ひとつ分野を定めて深く掘り下げるほうが効率が良い。

というのも、分野に関係なく、ある程度の深さまで達しないと現れてこず習得もできない思考の仕方というものがあるからだ。

そう考えると、一つの興味をひたすら追求しそれ以外を無視するような知性のほうが、広くこつこつと学んでいく知性よりはやく高度な思考法を獲得するのは当然だということになる。

というわけで、賢くなりたい人はいろんな分野に浮気せず、ひとつ学問を究めてみると良いんじゃないかな。

おすすめ数学哲学です。

(追記)

なんか誤解されているみたいだけど、頭の良い人がみんな専門馬鹿だと言ってるわけではなくて、

一度一つのことを深く追求して得た一般的方法はわりと応用が効くよ、知能ってつまりそういう能力じゃない?ということが言いたかった。

で興味が偏ってる人はそういう発達過程を経やすいんじゃないか、というのがわたしの推論。

もちろん万能っぽい人も中にはいるけど、彼らは興味の幅がそれなりに広いだけで、

やっぱりそれ以外のところでかなり欠落してたりする。

それから、waisでほんとの知能を測定できるかって話になると、そもそも知性とはなんぞやという議論になってしまうわけだけど、

それはあまりに複雑な話題から書かない。

ただしwaisで高いスコアを出す人たちの能力思考法が傍から見ていてそれなりに便利なものであるのは間違いなく、

彼らがそれをどうやって身につけてきたのか、なにが要因としてあるのか考えるのには意味がある、と思った。

知能に直接関与する遺伝子は見つかってないみたいだしね。

2017-04-16

マストドンに何か意見している人が大勢いるけど

まず、アカウント作ってタイムライン眺めたりしてから書いて欲しいわ

哲学とか思想とか、そこももちろん大事な要素だけど使ってる人たちとのギャップにも気付いて欲しい

2017-04-12

カイバの方がいいなどという個人雑感

ひとまず90秒CMだけ見た。

マインドゲーム』好きはあからさまにマインド風味な『乙女』を見て、

カイバ』が好きな人は『ルー』を見るべし、ってことなのか。

自分マインドゲームの背後にある『白鯨』とかを理解しながらもあくびが出たタイプで、

カイバ』は久々に現れた超絶技巧、という印象だった。

いくら眠ってるものがすごくても、表面上のメッセージが退屈だと気持ちをもってゆかれない。

その点『カイバ』は最初から読ませようとする難解な姿勢に満ち溢れていた。

ビジュアルデザインである漫画系譜アニメ系譜もこだわりが凄まじい

白蛇伝手塚赤塚藤子不二雄などを踏襲しつつ手塚系を倒す藤子不二雄系の主人公サイドとか、やってることも尖ってる。

大脳生理学心理学SF哲学が介入する器用さも凄まじかった。

肉体の入れ替えによる記号化やそれにまつわるアイデンティ問題

記憶問題というオーソドックスなところは全てカバーしつつあの盛り込み方。

ちょっと流石に褒めすぎだと自分でも思う。

はいえ、こういう思考一般受けしない思考なんだろなと感じている。

2017-04-11

馬主佐々木主浩成功を貶める週刊ポスト

競馬界席巻の北島三郎vs大魔神・佐々木 対象的な馬主哲学 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

競馬を知らない人がこの記事を読めば「愛ゆえに成功した北島と金に飽かして勝つ佐々木」というふうに勘違いするのではないか

しか競馬好きには佐々木主浩ハルーワスウィート愛は有名である

水:将来的に、ご自分が持っていた馬の子供を持ちたいという願望はありますか。

佐:それはあります。僕は尻尾のないハルーワスウィートという馬が現役時代から大好きでして、あの馬の子供は全部ほしいんです。吉田勝己さんが『こんだけ好かれたらしょうがない。佐々木君のもんだ』と諦めているくらいに。なので、その子供もずっと持ち続けていきたいですよ。

大魔神、夢を語る | 水上学×佐々木主浩 | 競馬ラボ

(ちなみにこのインタビューヴィルシーナGI勝利を挙げる前のものである

佐々木の持ち馬で最も賞金を稼いでいる三頭、ヴィルシーナシュヴァルグランヴィブロスは、全てこのハルーワスウィートの子である

記事では「勝てる良血馬を数多く購入している」とあるが、所有馬リストを見ても年に一頭か二頭しか買っていないし、

その内訳もハルーワスウィートの子供であったり、かつての持ち馬であるグレイスフミリの子供であったりしている。

佐々木成功は、馬に対するこだわりや愛情が報われたものであると言っても過言ではあるまい。

馬主 佐々木主浩 の競走馬検索結果|競馬データベース - netkeiba.com

そもそも良血馬を買っても成功できるわけではないのが競馬の難しさである

勝利は金で買える」と言わんばかりのこの書きぶりでは、何十億も散財してつい最近までGIを勝てなかった某馬主にも失礼であろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん