「少年漫画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 少年漫画とは

2017-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20170216135026

少年漫画28冊読んで男性心理が分かった気になってるやつがいたら殺すぞと思わない?

2017-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20170212083507

処女厨云々より物語構成上の問題では。

・無事ではないと救出のモチベーションの低下

強姦済だと物語に対して波が出ない

レーティング問題

ルパン三世がそもそも大人向けの作品であったことを忘れるべきではない。

また、不二子が性を武器にしていることも重要。そして性的陵辱を(直接的な描写ではないにしろ)作中では結構与えられているが、乗り越えていたりするので、それを前提にしたキャラクターでもある。

変わってきてるのは、青年向け漫画モチーフ少年漫画っぽくなってきてて、そこが中途半端エロ要素につながってきてるじゃないかと思う。

昔はガンガンレイプされてたと思うけど、調べてないので留保

2017-02-09

女性向けソシャゲ二匹目のドジョウを狙ってくれ

女性向けソシャゲ市場あんさんぶるスターズ!二匹目のドジョウを狙いたいソシャゲ会社ーーーーーー!!!!!!!!

まず絵をアニメ寄りのかわいいやつにしろーーーーーー!!!!!!!!

有名イラストレーターに頼むとネームバリューファンがついてるけどその個性故に敬遠する客もいるぞーーーーーーーーーー!!!!!!

乙女ゲーによくあるくどくて使い古された絵柄は乙女ゲーに抵抗のない客層にしか響かないぞーーーーーー!!!!!!!!

さっぱり目のそれこそ京アニとかに寄せたような絵柄にしろーーーーーーーー!!!!!



ガチャの単価を下げろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

乞食って言われそうだけど、一般的女性の平均年収男性の平均年収を下回ってるから男性プレイヤーが主要顧客アプリと同じくらいのガチャ単価に設定してるとそれだけでちょっと敷居がいんだと思う。

中にはじゃぶじゃぶお金をいれられる廃課金の女オタクももちろんいるけど、微課金層を取り込んでいきたいならガチャ単価は1万円で30連じゃなくて1万円で40連に調整するといいよ。

ちなみにあんさんぶるスターズは5400円でダイヤ360個買えるので、ダイヤ135個使う10連を2回回してもちょっとダイヤが手元に残るくらいの感覚だぞーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!これめちゃくちゃ絶妙だし課金への敷居さげて微課金層増やす要因になってると思うぞーーーーーーーーー!!!!!!



あとピックアップガチャピックアップ確率を上げろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

☆5とかUR排出テーブルにのってもほしくもないキャラの恒常高レアがきたところでドブはドブだーーーーーーーーーー!!!!!!

そこで絞るより最高レアテーブルにのったら確実に限定カードが出るくらいの調整の方が女の財布の紐はゆるむぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!




あと乙女ゲーは女オタク至上ではニッチ市場な部類だから完全にオタク女を狙うなら無理にキャラクターとの恋愛を推さんでいいしキャラクター同志の関係性を描けーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

腐女子の食いつくCPとかを狙わなくていいか普通に人間関係とかを描けーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!勝手に食いつくから少年漫画みたいな作風を目指せーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

イケメン○○みたいな乙女ゲーっぽいのに食いついてる女性客と、女性オタクの客層は似て非なるものだと思うぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!









普通にあんスタageガチャゆるめてほしい乞食たわごとだと思われそうだけど、あんスタがどうして微課金層を幅広くつかんで女性向けアプリしからぬ売上を維持しているか理由は、プレイしてドはまりした自分身の回り経験から

女性向けにあまりない可愛い絵柄とつややかな塗りのjpeg

・気軽にガチャに手を出しやすガチャ単価・ガチャ内訳の設定と、イベントを走れば確実にもらえる☆5報酬の設定

・匂わせはあるけどがちがち恋愛要素絡めた乙女ゲーにしないキャラクタープレイヤー距離感

あたりがでかいのではと思っているという話で、ヒットしてそろそろ2年たつのにいまだに後追いゲーが出てこないのなんでだろうなあって不思議に思っている。

2017-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20170203051843

少年誌場合最終回結婚するのは

最終回としての主な内容は別にあって、結婚はただのオマケ」

平和になった事の象徴

結婚した=大人になった=最早少年ではない=『少年漫画』としては終わりという事の現れ(数年後、という設定が多い)」

ってのが多いんじゃなかろうか



つか、恋愛ものでもない限り結婚最終話主題ってのはほとんどないと思うんだが

恋愛もので低年齢向けだと逆に主人公まだ子供ってのが多いか結婚しないし)

増田がそのオマケに過ぎない結婚ネタにやたらこだわっている恋愛厨ってだけじゃね?

2017-01-31

少食とか男として恥ずかしい

こういう価値観があると思う。

ネットでもしばしばこのような意見を見かける。

顕著な例では、運動部体育会あたりでは、この思想が受け継がれているのではないか

もちろん、スポーツに打ち込む人や身体を作りこまなければならない人たちは、食事の量が少なければなんにもならないのだから当然である。苦しくとも多量の食事をしなければならない世界がそこに形成される。つらくても沢山食べるというミッションを達成することによって価値が生じ、認められるのである

そして、それを男性一般価値として拡張してしまときに、問題がでてくる。そのような問題体育会系と呼ばれる職場ではハラスメントとなってよく起こるようだ。

かといって、では運動部体育会的なもの排除すれば問題解決なのかというと、そういう話でもないように感じる。

少年漫画主人公はよく食べるキャラが多い。大食漢という言葉もある。男子は食に対して量的に貪欲であるという表現は実に多い。

そしてそれは表現世界ではなくてもそうであるように思う。量が少ないと満足できない、量が多ければ満足という食の接し方をしている男子マジョリティを占めているようにみえる。それはおそらく成長期に身体生理的に沢山のエネルギー摂取を欲しているために、しょうがないという側面がある。そして、少年たちは自分たちがそうであることについて、特に葛藤はなく、肯定的に受け入れているようにみえる。

その裏返しに、大人になって食が細くなったということを嘆く男性がよく見られる。中年の衰えの実感が食の量に左右されるというのは、アイデンティティいくらか大食に結びついているということになる。程度の問題はあれど、沢山食べることができるということに人間、あるいは男性としての価値を置いているわけである

そこらへんを見ると、食ハラスメントにいたりやすい土壌は男子の間に形成され、それが大人男性にも根強く存在していることが問題になっているのだとわかる。少年時代の考えそのままで成熟した大人価値観を育むことができなかった人間ハラスメントをしてしまいがちである。食ハラスメントもそのひとつであるならば、単純に沢山食べることがアイデンティティとなるような感覚は、少年のうちから是正される必要性検討されるべきだろう。

まり「世の中には同性愛者というのがいてね…」という教育があるのと同様に、「沢山食べればいいってもんじゃなくてね…」という教育必要になるのだ。「いっぱい食べて強くなろう」との折り合いが懸念される。

2017-01-25

日本漫画文化での、友達とか仲間至上主義ってなんなの?

なぜサトシは戦わないか?ってエントリ読んで思った

http://news.denfaminicogamer.jp/column01/pokemon-contribute


例えば、子供ケンカ大人がしゃしゃり出るのは変だし、スポーツ監督試合乱入するのも変でしょう

乱入して一緒に戦わないからって、それは決して、仲間を見捨てるとか安全圏で好き勝手言うとかではないのは理解できるはず

大人監督プレイヤーと、それぞれの役割分担があるだけだ




なのに、ポケモンを戦わせるだけで自分は戦わないからってサトシ卑怯だとか奇異だとか、はあ?って感じ

自分ポケモンが負けそうになったからって、トレーナーが殴りにいっちゃおかしいでしょうが

仲間と共闘してるというより、ポケモンバトルをしている、という大前提を忘れちゃいか

自分も殴りに行かず鼓舞するだけ、という行動に対して卑怯だとか思ってしまうのって、やっぱり友達至上主義文化に犯されてると思う

何よりも仲間が大切とか、仲間を切り捨てるのは鬼畜所業とか、ああい刷り込みってどこから始まったんだ?



それぞれがそれぞれの責任役割を果たすことが集団利益になるというのも、またひとつの正しいあり方だと俺は思う

その過程で仲間を直接的に助けないことがあっても、それはそれでひとつ正義だろう、と俺は思うのだが、日本漫画文化では、これは絶対悪とされている気がする

この刷り込み教育によって、従順社畜が量産されているような気もする



最近の、仲間に溶け込まないゆとり新人みたいに言われる人って、こういう仲間至上主義少年漫画を読まず、無気力省エネ主人公ラノベで育ったんじゃないかって思う

これはこれで問題もあるのかもしれないが、仲間至上主義一色よりは絶対にいい

いや、色んな考えがあって世の中は良くなると思う

少なくとも戦わないサトシを奇異に思う感性作品作りする人は、もうちょっと考えを深めてもいいと思う

2017-01-20

クズの本懐原作者(作画)がエロ漫画家だった件

どうりでエロいカットがやたらエロかった訳だ。

最近本家というか本職の人が少女漫画少年漫画なりでエロいシーン書くから困惑する。


アニメエロアニメブランドでいうQueen Beeと同じで漫画の絵にアニメ的な動画トレースして描写してるから

原作エロい部分がより強調されて深夜とはいえ、R-15以上のアダルトな内容になってた。


今の所アニメ面白いので、このままエロいもの1話以上に描いて欲しい。

2017-01-08

http://anond.hatelabo.jp/20170108023416

戦闘力を自慢した方が負けるのは伝統少年漫画のしきたりだろ。

まりは「ワイこれから惨めに負けます宣言やないのかそれ。

2017-01-02

祖母宅にぶっさいくな野良猫が住み着いた

オスの老ブチ猫。でかくて不細工白髪混じり。歯はほぼない。

野良生活中は喧嘩に明け暮れていたようで、頰の皮膚は硬く、おたふく風邪のようにぶっくり膨らんでいる。

体の皮膚には生々しい傷跡がイッパイアッテナだ。彼が少年漫画キャラなら確実に元傭兵だし、暗い過去を背負っているだろう。

ビジュアル的にはかのスプラトゥーンに登場するジャッジくんに激似なので、そんな感じでイメージしてほしい。

彼の名前はそのままブチ。

5年ほど前から祖母宅に来はじめた。

祖母の家にはミーコというメス猫(手術済み)がおり、彼女を追っかけて庭先に来たのがきっかけらしい。

祖母は大の動物好きなので、ブチが来るたびに喜んで餌を与えていた。

野良生活には安定した餌場が必要なのだろう。この家は安全だと判断したブチは、そのうち毎日来訪するようになった。

先述したようにブチは大変凶暴そうな顔をしているため、当初は祖母と猫好きの伯父以外の親族に恐れられていた。

ブチ自身も人を警戒していたし、家に上がり込んでも人の姿をみるとすぐに逃げていた。

しか時間が経つにつれブチは家の奥の方まで入ってくるようになり、一昨年あたりからついにリビング家族と一緒にくつろぐまでになった。

少しずつ接触を図っているうちに、背中を撫でてやればゴロン、と寝転んで腹を見せるようになった。

猫好きの伯父は、ブチが撫でるのを許した頃からフロントライン(ダニノミ駆除薬)を施してやっていた。

ここに来ると良いことがあると学習したのだろうか。

徐々にブチは祖母宅に居る時間が増え、ついに去年(2016年)、祖母宅で寝起きをするようになり、ほとんど敷地から出なくなった。

人間に「ブチちゃん」と呼ばれると、くるりとふりかえって目を細め、ニャーンニャーンと鳴く。

祖母いわく「もうウチの子」だそうで、元野良トイレをなかなか覚えられないブチの粗相の始末をせっせとしている。

辛い目にもイッパイアッテナだろうにニャーンと嬉しそうに鳴いてくれるブチを見ると、何だか抱きしめたいような気持ちになる。

年始挨拶祖母宅に行ったとき、重ねた毛布の上でまったり牢名主しているブチを見て書いてみた思い出話。

余談だが、祖母宅のミーコはブチとは対照的クール&バイオレンス猫猫しい女子なのだが、ブチは彼女が非常に好きでいつもそばに居ようとする。

ミーコが居なくなるとナオーンナオーンと鳴いて呼ぶ。

基本2匹はとても仲良しだが、ミーコは気分次第でブチを猫パンチで殴ったり、ヘッドロックをキメて首筋に甘噛みしたりして、その都度祖母に叱られている。

ブチ自身幸せそうなので良かったが、古傷だらけの暗い過去背負い男が気の強い女と長い交際を経て同棲ってパーフェクト死亡フラグやないかいと思ってしま自分がいるのだった。

2017-01-01

王道漫画ってどう読むの

タイトル通り。玄人いわく少年漫画読みとは今までの少年漫画系譜を踏まえた上で、こないだの和月みたいな会話ができる人らしい。

中期的にはDBから、古くはアストロ球団から始まった王道系譜理解した上で、今年の王道はこうだなと考えねばならないと。

ともあれぬらりひょんと武装少女マキャベリズムを読んで限界が早くも来た。「退屈過ぎる」。

作者もやることをわかっていて作業的に書いてるのでは、という疑惑すらよぎる始末。

細やかな部分についてあれが違うこれが違う、と言いながら吟味しないと評価したことにならないのだろうか。

王道というものを一括りにしてバッサリ「価値がない」というのも気が引ける。なぜならそれは数字になっているから。

いわゆるディズニー的な王道なら間口が広くて深く読み込めるので、言いたいことは分かる。

でも王道には何かあるだろうか。

2016-12-30

少女漫画が読まれないのは少女漫画読者からの拒絶

本当は少女漫画ってものすごくジャンル豊富面白いものなんだけど、

少女漫画を読んでいる層が、一定ジャンルを強烈に拒否ってる感がものすごくある。

原因はオタク臭さだ。

例えば、「花とゆめ」は少女漫画に含まれない(「赤ちゃんと僕」までは含まれたが、その後オタク色が濃くなって拒絶された)

新書館NGだ。

正統派少女漫画ファンタジーSFであってはいけない。ギャグであってもいけない。メカ戦闘シーンがあってもいけない。

ひたすら好きだ嫌いだと言い合って、他人との関係が変化して愛を囁くだけのもの少女漫画だ。

花より男子や、NANAじゃないと「少女漫画」とは呼ばれない。

から少女漫画は読まれない。




子供のころ、「銀曜日のおとぎばなし」という漫画が大好きだった。

中学生ではまったのは樹なつみ

高河ゆんを読んでいると言ったらクラスから失笑された。「そういうのは私達はちょっと(笑)」と言われた。

風と木の詩」や「BANANA FISH」は最高に面白いのに、いわゆる少女漫画には含まれない。他に分類先が無いから仕方なく少女漫画と呼ばれている名作漫画だ。

面白い漫画を「少女漫画ではない」と蹴落としているのは、少女漫画読者層だ。



もう面倒くさいか少女漫画少年漫画ってくくりやめようや。

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229160250

腐男子とかじゃなくても、少年漫画友情話をホモ性的しか見られない腐女子に対する嫌悪感なんて広くあるんじゃね

スラムダンクの作者がBL同人激怒したりとかあったからね

2016-12-27

http://anond.hatelabo.jp/20161227135038

女の下着なんて興味ない男の方が多いと思うけど



昔の少年漫画に出て来る下着好き男(ギャルパンティ欲しがるウーロンとか)を見てあれが本当だと思い込んでるだけでは?

あれは女体そのものが好きだと子供向けとしてあからさま過ぎるからそういう設定にしているだけで

現実だったら特殊フェチ扱いだろ

キャラバリエーション大事

格闘などゲームシリーズが続いていくとデブチビなど美しくない色物キャラが削られていき美形キャラばかりが残っていく事はよくある、大概極端な体型のキャラは使い勝手も悪いので仕方がないと言えば仕方がないが似たようなキャラばかりと戦うのは面白くない。

バトル物の少年漫画でも極端な体型のキャラが居ない物が多い。

でもキャラバリエーション作品の魅力に繋がる、集まった時のシルエットではっきり見分けがつくとそれだけでワクワク感があるし、美形ばかりの中で髪形目の形服筋肉などで細々と変化をつけるより解りやすく取っつきがいい、そして美形キャラ存在も映える。

キャラバリエーションの取り揃えはバトルありの洋画アメコミ児童向け漫画ではかなり意識されてると思う。

少年漫画ワンピースのヒットで美形一辺倒にストップがかかった感じがあるが、意識的に色んなシルエットのキャラを取り揃えてほしい。

2016-12-26

熱いバトルがメインだった3部のあとの4部は、リアルタイムでは微妙な評判だった

でもその後の5部、6部が、4部以上に少年漫画的には微妙だったので「4部実は面白かったよな」っていうやつが増えた

その後はリアルタイムジャンプの話する友達がいなくなったのでよくわからない

2016-12-25

サイタマ小野田と緑谷は本来の道で報われてほしい

ワンパンマンのサイタマに対してこうあって欲しいという思いが見る人ごとに異なっている。



俺のサイタマは最強だが日常を逸脱することができず、就活という変化すら許されなかった男だ。

ヒーロー活動本来自分を取り戻したように見えて、実は3歩後退したまま突き抜けてしまったように見える。

ずば抜けた力を認められるわけでもなく、ただ日常が過ぎていく。

一方で村田版サイタマコミュ力が高く、好奇心旺盛で、己の力を試し、誇示し、世界に影響を与えたいと願っている。だからその他大勢の主張には深い信念がこもっており、それを理解した上でぶっ壊す所に面白さの重点を置いている。

ONE版サイタマ世界ルール理解できない。だからその他大勢正論が的を外しているように描く。サイタマ真剣相手ルール理解しようと試みるも、いつもすれ違ったまま勝負がつく。そこに笑いの重点を置いている。



俺が見たサイタマと、そこから弱虫ペダル小野田僕のヒーローアカデミアの緑谷が進む道を重ねて見れば

強大な力を持ちながら一番大切なものをことごとく守れていない共通点を見出すことができる。

彼らは本来一番大切であったであろうもの(髪の毛、アニ研、生まれつきの個性)に救いが無い。

物語構造的に異世界転生して無双するパターン類似している。

から俺は誰にも憧れることができず、ただただ救われてほしいと祈るばかりなのである



村田はよく自分限界とどう向き合うかというテーマを描いている気がする。

努力根性で好きなだけインフレできる少年漫画でやる内容じゃねえなと思いつつも俺自身そのテーマは大好きだ。

結局は気持ち問題解決するしかないのかもしれないけれど、読み手に生きる希望を考えさせるきっかけになる。



力があれば努力に見合った報酬が得られる。

主人公は力もあるし努力もする。だから報われる。

そういう状態になるために一回死んで異世界転生すればいいよっていう救いを物語は与えてくれる。



・・・・・・いやいやそうじゃない。

そうではない結末を見せるために、

サイタマヒーローと決別して就職成功するべきだし、

小野田自転車辞めてアニ研作るべきだし、

緑谷は個性を使わずヒーローになるべきだ。




でもかわいい女の子のためなら仕方ない。なりふり構わずやることやるだけだ。それでいい。

でも少年漫画から望み薄だな。

http://anond.hatelabo.jp/20161225121629

LGBT女性の苦しみやポリティカル・コレクトネスなどを知ってしまった知識人からしたら少年漫画なんて楽しめなさそう。。。

2016-12-21

http://anond.hatelabo.jp/20161221114430

しろそういうリアリティがあるからこそヒットしたんだと思ってたけど



あれ、原作のみくりは別に美人ではない平凡な女性なんだよね、絵面的にも設定的にも

それがドラマではガッキーなもんだから

「冴えない童貞男の元に美少女が舞い降りて世話焼いてくれる系男向け萌え漫画」と同じだと勘違いしている男が多いけど

から原作はそういう漫画じゃないし、ドラマ制作者の意図もそんなんじゃない

そういう勘違い男に受けたのはあくまで予想外で、あれはあくま女性向け漫画原作女性向けドラマ



増田が言ってるのは、痛い系腐女子少年漫画最終回見て

最後主人公ヒロイン結婚したのが許せない!主人公相棒(男)と愛し合っているべきなのに!」とか言うのと同じ

そもそも最初からそんな話じゃないか

2016-12-20

少年漫画/青年漫画/成年漫画区別するくせに女性向けはBLもTLも「少女漫画」扱いにする不思議

2016-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20161219224832

え!そうなの?

少年漫画テンプレってラスボスが実の父親パターンが多いのかと思ってた。刃牙とか、幽白とか、あと細かい作品いろいろ。

H✕Hは父親を「絶対に追いつけない偉大な存在」にしておいて、作者が年食ったらオヤジ目線シフトしていったのが面白いなと思ってた。

今40~50代くらいの男作者って戦争経験者のジジイとか、高度成長期一財産築いた団塊世代父親プレッシャーかけられて育った世代から父親を「超えられないもの」みたいに萎縮しちゃってるみたいでキモいと思ってたんで、それに真っ向からアンチテーゼ唱えたジョジョはやっぱすげえな、先見の明があったなって素直に感心するわ。

http://anond.hatelabo.jp/20161219214617

乗り越える物語からこそ、父親は偉大だったが志半ばで非業の死を遂げた的な造形が多いのが少年漫画では

(んで主人公目標となったり。偉大なまま健在だと主人公邪魔になるので早死にがお決まりパターン

言われてみればジョジョにそういう父親いないな

一部二部は師匠がその代わりの役割だし三部は…承太郎最初から成熟してるからなあ…

四部以降はテンプレ少年漫画から離れてリアリティ路線から、そんな偉大な父なんか現実いねえって事の反映なのかな

2016-12-14

少年ラケット作者のエロが読みたい

でも根っから少年漫画好きっぽいからたぶん無理

でもきょにゅうとしょたかけてるから素質は十分にある

ううううもどかしい

俺が絵柄まねてかけるようになるしかないのか?

絵すらまともにかけないのに

俺もジャンプを採点したい

ハイキュー:80点 現実的スポーツ漫画でありながら必殺技要素もある美味しいバランス感覚が良い。←ほんとこれ。あと先輩眼鏡マネとかも大好き。

ワンピ:75点 なんかビッグマム一党が人格的に雑魚っぽくて四皇に期待してたのはコレジャナイ…。あとルフィの突然戦わなくなるアレ嫌い。 

鬼滅:70点 独特の才能に疑いはなかったがこれだけ少年漫画に寄せてきたのはすごい。伸びるよこれは。

火ノ丸:60点 安定。地味。だがいい漫画だ。低い点は付けられないな。

ラクロ:50点 小説版キャラ逆輸入してメインを張らせるという冒険的な、小説版読んでない人置いてきぼりな実験を展開中。

斉木楠雄:50点 安定感凄いけどハズレキャラはあきらかに居るよね。斉木兄もその1人。最近でたのではブツブツ喋る奴とか。

磯部:50点 安定。

レゴラッソ:45点 テコンサッカーという酷い設定の企画押し付けられてる。作者は力があるので次回作応援する。

バラン:40点 ダラダラダラダラ。もう脱出しないまま終わって伝説になって欲しい。原作が足引っ張るジャンプ定番ティーン。

ゆらぎ:40点 とらぶる的なアレ。ラッキーエロ個人的には刺激ゼロだけど安定できたエロコメはいい駒なんだろうね。

ヒロアカ:40点 全然評価しない漫画自分が見てきた漫画アメコミパッチワークだけで創作してるタイプ

青春:35点 ほのぼのしてるが長生きできる器ではない



ーー赤点未満ーーさっさと切るべき作品ーー

せすぴん:30点 作画専業やってた割りに絵の表現力と画素が低い気がする。あとダンス取材が浅いような。

銀魂:30点 なんか最終章っぽい雰囲気だしながらもう数年経ってるよね あんま読んでない

左門:25点 地力が足りない部分を色んな工夫で補って水面に顔を出すところ嫌いじゃないけどそろそろ限界来てるよね

デモプラ:20点 実は読んでない

ソーマ:20点 前から読んでないが最近評判悪いな 何か起きたのか

アマルガム:15点 絵が汚い



ー番外ー

ヘディス:測定不能: でも天然だった人が「自分面白い」って気付いちゃった感じのいやらしさはあるよねいまの許斐先生

http://anond.hatelabo.jp/20161213205937

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん