「破壊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 破壊とは

2016-05-31

この世に生まれてきて、多くの人々に苦しみを与え、世界破壊して、あの世に帰る人。

あの世で、自分行為によって産み出した現実の数々を見つめる時、胸をかきむしりたくなる程の後悔を味わう。


後悔の念とは、これ程の恐怖を感じるものなのか、

のたうち回りたくなる程に、泣き叫びたくなる程に、苦しくて仕方がない…、

2016-05-30

[]ギラ・ドーガ自称木星決戦仕様

ABCマントを装備した二体のギラ・ドーガ写真


宇宙世紀136年「神の雷」を阻止する作戦鋼鉄の七人」、その七人に選ばれなかった、八人目と九人目のモビルスーツ

だが、この機体に関しては、存在を主張するものが、たった2人しかおらず、そもそも兵器歴史の分野で解説する機体なのかどうかすら怪しい存在である

二次ネオジオン戦争期に漂着したギラ・ドーガ作業MSとして使っていた、資源小惑星作業員二名独自カスタマイズ機。

40年近く前の旧型機であり、かつその間作業用として使用されており、機体の運動性や機動性の面に関しては当時よりも劣っており、到底木星との決戦に耐えうる機体ではない。

しかし、この機体は運動性や機動性を重視していない、何より攻撃力とも言うべき兵器すら一切所持していないのだ。

一見すると通常のギラドーガよりも巨大なバックアップによる超威力ビームキャノンにも見える兵器を所持しているが、これは他の機体にエネルギー補給する機器である

動かすのが困難な作業機械間を繋いでいたバイパスを利用して作られており、彼らが作業員として働いていたことを証明する事実でもある。

これは鋼鉄の七人Bチームの近接援護担当クロスボーンガンダムX1フルクロスサポートするために特化した機体であるためである

ギラ・ドーガ自体が装備しているABCマントについても、フルクロス特殊装甲が破壊された際の予備部品であり、彼ら自身が防御手段として使うために装備しているわけではない。

事実、この写真でも前面の装甲を隠すのではなく、後ろにたなびかせている。

いったい、この二体のギラ・ドーガと「鋼鉄の七人」の間に何があったのかは、くだんの資源小惑星で彼らに会えば快く話してくれるため、ここには記さない。

彼らの「鋼鉄の七人」への、特に元になった宇宙海賊クロスボーンバンガードのエースパイロット「トビア・アロナクス」への信仰は強く、

「もし戦争が無い平和世界に生まれ変わったとしても、クロスボーンの為に戦う」と、意味深発言を繰り返していた。

山に置き去りにして行方不明ニュースブコメが酷すぎる

一家族を追い詰めてるって自覚がないのか?

もうこの両親と子どもは引っ越すしかないよね。

ブコメのように「親がクズ」「虐待親」ってレッテル貼られて、これから白い目で見られて生きていくんだろうね。

最悪の結果もあり得ると思うし、普通に他人人生集団圧力破壊してるよね。

その時、無責任一方的情報で親を叩いてたブコメのような奴らはどう責任をとるんだろうな。

おそらく「報道したマスコミが~」「近所の人間クズ」「やりすぎだと思ってた」とか言うんだろうけど、お前らもうすでに加害者からな。

普段同調圧力村社会的なことを嫌って批判しているはてブの奴らが、こういう時に特定個人を追い詰める集団圧力に加担してるのを何回も見てるけど本当クソだわ。

事件被害者加害者配慮した社会を!」とかどの口が言ってんだ?

お前らがまさに被害者加害者情報を娯楽感覚で消費して、無責任に叩いて好奇の目で見てるクソみたいな群衆典型例じゃねーか。

こういうこと言われると、「たかブコメから」とか言い訳するんだろうけど、そういうところも糞だな。

いつも「ネットには情報が残るから~」「デジタルタトゥーだ~」とか言ってんのはどいつだよ。

恥ずかしくないのかよ。

かめはめ波の出し方を研究した

人間の体には不思議な力が巡っている。

俗に気とかオーラとかチャクラなんて呼ばれて、漫画アニメで日夜研究が盛んな分野だ。

だいたい共通して、感情の高まりに比例した力を発生させることができる。

強いものでは星や銀河系くらい破壊できそうである



さて、ドラゴンボール言葉を借りるなら、「気」というものコントロールすることで「かめはめ波」が打てるらしい。

さっそくやってみた。

自律訓練法では「右手が重くなる」と念じることで本当に右手が重くなるらしい。

これは右手に気が集まることを意味している。

私は瞑想して、体中のどこが一番気を集めやすいか探ることにした。

頭のてっぺんからまり、目、鼻、口、と隅々まで試した。

私の場合、やはり手のひらが一番気をためやすいように感じた。



あとはこの気を発光するレベルまで高め、質量を持った何かに変換して打ち込むだけだ。

私は再び瞑想した。

いつだって答えは自分の中にあるものだ。

2016-05-29

脱毛を考えてるなら脱毛器だけは絶対買うな

毛というのは毛乳頭から生えてくる。

いくら毛を抜いたところで毛乳頭が破壊されない限りまた毛が生えてくるのだ。

この毛乳頭を破壊さえすれば毛が生えてこなくなる。

しかし家庭用脱毛器では毛乳頭を破壊できないのだ。

破壊できるぐらいの威力がある家庭用脱毛器なんて家庭向けに作って販売なんて出来ないんだ。法律で決まってるからね。

何故かYahooGoogle検索すると美容業界ステマ記事が多いんですよ。

これらは業者に書かせた大量生産された記事なので嘘ばっかり書いてます



結論

脱毛するなら医師免許を持っている先生がいるクリニックに行きましょう。

[]戦艦防衛ジェガン

球のような形状の大型のシールドを装備し、背中からケーブルが伸びているジェガン



宇宙世紀140年代前後フォン・ブラウンへの遷都の際、生粋アースノイド宇宙にあがったことがない政府高官大勢おり、彼らのために重力がある施設を大量に作る必要があった。

宇宙にあがってから140年もたっていたこともあり、生粋スペースノイドたちにとっては、あまり重力の有無は重用視されていなかったためである

そのために、大量の資材が月へ輸送されたのだが、その輸送船がコロニー軍に属さない、宇宙海賊に襲撃される事件が相次いでいた。

コロニーの自治が進んでいたこ年代においては、宇宙海賊のような軍の支援を受けていない荒くれ者たちすら、高性能なMSを保有していた。

特に多数を占めていたのが、ブッホ・コンツェルンMS郡であった。

コスモバビロニア建国戦争の際に示されたように、小型MSと大型MSの性能差は圧倒的であり、未だにフォーミュラー計画の量産機が大量生産されていない現状では、宇宙海賊の小型MS対応するのは難しかったようだ。

特に木星戦役以前に導入された小型MSのジェムズガンが空間戦闘に向いていないことも、原因の一環だったようだ。

そこで急遽白羽の矢がたったのが、コスモバビロニア建国戦争以前の名機「ジェガン」であった。

空間戦闘可能である点、かなりの数がまだ配備されていた点などが改修された理由としてあげられているが、何よりフォーミュラー計画以降サナリィにその座を奪われたアナハイム社との何かしらの協議があったらしく、ジェガン専用の追加パーツを新たに製造する事が決まった。

さて、今回の目的においては、敵MS戦闘不能にすることは求められていなかった。

しろ敵は所詮無頼者の宇宙海賊であり、大量の組織的運用をされていたわけではないため、資源を月面まで運ぶために、月の防衛範囲内まで戦艦やシャトルを防衛することが出来れば、多勢に無勢で宇宙海賊撤退するため、防衛に専念すればよかったのだ。

そこで考案されたのが、この独特の形状のシールドだ。

これは、宇宙海賊の主力となるデナン・ゾンショットランサーをはじくことを目的とする形状だ。

ビーム兵器ではない実体兵器からこそシールドの形状により威力を殺すことが出来ている。

さらに特徴的なのが、シールドの裏側から放出される大量のビーム機雷により、ジェガンを除け直接戦艦に近づくことを妨害する。

しかし、ビーム機雷は、ビームを丸状に固定し空間を漂わせる技術で、通常のビームライフルよりも大量のエネルギー必要とし、ジェガン程度では補えるものではなかった。

ならば戦艦側に直接装備するオプションにする案も出たが、ビーム機雷を射出することが難しく、MSが直接発射装置を持って散布する必要があったのだ。

そこで更なる改良を加えられたのがジェガン本体である

ジェガン本体戦艦を「直接」ケーブル繋ぎエネルギー問題を解消したのだった。

戦艦防衛という任務に特化した兵器といえるが、ケーブル破壊されると、ただの大型シールドであり、ネタ割れしまえば何ということはない兵器だったようだ。

その証拠に、月への遷都終了後は、ジェガン自身寿命もあってか、全く使用されることはなく、歴史に埋もれて行ってしまう。

2016-05-28

71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。閃光(せんこう)と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した。

オバミ原爆デモンストレーション論法(征服者武器商人目線)

オバマ死ね

2016-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20160527210958

恋愛は低年収貧困層最後の砦からな。

その価値観破壊されそうになったら全力で戦うに決まってる。

ラブパワーの前に日陰者は無力なのだよ。

日本人殆ど運動不足だし、瞑想もしない

ということは日本人殆ど大脳破壊されてメンヘルになって悲惨な末路を迎える

恐ろしい恐ろしい

2016-05-25

大前提水素化学で取り扱われる分野である

小前提:水素水化学一種でありながら化学的に効能証明されていない

結論:上記により水素水効果証明されない



大前提:水の大半は薬効は存在しない(純水は身体を破壊する)

小前提:水素水は水であり大前提により薬効は存在しない

結論水素水に薬効は存在しない

2chやってたってことは反社会的人間と見なされても仕方がない

犯罪の温床、誹謗中傷の坩堝、そんなところで活動していた奴がまともなわけがない。

犯罪に片足突っ込んでたと言っても過言ではない。

2ch民と同様元2ch民絶対に許してはいけない。

そいつらは直接的、または間接的に加害者だ。

だれかの人権を踏みにじり、面白半分で人の人生破壊している。

2chと関わりを持っていたことがあると言う奴がいたら、縁を切るか二度と信用しないようにしよう。

犯罪者のたまり場となっている繁華街に入り浸っていたと自ら伝えてくる奴がいたらどう思うだろう?

現実では絶対距離を取るべきだし、それは2ch民、元2ch民でも同じだ。

そいつは裏で反社会的活動をしているし、誰かを傷つけて高笑いをするような奴らだ。

もしくは、いじめ傍観者みたいに、他人人権侵害されたり犯罪行為が行われているのを見てみぬふりしたことがある。

いじめ傍観者はいじめっ子理論と同じで、当然そいつらも反社会的に違いない。

さらに現役で2chを見ていると言ってる奴はもっと危険だ。

2chでは、某弁護士に対して暴力的なまでの人権侵害行為が横行しているのは知られていることだろう。

奴らは2chにいてそれを知らないわけがない。

しかし、見て見ぬ振りをしているのだ。

もしくは参加者かもしれない。

いじめ傍観者がどれだけ卑怯卑劣存在か皆さんご存知だと思うが、奴らも今2chで横行している暴力的人権侵害行為を黙認しているのだ。

これを加害者と言わずなんと言えばいいのだろう。

ネットヤクザに近づいてはいけない。

ヤクザ刺青を見せてカタギの人間を脅すのと同じように、奴らは2ch歴というネット刺青を見せて善良なネット民を威嚇している。

はてなでは人権派ぶっているかもしれないが、元2ch民だとなると裏では必ず誰かに加害行為を行っている。

気をつけろ。




http://anond.hatelabo.jp/20160525005632

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160523093706

なにこれ?本人?

10年前にOCaml関数型じゃない破壊的代入の命令コード書いたってこと?

2016-05-23

自分の思い通りにならないとキレる奴

こんな奴が周りにいたら、関わって良いことは一つもないので、全力で自分境界を守るか、物理的に関われない所まで距離を取らなければいけない。

相手は様々な方法を用いてこちらをコントロールしようとしてくるだろう。



もしちょっとでも相手コントロール下に入ってしまえば、どんどんそれがエスカレートしてくるので、次第にこちらの生活メンタル破壊されるのは間違いないだろう。そのため、絶対相手コントロールに従っては駄目だし、かと言って争ってもダメである自分領域を守りながら、上手いことスルーするスキルを身につけなければダメである




こういうタイプは、もともとある程度優秀な奴がなりやすく、「世の中自分の思い通りにならない事の方が多い」という事を理解していない。

そのため、理屈でどうこう言っても無理である

マスターキートン5-6話 砂漠のかーリマ

マスターキートンの中でも印象に残っていると言う人が多いであろう砂漠のかーリマンの話。

新疆ウイグル自治区、崑崘山脈から流れ出る2つの大河に挟まれ水の豊かなコータン紀元前からシルクロード佐伯何度のオアシス国家として栄えていた。こーたん近くタクラマカン砂漠の下には東西交流の後を示すオアシス遺跡が数多く眠っている。その降誕北方110キロにある車は累積ここが舞台になっている。

遺跡の発掘と保険とは味切な関係がある。発掘参加者の紹介保険の丘後から発掘品の盗難破壊保険をかける場合もある当然発掘されたもの保険契約内容にふさわしい考古学価値を持つか否かを鑑定する必要も生じてくる。故に保健委員仕事も大いに関わってくる。

ウィグルと呼ばれる人々はトルコ系の遊牧騎馬民族8世紀には中国北西部支配する大帝国形成したしか9世紀後半キルギス人により滅亡現在中国北西部の各州の民族自治区に分かれて生活をしているウィグル族は15世紀以降イスラム化した会長はいちにち誤解目回の礼拝を欠かさない。

我々をイーグル足の上に立つの新の神のみであるだがかつてオアシスが水を持つ者が支配者だった私のように小作人として生を受けたものは様子吉田吉田の拍子に告示され続けた私はこの地にとどまった子後はマホメットに最も近い伝説の英雄さリコの生地とされていたからだ私が毛沢東軍隊のために戦ったのも我々老いぼれ側の信仰自由のためだ英雄サーディクのように。

われわれはついにあれを発見した。あれこそが1000年の昔この砂漠で戦ったauサービックの聖なる量の上に立った礼拝所の後だ。中央の壁の凹みは聖なる印だ。



「よくわからん世界中にはよそ者がつかつか踏み込んでけない場所がたくさんあるってことです最近日本人は平気で工夫を壊しちゃいますけれどもね。」


タクラマカンウイグル語では生きて帰れんの砂漠と言う意味


第6話では 太一サバイバル知識が本段に発揮される。


まず日中そこに下差し込まない東西方向に穴を掘って直射日光を避けるもちろんそれだけで脱水症状しているわけではなくこの時点でミスターハニーがほぼ助からない状態になる。

まず日中そこに下差し込まない東西方向に穴を掘って直射日光を避けるもちろんそれだけで脱水症状しているわけではなくこの時点でミスターハニーがほぼ助からない状態になる。

次に石をしゃぶったり音を掘り出して水を吸ったりと言う行動とる。

われわれは全員おそらく体重10%位の水分は既に失っています。昼の朝から考えて後5パーセントでも水分をしなれれば我々みんな死んでしまますまず水できれば塩分が確保できるまではここを動くべきではない。

それから天文学の知識を使って方角の確認

我々の現在地およそ北緯37度50分タクラマカン中央よりもずっと南にいます佐伯何度まで少なくとも60キロ2万はかかります北半球の北緯10度位北では北極星コードから現在地が分かるまず本滝ノ町2開けた何お守りのついた糸を垂らすそして北極星を除く人が分度器で示した角度90度から引くと北極星の行動=色となる言時がない場合は指でも代用可能である


さらに花を用意してねずみ男捕まえネズミ血液を飲んでなんとか生きる。

さらに小便を濾過して水を用意する。

人間の体は脱水症状が進むほど帰って頻繁に名が出るもんなんですよ。

砂漠に穴を掘りその上をビニール嘔吐太陽熱で、ビニール布の下の空気は温められ血中の水分が蒸発し水滴となる。水滴は、穴の中央ビニール袋に落ちてた。。つまりこれは1種の天然蒸留である

10世紀のサーディクの物語

彼は新の教えを伝えるために多くの仏教と戦い開始を迫ったが、女子供だけは決して傷つける事はなかった。しか仏教徒にはとの戦いで彼の部下が誤ってこども園12処刑してしまったことがあった彼は自ら新の裁きを受けるために腰6-101砂漠の中に身を置いた。生きて砂漠から戻れるか田舎上に撮ったのだそして4日後彼は生還した砂漠帰りマンとして。

彼は新の教えを伝えるために多くの仏教と戦い開始を迫ったが、女子供だけは決して傷つける事はなかった。しか仏教徒にはとの戦いで彼の部下が誤ってこども園12処刑してしまったことがあった彼は自ら新の裁きを受けるために腰6-101砂漠の中に身を置いた。生きて砂漠から戻れるか田舎上に撮ったのだそして4日後彼は生還した砂漠帰りマンとして。

水をやれ。水を飲ませてやれあいつわかり万だ。

2016-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20160522183753

ドイツヨーロッパ中の富を吸い取ってギリシャイタリア経済破壊した上に、難民の処理を中東に近い国々に押し付けるといういいとこ取りをしているだけだと思うので、まともとは言い難いと思う。

1.コメダホチキスマン

にゅーとん@Knewtons 5月8日

まじで感情が壊れつつあるんだよな

2.原価曲解マン

らくからちゃ ‏@lacucaracha 5月8日

一抜けーた

3.情報商材

守形レイジ@涙拭けよ ‏@SugataReiji 5月8日

おめでとうございます( ^ω^ )

4.コメダホチキスマン

にゅーとん ‏@Knewtons 5月8日

PVブックマーカー破壊できる力が欲しい

5.情報商材

守形レイジ@涙拭けよ @SugataReiji 5月8日

ブクマの通知が金に見えるようになった時点でブクマカー殺せてるから大丈夫
6.コメダホチキスマン

にゅーとん ‏@Knewtons 5月8日

いやさすがにそこまではいってないwww

7.原価曲解マン

らくからちゃ ‏@lacucaracha 5月8日

プリントアウトして病院

8.コメダホチキスマン

にゅーとん ‏@Knewtons 5月8日

xevra先生...

9.情報商材

守形レイジ@涙拭けよ ‏@SugataReiji 5月8日

大脳が壊れたメンヘル




もう1階も2階もブクマすんなよ

こいつらにはブクマが銭にしか見えてないんだよ

なんの意味もないよ。正義の味方いじめって言われるだけだよ

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160302090242

http://kenokabe-techwriting.blogspot.jp/2016/05/timeengine.html

nonstarterの言うことがハッタリじゃなければ、さっさとToDoListの課題Ocaml関数型の状態渡しをもって実装してみせればいいだけだが、言い訳始めてるからな。


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

nonstarterはこの発言の時点では、Ocaml関数型の状態渡しに限界があることはお首にもだしていない。読んだものはそうだったのか、何でもできると思って不思議ではないだろう。

しかしなぜか、Haskellが急に登場する。別の言語の助けを求め始めた最初がここ。

そのうち、OCaml実際的環境じゃスケールしないという指摘がはいる。

nonstarterは、複雑性への限界を認めるが、同時に、FRPの足をひっぱることも忘れ得なかった。つまり「負けてない!」ってことなんだろw

しばらく有耶無耶にされていたが、お絵かきアプリもまだ書けないといか書かれているのを目撃した岡部氏が、すでに実装していた自作FRPライブラリお絵かきアプリを示して、

ついでに、ハードルを引き上げた。

nonstarterの言うとおり、

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

かつ、FRPも同じ複雑さへの限界ならば、

岡部氏が示したFRPコードと同等のかんたんさで、OCamlでも出せるはずだ。

もちろん、他のHaskellFRPは使うな、という至極当然の縛りつき。

ちょっと本気出されたら、言い訳始めた、それが今。


http://anond.hatelabo.jp/20160520153948

OCamlでは」普通に副作用を使うライブラリしかいかスケールしない、って書いてあるのに

なんで勝手一般化して、Haskellとかでもスケールしないことにしたいの? 本当に牽強付会オンパレードですね。

そもそもの最初がesumiiやlambadaなどのOCamlユーザへむけての課題で、

nonstarterが、


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

と急に何故かいきなりHaskellを持ち出し、Haskellコードを引っ張り出した。

いろいろとっちらかしてんじゃねーよ、ってことだろ。

OCamlではライブラリも足りず机上の空論だったという、ひとつ区切りはついた。


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

とこの点について「一般化」を試みた、誤魔化そうとしたのは、nonstarterだ。

からごましてんじゃねーよ、ってそこをまず明確化されている。

2016-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20160520061937

http://kenokabe-techwriting.blogspot.jp/2016/05/timeengine.html

nonstarterの言うことがハッタリじゃなければ、さっさとToDoListの課題Ocaml関数型の状態渡しをもって実装してみせればいいだけだが、言い訳始めてるからな。


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

nonstarterはこの発言の時点では、Ocaml関数型の状態渡しに限界があることはお首にもだしていない。読んだものはそうだったのか、何でもできると思って不思議ではないだろう。

しかしなぜか、Haskellが急に登場する。別の言語の助けを求め始めた最初がここ。

そのうち、OCaml実際的環境じゃスケールしないという指摘がはいる。

nonstarterは、複雑性への限界を認めるが、同時に、FRPの足をひっぱることも忘れ得なかった。つまり「負けてない!」ってことなんだろw

しばらく有耶無耶にされていたが、お絵かきアプリもまだ書けないといか書かれているのを目撃した岡部氏が、すでに実装していた自作FRPライブラリお絵かきアプリを示して、

ついでに、ハードルを引き上げた。

nonstarterの言うとおり、

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

かつ、FRPも同じ複雑さへの限界ならば、

岡部氏が示したFRPコードと同等のかんたんさで、OCamlでも出せるはずだ。

もちろん、他のHaskellFRPは使うな、という至極当然の縛りつき。

ちょっと本気出されたら、言い訳始めた、それが今。


http://anond.hatelabo.jp/20160520153948

OCamlでは」普通に副作用を使うライブラリしかいかスケールしない、って書いてあるのに

なんで勝手一般化して、Haskellとかでもスケールしないことにしたいの? 本当に牽強付会オンパレードですね。

そもそもの最初がesumiiやlambadaなどのOCamlユーザへむけての課題で、

nonstarterが、


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

と急に何故かいきなりHaskellを持ち出し、Haskellコードを引っ張り出した。

いろいろとっちらかしてんじゃねーよ、ってことだろ。

OCamlではライブラリも足りず机上の空論だったという、ひとつ区切りはついた。


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

とこの点について「一般化」を試みた、誤魔化そうとしたのは、nonstarterだ。

からごましてんじゃねーよ、ってそこをまず明確化されている。

http://anond.hatelabo.jp/20160520061815

TImeEngineは命令型でも破壊的代入でもない

http://kenokabe-techwriting.blogspot.jp/2016/05/timeengine.html

まさにtimeengineプログラムに頻出するフィールドtが「状態」、tへの破壊的代入が「変化」ですね。

と、書いてる人間が言外に馬鹿だとこきおろされている。

まあ、すでに別の流れで、おまえにはFRP語るな、と釘さしておいたが。

http://anond.hatelabo.jp/20160520153948

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

nonstarterはこの発言の時点では、Ocaml関数型の状態渡しに限界があることはお首にもだしていない。読んだものはそうだったのか、何でもできると思って不思議ではないだろう。

しかしなぜか、Haskellが急に登場する。別の言語の助けを求め始めた最初がここ。

そのうち、OCaml実際的環境じゃスケールしないという指摘がはいる。

nonstarterは、複雑性への限界を認めるが、同時に、FRPの足をひっぱることも忘れ得なかった。つまり「負けてない!」ってことなんだろw

しばらく有耶無耶にされていたが、お絵かきアプリもまだ書けないといか書かれているのを目撃した岡部氏が、すでに実装していた自作FRPライブラリお絵かきアプリを示して、

ついでに、ハードルを引き上げた。

nonstarterの言うとおり、

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

かつ、FRPも同じ複雑さへの限界ならば、

岡部氏が示したFRPコードと同等のかんたんさで、OCamlでも出せるはずだ。

もちろん、他のHaskellFRPは使うな、という至極当然の縛りつき。

ちょっと本気出されたら、言い訳始めた、それが今。

http://anond.hatelabo.jp/20160520153948

http://anond.hatelabo.jp/20160520153948

nonstarterのいうことが嘘ハッタリじゃないのならば、さっさとOCaml関数状態渡しでToDoリストアプリ書いて見せればいいだけ。

出来ない時点で終わってる。

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

nonstarterはこの発言の時点では、Ocaml関数型の状態渡しに限界があることはお首にもだしていない。読んだものはそうだったのか、何でもできると思って不思議ではないだろう。

しかしなぜか、Haskellが急に登場する。別の言語の助けを求め始めた最初がここ。

そのうち、OCaml実際的環境じゃスケールしないという指摘がはいる。

nonstarterは、複雑性への限界を認めるが、同時に、FRPの足をひっぱることも忘れ得なかった。つまり「負けてない!」ってことなんだろw

しばらく有耶無耶にされていたが、お絵かきアプリもまだ書けないといか書かれているのを目撃した岡部氏が、すでに実装していた自作FRPライブラリお絵かきアプリを示して、

ついでに、ハードルを引き上げた。

nonstarterの言うとおり、

もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

かつ、FRPも同じ複雑さへの限界ならば、

岡部氏が示したFRPコードと同等のかんたんさで、OCamlでも出せるはずだ。

もちろん、他のHaskellFRPは使うな、という至極当然の縛りつき。

ちょっと本気出されたら、言い訳始めた、それが今。

そもそもの最初がesumiiやlambadaなどのOCamlユーザへむけての課題で、

nonstarterが、


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

と急に何故かいきなりHaskellを持ち出し、Haskellコードを引っ張り出した。

いろいろとっちらかしてんじゃねーよ、ってことだろ。

OCamlではライブラリも足りず机上の空論だったという、ひとつ区切りはついた。


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

とこの点について「一般化」を試みた、誤魔化そうとしたのは、nonstarterだ。

からごましてんじゃねーよ、ってそこをまず明確化されている。

http://anond.hatelabo.jp/20160520152852

あのさ、それ


もちろん、OCamlであれHaskellであれ破壊的代入の類の副作用使用せずに書くのもなんら困難ではありません。

とか、言い切って、別の人間からスケールしない、とつっこまれた後だから

最初の時点で「限界がある」と自覚しているのに、学習者や読者にむかって何も言わない隠し玉してたのか、

本気で何でもできると思ってたのかまでは不明

いずれにせよ、突っ込まれて自ら限界を認めた。ついでにFRP限界も同じに設定したっぽい。

岡部氏は、これは誤魔化しだとして、FRPで書いたコード提示し、

同じもの状態渡しでかけと要求

限界値」が同じならば、振り落とされずに書けるはずだが、無理っぽい。つまりnonstarterの主張は嘘で誤り。

http://anond.hatelabo.jp/20160520142159

無限ループなのはおまえだろ。

もう一回だけまとめると、__x.t=__x.t+1のような単純な例はもちろん、

その「おまえが書いた命令コード」について、

処理系が、右辺を先に評価して、左辺に代入する

解釈してやった場合

岡部氏のライブラリは、右辺の評価時間におけるxの値を、左辺の評価時間におけるxの値としてイミュータブルなストリーム上に分布する、という説明になるんだろ?

馬鹿から理解できない?

kenokabe氏のGUIコードイベントのたびに同じ変数t(実体はvalOnT)の値を更新しており、

ライブラリの内部的にはな。まだ内部で破壊的代入してるってゴネてるの?精神病

timeengineはライブラリの内部実装だけでなくユーザから見ても関数型ではなく命令型。

ユーザが見ても関数型だが、おまえみたいに命令型のコードかけば、その文脈でも関数型の値が帰ってきたり、定義することができる。

それだけだが、馬鹿から理解できないか

これは過去の値が別の場所に保存されていようが無関係

お前自身がすすんで命令型のコード書いてるんだから、その評価時間のズレで「過去時間」ってのが発生するんだが、命令コード意味しってるかい

http://anond.hatelabo.jp/20160520140758

イベントが起こるたびに変数の値を繰り返し更新してる。

ライブラリの内部的にはな。馬鹿がまだ、ライブラリ実装では破壊的代入だってゴネてるのかな?

http://anond.hatelabo.jp/20160520133350

http://kenokabe-techwriting.blogspot.jp/2016/05/timeengine.html

でまた反論されてるけどさ、

命令型」って繰り返してるけど、どういう意味で使ってる?

破壊的代入」ってどういう意味で使ってる?

別のところ?

__item.t で設定されてる値が、__itemで取り出されているのに?

別のところ?破壊

あんたただ「命令型」「破壊」って言いたいだけちゃうんか?