「ヒステリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒステリーとは

2016-12-03

整形女とは

天然ブスのヒステリー

2016-11-28

会社の人が「前の会社では若くして何十人もの部下を抱えてた、仕事がすごいできるから」って言うんだけど。

指示も下手くそ性格に難があり、

大企業から色々訳あって小さな我が社に来た理由は、まあ納得できるけど

言うことが本当ならば、部下の人々はさぞかし大変だっただろうと思う。

もうね、ほとんどがくっだらない感情論

ダメ更年期女の典型

ホルモンバランス崩れてて大変なのはわかるよ。

でもさあ、だからといって仕事外のイライラを同僚にぶつけないでほしいな。

過去の栄光を度々披露するのは、今は大して誰にも求められていないからであって

そんなに認めてほしいオーラ全開にするんなら、元の大きな会社に戻ればいいのになあって思う。

仕事がとてもできたんでしょ?若くして部下もたくさんいて惜しまれて退社したんでしょ?

なら、まだ戻っても有難られること間違いなしだよ、ファイトだょ☆って言いたい。

実際は会社女性中間管理職支援するためのプロトタイプとなるべく、なるべく低学歴根性ある人を抜擢したまでだろう。

じゃなきゃ、あんなに指示が下手というか、もう人格障害レベルで人を育てるスキルのない人を多くの人の上に立たせるなんてことは普通しない。

会社がアホなのかウソついてるかのどっちかと思ったけど、たぶんそうじゃない。

女性社会進出プレゼンテーションがド下手な社会が不幸な就業体系をつくったまでだと思う。

ヒステリー上司の元で働く全国の不幸な会社員のみなさん、大変お疲れ様です。

2016-11-19

http://anond.hatelabo.jp/20161118102742

 

 「この世界の片隅に」は漫画しか読んだ事ないけど

  これも従来の日本人可哀想的なもんだしな

 左派系も高校の時の眼鏡ブスヒステリー女教師学校で大問題起きた時に、田舎農業しに逃げた)も韓国中国被害者の話しはしてもフィリピン東南アジアスルー

 だったし

 安倍大好き自民党信者も「アメリカ押し付けられた憲法」って言う割に、安倍ピョンがトランプ会談したら「日米同盟サイコー!」ってホルホルしてる

 一番大事ななんでバカ戦争突入たかという分析が無いよね

2016-11-15

じーちゃんが死んだ

大好きなじーちゃんが死んだ。

息を引き取ったのは先週だったけど、葬儀場の予約が取れなくて、結局今週末まで自宅で安置する事になってる。

ばーちゃんが認知症ってこともあって、同居してるおじさんもずっと見てられないってことで、孫の俺が泊まり込みで世話してる。


認知症っていっても、徘徊するとかそういうレベルではなく、数分前、数時間前、数日前の記憶が全くなくなる程度のものだけど、

一般的に言う老人の"ボケ"よりは、相当深刻な状況。


葬儀に使う写真やら、毎日来る親戚への対応やら、戒名やら、墓地やら、事務的な準備でおじさんのサポートをしている。


私の母はもともとヒステリー持ち?というかADHDぎみの所があり、ここ数年は伯父と認知症祖母と3人で揉めていた。


冷静に話しをまとめられるのは私だけだということで、毎回仲裁役というか、方針決定や意思決定をしているのだけれども、

今回もその仲裁役として、孫である私が毎日世話することとなっている。


父親は長くから海外勤務で別居状態10年以上続いているため、サポートは期待できない。


母が葬式の準備や認知症祖母対処で、伯父、祖母で怒鳴りあいになるたび、仲裁してたのだが、今日、遂に私が切れてしまった。

これまでの母親への不満が限界を超えてしまった。



20代後半にもなって、泣きながら、取り乱してしまった。


もちろん母親ヒステリー拍車をかける結果になり、いい歳して母親に頭をグーパンで殴られてしまった。


伯父の仲裁もあり、落ち着いて皆で話し合ったが、相変わらずばーちゃんは意味のわからないことを言っているし、

母親は、私は何も悪くない。私は何もできない人間なのに家族であるお前が優しくしてくれないのは酷い という主張。

まぁこれは、生まれからずーっと言われてたことなんだけど。


落ち着いたあと、思ってること話せって言われたから、

母がヒステリー起こすと、私が幼い頃母が包丁を持ち出した事が思い出されて、辛いと伝えた。そしたら、

だって受験期のお前に殴られた事あるから、それでチャラにしろと言い返された。

うーん、反抗期の子供の態度と、小学校低学年生に包丁持ち出すのって、イーブンなのかなーとか思ったけど、言い返せなかった。

明日も来るのかと聞かれ、

じーちゃんの為だけにも、俺は投げ出さな

と呟いたら、

私の為ではないの?と泣く始末。

もう理解不能

仕事も行けず、俺もストレスがたまってきてしまっていて、なんか書き出さないと落ち着けいから書いてみた。

読み返してみたけど、結局は、大変だったんだねって言って欲しいかまってちゃん丸出しだし、自分クソだなってなってる。

母親母親で辛いはずなのに、それをカバーしてあげなきゃいけないんだろうなーとか思ったりするけど、

なかなか、難しい。

野菜運動瞑想解決するかな。


今日は一旦帰宅することになったけど、明日もばーちゃんの面倒で揉めるだろうし、事務仕事残ってるし、

母親に、逃げ出したと言われるのが嫌だしなー

2016-11-11

ポリコレ適応されるかされないかマーケット判断しろ

オタク

→される。

もはや市場には欠かせない存在になったため市民権を獲得し始めた。

 

ガチャ

→される。

同じく柿の種になるので認められている。パチンコ若い世代バージョン

 

パチンコ

→される。

というかほぼ批判からは無関心。街と同化してる施設を叩きようがない。

 

デブハゲ

→されない。

ダイエット用品や育毛剤カツラなどはあるが、デブハゲ市場価値は低い。デブハゲ人権は無い。

 

独身女性

→されない。

子どもを造らない女性人権は無い。世間体に守られているだけで内心サラリーマンからは論外扱い。金も無いしクレームもうるさいしヒステリー持ちの三重苦。バイブだけがトモダチ。

 

介護老人

→される。

箪笥預金所持者の介護老人は金がある限り大事にされる。しかし金を持ってないと直ちに老害扱い。

 

喫煙者

需要が下がってきてマーケットも下がってきたのでお払い箱。

 

飲酒者(?)

→まだまだアル中支配が根強いのでされる。

 

・金が無い人間

→されない。

金の無い人間市場価値はなく人権は無い。

 

いくら恋愛してようが健康だろうが既婚だろうが高学歴だろうが老人だろうが子どもだろうが独身だろうが学生だろうがオカマだろうが女だろうが男だろうが大統領だろうが

金銭価値の無い人間ポリコレ適応されない。

2016-11-03

サザエさん一家の姿が保守派男性には理想的みえるらしいんだけど、長谷川町子自身は「威厳のあるパパ」というのを賛美はしていない。むしろ、「威厳のあるパパ」を演じようとする波平が失敗して滑稽になるパターンをよく描いている作家だといえる。アニメで古き良き母の立場を与えられているフネさんは、原作ではよくヒステリーを起こして波平口論するし、離婚を申し出るというネタもいくつかある。サザエさんボランティア社会活動に熱心だし、オシャレに関心のある自立した精神もつ女性として描かれている。そのように女性自由に振る舞えていた漫画サザエさんの家庭は、昭和当時でも現実から離れたものだと評されていたらしい。いまアニメサザエさんは確かにそういった漫画サザエさんの側面をそげおとして、「古き良き日本の家庭」という幻想代表的シンボル体現しているように思えるかもしれないけれど、アニメ準拠している原作存在を知っている観客たちは、必ずしもサザエさん一家保守派の考える「古き良き日本」を体現しているとは感じないはずだ。これはなにも保守派問題だけではなくて、反保守派の人もつられて、漠然としたイメージ否定すべき像としてサザエさん一家を用いていることを見ることが多くあるのは悲しい。実際に原作サザエさん一家を読めば、保守派の考える「古き良き家庭」ではないところで、多くの人が「こうあってほしい」と思えるような家庭を描いていて、だからこそこれだけポピュラリティを獲得しているんだということも実感できると思う。

2016-10-31

女叩きやめて、フェミを認めようと思った。

俺が女叩きになった理由は、リアルで女から被害を受けたからだ。

俺は医者なんだけど、女医が、「私は放射線を浴びたくないから、お前が手術してくれ」と、放射線を浴びる手術の交代を頼まれた時だ。

意味が分からない。医者だろ?女とか関係ないだろ?俺だって放射線浴びたくないよ。

  

また、別の時では、「地方への赴任は嫌だから増田君が行ってくれ」と言われた。医局の女はほとんど断ったらしい。

でも考えても見てくれ、最近医者になる半分が女。ってことは、女が地方赴任を断ると、これまでの2倍男が地方赴任するわけだよ。

どう考えても、男女平等じゃない。

ここに書いたのはフィクションもあるが、ほぼ事実。これ以上のことも納得がいかないことがたくさんあった。

看護師も女特有嫌がらせを受けまくった。俺がイケメンならたぶんされないようなこともたくさんあった。

  

医者だけでなく、学生時代も、女だからでそんなことまで?ってのがたくさんあった。

クソ教師も女の場合、度が超えた屑が多かった。

  

そういうありえない理不尽と、不細工チビであるゆえに子供のころからマッタク女にもてないことからくる、「女には世話になってない、なんの義理も無い」という感覚

さらに、自分発達障害もあるため遺伝を恐れて子供を作らないし、両親も不仲なので夫婦生活も嫌だと思う(父親アスペ母親カサンドラ症候群+母親も両親不仲でヒステリー気味)から一生結婚する気もない。だから、女には一生関わらない。

風俗位は行ったことあるが、それも童貞卒業してみたかっただけだ。

  

から、女が屑だなーと思って、女叩きしまくっていた。

女は権力持たせると、女のメリットさんざん使いまくって、男を苦しめると。

  

だが、しかし、それもちょっと改めた。

というのも、

フェミによって女性弱者男性結婚せず、我慢して結婚しなきゃ、俺たちみたいな発達障害や、不幸な家庭はできないんじゃないの?」

という意見を見たからだ。

なるほどな。

女性男性を選別することで、俺みたいなチビ不細工発達障害は淘汰されていくのかもしれないな。と思った。

そのためにも、俺個人としては損でしかないけど、フェミによって女性調子にのりすぎる、女尊男卑にすぎるとしても、これはトータルでメリットかいんじゃないかと思った。

  

発達障害は、マジで自殺レベルキツイ

患者気持ちからいか意味不明なところで同僚から注意を受ける。同僚の気持ちもわからいから、意味不明なところでキレられる。

もちろん、それなりに対応を覚えて、意味からないけど黙ったりしてなんとかやれてはいる。が、普通の人はたぶん他人気持ちの8割くらいわかるだろうに、俺は2割くらいしかからない上に他人に興味が持てない。興味が持てないとかなり認識が低下するから、工夫しまくってようやく他人と同じ振る舞いを『作っている』

死ぬことのほうが絶対生きるより楽なのが、発達障害

これが淘汰されるっていうのは、結構いいんじゃないか。

現在20人に1人くらいが発達障害なんだろう?

もう、ものすげえ人類を苦しめてるわけじゃん。

  

あと、チビっていうのも、食生活日本人身長伸びているらしいが、

俺みたいな偏差値-2SDレベルの極端なチビは完全に人生損なってるので、これも淘汰されてほしい。

不細工も消えた方が、男女とも納得いく夫婦生活をおくれる確率上がるんじゃないか

よく、言われることだが。

女は、夫がイケメンなら、多少の不義理は許せるらしいし。

  

俺のかーちゃんは、俺の父親結婚するのが死ぬほど嫌だったらしく(見合い)。

今でもヒステリーを起こすと、アメリカで付き合っていた外人元カレ名前を叫ぶ。

「〇〇(元彼)と結婚たかったのに、お前(かーちゃんのかーちゃん、つまり俺のちゃんばー)らが、無理やりに日本に連れ帰したんだ!」と。

多分マジなんだろう。

かーちゃんはアメリカトップ大学を出ている。

とーちゃんは医者はいえ、かーちゃんより学歴も格下。

親同士の都合で俺のとーちゃんとかーちゃんは結婚しただけだ。

  

結局、俺のとーちゃんは不細工だ。頭だけは医者の中でもトップクラスだったらしいから、頭だけはたぶんいいんだけど。

俺もとーちゃんほどとはいかないが、頭だけは引きついた。発達も引き継いだけど。

  

ここまで来て、俺はかーちゃんを認めてやりたいと思った。

かーちゃんは悪くない。とーちゃんは淘汰されるべきだった。

とーちゃんを擁護しないとかわいそうって意見もありそうだけど、俺のとーちゃん、俺が小学校くらいの時に外に女作って、そいつ子供まで作ったらしいんだよね。で、俺の今の家庭捨てるんじゃねーかってところまで行ったっぽいんだよね。

不細工の癖に、医者ってモテるのか?って今でもびっくりするけど。まあそん時でとーちゃんとの親子関係には特になんも興味持ってない。

もちろん、人間からしょうがないと思うから、その部分ではとーちゃんも一人の人間としては認めている。話も頭いいか面白いしね。

発達特有の明らかにおかしい話もたくさんあるけどね。20年以上、同じ場面で同じことを話される。まるで痴呆老人のように。壊れたテープレコーダーみたいに。パターンもいくつか決まってる。理由不明、明らかに頭がおかしいんだろう。

まるで、とーちゃんだけオカシイようだけど、俺もどっかオカシイからよく他人に注意を受けるんだろう。

俺もどっかおかしいんだろうね、俺にはわからないけど。

から、こんなキチガイ家系、俺で終わりにしてあげようじゃないか

  

しかし、俺の兄弟姉妹は全員イケメン美女なんだよなあ。不思議だけど。身長も高い。性格もいい。いや、姉妹性格微妙か。

ファッションなんてしてないし、風呂も入らないし、歯磨きもしないし、髪も自分で切ってるくらいだ。コミュ力もそれほどない。

しかし、イケメンってだけで人生クッソ楽しくやってる。友達も多い。

姉妹も、相当美人だ。やや高慢なところもあるが、それも愛嬌で、まあまあ女にしては頭がいい。

頭は俺がダントツでよかったが、顔と性格がだめだった。

  

しかし、俺みたいなのは、多分マジで淘汰されると思う。

そのためには、フェミ必要なんじゃないかと思った。

日本大学にいるときは、人生絶望していた。

留学しようと思ったのは、もう嫌だったからだ。とにかく何もかもがうんざりだった。もともと、死にたいと思ったのはそのずっと前のことで、その感情の波にも起伏があって、中学生の頃が最悪だった。その山を乗り越えて、大学生になったけど、もう、うんざりだった。最悪じゃないということは、十分いいということではなかった。

もう十分だと思った。これからかいいことがあるかもしれないと思っても、とにかくもう嫌だった。忍耐の問題だったかもしれない。耐えれば報われるとわかっていても、ずっと耐えられるわけではない。その上、報われるなんていう保証はどこにもなかった。

から俺にとって留学は、辛くて苦しくて勇気のいる自殺をする前の、お試しバージョン自殺だった。完全にドロップアウトしてしまう前に、少しだけそれに近いことをしてみよう。もしかしたら、何か違う人生が見えるかもしれない。

そんな気分だったから、留学志望動機は嘘を並べた。だって、「自殺したいけど、死ぬ前に念のため留学して、本当に死ななければいけないのか確かめたい」なんて言えるわけがない。どこかに行ければどこでもいいと思っていたから、勉強も準備もろくにしなかった。何もかも適当にやった。最低限の書類だけ揃えればいいと思った。もし向こうについて何か不備が見つかっても、別に構わないと思った。歯医者にも行かなかった。だって虫歯なんて、死ぬことに比べたら大したことじゃない。とにかく、もう嫌だった。楽がしたかった。

英語だけは得意だったから、必要スコアはすぐに取れた。簡単だった。大学の成績は特別良くはなかったが、悪くもなかった。一つだけ悪かったのは、面接の時「留学先であなた大学のことを話すとしたら、いい点として何を挙げますか」という質問に、ろくに答えられなかったことだ。だから一番人気の大学には行けなかった。もっとも、大したことじゃない。いい大学に行くのは目的じゃなかった。とにかく、違う世界に行きたかった。

実際、書類には不備があった。もっとも、向こうの大学必要書類には不備はなかったから、大した問題にはならなかったけど。

合格通知が出てから出国するまでの期間、短い人生で唯一構ってくれる、数人の友達と出かけたりした。

芸術にはあまり関心がなかったけど、唯一絵を見て感動した、細田守さんの最新作を、3人で見に行った。

こんな友人がいるなら、もう少し生きてみてもいいかもしれないと思わなくもなかったけど。でも、やっぱり頑張ってみようって思うほどではなかった。

しかしたら気分が変わるかもしれないっていう希望はあった。

***

初めて留学したいと言ったのは、中学校いじめられて、自殺しようと思って家出をして、警察に捕まって、家に連れ帰られて、病院に連れて行かれて、うつ病だと言われた時。

しばらく母と病院に通って、いよいよ高校のことも考えなければいけないと言われていた頃、海外高校に行きたいと思った。だって、もう、嫌だったから。

その時は本音が口をついて出てしまった。「どうせもう嫌なんだから、もし向こうに行って、もし同じように苦しんで、自殺してしまっても、別に構わないと思っています。」「そんな気持ちだったら行かせられない」と母親に泣かれてしまった。

それ以来、あまりネガティブなことは言わなかった。親の言う通りにサポート校のある通信制高校に行った。本当はあまり乗り気じゃなかったけど、逆らうのは嫌だった。もう疲れてたから。

高校に行って、数人の友人と彼女ができた。幼稚園でよく遊んでいて、中学受験の時に同じ塾にも行った昔の親友と、まさかの再開をした。そいつは昔から頭が良くて、それは相変わらずで、むしろ差が開いているような気がして、辛くなった。こいつは早稲田付属中に行ったのに、どうしてこんな所に来ることになったんだろうと気になって、もしかしたら自分と同じような経緯で落っこちてきたのかもしれないと思うと、聞けなかった。だって俺は聞かれたくなかったから。

彼女最初可愛いと思ったけど、付き合い始めてだんだんまらなくなった。結局何もしないまま別々の大学に行って、それからしばらくはあったりもしてたけど、彼女だんだんヒステリーを起こすようになって、辛くなって、嫌になった。語学留学に行くと行ったら、「嫌だ」と言われた。「別れよう」と言った。「考え直さないと自殺する」と言われた。「俺を脅して無理やり言うことを聞かせて、それで何になるのか」と言った。そのまま別れた。

語学留学は、悪くなかった。とにかく何もかもが違いそうで、ここに長く住んだら、違う気分になれるかもしれないと言う気がした。海外に出てみるといいかもしれないと言う直感は、それほど外れていないかもしれないと思った。

一緒に行った大学グループの中では俺が一番英語ができた。だからリーダー格になって、頼られて、それは少し楽しかった。でもやっぱり友達にはなれなかった。

***

それからしばらく、今度は語学留学なんかじゃなくて、交換留学しようと考えていた。大学職員とのコミュニケーションがうまく取れなくて、俺が行きたかった年よりも1年遅れてしまった。

でも、まあ、なんとかなった。

死ぬ気分で飛行機に乗って、何か大事忘れ物とか、書類の不備とかあるかなあとか、まあダメだったら自殺すればいいかな、とか考えて、機内の時間を過ごした。

現地に到着すると、もう死んだような気分だった。ああ、これから少なくとも10ヶ月は、現実を忘れられる。最高の気分だった。10ヶ月現実に帰らなくていいと言うだけで、こんなにも気分が救われるとは思わなかった。

空港について、大学からシャトルバスを探していたら、黒人タクシー運転手が話しかけてきた。事情説明した。外国から来て、大学に行きたい。大学からシャトルバスが出ているとこの書類には書いてある。でもここに書いてあるこの場所が、空港のどこなのかわからない。彼は、インフォメーションセンターに案内してくれた。そこで書類を見せて、場所を教えてもらって、無事にたどり着いた。なんて楽なんだろうと思った。

必要最低限の荷物の他に持って来たのは、昔好きだった女の子が紹介してくれた、宮部みゆきの「火車」の文庫本だった。死ぬなら、好きな人の好きなものを持って死にたかった。

それを片手に、ベンチに座ってシャトルを待っていると、アジア系女の子が話しかけて来た。同じ大学に行く子だった。

俺が持っている文庫本を見て「日本人?」と日本語に切り替えて聞いて来た。中国から名古屋大学留学していて、さらにそこからアメリカ大学に来ている子だった。中学の時からこっちに来たかったのに、ここまで来るのに6年かけた俺とは大違いだと思った。

の子とはそれっきりだった。

大学アパートに着いたら、ルームメイト中国人だった。日本人じゃなくてよかったと思った。アパートの部屋は、びっくりするくらい綺麗だった。自宅よりもいい生活ができると思った。

寝具とか、何も持ってなかったから、一緒に買い物に行った。ルームメイト友達女の子と合流した。可愛い子だと思った。

俺は寝具なんか買ったことなくて、何を買えばいいのかわからなかった。その女の子が選んでくれた。嬉しかった。

ルームメイトの彼は、すごいやつで、中国数学オリンピックの省代表だったらしい。清華大学から留学生だった。いい大学なんだと言うことは知っていた。話していても知的面白かった。

オリエンテーションの期間にする手続きで、日本人正規学生と知り合った。その子が教えてくれた、日本人学生交流会に行って、他の日本人学生や、日本人留学生と知り合った。それまで見て来た現地の学生たちと比べて、日本人はおしゃれだなと思った。自分全然おしゃれする方じゃないから、浮いた感じがして、少し嫌だった。

正規日本人学生の中に、ぱっと見日本人っぽくない風貌のやつがいて、そいつ英語自己紹介をした。日系アメリカ人かなと思った。にやにや笑っていて、少し怖かった。でもこいつが、最高の友人になってくれた。こいつのことは「リョウタ」と書くことにする。

そいつ大学の近くの、オフキャンパスアパートに住んでいて、日本人学生を集めて飲み会を開いてくれた。日本人の集まりから、またあの現実が戻って来るかもしれないと思って、少し怖かった。

そうやって知り合った日本人学生の中に、九州出身女の子がいて、どう言うわけかわからないけど、色々と世話を焼いてくれた。それはもう、学期に渡って、俺の何がダメなのか教えてくれたし、イベントとか、友人同士の集まりにも連れ出してくれた。一人になりがちな俺を誘って、一緒にスターバックスに行ってくれたり、ご飯を食べに行ったりもしてくれた。俺がダサい格好をしていたから、俺のために服を選んでくれたし、髪がボサボサだから髪を切ってくれて、スタイリングもしてくれた。ドライヤーヘアアイロンワックスを使って、どうやって整えればいいのかも教えてくれた。俺が格好よく見えるように、考えながら写真を撮ってくれた。

の子のことは、「アイ」と書くことにする。

アイがやってくれたことはとてつもなくて、感謝してもし足りないけど、いつもエネルギーに満ち溢れていて、グサグサと人を刺し殺すような話し方をするから、一緒にいてだんだん疲れるようになって、会いたくなくなった。冬休みに一緒に旅行をしようと誘ってくれたけど、ドタキャンしてしまった。飛行機チケットも取ってあったから、とても申し訳ないと思っている。ごめんなさい。

***

秋学期の途中に、夜の授業が終わって夕食を食べに寮の食堂に向かうところで、日本人学生が駄弁っているのを見つけたから、足を止めて少し一緒に喋った。そうしている時に、突然リスのような顔をした小柄な女の子が割って入って来た。

の子韓国出身だけど、小さい頃にアメリカに来た子で、とても綺麗な英語を話していた。声が甘ったるくて、聞いているだけでくすぐったかった。

中学いじめられて不登校になってから、俺は自室でスカイプで話し相手を探すようになった。スカイプは当時、あまり日本では普及していなくて、同年代の話し相手韓国人だった。なぜって、韓国人日本語ができる人が多かったから。

彼らは日本ドラマアニメや、日本流行のことをよく知っていて、日本語も上手で、とても楽しかった。

辛くて寂しかった頃に一緒に話して遊んでくれたのが韓国人グループだったから、韓国には思い入れがあった。

ハングルがわかるとか、韓国語を少し知っていると言うと喜んでくれた。その子名前韓国語で書いてもらって、発音してみせると、驚いてくれた。俺の名前も、ハングルで書いて見せた。

それ以来、なぜだかその子毎日のように俺を見つけて、声をかけてくれた。仮に、「スミン」とすることにする。

ある土曜日勉強しようと大学カフェがあるスペースに行くと、スミンがアジア系女の子と一緒に勉強していた。スミンは見たことないくらいの美人だったけど、その子もっと美人だった。その子名前は難しくて、最初はなかなか聞き取れなかった。「スー」とする。

一緒に座って、それぞれがそれぞれの勉強をして、しばらく時間を過ごした。俺は二人が気になってあまり集中していなかった。でも、スミンはもっと気が散っていたようで、「集中できないから、遊びに行こうよ」と言った。俺は遊ぶところなんてどこも知らなかった。でも、とりあえず大学の外を見に行ってみることはできる。3人で出かけることにした。

スーとスミンは姉妹みたいに仲が良くて、イチャイチャしていて、見ていると楽園感があった。

スーが俺に気を使って、「荷物、私のところに置いていよ」と言ってくれた。俺のバッグには教科書パソコンが入っていたから、それなりの重量だった。スーの寮の部屋に荷物を置いて、大学の外にある、ショッピングビルに行った。

スーとスミンは帽子を試着したりして、楽しそうだった。スミンが帽子をかぶっているのが可愛かったから、俺はおどけて「写真撮ろうか」と行ってスマホカメラを向けてみた。スミンが顔を隠すのが最高に可愛かった。

***

しばらくスミンと仲良くしていたけど、デートするような仲にはなれなかった。押せば行けたのかもしれないけど、俺は全然そんなこと、わからなかった。

一度、アイと二人で外食しているところをスミンに見られた。

スミンとスターバックス勉強している時に、スミンは俺のケータイ勝手に取って、待ち受け画面を見た。アイの写真だった。アイと付き合っているのかとスミンは聞いた。

ノー、この写真はアイが勝手に設定したんだと俺は正直に言った。なんの言い訳にもなっていない。でも嘘つかないことには、そうとしか言いようがなかった。アイは俺のボスみたいなもんだったから、逆らいたくなかった。だからアイがこうしろと言ったものを、戻すことはしなかった。

スミンは、だんだん会ってくれることが少なくなった。俺がスミンを好きだと自覚したのは、そのあとだった。

***

秋学期はどうにか乗り切ったけど、春学期は全然ダメだった。

アイと一緒にいるのが嫌になって、部屋にこもることが多くなった。スミンはだんだん会ってくれないようになって、そのことが俺を憂鬱にさせた。

気分が悪くて、授業にもついて行けなくなって、成績は散々だった。

そんな時リョウタが時々遊びに誘ってくれた。最初の印象は悪くて、それ以来あんまり仲良くしてなかったけど、話してみると、とても気があう奴だということがわかった。日本にいてもこっちにいても周りに馴染めないということに、親近感が湧いた。

大学は毎週ボーリング無料の日があったから、毎週のようにボーリングをした。自分でも信じられないほど、ボーリングが上達した。

虫歯がひどくなって、歯が欠けて、激痛に襲われたけど、俺は気づかないふりをして放置した。

スミンは会ってくれなくなって、時々すれ違う時の笑顔は相変わらず天使のようだったけど、もう自分に関心がないんだと気づいて、辛かった。

虫歯に気づかないふりをして、コーヒーショップで甘い飲み物を買って、気分をごまかしていた。それがますます虫歯をひどくさせたと思う。

日本に帰ったら自殺するかもしれないと、まだ考えていた。だって現実が嫌になって、現実から逃げてきたんだから現実に戻ることになったら自殺するかもしれない。シンプルロジックだった。

***

結局、自殺しなかった。現実に戻って、現実大学に行って、また辛くなって、メンタルクリニックに行くようになった。でもこの時は、ずいぶん冷静だった。少なくとも、逃げる場所があるんだということがわかったと思った。自殺することはないんだと。何もかもダメだったら、自殺する前に、またあそこに逃げれば生きていけると思った。

冷静だったから、自分の症状をネット検索して、放置したらまずそうだと思って、メンタルクリニック自分で探して、予約した。

メンタルクリニックで初めて、家出する前、学校で何が会ったか家出した時に何があったのか、話した。何を思ったか話した。親にも、まだ言っていないし、まだここに書く気にもなれない。いつか、親には話すと思う。

薬をもらって、ずいぶん楽になった。大学留年したが、卒業した。

またあそこに逃げ込んでやると決意して、卒業から準備して、再びここに戻ってきた。

***

ずいぶん健康になった。体調もいいし、友達もできるようになった。彼女はまだできていないけど。

精神が落ち着いていれば、ちゃんとできるんだという自信がついた。

忍耐力もずいぶん回復した。1日8時間コンスタント勉強に使っていた小学生時代には、適う気がしないけど。

***

大事なのは環境だったんだ。フィットだったんだ。そう思った。

とにかく女はめんどくさい。

怒り出したらヒステリーだし理論はめちゃくちゃだし周りに相談しても男がとりあえず謝っとけだし。

女だからってチヤホヤする風潮をなんとかしたい。

女でも理論的な会話ができるはずなのに、男に甘えてあえて非理論的にヒステリーに怒ってくる。

女は弱者だっていうことを利用してる。それを男も認めてしまってるから手加減してしまってる。

そういった一連のループ(手加減すること)も女は見越してるから余計にヒステリーに怒ってくる。

法律が許すなら殴る蹴るをしてやりたい。

2016-10-27

http://anond.hatelabo.jp/20161027223413

そうだよ

わざわざ授業時間を食いつぶしたうえで

男は常に加害者であると決め打ちされて

お前らにその気がなくても女性様を丁重に扱い女性様の要望を叶えなければその時点でDVなのだって1時間延々講習受けさせられたからな

それで最後質疑応答で、生徒側から男性側が加害者場合の講習ばかりだったが、被害者になった場合はどうすればいいのか」って質問が出たら

「男が被害者のDVなど存在しない」ってヒステリー起こされた

その時からこの国の「男女共同参画社会」とやらは信用していない

http://anond.hatelabo.jp/20161027130036

何だゴキブリウヨクかよ。消費税取っ払いのならアンタらの馬鹿殿総裁になんか言ってみればいいのに。

消費税廃止して社会保障がダウンしてヒステリー起こす構図が目に見える。税収が足りないから作ったんだよわかったかゴキウヨ

2016-10-22

退職しました。(数年前に)

はじめに

・未だに夢に出てくるトラウマ成仏させるために退職エントリ書く。

・某広告代理店ほどひどくないけど、振り返ると相当ひどい。

・できるだけ事実に即して書く。けど信じるか信じないかはおまかせ。

目的気持ちの整理、なのでわかりやすくもない。だいぶ前の話なので時系列もバラバラ。

・ただ生っぽい情報は載せた。せめてもの復讐

・もし書いてる人がわかっても、そっとしておいてください。もう関わりたくない。

自分について

MARCHレベル大学卒業。一応理系

第二新卒入社。なので2社目の話。

仕事企画系。基本何でもやってた。(薄く広くやりすぎた)

会社について

とあるインターネット系の会社

・カッコよく言うとベンチャー。でも実際は中小企業

PRは上手くメディアに頻繁に露出していたが、採用関係は実情と離れすぎて社員の評判は冷え冷え。現場とのギャップが常にあった。

・やたら某社の役員ばっか入ってくるけど、だいたい半年~1年以内で辞める。そのたびに現場が振り回される。

メディアに取り上げられた社内制度が大体形骸化してた。

オフィスが汚い。新品を買うという発想が総務にない。

・苦労して獲得&戦力化した新卒が3年で半分辞める。

新卒給与が他の会社より低いのをあの手この手ごまかしてた。

自分より新卒の方が給料もらってたと後で発覚。

採用ページでただの「不安定」を「常にチャレンジングな環境」と言いたがる。

自分も含め、日曜出社が常態化していた。社長は知ってたけど黙認してた。

・↑の事実認識が甘い役員がGPTW(※働きがいのある会社ランキング)でトップになりてぇと言い出すも、

アンケート結果で会社惨状が露呈。会社全体のテンションが下がる結果に。

社長について

社長社会起業家かいわれる。この界隈の経営者インテリヤクザ、まじでヤクザ

・無表情で威圧&高速の罵倒精神力を削ってくる。いいのは外面だけ。

絶対ムリな予算立てる。案の定達成できなくて社長が毎回会議でキレる。でもインタビューでは何か美談になってる。

仕事について

担当者休日出勤が確定してる毎週定例作業が4年間くらい放置されてた、IT企業のくせに。

自分上司が3ヶ月に1回変わった。指示も全部違うものだった。

上司社員よりパートさんを重視していた。

パートさんを深夜2時近くまで働かせていた。はっきり言ってどうかしてる。

毎日朝にはお腹を下し、夕方には頭痛に悩まされた。

退職したらピタリと止まった。ストレスが原因だった)

上司と話してると汗が止まらなくなった。その様子を笑われた。

上司に詰められているとき、涙が止まらなくなりもうダメだと思った。

・お前みたいなやつは殴られても仕方ないみたいなことを遠回しに言って来た。

広告業界出身の人だった)

パートさんが定期的にヒステリーを起こす。なぜか自分上司から怒られる。人間不信になった。

パワハラが横行しているが、誰も指摘できない。社内通報制度なんてものはない。

飲み会の準備に一ヶ月。終わったら反省会で絞られる。

働いている人について

【人事・労務】

・3年目に総労働時間計算したら400h/月超えてて、労務にどうしたらいいですかって言ったら、上司相談してくださいといわれただけで終わった。基本労務は何もしないんだなと思った。

精神を病んで会社に行けなくなり、人事にメールで休む連絡をしたが無断欠勤にされた。

(人事にメールは認められてたが、なぜか無視された)

面談と称して最寄りじゃない駅の喫茶店に呼び出される。2時間説教されて終わり。

退職面談の時に↑の話をしたら、自分にできることはなかったか考えろと説教された。

(くたばれと思った。)

【自部署

・基本脳筋しかいない。女性は皆無。

・一次会⇒仕事の話、上司がやたら熱い(笑)夢とか語っちゃう

二次会ゴシップ特に恋愛系)、会社特に上司愚痴しか言わない

営業

ナチュラルルール無視。なぜか強気&謝らない。(これで営業嫌いになった)

【開発】

コードかけるエンジニア社員ほとんどいなかった。ほとんど技術派遣だった。

(やめてから知った)

その他

・よく聞く入社理由ビジョン、成長できる環境ソーシャルビジネス

・よく聞く退職理由給与が低い、仕事レベルが低い、想像以上に動物園会社が)

最後

新卒の人は、基本起業独立考えてる人じゃないとベンチャーは辛いと思う。

・決める前には必ず人事の息がかかってない人から情報仕入れて。

確認したら今年も新卒が入ってた。土曜日内定式やってた。

・お願いだからトラウマ成仏して。これ以上苦しめないで。

2016-10-21

なんで男はイケメン排除しないのに女はセックスアピールの強い女(キャラクター)を排除したがるの?

どう考えてもおかしいでしょ

CMとかでもイケメンが「あ~ん♪」とか食べさせてるシーン沢山あるし半裸のやつもある

ばっちり性的表現して性的消費してるのに男はイケメンには勝てないってちゃんと諦めて受け入れてる

なんで女はイチャモンつけたがるの?

公共の場うんぬんいうなら駅よりもCMの方がよっぽど目にしてる人が多いよ

単純に男女差別じゃんこれ

男尊女卑が男卑女尊になっただけじゃん

これに関してはフェミはどういう解釈してんの?

女が性的アピールするCMはどんどんクレーム付けられて減っていってるのに男の半裸はOKなまま

これについて納得のいく説明が出ないことには羊水腐ってヒステリー起こしてるキチガイっていう認識をされ続けて文句言えないと思うんだけど

こういう女と男で明確に差が付いてるケースを持ち出すといきなり

「女は社会的に弱いからこれくらいの優遇はされるべき!」とか言い出す始末

あのね、ヒト様に迷惑かけない女性専用車両とかレディースデーとかならいいけど

CM性的表現出されたらいやなのは男にも普通にいるか

変なところでダブスタしても余計キチガイ度合増して理解されなくなるだけだからやめとけ?

2016-10-20

http://anond.hatelabo.jp/20161020103728

その駄文に対してヒステリー起こしてる人が見えない?

http://anond.hatelabo.jp/20161020103728

我々は絶対正義なのだから、我々に楯突く奴はヒステリー起こしているだけに決まっている

http://anond.hatelabo.jp/20161020095625

ホッテントリに入ってるのフェミ駄文ばっかりなんだけど

なんでオタがヒステリー起こしたことになってるの?

http://anond.hatelabo.jp/20161020095625

オタクもというか、オタクけがヒステリー起こしてるのは滑稽だな。そんな感情しか話せないかオタク社会邪魔になるしネトウヨ化する。

なんでオタすぐにヒステリーおこすん?

フェミに対してヒステリーと言うが

それ自分もじゃね?

2016-10-16

わたしと親のはなし

金銭面では全く困っていなかった。我慢というのをしたことがなかった。多少高価なものでも結局は買ってもらえていた。父も母も35を過ぎてようやく出来た一人娘だったからかわたしには本当に甘かったし、特に父は毎日わたしを膝の上に乗せて「〇〇ちゃんは父さんの宝物ー♪」と揺らしながら変な節をつけてよく歌っていた覚えがある。母は専業主婦小学校から帰るといつも家にいて手作りおやつで出迎えていた。漫画みたいな家であるわたしわたしで今考えてみれば、宿題明日の準備→習い事→夕食、風呂帰宅した父に今日の出来事報告→21時就寝 (テレビニュース教育系のみ、ジャンクフード禁止)これを小学校1〜6年の間、むしろすすんでやっていた。小学校勉強簡単でつまらなかったので、図書館に篭って赤川次郎読破したり隣の市の英会話教室に通ったり中学受験組に混ざって論理的思考系の問題を嬉々として解いていた。この頃が多分一番楽しかった。こんな流行りのテレビも知らないくそ真面目だったためか一部のクラスメイトからはいじめられていたが、優等生でいると周りから両親が褒められるのが何より嬉しかったので全くダメージはなかった。

14歳の時に母がわたし小学校時代担任不倫した。衝撃である。あっという間に理想家族崩壊した。ヒステリーを起こし担任名前叫び続ける母を泣きながら殴る父を見ながら「ここは地獄か」と思った。父はわたしが泣いてお母さんを叩かないで、と言えばやめてくれるので、罵声を聞けばすぐ泣けるくらいには涙腺がイカれた。父はわたしには全く暴力は振るわないかわりに、母を殴る場面はよく見せた。母はわたしを睨んで、それでもわたしがお願いしなければ暴力をやめてもらえないためそのうち擦り寄るようになった。限界だと思った。わたしは母を見捨てて全寮制の高校に通うことを決めた。寮が閉まる盆と正月は先輩の家に転がりこんで3年間1度も帰らなかった。母はわたし大学入学と同時に何百万か持って家出したらしい。父から電話であの女は死んだと思えと言われただけだった。わたしは今年21歳になる。せっかく入れたそれなりの大学はたった1年でやめた。今はキャバクラで父と同じような年代相手ニコニコしながら酒をつくっている。正直なんの展望もないし、30くらいで唐突に死にそうではある。ただ今でも母の夢を見る。毎回わたしが泣いてるのを「なんで泣いてるんね~」と言いながら台所でごはんを作っていて、ああ良かった夢じゃないんだあやっと会えたあというところで目が覚める。最初に見捨てたのはわたしから仕方ないなあと思う反面、そろそろ許してくれよという気もする。何が言いたいか上手くまとめられないけれど、なんとなく吐き出し。

2016-10-14

高めの女性の声を聞くと虫唾が走るのが辛い

日常だと1割くらいの女性閾値を越える。

その女性方と話してる時は「早く黙らねえかな」「殴ったら黙るかな」などと考えている。

本当に殴ったりするわけではないので、ただひたすら辛いだけ。

話が全く頭に入ってこないのも実害と言えるか。

どうしたものだろう。

原因は、身近にヒステリーがいる環境で育ったためと考えている(暴力は振るわれていない)

耳にした瞬間、体がこわばる。

http://anond.hatelabo.jp/20161014153522

それ何度も言われてるから何度も言うけど迷信から

事実ワキガの俺は剃ってる

ワキガの原因が理解できてないからこそ、その妄言を信じてる

 

まず腋臭根本的な原因は細菌ね。

ちゃんとワキガ菌がいるから。

ワキガ菌、生物学ちょっとでも知ってれば細菌は好ましい環境にしてやったほうが圧倒的に成長速度が速い。

腋毛モジャモジャの表面積が上がってる状態、汗や汚れが毛に付着しやす腋毛

まさにワキガ菌にとって楽園のようなフィールド

いくらでも毛に餌が付着してるから繁殖できる。

リアルタイムで菌が餌くって出すガスが腋臭臭いなわけ。

 

なので、腋臭を止めるのは定期的に脇の下を細菌が沸かないようにきれいにしていくこと。

これしかない。

から清潔な服、消臭スプレーハンカチなどでメンテナンスすること。

面倒くさがらずに汗に対応していくこと。

その際に毛は邪魔しかないしワキガ菌にとって有利な環境しかない。

 

これを科学的に理解できてないやつがヒステリーを起こして、剃っても意味がない!!!とか言い出す

こういうやつらは大抵、剃っただけで終わりにしてるガチクズ

2016-10-11

南海電鉄車掌アナウンス差別ではない

南海電鉄車掌には、差別意図は一切なかったと思うし、これを差別だと宣う連中は反差別運動価値を毀損するとすら思う。

なんでもかんでも差別だと叫ぶことで得られるのは、一般の人の呆れだけだ。

本件は、単に車掌が冷静さを欠いたというだけの案件だ。

http://mainichi.jp/articles/20161011/k00/00m/040/058000c


そんな、なんでもかんでも差別にしなくては気が済まない、自分では考えられない悪い連中のために

車掌がこのようなコメントに至った背景を考えてみたい。

  1. 外人日常用語である
  2. 車掌英語がしゃべれない
  3. クレーム処理と混雑によって処理がおいつかずテンパっていた

これらの要因が組み合わさった結果として、例のコメントになったことは想像に難くない




日本生活していたら、ポジティブな場面でもネガティブな場面でも、外人という単語を耳にしない事はないし

それが差別用語になるという共通認識は、日本社会には徹底されていない。外人という一語をもって差別というのは早計すぎる。

現段階では啓蒙を行うと同時に、使われた場合にはその背景を鑑みて批判を加えるべきだ





日本人欠点として、英語が明らかにしゃべれない。

その為、外国人旅行客に過不足なく丁寧なコメントで注意をアナウンスする自信がなかった、という事は十分に想像できる。

そこへヒステリーな客によるクレーム殺到していたとすると、英語アナウンスが出来ないから、

まず日本人向け注意喚起と協力を頼もうとした事も容易に想像できるはずだ。

さらにテンパっていたから、外人という単語ポロッと出て来て

日本人お客様にお願い申し上げます本日は、大きな荷物をお持ちの外人旅行者に、多数、ご利用いただいております

混雑の折、ご出勤・ご通学の皆さまには大変ご不便をおかけしておりますが、皆さまお譲り合って、ご利用いただきますようお願い申し上げます

と言うようなコメントになった事は、まともな頭があれば理解できる。差別意図なんてなかっただろう。

この後に英語メッセージが重ねられれば、問題ないとも思う。

例え英語が流暢でなくても、十分に冷静であれば

恥ずかしなら、英語で正確なアナウンスをする自信がございませんので、まず日本語の分かるお客様にお願い申し上げます

本日は、大きな荷物をお持ちの旅行者に、多数、ご利用いただいております

混雑の折、ご出勤・ご通学の皆さまには大変ご不便をおかけしておりますが、皆さまお譲り合って、

少しでも快適な移動となりますよう、ご協力お願い申し上げます

アナウンスした後に、下手な英語コメントすれば、笑われる事で和む位の効果はあったかもしれない。

外人客”と日本人客を敢えて区別する時、言語の背景と同時に、鉄道職員として

長旅を終えてこれから帰国しようとする、外国人旅行者最後のもてなしとして

少しでも快適な移動をしてほしい、最後の思い出が日本人と揉めた思い出になって欲しくない。

から日本人お客様にとっても、外国人観光客お客様なのだからおもてなし気持ちで見送って欲しい

そんな気持ちを込めて、アナウンスしていたのかもしれない。

そこにPCを声高に唱える阿呆が、お前もお前の会社差別主義である、と叫べば社会リアクションは悲しいものになる



今回の車掌アナウンス差別と言って批判してる連中は、本当に差別を受けている人間の敵である

馬鹿なのだから黙っててくれ。

2016-10-07

http://anond.hatelabo.jp/20161006221353

君に言ってもしょうがいからじゃないの?

エラーの原因がメモリCPUならソフトバグエラー改善提案をしたりしないでしょ

メモリCPUが壊れていても対応できるソフトの作りを要求してくるエラー吐きになると

それはヒステリーなんじゃないの?