「ヒステリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒステリーとは

2016-07-16

頭の悪い性暴力被害者存在セカンドレイプのもの菅野完批判の中の内ゲバ事件

「私は性暴力被害者です」と豪語している人たちの醜い内ゲバを見てしまった。

あの人たちは常日頃から「私は性暴力被害者です!」「それはセカンドレイプです!」という魔法言葉責任を全て人に全て押し付けている。

自分無垢存在だとでも思ってるのか。馬鹿野郎

菅野完の性暴力非難するにあたって、そんな馬鹿野郎たちが連帯した。

全て人に責任押し付けるような奴らが連帯して、うまくいくはずがない。

結果として、性暴力被害者たちの醜い責任のなすりつけあいが起こった。

見ていて気持ちが悪い。

彼女らは自らに突っかかってくる人に対して「それはセカンドレイプです!」と攻撃する。対話もなにもない。

彼女たちのような醜さが日の目を浴びることによって、性暴力被害者は「醜くヒステリーで近寄りがたい」という印象を与える。

正直言ってやめてほしい。

そんな人たちと一緒だと思われたくない。

から「性暴力被害者です」なんて私は言えない。

私には彼女たちの存在こそがセカンドレイプのものだよ。

2016-07-10

PMS理解があるよアピールの男

女がヒステリー起こすのを避けるテクニックを書いた増田記事が人気だけど、ブコメとかトラバにちらほらとドヤ顔PMSという単語を持ち出してくるのがいる。

それら「PMS理解があるよアピールの男」は、正確に言うと「女のヒス理解があるよアピールの男」であってPMSのことは本当はわかってない。

それが保険治療できる症状であり、個人差はあるものの投薬で改善が見込めるものであり、従って「PMS持ちのパートナー」は相対的ヒスの程度は軽い(PMS持ち=診断名がついてる=治療してる=症状落ち着く)ことになるのでヒスを避けるテクニックがそもそも要らなくなるはずということがわかっていない。

「ウチの嫁さんヒス酷くってさー、ほらアレだよPMS。こないだなんか大ゲンカになってケーサツ呼ばれちったw」とか言ってるのは、

「ウチの旦那タバコで肺にできもんできちゃってさー、ほらアレよ肺気腫。こないだなんか息できないっていうからとりあえずタバコ全部捨てちゃったw」と言ってるも同然であり、

「いやそれ早くいい病院探して連れてけよ、ネタにしてる場合かよ」が共通解となるという事実がわかってない。

なのになぜか、彼らPMS理解アピール男らは「PMS理解してヒスに耐えている俺、マジ嫁を愛してる」というわけのわからない勘違い自己陶酔に浸っている。

病院行けっていうと嫌がるからさー。困ったもんよ」とか言ったりするのもいる。

困っているのは警察呼ぶくらいの騒ぎを起こされている近隣住人であるとか深刻なPMSは他の婦人病が原因である可能性もあるとか子どもが予防注射を嫌がっても連れて行くのが親心であるのと同様に嫁の説得くらいするのが夫婦というもんじゃいかとか、そういったことには一切考えが及ばないようだ。

挙句事なかれ主義を煮詰めたようなTipsをありがたがったりしている。

彼らが愛しているのは嫁ではなく、「嫁を愛しているが故に耐える俺」なのである



私は本物の「PMS持ちのパートナー」持ちの男だ。

から病院というワードひとつも出ないままに、ヒステリーPMSを結びつけてるようなドヤ顔意見が出回ることが許しがたい。

はっきり言って、嫁にPMSという診断名がありながら度を越したヒステリーを起こしているとしたら、治療を受けさせず放置している男には被害者ぶる資格はないし、病院治療しているわけではないがたぶんPMSだというのは、ネットによくいる「医師でもないのに他人アスペ呼ばわり」と同じことをやっているわけで真面目に取り扱うに値しない。

何より、嫁が治療して改善するという未来に結びつくにあたり、そのような夫は大変な障害となるのであるから自己陶酔から覚めて離婚してやるのも愛のかたちだと思う。



なお、わが妻と同じように、治療するも薬が合ってないのかいまいち感情コントロールが上手くいかないという配偶者をお持ちの男性諸君

頑張ろう。道のりは長いかもしれないが、少なくともがけっぷちにぶら下がっていた頃とは違って、一応は道のある上り坂のテイを成してはいるはずだ。

漢方は案外いいぞ。あとは王道だが運動も。夫婦ジョギング楽しいもんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160708081215

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156

http://anond.hatelabo.jp/20160710020614

そうかい。そりゃ済まなかった。

ところでもう他の人から同じ意見が出てるけど、「嫁は家の外でも同じようにヒステリーになるか」を把握しといた方がいいぞ。

本当に倫理観道徳観もぶっ飛んでしまうのか、しっかり理性があって相手を選んでストレス発散してるかで、話は全然違ってくるから

個人的には何かあった時のために、暴れ狂う嫁の罵詈雑言を数十秒でいいから録音しとくべきだと思うけどね。きっと役に立つよ。

ヒステリーの嫁

だいたいなんで怒ってるのか理解できない男の方が異常だろっていう

ええ??何言ってんだこいつ?ってレベルだよ

先日のレス増田ヒステリー妻がいる増田ブクマ数の比較から

カップルになれる女のおよそ42%がヒス持ち

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156

耐え忍んでいるところ申し訳ないが、お前の嫁のそれはヒステリーじゃないぞ。ただの強烈な察してちゃんだ。

>「これをやると4割ぐらいの確率で大騒ぎになる」っていうパターンみたいなのはあるんだよね。

>たとえばうちの場合、嫁が帰宅した瞬間に俺がリビングにいたりすると高確率で不機嫌になって……

>……疲れて帰ってきた後は1人になりたいみたいだ。

ヒステリーパターン理由もない。

本当にヒステリーなら、お前が部屋に引きこもっていても同じくらいの確率で突然爆発してドアを蹴り破る。

多分お前の察する能力が高すぎて、嫁は甘えきってしまっているのだろう。ある意味ヒステリー以上によろしくない。

ヒステリーは治すものだが、察してちゃんは矯正するものだ。

己の人生の制約条件として背負っていくべきものとまで覚悟を決めているなら、むしろ背を向けずに殴り合え。愛した女をまともにして見せろ。

2016-07-09

うそう、明らかにおかしい事を旦那がしてるのにそれに対して嫁が怒るとヒステリーで済まされるみたいなケースが多い

男の方が改める気がないんだから区切り見つけて離婚いいんじゃないのって

http://anond.hatelabo.jp/20160709192533

女が怒りをぶつける。

男への怒りの明確な理由説明もなく、解決策も話し合われることもなく、いつのまにか怒りが収まる。

女が一度でもこんな行動をとってしまうと、男側は、あぁこれがヒステリーか、生理だったのかもしれない、この女が怒りだしたら、それが収まるまで待てばいいんだ!!

と考えるようになる。



以後は、女がどんなに怒って、怒りの正当性を主張しようが話は通じなくなる。

ヒステリーじゃなくて全然話が違う、って事なんだよね、、、

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156


ヒステリー」とは基本的八つ当たりとか精神暴力といった相手との信頼関係破壊する理不尽まりない行為のことを指すと理解しているのだけど「旦那が自ら担当を引き受けたはずの家事をしない、共働きなのに」ということでわたし旦那に抗議する場合も、なんか「ヒステリー」と思われてるんだろうな、というぼんやりした感触がこれを読んで確信に変わりつつある。怒ってる女=全部ヒステリーって思ってるふしがある。元増田とは関係ない話だけど。

今日増田を見ていると、母親というのは同頑張ってもろくでもない人間になるんじゃないかという気がしてくる。

考えてみれば子育て家事というのは寝不足運動不足を招くし、大脳を壊してメンヘルになる確率が上がる気がする。

創作物の中でも母親ヒステリー相場が決まっているし、反面なにか不幸があると最初に泣き出すのも母親である。これは躁鬱病の症状ではないか

ちゃんとした診断を受ければ日本中のお母さんの8割位は精神的な病を抱えているんじゃないかと思うのだが、皆さんはどう考えますか?






※※※この増田ではみなさんからの「そんなことないよ!」というブコメ募集しています※※※

anond:20160709002156

母がキレるタイプで、でも父がおとなしくしてたのはそういう考えだったのかもしれないけど。

 

70過ぎてからまらないことでヒステリーをおこして

父にコロしてやるーって叫んで皿を次々投げだしたとき

心底から親子の縁を切りたくなった。

というか夏休みで見たい見たいといっていた孫つれて帰省してたけど

その場で帰宅を決めて6時間後の翌朝に帰った。

大事なはずの孫ちゃんも心理的に傷ついてたと思う。

少なくとも1年たってまだ顔を合わせたくないとはいってる。

そのあとも親子だけで話し合いはしているけれど、

まり関係改善できてない。

 

 

意志のない天災とおなじように、意志のない言葉でも

人間にとっては凶器だ。

薬があれば100%取り返しがつくわけでもない。

わかりやすい例でいえば心のお薬は妊婦とか幼児は飲めない。

 

孫ちゃんの心のお薬が変わった記念書き込み

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156

読みながら、DV被害者の女と同じ様な心理パターンに陥ってるんじゃ無いか

と、思ったらご本人も自覚してるんですね。

決して女全てがヒステリーな訳ではない。

しあわせになってくださいね

と言っておく。

女がなぜヒス持ちになるか教えようと思う

女性感情の起伏が激しいのは一般的なことのように思える。

増田の嫁のようにヒス持ち、つまり感情の変動が大きな女性というのは少数派ではなく多数派であると思う。

女性男性も外では自分のだらしない部分、弱い部分、悪い部分は見せない。

家庭以外で女性ヒス観測する機会は少ないので、自分の嫁だけそのように思えてしまうのだろう。

 

ヒス持ちになる原因

では、なぜ女性ヒス持ちになってしまうのだろうか。

これは結論から言うとホルモンバランスによるものだ。

女性更年期でなくても、毎月生理周期に応じて2種類の女性ホルモンの量が大きく変化する。

生理前はイライラするし、生理後は割と寛容になる。

もちろん、それを盾に自分反省しない悪い女もいるし、ホルモンバランス以外の原因はいくつもあるだろう。

だが、客観的事実としてホルモン物質の濃度によって人間の気分は変化してしまうのである

ただでさえホルモンに振り回されるのに、更年期になるとさらにそれが顕著になる。

(これは男性も同様であるが。)

更年期中年は本当に感情的になりやすい。

父も祖父も母も祖母も、急に人が変わってしまったのを見て、私はそれを痛感している。

それらは一般的な傾向だから回避することは難しい。

成長期に声変わりをし、ニキビが増え、骨格が変化するのと同様、自然な流れなのである

 

体験しないとわからない

ではなぜ私が、ホルモンバランスの変化によって感情制御ができなくなることを理解しているのか。

それは、私はいわゆる元男性であり、体外からホルモンを入れて女性生理周期と同じような状態にしているかである

また、性転換手術をすると性ホルモンがなくなり、更年期障害状態になるので、性ホルモンが枯渇した状態感情性格の変化も体験した。

人間自分が感じ、観測したことからしか人間気持ち類推できないので、その変化を体験しない者には理解し難いだろう。

女性睾丸を蹴られた時の痛みを理解できないのと同様だ。

男性時代は私はかなり合理的で冷静な人間で、自身体験するまで、正直ホルモンバランス感情が変化するのは弱さだと思っていた。

前頭葉の働きが弱く、日々の生活の仕方が間違っている者の言い訳手段だとすら思っていた。

体験して初めてわかったのだ。それに抗うのはかなりの困難だということに。

(ただし、平均と比べると感情の起伏は小さいとは思うが)

 

女性ヒス男性の○○

余談だが、実は、女性ヒス持ちであるという負の傾向を持つのと同様、男性も年齢を重ねていくにつれある負の傾向を持つ。

それは、共感性の低下だ。

人を人とし見る前にモノとして認識してしまうのだ。

これは男性ホルモン状態によるものなのか、社会生活の中での人格の変化なのかはわからないが、

人間漏れのある特定パラメータ分析して優劣をつけ、それこそがその存在意義として認識する。

それは自身に対しても、自身家族に対してもだ。

心の中でパラメータが低いものに対しては存在すべきものではないと切り捨ててしまう。

しかし、年齢を重ね、自身地位や・衰えゆく能力に満足できるものはほんの一握りだ。

このような偏った価値観の中で、家族を責め、自身を責めてしまえば、不幸な人間を増やしていくだけになる。

男性であったが故気づくことができたその偏りがあるので、男性女性ヒステリーと同様認識しておくべきだと思う。

おそらく、そういう男性のモノの見方が、女性にとって癪に触っている部分もあるだろう。

彼女らが求めているのは、マニュアルによる機械的で的確な対応ではなく、仲間として認識した上での不器用な(器用なら尚良いが)思いやりなのだ

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156

いかにして妻との接触を避けるか――2人クラス内のいじめ

この話を共感して読んでしまった。

http://anond.hatelabo.jp/20160708081215

http://anond.hatelabo.jp/20160709002156

結婚して6年ぐらいになるが、結婚前の嫁は情緒不安定な感じはそれ程感じなかった。

しか結婚してから、1ヶ月半に1回ぐらいの周期で突然機嫌が悪くなることに気付いた。

気付いたと言っても、1年ぐらい経ち振り返ってやっと「そういうサイクルがあるな」と分かったのだ。

機嫌が最大限に悪くなると家庭内で目も合わせず口もきかないぐらいになる。

家庭内で突然いじめに遭うような感じ。クラスの誰もが口をきかず無視してくる。そのクラスには二人しかいない。

当初は理由が分からず、というより根本的な理由がない不機嫌によるものだという仕組みが分からず、

自分何が悪いのだろうかと悩み、さんざん原因について嫁に聞いて話合いを試みた。

しかしこの話合いが今から思えば良くなかった。話合いをしているときの嫁は完全にコンディションが悪い状態からだ。誠実に聞こうとするほど結論おかしくなる。

例えば、なぜ突然無視するのか、自分はどうすれば良いのかを聞くと、色々な不満の理由が出てくる。そしてそのうちに嫁はキレて、

私が感情的にならないように聞こうとしていることにも苛立ちだす、そして

「私が感情を出しているのに、そっちは怒らず接することが理解できない、真面目に聞いているのか、お前も怒れ」と言ってきたことがあった。

感情を抑えるのが良いと思っていたけど、それは上から目線で不誠実なのかもしれないと思い、感情を出して真正からぶつかるという結論に至り、

半年ぐらい試した。そこからはまさに泥沼だった。いやー、本当にひどかった。お互いが感情的になって傷つき、爆発して終わり。しかも一度そうなるとその回路を戻すのが本当に大変だ。

結局コンディションが悪い時の話し合いは、おかし結論に至る。しか感情的には本気で話し合っているから、

「じゃあ俺は次からこうしよう」、「私もこうしよう」という変な改心や結論をなんとかひねり出して終わる。

その改心や結論方向性は極端なので、家庭の舵取りがおかしな無茶な方向に行く。

結果として結婚後の2-3年はひどい方向に無理な努力をする決心を何度もして正直互いにろくなことがなかった。

から「嵐が過ぎ去るのを待とう」という戦略妥当だと思う。

そして不機嫌だから言われている不満なのか、本当に自分仕事自分のやり方を見直してまで直すべき相手の不満なのかは、

お互いの家庭のためにも冷静な側が判断した方がよい。家庭を大事に思うならば、まともに取り合わないことが重要ときがある。

たぶん嫁も感情にしゃべらされてるような感じで、それが過ぎて冷静に考えれば支持しないようなことも言っていると思うようなことがあるだろう。

あと機嫌悪くなってる最中に「調子悪そうだけど大丈夫」と聞くのはやめた方がよい。憑依されつつある人に憑依されてそうだけど大丈夫と聞いても、窓口が違うから火に油を注ぐだけになる。

嵐が過ぎ去った後に調子悪そうだったけど、自分身体調子のサイクルとかチェックするアプリとかあるからそういうのでコンディション見てみると良いかもよなどとちゃんと窓口対応があるときアドバイスする方が耳に届くからよい。

自分がいまどうにかしたいのは、怒鳴りあい喧嘩の回路ができてしまったことだ。

これは子供もいるし互いのためにも何一つよいことがない。

ヒステリーには乗らないにこしたことはない。ちょっとずつでも、感情コントロールできる気付きをお互いに共有できれば、変わるかもしれない。

いかにして妻との接触を避けるか」に「離婚しろ」とコメしてる奴は全然分かってない

いかにして妻との接触を避けるか」って増田を読んだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160708081215

 

実話なのか釣りなのかしらんけど、すごく共感できる内容だ。

俺の嫁タイプ全然違っていて、たとえば家事はかなりやるほうなんだけど、「着信アイコンを見るたびにつらい気持ちになる」とか「帰宅時というのは一日で一番緊張度が高まる瞬間」みたいなところはスゲー分かるわ。

 

「僕が後から帰宅すると4割くらいの確率ヒステリを起こす」ってのも、感覚としてよく理解できる。ここも俺の嫁タイプが違っていて、俺の帰宅が遅いことを理由にキレるってことはないんだけど、「これをやると4割ぐらいの確率で大騒ぎになる」っていうパターンみたいなのはあるんだよね。

たとえばうちの場合、嫁が帰宅した瞬間に俺がリビングにいたりすると高確率で不機嫌になって、色々なことにケチをつけ始めてだんだんボルテージが上がっていき、そのまま放置すると大爆発まで行ってしまう。疲れて帰ってきた後は1人になりたいみたいだ。だから嫁が帰ってくるまでにやることはすべて終わらせて、寝てしまうか、自分の部屋に引きこもることが必要だ。

俺の感覚からすると、疲れてるのにキレるってのはとても不思議で、キレたら余計エネルギー使うじゃねーかと思うんだけど、まぁそういうものらしい。

 

で、元増田ブコメをみていたら、夫婦喧嘩していると勘違いしているものとか、「離婚しろよ」みたいな声がけっこうあって、「あー全然分かってないコメントだなぁ」って思った。女がヒステリーを起こすのって、同居してる男からみれば病気とか天災みたいなもんなんだよ。だから「揉めてる」って意識は全くないんだよね。

なんか自然災害のようなもので家の中が荒れていて、とても憂鬱なんだけど、べつに夫婦喧嘩しているわけではないからこっちに「怒り」みたいなものも無いわけ。当然、子供愚痴を吹き込んだりもしない。「仲の悪い夫婦って子どもにも悪影響あると思うよ」というブコメがあったけど、あるとすれば「母親感情的不安定であること」の悪影響であって、仲が悪いのとは全然違うんだ。

 

ヒス発動中に嫁が吐く暴言にムカつくことは確かにあるんだけど、だからって嫁と戦おうとは思わないんだよね。とにかく、「早くこの嵐が過ぎ去って欲しい」っていう願望と、「我慢するしかない」っていう憂鬱けがある状態。これ、分かんない人にはほんとイメージできないだろうけど……。

そして我慢して嵐が過ぎ去る(嫁の機嫌がよくなる)と、案外どうでもよくなるから離婚とかそんなこと考えないよ。そもそも子供いるから、簡単離婚するわけにもいかないし。母親ヒステリックなのは子供にとっても辛いだろうけど、いくら辛くても子供にとって母親母親だ。

 

じゃぁそもそもなんで結婚するところまで行ったんだよって思うだろ?

それは、ヒステリックな女でも「機嫌がいい時もあるから」だ。ひょっとしたら増田は、同棲せずに結婚きめたんじゃないかな。別々に住んでると、女の側も機嫌が悪い時にわざわざ会おうとはしないから、結果的に機嫌がいい時にだけ会うことになって、けっこう楽しい思い出が蓄積していくんだ。

 

ヒステリックな女って、24時間怒ってるわけじゃなくて、どっちかというと「感情の起伏が激しい」ってイメージに近いんだよね。 

機嫌がいい時はほんとに良い人なんだけど、突然機嫌が悪くなって、倫理感や道徳感がゼロになり、めちゃめちゃに暴言を浴びせてくるようになる。元増田の嫁が「あんたは何一つ家事をやっていない」と言い放ったってのは、そういう暴言の一つだろう。

凄いのは、機嫌がよくなると、本人は暴言を吐きまくったことを忘れてるんだよね。いや、あえて思い出させれば記憶にはあるだろうけど、何事もなかったかのようにふつうの会話ができるんだ。これは凄いことだと思う。イメージとしては、二重人格だと思えば近いかな。俺には、機嫌がいい嫁と機嫌が悪い嫁っていう、二人の嫁がいるんだ。

 

まあそんなこんなで、関係は続いていくんだ。客観的にみれば、離婚するほうが合理的かもしれない。でもヒステリックな嫁の相手をしている男にとっては、それは離婚理由になるようなものではなく、むしろ己の人生の制約条件として背負っていくべきものだという意識になっているということを、理解してもらいたい。

DV被害者意識も似てると思うので、ほんとはこういう思考ヤバイかもしれないんだけど、まあ相手は女でこっちは男だから暴言さえ我慢してればなんとかなるんだよね。元増田は薬を飲んでいるということなので、もはやそれは物理DVと同じような領域なのではって気はするがw

 

 

 

────

追記。

「それDV被害者典型的思考パターンじゃん」ってコメントぐらいしかこないと思ってたんだけど、意外とみんな、自分体験ベースでいろいろなコメントくれてて面白かった。特にヒステリックな母」についての経験談が多くて参考になったわ。ちなみに、人それぞれ背負ってる経験や考え方が違うので、「賛否」に反応する気はない(賛成されて嬉しいわけでも、批判されて腹が立つわけでもない)。

 

俺の場合、嫁のヒステリー元増田よりかなりマシだろうし、もともと打たれ強い性格から比較的冷静にこういうことを書けるんだけど、本当にひどい場合はそうもいかんだろうな。当然、離婚したほうがいいケースもたくさんあると思う。

ただ、俺が言いたかったのは、そういう人に「離婚すれば?」なんて提案しても意味ないよってこと。俺が書いたような心理構造になってる場合、ぜんぜん響かないんだよね。

それに、「離婚しろ」って提案は、うまく言えないけど軽すぎるというか客観的すぎるというか、なんか当事者目線じゃないところがあるんだよね。子供がいるって事情もあるし、ヒステリーがひどいっつったって、曲がりなりにも好きになって結婚した相手なんだし、できれば別れたくないよ当然。そんな軽々しく離婚なんてできねーの。

 

元増田がどうかは知らないんだけどさ、俺は自分の嫁の暴言をきいてて「ひでーなこいつ」って思うんだけど、他人から嫁の悪口言われたらムカつくよ。

家族ってそういうもんでしょ。子供の頃姉貴が太ってたんだけど、仲悪い時期がけっこう長くて「なんだこのデブ」って思ってたけど、それでも他人から「お前の姉ちゃんデブだよな」とか言われるのは腹立ったわ。

客観的に見ればロクでもない家族であっても、自分にとってはかけがえのないもので、このかけがえのなさが色々ややこしい主観的感情を生み出している。それが家族ってもんだから客観的操作目線で「離婚すれば」とか提案するのは安易すぎると思うわ。家族関係ってそんなに合理主義的にマネジメントできないよ。

 

ブコメで、「妻のヒステリー一方的感情の爆発だから対話なんて無理。母が更年期ヒステリーが酷かったからわかる。ちなみに、うちの両親は別居したらラブラブになった。別居が無理なら、接触を避けるしかいかも。」っていうコメントがあって、これはあり得ると思った。

うちの嫁は年齢的にも更年期ではなく、ヒステリーの最大要因はPMSだと思うんだけど(ただし生理前以外でも盛大にキレるので、PMSだけで説明はできない)、確かに距離を取ってると関係がうまく行きやすくなるんだよね。「揉めない」という意味でうまくいくんじゃなくて、それこそ「ラブ」が復活する感じ。

ただやっぱり夫婦であり子供の両親だから、そう思い通りに調整できるわけでもないんだけど、間合いの取り方でヒステリーいくら制御できかもってのは一つの希望にはなる。別居までいかなくてもね。

 

 

────

追記その2。

つの間にかブクマ数が元増田を上回ってしまっていた。

俺より元増田の方が本格的に辛そうなのだ・・・

2016-07-04

効率的にざくざくモテる方法ちょっと考えてみた

4年くらい同じ人と付き合っていて、すっかり恋愛市場から撤退していたから、モテるためにこれからすることをまとめてみた。

1、容姿をよくする

・体を引き締める

いっぱい歩く、階段使う、筋トレする、甘いもの買い食いしない

・肌、髪をきれいに保つ

毎日日焼け止めする、メイク落として寝る、毛先を重点的にトリートメントする

自分に似合う服を見つける

いっぱい試着する、万人ウケするシンプルな服と自分個性ちょっと出る服を買う

2、性格をよくする

・人懐っこさを学習する

好感を持った人(男女問わず)の距離感を取り入れてみる、自分も楽しく相手も嬉しい時間提供

・穏やかに生活する

精神が安定していて、付き合ったあとも「メンがヘラらない、ヒステリー起こさない、ぐちぐち言わない」女の子な印象持たせる

相手人格に興味を持つ

人生観過去の話(特に相手にとって一番いい思い出があり一番生き生きと語ってくれる時代)、親との関係過去恋愛(元カノとどんな付き合い方をしていたか、なぜ好きだったのか、なぜ別れたか)について話を振る

(ちなみに男の8割は「元カノメンヘラだった」という)

3、出会を増やす

ターゲット

童顔で地下アイドル顔だから潜在的オタクにウケがいい

素で「えーすごーい♡」できるから、器用でプライド高いタイプの人と相性がいい

年上で、自分の見た目に無頓着で、何かすごいところがあって、甘やかしてくれる人が好き

出会い手段

Pairsとかやってみる、理系出会いなさそうなとこにいる友達合コン開いてもらう、既存の男友達との交流も増やす


とりあえず目に見える努力だけ。

でも経験上これができればかなりモテる。がんばる!

2016-07-03

帰ってきたヒトラーBrexitに関するメモ

◆昨日映画の日だったので、「帰ってきたヒトラー」を見てきました。それ見て思ったこととかEU離脱騒動とかのメモ。まとめなんでネタの新鮮さとかはあんまりないですが。


はてなブックマークを眺めると、今回のEU脱退騒動での都市在住エリートの反応を見て「ああ、これはLeaveが勝っても仕方ないわ」と思った人も多いようです。どうも都会のエリートは「田舎者」とまともにコミュニケーションを取ろうとしていない人が多かったように見えました。

ある話題になった(1000ブクマ!)ブログ記事の補足記事(※)で引用されている向こうで話題になったらしいファイナンシャルタイムズ記事に着いたコメント

『(前略)最後におそらく最も重要なことには、私たち事実に基づかない(post factum)民主主義時代にいるということ。事実がつくり話に出会った時、オーソン・ウェルズ小説に出てくるようなエイリアンの体に当たった銃弾のように跳ね返され全くもって役立たなかった。マイケル・ゴーブは「イギリス人エキスパート専門家)にうんざりしている」と言った。でも、反知性主義が広がったとき偏狭な考えに結びつかなかったことがあるなら誰か教えてほしい』(引用一部改変)

にも、なにが「重要事実」なのかを判断するのは自分たちで、そうでないのは「事実に基づかない民主主義」だという意識が裏に透けて見えます自分の選んだデータを見れば自分と同じ解釈をして同じ結論になるはず。そうならないのは誤解か相手の知性の問題、という発想自体への反省は見えません。

今回のエリート達の騒ぎは自分たちもそれ以上に馬鹿だったということを受け入れられず他人責任にしていて、地金が出たというかとても見苦しい。「自分たちと違う」人たちが自分たち生活に(悪)影響を及ぼしてきたことにヒステリーを起こして、相手レッテルをはって(偏見で)叩きに走ってる姿は同じなのに。

Brexitが示すのは民主主義限界世界ライフスタイルの作り方)より引用リンク削除】

移民大都市の方が多いのにRemainが多く、移民の少ない地方の方がLeaveが多いか外国人嫌いの扇動に乗せられたのに違いないという報道が多いですが、当然の話だけれど移民の数がそのまま社会へのインパクトになるわけではありません。特にロンドンのような大都市田舎では資本提供する社会システムインフラ全然違う。

大都市では外国人社会参加や受け入れのシステムがすでにあるし、そもそも「対人距離を金で買える」んですよね。だから外国人とのつきあいメリットだけをつまみ食いできる(そしてうまくつきあえるのを自分たちの寛容性や知的能力によるもの錯覚できる)。

対して田舎ではインフラ不足の分を人々の経験知と人間関係で埋めています。なのでここにきしみが出たりコミュニケーションコストリスクが上がると生活レベルに直撃する。かれらには「円滑な相互扶助」やそれを支える「社会常識の維持(復旧)」が為替株式市場より重要な訳です。

対人距離を金で買えない地方移民の受け入れ負担を求めるなら、それ相応の「しくみ」が要るのではないかと思います。できれば異質な人たちが存在することが上記の環境利益になるような。

◆今回の結果を反知性主義と評する人たちも多いのですけれど、政治や国際情勢社会問題などの「専門家予測」が本当に正しいのかを1988年から検討したTetlock氏の研究(※)では、実は専門家予測判断は(因果が明白な直近の結果を除いて)素人予測と的中率が変わらないことが示されています。その原因として挙げられているのが自分視野過大評価です。実際、今回多くのエリートは「自分に何が見えていないのか」を大きく読み違えました。

※”Expert Political Judgment: How Good Is It? How Can We Know?”(2006

自分に何が見えていないのか」「自分の知る正しさはどこまでなら妥当なのか」を認識できていないのはどちらも同じ。それを可視化し共有する「しくみ」はまだありません。自分はこれの実現が集合知研究のゴールの一つだと思っていますヒトラーを「過去のもの」にできるとしたら、それなんじゃないかなと。

2016-06-28

なぜ女はうそつきなのか。

キャバ嬢バカから搾取してまーすwwwwwwwww金持ち結婚して人生クッソイージーwwwwwwww稼げない男はクソだから死ねばーかwwwwwww」

こういう女がいる一方で、

まじめぶってる女が男女平等だの、女性人権だの言っても、「どーせお前らも美人に生まれたら調子に乗ってたんだろ、ハズレ引いたのならおとなしく冷遇されてろ」ってなるわけで。

自分立場変わっても変わらない言説で行動すればいいのに、女ってそれがまったくない。

ブスがやたら哀れぶってほしがるけど、単なるメンヘラだろそれwブスだとヘラってもかまってもらえないかヒステリーになるんだろうけど。

ブス 「わたし美人に生まれてたら調子のって男バカにしてただろうから、ブスにうまれたから惨めに生きてても全然OKです、むしろ女ってだけで彼氏簡単に作れて、若いってだけで結婚までさせていただけるなんてクッソイージーで悪いくらいです」これくらいいえないのかねえ。

  

から、女は嘘ばっかり。論理的一貫性がまったくない。

キャバ嬢であっても成立するような理屈説明すればいいのに、なぜ女は個別だと思いたがるんだろうね。

2016-06-26

発明家の出てくる映画教えて。

http://anond.hatelabo.jp/20160613091056

こんちゃす。

こないだ海外のアニメ教えて君したものです。

あれからオススメされた映画をいくつかみました。

その節はありがとうございます

オススメされるだけあってどれもおもしろいものでした。

それぞれみているうちにオヤと思いました。

ヒックとドラゴン

ルイスと未来泥棒

くもりときどきミートボール

フランケンウィニー

あとはすでにみてましたがベイマックス

ちょっとズレはしますが、怪盗グルーシリーズ

みんな発明家の少年が主人公(一部青年だけど)です。

これってもしかしてひとジャンルあるんでしょうか?

このラインでほかにオススメってありますか?

実写でも2Dアニメでもいいのでおもしろいの教えて下さい。


【追記】

LEGO ムービーのエメット →2段ソファーですね。LEGOは発明の第一歩です。

キテレツ日本だと彼が代表格ですね。映画化してもよさそうなものですが。

Stein's;Gate →ゲームは持ってます。かなり寝かせてます近いうちにはじめます

アイアンマン→なるほど。そのラインもありますね。

天才スピヴェット →知りませんでした。面白そうです。

バックトゥザフューチャー→ドク以前、ドク以降って、発明家像の変化ってありそうですよね。

グレムリン→枝葉はキレイに忘れてます。見た記憶はあるんですが。ちょっとチェックしてみます

ドラゴンボールブルマはミス発明家日本代表ですね。

animation innovator→アニメエライ人達ですか。

デクスターズラボカートゥーンネットワークですか。面白そうです。

Dr.スランプ→そうか。ブルマがありなら当然こっちも出てきますね。主役ですし。

風立ちぬ風立ちぬの主役は発明少年の現実化みたいなところありますね。

ラピュタラピュタのドーラの船の細かい工夫はそんな匂いします

美女と野獣美女と野獣はみてないですね。留意しておきます

ムカデ人間→そういう映画だったのですか。みてないです。マッド・サイエンティストまで広げるとけっこう風呂敷広がりますね。

リックアンドモーティ→ちらっとみました。なかなかのクレイジー度合い。

阿笠→コナン知らないんですよね。博士助手コントっぽい。

さいてっく赤岡くん→ほのぼのしてますね。大人の科学なんかに載ってそうな。

おどるポンポコリンエジソンは偉い人?

ジュラシックニューワールド→ジュラシックシリーズアマゾンプライムビデオであるのでおいおいみていこうかと。

フランケンシュタイン博士発明家境界線は少年かどうかですかね。

ヒューゴの不思議な発明予告編みました。綺麗な画面ですね。

ナディア→ジャン少年っすね。魔女宅トンボとごっちゃになったりします

スチームボーイ→画面はそうとうすごかったけど話はなにも覚えてないですね。

スピヴェット→これもヒューゴ同様3D映画っすね。おもしろそうです。ロードムービーっぽくもありますけど。

なんか眼鏡かけた男の子イメージが強い→メガネ男子ニーズもあるのでしょうか。

怪物の名前じゃなくて、あの怪物を作った博士の名前→フンガー

オクトーバースカイ→邦題遠い空の向こうに」っすね。あさりよしとおさんの「夏のロケット」や「王立宇宙軍」的な。やっぱ発明少年のポイント青春ですかね。

ビューティフル・マインド→実話モノっすね。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者秘密→これまた実話モノ。両方おもしろそうです。

劇場版キテレツ大百科劇場版はともかく90分スペシャルのOPとEDは細野晴臣作曲なんだな。

アイリスへの手紙ジェーン・フォンダの?これって発明少年が出てくるのですか。

フィニアスとファーブカートゥーンですね。ディズニーチャンネルは良さげですね。

ドクター中松ドキュメンタリー→ガンとかおっしゃってましたね。どうなったのだろうか。

バグズ・ライフ→ アリの発明家は変わってていいです。ピクサーなんですね。

天才少年ジミー・ニュートロン → 見れますね。やはりテレビシリーズとしてアメリカのちびっ子にはおなじみというカタチなのか。http://www.nickjapan.com/character/jimmy/

トゥモローランド→ディズニ-の?と思ったらそうでした。映画もあるんですね。

ホーム・アローン3 →あのシリーズ発明少年と親和性は高そうです。

小さな恋のメロディ→甘ったるい恋愛映画でビージーズのってくらいの印象しかなかったので意外です。まあ、本枠はそうなんでしょうけど。

サンダーパンツ!→あ、これはおもしろそう。おならが出る友人のためにおならで空を飛べるパンツを作る話だって

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い→意外なところです。タイトルはかねがね。

Mr. インクレディブル→みた記憶があるんですが思い出すためにもう1度みてみます

八十日間世界一周→ここいらが元祖って感じありますよね。ジュールベルヌは罪作りだ。

グーニーズゲームしかやったことないです。出てきそうですね。ずっといつかはみようと思ってる映画のひとつです。

エクス・マキナ→この映画は発明云々は別としてもいつかみたいなと思ってました。

ラバーゼルダ好きのおじさん主演ですね。アレな映画として紹介されてたコラムを読んで、ドジ博士の珍発明ってそれだけでジャンルありそうと思いました。Dr.スランプもそうですし。

スパロボスパロボに出てくるような博士の仕切りっぷりはスゴイですよね。戦闘指揮までしてる。

プレステージニコラ・テスラ実在のそういう博士ですね。

「自由だあああああああああああ!!」→犬井ヒロシ

スティーブ・ジョブズ」→ここまでくると孫 正義もビル・ゲイツ発明家ってことになりそうです。

ジュブナイル→ありましたそういうの。香取先生はいつごろからこういうイロモノを引き受けるようになったんだろう。

グレートウォリアーズ欲望の剣→「ロボコップ」以前の鬼畜悪趣味全開路線の頃ですね。いわれてみればロボコップ製作者も相当にマッドサイエンティスっぽかったです。

ケロッグ博士エロいのか。みたいなと前々から思っていたのです。ケロッグ好きだし。

ウォレスとグルミット欽ちゃんの声を最初に思い出してしまう派。

ゴーストバスターズ→これも後世に与えた影響が大きそうです。

パシフィックリムおかしな怪獣に、おかしロボットに、おかし科学者てんこ盛りの趣味趣味映画でしたね。

ミクロキッズ発明家の父親の発明によってドタバタに巻き込まれるってのは1パターンとして確立してますね。「スパイキッズ」もその手の発明品がたくさんあったような。

ロケット団タイムボカンシリーズ三悪からの派生でしょうかね。

トランセンデンス→マッドサイエンティストものと少年発明家の境というのは興味深い考察ができそうですね。

秘密結社鷹の爪→そういう話だったのか。島根の観光大使ほか、CMでおなじみという印象が。

ガンダムオリジンミノフスキー粒子を発見したミノフスキーってオリジンだと出てるんですね。知りませんでした。

天国からの中継→高橋幸宏さんのアルバムにこんな曲入ってたと思ったらインスパイヤ元だったのですね。

戦国コレクション平賀源内モチーフ発明家ネタってマンガだといっぱいありそうです。

鉄腕アトムマッドサイエンティストがたくさん登場しますよね。

モロー博士の島→これも源流なのかもしれません。

シザーハンズ→せつない発明家っすよね。

タイムマシン→これまたジュールベルヌ。アメリカ藤子不二雄っすね(逆)。

ヒステリア→実話なんですね。すごいあらすじ。「 「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーターが19世紀末に女性のヒステリーを治療するために発明された医療器具だったという実話」

HINOKIO→これは発明家なんでしょうか。後付で実話になったようで。wikiによると。

武器人間→今考えると貴重な大山のぶ代参加作品。映画はかなりアレでしたね。

僕らのミライへ逆回転→すごくいい映画ですけど、これはさすがに発明家ではないんじゃ?

ムードインディゴ→美しそうな映画ですね。

タイピスト!→タイプ早打ち映画。発明家関係無しでおもしろそう。

ゴジラオキシジェンデストロイヤー作った人ですか。

宇宙戦艦ヤマト真田さん?

アメージングスパイダーマン主人公はかなりガチのコスプレイヤーってことじゃ?

ヤングアインシュタインアマデウスみたいな感じっすね。

おまかせピース電気→お、大好きな作品です。すっかりサッカーの人になって残念です。

ということでありがとうございます。全レスは無謀でした。

大きすぎる主語を小さく

何派と名乗ろうが「表現規制賛成」という主語の置き方は大きすぎて、与える影響、ダメージが大きすぎる。「ゾーニング」と「表現規制」では全然意味が違う。「中華料理屋は中華料理屋と看板上げろ」という話と「中華料理は作るな」というのが全然違うように。ほんとにこの問題について真面目に考えたのか疑うレベルだ。ゾーニングは当然必要だ。たとえば排泄欲をトイレゾーニングするように。だが排泄を規制してどうする。



しかに能のないエロぶっこみカオス状況に嫌気がさすのは分かるし、そういうごちゃまぜのせいでいろいろ収拾のつかない状況になっている現状を鑑みればゾーニングには大いに賛成だ。だが、あなた意見をどう読んでも、本来ゾーニングしたその先では好き勝手やったらいい」と主張すべきだと思うし、そういう意見なら「表現規制賛成」という言い方をすべきではない。「表現規制」という言葉は、どうひいき目に読んでもそれ自体人権蹂躙する思想だよ。



そもそも大上段に振りかぶって時代の状況に「忠告」したり「やめさせようと」したりとか、別にあなたの双肩に時代がかかっているわけではないんだから、無理に背負う必要はないだろう。そんなことで疲れて、ヒステリーを起こすくらいなら、最初から構わなければいい。今のあなたは残念ながら「オレの忠告を聞かなかったお前らがひどい目にあえばいい」という、ちっぽけな私怨を吐き出しているようにしか見えない。

http://anond.hatelabo.jp/20160625202139

2016-06-25

ヒステリーについて調べてた

恐らく自分は確実に死の欲求を持っていて、

自分を死に追い込む行動をやめられない

現実的にはやめないと死ぬけど深層心理では死にたがっている

んでもって表面の現実では死ねもしないと思っている

ヤク中とかアル中中毒症状みたいなもんだと思う

やめた方がいいけどやめられない、死への欲求(中二病)なのだ

こんなものは薬だけ出してる精神科医なんかに治療はできない

生き方に対する根本的な考え方の問題なんだ

ヒステリーって不幸になりたがる病気なんだって

私ってなんでこんな不幸なのって不幸になって安心してるみたいな

私はどっちなんだろうなあ

もはやそんな思慮を巡らすのすらめんどくさい

ただひたすらそこそこに心地よい暮らしをして(したい)肉体が死ぬのを待ってるのみだ

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619115907

ブコメトラバコメもらったので。



父と祖父血縁関係あります

母います仕事で帰ってくるの20時過ぎで家族と夕ごはんは基本別。

ヒステリー祖母マザコン父です。はい

母は昔離婚考えたそうですけど、知り合いで離婚した人がいて結果子ども情緒不安定になったらしく、踏み切らなかったと。

もう色々諦めた。

http://anond.hatelabo.jp/20160619133257

客観的に見て、よくあるヒステリーオヤジ幼児暴行です

無事でよかったですね

運が悪かったら普通に死んでます

2016-06-18

以前増田に「離婚になりそう」と書いたことがあって、

でもそこから家庭内トラブルの中心だった自分仕事問題解決したことで有耶無耶になり、

なんとなく仲は戻ってマンションを購入したり、子供までできてしまうくらいになった。

めでたしめでたしとなりそうだけど、

結局似たような家庭内の諍いが起こり、家庭内別居みたいな状態になっている。

イクメンがもてはやされる風潮があるけど、

仕事が激務の時に、育休中の嫁に育児を頼るというのはそんなに詰められないといけないようなことなのか?

激務じゃなくても人並み以上には忙しいものの、普段子供風呂に入れられるくらいの時間には帰ってるし、

激務で終電で帰ってきた日だって、皿洗い・洗濯物の片付け・ゴミ捨て・朝食の準備など、残っていて深夜でもできる家事はしてるんだけど。

もちろん週末は家事育児もしてるし、嫁に息抜きに一人ででかけてもらったりと配慮もしてるんだけど。

激務で会社からケツを蹴り上げられるようにしてフラフラになるまで働いて、

家に帰れば嫁に詰められる。

ここは地獄か。

子供かわいいし失うものは多いけど、この嫁と生涯寄り添っていくのはつらい。

こちらが修羅場な時に限ってヒステリーを起こす、というのさえなければ平常時は問題ないし愛せるけど、

よりによってというタイミングでこちらを背中から切ってくることが起こりすぎて、平常時の愛情ではどうにもならないほど冷め切ってしまった。