「ユーザー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ユーザーとは

2017-02-27

ハリウッドが凄いと思うところ

陳腐ストーリーを続けられるところ

もちろんいい意味

 

大多数なんて派手な画と陳腐でありきたりなストーリーを求めてるんだよ

こだわりのラーメンなんていらない、THE・ラーメンみたいなのが食いたいんだ!みたいな感じ、わかるだろ?

 

だけど創作界隈においてタコツボ化しないことは非常に難しい

どんな天才であっても、行き過ぎると複雑で一部にだけ受ける作品を作ってしま

つの間にか目の前のユーザー無視してしま

あるいは目の前のユーザーしか見なくなる

バランスをとることはとても難しい

 

実際に数多の創作界隈はその状況に苦しんでいるが

ハリウッドはいつまで経っても頭空っぽにして楽しめるような作品を生み出してる

 

それって凄いと思わないか

 

 

まあ、近ごろ俺映画見てないんだけどねw

某元弁護士政治家悪徳出会い系顧問弁護士だった件に関して

いわゆる悪徳出会い系登録した男女はサクラとだけしかやりとりできず、ひたすらポイントを消費していくっていう出会い系会社顧問弁護士だったある政治家

いつか暴露されるかなーと思ってたけどトンとないね

その会社には具体的にサクラが演じてるキャラクターお金をあげるはありだけど、サイト運営お金をあげるとかはNGとか、返金を請求された際に刑事事件化されない方法とかアドバイスしてたみたい。(ユーザーが直接連絡しても塩対応だけど消費者センター弁護士が噛むと即返金とか)

正直、かなり反社会的行為だと思うんだけど、なんで誰も暴露しないんだろ?

まあ。私もそこの元従業員から「あの××って実はうちの顧問弁護士だったんだ」って聞いただけで会社名とか、そこが悪徳出会い系運営会社としては中堅くらいってのは知ってるけど、ここでその元弁護士政治家名前を明言できるほどのソースはないけど。

追記 あれ?会社名やその政治家名前でググっても悪徳出会い系顧問弁護士だったというのでてこないけど、もしかして俺がいってる元弁護士政治家とは違うのかな?

色々有名な某企業が実は悪徳出会い系をという話もあるけど、さすがに悪徳出会い系顧問でござい、とはその普通はいえないと思うけどそうでもないのかな?

"アプリサクサク読む!"とか

あったまの悪い宣伝文句だよなー

webで読むので十分だっつーの

っつーか、「続きを読む」とか読むの邪魔してるのてめーらじゃねえか

「ここから先を読みたければアプリを入れろ」と強権的にやる勇気もなく、

かと言ってユーザーの利便を図ろうとする気力もなく、

口先だけのごまかしばっかだなweb業界って

2017-02-26

今日驚いたのは、PS4ゲームやってて、オンラインで見かけたあるユーザーユーザープロファイルを見たら、その人、遊んだゲームトロフィー取得率が全部100パーセントなのねwいるんだ、そういう人w

2,3個しか遊んだゲームがない、ってわけじゃなくて、20個くらいゲーム遊んでて、しかも有名な大作ゲームもやってて、全部100パーセント。君それめっちゃ大変でしょ。完璧主義者なんだろうけど、トロフィー100パーセント義務感や作業感考えると辛そう。トロフィー厨の自分でも遊んだゲームを全部そうするの無理w。

誰もネタバレを気にしないの?

いやさ、発売後にネットしてる僕も悪いよ

でもタイトルネタバレしないとか発売1週間はネタバレしないとか、もっとやりようがあるじゃん

誰が一番早く攻略できるか、なんてくだらない競争一般ユーザーを巻き込まないでよ

ランキング上位やオススメに表示されると回避できないんだからさ、本当にむかっ腹が立つよ

その点ペルソナ5は優秀だったね、まぁあれはマーケティングでまんまと僕もそれに乗っかって凡ゲーを掴まされたわけだけど

それでもゲームっていうのはああいう風なあり方をすべきだよ

企業にも初週の売上だけじゃなくてもっと大局的に見て欲しいものだね

大体自衛しろって言われてもネットと強く結びついた現代人には無理な話だよね

攻略本見るわけじゃないんだから

頼んだよ

FGOは好きだけどファンのノリが滅茶苦茶苦手

 FGOは最初からやってるけど、最近ユーザーが増えたせいか本当にキッツイノリのツイートを見かける回数が少し前と比べて多くなった気がする。「このキャラでこんなこといっちゃう俺おもしれーw」感というか、「このコンテンツの一体感すげーw」みたいな?FGOの主人公を熱血キャラにするアレもどこが面白いのか全く理解できない。「面白いのはあなたじゃなくてFGOなんですよ?」って気分になってしまう。後者のノリはFGOがメンテ延長した時に顕著に現れる。よく他ゲーのユーザーと比べて「メンテで喜ぶ俺らマジ異端?w」みたいなアレ。本当に無理。

おいこらモンスト

モンストがどんどんつまらなくなっていく。

今まではソロでもちびちび楽しめていた。

周りに中高生向けゲームやってる奴なんていないからさ、ソロでずっとやってきてたよ。

リリース半年目くらいから始めてたからさ、割と古参の部類で止めるのももったいない気がしてさ。


超絶爆絶でも無課金用のキャラを育てて頑張れたりしていた、そうやって頑張ってクリアした時の達成感も楽しめる要素だったよ。

課金でもガチャで良いのがでただけで、これであのクエスト行けると思って喜べたよ。



でもさ、

封印の玉楼ってなんだよ。

ソロお断りってことじゃねーか。

暇人中高生向けのゲームなのはわかってたけどさ、

周りにガキみたいにわいわいスマホゲームしてる奴なんてなかなかいないんだよ。


マルチ要素がモンストの強みだってことはわかってるよ、

でもさ、

ソロでぼちぼち楽しんでる奴もいるんだよ。

やりこんで楽しむユーザーだけじゃないんだよ。

マルチでもソロでも楽しめるゲームだと思ってたよ

でもマルチしか楽しめないゲームになるなら残念だけどやめるしかないな。



思えば黒猫もそうだった。

協力プレー(という名のソロ殺し)がでてきてからめっきりログインしなくなった。

あれもリリース開始すぐ目をつけたゲームだったから残念だった。



マルチ要素を重視しすぎるとソロプレーヤーは離れていくからな、運営

というよりよっぽど尖った使い方するんじゃなきゃi7なんていらなかったからな

明らかに分不相応ユーザーがなぜか高い金払って買っていたというほうが正しい気がする

anond:20170225195916

"Google翻訳オープンソースプロジェクトに使うのはダメなのか? " についての反論

いい記事なのだが、いくつか反論や補足が必要だと思ったので書く。

GPLコンパイラの例

このGPLコンパイラとはGNU bisonやGCC(GNU Compiler Collection)について指しているのがほぼ明確なのでそれらについて書く。

確かに著作権法を元にしたライセンスは、ソフトウェアの出力結果に対してソフトウェア著作権ライセンスが影響しないと解釈するのが妥当であるというのは正しい。

ただしこれは"著作権ライセンス"に限った話である、つまり著作権ライセンスでは不可能な制約がEULAなどでは課すことが可能であるということを意味する。

詳しくはGNUの書いた記事の"契約を元にしたライセンス"という項を読むと良い。以下に引用する。

https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html

ほとんどの自由ソフトウェアライセンスは、著作権を元にしています。そして著作権によって課することができる要求には制限があります。もし、著作権を元にしたライセンスが、上記に記した自由尊重するならば、まったく予期しない他の種類の問題があることはありそうもないでしょう(予期しないことはまま起こりますが)。しかし、ある自由ソフトウェアライセンスは、契約を元にするもので、契約もっと広範な制限を課することが可能です。これは、そのようなライセンスが、容認できないほど制限が強く、不自由でありうる、いくつもの形態がありうることを意味します。

わたしたちは、起こりうるすべてのことをあげることはできないでしょう。もし、契約を元としたライセンス利用者を(著作権を元としたライセンスでは無理な形で)異常に制限するならば、そして、それがここで正当だと述べられていないのならば、それについて検討しないといけないでしょうし、そのライセンスは、不自由である結論づけるかもしれません。

また元の記事の著者はGCCやbisonがGNU GPLのような強いコピーレフト保護されたソフトウェアでも、それによって作成された著作物GPLにならない(つまりコンパイラやパーサーのライセンス継承しない)ことを根拠考察しているようだが、実はbisonやGCCGPLにはライセンスに対する例外付属していることを考慮すべきである

GCCやbisonの著作権保持者であるFree Software Foundationは著作権法の話をするとき、たいていアメリカ合衆国を想定しているがこれらの自由ソフトウェアが広く使われるあたって、著作権法とそれを元にしたライセンスが異なった解釈をされることがありうることをおそらく危惧している、そのため出力に対してソフトウェアライセンスが影響しないことを確実にするためにこれらの例外規定しているのではないか

この二つの理由から、元記事議論世界中に対して広く配布するFLOSSディストリビューションでは(非常に残念ながら)鵜呑みに出来ないと私は考える。

フェアユースについて

フェアユース規定は例えば日本では存在しない、

加えて言えば、たとえフェアユース規定が全世界的に利用できて、営利目的でなければ利用できたとしても、

フリーソフトウェア/オープンソース定義の中に

自由.0: どんな目的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由

(i.e. オープンソース定義 6項 利用する分野に対する差別禁止)

がある限り、そのような制限ディストリビューションは受け入れられないだろう。

またOracle vs GoogleJavaAPI訴訟はケースとしてはかなり特例であり、

一般に広く適用すればlibcすら当てはまるのではないかと私は思っている、

これを根拠にしてよいのならばそもそもコンピューター業界がひっくりかえるのではないか

Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか

少なくともUbuntuのようなプロジェクトにおいて、私は断固反対である

というのは現状ほぼすべてのWeb翻訳(例外があれば教えて欲しい)はプロプライエタリないし、それと同じ結果をもたらすSaaSSだからである

Webブラウザを介して使う翻訳サービスはSaaSSの代表例であり、ユーザーコンピューター計算コントロール

つべであるという自由ソフトウェア思想と明らかに相容れないものである

このようなサービスを利用することの弊害として、(例えば)Google翻訳翻訳処理の計算依存することにより、ユーザー入力Googleが常に把握することが挙げられます

もちろんこれはあまり良いことではない。

多くのFLOSSシステムディストリビューション自由ソフトウェアを主に入れるというガイドラインを持っている。

アーカイブのごく一部にnon-free(Ubuntuならrestricted/multiverse)なソフトウェアがあるが、

これは事実上妥協産物であり、排除しても大した問題がないならば配布から除外することに多くのディストリビューション関係者異論を挟まないだろう。

また例えばDebianはあるソフトウェアがDFSG(Debian フリーソフトウェアガイドライン)に適合するフリーソフトウェアであったとしても、それがガイドラインに適合しない著作物依存する場合、contribというセクションに閉じ込めており、それは公式システムの一部ではないとしている。(建前ではcontrib/non-freeセクションはユーザー向けの付加サービスとされる)

Ubuntuコミュニティ新規に作られた著作物コミュニティ哲学に反する物に依存するというのは、かなり致命的である

たとえ奇跡が起こり、例外的Google翻訳や一部のプロ翻訳ツールBSDライセンス(Launchpad上での翻訳ライセンス)での出力を許したとしても決して褒められたものではない。

Ubuntubug#1に"Ubuntuソフトウェア自由である。常にそうであったし、今後も常にそうである自由ソフトウェアは万人に望むままの方法で使い、望むままの人間と共有できる自由を与える。この自由は多大な利点である。"とプロジェクト創始者であるマーク・シャトルワースが書いていることをよく考えるべきである

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+bug/1

この反論を読んだ読者の中にはあまりGNUプロジェクト寄りに思想が傾いていると思う者がいるかもしれないが、

いわゆる"Linuxディストリビューション"の中には数多くの重要GNUソフトウェアシステムの根幹をなす形で入り込んでおり(例えばGCC,bash,glibc etc...)

またUbuntu派生元となったDebianの成立経緯にはやはりFSFが関わっている。

さらに言えば、システム保守を手伝う人の中にはシステムフリーからボランティアで頑張っているという人もいると思う。(ほとんどではないかもしれない)

のでUbuntu周りの話に限ってはこういった観点で見てもよいと思ったので書いた。

追記

Ubuntu Japanse Teamの関係者に読まれたようなので満足しました。(2017/2/27 22時)

2017-02-25

Google翻訳オープンソースプロジェクトに使うのはダメなのか?

免責: これは法律専門家によるアドバイスではありません。この情報にしたがって行動した結果に対して責任を負うことはできません。

最近プログラマの間で

Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェア(OSS)の翻訳に突っ込んではいけませんという話」

http://blog.goo.ne.jp/ikunya/e/37e5a52e10ab26fcbd4f7ff867e9eace

が、話題になってますね。

Ubuntu翻訳プロジェクトで発生したトラブルの話です。

この話では、「もちろん、利用規約的に問題なければWeb翻訳の結果をOSS翻訳に突っ込んでも*ライセンス的には*問題ありません。」という追記がされてます

ですが、プログラマの間で単にWeb翻訳OSSに使ってはいけないんだという認識が広まってるように見えます個人的には、この認識が広まってしまうのはいやだなと感じたのでこの文を書いています

どういう話かというと、自分個人で開発しているオープンソースソフトウェア(OSS)のドキュメントの日英訳をするにあたってGoogle翻訳を利用するか検討して権利まわりの情報をしらべた結果、これは白に近いグレーだろうという判断したので下訳に使ったという話です。(日英両方についてのドキュメント自体も、オープンソースライセンスで公開しています)



注意書き

念のため言っておきますが、これは元記事問題になっている人を擁護するようなものではありません。翻訳コミュニティの人たちが自分たちのものにグレーなものを入れたくないと思うのは当然でしょうし、権利問題以外にも翻訳クオリティやその他の問題行動の話もあります

コミュニティ思想にそぐわない人が、そのコミュニティの中で作業していくのは難しいでしょう。



Google翻訳利用規約について

もとの記事のとおり、Excite翻訳利用規約には私的利用を超えた利用についての禁止が明記されています。こういった明確に禁止されているものについての話はここではしません。

ここでは、Google翻訳に焦点を当てた話をします。Google翻訳利用規約はどうか?というと、Google利用規約については翻訳結果の利用についての記載がありません。

https://www.google.com/intl/ja/policies/terms/

記載がないということは、使用してよいのか?使用してはいけないのか?いったいどちらなのでしょうか?



GPLコンパイラの例

機械翻訳権利問題と似た構造の話に、GPLGNU一般公衆ライセンス)で許諾されたコンパイラによってコンパイルした結果の利用があります

GPLの本文には、GPLプログラムの出力結果自体GPLのものを含む場合にのみその出力結果にGPL適用されることについての記述がありますが、GPLのものを含まない出力結果についてどういう許諾がされているか記載はありません。

これについては、コンパイラによるコンパイル結果に対して、コンパイラ著作者はなんら権利を持たないと考えるのが一般的です。

GNU自体もそういう見解を持っています

https://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html#GPLOutput

著作権法は人々があなたプログラムとかれらのデータを使って作った出力結果の利用に関して、あなたに何の発言権も与えていません。

コンパイラ機械翻訳ツールとの違いが、対象が人工の言語であるか、自然言語かので違いしかないと考えるならば、Google翻訳の結果をOSSに利用することも問題ないということになります



ウィキメディア財団見解

ウィキメディア財団法務チームは、Google翻訳した文書ウィキペディア内での利用についての見解を公開しています

https://meta.wikimedia.org/wiki/Wikilegal/Copyright_for_Google_Translations

これはアメリカ法律に基づく話ですが、CC-BY-SA 3.0やそれに類似するライセンスコンテンツGoogle翻訳翻訳してウィキペディア使用してもGoogle著作権侵害する可能性はとても低い(very unlikely)と結論づけています

要点をまとめると以下の通りです。

ウィキメディア財団見解には含まれていませんがアメリカ法律でいえば、さらにもう一つ「フェアユース」にあたるのではという話があります。これはGoogle自体がよく知っている話かもしれません。



Oracle vs GoogleJava API訴訟

これはAndroidAPIJavaAPIが流用されていることについて、OracleGoogle訴訟したものです。

これについて、Java APIについての著作権が認められたものの、Androidでの使用は「フェアユース」に該当するとGoogleは主張し、カリフォルニア州サンフランシスコ地裁では著作権使用料支払いの対象にはならないという判決が下っています

(この裁判自体はまだ続いているようです)

フェアユース」というのは、アメリカ著作権法上の概念で、以下の4要素を判断指針として考えて公正な利用と認められれば、著作権侵害とはしないと考えるものです。

Google翻訳結果のOSSでの利用をこれに当てはめると

ということになり、4つの要素どれをとっても、フェアユースであると認めることに対して有利に働きます。これは、AndroidJava APIの流用と比べても、さらにフェアな利用であるように見えます

さて、ここまではアメリカ法律での話でした。

(ちなみにGoogle利用規約には、「カリフォルニア州抵触法を除き、本規約または本サービスに起因するまたは関連するいかなる紛争に関しても、アメリカ合衆国カリフォルニア州法律適用されます。」と書かれています)



文化庁見解

今度は日本法律に基づく話です。

著作権情報センターサイトに、 コンピュータ創作物についての文化庁報告書記載されています

http://www.cric.or.jp/db/report/h5_11_2/h5_11_2_main.html

この報告書は、機械翻訳ユーザー機械翻訳システム使用するために行う原文の編集や出力の編集創作的寄与となりうることを認めている一方で、機械翻訳開発者翻訳物の著作者になるということについては否定的です。

なお、原文解析等のプログラム作成者及び汎用的な辞書データベース作成者は、一般的翻訳物の作成の精度、正確度等を高めることに寄与することとなるが、特定翻訳物の作成自体にかかわっているわけではないので、その著作者とはなり得ないと考えられる。

これは平成5年とかなり昔に書かれた報告書であり、それから機械翻訳技術は大幅に進歩しましたが、創造個性表現を目指して作られているもので無い機械翻訳であれば、やはり翻訳の結果の利用について問題がないようにみえます

これにしたがえば、単純に文章をそのまま機械翻訳に投げ入れた出力結果は、原文の著作者著作物機械翻訳に投げ入れる前や後に十分な編集をしていれば、加えてその編集した人間二次著作物になるということになりそうです。



白に近いグレー

これまで、どうしてGoogle翻訳の結果をOSSに使うことが白に近いと言っているか説明してきました。

では、どうしてグレーなのかというと、新しい種類の権利問題なので判例がないからです。実際に訴えられたら負けました、ということもまったくありえない話ではないでしょう。



グレーなものを作ることの良し悪し

だいたい、ここまでが話したいことの半分です。ここからはグレーなものの良し悪しの話をします。

著作権などの権利問題についてグレーなことをやっているOSSというのはそれほど珍しいわけではありません。

有名なところでいうと、Monoが思いつきますAndroidDalvikJavaAPIを真似したものであるのと同じように、MonoMicrosoft.NETフレームワークを真似しています。つまりMonoについても訴訟リスクはあっただろうということです。

しかし、OracleGoogle対立したのとは対照的な道をMonoはたどります

2016年Monoプロジェクト運営していたXamarin社は、そのMicrosoft自身によって買収されました。権利的にグレーだったMonoMicrosoft公認プロジェクトになったというわけです。

権利的にグレーだからといって、プロジェクトとして失敗に終わるわけではありません。



Ubuntu日本語化プロジェクトでの良し悪し

すこし元の記事に話をもどします。冒頭にも書いた通り、Ubuntu日本語化プロジェクトに対してWeb翻訳の結果を突っ込むという行為は、批判されるべきだと思っています

まずは質の問題です。現在Google翻訳などは、UI翻訳に向いていません。UIほとんどは、意味合い文脈依存する単語や短文です。UI翻訳は、実際にその機能を動かしながら、動作にあった訳語を割り当てていくべきです。

Google翻訳などを使って一括で、訳語を割り当てても良いUI翻訳はできません。

UIにとっての良い訳については、元記事のいくやさんがとても良い話を書いています: https://github.com/ikunya/howtotranslatelibo/blob/master/howtotranslatelibo.md#ふさわしい翻訳の考え方 )

次に、白に近かろうがリスクのあるものを入れることになるということです。Ubuntu日本語化ローカライズであれば、すでに多くのユーザー使用しているでしょうし、そういうものについてリスクのあるものを後から入れることになります

そういったことを独断で黙ってやるというのは、歓迎されたものではありません。少なくとも、コミュニティに対して事前に方針を聞いたりすべきだったでしょう。

まりクオリティが低い上にリスクのあることを黙ってやったわけで、もちろん批判されるべきでしょう。



自分場合

はいえ、OSSには個々の事情があります。次は自分場合の話をしてみます

まずは質の話です。

自分プロジェクト場合Google翻訳を使ったのはドキュメントです。日本語で書いたドキュメントをあたらしいGoogle翻訳に入れてみたところ、そこそこのクオリティ翻訳が出力されており、自分ゼロから翻訳するよりも、原文を翻訳やす修正したり結果に対して修正を加えていったほうが質と速さの両面でよいと判断したので、Google翻訳使用しました。

次にリスクの話です。

OSS企業権利問題訴訟されるということはめったにありません。OSS公益性の高いものなので、むやみに訴えれば社会からの反感を買いますし、ほとんどの場合は訴えても大した金になりません。

訴えられるとすれば、そのOSSが十分に儲かっている場合です。もしOSS大金が儲かったらGoogleから訴えられてしまう!どうしよう!と考えるのは、宝くじに当たったら強盗におそわれてしまう!どうしよう!と考えるのに似ています

まず宝くじは当たらないですし、宝くじが当たったらそのお金対策を行えば良いだけの話です。

実際Linuxでは、特許周りの対策としてOpen Invention Network(OIN)を設立していますLinuxなどソフトウェアに対して特許を主張しないことに同意した企業から特許を買収して、そういった企業に対してロイヤルティー・フリーで許諾を行っている会社です。

これによって、Linux関連のソフトウェアに対して訴訟をしてきた、いわゆる「パテント・トロール」に対して訴訟をやり返すなどの対抗手段を得ているわけです。

別の視点でのリスク

それにOSSにまた別の角度のリスクがあります

権利問題訴訟されたことによって失敗に終わったOSSというのはほとんどありません。多くのOSSは、作者が飽きたり、面倒な作業うんざりしたり、誰にも使われなかったり、競合に勝てなかったりしたことで、フェードアウトしていきます

そういったこともまた、OSSリスクなわけです。

結局のところ、自分場合Google翻訳をつかったところで、Googleにも、自分にも、ユーザーにも、世間にも不利益はなく、むしろドキュメントの質は上がって、Google翻訳改善するためのデータを得られます

わずかなリスクを避けるために、時間を割いた上、質を落とすというのはくだらないですし、そんなことに時間を使うくらいならコードを書いていたいものです。



Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか

結局、Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか?というのは個別の話でしかなく、ひとまとめにWeb翻訳の結果をオープンソースソフトウェア翻訳にいれてはいけないとか、使うべきとかそう簡単には言えません。

質が悪いしリスクがあるのであれば単純に禁止で済む話ですが、機械翻訳が向上して、質が良いがリスクのある例が増えると話はさらにややこしくなります

OSS翻訳者コミュニティ機械翻訳の利用についてそのプロジェクトで使って良いか方針を定めてやっていくしかなく、後からコミュニティに入っていくような人が機械翻訳を使いたい場合コミュニティ方針確認した上でやっていくしかないんだろうなあと思うところです。

はてブで「スパム」と指摘するやつ

趣旨理解できるけれど、直接ブコメタグで指摘するのは止めようねというお話

はてなブックマークにおける現状でのスパム対策について - はてなブックマーク開発ブログ

たとえ悪質なスパムであった場合でも、はてなブックマークコメントで直接スパム行為を指摘することは、特に下記のような理由から効果的ではありません。

コメントスパムを行っている記事管理者によって非公開にすることが可能です

管理者によりコメントが非公開とされれば指摘は無効となります

ブックマーク数は加算されますので、スパム記事に対してブックマーク数を与えてしまうこととなります

メタブはどうかな。やっぱり止めておいた方が良いかな。

鬱陶しいと思うよ。スパム邪魔だよね。

でも、それ以上に、その指摘が咎められてはてブが使えなくなったりするのは嫌だろうし、こちらから見られなくなるのは悲しい事なのね。

じゃあどうすればいいか?というのは、通報の仕方を広めて人数対人数の勝負にするしか無いと思う。

スパム判断は全て、はてなが行う。ユーザー淡々通報するのみ。

こちらもスパムを行うユーザー挙動確認して通報しているよ。

 

多分見ているからここに書く。でも上のエントリブクマしてるんだよね…

2017-02-24

ソシャゲユーザーってなんであんなにキモいの?

内輪ネタで盛り上がる俺たちサイコー

運営のやることすごすぎwww運営ほんと馬鹿だなwwwスゲーよ!www

みたいなノリとそれに便乗する同人ゴロ

死んでくれ

[]デカ仕事くれ

33歳にもなって何言ってんだって感じだけど、やっぱり学生ベンチャーだった何かには結構憧れがある。

ホリエモンライブドアを作ったのはいつだったかは知らんけど、ワイより若い段階で一千万クラスユーザーが利用するサービスを作ったことはワイにとって憧れであり嫉妬のものである

ゲイツもmasasonもジョブズも多分ワイより若いタイミングでかなりデカ事業を講じていたはずだ。

何故ワイにはそれが出来ないのか。

(ポプ美ちゃんのぐぬぬ顔で)

仕事は貰うものじゃなくて作るものだというのはわかるよ。でもその作るための人だったりお金だったりが無い! 助けて!

はてなーメンタル強者なの?厚顔無恥なの?

あれだけすべるリスクがあるのにユーザー名付きでコメントするとか正気じゃない。

名前隠して楽しくやろうよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170224033912

はてなについて言えば、ユーザーがみんな歳をとったんだよ。

そんでなんとなく流れで結婚してまあやっぱ当たり前だしって子供を持ったりしてるわけ。

そこまで行ったらあとはもうその状況ありきでやっていくしかないわけだ。結婚して子供時間を注ぎ込んで育てることこそが絶対的幸福なんだと思っていくしかない。

その結論は決まっているから、そこから自然に導かれる帰結として長時間労働絶対悪と考える。そう考えないと全てが矛盾してしまうんだよ。

2017-02-23

長時間労働こそ成功への道

産業医長時間労働への批判記事が載ってるけど全く馬鹿げていると思う。

世界の国と競いあうためには長時間労働必須だぞ。

外人と一緒に働いてるが(と言うか俺が外人になってしまうんだが)インド人中国人アメリカ人韓国人も二流以上の人材はよく働くよ。週に30ぐらいの残業普通にやる。

しか一般人はそんなに働かないのも多い。それはそれでいい。日本もそうすればいい。

でもはてぶユーザー社会派の順エリートだろ。一応社会派きどってんだろ?

エリートクラス以上がそんなことでどうするの?

国債の格付けだけではなく技術力までボツワナレベルになるぞ。

ブクマコメ見たよ。そして失望したよ。まともなことを言ってるのが数人しかいない。(munioka303 hajimechan0323 JohnP)

hiroshe 同調圧力の高い日本では個人問題で済まなくなんだよね

これはまさしくその通りなんだが長時間労働を一律規制すべきじゃない。同調圧力こそ解消すべき。

現にこのブコメ見てみてもわかるが長時間労働=馬鹿って言う論調一色

munioka0323も指摘してるが少し前の長時間労働強制文化となにも変わってない。

アルファブックマーカーは誰だ2017

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ」 http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20081016/p1 を参考に

このエントリでは当時10ブクマ以上付いたエントリについて1〜10番目にブックマークした人の統計が行われていた。

手元にあるデータでそれと似たようなことをやってみた。

アルファブックマーカーは誰だ」の人たちはまだ10番目以内のブクマを続けているのだろうか?

2008年10ブクマ以上直近9,587エントリからデータ2017年は1,400件のホットエントリからデータなのでサンプル数に6.8倍の差があるのでそこは差し引いてみてほしい。

大抵の人はペースを落としたり、引退したりする中、b:id:REVb:id:advblogは9年前とほぼ同じペースでブクマを続けている鉄人ブックマーカーらしいということが分かった。

ユーザー 2008年10月 2017年1月
b:id:Ubuntu 5339 0
b:id:andsoatlast 1422 18
b:id:westerndog 1353 1
b:id:yachimon 643 3
b:id:RanTairyu 530 0
b:id:yamifuu 523 10
b:id:fs001493 486 0
b:id:kitakyudai 458 0
b:id:zyugem 427 8
b:id:REV 421 46
b:id:sankaseki 414 3
b:id:nkoz 392 10
b:id:Doen 368 0
b:id:kanose 325 4
b:id:ululun 319 0
b:id:advblog 307 50
b:id:kosyu 294 0
b:id:ruku 293 0
b:id:zephyr_82 288 0
b:id:yukitanuki 281 0
b:id:b4-tt 279 0

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2005年2008年 http://anond.hatelabo.jp/20170220185611

ホットエントリに付いた公開ブックマーク10番目までに名を連ねた方 2017年1月

かつてのb:id:Ubuntuのような圧倒的なブクマ数の人はいなくなり、多くの人は入れ替わった。

ユーザー 回数
b:id:pikarin1404 191
b:id:a-aaa 159
b:id:meromeropi888 135
b:id:tarosukegr 114
b:id:kenzy_n 83
b:id:jt_noSke 80
b:id:ochiaihideki 65
b:id:netcraft3 64
b:id:mur2 52
b:id:advblog 50
b:id:REV 46
b:id:azumaon 46
b:id:gaojin2180 45
b:id:yasuhiro1212 44
b:id:death6coin 42
b:id:ksk130421 41
b:id:dogear1988 38
b:id:Hiro_Matsuno 37
b:id:QJV97FCr 35
b:id:cj3029412 34
b:id:kumatarou3rd 34
b:id:Unimmo 31
b:id:aoiakitaaoi1 31
b:id:yas-mal 30
b:id:kash06 29
b:id:tanemurarisa 29
b:id:c_shiika 27
b:id:freelifebyhiro 25
b:id:straychef 25
b:id:toshi19650104 25

ここと同じデータを使ったエントリ http://anond.hatelabo.jp/20170223203211

追記

集計方法は変わっているが2011年版もあった。

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ 2011」http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20110226/1298683934

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2009年2012年 http://anond.hatelabo.jp/20170220190017

ホットエントリファーストブックマーカーは誰か

2017年1月の全ホットエントリに付いた公開されたブックマーク

ここと同じデータを使ったエントリー http://anond.hatelabo.jp/20170219233955 細かな但し書きは同じ

非公開ブクマもあるのでこの方達が本当の1番乗りだったか保証できない。

ホットエントリファーストブックマーカーは誰か

面白いエントリを探してきてくれるハンター

特定の分野、サイトを定点的に見張っている人が多そうな感じ。

ロングテール部分が長く、1400記事中3回が41人、2回が134人、1回が719人。

ユーザー 回数 数ページ見ただけのレッテルでごめん
b:id:aukusoe 15 増田ウォッチャー
b:id:cloq 11 増田Twitterウォッチャー
b:id:meo4uxr35 11 朝日新聞ウォッチャー
b:id:death6coin 10 ニュース増田ウォッチャー
b:id:jt_noSke 10 世の中、政経ニュースウォッチャー
b:id:saranariya 10 テックニュースウォッチャー
b:id:sugimurasaburo 10 増田ウォッチャー
b:id:associe2010 9 Yahoo!ニュースウォッチャー
b:id:kash06 9 増田ニュースウォッチャー
b:id:buzama-www_pipipipipi 8 ブログウォッチャー
b:id:freelifebyhiro 8 GIGAZINEウォッチャー
b:id:kazukingdamn 8 NHKウォッチャー
b:id:tanemurarisa 8 エンタメニュースウォッチャー
b:id:Unimmo 7 世の中、政経ニュースウォッチャー
b:id:entrry 7 世の中系ニュースウォッチャー
b:id:Baatarism 6 世の中、政経ニュースウォッチャー
b:id:a-aaa 6 世の中、政経ニュースウォッチャー
b:id:msdbkm 6 増田ウォッチャー
b:id:netcraft3 6 世の中、テックニュースウォッチャー
b:id:togetter 6 Togetter公式アカウント
b:id:wideangle 6 世の中、政経ニュースウォッチャー
b:id:Barton 5  
b:id:KoshianX 5  
b:id:REV 5 ブログニュースウォッチャー
b:id:gogorou 5  
b:id:lacucaracha 5  
b:id:mkt 5  
b:id:shiumachi 5  
b:id:sny22015 5  
b:id:and_hyphen 4  
b:id:asciiweb 4  
b:id:c_shiika 4  
b:id:hmmm 4  
b:id:imatomo78 4  
b:id:isikasa 4  
b:id:kohemaru20 4  
b:id:linuxdiary 4  
b:id:masaki709 4  
b:id:mizchi 4  
b:id:pamcn 4  
b:id:scopedog 4  
b:id:silverscythe 4  
b:id:tanimaru1018 4  
b:id:umi1334 4  
b:id:yamajii 4  
b:id:yu-kubo 4  

ホットエントリセカンドサードブックマーカーは誰か

新着エントリーリスト入りの鍵を握る2,3番めのブックマーカー

こちらもロングテールが長く、1705人いた。

ユーザー 回数
b:id:a-aaa 73
b:id:Nettouochi 20
b:id:freelifebyhiro 16
b:id:jt_noSke 14
b:id:c_shiika 13
b:id:hanakobookon 13
b:id:mur2 13
b:id:REV 12
b:id:msdbkm 12
b:id:hungchang 11
b:id:death6coin 10
b:id:pikarin1404 10
b:id:sabacurry 10
b:id:advblog 9
b:id:k45115 9
b:id:kaionji 9
b:id:kash06 9
b:id:kenzy_n 9
b:id:laislanopira 9
b:id:meromeropi888 9
b:id:minonet 9
b:id:toya 9
b:id:Hiro_Matsuno 8
b:id:dogear1988 8
b:id:maturi 8
b:id:meo4uxr35 8
b:id:netcraft3 8
b:id:pseudomeme 8
b:id:tarosukegr 8
b:id:yem3399op 8
b:id:yukimori_726 8
b:id:KoshianX 7
b:id:entrry 7
b:id:gaou2 7
b:id:kangiren 7
b:id:taguchizu 7
b:id:tanimaru1018 7
b:id:wideangle 7


増田に関しては過去もっと詳細な分析が行われていた。

増田1stブックマーカーランキング http://anond.hatelabo.jp/20161008171304

http://anond.hatelabo.jp/20170223013608

そもそも最近の「おっさん臭い」的批判って

実際には10代のユーザー発言なのをこじつけおっさんということにしているのも結構合って信憑性がだいぶ低いように思えるし

あんまり気にしないほうが良いのかもしれん。

だいたいハイティーンだの20代前半だのをストレートおっさんに加えてる感覚発言も多いように思えるから

本来意味でのオッサンというか中年男性話題なのかどうかすら怪しいものがたくさんあるし。

2017-02-22

はてなブックマーク実際のユーザー2008年5月

http://anond.hatelabo.jp/20170222214739ホットエントリブクマする層のみを追跡したが、実際何人いるのか数字を見かけた記憶がない。

2008年記事によるとアカウント数は15万人だったらしいが、あまり突き詰めて分析していなかったようだ。2008年5月から記事アクティブユーザー8,147IDの約1年後、20,011IDの約2年前の話ということになる。



naoya氏のインタビュー記事「今夏に新はてなブックマーク登場--その進化情熱

2008年05月13日 08時00分 https://japan.cnet.com/article/20372715/

 いま、登録ユーザーさん、要ははてなブックマークアカウントを持っている人が15万人ぐらいで、アクティブ率は正確にはわからないんですが、半分弱ぐらい。何をもってアクティブにするかという問題もありますが、6, 7万人くらいの人がアクティブに利用していて、あとはてなブックマークを見ているだけの人が300万人ぐらいいます

 その300万人というのも、月間ユニークユーザーというデータですので、ピンキリですね。検索エンジン経由でやってきてちょこっと見たというだけの人と、ブックマークはしないけれど毎日見ている人とでは全然違うと思いますが、把握している範囲ではそういった感じです。



2008年だが別の角度からはてなブックマーカー分析されている方がいた

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ」 http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20081016/p1

最初10ユーザーに注目して分析が行われている。



はてなキーワードnaoyaの項目がnaoyaではなく元ZOOダンサーになっているのが時の流れを感じる。 http://d.hatena.ne.jp/keyword/naoya

はてな社員は項目にならないのかとも思ったがreikonreikon解説されている。はてな社内ではタブー扱いなんだろうか?

補足)はてなブックマーカーはどれくらい継続して使っているのか

http://anond.hatelabo.jp/20170222191540 の詳細なデータ。他の年の情報も追加した。

アクティブはてなブックマーカーのうち2005年からいる人はおおよそ0.8%、2007年からいる人は7.2%らしい。2015年にいたユーザーも半分くらいの割合はてな文化が移り変わっていくのも納得できる。

3つめの表はやめていった人たちの割合。表を作っているうちに慣れてきてこんなものなんだろうと思えてきたけど、計算してる最中は入れ替わりの多さに驚いた。

スパム目的で作られたID使い捨てられているのかもしれないが、かつても2,3年で半減を繰り返していたようなので自然ことなのかもしれない。

共通するID数\古参ユーザー比率

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 3.0% 2.0% 0.9% 0.8%
2007年3月 496 8,147\ 19.8% 8.6% 7.2%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 24.0% 19.7%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 44.2%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

いなくなったID数\増えたID

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 7,651 19,619 26,449 30,200
2007年3月 423 16,053 24,384 28,237
2010年3月 527 4,189 20,291 24,440
2015年3月 676 5,839 13,610 16,978
2017年1月 688 5,953 14,020 13,239

共通するID数\継続割合

(※アカウントごと消してやめた可能性もあるのでこっちは信頼性の低い数字)

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 54.0% 42.7% 26.4% 25.1%
2007年3月 496 8,147\ 48.6% 28.3% 26.9%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 32.0% 29.9%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 50.4%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

当月内に当月のホットエントリブックマークを付けたユーザーのみの統計

ホットエントリブックマークを付ける層のみが対象となる

アカウントに切り替えた人は追跡できない

アカウントを消してやめた人は追跡できない

非公開ブックマークをしている人は追跡できない

追記

2017年1月は8,250IDが月間1ブクマ2015年3月は7,597IDが月間1ブクマ、ここらへんの人が0か1かくらいの値を行き来しているとすると、そのオーダーの誤差が含まれている可能性がある。

2017年1月に1ブクマしかしていないユーザー2010年ブクマしていたユーザーは1,122ID2007年ブクマしていたユーザーは400IDいた。

2007年3月の1ブクマユーザー1,887ID中で2017年継続して使っているのが確認できるのは295ID

アクティブはてなブックマーカーのうち2010年からいる人は20%

当月内に当月のホットエントリブックマークを付けたユーザーのみの統計

2010年3月2017年1月ブックマークを行った 5,991 ID

2010年3月ブックマークしてたがもう居ない 14,020 ID

2010年3月には居なかったご新規さん 24,440 ID



アクティブはてなブックマーカーのうち2010年3月からいる人は 19.7%

2010年3月にいたユーザーで今もまだ活動しているのは 29.9% (※アカウントごと消してやめた可能性もあるのでこっちは信頼性の低い数字)



ホットエントリブックマークを付ける層のみ対象とした統計

ここと同じデータを使ったエントリー http://anond.hatelabo.jp/20170219233955

細かな但し書きは同じ

ニンテンドーアカウントユーザーID騒動

最初結論

勝手勘違いした人が大騒ぎしてるだけ。

http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20170221-40966/

原因

はてなでもTwitterでもユーザー固有のユーザーネームを持ってるからニンテンドーアカウントにもあるだろうという思い込み勘違いの元。

ニンテンドーアカウントユーザーネームがないアカウント

なぜなら必要いから。

ユーザー固有のページもなにかユーザー指定する機能もない。

ユーザー名前ニックネームで設定。

それで重複も気にせず好きな名前を使えるので何の問題もない。

(当然内部的には重複しないIDを持ってる)

ニンテンドーアカウント新規登録ログイン方法は5つ

  1. メールアドレス+パスワード
  2. ニンテンドーネットワークID連携
  3. Twitter連携
  4. Facebook連携
  5. Google連携

ユーザーIDを設定してもユーザーID+パスワードでのログイン方法が増えるだけ。

このユーザーIDログインしか使わない。

他人からは一切見えない。

はてなと同じID取ったとか書くのはログイン情報を半分教えてるだけ。

具体的に

Twitter連携新規登録したとする。

メールアドレスユーザーIDパスワードもない。

でもTwitterアカウントログインできるのでニンテンドーアカウントは使える状態マリオランやFEHの連動はできる。

ニンテンドーアカウントスマホしか持ってない人にも登録してもらう必要があるのでこれで登録できるようになっている。

ここからメールorユーザーIDパスワードを設定すればパスワードでもログインできるようになる。

ユーザーIDメールアドレス持ってない人でも設定できる。

今時はメールない人もいる。

ユーザーIDを設定するのはこういう場合

なのでもちろんユーザーIDの設定はニンテンドーアカウントができた当初からある。

スイッチのために新しく追加されたみたいに書いてるのは間違い。

(実際はメール必須かもしれないけど試せないので未検証

任天堂は何も言ってない

スイッチユーザーIDを使うから設定しとけなんて言った?

言ってない。

何も言わないのは設定する必要がないから。

スイッチで使われるとしてもニックネーム



結論ニンテンドーアカウントユーザーIDは設定しなくていい。

ゲイオープンで恵まれてるけど生きづらい

カミングアウトなんて言葉自分には合ってないくらい、そもそもクローゼットもなくて、親、友達職場自分ゲイだって知ってて、彼氏も紹介しまくってて、

幸いにも、強い差別劣等感ゲイであることに関して与えられないで、アラサーまで生きてきたけど、

生きづらくない、なんてこともなく、結局生きづらい。

オープンなだけであって、クィア的でない、積極的権利獲得家なわけじゃない。というかオープンってなんだ。隠す意識ほとんどなく来ちゃったよ。

からLGBT」界隈で浮く。自分マイノリティとしての思いみたいのはあるんだけど、「LGBT」のテーマあんまり重なっていなかった。

ホント批判とかじゃなくて、もう、なんか自分ぬるま湯甘ったれて恵まれててすんません、ってなる。話せなくなる。

権利とかもちろん保証されたいし(彼氏同棲してから将来の不安とか考えるようになった)、遺族年金裁判も気になるし、

でもこういうのってマジョリティ政治参加な気がして、葛藤する。んなのどっちでも正しいのに、オープンで恵まれてる自分葛藤してるのとかクローゼットの中だ。クローゼットあったわ。

いや、彼氏に話すけど。いや、でも夫に妻に政治の話をするのか? いや政治の話ではないし。なにこれ。社会通念との軋轢? いやマイノリティ社会に溶け込めないマイノリティ

というか恵まれてるのか?

……恵まれているのかって考えると、恵まれてるんだよな。生きてるし。自殺する人、多いからつらい。

まれてたら、恵まれない状況になるまで健康に生きるしかないのか。

法律が変わるのはいつも悪いことが起きてからから、本当に真面目に政治のいい国の国籍を取る方が現実的なんじゃないか、とか考えちゃうのいやだ。


この前、フェイスブック結婚ラッシュ見てて、けっ!って思って、自分結婚指輪買ってプロポーズしたぜって投稿したら(実際去年同棲中の彼氏にした)、

いやそんなにユーザーいたの? 普段いいねって2、3件じゃん!って突っ込みたくなるくらい桁が二つ違ういいねとかがついて、俺そんな友達いた?ってなった。

なんか、こういういいねが1万集まったら、内縁関係認めまーすとか、保険は無理だけど年金は認めるよとか、遺産関係以外のお金簡単に認めらんなくてねぇ、戸籍上の表記くらいはさせましょとかしてくれればいいのに

あー、政治的


逆に、じゃあノンケ友達女子友達に、話せるかって、いや話した所で……ってなる。話すけど。

そういえば昔、高校同窓会公務員になった同級生に、みんな(性的少数者)がまとまれ法律はすぐ動かせるでしょ?とか言ってきたけど、

いや、もうホント誰かまとめてよ、ってなる。

クローズオープンも正しいのに、両立できないの疲れる。

いや確かにクローズ社会的障壁だと思う。でもなんかそうかな? 別に言いたくないことを言わされる必要ないし。

なんで秘密にするのかって話になると、体裁とか学校とか思春期とか教育とか価値観とか親とか、色々言われるし、全部しっくり来るし。

それ聞いちゃうと、よくもまぁ自分は全部かいくぐってきたなって思うし。

ずっとクローズでもいいじゃん。って本当に思うから本当に会う人に言ってるんだけど、

オープンのお前に言われたくねぇ、みたいになるから、結局そもそもオープンのお前に言われたくねぇって面と言ってくれる関係の人としか話してないな。

そう考えると、別にオープンなわけじゃなくて、生きやす人間関係の方へ流れていってるのか。

嫌なやつからは逃げてる。ということは、やっぱり自分マイノリティ性ある?

いや、嫌なやつとか普通に他の人と変わらない率でいるよ。戦う時もあれば、逃げる時もあった。

贅沢なのかな。贅沢なんだろうな。

とっととゲイとか普通になんないかな。

オープンだと、ゲイとか初めて会ったとか言われんの。バカなの?

たかもしれないけど、って添える人、ありがとう精神的波風立てないの大事

でも、オープンとしては、そもそもオープンに話したいわけで、別に取り立てて自分ゲイであることが重要でないわけで、

もっとね、さらっと流そう。

と上からで言ってみても、そもそも、さらっと流せる人だと思えた時点でしか言ってないわ。ちんちくりんだわ。

中学ん時はめっちゃ喧嘩したな。喧嘩しといてよかったな。キモいかいうやつにブチギレてたな。

なんでゲイであることに自信あるんだろうと考えても、別にないし、自尊心も大してないし、鬱になったことだって普通にあるし、鬱治ってんのかって言われたら治るとかってもんじゃねぇしって言い返すし、

あーでも一つは親はあるんだろうな。

12歳の時に言った時、ダメだったら家を出てどうにでも生きてやろうって思ってたな。そういう意味では自分普通じゃないって自覚してたな。

拍子抜けした。

今になって母と話すと、当時は母はそういう相談ダイヤルとかも使ってみたり、LGBT家族的なのも調べたりしてたらしくて

(当時、親に衝撃を与えていたのを気づかなかった。気付かなかったもんだからそれから親の前でもイケメン筋肉芸人とかに普通にハマったりしてた。ポスターとか貼ってた)

そういうとこでの色々な違和感とかも感じたり、もちろん違和感だけじゃなかったけど。違和感があったからこそ(多分俺がゲイであることに悩んでなかったから)、

最終的に、俺は俺だしいっか、ってなったらしい。


うん、恵まれてる。


生きづらいだなんて、口が裂けても言っちゃいけない。



でも政治的オープンゲイによる強制オープンはよくないって常々思うから自分はそういうオープンにはなりたくないなってクローズ友達の前で少し気をつけてるかも。

なんで俺がゲイ同士に挟まれにゃならんのだ。



もう、極端、やめよう!

オープンクローズも同じように保証しましょ。現状通りか。

えーでも、金持ちになって子育てとかしたいわ。悪影響とか言われても知らんわ。国内に敵がいるなら海外で育てる。

そんなに金ないや。

まれるの早すぎたのかなぁ。同性で子供つくって育てる未来の方が生きやすかったかなぁ。

ゲイで、オープンで、同棲してて、

それ以上を望むなってプレッシャーは嫌だし、じゃあ権利獲得に尽力しろっていうのも。

グラデーションの性のように、政治的グラデーションゲイでいいじゃん。ってか政治的グラデーションノンケばっかりだよ世の中。

いや、何が言いたいんだろう。

わりと、普段からこの微妙オープン性のせいで極端な意見ばかり聞かされてるのかもしれない。

ノンケからしかり、女子からしかり、クローズからしかり、クィアからしかり、

アメリカみたいな劇的変化もいいけど、まぁ、なんか取り立てて、とっとと普通になればいい。

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170221233207

それは知ってるけど、すずさんは広島まれっていうネイティブ猛虎弁ユーザーのはずなのに「~ですけぇ」って言ってるのも微妙になんか違うなあとも思ってたりする。

広島の人が本当にこういう言葉遣いするか知らんからだけど)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん