「憂鬱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 憂鬱とは

2016-07-30

話のネタを作るために休みは何かしないといけないと思ってしま

休みには限らないんだけど

本来自分あんまり色んなことをしたいと思わない。自分の好きな趣味、まあ大体オタクな奴だがそれを1人、または気の合う少数の人と続けられたらいいと思っている。長い休みの大体は家でゲームしたり漫画読んだり本読んだりまったりしていたいと思う。あんまり大多数の人と話すことは好きじゃないか飲み会とか付き合いとかはしたくない。結婚他人と同じ空間で気を使うのは家族で懲りたからしたくないと思っている。

しかしいつからか、例えば長い休みになると自分趣味ばかりするのに不安を感じるようになった。そして何か人に言える行動、例えば「適当なとこに旅行に行く」などの行動をするようになった。他にも学生時代、何かをやらないといけない気がすると思って「人に話せる活動」をしてきた。まあある程度は自分が楽しめることを選択したが、それでもやはり一番やりたいことといえば「オタクなことをしていたい、たまに好きなところに出掛けたい」ということだ。しかオタク趣味は、オタクではない人には殆ど話せない…、のでその代替を考える必要がある。

なんとなく何かをするにも「人に話せるか話せないか」をある程度考えるようになった。1人で行動することが好きなことは異常な奴なのではないかと思うようになった。

多分これから歳をとるにつれ、もっとその思考が強くなるのかもしれないと思うと憂鬱だ。

この先、特に結婚については人の目線がすごく気になるようになってしまうのではないか。今は家族に仲が悪い人がいるのが原因で結婚はしたくないと考えているが、周囲が結婚するにつれ世間体を気にするようになるかもしれない。結婚していない自分は周囲に比べて異常なやつと思ってしまうのかもしれない。その気になったところで結婚出来る相手が見つからないという問題はひとまず置いといて。

分心の強い人なら「自分自分だ、他人の目など気にしない」という考えをすることができるのかもしれない。しか自分はその様に自分を通してみたいと思ったが無理だった。そんな度胸自分にはなく、どうしてもある程度他人の目を気にしてしまう。今思うと所謂キョロ充というやつなんだろう。

特に女性は誰かと表向きは仲良くすることが求められる。コミュ力重視。和をもって尊し。個性より協調性結婚子供産めなくなるから早めにしたほうがいい。女でぼっちな奴は異常。というかメンヘラ。女で1人で行動する奴は変。独身女性おかしい。

飲み会自由参加(という名の強制参加)、同期とは仕事関係だけじゃなくプライベートもある程度共有しよう!同期の輪を広げよう!


まだ若いうちはこんなんでもいいが歳をとるといよいよ許されない気がする。女性の加齢は男性に比べて外見上価値ほとんどない。醜さが際立つだけだ。

しろおばちゃん、お婆ちゃんの存在になったらどんなんでも許される気がしないでもないが。中途半端が一番…

「いい歳して〇〇なんて」「いい歳して幼いよね」いつかこんな言葉を言われることが一番怖い

今は「少し浮いてるよね」みたいな言葉をもらうことが一番恐怖

2016-07-29

毎日パソコン教室みたいになる職場

最初に言っておくと単なる愚痴です

今の時代パソコンがなきゃ仕事にならないという職場が全てではないにしろほとんどだと思う。自分職場書類作成メール情報のやり取り、独自ソフトでの給与計算などを主な目的として使用している。

なのにパソコンがまともに使えるぐらいの人が20人中自分を含め4人しか居ないような職場だ。

毎回出勤すると残りの16人の誰かからワード操作方法での質問ファイルの開き方、ファイル名変更のやり方、ファイルの閉じるやり方、印刷のやり方、入力文字を間違えた時の修正のやり方、ダブルクリックができない人にはまずマウスの持ち方から。そんなのを毎回教えてるような職場

一度や二度触ったぐらいじゃ覚えきれないのは十分分かってる。分からない物を使うこと、使うことで壊すかもという不安から積極的に触る気になれないのも分かるがその前に仕事にならない、5分で終わるような書類作成に30分、40分もかけてるような事から問題だとなぜ思わないのか。

問題だと思えば本を読んで学ぶとか、パソコン教室に通うとか自分から行動を起こすというのが自然になるのではないか

中々覚えられない人にはメモをとってもらうとか初めてパソコン触りますみたいな人にはパソコン用語を一切使わず身近な言葉だけで説明するとか気を配ってもほとんど意味がない。

今までどうすれば分かりやすいかとか、覚えてもらえるかとかを考え込んで自分ができる最大限の教え方をしてきたが何も変化がない状況にうんざりしている。

パソコン教えて」という言葉から今後自分から怒りという感情が生まれしまいには怒鳴り散らすような未来予測して更に憂鬱になる。

2016-07-27

あなたエニアグラムタイプ9かな?

http://anond.hatelabo.jp/20160725201635

髪の毛はあなたの一部か?毎日200本くらい抜けているらしいが、憂鬱かな?

胃壁なんぞ、一週間でほとんど全部入れ替わるんだぞ。どう思うよ?

「死」という言葉シンボルへ、あなた心理的に何か別の恐怖のアンカーがついているのかもね。

2016-07-26

家事向いてない、家に帰りたくない

夫婦共働き子供なし。結婚前の同棲段階でわかっていたことだが、二人とも家事が嫌いだ。家事というか片付けが苦手。


  • メシを作る→食器を洗う(ここまではやれる)→食器棚に片付けることができず水切りかごから直に使う
  • 洗濯機をかける→干す(ここまではやれる)→取り込んでたたむことができず直に外して着る
  • 掃除機をかける(ここまでは頑張ればやれる)→床には置かないが、テーブルとかカウンターには物だらけ(しまえない)

こういう感じ。

お互い家事が苦手なのはわかっているので、家事の分担をきっちり決めたりはしていない。

部屋きたねーなーとは思うが、二人して仕事が忙しいのもあり、本当に目も当てられない状態になったら週末を使って一気に片付ける(そしてまた汚れる)というやり方でまぁそれなりに回っていた。



ところが最近になって、自分仕事比較的ラクになった。なってしまった。

家にいる時間自分の方が長いし、相手は疲れて帰ってくる。それはわかる。でも片付けられない。

部屋が汚くて家にいると落ち込む。でも片付けられない。片付けに着手することを考えるだけで憂鬱になる。

二人とも忙しければ、平日は手が回らないよねー週末も体力回復に充てたいよねーでもまぁいい加減汚いしやるかー、という感じで、「これは二人の問題ですよね」と扱えたからまだよかった。

最近は「こっちの方が時間あるんだからやるべきなんだろうな」というプレッシャーがあって、実際、相手のやる量は目に見えて減っているし、いつの間にか自分仕事と化していてとてもつらい。

部屋が汚いのが自分ひとりの責任になってしまった。

変な話だけど、また忙しくなってほしくて仕方ない。本当に家に帰りたくない。本末転倒すぎるけどいっそ転職したい。

2016-07-25

自分冷たいやつだなあという瞬間

家族からぬくぬくと育てられて

「お前は優しいやつだから

と言われながら育った。


何も疑わなかった。

「俺は優しいやつ」というキャラ意識しながら今まで生きてきた。

友達からも「お前は優しい」「○○くんは優しいよね」って言われて

まぁニタニタ笑って生きてきた。


いまは大学生になって、地元からも離れて過ごしている。


最近は、他人グループ作業をするたびに思うのは、

自分は本当に自意識過剰で、それまで自分が優しさと感じていた自らの行動は全て、自分のために行ってきたことで

本当は自分は優しい人間なんかじゃなかったと気づいた。


誰かが本当に他人へ尽くして頑張っている姿を見たり、感謝気持ち友達にお祝いしてあげているシーンを目前とするとドキっとする。


自分はどこかで人に感謝しても、何かをしてあげても、腹の奥底では「これは単なるポージングであって、本当に感謝してないんだ。この行動によって、将来的には自らに良い影響で返ってくるはず。これは未来自分のための行動。」なんて思う。

就活なんてほんとうにそうで、就活のために就活に有利になることなら、その行動に気持がなくても単なるカタチでしかないことを一生懸命になっている。


から自分と深く関わっている人達は、いずれ自分本心を察して「こいつはマジで仲間のことなんかこれっぽっちも考えていなくて結局自分しか考えてねーじゃん」なんて思ってるんだろうなって思う。


何か人間関係でトラブったとして、その場しのぎでまずは下手に出て謝る。ただこれもまた、ポージング。内心では「おめーだって悪いじゃねーか。クソが。」って思う。ただ、そんな風に感じていてもSNS他人に直接ぶつけることはない。そうすることで他人からは「優しいやつ」というイメージを保ってきた。マジでやなやつ。

そんな自分嫌悪感を抱いて、つらくなる。


自分冷たいやつだなあ、そんな風に思う日が多すぎて憂鬱

http://anond.hatelabo.jp/20160725004750

逆や。うちのだんな地方単身赴任で月1ぐらいで帰ってくるけど、そのたびに体を求められるから憂鬱じゃ。

セックスしに帰ってきてんのと違うかと思うぐらい。

2016-07-23

来月からまた別の現場になる。

短期仕事が終わってすぐ次の現場

ここ数年ずっとそんなペースだ。

しかブラックプロジェクトに高確率で当たる。

異動希望は通らなかった。

昨日次の現場の話を聞いてからずっと憂鬱で変な動悸もする。

思ったより精神的に来てる。

そろそろ辞め時なのかもしれない。

2016-07-22

独身非正規が30歳になったらなんにも興味を持てなくなった

昔は1年で300冊近く小説経済学社会学心理学の本を読んでいたけど、

いまでは読んでもちっとも面白くない、というか読んでもどうせムダと思ってしまう。

人生好転させる読書なんてありえない。

優秀な正規社員様の世界ではそうじゃないのかもしれないが、俺の世界ではそうだ。

先月もバタイユを借りてきたけど、一ヶ月かけて半分も読めてない。過去にはありえない遅いペースだ。

から恋愛には興味がないから、恋人結婚子供がいればなぁとか考えて悩んだりはしない。

ただひたすらつまらない。

兄貴彼女に、家族みんなで出かけよ~よ~と誘われるのだが、ひたすら苦痛だ。

たとえば、都内の高級料理に誘われても、

どうせ卑しい服装しか持ってないのにめんどうだな~

旨いものなんて食わなくていいのにめんどうだな〜と考えてしまう。

テーマパークにみんなで行こう〜と言われると、

家族はい不快な思いをさせないように一日気を使わなきゃメンドイ〜と憂鬱になる。

世間一般の30歳は何を楽しくて生きてるのだろう、と思う。

多分聞いてそれをやったとしても同じように楽しくは感じられなさそうだが。


ちなみに運動とか瞑想とかジョギングとかは定期的にやっている。


2016-07-19

憂鬱連休明け

STGサントラでも聴いてテンションを上げて出勤。

くっそ今週もめんどくさいが、

仕事やっつけてしまおう!

今日デトックスシューティングPSPSTAR STRIKE PORTABLE

パターン化できないしアドリブ力が試されるわ!

己の腕を信じるのよ!



すいすいすいようび

今日も頑張ろう!

って月曜日だと思ったら

きょう火曜日だったわ!

ややこしいわ!!!

2016-07-18

東京家賃バカすぎる。東京住人教えて!

転職東京へ。

提示年俸は400万強。ボーナスなしで毎月年俸12分割した額が給料残業代別に出るらしい。でも家賃補助はなし。通勤費は出る。

部屋探し難航中。

体力がないので少々高くても職場に近いところを、と考えていたけれど、無理かも。



現在住んでるとこは地方都市新築駅近広々1LDKが6万とか。

この予算では東京で住みたい路線では古い6畳ワンルームくらいしか借りられない。

一人暮らしだけど料理趣味でがっつり自炊派なのでキッチン周りは充実してた方がいい。

となるとこれならと思うような部屋は全部9〜10万円台。

それでも1k~1DKの25平方mとか。狭い。辛い。

10万なんて、私の実家のあたりでは新築4LDK一戸建てが借りられてお釣りがくるよ。



同じ収入東京の人アドバイスくれたら嬉しいんだけど、一人暮らし社会人で25平方mって広さ十分?

家賃10万くらいだと生活きついかな。満員電車って慣れる?

もっと郊外の方だと少しは家賃が安くなるけど、通勤片道1時間以上とか耐えられる自信がない。

通勤時間それくらいの人たくさんいるのは知ってる。

年収400万って東京ではクズみたいなもんかもしれないけど、今の収入と比べたら大幅アップなんだよ。

から生活想像がつかないということもあるんだけど。

仕事決まった時は嬉しくて嬉しくて飛び跳ねた。

でも引っ越し先を探し始めてから憂鬱なっちゃったよ。



年収アップでもQoLは向上するとは限らないのね。

ずっと家探し関係ネット記事を読みあさってて頭がパンク寸前です。

2016-07-14

うまく盛れた日の朝

わたしだけかもしれないけど、

お気に入り可愛いブラを着けて胸を余すことなく盛れた日は、

なんだか自分がすこしいい女になれたようでテンションが上がる。

誰に披露するわけでもないけど。

でも猫背じゃダメだと思って、背筋も自然と伸びる。

ふだんは憂鬱な朝が明るく感じる。



男性にもこういう感覚ってあるのでしょうか。

2016-07-09

いかにして妻との接触を避けるか」に「離婚しろ」とコメしてる奴は全然分かってない

いかにして妻との接触を避けるか」って増田を読んだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160708081215

 

実話なのか釣りなのかしらんけど、すごく共感できる内容だ。

俺の嫁タイプ全然違っていて、たとえば家事はかなりやるほうなんだけど、「着信アイコンを見るたびにつらい気持ちになる」とか「帰宅時というのは一日で一番緊張度が高まる瞬間」みたいなところはスゲー分かるわ。

 

「僕が後から帰宅すると4割くらいの確率ヒステリを起こす」ってのも、感覚としてよく理解できる。ここも俺の嫁タイプが違っていて、俺の帰宅が遅いことを理由にキレるってことはないんだけど、「これをやると4割ぐらいの確率で大騒ぎになる」っていうパターンみたいなのはあるんだよね。

たとえばうちの場合、嫁が帰宅した瞬間に俺がリビングにいたりすると高確率で不機嫌になって、色々なことにケチをつけ始めてだんだんボルテージが上がっていき、そのまま放置すると大爆発まで行ってしまう。疲れて帰ってきた後は1人になりたいみたいだ。だから嫁が帰ってくるまでにやることはすべて終わらせて、寝てしまうか、自分の部屋に引きこもることが必要だ。

俺の感覚からすると、疲れてるのにキレるってのはとても不思議で、キレたら余計エネルギー使うじゃねーかと思うんだけど、まぁそういうものらしい。

 

で、元増田ブコメをみていたら、夫婦喧嘩していると勘違いしているものとか、「離婚しろよ」みたいな声がけっこうあって、「あー全然分かってないコメントだなぁ」って思った。女がヒステリーを起こすのって、同居してる男からみれば病気とか天災みたいなもんなんだよ。だから「揉めてる」って意識は全くないんだよね。

なんか自然災害のようなもので家の中が荒れていて、とても憂鬱なんだけど、べつに夫婦喧嘩しているわけではないからこっちに「怒り」みたいなものも無いわけ。当然、子供愚痴を吹き込んだりもしない。「仲の悪い夫婦って子どもにも悪影響あると思うよ」というブコメがあったけど、あるとすれば「母親感情的不安定であること」の悪影響であって、仲が悪いのとは全然違うんだ。

 

ヒス発動中に嫁が吐く暴言にムカつくことは確かにあるんだけど、だからって嫁と戦おうとは思わないんだよね。とにかく、「早くこの嵐が過ぎ去って欲しい」っていう願望と、「我慢するしかない」っていう憂鬱けがある状態。これ、分かんない人にはほんとイメージできないだろうけど……。

そして我慢して嵐が過ぎ去る(嫁の機嫌がよくなる)と、案外どうでもよくなるから離婚とかそんなこと考えないよ。そもそも子供いるから、簡単離婚するわけにもいかないし。母親ヒステリックなのは子供にとっても辛いだろうけど、いくら辛くても子供にとって母親母親だ。

 

じゃぁそもそもなんで結婚するところまで行ったんだよって思うだろ?

それは、ヒステリックな女でも「機嫌がいい時もあるから」だ。ひょっとしたら増田は、同棲せずに結婚きめたんじゃないかな。別々に住んでると、女の側も機嫌が悪い時にわざわざ会おうとはしないから、結果的に機嫌がいい時にだけ会うことになって、けっこう楽しい思い出が蓄積していくんだ。

 

ヒステリックな女って、24時間怒ってるわけじゃなくて、どっちかというと「感情の起伏が激しい」ってイメージに近いんだよね。 

機嫌がいい時はほんとに良い人なんだけど、突然機嫌が悪くなって、倫理感や道徳感がゼロになり、めちゃめちゃに暴言を浴びせてくるようになる。元増田の嫁が「あんたは何一つ家事をやっていない」と言い放ったってのは、そういう暴言の一つだろう。

凄いのは、機嫌がよくなると、本人は暴言を吐きまくったことを忘れてるんだよね。いや、あえて思い出させれば記憶にはあるだろうけど、何事もなかったかのようにふつうの会話ができるんだ。これは凄いことだと思う。イメージとしては、二重人格だと思えば近いかな。俺には、機嫌がいい嫁と機嫌が悪い嫁っていう、二人の嫁がいるんだ。

 

まあそんなこんなで、関係は続いていくんだ。客観的にみれば、離婚するほうが合理的かもしれない。でもヒステリックな嫁の相手をしている男にとっては、それは離婚理由になるようなものではなく、むしろ己の人生の制約条件として背負っていくべきものだという意識になっているということを、理解してもらいたい。

DV被害者意識も似てると思うので、ほんとはこういう思考ヤバイかもしれないんだけど、まあ相手は女でこっちは男だから暴言さえ我慢してればなんとかなるんだよね。元増田は薬を飲んでいるということなので、もはやそれは物理DVと同じような領域なのではって気はするがw

 

 

 

────

追記。

「それDV被害者典型的思考パターンじゃん」ってコメントぐらいしかこないと思ってたんだけど、意外とみんな、自分体験ベースでいろいろなコメントくれてて面白かった。特にヒステリックな母」についての経験談が多くて参考になったわ。ちなみに、人それぞれ背負ってる経験や考え方が違うので、「賛否」に反応する気はない(賛成されて嬉しいわけでも、批判されて腹が立つわけでもない)。

 

俺の場合、嫁のヒステリー元増田よりかなりマシだろうし、もともと打たれ強い性格から比較的冷静にこういうことを書けるんだけど、本当にひどい場合はそうもいかんだろうな。当然、離婚したほうがいいケースもたくさんあると思う。

ただ、俺が言いたかったのは、そういう人に「離婚すれば?」なんて提案しても意味ないよってこと。俺が書いたような心理構造になってる場合、ぜんぜん響かないんだよね。

それに、「離婚しろ」って提案は、うまく言えないけど軽すぎるというか客観的すぎるというか、なんか当事者目線じゃないところがあるんだよね。子供がいるって事情もあるし、ヒステリーがひどいっつったって、曲がりなりにも好きになって結婚した相手なんだし、できれば別れたくないよ当然。そんな軽々しく離婚なんてできねーの。

 

元増田がどうかは知らないんだけどさ、俺は自分の嫁の暴言をきいてて「ひでーなこいつ」って思うんだけど、他人から嫁の悪口言われたらムカつくよ。

家族ってそういうもんでしょ。子供の頃姉貴が太ってたんだけど、仲悪い時期がけっこう長くて「なんだこのデブ」って思ってたけど、それでも他人から「お前の姉ちゃんデブだよな」とか言われるのは腹立ったわ。

客観的に見ればロクでもない家族であっても、自分にとってはかけがえのないもので、このかけがえのなさが色々ややこしい主観的感情を生み出している。それが家族ってもんだから客観的操作目線で「離婚すれば」とか提案するのは安易すぎると思うわ。家族関係ってそんなに合理主義的にマネジメントできないよ。

 

ブコメで、「妻のヒステリー一方的感情の爆発だから対話なんて無理。母が更年期ヒステリーが酷かったからわかる。ちなみに、うちの両親は別居したらラブラブになった。別居が無理なら、接触を避けるしかいかも。」っていうコメントがあって、これはあり得ると思った。

うちの嫁は年齢的にも更年期ではなく、ヒステリーの最大要因はPMSだと思うんだけど(ただし生理前以外でも盛大にキレるので、PMSだけで説明はできない)、確かに距離を取ってると関係がうまく行きやすくなるんだよね。「揉めない」という意味でうまくいくんじゃなくて、それこそ「ラブ」が復活する感じ。

ただやっぱり夫婦であり子供の両親だから、そう思い通りに調整できるわけでもないんだけど、間合いの取り方でヒステリーいくら制御できかもってのは一つの希望にはなる。別居までいかなくてもね。

 

 

────

追記その2。

つの間にかブクマ数が元増田を上回ってしまっていた。

俺より元増田の方が本格的に辛そうなのだ・・・

2016-07-08

憂鬱くんとサキュバスさん」の作者がtwitter龍驤の話をしてた

なるほど!!

貧乳!世話焼き!!関西弁!!!

ストライクなわけだわ

2016-07-07

死にたさ

はい、というわけでまた死にたさがこみ上げてきたわけですが

もちろん生きていれば辛いこともあれば楽しいこともあるわけじゃないですか

でも辛いことと楽しいこと、総量として多いのは、

はい、辛いこととですよね

人生楽ありゃ苦もあるけど、均せばだいたい苦じゃないですか

当たるも八卦当たらぬも八卦だけど、だいたい当たらないじゃないですか

箱を開けてみるまで生きているか死んでいるかからないけど、だいたい死んでるじゃないですか

じゃあ何で生きてるのって話じゃないですか

生きていれば何かいいこともあるっていうけど、そりゃあ何かいいことくらいはあるよ

でも辛いことと釣り合うくらいのいいことはないよね

圧倒的に辛いこととの方が多いよね

それもこれかますます増えていくよね

体力は落ちていくし、体臭は強くなるし、髪は薄くなるし、良くなる兆しなんてない

貯金もないし、給料も増えないし、もっといい仕事に就けるようになるとも思えない

仕事はうまくいかずに、平謝りの毎日で、

改善余地はあるし、そうしたいとも思うけど、

残業続きの毎日の中で、これ以上仕事のために自分を削ってまで対応しようとは思えない

実力も無いのに、向上心も無い、そんな屑が生きていて何の意味があるんだろう

もう手遅れなんですよ

大脳破壊されてしまっているんですよ

まだ間に合ったとしても、毎日野菜を350グラム食べる気もないわけですよ

そんなことを強いられながら生きることに何の意味があるのか

野菜が嫌いなわけではないけれど、毎日野菜を食べなければならないという義務を負うことが耐えられないじゃないですか

私は野菜を食べるために生きているわけじゃないんですよ

仕事をするためでもないし、ましてや自分限界がどれだけかを知るためでもない

でも他の何か目的理由もなくって、だからといって本当に死ぬ気もなくて、こうしてダラダラと年を重ねていくんだろう

そう考えるとまた余計に憂鬱になっていく

明日賞与支給日なのに憂鬱

出るだけましといわれてしまえばそれまでだが、「出してやるだけありがたく思え」という経営陣の意思が見え見えで素直に喜ぶことができない。

日頃から給与返上して無賃労働でも命を削ってでも労働すべき」と従業員に何のありがたみも感じていない経営陣だから、こちらも報酬に素直にありがたみを感じることはできない。

2016-07-05

「無理をしてはいけない」私の取るべき手段とは

なんだかもうここ数年、うつ病になる2歩手前ぐらいをずっとうろついているのだ。

ノイローゼでもなく、軽めの抑うつ状態とでも言うべきだろうか。

家族が病に倒れ、別件で家族がまとめて鬱になって私を残して心中しようとして、関係ないけど友人は実際に自殺しちゃって、仕事もうまくいかなくて、恋愛失恋続きで……とまるでいいことが無い。

この数年間毎日のように泣いている。普通に映画小説に感動している場合もあるが、ふと過去のことを思い出して涙が止まらなくなったりするのだ。

ひどいときは「死にたくない」「忘れられたくない」「置いていかないで」と声を上げながら泣いてしまう。

しかもこれをやっているのが薄幸の美女ならまだしも、私は初対面の人に「昔柔道やってた?」と必ず聞かれるようないい年した巨漢である。全く画にならない。

もういい加減辛すぎる。もうどうしていいのかわからない。

こういうことを人に話すと「無理をしてはいけない。休むべき」みたいなことを言われることがある。

元々私は「まず与えよ」精神が強く、他人のことを考えて自己犠牲に走ることも多いので、そう言われることはわからんでもない。

しかしどうすればいいのか。

まず仕事を辞めてしまえればいいのだが、そうすると生活手段がなくなる。

家族は今でこそ落ち着いてはいものの上記のようなことがあったのでとてもすねをかじるというわけにはいかない。

カウンセリングには通った。カウンセラーと話をしていると楽にはなるが根本的な解決にはならなかった。

素人判断ではあるが精神科にかかるほどではない。憂鬱ではあっても眠れなくなったり体調不良になったりするわけではないからだ。

それに食欲と睡眠欲はこの数年間ほぼ安定しているのだ。ひどいとき積極的に食べようとは思えなかったし性欲もなくなってやばかったが眠ることはできた。

というわけで体は普通に動いてしまうので明日仕事である

そして人を助けようといろいろ手を回す。誰も恩返しなどしてくれないのに。

自分趣味なんかに没頭すればいいとも言われるが、もはや自分が何に喜びを覚えるのかもよくわからない。

から今まで好きな映画音楽小説学問プログラミングはあるが、どれも私の表面をなでですぐに消えて行ってしまう。

いやはや、本当にどうしたものだろうか。

数年ぶりに「とにかくこの人の笑顔が見たい!」という衝動に駆られて恋愛してみたものの見事に玉砕した記念に増田に書いてみた次第である

極端な話

まだ火曜日、もう憂鬱なんかとっくに通り越しているような気すらある。

仕事をしないと食えないから、したくも無い事を毎日毎日毎日こなしている。

その日をこなすだけで精一杯だ。

新しい事や開拓営業にさせればいいではないか事務職までさせないで欲しい。

こんな非効率古典的JAP企業消えてなくなれば良い

もう地球爆発して欲しい。巨大な災害で滅亡すればいいのに。

心が苦しい、一生朝なんか来なければいいのに

http://anond.hatelabo.jp/20160705120631

うつ病病気だが、新型うつは甘えだと思う。

週末楽しく遊んで、仕事になると憂鬱になるとか、みんなそうだよ!

2016-07-04

私は長年欝の症状で苦しんでいます

今年の4月に状態が良くなってきたのでとある会社障害者枠で就職いたしました。私が配属された課は忙しいもの雰囲気が良く、初めて働く私のこともよくフォロー教育してくださる楽しい職場でした。


しかし二ヶ月がたった頃、私の鬱の症状が悪化会社に出社できず、生活もままならない状態になってしまいました。課の皆さんに迷惑かけていないかという不安、出社したいのにそれが出来ない自分への失望、働けないことを責める親からプレッシャーでどんどん欝は悪化していき「死にたい死にたい」と考える日々が続きました。

そして、出社できないまま一ヶ月が経ち上司の方から面談をしたいので会えないかという連絡が来ました。

私は解雇の話だろう、会社にいけていないし課にも迷惑をかけているから仕方ないと思いました。

面談の日、待ち合わせの場所に行くのは憂鬱自暴自棄になりそうでした。

そして、面談で休暇日数とそれに関する規則のことを説明され、このままだと休むこともできなくなる、そしてタイムリミットは今月中だという事を伝えられました。

私は「ああ、予想通り退職を勧める話だ、辛い話を言わせてしま申し訳ないな、親は怒り狂って私を責めるだろうな」と泣きそうなりながら聞きいていました。

だけど、話の続きは予想と違いました。

「よく考えてあなたが元気になる選択をして欲しい。課のこと、仕事のことは考えなくていい。私たちあなたが元気になってほしい。元気になって仕事が一緒にできるのが最高だが、無理して続けてまたあなたが苦しんで欲しくない。もし辞める選択をしてもあなたが元気になるなら誰もあなたを恨んだりせずむしろ喜んでくれる。辛い時かもしれないけれど、どうしても規則タイムリミットがあるのでよく考えて欲しい。」

と話されました。

私は話を聞いて泣いてしまいました。私の回復を願い応援してくれていることがとてもとても嬉しかったのです。

今思うと職場に行くのが怖く思っていたのでしょう。でも、その恐怖はなくなりました。

私は久々に本当に久々に「生きたい」と思いました。たとえ辞める事になっても元気になって生きよう。そして、何時か恩返しをしよう。生きていればそれが出来ると心の中から暖かいものが湧いてきました。

とりとめもない話になって申し訳ないですがこれで終わります

私はまだ選択を悩んでいますしかし、心のモヤは消えて清々しい気持ちでいます

私はまだ生きたいです。

自分鬱病ではないと思うけど

鬱病の知り合いが鬱はもの凄く苦しいんだと言っていたので、多分そこまでじゃないなと思っているから)、

10年くらい前から存在価値がないと思い始め、

眠っているうちに死んでいたらいいのになと思うようになった。

いつも憂鬱かと言うとそうではなく、調子の良い時はむしろけっこうな万能感に溢れていて機嫌が良いときもある。

自分が無力だと思うと打ちのめされ過ぎて病んでしまうので(特に何かがなくても鬱状態ときもあるが)

他人にも揶揄されたことがあるけど、間違いなく自己愛パーソナリティ障害か何かなんだと思う。



他人から賞賛評価自分を元気づけ、愛や美の空想に取り憑かれているので

自分は上手いからやれる」と根拠なく努力して、

その誇大な妄想力がエンジンになったおかげて小さなから夢だった仕事に就いて独立までしたけど、

元の性格問題があるので、落ち込みやすくすぐに病んでしまう。

でも、仕事を続けるには、誇大な妄想に取り憑かれて調子が良い方が俄然出来るので、

多分性格自体を治したら仕事をする気力も失ってしまうのが分かっているので、

この性格は治せない。



最近は本当に存在価値のなさを実感するようになり、

あんまり万能感を覚えなくなったので辛い。

あの万能感を利用して生きてきたので、なんとかして無気力状態から脱したいけど、

ふとした瞬間に、自分はいてもいなくてもいい存在なんだと思ってしまう。

自覚があるので、まず人格の方を治療されそうだからメンタルクリニックにはかかりたくないけど、

出来るなら鬱だけ治してハイになりたいな。



辛さの余りに最近視界に刃物がちらついて、リストカット…みたいな思考にすらなりかけるけど、

リストカットはもう卒業したので頼りたくないな。

生きる気力を取り戻すのって、結局自分みたいな人間は、

「結果を出す」

以外に救いがないので、襲いかかって来る希死念慮の中でがんばるしかない。

でも最近はもうそろそろ疲れたなって思う。

2016-06-29

一日が長い

一日が絶望的に長い

朝起きてから家に帰るその瞬間まで長い。

まだ週の真中だ

憂鬱

ガキのおむつ臭い

おむつ専用ゴミ箱があるくらいに臭い

2歳もすぎれば食べるものも飲むもの大人とは大差がない。だから子供だろうと臭いもの臭い

娘は確かに可愛いが、かと言って臭いまで可愛いわけではない。どれだけ愛情があろうとなかろうと、臭いもの臭いのだ。

それに加えて朝のゴミ出しは僕の担当だ。週に2回、出勤前に風呂場と寝室に置かれたガキの臭いおむつ溢れるゴミ箱の袋を取り替えるのも当然僕だ。

蓋をあけるとアンモニア臭いが鼻を突く。夏場となればなおさらだいくら息を止めながら袋を取り出しても、なんとも言えない臭いが鼻を突いてくる。

大きい方をしたときは流石に小分けで処理するからいいが、それでも毎回フタを開けるのが憂鬱しかたなかった。

ところが数日前に、突如として娘はトイレに目覚めた。

娘と同い年の友達が平然とトイレで用を足す姿をみてスイッチが入ったらしい。

今まで寝起きには必ずといっていいほど尻から垂れ下がっていたおむつも、その日を境にぴたりと濡れなくなった。

小さい方も大きい方もさっさと自分トイレに走り、終わったら元気よく「出たよ!」と親を呼ぶのだ。

そんなにも突然変われるものなのかと、生命神秘には驚かされるばかりだ。

家族がまだ寝静まる早朝、そんなことを考えながらゴミ捨てのためにおむつ専用ゴミ箱に手をかけると、いつもと違うことに気付いた。

中には確かにおむつが入っている。でも、当然用を足してないか臭いがないのだ。

習慣のようにフタを開けるときにいつも息を止め身体をこわばらせていただけに、全くもって拍子抜けしてしまった。

嫌だ嫌だと思っていた習慣も、突然終わりを迎えるとこんなにも寂しいものなのか。

臭くなくなってほしいと願っていたはずなのに、なにか物足りない気分だった。

一通りゴミ出しを終えると何となく娘の寝顔を見たくなった。

なんともやるせない気分のまま、寝ている娘の頭を撫でそれとなく頬にキスをしてみた。

すると娘は突然パチっと目を開け、ふにゃふにゃと笑いながら言った。

「パパくさいー」

今僕の目頭が熱い理由はその言葉のせいではないはずだ。

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627132116

世の中みたら分かるように馬鹿と猿の方が圧倒的に多いんスよ

みんな賢かったらエリート富裕層は産まれないわけで

電車の乗り降りするときにこのカスどもと同じ空気吸わないといけないとか憂鬱ですわ

2016-06-26

また憂鬱な時がきた

日曜日夕方憂鬱だ。

明日からまた拘束される日々が来るのだから

後ろ向きにもなりたくなる。

もう疲れた

2016-06-24

世界もっと反知性主義者たちの相次ぐ勝利に危機感を持つべ

なぜ過去から学ぼうとしないのか、なぜ見過ごしてしまうのか?

同じ市民ならもっと警戒して警鐘を鳴らし続けるべきなのになぜ放置してしまうのか?

49%の市民たちはなぜもっと危機感を募らせてアンチ反知性主義活動をしなかったのか?

民主党政権設立時もそうだった

何となく不安の種が何事もなく大きな実を付けた

どこか他人事だった

そしてその負債の泥を反知性主義者たちと仲良くおっ被り咀嚼させられて

やっとこさ自体の重大さに気付き慌てて行動した

遅すぎるんだよ

そしてもっと過去から学ぶということは

格差を例え上流階級に生きる人間とて放置してはいけなかったということだ

下流世界人間放置奴隷化し続けているとこういう全体攻撃魔法のようなメテオ行為を平然と行ってくる

それは巡り巡って自分たちの損害にもなる

なので下流世界にも叡智という雫をキチンと垂らしていくべきなのだ

何せ大昔の奴隷と違い、こいつらには選挙権があるから

知恵がないからこそ何が悪くて何が良いのか判断できないのだ

反知性主義者には知性を与えることがエリートたちの宿命であったはずだ

離脱に喜ぶイギリス人女性の頭悪そうな低所得笑顔画像を見ながら憂鬱な思いだ

本来貴族がこういう人間たちを導くモーセ役割があったはずなんだ

そうじゃなければ村長が考えをまとめて導いてきたはずなんだ

いつからだろうな

今はもう鎖に繋ぎ忘れた野犬でしかない