「カウンター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カウンターとは

2016-09-25

http://anond.hatelabo.jp/201609252107393#tb

これ読んで思い出したのだが

スポーツクラブのレッスン予約のサイト改悪された

ログインは6桁数字ID任意パスワードだったのに、EメールアドレスID利用に変更

スマホなのに毎回PCサイトログインを経由する

しかEメールアドレスログイン

それでも自宅PC自分スマホなら1度入力すれば記憶しているのでそこまで困らない

問題スポーツクラブに置いてある予約用iPad

他人IDが残ると困るからブラウザ記憶できないようになってる

そりゃもちろんセキュリティしかるべきだけど、それでぽちぽちEメールアドレス入力してまでログインするかっての

結局iPadはただの置き物になった

最近あれで予約する人見たこと無いし、自分もやらない

以前ならクラス受講後の休憩時、次の予約でもするかと予約用iPad使うこともあったけど

今となってはめんどくさいので自分スマホでやろうと思ってしま

館内で予約する人はカウンターのお姉さんに口頭で頼んでるようだ

なんであんバカな仕組みになったのか、本当に疑問だ

2016-09-20

映画館で、千と千尋の神隠し最後の上映を二人で見てから一日休んで敬老の日月曜日新宿御苑へは一人で行ってきた。



祝日デートは千尋繋がりでちひろ美術館石神井公園、とその後にも、

色々考えていたのだけれど、どれも実現しなかった。

君の名は」で瀧君のいたレストランは三時過ぎでも人が列を作ってたし、

言の葉の庭」で、ユキちゃん先生のいたあずま屋にもグループがお弁当を広げていて

自分が割り込めるほど広くなかったので諦めた。

ただ、新海さんの世界最近とみに目にするドコモタワーの異形だけは

先端を霧に舐られても落ち着かない存在感で、

ふかふかの芝生を履き締めながら、悔しくて写真ばかり撮ってた。



大昔、平日、ナイトシアターのカウンター

ボクだけドリンクを注文したら聞かれた。

ストローは二本指しますか?」

あの時から全ては始まったと思う。



けれどもあれから三年、分かったのは、

ヘテロなら歳上のふっくらしたお姉さん好きでオカズはオネショタ

ちょっと歳上で憧れてた従兄妹のおっぱいを見れなかったことから

全て始まってるとかいう割りと無視できない性癖ばかり。

現実昇華できない欲求が原点とは根が深い。

残念ながらお父さんの愛情とかそっち方向は充実しているようだった。

庵野監督には共感としてもただただ作家として尊敬してるし

そんな作品が好きとのことだった。




現実の妹がXXだったら?

そんなところから歳下好きで、可愛いものパジャマトークしたいと

人形ばかり集めてきた自分とは出発点がそもそもずれていて。

から、千みたいな娘が仮にいたら?の過去完了系たらればトークは好きではないらしい。



伊勢丹メンズ館で新調したネクタイピンが煩わしい。

秋の長雨は湿気ってるけど、暑くもなく寒くもなく。

潮時かな。そう思う。

女が水商売風俗の違いを理解してないか解説する

水商売→酒をついで話をするだけ、いかがわしい話にも対応しなければならない。横に座る。コミュニケーション能力容姿必要。高級店は学歴すら見られる。

キャバクララウンジスナッククラブノーマルコンパニオン



ライト水商売カウンター越しに話をしつつ酒を告ぐ。コミュニケーション能力容姿、更に若さ必要

メイドカフェガールズバーアイドル



風俗→ブスやババア、低コミュでもOK。高級店は高級クラブと同等の条件が必要。本番有り、無しが有る。

セクキャバピンクコンパニオンファッションヘルスホテヘルピンサロ、性感マッサージデリヘルソープ愛人援助交際




特にセクキャバキャバの違いを理解していない人間が多い

前者は触れる、後者は触れない

よく漫画である水商売イメージセクキャバである

2016-09-19

厨房増田ケンカん毛駄住まで雲母ゅち(回文

久しぶりに友達と会って、

適当駅前居酒屋に行ったの。

もちろんチェーン店とかはつまらないので

せっかくだし、地元で営んでいるお店にしようね、ってことで、

駅前商店街のイキフンの良さそうなお店に入ったの。

カウンター席を案内されて、

カウンター席は中の厨房が見えるから好きよ。

で、そこの大将っていうか板さんは、

見た目結構ヤンチャが抜けた若い感じの人で

大丈夫かな?と心配してたの。

ま、お料理は美味しかったわ!

でも、厨房での給仕さんたちとの雰囲気が最悪なのよ!

挙げ句の果てに、厨房で言い争いしちゃう、みたいな。

こっちがもうヒヤヒヤしちゃうわ!

「そんな(注文)聞いてない!お前らが悪いんだろう!」って

もう、ドキドキしながら見てたわ。

私ゃ「寺内貫太郎一家」の小林亜星ばりに、

カウンター席をひっくり返してやろうかと思ったわ!

美味しかったのに、それで味忘れちゃったわ!

逆にインパクト居酒屋よ!

駅前居酒屋、そうその店名は「人情居酒屋小林亜星劇場

また訪れたいわね。

案の定レビューは荒れよ!

でも、旅先で素敵な思いが綴れてよかったわ。




今朝の朝ごはんは、

旅先での素敵な喫茶店モーニング

ルナティック丼よ!

月に見立てた、玉子の乗った創作海鮮丼

デトックスウォーターは、

今日伊藤園の麦ウォーラーしました。




すいすいすいようび。

今日も頑張りましょう!

絵に描いたような浅い女を見た

少し高めのごはん屋さんでの出来事

カウンターの隣に座っていた男女がいた。女性の方は若くて着飾っている。今流行の肩の出ているトップスネイルスマホケースもキラキラだ。

会話を聞いていると、その男女はカップルではないらしいけど、その会話の内容がエグいというか普段聞くことがない内容で。



2時間ぐらいずっと身の上話を喋ってて、男の人はずっと頷くばかり。

男の人の相槌以外の言葉はついに聞かなかった。

しかもその女性、喋り声がとてもうるさい。

なんというか、女性特有の甲高い声で音量も大きい。

喋り方もこの場にそぐわないし、話す内容も浅はかすぎて居心地悪かった。

料理はとても美味しかったのに、残念。

店主のおじさんも気を遣ってくれたのか、おまけで鱧をいただけた。


一番気になったのは同行の男性。そんな恋愛遍歴まで喋られてその人はどういう気分だったんだろう。ご愁傷様と言うべきなのか。

2016-09-17

デレマスアイドルワールドトリガー世界に居た的な奴

桐生

桐生つかさ(隊長

ポジション:スナイパー

メイントリガーイーグレットライトニングエスクード、FREE

ブトリガー:バッグワームカメレオンシールド、FREE

・棟方愛海

ポジションアタッカー

メイントリガーレイガスト(改)、カメレオンシールド、テレポーター(試作)

ブトリガー:バッグワームタグ

諸星きらり

ポジションアタッカー

メイントリガーレイガストシールド、FREE、FREE

ブトリガー:レイガストシールド、バッグワーム、FREE

高森藍子

ポジション:スナイパー

メイントリガーライトニングシールド、FREE、FREE

ブトリガー:バッグワームシールド、FREE、FREE

川島瑞希

ポジションオペレーター



解説

スナイパー2人にアタッカー2人という構成A級7位の三輪隊と同じだが、中身は大きく異なっている。

中でも一際目を引くのがアタッカーの棟方愛海のトリガー構成だろう。

アタッカーにも関わらず完全に片手が塞がるバッグワームタグを装備し、

さらにメインにカメレオンとテレポーター(試作)と、これでもかと敵に補足されないことを重視している。

これは彼女戦闘スタイルが「背後からの一撃必殺」に特化しているためである

彼女もつレイガスト(改)は、玉狛第二の木崎レイジが得意とする拳撃をさらに特化させた性能で、なんと盾モードへの変形をオミットしスラスターの速度向上に特化させている、

この強化スラスターは、一直線の軌道しか使えないという弱点はあるものの、韋駄天(試作)よりも高速での移動が可能となる。

しかし、あらかじめプログラムされてはいものの複雑な軌道をとる韋駄天(試作)と比較すると、対人戦闘能力は劣っており「愛海見てからルシールド余裕でした」と、あまり評価はされなかった。

そこで桐生隊が取った作戦が「相手認知されない『背後』から攻撃」であった。

桐生隊はこの作戦に全員が完全特化するため、

隊長桐生つかさが、バッグワームカメレオンの隠密の中エスクードを配置、

アタッカー諸星きらりが両手レイガストで護衛しつつ、スナイパーの高森藍子ライトニング牽制

と、「場」を作った後、桐生つかさもスナイプできる立ち位置に戻り、アタッカーの棟方愛海の不意打ちを狙って行く、と三人が一人の「一撃必殺」に特化したトリガー構成をとっている。

点取り屋でエースへの信頼あっての作戦だけに、確かに棟方愛海のアタッカーとしての実力は相当で、

それがテレポーター(試作)やカメレオンも絡めて不意打ちを狙う戦い方は、A級2位の冬島隊と並んでの「変態構成」としてランク戦での戦いづらさは郡を抜いて評価されている。

勝ち筋は説明したとおりだが、負け筋もわかりやすく棟方愛海への対処ほぼほぼ決してしまう。

特にA級1位太刀川隊の出水公平とは彼の膨大なトリオン量からの包囲射撃が不意打ち特化の桐生隊とは相性がよくない。

他にも、目やレーダー以外の探知法、サイドエフェクトによる探知を可能とするB級2位影浦隊の影浦雅人や、A級3位風間隊の菊地原士郎らにも不意打ちが通じず、棟方愛海の不意打ち以外の勝ち筋を模索する必要があるだろう。

余談だが、何故かA級6位の加古隊やB級12位の那須隊とは極端に相性が悪いらしく、この2チームには結成後一度も勝てていない。

理由は一切不明だが、棟方愛海の一撃必殺が一撃必殺として機能せず、強化レイガストから不意打ちで完全に背後から攻撃成功したように見えたにも関わらず、ワンテンポ空いてカウンターを食らってしまっている。

このカウンターは、女性隊員たちの中でのみ広まっており、何故か男性隊員でこのカウンターを使いこなせる者はいないらしい。

2016-09-14

http://anond.hatelabo.jp/20160914100010

最初にお前は誤解するだろうが、その誤解に対して100%の力でカウンターパンチ放つ予定だから覚悟しろよ?」って意味だよ。

2016-09-12

引いた椅子を戻せ!!!

会議室椅子がガッタガタで気になんねーの???

オフィス椅子が散乱しててお客様からどう思われるとか考えねーの???

狭いラーメン屋カウンターから椅子が出っ張ってたら他の客に迷惑だろうが!!!


こういうの気にしないのは、経験上、男に多い。

老いも若きも、戻しやしねえ。



同じような事例を色々書いてみたけどムカついたから消した。

まったく、イライラする。

2016-09-11

http://anond.hatelabo.jp/20160910170427

本文を読む前の予想通り、「知識情報)やコネを得るにも資金時間はいから」って意見が出てるね。

それは当然として俺が読んで思ったのはメンタル医者までは必要ないレベル)の話で、他の意見だと想像力って部分が重なる気がする。

さておき、タイトルだけを見るなら同意する部分は多い。寧ろ「頼るのが下手だから貧乏になるんじゃね?」くらいの感じだ。


 メンタルと頼るのが下手さ加減の関係ってイジメ問題にも似ててさ、生活保護費を下ろしに行ったその足でパチンコ屋へGO、みたいのってメンタルも頼り方も問題だよな?

だけど行政保護の上に今度はお金の使い方だとかギャンブル依存メンタリティ改善の為のカウンセリング、とかやると際限なく資金も金がかかるんだよな。

 その上「貧乏人は娯楽すら許さずに金の使い方を指導して洗脳するのか?! 殺せ!」みたいに言われたらそりゃ死ねとも言いたくなるわ。


 でも違うんだよ。

上から目線でオマエにも問題がある、って言いたくなるだろ? その上から目線へのカウンターとしてギャンブルがあるんだよ。

 誰だって頭下げて蔑まれて頼み込んで生きる暮らしなんか続けたくないんだよ。

最初行政保護に甘えててもな? 「働かなくて生きられるなんて楽でいいわねぇー」だの「俺も片目くらい不自由だったらよかったのになw」とか言われると貧乏でもプライドはあるから「今に見てろよ」とか「オマエなんかに頼るもんか」ってなるワケ。その辺が想像力ないって言われてるんだと思うね。

 メンタルの話は終わり。

そしてもう一つ、貧困には仲介者の存在もあると思う。

 これは在日左翼関係が分かりやすいけど「そういう言い方は差別です! そんな言い方をするから働く気力が削がれるんでしょう?!」って自分当事者でもないのに福祉ポルノを愉しむ人達がいるだろう?

あっちも矢張りメンタル問題があるんだと思うんだけど、いや、別にメンタルでなくとも心性でもスピリットでも心掛けでも何でもいいけど、これも重なる部分がある。

当事者でもないのに善人面できていいよねw」「それで生活してるもんね?」「差別利権おいしいれす」「売国奴

 みたいのがさ、仲介者達を追い詰めて差別狩りにはしらせる部分もあんじゃねーかな、と。


戦後もっと人と人の距離が近かったじゃん?

 金持ち貧乏人も分かりやすくて、家柄も知れてたから追い詰められたら怒鳴り込むってのができた。

キレて怒鳴りつけられるって大事でさ、これもギャンブルなんだけど、実は安全弁でもある。仲介者が入るのはその後で、今みたいに金持ち先棒担ぎじゃなかった。

 一切合切自業自得で、自分に原因がある貧困でも同情して仲介する奴ってそうそういなかったと思うんだ。だから必然的に頭の下げ方も覚えた。


webSNS仲介者達が胴元の知名度ギャンブルであって、分かり辛いんだけど一億総芸能人、総プロモーターとでも言うか、自己情報資本としてコネを獲得する争いになってきてる。地主小作関係であれば偏り過ぎたら打ち壊しや怒鳴り込みができるけど、仲介者達はそれを許さない。そもそもwebでそれをやったら餌でしかない。

コネは当然、金を手に入れる為の手段になりつつあって、SNS時間食い虫だ。


 何が原因か、何が言いたいか分かるよな? ……頭いいんだろ? 宮廷さん。(笑)

http://anond.hatelabo.jp/20160910030046

あの人がこういうことをするのは今に始まったことじゃなくて昔からだし、なんで鬱憤晴らしなんていう風に言葉を濁すのかわからない。普通に男性差別でいいじゃん。あれだけ堂々とヘイトスピーチを書いてもスルーされるんだからポリコレってのは便利な隠れ蓑だね。

あの人はアイヌ差別話題を書きながら男性差別を持ち出すことに違和感を感じないレベルのただの差別主義者なんだよ。私は差別と黒人が嫌いだを笑っちゃうくらい地で行ってる。しかも本人にはまるで自覚なし。その差別カウンター構造ですらないんだからしばき隊以下。

記事男性〜の部分を黒人とか韓国人とかに直せば異常性がわかる。異常と言ったけどネットではお馴染みの光景しかないんだけど。記事の内容も都合のいいことだけ拾ったり嘘書いたり、それ系のサイトとそっくり。

他の部分ではいいことも書いてあるとか言う人いるけど、差別を煽る人ってそういうやり方をするものから宗教とか詐欺師道徳方面から責めるのと一緒。

24時間テレビ車椅子登山デマですら、親が障がい児をいじめている!って方向の内容だから。でも道徳的に正しいかデマ擁護しようとはならないし、他の差別糾弾してるから黒人差別には目をつぶろうとはならないでしょう。

要するにアイヌから男性差別に持ってくような異常な差別主義者なだけ。それ以上でも以下でもなく、今回の件で話が通じないのもみなさんわかっただろうしかまう必要なんて一切ない。

ポリコレを謳った差別として晒すんなら有意義だろうけど。

2016-09-10

ライバル1964年』ってCM気持ち悪い

2016年度全国キャンペーン:ライバルは、1964年|ACジャパン

ACジャパンが今年7月1日より開始した『ライバル1964年』というCM

自分がよく聴く民放ラジオ基本的TBSラジオ)では結構な頻度でこのCMが流れている。

自分はこのCMを耳にする度に、得も言われぬ不快感に襲われる。

何故不快感を催すのか、自分なりに少し考えてみることにする。

はいえ単なる根拠に乏しい繰り言でしかないので、そこは留意してほしい。

 

その1.いたずらな過去の美化

あの頃の日本人に、笑顔で負けるな。

見る夢の大きさで、人を思いやる気持ちで、心の豊かさで、絶対負けるな。

ライバル1964年テレビCMより

このCMにおいては、「笑顔」「夢」、「思いやり」といった根拠の不確かな理由過去を美化している。

加えてこのCMには「あの頃の日本人と比べて笑顔や夢、思いやり、心の豊かさで負けているのではないか」という言外の意味も込められていると考えられる。

そうでなければ、律儀にあの頃の日本人と今の日本人を比べる必要なんてないはずだ。

まり居酒屋談義としての「昔はよかった」の変奏でしかない。

また、この10年ぐらい俗流の「昔はよかった」に対するカウンター的な言説も勃興している。

これらのカウンター的な言説の場合、だいたいは統計などのデータを用いた上で「昔はよかった」的言説の欺瞞を浮き彫りにしている。

ライバル1964年』で提示される「昔はよかった」を構成する要素のうち、「思いやり」は犯罪件数の推移をもとに論駁が可能であるかもしれない。

しか「笑顔」「夢」場合犯罪統計のような定量データ存在しない。そのため、「笑顔」や「夢(の大きさ)」を昔と今とで比較するのは至難の業である

結果「あの頃の日本人と比べて笑顔や夢で負けているのではないか」というCMメッセージに論駁することすら叶わなくなる。

論駁不可能概念を持ちだすということは、それだけ「昔はよかった」ことをゴリ押ししたいのだろう。そこにはある種の狡猾さすらも感じさせる。

 

その2.政治的意味合いが強いCMを流すACジャパンへの違和感

このCMにおいては、東京五輪が行われた1964年東京五輪が再度行われる予定の2020年とが対比されている。

2020年に向けて日本を考えようというのは、東京五輪に向けた行動をとれというメッセージを婉曲して表現しているということは容易に推測できる。

また、ACジャパン公式サイト記載より、「日本を考える」ことは具体的に「(東京五輪に向けた)ポジティブモチベーションと、日本人の活力を高める」を指すようだ。

今の日本において、五輪政治的意味合いが強いイベントとして意識されているようである

例えば、2012年に取りまとめられた「スポーツ基本計画策定について」には以下のような文言がある。

4.国際競技力の向上に向けた人材養成スポーツ環境の整備

(中略)

国際競技大会等における我が国アスリート活躍は、国民日本人としての誇りと喜び、夢と希望をもたらし、国民意識を高揚させるとともに、社会全体に活力を生み出し、国際社会における我が国存在感を高めるものである我が国アスリートによるメダル獲得は、その一つのあらわれである

4.国際競技力の向上に向けた人材の養成やスポーツ環境の整備:文部科学省

また、2009年には塩谷立文部科学大臣(当時)が以下のような発言を行っている。

2016年オリンピック招致については、立候補ファイル2月12日までに国際オリンピック委員会に提出することになっていまして、そのために今準備を進めているところですが(中略)やはり、国威発揚ということも含めて、ぜひ、招致を実現したいと思っています

大臣会見概要(1月27日):文部科学省

これらのことを踏まえると、今の日本において五輪政治的意味合いが非常に強いイベント位置付けられているようだ。

特に国威発揚」や「日本人の誇り」といったナショナリスティックな意識の醸成のための手段として強く意識されているようである

これは、IOCの掲げる「政治的商業的利用がなされない五輪」という理想とは大きくかい離したものである

さて、ACジャパンの行うCMの特徴として、政治的宗教的事柄は一切扱わないということがある。

実際にACジャパンの会則の中にも、以下のような文言がある。

<その4 団体活動について>

(中略)

4.特定政治的党派的、宗教的主張を標榜する団体支援しない。

支援キャンペーン実施諸規則|広告キャンペーン|ACジャパン

一方『ライバル1964年』においては、政治的意味合いが強いイベントである五輪に向けた行動をとれというメッセージ提示されている。

解釈によっては、「日本人の活力を高める」ということもナショナリズムと連関したかたちで捉えられる可能性もある。

このことから、『ライバル1964年』は政治的宗教的事柄は一切扱わないというAC方針とは大きくかい離したCMであるといえる。

このようなかい離が何故発生したかについては分からない。

可能性として一番高いのは、制作者サイドがIOC提示した「政治利用されない五輪」という理念を無邪気に信じ込んだということである

一方、五輪の持つ「国威発揚」や「日本人の誇り」といった事柄政治的事柄ではないと誤認している可能性も完全には捨てきれない。

愛国心の醸成といったイデオロギー丸出しの教育が「偏向ではない」と見做される時代である

 

なお、2002年にも公共広告機構(当時)は『ニッポン人には、日本が足りない』というCMを放映していた。

しかしこれは国際交流の推進を目的とするものであり、『ライバル1964年』とは似て非なるものである

 

その3.新聞広告

ACジャパン公式サイト新聞広告画像データ掲載されている。

小学生が作ったような(プロとしては)粗雑なコラージュに、テレビCMナレーション文章としてこれみよがしに綴られている。

そのくせ「昔はよかった」オーラ瘴気?)はびんびん流れ出てくるからまらない。

ただの営業努力放棄じゃん

アフターアワーズの作者がさらに5000部売れないと次巻が出せませんっていってるやつ。

平積み用ポップとかブックカバーとか売る気満々じゃん。最後宣伝放棄して作者と読者にやらせてるようにしか見えん。

なんか重版を売るためのダシにされたような……。ウリナリの木彫りのブラビ像で見たことあるよこれ!

こんなことやって編集部営業部無能晒すだけだし、同じ雑誌で連載してる人とか打ち切りになったりしてる人とかは「じゃあ自分は?」って思うだろうし、なんで作者に営業までさせてんのよ。小学館は作者に営業分の給料も払ったれ。

こうなったら5000部売れて次巻も出せるようにならないと本当にいいところがない話だわ。



いっそのこと特設サイトもつくって「今何冊売れました!あと何冊!」みたいなカウンターまでつくったらいいんじゃね?

そこまでイベントしろよ。やり方が中途半端なんだよ。これからヒバナ編集部新刊出る度に同じことするのか?



とりあえず、売れるといいね

家に一人でいると涙が出てくるので医者に行った

大学を出て4月から働き始めたけれど、しんどくなってしまった



配属された最初の週に上司からある資格を取るように伝えられた

時間お金もかかる資格で、最低3年、受験料だけで20万円以上かかる。

さら試験対策コース必要なので、10万円以上かかる。

今の出費だけで私の一ヶ月のお給料を越えていた。



しかも最速でとるようにスケジュールが組まれていた。自分には何の相談もなかった。

命令上司のその上から出ていた

上司はさすがに同情してくれて、合格したら奨励金が出るよう交渉してくれた。私が頼んだらスケジュールを緩めてくれるよう交渉してくれた。

最初お金がないと逃げようとしていたけど、奨励金が出ることになって、さすがに受けないとまずいと思って申し込んだ。

業務上必要資格でもないし、賞k場でも取っている人がほとんどいない資格で、どうしてこんなことに、と思った

周りの人は、勉強になるからがんばってね、といった



落ちたくなかったか勉強した。落ちたら5万払わないといけない。それは避けたかった

(追記 受験料が5万円ぐらいなので、落ちたらもう一度払わないといけないのでこういう書き方にしました。ややこしい下記か足してごめんなさい。会社に5万払う罰金みたいに読めてしまますね、)

夜寝れなくなり朝早く目が覚め、疲れが取れず注意散漫になりミスが増えた。

最初は働き始めたばかりだからと思った

勉強は主に土日にしていた。一日8時間ぐらい勉強しないと間に合わない計算だった。



7月終わりぐらいから、涙が出てくるようになった。

そこで一度ミスをした。上司の上の人がそれを知って怒っていて、他で挽回するように言っていたそうだった。

挽回も何も、普通勉強ですらうまく続かない。集中力が続かないし、なんだかぼんやりする。

今日自分郵便番号電話番号もすぐ出てこなかった



心の相談ダイヤルみたいなものにもかけたら、心のエネルギーがなくなってるかもしれないから、勉強は一切やめたほうが言いといわれた。

おいしいものを食べてゆっくりしなさいといわれた

病院に行ってお医者さんに見てもらうといいよ、とも



一週間して、今日はやっと病院に行けた。抑うつだといわれた。

ストレスを和らげるお薬を飲むことになった。



病院にはたくさんの人がいた。見た目が明らかに疲れている人やおかしな人もいれば、その辺を歩いていそうな人もいた。

自分だけじゃないんだなと思った



診察が終わってお薬をもらうことになって、病院のそばの薬局処方箋を持っていった

待っている間に新しいお客さんが入ってきた。待合室にいた女性だった。彼女も私に気がついたようで、目をそらした

薬局の受け取りカウンターは仕切りがあって、対応してくれた薬剤師のおばあさんは、ちょっとつかれちゃったんですね、といってお薬の説明をしてくれた

アルコールは飲んではいけないことや、眠気が出るかもしれないか運転しないよう注意された。

幸い私は飲まないし運転もしないのでそう伝えると、なら大丈夫ね、と薬剤師さんはにこにこして言った。

もつられて笑った。笑うのは久しぶりな気がした。以前だったら自分の口角が上がったことなんて全く気に求めていなかったけど、ここ一週間は自分が笑うたびに不思議な感じがしていた。

たぶん私の笑いはぎこちなかったと思う



駅の近くで敬老の日に送る贈り物も買った。

他の店で前からしかったものを見つけたけど、レジに行くのが億劫で買わなかった



帰りの電車抑うつうつの違いを調べた。ネットは便利だと思う

相談ダイヤルの人が言ったとおりで、抑うつは心のエネルギーマイナスになっていることだった。

うつ病は伝達物質がうまく働いていないことらしい(正確には違うかもしれない)



家に帰ってきてこれをなきながら書いている。

今日は悪いことなんて何もなかった。

久しぶりの外食はおいしかったし、病院の人も薬剤師のおばあさんもみんな優しかった

今日の私は以前よりもずっと無愛想だった。にこにこもできないし、一瞬返答が遅れたりした。でもみんな優しかった。

それでも家に帰るとどっと疲れているのがわかる



職場の人は優しい。私がミスをしても怒ったりはしない。むしろ資格ノルマが厳しいのをわかっていてくれて心配してくれているのがよくわかる。

でも家に帰るとないてしまう。

料理をするのは好きなのに、自分の好物を作っているのに涙が出てくる。



今日の夕食はチキンカレーで、スパイスから作ります

わりとかんたんだけどおいしい




追記

落ち着いたので覗きにきたらすごく伸びててびっくりしました。

やさしいコメントありがとうございます



まず今の状況ですが、涙は止まりました。

薬はうまく利いていて、副作用もあまり見られません。

定時に上がっても10時間寝てしまうなど、疲れやす回復しにくい状態で、集中力思考力も落ちていますが、記事を書いたときよりもずっとよくなりました。



人事や上司相談して資格の件は白紙になりました。

会社に行くだけでもいっぱいいっぱいなので残業もなしで、しんどいとき仕事の途中でも帰宅してよいということになりました。

そして、私の言われた資格会社でも持っている人がほとんどいないこと、持っていると箔はつくけど業務必須ではないこともわかりました。

そもそも持っている人も少ないので、どれぐらいの時間お金がかかるか知らない方のほうが多かったようです。



職場の人も前から心配してくれていたみたいで、いろいろな話をしました。

他の人から見ても、私の試験仕事に関する負担は重かったそうです。新卒扱いされてないように見えたとも言われました。

心配していた人が多かったことも聞きました。




私に資格をとるよう命令していた人は、皆大なり小なり何かしらの資格を取るよう言われているのだそうです。

ただ、一番多くのことを言われていたのは新入社員わたしでした。

その人はずっとそうなので難しい資格を言われた人は流していて、それに慣れていて、私もそうすればいいと一部の人は楽観視していたようです。

ところが、当然ながら入ったばかりで仕事に慣れるのに必死新入社員にはそういう雰囲気も何もわからず、努力したら壊れたというのが現状です。



明らかに上司だけでなく部署感覚おかしくなっていると感じました。

新入社員が何人も別の部署にいるのですが、彼ら彼女らの環境は全く違っていて、業務必要資格あるいは部署の人々が皆持っている資格しか言われていませんでした。

業務必須資格は、会社お金を出していて勤務時間勉強できるようにもなっていました。

ところで、最初に件の資格をとるように言われた時点でできない、無理といったのに、それでも遣るようにいわれた時点でもうおかしいよなあと思いました。



とりあえず人事や他部署はまともだと思えたので、回復するまではこの会社にいるつもりです。

回復して、それでもこの会社にいたいと思えたら、後輩が同じ目にあわないように色々するつもりです。

しんどいので部署移動することも考えられます

同僚の人たちについていろいろコメントいただいていたんですが、彼ら彼女らは人としても優しい人たちです。

そこはこうなって改めて思ったことです。

思っていたよりもずっといろいろな方に読まれたようなので、もしばれて迷惑がかかったらいけないからここには書きませんが、いろいろなアドバイスをもらいました。



ブックマークの人へ:チキンカレーヱスビー食品の6つのスパイスレシピのところです。簡単でおいしいのでおすすめです

読んでくれているかからないけど、優しい言葉ありがとうございました。

まさかブコメを書いて世の中が良くなるなんて思っていないだろうな

話題になった記事にははてブが付く。

やれ「こうしたほうがいい」だの「この考えは間違っている」だの、あらゆる角度から精査吟味したコメントが山ほど付く。



こういうコメント日常的に付けている「お前」に聞きたい。

なぜ、はてブコメントを書いているのか。



自分気持ちよくなるために決まってんだろカス



返ってくるのがこんな回答なら自分は満足だ。

「なぜオナニーするのか?」と訊かれたときと同じなら何も文句はない。

しかし、「お前」はそうは答えない。「間違っていることを間違っていると指摘するのは当然…」みたいな、ゴニョゴニョしたことを言う。



世の中の間違いを正し、正しい考え方を伝えたいなら、なぜはてなブックマークコメント機能なんか使う? まさかそれが自分意見を伝える最適な手段だと思っているのか?



はてなブックマーカーのxevraという人はこんなコメントを書いている。



「棘があるのはそうしないと相手に届かないから仕方ないんですね。私のブクマ活動目的社会をより良くする事なので少しでも役に立てばうれしいです。」



こんな記事も書いている。



http://xevra.hatenablog.com/entry/2014/05/03/165034




要約すると、自分はてブコメントを書く、しかも強烈に棘のある言葉で書くのは多くの人に強い印象を残すためであり、これを継続すれば社会が良くなっていくのだそうだ。



「もちろん、極微々たるものではあるが、こうやって毎日毎日メッセージを発信し続ける事で社会がほんの少しでも良くなれば、より住みよい社会になって私の人生も楽しくなる。

から今後もこのスタンスは変えないし、日々、社会が良くなるにはどうしたらいいか考え続け、メッセージを工夫して発信し続けたいと思う。」



寝言は寝て言え、と思う。こんなことを1万年続けたって社会は良くならない。よしんば良くなるとしても、xevra氏自身の言うようにその効果は「極微々たるもの」だ。

なぜわざわざ「はてブ」を選び、そんな非効率的なことを続けるのか? なぜ微々たる効果に甘んじているのか? お手軽だからだ。似たような考えの人に安定して指示されるからだ。平均値よりそこそこ高い知能を利用すれば高確率で勝てるジャンケンゲームからだ。気持ちよくなれるからだ。



特に最近のxevra氏は「先生」などと呼ばれて、一定キャラクター確立している。「同じことばっか書いてて頭おかしいけどちょっと憎めないよね」みたいな。「なんだかんだで言ってることは正論だよね。僕も野菜350グラム食べるようになりました」みたいな。これは閉じたコミュニティの中で生活するなら喉から手が出るほど欲しいポジションだ。何を言っても周囲が今までのキャラクター性と照合して解釈してくれるし、間違ったこと、人を傷つけることを言っても「まああの人はそういうキャラから」というエクスキューズが成立する。自分専用の席が用意された世界ほど居心地のいい場所はない。

しかしそのコミュニティは閉じている。



矛先がxevra氏に向いたのでこれを読んでいるxevra氏以外の人は安心たかもしれないが、問題は似たようなことを毎日やっている「お前」だ。自分がこれを「おまえら」としないのは、「でも、そうでない人も中にはいるし」という逃げを打たれるからだ。はてなブックマーカーという群体ではない「お前」の話をしている。



お前が毎日いろいろなネット記事正論を貼り付けているのは、間違った考えの人たちに考えを改めて欲しいと思っているからなのか? それともただの楽しい井戸端会議のつもりなのか? もし前者だと少しでも思っているなら、もっと効率のいい方法はいくらでもある。文字数制限された1行コメントで変えられるほど世界は小さくない。「正しさ」を手札にしたゲームにのめり込めばのめり込むほど、数えきれない多くの問題をはらんだ世界リアルさを忘れる。人ひとりが世の中に対して働きかけられることなんて微々たるものだが、だからといって1行のコメントを書き込むだけで「少しだけだが今日も善いことをしたな」と満足しないでほしい。もしブコメ以上に手間のかかることなんてしたくないと思うのなら、もう正しさを大切にしているかのような素振りを見せるのはやめてほしい。自分気持ちよくなりたいという衝動に従っているだけだと自覚してほしい。



以上の文章はもちろん、増田自分にも向けられている。なんでこんなこと書いたのか? やっぱり気持ちよくなりたいだけなのかもしれない。だってこれを書くことではてブ以上の何かをやり始める人なんてただの一人もいないだろうし、明日からもいろんな記事に同じようなコメントがつき続けるだろうから。正直こんな状況いやだと思っているが、これ以上の行動に移るのは、自分にはめんどくさい。






【追記】


自分気持ちよくなるために決まってんだろカス



あらかじめ用意した選択肢を選んでくれる人が現れて安心した。

でも正直言って、「自分気持ちよくなるためだけに」世の中の出来事をダシに使えるのも実はかなり下品だと思うんだ。まあ下品なのは別にいいんだけど、それを自覚しないのは良くない、とも思う。ワイドショー夢中で見てる人たちと心性はまったく同じですよ。こう書くと「そんなこともわかってなかったの?」と先回り系のコメントがつくんだろうけど。

あと、「増田に書いて世の中が変わるとでも?」とか「ブーメラン」とか書いてる人が山のようにいたけれど、全然おもしろくない。こっちがそれくらいの反応を予期せずに書いているわけない。「相手側の論理を使って華麗にカウンターパンチ」みたいなのをはてブの人はすごく好むが、まさにそんなお手軽テクニックを使いこなす醜さへの嫌悪がこの増田を書いた動機の一つでもある。



大喜利会場じゃないの?



こういうコメントも。2chが元気だった頃からお馴染みの「しょせんチラ裏なんだから本気にすんなwww」の延長にある対応。本当に問題だと思っているのは、この「チラ裏」と「社会を憂う者たちの社交場」の二面を器用にクルクル使い分けて何の責任も取らずに適当なことを書きまくれる空気を確保する立ち回り方だったりする。あ、でもこういう言い方をすると、誰かがコメントしていた「内心の自由制限するようなことはよくない」という指摘にモロ引っかかってしまうか。

自分はそんなことを言いたいんじゃなく、ある個人ネットでなんか書くときに内心で渦巻いているだろう打算と戦略キタナさを憎んでいる。だからこそ、読んだ人にはこの内容を上から目線命令だと思ってほしくなかったし、喧嘩を買ってさら俯瞰で眺めてほしくはなかった。自分のこととして考えてほしかった。



ブコメでの正義など電車で席を譲るくらいの意味しかない。だが席を譲る人を私は賞賛したい。



ブコメでの正義果たして電車で席を譲るほどの意味を持つのかは別として、たしかブコメが何かしら社会に影響を与えるということはかなりある。「日本死ね」の件もそうだし。

自分ブコメのもの無意味だと言いたいわけではなかった(そこははっきりと、自分が書き方を誤った)。むしろネット上の場としての影響力はすごいと思っている。でも、たとえばキンコン西野ブログブコメを開いて皮肉コメントにズラーっと星が並んでいる現状を見ると、やべー、みんな病んでるって感じる。スズメバチ熱死させるミツバチの群れに進んでなりにいく人がこんなに多いのか……と恐怖を覚える。

ブコメがなぜ世の中に影響を与えられるか。たくさんのつぶやきが連結して巨大な世論みたいなもの形成するからだ。それを手放しに良いことだとは思えない。結果的集団個人を叩き潰す構図も無数に生まれているということへの反省が少なすぎる。こんなに大雑把にしか世論を動かせないのにブコメを選ぶ人が多い理由は「コミュニティとしての居心地よさ」という、正義とは無関係のものだ。ブクマ無駄だとはまったく思わないが、妥当手段だとも思えない。









こんなにブクマが付いたのは初めてだ。ずっと変な汗が止まらなかったし心臓バクバク鳴ってた。自分ひとりの文章に対してコメントが400くらい来ている。こんな疲れる目には二度と遭いたくない。ブコメで1行だけ何か言うのは手軽だし、人の意見を見た上で乗っかれるしでいいことづくめだと痛感した。



自分がやろうとしたことは「はてなブックマーカー」というコミュニティの中に潜んでいる一部の人間の卑しい心性を指摘することだった。思った通り、指摘はかなり難しい。何か言うたびに無数の「当てはまらない人たち」が立ちはだかる。「そんなことを考えているのはお前だけだよ」と笑われる。彼らは別にいいのだ。自身を振り返ってみて「全く当てはまらない」と思えたのなら、変なこと言ってゴメンねとしか言えない。でも自分は、自分の胸の中にもいる醜いあいつがあの群れの中にもいると直感している。「当てはまらない人たち」の中にも潜んでいると思う。そのことを伝えかったが叶わなかった。それとも中には通じた人もいるんでしょうか?



「ほら増田、こんなにブクマが数百個もついてホットエントリーになると興奮するだろ。何回もリロードしちゃっただろ。それと同じだよ。自分の書いた言葉大勢の人に注目されるのって気持ちいいんだよ。いい経験したな」

このコメントはてブが作ってきた空気の醜さが詰まっていて、自分に似ている。もし「まさかブコメを~」を書いたのが他人だったら、自分はこんな感じのコメントを付けていたような気がする。嫌だったのはこの処理のこなれ方だ。

2016-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20160909160442

炎症は放置すると膿むどころか壊死まで引き起こすからな。炎症に対するカウンターとしてまず周りの皮膚を炎症じゃないことにしておかないと、悲惨なことになるぜ。

2016-09-05

8番らーめんラーメン殺伐さを求めてはいけない。

この前の日曜に石川県に行った時に8番らーめんに行きまして。


奥さんと二人、うっかり昼飯を食べそびれてもう午後5時になってて、もはや夕飯の時間帯だったのだけれど、夕飯は別の所を予定していたので、とりあえずつなぎでなにか食べようかと思い、せっかく石川県に来たので8番らーめんに行こうとなった。8番らーめんにはほとんど予備知識がなくて、メニューリンガーハット北陸版という知識ぐらいしかなかった。でも、ラーメン屋だし、国道沿いにある流行っているチェーン店なのだから「早い・安い・うまい」は確保されているだろうと思っていた。


そしたら、まず店に入ると「名前を書いてお待ちください。」とのこと。この時点で気づくべきだったが、あまりに腹が減っていたので、気にせず名前を書いて待つことに。

すぐに呼ばれて席についたまでは良かったのだが、隣の席が子連れで、しかも下の子ギャン泣きするわ、席をガンガン蹴るわ。親も親で「うるさいな」と言うものの、別に注意するわけではなく、単に感想を述べるような「うるさいな。」で、特に止むこともなかった。


さて、テーブル10カウンターが15あるのにホールスタッフが3人しかおらず、店の規模の割にホールスタッフが少ないなあ、と思いながら、野菜らーめん味噌餃子を頼むと、5分後にまず伝票が出された。ラーメンでも餃子でもなく、伝票が最初に運ばれてきた。その後ラーメンがいつまでたっても出てこない。明らかにスタッフの数で回ってないんだなと思いつつ、ラーメン屋は席につくまでは時間が掛かるが、席につくとほぼ同時に着丼するものだと思い込んでいるので、待てど暮らせどこないのにイライラ、伝票がすでに運ばれているので、支払いだけして出たらどうなるだろうかと、散々話しをして結局着丼は30分後。着席から着丼まで30分かかったラーメン屋はもちろん初体験



味は空腹を重ね過ぎて不味くはなくともよくわからず、その間も子供ギャン泣きは断続的に続いていたので、むしろこんな時間にクイックを求めて8番らーめんに来た僕らにこそ非があるべきだなと反省。思えば最初名前を書かせて待たせたところから気づくべきだった。これはラーメン屋ではなくファミレスだったと。



からといって、8番らーめんはもう行かないとか言うつもりはないのだけれど、少なくとも都会の「ラーメン屋」ではないのだな、深く気付かされた次第。

2016-09-04

同・窓・会

http://anond.hatelabo.jp/20160904003739

成人式ときに、久しぶりに会った中学同級生に「この後バーで同窓会やるから」と誘われたので行ってみた。

スクールカースト底辺だった俺は、最底辺にいたけど最近連絡とってない仲間に会えると思って楽しみにしていたが、本当にカースト底辺の奴は誘われてもこないか、そもそも誘われてもいない奴ばかりでほとんどいなかった。

中学時代サッカー部バスケ部かつ不良でモテてた連中は全員田舎ホスト、またはエグザイルのような見た目に変貌していて、よりガラが悪くなっていた。

中学時代カースト底辺の俺にも優しく接してくれた女子は「久しぶりー、見た目全然変わってないね」と一言だけ挨拶してエグザイルの中に消えていった。

ホストエグザイル軍団は全員目頭が血走っている。今夜お持ち帰りしようとギラギラしているのが丸わかりだ。絶対勃起している。

女子女子で色目を使ってお持ち帰られようとしているのが丸わかり。中学時代に俺ごときに優しくしてくれた女子たちも例外ではなかった。カースト底辺の連中と会話をしても時間無駄、と思っているのがサトラレレベルで伝わってくる。

俺のような異性に相手にされないカースト底辺が来るには場違いだったのである。来なかった奴のほうが正解だったのだ。無理にエグザイルの中に混じっても、「こいつはダセーけど俺はかっこいいだろう」みたいな、あからさまな事を女子に言って踏み台にされるだけなのは目に見えているので、余計なことはせず黙って飲むことにした。

本当は店内の至るところにあるソファーでゆったりしたかったのだが、エグザイル女子たちがちちくりあって陣取っている。

少数だけ集まったカースト底辺メンバーが部屋の隅っこ(しか階段の下で超狭いところ)に追いやられていたので、そこに混じってウンコ漏らした話とかオナニーの話をしながらビール飲んでタバコをふかしていた。

するとエグザイル一味がたまにこっちに来て「増田のくせに酒飲んでタバコ吸ってやがる」と自分のことを棚において嘲笑しにきやがる。

こんなとこで酒飲まずにやってられるか。あと、タバコに関してはてめーらにイチャモンつけられる筋合いはない。こちとらJTチェリー一筋だ。黒タバコも好きでな、ゴロワーズジタンカポラルも大好物だ。黒タバコなんて、お前ら絶対臭いとか言って吸わねえだろ。両切りピースも好きだ。お前ら両切りなんて絶対吸えないだろ。

テメーらみたいななんちゃらライトみたいな味も吸った気もしない軽いタバコ吸うくらいなら吸わない方がマシだし、ほとんどがメンソールばっか吸ってやがる。メンソールなんてタバコの味しねーだろ。スースーしたいだけならガムでも噛んでろ。しかクールなんていうメンソールの中で一番不味いやつが大人ときた。しかもみんなタバコの先端が尖っている。スパスパやりすぎて燃焼のさせ過ぎ。これはタバコの味なんか二の次ニコチンチャージしか念頭にないという証拠タバコ醍醐味すら理解していない。もう一度言う、お前らみたいなタバコの味も吸いかたも理解していない奴にタバコのことでイチャモンつけられる筋合いはない。

たまに俺がタバコ吸ってるの見て女子が「増田が酒飲んだりタバコ吸ってるのがショック」とか言いにきやがる。

カースト底辺クソ童貞野郎飲み会でも酒は我慢してジュースでも飲んでろというのか。お前が今セックスしようと思っているエグザイル君はクールかいうクソ不味いタバコをチェーンスモークし放題なのに、なぜ俺が吸ってはいけないのか。こちとらエグザイルと違って、かっこつけるために吸っている訳ではない。オタク趣味の一環だ。

たまに女子から声をかけられたと思ったら、「写真とって~」とカメラを渡されるだけだ。俺が写真に映ることはない。

エグザイルからたまに声かけられたと思ったら、「俺、カルーアミルクね」とか言ってくる。男のくせに女みたいなもんばっか飲みやがって。エグザイル軍団はこぞってカルーアミルクばかり飲んでやがる。酒弱いならバーで同窓会なんか開くなや。

でもあとでキレられたら怖いのでカウンターに注文しにいく。注文が殺到してカウンターがてんてこ舞いになっており、いくら待ってもカルーアミルクが出て来ない。

エグザイル女子とちちくり合いながら「速くもってこいって店員に伝えといて」と言われたのでカウンターで伝えると、今度は俺が店員にキレられた。完全な板挟み状態である

クソつまらない同窓会は、エグザイル軍団のなかでもパシリ役の奴が勤める幹事による「このバーの貸しきりは只今をもって終了です、あとは各自二次会やってください」の掛け声とともに終了した。女子は全員ホストエグザイルと共にホテル街へと消えていった。

残されたカースト底辺組は、仲良く男だけで相場より少し高い居酒屋の座敷で飲んだ。同窓会より楽しかった。

座敷だったので、誰かが誰かの靴を履き違えてしま

次の日の朝、「俺の靴履いてった奴知らない?」と連絡が来た結果、たった今東京へ飛び立った奴が履いていったことがカースト底辺連絡網により判明した。

そいつらの靴がどうなったのかは知らない。

作品のものを見てないとか読んでない「アンチ」って実は多いんじゃ

まり作品のものに触れずとも、それが褒められているという状況があるだけで、人はとある作品に対して不快感を覚えると思う。

ざっと考えてみても、


・1

誰かが何かを好きだと言う←もうこの時点でアンチになる可能性はある。

多くの人が好きだという必要すらない。たったひとりが好きだと言った時点で例えば以下の感情生まれる。

「同じ文脈で褒められるべきだと感じていた他の作品よりorをおいて褒められた不快感

「他の人間自分より目利きとしたくない不快感

「そもそも発話者に対する不快感特定有名人など個人不快感を覚えてたのみならず、例えば「子供」「女」「腐女子」「リア充etc、発話者の属性もフックになる)」


・2

多くの人間が何かを好きだと言っている←上述の要素が多重に重なり合う。

相手が多数になったことによって、基本的不快感が強化される。

「皆もっと褒めるべき自分が好きな作品があるのにそちらは無視されていてる不快感

「皆が褒めてるのに自分だけ乗り切れてない不快感

「そもそもこの、例えばゆとりども、例えばキモオタども、例えば女ども、あるいは例えばリア充ども……が持て囃すくだらないコンテンツが少なからずその範疇にない人間からも褒められているという不快感


・3

ムーヴメントになる←このいわばパンデミックとなった段階で、完全に上の反応は最大限強化されるが、さらにここでもうひとつの要素が付け足される可能性がある。つまり……

「何者か(何者ら)の意思によって、計画的作品価値以上に褒められている不快感

もちろんその事実が正しいか間違っているかは、感情問題なので意味がない。この段階においては、ものすごく安直ながら本人にとってはとても有効カウンターとして機能していると思っているひとつワードによって反論されることがままある。もちろん、そのワードとは「ステマである


そして、別の大きな道がある。それは


・4

多くの人に叩かれている。あるいは、叩かれることがムーヴメントになっている←説明不要だろう。作品のものに触れないアンチを生み出す最大の要因と言ってもいい。

この場合ムーヴメントになった叩かれる作品に対する批判情報が実に多くweb上で蓄積され、単にそれを摂取するだけで何かを嫌いになれる。

その理由を考えてみるに、これは一種の娯楽として成立するからかもしれない。例えば、映画なり漫画なりなんなりに「突っ込みを入れる」「おかしなところ指摘する」「批判する」ような芸を楽しんだことはないだろうか? 情報を集めるにつれ、そんな愉しみを覚えられるのだ……作品のものを見たことがないにも関わらず。批判的な評を見て「逆に見たくなったwwww」のような反応、webで見かけたことはないだろうか?

あるいは他の例を挙げると、その作品ファンによる、「○○厨の悪行」とされる多くは匿名掲示板でこのような言動があったという個別的な事例や、匿名掲示板で報告される散発的なリアルでの振る舞いである。断言するが、それらがすべて事実だとしても、作品のもの評価とは一切関係がない(なお念のため補足しておくが、自分はそのファンに対するアンチに過ぎず作品のものアンチではないとするのであれば、「作品に対するネガティブ評価を表明していない」という条件で射程距離から外しこの増田は完全にあなたを見ていない)。しかし、そんな悪行から不快感を覚えるのことは可能である





ここまでで既に作品に触れないアンチが生まれるが、上述した一点目から三点目と四点目の組み合わせこそが真の「見もしないのにアンチ」が生まれ理由だと思う。即ち、とても流行っているが同時にとても批判されているというコンテンツに対し、前者の「流行っているか不快感を覚え」後者の「不快感を覚える理由摂取」(あるいは逆)するためだ。

そして地獄めいた流れだが、実のところ四点目の叩かれている点が、一点目から三点目を理由とした不快感を前提として収集されたものであるなら? つまり普通なら見過ごすような不快ポイントとされる情報も逃さず摂取するなら?




当たり前に当たり前を重ねた話だが、自分にとって不快ものに付き合うのは、不快なことでやりたくない。

アンチとはそんな時間を経てしまった存在なのかもしれない。そういう人間が多いであろうことはわかる。

だが逆に、別に付き合ってはいないんだけど外部の流れから不快だと判断たから、その不快感を垂れ流す人もいるはずだ。




てーかもっと言うなら、わりと普通にまじめにその作品を受容して端的に駄目だと思ったかアンチになった人って、意外とwebで見られるアンチの人たちのなかから多くないと思うんだよね。それが悪いとは言わないけど。

全くもって実際にまじめに時間を割いたことないけどあらかじめイラっとしたり貶めたくなったりする作品からとりあえずアンチしてるって人、断言するけどかなり多いと思う。

2016-09-03

ぼくイタリア式コーヒー警察志望

某店にて



接客がよい +10点

オーダーの通達イタリア語 なんかそれっぽくて +10点

マシンスイッチを入れた後に珈琲抽出速度を確認しないで次のオーダーの作業をする -10

結局タンピングが強すぎてコーヒーの流れる勢いが少ない -16202点

砂糖が低カロリー的なよくわからんものしかおいていない。1袋入れたら全部溶ける -25300点



近所の評判のパスタ屋もパスタはおいしかったけどエスプレッソ微妙台無しだった。

じゃあ本場はちゃんとしているのかといえば、貴様これでも伊太利亜国民か!というようなものを出す店もあるのだけど、

やはり食を誇る日本なのだから、これには伊太利亜珈琲原理主義者もにっこり、というようなコーヒーを出す店があってほしいと切に願っている。



結局何が言いたいのかというと、横浜東京新宿でよいイタリア式コーヒー屋があったら教えてください。

ちゃんとカウンターのあるバールってデルソーレ系しかないのでしょうか???

増田にしたのは正直自分にわかであるのと奢り高ぶった発言である自覚があるからです。身元バレしそうではある。家にマシンはもうある。

基本的に人に勧めてもらった店にはケチをつけない主義なので、教えていただいたお店は純粋に楽しみます(これだけ言っておきながら信頼性に乏しい宣言

警察志望とつけたけど別に志望もしていない。しかし一度言ってみたかった

個人事業主になったのでビジネスカードを作ったが、まさかネット

副業として始めた個人事業軌道に乗ってきたので、調子に乗ってビジネスカードクレジットカード)を作ってみた

んが、まさかネット対応で、ご利用明細は紙(郵送)のみでオンラインで見れないわ、本人認証サービスも使えないのでオンライン決済できないわ、なんだかがっかりでした。




以下、顛末




いままでも個人事業に使うもの個人クレジットカードで買ったりしていたけど、

だんだん管理がめんどくさくなってきたので、事業用のクレジットカードを作った。




作ったのはポケットカードの「P-one Business MasterCard

決してステータスの高いカードではないが、年会費が実質無料だし、どうせネット決済ばっかりで人前で見せびらかすわけでもないしと思って、申し込み。

申し込みの翌日には仮審査に通ったと電話があり、そのまま電話事業内容や利用希望額を聞かれ、本審査に回す旨を伝えられる。

本人確認書類確定申告書青色申告決算書などを郵送して、2週間後ぐらいにはカード簡易書留で到着。




さっそくオンラインで明細を見られるように登録をしようとしたけど、カード番号を何度入れてもエラー

イヤな予感。




コールセンター文句言れる前に、ちょっと冷静になってwebページを見なおしてみる。

んで見つけた。

-----

※7 ネットカウンターのご登録・ご利用は、法人代表者様のみ可能です。

-----




むむ。。。

このビジネスカード、実は「法人代表者用」「法人従業員用」「個人事業主用」の3種類があって、俺が申し込んだのは「個人事業主用」。

んで、ネットカウンターというカード会社オンラインサービスが使えるのは、「法人代表者用」だけだという。。。

こんな注意書き、今更気づいても遅いわ。




クレジットカードの明細をオンラインで参照して、そのまま会計ソフトMFクラウド会計データ取り込んで経費精算&記帳まで一気通貫でやろうとしたのに。。。

うへぇ。。。紙の明細見ながら内容を手で打ち込むのかよ。いつの時代だよ。非人道的作業だ。




コールセンターにもダメモトで聞いてみたが、やっぱり個人事業主カードネット対応とのこと。

今後の予定も未定とのことなので、「ぜひ対応するよう上の方にも伝えて下さい」と丁重に言って電話を切った。




カードの利用明細の手入力ぐらいなら我慢できるけど(それすらも、カード利用明細をスキャナで読み込んでOCRかければなんとかなるか?)、

痛いのはオンラインでの本人認証サービスにも対応していないこと。

近頃はクレジットカード決済のセキュリティ強化のため、カード番号や有効期限に加えて、カード会社登録したパスワード必要オンラインショップ・決済会社も多い。

だけどそれも使えないってさ〜。ほんとがっかり




まぁAmazonとかPaypalは本人認証サービス使ってないか大丈夫そうだけど、今後「いざっ」ってときに本人認証サービスが使えなくて悲しい思いをするんだろうなぁ。

2016-08-31

シン・ゴジラ」と「君の名は。」みた。

シン・ゴジラ」界隈でリアリティについて盛んに議論になったけど

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」なんかはテーマ地獄ファンタジーなのに

導入部がリアルでありそうなスキーバス事故だったせいで

現実事故バッティングして不運にも上映延期になったり皮肉なもんだと思う。

シン・ゴジラ」もあまりにもリアルすぎると上映できなかったかもしれない。

あえて捨てたプロットとかもあったんだろうね。

 

製作委員会方式邦画凋落の元凶だとする言説がある中、

シン・ゴジラ」は製作委員会方式を採らなかったから良作になったという説と、

にも関わらずキャストの誰々は東宝ごり押しだ!という説が現れたのも面白い

 

間をおかず製作委員会方式の「君の名は。」がヒットしたことが

製作委員会批判へのカウンターパンチになりつつも、

でもザ・東宝看板女優長澤まさみが出演してますやん、とか。

でも長澤まさみの声、あん違和感なかったしいい仕事したんかなあ、とか。

あれが大根演技だった日には、ごり押し批判や非声優起用批判もあったことでしょう。

 

そう言えば「君の名は。」主演の神木隆之介くんは、

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の夏への延期で

期せずして東宝の夏映画連続主演の形になった。

宮崎・細田作品に続いて新海作品に出演とのことで、売れっ子だね。

顔のせいかごり押しあんまない。シン・エヴァにも出てきたりして。

 

シン・ゴジラ」も「君の名は。」も観たけど、

実はまだ観てない「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」も結構楽しみだったりする。

気合の入った名作も良いけど、肩の力抜けたB級ノリの映画も良いよね、とか。

 

まとまりないけど、リアリティの有無や、製作委員会方式か否かや、ごり押し出演の有無や、

神木くんが出てるかどうかだけでは、一概に面白いかどうかはわからんね。

自分庵野も新海も宮藤も好きってのもあるんだろうけど。

 


それにしても東宝ステマっぽいよね、この文章

なんで神木くんだけくん付けなんだろうね。

 

 

(追記)

  id:atoh 「でもザ・東宝看板女優長澤まさみが出演してますやん、とか。」主役の上白石萌音立場は。

主演の女の子東宝の方でしたか不勉強でお恥ずかしい。

ご指摘ありがとうございます

 

  トラバのひと

映画自体感想が書きたくて書いた増田ではないので、すみません

どうか喧嘩さらずに。

2016-08-30

大人の発達障害を疑う

出資先の企業と合同PJを立ち上げたんだけど、先方企業カウンター(43歳独身非モテキモメン)が

現場空気ぶっ壊して、越権行為は当たり前、自己実現のために他者をコキ下ろす行為を繰り返してる。

なんど注意・警告をしてもどこ吹く風。

いかげんぶっ潰してやろうかと思ったけど、ふと「発達障害障害」なんじゃないかと思ったんだ。

高畑息子がソレっぽいように。

ググッてみると「広汎性発達障害」ってのがあり

■積極・奇異型

一方的に話し続ける、同じことを何度も言う

尊大

・人を見下したような言い方をする、横柄な態度を取る

ドンズバ

組織の力でぶっ潰す(排除)か、自滅するまで放置するか、持ち上げてハシゴ外すか。

どれが最適かな?

2016-08-29

シン・ゴジラに乗り遅れたはてなブロガー

君の名は。」でPV稼ごうとしてるのを見ると

やっぱりあいつらは面白いもの見つける嗅覚がないな。



次は「君の名は。」と言われてたけど公開されてみるとあれははてな外で人気になる映画

他人感想記事読みたくなる映画でもない。

はてなでは賛否両論

今の炎上連発の状態ではこんな小物に関わってる時間はないので叩く人はすぐに減る。

カウンター面白いと思ってる人の発言も出なくなって徐々に話題にされなくなる。

そんな感じで終わる。

2016-08-25

図書館で借りた本がとんでもないクソ本だった

ルネサンスの魔術に興味があってその分野の最も有名な本『ルネサンスの魔術思想』(D・P・ウォーカー)を図書館に借りに行ったのだが、コンピュータ検索したところ棚ではなく倉庫の方にあるということで司書の人が取りにいく間10分ほど待つことになった

それでルネサンスの棚を見ていたら澤井繁男という人の『魔術師たちのルネサンス』という本があり、手に取って著者紹介に目を通してみたところルネサンス関係の著書や訳書がいろいろあり、とりあえずこれも借りるか、と一緒にカウンターへ持って行った

で、帰宅してこの『魔術師たちのルネサンスから読み始めたわけだが、本文を読み始めてすぐおかしいことに気付いた

まりにも文章が下手なのである

一口に下手な文章といっても色々あるが、この本の場合小学生が書いたような稚拙さで、とても大人の鑑賞に耐えるものではない

Googleで著者の名前検索してみたのだが、どうやら小説なども書いているらしいと知ってますます困惑してしまった

学者専業の者が書いた専門書が徒らに晦渋な文章で埋め尽くされていたのならばある程度は笑って許そうという気にもなるが、散文芸術にたずさわる人間にたいしては期待することが許される最低限の文章力というものがあると思う

この著者の場合は明らかにそれに達していない

前書きにはどの章から読んでも構わないと書いてあるが、どの章を読んでも均質に稚拙文章が並んでいる

なにしろこれまでの人生出会った本の中でも並ぶものがないほど文章が下手なので本当ならこんな本はゴミ箱に捨てたいところなのだが、図書館で借りた本なのでそうするわけにもいかず、返却日まで机のスペースの一部を占領することになる

しかしそれでは今後二週間毎日ヒエロニムス・ボッシュを使った表紙が目に入るたびに怒りと軽蔑がこみ上げてきそうで精神衛生上まりよろしくない

明日これだけでも返しに行こうかな

2016-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20160824144822

元増田です。

僕も海外文化にそこまで詳しくないので憶測の部分もありますが、

あの手の活動ピックアップされるのは元々に剃毛一般的な土壌があり、

その中で剃毛しないというのがアピールポイント・奇抜な行為になるからこそ話題になれると考えています

まり剃毛自体は今も昔も一般的でそのカウンター行為活動になるという状態だとみています

日本でそういった活動、つまり男も剃毛させろという活動がないのは国民性でしょうか?僕には分かりません。剃毛したいです。