「一定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一定とは

2016-12-05

顔より性格

自分の好みは「顔より性格」と思っていた

なぜなら自分が好きになる娘はみんな性格がいいからだ

しかし、最近になって自分の好きになる娘はなぜか顔もいいことに気づいた ついでに体型も

「顔より性格」なんてただの欺瞞ということにやっと気づいたのであった むしろ面食いの傾向があるということも分かった

追記

私は一応女性人格を重視する方だと思います

しかし顔が一定レベルに達していないと、まずそこで足切りが行われ人格考慮に入ることは無いということが分かりました。

今まで「顔で人を判断しない自分」を信じていただけに割りと衝撃だった。

2016-12-04

馬鹿みたいに散財するだけのカスオタクが増えている件

http://anond.hatelabo.jp/20161204163946

を見てなんとなく自分の知人を2,3人ほど思い出した。

ネットが広まってからオタク人口自体が増えているからこれ自体必然なんだろうけど、
昨今お金の使い方に問題のあるオタクが多すぎ。

Blu-ray Boxセット、フィギュアコンビニくじの箱買いなどなど、好きなモノを買うことについては別にどうでも良い。
けど貯金せず身だしなみもまともに整える気すらない貧民ルートまっしぐらオタクは一体何なのか?

いい年して最低限の60万の貯金すらしたことなく、貯金が無い理由を家庭環境のせいにする。
詳しく話を聞くとその家庭環境が故に貯金しづらい状況なのはまぁわかる。
けど何でそんなに散財するの?モノ買うわゲーセンほぼ日参するわ聖地行くわ…
月1万でも良いか貯金しろよ、と言いたくなるレベルの行動が多い。
(というか親しいと思う間柄の人でヒドイ状況の人には言った。が…)

「○○は俺の嫁」って言葉流行っている頃によく思っていたのが
お前嫁言っている割りにはそのフィギュアやグッズの扱い方なんなの?
箱のまま適当詰んだり、本が部屋の中あちこちグチャッと置かれてほこり被ってたりと
一定数まともに扱っていない連中がいる。
お前ら嫁にどんだけヒドイ扱いしてるの?愛とかないの?

で、暫くしたら新しいグッズ買うために興味を薄れたグッズをヤフオクに出品したり、
twitterで交換したりして「お金はきちんと管理できてます」みたいな事を言ったりするんだけど、
から見るとパチにはまっている人の「トータルでプラス理論と同じぐらいの状況なんだよね…
「結局の所しばらくしたらそれ売って次の足しにするんでしょ?」というか。
(※こういう人たちって収納スペースが足りないから売るのではなく、お金が足りないから売るのが主)

まあ一般論と同じではあるんだけど、貧乏アピールする人の内、
「親も金の使い方に問題がある(但し本人は本人で問題あり)」
「部屋が散らかっている、整理整頓がされていない」
ような奴は大概いつまで経っても貧困

日本死ね」が理解できない

そんなに嫌だったら日本から出ればいいじゃない。

憲法には日本で生まれたら絶対日本に住まなければならないなんて明記されてないし、法的にも何も強制してないし、それどころか海外に行く自由日本は認めてんだからさ。

国籍永住権を与えたいほどの技能習得していたら諸手を挙げて受け入れてくれる国だってあんじゃん。

あるいは一定額以上の投資をしたら永住権をくれる国だってある。

もしあなた特筆すべき技術も有していなくて、ただの社会の徒食者のような人間であるのならば、受け入れてくれる国があるかは知らないけどね。

そりゃ主義主張ばかりが強くて、何の苦労もしなくて社会保障制度を蝕んでいく人間なんて、どこの国もお断りだろうよ。

断られたとき自分を呪うか、自分がその程度の人間なんだときちんと認識して受け入れてください。

考えてもみてよ。

全く知らない人があなたの家で「帰る家もお金もない…助けて」と声をかけてきた。

かわいそうだからという理由で受け入れたら、老後のために貯めていたお金を毟り取られるんだよ。

かといって、その人は家事をするわけでもなく、ただ家の中で腹が減った、娯楽が欲しいと大声で叫び続けるんだ。

しかし、その人がピアノ上手でどこかで稼いできたり、あるいは積極的家事を手伝ったり、家のことを協力的にしてくれるんだったら、受け入れて良かったと思うんじゃないかな。

そもそもピアノ上手で稼げるレベルなら、誰かに頼ることはしないのかもしれないけどね、つまりそういうことだと思う。

個人的には日本社会は十分すぎると思っている。

私程度の納める数万円程度の税金で、一体何mの地道を舗装できるんだろうと考えときがある。

補修などのランニングコストを考えたら、もしかしたら数cmにも及ばないかもしれない。

その道路を使って保育園にも行くだろうし、勤めにも出るだろうし、遊びにも行く。

海外赴任経験から、雨が降ったあとに外を出歩いても泥で裾が汚れないというだけでも、かなりありがたいと思っている。

そもそも論なんだけど、何でそんなに日本固執してんの?

日本結婚をして、日本子どもを産んだのは君たちが選択した結果でしょ?

だれも日本結婚をしなければならない、日本子どもを産みなさいと強制したわけじゃない。

例えばアメリカに住みたかったら、ハワイかどっかで出産して、将来は子ども保証人にしてグリーンカードでも取得したらいいじゃない。

それがダメかどうかはアメリカが決めることで、アメリカにとってあなた移民として受け入れる価値があるかは知らないよ。

それで断られたら「アメリカ死ね」とでも言うのかしら。

しかしたら、私は「日本死ね」という人のことが理解できないのではなく、理解したくないのかもしれない。

私は日本が好きだ。

から日本に帰ってきたし、日本に骨を埋めたいと思う。

そうであるからこそ、私は日本を良い方向に変えていきたいと思う。

さな個人ではあるけれど、もっと住み良い日本にしたいから諦めたくない。

確かに斜陽な国なのは間違いはないと思うけどね、住みやすい国を作る可能性はゼロじゃないよ。

それでも「日本死ね」と言われるのであれば、それは私に対して「死ね」と言っているものと同様であることを知って欲しい。

他人に対して容易に「死ね」と口にする人ほど、関わりたくはないと思うし、恐ろしいものはないと思う。

結婚お小遣い制度

お小遣い制度がよくわからない


テレビで見た金なくてマックの100円のやつしか食べられないサラリーマンとか


趣味費と食費は別じゃないの?



世帯収入から家のローンとか養育費とか食費生活費諸々引いて残った分から貯蓄分を引いて


そこで残った中から好きなことに使う分がお小遣いとして財布に入る、というのはなんとなく想像できるんだけど


切り分けとか実際の金額とかがイメージできない


共働きで稼ぎ同じくらいだったら一定額ずつ共同口座に入れる的な運用でもいけそうだし



みなさんどういう運用してますか?

http://anond.hatelabo.jp/20161203215317

日本という家に巣食うシロアリのような存在から両立するな

朝鮮の歴史はは属国歴史だと揶揄されるが

その結果、内部に一定勢力を保つことに長けたのだろうか

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.京アニアニメって、なんであんなに「京アニっぽい」のですか。

言いたいことは何となく分かるぞ。要は作られたアニメ作風に、ある種の一貫性があるってことだろ。とりあえずテキトー検索して調べた範囲のことを咀嚼したのでお答えしよう。




基本的現在日本アニメの多くは、出来を語る際にスタジオ体系で語ることに、さして意味はない状態だ。アニメ構成する様々なものは、フリーランスの人たちを一時的に雇ったり依頼したり、他の所から外注しているのが主で、制作に関わる人たちはガラリと変わりやすい。

独自作風で知られているシャフトも、近年の代表作品の背景美術は「竜美堂」という美術・背景専門スタジオと手を組んで制作していることが多い。竜美堂が潰れてもシャフトはなくならないが、“シャフトっぽさ”はかなり減るか、ぎこちないものになるかもしれないな。

だが、京アニは体系がちょっと特別なためスタジオ規模で語られやすい。他のスタジオ外注でやっている多くの工程を、自社のスタッフほとんどやっているからだ。元請制作でほぼ出来ているので、作風にも一貫性が色濃く出やすいのだろう。




例えば特定の人にやって欲しいとき、その人がフリーランスだと他にも仕事があったり逐一の連携もとりにくい。スケジュールの遅れが余儀なくされたり、方針の変更を強いられるといった状況になることもある。そのダメージをもろに受けやすいのは特に作画方面だろう。

だが、スタッフの確保が自社内で十分に可能ならばスケジュール管理が楽であるということで、作画の安定にも繋がる。1話放送する前からスケジュール調整の賜物か全話のほとんどは出来ているケースもあるらしく、手直しする余裕もあることでより完成度は一定を保っている点も、スタイル一貫性に一役かっているのだろう。

また、例えば担当美術スタッフなどが表現に苦戦していたとき、社内の別の美術スタッフ相談するなんて連携もしやすいだろうから、より作風統一感が生まれやすい。

あと、京アニアニメーターのための学校もあり人材育成もしているので、このあたりも関係しているだろう。「境界の彼方」の作画とかは卒業生が多く参加しているらしく、その成果が出ているようだ。

ここ数年だと、原作すら自社出版なんてケースもある。元請け作品がなくて上から企画を貰えないせいで、何も始まらない(アニメを作れない)ということは往々にしてあるので、それを自社で賄うってのは何気に重要だ。そうしてコンスタント提供できるというのは、京アニスタイルなどのイメージ受け手に根強くする要因にもなる。

あと、給料が歩合制ではなくて固定給らしい。これは、どんなに頑張って早く仕上げても給料が同じということで一概にいいことではないが、逆に考えれば時間をかけて一枚ずつ描いてもよいということで、これも間接的にクオリティの安定に繋がっているかもしれない。




まり質問の答えは、京アニ制作においてスタジオ内での“自己完結度”が非常に高いので、そのスタイル作品にも色濃く出やすいということだ。もちろん100%自己完結というわけではないが、ほとんどの制作は社内のスタッフでやり、人材育成もやっているので一貫性が生まれやすく、京アニアニメは多くが「京アニっぽく」なるんだな。

もちろんそんなことが出来るのは、とどのつまりお金時間をかけたかなのだが、まあそれをコンスタント可能にすることが並大抵のことではないのは、私みたいな素人でも分かることだ。

私は京アニ作品は全体的に好みではないのだが、今回調べてみて分かったクレバーさには少し感心した。

2016-12-03

カジノを作りたい論理

カジノ法案が成立しそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASJD252NPJD2UTFK00Q.html



この統合リゾートの推進のための法案は、もとはといえば、日本維新の会(当時)と自民党生活の党が共同で国会議員提出した法律で、そのあたりにも橋下氏の影響を感じるとともに、もともとはこの3つの党は、そういう意味経済政策的に共通の根っこを持っていることが、統合リゾート法案のことを思い出してもわかるという、大変興味深いものとなっています

では、カジノに前向きな経済政策の発想って、どんなものでしょうか。


 小さな政府、強い財政

カジノは、基本的運営企業委託されます政府違法賭博の取り締まり治安維持のみを主にその役割します。国が認める賭博の中には、JRAのような特殊法人設立する場合もありますが、日本統合リゾート法案では、カジノ施設の設置と運営企業が行うことになります。そういう意味では、いわゆる「小さな政府」推奨の人たちの考えにきちんと沿った形になっています

 そして、カジノから収益政府一定程度持っていきます。国が賭博禁止する中で、例外的許可する施設から運営企業が暴利をむさぼるというのはいかにも利権的で、世論から受け入れがたいものです。運営企業にも一定利益は落ちますが、政府が特例的に認めているという性質上、国が相当の資金を吸い上げる仕組みに必然的になります

 いわば、カジノは、国の最小限の支出により、強力な税外収入を得られる仕組みです。



 誰のお金を吸い上げるのか

 外国人観光客です。それも、小金を使う客ではありません。がっつりお金を使う太い客です。おぼえていますか、シンガポールマカオカジノで負けて、製紙会社一つを手放さざるをえなかったオーナー経営者を。あれくらいのお金をかけるお客を吸引したいわけです。そして、東京あたりに来るそういう太い客はどこの国にいるかというと、中東アメリカヨーロッパではありえません。モナコとかラスベガスとか、もっと面白いところがあるんだもん。であるならば、答えは一つ、中国です。より正確に言うと、東アジア各国の中国系富裕層です。

 基本的東アジアカジノはどこもそうで、マカオだってシンガポールだってマニラだって中国系ターゲットです。ソウルだけは中国が貧しいころからありましたので、作られたころは中国人観光客ではなくおそらく米軍あたりをターゲットにしていたと思われますが、他はみな中国系富豪ターゲットです。まだ東南アジアカジノが少なく、中国本土が今ほど経済力を持っていなかったころでも、マレーシアカジノシンガポールマレーシアで富を事実上占めていた中国系富裕層が週末になると集まる場所でしたし、マカオ香港インドネシアフィリピン経済を牛耳っていた中国系富裕層を吸引していました。そして1990年代後半から中国本土の驚異的な成長とともに、大量の富裕層本土からマカオ東南アジアの数少ないカジノを席巻し、それを見たシンガポールマニラ中国本土富裕層好みのカジノ2000年代企画し、今になって結実しているわけです。中国系の人、どんなに金持ちになっても博打好きなんだよね。



 ギャンブル中毒対策必要なのか

 中国人富裕層ターゲットとあらば、基本的ギャンブル中毒対策はさほど必要ありません。


 カジノとか言うと、想像力が乏しい日本有識者は、すぐパチンコとか思い出して、貧困層ギャンブル中毒対策必要かいうのですが、大丈夫貧困層の中高年はすでにパチンコで、また若者FXギャンブル中毒になっていますから、いまさら対策必要ない、というかもう打つ手はありません。対策経費は無駄です。貧困層は、カジノが想定していない客で、せいぜい入口のスロットマシンで有り金すっておしまいなのですが、スロットならすでに街場のパチンコ屋にあるでしょ。入場料を取られてまでカジノにくる必要はありません。


 そして、大王製紙の元オーナー社長のような人がギャンブルお金をすって会社を手放すようになるのは、これは自業自得対策不要ということで、大半の有権者合意できるのではないでしょうか?


 というわけで、この辺の政策もたいへん新自由主義的で、要は身を持ち崩す奴は自己責任ってわけです。小池知事や橋下氏が好きそうな発想ですね!



 ところでネトウヨカジノ

 ちなみに、小池知事や橋下氏を支持しているとよく目されるネトウヨの人たちは、パチンコ半島系だから嫌いでカジノ反対というようなことをよく述べるのですが、小池知事や橋下氏は、このような意見は歯牙にもかけていないということも、このカジノ政策を見ればわかります


 もう一つ、ネトウヨの人たちは、中国人に頭を下げるのも大嫌いなはずですが、カジノを作るってことは、上記のとおり、中国系富裕層にかしずいてサービスするってことですので、これまた、このようなネトウヨ志向は完全無視されているということもよくわかります


 要は、小池知事や橋下氏に対するネトウヨラブコールが仮にあるとしても、それは基本的に単なる片思いだってことです。



 これからどうなる?

 さて、こういう思考的背景を持つカジノ政策ですが、これから前進するのでしょうか。私はすると思います。上記のような事柄は、実は例えば民進党政策形成メインストリームである大企業ホワイトカラー勤労者から見ても別に違和感ない世界からです。カジノ忌避感を感じているのは、むしろ貧困層に隣接している人たちの感覚、例えば最近話題社会底辺の人とは関わってはいけません|アッキー雑談ブログあたりへの共感にみられるメンタリティであって、その辺は時間をかけて説得するとともに、カジノ収益一定程度配分するようにすれば、最後は落ち着くものです。



 何より、アベノミクス基本的な発想は、上記に限りなく近いものです。金融緩和がその主力であるように思われていますし、実際経済的インパクトで目立つの金融緩和だったわけですが、一方で緊縮財政財政収支への配慮は言うまでもなく、規制緩和自己責任というのもアベノミクス通底するもう一方の考えです。



 とすれば、もう統合リゾート法案自体、何年も待たされているわけですから、そろそろ、そして規制緩和アベノミクスの三本目の矢)に向けての突破口として、カジノ、そろそろ実現に向けて大きく進むんじゃないかと思っているのですが、どうなることやら。

2016-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20161202124725

http://anond.hatelabo.jp/20161202121959

ここに書いてあるけど、受験英語は基礎になる。ビジネスレベル英語力を身につけるにはそれなりの時間必要ということ。もちろん、最初からビジネス目的で、ABCを教える段階からビジネス必要のないことを全て排除すれば、ビジネス英語一定レベルで獲得するまでの時間を短縮することはできるだろう。でも実際には英語研究をする人もいれば、映画を見たい人もいるし、友達を作りたい人もいる。受験英語はやや文学学術よりだろうとは思う。でもそれはそれ以外に役に立たないということではない。

ちなみに、トイレ場所を聞くくらいなら中学生でもできる。もちろん大学生になってもできない人もいるだろう。同じことを教えても習得度合いには個人差があるというだけのこと。

http://b.hatena.ne.jp/entry/shiba710.hateblo.jp/entry/2016/12/01/144225

んー

まあ感想文としては上出来なんじゃないだろうか

客観性の強い分析と比べて、こういう「あるレンズ(この場合右手主人公説)を使ってこういう風に見立ててみました」という趣向はどうしてもこじつけ感を感じるのであまり評価をする気になれないんだが



今年は『君の名は。』を筆頭に、映画音楽の新しい関係を感じさせる良作が相次いだ一年だった。従来の主題歌タイアップよりも深く踏み込み監督アーティストががっつりとタッグを組んで制作した作品が結果を残している。

新しい関係と言われても正直ありふれた普通の、いやむしろ当たり前と言ってもいい製作法としか思えないが、もしかすると映画では本当に珍しいんだろうか

それはお気の毒に




コトリンゴ:「主題歌」という役割分担が難しくて。“悲しくてやりきれない”もあるし、どちらを主題歌にするのか最近まで決まらなかったんですけど、結局映画用に新しく録り直した“悲しくてやりきれない”はオープニングテーマで、主題歌は“みぎてのうた”ということで落ち着きました。

へーーー

主題歌」と「オープニングテーマ」って、違うんだー

挿入歌」と「オープニング・エンディングテーマ」の違いならわかるけどー

あるいは「主題歌」が文字通り作品の内容を反映させているというのならわかるけど、その場合、別の曲と役割分担で悩むということ自体おかしいですよねー

主題を反映させている時点で主題歌なんだから

違いをちゃんと説明できるんですかねー?

なんとなくのフィーリングですかー?

悪い意味で、文系

中身の伴わないレッテルに振り回されるなんてはっきり言って馬鹿だとしか思えないけど、そんなので騙される連中も一定数いるだろうから全くの無意味ではないんだろうねー



意味の無いレッテルというのは「主人公」にも同じことが言える

作中で明言されていない役割なんてどうでもいいわ



そうやって読み取るのが、作品の正しい受け取り方だと思う。

くだらない

誰の言葉かは忘れたが「作品解釈に明らかな誤読はあっても正解は無い」

正しい受け取り方が存在するというのがどうしようもない勘違い

そんな勘違いをしているか

だけど、主人公を「右手」と捉えると、その印象が逆転する。

別に逆転していないもの勝手に逆転したかのような錯覚を覚えることになる

自分は予断をもって作品を鑑賞していましたアピールしかなってないんだよ



全体的にはまあ良いとしても以上の点は気になった

2016-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20161201075422

ハイクでも消したアカウントが残り続ける期間があって、中の人に聞いた話だったはずだが二つサーバがあって同期してるんだそうな。

なので一定期間すぎればハイク場合消えてた。バックアップ先が他のサーバ時間バックアップがかかってるならあるかも。

文部科学省製作周期表デタラメな件

一家に1枚 元素周期表

政府科学の啓発を目的として作ったものから無料PDFを公開している。

一家に1枚シリーズ」のサイトhttp://stw.mext.go.jp/series.html

最新9版(http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/element/element_a9.pdf

製作著作:文部科学省

企画制作:株式会社化同人

2005年 3月25日 第1版発行

2016年 3月7日 第9版第1刷発行

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161130/k10010790131000.html

113番、115番、117番、118番の元素正式名前がついたと聞いたので、そろそろ周期表ポスターも買い換えるべきか、と思い、

文科省製作の「一家に1枚 元素周期表」の最新9版のPDFを見ていたところ、いくらか間違いらしきものに気付いた。

自分科学に関して門外漢であるから、見当違いのことを書いているかもしれないが、その時は誰か突っ込んで欲しい。


原子量」と「質量数」とを混同している

周期表の右下にある注釈を見てみよう。

※ここに示した質量数は, 各元素の詳しい質量数の値を有効数字4桁に四捨五入して表され, IUPAC原子量委員会承認されたものである.安定同位体がなく, 同位体の天然存在比が一定しない元素はその元素代表的同位体質量数を示している(参考書12による).

参考書12とは、日本化学会原子量専門委員会元素周期表 (2012)』および『4桁の原子量表』のこと。

質量数とは、「原子核中の陽子中性子の数の和」を意味する。当然これは整数値を取るし、4桁にもならない。四捨五入もする意味がない。

引用文の1文目の「質量数」は明らかに「原子量」の間違いだ。(2文目は正しい)



ただし、この注釈は、私が所持している第6版(2011年3月)ではちゃんと原子量になっていた。

※ここに示した原子量は, 各元素の詳しい原子量の値を有効数字4桁に四捨五入してつくられたもので, IUPAC原子量委員会承認されたものである.安定同位体がなく, 同位体の天然存在比が一定しない元素はその元素代表的同位体質量数を( )の中に示している〔日本化学会原子量委員会(2010)の「4桁の原子量表」による.〕

「第7版の変更・修正点」(http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/element/element_6to7_diff.pdf)を読む限り、第7版(2013年3月)でこの変更は行われたようだ。

(なお調べた限り有効数字4桁に四捨五入しているのは、日本化学会からIUPAC原子量委員会承認されたものという表現おかしい気がする)

原子量について、2016年発行なのに2012年データを用いている

日本化学会は毎年、IUPACの最新の原子量に基づいて「原子量表」を発表している。

http://www.chemistry.or.jp/activity/international/

(2012-2016の原子量表が見られる)


版を変えるのならば当然、その時点での最新のデータ、つまり2015年度のデータに合わせるべきだ。(「一家に1枚 元素周期表」は3月発行だから、最新版2016年のものは間に合わない)

なお、2013-2015年で、モリブデン Moセレン Se、について原子量(4桁)が変更されている。

2012年データとしても間違っている

前述の「第7版の変更・修正点」を見てみる。

(1)元素についての修正

32Ge

質量数を72.63から72.64に変更

(理由:日本化学会原子量委員会(2012)の「4桁の原子量表」にそろえたため)


これは4桁の原子量表(2011)→4桁の原子量表(2012)でなされた変更であるしかし、前に引用した通り、第6版では2010年度版を用いている。

よっておそらく2010年から2011年度にかけての変更が反映されていないのだ。


実際、30亜鉛Zn、42モリブデンMo、70イッテルビウムYbに関しては、第9版の値と4桁の原子量表(2012)の値は異なる。

また、これら3つに関して、第9版の値と第6版の値は同じである

2016-11-30

年下の同僚がクソすぎて本気で反吐がでそう

今まで生きてきた中でいろんな人と関わってきたけど、どうしても反りが合わないって人は何人かいた。

性格や習慣の違いとかあるからこういうことやるのは許せないってのはあるし、それを平気で行ってる人はいるわけで、

中にはなんでかしらないけど嫌悪感でいっぱいになる人も数える程度にはいた。

ただただしゃべり方が気持ち悪い、態度が気持ち悪い、しぐさが気持ち悪い、不思議だけどただただ気持ち悪くて話しかけるのも話しかけられるのも嫌っていう。

ただそういう人とは関わり合いしなければいいだけで、近くに一定以上寄せ付けなければそれでよかった。

が、社会人になるとそういうわけにもいかない、仕事として割り切って対応するしかない場合もある。

嫌いなクライアントでも笑顔対応しなければならないし頭下げなければいけない。

帰りに一杯ひっかけてバッティングセンターいくなり風俗言って一本ぶちかますなりしてスッキリして明日を迎えればいいんだから


でもさ、その相手が外部ではなく内部だと地獄だよね。

ちょっと前にチーム配置換えがあったんだけど、その中のメンバーが本当にクソすぎて毎日イライラが止まらない。

・とにかく口が悪すぎる。

一応そのチームをまとめる立ち位置にいるが、その立ち位置に胡坐かいてるのかしらんけど、年上の私にキレたヤンキーですか?ってくらいひどい口調で話す。

何かその人の感にさわったことがあったんだろう、それを指摘するときにひどいもんだ。

「おい、こっちこいよ!」とか、「てめぇがわりいんだろうが」とか、「おめぇの意見はきかねぇよ」とか、んー、舎弟にでも相手してるのかな?

当方体育会系で育った身分から、そういう無礼な態度はとにかくイラっとするんだよね。

立場としては上だったとしても、その態度はどーなんかと。

本当にしゃべりたくない、かかわるのも最低限にしてるけどなんだかね。

メンバー卑下することしかせず、称えることをしない

チームの売り上げを上げたいから協力してほしいみたいだけど、こういう態度ばっかりしてるやつとは一緒にやる気も起きないわ。

そもそも作業メインな立ち位置のやつにいきなり

「お前らも作業ばっかりしてたら目標達成できねーから、ウチは社内ニート雇ってる余力ねーからな、何とかして仕事取ってこい」

とか言うだけ言って、実際仕事取るための動きとか具体的方向性何もねーのな。バカじゃん???

そんな中、俺がとあるつてからひょんなはずみで仕事がもらえそうってことになった時、こいつ何にも言わなかったからなww

ほんとさー、なめてんのかな??

そんなに自分のやりたいようにしたいんなら全部外注で一人でまわしてくれよ、そのほうが効率いいっしょ。

たまたま共通話題があったからそれに関して話したときも、作風がどうの監督がー制作会社の風潮がーどうのーと何を能書き垂れてるんだろうと。

挙句にその視点は間違ってるだの語りだすあたり、夜な夜な2chの実況スレコテハン付の批判厨なんじゃないかな、どうでもいいけど。

絶対こいつ結婚どころか恋人すら作るの無理だろうな。

メンバーのいうことを聞かない、答えない、信じない

朝体調が悪くて遅刻する羽目になったんだけど、私典型的頭痛もちでたまにひどい頭痛に襲われて動けないときがあるのよ。

ただいつものことで薬飲んで軽減してくればいけるからちょっとだけ遅れるかなーって感じだったんだがね。

「そんなことより今すぐ病院いけ、診断書とってこい」

とか急にいうわけ。

体感でも病院行くほどじゃないし薬効いてくれば大丈夫だっつってんのに聞きやしない。

挙句

体調不良責任もてよ、それとも仮病なのか?」

とか言い放っちゃう

もうねー、俺もいい大人から必死我慢したけど、正直ぶん殴ろうかと思った。

何でこんな奴がまとめ役になってんだろうと、それを判断した部長もどういう判断だったのかは知らないけど、

こいつ人をまとめる柄じゃないよ、仕事をまとめるのもままなってないやつがトップでどうするのよ。


こいつのせいで毎日気分どん底ですよ、あまりイライラ毎日で隠し切れないから回りにも悪く見られがちになってるし、

精神的なやつで体調崩さないか心配だわ。

もう今のうちからチーム異動打診しとこ。

っていうか、こいつが今後俺の査定に入るとなると間違いなく給料なんて上がらないか転職先さがそ。

退職理由あいつがくそすぎるからって言ってやろうかしらねー。

まぁ今までのことは部長とかにクレームあげてるからあいつも落ちればいいんだけどね。

あー、ほんとクソだわ、クソクソ。

大麻って何で日本禁止されてるんだっけ?」 → 「ゲートウェイ理論ガー」

「でもゲートウェイ理論って実証されてる理論でもないよね?他の根拠は?」 → 「うーん、まあ、でも日本ではダメなんだからダメだよねw」

(参考:違法薬物のゲートウェイ理論のサイエンス




おいおい、日本大麻ダメって言われてる根拠って薄すぎないか

日本ではダメからダメ!」じゃ、ニセ科学信じてる人と変わらないくら盲目的なんじゃないかリテラシーがあるとは言えないよ。

日本大麻禁止されてる根拠とは?吸うことに問題はあるの?吸う・吸わないを選択する自由はないの?

ってことを積み重ねてこそ、人としてのリテラシーある態度だろう。

いつまでもダメものダメ」という思考はいけない。

大麻取締法が出来てから数十年。

いつまでもからある法律を盲信しているのは現状維持で楽だろうが、それは進歩ある姿だと言えるだろうか?

時代とともに社会が変革していく過程において、民法をはじめ、現代社会になり様々な旧来の法律妥当性が議論され始めた今、大麻取締法だけ無視されるのはむしろ自然ではないだろうか?

「解禁してほしい」という一定数ある声を現状維持のために「ダメからダメ」と押さえつけるのは許されることだろうか?

いーやよくないだろう。マイノリティの声も拾い上げてこそ、良識ある社会への第一歩だと言える。そしてその拾い上げられる「声」に貴賎はないはずだ。

「わざわざ日本でやらなくても禁止されてない外国へ行けばいい」という意見も主流だ。

しかし何故そこで「外国で許容されているものがなんで日本禁止されているんだろう?」とならないのか?

わけの分からない理由禁止されていることへの改正を求めると「海外に行け」となるのは、マジョリティによる他者への自由の抑圧に近いだろう。

日本に生まれたというだけの理由でそんな不自由を許容しなければならないのだろうか?

「めんどくさいかダメものダメでいいや」というマジョリティの方たちは、今一度、大麻取締法という法律日本大麻禁止されてる理由について考えを巡らせてみてはいかがだろうか?

今一度問いたい。

大麻って何で日本禁止されてるんだっけ?

改めてスペースワールドの魚氷漬けを批判する

擁護派は「食ったらセーフとか意味分からん」とか「ゴキブリは殺してるだろ」とか「植物はいいのかよ」とか、

もう本当に小四で脳の発達が止まったとしか思えないクソアホロジックを並べ立てている。

今更瞑想運動して野菜を摂っても脳の発達は見込めないだろう。終わってる。生きてる価値マジで0説。

批判派はそもそもこの社会における「命の取り扱い方」が矛盾欺瞞だらけであることなど百も承知なのだ

それでも、命は大切だという建前は守られなければならない。そうでなければ社会は成り立たないからだ。

ゴキブリの命と人間の命が同じ重さだなどという価値観で、どうやって安定した生活を送れるというのか。

擁護派は賢い自分けが矛盾欺瞞に気付いたと思い込んではしゃいでるどうしようもない知的敗者なのだ

そういう人間一定数いることに恐怖を覚えるし、本当マジでバカなの? クソきもいんだけど。きっしょ。

絶対友達てへんやろそんな考えの奴。ほんまに。ええんかそんな人生で。

http://anond.hatelabo.jp/20161130002325

これこないだも見たぞ。増田一定期間を置いてニーチェソクラテスを繰り返すよな。

2016-11-29

[]月面舗装、あるいは目地材を巡るボロボロ

月面と地球を往復する資材運搬機について、やはり砂漠から飛び立つよりは舗装された路面から飛び立つ方がエネルギーも格段に少なくて済む。

そうするとより大きな機体を用いることができ、物資運搬のコストも下がる。



そう言ったわけで月面コンクリート舗装研究が始まった。

月面産の『ルナセメント』の生産にはそもそも原材料収集から焼成まで様々な困難が予想され、今だ構想の段階に留めるが、地球セメントに月の砂を細骨材として混ぜた『ルナモルタル』、さらに粗骨材まで加えた『ルナコンクリート』は既に実験が行われ、一定の結果を出している。

粗骨材の強度と打設後の養生困難こそ若干気になるものの、潰しの結果ではどうにか普通コンクリート基準強度に近い値は確認できている。

あとはいかに分厚く打設するかの問題で、必要なら鉄筋メッシュなどで補強を行うのみだ。

ルナコンクリート』と地球上のコンクリートではワーカビリティに月とスッポンの差がある。

 もちろん、月面がスッポン地球の方が月だ。

生産コスト面ではひっくり返って、月面が月になる。それでも、技術として施工可能である



ただし、それはコンクリートを打設するだけならの話しだ。

月面に比べたら気温差がほぼないに等しい地球上でさえ、コンクリート連続打設には目地を必要とする。

熱膨張と収縮に対応するため、地球では10メートル以内に一箇所の目地挿入が望ましいが、温度差が数百度に達する月面では目地間隔を3メートル程度に設定する。

しかし、そもそも目地の素材についての選定が困難を極めた。



通常、地球で使うエラスタイトなどの弾性樹脂類は温度差、紫外線劣化が激しく、短い期間で意味を成さなくなる。

ある程度の耐性を備え、十分な弾性を備えた物質が並べられた。

石綿環境への耐性こそ強いものの、弾性が不足した。

鉛は昼間の融解での現況回復を期待されたが、昼夜を繰り返すうちにひずみが大きくなる。

その他、油粘土などの様々な案が出され、実験が繰り返されたが、どれも月面の環境に早々に用をなさなくなった。

過去の事例に倣って木質の板材などが試され、他の物質よりいくらかいい結果が出たが、低温時に衝撃を加えられると破砕される弱点を露呈した。通常の車両走行程度ならともかく、資材運搬機の離発着にはとうてい耐えられない。



結局、月面離発着施設については建設が見送られ、二本のレールと電気を使って飛ばす、俗に言うレールガンが次案として検討されることになり、科学者達が大幅に増員されることとなった。

あおりを受けて月面の土木屋達は大幅に人数の削減を受けることとなり、地球へと帰っていった。



(結局、レールガン構想は数年後に頓挫し、月面基地第一である宇宙での人類生存のための技術確立についても大幅に停滞することになる。その為、当時の基地司令官は長く無能代名詞的に扱われることとなった)

謝ることに意味なんてなくない?

ずっと思っていたんだけど、みんな、謝るということに過剰に意味価値見出しすぎていないかな? って思うことがある。

「ごめんなさい」

すみません

申し訳ございませんでした」

そのことばを聞くだけで、溜飲を下げられるのすごいと思うし、

そのことばを言うだけで、様々なことを許してもらえるのがすごいと思う。

そんなに価値のある行為だろうか?

めっちゃ簡単だよ?

それを渋る人もよくわからないし、それを有難がる人もよくわからない。

もちろん「口先だけの謝罪になんて意味はない」って言う人もいる。

でも、俺からすれば、口先だけだろうと、心からのものだろうと、そもそも謝罪にそれほど過剰な価値ってなくない?って思う。

傷つけられたものや失われたものなどの、過去の損害について、謝罪で何かが変わるの? と思う。

もちろん、謝ることは「今後は正していきます」という誓約をすることにもなるから

謝られた側にとって、「今後は大丈夫だな」という未来安心を得られるということは分かる。

たとえば「一緒に仕事をしている人がミスをした→ごめんなさい今後は気を付けます→分かった許す」という流れは、まあわからなくはない。

よほどのミスでなく、ペナルティを課すほどのことでもなければ、

すみませんでした」の一言や、始末書一定価値を持つケースがあるのは理解できる。

でもそれはそのミスを許すことが、過去の損害を回復できるくらいのプラスになることと判断された場合だ。

だけど、起こした問題について何ら解決されていないのに、

あるいは、起こした問題について被害者利益回復できていないのに、

「ごめんなさい」の一言で、謝罪たから今後気を付ければOKって判断されちゃってること多くない?

そう思っているから俺はなんかやらかしとき、すんなりとめちゃくちゃ謝る派だし、

それで上手くやれているから、ありがたい部分もあるんだけどさ。

いま話題WELQとかがそうでさ、たぶん今後もあの事業収益を伸ばすわけだよね。

本当に誤ったことをしたことについて清算するなら、

問題になった記事で得た収益を全額医療業界寄付でもするべきだと思うんだけどそれはしないでしょ。

WELQだけじゃないよ。

ニコニコ動画YouTube著作権侵害しまくって成長したけど、反省して著作権とかもなるべく気を付けます~って切り替えたのとか、

PCデポ情報弱者だましまくって成長したけど、反省して今後の契約方法見直します~っていうのとか、

全部一緒。

だって不正なことをしていた間に儲けたお金はふところにいれたままなんでしょ?

それで許されちゃう

もちろん許してない人はいるかもしれないよ。

でも「許す/許さない」自体不思議価値判断

だって、許されなくても、続けていけるんだもの

一部の人からどう思われても、状況を知らない人を含むほとんどの人から悪いとは思われなくなり、

お金が手に入って、ごはんが食べられるのだもの

じゃ、捕まらない範囲で悪いことして、見つけられたら謝るっていう戦略めっちゃ正解じゃん。

あとで大げさに「ほんとごめんなさい!めっちゃごめんなさい!」って謝ろう、と思いながら、

みんなやりたいようにやったほうがいいんじゃない

から謝ることに意味がないって言いたいのはそういう部分。

どんな謝罪も、金を吐き出さなきゃ、ただの言葉じゃない?

誠意を見せろ」とか言いながら金を要求するのとかギャグだとは思うけど、

被害利益回復できるのは、言葉じゃなくてお金だと思うんだよね。

どんだけ取り繕っても本音は見えてるんだよ

JXUG のポリシーを明文化しました http://jxug.org/policy.html

ほー

それじゃ、散々燃えたのでここら辺のお気持ちが変わったと言うことですかね。



ポリシーを明文化するのと発端になった話にけりを付けるのは別の話だと思うんですけどね。臭いものに蓋をしたまま良い感じの道具だけ置いてみただけでしょ。



「ぁわわ」じゃねーよ、これこそ Japan Xamarin User Groupトップにまともな謝罪文として載っけておくべきだろ。起こったことが断片的にしか伝わってないから余計に「あの女エヴァンジェリストダメだ」って誤解が広がってくんだろ。ユーザグループと、そしてエヴァンジェリストを守りたければ誰が何をやらかしたのか、そしてその人が偉い立場の人であるなら一定以上のごめんなさいを示すべきだろ。


お前等のやってることは、ただ製品や目立ってる人間を傷つけてるだけだ。

FFから失礼します」

これびっくりするくらい気味が悪いんだけど

こういうのを挨拶代わりのような感覚で使う人間って

鍵かけない人間って返信や引用自由にしている前提ってことを理解してないってことで、

相手も返信や引用してほしくないなら鍵かけたらいいっていうことをわかってない人間で、

それで通じ合えるってことだよね?

何言ってるのか分からんなこれじゃ、

まり部外者に返信してほしくなかったら鍵かければいいじゃんっていう鍵の使い方を理解してないか

イチイチ頭にFFから失礼します、みたいな前置きが必要になってるってことだよね?

単純に自分の作っている前提を理解してない、理解不足だからこんなの必要になってるんだけど、

こいつら1人や2人じゃなくて一定数いてそれがマナーですみたいな顔を全員したり顔でしてて、

本当に頭悪いのか仕様書を読めないタイプ人間なのかなと思うんだけど、

とにかくたくさんいてビビます

毎年毎年、要らないっつってる糞の役にも立たない安物のサラダ油お歳暮として押し付けてきてるような、そんな感覚

ツイッターキチガイツールになったのもこの言葉流行りだしてからのような気がする。

どっかの同好会で初対面の人に「初対面で失礼します!」とかいって切り出してるやつ、どっからどうみてもキチガイである

その言葉を述べるくらいならまず自己紹介から始めたらいいというのに。

自分たちが作り上げた無駄という財産にめちゃくちゃ固執している姿にはカルト教団信者の姿ですらある。

こんな人間説明書も読まずにサポートセンター電話かけてくるんだからお兄さんおねえさん方は大変だなって思いました。

なんか日本のへんな感じで残ってしまっている儒教文化が悪さをしているのかな?

完全に無駄礼儀というか物事本質をみたらむしろ余計でしかない文化を平気で若い世代が量産しちゃうって

かなり文化的損失に値するんだけどこういうのを平気で許してマナーがいい!とか礼儀正しい!とかで広めちゃうのは本当にまずいと思う。

これがリアルでやってたとしたら若者あるある若気の至りで済むんだけど下手にインターネット上で広まったもんだから

若気の至り市民権を得てしまって完全に一人歩きし始めている状態

黒歴史に足が生えて民宿ノートみたいに歩くたびに馬鹿からカキコがあるみたいな状態

目上の人にご苦労様問題とかも、そもそも目上を労うのは失礼だったのに会社内の挨拶を共用で「お疲れ様です」にしたもんだから

お疲れ様ですはいいけどご苦労様は上から目線だ!みたいな意味不明論調になってしまった。

元々はどっちも完全に失礼なんだけどな。

そもそも「お勤めご苦労様でした」は会社挨拶にされたお疲れ様です以前から使われていたというのに。

からといって目上を労っていいわけではないが、まあ、とにかくこいつらに歴史とか過去データとか持ち出しても

基本スピリチュアルものからルール決めをしていってるからそういう捏造儒教センスが一番重要なのだろう。

というかFF外じゃなければ失礼じゃないのかって問題もあるんだけど、

これを使ってるアホたちにとってはとりあえず付けとけって感覚から思考すらしてなさそうだ。

まあ、この手の価値観を共有するための「波阿弥陀仏」的なツールとしての存在意義可能性は全く捨てきれないが、

いよいよそれだとカルト教団しか言いようがないな・・・

劇場版艦これ、すごくない?

ネタバレあり感想です。

脳内整理のために書き殴ったメモです。だいぶしっちゃかめっちゃかです。










良かった点

戦闘シーンが良かった。

全体的に艦娘固有の艤装が活きていた。

最初の第八艦隊戦闘とかもう最高。古鷹の腕ってあん甲冑みたいになってたんだな。普段名前に隠れてるから全然知らなかった。めちゃくちゃカッコええやんけ。

天龍の刀が活きてたのも良かった。牙突みたいな構えしてたからそういうことすんのかなー、って思ってたら結局普通に発砲する。これがいい。あれは実際に敵を斬るためじゃなくて、印象づけておいてプレッシャーを与えるための武器なんだな。案外クレバーだ。怖いよ天龍ちゃん。

あとは何をおいても大和の発砲シーンですね。超火力・超迫力。やっぱり大和はこうでなくちゃ。まさに最終兵器

艦娘以外も良かったです。艤装の細かい稼動とか、見ててテンション上がった。

妖精もいい仕事してましたね。戦いの場には似つかわしくないビジュアルだと思ってたけど、それがむしろ張り詰めすぎかねない空気緩衝材になってて良かった。

妖精の空戦シーンもよかったしね。いっぺん翼を「クイッ」ってやってから旋回するやつとかね。あれめっちゃカッコよかった。




艦娘の描かれ方が良かった。

全編通じて、「それそれ!それが欲しかった!」って感じ。ポンコツは一人も居ない。ハラショーしか言わない娘とか、終始一人遊びしてる娘とか、男もいないのに行き遅れキャラでいじられる娘とかが居なくて本当に良かった。

個人的には金剛姉妹が良かった。TV版ではほとんどギャグ要員だったけど、今回は軍議の一端を担う重要役割金剛はなんだかんだで政治力ありそうだし、気も回りそうなんだよな・・・軍議にもしれっと紅茶出してたし・・・

大淀も良かったです。公式からは「スレンダーなお姉さん」という印象を受けるけど、今回の劇場版では完全に中学生体型。身長軽巡とそんなに変わらないし、頭身・肉のつき方・顔の丸さなんかも中学生のそれ。長門かだれかと並んだときにはそれがますます際立って、もうかわいくて辛抱たまらんかった。

他の艦娘も、TV版のようにやたらキャラが尖っていなくて良かった。ゲーム内のセリフも、無理なく混ぜ込まれていた。

あと艦娘同士の絆の描写もよかった。睦月如月関係はもう「睦月依存しすぎちゃう・・・?」と心配になるくらい痛々しかったけど、それが良かったし、

加賀も良かった。あのお互いを認めあっているものの素直にそれが言えない距離感な。この関係性がフレッシュでよかった。艦これベタベタ百合だけじゃないんや。

ほかには大和が座るとき描写、あれがなんだか面白かったな。普通体操座りするときって、いったん見苦しい動作が入るんだよね。手を後ろについて支えたり、急にドスンと腰を下ろしたり。でも、大和が座るときはそれがなかった。重心が一定したまま、スッと座る。あり得ない挙動だけど、美しい。あの描き方はアニメではよくある手法なのだろうか?それとも、女の子が完全に理想化された「艦これ」だからここまで徹底したのか?なんにせよ、ちょっとしたこだわりが感じられて嬉しかった。




・流血表現が良かった。

そう。今回の映画、流血表現あったんですよ。流血。艦これで流血。なかなか思い切ったなあと。いや、ストーリーもっと思い切ったことしてるんですけどね。

最初鳥海が流血したのを見て「あ、血出るんだ」と軽くショックを受けたけど、彼女を皮切りにそれ以降みんな続々流血。海の色もあいまって絵面の陰惨さがすごい。

でも、なんだか艦娘が血を流してると安心するな。「あ、彼女らも僕らと同じなんだ・・・」って。「赤い血=人間の証明」みたいなのってホントにあるんだなあ。

もちろん絵面に陰惨さを加えるための血も良かった。如月が「なんで消えないの・・・」って言いながら血が出るまで腕をこすってるとことかね。あと睦月深海棲艦に顔を掴まれて押し倒されるあたりも良かった。ここは血が出てたかどうか覚えてないけど。いや、ともかく今回リョナ心をくすぐるようなシーンがやたら良かったな。おびえ方がいいというか。




ストーリーの筋が一本通っていて良かった。

これが一番。TV版は何がしたいのかさっぱりわからなかった。「深海棲艦はなぜ存在するのか」「吹雪はなぜ特別なのか」といった謎も投げっぱなしだったし。

しかし、今回の劇場版は、そうしたいくつかの謎をできるだけ解消するという筋が一本通っていたぶん、非常にわかやすく楽しめた。

艦娘が戦う理由」みたいなのも良かったよね。護りたいもの云々と大層なことを言っていたけど、結局一緒に戦ってる仲間のためっていう。このへんがちょっとリアルに感じられて。マブラヴかなんかに「前線で戦ってる兵士たちは、国のためとか大義のためじゃなく、結局仲間のために戦っている」みたいな話があったけど(うろ覚え)、そういう感じで。

轟沈艦を出さないことが将来の勝利につながる」という設定も良かった。将来への希望が見えたし、この戦いにも「将来に繋がる重要な緒戦」という意味が見いだせた。これだけの戦闘轟沈が出ない理由にもなったし。

深海棲艦まわりの設定について、一部では「公式世界観名言しちゃっていいの!?」なんて騒がれてるみたいだけど、公式っつってもメディアミックスの一環だし、まあほとんど二次創作と扱いは変わらないでしょう。

気合の入った二次創作アニメを、1800円で、総集編同人誌より安いくらいの値段で、楽しむことができる。これだけでもだいぶすごいことだと思うけど。

上のような楽しみ方ができるのは、TVアニメ版がひどすぎたおかげなんですけどね。ちょっと卑屈になりすぎてる気もする。



悪かった点

深海棲艦に迫力がない

う~ん、「深海棲艦は轟沈した艦娘の成れの果て」という設定上、深海棲艦が親しみやすい絵になるのはしょうがないのかもしれないけど、にしても弱々しい。

単体ではかよわそうだし、かといって物量もないし、いまいち脅威に感じられなかったな。結局「僻地の小競り合い」って感じに見える。ゲーム内でも史実でも、そんな生易しいものではなかったはずなんだけど・・・




それくらいか。案外思いつかなかった。あとは下の疑問点が残ったことくらいですかね。



疑問点

・結局深海棲艦まわりの設定ってどうなってるの?

深海棲艦は轟沈した艦娘からまれ艦娘轟沈した深海棲艦からまれる」「深海棲艦は元いた場所に帰りたいと思い進軍を続けている」というのはわかった。

でも大元の「なぜ深海棲艦は発生したのか」というところがおぼろげにしかからなかった。いや、わかったつもりでいたんだけど、誰も言及してないかだんだん不安になってきた。

ので、ここからほとんど憶測になる。




おそらく、今回の艦これでは、深海棲艦が発生した理由は、

大戦で沈んだ艦が、自らの存在を人々から忘れられないために、自身の闇の感情記憶である深海棲艦を作り出し、光の感情記憶である艦娘と戦わせているから」というものなのだろう。

言うならば、この戦いはすべて、実艦が生み出した狂言だったのだ。

深海棲艦と艦娘無限輪廻を繰り返し戦い続けることで、人間軍艦の恐怖/輝かしさを覚えてもらう、思い出してもらう。

その際パワーバランスが偏って戦争が終わってしまわないように、艦娘たちは実艦と同じ場所で沈む運命にある。

しかし、その「運命」システムを崩す鍵となったのが吹雪であった。

・・・う~ん、これがぼくの深読みでなければ、ずいぶんエグい設定だなあ。

でも、めちゃくちゃ面白い設定だ。ゲームとも符合する。艦娘美少女である理由もわかるし、深海棲艦は艦娘しか倒せない理由もわかるし・・・

この設定を、ファン層が広い「艦これ」の、全国公開劇場版に持ってきた度胸。これが一番劇場版艦これのすごいところだと思う。

これだけでアニメ1クールくらい作れそう。それをなぜTVアニメ艦これ・・・なぜ・・・




でも、そうすると、


・「提督」とはいったい何者なのか?

艦が自身を覚えていて貰うために狂言とも言える戦争を創り出しているのだったら、

人間深海棲艦に被害を受け、艦娘応援するだけで役割にそぐうはず。

それなのに、わざわざ人間に「提督」というポストを用意してやるのは、いったいなぜなんだろう?

それとも、「提督」は人間ではない・・・

そうすると、具体的な見当はつかないな・・・吹雪を重用するところから、この戦争を終わらせる意思をもったものらしいということはわかるけど・・・

なんとなくTYPE-MOONでいうところの「霊長」とか「アラヤ」みたいなもの想像してしまうな。さすがにこれは妄想だけど。



吹雪はなぜ「希望」なの?

これが一番よくわからんかった。

闇の感情記憶と分離してるから・・・みたいな説明がなされてたような覚えがあるけど、それで他の艦娘と何が変わるのか?

TV版の最終話のような、「運命を変える鍵」になりえる理由がそれなのか?

最後精神世界描写は、結局吹雪が実艦吹雪の闇の記憶を消し去ったということなのだろうか?

う~ん。納得するにはちょっと理由が弱いような・・・





なんだか最後の方はほとんど妄想になってしまったけど、感想としては以上です。

いや~、いいメディアミックスでした。久々に艦これにワクワクさせられた。




追記:タイトル修正いたしました。

カテゴリーをつけるつもりだったのですがうまくいかなかったので結局削除しました(かわいい

う○こ対処

※汚い話なので、食事中の方はご遠慮ください


生理的に嫌いな人間、というのは多分誰にでもいると思う(いないという人は、もう人を超越した存在神様のようなもので、人間犬猫のように思っているのだろう)。

そういった人間対処法を自分なりに考えてみた。まず前提として、本などに書いてある、相手の良いところを探してみるとか、好意的に接してみるとか、そんな孔子みたいな聖人君子の行いは最初から諦め、どのように避け、やり過ごすかだけを考える。

まず基本動作として無視をする。これはいじめとかそういう次元の話ではない。いじめは、他の人と共謀して無視することで初めていじめとなる。一人で勝手無視する分には、その両者で意思疎通が出来てないという不具合以外は何も問題がない。例えば道端にう○こがあったとする。トイレにあれば、流すという行為で処理出来るが、道端にあった場合無視するよりないだろう。運良くビニール袋を持っていて処理出来る状況だったとしても、9割の人は無視選択するはずだ。生理的に無理な人間う○こなのだ

次に、無視しても再度くる場合、さすがに無視していられないので2度目のアタックはこちらも対応をする。が、その際に感情を出してはいけない。邪険に扱うこと自体が、そのう○こ一定の興味を持ってしまっていることになるからだ。嫌な思いをした、という経験は頭に残りやすい。ので、極力無感情で臨む。愛情の反対は無関心である機械のように事務的対応すべきである第一段階の無視も、感情を殺しやす行為の一つである無視していればその人間に対しては何も思わなくなるし、向こうもああ、無視されてるから近づかないでおこう、となるかもしれない。一番愚かなのは、言い争いを仕掛けたり、感情任せに暴力沙汰を起こしたり、いじめに発展させたりすることである。それはこちらが向こうを押さえ込もうとしている行為であり、そんなことをする権利必要性もないのだ。向こうだってこっちを同じように思ってるかもしれないのだから

基本的には、2度目の機械的相手にする、で諍いになる確率はかなり低くなるはずだが、脈略もなく言い掛かりを付けられることもあるだろう。色々な人間がいるのだ、何が起きるかは分からない。基本的には、言い掛かりや悪口雑言は無視が正解だ。最初にいった神様じゃないが、相手犬猫畜生だと思うことにしたほうがいい。犬が吠えただけで切れるだろうか、猫が威嚇してきて威嚇仕返すだろうか、う○こに「おめぇ臭えなぁっ!」と言うだろうか。相手自分より劣っているから、恐怖から自己防衛のために何か吠えているんだなあ、くらいの気持ちで臨むのである。度を過ぎたことを言い出したら、感情的にならずに言い返せるなら言い返してもよい。が、普通感情的になってしまうので、その場合相手言葉を録音し、上司先生に報告しよう。なんらかの進展があるはずだ。

次に暴力をふるわれた場合、この場合は正直に言うとよく分からない。暴力をふるってくるやつは最初からふるってくる所謂いじめっ子が多く、ここでの生理的に無理な人間とは別の人種であるからだ(物理的に無理な人間、とでも言うのだろうか)。もしふるわれた場合は、先程の上に報告、が最善であるはずだが、個人的見解では、殴られても何もしないというのは現実的ではないので、逃げるか、相手がそんなに強そうでないならある程度やり返してもいいと思う。逃げれた場合は上に報告、やり返して返り討ちに出来た場合は、次また襲ってくることは考えにくいので、報告はしないでいいだろう。そして返り討ちにできていれば、相手から遠ざかってくれる可能性が高い。立っただけで流れる、ホテルトイレのように。

色々書いてきたが、結論としては、感情を極力抑えて、相手に対して何も興味を持たなくすることが大事であるう○こは流す、嫌いな食べ物は避ける、生理的に無理な人間無視する。言い争い、いじめ暴力などをこちらから仕掛けるのは、相手と対等になっていることを認めている証、同じ穴の狢、同じトイレう○こである自分他人に「うわっくさ!生理的に無理!」と言われたくないなら、どちらの行動を取るかはもう明白であるだろう。

※これらは全て個人的見解であり、最善解は最初に書いた聖人君子の行いなのでしょう。また、他の対処法も無数に存在するはずなので、話半分で読んでもらえれば幸いです。

2016-11-28

電通自殺ちゃんは東大卒って事で一定地頭があり

電通でイジられる程度には女性としての容姿が整っており

電通という企業自体はそれなりの知名度と規模と実績の伴う組織だった



こんな環境でも自殺するってことは、就職さえ上手く行けばとかもっと可愛ければみたいな理屈が全く通用しないって証明したんだな

http://anond.hatelabo.jp/20161128003713

パチンコ進出でもするんじゃないの

経営状態一定以上悪化したら進出するって決まってるラインがあるって噂はあるな

2016-11-27

断言する。30過ぎて実家暮らしは、ない。

いろんな掲示板とかで散々いわれてることだけど、

正直30過ぎて実家暮らしの人は、男でも女でもないなぁと思う。

厳密に言うと、30過ぎて実家暮らしで、何の問題もないと思ってることこそ、問題

こういう話題が出ると、必ず「家にお金入れてるし、家事だって手伝ってるよ」と反論する輩がいるけど、

一人暮らしとの差を、単にお金家事だけって思ってる時点で、もう痛いんだよな。

家賃だってただ払うだけじゃなくて、口座にお金を入れ忘れれば延滞金がかかる。

ゴミ出しの日に寝坊して、資源ごみがなかなか出せずに台所に山積みになる。

忙しくて洗濯する暇がなくて、日曜に洗濯に何時間もかかる。

トイレットペーパーストックを忘れて、夜中にコンビニに行く。

昼間、家に誰もいないから、なかなか宅配便を受け取れない。

熱を出してフラフラの体で、でも何か食べなきゃと思って冷蔵庫を開けてもカラ。

別に一人暮らしが偉いってわけじゃないけど、

こういう、一人暮らし体験しないと分からない苦労を知ることが大事だと思う。

もちろん、親を養ってたり家族病気だったりで、

やむを得ない事情実家暮らしてる人も一定数いると思うけど。

そういう人は大体「この歳で実家暮らしって情けないけど」というスタンス

間違っても「実家暮らし何が悪い?」「一人暮らしはムダ」という言葉は出てこないんだよね。

あと、実家通勤圏内で、一人暮らしタイミングを逃した人もいると思うけど、

それでも「そろそろ自立した方がいいかな」って、30くらいか実家を出る人も多いよ。

逆にそう思えない人だけが、30過ぎても実家暮らしを続けてるわけで。

ま、人からどう思われてもよくて、自立も必要ないと思ってる人は、

どうぞ実家暮らしを続けてくださいな。

2016-11-26

今の教育は、学問じゃなくてゲームだと思う

「教えたとおりに答えないと不正解」っていうのはゲームに近いと思う

スポーツでもいい

ある一定ルールがあって、それに合っているかを照らし合わせる方式

 

真実に合っているかより、ルールに合っているかを重視する教育」というのは、たしかに実社会で生きる時には有効かもしれない

ルールを読み解き吸収し、応用するスキルを磨くわけだ

 

そういうふうに子どもたちを教育し、学歴により序列を作り、社会がそれを参考に学生を登用する

私も学生の頃からそういうものだと思っていた 

からこそ、「こんな知識一生役に立たないだろうな」という物も受け入れられた

 

ただ、そういったルールベース教育を小中高の12年間やらせるのは非常に疑問がある

もう少し、学問よりに寄せてもよいのではないだろうか?

どれだけルールを吸収できるか(学校教育)より、より役立つ知識効率よく学んでいく方向へ

でないと、国際競争力が落ちてしまうのではないか