「一定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一定とは

2016-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20160628082203

日本以外の国では通用しないガラパゴス文化

東アジア圏では普通に箸使うし、

欧米人でも寿司食べたり日本食レストラン行ったりする一定水準以上の人は割と使えますよ。

まさしく育ちや家柄をあらわしてますね。

野党共同提出の議員立法15本

野党共同提出の議員立法15本

写真

写真長時間労働規制法案衆院事務総長(右から4人目)に提出する野党4党の議員=4月19日、国会

 日本共産党民進党生活の党社民党野党4党が先の通常国会に共同提出した15法案は以下の通りです。((10)(13)(14)(15)は一部他党も共同)

戦争法廃止

 (1)平和安全法制整備法廃止法案

 (2)国際平和共同対処事態廃止法案

 野党共同提出法案の皮切りとなった法案安倍政権が昨年9月に強行した戦争法(「平和安全法制整備法」「国際平和共同対処事態法」)を廃止

介護福祉職の賃上げ

 (3)介護職員処遇改善法案

 深刻な人手不足が続く介護福祉職員給与を月額1万~6000円引き上げるため、助成金支給します。事務職なども含め、全職種対象

保育士賃上げ】 

 (4)保育士処遇改善法案

 待機児解消を図るため、保育士給与を月額5万円引き上げます幼稚園児童養護施設放課後児童クラブ学童クラブ)などで働く人も対象

児童扶養手当の拡充】 

 (5)児童扶養手当法改正

 「貧困連鎖」を断ち切るため、ひとり親家庭に対する児童扶養手当を、第2子以降は一律1万円増額。支給対象も20歳未満まで拡大し、大学進学を支援

残業時間の上限規制】 

 (6)労働基準法改正案

 労使協定を結べば青天井となっている労働時間法規制を設けます。次の勤務時間まで一定の休息時間を設ける「インターバル規制」を新たに導入。

畜産農家支援法制化】 

 (7)畜産物価格安定法改正

 畜産農家支援するため、肉用牛・豚肉販売価格生産コストを下回った場合、差額を補てんする経営安定対策事業通称マルキン)を法制します。

住宅再建支援金の引き上げ】 

 (8)被災者生活再建支援法改正

 被災復興のカギである住宅再建を後押しするため、支援金の上限を300万円から500万円に引き上げます

選択夫婦別姓制度の導入】 

 (9)民法改正案

 選択夫婦別姓を導入し、婚姻年齢を男女ともに18歳にします。再婚禁止期間100日に短縮する政府案が成立しましたが、野党案は再婚禁止期間廃止を3年後に検討するとしています

【性暴力被害者支援体制確立】 

 (10)性暴力被害者支援法案

 性暴力被害者支援計画策定義務付け、ワンストップ支援センターの整備促進などを図ります

性的マイノリティー(LGBT)に対する差別解消】        

 (11)LGB差別解消法案

 性的指向性自認理由とした差別的取り扱いを禁じます職場学校などでの差別を解消する方策を盛り込み、実効性確保のために主務大臣指導勧告などを行います

政治分野の男女共同参画推進】 

 (12政治分野における男女共同参画推進法案

 政党候補者自由を確保しつつ、国政選挙地方選挙で、男女の候補者ができる限り同数となるよう努力義務を定めます

税制関連】 

 (13)法人税法改正案

 (14)会社法改正案

 (15)金融商品取引法改正案

 資本金100億円超の法人所得法人税額等の公示をはじめ、上場企業役員情報開示を強化します。

選挙の結果を受け入れるにしても、有権者国民、ではないという事実考慮すべきでは。

選挙権は全ての国民ではなく一定の年齢以上の国民しか与えられないんですから

http://anond.hatelabo.jp/20160628014421

そいつあんたが女で、女であることに一定嫌悪感を覚えているからそう感じるだけでしょう。

ジェンダー非対称性があるから、男女の立場を逆転したところで同じにはならないけれど、

男が得するところもあれば、女が得するところもあって、個々人が何に比重を置いて考えるかによって、

理不尽と感じるかそうでないかの違いが生じるだけ。

同じ女性でも「生まれ変わっても絶対に男には生まれたくない」という人も少なくないわけで。

父親起業成功した

父親個人的に小粒で将来性がないと感じるが、ある一定社会的起業成功ラインに達しそうである

予想外に金が入らないし、いいことがない。

起業して成功しても、余程成功しないといいことはないのかもしれない。

大学で見てくれが良くて、世間に優しくされ自己肯定感に溢れる人間の方がいい。

持病持ちのニキビ跡だらけでどろどろな皮膚がくっつく大きな顔で、醜い容姿自分は今回のことを期待していた。

しかし、ここまで良いことがないと考えると期待してきただけアホらしくなってくる。

貯めた金で整形なりをしても良くならなそうだ。

自分の深いニキビ跡の凹凸は良くなるかわからないと医者に言われた。

最悪だ。

どこまでも見てくれが良い人間肯定されるのに、自分はこれからもひどい思いをすると考えると絶望だ。

父親自分にも起業してくれと言う。

周りの人間と違って自分ゲームの域ではある。

仕方なくゲームをやるのかもしれない。

しかし、容姿が良くなりたい。

2016-06-27

投票する政党が無い

参議院選国政選挙なので投票には行くが、

投票したいところが無い。



まず消費税増税賛成のところが無いのだ。

老人からも等しく徴収すべき間接税増税には賛成な人も一定数いると私は思うので

気概のある政党増税を打ち出して欲しい。

2016-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20160626221421

発注している人間だが、ものつくり云々は別として、極論タダでも何かに役に立ちたい(お金はそれほど関係ない)という層は一定数いるのを痛感している。

ただクオリティは値段はモロに出るが、それをどう使いこなすかは腕の見せ所ってやつだな。

新卒採用をする人事部評価は応募数も重要らしい

先日、人事をやっている友達話題になったこと。

来年入社新人採用に携わっているが、10/100の新卒が欲しいらしい。

なんでも10/30や10/50だと、微妙人材が入るため10/100にこだわっているとのこと。

100は目安で分母が多ければ多いほどよく、人事部評価が上がるとのこと。

今の採用選考申込は一括で沢山申し込むのがルールっぽくなったのは、こういう企業が増えたのも原因なのかもしれない。

分母が多くても、内定辞退がいっぱい居ると意味ないんじゃないかと思うのは気のせいだろうか。(言わなかったけど)

この話は実は中小企業も同じだったりする。

選び好みできるほど応募ないのにも関わらず一定数以上の応募を望んでいたりする。

量より質の人を取るという時代の流れである以上、どの企業もそういう考えなのは仕方がないのかもしれない。

2016-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20160625021426

確かに一見するといらないようにみえインチキ職業って(他にもいっぱいあるけど)何でなくならないんだろうね。

需要供給で考えるとそんなもんそのうち需要なんてなくなりそうな気もするけど、無くならないってことは需要あるんだろうな。

常に一定需要があるって事はそもそも効果のある/なしじゃなくてそういうなんとなく権威のありそうな言説で背中押して欲しいだけの人ってのが一定数いるんじゃなかろうか。

そういう層相手ビジネスの方が頭使わなくてお金になって効率いいんじゃなかろうか。

というか世の中の仕事なんてその存在合理性なんて全くなくてなんつーかもっといい加減で適当なもんなんじゃなかろうか。

一見ちゃんとしてそうな仕事も中入り込んで見るとすごく適当な事しかしてなかったりするの、よくあるし。

そんな気もする。

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624134953

つうか、PC基本的一定年月ごとに買い換えるもんだろ。

自分職業IT系なら2年ごと、そうでないなら4年ごとくらいがベストじゃないか

その中でも「ハイエンドでないと困る」層は-1年、「ブラウザが使えればいい」層は+1年でやれば良いだけの話やろ。

まり備品感覚で買えよ。

2016-06-23

自分に負けて同人をやめた

最近よくツイッターで「同人をやめた」文が流れてくる。

やめた人の理由は様々だ。わかるわかる、と思うことも、その逆もある。

読んだ人の反応も様々だ。「参考になる」というひとも、「もとから向いていない」という人もいる。

そういうものを読んでいるうちに、私も吐き出したくなった。

別にかわり映えしない話だし、今までの「やめた」話の中と根本は一緒で、でももっとどうでもいい理由だと思う。

誰かに読ませたい、わかってほしい、というより単に自分がすっきりしたいから書く。

私が同人をやめた理由は、自分に負けたからだ。

私は半年前に同人活動をやめた。でもピクシブは読むし、イベントにも一度行った。買い手として。

書き手としての活動は7年くらいやってた。超ピコ手文字書きだ。

どれほどのピコかというと、1イベント10部売れればうれしくなる程度のピコだ。7年目で。普段は3~5部といったところだろうか。

いわゆる旬ジャンルにいることは少ない。

正しく言うと、入ったときは旬でも、そこから平気で2~3年いるのでいつの間にか流行が終わっているのだ。

1クールアニメに3年一筋でハマっている。もちろん「そんなの全然長くない」という人も多いかもしれないし、それは全然否定しない。

ハマるのはだいたいマイナーCPだ。ピクシブで見かけるのが私の作品だけ…という経験は無かったが、書き手仲間が片手で足りる、作品数は一桁、やっと二桁、くらいの畑にいた。

大阪に近いところに住んでいるので、大阪イベントばかり出ていた。

数少ないCPだったけど、書き手さんが西に固まっていたのか、大阪イベントに参加して下さることが多かったのが幸いだった。

買い手として東京に行くこともあったが、ごくまれだった。

そんな中で、東京イベントに初めてのサークル参加を決めた。

読んでくれる人がどれほど少なくとも、やっぱり本を出すのは楽しい

それも、オンリージャンルであればなおさら楽しい

当時(やめる直前)ハマっていたジャンルはやはり旬ではなかったけれど、そこそこ大きくて、半年に1回は東京大阪オンリーが開かれていた。

たまには東京でもいいかな、と思って、日帰りの予定で申し込んだ。

原稿中は仕事の引き継ぎでごたごたして危うく落としかけたけど、「せっかく東京まで行くのに落としたらシャレにならん!」となんとか書き終えた。

出来がいいかいかはわからないが、気に入ってはいた。自分で書いたんだから当然可愛い

サンプルを上げる。ブクマがつかない。

当日売れるかはともかくとして、これまではサンプルを上げるとある程度ブクマはついた。

ピクシブ一桁CPから仕方ない。だけど、少し不安だった。

当日の結果としては、1冊も売れなかった。

1冊しか売れなかったことはあった。1冊も売れないのは初めてだった。

「本が売れない」ことにへこんだわけではない。

それなら、1イベントで3冊しか売れない人間が7年も続けてない。

売れない理由を、マイナーCP本ばかり出していたことに求めるつもりもない。

どれほどマイナーCPだろうが、上手い人の作品は売れる。

自分はその土俵に上がれなかっただけだ。要は下手なのだ

マイナーCPであることは理由の一つかもしれないが、すべてではない。


わたしには10年来の同人がいる。

彼女も私と同じく、ピコ手小説書きだ。

私ほど極端ではないにせよ、メジャー以外のCPが好きという共通点もある。

マイナー、と言いたくないのは、ある一定供給コミュニティ存在するから。そもそもこんな線引きすることも言ってることと矛盾してるとは思う)

活動ジャンルが被ることは10年で1度もなかったけど、萌えを語り、時には愚痴をこぼしてきた仲だ。同人関係無しに遊んだり泊まったりもした。

同時期、彼女大阪イベントに出た。

彼女の本は私相手にもさんざん語った妄想をしっかり形にしたものだ。

サンプルをあげた段階で「過去最高にブクマがついた!」と喜び、終わった後も「いっぱい買ってくれた、完売した」と嬉しそうだった。

嬉しいよな、わかる。めちゃくちゃわかる。私だって過去最高に売れたときは嬉しかった。

初めて、自分がみじめに感じた。

こっちに気を遣えよ、って思ってしまった。

当然そんな義理はない。必要もない。言葉にしなかったけど、それは立派な八つ当たりだった。

ちなみに彼女が売れていたというのは、今回が初めてではない。

彼女文章自分の好みとは少し外れてることもあって、ずば抜けていると感じたことはなかったけど、優しく温かみのある文体で上手だと思う。癖が無くさらっと読めて、気持ち良い。

実際同じピコ手とは言え、彼女は私が数回のイベント通販含めて1年かけて売り切る量を、1イベントで売るだけの力があった。

だけど、私は勝手に、彼女と同じだけの力のつもりでいたのだ。


ここからは、これまでの「やめた」人と同じことを書く。

わたし同人動機は、好きだから書く、書いたものが形になる、嬉しい。楽しい。それだけだった。

手に取られる量は関係ない。1人でも、知りあい以外の方がスペースに来てくれたらうれしい。

アフターはもちろん楽しいけど、それはメインじゃない。

ありがたいことに感想もらって泣いたこともある。お手紙もらった数は年数の割に少ないと思うけど、全部大事にとってる。

その気持ちが大部分であることは、未だに変わりはない。

だけど、その日1人も立ち止まられることのなかった私は、過去最高に売れたと喜ぶ彼女を妬んでしまった。心の中で八つ当たりをしてしまった。

何度も言うけど、売れる/売れないはCPよりも力の差だと思ってる。

上手い人の作品は、どんなCPだって売れる。

欲しい、と思わせる。知りたい、と思わせる。それだけの力がある。

から売れる。「上手い」ってそういうことだ。

私は、誰一人の手にも本を取ってもらえなかったこと、つまり自分が「下手だ」という評価を下されたことに耐えられなかった。

一番の問題は、自分が「下手である」ことではない。「下手であると認められない」ことだ。

下手だって、それを認められれば「もっと頑張ろう、上手になりたい」と思えるから

私もずっとそう思っていたつもりだった。「彼女に勝ちたい」でも「もっと売れたい」でもなく、純粋もっと自分の筆力をつけたいと思って工夫して、努力してきたはずだった。

本を出す度にちょっと書き方を変えてみたり、好きな本(同人誌ではなく)を真似してみたり。気付かれたことはないけれど、変化は自分がわかる。成功した時は嬉しい。

だけど、「なんで彼女の方が売れるんだ」と妬んでしまった自分いたことに気付いてしまった。

そう感じること自体彼女を見下している。

彼女だってアピールしないけど、きっと毎回いろいろ工夫している。

そんな人に対して、こんな失礼なことを思ってしまった自分は最低だと絶望した。

きっと、その「なんで」の前には「私もこんなに努力してるのに」がつく。

「私もこんなに努力してるのに、なんで彼女の方が売れるんだ」。

自分のために努力しているつもりだったのに、そうではなかったこと。

自分が感じていたいちばんの楽しみと、別の評価軸を持ってしまっていたこと。

友人に嫉妬してしまったこと。

自分の心は、すべて自分プライドに裏切られていた。

そういえば数年前、彼女に「初めて完売した!びっくりした、嬉しかった」と報告を受けたときになんとなく心がちくりとした。

その時に気付くべきだったのだ。私はもう、自分プライドを飼いならせていないことに。


私が同人をやめた理由は、自分に負けたからだ。

自分のもっている、高すぎたプライドに負けたのだ。


たかったあんスタの舞台、見たい見たいって唸ってた私よりも、そうでもなさそうだった彼女が良い日程を当てたことさえも妬ましく思ってしまって、まずいな、って危機感覚えた。私だって小西くんが見れない訳じゃないのに。


誰かに読ませたい、わかってほしい、というより単に自分がすっきりしたいから書く。

ブログ冒頭に書いたこの一文は、私が同人活動をしていた元々の理由と全く同じだ。

ここでもプライドを飼いならせなくなるのは嫌なので、私のはてブはこれが最初最後です。

2016-06-22

エスカレーターを歩くなっていうけどさ

階段歩くよりエスカレーター歩いた方が早く着くんだから

歩く人間一定数いるのは当たり前でしょ

そういう人間社会で発生しうる現象無視して

エスカレーターはそういうふうに作られてないから歩くな」

かいうのはちょっと違うよね

本当に危険だっていうならラッシュ時は止めてしまうとか

一定間隔で踏めないような段を設置するとか

歩いても安全エスカレーターを作るっていうのが人類発展のあるべき姿なんじゃないの

「歩くためのものじゃないんだよフフフン」

って感じで情強気取ってる奴が一番アホだよね

ソシャゲガチャ要素のあるゲーム全般についての疑問

基本的にどこのソシャゲも外れクジを多くして当たりを引かせるまでのガチャ回数を増やすようにしてるけど、これって逆効果じゃないの?

引いても引いても欲しいものが出ないなら俺とかは特に、次のガチャシリーズが来ても前の嫌な事を思い出して引かないことが多い。

どうせ俺のところには来ないんだろ、っていう思いが課金ストップさせる。

引けるまで引くというのでは正直財布が持たない、生活に支障が出る。

欲しい物が出ないゲームに段々と興味を無くしていつの間にか辞めている。

これが戦国なんとかムラオサメかいゲームで俺が感じていつの間にか辞めていたこと。

とにかく「欲しいのが出ないから辞める」。

これが大きかった。

欲しい物があるのに見せびらかされてるのに手に入らないとストレスしかまらない。

別のレアが出たとかならまだいいけど、そもそもレアが出ない。だから辞めた。

 

素直に当たりも適度に引かせて、喜ばせて次のスクラッチでも期待させて引かせる方が、収益上がるんじゃないの?

レアが高確率で引けることが約束されていたら一定額までは課金する気にもなるだろうし、

1枚引いて嬉しくて物欲を刺激されて、もっと欲しくて引くという流れの方が大多数が諦めて課金しなくなるよりもよっぽどいいんじゃないの?

だいたいのソシャゲが一部の廃課金ユーザーのためのサービスに特化してるけど、そんな廃課金ユーザーは限られているし、

そのプレイヤー前提とか不安定しかいから、広く浅く徴収できるような排出率を設定するべきなんじゃないの?

もうこれだけソシャゲ流行ってるときに酸っぱい葡萄方式釣り上げようとしても別のソシャゲに移ってしま場合も大いにあるでしょ?

なのになんで頑なに排出率はあげたがらないんだろうか?

コンテンツに自信があるなら次のシリーズでまた課金してくれると思うはずなんだが。

http://anond.hatelabo.jp/20160622135116

声だし確認クリティカル業務においてはほぼ必須やぞ。ITエンジニアではそうではないように思われているかもしれんが、定型業務に近いものこそ声出し=リズム一定に保って作業 はミスを減らすことにも繋がるんや。

2016-06-21

批判が怖いならネット文章出すな。批判するなら無関係中傷はするな。

一定数の人を煽るような内容の文章あげておいて、いざ批判されると

ネット他人批判するような人はリアルが充実してないから」とか云々何なの。

批判者のリアル心配する前に、まず批判の内容を自分なりに評価しろよ。頭を使え。

あと批判する人は元の文章関係ない中傷とかするのはやめて。

そうすると批判嫌いビビリの主張がある程度は正当性を持ってしまって、あの人たちますます頭を使わなくなるから

はてなに咲いた女郎花

増田です。

さいとーさんのゴタゴタにはどぎもを抜かれましたが、さいとーさんが無事であって本当によかったと思っています

さいとーさん戻ってきてくれてありがとう

それはさておき、お二人の愛憎劇、こう言ってはなんですがまるで昼ドラのような空気が漂っておりました。。

こんな言い方はしたくないのですがエンタティメントになってしまった感があります


調べてみたら、事実婚であっても不貞に対する裁判というのが起こせるようなんですね…

さいとーさんはこれを最初に知っておくべきだったと今更ながら思います

セックスさえしなければなんとかなったと思うんですけどね、甘い言葉にのっちゃって…ここは男のサガでしょうか。

私は、かんどーさんははてなに咲いた一輪の女郎花だと思っています

あの人は妙な色気があるんですよ。

でもパッと見は派手なタイプではない。

どこかはかなげで折れそうに華奢で、日陰のイメージを持っているんですよね…

美人ですがくどくないし、あっさりとした、まさに和風美人のおもむきを持っている。

ヤクザ愛人にされそうな感じですね。

余談ですけどかんどーさんはすごく着物が似合うと思いますね。

昭和下町、2階が連れ込み宿になってるような飲み屋でおかみをしていて、奥の小さな離れで前科ものイケメン)をかくまってる、みたいな。

んで、ある日そこに追っ手がきちゃって、いよいよ嘘も突き通せなくなって、「さおりー!」「あんたーッ」みたいな…

おっと妄想はそこまでだ

女郎花っていうのは本当に小さな花をつけるんですよね

すごい存在感があるわけでもないし、ひっそりいつの間にかいるような雰囲気なんですよ。でもすごくきれい。



お二人のブログを読んでいるとわかってきますが、お二人とも発達障害ADHD)を持ってることを告白されていましたね。

これ、私も少し持ってるのでわかるんですが、発達障害同士ってものすごい惹かれ合うんですよ。

理屈抜きに相手の魅力が胸に飛び込んでくるんです。

発達障害の人というのはもうよくわからないところで無自覚ピュアさを持っていますので、そこにズキュンとやられる人が多い。

同じ気質を持っているがゆえに相互理解もしやすいので、まるで分身出会ったような気持ちになるんです。

しかし同時に相手との心理的距離感が上手に測れないという弱点も持っていますから、一気に近づいたかと思うと、相手に期待をかけすぎて

関係がぎくしゃくしてくる事も多い。

その特性があるからこそ、好きでたまらなくても、時間をかけてちりちりと距離を縮めていくくらいが一番良いんですが、衝動も強いのでなかなかそうもいかないという。

私は、かんどーさんの夫の気持ちもなんかわかるんですよね。

ADHDの人は本当に独特の個性を持っていることがあって、その魅力を一度味わってしまうと、

他にいないんですよ。性格発言ユニークで。

面白さを知ってしまうとトリコになるという感じでしょうか。

さいとーさん彼女を失ったことで生きることへ絶望したというのもやっぱりわかるんですね。

絶望が酷くて悲しくてやりきれなくて、その苦しみから逃れたくて、そしてすぐに衝動的に行動に走ってしまうのもまたADHDだなあと。

さいとーさんに対してのぶコメがもう、人によって180度違う、このへんも面白いなと思ってみてました。

さいとーさんがどんなふうに振舞っても、死ぬ死ぬ詐欺をしても、さいとーさんのことを嫌わない人が必ず一定数います

からさいとーさんはそういう人たちを大事にしていけばいい。



最後ちょっと上から目線になってしまいましたが以上です。

2016-06-20

永久機関

一定以上存在感を見せつければ、別に若い女じゃなくても構ってもらえるという事実が鬱陶しくもあり、そういうクラスタにとっては希望なのかも知れない

マネーモンスターを見た(ネタバレがあるよ)

なんかモヤモヤした。

全体的に面白かったんだけどね。

ハラハラしてなかなか引き込まれたし。

カイルモリーにボロクソ言われるところとかも

泣かしどころかと思ったらそっちか!ってなったし。

でもなんかオチスカッとしない感じだった。

最後の流れ

リーカイル連邦公会堂へキャンビーに会いに行く。

生放送中のカメラの前でキャンビーの悪事が暴かれる。

カイル警察に撃たれて死亡。

エピローグ

みたいな。

なんつーかカイルは救われてないんじゃないのかと。

結局キャンビーは社会的制裁は受けるっぽいけどカイル死んじゃってるしね。

キャンビーが言うように確かに法律を犯してるわけじゃなくて

でもそのキャンビーのしたことによって被害を被る人が出てきて

でも株価が上がってればその人達だってなんの文句もなくて。

最後プラスチック爆弾ベスト(実際はただの粘土)を着せられた

キャンビーに向かってカイルが言うんだ、謝れ、って。間違ってたと言えって。

銃を突き付けられ、起爆装置リモコンを目の前にかざされ、脅された状態

キャンビーは悪かった、wrongと叫ぶ。

それを聞いたカイルは納得したかのように、目的が達成されたかのようにリーの方を振り向き

起爆装置キャンビーへ放り投げる。(スイッチから手を離すと爆発する設定だったが実際は粘土なので爆発はしない)

瞬間、周りを取り囲んでいた狙撃から発砲され、カイルは命を落とす。

カイルはそれで満足だったのかなぁって思ってしまった。

キャンビーの企みによって全財産を失わされ(自業自得の面があるにせよ)

テレビ局に乗り込んでキャスター人質にとってまでやりたかったことが

悪かった、といわせることだったのかなぁと。

エピローグニュースで、キャンビーが起爆装置を放り投げられた時に慌てふためくカット

コラ動画としてvine拡散しているというニュースがあった。

今っぽいなぁと思った。キャンビーがしたことに対して、規制を強めようという動きが出るとか。

なにかしらの運動が起こるとか。そういうんじゃなくて、面白おかし編集して

嘲り笑う対象にするだけで終わり。(海外なんちゃら法で罰が与えられるってニュースもあったけどさ)

みんななんとかならないかな、と思っているんだけど、なにもしない、なにもできない。

ちょっと馬鹿にして、すっきりするだけ。そんな印象だった。

リーカイル連邦公会堂へ向かうところも印象的だったなぁ。

周りには野次馬がたくさんいて、番組でやっていたダンスを踊っていたり、カイル応援していたり。

またウォール街占拠だ!って息巻いていたり。

でもカイルが、イヤホンリーに渡しに来たロンを撃ってしまう。

そしたら蜘蛛の子を散らすように野次馬が逃げ惑う。

カイルはその中で、違うんだ、間違っただけなんだ、と独り言ちる。

なんかね、群衆無責任さを実感させられるような感覚だった。

やっぱり、解決してないんだよね。この一つの事件としては一定収束をむかえたけどさ。

ジョディ・フォスターが答えを示してないって言ってたっけ。うん、問題提起映画なんだなぁと。

ティが言う、来週はどういう番組にしようか?

この先どうなるんだろうね、どうしたいの?って聞かれてるみたいだった。

やっぱうまく言葉に出来ない。なんか良い感想書いてくれる人いないかなぁ。

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619223801

今まで中学高校大学とどのように過ごしてきたか、その集大成評価就活において内定という形で表れているだけだ

社会人になる段階で、自分の今までの人生価値がつけられる場なんだ。自分価値と向き合え

ネタか本気かわからないが、、


社会のせいにして泣き寝入るのも不毛だと思うけど、この増田みたいにな就活マッチョ的な人がきっと一定数人事とかにいそうで(マイナビリクナビ社員にもいっぱいいそう)そりゃ就活生も苦労するわなって思う。大学生時代までにもっといろんな本を読んだり(特に伝記)いろんな人にあったりして世の中新卒採用人生まらんってことを知れば「内定か死か」みたいな発想にはならないんじゃないかなあ

ITエンジニア向け勉強会ピザ不要

いつも思うんだけど、

「どれだけ太らせたいのか?」

と。

ただでさえ不健康ITエンジニアにこれ以上脂肪分を提供しないでwww

って感じ。


ただ、このことについて考えていて一つ腑に落ちないことが・・・





何故か一定エンジニアの中には太ってない奴が居るよね。

その割合が変化する様子もなく。

そしてガリッてるやつほど、勉強会ではガツガツピザ食ってたりするよね・・・




思ったんだけどさ。

もしかして社会には闇の組織があって、エンジニアを太らせて出荷しているのでは?

太りすぎたエンジニア組織によって・・・これ以上は考えないでおこう。




とんでもない真実に気がついてしまたかもしれない。

気がついてからガタガタ震えている。

誕生日を祝われるのが苦手だ

からFacebook誕生日も非公開にしている。何故なのだろうか。

ググってみると、似たような思いを抱えている人口一定数いるようだが、知恵袋ばかりであまり謎が解けた感じはしない。

承認欲求はわりと強い方だと思うし、何か達成したことについて人から祝われるのは嫌いではない。

自分自身誕生日一般に全く価値を感じておらず、それを他人にとっても同じだと勝手に当てはめた結果、お祝いメッセージに対して好意ではない打算時な匂いを感じてしまっている、というのが一番有りそうな気がする。

うーん、わからん

ぼんやり

 恥ずかしながら、有給休暇を一度も使用したことがない。これは私に限った話ではなく、部署全体がそうなのだ。「有給消化率0%」という悪しき金字塔は、勤労を美徳とする役職者たちに熱烈に信仰され、私やそれ以下の若手の頭痛増長させる。もともと長時間労働休日出勤常態化しているため、疲労から前頭に激痛がさすこともしばしばである。このような職場は、とかく頭が痛くなる要因に恵まれており、どんなに健常な者であっても欝々とした不調に思想ごと流されてしまう。そして、過去自分行方がわからなくなり、なぜ生きているのかも曖昧存在が始発や終電を行き来する事となる。

 そのような法人でありながら、なぜか毎年一定数の新卒社員入社してきてしまう。原因は私にある。合同説明会学生を誑かしているのは、他ならぬ私なのだしかしだからといって、嘘偽りの好待遇を並べ、初心な学生の首を刈取っているわけではない。ただ、猜疑心の強い学生からすばりの質問を受けるまで、不都合なことをこちらから口にしないというだけなのだ。たったそれだけのことで、少なくとも学歴でみれば優秀であろう若者が、屑の掃き溜めにその後の人生すべてを捧げてしまう。残念ながら転職は容易ではない。賃金と休暇のどちらも与えなければ、転職活動を行うことは物理的に困難なのだ退職についても、遺留遺留に叱責と無視お家芸なので、やはり困難な道である。そういう職場なので、ある新卒は突然失踪し、しばらくの音信不通のあと、退職届けが送られてきた。このような状況を見るたび、私もまた悪しき金字塔を建てているのだなというぼんやりした虚しさを覚える。

 不思議もので、このような環境が実際にあるにもかかわらず、そのあまりの非現実さ故、話を盛り過ぎているだとか、誇張にも限度がある等と明後日の方角から叱責を頂くことがある。インターネット馬鹿ほどいる「俺はそういうツマらないペテンもお見通しだ」と偉ぶるスタンス有象無象が何やら猿のごとく囃し立てる様は滑稽なのだが、特に己を支え得るような外付けの何かを持たずに歳を重ねてしまった結果、汗やら酒やらで嫌に甘酸っぱくなった仕事帰りの終電でこういった文章を書くしかなくなった自分自身もまた滑稽である明日仕事に向かわねばならぬ事の不快さが、頭の端に引っかかってとれない。

 

2016-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20160617013244

いや、肩の力抜いてくだらん事話してて何が面白いんだ?

それも匿名の奴相手に。リアル友人となら分かるよ雑談の意義も。

うんこだの互助会だの増田論だのの内輪ネタで盛り上がる、

そんなアホな奴らが増田支配層だと思ったら大間違いだよ。

そんな非建設的な会話は、真の増田ユーザーには総スルーされているだけ。

増田ブコメをよくつけてくる暇人どもも真の増田ユーザーではないからな。

奴らは言わばツイカスのようなもので、スルー耐性低いと感じる層はそいつらの亜種でしかない。

増田は思いっきり肩の力入れて、怒り肩で、

オレ様理論に対抗できる奴を探すような場所なんだよ。

2chtwitterでは呼び寄せられないような見識のある人種一定いるから尚更、

「俺をけちょんけちょんに論破してくれる奴がいるかもしれない」という期待が膨らむ。

はいえ真のユーザーは、相手してもらえなくてもあまり気にしない。

ただ己の魂の叫びを長文でしたためたい、その思いが有るのみだからだ。

その悲痛さが響くから結果的にすごい数のブクマが付くにすぎない。

増田はそういう奴の場所だ。

あるいは最後の逃げ場所と言ってもいい。

そんな神聖場所を、肩の力抜いて遊び場にしてる奴は勘違いも甚だしい。

そもそも増田は「ダイアリー」だ。

BBSみたいなノリで会話のごとく日記に反応を求めたり、

他人日記姿勢ケチつけたりする時点で頭がおかしいんだよ。

それを言ったら俺もそうだけどな。

でもこれを言うことで不毛な風潮を牽制できるだろうから敢えて言ってんだよ。

増田では、書きなぐり、書き捨てろ。熱く語れ。

それ以外の冷やかしみたいなものに、人生の貴重な時間を消費して書く意味もなければ、

わざわざ他人時間を割いて読んでもらう価値もない。

ましてやそんなしょうもない増田ホッテントリに上がってくるようなら、迷惑しかない。

そういう短文系のクソリプ(君らはそれを「肩の力ぬけたレス」と呼んでるかもしれんが)よりは、

どこか空気読めないクソ真面目系のレスの方がまだ読む価値があるんだ。

なぜそれがズレてるのか、そういうズレた発想が生まれしまうのか、を

しっかり言語化してツッコもうとする過程で興味深い気づきや広がりが生まれからな。

まあそれもあくまで俺の意見に過ぎんけれども、

そのへんについて今一度、自分の頭で考えてみてくれよ。そんじゃーな。

ブラックバイトカイゼンした話

これはどんな話なのか

ブラックキャラクターの色がね)個別指導舞台である(以下Mとしよう)。

最近すごくいわれてるなーってことで援護射撃してみようと思った次第。

どういう風な改善をやったかという話が読みたい人は歴史編を飛ばしてね。

歴史

ブラックバイトとの出会い

私がMの面接を受けたのは、まあぶっちゃけどこでもよかったから。

結構偏差値の高い大学に入ったから塾講には自信があったのかな?集団全然自信なかったし。

大学一年の時、とりあえず下宿の近所にある個別指導あっちこっち面接受けて回った。てか3回だけども。1回目と2回目は落ちて、3回目でMに受かった。

テストはできたけど、教えるのはてんでダメで、1回目の面接に行ったとき面接相手個別指導模擬授業やったことがある。

全然ダメだったなー。

その時点で適正ないんだけどそれはそれ。また後述。

研修がない!

ほんやくチームはタイポしただけでアバシリに研修に行かされるのに、Mには研修がなかった。

ここで補足しておきたいのは、Mは同じ看板を掲げているけど、内実は地域ごとに細かい会社やらせてるっていうこと。

これ以上は守秘義務がモゴモゴ。っていうほど隠すもんじゃないと思うけど。

から研修制度地域によってまちまち、そして、私の入った地域研修最初の一回きりだった。

内容は、働くに当たっての挨拶の仕方とかマナーみたいなのが30%。企業理念20%。残り50%は、ベテラン講師の講演みたいな感じだったと思う。

から「教え方」の研修っていうよりは、なんだろう、「これまで私が出会ってきた生徒」みたいな研修だった。

そりゃぁ研修にならないだろうという感じなんだけど、まぁ大学一年生だし、「ほぉ~すごいなぁ~」という感じで見ていた。

そして、その研修を終えて、私は実戦投入された。

個別指導戦場である

誰かが隣にいてずっと教え方を見るという研修は一回しかない。

それで何を学べるかって言うと正直言って学べない。

3人を担当するんだけどもう全然手が回らなくてあっちにかまってたらこっちが寝てるしもう一人はぼけーっとしてるし最悪。

もうさんざん叱責食らった。そんなんじゃ3人担当させられないって。

でも辞めなかった。辞めなかったのは、意地張ったわけじゃなく、ここで辞めたら私はズルズルなんもなくなるなーという漠然とした不安から

から、できる限りのことをしようと思った。

これは半年ぐらいでなんとかなり始めた。一年ぐらい経ったら新人にある程度指示できる程度にはなった。

突発的研修

それでも突発的に研修が入るときはあった。講師オブザイヤー?的な表彰研修と呼んだり、あるいは普通研修というときもあった。

何が問題だったか

誰も黒いと思わない賃金制度

私が受け持っていたのは90分の授業が一日2コマ分。それを週3~5回ぐらい。

最初は出勤が17時30分ぐらい、退勤が22時30分ぐらいだったかなぁ。

時給は1000円とアナウンスされていたけれど、実際には「コマ給」ってやつ。ようは授業一回につき何円という制度

仮にコマ給1500円とすると、90分の授業なので確かに時給は1000円だ。でも出勤17:30~退勤22:30ということは5時間働いている。にもかかわらずコマ給は2コマ分3000円。

時給600円だ!

でも誰も黒いと思わない。なんせ1500円だし、翌月口座に4,5万入ってれば忘れる。

私の場合、立ち仕事とか絶対無理から、塾講しかない~って思ってたけど(Mは個別指導なので生徒の隣に座って授業するのだ)。

なので賃金面での改善はそんなに望めない。4年ぐらい働いて、生徒のアンケートがよければ、まあ半年50円ずつぐらいは上がるけど、連続昇給し続けて大学四年になっても500円ぐらいしか上がらないってのはちょっと低いよね。

というわけで賃金面での黒さはいかんともしがたいところがあった。

慢性的サービス残業

とにかく時間外にやることが多い。だってさ、生徒を一人教えるにしたってフローがあって、

  • 授業前にやること
    • 前回の授業でどこまで進んだか
    • 今回の授業ではどこまで進むのか
    • (新しく受け持つ子は)どういう性格、どういう成績、どういう態度なのか
    • の子はどの学校に通っているのか(中学校別に進度は違うし私立とか中高一貫もある)
    • 中間テストとかが迫ってたら授業を変更すべきか
  • 授業後にやること

とこれだけあるのに賃金は0。

後々問題になったらしくて10100円とかそれぐらいのお金が出るようになった(雇用契約書に書いてあるから別に機密じゃないだろー。でもバイト募集時には書くべきだよなぁ。ってか今気づいたんだけどもしかして最低賃金÷6しただけ?)。

慢性的サービス残業さら悪化させるもの

さらに「講師のやる気」が慢性的サービス残業さらに増やしてしまう。

高校受験入試問題に、赤本より丁寧な回答を作ったりとか、そういうの。

もちろん0円。

つらっ・・・

あと「賃金出なくてもいいですから**ちゃんの入試対策もっと付き合ってあげたいんです!」って言い出す子もあった。

おいおいそれはやめなよー。

研修制度のアレさ

実を言うと研修もなくはなくて、一年に一回思い出したように開かれることがあった。

けどやっぱり新人講師をろくに研修しないまま実戦投入するのはずっと変わらなくて、それで結構何人もやめちゃった。

でも当たり前だよなーって思う。実際回らないし叱責を受けるしどうしようもない。

教えられない

これは講師としての資質問題かなー。

前に見たブログでも、「3人に教えるのは無理」みたいなことが書かれてたけど、これは多分研修する講師がヘタクソだったんだと思う。

からこの問題研修制度問題として扱うことにしよう。

離職率

やばい最初一年持ったらベテランってのはちょっとやばかった。

これは下げていく方向で調整していったのでこの話もしよう。

改善

どういう風に改善していったかという話。

問題意識の共有

それで一年も働いていたら、ざっくりと三つの問題が見えてきた。

で、問題とその対処方法について。

  • 賃金が低い
    • これはどうしようもない。
    • だいたいMはそれほど月謝が高くない。親がそれを高いとみるか安いとみるかは知らないけど、周りの塾よりは安かったと思う。
  • 時間外労働が多い
    • これは減らせる。
  • 研修がない

うーん全部こっちがやるしかないのか。本部は何をしているんだ。

そして、二年ぐらい経ってから見えてきた問題があった。それは

時間外労働を減らせ

個別指導は<準備>→<授業>→<片付け>で終わる。で、給料が出るのは<授業>だけだ。

ということは、

(1)準備を減らせ

(2)片付けを授業中に終わらせろ

の2つで改善できる。

準備を減らせ

まず普段から他の講師とのコミュニケーションを取っておいて、どういう子なのか教室全員の生徒の基本データを把握しておく。

あと近所にある中学校高校の基本データは知っておく。あそこの中学校先生は厳しいかテストムズいとかそういう情報

えらく多い気がするが、一旦頭に入れたら終わりなので、これは最初に頑張るしかない。

さらに、どういう子なのか(性格、成績、授業態度、テストなどへの取り組み方)は本人と話し合うしかない。

たいていの子は授業より早めに来てくれるので、雑談がてらそれを処理する。

知ってる子が増えれば増えるほど準備は減らせる。

あの中学に通っててあの部活をしているあの子は、普段こういう成績でこういう勉強方法で、授業ではこういう態度で・・・が頭の中に入ればOK。

これを講師間で共有することによって準備を減らす。

片付けを授業中に終わらせる

次回の小テストは授業中に作っちゃう。あと引き継ぎ事項も、授業の終わる30分ぐらい前になったらだいたい先が見えるのでそのときに書いちゃう

授業が終わったら、物理的に片付けて簡単に報告するだけで終われるぐらい授業中にこなしちゃう

授業中に起こった問題は授業中に片付ける

たとえば「中間テスト近いのに全然ダメです!」っていう時は開始15分ぐらいで分かっちゃうので、その時点で上に報告する。

「教えきれないんです!」っていう状況になっても同じ。

チームで解決しましょう。

講師としてのレベルを上げる

準備を減らすのも片付けを授業中に終わらせるのも講師としてのレベル一定程度じゃないと無理。

というわけで研修

研修をせよ

頼むから研修してから送ってくれよーと思うんだけれど、でもよく考えたら実地で生徒とぶち当たるしか成長はできない。

結局、新人講師と組んで6人を2人で見る(実際には私が5:新人1ぐらいで見る)ことになる。

ただ、私は一年かかって学んだことを、一ヶ月で学んじゃう講師もいるし、全然だめで辞めていく講師もいる。

二年ぐらい経った頃、やっとこさこういうことができれば新人はOKというのがわかってきた。

研修で学んで欲しいこと

本部がやらねーなら現場講師がやるしかない。

なので実地で教えてる隣で学んで欲しいのは以下のこと。

  • 雑談
  • 手抜き
    • 3人を1人で見るのは無理。手抜きを覚えて欲しい。たとえば問題演習させてる間はつきっきりで見る必要はないから、問題演習の選び方、させ方、この問題演習は何分で終わるかを計算する。
    • 30分かかる演習をさせておけば、30分離れててもいい。
      • もちろんただ30分放置したら生徒のモチベーションダダ下がりになる。10分~30分で調整する。また漫然と解かせるより、もちろん頻出の問題を選んで出す方が良い(「これ全部!」というより「これとこれだけ!」と指定した方が量は多くてもなんか少なく見える不思議)。
    • 3人とも問題演習という時間を作って、片付けの時にやるはずだった小テスト作成とか引き継ぎ事項の記録をやる。
    • 誰かを教えてる最中(他、手が離せないとき)に問題演習が終わったら、自分で採点してもらって、分からなかったところをもう一度やらせてみたり、次の単元に進ませたり、単語を覚える時間にして「10分後もう一度来るからね、そのときテストするからね」と言ったりする。
    • これができないと、全員何も教えられないまま終わる。
    • 「教えない時間を作る」のがコツ。「教える時間」は正直全然ない。
  • 基本動作
    • 本人の性格チェック→成績チェック→理解力チェック→授業予定を立てる→授業する→発生した問題を報告する→授業中に修正する
    • 報告・連絡・相談。全てのことはだいたい報告してくれれば解決しうるので、相談して欲しい。
  • そして
離職率を下げろ

講師としての資質っていうのは確実にある。でも、一年経って資質が芽生えてぐんと伸びる人もいるし、最初から全然ダメな人はそもそも面接で落ちてるはず。

とにかく辞めて欲しくないと思った。だってバイト経験って就活とかにも影響するし、その後の人生で、Mってカスだったな~っていう思い出は作って欲しくない。

それは私がMが好きとか嫌いとかじゃなくて、人生にバッドな影響を与える何かを作りたくないから。

黒歴史を作りたくないのは誰でも一緒。時間無駄だったとか、そういう振り返り方しかできない時間を作ってしまうのは辛い。

丹念に悩みを聞いて、問題解決するのは、講師-生徒の関係だけじゃなく、講師-講師関係でも一緒。

報告、連絡、相談してくれたら、離職率は下げられる。

・・・というエモーショナルな話ではなく、離職率を下げることは明確に授業のクォリティ向上に寄与する。

離職率が下がると、生徒との関係理解も深まるし、講師同士のコミュニケーションもとれるようになるし、良いことが多い。

先輩から後輩へのノウハウ伝授もやりやすくなるしね。

年数を経るごとに経験値も上がっていくから、一ヶ月や二ヶ月で辞めちゃうとそれが溜まらない。

生徒が分からしても、「すぐ先生辞めちゃうな」ってのはバレバレからねー。

講師同士ギスギスしてるとそれもバレる。

なので離職率を下げるということはブラック雰囲気をややホワイトにする大切な要素なのであって、

そのためには、研修をしっかりやって賃金を上げなければいけないという話であったりもする。

時間外労働を減らし、(本部がやらねーから講師ががんばって)研修バックアップし、働きたい職場へと変化させ、離職率を減らす。

これが結局ブラックバイトと言われるMでやった一番でかいことかなぁ。

時間外労働「悪」という概念を広めなければいけない

Mの場合時間外労働は金にならんので全部サービス残業だ。

なのだが、時々謎の正当化をしてサービス残業を自らやりたがる人がいる。

「圧倒的成長!」ってやつ。

なので、それを戒める。

お金もらってやってんだからお金もらってる時間内に全部解決するのが当たり前でしょ」

「生徒に教えるプロなんだから、ただ働きするのはプロ意識に欠けるよ」

「結局時間外に働いちゃうのは能力が低いからだよ」

みたいな。

これはもう割とガチで叱責する。で、「時間外にならないとどうしてもできないんですぅ~」はみんなで解決する。

時間内に書かなきゃいけない報告書の量が多ければ、他のちょっと手が空いてそうな講師相談して、少し見てもらったりとか。

チームワークで解決していく。

で、授業が終わったら、22時になったら強制的に電源が落ちたりするので、それまでに帰ろう!という運動をやったりする。

達成できたらご褒美みたいなのがあればいい。毎日全員の退勤時間ノートに書いて、RTAみたいな感じにする。

でも、こればっかりは教室全体で取り組まないといけない。

たまに時間外労働やりたがる人がいるので、抑える。

保護者の方はお金を払って塾に行かせてるんだから、こっちがお金を取らないでやっちゃうと、お金を出さななっちゃう。生徒が辞めていっちゃうから塾が成り立たなくなるよ。」

みたいな?

それって塾っていう小さな(?)単位だとわかるんだけど、企業っていうでかい単位になるとじわじわ分かって貰えなくなったりする話でもあるかな

上が時間外労働やらせたがる人だったら

多分逃げてたので知らん。

まとめ=ブラックバイトと名指しされたら「離職率の低下」を目標に掲げよ

ブラックバイトカイゼンするには、以下のことが必要

この上二つはわりとすぐ分かるんだけど、離職率下げるっていうのは意外と効くなぁっていう知見があった。

賃金とか研修制度とかは、上が決めるものから、下っ端には割とどうしようもないんだけれど、極力働きやす環境にして、離職率を下げれば、一人頭の仕事がどんどん減っていくのが感じられた。

ので、今の職場でも、働きやす環境かどうかは必ずチェックするようにしている。

ごくごく簡単な話で、なんでも相談できる状況かどうかとか(風通しの良さ)、悩み事を抱えてる人はいいかとか、個々人の性格の把握とか(構って欲しくない人も当然いるので、そういう人にも気持ちよく働いて欲しい)。

人間気持ちよく働いていたら多少の賃金のクソさはなんとかなる。・・・んじゃなくて、生産性が向上するので、なんというか、実質賃金?的なものはむしろ上がるはず。

上がさらブラックだったら手も足も出ないけどね・・・

ブラックバイトカイゼンとなると、どうしても賃金に目が行きがちだけど、総合的に見れば「離職率を下げる」ということを目標に掲げれば、当たり前だけど、自然と白色に染まり始めるはず。

だがしかし

個別指導でできることには限界があり、やっぱりなんていうか地頭っていうのはある。

やってることは中三になって、「志望高校名前から工業”を取りたい」っていう感じの子をそうするぐらいの感じ。

地頭の良い子は宿題がそんなに多くなくても伸びるし(ってゆーか宿題律儀にやってくるけど)、どうしようもない子はどうしようもない。

けれど、どうしようもない子も、どうしようもないなりに悩んだりしているので、そういう子たちにとっても、Mにいた頃に感じた何かが、その後の何十年という人生の中で、大切な一瞬であって欲しいなあと思ってた。

そういうわけで、ちまたじゃ黒いっていわれてるけど、私はまぁまぁ面白かったな。

勉強嫌いだったからかな?

Mが黒いって言われてるのは、賃金がクソなのと研修がないのと、それに起因する離職率問題だと思うので、その辺を改善したらMも結構良くなるはず。

これは(私が就職したトコ含めて)他の企業にも言えることかもね・・・

(てか、最近アリさんマークすごくね?渡邉美樹も助走つけて殴るレベルの黒さじゃね?)

ってことで日本死ね