「宗教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宗教とは

2016-07-29

追記を読んで

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

結局、「私は結婚して幸せ」という幸せ自慢。

それだけなら「リア充爆発しろ」で済むのに、結婚していない人へ疑問を投げかける行為がすでに上から煽り

「私はこの宗教に入って幸せになりました。あなたはどうして入っていないのですか?」的な。

後半は余計だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160729080520

宗教論争が無意味だとは思わないな。

増田で「科学的な」論争をしたって、それこそ無意味でしょ。

独身生き甲斐がうんたらーとかもそうだし

ここ数日の増田って全部宗教論争なんだな

そりゃ信者におまえんとこの宗教クソだなっつったらマジギレするだろ

パンパンパ~

限定ガチャ」の邪悪

最初は「期間限定です」と、暗に「今しか手に入らない(=再登場は多分しない)」と匂わせてガチャに入れて煽る。

ほとぼりが冷めて、再登場を望むユーザーが増えた頃合いに「限定だったのを再登場させます」ってやり口。

過去に煽られて入手した人は既得権益者みたいなメンタルになるから不満をもつけど、

それを上回る需要があるから一種正義みたいになってしまう。

そういう売り方を何度もしてると、さすがに不健全馬鹿にしているってソシャゲユーザーでも思うから

「じゃあ今後はそういう売り方は控えます」ってなる。それがグラブル。

(とはいサマーバージョンみたいな時節もの限定商法でも納得されやすいから、

そういう時には全力で来るけども。)

でも、そうなった後にも、同じ会社系列デレステでは限定ガチャを散発的にやっていて、

そして性懲りもなく、先般、再登場を宣言した。

デレステグラブルも、ゲーム自体は非常に良いものだし製作者の愛を随所に感じるから

お布施のしがいはまあ有ると言えなくもないのだけれど、

そういう愛ある作品と、邪悪な売り方が共存しているっていう所に

なんとも言えない気持ち悪さを感じるよね。

こういうのって、アレと同じなのか。

アイドルビジネスや、宗教ビジネスと一緒で、

「騙す側と騙されたい側による高度なごっこ遊び」なんだろうか?

冷静な外部者がみて「いやそりゃねーわ」ってレベルのやり口でも、

淘汰や自浄作用が働きにくい魔境みたいな感じがあるよね。

ファンが愛ゆえにクレイジーな消費をする、っていうのは一概に悪いとは思わないけど

もうちょっと品よくならないもんかなぁと思う。

そのへんでポケモンGOとかどうなんだろうと未プレイ者なりに気になっていたんだけど

shi3z氏の日記読んだら結構そのへんも絶賛されていたよね。

やっぱり日本外圧矯正してもらうしかないのか。

http://anond.hatelabo.jp/20160727150543

これはひどい誤解だ

 

例えば中絶とかすると

「生まれてくる子に罪はないんですよ!」

という趣旨のことを叫ぶ人権おばさんが沸いて出る

   

概して中絶否定派は、宗教右派の主張で

人権左派中絶堕胎容認・拡大する立場です

  

人権を重視する法律家医師などは

プロダクティヘルスライツを主張し

人工妊娠中絶女性人権健康権利として肯定してきました

 

「生まれてくる子に罪はない」という

無垢」についての宗教観

原罪を持つ人間救世主の救済により贖罪されたという

キリスト教などの宗教概念とセットで存在してます

まり人権とは関係が無い

  

人類が持っていた原罪

救世主によって赦されているのに

その赦しを否定するのは

人を愛する神の意思否定することになる

から信者は「中絶が悪」と考えるし

中絶容認する人権派

声高に批判するわけです

   

ただし人権派宗教家にもいろいろあって

宗教家人権派という方も、少数ですが、います

そういう宗教的人権派の方は

政教分離」という考え方とセットで中絶を考えているので

中絶を声高に唱えることはあまりないですね

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728190700 こっこれはっ!!!

カルト宗教から目覚めて離脱しようとしている元信者に罪悪感を植え付けて引きとどめようとする手法と同じやつだ〜〜

にっげろ〜〜〜

理想論

理想無くして人はここまで発展することは無かったが、

それでも時に反発を受ける。

それは理想否定するものが愚かだとか、既得権益者だからだけではなく

人間の考える理想というのはほぼ100%何か間違えているからだ。

から現実を鑑みて軌道修正しなければならない。

正しいのはいつも現実である現実理想に合わせて変化することはない。

理想現実に基づかなければならない。

現実を省みて理想修正できない理想論など

教徒弾圧する宗教政治と変わらない。

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727144636

凶悪犯ってだいたい家庭環境おかしいからな

永山も宅間も加藤角田虐待経験

たまに起こるリンチ殺人とかの犯人だって大体そう

原因がわかりきってるのに毎度毎度そこには目を向けず社会が~とか待遇が~とかの話にするのは

個々の家庭内は聖域で介入しにくいという意識があるからなのかもしらん

例外日本赤軍とか宗教関係くらいかな?

http://anond.hatelabo.jp/20160725201635

死ぬのが怖い?だから今を一生懸命生きればいい。今を輝くものにできれば、死ぬことが怖いなんて考えはうかびづらい。

死ぬのが怖いと思っているのは、なにか不安から。今が充実していないからだよ。

がんばってこの瞬間を生きよう。

ちなみに死んで救済なんて誰もわからないよ。死んでだれがそれを保証してくれるだ、バカヤロー。

死んでもなにも起こらない、肉体の死あるのみなので変な宗教に入ってはだめだ。とにかく、死んで云々カンヌンは誰も見たことがないし、証明できないし、誰も保証してくれないから信用するんじゃないぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20160725201635

向き合ってないだけだろね。

昔は「死」がもっと身近だったけど、

現代は遠ざけられて隠されているからね。

余命宣告の段階的受容なんか有名だけど、

自分の身になるまで誰も真剣に考えないってこったね。

興味本位で少し考えてみたところで所詮想像レベルで終わるだろうね。 

これが、死後の世界とかあの世とか来世とかっていう

世界存在がなんとなく続くもんだと考えてたら恐くないんだよね。

でも宗教も遠ざけられた現代にとって「死」は完全な隔離であり、

記憶だとか世界だとか意識なんかが全て無、虚へと切り替わる。 

もしこの後自殺しようと、100歳の老衰死ぬとしても

死の前では「生」の間の一切は消失する。

全てがなかったことになるし、これから何も始まらない。

言葉だとあんまりピンと来ないけど、

こういうことを実感を伴って想像してしまった時の

絶対的隔離感、孤独感のようなものは異質な恐さがあるね。

そういうことを踏まえた上で「死を思って生きる」ことこそ

人間としてのスタートだなんて哲学者は言ってるし、

死の受容こそ悟りの一歩だって仏教者は言うだろうね。

そういう考えまでいくと恐さより知的好奇心が勝ってくるよね。

今すぐ心臓発作で死んでもし、いつか死ぬとしても生死について

もう少し知りたいな。 ってくらいで生きてるよ。

再生医療とか電脳化で生死がなくなることの方が恐い気もするけどね。

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726124327

本人を知らない無責任発言だけど、彼は、本当の意味では介護職に合わなかったんじゃないかと思えるよ。

誇大妄想というか、宗教にのめりこみそうなタイプ自分はすごいんだみたいな。時期が違えば、オウム信者になっていたかも。

そういえば、オウム指名手配逃走者は相模原市に逃げ隠れていたんだったっけ。相模原の奥地ってちょっとそういう土地なのかな、場末感ただようような。。

身体的な障害はいくらでもワンチャンあるけど重度の知的障害場合どうやってもワンチャンないよな

天使として宗教作ってもその恩恵を受けて幸せになってるのは教祖の親だし

本人は煩わしさくらい感じるだろう

遺伝的な原因が大半だが、もしテクノロジー進歩で生まれる前に遺伝子操作できたとして、

それは産まれる予定だった胎児と同じ胎児と言えるのだろうか?疑問が残る

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725163444

地方から外国から東京に人が集中してパンクしそうなところに宗教関連のテロがきてリアルに終末になる未来が見えた

http://anond.hatelabo.jp/20160725070008

もし性欲という言葉定義が「ラノベを書くエネルギー」だとすれば「そりゃ、〈ラノベを書くエネルギー〉がない人にラノベは書けるのだろうか?」という問いになるから、答えはNoだ。でもこういうのはトートロジーなので、びっくりするほどの馬鹿が作りがちな論だよね。

でも一般的には違う。一般的には性欲という言葉は「男女間・雌雄間の、肉体的な交渉を求める欲望。肉欲。」という意味だ。そして性欲を計測する機械単位もない以上、それがゼロであるということの証明はできない。なのに、性欲なんて言う言葉で何かを(この場合ラノベを掻く能力の有無)測ろうとするから認知がゆがむんだよ。

自分妄想思い込み開陳するという意味では宗教脳と一緒だ。

2016-07-22

小学校低学年頃だったと思うけど、当時祖母宗教にどっぷりで、その集会に連れて行かれたことがある。


おにぎりやらが用意されていて、自由に食べてよくて、

「おいしいでしょ。神様のおかげなんだよ」

とかそんな感じ。



あとなんか、ピンクと緑と水色の水が用意されてて、それを混ぜ合わせると汚い色になるはずだけど、神様のおかげで白くなるんだよ、すごいでしょうって実験も見せられたな。

水は絵の具の白を溶かしたあとに、赤と緑と青を混ぜたらそれぞれこういう色の水ができあがるだろうなーって感じの見た目。

当時の私は「ふーん。すごいけど、神様の力で水が白くなるってwww」って感じだったなぁ

2016-07-21

日本では政治宗教に関わることは暴力団に関わるのと同じ扱いだからそらタブーにもなる

先日ある非営利団体会合に行ったら、冒頭で代表がやたら特定政治団体と関わりの無いこと、宗教団体と関わりの無いことを強調してた。そりゃもう暴力団との関係否定するみたいに。

そのくらいこの国では政治宗教イメージが悪いんだなぁと思た。そら家族や友人との団欒の場で話題に出せませんわ。

でもこれってどうなの。という疑問は俺の中で残る。どうなんでしょう。

宗教って言われるほど悪か?

ネグレクトされるくらいなら宗教を教えてコミュニケーションしてくれる親の方が良かった

教会などの社交場がないどこまでも広がる住宅地に住んでると陰鬱な気分になる

IとKくれよ

コネがないとさ、スカウトって言うかサポート業務全般でやっていくしさーくれよー

ゴミみたいな宗教に消える金を嬢への職能投資に変えてる。これこそ経済効率だろう。

特にIとかならメンタルサポートもできそうだしさー頼むよー

2016-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20160719201019

何のための武力だと思ってるんだ?抑止のための武力だ。行使される武力は最悪だ。しかし、常に最悪も想定しなければならない。最悪の武力に対しては最悪をもって対処する他ない。

最悪に至った武力は右だろうと左だろうと宗教だろうと警察だろうとやけっぱちになった一般人だろうと非難対象だよ。

テロが起きたら、テロを起こした武力非難する必要があるし、テロを防げなかった武力もまた非難し、見直しをせねばならない。

左がテロを起こしたら、という思考実験評価するが、その実験結果があまりにも幼稚じゃないかね?

2016-07-17

安楽死推進党

安楽死推進党作ったら結構票入ると思うんだ。ぽっくり神社の人気とか見るとさ。

この時医療費介護費の削減とかには一切触れないこと。とにかく本人の意思尊重すべき!だけで押し通す。

医者さんが猛反対するかもしれないか安楽死士とか新しく作ったらいいんじゃない試験科目は医療宗教生命倫理

2016-07-16

お金さえ払えば、すぐに頭良くなるわけでもないし、

お金を積んで、天才外科医師に助けて貰えるわけでもないし、

何か、宗教とか先祖の霊を崇めたり、早起きすると幸せになれるわけでもないし、

婚活パーティ出会い系登録すれば結婚できるようになるわででもない。

  

増田にかけば、必ずや正義に駆られた人がブックマークして世論を動かしてくれるわけでもない。

  

人生自分次第というが、その自分の力を信じられずに、辛い日々をおっかなびっくり過ごしている引きこもりニートはどうすれば良いのだ。

カルト

カルトなら、ほうっておけば内部紛争で自壊するはず。

宗教といっても、うまく回って周囲によい影響を与える宗教と、

腐っていくカルトとあるから、一概に宗教が悪いとは思わない。

2016-07-15

人殺し

野蛮人、とは。

自分と同じ構造身体を持つ「生命」の保持を尊重しないこと。

蜘蛛とか。

鬼とか。

蛇とか。

自分と同じ構造身体

セックスすれば子供が生る、自分と同じ種の生命

宗教理由に。

政を理由に。

生命」を脅かす存在は、野蛮人だ。

どんなに、理知的な振る舞いをしても。

生命」を軽んじる人は、野蛮人だ。


最近、そんな風に思う。

生命」を大切にできない、尊べない人は、尊敬に値しない。

自分の子供に現在から将来に渡って教えておきたいこと

を考えたら結局自分がやってきたこととやりたいことだったという話。

まぁ結果的に本人が自分で考えて自分で決めることが大切ではあるけれども、親としてはそれができるように手助けとなることに全力で取り組むべきかとは思う。

それでとりあえず親が様々な経験物事を与えることによって子供にとっての選択肢を増やしてあげるということがあり、重要なことの一つだと考えた。

自分経験から思いついたり軽く検索したりして考えたものを挙げてみるが、ほかに何かあったら教えてもらいたい。

以下、順不同。



タスク管理方法重要性。

これはこの記事http://blog.tinect.jp/?p=27400)が話題になってたので思いついたこと。ここに書くきっかけに。

通う学校でどの程度教わることになるかはわからないが、これができるかできないかでは何をするにも雲泥の差なのは明らかなのでしっかりと教えていけたらと思っている。

勉強のやり方、学習方法ともいえるか。



法律基本的な部分。

大人になってイヤというほど重要性がわかるのが法律自分必要に駆られて結構本格的に(行政書士合格レベル勉強して実生活で役に立っているのを実感している。

憲法民法入門書等の良書で法律的な考え方なんかを中学生くらいで教えたり、労働法著作権法個人情報保護法等に該当するような部分を高校生くらいで教えたりしたい。

道路交通法(というか交通ルール)や刑法なんかは小学生前後からある程度教えてあげられるか。

ある程度は公民とかで習うかもけど暗記するだけだった気がするし学校の授業で習うような部分は役に立たないような気がする。



・世の中の仕組み的なこと。

お金のことや政治経済について、税金保険福祉などなど社会保障など。池上彰みたいな本に書いてあるレベルの知識くらいでもあると良いと思う。

どんな形であれ社会に出るより前に基本的な仕組みだけでも十分なので知っていると、何かと助かる部分が多いのではないか

中3とか高1の夏休みにでも簿記2級でも勉強させてみたいなと考えている。(ちなみにうちの娘はまだ2歳である。)

これも学校で習うことはあるが、あまり役に立たなかったので上手に教えてあげたい。



音楽美術文芸総合芸術等の基礎的な素養

自分場合ある程度親から与えられてきたので実感としてあってよかったと思っている部分。人によって意見が分かれそう。

ピアノ習ってたり親が美術系の学校出てたり茶道やってたり景気良かった頃なので家に絵画美術品が溢れてたり色々見に行ったり)

色々と社会でも実生活でも役に立ったりするし趣味としても楽しめて生活が豊かになる(気がする)。

親がある程度裕福でないと十分には与えられないかもしれないが、お金をかけずともできることもそれなりにはあると思う。



病気身体に関する知識。

これはやはり必要かと思う。肉体的な病気もそうだし鬱や発達障害なんかの正しい知識は小中学生からしっかり持っていてほしいなと思う。

自分小中学生だった頃、同級生に今考えるとどうみても結構重度の発達障害だったなという子が何人かいたけど、教師も含め誰も正しい知識がなかったことはとても残念に思っている。

ちなみにその中の一人、中学同級生は後年たまたまネット学習障害について調べているとき本名写真付きで障害に関するサイトに紹介されていて驚愕したような納得したような覚えがある。

今は当時よりは環境はよくなってはいるかもしれないけど、巷ではガイジだのアスペだの叫ばれてるしまだまだかなと思う。

それと食べ物に関して、栄養とか成長に関わる知識もある程度身につけておいて欲しいような気がする。自分中学高校くらいの時にもう少しまともに栄養とって運動していれば、と後悔しているので。

きちんとした運動についても、例えば正しい走り方のフォームとか、効率的運動方法とかって全く習っていないし子供には教えてあげたい。



各種学校で習う科目の重要性。

数学素養があるとどのように役に立つかとか歴史を学ぶことが社会を知る上で役に立ったり仕事にも活きてくることとか、英語ができるとどれだけ便利で楽しいかとか、

後々になって勉強しておいてよかったと思えるようなことを経験せずに理解するのはかなり難しいことではあるが、時間をかけてコミュニケーションをとってじっくりと教えていけたらと考えている。

古文漢文あたりはなんの役にもたってないような気がするけど。(一応、歴史を学ぶことになると考えてももっと軽く短時間教えるくらいで良い気がする。)



・いろんな分野の知識とか。

宗教哲学心理学とか。結構大事だったり役に立つ気がするけど、自分も多少本を読んでかじった程度しか知識がないのでこれからもう少し勉強して教えてあげられたらなと思った。

自分子供の頃は、本好きで結構な量読んでたと思うけど今思うとジャンル結構偏ってたような気がする。自主的に興味持った分野ばかり手を出していた弊害か。

自分の子には自主性も尊重しつつバランスよく与えていけたらと思う。

それと意外と漫画から得た知識やそこから興味を持ったことも多い。昔のこち亀はなんだかんだで偉大か。手塚治虫みたいな古いのも親が好きだったから色々読んだかな。



・まとめ。

結局は多種多様な本を読ませたり経験させたりするだけでは足りず、それについて一緒に話したりしてコミュニケーションをしっかりとるのが重要そうって感じか。



あと、これじゃこういうことについて全然足りないよとか、こういうことはしておいた方がいいよとかこの本読むといいよとか意見もらえるとうれしい。

また就学前(0-6歳くらい)も大事だと思うが、大したことが思い浮かばないので補足してくれる人求む。