「宗教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宗教とは

2016-08-28

宗教リア充二次元

ここ数日、宗教の成り立ちに興味を持ち、適当に調べていた。

それで改めて思ったのは、宗教というのは、本当に当初の原型なんかねえなということである

キリスト教にしても、イエス自身はせいぜいユダヤ教改革派ぐらいの立ち位置だったのが、

パウロ世界宗教への道を開いた結果、今のようになったらしい。



自分は、特に宗教心もないが、たぶん統計の上では大乗仏教信者ということになっている、

どこにでもいる平均的な日本人だ。

上座部仏教については、「あ、東南アジアあたりでメジャーなやつでしょ」ぐらいの印象しかない。

しかし、どちらが当初の精神を引き継いでいるか考えてみると、もう明らかにあっちだと思う。

確かに、ブッダ王族で、当時としては恵まれていたし、妻も子もいたらしいが、

あんな思い悩んでばかりいたんでは、俗世で生きてて幸せなわけがない。どちらかと言えば我々サイドだ。

きっと、人付き合いも何もかもが煩わしいと感じるタイプだ。

どう考えても、大乗仏教の方がおかしい!



どうやら、宗教というのは、仮に個人の救いという小さな問題から始まったものだとしても、

どこかの段階で「勢力拡大」というものが、教えのうちに組み込まれものらしい。

誤解を恐れず言うならば、それはリア充に乗っ取られるということである

他者を救わねば自らの救いもない、とか細かい理屈はあるが、要は群れたがる人間が主流派となり、

そうでない人間はそこから追いやられたと考えるのが自然だろう。

おそらくキリスト教もまた、リア充パウロに乗っ取られてしまった結果が今なのだ



イスラームちょっと別だ。あれは最初からリア充サイドだったとしか思えない。

ムハンマド商人軍人としても有能だったらしいし、自らジハードなんて言っちゃってる。

そしてなにより、幼妻であるリア充でなくてなんだというのか。



自分社会性がないので、リア充のいるところでは幸せに暮らせないと思っている。

そもそも、他人との交流苦痛だ。人に好感を持ってもらえるような容姿もなく、話せば人を不愉快にする。

まり他人を癒やす能力がないということだ。

そんな人間が、他人に癒やしを求めるべきではない。

から自分を救うものがあるとすれば、それは趣味以外にないと思っていた。

確かに、その辺を歩いている人の真似をするよりは、二次元にはまっていた方が気が紛れた。



しかし、その趣味もまた、自己完結する世界ではなかったのである

そんなことは最初からわかっているつもりだった。

だが、この世界にもリア充侵入し、そして幅を利かせている今、自分は肩身の狭さを感じつつある。

ライブに通い、SNS他者と絡む。そういう人間が、やがてここでも正統派となり、

自分はまたどこかに散るしかないのかもしれない。



どうやら、宗教二次元も、もちろんインターネットも、安住の地にはなりそうもない。

自分はどこに行けばいいのだろう。

2016-08-27

VRよりも風俗美容整形に期待する

VRが凄いとかいう輩がうじゃうじゃいる。

もはやVRをやっている人間の一部は先鋭化して宗教じみている。

VRが大したことがないというと怒り出すのが特徴だ。

そして、それ以外の輩は大したことがない技術であるVRを使ってどうやって上手く金を集めようかと考えている気がしてならない。

まぁ、物事体験してから批判するのが自分セオリーなのでコンシューマー向けVR機器体験会に2つ参加した。

正直、モニター付きゴーグルである

大したことはないと痛感している。

自分が期待していたのは、容姿が醜い者でも体験できないことを体験できるなどといったことだったが正直できそうにない。

エロ目的流行るだとワーワー騒ぐ人がいるが、最初からエロ目的で騒いでいるのは落ち目な気がしてならない。

エロというのは結局はサブだと思っている。

主流の便利な使い方があって、初めてサブのエロが生きるのだ。

ウェブだって文章のやり取りが便利だとかいう前提がある。

最初からVRはエロだとか騒ぐのは、個人的には大したことがないと叫んでいるに等しい行為だと感じてならない。

そして所詮は柔らかさや体温は感じないかセックスが出来ない人間に、出来る人間と等しい体験を与えることは出来ない。

某有名ラノベ小説レベルまでにならないと意味がない。

変にVRに期待するなら、ソープランドオンラインかい題名でVRラノベでも書いたほうがマシではないかと言いたい。

持病の治療薬で酷いニキビ跡が大きな汚い顔にへばりついている自分美容整形を期待したほうがいいのかもしれない。

VRというものは、薬の副作用で顔が血や脂な吹き出物だらけで腫れ上がっていた自分に夢を見せないのだから

貯金は70万円までになった。整形しよう。

ただ、整形でも深い大量のニキビ跡赤身を帯びた脂ぎったどす黒い皮膚や酷いクセ毛や大きな顔はどうにもならないのだろう。

皮膚科美容整形医も難色を示したのだ。

実家がそこそこ高級なマンション移転したが、見てくれのいい女をマンション内で見ると嫉妬で苦しくなる。

容姿がよくなりたい。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826225236

じっさい真摯に考えて、神は科学的でない、そもそも馬鹿馬鹿しい、宗教的システムがあったほうが社会スムーズだ、といった意見を除いた上で、

私にキリスト教イスラム教などの宗教必要ない、と宣言するのはほとんどの人には難しいように思う。

自分目的が無いことに戸惑いや恐怖がないので、宗教を選ぶという発想には至らなかったのかもしれない。

2016-08-25

謎の宗教

菅野完さんのツイート: "不敬発言記録にちょいちょい出てくる「大日教」というのがどの宗教団体を指すのかが以前からわからなくて困っている。同じ名前の宗教は『新宗教教団・人物事典』にも出てこない。「大日然教」のことかと思ったが、あそこは戦後の立教だしなぁ。。 https://t.co/yo5ueDlPf9"

なるほどね。

最初戦後名前を引き合いにだしてるのか思ったが、グーグル先生で調べてみるとどうもそれとは違った「大日教」が存在したようだ。

同じbotつぶやきには「大日教祖杉本信者某との質疑応答とあるので、教祖名前が違うからだ。

大日然教教祖を調べると「折茂なみ」となっている)

あとは戦前の「天津教皇祖皇太神宮天津教 - Wikipedia

(現 皇祖皇太神宮天津教)が戦後の一時期は「宗教法人大日教」という名称だったのでこれかと思ったが、教祖名も違う。

とにかく、一次ソースが気になる。



んで、色々とネット上の情報だけで調べてみた結果、@hukei_botは「昭和特高弾圧史」から抜粋であることは間違いなさそうだ。

Googleブックス書籍検索)で「昭和特高弾圧史, 第 4 巻」を引き出し、書籍検索で「杉本」と検索すれば同じ内容が引っ掛かる。

現在Googleブックス著作権のある書籍は全文表示ができないから(開始当時は見えちゃった気がする)ブツ切りのような情報しか得られないのが難点。

同じく「特高外事月報」と合わせて見ると、全日教祖1942年当時60歳、起訴時東京在住、滋賀県出身大日行者、杉本金治郎というのが裁判記録らしきものから分かる。

他、この宗教の手がかり的な部分の抜粋

昭和特高弾圧史, 第 4 巻」

108 ページ

... は神去り給ひてより其の誠が大日如来包摂せられ其の如来宇宙に瀰漫せる大

自然の誠にして人類並に一切の物を創造し且永遠に之が霊的及現実支配を為たりと

称し、大日教なる教理を創説し爾後之が宣布に努め来たりたるものなる処、該教理たる

や大 ...

特高外事月報」

59 ページ

... 知得したりと構し、大日教なる教理を創説し衛後之が宣布に努め来たりたるものなる

慮、該教理たるや大日如来宇宙に瀬夏せる大 ... 四月頃道了奪が大日如来なることを

悟り大日如来信仰に韓ずると共に大日如来の霊に感應権力に別記治安維持法違反

事件 ... 三月十九日警視聴に於て検挙送局したる宗教結社大日教のも決して少とせず。

CiNiiでも引っ掛かった。

CiNii 論文 -  内務省による宗教弾圧 : 創価学会の場合を事例として

CiNii 論文 -  宗教法人法の改正をめぐる問題点 : 宗教団体に対する管理の要素の導入の有無と是非(松本保三先生退職記念号)

戦前・戦中の宗教弾圧歴史を語る上で出てくるみたいだよ。

1942年治安維持法違反大日事件として記録されている。

しかしまあ、通常のGoogle検索では引っ掛かららんのだね。

戦前・戦中期日本の言論弾圧 (年表) - Wikipedia

↑これにも出てこなくって、忘れられた宗教みたいだ(前述の竹内文書教のせいもあるだろう)


疲れたのでこれまで。

(追記)

ちょっと馬鹿なこと書いちゃったかもしれない。

大本教創価学会重要人物が獄死しているんだった。

(追記2)

↑当時60歳というのが厳しいだろう。

宗教団体法とか治安維持法について知っていたけど、ちょいちょいググってみて、改めてこのあたり軽く考えてたな、と思ったりした。

追加の情報としては

昭和特高弾圧史: 宗教人にたいする弾圧

28 ページ

明石博隆, 松浦総三 て、此の大日もその為に行を積んでゐるのである、その修行も半ば

に至ってゐから纏て太平ハ、大日が ... が昭和二、三年頃以降全宇宙に於ける最高至

本金治郎当六十年の主宰する大日如来信者集団大平山大日教」の布教内容に ...

大平山大日教」ともいう様子。「大日教」が「大日経」の意味で使われる事が多いからかな。

https://www.google.com/#tbm=bks&q=%E5%A4%A7%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%95%99]

http://anond.hatelabo.jp/20160824172209

いいね

ちゃんと読んで実行して欲しい。




まともな瞑想というのは宗教ではないのでご利益は無い。

そのかわりあなた真剣に取り組めば必ず成果がある。筋トレと同じ。

そして、これほど素晴らしい方法はほかにない。

めちゃくちゃ成果と手応えがあるから自信を持って薦める。

張り切ってチャレンジして欲しい。




ただ瞑想に取り組む時には一旦そういう期待、何かを改善したいとかよくなりたいという欲を忘れて、

執着を手放して行う必要がある。そこだけは頭のスミにおいてやって欲しい。

まあこのへんは本にも書いてある。

2016-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20160824231723

それ以前に自殺したら前世でも自殺したことになって

自殺しなかったら前世でも自殺しなかったことになるんだからインチキ宗教確定なんだよな

瞑想における仏教って、宗教色はないみたいなこと言ってるけど、基本はみんな出家しろよな、的な面があるから

色々だわな。

キリスト教のような懺悔というシステムとは違うわけで。

イスラム教断食とか、イベントがあるんだよね。

身近で、見たことはないが。

インドから来ていた科学者ヒンズー教の人のは、自分ちのへのコーナーに神様の絵というか、お札みたいなのを貼っていたな。

(例のゾウさんが書いてある独特なエスニックな絵柄)

宗教ってなんなんだろうな。

  

日本人だと、トイレ日めくりカレンダーがあって、格言が書いてあるようなあれも、労働者に対するもんだよな。

会社の社訓とか会社の歌とか歌わされたなー。

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160822143611

たまたまやで。

まあ刑事とはっきりしてれば動くの早いのか。

それが宗教仕業だったら

「あっ信教の自由なんで犯罪自由民事不介入!」

とか言って終わりだけどな。

県警によるよ。担当と。

そんな動いた役所みたことないけど。。

まあ、自動車保険の仕組みはすごかった、


大事に。


そういうこと起きる日本だめだよ。。。

気を付けよう。お互い。

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160822065621

宗教がないのではなく、深信の自覚がないだけ。宗教大国だよ、日本は。

http://anond.hatelabo.jp/20160822142804

ムリ。マルクス自身も『資本論』で資本主義体制は非資本主義体制を圧倒するって書いてる。

新体制が成立したとしても、自由競争原理で力を付けた資本主義体制には負けちゃうってことだな。

あり得るとしたら鎖国して、成長より、貧しいながらも平等を優先する国民が集まって社会を構築するしかないだろうな。

ちなみにタイ僧侶が作っている社会はこういうものらしい。貧しいながら模範的生活を送る僧侶に、国民お布施をして生活が成り立っている。

案外ポスト資本主義宗教かもしれない。

2016-08-21

真面目な話をするとカウンセラーなんて何の役にも立たない

何か増田書き込みがあると、ブコメにはすぐにカウンセラーを推薦する御仁が多いが…。どうせ自分ではあったこと無いんでしょ?

主体的問題取り組めない彼らが役に立つのなら実証してからにして欲しい。無責任すぎる。まだ宗教のほうがマシ。

死ぬ時期を選ぶというのは、自由意志範疇ではないだろうか。

これほど科学技術が発達し、個々人の自由意志尊重する文明を築き上げてきたのにも関わらず、

なぜ死に関しての話になると天寿・天命といった宗教色の濃い価値観を持ち出して思考停止してしまうのだろうか。

いつどこでどのように死を迎えるかを自身で決心し履行することこそ、自由意志集大成であろう。

死という、これほどの人生の一大事を、自分意志の介在しないところに丸投げすべしというのは、自由に対する冒涜である

今日聖書を読む読む

ロマ書の続き。



信仰効果は以下の3つ。



1. 義とされること:罪を許された状態になる。

2. 恩恵に入ること:①罪の苦悶がなくなる、②心に平和が来る、③天国をしのん現在の艱難を耐えることができる、④天命にしたがって確信をもって行動することができる状態になる。

3. 神の栄えにあずかること:神に似た者に化せられること。



また、信仰により、苦難を耐えることができる、忍耐により信仰は練達する、信仰が練達すれば決して裏切られることのない希望を得られる、とある



マルクスが「宗教民衆アヘンである」っつったのはこの辺なんかな。

2016-08-19

ヤマカン能年玲奈LINEブログかよ。

LINEブログ乗ってるのか?



まー、確かに芸能人といえばアメブロって感じだったけど、アメブロちゃごちゃしてて見難いし、そもそもなんかダサいもんなあ。

LINEブログはその点、デザインが見やすいってところはあるか。

あと、サポートとかもしっかりしてるのか?コメント欄検閲とか。そのへんはわからんな。



そもそも有名人がどこのブログを選ぶかの基準わからんな。やっぱ契約金みたいなものもあるのだろうか。そうなると今はアメブロよりLINEのほうが勢いあるし、有名人招致出来てる理由もわかる。

宗教上の理由LINEが嫌いなんですサイバーエージェントが嫌いなんですとか無ければ、金が貰えるところの方にいくか。



そういえば山本一郎LINEブログだった。



しろはてなブログ有名人招致とかしてないのか?

まー、ギーク向けとかでターゲット層が違うってのはわかるけど、ダイアリー時代ならその言い分もわかるけど、はてなブログはもうあれじゃん。一般向けな感じするけどな。

サイバーエージェントLINEより金がなくて宣伝費用も無いという理由が大きそうではある。

それか炎上やすそうだから敬遠されてるとか。

よくわからんはてなかいサービスに辿り着く前にサイバーエージェントLINEにたどり着く方が確率としては高いか。そういう意味では、宣伝って大事だなー。

マス向けに打って出ずに、ネットのコアなユーザーへのマーケティングのみでやってきたのだろうけど、一応成功?してるか。上場にもこぎつけてるし。そういう意味では、はてなってすごいなー。

細けえこたあ気にすんなよ! (お茶碗のなかにコメを残しながら)

http://togetter.com/li/1013448

一体どうして、コメを残すことだけにこんなに敏感なのか私には分からない。コメを作った人に感謝してコメを残すなという指摘をよく聞くけど、コメ以外だって作ったヒトがいるわけだからコメけがこんなにセンシティブである必要はないと思う。トマトだってキュウリだって豆腐だってみんな作ったヒトがいるはずだから等しくリスペクトされても良いと思う。

それから、その場に居ないようなヒトに感謝を表して手間をかけるというのは、なんだか気持ち悪いと思う。誰かのことを考えてコメを残すなというときに、百歩譲って納得できるのは、皿を洗うヒトの手間を考えなさいということならまだわかる。米粒が茶碗に残っていると洗いにくいので、綺麗にしましょうといえば確かにそうだと思う。

かつて食料が貴重な時代が有ったという説明はなんとなく理解できそうだけど、「戦争世代」の「もったいない習慣」が淘汰されつつあるのに、コメ問題だけ70年の時を超えて生きながらえているのはなんでなんだろう?

正直、コメに関することは若干宗教っぽい正義を振りかざしているように見える。だれかこの方面から分析した意見があれば教えてください。

2016-08-18

スマップファンは頭がおかし

5人は仲良し!解散なんて望んでない!事務所陰謀!って本気で思ってて恐すぎ

じゃあこの前のテレビの険悪な雰囲気はなんなんだよ

キムタクと誰もろくに絡もうとしないし、表情すら取り繕えてないじゃん

それでも「ずっとスマップを見てきた私たちなら仲が良いって分かる!」って宗教か?

そりゃ今までの仲いいところはたくさん見てきたんだろうよ

でも今もちゃんと見ろよ。これのどこが仲いいんだ?

香取の心底つまんなそうな顔見て「これは暗号を送ってる」って恐いよ、宗教すぎ

こんな奴らを見てどうして解散しないでって本気で言えるんだよ

そりゃ仕事だしニコニコ仲良しのポーズするよ

スマップが好きですって言うよ

そういう仕事なんだもん

でも実際は仲悪くてつらいかもしれないだろ

誰も実際の彼らを知らないのに、全部理解したつもりになって、自分たちのいいように決め付けて

応援しているつもりになってるファン恐すぎ

おかしいわ

女性について理解したい人にお返事するよ

http://www.zorazora.site/entry/2016/08/18/023657 に、生理が終わりかけた離婚経験ありおばさんが返事しますよ。

1.宗教観について

特定宗教信者である場合は、とても話がシンプルなんですけど、そうでもない場合基本的に面倒です。

たいていの日本人は「宗教とか興味ないです」って言ってると思うんですけど、結婚式教会でやりたいし、初詣はいきたいし、お葬式にはお坊さんが来てほしいし、でも法事だるいから行きたくないじゃないですか。でも、可愛がってくれたおばあちゃんの法事だし従兄も集まるから嫁にはついてきてもらいたいとかでトラブルになるのは、まあごく一般的にあるわけです。

といっても、そのへんは相手と話しあってすり合わせが効くと思うんですが、いざ、重い病気になったり、災害財産家族を失くしたり、とにかく「人の力ではどうしようもない」「藁をもすがりたい」となったときに、その人が何にすがるかって事前にわかることじゃないです。

宗教観トラブルになるのって、たいていそこなので、事前に確認とかできるものではなさそうです。逆境に強い人の場合、いくぶん変な宗教にはまる可能性は薄いかもしれませんが、それでも心の弱点を突かれたときどうなるかはよくわからないですね。

一番無難なのは自分特定の穏健な宗教信者になって、同じ宗教の穏健な信者結婚することでしょうけれども。(それはそれで子ども反抗期信仰がらみで反発したりすることがあるんですけれども)

あと、親族にラディカルな宗教信者がいないかチェックとして、お盆とかお彼岸に絡めて、家で何かしてた?って実家雰囲気をそれとなく聞くぐらいは有効かもしれませんが…。

2.キャリアについて

これも、相手に強い意志があれば事前にすり合わせができるのです。相手バリバリキャリア外交官だったら自分皇太子でもない限り「家庭に入ってほしい」とは思わないでしょうしね。

でも、たいていのアラサー女子は、ふわっとしてるんですよ。

仕事もそれなりに楽しいし、子どももいつかはほしいし、両立できたらいいけど難しそうだしー、みたいなのが、ごく一般的です。(そして、かわいい子ってだいたいそうじゃないですか?)

そういう人に確認しても「今はまだよくわからないよー、でも結婚はしたいなー」ということになると思うのです。

男性が、そのへん事前にしっかりすり合わせておかないと不安になるタイプ(そして後から「ごめんやっぱり気が変わった」っていったら許せないタイプであるならば、すでにキャリア形成してる女性か、逆ずーっと家事手伝い専業主婦以外選択肢がない女性か、すごく年上で年齢的に子供を産むという選択肢はない女性を選ぶしかないと思います

3.付き合った人数・性交渉経験人数について

これ、お互いにオープンにしないほうがいいことじゃないでしょうかね。

女性のほうからしても意外に相手過去って気になるものです。多ければ「ヤリチンから浮気するんだろうな」と思って束縛したくなりますし、少なければ少ないで、自分の前の一人一人の重みが気になり「実は学生の時に付き合ってた子のほうが好きなのでは」ってなるものじゃないでしょうか。

から相手経験も聞きたくないし自分経験もいいたくないです。今一緒にいるのは相手だけなんだから

「付き合った人数(相手)や経験人数によって求められる性的な嗜好や生活水準も変わってくる」と言いますが、それ人数で測れるものではないですし。

大学時代サークルの仲間の先輩とありきたりなデートをして2年ぐらい付き合った」というのも1人だし「大金持ちの社長愛人してて世界中の高級リゾートでありとあらゆるアブノーマルセックスを仕込まれた」というのも1人だよ。

性的嗜好や求める生活水準自分で付き合って確かめるほうが確実かと思います。案外、1人の異性がそれまでの何もかもを変えてしまうこともありますしね。

4.生理痛の時はどこまで男性配慮すべきなのか

ひどい生理痛は、生理現象というより病気なので、軽い人の場合はまったく普段と変わらない場合もあります

女性の中には全女性がひどい生理痛で苦しんでいるかのような表現をする人もいますが(たぶん、その人の生理痛はひどいのだろうと思うけど)本当に個人差が大きいです。

お酒がまったく飲めない人はアルコール一滴で苦しみますけど、一升瓶開けても翌日ピンピンしてる人もいますよね。それくらいの個人差です。

で、具体的に痛みがひどい人に対してどこまで配慮すべきかという話ですね。

これは頭痛など痛みを伴う持病がある人全般と同じで「やさしく見守り放っておいてあげてください」「やるべきことができなくても責めないでください」が基本です。

本人にしか「少しマシになる方法」はわからないので。

あと、閉経後の話ですが、むしろ閉経前後10年ぐらい、更年期更年期で人によって肉体や精神ものすごくダメージがあることがあります

たまにものすごいイライラピリピリしてるおばちゃんとかいるでしょう?あれも更年期に伴う生理現象だったりします。(間違っても「更年期ですか?」って言っちゃだめよ!)

これも、本人がその時に実際どうなるかわからない領域のものですから確認不能です。

ただ、「そういうこともあり得る」「医療でマシになることもあるけどならないこともある」という2点は心に留めておくと付き合いやすいかなと思います

追記

あと、女性として気になるんですけど、セックスしようとしても男性勃起しなかったとき女性はどこまで配慮するのが良いのでしょうね。

5.お産の痛みを別の痛みで表現することができるのか

これも個人差や状況の差の問題ですね。ソフトボール級の排せつ物…はまだ想像つきますが「スイカを鼻から出す」って例えた人すらいました。

あらゆる痛みに関して言えることとして、他人の痛みは自分の痛みとは近いかもしれないけど同じではないものですから、別の痛みで表現しても仕方ないかも。

ただ、子どもが生まれ体験は命にかかわることです。心理的な重みとしては人が死ぬのと同じです。悲しい打撃かうれしい打撃かの違いはあっても両方相当ショックは受けることなのです。

から「お産の時に配慮してもらえなかった」という痛みは、たとえば「自分親族が亡くなってショックを受けてる時に他人事みたいな扱いをされた」という痛みと近いと考えるとよさそうです。

6.そもそも知る必要があるのか

あらかじめ知っておいたことにより避けられる災難とそうでない災難がありますが、結婚生活に対して起こるトラブルは、たいてい、わかっていて準備をしていても斜め上から襲ってくるものです。

知ろうとする気持ち大事だけど、知っているつもりが一番危ういということもありますので、あまり事前に確認して安心しすぎないほうがいいと私は思います

2016-08-17

オタクってほんとに何が何でもシンゴジラ擁護するね。

完璧作品から少しでも批判されちゃいけないと思ってるみたい。

そういうのが気持ち悪いんだよな。

ものすごいコンプレックス抱えてそう。

宗教しか見えない。

http://anond.hatelabo.jp/20160817152340

人生意味が知りたいなら実存主義の本や宗教の本でも読んで考えればよかろう。

同じような性的志向です

私は悩んだことはありませんが。




さな差異を言えば私はあんまり痛みや苦しみには興味ないです。実際の事件よりイラスト小説のような創作の方が詳細な妄想を反映するので好みです。




例えば性的に誇張された体型の魅力的な女性が体のラインがわかる服や下着や全裸淡々絞首刑にされていくイラストとかで自慰をするのが好みです。痛みや苦しみより、女性人格も命も含めて物のように扱かったり辱めたりするのが自分性的に興奮するポイントなのだと思います




私があなたと違いこのことについて悩まないのは、変態指向の根源や責任自分と言う一個の人格に帰するつもりが全然なく、動物機能の一つとして説明されるべきに違いないと確信しているからです。

なので私は悩むかわりに、これがなんなのかは考えます




私は普通女性写真(死んでたり吊られてたり苦しんでたりしない)のポルノ自慰をすることも有ります

けれども前述のような、人格無視されモノのように扱われる女性身体や死が描かれたポルノでする時のほうがずっと強い快感があります

出すものもより腰の深いところから出てくる感じがして、液の質の違いがわかるほどべったりと粘度の濃いものが出ます。色も濃く真っ白になります




私はあなたと同じで良心他者への共感能力がありますし、犯罪殺人もただただ恐ろしいとしか感じませんし、リスクを冒すほどこの欲望に執着は無いですが、もし法も善悪も神もなんにもない荒れ果てた中世みたいな現実に放り込まれて「欲望を実現してみろ」と言われたら、なんかの理由処刑された直後の女性死体を盗んできて性交するキモい村人になると思います。それが現実理想折衷イメージです(全く現実離れしてますが)。




それでいつものべったりとした精液を女性死体の中に注ぐと思うのですが、そのべったりして真っ白な、含有生殖細胞の多い液体は何の為に出てくるのでしょうか。生殖可能ゼロ活動の時だけ出る生殖能力がすごく高くなっていそうな体液。全然悩んでないですが究明はしたいと思っています




ところでネット見た印象ですが、我々のような趣味白人に多いです。

絞首刑イラスト白人が、決して上手くない画力パッションはじけさせながら大量に描いてアップしていました。(そんなサイトプロフィール顔写真載せる感覚はさっぱり分かりませんが。)

この趣味連続殺人破滅にいたるのも犯罪記録嬢は圧倒的に白人が多いですね。

人種がそうなのか、社会宗教プレッシャーなのか、そこもわかりません。




追記

他人蹂躙したい欲望

ほら、こんな風に書かれるとなんか人格問題みたいじゃないですか。

私オレTUEEEEE創作とか嫌いですよ。幼稚だし、やられる側が気の毒になるし。




私はそういうなんか人間関係内面に不満や葛藤を抱えてる人ではなく、

単に女性がモノ扱いされて死んだりしてるイラスト自慰をすると濃い精液が出るだけの者です。

http://anond.hatelabo.jp/20160815204349

2016-08-16

http://anond.hatelabo.jp/20160816232814

思いつく順に列挙すると、

(1) 今の人生がとにかくつらくて、悩みを解決する処方箋が欲しかった。

(2) ジブリ作品フィンチャー作品、『資本論』を観たり読んだりしたせいで(+周囲の人間を見ていて)、消費社会競争社会価値観に疑問を持った。それ以外の価値観が欲しかった。

(3) 本屋で偶然、内村鑑三高校日本史で不敬事件当事者として出てくる)の聖書注釈出会ってこれが分かりやすかった。

(4) ニーチェドストエフスキーを読んだせいで、神を否定するとヤバいことになると漠然と思っていた。

(5) マクグラスの『科学宗教』を読んだことで、現在科学水準でもキリスト教否定し去ることはできないということが分かった。

(6) 何より、読んでみたら聖書の一節一節が心に刺さりまくった。

辺りかな。

[追記]

(7) 葬式仏教の腐敗っぷりに嫌気がさした。

(8) (4)と関連するけど、植松聖の事件を見て、「結局重度障害者が生きる意味(≠殺してはいけない理由)はあるのか」という問いについて、神なしではうまく答えられないことに気付いた(異論はあるだろうが)。

http://anond.hatelabo.jp/20160815235657

そういう人たちを救済するのが多分宗教なんだろうね

無条件に愛を与える、キリストとかそっち系

日本自助努力が不足している人にやたらと厳しいから、ダメときはそういう宗教にすがるしか無いんじゃないのかな。